[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名    
コメント
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色




美人母娘を孕ませた 投稿者:優等生 投稿日:2016/10/26(Wed) 13:02 No.7949  
高校3年の時、僕は美人の同級生の女の子の柚紀乃から頼まれて勉強を見てあげた。
 同じように美人のお母さんの香也乃と初体験した。
 柚紀乃の成績が上がった御礼にとご飯をご馳走になった。
 そのあとベッドに誘われるが「下心はない」と断った。
 でも、香也乃に強引にファーストキスを奪われ、そのまま、ちんぽをフェラされてあっという間に口内発射してしまった。
 「童貞の男の子と一度したかったの、あなたの好きにしていいわよ」と股を広げてくれると、香也乃に抱きついた。
 正常位、バック、騎乗位、初体験で松葉崩しまで経験した。
 すべて、中出しなので心配したが「閉経しているから大丈夫だよ」といわれたので、その後も暇を見つけてはセックスをした。
 だが、なぜか、数ヵ月後、香也乃のおなかは大きくなった。
 さすがに怖くなったが今度は柚紀乃に迫られた。
「もし、関係を拒否したら、お母さんを妊娠させた事をばらすわよ」と言われた。
 やもえず、一度だけという条件で柚紀乃を抱く。
 処女だったが抱き応えは香也乃以上であった。
 おまけに柚紀乃は香也乃同様に中出しOKといった。
 柚紀乃も妊娠させてしまうのではないかと怖かったが、柚紀乃の反応はとてもかわいく、セックスがあまりにも気持ちよかったので、中出しをした。
 終わってから後悔するのだが、殺精タイプの避妊薬を使っていることを知り、ほっとした。
 それから柚紀乃から誘われるたびに抱いた。
 しばらくして、香也乃は可愛い女の子を産んだ。
「あなたの子だけど旦那の子供として育てるから安心して」といわれた。
(やっぱり、自分の子か)と思いつつ、赤ちゃんをあやした。
 受験が終った頃に今度は柚紀乃のお腹が大きくなり始め、僕の子供を妊娠した事を告げられた。
「あなたの赤ちゃんが産みたくて避妊止めちゃった」
「なんで?」
「だってお母さんがあなたの赤ちゃんを産んで私が産めないなんて不公平じゃないの」
「あのねー」
「あなたは気がつかなかったみたいだけど私あなたの事が大好きだったのよ」
 半泣きしそうな柚紀乃に散々セックスをしていて知らん振りというわけも無く、柚紀乃との結婚を受諾した。
 当然、一悶着あるかと思われたが、香也乃は「私にすべて任せなさい」と胸を張られ、すべて香也乃に任せた。
 すると恐ろしい事に何も起こらず、僕と柚紀乃の婚約がスムーズに執り行われ、高校を卒業すると同時、僕は柚紀乃と結婚し、柚紀乃の家に住み始めた。
 香也乃は僕が何をしたかを聞くがニコニコするだけであった。
 僕は香也乃に逆らわない事に決めた。
 そして、結婚してすぐ、香也乃から「柚紀乃とはできないでしょ、今度はちゃんと避妊するからしよう」と誘われた。
 僕は断ろうと思ったが、香也乃の体の感触が忘れられずにおり、柚紀乃は「遠慮しなくていいよといわれる」と、迷わず香也乃を抱いた。
 香也乃をよがり狂わせて、中出しをした。
 それから香也乃から誘いを受けると迷わず抱いてしまう。
 柚紀乃もかわいい女の子を産み、僕は世間的にはこれで父親になった。
 柚紀乃だけでいいやと思いつつも、香也乃から誘いを受ければ、迷わず抱いてしまう。
 母親の違う可愛い二人の娘達が僕をパパと呼ぶようになっても、(本来なら義兄になるのだが、香也乃は育ての父親なのでといって僕をパパと呼ばせている)僕は香也乃と柚紀乃の母と娘とセックスをしている。
 その度に自分は何て意志の弱い男なんだと思っていましたが、そのうち、考えるだけ無駄なので、まあいいやと思うようになりました。



チンポデカイ大人居ますか?嫁が... 投稿者:りょうた&まお 投稿日:2016/10/14(Fri) 01:05 No.7924  
千葉から全国募集(^-^;23サイ今まで会った男性は15人で定期的にで生挿入だから中出し射精したらその人の子供妊娠しちゃうから中出し射精しないから大人は粘り強い真っ白いどろどろ潮吹きザーメンは精子じゃないから子宮拡げてキトウ入ったら突き上げて潮吹きザーメン中出しではらませプレイって言ってたよ同じようにできる?嫁はもともとピストンしまくりでオシッコ漏らしまくりたがってます



Re: チンポデカイ大人居ますか?... あきお - 2016/10/21(Fri) 11:08 No.7937  

初めまして、こちらは東京です。
千葉のどの辺りでしょうか。
チンポはでかい方です、小さいとは言われません。
良かったら一度お手合わせを・・・
潮吹きさせますよ。



無題 投稿者:隼人 投稿日:2016/10/17(Mon) 16:06 No.7927  
今から会いに行っていいですか?


旅館の熟女の仲居さんに中出し  投稿者:エロ 投稿日:2016/10/17(Mon) 11:07 No.7925  
一人で旅行に出て宿に着き一服していると、仲居さんがお茶を淹れに来てくれました。
「失礼します。お世話させていただきます田代絵理子と申します。何かございましたら何なりとお申し付け下さいませ。」
僕は先に食事をお願いしました。
田代さんが準備している後ろ姿をぼんやり眺めていました。
晩酌を頼み田代さんにもお世話してもらったお返しに一杯注いであげました。
「ありがとうございます。ちょうど喉が渇いていたので美味しいです。
さぁ、お客様もどうぞ召し上がって下さい。」
最後にご飯を食べ終わったころ田代さんが片付けに来てくれました。
「お布団を敷きますのでお風呂で寛いで来て下さいませ。」
僕はタオルを肩に風呂へ向かいました。
風呂の手前にラウンジがあり中からカラオケの声が漏れてきます。
歌声に誘われるようにラウンジで飲み直すことにしました。
閉店近くまで飲み風呂へ行くと夜中のためか誰もいません。
一人で大きな湯船にゆっくり浸かり旅の疲れを癒していたいました。
その時、脱衣場に人影が見えました。
風呂場に入ってきたのは女性だったのです。
しまった!間違えて女風呂に入ってしまった!と思いました。
「すみません!間違えて入ってしまいました。すぐに出ます!本当に申し訳ありません!」
頭を下げ女性を見ないように急いで出て行こうとしました。
「間違ってませんよ。夜中になると従業員も殿方の大きなお風呂に入らせて頂けるんです。こちらこそ申し訳ありません。」
女性は田代さんでした。過去にもあったのか落ち着いた口調で話しました。
「お客様のお邪魔をしてすみませんね。ご一緒してもよろしいですか?」
「は、はい。僕は大丈夫です。」
田代さんは湯船には浸かっていますがタオルを岩の上に置いています。
豊かな胸はもちろんですが、透明なお湯の中で茂みが揺れているのがわかります。
「一人風呂を邪魔したお詫びにお背中を流しますわ。椅子に腰掛けてください。さぁ、遠慮せずにどうぞ。」
あまりに申し訳なさそうに言われたので田代さんの言葉に甘えることにしました。背中を丁寧に流してもらいました。
「今度はこちらを向いて下さい。こんなことは結構あるので気になさらないでどうぞこちらを向いて下さい。」
僕は向かい合うのを躊躇いました。女性と二人だけの状況です。下半身が反応し初めているのです。
変態っ!と言われるかもわかりません。
「さぁ、どうぞこちらを向いて下さい。遠慮しないで。」
僕はタオルで下半身を隠しながらスゴスゴと田代さんと向かい合いました。
目の前に田代さんの豊かな胸が柔らかそうに揺れています。
素敵な身体です。僕の下半身は一瞬で勃起してしまいました。
「あらぁ、お元気ですね!こんなおばさんの裸でそんなになって!」
僕のぺニスはお腹にくっつくぐらい勃起しています。
田代さんは泡立てた手でぺニスを優しく包みました。ビクッと身体が反応します。
「嬉しいですわ。私でこんなになっていただいて!熱いですよ、固くなってますし…」
田代さんは黙って石鹸を洗い流し手を床について四つん這いになりぺニスをしゃぶり初めたのです。
「ううぅ!田代さん、こんなことしてもいいんですか?おおぉ、気持ちいい!」
田代さんは聞こえなかったように白くて大きなお尻を振りながら一心に舐め続けています。
お尻の動きが僕を妖しく誘います。
自然に僕の手が胸に伸び揉みしだきました。
田代さんはくわえたままぺニスから口を離しません。胸を揉みお尻を撫で回しました。
すると、くわえたまま田代さんはオマンコを自分で弄り初めるのです。
「ああぁ、いいわ!おチンポしゃぶりながらオナニーすると!はぁん、我慢出来ないわ!私ももっと気持ち良くしてぇ!お願い!」
僕は田代さんを 立たせ片足を持ち上げました。
下からパックリ開いたオマンコを舐めてあげたり、クリトリスを強く吸ったりしました。
「ああぁ!凄いわ!こんなに気持ちいいのは久しぶり!もっとよ、もっと気持ち良くしてぇ!」
僕はシャワーを持ちぬるま湯を勢いよく田代さんのオマンコにあてがいました。
「ダメッ、ダメッ、ダメぇ!」
田代さんは一段と喘ぎ声が大きくなりました。
「入れて!固くて熱いおチンポ入れて!奥まで貫いて!」
僕は岩に田代さんの手をつかせ、お尻を突き出すように抱えあげ後ろから突き刺しました。
「ああぁ!いいわ!凄くいいわ!突いて!激しく突いて!」
田代さんは自ら腰を押し付けてきます。
「奥まで届くわ!こんなの久しぶりよ!クリトリスも弄って!最高よ、いいわ!」
風呂場は卑猥な言葉が響き渡ります。
僕は田代さんと繋がったままクリトリスを弄ってあげると膝がガクガクしてきました。今にも崩れ落ちそうになります。
「ダメぇ!イクの!イクわ!イッテいい?ダメッ!イクッ!イクッ!イクゥ!」
田代さんの身体から力が抜け崩れ落ちました。上気した顔で息もあがっています。
僕は抱き抱えて優しくキスしました。
田代さんは貪るように舌を絡めてきます。口の周りがベトベトになりました。
「よかったわ。でも私一人で先に逝ってごめんなさいね。我慢できなかたったの。凄く良すぎて…あなたはまだ逝ってないわよね。逝かせてあげますね。」
田代さんは自分の愛液で濡れたぺニスを綺麗にするように丁寧に舐め尽くしていきます。
まだいきり立っているぺニスから先走りが溢れてきますが、構わず舐めてくれました。
「ウフ、タフなおチンポ。まだまだ固くて熱いわ。このおチンポ大好き!」
僕は田代さんを押し倒し正常位で挿入しました。
田代さんは腰に脚を絡ませてしがみついてきます。
浅く深く、腰を回したりしているとオマンコがキュッと締め付けてきました。
「またイキそう!何度でもイカせて!中で出して!」
田代さんは歓喜の表情で哀願しました。
締め付けがきつくなり僕も限界が近づいてきました。
田代さんは僕の下で官能の表情を浮かべています。
奥まで突くとたわわな胸が上下に妖しく動いています。
ぺニスに限界を感じさせる衝動が突き抜けました。
「ダメです!逝きます!逝くよっ!」
「キテェ!中にキテッ!いっぱい出して!私もイキそう!いいの、いいの!イクゥ!イクゥ!一緒にイッて!ああぁ!」
二人は同時に果てました。二人とも動けません。
しばらく抱きあったまま息を整えました。
「素敵だったわ。恥ずかしいくらいいっちゃった。貴方も良かった?」
「はい。凄く感じていっぱい出ました。田代さんの締め付けがきつくて我慢出来ませんでした。」
「恥ずかしいから言わないで。このおチンポをもっと味わいたいわ。本当よ!」
「僕だって田代さんのオマンコを楽しみたいですよ!」
二人は抱き合いキスを交わします。
ゆっくりとお風呂に入りいつまでも抱き合っていました。
田代さんの手はぺニスを優しく包み込むように握っています。
僕も田代さんの胸を優しく包み込むように触っていました。
二人揃って僕の部屋に戻り布団の上に倒れ込むように潜り込んだのでした。



お尻の大きいヘルパーの仁美さん... 投稿者:エロ 投稿日:2016/10/12(Wed) 14:54 No.7923  
俺は介護施設で事務長をしています。
多くは中年のヘルパーとお年寄りばかりでときめくことはほとんどありません。
その中で50歳前のヘルパーの仁美さんは身長も150ちょっと位で肥り気味で日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で決して美人の部類ではなく、大人しいおばさんです。俺は45歳の妻帯者です。仕事柄話はよくしています。そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人だけになりました。
「今日は本当に疲れたね。すぐ帰らないといけないの?」と聞くと仁美さんは「夫が帰るのはいつも12時頃だから帰ってもしばらくはテレビを見ているだけです」と言うので、途中でコンビニで2人分のサンドイッチとジュースを買って、夜の河川敷きの公園までそれぞれの車に乗って行きました。。
仁美さんは軽四輪、俺は8人乗りにワンボックスカーです。
公園の駐車場について、仁美さんは俺のワンボックスに来て後ろの座席に2人並んでサンドを食べました。
食べ終わって横を向いて仁美さんの胸を見ると、着ているセーターの両方の胸の乳首がぽつんと盛り上がっているのを見て、触ってみたい衝動にかられてしまった。
妻はスレンダーな女で裸にしてもほとんど胸のふくらみはない女です。
仁美さんを抱きしめて片方の胸を鷲掴みにすると彼女はびっくりした様子で「えっ?どうしたんですか?だめですよ。奥さんに叱られますよ。」と。
俺は「もうそんなやきもちを焼く様な妻ではないし、仁美さんのやわらかそうな胸は最高だよ」というやキスをしました。
最初は顔を横に向けて拒否しているようでしたが、かまわず、舌を入れたりしていると全く抵抗することなくされるがままのようでした。
俺の下半身が勃起していつのを感じ、仁美さんのスカートの中に手を入れました。
少し腰を動かせて拒否しているようでしたが、かまわす奥に手を入れパンティーの感触を味わうと、俺は急いでズボンとトランクスを脱ぎ、仁美さんに蔽いかぶさるように上に乗りました。
シートを倒し、ベットのようにして、仁美さんのパンティーを脱がせました。
両脚の間に俺の身体を入れ、勃起したペニスをあてがうと運よく彼女の秘部にあたり一気に腰を沈めると、なんの抵抗もなくすんなりと奥まで挿入出来ました。
仁美さんの顔を見ると目を閉じて少し口を開いていました。
もう抵抗されることはないと確信した俺は「どう?このまま腰を動かせてもいい?」と聞くと彼女は黙ってうなずきました。
妻とセックスしたのはもう半月前位だったので、俺のペニスはいつになく元気でした。
彼女の中もかなり濡れているのがよくわかり、腰を動かしているとぴちゃぴちゃと音が聞こえるくらいでした。
射精感を感じ「気持ちいいよ。もう我慢できない。中に出してもいい?」と聞くと黙ってうなずきました。
何度もなんども射精しました。
終わった時は彼女はすっかり両脚を開きぐったりとしていました。
彼女が「もう帰らなくては?」と言うので、改めてキスをすると今度は彼女も舌をからめて来ました。
別れ際に「仁美さんとのセックスは最高だったよ。又・・こしたいな?」というと「・・・でもみつからないかしら?お互い家庭があるから・・・」と。
俺は一度セックスした優越感から「もう、こんなことしたくないの?」と言うと「いじわるね。そんなこと聞いて・・・。すごくよかった」と言って自分の車に乗り込み帰って行きました。
翌日職場で顔を合わすといつになく親しみのある顔で「おはようございます」とだけ言った。
その日廊下ですれ違う時、片手を広げお尻を撫でると「ダメですよ。人に見られると・・・」と小さな声で彼女が言った。
俺は「今夜も会える?」と聞くと「6時半ごろにあそこで待っています」と。
その晩は俺の方から下半身裸になって彼女の顔の前にすでに勃起したペニスを突き出すと彼女は眼を閉じてぱくりと咥えてくれた。
しばらく咥えてもらった後69姿勢になって彼女の両脚を開き、秘部に口を持って行き、舐めたり吸ったりしているともう思いきり両脚を高く上げ、「ああ・・・いい・・もっと吸って・・・」ととうとう喘ぎ声まで出して来た。
普段とはしんじられない仁美さんの卑猥な表情にその晩も昨日射精したばかりなのにたくさんの精液を彼女の中に出した。



普段はものすごく清楚な奧さんな... 投稿者:エロ 投稿日:2016/10/06(Thu) 12:34 No.7920  
先週、町内会のバーベキューで中出しさせてもらいました。
相手は同じマンションに住む36歳の由美さん。
同じマンションの人妻さんとハメハメしてしまい、多少の罪悪感はあったものの、あまりの上物に性欲をそそられその後、奥さんの携帯に留守電を入れ先週の日曜にワタクシの自宅へ遊びに来るよう伝言を入れておいたら、早速ご登場相成りました。
「ピーンポーン」
日曜日の昼下がり現れた奥さん!
「こんにちは、すいませんお邪魔します」
と部屋へやって来ました。
ナント普段着で登場かと思いきや奥さん、ヴィトンの黒と茶色の格子模様のミニスカスーツに淡いコロンを漂わせナニやら気合が入っている様子。
ソファに腰掛て
「この前はスイマセン、私かなり酔ってしまって。この前のコトは主人にナイショにして下さいね」
と長い脚を組み替えながらワタクシに口封じトークです。
「いやぁ奥さん、ボクの方こそ奥さんの魅力に心を奪われてしまって申し訳アリマセンでした」
と持ち上げます。
「でも奥さん、ホントに素敵なセックスでした。人生最高です」
と呟くと、
「イヤァンッ、二人だけの秘密ぅ」
とコーヒーカップをカタカタと震わせています。
ワタクシ心の中で旦那にナイショと言いつつも、真昼に独身の男の部屋へ着飾って遊びに来るなどこのドスケベ人妻と思ってしまいました。
くびれたウエスト、ムッチリした太腿、長い脚をクネクネさせながら時々足を組みかえる瞬間に豹柄のパンティがチラッと見え隠れします。
「奥さん、一人で寂しかったらいつでも遊びに来てくださいよ。ボクらもう普通のご近所さん以上の仲ですから」
と伝えると、
「あんっ、恥ずかしいわん。もうあの事はお忘れになって下さい」
と切り出すので、そうは行かぬとワタクシ、早速モロ出ししました。
「どうですか?ご主人のオチンチンと比べて。モノ足りないですか?」
と奥さんの口元へ突き出します。
「アァッすっ凄いぃ大きいッ、主人の倍はあるわ」
と奥さん。
「さぁ奥さん、大きいのを咥えて見てください」
「アッん恥ずかしい」
と言いながらも舌を使って唾液でよく湿らせて、
「んくっ、んんくっゴクッんピチャピチャッ」
と厭らしい音をたてながら奥さんウットリした顔で嘗め回します。
ドスケベな人妻さんが今ワタクシの膨張したイチモツを頬張っていると思うと益々興奮して、奥さんの口の動きに合わせて腰を振り頭を押さえつけて、ノド元深くへ届くように手に圧力を加えます。
「グフッ、グエッッッグエッ」
とむせるのも最初だけ、慣れると咽喉チンコの奥深くまでオチンチンを咥えます。
やがて赤いルージュが取れてなくなるほど唾液と激しいフェラチオへと移行して行きます。
奥さんの洋服上下を脱がせると厭らしい豹柄のTバックです。
ソファの上でシックスナインの体勢を取りパンティの隙間から指を入れてみるともう滴り落ちるほど濡れ濡れのドスケベオマンコになっています。
クチュッ、クチュッとオマンコを刺激するとフェラチオを中途半端にしながら、
「ッアックッ!クゥゥゥゥッあっ気っギボジィィィィィッハッ!」
と綺麗に巻き髪された薄茶のロングヘアを振り乱して悦びます。
「あぁぁぁっ、こっ、こんなハァッ感じるあぁっ、感じるわ、ンングァァァッ!」
と奥さん淫乱メス猫丸出しです。
「奥さん、さぁ思い切り感じなさい」
「あぁ、お願いお願いぃぃぃっもう来てっ、大きいの入れてっ」
「奥さん、大きいのを何処に入れるの?さぁ大きい声で言いなさい」
「ンクハッ、はっ恥ずかしいぃぃぃ。オ、オマンコにぃぃぃぃ」
ともう狂おしいばかりです。
「よしよし奥さん、さぁ尻を!奥さんの大きくて厭らしいお尻を向けなさい」
と促すと体の線が細い割りにムッチリとした肉塊をこちらへ向け、愛液でギラギラ滴るオマンコがヒクヒクッと痙攣するのが確認できました。
亀頭をオマンコにギュッとねじ込むと、
「ンンンンンッ、あぁイイィィィ、クハッ、クハッもうイキそうぅぅぅッ」
と腰を激しくスライドさせます。
「奥さんまだまだ、じっくり楽しませてあげますから。スぺシャルサービスですよ」
とワタクシ激しく高速ハイパワーピストン攻撃です。
パンパンパンッパンパンッパンパンパンパンパンパンパンと三三七拍子のリズムでハイピストンすると、奥さんはたちまち潮を噴出して、
「イーッ、イグゥゥゥゥゥッ!んっグワァァッぁぁぁ!」
とイッてしまいました。
それから少しして駅弁スタイルでパンパンパンパン、ソファで奥さんを上にしてパンパンパンパン。
2時間のロングなセックスに奥さんは数回絶頂を迎えやがて白目になり気を失ってしまったので、思い切り大量中出し!
ドッピュピュピュピュッと止まる事無く精子を注ぎ込みました。
普段は町内会活動などでしか知らない清楚な奥さん。
実はこのような淫乱人妻なのです。



会社の受付嬢が中出しを懇願 投稿者:エロ体験 投稿日:2016/10/03(Mon) 14:10 No.7918  
26歳で会社にも少しづつ慣れて、仕事が楽しくなった頃、
当時努めいた会社の受付嬢とSEXした事がある。
彼女は21歳で短大卒業後、
ウチの会社に入ってきた1年目の新入社員のOL。
身長150cm、体重が50k中半のちょっとぽっちゃりした感じ。
顔は、宮崎あおいを少し不細工にして、太らせた感じの女の子。
自分は技術の待機班として1人でいたんだが、
受付の子である彼女(Fちゃん)が何故か夜遅くまでいた。
俺「ずいぶん遅くまでいるね。乙カレ」
Fちゃん「あ、Kさん(俺ね)、待機ご苦労さまです」
俺「おう、さすがに朝までいるのはきついよ。朝まで一緒にいてくれる??w」
って、冗談半分で言ったら、
Fちゃん「いいですよー」
なんて言ってきた。
最初冗談だと思ってたんだが、
夜遅くになっても帰らないFちゃんと見て、
冗談でないことがわかった。
俺「Fちゃん、仕事終わった?」
Fちゃん「あ、はい。もう終わってますけど、
Kさんと一緒に朝までいます」
俺「明日も仕事ですよ?もう帰りなよ。」
Fちゃん「さっき言ったじゃないですか。
朝まで一緒にいますって。それに私明日休みですから」
俺「あ、そうなの?それにしても・・・」
Fちゃん「Kさんと一緒にいたいんです!」
Fちゃんの強い言葉に思わずびっくり。
俺「ま、まぁ、Fちゃんが良いって言うなら」
ちなみに当時、俺は結婚3年目で、
もうすぐ2歳になる子供もいた。
同じフロアに別々にいてもということで、
Fちゃんと一緒に色々なことについて話した。
会社のこと、プライベートなこと、
Fちゃんの恋愛事情、俺の夫婦間のこと。
特に、できちゃった婚な俺は、
嫁さんとうまくいってないことなどなど
(その時はFちゃんに対して下心なんてなかった)。
Fちゃん「そうですか、もうすぐ離婚するんですね」
俺「まー、仕方ないね。
子供で繋がってた部分はあるけど、
最近向こうは男がいるみたいだし。」
Fちゃん「淋しくないですか?」
俺「そりゃねー。でも、俺は子供を育てていくつもりだし、
嫁に子供を任せるつもりもないからさ」
しばらく黙っているFちゃんが次に開いた言葉が
Fちゃん「私がYちゃん(俺の子)の
お母さんになれないですか?」
俺「え?」
Fちゃんの言ってる意味が一瞬わからなかった。
こんな話はドラマや漫画だけの話だと思ってたけど、
実際にあるからフィクションになるんだなぁと実感。
俺「え?どういう事??」
Fちゃん「私、Kさんのことがずっと好きだったんです。
研修中も優しかったし。
最近奥さんと仲がよくないってことも知ってました。
そこにつけ込むつもりじゃなかったですけど、
私、Kさんのこと諦められないと思ってたから」
びっくりですよ。
ホント、まじで。
確かに周りの連中と一緒に
飲み行ったり遊びに行ったことはあるけど、
Fちゃんは後輩の一人としか思ってなかった。
それが俺の事が好きとか突然告白されて。
確か他にも色々言ってたと思うけど、
要約ではそんな感じのことを言ってた。
言い終わってから泣きじゃくるFちゃん。
しばらく呆然としてたけど、
泣いてる子をそのままにするわけにもいかず。
成り行きで抱きしめました。
するとFちゃんがキスを求めて目を閉じて
上向きになるじゃないですか。
そりゃキスしましたよ。
思わず胸ももんでしまいましたよ。
年下つっても5歳ぐらいしか歳はなれてなかったけど、
若い子っていいな、とか思っちゃいましたよ。
そのまま仮眠室にGoです。
仮眠室って言っても、
ソファーとTV、冷蔵庫がある程度の部屋。
寝そべっているFちゃんに今度のキスはベロチュー。
涙目のFちゃんの顔がトローンとしてくるのがわかる。
少し大きめの胸を服の上から触ると、ちょっとビクっとする。
やべむっちゃかわいい。
俺「触ってもいい?」
Fちゃん「はい・・・」
やべっ、こんな新鮮な気持ち何年ぶりだろ。
ブラジャーを脱がすとかわいい胸が出てくる。
が、少しタレてたのと茶色っぽい乳首に萎えw
ヤリマンなのかなぁとか思ったり。
でも、乳首を舐めたりいじめたりすると、
いい感じにあえいでくれるのでおk。
タイトなミニスカートをあげ、
下着の上から触ると、
いいねぇー、ぬれてるのが分かる。
直接触ったら、かなり大きな声を上げられてびっくり。
俺「駄目だよ、声上げたら」
Fちゃん「は、はい、でも声が・・・んっ!」
やべ、むっちゃ萌え!
その後フェラしてもらったり、ソファで69とかして、
挿入する時は、当然生。
ゴムなんてもってないですよー。
俺「入れてもいい?」
Fちゃん「はい」
俺「ゴム持ってないけど」
Fちゃん「そのまま入れてください、
Kさんも生の方が気持ちいいですよね?」
もちろん!
身体が小さいだけあって、
Fちゃんの中はかみさんと違いしまりがよく、
会社で受付嬢としているという気持ちもあって、
すぐにでもイキそうだった。
でも、Fちゃんのイキ顔も見たいし、
何よりかみさん以外の若い子とヤるのなんて
久しぶりだったから、たっぷりFちゃんの身体を満喫したかった。
俺「Fちゃんの中、すっごい気持ち良いよ」
Fちゃん「あっ・・・」
何も答えないFちゃん。むしろ声を押し殺してる感じ。
でも、そんな感じが(・∀・)イイ
どのくらい痙攣したかな。
Fちゃんものすごくイき易かった。
俺が「イっちゃった?」って聞くと、
コクンってうなずくの。
それがすっげーかわいくてさ。
イきそうな感覚を何度も我慢して、
何回もイかせた。
多分ガマン汁がすごい出てたろうな。
さすがにガマンできない状態に。
俺「ねぇ、俺ガマンできない。イってもいい?」
コクンとうなずくFちゃん。萌えっ!!
かみさんとヤる時の癖でつい言っちゃったんだよね。
俺「どこに出して欲しい?」って
そしたらFちゃん、こんなこと言い出しました。
Fちゃん「中に出して欲しいです。」
一瞬我に返ったね。
俺「はっ!?」
とか言っちゃったよ。
俺「安全日なの?」
Fちゃん首を振る。
Fちゃん「危険日です、でも、中に欲しいです。」
かなり躊躇。
というか、正直な気持ちは
うわー!勘弁してくれー!
離婚して即効デキ婚ですかー!?
また同じことの繰り返しですよー!
俺Fちゃんのこと、まだシラネーヨ!!
が、もう後の祭りね。
逃げることもできない。
だって気持ちいいんだもん。
俺「じゃー中に出すよ?」
Fちゃん「はい、Kさんのいっぱい出してください・・・」
思いっきり激しく突いて一緒にイき、生中出し。
やべー、気持ちいいー。若い子のマ○コさいこー。
なーんて思うのは、イってからコンマ数秒だよね。
イってる最中、思ったよ。
やべぇ、離婚早々結婚か。
せっかく遊ぼうと思ってたのに。
Fちゃんかわいいけど、
俺受付の○○ちゃん狙ってしなぁ。
とか思いながら、奥まで入れていたチ○コを
こっそり手前に引いてイッてたのは秘密ですw
Fちゃん「すっごいいっぱい出てる。
Kさん、気持ちよかったですか?」
俺「うん、気持ちよかったよ。Fちゃんは?」
Fちゃん「私も気持ちよかったです。Kさん好きっ♪」
と、抱きしめられる私。
あー、あの時できなくてホントによかったと思います。
さっきも書いたけど、
Fちゃんはかなりのヤリマンの尻軽女で、被害者多数。
多分Fちゃんには、悪気は無いんだろうけど、
物凄い恋愛体質で、すぐ惚れてしまう女の子なんだよね。
付き合う彼氏や夫は、大変だと思うよ。
すぐ浮気しちゃいそうだし。
俺がやったのはコレっきりだったけど、
何度もやった同僚がFちゃんとデキ婚で寿退社。
しかも誰の子がはっきりわからないときたもんだ。
まぁ、育てた親がその子の親だからね。
自分の子じゃなかったら、捨てる。
みたいないい加減なこと言って結婚してたみたいだけど。
今そいつは幸せだからいいんじゃない?
俺は狙ってた子と今付き合って、
子供もなついてるみたいだし。
俺もFちゃんもその旦那も、
今は幸せなはずですw



ラッキーな体験 1 投稿者:交竜 投稿日:2016/09/18(Sun) 21:49 No.7917  
 若き頃のラッキーな体験を幾つか投稿します。

   {今回は、風俗店での体験談}

その当時は’トルコ風呂’と言われていた(現・ソープランド店)泡嬢とのお遊び事。

俺は当時独身で社内にも若いOLが居なかった、ピチピチ女と擦れ違うと4〜5日溜めてあった股間が疼いて我慢できなかった。

ある日有給休暇をとって電車で雄琴へ、2ケ月前に遊んだトルコ○◎店へ駅前で昼食後に直行、まだ入店4日のKちゃんを指名。

俺は当店の会員証を持っていた、でもまだ準会員だ。

21歳のKちゃんが気に入って120分コースを奮発してKを喜ばせると、Kは猫の様にまとわり付いて来た。
私立の大学生で親にはスーパーでバイトしてると知らせてある様だ。

バイトには変わりないが、「このバイト怖くない?」の問いに「大丈夫よ、私まだ学生だしやさしいお客さんを店長が選んでくれるから」笑顔で答えるKが可愛かった。

スリムなKはバストと尻が結構なボリュームで俺はもうピンピン状態「わあ〜凄い〜ィ!」股間を視てKは可愛い声を。

何んとか探ってKから聞き出した事は、163−88D−56−86がKの肉体サイズ。

マット洗いの時にDキスと美乳揉み、シャワー後には美尻揉みとオ○○にタッチ「イヤ〜あん!」の喘ぎ声。

でも、顔は笑ってる。ピン起ちのチンポをKに握らせDキス、「Kちゃん、俺もう我慢出来ない〜!」両手で羽交い絞め。

「私はこれ以上はダメなの、キスなら良いけど」の拒否態度、「俺はここの会員なんだよ、トルコに来て本番ナシなんて聞いた事無いよ?」と、でも顔は優しく。

Kはフロントに連絡して何んとかOKしてくれた。
「でも私、今迄2人のお客さんとプレイしたけれど本番しなかった、オッちゃんだからかな?」

マン毛は逆三角でやや薄め、濡れ始めたオ○○は紅鮑の様だった。ゴム付でいよいよ挿入「お願い乱暴にしないでね」Kは緊張気味。

「あっああ、〜ん」Kと俺はお互い同じ喘ぎに変な感じ? 「いやん〜大きい〜チョット無理、ムリよ〜」
久々のHに俺はチンポは最高に感じた。

ピストンが始まるとKは感じ始め「いやあ〜あ〜ん」驚き、Kも腰を動かし合わせて来た。最初の爆発・・「すご〜い〜!」デカチンポにKは快感だった。

ゴムを取ったチンポを再びKは見つめながら洗ってくれた。「若い人のアソコ視るの初めてなの、こんなに大きくなるなんて知らなかったわ」Kは手に乗ってる俺のチンポに感動したそうだ。

「まだ時間あるからもう一回良いだろう」Kは「エッ!2回もあんな事出来るの?」と、驚き顔。
「若者なら平気で4〜5回位やるよ」K「そんな〜!私は無理ムリよ」とKの返事だった。

Kを寝かせ2回戦開始、美乳を舌で刺激し2本の指でクリを責めると、Kの鮑はもうマン汁でビショビショだ。
濡れた指を「Kちゃんの鮑こんなに濡れてるよ、俺のマツタケ食べたいって開いてるね」顔に近づけた。

「いやあ〜ん、お兄さんて上手ね」膝を使い更にKの股間を広げ上向いたチンポをKに見せ付けて「さあ〜俺のマツタケを付け根までお食べ〜!」

「凄〜い〜!!」口を震わせ黄色い声を出し、悶えるKは女子大生にはとても思えなかった。
クチュクチュと結合部からチンマン汁が混ざった音が、やがて「チョットこのままじゃあ〜ヤバイわ〜!」俺が「大丈夫2回目は薄くなってるから、危険日じゃなかったらこのままの方がお互いに気持ち良いからね」

Kには返事がなく、ただ悶えて喘ぎ声だけ。そして「いやあ〜こんなの初めて〜気持ち良い〜わ〜!」そしてラッキーな事に俺の言った事を受け入れてKに生出し終了。

5〜6分はビクともしないKは本気で快感を味わいイった、チョロットお○○から精子が出て来てバレない様にそっと拭いてやった。

「気持ちよかったわ〜、こんになったの初めて〜!」生入れは数回指名した客のみ権利があるのでKとは初めてなのに生入れ生出しは本当にラッキーだった。

Kを気に入った俺は延長を頼むとKもOKしシャワー後に再びマットで正座しKと生での座位を、3回戦にお互い打ち溶け合って「いやあ〜!気持ち良い〜わ!」Kと激しいDキスと腰使い、量は少ないが3度目の爆発も生出しにKの注意も薄れてSEXの快感を味わった様だ。

退室時に「又来てね、Kを指名してね。今度は最初から生でも良いわよ。お兄さん上手だから気持ち良かった」
Dキスとハグして別れた。

2ヶ月後の来店、勿論Kを指名してありだ。
ところが「体調不良で昨日から休んでます、微熱があり病院から投薬受けてるそうなので」一瞬俺は「もしや妊娠かな?」

「じゃあ〜Kちゃんの様な娘頼む」「はい、同じ歳の子準備してありますので」返答にヤレヤレだ。
Nちゃんは学生ではなく、パートOLだった。
Kと同じ事を(この店の会員なので本番を依頼)Nにも伝え2回戦から生入れ生出しを慣行しNにも喘ぎ声を出させ痙攣させ、お○○からはK以上の精子が溢れ出した。

今なら完全NG行為を昭和時代にラッキーな体験を2人の泡姫と済ませ満足だった。



近所をジョギングしてたら 投稿者:祐子 投稿日:2016/07/26(Tue) 02:19 No.7810  
45歳細身の人妻
ちびっこ天国近くの人気のない道で、ワゴン車に無理矢理押し込まれ....手首を縛られ30歳から40歳代の5人の男達に弄ばれてから輪姦されて中出しされました。
知らない男達に抱かれて恥ずかしい声を上げ、肉体は破廉恥な反応を示し



Re: 近所をジョギングしてたら のぶお - 2016/08/07(Sun) 15:48 No.7838  

「嫌っ」とか言いながらイッちゃったんだろ!祐子


Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/09(Tue) 02:20 No.7847  

「嫌っ嫌っ」と言いながら、腰を振ってイッちゃいました。
精液を飲まされて、オ○ンコに中出しされてイッちゃう淫らな肉体なの。主人には言えません。



Re: 近所をジョギングしてたら 一紀 - 2016/08/12(Fri) 17:59 No.7853  

祐子さん 
思い出してオナニーしてる?




Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/14(Sun) 22:16 No.7856  

一人になると思い出してしています。





Re: 近所をジョギングしてたら  - 2016/08/15(Mon) 03:50 No.7857  

奥さんのプロポーション教えてくれよ。


Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/15(Mon) 06:18 No.7858  

身長161cm B77 W53 H83です。


Re: 近所をジョギングしてたら 勇輝 - 2016/08/17(Wed) 04:04 No.7862  

手首縛られて口とおま○こに中出しされて気持ち良かったんだろう祐子。嫌々言いながらチ○ポに舌を絡めてしゃぶってたんだろう。おま○こ犯されて腰を振る祐子の姿を残りの3人が見てチ○ポ勃起させて順番待ちかな?勃起したクリも可愛がって貰ったんだろう祐子。祐子は痩せてるから恥骨がモッコリかな?
どんな事をされたのか教えてな。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/22(Mon) 01:43 No.7872  

汚された私のオ○ンコを主人が味わって舐めています。
知らない男達の精液を中出しされたオ○ンコを犯しています。 
知らない男達のチ○コで犯された唇にキスをします。
あなた味わって...汚さてイキまくった私の肉体を
あなたに抱かれながらあの時の男達の行為を思い出しているのよ。
もっと玩具の様にして欲しい。1回出したら終わってしまう主人に不満です。朝になるまで大勢の男達に犯されて精液で汚されたい。
勇輝さん、恥骨は高いです。アンダーヘアーは恥骨の頂き以外は処理しています。



Re: 近所をジョギングしてたら 勇輝 - 2016/08/23(Tue) 07:22 No.7875  

スケベ人妻祐子
盛りマンからクリを飛び出させてみんなを楽しませたんだろう。
男達は祐子の感じている顔と体の反応を見て勃起しまくり射精したんだぜ。スケベな鼻声上げて悶えてたんだろう祐子。旦那にも見せてやりたかっただろう。旦那も勃起しながら嫉妬するぜ。
旦那の前で犯されて「オマ○コ イッちゃう」って声を上げてやりな。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/24(Wed) 10:09 No.7877  

目隠しされ皮を剥かれてクリを舐められながらチ○コをしゃぶらされていました。乳首を2人の男達から吸われ私はチ○コをしゃぶりながら背をのけ反らせイッてしまいました。男達から言葉で揶揄されると大きなチ○コがオ○ンコの奥まで一気に挿入され激しく突かれました。私はチ○コをしゃぶりながら喜びの声を上げていました。その行為が10分続いたのか20分なのかも分からない。私のオ○ンコは5回以上イカされていました。2人の熱い精液が私がイクのに合わせるように注がれ私の身体は痙攣していました。
主人のものなのに知らない男の精液を子宮に出され同時に飲まされているのにとっても美味しい。主人1人では味わう事の出来ない肉体的快楽に私の肉体はとろけていました。
5人の男達は優しくてみんなチ○コが大きかった。



Re: 近所をジョギングしてたら Mr. - 2016/08/25(Thu) 22:00 No.7878  

祐子さん、男の人達の精液をオマンコの奥に、毎日子宮に求め続けるんですよ。
ご主人以外の男と肉体的快楽を求める!それが、女性の幸せってもんですからね。
オマンコ、イッて!イッて!イキまくる!
女なら出来て当然ですよ?祐子さん。

ご主人にはナイショな快楽の一つもないとね?
いつまでも綺麗な女でいる為には、必要な事ですからね。
毎日、男とセックスしましょう。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/26(Fri) 10:55 No.7879  

5人の男達に恥ずかしい事をいっばいされた事を思い出すと濡れてしまいます。Mr.さんがおっしゃる通り私の子宮は知らない男達の精液を求めているのかも知れません。「嫌っ嫌っ」と言いながら肉体は完全に求めて濡れていましたし乳首やクリは恥ずかしいほど勃起していました。目隠しをされ後ろ手に縛られている私は肉の玩具の様に男達のなすがまま翻弄されて、肉体的快楽の絶頂を数え切れないほど味わわされる内に自らも求め恥ずかしい言葉だからを口走っていました。イカされる度に「もう、嫌っ、許して」と男達に懇願していましたが、肉体は完全に男達のチ○コを求めていました。
交代した男がオ○ンコに挿入させれば肉体に痙攣が走るほど感じ口にチ○コを当てがえば自らくわえて舌を絡めていました。
2人の男達の激しい腰の動きの中で何度も絶頂し肉体を波打たせ、2人が同時に中出しすると分かると私の肉体は大波の様な絶頂を迎え男達の精液を受け入れていました。
もっともっと壊れちゃうほどイカされたい。



Re: 近所をジョギングしてたら Mr. - 2016/08/26(Fri) 22:31 No.7880  

そうだね、祐子さん。

自分から、もっともっとオマンコに男の人達のチンポを求めるんですよ。
祐子さんは毎日、オマンコ中出しでイク事だけ考えていればいいんですからね。
オマンコの奥に精液を感じてイキまくる事は、女性の最高の幸せなんです。
祐子さんがいつまでも魅力的でステキな女性であり続ける為には必要な事なんですよ!

祐子さん、ご主人にはナイショの快楽を毎日楽しみましょうね。
男の人は「嫌ッ!」とか「ダメッ!」か、極め付けは「夫以外の赤ちゃんがデキちゃう!」とかって言われると凄く興奮するものですよ。
祐子さんから男の人達にオマンコ中出しを求めて、対面座位とか騎乗位になって
腰を前後に激しく振りながらそう言う事を言ってごらんなさい。
祐子さんも興奮して、オマンコ激しく感じる事が出来ますよ。
これは女性には、おススメの行為ですよ。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/28(Sun) 04:23 No.7882  

後ろ手に縛られて対面座位で犯されるのは恥ずかしいかったです。
腰を両手で抱えられながら腰を振っている私を周りで見ているんです。男達に何処が気持ちいいのか言わないと止めてやらないぞと言われ、私は「オ○ンコ」と囁いていました。恥ずかしい言葉を言わされ男の腰の動きが激しくなり周りの男達から「誰の何処がどうなっちゃうんだ」ちゃんと言えよと言葉責めされて、私は「祐子のオ○ンコ イッちゃう」と口走り男の膝の上で背をのけ反らせると男はオ○ンコの中に精液を出してくれました。恥ずかしい言葉を言うと気持ち良くなる事はMr.さんのおっしゃる通りです。
明日、またジャギングしょうかと思います。下着無しでTシャツ&スポーツタイツ姿で...乳首と恥骨の盛り上がりからクリの位置が膨らんで透けちゃいますけど、色んな男達に見られたいし沢山のチ○コが欲しくて我慢出来ません。お口とオ○ンコに精液をいっぱい出して汚されたい。「嫌っ もう駄目っ 祐子のオ○ンコに出しちゃ駄目っ 赤ちゃん出来ちゃう 嫌っ」早く口走りたいの。
「駄目っ アナタ許して 祐子のオ○ンコ イッちゃう イク イク イク〜」、主人以外のチ○コに肉体を翻弄される喜びを知ってしまった祐子を許して下さい。



Re: 近所をジョギングしてたら Mr. - 2016/08/28(Sun) 19:34 No.7883  

許すよ!オレが祐子さんを許すよ!

だから、祐子さんは男の人達のチンポをオマンコに激しく求めるんですよ。
男の人達の精液を子宮に受け止めて、身体中でイキなさい!
女性は男の人の精液を子宮で受け止めて綺麗になるんですからね。
ご主人の為に、いつまでも綺麗でステキな女性でいたいでしょ?
何も心配する必要は無いですよ。祐子さん。

ジョギングするのに下着は必要無いですよ。
毎日気持ちいい汗を流して、早く綺麗な女性になりましょうね。
明日の報告を楽しみにしています。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/08/28(Sun) 23:52 No.7884  

午前11時頃薄いピンク色のキャップを被りTシャツ&スポーツタイツだけをを身に着けジョギングに出掛けました。ちびっこ天国の方は人通りが少ないけど時折来る車の男性の視線は私に向けられていました。途中でシューズの紐を縛り直す振りをしてお尻を車の来る方に向け突き出したりしました。その度に車のスピードが落ちるのを感じ「見ていいのよ」と心で囁いていました。今日は曇り空で身体は少し汗ばむ程度でしたがオ○ンコはヌルヌルに濡れていました。いやらしい事ばかり想像していたのでTシャツ越しに乳首が勃起しているのが誰にも分かった筈です。スポーツタイツの股間は恥骨の形に盛り上がりクリが勃起していたので枝豆の様に膨れ上がっていました。私はわざとスポーツタイツを引き上げて食い込ませていましたからオ○ンコの筋もクッキリ見せていました。ワゴン車に無理矢理押し込まれた場所に着くと、また来てくれないかと思うのと男達から弄ばれているあの日の光景が蘇ってクリを勃起させていました。家に着くまで何回も勃起した乳首とクリに指を這わせていた私...家に着きスポーツタイツを脱ぐと股間の所は愛液でヌルヌルでした。シャワーを浴びながらあの日の事を思い出しオナニーしました。オ○ンコに固くて太いチ○コを順番に欲しい。次のチ○コはお口でしゃぶりますから祐子のオ○ンコに中出しておかしくさせて下さい。お口とオ○ンコに射精されながらイカせて下さい。3人で仲良くイケたら気持ち良くて祐子の頭はおかしくなっちゃいます。
主人は2階の部屋で寝ています。私は1階の部屋なのでバイブでオナニーしてから寝ます。



Re: 近所をジョギングしてたら Mr. - 2016/08/30(Tue) 05:57 No.7887  

もっともっとお尻もオマンコも見せ付けて、祐子さんから男の人達を誘うんですよ。
人通りの少ない所に着いたら、男の人達に見せ付ける様に
恥ずかしがらすに両足を開いて、祐子さんは腰を前後に振って指オナして男の人達を誘うんですよ。

綺麗でステキな女性である為に、今日から毎日チャントやりましょうね。祐子さん。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/09/10(Sat) 22:11 No.7910  

前以上に堕とされたい。



Re: 近所をジョギングしてたら 憲太 - 2016/09/14(Wed) 17:43 No.7913  

5本の肉棒が忘れられない様だね。
もっともっとスケベになりなさい祐子。



Re: 近所をジョギングしてたら 祐子 - 2016/09/16(Fri) 00:18 No.7916  

監禁されて大勢の男の人達から恥ずかしい事を沢山されたい。



山形か仙台出会えるひと 投稿者:kit 投稿日:2016/09/14(Wed) 21:31 No.7914  
中出しさせてくれる人いたらメールください
しばらくエッチしてないからめちゃめちゃやりたい
年齢は気にしないので

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード