[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 兄嫁さんを攻略  投稿者:3P 投稿日:2017/09/26(Tue) 17:12 No.6559

優希とは某サイトで知り合った。
とは言っても、彼女が書き込んでいるブログに、オレがまめにコメントを書いているうちにメールのやり取りをするようになった。
優希は32歳、2歳と3歳の子持ち、旦那の実家に3世帯で暮らす兼業主婦さんだ。
優希はサイトにはほとんど参加できず、メールでのやり取りが主だった。
ある日『今度、逢って、会話しようか??』ってメールを送ったんだが・・・・
しばらくして『このサイトは兄嫁さんから紹介してもらったんで、兄嫁さんも一緒でもいいですか??』と返事が来た。
オレは、(えっ、聞いてないようぉ〜)ってな感じだったけど、まぁ気晴らしで『それでもいいよ』って返事をした。
普通に考えれば、兄嫁は優希の監視役で同席することはわかっている。
彼女たちは、平日の午前中か午後の早い時間しか都合はつかないらしい。
彼女たちの都合に合わせて郊外のファミレスで待ち合わせをした。
程なく現れた彼女たちは、優希は150センチそこそこだが、兄嫁は165センチくらいあってスレンダーな体型をしていた。
名前は真由美という。
38歳、10歳の子持ちだという。
オレは、ただ聞き役。
兄嫁が会話の主導権を握っている感じだ。
今日はこのまま終わるんだろうなぁ〜なんて思っていたら、真由美が「カラオケにでも行こうか!!」なんて言い出し、オレはもうどうにでもなれ!という気持ちで、「行きましょう」と調子を合わせた。
さすが平日だけあって、お客は全く居なかった。
車で来てるので酒は飲めない。
ただ、歌うだけ・・・。
もうオレは開き直って、「真由美さん、一緒に歌いましょう」と誘った。
もう逢うこともないだろうって思いながら、真由美の腰に手を回しながら、なるべくカラオケの画像がいやらしい曲を選んだ。
オレは歌いながら真由美の腰からわき腹を優しく撫でるように服の上から愛撫していった。
そして時折、耳元で囁くように歌い続けた。
真由美は初めの頃は、「だめだよぉ〜」なんて言っていたが、次第に無言になっていった。
優希は恥ずかしそうに、その光景を見ていた。
オレは真由美のスカートの上から彼女のお尻をゆっくりゆっくり撫で回し、そしてスカートを捲くりながら太腿を撫で回していった。
部屋の照明を暗くして真由美をソファーに腰を掛けさせ、曲はもうBGMになっている。
「あのぉ、お姉さん」と優希が話し掛けるが、「優希さん、今、真由美さんは気持ちよくなってるんだから、少し見てて」と言って優希の声を遮った。
飲み物を口移しで飲ませてあげると、そのままディープキスをした。
もう片方の手はパンティーの上から、ゆっくりクロッチのところを撫でている。
オレ「真由美さん、少し、湿り気があるよ」
真由美「あぁ、もう、言わないでぇ〜」
オレ「旦那さんとセックス、あんまりしてないんでしょ」パンティーの中に手を入れて、指でゆっくりゆっくり撫で回していく。
真由美「あぁ」
オレ「真由美さん、指を、入れるよ、あなたの、感じやすいところに」指をゆっくり挿入して、出し入れをしてやる。
オレ「真由美さん、大洪水、だよ」
真由美「あぁ・・・もう・・・言わないでぇ〜」優希はただ呆然と見ていた。
オレは意外な展開を楽しみつつ、肉棒を真由美の大事なところにあてがって・・・、そして一気に挿入した。
真由美「あぁ、あぁ、ちょっ、ちょ、生じゃ、付けて、付けてよぉ〜」
オレ「もう遅いよ、真由美!!」オレは変な征服感を味わっていた。
先ほどまで場の中心人物だった女が、見知らぬ男の肉棒で汚されている。
そして卑猥な声でよがっている。
オレは挿入のピッチを上げた。
真由美は上半身はブラウスは着けているものの、下半身は淫らに男の肉棒を咥え込んでいる。
オレはピッチを速めながら、優希を見ていた。
オレ「真由美さん、こんなにいい声を出しているよ。次は、あなただから、ね」真由美を四つん這いにして、バックから思いっきり入れた。
真由美「あぁ・・イィ・・ああ」
その時、「もうすぐ、お時間ですが延長なさいますか」とインターホンから、呼ばれた。
真由美をバックから責めているときに延長確認コールが入った。
優希に、「どうする?」と尋ねたが、無言のまま・・・。
オレは一旦真由美から離れて、「すいませ〜ん、延長します〜」と言ってインターフォンを切った。
ソファーに仰向けになっている真由美に向かってオレは、「真由美、次は、オレのを咥えろ」と命令口調で言った。
真由美「もう、許して、優希ちゃんも見てるんだから」
オレ「お前が咥えないなら、優希にやらせるぞ!!」そう言って優希の方を見た。
優希は、今、自分の目の前で起きている光景に、信じられないといった表情を浮かべているが、姉のあのような淫らな姿に自分を重ね合わせているようでもあった。
オレ「どうなんだ!!真由美」無言である。
オレ「そうか、わかった」
真由美「わ、わかったわ」そう言うと真由美はオレのところで跪き、オレの肉棒をゆっくり咥え始めた。
オレは優希の手を引き、ソファーに座らせ、キスをした。
優希が、「うぅ」と言いながら顔を逸そうとすると・・・。
オレ「嫌がっていいのか?真由美はお前の代わりにオレのチンポを咥えてるんだぞ!!」オレは優希のスカートを捲くり、パンティーを脱がし、指で愛撫を繰り返した。
優希の口から、「あぁ、いやぁ」という声が微かに漏れ出している。
“カシャ“オレはシャッターを切った。
真由美「えっ、写真は撮らないで!!」32歳、38歳の熟した人妻が、知らない男の肉棒を咥え、指で悪戯され悦に入っている。
最高のシャッターチャンスである。
真由美のフェラチオ、優希の濡れ具合・・・。
また、オレの肉棒は発射状態になってきた。
オレは二人の人妻を床に四つん這いにさせ、バックから思いっきり挿入した。
二人とも上半身は衣服を身につけ、下半身はむき出し状態で、後ろから激しく挿入されている。
最初嫌がっていた優希も、「あぁ、う、ふぁ、いぃ、いぃ」と微かに声が出てきた。
真由美はもう大洪水状態で、「あぁ、気持ち、気持ち、いぃ、はぁはぁ」と悶えている。
今度はオレが床に寝そべって、優希を跨らせ、激しく下から突き上げ、真由美はオレの顔のところに跨らせ、オレがクンニをして・・・。
カラオケルームは二人の人妻の淫声と、クチュクチュという嫌らしい音がBGMとなって部屋中に響き渡っていた。
オレたち三人は何事もなかったかのように会計を済ませ、帰りました。
言うまでもありませんが、今度はホテルで会う約束ができています。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)