[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名    
コメント
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色




中出しした女達 投稿者:カリギュラ 投稿日:2017/04/14(Fri) 18:54 No.8118  
別稿に書いたが初体験はずいぶん早く、互いに精通も初潮もない同士だったので最初から生挿入で果てていた。5人目の相手だった由美子から精通があったら気を付けるようにと由美子の母親から注意をされた。由美子は既にセイルがあったが私が精通があったのは6年生の時だった。
好きだった新子と嵌めていた時絶頂感を迎えたとき、いつもと違って勢いよく何かが放出されていく感覚があった。とても気持ちが良い感覚に襲われ新子を強く抱きしめ口を吸った。相手の新子とはもう3年以上の身体の付き合いがあり、新子もいつもと違う感触を感じ取っていたようで思わず切ない声を上げた。
ペニスを抜くと新子の膣口から白い液体が溢れてきた。
横にいた由美子がそれが精液だと教えてくれた。由美子自身直接射精を浴びた事が無く、精液を溢れさせている新子をうらやましく見ていた。
女の中でそのまま放出する時の解放感は素晴らしく、以来よほど強く求められない限り避妊具を付ける事は無かった。
上京し進学後はナンパの毎日だった。当時女性の性解放が始まぁったころで、女性誌は軒並みあおっていた。上京したての女達はほとんど処女で口には出さないがみんな性体験を求めていた。周囲を気にせず好きなことができる大都会は性体験するのに格好だった。
処女を得るには上京1年目の女を求める事が重要で、知り合ってセックスまで行くには彼女たちのアパートに入れるかが決め手だった。部屋に入ることができれば100%できた。
時にはかなり強引に挿入したが、結局は応じてくれた。
彼女達は性体験を望んでいたが、あくまで男に強引に求められ拒み切れず体を許したと思いたがり、したがって最初から挿入を前提としたコンドームの装着を求める事は無く、それをいいことに生挿入、中出しを続けた。
また、若い頃だったので抜2は普通で射精後も彼女たちの中にとどまり復活してそのまま2度目に入るには中出しが適当だった。
処女破瓜のはしごも何度も有った。女性専用アパートでのこと、一人目の女を処女破瓜させているとき、女はどうしても苦痛を訴え、アパートの中にその声が届く。みんな性体験に興味津々なのでそば耳を立てているのが手に取るように判る。
一人目と終了後、全裸のまま隣室に入ると、女はいったん驚きの表情を見せるがそれ以上はなく、Tシャツの下は何も纏っていない。陰部に手を差し込むともうびっしょりと濡らしているのでいきなり挿入した。初めて顔尾を合わせてから2分もたっていない。やはり周囲から反応を気にしているのが良く判る。背面座位にして入り口のドアを勢いよく開けると数人の女達がどの前にいた。背面座位なので彼女達に二人顔を向け結合部分を見せた。女達は合体している部分の目が釘付け。こうして全員の処女をもらった。
面白かった体験は珍しく頑強に拒む女がいて、何とか挿入を果たす処女ではなかった。女は切ない表情を見せたが、思いとは裏腹に身体が反応し悦びの声を上げた。最後に中出しすると再び切ない表情を見せた。その後も中出しを続けていると中学から付き合っている男がいて、今は離れ離れになっていた。たまに帰省した時に会う程度で毎晩悶々としていた。しばらくして私の子供を2度宿し中絶した。帰省する前に剃毛し帰省させた。恋人と再会した時剃毛された女の股間を見て他の男の影を感じ、挿入した時緩くなった女性を味わって他の男がいることをはっきりと感じた。
男は彼女に強く告白を求めて、彼女は全部話した。
東京に戻った漢書からその話を聞いた時他の男の女を取ることの楽しさを覚えた。














































飲み屋で知りあった女の子と 投稿者:カラオケ 投稿日:2017/04/11(Tue) 13:33 No.8115  
昔、屋台村みたいな鉄板焼き屋や洋風居酒屋の集合したお店がアパートの目の前にあったので、仕事帰りに週2くらいそこで飲んでた。
ある夜、いつものようにそこに行くと初めて見る子が2人飲んでた。
1つ席を空けて座って飲み物を注文すると、25歳と20歳の看護婦さんで、時々飲みに来てくれるとマスターが紹介してくれた。
疲れてたので、こんばんはと愛想笑顔で挨拶だけしてすませて、軽く食べたら帰ろうと思っていたら、20歳の子が隣の空けた席に移動してきて裕子(仮名)です、おにいさんかっこいいね、うちら夜勤明けで明日も休みだから飲みに来たんよと声をかけてきた。
疲れて声をかけられたくなかったし、面白いことも思い浮かばなかったので裕子ちゃんもかわいいねとだけ応えて出された飲み物に口をつけて目線を切った。
けれど、何を話したかあまり覚えてないけど、彼女いるんですか?とか延々と話しかけられた早く帰りたかったけど、1時間半くらいたった頃、裕子ちゃんがうちばっかり話しかけてテンション上がって馬鹿みたいと拗ね始めた。
バツが悪くて帰ろうとマスターに声をかけたら、じゅんちゃん(俺)ちょっと待てや、今日もうお客さん来そうもないけえカラオケ行こうや、ほれ、裕子ちゃんも行くでと声をかけて4人でカラオケに行くことになった。
カラオケで飲みながら適当に他の3人が歌うのを聞いてたらマスターが1時間程で帰って行った。
俺も帰りたかったけど、なんとなく帰れる雰囲気じゃなくなって、付き合うハメになって最初に予約してた2時間が過ぎ終了時間を知らせるコールが鳴った時、裕子ちゃんが3時間延長した。
それとターキーのロックを4つ頼んだ。
25歳の仁美(仮名)ちゃんもえーーー3時間も!!と言いながらテンション高くて楽しそうだった。
注文してたロックが来たら、裕子ちゃんが乾杯しなおし、一気ねと言いながら俺に1つ、残り2つを1つにまとめたのに自分のも半分くらい足してグラスいっぱいになったのを仁美ちゃんに渡して乾杯をした。
仁美ちゃんは人の良さそうなブサで律義にそれを一気した。
その後もストレートやロックで何杯か注文して飲んでるうちにまず、仁美ちゃんが潰れて椅子に頭をもたれかけて寝始めた。
俺も朦朧として意識がどのくらいなかったのかわからないけど、なんか下半身に違和感を感じて薄目で下を見ると裕子ちゃんが俺のをフェラしてた。
裕子ちゃんは俺の意識が若干戻ったのに気づいて唾でヌルヌルになった俺のを手で扱きながら凄く硬いよ、本当はうちとエッチしたかったんでしょと耳元で囁いた。
そうしてまだ朦朧としてる俺の上に跨ってスカートの中に手を入れて下着をずらして自分の中に俺を導くと、ヌルヌルっと生温かいのを感じながら俺のナニが滑り込んでいくのを感じた。
なんだかよくわからんが、俺の上では裕子ちゃんが自分で動いている。
向かいの椅子には仁美ちゃんが酔いつぶれて寝ている。
そんな状況が頭の中でグルグルしているうちに俺の頭は快楽だけになった。
抜かずに裕子ちゃんを下にすると俺は正常位で無心で腰を振り続けた。
段々裕子ちゃんの呼吸が荒くなって声が漏れ始めたので脱いだスーツの上着の肩口を口に噛ませてギュッと抱きしめて腰を振り続けると、普段は酔うとなかなかイケないのに10分くらいでイッて裕子ちゃんの中にぶちまけた。
それでも興奮が収まらず、勃起したままだったのでそのまま30〜40分は突き続けた。
結局時間終了のコールでノーフィニッシュ。
仁美ちゃんをタクシーで送り届けて仁美ちゃんの家で寝てる横でもう1回、俺のアパートに帰って昼まで寝て夕方までに2回中出しセックスした。
それから俺が勤めてた会社を退職するまで半年くらいセフレの関係が続いた。
あれから9年、俺も結婚して1児の父、何人かと付き合ったけど、未だにカラオケでの1回目の射精を超える射精感を味わったことがない。
射精した瞬間、閉じてた尿道が一気に緩んでビュッって瞬間的にじゃなくドクドクドクッっといつもより継続的に出た感じがして溜まってたものが全部出たような錯覚にとらわれた。
うーん、ドバァーーーーーってほうがあってるかな?時々、沢山出たなと思うことはあってもビュッ、ビュビュビュッって感じで断続的なんだがその時は体の力がスコーンと抜けてるにもかかわらず自然と出た気がする。
イク前に入ってた力が抜けて射精と同時に体がゾクゾクッとして軽く痙攣した。
実際その頃サルで1日7回打ったこともあったけど、その時は4回目で空打ちになってナニがかなり痛かった。



同窓会で元カノに 投稿者:わたる 投稿日:2017/04/10(Mon) 01:08 No.8114  
この間の日曜日、高校の同窓会に出席した。
久しぶりに出席した同窓会

友達との再開を喜びつつ飲んでいたら、同じクラスだった元カノのゆりえが俺に声を掛けてきた。
ゆりえは小学校5年の時、引っ越しして来てから高校卒業まで5年間、俺とずっと同じクラスで、高校に入ってからは
何度かエッチする仲になっていた。

そのゆりえが話を掛けてきたので友人から離れて2人きりで色々と話をした。
そのうち俺たちは意気投合してしまい、同窓会が終わって2次会を断って、すぐにホテルに行った。
ホテルで飲んでるうちにムラムラしてきたんで、後ろから胸の方に持って行って揉んでみると。
「あんっ」
と可愛らしい声を出した。
ゆりえをベッドに連れて行ってそのまま押し倒して脱がしてみると、水色のお揃いのキャミソール、ブラ、
パンティを履いていました。パンティの上には、黒のタイツをはいていた。
下着も全部脱がせると、白いエロボディーが露わになった。

「おっぱい凄く大きいね。高校の時よりも大きいよね。」
「何カップあるの?」
「Hカップだよ」

Hカップの胸を揉みしだき、、乳首を少しかんでやるとゆりえは「うーん」と少し声を漏す。
俺はおかまいなく、今度は耳たぶから脚の先まですべてなめつくし、全身をくまなくなめてあげた。
股間に手を持って行くと凄くぬれていました。

「凄くぬれてるよ。俺も気持ちよくしてよ?」

固くなったものをゆりえの口の前につきだしてやった。

「スゴイ・・・。高校の時よりも大きいよ。何センチあるの。」

「高校の時は18cmだったけど、今は22cmあるよ。」

「22cmって・・・。スゴイよ・・・。舐めていい?」

と俺のチンポを咥えだす。
フェラもネットリでかなりキモチイイ。
舌でなぞるように舐めながら、口の奥まで咥えて激しく顔を動かしている。

「そのままパイズリして欲しいな。」

「うん、いいよ」

よだれまみれになった俺のをゆりえの巨乳が挟む。
パイズリフェラしてるまま、ゆりえの口の中へ濃いのを出したら、「ゴックン」って音を出して全部飲んでくれた。

「全部飲むなんて。エッチな女だな。ゆりえは。」

「わたるの、凄く大きくて量も多くて濃くて全部飲んじゃったよ〜」

「ああ、この硬くて熱いのもう欲しくなってきちゃった」

「久しぶりにわたるの、ゆりえに入れてください」

「ゴムしてないよ。いいの?」

「うん、わたるならいいよ。入れて。安全日だから、中に欲しいな。」

「今日はたまってるからね。凄くたくさん出すよ。」

「じゃあ、入れるよ。力抜いて」

ゆりえの中へ俺のをゆっくり入れていく。ヌリュ〜っと吸い込まれていく。

「んっ はぁぁっ」

「はあっ 固いの久しぶり。わたるのの太くて固くて、やばいっ 中でびくびく動くよ」

「ゆりえっ。凄くいいよ。」

ゆりえの抜群な締まりの中を堪能し、動きを早める。

「すごいっ。すごいっ。イクッ イクゥ」と大きな声を上げ、俺の腰の動きに合わせて腰を振ってくれた。

「イッちゃう。わたるのちんぽ中でものすごく熱いよ。」

「ゆりえ、俺、もうイキそうだよ・・何処に出して欲しいの?」

「奥に! 一番奥にわたるの精子出して!」

「1週間溜まった濃い精子だよ。 中に出してほしいの?」

「中に、中に出して!、精子いっぱい出して!」

「赤ちゃん出来てもいいのか?」

「いいよ。赤ちゃん出来るくらいいっぱい私の中に出して!」

「いくぞ、ゆりえ!」「たっぷりと出してやるぞ!」「俺の精子全部受け止めて妊娠しろ!!」

ドクッ、ドクッ、ドククッ、グピュ、ドピュッ、ドピュピュン!

ゆりえの子宮一番奥でびゅくびゅくってちんぽを痙攣させながらたっぷりと精子を注ぎ込んだ。

「ああっ、あぁん、あっ、ああっ! あああああああああああぁ――!!!」

「ああん、スゴイよ〜、中にたくさん流れ込んでくるよ〜」

「いっぱい出たねぇ。こんなに出されたらホントに出来ちゃうよ。」

ゆりえは美人だし、明るくて性格もいいので、LINEのIDを教えてこれからもあって
ちょくちょくエッチすることにしたよ。
「今日はたぶん出来てないと思うよ。安心してね。」
「わたるの精子いつも欲しいからピル飲むことにするね。」

そう言ってお互い解散した。



処女の女子大生に3連続中出し 投稿者:ヤリチン 投稿日:2017/02/06(Mon) 13:02 No.8068  
亜紀18才・女子大生。2月の初体験で男が入れる寸前に出してしまって、未遂に終わって自称半分処女との事。結果は完全な処女でした。
きちんと奪われたいと書かれたi-mode掲示板で出会った。長い期間かけてメールのやり取りの結果、安全日に生中出し3回と言う条件を先方も合意した。当日待合せ場所に、まさかと思った可愛い娘がいた、その娘だった。
そうか、この娘が今日オレのチンポで女になるか。よしよし。
ホテルインして見ても、やっぱり可愛い。
亜紀はドキドキ、恥ずかしそうにしている。そこも可愛い。
そうだろう。前回は同級生らしかったが今回は見知らぬ男とだ。
落ち着かせる為、亜紀を風呂に入らせて待った。
20分位、時間かかり過ぎたが、途中一緒に入って「じゃあ綺麗に洗っておいで」と先に出た。
ずっと待った。処女に中出しだ!!!こっちまでドキドキだ。
来た!!
可愛い顔、大きな瞳、小さな胸、くびれたウエスト、白い肌。やったー。
前戯に時間をかけた。
灯りを消すように言われたが、全部点灯、綺麗な身体を堪能する。
「綺麗だよ」「この表情、可愛いね」「恐くないね」など抵抗しないように優しい振りして囁く。
少しリラックスしたか、感じてきたか、身体を舐められる度に小さい声を出す。
マンコを触ると、じとっとかなり濡れている。
開脚させて薄毛のマンコを指で全開にして注目した。
「綺麗だよ、この亜紀のマンコに今日入るんだよ」これだけで亜紀は興奮。
近くで時間をかけて処女のマンコを見せてもらい、丁寧に舐めた。
痛いだろうとローションを買っておいたので、丁寧に陰部に塗り付けた。
この時点で亜紀は足ガクガク。ドキドキ。
さあー時間だ、いよいよ、入れるぞ。
ゆっくりゆっくり時間をかけて解くようにマンコを広げながら入っていった。
亜紀は「あー」と観念したような声をあげる。
狭い!!。締まっている!!。マンコの内側が手に取るように伝わってくる。
亜紀は痛いのは勿論だろうが苦痛と喜びの混ざった表情を浮かべていた。
真ん中までなんとか入った。とても動けない。
この状態で激しく抱きしめ合った。キスキス。
熱くなった亜紀を見て、これは出来ると思った、動くぞ。
じわじわと動いた。亜紀の苦痛はこの際お構いなしだ。
入り口から奥まで動いた。呻き声の亜紀。
さすがに狭くて、イキそうになる。処女中出しの瞬間だ!!!!
「出すぞ、亜紀の中に出すぞ」
「あー」
処女膣内射精!
締め付けが強くて、多量に射精。
脚を開いてから慎重に抜いて、重要な処女確認。
赤い血と白い精液ドロリ。やったね!!!絶景だ!!!
休憩。
終わったすぐは涙ぐんでいた。
「痛くて立てない」とか「真っ直ぐ歩けない」とか言っていたが、誰もが経験する事なので、この後も構わず責めました。
ビデオを見ながら色々と聞いてきます。
「これは何て言うの?」
「フェラチオだよ」
「こんな格好で入れるんですか」
「バックっていう奴」
早速バック実践。どこかよく分らん。
やっとマンコ発見、ずぼっ、2回目でもさっきと同じで入るのに苦労した。
今度は奥まで入れてみた。
狭いから奥に当たるのがよーく分る。
少し抵抗したが、それでも奥まで突き突き。
その間亜紀は「あーん」の連発。
膣内射精2回目!!
最後は多種多様な結合を試しました。
縄を持って来ていたので、当然見せたら驚いたけど、軽く手を縛って、激しく動いてあげました。
その間亜紀は「あーん」の連発。
膣内射精3回目!!!
良かった、良かった。堪能した。
久しぶりの処女でチンポ皮もヒリヒリします。
狭くてキツキツに締まっていて感激の痛みが未だ残っています。



Re: 処女の女子大生に3連続中出... わたる - 2017/04/10(Mon) 00:57 No.8113  

処女との中出しはいいよね。俺も分かるよ。
今年の最初に19歳の大学生を女にしてきたよ。



眠ってる妹の友達 投稿者:童貞卒業 投稿日:2017/04/09(Sun) 19:04 No.8112  
俺が一人暮らしの大学四年生の頃。
内定が決まり、単位も申し分ない、割のいいバイトのおかげで金もあるし、友達もいる、一つ心残りだったのが、女の子と手すら繋いだことがないことだった…。
で、ダラダラと実家で夏休みを過ごしていた夜9時ごろ、妹(高2)から電話がかかってきた。「あー…兄貴?今大丈夫かな?」いつもは幼少の頃から呼んでて、変えるに変えづらい感じの「お兄ちゃん」呼びだったんだが、4年家を空けると成長するってことか。
「大丈夫よー」と答えたが、返事が返ってこない。
なんだか後ろでモゴモゴ話しているようだ。
「あ、お兄さんですかー?実は…私、麻衣ちゃん(妹)の友達なんですけどー…車を駅まで出して欲しいって麻衣ちゃんが言ってるんですよー」
わたしじゃないしー!みたいな声が後ろから聴こえてくるが、まあいい。
送り迎えくらいなら進んで引き受けてやろう。
駅に着いたとき、そこに居たのは四人のJK。
軽く詳細書くと麻衣(妹):一番背が低く140cm台。
バスト?ヒップ?何それ。
シャツ出したりスカート短くしたりボタン開けたりしてるが、俺にとっては昔と変わらないちんちくりん。
裕美:ブス。
四人の中では。
だけどノリいいし話しかけやすくはあるか。
悔しいが脚の絶妙な太さと黒ニーソからできる絶対領域が視線を誘う。
愛子:裕美よりノリがいい。
酔うとタメ語になる。
グラドルの相澤仁美に似てる。
膝上25愛子mレベルのミニスカとムッチリとした太もも、胸部からフンワリと焼き立ての食パンのように膨らんだ胸…体も相澤級?涼子:四人の中で一番可愛い。
現在彼氏持ち。
スレンダー系。
どうやら聴くところによると四人はカラオケオールする気だったらしい。
じゃあなんで俺が必要なんだ?と聞くと、高校生はオールできないと店員に言われたからだと…なるほど、俺は保護者か。
「あと…お酒も飲みたいんですけど…ダメですか?」イヤイヤイヤ。
ダメだろそれは。
しかし、妹を含めJK四人に頼みこまれるとどうにも断れなかった。
ダメ童貞だな、俺。
お金は出しますと言うものの、そうはいかないと金も出してついでにお菓子まで買った。
そんでもってカラオケの料金まで払うって言ってしまった。
見栄っ張りなダメ童貞だな、俺。
結局、次運転するのは朝になるだろうから、それまでには抜けるだろうと自分の分まで買ってしまった。
流されやすくて見栄っ張りなダメ童貞である。
部屋に入ってみると、とても5人座れそうにない席。
3人部屋の間違いじゃないか?これ。
とりあえずドア機械俺□愛子□裕美妹涼子っていうカンジにぎゅうぎゅうに座った。とりあえずカラオケ一周したら
愛子「それじゃーー愛子!アルコール処女を卒業しまーす。」
裕美「なにそれー。」一気に1/3くらい飲んでしまったようだ。
今のJKってこんななのか…とタジタジしていると次に行われたのが裕美
「あれやろうよ。ポキズリゲーム。」
妹「ちょっとー!兄貴いるんだからやめてよ!」と言った束の間、裕美と愛子に全身くすぐりされてあっさり懐柔されてしまった。
妹「おにいちゃん変な事したらぶっ殺すよぉ!」を最後の台詞にして寝込んでしまった。
こいつは恐ろしく酒が弱いらしい。
涼子「ふふっ、ぶっ殺すだって。かわいい。」と言いながらあっさり自分の分も飲み終え妹の残りをクイッと飲み始める涼子。
この子も油断ならんね。
ふと見たら、愛子も一本目を飲み切り二本目を開けていた。
で、ポキズリゲームとは何ぞやと問うと、愛子がいきなり首にかかってたユルッユルのネクタイを取り第二ボタンまで外して、前腕で寄せて谷間を強調(これで伝わるかな?)した。
愛子「ここに1〜3本順番にポッキー入れていって、入れられなくなったり落としたら負け〜!!。どお?簡単でしょ?。」何と言うゲームだ。
俺はボッキンボッキンだったが、酒で判断能力が鈍っていたんだろう。
多分三人にバレバレだったと思う。
まずは俺から。
おそるおそるポッキーを取り出し、谷間の一番奥っ側に挿入する。
ずりゅりゅっと母性溢れる谷底に埋め込まれていったポッキーは、心なしか嬉しそうに見えた。
いや多分俺が羨ましがってただけだけどね。
そんな俺を尻目に、裕美と涼子は気にもせずに3本ずつズブリと挿していく。
石取りゲームの要領で俺はこれ以上入れられないような状態で出番が回ってきた。
後一本入れられれば!グイグイッとポッキーを押しのけて一本挟もうとしたその時、もにゅっと、極上の感覚が掌を伝う。
そう、触ってしまったのである。
不可抗力だが…。
うわぁっ!と手を除けたことに愛子は驚いて、ポッキーは落ちてしまった。
愛子「あ〜あ。俺さん罰ゲ〜ム!。はい、床に落ちたの以外全部食べてくださ〜い。あ、もちろん手は使わずに。また触られそうだし。」そう言ってピラッとブラウスをたくし上げる。
俺は正常な判断能力を失っているのかもしれない。
「いらっしゃ〜い。」という言葉にもてなされて、顔をブラウスの中に侵入させた。
このバストとヒップなので、当然スリムとは言い難いが、決してデブなどではないお腹である。
そんなお腹に、愛子の体温で溶けたチョコレートが粘着している。
舌を這わせて剥がし取り、胃に収める。
今まで食べたどんなお菓子より美味しかった。
全てのポッキーを平らげたらヌッと愛子の指が差し出される、指先にはチョコレート。
「おっぱいに付いたチョコレートも取ってくださぁ〜い。はいあーん。」もうどうなってもいいや、と愛子の指をふやける程にしゃぶった。
裕美「じゃあ俺さん罰ゲーム〜。今までのコイバナ教えてください!」
俺「今のが罰ゲームじゃないの?!てかコイバナなんて無いぞ!」
裕美「じゃあ俺さんドーテーですか?。」
俺「ああ…」
裕美「…まぁ私も経験ないですけど。」
愛子「私はあるよ。」
裕美「知ってるわ!。」そんなこんなで、妹は最初から寝てたし、涼子は「罰ゲーム」になる前に寝てたし(醜態晒さなくてよかった)、裕美も寝たしで、残りは俺と愛子。
俺はこれ以上飲むと朝に運転できなくなるからと愛子に残りの酒一本も飲ませた。
愛子「ねむたい…横なりたい…気持ち悪い…」どうしたもんかと思ったが、ここで名案。
車に運び込む。
ここで寝とけと話し掛けるも反応がない。
完全に眠ったのか。
車を出ようとしたその瞬間、ある考えが脳裏をよぎる。
車に運んだそのこと自体は、紛れもない善意によるもの。
だが…この状況は…眠っている愛子に詰め寄る。
異様に短いのでパンツを見ること自体はイージーであった。
薄いパープル。
「罰ゲーム」のときに見たブラの色と同じである。
そしてクロッチ部分が細長い楕円形に湿っている。
間違いない、「罰ゲーム」のときだろう。
愛子も興奮していた、ということなのか。
俺は行動に移す。
寝ゲロすんなよー!と冗談めかしに胸をパシンと軽く叩く。
眠りが浅かったら起きてこられる程度の強さで。
起きてしまったときには冗談で済ますために。
…起きない。
俺は逡巡する。
小中高、まったく女性に縁がなかった。
大学に行っても、それは変わらなかった。
そしてこれからの社会人生活も、SEという職種で内定をもらった以上、女性が圧倒的に少ない。
もう、これが最後だ。
女性と、しかもJKとなど。
もう迷いはしない。
丁寧にパンツを摘まみ、横にずらす。
べっとりと付いた我慢汁で滑りもばっちりだ。
さあ、行こう。
ずにゅるっ自分のチンポコだけ、温かい感覚に包まれている。
しっかりと、俺のチンポコと愛子のオおまんこが、ジグソーパズルのようにカッチリ繋がっている。
やった!成功だ!性交だ!おおおおれは童貞を卒業したんだ!!!そのあまりの高揚感に、一気に射精(で)そうになる。
一瞬で抜いて手のひらに射精し、バレないよう車の停めてあるコンビニのトイレで流した。
とりあえず冷静になれた。
車に戻り、愛子の様子を観察する。
顔。
気づいてはいなさそうだ。
口の端から一筋の涎が伝い、シートに垂れている。
こうして見ると可愛い、綺麗、美しいではなく、性欲を刺激する顔つきのような気がする。
胸。
男を狂わせる魔物のような存在。
おっぱいの感触はこの先数年は忘れられそうにない。
脚。
物欲しげに愛液と我慢汁の合成液を垂らすその様は、発情期の牝のようだ。
まあ、発情期だったのはさっきまでの俺だが…軽く拭い、パンツをそっと戻した。
後悔が襲ってくる。
早く起きてくれ。
何も覚えてないと言ってくれ。
そう願いながら待った。
やがて愛子が目を覚ます。
愛子「あれぇ…?なんで車…?」
俺「横になりたいって言ってたけど部屋は狭かったから移動したんだよ。寝ゲロでもされると困るから一緒に居させてもらったよ」
愛子「へぇ〜…ありがとうございまぁす」バレてない…か?どうやら酔いは覚めているらしい。
愛子「ふふ、お礼に何かしてあげますよ?」
俺「え?」
愛子「だって、コイバナないんですよね?。それに酒とかお菓子とかカラオケ代まで出してもらってるんですもん。」
俺「じゃあ…手、握ってくれん?」愛子は驚いたような顔をしたが、あっさりと手を出してくれた。
握手、指を絡めての恋人繋ぎ。
愛子「うっわぁ…///これはこれで恥ずかしいですね。でももっと過激なの言われるかと思ってたー。Hとか。」
俺「…んなことしねーよ」それが、ただの偶然で出た言葉か、実は気づいていて俺を動揺させる言葉だったのか、問うことなどもできはしない。
こうして長い夜は終わった。
重くのしかかった童貞という枷を外した俺は、なんだか自身に溢れ、社会人生活を過ごしている。
ちなみに、愛子とはあれ以降年に数回会うだけで、特に進展などはない。



夜這いしてきた彼氏 投稿者:匿名 投稿日:2017/04/07(Fri) 12:12 No.8111  
彼氏とのエッチがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(カズくんと早紀ちゃん・同棲中)と飲みました。
いつも通りくだらない話で0時くらいまで盛り上がりましたが、わたしは体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。最初から飲むつもりだったのでわたしは、お泊りセット持参でしたが、飲みすぎでお風呂も入らずに客間へ。
着替えもせずに敷いてもらった布団の中へ・・・。
私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが「何かもぞもぞする・・・。」と思って飛び起きるとカズくんがわたしTシャツの上から胸を触っていました・・・。
「だめだよ、何してるの、カズくん、だめ・・・。早紀ちゃんがいるでしょ。絶対ダメっ!!」
「オレ靖代ちゃんが好きなんだ・・・。好きだからさ・・・。」
カズくんは上のTシャツを着たままパジャマとパンツを同時に少し下ろし、仰向けのわたしの頭を両手でつかんで乗りかかる感じでわたしの口にモノを入れてきました・・・。
カズくんは正直あまりタイプではないんですが・・・。
「友達の早紀ちゃんがいつもくわえたり、舐めてるモノをわたしがなんで今・・・」
と思うと、かなり酔っているとはいえ自分でも訳がわからなくなってきました。
わたしの膠原病の彼氏の小さな粗末なオチンチンとは違い、すごい大きさ・太さで感じてしまいました。
酔ってて力が入らずにされるがまま・・・。
わたしも履いていたGパンを脱がされ、パンツも下ろされました。
「わたしお風呂はいってない・・・。だめ・・・。」
「(オレは)いいよ。気にしなくて。」Tシャツを首までめくられてブラを外され小さな胸(ハト胸)を揉まれながら乳首を愛撫されました。
「見たかったんだ・・・靖代ちゃんの胸・・・きれいだね。」
「わたしのこの小さな胸で満足してくれてる・・・。彼氏じゃない人に乗りかかられて、わたしカラダを許しちゃってる・・・しかも友達の彼氏に許しちゃってる・・・」
今のシチュエーションからか感じやすくなっていました・・・。
クリトリスを舌で激しく攻められておなかがブルブルッと痙攣して、体をくの字にしてビクンビクンっと激しくイッてしまいました・・・。
イッた後にお尻の穴を舐められたのが恥ずかしかったです。
四つん這いにさせられて「靖代ちゃん、かわいいよ・・・。お尻大きいんだね・・・。」5分くらいお尻を揉んだり掴んだりお尻の穴を舐められました・・・。
廊下を挟んだ部屋で寝ている早紀ちゃんにバレないかと不安で横目に見ながら、カズくんに体を密着されて正常位でわたしの腰に腕を回して動けなくされて、挿入されそうに・・・。
「だめっ付けてよ。」
「大丈夫だよ。」
「根拠ないじゃん・・・・・・あ、ああんっ。」結局ナマで入れられてしまいました・・・。
ガンガン突かれるのが好きなわたしは、カズくんの立派なオチンチンを挿入され、カズくんにすごく速く出し入れされて今までで一番感じてしまいました。
「あっ、あんあん、ああんっ、彼氏のと・・・今の私の彼氏の粗チンとは全然違うの!!カズくんの(大きいオチンチン)感じちゃうの!!カズくん、しっ、して、してっ、もっと、もっとしてぇ!!」
わたしの耳を舐めながらカズくんは耳元で
「このまま(中に)出すよっ・・・」
「だめっ中はだめ!!」
「ああっ・・オレもう・・・いきそう・・・」
カズくんの腰の振りが速くなりました。
「ホントだめだから・・・だめっ出さないでっ、中なんていやっ・・・お願い出さないでぇ!!」
「ごめん・・・イクよっ」
結局(自分の彼氏にもされたことがないのに)ナマで中出しされてしまいました。
正常位で私に全体重をかけてカズくんは気持ち良さそうに中出しの余韻に浸っているようでした。
わたしは「友達なのに中に出すなんてダメだよう・・」
カズくんの熱いモノが脈打ち、ピクピクした感じとカズくんの気持ち良さがわたしにも膣を通して伝わってきました。
カズくんの精子にはカズくんの情報が詰まってるのに、膣を通してわたしの体の中に情報を入れられちゃうなんて・・・。
早紀ちゃんのものなのに・・・。
わたしはカズくんに挿入されたまま「早紀ちゃんごめんなさい・・・」と心につぶやき、流し込まれたカズくんの精子をそのまま膣の奥に受け入れてしまいました・・・。
ただ、粗チンの彼氏に中出しされてデキ婚するよりはマシかなとも思いました・・・。



相性抜群の人妻熟女 投稿者:中出し 投稿日:2017/04/03(Mon) 16:02 No.8110  
最愛のセフレ啓子とは今から14年前、僕が48歳、啓子が42歳の時知り合った。
啓子は小さな町工場の事務員、僕は官庁務め。僕の飲み友達の紹介で。
中だし迄は初対面から約3年かかった。
知り合った翌年の正月休みに飲み友達と新年会(僕・親友・親友の彼女そして啓子の4人)でカラオケに。
その時初めてキスをし、その帰り道の友達が運転する車中の後部座席で啓子の大陰唇・小陰唇に触れ、啓子は僕の肉棒に。
その後僕は多忙かつ海外出張等で啓子とは逢えずに。
米国・加国・英国と続いた出張業務がようやく終わりに近づいた時、親友からの国際電話で啓子が帰国後に是非逢いたいがっていることを知った。
8月下旬の帰国の際には親友も妻と一緒に成田まで出迎えにきてくれ、その時親友には啓子への伝言を依頼した。
役所への業務報告書等の提出等に約10日間を要し、一段落した9月の最初の金曜日に啓子を抱いた。
待ち合わせの場所に居た啓子はボインでポッチャリタイプで、クリットした目の可愛い人妻で、45歳には見えず、しかも3人の子持ちには誰が見ても見えない程可愛く見えた。
お互い久し振りの対面、立ったままの状態で言葉を交わした。
「お帰りなさい」
「元気に無事で帰国出来て良かっね」
「少し痩せたみたいね」
「仕事の方も大変だったでしょう」
「少しは自由な時間が出来たのかな?」
「逢いたかったわ」
「ただいま」
「お久しぶり」
「元気だった?」
「逢えて嬉しいよ」
駐車場までの50mを二人とも無言で歩いた。
啓子の運転する車の助手席に座りシートベルトを肩に回して固定しようと運転席の方に目を向けると、啓子が泣いているのに気が付き、
「どうした?」
「・・・・・」
「何かあったの?」
「・・・・・」エンジン音が鳴りゆっくり発車した。
その時の僕は啓子の心境を理解出来ずにいた。
が、このまま重苦しい空気の中に身を置くのを避けたい僕は、近くのコンビニの駐車場に駐車する様に指示し、間もなく啓子の運転する車は駐車場に入り他の車とは距離を置いて停め、そして啓子はエンジンを止めた。
「どうしたの、何で泣いてるの?」
「・・・・・」
「今日は都合が悪かったのかな?無理だったの?」
すると啓子は、僕の胸板を両手で軽く叩きながら
「・・・・・、ばか・ばか・ばか・・・逢いたかった・嬉しいの、逢えて嬉しいの、どんなに逢いたかったか判っていないでしょう、あなたには、こんなに逢いたかったのを・・・・・・・・・」
僕は啓子の言葉に返す言葉もなく、ただシートベルトを外した右手を啓子の肩に回して強く引き寄せそして啓子の唇を求めた。
啓子も激しく応じ、舌を絡め合いながら啓子の右手は僕の首に絡んできた。
どちらのかは判らないが二人の唇と唇の間から唾液が垂れ落ちていた。
「僕も逢いたかったよ、本当だよ、今日の啓子は最高に可愛いよ」
「本当に?嬉しい。・・・好きよ、好き、好き、大好きよ、初めて逢った時から好きだったの」
「僕も嬉しいな、啓子が好いてくれて、僕も啓子が大好きだよ」
「嬉しい、本当に嬉しいわ」
「これからはいっぱい啓子を可愛がるね、いいだろ〜」
「いいわ、本当ね。なら啓子、今日は欲しいの、あなたが欲しいの、いい?」
「いいよ、勿論、可愛い啓子を抱きたいよ、いっぱい愛したいよ、でも、別な場所へ・・・・・」
「いいの、今すぐに欲しい、ここで欲しい、お願い」
「ホテルへ行こう、そしてシャワー浴びてから」
「待てないの、欲しいの、今すぐに欲しい、ここで欲しいの」
いつの間にか啓子の右手は僕の股間にあってズボンの上からナデナデしていた為、僕の肉棒はファスナーを破って飛び出さんばかりに硬直していた。
僕は左側下にあるレーバを引いて助手席側のシートを倒しながら後部座席側に移動させ、僕と啓子の位置替えが容易になるようスペースを作った。
啓子が助手席に座った後、唇を重ねたまま僕の右手で薄ピンク色のブラウスと薄黄色のブラジャーのボタンを外し、あこがれていた啓子のボインを手のひらで包むように触りつつ親指・人差し指・中指の3本の指腹で乳首をコロコロとつまむと
「あ〜あ、あ〜あ、あ〜あ、もっと〜、やさしくしてね、あなた、やさしくね〜」
と啓子の悶える声が。
さらに唇と舌で乳首をナメナメしながら右手をスカートに入れそしてパンティーを膝まで下ろし、指が大陰唇・小陰唇に触れると既に花弁はヌレヌレで、中指と人差し指が吸い込まれるように膣中に入り、二本の指で膣壁を擦ると
「あ〜あいいよ〜、気持ちいい〜、もっと強くして、あ〜あいいわ、嬉しい〜」
「愛してくれてるのよね、嬉しい、好きよ、好きよ、大好きよ、あなた〜、あなた〜、大好きよ」
啓子の右手中にある僕の肉棒は既に我慢汁が垂れてきたが、旦那とセックスレスの啓子は何回もいイキたいようで、指技だけでも2・3回はイキ、そして
「もういいよ、もう来て、早く入れて、欲しいよあなたの物を入れて」
僕は肉棒の我慢の限界がくる迄啓子のGスポットを3本の指でコネコネを続け、わざと啓子の要求を無視すると、
「駄目〜もう駄目〜早く来て、お願い来て〜欲しいの、あなたが欲しいの、早く、早く・・・・」
スカートとパンティーを脱がせM字開脚にし、それでも僕の亀頭でGスポットをナデナデ擦ると
「駄目〜、イっちゃうよ、イク〜イクよ、駄目〜、イっちゃうよ、頂戴、早く欲しい〜よ」
さらに花弁にカリ首だけを挟ませた状態で腰のピストン運動を連続してすると
「あああああああああああ〜あ、いいよ、いいよ、いいわ〜、イっちゃうよ、行く〜、気持ちいいよ」
「意地悪、意地悪、もっと奥まで頂戴、もっと奥まで、早く奥まで頂戴、イク〜」
既に啓子は潮吹きを始め、僕との初セックスとは思えないくらい激しく悶え声をだし、駐車場でのプレーであることを忘れているようだ。
僕も妻以外の人妻とのセックスは約3年ぶりで、帰国後した妻のそれとは比較できない位に燃えていたが、なにぶんにも駐車場でのセックスのため今一、本気に為れなかった。
が、しかし昇天した啓子が発する声を左手で押し殺しながら啓子の子宮底を亀頭で激しく突き、完全に昇天した啓子を作り出した。
「良いよ、良いよ、イク、イク、一緒にイって、一緒に〜、イク〜、気持ちいい〜、出して、中に、あなたのを、いっぱい出して、いっぱい欲しい、イク〜、・・・・・・・・・」啓子の子宮底口に一挙に射精した。
車の窓は完全に曇り、二人の額からは玉のような汗が流れおちていた。
助手席の座布団は完全に汗とマンコ汁と膣と肉棒の間から垂れだした白濁液とでビショビショになった。
啓子がセックス睡から覚めて発した最初の言葉は
「ありがとう、よかったわ、嬉しい、本当に有り難う、あなたを好きになって良かった、これからもっともっと可愛がってね、お願いよ、本当にお願いよ」
「良かったよ僕も可愛い啓子を抱けて、僕も啓子が欲しかったんだよ」
この後、食事してホテルに入り、シャワーしながら一発、ベットで一発と都合三回のセックスで僕は完全に啓子をセフレにし、以後14年間、いまだに2人の関係は続いている。



困った彼氏 投稿者:OL 投稿日:2017/03/27(Mon) 11:52 No.8107  
私の彼氏は33歳で、会社の上司です。
会社では厳しい主任さんなんですが、ベットではただのエロ親爺です(苦笑)。
彼氏ってば中出しが大好き・・・というか中に出してこそSEX!!という人でして、「費用は持つからピルを飲め!」と言われまして・・・SEXは全て中出しです。ちなみにピル飲む前は完璧安全日は膣穴に、他はアナルにとやっぱり全部中出しでしたが(汗)。
そんな彼氏の趣味は・・・まずは会社で中出ししたがるんですよ〜〜〜。
すごく仕事には厳しいんですが、二人で残業したり他に誰もいないときなどチャンスを見つけるとセックスしたがるんですよね。
そんな時はいつもより燃えるみたいで、すごく沢山出されます。
夜はまだしも、日中いっぱい注がれちゃうとホント後始末が困ります(汗)。
だから常時ナプキンは手放せません。
ううう・・・でも悔しいコトに私もすごく燃えちゃうんですけどね(苦笑)。
特に二人で休日出勤したときなんか日中事務所の中で犯されるんですよ。
この間も仕事が一区切り付いたところで・・・「よし。じゃあ後はチェックだけだな・・・お前暇だろ。しゃぶってくれてもいいぞ。」と言って彼がチャックを降ろしました。
こういうの好きなんですよね〜〜、彼。
私は彼の机の下に潜り込んで彼のペニスを口と手で愛撫してあげるんです。
彼のチェックが終わる頃、彼のペニスはすごく大きくなってしまいました。
恥ずかしいけど・・・私のおまんこもすごく濡れちゃってました(笑)。
「よし、おっけーだな。じゃあ、机に手を付いてケツを突き出せ。」
私は彼の言うとおり彼にお尻を突き出しました。
「いやらしいお液の臭いがするぞ。ちょっと見てやるよ。」彼は私のスカートをまくってお尻を撫でながら「パンティにシミが出来てるぞ。・・・さて、どうして欲しい??」
好きなんだよね〜〜、彼はこういうの。
だから私は・・・「パンティ濡れたら帰れません・・・主任のおちんちんで栓をして下さい・・・」
そう言いながらお尻を付きだしたままパンティを降ろしました。
明るい日中に、それも事務所の中でと思うとますます濡れて来ちゃうんですが(笑)。
「お前がそう言うんじゃ仕方ないな。じゃあ今すぐ入れてやるよ。」そう言って彼は大きくなったペニスをいきなり私の奥まで突き入れてきました。
そして立ちバックのまま激しく突きまくってきます。
「なんだかますますお液が出てくるぞ。栓になってないなぁ。」
「そんなぁ・・・・」その時です。
いきなり事務所の電話が鳴りました。
「ほら、仕事だぞ。」無論彼はピストンを止めたりしません。
私は彼に貫かれたまま電話を取りました。
「は、はい。○○建設○○部の成見です・・・。」
相手は今日の急ぎの書類を依頼した方でした。
『ああ、なるちゃんが作ってくれてたんだ?浅田主任はいるの?』
「お、おります。
今・・・代わります。少々お待ち下さい。」
『なんだか元気ないね〜〜。無理させちゃってゴメンね。じゃあよろしく。』
無理させてんのはお前じゃ!!と思いつつ彼氏に電話を渡しました。
「どうもお世話様です。・・・ああ、出来ましたよ。」
にやにやしながら彼氏はしゃあしゃあと電話を受け取りました。
「今最後の追い込みです。まもなく出ますよ。」
え・・・出来たんじゃ・・・?と思う間もなく彼氏は激しく腰を動かすと必死に口を押さえて声をこらえてる私のおまんこの奥に、どくどくと精液を注ぎ込んだのです。
「う・・・あ・・・」恥ずかしさと快感で真っ白になった私は熱い精液が溢れる感覚で一気に上り詰めてしまいました・・・。
「ええ、今全部出ました。」
むかつくほど平素と変わらない声で彼は電話に答えていました・・・。
「じゃあ、書類関係はメールしますね。図面はウチのなるに届けさせますので。あとあっちの方はこれからまとめておきますから明日持っていけると思いますので・・・はい、よろしくお願いします。」
電話を切った彼は余韻に震えている私の耳元に口を寄せてきました。
「そう言うわけだから、すぐ図面をもってってな。」
「・・・えぇ?」
「先方の事務所で精液こぼさないようにな。」
「・・・そんなぁ・・・。」
「届けたら戻って来いよ。ちゃんとおまんこに精液残ってるか調べるからな。」
・・・その後私は真っ赤になりながら先方の事務所に届け物に行って来ました。
おまんこから精液が流れ出ないように一生懸命力を入れながら行ったつもりですが・・・やっぱり帰る頃にはパンティもストッキングも精液と新しい愛液で濡れちゃってました・・・。
会社に帰ると彼氏は私のおまんこをクスコで拡げて
「精液みんな流れたんじゃないか??それに新しい愛液でいっぱいだぞ。お前露出も好きなんだな〜〜。」
そう言って更に私を犯しました・・・。
そうしてその日は書類も沢山出しましたが、精液も沢山子宮の中に出されちゃいました。
まったく・・・えっちな彼氏で困ったものです。
いや、確かにキモチイイんですけどね(笑)。



酔った女子大生 投稿者:のん米 投稿日:2017/03/23(Thu) 14:00 No.8104  
居酒屋で男友達と2人で飲んでいると隣のテーブルに女子大生3人が来た。
うち1人は結構酔っていたので大丈夫ですかと隣のグループに声をかけ交流をもった。
一緒に退店して酔いが回ってる子と同じ方向なので介護するということで2人で帰ることになった。
彼女はミユちゃんで一人暮らしをしているようだった。
どうせならと彼女の最寄駅で一緒に降りて自宅まで送り届けた。
そのノリでお家にまで上がらせていただいた。
ベッドに腰かけるとミユちゃんは俺の太もも辺りに倒れ込んできた。
心配する振りをしながら下から胸を触った。
意外にもあり少し揉んで,大丈夫と声をかけると起き上がったが,手は胸のままにした。また少し揉むとくすぐったいと言いベッドに横たわった。
足が開いたのでスカートから白いパンツも見えた。
手を入れて触ると既に濡れていた。
やはり抵抗をしないのでそのまま触りパンツを脱がした。
そのままシャツを脱がすと白いブラを着けた意外に大きな胸が見えた。
揉みながらもスカートに手を入れて手マンをするとすぐに呼吸が荒くなり喘ぎ声が溢れてきた。
俺もたまらず脱ぎすぐに生で挿入をしてしまった。
すんなり入りブラも外してピストンをする。
酔っているせいかミユちゃんも感じて激しく喘ぎ、すぐに中出しでイッテしまった。
抜くと精子が少し出てきた。大丈夫かと聞くとはいと答えしばらくするとスカート1枚で小さい寝息を立てながら寝てしまった。
布団をかけて俺は部屋を出た。
連絡先を交換していないが,その後のことはお互いわからないが,まさに一晩だけの付き合いであった。



3姉妹と夢の4P  投稿者:コック 投稿日:2017/03/22(Wed) 11:30 No.8102  
私は都内某地で中華料理屋を営んでいる者です。
ラーメン屋というよりは明らかに「中華屋」といった体裁の店で、さして大きくはありませんし行列が出来るほどの店なんてわけではありませんが、そこそこはやっている店だと自分では思っています。そこそこはやっているがために、学生のアルバイト店員を常時2〜3人は雇っていました。
あるときアルバイト学生がたまたま一斉に辞めてしまう事態になったので、急募の貼り紙を店頭に出しました。
すると、二十四歳のOLがフラリとやって来たのです。
その子の名前は登美恵(仮名)といったのですが、一応仕事をもつOLですが収入のたしに夜から仕事がしたいというのです。
なかなか綺麗な顔をしていますし、客相手の店員にはもってこいだと即座に採用を決めました。
すると登美恵が、「自分は週に二回しか来れないんですが、妹二人と交代なら一週間つとまると思う」ということを言い出したのです。
こちらも一度に三人のアルバイト店員が確保できるので渡りに船と、その妹二人も面接に来るようにと言いました。
数日後、登美恵の妹の歩美(仮名)と留美子(仮名)の二人がそろって店を訪ねてきました。
次女の歩美は短大生、三女の留美子はまだ高校生でした。
どちらも姉によく似ており、「美人三姉妹」という言葉がピッタリの三人だね、と私がポロリと言うと、二人はかえって恐縮して恥ずかしそうに下を向いてしまいました。
三姉妹全員を見てよく分かったことですが、三人ともなかなかの巨乳ちゃんです。
あとで知ったことですが、三人ともFカップの持ち主だったのです。
自分でも「おっぱい星人」を自覚している私はウキウキと下心でいっぱいになりました。
もちろん採用を決め、次の週から三姉妹で曜日を交代して、夕方から店に勤めてもらうことになりました。
一ヶ月も経たないうちに、巨乳の美人三姉妹が日替わりで店員をしている、というわけで、男性客の数が明らかに増加していました。
商売繁盛で大変結構なことである上に、私自身も三姉妹と日替わりで顔を会わせ、会話を交わせることが大変嬉しく、楽しい日々が続きました。
彼女たちが勤め始めてから一ヶ月が過ぎたころ、私は慰労会という名目で三姉妹と飲み屋でささやかな宴会を開きました。
長女の登美恵はけっこう遊んでいるのか、酒の席には慣れているようで、私に負けない勢いでチューハイ類をあおっていました。
もちろん下の二人はまだ未成年でしたから、お酒は勧めませんでしたが、次女の歩美だけはちょっとだけ飲んでみてすぐに顔を真っ赤にしていました。
留美子はジュースだけでつきあってくれました。
一次会はほどほどに切り上げ、酔ってしまった歩美を留美子が自宅に連れて行き、私と登美恵だけで店を移して二次会へと突入しました。
二人きりになって宴は静かながらも大人のムードで盛り上がり、私と登美恵は店長と店員という枠を外してすっかりうちとけてしまいました。
そして…もう、どちらから誘ったのかも忘れましたが、そのままラブホへ入り、二人で甘い夜を過ごしたのです。
私は30半ばのバツイチで、離婚以来女性と縁がありませんでしたから、いっそう燃えました。
登美恵は特定の彼氏がいるらしかったのですが、このところご無沙汰だったらしく、お互いに激しく求め合ってしまったのです。
全裸になって初めて直接拝むことが出来た登美恵のFカップの巨乳は予想以上に迫力満点で、私はそこに顔を埋め、舐め、しゃぶりと大いに甘えました。
登美恵もこれまでの男性遍歴でいろいろ経験があったようで、「パイズリしてあげようか?」と自分から持ちかけてきました。
私にとって初めてのパイズリ体験で、柔らかい乳肉に包まれたまま、登美恵の顔に向けての射精も体験しました。
そのまま朝まで四回戦、全て生で、うち2回は登美恵がOKしてくれたので中出ししました。
以後、登美恵と私は二、三週に一度ぐらい一緒にホテルで楽しむ仲となりました。
登美恵は彼氏がいるからあくまで浮気気分でしたが、そのほうがこちらも割り切れてよかったのです。
肉体関係があると、やはり店長と店員だけではない雰囲気というものが私たちの間に漂うようになり、仕事の最中の会話や仕事の後の軽いスキンシップにもそれは現れていきました。
それに目ざとく気づいたのが、次女の歩美でした。
歩美は登美恵とは違う曜日に仕事が入っていたので、両者が鉢合わせすることはありませんでした。
一度、登美恵のアルバイトの日の閉店後に、私と登美恵がキスしたり軽くいちゃついているところに、偶然姉を迎えに来た歩美が入ってきてしまうというハプニングがありました。
そのときはそ知らぬふりをしていたものの、私と登美恵の間に何かがあることは歩美は早々に気づいてしまったのでした。
歩美がアルバイト当番のある日、閉店後にさっそく歩美のほうから私への追及が始まりました。
「お姉ちゃんと、セックスしたの?お姉ちゃん、彼氏いるのに…」と、抗議とも好奇心ともつかない質問です。
歩美は元気一杯の女の子ですが姉よりもやや潔癖症なところもあったようで、何人もの男と同時に付き合うというのが理解できないようでした。
私は変にごまかすとややこしくなるとも思いましたので、率直に二人の関係を認め、かつあくまで「楽しむだけの関係」であることをよく説明してやりました。
「歩美ちゃんは彼氏がいるのかい?」と逆に聞いてみると、歩美は以前彼氏がいて何度か性交渉を持っていたものの、現在は別れて彼氏なし状態だと答えました。
「じゃあ、体がうずくこともあるんじゃない?」と中年オヤジらしく下品に聞くと、その彼とのセックスは決して楽しいものでもなく、話に聞くような絶頂感も体験したことがないと率直に認めました。
「そりゃ、その彼氏も若くてヘタだったんだな…ねぇ、おじさんが体験させてあげようか?」私としては下品な冗談半分のつもりで言ったのですが、歩美はしばしの逡巡のすえアッサリとこの提案を呑んでしまったのです。
私と姉との関係を見ての刺激もありましたし、またお互いの性を率直に語ったことで気分が出てしまい、彼女も内心期待するところがあったようなのです。
どうせなら経験もあってよく知ってる人と、ということも言いました。
気が変わらないうちに、と私はホテルではなく店の二階にある私の部屋に歩美を連れ込みました。
そしてシャワーも使わせぬまま、部屋に布団を敷いてその上で歩美を抱き寄せキスしました。
それでもうすっかり雰囲気に呑まれた歩美の服を脱がせ、自分も裸になって行為を始めました。
登美恵の時と同様、生のままでの合体でした。
結論から言うと私は知る限りのテクニックを駆使してしっかりと歩美を初めての絶頂に導いてやりました。
歩美も大喜びで、私にフェラチオしてくれたり、姉同様にパイズリもしてくれました。
やはり前の彼氏も歩美の巨乳に目をつけたようで、パイズリの経験があったのです。
その日歩美はそのまま私の部屋に泊まり、次の日の昼まで四回戦まで私と交わりました。
一緒に住んでいる姉と妹には友人宅に泊まったことにして私との関係は隠しましたが、その後も登美恵とかち合わないように調整しつつ、二週に一度ほどホテルや私の部屋で定期的に関係を持つようになりました。
こうなると、三女の留美子も落としたくなるのが人情というものです。
私が見たところ、留美子はまだ処女だと思われました。
店に同級生の男の子が来たりするところを見ると、やはり巨乳美人ということで人気が有り、言い寄る男は多かったようですが、かえってそれだけに相手は選びたいという性格でもあったようです。
仕事の合間にからかうように話を聞くと、少なくとも特定の彼氏がいないことは確かでした。
それだけに私は慎重に彼女への攻略を始めました。
まず人生経験が倍はある大人として、いろいろと相談に乗ってやりました。
恋愛関係についてもバツイチならではのアドバイスが出来ましたし、進路の悩みなども極力乗ってやったのです。
幸い、受験勉強で留美子の苦手とするところが私の得意分野だったので、いつしか閉店後に二人で私の部屋に上がって家庭教師みたいなことも出来るようになりました。
仕事以外のところで接触をもつようになると、親密度は急上昇。
「頼れる親切なおじさん(本人はお兄さんのつもりですが)」である私に、留美子は急速に心を許すようになっていきました。
そしてエッチな会話もするようになってくると、「店長、お姉ちゃん二人と二股でつきあってるでしょ?」といきなり突っ込んできました。
やはり妹としてそばにいると薄々感づいていたもののようです。
「うん、仲良くさせてもらってるよ」と私は素直に認め、「ここだけの話だけどね」と、登美恵・歩美とのセックスの模様を詳細に留美子に話して聞かせました。
姉達の乱れる姿を聞かされて、留美子は顔を真っ赤にしながらも食い入るように聞き入っていました。
頃合を計ってそんな留美子の肩を抱き、ひょいと唇を奪うと、留美子は驚きながらも抵抗はほとんど見せませんでした。
学校の制服姿の留美子を抱きしめて何度もキスしながら口説くと、留美子はあっさりと陥落しました。
私は布団を敷き、留美子の制服をゆっくりと脱がして行き…そのまま二人で布団の上で行為に入りました。
留美子はやはり処女でした。
私は前戯をたっぷりと行い、優しく彼女の体を扱いながら留美子の処女を頂戴しました。
留美子がなるべく痛くないようにとあまり動かずに合体を行いましたが、留美子には特にことわらぬまま、生の中出しをしてしまいました。
留美子は初体験の興奮で、そのことまでは気が回らなかったようですが、私の精液を体内に受け止めたことで、私への従属心を強める結果になってしまったようでした。
その日はその一発だけで留美子を帰しました。
が、やはりその後留美子とも仕事の終わった後に定期的にセックスをするようになりました。
留美子は処女を失ってから味を覚えるまでがかなり早く、一ヶ月もするとすっかり私とのセックスに溺れるようになってしまっていました。
アルバイトの当番の日になると、学校から制服姿のまま直行してきて、夕方の開店前のうちに私とのセックスを求めてくるほどです。
私も好き者ですから留美子に制服を着せたままスカートをめくって合体したり、店のテーブルや椅子を使ってセックスしてみたりと大いに遊びました。
もちろん姉二人と同じFカップの巨乳を使ったパイズリ奉仕も教え込みました。
巨乳美人三姉妹すべてを落とし、それぞれと定期的にセックスを楽しむようになった私は、次の野望を実現するべく画策を始めました。
そう、この三姉妹が一同に会したセックス、「姉妹丼」の4Pを実現しようと考えたのです。
歩美は登美恵、留美子は登美恵と歩美が私と関係を持っていることを知っている、という妙な状態でしたが、こうなったら三姉妹が割り切って私と同時に関係する事にそう抵抗もあるまいと考えたのです。
私の計画は、彼女たちに自分の姉妹が私と関係している現場を直接見せてしまう、そして雰囲気に飲まれさせて一緒に…という筋書きでした。
そこである土曜日に店を臨時休業にした上で、午後3時に留美子、4時に歩美、そしてその日は仕事があった登美恵を6時に、それぞればらばらに店に呼びました。
3時に早速留美子がやってきました。
学校で用事があったとかで、やはり制服姿です。
閉店の札を出し客の来る心配がない店内のお座敷席の上で、私たちはいちゃつき始めました。
制服を着たままの留美子の巨乳と下半身だけをはだけさせ、お座敷の縁に座った私の上に留美子を腰掛けさせる対面座位で合体します。
留美子は両手を私の首に回して抱きつき、私は「座った姿勢の駅弁スタイル」で留美子をファックします。
あまりの興奮に留美子は店内に嬌声を響かせます。
そして4時の10分前。
何事も早めに動く歩美が、渡してあった鍵を開けて店内に入ってきました。
店内に響く嬌声に驚いて、お座敷席へとやってくると、制服を着たままの妹の留美子が私と性行為の真っ最中。
姉の登場に留美子も驚きますが、腰の動きは止まりません。
唖然とする歩美でしたが、「あ〜やっぱり、留美子にも手を出してた〜」と呆れ顔で近づいてきました。
歩美も妹のことは確信は無いながらも感じるものがあったのでしょう。
そしてこの時間に呼び出した私の画策の意図にも気づいたのです。
「いっしょにしよう…ってこと?」私が無言の微笑でこくりと頷くと、歩美は諦めたようにひとつため息をついてから、留美子とつながった私の体に身を寄せてきました。
私は留美子をファックしながら歩美を片手で抱き寄せてキスしました。
一人の女と交わりながら他の女とキスするという3Pならではの初めての体験、しかもその二人は本物の姉妹という状況に私は大興奮しました。
歩美は服を脱ぎ、私の背中にぴったりと抱きついて、その柔らかい巨乳を押し付けてきました。
私は留美子と下半身で合体したまま上半身をひねって歩美とキス。
そのまま留美子の中に放出しました。
一発目を放って萎えた肉棒に、歩美と留美子が仲良く顔を寄せてきました。
私にとって初めてのダブルフェラが始まったのです。
私のサオに二人の舌が這い回り、歩美が亀頭を口に含むと、留美子が玉袋をしゃぶりたてます。
さすがは姉妹、コンビネーションは絶妙です。
二人にとってもダブルフェラは初体験のはずですが、二人とも私にフェラ奉仕を仕込まれてますから私の喜ぶポイントはお互いによく知っています。
ダブルフェラであっという間に復活した肉棒を、今度はバックスタイルで歩美にぶち込みます。
そして留美子には私の体に抱きつかせて私の乳首や顔にキスをさせました。
姉の陰部に肉棒が出入りする様子を目の当たりして目をまんまるにして、それを見つめる留美子が可愛く、私は留美子とディープなキスをしたり、その巨乳に顔をうずめたりしながら、歩美をバックから松葉崩し、そして正常位と貫き続けました。
そして歩美にも中出しフィニッシュです。
二発目を終えてから、留美子と歩美の姉妹を並べて仰向けに寝かせ、四つ並んだFカップ巨乳をじっくりと堪能しました。
四つの乳肉に順番に顔を埋め、四つの乳首に順番にしゃぶりつき、二人の乳房で作られる三つの谷間に肉棒を入れてパイズリを楽しみ…オッパイづくしの前戯で、私はギンギンに勃起してしまいました。
それからはもう欲望の赴くまま、三人で交わりまくりました。
もう姉妹二人とも恥もかき捨てとばかり協力して肉欲に溺れます。
私は仰向けに寝た姉妹二人に覆いかぶさっていっぺんに抱き、交互に合体していく「鶯の谷渡り」の夢も実現しました。
そのあと二人を四つん這いにして並べてまた交互に入れたり、二人を抱き合わせて上下交互に入れたり…と思いつく限りの合体を楽しみました。
姉妹そろっての異常な状況に二人も興奮し、何度も何度も往ってしまいました。
私も「どっちで出そうかな…?」と男冥利に尽きる悩みで興奮するうち、バックスタイルで合体していた歩美の中に三発目の射精をしたのでした。
三発も出してしまうと、さすがに疲れて一休み。
歩美と留美子も興奮の余韻のうちに私に抱きつき、私を真ん中に三人で川の字になって寝そべりました。
しばしの休息ののち、また三人でいちゃつき始めます。
二人とも、この次に何が起こるのか察していましたから、軽い戯れにとどめていました。
そして夜の6時になって、やはり合鍵を渡してあった登美恵が店に入ってきました。
店に入って、お座敷席の中で全裸にいちゃついている妹二人と私を見て、ポカンと口を開けて驚いていましたが、「やっぱりね〜なんか、こんなことになるんじゃないかと思ってたの」とつぶやきました。
聞けば、やはり登美恵も妹二人が私と関係を持っているのではないかと感じていたのだそうです。
「実を言うとね、いっそこっちから4Pしようか、って言おうかと思ってたんだけど…こうして実現しちゃったんだから、いいけどね」などと言いつつ、登美恵も服を脱ぎだしました。
その表情を見ると、早くもかなり欲情しているのが分かります。
歩美・留美子も歓迎ムードでしたし、私はもちろん野望達成に胸躍るばかりでした。
美人巨乳三姉妹を、独り占めにして楽しめるんですから!このまま店内で続けるというのも何なので、私は三姉妹を二階の自分の部屋に連れて行きました。
布団は一枚では手狭だと二枚敷き、その上で四人全裸になって戯れ始めました。
さっき二人としたことを、今度は三人とすることになります。
まずはやはり姉妹そろってたわわな巨乳の味比べにかかりました。
布団の上に腰を下ろした私を取り囲んで三姉妹が合計六つのFカップ巨乳を前後左右から私の顔に押し付け、オッパイでのおしくら饅頭状態にしてもらいます。
私は乳肉に包まれて窒息し、今にも天国に上りそうでした。
それから六つの乳首に順番に吸いつき、舐めて味比べを楽しみました。
座っている三人に囲まれたまま立ち上がり、肉棒を長女、次女、三女の順でFカップの谷間に差し入れ、パイズリのリレーも楽しみました。
三人とも自分の姉や妹がパイズリする様子を興味深げに観察していました。
パイズリしながらフェラチオも同時にしてもらったり、三人の乳房を一箇所に集めてその中に私の肉棒を包んでもらったりと、思いつくままにいろいろ遊んでもみました。
こういう時はバカみたいに明るく楽しくという空気にしてしまうのが正解だったようです。
三人分の巨乳でたっぷりと刺激された私の一物はすっかりギンギン。
さっそくこの日初めてとなる登美恵のおまんこから、バックで挿入しました。
最初のうちは姉の陰部に私の肉棒が出入りする様子を興味深げに覗いていた二人でしたが、やがて私の乳首や背中に舌を這わせてきました。
そのうち、歩美が遊び心を出して私のアナルを舐め始め、それを見て対抗心からか留美子が私の股の下にもぐりこんで玉袋をしゃぶりはじめます。
まさに4Pならではの醍醐味です。
登美恵から抜き、続いて歩美にもバックで挿入しました。
すると今度は留美子がアナル舐めを担当し、登美恵は私に抱きついてキスし、舌を絡ませあいます。
その形で続けてから今度は留美子にバックで合体。
すると今度は登美恵がアナル舐め、歩美が玉しゃぶりにとりかかりました。
それからはもう、何が何やら。
三人をバックスタイルで並べて順番に抜き差ししてみたり、仰向けに並べて正常位で順番に突き刺してみたり。
順番に騎乗位でまたがらせて他の二人を両腕に抱いて交互にキスしてみたり…と、基本的には私の指示で、時々登美恵の提案を受けて、私たち四人はいつ果てるとも無く交わり続けました。
三姉妹とはそれぞれいつも生の中出しをOKしてもらっていましたから、この時の初4Pでも何も言わずとも中出しばかりしていました。
4Pの前の3Pですでに三発出していたのですが、初めての姉妹丼4Pの興奮で私も底なしになったのか、登美恵、歩美、留美子の順に一発ずつ中出ししたはずです。
それは4Pの間のことですから、都合6発も出した事になります。
いえいえ、実はさらに一発もあったのです。
四人でいろんな体位を試すうち、とうとう種切れかと思いきや、登美恵が「アナルでやってみない?」と言い出したのです。
やったことはないけど興味があったようなのです。
私も歩美も留美子もビックリしましたが、もうイケイケドンドンという空気でしたので、登美恵のリードで三人そろって私とアナルセックスをすることにもなりました。
私も初体験でしたが、三人ともアナルヴァージンを私に捧げてくれた事になります。
7発目は確か留美子のアナルに出したはずです。
3P、4Pの連打、しかもアナルセックスまでついた大乱交で7発もしてしまい、私はチンポも痛くなるほどで、もはや出し尽くしたという感じで布団に寝そべりました。
三姉妹もぐったりとして私に抱きついてきて、四人で抱き合ったまま布団をかぶって眠ってしまいました。
翌日は日曜日で、三姉妹とも何の用事もありません。
結局私は日曜日も続けて臨時休業にしてしまい、二階の布団の上で四人とも素っ裸のまま朝から夜まで、休み休みではありますが四人でヤリまくって過ごしました。
さすがに最後には薄いのがちょぴっと出るような感じになってましたが、三姉妹に平等を期して二発ずつ中出しをしてやりました。
大いに疲れはしたものの、私はもちろん三姉妹とも大満足の土日でした。
そのまま三姉妹とも日曜の夜も私の部屋に泊まって月曜の朝まで一緒に過ごしましたが、さすがに夜の部はセックスはせず、ただ裸で四人でいちゃつき、おしゃべりしているだけでした。
その時の会話の中で、今後は三姉妹とは個別ではなく常に一緒にセックスすることに決まりました。
三姉妹それぞれ別につきあうと嫉妬もあるだろうし何かと問題が起こるかもしれないし、いっそその方がいいという登美恵の提案でした。
かくして毎週土曜夜から日曜の夕方まで、私と巨乳三姉妹は必ず「週末の4P」を楽しむことが習慣となったのです。
場所は私の部屋とは限らず、私のほうから姉妹の家に招待されることもありましたし、ラブホテルで楽しむこともありました。
毎週のように三姉妹との4Pを楽しめるようになったわけですが、かなり割り切った関係だったから持続したのでしょう。
三姉妹とも私に抱く思いは恋愛というのとはちょっと違っていたようです。
実際、彼女たちはそれぞれに彼氏を持つようになりましたし。
私もまた三姉妹とはそういう関係のほうが気楽と思うところもあったのです。
そんな不思議な関係が一年ほど続きました。
そのうち、三姉妹はそれぞれの彼氏とほぼ同時にゴールインし、結婚をしていきました。
三人ともほぼ同時に妊娠が発覚しての「出来ちゃった婚」でした。
実は…三人とも私の精液での妊娠でした。
それぞれ彼氏にはうまいこと説明して出来ちゃった婚に持ち込んだのです。
三姉妹ともほぼ同じ時期に出産してそれぞれ元気な赤ちゃんを産みましたが、逆算していくとどうもある週末の4Pで三人全員に一発ずつ中出ししたのが各自見事に「命中」してしまっていたようでした。
妊娠の段階で三姉妹とも「間違いない」と言ってましたが、実際姉妹が産んだ赤ちゃんを見せてもらうと、いずれもどうも私によく似ているのです。
三人の赤ちゃんとも「母親似」ということでごまかせるわけですが…彼らは「いとこ」だけど実は「兄弟」というわけです。
旦那さんたちは知らぬ間にわが子ではない子の父になってしまっているわけです。
彼女たちが結婚して母親となっても、三姉妹と私の4P関係は途切れることなく続きました。
さすがに毎週とはいかなかったですが、少なくとも一ヶ月に一度は集まって4Pをしていました。
三姉妹だけに集まること自体に旦那さんの疑惑を招かないところもあったのです。
出産した彼女たちはそれぞれの赤ん坊を連れて集まり、セックスの合間に授乳するような場面もありました。
私も我が子達と一緒に三姉妹のFカップ巨乳から分泌される母乳を味わってみましたが、まぁあまり美味しいものではありませんね。
いきなり三人の母親を持った赤ん坊の気分は大いに楽しませてもらいましたが…私たちの関係は今なお続いていて、つきあい始めてからかれこれ7年になります。
この間に登美恵は三人、歩美は二人、留美子は四人の子どもを出産しました。
合計9人、実は全て私のタネです。
子どもを作らないままバツイチになった私には、いつの間にやらたくさんの子どもが出来てしまったわけです。
もちろん公には出来ませんが…自分自身、ひどいことしてるなぁと思うのですが、三姉妹とも私との関係は続けたいと言っています。
「私たちみんな、あなたの赤ちゃんを産みたかったの。それにはこういう風にするしかなかったじゃない?それでみんな幸せなんだから、それでいいじゃない、」と、登美恵が言ったこともあります。
彼女たちの気持ちというのを私自身も理解するのが難しいのですが、ともかく今も三姉妹との4P関係は続いています。
彼女たちとの間に出来ちゃう子供はまだまだ増えそうです。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード