人妻の愚痴 独り言 井戸端会議
この掲示板の書込みは全てフィクションです。書込み者も同様にフィクション形式でお願いします。事実的過ぎる書込みに関しては修正を加えますご了承ください。また、体験告白掲示板は、擬似的体験に近づき、実際の犯罪を無くす為に存在します。絶対に真似したりしない様合せてお願いいたします。痴漢・レイプ・売春等は許されない犯罪行為です。是非健全な大人のご理解をお願いします。
記事NO. 2609に返信をします
おなまえ:
本文:
画像選択: (上限500KB)
削除キー:
sage     (本文と削除キーは必項です)
[2609] 残業中に課長の指で逝かされ   Written by 人妻
昨日残業してて上司にイカされてしまいました…
えっと…上司(課長)は38歳で阿部寛に似てます。結構人気です。
昨日は課別に古い書類や資料を保管している部屋の整理をしていて、うちの課から課長と私が残ってやるコトになったんです。脚立に乗るような高い場所は課長が、胸から下の棚は私が、時々他愛もない話も交えながら作業を進めていきました。
そのうち…生理明けってコトもあって、えっちぃ気分になってきたんです。
もちろん課長はそんなことは思ってないだろうけど、私の頭の片隅でその妄想はどんどん進んで行って濡れてきてしまって…。どうしてもガマン出来なくなったら、トイレに行ってひとりえっちしようとまで考えてました。
時々他の課の人達が退社前にのぞきに来て「手伝いましょうか?」みたいなコトを言ってくれるんですが、それら全てを課長が断るので『もしかして…』って、また妄想しては濡れて…。
そのうち最後に残ってた人も帰って、時間は21時すぎに。
その時「あ、ごめん。」との課長の声と同時に書類が2枚落ちてきました。
紙切れ2枚なのでケガするわけないのに、慌てて脚立から降りてきて「ごめんね、大丈夫?」って髪を撫でてくれたんです。
ただでさえヤラしい妄想でいっぱいなのに、そんなに近づかれたら…。髪を撫でられただけなのに、私の心臓は壊れるほどドキドキして…。
書類の1枚はすぐ足元に、もう1枚は滑ってラックの下にありました。
そんなに奥までいってなかったのですが、課長は手が大きいので私のほうが取りやすいと思い、床に座り込むようにして手を伸ばしました。
ラックの下に腕を入れ、指先で書類をつかんだ時、課長がポソっと「なかなかエッチな姿勢だねw」って呟いて、その大きな手で私のお尻をそっと撫でたんです。
すぐに『やめてください』って言えば良かったんだけど、妄想でえっちな気分になってるだけに言えなくて、いつのまにか床に座ってた課長に後ろから抱き起こされました。
そのまま後ろ向きに床に座らされ、抱きしめられたかと思うと、服の上から両方の胸をゆっくり揉まれ…首筋に舌を這わされ… 思わず「あ…」って声を出してしまいました。
やがてベストのボタンを外し、ブラウスのボタンの間から指をいれられ、堅くなってきた乳首を指先で弄られて… 手が入るまでボタンを外され、手はブラの中へ…。
「さっきの可愛い声が聞きたいな」って言ったかと思うと、乳首を強く摘まれたり、円を描くように撫でられたり…。
やがて右手が太腿を撫でながら、ゆっくりとスカートの中に。
触らなくてもアソコがぐっしょりなのは解っていたので恥ずかしかったのですが、もう身体が思うように動かなくて…。ショーツに少し触れただけで課長にバレました。
敏感になってる私には、「すごいね…。」の一言でさえ濡れるには充分。
課長はぐっしょり濡れたショーツの脇から指を入れ、クリを探すように指先を動かしてきました。
声は出ちゃうし、アソコがくちゅくちゅいってるのが聞こえて…。
すると急に課長が私を抱きかかえ、長机の上に寝かせたんです。寝かされたかと思うと、ものすごい手際の良さでショーツを脱がされました。
足首を握られ、くの字に足を曲げながら開脚…。「こんなにきれいなの、勿体無い。」
濡れたのが太腿にまで溢れていたのか、課長は舌で脚を舐めはじめました。
そして段々とアソコに顔を近づけてきて…。でもしばらくは眺めてるだけだったんです。
時々クリの辺りを舌で突っついて。
「見てるだけでも溢れてくるよ、えっちだね。」って言われて思わず、「もうガマンできません」って言っちゃいました…。
すると課長は何も言わずにアソコに舌を入れてきました。それも思いっきり。
くちゅくちゅと舌で掻き回したり、クリを強く吸われたり、その頃になるともう声も止まらなくて、何度も喘いで…。
やがて私に覆い被さってきたかと思うと、ブラウスをはだけブラをずらし、舌で乳首を、手でクリを攻められ、そこで1回イってしまいました。
イっちゃってもしばらくアソコの指を出し入れしてたのですが、やがて「まだ終わらないよ」といって私を抱き起こしてくれました。
長机には私から溢れたトロトロのモノがいっぱいついてて…。
で、後ろ向きに立たされ、手を机につきました。
かちゃかちゃとベルトを外す音がして、課長の手が私に触れたかと思うと、ソレは一気に私の中に入ってきました。「あぁっ」…って、今までで一番大きな声が。
太くて堅い課長のモノは私を壊す勢いで突いてきます。
狭い書庫の中に響く私の声とぐちょぐちょになったアソコの音…。
胸を鷲掴みにされ、乳首を攻められ、いつもやさしい課長とは人が変わったように乱暴に揉まれ、時には奥の奥まで突かれながらクリを集中的に擦られ、2度3度とイってしまったんです…。
私は小柄なので、背が高くて体格のいい課長のモノを入れるとよく締まるらしくて、課長も気持ち良さそうでした。
そのあと課長に呼ばれて、書庫の今日整理するトコに印をつけてくるように指示されました。
どの棚にマークをつけるか用紙をもらったのですぐ向かったんですが、課長も一緒に行くと言ってついてきました。
で、一緒に書庫へ入り何事もなかったかのように何箇所かにマークをつけ、部屋を出ようとしたら、課長が「ちょっと待って」と私の腕をつかみました。
そして「ちょっと確かめさせて」と言って手をスカートの中へ…。
ショーツはまだ変えてなかったのでびっしょりでした。課長は「ヤラしいねぇ…」と言いながらショーツの脇から指を入れ、クリの辺りを何回か指で掻き回して先に出て行きました。


削除方法 : 削除対象の左欄をチェック、投稿時に入力した削除キーを下欄に入力し「削除」を押す
[返信しないで戻る]