人妻の愚痴 独り言 井戸端会議
この掲示板の書込みは全てフィクションです。書込み者も同様にフィクション形式でお願いします。事実的過ぎる書込みに関しては修正を加えますご了承ください。また、体験告白掲示板は、擬似的体験に近づき、実際の犯罪を無くす為に存在します。絶対に真似したりしない様合せてお願いいたします。痴漢・レイプ・売春等は許されない犯罪行為です。是非健全な大人のご理解をお願いします。


おなまえ:
タイトル:
本文:
画像選択: (上限500KB)
削除キー:
    (本文と削除キーは必項です)


ワード検索 リスト表示 過去ログ 管理用







[2569] 息子にお手伝いしてあげました   Written by 主婦
私は34歳ので、息子は小5になります。
2週間ほど前のことです。息子が怪我をして2、3日腕を吊って過ごすことがありました。食事とかは何とかなったのですが、入浴の時は、包帯を濡らさない方が良いと思い、私が一緒に入って洗ってやりました。息子と一緒にお風呂にはいるのは2年ぶりくらいです。背中を洗ってやっていると息子が何かモジモジするので、見ると大きくなっていました。
初めは気づかないふりをしていましたが、収まる様子もないので聞いてみると、
「時々こうなる」
とのこと。
続いて前の方も洗ってあげたのですが、股間をタオルでこすると、それは益々大きくなり、お腹に付きそうなくらい上を向いてしまいました。
陰毛こそ生えていませんでしたが、大きさは小ぶりの大人並みでしょうか。
淡いピンク色で、変な話ですが「きれい」と思いました。
タオルを置いて素手で触ってやると、最初は恥ずかしそうにしていましたが、そのうち気持ちよくなってきたらしく、顔を真っ赤にして目を閉じています。
私も少し妙な気分になって、昔主人にしたように竿を握って上下に動かしてやると、息子は突然「あっ」という声を上げて、先端から白い液を発射しました。
まさか正学生の息子が射精するとは思わなかったので、いたずらのつもりでしごいていた私もびっくりしました。
彼にとっては、生まれて初めての射精だったらしく、私以上に狼狽していて、私もどう対処すればよいのか戸惑いましたが、とりあえず「大人になった印よ」と説明して、あとお父さんには秘密にするよう言って、その場は収めました。
次の週、主人が出張に行った時、私が夕方、息子(腕はもう治っていました)にお風呂に入るよう言うと、息子は「一緒に入ろう」と言ってきました。
どうしようかとも思いましたが、「そのうち一緒に入れなくなるのだし」と考え、2人で入浴することにしました。
脱衣所で服を脱ぐと、息子のおチンチンは既に固くなっていました。
息子が「この間みたいにして」とせがむので、石鹸をつけて竿をさすってやると、しばらく気持ち良さそうにしていましたが、そのうちに私の乳房に手を伸ばしてきます。
今思えば「まだ子供だから」という考えがあったと思いますが、その時はそのまま触らせてやりました。
息子が乳房に顔を埋めてきた時も、赤ん坊をあやしているような感覚で、乳首を口に含ませてやりました。
しかし、息子のおチンチンをしごき、乳首を吸わせているうち、私も興奮してきて、息子が射精した時には私も小さな絶頂に達していました。
主人とのセックスでエクスタシーを感じることはほとんどなかったですから、実に何年かぶりの絶頂感でした。
今のところ、それ以上の関係にはなっていません。
息子がセックスについて、学校や友達からどのくらいの知識を得ているかはよく分かりませんが、ほとんど理解していないようにも見えます。
おチンチンは一人前でも、まだまだ子供ですから、私の方もちょっとした冒険を楽しんでいるような感覚です。
親子でこういう火遊びをするのは正常ではないとも思いますが、今のところ罪悪感とかよりも、好奇心と戸惑いの方が先に立っているのが現状です。
レスを書く (レス数:4件) レスを見る
[2565] 3P願望   Written by 美優紀
相手が一人じゃものたりないの
レスを書く (レス数:1件) レスを見る
[2563] 私は中出しされてました    Written by スキー
26歳の主婦です。
先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。
といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館に泊まり、私は温泉を楽しむことにしてました。3人は朝からスキーへ、私は旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。
そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。
なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。
話てるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・
私が温泉を楽しみにしてきたからって一緒に露天風呂入ろうかって・・・
そこ、24時間の混浴なんです・・・
結局、一緒に露天風呂へ・・・
湯船につかり・・・
「奥さんスタイルいいですねぇ」
「変な目で見ないでくれる?(笑)」
「普通のオトコだったら、こうするよ(笑)」
といって私のカラダを目で舐め回す・・・
「もう、エッチ(笑)」
「背中流してくれる?」
「え〜、何もしないって約束する?」
「するする。何もしないよ!」
洗い場で、カラダをタオルで隠し彼の背中をタオルで流す私・・・
「何もしないでしょ?」
「今はね・・・ずっと何もしちゃだめよ」
「はいはい。じゃ今度は奥さんの背中流してあげるよ」
「いいわよ、私は。何されるかわかんないから(笑)」
「だから何もしないって。さぁさぁ」
彼に促され、彼に背中を流してもらう私・・・
「しかし、いいスタイルだね。腰からヒップのラインなんて最高だよ」
「こら、また変な目で見てるな。はい、もういいわよ」
その時・・・彼の両手が後ろから私のおっぱいを・・・
「こら!何してんの!離して!」
「初対面のオトコと露天風呂に入るなんて・・期待してんでしょ(笑)」
彼の手がおっぱいを揉みはじめる・・・
「ふふふ・・・でもここじゃ・・イヤ・・・」
「昼間なんて誰もこないよ・・・ほら・・・」
彼は私の右手を掴むと私のお尻のあたりに導き・・・
彼の大きくなったペニスを握らせた・・・
「スケベな奥さん・・・どうにかしてよ・・・」
彼は私の乳首を摘みながら言う・・・
「あっ・・ここじゃイヤよ・・あっ・・・」
「こんなに乳首たっちゃってるよ・・・奥さん・・」
「ここじゃイヤだってば・・・」
そう言いながら私は彼のペニスを握って動かしてる・・・
彼の右手が私のおっぱいから・・・
お腹を伝って・・股間へ・・・
おまんこを揉みはじめる・・・
左手は乳首を摘んでる・・・
「ああっ・・・ダメッ・・・ここじゃ・・ダメヨ・・・」
「奥さん・・もうこんなに濡れてるよ・・・スケベ・・・」
彼の指がおまんこに入る・・・
「ああんっ・・・ダメ・・部屋でしよ・・・あっ・・・」
「ここでしたい・・・おまんこも欲しがってるよ・・・」
彼の指が動くたびにおまんこから「クチュクチュ」といやらしい音・・・
「ホントにスケベな奥さんだ・・こんなに濡れて・・・」
私の右手は彼のペニスをゴシゴシとしごいてる・・・
「入れたい・・・」
「あっ・・・ダメ・・・あっ・・ここじゃダメ・・・・」
彼は私を後ろから抱え上げ、湯船の奥のくぼんだ場所へ・・・
「ここなら見られないよ・・・」
と言って、私を大きな岩の上に寝かせる・・・
岩がとても冷たい・・・
バシャバシャと温泉の湯を私にかける・・・
「少しは暖まるかな・・・」
と言って私の両足を大きく広げ、おまんこをペロペロを舐めてきた・・
「あっあっ・・・でもやっぱり・・部屋にいこう・・ねっ・・ああっ・・・」
「奥さんのおまんこヒクヒクして欲しがってるよ・・・」
「ああんっ・・・部屋でぇ・・・ああっ・・・」
「すぐ入れてあげるよ・・・」
私の言うことを聞かず
彼はおっきくなったペニスをおまんこに入れた・・・
「あんんんっ・・・ダメよっ・・・部屋でっ・・・あっ・・・」
「ああっ・・気持ちいい・・・おまんこ・・・」
彼は激しく腰を振り始めた・・・・
バシャバシャとお湯が音をたてている・・・
「ああっ・・ああんっ・・・ああああっ・・・・」
「奥さん、気持ちいいだろ?」
「あんんっ・・・気持ち・・いいっ・・・・ああっ・・・」
「こんなところでしてみたかったんだよ・・ああ・・気持ちいい・・・」
「私も初めてっ・・ああっ・・・気持ちいいっ・・・」
今度は岩に両手をついて、立ったまま後ろから入れられる・・・
「あんっあんっ・・・いいっ・・・・」
パンパン・・バシャバシャと音がする・・・
初めて露天風呂で犯され、すごく興奮しちゃって・・・あっという間に・・・
「あんっ・・・イキそうっ・・・イッちゃう・・・・ああんっ・・・・」
「ああっ・・奥さんっ・・オレもイクっ・・・・」
「ああ〜っ・・・イッてぇ・・・イクぅ〜っ・・・イクっ!」
「ああああああっ・・・・」
彼は私のお尻のワレメあたりにドクドクと精液を放ったの・・・・
露天風呂を出て彼の部屋にいきました。
のぼせ気味だったので、彼とビールを飲みながら・・・
「奥さん、すごく興奮してすぐ出ちゃったよ(笑)」
「もう・・・イヤだっていったのに・・・(笑)」
「そんなこと言ったってヌルヌルだったじゃん」
「私も・・・興奮しちゃったわ(笑)」
「奥さん、もう一回しよ。もっとしたいよオレ(笑)」
「ふふふ・・・いいわよ・・・・」
「やっぱスケベな奥さんだ・・・」
彼は私をハダカにすると全身をペロペロと舐めてきた・・・
「んっ・・・んんっ・・・」
69になってお互いを舐め合う・・・
「んぐっんぐっ・・・チロチロ・・・」
彼のペニスの裏筋を舐める・・・
「奥さん、気持ちいいよっ・・・」
カリ首を舌で舐めあげる・・・
「スケベ奥さん・・・気持ちいいっ・・・」
彼は私のヌレヌレおまんこに舌を入れる・・・
「あんっ・・・ああっ・・・気持ちいい・・・」
私は彼のペニスを喉の奥まで飲み込み、舌で舐める・・
顔を動かしペニスを口に出し入れする・・・
「気持ちいい・・・奥さん・・・入れたい・・・」
彼の顔には私の愛液がべっとりついてる・・・
「私が入れてあげる・・・」
私は彼の上に乗り・・・ペニスをおまんこにあてがい、腰を降ろした・・・
「ああ〜っ・・・・・」
そして、腰を前後に動かしはじめたの・・・
「ああっ・・・ああっ・・・・」
「ああ・・ホントにスケベな奥さんだ・・気持ちいい・・・」
「ああっ・・気持ちいいわ・・・・」
「ダンナがスキーしてる時に他のオトコのチンポ入れるなんて・・・」
「あなたが誘うからよ・・ああ〜っ・・・気持ちいいっ・・・」
「人のせいにして(笑)・・スケペな奥さん・・・」
彼は腰を突き上げ始めた・・・
「ああ〜っ・・いいわぁ・・もっと・・もっと・・・」
私は彼の上で腰を振り、突き上げられ、悶えまくった・・・
「ああんっっ・・・すごいわっ・・・いいっ・・・・」
彼は上体を起こし、座位へ・・・
彼に抱きつきながら、上下に揺さぶられる・・・
「あんっはんっ・・気持ちいい〜・・・・」
私は後ろに手をついて、脚を大きく広げられる・・・
彼のペニスが私のおまんこに出入りしているのがよく見える・・・
「スケベ奥さん、入ってるとこよく見なよ・・・ほら・・・」
「ああっ・・あああっ・・入ってるぅぅぅ・・・気持ちいい〜・・・・」
「オレのチンポにマンコ汁がいっぱいついてるだろ」
「ああ〜んっ・・・気持ちいいっ・・・・もっと・・・・」
正常位になって彼が激しく突いてくる・・・・
「ああっ・・ああ〜っああ〜んっ・・・いいっ・・いいわぁ・・・」
「気持ちいいおまんこだっ・・・」
「いい〜っ・・・・あああんっ・・・・・」
私のおまんこがぐちょぐちょいってる・・・・
「ああん・・・ねぇ・・バックでして・・・」
「バック好きなの?」
「うん・・・・」
彼は四つん這いになった私のお尻を引き寄せ
ペニスをズンと奥まで突いてくれた・・・
「はあうんっ・・・・いいわぁ〜・・・いいっ・・・・」
彼は私のお尻を掴み、ペニスを何度も打ち付けてくれた・・・
「ああ〜っ・・ああっ・・すごいっ・・・すごいっ・・いい・・いい・・・」
彼は私の両方のおっぱいを握りしめ引き寄せる・・・
私の上半身は弓反になる・・・
ペニスは相変わらずおまんこを突く・・
彼の指が乳首を刺激する・・・
「はあうっ・・・ううっ・・うう〜んっ・・・イク・・・イク・・・・」
彼の指が乳首を強く摘む・・・もう片方の指がクリトリスをいじる・・・
ペニスはおまんこの奥をたたく・・
最高・・・・・もうダメ・・・・
「イクイク・・・イクぅ〜っ・・・・・・・・・・・・・」
私は思いきり仰け反りイッちゃった・・・・・
「スケベ奥さん、イッちゃったの?」
「はぁはぁ・・・うん・・・最高よ・・・・はぁはぁ・・・」
「今度はオレもイクよ・・・」
正常位でペニスが入ってくる・・・
「あうんっ・・あううう・・・」
彼は私の両肩を押さえ激しくペニスをおまんこに出し入れする・・・
「あんんんっ・・・すごいすごいっ・・・」
ペニスがおまんこの中をかき回す・・・
「すごい〜っ・・・・またイッちゃうぅぅぅ」
「ああ・・気持ちいいおまんこだっ・・・いくぞっ・・あああああ」
「あはああんっ・・・きてっきてっ・・・いっちゃうよぉぉぉぉ」
「あああ・・どこに欲しい!」
「はあああ・・どこでもいいわぁぁぁぁ・・・・いっくぅぅぅ」
「中に出すぞっ!」
「いいわぁぁ・・中に出してぇっ・・・いくっいくっ!」
「あああああ・・・出るっ!」
「はうっはうっあうっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
私がイクと同時におまんこの中に彼のペニスから熱い精液がドクドクと・・・
「ああ・・・気持ちいいよ・・奥さん・・・・」
「はぁはぁはぁ・・・気持ちいいわ・・・・」
最後に彼のペニスをきれいに舐めあげた・・・
レスを書く (レス数:1件) レスを見る
[2528] 私は悪くない   Written by きよこ
旦那が浮気したんだから、私も浮気して悪いって事はないわよね
旦那だって若い女の子を抱いたんだから、私だって若い子のペニスを入れても良いわよね
ペニスが旦那のより太く、長く、硬く、上手で何回もイカされたのは偶然よ
その後も彼と会い続けてるのは、旦那への仕返しってだけでじゃ彼に悪いからよ
彼の元へ通い続けるのは、女の歓びを教えてくれたんですもの、仕方ないわよね
私は絶対に悪くない・・・と思うわ
レスを書く (レス数:1件) レスを見る
[2560] 超恥かしかった〜   Written by さっきまで美魔女
52才主婦です

裏庭の小屋だったところを部屋に改装して
大学生の息子が使ってるんですが
裏から直接出入り出来るから
サークルの先輩とかのたまり場になったりしてて
それはそれで楽しくやってるみたいなんですが、、

そんなことはよくって!
実は、、
今息子はサークルの遠征とかで県外に行ってるはずで
いつも誰もいない時間帯でして
息子の部屋を掃除してたらついオナニーがしたくなっちゃって、、
寒かったし息子のベットに潜り込んでしちゃってました、、
そしたら急に!
「〇太〜」
「女連れ込んでる時は!」
「鍵掛けろよ〜」って感じで
ふとん取られちゃって!

ホント”ギャ〜!!!”って感じだったけど
全く声も出ないし素っ裸だし、、
超恥ずかしくってとっさに
上半身を起こした感じだったんだけど、、(汗)

「え!」
「おばさん?、、」
「〇太かと思って、、」って
友達3人がびっくりした顔して立ってて、、、

時間が止まった様なすっごい気まずい空気感のなか

お股に入れたままのバイブちゃんが”ウィ〜ンウ〜ン”って動いてる音がしてて
それと3人のスマホがチャラン〜♪チャラン〜♪って!

「え?撮ってるの?」
「いや、〇太だと思って、、」
そこでやっと声が出て
我に返ったら恥ずかしさが押し押せてきて
バイブもそうなんだけど
全て見られちゃってるのに胸だけ押さえようとしてる私にも
もう笑うしかなくって

こうなったら開き直り作戦!!!
だってもうこうなっちゃったんだもん

「いやもう恥ずかしい〜」そういって取り敢えずバイブのスイッチを切って!
ふとんを返して貰って・・・

ホントバカ!手にしてたブラとショーツを返して貰って
バイブ抜いたんだけど ”ァン、”ってなっちゃうし私もバカ!

それから今日の事は絶対に絶対に内緒よ!!!
ホント忘れてね! ハイこれで終わりね!

って帰したんだけど
ホントやっちゃったなぁ〜って大反省ホントバカ!!!〜

でも3人とも
立ってたのが少し救いかなぁ(笑)

みんなに容姿で”伊代ちゃん!”って呼ばれてたのに
天然の”伊代ちゃん”って呼ばれそう

奴ら〜内緒にしてれるかなぁ、、、
レスを書く (レス数:1件) レスを見る


削除方法 : 削除対象の左欄をチェック、投稿時に入力した削除キーを下欄に入力し「削除」を押す
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] ... [53]

トップへ戻る