[掲示板に戻る]
過去ログ[39]


過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:

[21768] 侘びしいです 投稿者:大田幸子 投稿日:2017/02/12(Sun) 15:02
私より9歳年上の主人は72歳になりました。二年ほど前から交わりがなくなり、私は淋しい思いがします。72歳では、もう欲情がなくなるんでしょうか、教えて下さい。また、女が欲情を発散せせるよい方法がありましたら教えて下さい。

[Res: 21768] 投稿者:taiji 投稿日:2017/02/12(Sun) 23:38
年齢とともに精力は落ちますので、ご主人もしたくてもできないのかも。お気持ちお察しします・・・。女性の性欲は男性の自分にはわかりませんが、相談をするだけでも少しは楽になるかもしれませんので、よろしければ詳細を教えていただければ幸いです^^

[Res: 21768] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/02/13(Mon) 01:12
女が欲情を発散せせるよい方法がありましたら....

お相手を探しているのですか?

[Res: 21768] 投稿者:大田幸子 投稿日:2017/02/13(Mon) 11:12
アソコを指で、でも挿入がないと侘びしさが増すばかりです。安心、安全な方が出来ればと願っています。主人以外の男性との経験がない私、男性との接し方も、是非、教えて下さい。

[Res: 21768] 投稿者:taiji 投稿日:2017/02/14(Tue) 00:02
自然体でいいと思いますよ^^

遠慮なく・気兼ねなく話せる人が一番。親しく話をしているうちに性の悩みを打ち明けて、発散してくれると思いますよ。
 出来れば私がお相手したいですが、最北の地なので無理かと・・。

[Res: 21768] 投稿者:水戸の隠居 投稿日:2017/02/14(Tue) 06:09
私は、68歳で妻67歳です。

月二回は私だけ一方的に妻の中に必ず射精しています、妻はもうそれでいいから出来るうちすればいいよって元気つけてくれるよ。

ああーー参考になると思うが、肩こりなんかに使うバイブレーターは家にありますか、もしあったらそれ使ってみてください、奥さんであれば3分位で強烈な快感数回味わえますよ、旦那さんも同じで亀頭のあたりに押し付けてじっとしてれば勃起してなくても射精できますよ。。百聞は行動すべき。。。。。

[Res: 21768] 投稿者:ピンクノハート 投稿日:2017/02/14(Tue) 09:15
老後の資産に余裕があるようでしたら
山奥の温泉などは如何でしょう
夫婦で入浴される裸のお付き合い
多少なり、エロの下着を見せつけては・・・
男性は女性の脱衣を見ることに大変好むようです

[Res: 21768] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/02/15(Wed) 01:02
>安心、安全な方が出来ればと願っています。主人以外の男性との経験がない私、男性との接し方も、是非、教えて下さい。

63歳の幸子さまは、まだお若いですね。私は、安心、安全な男と思っていますが、指と口でしかお相手できません。
残念ですね。 

[Res: 21768] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/02/15(Wed) 06:41
幸子様 昨夜は1時半に寝たのに6じ20分に起きてしまいました。 布団のなかでなんとあそこが大きくなっていたので
男の性にオドロキました。 

2階から下に行ったら、女房がランニングに行くところでした。彼女と交わりが無くなって20年以上・・・
職場のリストラで毎晩午前様になっていた彼女は、帰宅すると倒れるように居間に寝てました。

それ以来ですね。 交わりがなくなったのは・・

[Res: 21768] 投稿者:山陰爺 投稿日:2017/02/15(Wed) 15:34
太田幸子さんの年齢なら、まだオメコは健在だから、男探ししなさいよ。

[Res: 21768] 投稿者:弁護忍 投稿日:2017/02/16(Thu) 06:48
気持ちいわ、最高なの  投稿者:大田幸子 投稿日:2017/02/07(Tue) 15:40 No.12371

私は61歳の主婦です。50代程の男性に街で声を掛けられて、着いて行ったのが間違いだったかもしれません。

同一人物でしょうか?

[Res: 21768] 投稿者:永田 投稿日:2017/02/16(Thu) 11:28
メール交際をされてはいかがでしょうか。

[Res: 21768] 投稿者:好き者 投稿日:2017/02/16(Thu) 14:01
私は70歳、妻65歳です。
今でも隔日にSEXしますが、どれくらい続けてできるかやってみましたが10日くらいはできました。
一日休んで又続けることはできるようです。
私はSEX(この地方では「ボボする」と言います。「ボボ」をしないときはフェラをしてもらいますの毎日しているのと同じです。
私たちは26歳と22歳で結婚しましたが、妻が看護婦(今は「看護師」)で夜勤があったのであまりできなかったので、
子供たちが巣立ちまして、二人だけの家庭になり定年退職後から本格的「ボボ」を始めました。
若いときのできなかった分を今やっているような状態です。
参考になれば幸いです。

[Res: 21768] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/02/16(Thu) 20:40
年甲斐もなくいつまでしようと思ってんだ。
ええ年かっくらって・・・
腹乗死でもさせる気か

[Res: 21768] 投稿者:大田幸子 投稿日:2017/02/21(Tue) 14:42
永田さんのご指導のようにメール交際を申し込みました。登録後すぐに三人の男性の方からメールが来ました。一人の方とメール交換しています。

[Res: 21768] 投稿者:山陰爺 投稿日:2017/02/22(Wed) 08:10
 メール交際だけでは膣に快感を得ることが出来ないので、早く会ってチンポを差し込んでもらいなさい。

 爺も18日38歳の奥様デリヘルを相手に、膣で2射してきましたが、時間的には2時間半を要しました。

[Res: 21768] 投稿者:かなえ 投稿日:2017/02/25(Sat) 00:21
夫に亜鉛剤3粒とクコの実5粒を飲んでもらうと、二日後には誘ってきます。精液が貯まるようです。主人が、その気にならないとダメなので、食事には気を使います。

[Res: 21768] 投稿者:団塊の熟女 投稿日:2017/02/25(Sat) 06:53
もう御主人に期待をしてはいけません。
自分で処理するしかないですよ、貴方は性欲の強い女性なんですね、ほぐしなどに使用する電動バイブを使ってみてはどうですか、誰もいない時にコッソリ使えば、何度でもあなたが望む強烈な快感が得られますよ、ぜひお試しあれ。

だけど生身の本物でないとダメと言うなら、カラオケの会に参加しなさい、そこに行けば同じ年代か、もっと若い男性がいてしかも高熟女を好む男性がいます、少し危険ですが、本物を体験できますよ、その私も年間に数回、複数の男性を選んでは遊んでますよ(くれぐれもしつこい一人身の男性は要注意です)。

まあ、貴方なら電動バイブで充分満足な快感を得られますから試してみてください。

[Res: 21768] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/02/27(Mon) 11:59
バイブとローターがあればいいでしょ。

[Res: 21768] 投稿者:大田幸子 投稿日:2017/03/09(Thu) 13:05
団塊の熟女さん、私音痴でカラオケはダメなんです。

[Res: 21768] 投稿者:未亡人 投稿日:2017/05/29(Mon) 20:02
大田幸子さん、彼氏できましたか。

[Res: 21768] 投稿者:あき 投稿日:2017/06/01(Thu) 15:43
幸子さんの掲示板拝見しました
もし宜しければ私と致しませんか
私都内在住60歳ですよ
私もお相手を探しています宜しくお願いします
Edoichi60-ah@docomo.ne.jp
まで

[Res: 21768] 投稿者:あき 投稿日:2017/06/01(Thu) 15:54
前に送ったレスのなかの文字の最初が小文字のeです訂正です

[Res: 21768] 投稿者:千枝子 投稿日:2017/06/04(Sun) 11:14
大田幸子さんへ、未亡人の私は主人が居ますので、高校の時からな親しくしている未亡人の綾さんにお願いして交際サイトへ登録しました。登録後、一週間に12名の方からお友達付き合いからとの返信がありました。遠からず近からずの方、三人とお会いしました。その中より、奥さんを亡くされた48歳で電気工事業を営んで居られる方とお付き合いを始めました。時間が自由な方でありまして昼食を二回ご一緒しました。三回目の時、ホテルへ誘われまして久しぶりに女になりました。主人とは経験にた事のない悦びを受けました。

[Res: 21768] 投稿者:ひろし 投稿日:2017/06/08(Thu) 01:36
大田幸子さん貴方のまんこ見せて下さい、俺のチンポ握って下さいませんか?

[22381] 欲しい… 投稿者:熟年未亡人 投稿日:2017/05/19(Fri) 14:08
身体がうずくのです。

抱いて欲しい…

太くて長い勃起を、私の奥深くに差し入れ、貫かれ、何度も何度も突いて欲しい。

強く強く抱きしめられ、おめこの奥深くに性を吐き出されたい。

[Res: 22381] 投稿者:勇次 投稿日:2017/05/26(Fri) 11:11
たいへんですね浮ワんずりとかは、しないですかマ

[Res: 22381] 投稿者:あき 投稿日:2017/06/01(Thu) 15:48
私でよければお相手しますよ
どこにお住まいですか?
貴女のおめこを舐めたい
連絡お待ちしています
Edoichi60-ah@docomo.ne.jp
まで

[Res: 22381] 投稿者:淑子 投稿日:2017/06/04(Sun) 11:18
嬉し恥ずかし、老人会の会長さんに誘われました。何度も何度も突いていただき、溢れ出る愛液も舐めていただきました。

[Res: 22381] 投稿者:又次郎 投稿日:2017/06/05(Mon) 13:33
淑子さんのレスを読みました。実は私も町内会長してます。
忘年会の2次会で55歳の奥様とホテルに誘い溢れ出るオマンコ汁舐めたり舐められたり。
出した精子を綺麗に舐めて貰ったのを思い出しました。淑子さんは独身ですか? それとも・
投稿者の熟年未亡人さんのレス欄ですがその後レスが無いので失礼かと思いましたが書込みました。

[Res: 22381] 投稿者:熟年未亡人 投稿日:2017/06/06(Tue) 08:16
先日、買い物を兼ねてぶらぶらしていると声をかけられ、
誘われるままに食事をした後ホテルに入りました。

私のおめこに挿入され、何度も何度も突かれ、大量の精液を奥深くに受けとめました。

久しぶりに抱かれ、これまで我慢していた身体の疼きが満たされ、逝くときには恥ずかしい言葉を口にしました。

「アア…ィィ…おめこ…感じる…おめこ…おめこ…もっともっとして」
「逝きそう…おめこ…逝きそう…アア…アア…逝くー」

連呼しながら相手の身体を抱きしめ満足させられました。

6月3日、大阪京橋にて。

[Res: 22381] 投稿者:又次郎 投稿日:2017/06/06(Tue) 13:15
ナンパされるような熟年のHオーラ発してるのですね。
美人で熟女の独特な色気あるのでしょうね。大量の精液出してくれた男は幾つらいなのかな?
若い男のような気がしますが・・
ところで「おめこ」って関西の呼びかたですか? 私の九州は「ボボ」です。卑猥な呼びかたと思いませんか?

[Res: 22381] 投稿者:熟年未亡人 投稿日:2017/06/06(Tue) 14:43
相手の方は40歳台のようでした。

地方によって呼び方が違うようですね。

私は関西ですので、夫からおめこと言わされ、最初はとても恥ずかしく、なかなか言えませんでしたが、そのうちに連呼しながら逝くようになっていました。

ちなみに、おまんこ、ぼぼ、と言われても特に卑猥とは思えません。

九州地方では「ぼぼして」と言うのですか?
「ぼぼ、感じる…ぼぼ逝きそう…」と言うのですか?

色々ですね。

[Res: 22381] 投稿者:又次郎 投稿日:2017/06/06(Tue) 15:45
相手40代なんですね。ところで熟年未亡人さんはいくつ?私は65歳の爺さんです。

そうですね呼びかた色々ですね。
昔から九州地方はボボが多いですね。でも今の若い人は使わないと思います。若い人は
「ボボし〜て〜!」とか「ボボ舐め〜て〜!」とか言わないでやはり普通の
「おマンコがいい〜」とか言ってますね。
私もたまに「どこが感じてる?」とかHしながら聞くと「マンコ・・マンコが感じるの・・」
とか40代の奥様も言いますから。
おめこ、おめこは可愛い言い方ですね。

[Res: 22381] 投稿者:ひろし 投稿日:2017/06/08(Thu) 01:16
熟年未亡人さんはじめまして、そんなにおまんこに勃起した、チンポがほしいんですか?60代男性です、妻を亡くして、まんこを舐めて、まんこにチンポ入れたいです…まんこが恋しいです、熟年未亡人さんのまんこが欲しいです…今度あって、まんこ舐めたいです。

[22464] マンネリ化した営み 投稿者:45歳専業主婦 投稿日:2017/06/03(Sat) 07:28
マンネリ化した夜の営みに夫が出した打開策がスワッピングでした。
私は夫が初めての人で夫以外の男性を知りませんでした。
気分を変えるためにと温泉旅行に出かけ現地で相手の御夫婦と会いました、今から起きる事を想像するとまともに顔を見る事が出来ませんでした。
食事の前に全員で混浴露天風呂に行きましたが少女のように恥ずかしさが沸いてドキドキしました。
もうここから始まっていたんです、相手の御主人に体を洗われて乳房を主人以外に触られました、勿論秘めたる部分もしっかり愛撫するように洗われました。
私も主人以外の男性器を触りました。全体的に大きさは変わらないんですが先っぽの亀頭だけがやや大きいようでした、勃起していて反り返っていてこれが中に入るのかと思うとジュルっと愛液が出てくるのがわかりました。
行為が始まるまで省略します。
2つ並べられたお布団で夫と奥様の行為が始まっていました、私達もそれぞれ脱いで始まりました。
お互いの性器を舐め合う事から始まりましたが未開発のアナルを舐められ指を入れられた瞬間電流が走りました。
指先でかき回されペニスが入れられました。
処女を破られた時のように裂かれる感じでした。病みつきになりそうでした。
その後、前にも入れられて満足した一夜になり、帰宅した後の主人の行為が以前より激しいものになりました。やきもち焼いたようでした。

[Res: 22464] 投稿者:ヤマザキケンジ 投稿日:2017/06/03(Sat) 19:50
私51歳、妻44歳、結婚して22年の夫婦です。
私たち夫婦も過去10年に17組のご夫婦とスワッピングの経験があります。
妻曰く、
「男の人のオチンチンって、人それぞれ形が違うから、入れられた感じも違うのね。でも、大きいほうがいいかっていうと、そうでもないのね。大きさより形かなあ。○○市でスワップした▽□さんのオチンチンは、あなたよりずっと気持ちよかった。ほかの人は、あなたと同じかあなたより気持ちよくなかったかなあ・・・」
と言いました。
その、妻の思い出に残るスワッピングのお相手は3年前にお相手した男性です。
妻より20歳も若い大学生カップルで、私もピチピチの女子大生の体を堪能したので良く覚えています。
彼ら、今頃何してるかな〜なんて、思い出すたびに、妻が若さに任せてガンガンついてくる大学生に何度も逝かされた場面を思い出して勃起していまいますね。

[Res: 22464] 投稿者:45歳専業主婦 投稿日:2017/06/04(Sun) 09:49
一度味わった夫以外のペニスが忘れられず内緒で連絡を取りホテルで会う事にしました。
浮気です、これも夫が悪いと思いながら抱かれました。
彼の精液を体内に沢山放出して頂きました。
お口にもいっぱいもらいました。
そして、次の約束をして帰りました。
その夜、夫にもいっぱい精液を頂き満足して眠りにつきました。  浮気はいいですね♪

[Res: 22464] 投稿者:45歳専業主婦 投稿日:2017/06/06(Tue) 08:49
何も知らない夫が
「この前会った夫婦がもう一度どうかなって」
「どうって」
「もう一度しないかって、お前が嫌なら断るけど」
「貴方はどうなの」
「お前が他人に抱かれてると思うと」
「なに?」夫だけが知らない秘密を知ればやっぱ怒るだろうな
「いいけども、もっと大きなオチンチンの人がいい」
「それだと、そんな大きい物を入れてる奥さんが俺の物で満足する訳無いだろうし」
「それもそうね、じゃやめとくわ」私は彼と会えるんだもん。

[Res: 22464] 投稿者:七郎 投稿日:2017/06/06(Tue) 10:39
一度味わった刺激が忘れず彼と密会したのですね。
病み付きになりそうな貴女のアナルをまた愛して貰いましたか?
本格的に病み付きになりそう?

[22473] 子宮の奥に… 投稿者:とも 投稿日:2017/06/05(Mon) 17:12
旦那さんのアソコは、私の奥に届きます。
いちばん奥に当てて、ぐりぐり突く様に腰を振ると、
気持ち良くてたまらない…

ピストンすると、一回一回奥に当たって、
当たる度に、声が出ちゃいます。

この前、3週間ぶりで、彼が溜まってて、
フェラだけでいっちゃったから、
昨日は、彼にたくさんしてもらいました。

私のカラダを全身愛撫してくれました。
足のつま先から、丁寧に…お姫様状態。
彼も、裸で愛撫してくれるから、彼の大きくなったアソコや、表情を見ながら、舐めてもらうのは最高です。

入れる頃には、ビチョビチョになります。
生で、彼の先が奥深いところに当たると、頭が真っ白になるくらい感じちゃいます。

正常位の時は思わず、、、
「奥に当てて!」ってお願いしちゃいます。

騎乗位の時は、自分でぐりぐり奥深いところに当てて、
「はあぁぁ〜ん、はあぁぁぁ〜ん、はあぁぁぁ〜ん」
って、声出して思いっきり感じちゃいます。

対面位の時は、
彼が奥を突いてくれるから、彼にしがみついて、感じまくりです。

彼曰く、ピストン運動で入れて抜く時が、ぎゅーって締まって最高に気持ちいいみたい…

彼がいつも、私のカラダ、アソコをたくさん愛撫してくれるから、
入れた時、締まってくるのがわかります。

正常位で彼が感じる時は、
ゆっくり奥深いところまで入れて、ゆっくり抜く、、、
そんな感じなのですが、、
抜く時は特に気持ちいいらしく、私のカラダを強く抱いて、、

「あぁぁぁ〜っ、うっっ、とも〜っ、すごい締まるよっ!」
「はぁぁぁ〜っ、気持ちいい〜〜っ、キツイっ!」
って、気持ち良さそうな顔で感じてくれます。

私も、
「あっ、はあぁぁ〜、奥まで〜っ、ooくんっ、お願いっ、奥に入れてっ、んんん〜〜っ」
ってお願いしながら、感じまくりです。

いつも私が先にイキます。
奥でいくのが一番気持ち良くて、奥深いところまで入れてくれると、2-3回いっちゃいます。

彼も、中でイキたいみたいですが、
もう子供は二人で十分だから、
私のカラダか、口へ出していいよって言ってます。

しばらく私の締まり?を感じると、
「ともっ、もうダメ、我慢できない、、ともっ、最高に気持ちいいよっ。」
「イキそう、、ああぁぁ〜っ、いくっ、」

「OOくんっ、、私のカラダに出してっ、」
「私も、気持ちいいっ!」
「イッテいいよっ!」

同時に、私の胸の辺りでイキました。
いつも、彼のアレは熱く感じます。

すぐに彼のアソコを口に含むと、
彼は、「あっ、、はあぁぁっ、うっ、気持ちいいっ…」
といい、腰を振って最後まで感じてくれます。

とも…かわいいよって言いながら、私にキスしてくれて、
アソコ、足などを舐めてくれ(足の指を良く舐めてくれます。)私はHの後の脱力感に浸りながら、身を任せてます。Hの後の愛撫も最高に気持ち良くて、幸せな時間です。

また、お願いして、してもらいます。

[22461] ブスの取り柄と美人の負い目 投稿者:マサシ 投稿日:2017/06/01(Thu) 19:44

三流大出の俺が就職先で捕まえたセフレが結構なブスだった。
19歳の処女を奪ってから、従順なのをいいことに色々と仕込んできたから、そういうところは可愛いと思ってた。
顔はブスだが、身体はピチピチなのが取り柄だったから、目隠ししてハメ撮りして、雑誌に投稿してた。
従順なブスを、
「どんなに恥ずかしいプレイでも、目隠ししてたら誰だかわからないだろ?」
と言いくるめて、野外露出、セーラー服SМ、アナル凌辱などなど、顔の半分を隠せば身元もブスもごまかせたから、過激なプレイで取り柄のピチピチボディを凌辱してた。
マンコにトウモロコシ、アナルにキュウリとか、吸い出したクリを糸で縛ってイチゴをぶら下げたりとか、乳首とクリに洗濯ばさみとか、羞恥爆発の人権無視で投稿誌を賑わせてた。
同じ建物にいるけど所属は違ったから、隠れて付き合うには問題なかったが、残業がなければ毎日のようにアパートにやって来てた。
俺もまだ20代前半だったから、身体目当てでガンガンやってたけど、2年くらいで飽きてきて、そのうち通販で買ったディルドやクリ責め具を使って開脚緊縛で白目を剥くほど凌辱して遊んでた。
俺の言うことをよく聞く従順さを利用して、半分費用負担してプチ整形させたら、蓼食う虫も好き好きで言い寄ってきた男がいた。
「どうしよう・・・」
と言うから、
「いいよ、別れよう。俺みたいな変態より、お前を思ってくれる男に愛されるほうがいいよ。」
と言って別れた。

その後、俺は人事課のマドンナを口説き落として結婚して、社員の羨望を受けて満足してたが、先日、俺の実家の押入れの奥から、昔、ブスセフレを目隠しして投稿していた掲載紙を見つけられた。
「どうしてこれを・・・」
と言われて、俺は焦ったが、女房は、
「知ってて、私を口説いたの?」
とわけのわからないことを言ってたので黙って聞いていたら、なんと、ブスセフレと同じ雑誌に、女房が若い頃にSМ緊縛でチンポ咥えた写真が載っていた。
チンポと目にはモザイクがかかっていたが、間違いなくその美しい顔と体は若かりし女房だった。
俺は、さも知ってたふりをしながら、膝がガクガク震えているのを感じていた。
そういえば女房、美人だけれどもマンコはいい色になってたっけ・・・
ブスセフレの隣のページや前後のページに、美しい亀甲縛りに縄化粧したスレンダー美人が凌辱調教受けた写真がわんさか載っていた。
〜超絶美人が恥辱の仕打ちに内股を本気汁で濡らすご乱行〜
とか、
〜この淫乱美人も過去を隠して嫁ぐ日が来るのでしょう〜
とか、信じ難い文字が躍っていた。

それ以来、女房を緊縛凌辱しているのは言うまでもない・・・

[Res: 22461] 投稿者:マルピー男 投稿日:2017/06/02(Fri) 20:26
綺麗な女を
脱がせてみれば
マゾ調教の
過去があり

私、数年前まで某投稿雑誌に投稿していた者です。
約15年間にわたり、18歳から47歳まで、総勢17人の女性の凌辱写真を投稿していました。
投稿を受け入れてくれたのが17人で、調教プレイの撮影のみのお付き合いは25人、撮影NGで調教プレイのみのセフレ関係が38人ですから、15年間だけでも80人の女性が私と変態港に明け暮れたことになります。
そのうち、未婚の10代20代は約半分の44人ですが、処女を私にくれたのは(もちろんタダではありません、モデル料と言う名目で有料でした。)5人と約1割でした。
投稿されないまでも、恋愛関係に無い男と変態行為を楽しむ女性は結構いますよ。
ご自分では言わないでしょうがね。
実際、彼女達の見た目はいたって清楚ですから、幸せな結婚をして、そ知らぬふりで淫乱な過去を封印しているのでしょう。

ちなみに私が投稿を辞めた理由は、数年前に還暦を迎えたからです。

[22426] ソフトSM 投稿者:かな 投稿日:2017/05/24(Wed) 14:37
主人とセックスするとき、タオルで、手を縛ったり、目隠ししたりすることが度々い有りました。主人がそれを望むならと、私も嫌がることはありませんでした。
主人と旅行に行ったとき、主人は用意周到にアイマスクを持ってきていました。個室という安心感や、旅行という開放感もあって、私がアイマスクをすると、浴衣を剥がし下着も外されて、ベットに大の字に寝かされました。彼のクンニでもうメロメロ状態です。そして今度は私がフェラする番です。手探りで彼のものを掴むと、口に咥えました。口でしていると、お尻に手が「えっ」ちょっと混乱しました。そんな状況で彼の手がお尻に届くはずが、・・・。手は、お尻から秘部にまわされ、中に入ってきて、先ほどから濡れ濡れになった性器をかき回してきました。私はただ、彼のものを咥えて彼の腰にしがみついていました。その時誰かがいると確信しました。私の腰に手が掛けられ、バックから入ってきます。
もう思考力もなく、その快感に浸ってしまいました。
終わった後、崩れるようにベットに伏せましたが、アイマスクを取るのが怖くて取れなかった。

[Res: 22426] 投稿者:ワイルド 投稿日:2017/05/24(Wed) 17:02
あらら、ご主人に違う意味でハメられましたね〜。
ご主人は、密かに寝取られ願望を計画し実行されたのでしょう。
多分、知人などに頼みかなさんを抱かせたのだと思いますよ。
これって、私も全く同じ方法で妻にした事がありますから。

[Res: 22426] 投稿者:かな 投稿日:2017/05/24(Wed) 19:48
こんばんは。そうなんですね。
文句を言いたかったけど、そんな行為に異常に興奮した自分がいて何も言えませんでした。またしたいって聞かれたら嫌だと言うけど、またされたらって思うと。複雑です。

[Res: 22426] 投稿者:ワイルド 投稿日:2017/05/25(Thu) 00:05
目隠しプレイって、誰もが興奮するんですよね〜。
その一番が、色んな人に触られているような気がして…。
それが実際に触られ…挿入され…ってなると、そりゃあ興奮するのは当たり前ですよ。
でも、その事をご主人に一度も聞いてないのですか?
誰が居たの?何人居たの?って、まずは聞いてみましょうよ。

[Res: 22426] 投稿者:かな 投稿日:2017/05/26(Fri) 23:38
こんばんは。もし聞いて知人だったらこれからどうしたらいいかわかりません。だから聞きません。

[Res: 22426] 投稿者:ワイルド 投稿日:2017/05/27(Sat) 02:27
聞かない気持ちもわからないでもないですが、相手は奥さんにフェラしてもらった…奥さんのマンコに挿入した…奥さんと寝た…って思っています。
奥さんも今後ご主人の知人に会う度に、この人のおチンチンを咥えたのかも…この人に私のマンコを見られたのかも…この人に抱かれたのかも…って一生思っていくことになりますよ。
事実を知る事は怖いかもしれませんが、先には進めないと思います。
少なくともご主人とちゃんと話しをしなければ、ご主人は奥さんがそのようなプレイを楽しんだ…じゃあまたしてやろうか…今度は違う相手にしてやろうか…などと考えるかもしれません。
まずは、勇気を出してご主人に聞いてみて話し合った方がいいと思いますよ。

[Res: 22426] 投稿者:ワイルド 投稿日:2017/05/29(Mon) 07:54
ご主人にちゃんと聞きましたか?
それとも、まだ…?

[Res: 22426] 投稿者:かな 投稿日:2017/06/01(Thu) 22:54
通勤で知り合ったサラリーマンで、私の知らない人でした。
やはりもう一度したいと言っているそうです。

[22458] 3週間ぶり 投稿者:とも 投稿日:2017/06/01(Thu) 15:44
忙しくてなかなかHできず、3週間…
旦那さんいよいよ我慢の限界だったらしく、、

昨日帰るなり、フェラを懇願してきました。
デニムの上から触ると、ガチガチ…

すぐに脱がせました。
もう白いブリーフに染みていて、、、

彼は「とも、もうガマンできない…早くして…」
と、自分でブリーフを脱ぎました。

ピクピク動いて、触ると、パンパンに膨れ上がって、
玉もカチカチになってました。

アソコを握って手で上下させると、、、

彼「あーーっ…はっっ、うっっ、気持ちいい…」
と声を出しました。

どんどん透明な液が出てきて、あっという間に手がべトべトになりました。

ガマンできないらしくて、
彼は「出したい…早くイカせて…お願い…とも。」
といいました。

私は、彼が可愛く思えて、、
「明日は、私のカラダをシテくれる?」
「明日たくさんシテくれるなら、フェラしてあげる…」
といいました。

彼「明日全身シテあげるよ!」
というと、私は彼のアソコを口に含みました。
彼は「ああ〜〜っ…んん〜っ…たまらない」
「すぐにいっちゃいそう…」
といい、腰を振ります。

お風呂もまだだから、彼の匂いが鼻に抜けてきました。
私は、彼は腰に手を回し、彼の動きに合わせました。

彼「とも、とも…いきそう…ガマンできない」
いつもより、断然早いと思いました。

彼「イクっ…とも、出すよ!口でいい?」
私「あっ、うんっ。OOくん、いいよっっ…出していいよっ…」

出る瞬間、ノドの奥に、数回当たりました。
私の口いっぱいになるくらい…次から次へ出て、、
口から溢れてきました。

彼のアソコをきれいにした後、
彼は、私を抱きしめてくれて、キスしてくれて、
彼が大好きな私の足にもキスして、少し愛撫してくれました。
今日は、私がたくさんしてもらう番なので、
今から期待して、ドキドキしてます。

[22454] 妻の秘密 投稿者:ひろあき 投稿日:2017/05/30(Tue) 06:03
風邪をひいて体調が悪く会社を早引きしました。

自宅に戻ると玄関は鍵が掛かっていました。

(妻は買い物か・・・)と思いつつ、勝手口に回り、隠し鍵を取り出し家に入った。

案の定妻は留守のようだ。

私はそのまま寝室に行き、ベットに入って眠りについた。

暫く寝入って数時間起った頃、(ガチャ)っと玄関ドアが開いた音がした。

妻が買い物から戻ったのだろうと思ったが、熱がある身体はダル重く、ベットの中で横に成っていた。

30分ほどして喉が渇き、水分補給と妻に風邪のことを告げる為に台所に向かった。

台所のドアを開けようとノブに手を掛けた時でした、中から妻の声が聞こえました。

(妻の独り言・・・いゃテレビの音声か・・・)と思い、何気に静かにユックリドアを開けて中を覗いた。

1p程開いたドアの隙間から見えた光景に驚きました。

全裸の妻が四つん這いに成り、自らのオマンコに太くて長い茄子を突き刺して出し入れしてるではありませんか。

丁度私の立つドアに向かって尻を突き出し、大股を開いてオマンコに茄子を突っ込んでいます。

妻は聞いたことが無いような声で喘いでいます。

更に妻は激しく何度も茄子をオマンコに出し入れし、尻を何度も左右に振り続けていました。

妻の痴態を暫く見入っていると、オマンコから茄子を抜き取りました。

中々のサイズの茄子は私のチンポよりズ〜っと立派だった。

妻は今度はキュウリを握りしめ、コンドームを被せ始めた。

茄子ほどの太さは無いキュウリだが・・・

妻は、
「あ〜イボイボチンポ良いわ〜○○(私の名前)の糞チンポより素敵〜」

糞チンポ・・・明らかにそう聞こえました・・・

妻は私のチンポを糞チンポと思っている・・・野菜より格下にショックでした・・・

妻はキュウリを口に含みペロペロと舐めだし、ダラダラと唾液の付いたソレを自らの肛門にあてがった。

(まさかアナルに・・・)っと思って見ていると、キュウリは先から妻の肛門に入っていった。

(私とはアナルSEXもさせてくれないのに・・・)っと思って見ていました。

何pキュウリは入ったのだろう・・・


「ア〜良いわ〜♪イボイボチンポ♪♪ウ〜」

っと喘いでいます。

妻は右手でキュウリを捏ねくり回し、左手でその巨乳を揉み上げています。

私はドアの隙間からチンポを勃起させてその光景を見入っていました。

やがて妻は尻を振りながら軽く痙攣し、イッたようだった・・・私はそれを確認し、そぉ〜っとドアを閉め、寝室に戻った。

ベットに入って横に成っても興奮が収まらず、硬く勃起したチンポを握りしめていた。

(オナニーでもして1回出しておこう)っと思った時でした、寝室のドアが開き妻が入ってきた。


「あら、どうしたの?勝手口にアナタの靴が有ったから、もしかしてって来てみたの・・・」


「・・・風邪をひいたみたいで、会社を早引きしてきたんだ・・・暫く寝ていたよ・・・」

っと答えた。


「・・・ふ〜んそうなの・・・薬飲んだ?私に移さないでよ!」

(何にが移すなだよ・・・オナニーしてたくせに)っと心で思った。

妻と一緒に台所に行き、飲み物を探そうと冷蔵庫を開けた。

ついでに野菜庫を開けると先程の茄子とキュウリが入っていた。

私は妻の目を盗んで、茄子とキュウリを握ってみた・・・両方とも私のチンポより太かった。

キュウリのイボイボが手に付いた・・・(こんなイボイボが・・・)っと握りしめた。

冷蔵庫からお茶を出し飲みながら、


「今日の晩ご飯・・・何?」

と、聞くと、


「うん?!麻婆茄子でもしようかな〜って茄子を買ってきたの・・・」

(あ〜オナニーグッズに使った茄子を食わされるのか・・・)っと思いました。

[22453] 偽りの寝取られ 投稿者:偽り妻 投稿日:2017/05/30(Tue) 01:28
1年以上前から主人に、他人とセックスしているところが見たいと言われ続けていました。
主人は40歳、私は32歳で子供はまだ居ません。
私は、拒み続けました。
だって、主人では満足できないけど、その代わりにセフレが私を満足させ欲求不満を解消してくれていました。
セフレは、35歳の自営業なので平日の昼間にも会う事ができる専業主婦の私にとっては好都合の人です。
勿論、主人は私にセフレがいる事など考えもしてないと思います。
ある日、セフレと楽しんだ後に主人から寝取られ願望があると告白されずっと誘われていると言いました。
するとセフから、大チャンスだと言われました。

ある日、主人に抱かれながらいつものように他人に抱かれてみないかと言われたので、私は条件付なら良いよと言いました。
その条件と言うのは、簡単なものでした。
@知り合いは絶対に嫌なので、主人も私も知らない人をネットで募集し私が決める
A募集するサイトは、私が了解したサイトを利用する
BNGは、ハゲ・デブ・体臭/口臭のある人・ペニスが大小極端な大きさの人
COKは、30代・細マッチョ・既婚者
Dゴム有又は中出しは、その時の気分などで私が決める
この条件を言うと、主人は即答でOKし早くサイトを決めろと言い出しました。
そして私がサイトを決めると、早速募集をしました。

翌日、サイトで募集したメールを見て驚きました。
募集したのは昨夜の深夜0時頃です。
翌日の朝10時頃には、20件以上のメールがありました。
自分はこんな人間だとか、こんなプレイがしたいとか色々でした。
中には、顔写真を送ってくる人も居ましたし、自分のペニスの画像を送ってくる人も居ました。
その後、主人か帰ってきてから一緒に見たときには、メールは50件以上にもなっていました。
主人と一緒に見ながら、私は一人の方に決めました。
その方は、35歳の方・・・そうです、セフレの彼を選びました。
勿論、全部彼の考えで彼の指示通りにしました。
主人も、
「俺もこの人が良いと思ったよ!」
って言ってました。
私は、笑いを堪えるのに必死でした。

[22404] ドライブレコーダの記録 投稿者: 投稿日:2017/05/21(Sun) 10:10
連休に友人が親戚の結婚式に家族と来たので5日空港へ迎えに行き、夜は10人の友人を集め飲み会、女性も参加があり、奥さんも参加、その時9日に帰るがは子供は7日に帰るので二人で温泉巡りか何処かレンタカーでドライブの予定との事で、私の車を貸す事に、友人は高校まで同じで関東の大学へ行き公務員の57歳、奥さんは56歳の同僚とのことでした。泊りは地元でも豪華なホテルで、子供は家族もパックで来ているので別で、皆に今晩は久々に新婚気分を味って冷やかされていました。
先週妻とドライブに行きましたが、貸す時ドライブレコーダーをONでしたので、見てみるとラブホで楽しんでいました。私のはSDカードも容量が多く、音声も入るセットでしたので、入る前の会話、退出後の会話も聞く事が出来、SDカードをパソコンで聞くと妻も興奮していて、スカートに手を入れると濡れていて私も行ってみたいと、友達も家よりラブホが良い・・・・と言う話をしているのでとの事で早速金曜日泊りです。近隣では知り合いがいたら困るので、隣の県の豪華そうな所をネットで探し来ました。朝も自分からフェラ、準備完了になったら騎乗で久々に朝2回行いました。

[Res: 22404] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/21(Sun) 14:14
はいはい

[Res: 22404] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/22(Mon) 02:12
伝わらない

[Res: 22404] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/05/23(Tue) 02:27
ドライブレコダーは車についている物。ラブホの中の様子を
ドライブレコーダーが記録していた、なんてどうやってですか?
ドライブレコダーを外してラブホに持ち込んだ?(できるかどうか知らないけど)

[Res: 22404] 投稿者:おじさん 投稿日:2017/05/27(Sat) 11:00
なるほど!
車内の会話が記録されていたんだね!

[Res: 22404] 投稿者:弁護忍 投稿日:2017/05/28(Sun) 12:04
ドライブレコーダはフロントの景観と音声が録音されます
通常エンジンの始動と同時に自動録画が始まり
録画されたメモリーカードを自宅のパソコンで見れば話のとおり
『入る前の会話、退出後の会話も聞く事が』
英さんの投稿は可笑しくないですよね

[Res: 22404] 投稿者:サトウ 投稿日:2017/05/29(Mon) 00:41
イマイチ、文章が稚拙で伝わらないのが残念です!

[22437] 元彼と不倫SEX 投稿者:主婦 投稿日:2017/05/26(Fri) 13:12
私は22才でもう主婦です。実はできちゃった結婚で1才になる娘がいます。
でも実はまだ元彼と縁が切れてなくて、たまに会ってはよくHをしています。
その元彼との話をします。
休みのときなどは旦那は実家の両親に娘を会わせるためによく連れて行きます。
そういう1人になるチャンスはなかなかないので、元彼に連絡を取ってしまうんです。
最近ずっ〜と会っていなかったから無償に会いたくなってしまい、
「今すぐ会いたいから家に来て…」
と大胆にも自分の家に呼んでしまいました。
元彼はすぐに飛んできてくれて、カギを開けたと同時に玄関先で熱いキスをしてしまいました。
元彼の舌が私の舌に絡まると体が熱くなってきて、自分でもアソコは汁が溢れ出てすぐにグショグショになっているのがわかりました。
元彼は私をソファーまでお姫さまだっこで連れていき、すぐさま服を脱がしてきました。
かなり溜まっていたみたいで、すでにかなり興奮しているみたいで、私の全身をキスしたり舐めたりしてきました。
とくにオッパイは甘噛みをしたり強く吸い付いてきたり、激しく責めてきました。
「あん、あっあー…ふぅ…ぁあーいやぁーんんっ…すごいきもちいい…」
「久々にキレイなオッパイ見たから興奮してきちゃったよ…次はオマンコを気持ち良くしてあげるからね…」
そう言って元彼はオマンコを舐めてきました。
グチュグチュ、と私の汁の音が聞こえました。
「すごいよー…こんなにいっぱい出ちゃって…」
「んん…はぁん、あーあっあっあっ…あんあん…きもちよくて汁が止まらない…もっと舐めて…」
気持ち良さそうな私を見て元彼も我慢出来なくなったらしく、大きくなったオチンチンをズボンから出してきました。
そしてソファーでシックスナイン!!
2人してお互いのアソコを激しく舐め合いました。
私は元彼のオチンチンをシゴキながらサオやタマを吸ったり、舐めたりしました。
元彼も私のビチョビチョのビラビラやクリトリスをいっぱい舐めたり、吸ったりしてくれました。
そして、元彼は私をソファーに四つん這いさせ、一気に硬く反り返ったオチンチンを後ろからハメてきました。
「ぅう…きつい、はーっあんあん…んー…もうやばい…もっと突いて!」
「オマンコ、すごいあったかくて、すごくいいよ…」
ギシギシギシ…パンパンパン…と激しく音が鳴り響きます。
その時です!
急に旦那から携帯に電話が…!
私が慌てて携帯に出ると、夫が、
「あと30分位で帰るから」
と言うので、私は焦ったので、
「ついでに帰りコンビニで飲み物買ってきて」
と時間稼ぎをしました。
すると電話してる最中にも関わらず、元彼は後ろから私のオマンコにオチンチンをどんどん突いてきました。
私は焦りながらも感じてしまい、喘ぎ声が漏れないように必死で声を押しつぶしました。
「それじゃあ気を付けて帰って来てね…はぁ…じゃあね…ん…」
ズブズブッ…電話を切った後も腰を激しく動かしてきて、私のオマンコにオチンチンを出し入れしてきます。
「旦那からだったよ!もう…バレたら大変じゃん…」
「だって我慢出来なくて…」
そして腰の動きを早め、
「あーイクッ!イッていい?」
「うん!出して!中に!…ぁっあぁん、はぁん…もうグチャグチャにしてぇ…」
そしてドドピュッと私の中に大量の精子を出しました。
Hが終わったら夫にバレないように元彼はそそくさと帰ってしまったけど、その後も私はHの余韻でずっといやらしい気持ちでいっぱいでそれを思い出してはたまにオナニーしてます。

[Res: 22437] 投稿者:ピッコロ 投稿日:2017/05/27(Sat) 19:33
元カノって、結婚してからも付き合ってくれる子はなんぼでもやらせてくれるけど、結婚したら絶対旦那以外はダメって子ときっぱり2種類いるよね。
俺、地元に既婚元カノ3人いるけど、一番未練のある子が絶対不倫NGなんだよ〜
残りの2人は、呼べばやってきて股開く不倫人妻だけどね。

[22440] 妻は浮気をしているの・・・ 投稿者:45才初婚中年男 投稿日:2017/05/27(Sat) 02:22
先月結婚しました。
小生45才中年サラリーマン課長、妻は同じ会社に勤めていた32才の元OLで、ひと回り以上年が離れているがOL時代は清楚で良く仕事が出来る行き遅れのお局的存在でしたが、私のアシストも良くしてくれたので、夕食に誘った時からお付き合いがスタートし、3回目のデート後に大人の関係になりました。もちろん処女ではありませんでしたが、フェラも上手く、腰使いも良く、適度に男性経験があると感じました。

結婚話は互いに了解の上で、社長夫婦のご媒酌で今年の2月に結婚式を挙げ、妻は退職したのです。私はこれまで通り勤務して、自宅と会社の往復の生活でしたが、妻は色々と理由をつけて飲食の会に出掛けて行く様になりました。学生時代のお友達と会ったりしていると言うのだが、深夜に帰宅後にシャワーを浴びて寝るのだが、私が深夜にトイレに行った際に妻が脱ぎ捨てたパンティーをチェックすると、クロッチ部分に精液が付着している時があるのです。想像ですが、おそらく浮気してセックスいるのでしょう!生出しされてから、膣も指を入れて洗浄しているのかと思うのですが、膣内に残った精液が流れ出て来たのでしょう。

私は想像すると勃起してしまい、他人の精液が付着しているクロッチ部分に射精するのでした。汚れたパンティーを戻し、身支度を整えてからベッドに戻ると妻は高鼾で寝ているのです。タオルケットを剥いでシャワー後に穿いたパンティーのクロッチ部分をライトで照らすとワレメに沿って沁みが出来ているのです。膣がセックスの余韻にしたり濡れて来ているのかと想像してしまいます。妻を追求していません。

私とのセックスに満足していないんだろうか?妻の行動を見守りたいと思います。ちなみに今のところ私は妻以外の女性とのセックスはありません。社長に仲人をお願いした関係もあり、すぐの離婚は避けたいのですが、困った悩みになりそうです。

[Res: 22440] 投稿者:徘徊おじさん 投稿日:2017/05/27(Sat) 15:22
間違いなく浮気してんじゃねえの?
あなたの書き込みがここに何を期待しているのか分かりません。
何か求めるなら、それを書いたら如何でしょう?
私の予測ですが、結婚前から交際していたんじゃないかな?
あなたは財布として求められたのかな?
身体は他で処理しているのかも知れません。
奥さんが自分に向く様に・・・・・・・・・・・
おチンポを奥さんのオマンコに突き刺して下さい。
健闘を祈ります。

[22361] 主人への復讐 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/15(Mon) 16:20
主人の浮気が発覚したのが、半年ぐらい前の事でした。
主人は45歳、私は39歳で子供はいません。
主人の浮気相手は会社の部下で、なんと24歳の若い子とでした。
勿論、私と別れてその子と一緒になるとは言わず、私に平謝りしその子も会社を退職し地元に帰り別れました。
私は、無茶苦茶腹が立ち子供もいないので別れようと思いましたが、ただ別れるのも納得ができず仕返しをしてやろうと考えました。
が、いざ仕返しと思い私も浮気をしてやろうと思いましたが、周りに浮気をするような相手もいずましてや出会い系などは怖くてできずにいました。
3ヶ月が過ぎても私の腹立たしさは収まらず、怒りの勢いでデリで働くことにしました。
まあ、これが仕返しになるともこの時は正直思っていませんでしたが、主人以外の誰かに抱かれれば少しは気も紛れるかもと思っていました。

デリの初日、緊張で前の日から眠れませんでしたが、一人目のお客さんを対応すればこんなものかと思い、その日の最後のお客さんと本番をしてしまいました。
店からは強く本番禁止と言われていましたが、私としても約2年ぶりぐらいのセックスだったので凄く気持ちよかったでした。
その後は、闇雲に本番をすると噂になるのである程度常連のお客さんへのサービスと言って本番をするようになりました。
そして、3ヶ月たった今月にデリを辞めました。
デリを辞めましたが、常連で私好みのお客さん3人とは今もセフレとして付き合っています。
今はまだですが、その内その中の1人とのセックスを主人に見せつけ、そして離婚してやろうと思っています。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/16(Tue) 22:24
夏子さん、ご主人の浮気の復讐に思い切った行動に出ましたね
デリ嬢になるには相当の勇気がいったと思います。
でも、セックスをする事で気も紛れ良かったのでは。

デリ嬢も短期間で辞めて正解でしょうね。
その後、常連の好みの男性をセフレとされたのは、やはりアレの相性が良かった人でしょうか。

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/17(Wed) 02:22
HIROさん、セックスで気が紛れた事もありますが、元々は浮気相手探しでした。
浮気相手とのセックスを主人に見せつける事が復讐と考えたからです。
夫婦の相手が、目の前でしかも楽しそうにセックスをしていればこれ以上の屈辱はないと思ったからです。
でも、今はもう少しセフレと楽しんでからにしようと思っています。
3人を選んだ理由は、やはりセックスの相性です。
お客さんでバカみたいにペニスが大きい人もいましたが、大きいから良いって訳でもないですから。
セフレ3人、全く違う理由で選びました。
私は、SもMも両方の気質があるのでそういう気質のプレイが合う人を1人づつと、ペニスのサイズが一番合った人を選びました。
勝手だと思いますが、今のところは彼等ともう少し楽しもうと思っています。

[Res: 22361] 投稿者:アフター 投稿日:2017/05/17(Wed) 15:49
いいセフレが探せて良かったじゃあないですか。
見せつけとか離婚は、何かともめるしそれだけパワーがいります。
そんな事にパワーを使うぐらいなら、3人のセフレと思いっきりセックスやプレイを楽しんだ方が幸せだと思いますよ。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/17(Wed) 22:00
夏子さんはS性とM性のどちらもあってその時の相手に合わせる事が出来るんだ。2倍愉しめちゃうね(笑)

そう離婚とか考えないでその3人とのセックスを充分楽しんで下さい。
ただ相手がSの場合は、自分の身体を傷つけない程度のプレイにして下さいよ。

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/18(Thu) 02:57
みなさんが言うように、今はセフレ達と思いっきりセックスを楽しんでいます。
主人は、浮気の発覚以来私が遅く帰ってきても何も言わなくなっています。
Sのセフレからは、身体を激しく傷つけられるような事はありませんが、乳首をクリップで摘まれたりクリをスポイトのような物で肥大化してやるとかって言われています。
まあ、どちらも気持ち良く興奮していますが。
セフレの2人は「人妻」っていう響きがいいと言っていました。
だから、離婚すればお別れになるのかもしれません。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/18(Thu) 22:28
夏子さん、>人妻という響き。確かに男に取って魅力在る言葉です。
昔から言われる「一盗二卑・・・」にあるように他人の妻を寝取るのは一つの征服感でしょうか。

乳首をクリップで、クリちゃんをスポイトで吸う等の行為は女性にはイタ気持ちよい感覚なんでしょうね。

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/18(Thu) 22:56
痛気持ちいい感じと似てますが、まだ乳首だけでイク事はできません。
明日、Sのセフレと昼間に会う予定などで色々刺激してもらおうと、今から楽しみです。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/20(Sat) 14:30
夏子さん、乳首のクリップ責めでイク事は無いと思います。
これはどこまでも前戯の一つでしょう。

コメントにありましたが、19日にSの彼に逢いいろんな刺激を受けて満足しましたか。

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/22(Mon) 00:56
コメント遅くなってすみません。
金曜日に会ったSの彼からいきなり泊まりで会おうと言われ、そのまま大阪まで一緒に遊びに行ってしまいました。
一応、主人にはお友達と旅行に行くとメールだけしましたが、今日帰宅しても怒ることもありませんでした。
まあ、こんなものかなって感じです。
彼には、色々責めてもらいました。
久しぶりにアナルもしたので、翌日ちょっとお腹が痛くなってしまいました。
傷ではないですが、身体中に彼がわざと付けたキスマークだらけなので、明日会う予定だったセフレの1人とはキャンセルするしかなくなってしまいました。
こんな身体、誰にも見せられませんから。

[Res: 22361] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/05/23(Tue) 02:33
ご主人の浮気は許せない気持ちはわかるけど、ご主人の稼ぎで
セフレと遊んでいるの?

浮気した男の服なんて洗濯する気はない。ごはんも作る気は
ないでしょ。だから家事をほったらかして、セフレとイチャイチャですか?

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/23(Tue) 11:36
うらやましいさんの仰る通りですね。
幾ら主人の浮気の腹癒せと言っても、まだ私は主人に食べさせてもらっていますから。
その辺りは反省し、家事はちゃんとします。
でも…もう身体は他の人に向かってしまっています。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/23(Tue) 21:58
夏子さんのおっしゃる通りだと思います。
女性はしたたかですから自分の浮気を悟られない様に、家事はきちんとしますね。
ご主人との会話も以前より優しくなって暖かみが増えたと思います。

夏子さん、Sな彼とはお泊まりしてのエッチでしたか。
アナルは初体験?それとも既に体験済み?
キスマークはしばらく消えないから、ご主人に気付かれないようにして下さいよ。

[Res: 22361] 投稿者:夏子 投稿日:2017/05/24(Wed) 07:48
アナルセックスしたのは、今回が初めてではありません。
初めては、デリでお客さんから別料金を払うからやらして欲しいと頼まれました。
私も以前から興味がありましたから。
その時、少し痛みはありましたが、予想以上に気持ち良かったのとそのお客さんから、
「君は絶対にアナルで絶頂できるよ。」
と言われ、それから機会があればアナルを使っているうちにイク事を覚え、絶頂も知ることができました。

今日は、一昨日会う予定だったMの人と昼間に会います。

[Res: 22361] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/25(Thu) 21:49
夏子さん、アナルはもう経験済みなんだ。
そして、もうアナルでもイケるんですね。

私もアナルを経験しましたが、相手はまだイク事は無かったです。

[22401] バーチャル寝取られで大興奮 投稿者:仲良し夫婦 投稿日:2017/05/20(Sat) 21:05
4歳年下の40歳の女房に、
「俺以外の男とセックスしてみたいと思うかい?」
と尋ねると、
「興味はあるけど、嫌かなあ。夫婦が壊れる気がする。15年一緒に暮らしても嫌いにならないあなたと終わるなんて、絶対いやだもの。」
「想像したらどんな感じ?」
「他の男の人のチンチン入れられるなんて考えたら、ちょっと興奮するかも・・・」
「お前が俺意外のチンチンで悶えるなんて、考えたら俺も興奮してきちゃった。」
勃起したイチモツを見せたら、
「うわ〜カチカチね」
「お前が寝取られたら悔しいはずなのに、興奮しちゃうんだよなあ・・・」
女房は私のイチモツをフェラし始めた。
いつものフェラより舌を絡めた丁寧なフェラの感触に、女房が他の男のイチモツをフェラしている・・・と想像したら、ギンギンに勃起してきた。
「なんかすごいわ。私、あなた以外の男の人のチンチン舐めてるの想像しちゃったりして・・・」
「俺も・・・お前が他の男のビンビンになったチンポを舐めてると思ったら興奮したよ・・・」
女房のワレメは何倍も濡れていた。
「今から入るのは、俺意外のチンポだぞ・・・」
女房のワレメにイチモツをゆっくりと入れると、
「ア〜〜〜、入ってくる〜〜あなた以外のチンチンが・・・」
そう言いながら女房は喘ぎ始めた。
「硬い・・・すごく硬い・・・あなた以外のチンチンが・・・アアアア・・・」
「他の男のチンポ入れられるって想像しただけでずぶずぶに濡れてるじゃないか。なんか嫉妬するな・・・」
いつもよりじっくりと女房のワレメの中を味わった。
これと同じ感触を他の男が味わっている、喘ぐ女房を眺めていると想像すると、嫉妬で興奮してきた。
この日、安全日だと気づき、
「これから、他の男のチンポから他人精液が中出しされるんだぜ・・・」
と言うと、
「いやあ・・・そんなのいやあ・・・やめてえ・・・」
女房の全身が震え始め、女房は俺にしがみつき、
「あなた以外の男の人のチンチンに中出し・・・ああ、イキそう・・・」
女房がこんなことを言ったら興奮して、二人で同時にイッた。

俺達は安全日になると、バーチャル寝取られを楽しんでいる・・・

[Res: 22401] 投稿者:同趣味亭主 投稿日:2017/05/21(Sun) 07:44
同趣味です。
同じことを聞く度に、嫌だと言われますが、想像すると凄く濡れているようです。セックス中に、「いまの姿を他人が見たらどうする。」そんなことを言うと、いっそう燃え上がるみたいです。逝きそうになるとき、いいだろうと聞くと、「いい」「いい」と答えますが、終わった後には、セックスがよかったのか、見せてもいいのかはあえて聞きません。

[Res: 22401] 投稿者:原掘鰭晴 投稿日:2017/05/21(Sun) 20:57
私は、妻が元彼とどんなプレイをしてきたかを聞きながら興奮しています。
実際に寝取られるのは嫌なので、今更どうしようもない過去の性体験で嫉妬するようにしています。
妻の高校の卒業アルバムを見ると、飛び切りの美少女なんですが、その写真を撮影した頃にはすでに妻には処女膜が無かったどころか、初体験の相手の英語教師にセーラー服のまま緊縛されてマゾ調教されていたらしいので、興奮もひとしおです。
妻の高校時代の写真は、本当に美少女…
今もかなり美人ですがすっかり淫婦です…

[Res: 22401] 投稿者:うらやましい 投稿日:2017/05/23(Tue) 02:42
嫉妬をするのはまだ愛があるからですね。取られたくない
という欲が。
嫉妬もしなくなってる、したことないから、愛なんて
なかったのかな・・・
ブス女房だから、世間の男も色目使うことなかった。
生れ変わったら、嫉妬ができるいい女を女房にもちたいなぁ・・・

[Res: 22401] 投稿者:ねとられまん 投稿日:2017/05/24(Wed) 00:03
バーチャル寝取られをやってる夫婦はいっぱいいると思います。
仲好し夫婦はたぶんマンネリでしょうから、刺激を求めて必ずやっていますね。
夫を愛してるけど、体は他の男におまんこされたい、って女のホンネですよね。
でも、現実にやっちゃうと色々問題が出てくる。
でも、夫にばれないで浮気していた人妻いっぱい知っています。
夫はバーチャル寝取られをやっているつもり。
でも、妻は密かにほかの男とおまんこを楽しんでいた、って話しも聞きましたよ。

[Res: 22401] 投稿者:赤の他人 投稿日:2017/05/24(Wed) 09:03
うらやましいさん。貴方から見ればブスだと思っていても、蚊人から見ればすばらしい女性ですよ。なんなら一度、混浴に誘ってみてください。

[Res: 22401] 投稿者:五十代夫婦 投稿日:2017/05/24(Wed) 19:21
 私たちもここ数年来、寝取られ妄想をしながら営んでおりますよ。

 >妻は密かにほかの男とおまんこを楽しんでいた…

 実際そうだったら…とまで妄想して妻とのセックスを楽しんでます。
 昨年五十路になったばかりの妻は、お世辞にも美人とは言えませんが、T166cm、B89-W62-H88と年の割にはプロポーションだけは素晴らしいです。顔はどうにもなりませんが、体形だけは妻の努力で維持できますからね。
 子供も巣立って二人きりになった最近は、妻を縛って元彼との行為を白状させて興奮してます。

[22413] (^^) 投稿者:交際応援サークル 投稿日:2017/05/22(Mon) 13:34
男も女もみんな…

夫や妻に知られることなく
淫靡な性癖を隠して日々を過ごしておりますが
一度知ってしまった、あの快楽は決して忘れることはなく…
いつでもその火種を身体の中に飼っています。

羞恥に悶えるM奴隷の他人妻からハイヒールの似合う女王様まで

エッチな奥さんと知り合うきっかけを
あなたにも…

○九○ 六三一二 六一四八

[22398] 昨年からアウトドア 投稿者:アラフォー夫婦 投稿日:2017/05/20(Sat) 10:37
昔はよく妻とアウトドアを楽しんでました。
昨年テントなどを用意し二人で休日は出かけるようになりました。
先日妻の友達ご夫婦と行くことになり山のあるキャンプ場に行き暑かったので妻はTシャツとスパッツで過ごし ムチムチのお尻から下着のラインが見えており相手のご主人が時折 妻のお尻や股間に視線が行ってるのを見ていました。
妻は全く気付いてないようで モリマンの妻の股間は
特にご主人は見ていました。
妻とは10年以上レスでしたが妻が見られてることに興奮してきました。
そして妻が私に近づいてきた時 妻のモリマンが
食い込んでるのが見え 
これを見られたんだと思うとたまらない気持ちになりました。
妻がご主人の方へ行きご主人に話しかけてるときも妻の股間を見てるのがわかりました。
私は妻に
「奥に川があるみたいだから散歩してくるか」と言って
妻と奥の方へ行きました。
「ママのスパッツ 凄い食い込んでるぞ ご主人ずっと
食い込みを見てたぞ」と言うと
「えー なんか下ばっかり見られた気はしてたの
太ってきたからちょっとキツクなってたんだ」と言う妻に
「ご主人に見せちゃダメだろ 俺のマンコだろ」と言うと
「ヤキモチ妬いてくれてる?嬉しい」と腕を組んできました。
「ヤキモチ妬いたかな ヤリたくなった」と言うと
「今したいの?何年ぶりよ どこかで出来るかなぁ」と
日中の外でやらせてくれる妻に驚きました。
少し陰になる場所で立ちバックで妻に挿入しました。
気持ちが良いのと外で妻のお尻を見て興奮もしてしまい
すぐに出そうというと
「いいよ いっぱい出して」と言うので久しぶりに妻のマンコに出しました。
それから妻とはレスが解消され あの時を思い出し妻とするようになりました。
後日あの時一緒に行った妻の友達夫婦の話しで
妻のスパッツにご主人がかなり興奮したらしく
私たちが散歩に行ってから友達夫婦もエッチをしたと聞きました。
ご主人はマンコの形が分かったとかかなりの興奮だったようで
妻のスパッツとモリマンで二組のアラフォー夫婦が
青姦をしてしまいました。

[Res: 22398] 投稿者:テントむし 投稿日:2017/05/20(Sat) 17:20
私は軽自動車のキャンピングカーを買いました。
その車内で嫁さんとエッチは盛り上がります。
先日覗かれましたが

[Res: 22398] 投稿者:アラフォー夫婦 投稿日:2017/05/21(Sun) 22:31
テントむしさん
キャンピングカーはいいですねぇ
本日も二人でキャンプではないですが 山へ敷物とマットを持って行ってきました。
人の来なさそうなとこで妻とエッチをしました。
今日はマンコを舐めてみましたが ちょっと臭かったけど
それにも興奮しましたが
「おしっこ何回かしたから臭いわよ」と恥ずかしがってましたが舐めるといつもより感じてるようで上も脱がせて妻だけ全裸にして立ちバックでしました。
「誰かに見てもらいたいな」と妻に言うと
「恥ずかしいわ」と言いながらもいつも以上に濡れてて
イッテました。
終わると急に恥ずかしくて急いで服を着て帰ります。
妻も
「あぁいうとこでするのって興奮するね」とハマってる夫婦です。

[22384] 妻が抱かれて・・ 投稿者:森野K 投稿日:2017/05/20(Sat) 03:02
♂41歳 ♀37歳の二人の子持ちの夫婦の経験談です。

妻は私と結婚するまでに一人の男性しか経験はありませんでした。
結婚して17年妻は私以外との経験もなくごくごく普通の主婦をしてきました。
子供達も大きくなり夫婦だけの時間もとれるようになりましたが、あっちの時間は子供達も
夜遅くまで起きているようになり、狭い我が家では中々時間も取れませんでした。
そんなことから夫婦で食事に出かけたりした後、ラブホに脚を向けることもしばし・・・・
しかし何分長い間夫婦を続けてきた二人には最初はラブホも気分転換に、少しは刺激になって
いたのですが、やはりマンネリ気味になるものです。
そんな頃でした。
いつものように妻と食事に出かけたときに、隣の席のサラリーマン風の男性が妻をチラチラと
見るんです。
妻自身ミニスカートを履いているわけでもなく、ジーンズにTシャツ姿の普通の格好でした。
妻にこっそりと隣の人お前のことをチラチラ見てるよと言うと、妻はこんなおばさん見るわけ
ないでしょ!と笑いながら答えていました。

食事と酒を終えて帰る前に妻がトイレに立った後にチラチラ見ていた男性も席を立ち、トイレ
の方へと行きました。
私は妻が戻るのを待って会計を済ませ店を出ました。
店を出て妻が私に「さっきの人さぁ〜 かなり酔っ払ってたよ」と私にボソボソと言いました。
私が「そんな感じだったね。けどどうしてそんな事いきなり言うの?」と聞くと妻は「だってね・・・」
と小さく語尾を下げました。
「だってってどうしたの?」と私が聞き直すと妻は小さい声で「・・・綺麗で・・・見とれてました。
なんて言うの・・・」
妻はとても恥ずかしそうに答えましたが、私は「あははは そりゃかなり酔っ払ってたんだな。
おばちゃんからかってどうせ今ごろお前が照れた顔したぞ!なんて仲間と盛り上がっているよ」
妻は少しふて腐れながら「どうせおばちゃんですよ!」とスタスタと歩き出しました。
そんな妻を追いかけて妻をからかいながらいつものように二人でラブホへと向かいました。
ラブホでいつものように二人で風呂に入りベットの移りいつものように妻を愛撫していると妻が
いつもと少し違う感じがしました。
いつもより興奮しているのです。
「どうしたんだ?きょうはいつもより興奮してるんだね?」
「ううん・・・いいから・・・いっぱい抱いて」
私は妻の中に入りいつも以上に興奮する妻を激しく突き上げました。

妻のあそこからはいつも以上に愛液が湧き出ています。
「どうしたんだよ?いつもより濡れてるぞ」
「・・・・・」妻は何も答えません。
「ひょっとしてさっきの男に綺麗と言われた事が、お前を興奮させているのか?」と妻を突き
上げながら言うと
「いや〜 言わないで!」と激しく私を締め付けてきます。
「お前言われてドキドキしたのか? どんな風に言われたんだ?」
「イヤ!!お願い言わないで・・・」
「言ってみろよ!」
「あ〜ん・・・じっと・・・」
「じっと?」
「・・・うん・・・じっと見つめられて・・・」
「見つめられて?_」
「・・・顔の近くまで来て・・・・」
「近くまできて?」
「綺麗ですね・・・・って・・・あ〜もう簡便してお願い・・・」
「ドキっとしたんだろ?」
「・・・」
「したんだろ?」
「・・・うん」
私が結婚してから始めて妻への嫉妬心が湧きあがった瞬間でした。

妻は専業主婦を長年してきて、殆ど家で子供の世話や家事をしてきただけで、私以外の男性を
意識することなんてなかったのでしょう。
恋愛経験もそれほど無かった真面目な妻だけに、そんなことでもドキッとしたのでしょう。
それ以来私は妻が私以外の男性とセックスすることを想像するようになりました。

それからの私達夫婦の営みは、いつも妻にあのときのサラリーマン風の男性に口説かれ抱かれる
ことを妻に想像させながらのセックスが続きました。
私自身も現実に妻が私の知らない男性に抱かれることを現実にしてみたい気持ちがどんどん大きく
なっていきました。
妻の方はセックスの最中には抱かれたい!なんて言うのですが、普段に二人だけになったときに
話すと何を言っているのよ!っと軽く流されるのが殆どでした。
そんな時期にも二人で食事に出かけて、その帰りにラブホに寄って帰ることもありました。
しかし以前のような出来事は起こらないものです。
しばらくして仕事の同僚と飲みに会社の近くのスナックに行ったときにバイトで働いている女の子
の友人が一人で店に来ていました。
彼女はカウンターで時々バイトしている友人と会話をする程度でした。
そのうちお客のおじさんが彼女の隣に座って話をしたりしているのを見て、私にメラメラとある
計画が湧き上がって来ました。
妻に一人でどこかの店で呑みに行かせて、妻を口説く男性がいるかどうかを見てみたくなりました。
早速次の日に妻にその話をしてみたのですが、妻はそんな怖いこと一人でできませんと断られましたが
、一人じゃできないの?じゃぁ俺も一緒ならいいのか?と聞き直すと、妻は「さぁ〜?」と笑いで
ごまかしました。
それからしばらくして妻といつものように居酒屋へ食事がてらに出かけた後、いつもならラブホへ
向かうのですが、酒の好きな妻を何度か行ったことのあるバーへと誘ってみました。
妻は「たまにはいいね〜」なんて上機嫌です。
私はこことばかりに「あのさ〜 この間言ってたみたいに一人でカウンターで呑んでみてくれないか?
カウンターだとマスターもきさくにしゃべってくれるからさ〜 俺も後から入って他人のふりして
お前の近くに座るから」
妻は「それならいいよ。安心だし それよりあなたが想像しているようにこんなおばさんに声かける
人なんていないって」と俯き加減に妻は言いました。
「わからないよ。この間もドキっとするほどに綺麗って言われたんだろ」
「あはは あれは私をからかっただけよ。実際にはそんな人いませんよ〜だ」
妻はニコニコしながら私に腕を組んできました。
10分ほど歩くと店の前へと私達はやってきました。

「じゃ〜10分くらいしてから俺も店に入って行くよ。左先に入ってくれる?」
「うん。 いいよ。必ず後から入ってきてよ。15分たってもこなかったらお店でるからね」
そう言って妻は店へと入って行きました。
今妻が店へと入って行ったばかりなのに私の頭の中には色んな妄想が浮かんできます。
そんな想像で一人興奮している私でしたが、この10分が凄く長い時間に感じられました。
ようやく10分が経ち私もドキドキしながら店へと入るとお店のマスターがいらっしゃいませと
にこやかに迎えてくれました。
店内のカウンターには妻の少し離れた席にカップルが座っていてカウンターには3人だけでした。
マスターに「お一人ですか?カウンターでよろしいでしょうか?」と言われて私は頷きカップルが
座っている反対側の妻から少し離れた席に座りました。
妻はマスターと楽しそうに時々会話をしています。
私は一人カウンターの後ろに並べられた酒を見ながら一人で酒を喉に流し込みました。
30分ほどたった頃でした。
私達より少し年上の男性が一人で店へとやって来ました。
その男性は店の常連さんのようで何もいわずに妻とカップルとの間の席に座りマスターと話をし
出しました。
男性はマスターとゴルフの話題でワイワイと盛り上がって話していて、その男性がゴルフのティー
ショットを打ってズボンが破れた時の話をしていたときに、妻が一瞬クスっと笑いました。
男性は少し照れながら妻に「すみません。お恥ずかしい話をお聞かせしまして」と照れながら話しかけ、
マスターに妻へ飲み物をと告げました。
いよいよ私が待ちに待ったときがやって来ました。
妻が男性と会話をするようになり、最初は私の方をチラチラ見ていたのですが酒も進んで酔いもかなり
回ってきたのか私の方を見ることもなくなって来たのです。
妻のしゃべりも少し呂律が回らなくなってきたように感じます。

そのうち男性が妻との間に一席間があったのですが、妻の隣の席へと移りました。
それから二人の会話も少しずつトーンダウンしていき、二人の顔の間も近くなって来ています。
私はその場面を見ただけでもドキドキ、ハラハラと落ち着きが無くなってきて、二人の会話が聞きた
くって仕方ありませんでした。

二人はまるで恋人同士のように話しているのですが、私は一人カウンターで何もしゃべらずに呑んで
いるもので、何かそこにいるのがバツが悪いような雰囲気に・・・・
私はトイレへと席を立ち、妻の携帯にそろそろ俺店を出るけどいいかな?とメールを送りました。
トイレで用を足して席に戻りしばらく妻が携帯を開いて私に返事をするのを待ったのですが、携帯を触る
こともなくその男性となにやら話していました。
私は少しムッとしましたが、ここで怒ってしまうと何もかもがぶち壊しになるのでマスターにチェック
してくれと伝えました。
けれど妻はそんな私に気が付く様子もないので、私は男性と妻に「お先です」と声をかけ店を出ました。
15分経っても妻は店から出て来ません。
30分経っても妻が出て来ないので妻の携帯に電話をしてみました。
何度コールしても妻が出ないので、先に家へ帰るとメールを送りました。

私は一人でタクシーに乗り家へと向かっているときに私の携帯が鳴りました。
「もしもし 家かえるの〜〜?」といきなりかなり呂律の回らない妻の声です。
「俺が店を出るときにも気が付かなかっただろ?電話もしたのに!」と少し声を荒げて妻に言うと
「解っていたよ〜だ。けどパパは私が口説かれるの見たいんでしょ?だから知らないふりしてやったの〜」
「で?今まだ店にいるの?」
「うん。今トイレから電話してる〜〜」
「かなり酔ってるだろ?」
「うん。酔ってるよ〜んだ。パパ口説かれて欲しいんでしょ?」
「そらそうだけど」
「解ったよ〜だ〜 結構感じいい人だしね〜〜 このままホテルまで行っちゃおうかな〜」
「マジ??いきなりそんな展開に?」
「パパが嫌だったらお家に帰るよ〜だ」
「いいよ お前に任せる」
「了解〜〜 もし何かあっても怒らない?」
「あぁ 怒らないよ」
「じゃ〜もしパパがお望みのようなことになりそうならメールしまぁ〜〜す」
妻はそう言って電話を切りました。
それから家について私の経験したことのない嬉しいような腹立たしいような不安なようななんとも言えない
気持ちで長い時間を過ごしました。

私が家に突いたのは午前0時を少し過ぎた頃だったと思います。
妻を一人残して店を出てから4,50分ってとこでしょうか。
今ごろ妻はどうしているのだろ?すでに店を出てホテルにでも・・・そんな事が私の頭の中を駆け巡ります。
やはり一緒に連れて帰ってくればよかった・・・けど妻が私以外の男性を知るチャンスでもあるし・・・
落ち着かないでいる私にリビングでテレビを見ていた娘が「パパどうしたの?あれ?ママは?」と私に尋ねて
来ます。
「ママと食事をしに入った店にママの友達がいたんだよ。ママもその友達と女同士盛り上がっていたから
パパは先に帰って来たんだ」
娘になんとかごまかすような嘘を言いました。
娘は「ママが珍しいね けどたまにはいいんじゃない」なんていいながら2階の自分の部屋へと上がって
行きました。
息子はすでにクラブ活動で疲れたのか寝てしまったようでした。
一人リビングでテレビを見ますが一向にその内容は頭には入って来ませんでしたが色んな思いを掻き消す
ようにただぼぉ〜っとテレビを見るしかありません。
時計を見るとすでに午前2時を過ぎていてテレビからはお笑い芸人の笑う声が。
妻が帰ってくるならそろそろかな?なんて妻が何事も無く戻って来ることを願う自分もいました。
一方今ごろホテルであの男性に抱かれているのかと思う自分も・・・
いてもたってもいられなくなり私は妻の携帯に「今何処にいるんだ?」とメールを送りました。
10分経っても妻からの返事は来ません。30分経っても・・・
私は妻がメールの返事を出来ない状態にあることを確信しました。
きっと今ごろ妻は・・・それしか頭に浮かんで来ませんでした。

そんな時玄関のドアが開く音がしました。
妻が帰って来たのです。
私は慌てて玄関へと妻を迎えに行きました。
「ただいま〜〜」
「遅かったじゃないか!」少し強く妻に言ってしまいました。
「えへへ〜 ひょっとしてパパ怒っているの?」そう言って妻は私の顔を上目使いに見ながらニコニコ
しています。
「怒ってなんかいないよ。ただ心配しただけだ」私がそう言うと
「またまた〜顔に怒ってますって書いてあるぞ〜」
妻はかなり酔っているようです。
とにかく足元もフラフラしている妻を支えながらリビングへと連れて行きました。
「どうだった?」私は妻に焦るように聞きました。
「どうだったって?」
「だからあれからどこか行ったのか?」
「う〜ん行ったよ」
「何処に?」
「聞きたいの?」いつもの妻とは思えない程私を弄ぶかのような表情で私にそう言いました。
「勿論聞きたいさ。ママを待っている間大変だったんだからな」
「何が大変だったんだ〜〜?パパ〜〜答えなさい!!」
「何がって・・・ 今ごろエッチしてるのかな?とか・・・」
私がモジモジしながらそう答えると妻は「パパ! だ〜い好き! お風呂入ってくるね」といい風呂場へと。
私は妻の後を追うように「だから〜どうだったんだよ〜」と妻に再度聞きなおします。
「ひ・み・つ」
妻はそう言いながら着ていた服を脱ぎ捨てて風呂場のドアを開けて中へと入りシャワーを浴び出しました。
妻が脱ぎ捨てた服の中にピンクの下着が私の目の中に飛び込んで来ました。
今まで一度も妻の脱ぎ捨てた下着など手に取ったことすらなかった私が有無を考えずに手にしていました。
前がレースになっている淡いピンクの下着を手に取り私は妻の陰部が当たっていた場所に目をやりました。
そこは白く粉がこびりついたようになっていて、私は無意識のうちにその部分を鼻に持っていき匂いまで
嗅いでいたのです。
その匂いに男の匂いはありませんでした。少しがっかりしたようなホッとしたような。
しかしその部分からは妻から発せられたであろう雌の匂いが強烈にありました。
私はそのまま服を脱いでギンギンになったモノを扱くように妻のいる風呂場へと入りました。
妻はびっくりしたような顔をして「どうしたの?入って来るなんて」
「あの男としたのか?」私はそういいながら妻の脚を開いて陰部へと手を持って行きました。
「だめだよ〜子供達が来ればどうするのよ」
「来たっていいじゃないか」
「ダメだって〜〜」
妻の陰部を触っている私の指にシャワーの水で濡れているのではなくヌルっとした感触のある濡れ方を
感じました。
「お願いだから〜ここではやめて。 ね? パパお願い。後でゆっくり話すから。 ね?」
妻のその言葉で私は冷静さを取り戻し風呂場を後にしました。

「あぁ〜さっぱりした」そう言いながらバスタオルを身体に巻きつけて髪の毛をタオルで拭きながら私のいる
リビングへと妻が入って来ました。
「少し酔いは覚めたか?」
「う〜ん まだ少しフワフワしてるかな」
「でさ〜 あれからどうなったの?」
「あ!そうそう」
そう言いながら妻はさっき持って出かけていたバックの中をゴソゴソとしながら1枚の名詞を出して私に
見せました。
「社長さんなんだってあの人」妻がそう言いながら見せる名刺を目にするとそこには私達が住んでいる街では
有名なスーパーの名前があり、代表取締役社長○○○○と書かれてありました。
「名刺なんてくれたんだ?」
「うん・・・くれた」
「今度電話でもしてくださいってか?」
「うん・・・」
「結局何も無かったの?」
「・・・」
「どうなんだよ?」
「・・・少しあったかな・・・」
「少しって?」
「うん・・・少し」
「少しってなんだよ?」
「パパ?明日休みだから・・・一緒にドライブでも行こうよ。
その時にゆっくり話すから・・・それじゃダメ?」
妻の表情がさっきまでの酔って私を弄ぶような表情の妻ではなく、少し目が潤んでいるように真剣な眼差しで
私を見つめる姿がありました。
「いいよ。じゃぁ明日ゆっくり話してくれよ」
妻の表情を見て私はそのときにはそれ以上聞くことは出来ませんでした。

次の日「パパ〜〜起きてよ〜」妻のその声で目を覚ましました。
「もぉ〜遅くまで寝てるんだから〜 コーヒーでいい?」といつものようにいつもの妻がそこにいました。
「子供達は?」と妻に聞くと「バイトとクラブでとっくに出かけたわよ」とコーヒーを私の所へと持って
来てそう言いました。
「なぁ〜 夕べはどうだったんだ?」私がそう聞くといつもの妻から少し表情が暗くなったような気が
しました。
妻は私の問いかけに答えずに洗物をしています。
「どうだったんだよ?」
妻の手が止まり水道の蛇口を止めて私の方を振り返って言いました。
「パパが期待しているような事はなかったよ」
「エッチしなかったのか?」
「・・・エッチって?どこまでがエッチなの?」
「触られたのか?」
「少しだけ・・・」
「何処を?」
「・・・」
「胸でも触られたか?」
「・・・」
「何処を触られたの?」
「怒らない?」
「怒らないさ」
「本当に?」
「あぁ 約束する」
「・・・キスされて・・・」
「キスされて?」
「パパ。ドライブ行こ?」
「どうしたんだよ?」
「お願い二人で出かけよ?」
「わかったよ」
妻は妻で何か後悔しているのか?それとも私に言いにくいことを隠しているのか?そんな気がしました。
私は安堵したような気持ちもありましたが、妻が答えたキスしたって言葉に異様に興奮をしました。
妻は珍しく黒のワンピースを着て綺麗に化粧までして出かける準備を整えていました。
妻と私は車に乗り込み当ても無くゆっくりと車を走らせました。
「どこか行きたい所でもあるのか?」
「ううん。何処でもいいよ。なんとなく昔パパとよくドライブしたから行きたくなっただけ」
「ママ何かおかしいよ?セックスはしてないんだろ?」
「してないよ」
「キスして触られかけただけだろ?」
「うん」
「じゃぁどうして急にドライブ行きたくなったりしたんだ?」
「パパは平気なの?」
「何が?」
「私がパパ以外の人とキスしても・・・」
「平気じゃないさ!嫉妬して興奮してる」
「私ね・・・出来なかったの・・・」
「エッチを?」
「うん。あれからね社長さんの知っているお店に二人で行ったのね。そこはあのお店よりもっとムードが
あるっていうかな〜何かテレビのドラマにでも出て来そうなお店だった」
「そうなんだ。おしゃれなお店だったんだね?」
「うん。お客さんの殆どがカップルだったから」
「そっか〜 ママもそんなお店に行けてよかったじゃない?」
「社長さんと色んなお話して楽しかったし・・・」
「楽しかったならよかったじゃないか」
「けどね・・・その時本当に独身時代に戻ったようにパパのことも子供達のこともすっかり忘れて・・・」
「そんなもんじゃないのかな?ママもたまには現実逃避もいいんじゃない?」
「現実逃避か・・・そうだね確かに現実逃避だね・・・」
結局妻はその後酔いのせいもあり、すっかり今の自分を忘れるくらい社長さんのペースに引き込まれたようです。
そして二人でホテルまで行ったとの事でした。
ホテルに入り社長さんにキスをされ下着の中に手を入れられたときに私の顔と子供達の顔が浮かんだそうです。
妻はその場で泣き出しその社長さんに正直に私と妻とで計画したことをすべて話したようです。
そして社長さんはその話を聞いて妻に名詞を渡し、「今度ご主人と一緒に食事でもしましょう」と言ってホテル
から出て妻をタクシーに乗せてくれたと妻は私に話してくれました。
私は妻に同意を求め、車を止めて名詞に書かれた携帯に電話をしました。
プルルルル〜何度かコールしますが、電話に出ません。
電話を切ろうとしたときに「もしも〜〜し」と少しハスキーで大きな声が電話から聞こえてきました。
「○○さんですか?」
「ええ そうですが」
「突然のお電話申し訳ありません。私昨夜妻がお世話になった○○と申しますが」
「あぁ〜 こちらこそ年甲斐もなく奥様を口説いてしまって申し訳ありません」
「いえいえ こちらこそ失礼しました」
「奥様は大丈夫ですか?」
「ええ」
「あ!そうだ今晩お時間大丈夫ですか?もしよろしければ奥様にお伝えしたのですが3人で食事でもと」
「え?今晩ですか? はい・・・私はいいですが・・・」
「そうですか!じゃぁ夕方もう一度今かけていただいている携帯の番号にお電話してよろしいですか?」
「はい 結構ですよ」
そんな会話を始めて社長さんとしたような気がします。
夕方社長さんから電話が在り言われた店へと妻と一緒に出向きました。

社長さんはすでに店に来られてて、私達を優しく迎えていただきました。
世間話をしながら食事をして酒をも呑み少し緊張していた私達も緊張がほぐれたころ社長さんが私に
言いました。
「ご主人いい奥様をお持ちですね。実は私は何度かお二人のようなご夫婦とご一緒させていただいたことが
あるんですよ。奥様と店でお話させていただいていると、どう考えても普通の主婦さんが一人で呑んでいるのは
何かあるな?と感じていました」
「そうだったんですか」
「ええ だから奥様をお誘いしたんですがね。奥様の方がまだまだその気になれなかったようで」
「申し訳ありません」
「いえいえとんでもないですよ。もしお二人がよろしければ私にお二人のお相手をさせていただけませんか?
 直ぐに返事はしていただかなくってもいいです」
そう言って社長さんは気を効かせてトイレへと席を立ちました。
妻に相談すると妻は私に任せると言いました。
しばらくして社長さんが席に戻ってきたときに「よろしくお願いします」と返事をしました。
それからお互いの子供達の話やゴルフの話などで3人で盛り上がりました。
社長さんが「もう1件行きませんか?」と私に尋ねて来たので「ええ ここからは昨日のやり直しって
ことで妻とどうですか?」と。
社長さんも妻も私のその言葉を聞いて一瞬固まってしまいましたが、私はレシートを持って「じゃぁ妻を
よろしくお願いしますね」と社長さんに言うと社長さんは「でしたらここは私が持ちますんで奥様さへよければ」
「ママも思い切って現実逃避して若い頃のように頑張れ!」と妻に言うと妻は「いいの?」と。
私は妻を見て頷くと社長さんにお礼を言って店を後にしました。

私は妻を残して店を出て家に帰ろうかと思ったのですが、子供達もいるもんで昨日に続いて今日も私一人で
家に帰る事が気まずい為、家に遅くなるからと電話をいれました。
そして近くのネットカフェへと一人で向かいました。
ネットカフェでこのサイトを見ていた記憶があります。
昨夜よりも確実に妻は私以外の男性に始めて抱かれるって事がわかっているだけにソワソワとしていました。
妻から連絡が来るのか・・・それとも来ないのか・・・
しばらくして妻から私の携帯にメールが来ました。
「今から行ってきます。パパ 私のこと嫌いにならないでね。 またメールします」
そう妻からのメールには書かれていました。
「ならないよ。ママも今日は頑張って!」そう返信しました。
胸が張り裂けそうでした。昨日よりも確実に・・・
「ホテルに入ったよ」短い文面ですが今でもその文字を見たときのことが忘れられません。
妻は今から抱かれる・・・自分の意思で私以外の男に・・・
この気持ち経験した方にしか分からない瞬間です。
1時間ほどして携帯に着信音が・・・
携帯のディスプレーに○○社長と小さく表示しています。
ドキドキしながら震える手で携帯を取り「もしもし」と。
携帯から聞こえて来たのは微かに聞こえる私が長年聞き覚えのある妻の声でした。
「ハァ〜・・・ウ〜ン・・・ チュッチュッ・・ ハァ〜ン」
私の心臓は張り裂けるかのようにドキドキと音をたてていました。
「奥さん気持ちいい?」
「アァ〜ン・・・ハー」
「ビチャビチャになってるね?」
ジュルジュルジュル・・・・
社長さんが妻の陰部をいやらしい音を立てて舐めているのでしょう。
「ハー・・・ウゥ〜ン イヤーン・・・」
クチュクチュクチュ 今度は妻の陰部から発する指で犯されている音が聞こえて来ました。
いつもの妻ならもっと激しくすると叫ぶように潮を吹きながら指で逝ってしまうはずです。
クチュクチュクチュ!!激しくされているのでしょう。音が段々大きくなって行きます。
「アァ〜 ダメ・・・お願い許して・・・」ボソボソとそんな妻の声が聞こえました。
「奥さん逝っていいよ・・・どうですか?ご主人以外にこんなことされて」
「アァ〜ンそんな事言わないで・・・お願い・・・」
クチュクチュックチュ!! クチュックチュックチュ!
「アァ〜ダメ〜〜〜!! 許して!!」
いつもの妻が逝く間際の声でした。
「アァ〜〜〜〜〜気持いぃー〜〜〜〜!!」
妻が結婚して以来始めて私以外の男に逝かされた瞬間でした。
私の股間は痛いくらい固くなり先から我慢汁が沢山出ていました。
ズボンから出して扱こうとした瞬間私の意志に反して鈴口から夥しい白い淫液が迸りました。
白い淫液は止まることを知らないかのようにドクドクと次から次へと床に飛び散りました。
「イヤ・・・恥ずかしい・・・ア〜ン辞めて・・・」
「恥ずかしいのが興奮するんですよ 奥さん ホラこんなに固くなっているの見てくださいよ」
「イヤァ・・・イヤァ〜ン・・・」
「ご主人のも舐めるんでしょ?ホラ舐めて」
チュパ・・ジュボ・・・ 妻が舐めているのでしょう。
私との行為でもあまり舐めることを嫌う妻が・・・今私以外の肉棒を・・・
「ウ〜〜ンウ〜ン ハァ〜 イヤ〜ン・・・」
「奥さん本当に恥ずかしがりやさんですね。私の顔の上に跨りなさい。そして私のモノを舐めてください」
「イヤ・・・そんなこと・・・お願い辞めて・・アァ〜ン」
「嫌ですか?」
「ハ・ハイ・・お願い・・もう恥ずかしいからあぁー 辞めてぇー・・・」
「じゃぁ奥さんそろそろ入れちゃいますか?」
ハーハーハー
「入れますよ」
「アァ〜〜〜ン イヤァ〜〜ン」
パンパンパン! パンパンパン 妻が付かれる音がします。
「アァ〜〜 ウゥ〜〜ン」

「奥さんご主人聞いてますよ。奥さんのその声」
「え?? 嘘?? 辞めて・・」
ガサガサ ゴゴゴゴ 携帯を動かす音がします。
「もしもしご主人聞いてますよね。奥さんに代わりますね」
パンパンパン パンパンパン 「アァ〜〜ン聞かないで〜〜」
「もしもしパパ? アァ〜ン・・・イヤ・・・そんなにしないで・・・」
「もしもしママ?気持ちいい?」
「アァ〜パパーーー!! ごめんなさい・・・」
「いいよ パパも興奮しているから」
「アァ〜〜〜〜ン パパ逝っちゃうよ パパの声聞いちゃうと逝っちゃう!!」
「入ってるのか?社長さんのが?」
「うん! 入ってるの私の中に・・・アァ〜〜ン パパ逝っちゃうよ?」
「いいよ 思いっきり逝ってごらん?」
「アァ〜〜ン イクゥ〜〜〜〜〜」
妻は逝ってしまいました。それから何度も何度も社長さんに付かれまくられて登りつめる妻でした。
最後は社長さんが逝った後長い間キスを交わしている音が私の耳に携帯から聞こえて来ました。
そのキスをする音で私の嫉妬と興奮は最高に上り詰め2度目の射精をしたのです。

2回目の射精を終えた私は、そっと携帯を切りました。
始めて妻が他人に抱かれ乱れる姿は見ていないものの妻の感じる声を聞いて興奮以上に不安が襲って来ました。
妻が私との行為のとき以上に乱れていたように感じたからです。
結婚前もそれほど遊んでいたこともなく、この歳になって私以外の男の良さを感じてしまったのではと。
私自身、自分に自身がないこともあったのでしょうが、これからの妻がとても不安になりました。
一人自分の放出した淫液を片付けながら空しさだけがこみ上げていたのです。
ただ何をするでもなくボォ〜ッとパソコンの画面を見ながら煙草を点けては消し、また点けての繰り返しでした。

私のマナーモードにした携帯からバイブ音がブーンブーンと。
携帯を見ると妻からの電話でした。
「もしもし?」
「パパ・・・ごめんね・・・」
もしもしの私の声もそうでしたが、妻の声もどこか弱弱しく聞こえました。
「もう終わったの?」
「今社長さんシャワー浴びてる。パパ?もう帰っていい?」
「もう帰っていいって?どうしたの?」
「お家に帰りたい・・・パパの顔が見たい・・・」
私は妻の言葉を聞いて情けないことですが涙が溢れて来ました。
一人で興奮はしているものの、不安になったり嫉妬で妻に腹を立てたりと色んな思いが一人で妻を待つ間
感じていたものですから。
「帰っておいで迎えに行くよ」
妻にそれ以上何も言えませんでした。

妻がラブホの近くのコンビニで待っていると電話があったのでタクシーでそのコンビニまで急いで向かった
私でした。
コンビニに着き、慌ててタクシーを降りて店内に入ると少し照れながら私に手を振る妻がいました。
ここ数年こんなに妻のことを愛しく見えたことはありませんでした。
「おかえり」
「ただいま」
お互いその言葉しか出てこなかったのを思い出します。
妻は社長さんに家に帰りたいとの事を伝えて、社長さんも理解してくれ先に一人でラブホから出てきた
ようです。
私は社長さんに電話をかけて、お礼と妻が帰りたいと言い出した事をお詫びしました。
社長さんも機嫌を損ねたこともなく安心しました。
終電も無くなった私達は二人で近くを歩きました。
「ママ現実逃避できたかい?」
「う〜ん 出来たかな・・・けど直ぐに現実に引き戻されちゃった」
「そっか ママもまだまだだね」
「まだまだで私は十分だよ・・・パパありがとうね」
「どうしてありがとうなんて言うんだよ?」
「わかんないけど・・・言いたくなっちゃったから」
「変だなママは それよりさぁ〜電車も無くなったね」
「ホントだね 歩いて家に帰る?」
「簡便してくれよ。そうだママさへよければ、さっきまでママがいた部屋に泊まらないか?」
「え??真剣に言ってるの?」
「あぁ真剣だよ そこでママを思いっきり抱きたい」
「パパがそうしたいのならいいよ」
私達はホンの少し前に妻が抱かれたラブホへと向かいました。
妻にどの部屋だったか確かめその部屋に入りました。
部屋に入ると私の目に最初に飛び込んで来たのはホンの少し前までそこで私の妻が攻められたであろう
ベットでした。
勿論部屋も掃除され、シーツも交換されたはいましたが、そこで妻が抱かれていたのは間違いのない
ことでした。
そのときは実際に妻が抱かれているところを見た訳でも無いために、想像だけが私の頭の中に浮かんだ
為凄く興奮したものでした。
私は妻をベットに押し倒し着ている服を激しく脱がせていきました。
「パパ・・ウ〜ン どうしたの? 嫌だよそんなにきつくしちゃ・・・」
「ここで抱かれたんだろ?」
「・・・うん」
「いつものように指で激しくされて潮まで噴いて逝ったんだろ?」
「・・・うん。・・・逝ったよ」
妻の薄いブルーのパンティーを一気に脱がせて大きく脚を開かせました。
「ここに入れたのか?」
「・・・見ないで・・・お願い・・・」
妻のそこは光って濡れていました。
そこに顔を近づけて舐めようとしたときに、妻のあそこから微かにゴム臭がしました。
どこかホッとし、そのまま舌で舐め上げました。
「パパ辞めて汚いから・・・お願い」
「ここに入ったんだろ?ゴム着けてママのこの中でピクピクして射精したんだろ?」
「イヤ・・・そんなこと言わないで・・・お願い」
舐めるのを辞めていつものように指で妻の秘部を攻めながら
「こんなこともされたんだろ?」
「・・・うん 辞めてお願い〜 ダメ〜〜」
そう言って妻は身体をピクピクしていつものように押し出されるかのようにビューっと淫水が陰部から
吹き出ました。
こんな姿を少し前に妻は私以外に見せたんだと目の前で苦痛にたえるような妻の表情を見て異常なほど
嫉妬心と興奮が沸き起こりました。

妻に挿入しながら色々と聞くのは最高の興奮でした。
「ママ。社長さんの咥えたんだろ?」
「うん」
「嫌じゃなかったの?」
「嫌だったよ・・・けど社長さんに悪いでしょ。断ると」
「大きかった?」
「よくわかんないよ。パパとそんなに変わらないような気がする。でも・・・」
「よかったの?見たり咥えたりして あ!パパより大きい!なんて思わなかった?」
「そんなに目を開けてジロジロ見るわけでもないし・・・咥えたときはパパと少し違うって思った・・」
「何が違ったの?」
「大きいとかじゃなくって・・・形っていうか感触が・・・」
「入れられて気持ちよかった?」
「・・・うん ごめん」

「パパよりも?」
妻は首を横に何度もふりながら「パパの方がいい」そう答えてくれました。
「そうかな?いつもより感じていたような気がしたんだけど?」
「ううん。今の方がいつもより気持ちいいの アァ〜ンイイィ〜」
確かに妻のあそこから湧き出る愛液もいつも以上でした。
妻の表情もどこか変わったように思えました。
「キスもいっぱいした?」
「ちょっとした・・・」
「ちょっとじゃないだろ?嘘は許さないよ」
「したかも・・・よく覚えてない・・・」
「覚えてないほど感じてたんだね?」
「・・・感じたかも」
「凄かった?」
「うん・・・ 凄かった・・・」
「いっぱい逝ってたね?」
「逝ったの・・・本当は良かったの・・・ごめんね・・・」

そんな質問ばかりしている私でした。
さすがに興奮はしているものの、ネットカフェで2回も放出したものでこの歳になると3回目はきつく
段々と中折れ状態になっていました。
妻は凄くショックのようでしたが、2回も発射してしまったことを告げると
「パパも歳だね」といつもの妻に戻ったような笑顔で私に言いました。
始めて妻を他人抱かせた後に少しバツが悪かったような気がしますが、なんとか無事に終わったことの
安堵感で私達はそのまま朝まで眠りました。

その1回の出来事で妻自身から求めてくるようにもなりました。
いつも受け身なセックスばかりだった妻が少し大胆になったのは、このことがあってからです。
下着も今までなら薄いモノばかりでしたが、あれ以降色の濃いモノを身につけるようにもなりました。

娘にまでいわれるほど少し綺麗になった妻でした。
女性は恐ろしいものですね。長年夫婦をしていると旦那の存在なんて空気みたいなモノになってしまう
のでしょうね。
あの時の刺激を求め、私なんか男として意識しなくなるんでしょうね。

旦那以外の男を意識し出すと、女性も綺麗になっていくものなんですね。

 2か月ほどしたとき、社長さんから「明日奥さんに電話かけてもいいですか?」と、確認の連絡です。
興奮した私は思わず「えぇ、いいですよ。・・・でも私は知らないふりしていますから・・」と答えて
しまったのです。何故か、うれしいような興奮に包まれていました。

1週間後の週末、妻は「PTAで一緒だった例の3人で食事会に行ってくるね。」と言って出かけました。
相当気合が入っているのか、化粧も濃い目で、胸が大きく開いた、刺激的な服装でした。
私は何も知らないふりをして笑顔で見送りました。
妻が出た後、すぐに社長さんの携帯に確認したところ、
「今日お会いすることになっています。ご主人には内緒でお願いしますと伝えてあります。」との返事でした。
その日もまた、ソワソワした気持ちでたまりませんでした。11時20分ごろ、社長さんから電話です。
「今、ご自宅の手前200メートルの付近で降りて頂きました。近くだと主人にばれるからと降りられました。・・・」
「どうでした。」「えぇ、今日も奥さんと楽しいひと時を過ごさせていただきました。・・・」「ということは?」
「えぇ、お察しの通り、ホテルでも解放感一杯の奥さんと最高のひと時を過ごさせていただきました。有難うございました。」
「妻はどうでした?」「はい、今日はかなり積極的で、激しく痙攣を繰り返されていましたよ。・・・」
電話を切った私は、クイックでビールとつまみを取出し、興奮状態の中、酔っているふりを醸し出しました。
そして、精一杯自然な雰囲気で、帰ってきた妻と接しました。
終始、ご機嫌の妻は、笑顔で「汗かいちゃったから風呂に入るね。」と告げて、風呂場に行ってしまいました、

私に気づかれないように振る舞う妻に、底知れぬ興奮と何とも言えない不思議な感情に包まれていました。

これからどうなっていくのか。・・・妻は更に快楽に身をゆだねる女と化していくのか・・・
翌朝も。極めて普段の明るい妻で、なぜかご機嫌です。
今後の成り行きが不安でもあり、微妙ですが楽しみでもあるような・・・

[Res: 22384] 投稿者:津村T 投稿日:2017/05/20(Sat) 03:54
社長さんの女になりましたね。

[Res: 22384] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/21(Sun) 02:51
なんやこれ・・・

[22370] 変わった夫婦関係 投稿者:変な夫 投稿日:2017/05/17(Wed) 15:23
現在、私達夫婦は変な生活を送っている。
それは、私達夫婦と私の友人夫婦の男女が入れ替わって約2ヶ月生活している。
事の発端は、私と友人とがお互い寝取られ願望がある事がわかり、お互い妻にその事を告白しやっとお互いの妻から了解をもらいスワッピングをした事から始まった。
当初はみんなぎこちなかった感じだったが、3回目ぐらいからお互いのパートナーとの関係もスムーズになり、5回目ぐらいからスワッピング以外で会うようになり、気がつけば妻とセックスするより友人の奥さんとのセックスの回数が多くなっていった。
これは、友人と妻との関係も同じであった。
私達夫婦は、一度離婚を含め真剣に話し合った。
結果、私も妻も離婚したくないという結論になった。
正直に言って、私も妻も私達夫婦より友人夫婦のお互いのパートナーとの方が身体の相性は良いと思っている。
しかし人生の最後は、私は妻と妻は私とを望んでいることを確認しあったからだった。
この事を友人に全て話した。
友人もまた、夫婦で真剣に話し合った結果、私達と同意見だった。

そしてこの春、偶然にもお互いの子供達が家から離れることになり私達4人で相談した結果、一度お互いの妻を交換しようという事になった。
今現在、私の自宅には友人の奥さんが自分の妻の様に居る。
勿論、奥さんが私を呼ぶときは『あなた』と呼ぶ。
そして、以前妻とは2〜3ヵ月/回だったセックスが、今では奥さんが生理の日以外はほぼ毎日セックスしている。
生理の日も、奥さんのフェラや手コキで出してもらっている。
恐らく、妻と友人もそんな感じだろう。
変な関係の生活が始まったが、これがどのくらい続くかだろう。

[Res: 22370] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/18(Thu) 06:58
お互いがそれでいいなら成り立つ関係かもしれませんね。
新しい夫婦の形?かも。

[Res: 22370] 投稿者:普通の夫 投稿日:2017/05/19(Fri) 23:56
いっしょに生活してたら、すぐ飽きるでしょう。
たまに浮気する方がドキドキするよね。

[22349] 可愛い妻は元AV女優 投稿者:幸夫 投稿日:2017/05/13(Sat) 18:36

結婚して11年の妻は今年で37歳になりますが、見た目はとても可愛いので20代、それも前半に見られます。
30代半ばあたりから、可愛さに大人の女の綺麗さがミックスした妻は、男が振り返るイイ女になっています。
そんな可愛い妻は、24歳とは思えぬロリ顔でしたがしっかりセックスを知り尽くした非処女でした。
妻が知らない男に乳を揉まれて、乳首吸われて、男の肉棒を咥えて肉裂の襞を広げられて肉棒をぶち込まれてグチャグチャに掻き回されて、精液をぶちまけられて喘いでいた過去は、私は全く気になりません。
他所の男の肉棒を咥えた唇とキスして愛を確かめ合い、他所の男の肉棒が出し入れされた肉鞘からわが子が産まれて来ましたが、それも気になりません。
妻の過去がどんなに淫らでも、可愛くてきれいな妻は、結婚したら一途に私だけを愛してくれる私だけの女だからです。

なぜ私が、それほどまでに妻の過去を割り切れるのかと言いますと、実は、妻は20代前半の頃、ロリータAV女優をしていたのです。
インディーズ作品ばかりなので、数種類の名前で出ていました。
20歳ころの初期の作品はリアルなロリータで、ランドセルを背負って実に幼く可愛い本物の小学生のようでした。
小学女児が無毛の肉裂を拡げられて悪戯され、幼穴に肉棒をメリメリ突貫されて苦痛の表情でランドセル非処女にされていくのです。
その後、何度も犯されるうち、何をされているのかも理解していないのに感じてしまい、性の快感に戸惑う様子が興奮する作品でした。
その後、22歳くらいからは衣装をセーラー服に変えて、清純な乙女が覚えたての快楽に耽溺して行くシリーズになりました。
未成熟の肉穴に肉棒を捻じ込まれて、覚えたての快感に華奢な身体を喘がせて、清純な乙女が淫らに変貌していくのですが、私は、このセーラー服中学生シリーズが最も妻の魅力を引き出していた作品だと思います。
20代も半ばにさしかかると女子高生シリーズになり、ロリよりもエロが優先され、SMやアナル、乱交セックスなど女子高生がアブノーマルなセックスに淫乱さを発揮する作品になってゆきました。
私は、妻のアブノーマル作品は痛々しくてあまり好きではありませんが、引退後に私と交際を始めた妻の本性はマゾでした。

妻は、私の性奴隷となり、私が与える倒錯した変態快楽を嬉しそうに享受して逝き狂っていました。
「ああああ〜〜何人もの男優さんのチンチンでズボズボされたオマンコを虐めてぇ〜〜アナルもホジホジしてぇ〜〜」
M字に開脚されて肉穴を丸出しにして、潮を噴き噴き淫らに逝き乱れていましたが、その顔と体はセーラー服など着なくても少女そのものでした。
当時の妻のスペックは、身長155p、B80-W57-H80で、乳房はもう少し欲しかったのが本音でしたが、その可愛さは、性奴隷だけでは満足さず、孕ませて一緒に暮らしたくて結婚したのです。
元AV女優だけに、スケベモードに入ればエロ差全開で、習得したセックステクを存分に発揮して、夫である私を満足させてくれる最高の妻です。
私に対する愛情も感じますし、夫の性欲を満たすことを、義務ではなく、楽しみにしている可愛い妻が心から愛しいのです。

現在、アラフォーの領域に入ってきても可愛い妻は、誰も元AV女優だと気付く者もなく、PTAでも可愛いお母さんで先生方からも人気があります。
妻は、その見た目を利用して、ウブで純情なお母さんを演じていますので、時々父兄や先生からお誘いがかかるみたいで、誰にどんな誘いを受けたかを聞いて楽しんでいます。

[Res: 22349] 投稿者:万次郎 投稿日:2017/05/13(Sat) 19:23
いくら可愛くても、AV女優と結婚するのは勇気が要るなあ。
だって、ネットで無修正画像が出回ったりすることもあるんだよ。
今は外見は違っていても、若い頃の奥さんを知っている人が見たら、ばれると思うよ。
まあ、他に結婚してくれる女がいなかったのなら仕方がないけどね。

[Res: 22349] 投稿者:丘ビー 投稿日:2017/05/13(Sat) 22:15
私の知人の奥さんも元AV女優です。
奥さんを初めて紹介された時にどこかで見た人だなあ〜っと思い色々思い出しみて、はっ!と思い出したのがAV女優でした。
知人に遠回しで言ってみると、知人はすんなりそうだよと認めました。
やはり、近所や子供の友達の親などからも直接には言ってくる人はいないようですが、影で色々噂的に言われていると言ってました。
知人も奥さんもそんな事になると覚悟ができていたようで、全然気にしてないと言っています。
主さんと同じような気持ちなのかもしれませんね。
知人は、子供にはまだ小さいので言ってないと言ってますが、周りから子供の耳に入りそれがどういう事をやっていたのかを知るとどう思うかと考えたら、他人の子供ですが心配になってしまいます。
主さんの場合は、周りに知られていないようなのでその点は安心ですが、今後もそういった心配が付きまとうのではと思ってしまいます。
まあ、お幸せなようなので要らぬおせっかいですが。

[Res: 22349] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/14(Sun) 09:10
愛し合ってセックスした過去があるならいいが、金貰って猥褻晒した女はイヤだな。
風俗嬢と同じレベルで嫌悪の対象だ。
有料公衆便所の見世物女だから。
結婚は無理。
何十人の男優のチンポが出し入れされた、そんな穴から我が子が生まれるなんて無理。

[Res: 22349] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/14(Sun) 19:12
AV、エロ本モデル、裏本モデル・・・
年間何人の女がそんなものにデビューしてるのだろう?
そういう経験を持つ女は、かなりの確率で存在するはず。
隠して言あないだけで、あなたの奥さんも・・・

[Res: 22349] 投稿者: 投稿日:2017/05/18(Thu) 21:12
100人に1人はAV経験者くらいいるんじゃないかな?

[20025] 想像してごらん… 投稿者:ツマボッキ 投稿日:2016/03/04(Fri) 12:38
想像してごらん、まだ男を知らなかった、うら若き奥様の事を…

想像してごらん、密室で元彼と2人きりになって緊張しながら裸を見られた奥様の事を…

想像してごらん、初めて見た元彼の勃起した男性器に驚く奥様の事を…

想像してごらん、初めて元彼に女性器を開かれて舐められた奥様の事を…

想像してごらん、初めて勃起した元彼の男性器を女性器に受け入れた痛みに耐えた奥様の事を…

想像してごらん、男性器の挿入を繰り返すうちに性の悦びを覚えていく奥様の事を…

想像してごらん、奥様が大股開きで晒した濡れた女性器をニヤケながら玩ぶ元彼の姿を…

想像してごらん、仰向けの元彼に跨って、下から乳房を揉まれながら腰を振って喘ぐ奥様の事を…

想像してごらん、犬みたいな格好で後ろから元彼の男性器を受け入れる奥様のふしだらな姿を…

想像してごらん、奥様の蕩けた女性器に出し入れされている元彼達の男性器を…

想像したことは、単なる妄想ではない。
処女じゃなかった奥様は、セックスがそういう行為である以上、想像した事とはいえ奥様が経験してきた事実。
それは、奥様には体を許すほど愛した元彼達がいた事実。
しかも、元彼達と快楽を分け合うために喜んで痴態を提供していた事実。

想像したら切なくて萎えたかな?
それとも興奮して勃起したかな?

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2016/03/04(Fri) 14:46
妻の元彼三人知ってます。浮気もしてました、それで寝とられに目覚めました、昔撮った妻とのセックスビデヲを一日だけとゆう約束で親友に貸してやった事が有ります、妻の裸で友人がオナニーしているのを想像しているだけで興奮しました。

[Res: 20025] 投稿者:マメキチ 投稿日:2016/03/04(Fri) 19:46
私の妻は、地元から出たことのない田舎娘で、あまり目立つことを好まない、見た

目もとても純朴な感じです。
大人しくて真面目な女性で、セックスのイメージはあまり湧かないタイプです。
付き合いだしたのは私27歳、妻24歳で、見た目と違って処女ではありませんでした


それでもアソコはとても綺麗なピンク色で、恥ずかしがる反応などを見ても経験が

浅いことはわかりました。
それでも、

>想像してごらん、初めて元彼に女性器を開かれて舐められた奥様の事を…
>想像してごらん、初めて勃起した元彼の男性器を女性器に受け入れた痛みに耐え

た奥様の事を…

これには胸が痛み、嫉妬します。
だって、この経験を夫となる私から奪い取った男がしたことですからね。

ところでスレ主様は、奥様の元彼に対して、スレのような感情を抱かないのですか?
もしかして奥様は処女だったのですか?

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2016/03/05(Sat) 01:10
結婚当初、妻が処女でないことに凄く悩みました。

[Res: 20025] 投稿者:アラフォー 投稿日:2016/03/05(Sat) 10:19
我が家はバツイチ同士で妻が31歳で再婚しましたが
マンコは真っ黒で14人としてました。
そのうち二人は私とも顔見知りです。
二人に会った日は妻とやらずにはいれなくなり 妻にも
二人に会うと嫉妬することを言ってあるのでやらせてくれます。
セックス中は変な興奮から 二人としたことを妻に言わせます。
「おちんぽ舐めてあげたよ 気持ちいいって言ってくれた
おまんこもいっぱい見せたし いっぱい舐めてもらったわ」と言ってくれ
「他にもあるでしょ?」と言うと
「おまんこの臭いを嗅がれたわ 最後はお口に出してもらってた 臭くて大量の精子でね 美味しくなかった」と言われると出してしまいました。
出して冷静に戻ると すこし落ち込みます。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2016/03/05(Sat) 11:44
ビデヲを貸したあと後悔しました、でも夫婦で親友と飲んで、カラオケボックスに行ったりすると、わざと隣に座らせてマンコを、見たんだよ彼はと歌の上手い親友にもたれかかる、妻を見て興奮します。

[Res: 20025] 投稿者:槇男 投稿日:2016/03/05(Sat) 19:22
 女房は、ずっと憧れていた友人の彼女でした。宮崎あおい似の可愛い女性で、友人が彼女にあんな事やこんな事してるんだろう切ない気持ちで眺めていました。
 友人は、
「あいつ可愛いだろう?短大1年で初体験した後、卒業するまで付き合ったの3人だってよ。2年間で3人って、モテるよなあ。まだ21歳で俺が4人目の男だとよ。でも、可愛いから許せちゃうんだよなあ。マンコもまだ綺麗だしさ。」
 自慢げに話されて、悔しい思いをしていました。当時、私は元カノに振られて半年、再び恋をした相手は友人の彼女なんですからね。
 でも、その後、友人が遊びで手を出した高校を出たばかりの女の子を妊娠させてしまい破局しました。私は彼女を慰めつつダメ元で告白したら恋が成就してしまいました。宮崎あおい似の彼女ができて嬉しかったですね。
 1年半付き合って、私27歳、女房23歳で結婚しました。

 現在結婚6年で子供も2人生まれましたが、女房の元彼であった元友人(あれ以来付き合いがないので・・・)が語った妻の過去の話が頭をグルグル回ります。あの話が本当なら私は女房の5人目の男ということになります。
 私が抱くよりも前、女房がもっと若くコンディションの良かった女体を4人の男達が貪り喰っていたのですから。可愛い妻が、若くて清純そうな女房が男と享楽の限りを尽くしていたなんて、考えたくないですが事実なんでしょうね。
 女房のDカップを楽しんだ男が私の他に4人、しかも若かった女房の初々しいDカップ、ああ、悔しいです。

[Res: 20025] 投稿者:ハルキ 投稿日:2016/03/06(Sun) 01:37
妻も高校時代 友人の彼女でした。
当時童貞の私に 友人は妻とのセックスを自慢してました。
高校生なので毎日してることや 
マンコは臭いけど舐めたくなるとか
精子は全部飲ませてるとか聞かされてました。
卒業し23歳で彼氏のいなかった妻に偶然仕事で会って
付き合いました。
シャワーしないと妻のマンコは臭く当時の友人の言葉を思い出して嫉妬します。
精子を飲ませようとすると
「私ね 精子の味あんまり好きじゃないの ごめんね」と言われ嫉妬しました。
結婚後友人から精子を飲んでたって聞いてたことを話すと
言葉を失い 口に出すと飲んでくれました。
「あなたのは飲みやすいわ これからは全部飲むから」と言ってくれ10年経った今は美味しいと言って飲んでくれます。
「アイツ(元彼)の精子 今なら美味しく思うんじゃない?」と言うと
「そうかも 凄く濃かったから今なら美味しいかもね」と笑っていわれ嫉妬とショックを受けました。

[Res: 20025] 投稿者:ダイスケ 投稿日:2016/03/06(Sun) 15:36
>処女じゃなかった奥様は、セックスがそういう行為である以上、想像した事とはいえ奥様が経験してきた事実。
>それは、奥様には体を許すほど愛した元彼達がいた事実。
>しかも、元彼達と快楽を分け合うために喜んで痴態を提供していた事実。

全くもって当たり前の事でしょう?
初婚年齢が30歳を超えたご時世、処女の嫁さんをもらうことは、ほぼ不可能でーす。
私は3年前に32歳で結婚しましたが、当時の嫁さんは27歳でした。
その嫁さんと初めてエッチしたのは嫁さんが25歳の時ですから、嫁さんはかなりイイ女ですから、当然処女のわけがあーりませーん!
結婚するとき、ウェディングドレスを選ぶときに測った嫁さんのサイズは、身長164p、B89-W61-H90でした。
抱き心地、最高です。
過去に何人の元彼がこのナイスボディを楽しんだか知りませんが、結婚せずに別れてくれたことに私はとても感謝していますよ。

私は、過去に結婚を考えた女性が2人いて、そのうち1人は結婚しようとご両親に挨拶に行って彼女の父親に却下されて別れた苦い思い出があります。
でも、嫁さんに出会った時、あの時結婚しなくて良かったと思いましたよ。
顔良し、体よし、アソコの具合も良しですから、嫁さんの過去なんか、全く気になりませんね〜

[Res: 20025] 投稿者:響子 投稿日:2016/03/06(Sun) 19:23
女にとって元彼との恋愛は「終わった恋愛」です。
その元彼と違うタイプからあなたを選んだのです。

自分で言うのも何ですが、私は可愛いと言われてモテましたので、元彼はイケメンや年収の高いハイスペックな男性ばかりでした。
初体験は高2、相手は高年収のサラリーマンで、今思えば愛人にされていたのかもしれません。
大学でも告白されまくりで、選ぶのは私の方でした。
結婚までに付き合った彼氏は7人、全員スペックの高い男性ばかりです。

そんな私が25歳の時に巡り合って、その後夫となった男性は、イケメンでも高い年収でもない平凡な男性です。
ハイスペックの男性との恋愛の駆け引き、落ちた落とした、抱いた抱かれたのドロドロとした世界いた自分が、他人の目ばかり気にして男性を選んでいたと気づいたのです。
そういう恋愛に疲れた自分が、スペック抜きに信用できる人、安心できる人、男性の前にまず人を見るようになっていました。

ハイスペックな男性は、一緒にいると疲れました。
でも、夫は全く疲れるどころか、心身ともに全てを見せられる男性です。
セックスも、自分中心ではなく私中心で、テクニック云々ではなく、心で抱いてくれていますから愛情が感じられます。
物理的な快感では得られない心の充足が、夫に抱かれて初めて逝くことを知ったのだと思います。
私も、元彼にはずいぶんエッチなことをされましたが、恥ずかしさの方が大きかったですが、夫に同じことをされると、恥ずかしさだけでなく、満足感が得られるのです。

なぜ、奥様があなたを選んだのか、元彼とは違う物を求め、それを持っていたからです。
元彼に嫉妬するようなものは元彼は持っていないからあなたと結婚したのですよ。

[Res: 20025] 投稿者:カフン 投稿日:2016/03/07(Mon) 15:26
「それは、奥様には体を許すほど愛した元彼達がいた事実。」
そうですね。でも、そんなに愛してなくても寝ちゃった事実も。
元彼がいたのに、その場限りで違う男とセックスしちゃった事実も。
これってやりまんだった女のコの話じゃなくて、けっこう普通の子。
どこの奥さまもダンナさまにはゼッタイに言えない秘密をもっているものでございます。

「しかも、元彼達と快楽を分け合うために喜んで痴態を提供していた事実。」
「だってえ、気持いいんだもん。
誰とえっちしたって気持よくなっちゃううう。」
これって女のコのホンネです。
「前彼にキュウリとかバナナとか入れられちゃったこともあったけど、全部忘れました。」
「あ、そう・・バイブとかディルドとかで遊ばれたこともあったけど、もう彼とは終わった恋愛だから忘れます」

[Res: 20025] 投稿者:ツマボッキ 投稿日:2016/03/07(Mon) 17:46
土日、出かけていたので覗いていなかったが、結構なレスをいただいてありがたいことだ。
質問があったから、それには答えよう。

バツ2の俺の妻は11歳年下の38歳、結婚して10年だ。
今でも20代のOLのように可愛い顔と中学生のようなロリ体形だ。
そんな俺の妻は20代前半にAVに出ていた。
まだVHSが主流の頃だった。

当然ロリータ物で、女子中学生役が多かった。
最初は普通にブルマやセーラー服での絡みだったが、そのうちSMやアナルもやり出した。
引退後、ネットがブロードバンドになってきて、無修正版が国外サイトから配信された。
俺はその無修正版をダウンロードしたDVDを8枚持っている。
妻の女性器に突き立てられた男性器の数々、可愛いセーラー服の妻が犯されて感じているその様は、今でも俺を勃起させる。

なにせ、引退後の妻は、ごく普通の可愛らしいお嬢さんだ。
あの卑猥なビデオの少女と同じ人物とは思えない。
それだけに興奮も大きい。

さて、カフンさんがいうように、奥様方の過去を振り返ったら、意外にエロかったりするもんだよ!

[Res: 20025] 投稿者:スチャラカパー 投稿日:2016/03/07(Mon) 19:45
スレ主さんご登場で・・・
またどこかの奴が他のサイトからコピッたスレかと思ったらちがいやしたねえ。

「真剣に恋愛をしていたわけで遊びで抱かれていたわけじゃない」とか「過去があるから今の奥さんがある」なんて言うけど、相手の男はどうだったのかな?
少なからず女の体目当ての側面もあっただろうから、性欲処理に使われたとも言えるよね?
自分の元カノに対する気持ちを思い出すと、奥さんに対する元彼の気持ちもわかるんじゃないかな?
セックスには快感が伴うから、奥さんだって快楽を期待して元彼に大股開きしてマンコおっぴろげたには違いないんだけどさ。

カフンさんのご意見はごもっともで、大学時代に帰省したときだけセックスした中学の同級生がいたよ。
お互い彼氏彼女がいたけど、長い休みに帰省するからお互い行き違い、つい、再会した地元の同級生の女の子と帰省中限定でセフレ状態。
今、お互い既婚で、子供のPTAで再び顔を合わせてけど挨拶するくらいさね。
そりゃあ、お互い連れ合いには秘密!

[Res: 20025] 投稿者:槇男 投稿日:2016/03/08(Tue) 19:50
ハルキさんは、奥さんが春樹さんと元彼を比べていると思いますか?
私は、女房は私と元彼を比べていると思います。
もしかしたら、あたしに抱かれながら目を閉じて、元彼に抱かれている妄想をしていたりするかもしれないとさえ思います。

ところで、カフンさんは奥様の元彼に嫉妬しませんか?

[Res: 20025] 投稿者:カフン 投稿日:2016/03/08(Tue) 22:36
「ところで、カフンさんは奥様の元彼に嫉妬しませんか?」
当然、嫉妬しますよ。
独身時代の妻は奔放でしたから。
みんな結婚すると貞淑な奥さまを演じるんです。
妻の背後には数人の男がいます。
妻の前彼の人数なんか、夫は知らされることはありません。
時々妻がすごくイッチャウときがあります。
そういう時って、たぶん、私に抱かれながら前彼を想像してたと思います。
そうじゃなかったら、夫にナイショで浮気した男のことを思い出してイッチャッタ。
女のコってみんなスケベです。
妻もスケベで良かったと思っています。

[Res: 20025] 投稿者:槇男 投稿日:2016/03/09(Wed) 19:25
 昨夜は、酔っ払って書き込んだので、タイプミスや誤変換が目立ちました。すみません。
 やっぱり、カフンさんも奥さんの過去に嫉妬するんですね。男は、なぜ奥さんの過去の元彼に嫉妬するのでしょうね。私も可愛い女房の過去には嫉妬します。
 最初のレスで書いたように、女房の過去には私の元友人を含めて4人の元彼がいます。そして、その元彼と女房はセックスをしています。この「セックス」が嫉妬の原因なのです。

 セックスは、スレ主さんが最初にお書きになった「想像してごらん〜」の想像通りの行為があったわけです。清純そうなお嬢さんだった女房が、元彼にDカップを揉まれ、乳首を吸われ、アソコを弄られ、元彼のモノをズボズボ入れられたんです。
 やっぱり、女性が裸を見られるのは恥ずかしい事です。まして、単なる裸なら閉じたクレバスで見えないアソコを広げられて、その神聖なる生殖器をじっくりと観察されるなんてこの上ない恥ずかしさだと思います。女房が、それを許した男の存在にまず嫉妬します。
 そして、その生殖器は、撫でられたり擦られたりすると気持ちのいい場所が存在します。そこをも弄られると、女性は感じて身体をクネクネさせて声を出して喘ぎます。恥ずかしい場所を見られて弄られて、嫌がるのではなくて喘ぐのですから、そんなことをさせた男に嫉妬します。
 更には、アソコに元彼のアレを入れて生殖行為をしたのです。たとえコンドームを被せていたとしても、破れないとも限りませんし、絶対的な避妊などあり得ない状況で、卵子の待つ子宮へ通じる膣内に元彼のアレを受け入れて、ゴム越しとはいえ射精に導く行為をしたのです。それは、その男の子供を欲しがった所以でもあると思います。
 カチカチに勃起したアレは女房のアソコに快感を与え、また自分も快感を得ていたのです。Dカップを揺らして快感に淫らな反応をする可愛い女房を見ながら、自分の性欲処理で悦んでいる女性がいることを誇らしげに思いながら射精したのだと思います。清純で可愛い女房に、それを許した男が私の前に4人もいたことは、悔しくて、嫉妬してしまいます。

 私の女房もセックスではかなりスケベです。自分でアソコを広げて私に舐めて欲しいとせがむこともあります。そんな恥ずかしい格好を私に見せてくれるとき、自分が特別な存在である嬉しさとともに、過去にもこんなことしたんだろうと思ってしまいますだから私は、カフンさんのように、女房がスケベで良かったと簡単に割り切れないのです。
 さらに言うなら、元AV女優と知りながら、その映像もたくさん見ていながら結婚できるスレ主さんも理解できません。スレ主さんの奥さんが受け入れたアレは10本や20本じゃないでしょう?たとえアイドル級に可愛くても、男女の秘め事である性行為を映像で晒した女性を愛することは、私にはできません。

[Res: 20025] 投稿者:金融マン 投稿日:2016/03/10(Thu) 11:54
借金を返済しない女を一夜抱いた後、遊び仲間に言われたカップル喫茶へ連れていった。嫌がる42歳の女も、仲間二人が交互に弄んだ。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/06(Sat) 20:02
そうぞうしちゃった〜〜
タマラン!

[Res: 20025] 投稿者:カツオ 投稿日:2017/05/06(Sat) 21:51
男は年代によって理想の女性像は変わります。
20代の男は処女妻を求めます。
30〜40代の男は・・っていうか、ある程度女を知ってる男は処女とは結婚しませんね。

落語には花魁を身請けする話しが出てきます。
つまり娼婦を妻にするのです。
男たち、みんな羨ましがったのです。

明治時代、坪内逍遙の奥さんは娼婦上がりでした。
山本権兵衛、総理大臣の奥さんも娼婦だった。
一昔前の財界人には、奥さん、芸者上がりだった方少なくないと思います。

男体験の無い処女なんて、マグロを嫁にもらうようなもんでしょう。

[Res: 20025] 投稿者:ポンコツ男 投稿日:2017/05/07(Sun) 21:03
ウチの嫁は11歳年下と若いことと、スタイルが良いことと、処女だったことしか自慢にならないほど顔が残念。
これで非処女だったら結婚してなかったな。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/09(Tue) 19:29
想像したら勃起した!

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/10(Wed) 01:35
処女でなかった妻俺も想像して勃起。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/10(Wed) 19:22
これはコーフンする妄想じゃのう

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/10(Wed) 23:13
ツマボッキさん、これから妻と元彼の妄想でオナニーして寝ます、

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/11(Thu) 18:54
女房と元彼のセックスを想像すると、確かに勃起する。
でも、女房を他の男に抱かせる気はない。
ここら辺が微妙なところ。

[Res: 20025] 投稿者:PP 投稿日:2017/05/12(Fri) 19:42
元彼ならまだいいですが、私の妻は元夫とのハメ撮り動画があります。
これは興奮ものですよ。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/14(Sun) 14:10
五十代夫婦でスナック、妻を常連客Mさんに週末だけ貸出、土曜の閉店から翌日昼まで、刺激があっていいですよ、今日もさっき帰宅その後買い物に、こずかいもらっているみたいだし、夫婦でセックスするときも、今までより燃えるし、過去じゃなく、今も妻は他人に又開いてます、妊娠の心配もないので中出しで。

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/14(Sun) 18:13
非処女の嫁には
見知らぬ男と
まぐわう過去が
切なさや

[Res: 20025] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/15(Mon) 19:43
コレ、1年前のスレじゃん!

[22326] 妻で試した結果 投稿者:恐るべし中国 投稿日:2017/05/10(Wed) 16:18
私は、48歳にして中折れをするようになり、悩んだあげく病院に行くと医者からバイアグラを処方され試したが、私には合わなかったようで使用するのをやめた。
そんな時、仕事で中国に行った際に現地のコーディネーターのオヤジとかなり仲良くなった。
夜も色々と女を紹介してくれたが、正直に中折れの事をコーディネーターに伝えると、良い薬があるからと次の日にある薬を渡された。
その夜、そのコーディネーターが飲め飲めとしつこく言うので私は中国製の心配はあったが無下にもできず仕方なくその薬を飲んだ。
結果、驚きの効果があった。
勃起力だけではなく性欲も増強され、久しぶりに20代の頃のようなセックスを楽しんだ。
その事をコーディネーターに伝えると、帰り際の空港で先日貰った薬を大量にまた貰った。
そして、それとは別の薬も貰った。
その別の薬とは、女性用の媚薬だとコーディネーターは言った。
ただ、男性用よりも効果にバラツキがあるらしいが、薬に合った女性は信じられないぐらいに性欲が増強し乱れるから注意して使えと言われた。

数日後、コーディネーターから貰った男性用の薬を使って妻を抱いた。
やはりかなりの効き目があり、妻は最後は痙攣を起こすぐらいで夫婦で喜んだ。
しかし、妻から中国製という事で心配だからあまり服用しない方がいいとも言われた。

私は、次にどうしても女性用の薬を試したくなったが中国製を信用していない妻に言っても服用するはずがないと思い、妻には黙って使用してみることにした。
使用するにあたり、準備が必要だった。
女性用の薬は、男性用と同じく錠剤で使用1時間前に服用すれば効果が出てくるらしい。
私はまず錠剤を粉々にし、それを一錠分毎に小さなジップロックの袋に入れた。

それから一週間後、子供が友達のところに泊まりに行く事になった。
私はこの日しかないと思い、夜妻を誘って久しぶりに2人で飲みに行った。
そして、妻がトイレに行った時に準備した薬の粉を妻のお酒に入れかき混ぜわからないようにした。
少し粉の粒が浮いていたのでバレるんじゃないかと心配していたが、妻はトイレから戻るなりお酒を全部飲み干しお代わりを頼んだ。
これで一安心だった。
その日の妻は、かなり飲んだ。
あまり飲み過ぎて薬の効果が出ないかもと思ったが、そうとは言えず妻が飲むのを見ているだけだった。
妻が薬を飲んで1時間ぐらいした頃、食べ物やお酒も丁度良い頃合いだったので、店を出てタクシーで自宅に向かった。
私はタクシーの中で自宅に着いたら妻をどうしようかと考えていると、タクシーの揺れでたまたま妻の座っているお尻の下に置いていた手がするっと入ってしまった。
その瞬間、私はびっくりして妻を見た。
妻も恥ずかしそうに私を見ていた。
それは、妻が座っていたシートがしっとりと濡れているのが手の平でわかり、逆の手の甲に座っている妻のお尻からもかなり濡れているのが伝わってきた。
私がそっと手を引き出し見てみると、それはお漏らしなどではなくネバネバした愛液だとすぐにわかった。
妻も恥ずかしそうに私を見つめながら口パクで、
《ゴメンなさい…》
と、言っていた。

自宅に到着し、先に妻を降ろしお金を払っている時にシートを確認したが、予想よりも濡れた面積が小さかったのでそのまま黙っていた。
家に入ってリビングに行くと、妻が私の方を向いて立っていた。
「お前、もしかして…濡れているのか?」
妻は恥ずかしそうにうなづいた。
「どうしたんだよ?欲求不満なのか?」
「全然、わからないの…。
お酒飲んでたら、急にムズムズしてきて…」
「お前、セックスしたいの?
タクシーであんなに濡らすぐらい淫乱だったのか?」
「そんな事言わないで!
だった、こんな事初めてだから私にもわからなくて…」
「でも、セックスしたいんだろう?
はっきり言ってみろよ!」
「…うん。
凄くしたい…セックスしたい…。
お父さん…抱いて…」
結婚して20年以上経つが、妻から求めて来たのはこれが初めてだった。
しかも、セックスとか抱いてなどの言葉も妻の口から聞いた事もなかった。
私はそのまま妻を寝室に連れて行き、電気を点けたまま妻を抱いた。
妻のマンコからは、今まで見た事がない大量の愛液が垂れ出し、パンティを搾ってみるとジワ〜っと愛液が染み出てきた。
人はこんなに愛液を垂らすんだと初めて知った。
私も実は、妻のお酒に薬を入れた時に男性用の薬を飲んでいたので、この晩は朝方まで夫婦で激しく抱き合った。

正直、こんなに効き目があるとは思ってもいなかった。
薬は、男性用女性用共まだまだある。
妻には悪いが、今はこれを他の女性に試してみたいと思っている。
まあ、中国製という事が気になるが…。

[Res: 22326] 投稿者:恐るべし中国 投稿日:2017/05/10(Wed) 17:42
連続投稿で、すみません。

前回、妻に薬を使ってから妻から求めてくる事もなく、以前のような感じだったので妻にあの日の事を聞くと、お酒に酔ったせいだからもうあんな事は二度とないと言われた。

そして先週、また子供が泊まりで居ない日に妻を誘ったが、妻にそんな気分じゃないとあっさり拒否された。
何となく腹が立ったのと、お酒を飲んでないときのあの薬の効果を知りたく、夕食の際に妻には見つからないよう妻のお茶に以前準備した一袋分を入れた。
そして、念のために私も一錠飲んだ。
妻は、夕食を食べながらお茶を一口二口飲んだ。
だが、最終的にはグラス半分ぐらい残し、さっさと片付けてしまった。
グラスに対しての適量もわからない中、半分も残したとなれば今回はダメだと諦めていた。
夕食後、妻と2人でテレビを見たり以前録画した物見たりして2時間ぐらいした頃に私は風呂に入った。
風呂から上がりソファに座って冷えたビールを飲んでいると、妻がゆっくり足元に来て私の脚と脚の間に座るとゆっくりと私の股間を触りだした。
「何してるの?」
「お父さん、さっきしようって言ったでしょう〜」
と、甘えるように言ってきた。
「お前、そんな気分じゃない!って言ったじゃないか!」
「あの時はねぇ〜。
やっぱり…する?」
「もういいよ。
そんな気分じゃなくなったから。」
私がわざとぶっきらぼうに言うと、
「ごめんなさい。
もうあんな事言わないから…ねぇ?」
「ねぇって、何?
はっきり言えよ。」
「…しよう…して欲しいの…」
「だから、何を?
はっきり言えって言ってるだろう!」
「うん〜…エッチ…セックスを…して欲しいの…」
「お前、いやらしいなあ〜」
「何だか、急にそんな気分になって…。
ねぇ、お願い…して欲しいの…」
正直、私の方が限界だった。
すぐに寝室で妻を私が気がすむまで抱いた。
妻も前回同様、大声を出して何度もイッた。
もうこれ以上出来ないと思い時計を見ると夜中の3時だった。
5時間はセックスし続けていたことになる。
やはり、この薬は本物と確信した。

[Res: 22326] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/11(Thu) 09:07
本当にそんな薬があれば、羨ましいですね〜。
私もED予備群といった感じなので、男性用の薬には興味があります。
でも、それ以上に女性用の薬の方が気になります。
奥さん以外に使われる予定などはあるのでしようか?

[Res: 22326] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/12(Fri) 07:40
私にも売ってほしいー

[Res: 22326] 投稿者:恐るべし中国 投稿日:2017/05/13(Sat) 18:14
私もまた来月中国に行った際、今度はちゃんと購入するつもりでいる。
ただ、幾らするのかがわからない。

まだ、他の女に試す機会がなく寂しい思いをしている。
今晩、また子供がいないので、妻で楽しもうと思っている。

[22314] 主人への奉仕での喜び 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/08(Mon) 12:51
私が言うのも変かもしれませんが、私の主人のペニスは凄く大きく性欲も人一倍あると思います。
でも、私は心臓の病気が発覚してからは、医師からセックスを禁止されています。
セックスで興奮する事で心臓に負担がかかるからと言われています。
ですから、主人とはもう10年近くセックスをしていません。
以前から主人には、浮気は嫌だけど風俗で処理して来てもいいとは言っていました。
実際はわかりませんが、主人は私にはそんな所は行かないと言っていました。

先月、会社の歓迎会の帰りに同僚建と初めてヘルスに行ったと言われました。
正直、私はホッとしました。
そして主人にどんな所でどんな事をするのかと聞くと、主人は恥ずかしそうに話してくれました。
そして、風俗嬢のフェラのテクは最高だと言っていました。
私はその日、体調も良かったのでどんなテクなのか主人のペニスで再現?してみました。
主人が、もう少しこうだのもっと舌を使ってなど指示されながらフェラしていると、そうそう!と言ったと思った瞬間、私の口の中で射精してくれました。
私は、初めて精子を口に入れました。
苦くて気持ち悪かったでしたが、主人が私のフェラでイッてくれた事が嬉しかったでした。
フェラなら私にも出来ると思いますから、これからはもっとフェラテクを磨いて主人を気持ち良くさせてあげようと思っています。

[Res: 22314] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/08(Mon) 21:57
夫婦ですから何事も話し合って理解するのは良いですよ。

雅美さんもご主人の夜の相手が出来なくて少しは負い目があったと思います。
ご主人も正直に打ち明けて、風俗嬢から受けた口技を指導して呉れた。

口技も唇を強くすぼめたり吸引したり、中で舌を上手く使えば本命の孔に匹敵する効果があります。
どうかこれからもご主人の指導の下、技の向上を目指して下さい。

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/09(Tue) 09:01
昨夜、主人にお願いされ頑張ってフェラをしました。
少し時間がかかりましたが、また主人はイッてくれました。
でもその後、興奮はしませんでしたがフェラの最中は息を止めたりするので、心臓に負担がかかったのか体調が悪くなってしまいました。
主人は既にに眠った後の事だったし、朝には良くなっていたので主人には言っていません。
主人が知れば、もうフェラもしなくていいと言うと思います。
少しでも夫婦らしい事をしてあげたいので、しばらくは主人には黙っておくつもりです。
たかがフェラですが、命がけ?だと思うと重たすぎますから。

[Res: 22314] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/09(Tue) 21:58
そうか、それも心臓に負担が掛るのですね。
優しいご主人だからその事を知ったら「もう、しなくてよいよ」と言われるでしょうね。

だったら、咥えて唾液で充分に濡らしてから親指と人差し指で輪っかにして前後にしごくのは? 
同時に左手の掌で亀頭や排尿口辺りを撫で撫でしは?

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/10(Wed) 05:43
おはようございます。
そんなテクがあるんですね。
今度、やってみます。
そうすると、男性は気持ち良いのですか?
フェラよりも?
他にも私でもできるようなテクがあれば教えてください。

[Res: 22314] 投稿者:エロ男爵 投稿日:2017/05/10(Wed) 09:54
雅美さんの年齢が不詳ですが、男性は五感で感じます。どのような姿でしてますか。

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/10(Wed) 10:30
私は、今年40歳になります。
主人が胸を触りたがるので、上半身は裸ですが下はパンティを履いてます。

[Res: 22314] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/10(Wed) 22:14
40才の女性だと今が一番熟した年代なのに惜しいことです。

ご主人にされて興奮しては心臓に駄目なのでしょう。
胸をモミモミされたり乳首を摘ままれたりは興奮しますよね。
抱き合う事もご主人には効果があると思うので、素股はどうでしょうか?
これは雅美さんが太股を閉じて股間にたっぷりのローションを流し、その隙間にご主人のアレを挟んでご主人だけが動く。

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/11(Thu) 07:58
素股ですか?
そんなテクがあるんですね。
ちょっと調べてみます。

昨夜、主人に先日教えて頂いたように、唾液で濡らして人差し指と親指だけでシコシコしながら、亀頭部分をもう一方の手や口で刺激していると、
「もう少し、カリの部分を…」
と主人に言われ、カリの部分まで人差し指と親指で刺激すると、びっくりするぐらいの勢いで射精してくれました。
精子が、天井に付いたかと思ったぐらいです。
主人から、
「どこで、こんなテク覚えたの?」
と聞かれたのでネットでと答えると、凄く気持ち良かったからもっと調べてと言われました。
本当に嬉しかったです。

[Res: 22314] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/12(Fri) 23:06
雅美さん、このテクでご主人に喜んで貰えて教えた甲斐がありました。
ご主人の発射に勢いがあって頼もしいですよ。

素股の場合は絶対にローションが必要です。
どうか試してご主人を喜ばせて上げて下さい。

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/13(Sat) 07:58
HIROさん、色々考えて頂きありがとうございます。
HIROさんのおかげで主人との距離が随分縮まったと思います。
また、色々教えてください。

素股をネットで調べてみたんですが、私にはちょっとヤバいかもしれません。
ネットには男性は勿論、女性もクリトリスが擦れるので気持ち良くイキやすいプレイと書かれてありました。
絶頂の興奮が心臓にあまりよくないので、このプレイは残念ながらちょっと遠慮させて頂きます。
せっかく教えて頂いたのに、ごめんなさい。

[Res: 22314] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/13(Sat) 10:26
雅美さん、素股は確かにご主人の固くなったアレが貴女のクリを刺激しますね。

もし雅美さんのバストがある程度大きければ両手で乳房を寄せた隙間にアレを挟むパイズリの方法もありますよ。

[Res: 22314] 投稿者:雅美 投稿日:2017/05/13(Sat) 14:05
パイズリは何度かした事があります。
一応Dカップなので多少はペニスを挟めるのですが、上手く上下することが出来ず主人もイマイチと言ってました。

[22337] 非処女だった女房で何が悪いのか? 投稿者:愛妻家 投稿日:2017/05/11(Thu) 19:22
何だか最近、非処女だった奥さんの過去がどうのこうのと言うスレが流行ってないか?
美人だったり可愛かったりすれば、男が寄ってくるからそれなりに性体験するものだ。
一回でもチンポが挿入されれば非処女になるのだ。
そんなことをイチイチ気にしてたら、結婚なんかできないと思うんだがね。

20年前に付き合い始めた頃の女房は24歳で、身長168p、B88、W59、H89のヨダレが出る身体で、顔はスケート選手の岡崎朋美に似た美人と可愛いが同居したようなイイ女だった。
それだけの上玉だけに言い寄った男はたくさんいたのだろう、濡れたマンコに俺のチンポがすんなり入った。
「アア〜〜ン・・・ダ、ダメェ〜〜・・・イヤ〜〜ン・・・」
股を開いてラブジュースが溢れる結合部を晒しながら身をくねらせていた。
俺は短小ではないが、かと言って特に巨根というわけでもないのに女房は、
「こんなに気持ちよかったのは初めて、セックスの虜になりそう・・・」
なんて言いやがった。
綺麗な顔してスケベな女だと思ったが、俺のチンポで虜になるなんて言われたら男冥利に尽きるとも思った。

実は、女房と付き合う1年前に別れた元カノは、俺に21歳の処女をくれた女だった。
俺はそれまで非処女としか付き合ったことがなかったから感激して、とても大切にして付き合っていたが、好きな人ができたと3年で振られた。
しかも、振られる前半年から、俺とその男と二股をかけていたと知ったときは目まいがした。
その時、純潔を幻想して女を捉えるから元カノの処女を崇拝してしまったことに気づいた。
女を一人の人間として捉えれば、好きな男とセックスするのは当たり前の事なのだ。
処女をもらったことに感激するのではなく、非処女よりは処女だったほうがなおいいという程度なのだ。
だから、女房が美人で非処女でも構わないけど、処女だったらラッキーってくらいに思えた。

女房と付き合って半年くらいの時、セックスするたびに俺のチンポがすごくいいというから、
「それまでの元彼はみんな短小だったのかい?」
と尋ねてみたが、
「違うの。もっと大きい人も小さい人もいたけど、何ていうか、あなたのは痒い所に手が届くみたいな、いい感じなのよ・・・」
と言って赤面していた。
「いろんな男を試したわけだ・・・」
と言ったら、ハッとした表情になり、その後、悟りを開いたように、
「女だって、いろんな男性に抱かれてみたいのよ。一生で結婚相手一人しか知らないなんて、勿体ないじゃない?独身で若いときなら、いいなと思った男性も相手にしてくれるから、セックスを経験しておくのも悪くないでしょう?」
「なるほど・・・いろんな男に抱かれてみたわけだ・・・美人は得だね。」
「誤解しないでよ。誰とでもセックスしたわけじゃないのよ。いいなと思った人、好きになった人だけよ。好きになった人で、これ以上はないなと思った人と結婚すれば、一生好きな男性に最高のセックスをしてもらえるわけだし・・・」
と言って俺を見つめたから、
「俺と結婚してセックスしまくるかい?」
と言ったらすごく喜ばれた。

多分、女房にとって俺は前の男達より魅力的だったのだろう。
何人もの男を試した女房のチンポの旨味を知った女体にマッチしたチンポが好きになった男についていたわけだ。常にいいなと思う男の新たなチンポを求めていた女房のお眼鏡、いや、マンコにかなった俺のチンポを味わいながら、前の男よりも長いとか、その前の男より太いとか、比較して味わっているんだろうな。

でも、美人でスタイルが良くて優しくてスケベな女房は、最高の女だと思う。
何本のチンポが女房のマンコを掻き回したか知らないが、初セックスから1年で結婚して19年、熟女と呼ばれる年齢になった女房はこれまた色気ムンムンで、子供を2人産んでマンコはドドメ色だけれど、体形はあまり変わっていないから最高の女房だ。

[Res: 22337] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/12(Fri) 19:40
処女厨には理解できないでしょうね。
理解できないから処女厨なのかもしれませんね。

[22335] 不妊のせいで落ち込んだ妻 投稿者:会社員 投稿日:2017/05/11(Thu) 13:34
今から、5年前の話をします。
私は両親と一緒に漁業(ワカメ・ホタテ・魚)で生活を送っていました。
そんな時、ネットで知り合った女性(妻)と仲良くなり半年の交際の末、結婚しました。
子作りも励んだのですが、中々出来なかった事もあり病院で調べると、妻に原因がありました。妻はその事を切っ掛けに、元気を無くし人とあまり話さない様になりました。
そんな生活も半年程続いた頃、仕事も最盛期(3月)で忙しくバイトを雇う事になりました。
結局、近所に住む厨学生(3年圭太)が名乗りを上げ手伝ってもらう事にしました。
彼の家は、両親が出稼ぎで祖父母と一緒に住んでいて、体格も良く(身長173cm・65kg)スポーツマンの彼は、大人同様の稼ぎをしてくれました。
彼は明るく、よく喋るので妻もだんだん打ち解け、今までに無い位明るくなり笑顔が見られる様になりました。
彼が手伝いに来てから、10日程過ぎた頃に、私は彼を家に招き夕食を一緒に食べる事にしました。
彼は、両親との別居に関しても明るく話していましたが、淋しさを感じる事ができました。
もちろん妻も同じだったと思います。
その日は、彼に泊まって貰う事にして布団の準備をしました。
夕食も終え、リビングでTVを見ながら世間話をしていると、圭太の彼女話になり妻が"彼女居るの?"と聞くと、"いませんよ"とちょっとムッとした感じで答えた。
妻「ごめん!そんなつもりじゃなかったんだよ」
圭太「・・・いいんです。学校の女はブスばかりですから・・・」
妻「女は変わるのよ!良い子いるでしょ」
圭太「居ませんよ!恵さんみたいに綺麗で素敵な女性は・・・」※妻(恵)と言います。
妻「えっ・・・嬉しい事言ってくれるね」
圭太「本当ですよ!恵さん綺麗です。近所でも有名ですよ」
妻「そんな事無いよ・・もう」
圭太「同級生の中にも、恵さんのファンが居るんですよ」
私「そうなのか?学生にも人気とは・・・お前もまだまだ捨てたもんじゃないな」
妻「もう、あなたまで・・・からかわないで」妻の話になると、圭太も明るくなった。
妻「そろそろ。圭太君風呂入ったら」
圭太「俺、後で良いですよ」
妻「明日も早いし、先は入って」
圭太「はぁ・・・」
私「何だ!恵さんと入りたそうだな?」
圭太「そんな事・・・」顔が真っ赤になっていた。
妻「もう、からかわないの?こんなおばさんと一緒じゃ嫌に決まってるでしょ」
圭太「それはありません。おばさんだなんて・・・先入ります」圭太は、急ぐ様に風呂に向かった。
風呂から出ると、妻が風呂に向かい圭太は髪を乾かしていた。
私「圭太!お前恵の事好きなのか?」
圭太「えっ・・・憧れです」
私「女性に興味が湧く年頃だもんな!俺も若い頃は、年上の女性に恋したもんさ!」
圭太「そうなんですか?」
私「女性の裸見た事あるか?」
圭太「ありませんよ!!!」ちょっと赤らめていた。
私「ちょっと見せようか?」悪戯心が湧きだした。
圭太「え〜またからかっているんですね」
私「本当だよ・・・ちょっと来て」私は、妻も圭太に褒められて満更ではない事を悟っていた。
圭太の髪にリンスを軽く付け脱衣場に向かった。
私「圭太リンス濯ぐの忘れたみたいなんだ。ちょっと流してくれないか」
妻「え〜今」
私「早くしないと濡れてるし風邪引くと大変だし」
妻「そうだけど・・・」
私「いいじゃないか?息子みたいなもんだし」
妻「ん〜」私は、圭太の服を脱がせ風呂の扉を一気に開けた。
圭太「すいません。直ぐ出ますから」
妻「いいのよ。ちゃんと流して」妻は、慌てる様に湯船に浸かった所だったが、私は"折角だから体も流してやったら"と妻に言った。
妻「ん〜そうね」そう言って湯船から出ると、椅子に座っている圭太の後ろに膝間ついた。
私は、その場を離れリビングで2人を待つ事にしたが、内心ドキドキしていた。
今まで感じた事のない、興奮と緊張。
他の男(学生だが)に妻の裸体を見られていると言う嫉妬感!全てが私の何かを目覚めさせた感じがした。
しかし、私の望む物とは違い、風呂からの厭らしい声は聞こえては来なかった。
10分もすると、2人が出て来るのが分かった。
私も2人と入れ替わる様に風呂に入り、ここで2人は何かしたのだろうか?触り合ったりしたのか?色々頭を過っていた。
風呂から出ると、2人はリビングでTVを見ていたが、私は妻に"ちょっとビール持って来てくれ"と頼んだ。
私「圭太、恵の裸どうだった?」
圭太「あ・素敵でした。でも、じっくり見れませんよ!」
私「そうなのか?折角チャンスあげたのに・・残念」
圭太「・・・・」
私「触ったりした?」
圭太「し・してませんよ!」顔が真っ赤になった。
私「触っても良かったのに」
圭太「え・・・・」ビールを持ちながら妻が戻って来て"何話してるの?"と聞いて来た。
私「お前の裸はどうだった?ってね」
妻「もう、あなたったら」私はビールを飲みながら"今日は3人で寝るか?"と言うと、妻も圭太も特に嫌がる事も無く、布団のの準備を始めた。
私は、ビールを飲み終えると圭太を連れて寝床に向かった。
川の字に並んだ3枚の布団の端に圭太が横になった。
私は反対側に横になり布団を掛けた。
妻が入って来ると"私真ん中!"と言いながら渋々横になった。
圭太は妻と反対側を向き、妻は私の方を向いていた。
私は妻のパジャマに手を伸ばし、ボタンをそっと外し始めた。
"ちょっとマズいは・・圭太君も居るでしょ"と耳元で囁いだが、私は反強制的に服を脱がせ全裸にさせた。
"もう知らないわよ"と言いながら妻のおまんこは濡れていた。
手で、おまんこを触ると妻は"ビクッ"と反応した。
私は布団を肌蹴ると圭太に"見ろ"と言わんばかりに激しく妻を愛撫した。
隣を見ると、さっきまで向こうを向いていた圭太は、姿勢を変えこっち向きに目を瞑っていた。
いや、薄目を開けていると推測できた。
俺は彼の目の前で、妻のおまんこにチンポを挿入し、激しく突いた。
妻も、声を出さない様に我慢していたが"あっ・うっ"と声がこぼれていた。
私は、小さい明かりも消し真っ暗にすると、圭太の肩を叩いた。
そして、耳元で"お前も入れたいだろ"と囁くと微かに"はい"と聞こえた。
私は、チンポを抜き圭太に変った。
妻は、俺だと思いながらバックから彼のチンポを咥え、喘いでいた。
彼の"うっ"と言う声と同時に、私は電気を付けた。
目をパチクリさせながら妻が驚いていた。
妻「どう言う事・・・」
私「彼も、もう興味が湧く頃だ。淋しだろうし今日はいいだろ」
妻「でも、厨学生よ。マズイわ」
私「もう、遣っちゃたんだし」妻は呆れ顔で、頷いた。
妻が納得すると同時に、2人で妻を愛撫し妻は圭太のチンポも舐め始めた。
厨学生とは言え、俺よりも大きかった。
もちろん体格も良く若いだけあって、チンポはガチガチに堅く真上に向かって剃り上がっている。
俺の後に、圭太が挿入すると、妻は"凄い堅く、太い〜"と声を出している。
私は、疲れ横で圭太のプレーを鑑賞しながら"圭太!気持ちいいか?"と聞いた。
圭太「はい、最高に気持ちいいです」
私「これからも、もっと遣りたいか?」
圭太「いいんですか?」
妻「駄目よ。今日だけ・・・特別」
私「圭太が喜ぶなら、いつでもいいぞ」
妻「何言いだすの?駄目よ」
私「いいじゃないか?お前も気持ちいいんだろ?」
妻「気持ちいいけど・・・近所にバレたら大変よ」
私「大丈夫だろ!近所はみんな年寄ばかりだ耳も遠いし」
妻「もう!」そう言いながら、太い圭太のチンポを咥え始める妻だった。
翌朝、5時に起きると妻と圭太は、もう起きていた。
リビングに向かうとキッチンで妻が、朝食の準備をしていたが、圭太の姿が無かった。
私「圭太は?」
妻「え〜・・・・ここ」苦笑している。
妻の元に向かうと、下半身剥き出しにされ、おまんこを舐める圭太がいた。
私「お前な〜」
圭太「すいません。忘れられなくて」
妻「貴方が良いって言ったのよ?もう」私は、呆れながらもその場を離れ、顔を洗いに向かった。
結局、その場で圭太は妻の中に一回出すと、私と一緒に船でワカメを刈に出掛けた。
船の上では、圭太は真面目に働き、大人顔負けの仕事っぷりだった。
お昼過ぎまで、作業は続き午後1時過ぎに、作業小屋で昼食を取った。
小屋の中には、私と妻、圭太と私の両親が居たが、圭太は両親の目を盗んでは、妻の体を触っている。
夕方15時には、作業も終わり両親は帰宅、その後、私と圭太と妻で後片付けをしていたが、圭太が"ここでも良いですか?"と言いだし、"何を"と答えると、"抜きたい"と言った。
一度、許すと若者は怖い物で、圭太は性の相手としか妻を見なくなっていた。
その日も、結局圭太は我が家に泊まった。
成之と言うか、圭太が望んだと言うか?圭太は、一度家に戻り着替えを持って来たのだが、やたらと多い。
彼は、長期で泊まる気なのだ。
良く働くし、こちらから望んだ結果だったので、断る事も出来ない。
妻は、私を見て"どうしよう!毎回相手するの?"と聞いて来た。
私は"そのうち飽きるよ!"と軽く答えたんだが、そうは行かなかった。
私が、買い物をしに出かけ戻ると、キッチンには妻と圭太が夕食の準備をしていたが、妻の様子がおかしい。
私も妻の傍に行くと、妻は全裸にエプロン姿にさせられていた。
妻「貴方・・・」
圭太「こんなの好きですよね?よく本で見るんです」
私「そうだが、客来たらどうするんだ!」
圭太「見た人驚くよな!こんな綺麗な女性が全裸にエプロン姿なんだから」
私「お前!加減ってあるだろう。出て行くか」
圭太「それは困ります。でも、みんなにバラされても困るでしょ?」言葉を失った。
妻も同感の様で、食事の準備を続け料理を運び始めた。
妻は食事中も全裸で、圭太に胸を揉まれている。
夕食を終え、風呂に向かう妻を追い、圭太も向かった。
圭太「恵さん、俺の体洗って貰えます」
妻「・・・」私も、心配になり一緒に風呂に入る事にしたが、凄い光景を見る事になった。
風呂に入るなり、妻の口にチンポを寄せ"さぁ綺麗にしてくださいね"と舐めさせ、ギンギンになったチンポを顔にビシビシ当てながら、"俺が体洗ってあげるよ"と石鹸で妻の体を撫でる様に洗い始めた。
おまんこに手が伸びると妻が"ちょっとそこは自分で・・・"と言うが、圭太は"いいから、手を放して"と妻の手を避けた。
一通り洗い終えると、髭剃りで妻のマン毛を剃り出した。
私「圭太、それはダメだよ」
圭太「無い方が綺麗です。ね・恵さん」
妻「好きにして!」
圭太「そうですよね!恵さんは物わかりが良いですね」圭太は、妻の毛を全て剃り満足げに"AVみたいですよ"とニヤけた。
圭太「でも、旦那さんも大きくなっているじゃないですか?チンチン」確かに、私も無意識に興奮し勃起していた。
恥ずかしい話である。
風呂から出ると、そのまま寝室へ向かい圭太は、妻を愛撫し始めた。
妻も、初めは仕方ない!と言う感じではあったが、5分もすると喘ぎ始め"凄い!!!大きい"と言い始めていた。
圭太「そう言えば、良い物持って来たんです」と言い荷物の中から何か出した。
圭太「これ大きいでしょ!」と巨大なバイブを出した。
妻「そんなの入らないよ。壊れる」
圭太「大丈夫!入りますよ」と半ば無理やり中に押入れた。
妻「あ〜駄目・・・圭太君取って!」すっかり飲み込んだおまんこは凄い光景。
圭太「ほ〜ら、すっかり入った!」妻は、黙って目を瞑ったが、圭太が徐徐に動かす度に"あっ・あ・逝きそう"と声を出した。
次の瞬間!ビュッと潮が空を舞った。
初めて見た妻の潮吹きだった。
妻も余りの出来事に意識を失いそうになっている。
圭太は次々と道具を出し、妻のおまんこに挿入させ遊んでいた。
もちろん、自分のチンポも何度も入れ、中で出したのは間違いない。
始まって1時間が経過しても、尚、圭太の性欲が終わる事は無く、結局2時間は、妻の体を堪能していた。
妻は、ぐったりしながら圭太のチンポを綺麗に舐めていた。
翌日も、その翌日も圭太は我が家に泊まり、私の目の前で妻を犯し続けた。
圭太に遊ばれ、妻のおまんこも腫れ上がり、クリトリスも大きくなっているのが私でも分かる位だった。
穴も開き気味で、緩くなっていた。
毎回中だしされても、妻は妊娠しずらく安心だったが、明らかに妻も変わりつつあった。
彼がバイトに来て10日目、その日は、波が荒れ海に出る事が出来なかったので、休みになった。
私は船を流されない様に、縛りに海へ出かけた。
20分もすると、堤防の方に妻と圭太らしき人影が見えた。
私は、心配になり後を追った。
堤防の裏に回り、岩沿いを歩いて行く2人は、大きな岩の陰に姿を消した。
私も、そっと音を立てない様に岩陰が見える所を探し、向かった。
妻は、レインコートを着ていたが、半透明で中は全裸である事は、直ぐに分かった。
強張った顔をし、圭太を見つめている。
圭太は、レインコートの上から妻の体を触っていた。
圭太は、妻のレインコートのボタンを外し、裸体が現れたが、おまんこにはバイブが入れられ紐で固定されるのが見えた。
妻が時より見せる歪んだ顔は、バイブ振動に反応したからだ。
圭太は、妻を座らせると、チンポを咥えさせながら頭を撫でていた。
妻はもう、圭太の奴隷となっていたのだ。
逆らう事もせず、一心不乱にチンポを咥える妻!私がこうしてしまったと反省もしたが、興奮が上回りただ茫然と見守る事しか出来なかった。
そして、ただ誰も来ない事を祈りながら、家に帰る事にした。
家に着いて、1時間位経って圭太と妻が帰って来た。
妻は、相変わらずバイブを付けられ首輪も付けられ、赤らめた顔で私を見ていた。
圭太が私を見るなり、妻のおまんこからバイブを抜くと精液がダラダラと垂れ太股を伝った。
その夜は、圭太も一人で寝る事になり、久々に夫婦でベットに横になった。
妻「もう、私・・・彼を拒否出来ない」
私「すまない!俺のせいだ!こんな事になるなんて」
妻「彼が、怖い!!!私を人とは見ていない様で・・・」
私「家畜とでも思っているのか?」
妻「そうね…どうなるんだろう?私!彼には逆らえないの?」
私「・・・バイト辞めてもらうよ」翌日、圭太をリビングに呼びバイトの件を話した。
圭太は、あっさりと了承し荷物をまとめ家を出て行った。
平和な生活と同時に、忙しい生活が始まった。
その日以来、圭太の姿を見る事も無くなり、ちょっと心配もしていた。
夜は妻とも性生活を送ったが、妻が満足する事は無かっただろう。
圭太の巨根に緩々にされたおまんこは、俺のチンポではスカスカ状態だった。
妻の体もすっかり変わり、圭太の調教で一日中、おまんこから糸を引く淫乱女に変っていた。
妻は、言わないが欲求不満になっていたと思うと、心が痛んだ。
圭太が居なくなって1週間が過ぎた。
その日は、海の仕事も無く私は街に買い物に出掛けた。
昼前に出掛け、4時頃に家に戻ると妻の姿が見えなかった。
"恵!"と声を掛けたが返事が無い。
2階にあがり寝室に入り唖然とした。
ベットに全裸で縛られ、首輪と口にはハンカチが入れられていた。
隣には圭太が全裸で座り、妻のおまんこを弄っている。
圭太「久しぶりです」
私「何してるんだ!もうお前は・・・」
圭太「ちょっと待って下さい!恵さんが招いたんですよ・・・俺を」
私「そんな訳無いだろ」
圭太「そうですか?携帯に連絡が入った・・・俺のチンポ欲しかったのかな?」
何も言えなかった。
妻は目を反らし涙がこぼれていた。
私「そうなのか?恵!」圭太が口からハンカチを取った。
妻「ごめんなさい!貴方、どうしようもなくて・・」
圭太「だから言ったでしょ」圭太は、妻のおまんこにチンポを入れ激しく突かれると、直ぐに潮を噴き上げた。
欲求不満解消なのか?妻は彼のチンポを堪能している様だった。
私は、傍でただ見ている事しか出来なかった。
久々にみる圭太のプレーは激しく、凄かった。
その日を最後に圭太の姿を見る事は無かった。
祖父母に聞いた話では、両親の元に行ったらしい。
彼が居なくなって2ヵ月が過ぎ、我が家に吉報が運ばれた。
妻が妊娠したのだ。
圭太の行為で妻の体質が変わったのか?不明だが、明らかに私の子供を妊娠したのだ。
妻も私も喜び、両親は気が早く、子供の服を買い始めていた。
圭太には夫婦共に感謝している。
最終的には妻と私に子供を授けてくれたんだから・・・。

[22334] 年の差夫婦のきっかけ 投稿者:一穴男 投稿日:2017/05/11(Thu) 11:57
56歳になる公務員です、妻は10個上の66歳で既に年金生活に入っています、子供は2人ですが上の長女に孫がいます
下の子は男の子ですが、未だ独身で東京の会社で働いています、彼女はいるようだけど結婚は未だ先みたいです

妻は同じ役所の同僚ですが、彼女は経理系で私は総務系だったので同じ部署にいたことはありませんでした
ただ、新人の頃に課のお茶等が先輩のお局様が煎れていたのですが、帰り際にお茶碗を洗うのが私の役目で、
そのときに経理課の分も彼女と一緒に洗っていて、それが縁で食堂などではよく一緒に昼飯を食べていました

私は最初は地下鉄で通勤していましたが、2年目から中古車を買って車で通勤するようになったのですが、
その年の初夏頃でしたか、土曜に彼女から親戚の家で法事があるから車で送ってほしいと頼まれたんです
2区間だけ高速に乗る必要があったけど、ガスと高速代を払うからということで私もそれをOKしました
当時、役所の土曜は半ドンといって午前中だけ勤務していました、私は午後はいつもドライブをしていたので、
ガス代と高速代が彼女持ちということなので、どうせドライブするならと、気軽に引き受けたわけです
仕事が終わって机で待っていると、和服の喪服に着替えた彼女が更衣室から出てきたのでちょっとビックリ
というのも彼女は当時34歳だったのですが、女性としては大柄なうえ見た目より老けて見えるひとだったのが、
髪を纏めてお団子にし、喪服とはいえビシッとした和服に着替えると、全く違う女性に見えたからでした
普段の彼女なら手を出そうとは思わないけど、今の彼女なら悪代官になって帯を引っ張ってくるくる回し
泣き叫ぶ彼女に圧し掛かってもよさそうな雰囲気でした、聞くと着付けをお局様に手伝って貰ったとか

それから彼女を乗せて1時間ほどで目的の家に着き、2時間ほど近くをドライブがてら時間を潰しました
法事が終わった彼女をまた乗せ、彼女が乗る電車の駅に行こうと思いましたが、季節は初夏で暑かったので
彼女も大量の汗をかいており、このままでは服が汚れるので、どこかで着替えたいと彼女が言いました
そこで高速へ入る前にインター近くにあったラブホへ入ったんです、ご休息2時間2〜3千円位だったと思います

部屋に入ってすぐ、彼女はパッパと服を脱ぎ始めて襦袢姿になってエアコンの吹き出し口の前に立ちました
そしてそのままシャワー浴びてくるわといって風呂場に行ったのですが、この風呂場が曲者でした
実はこの風呂場、鏡がマジックミラーでベッド側から小さなカーテンを開けると中が丸見えなんです
私はすぐそのような構造に気付き、カーテンを開けてみたら、丸裸でシャワーを浴びてる彼女が目の前に
一通りシャワーを浴びると、中腰になってお腹にシャワーを当てつつ股間から一筋の水流が出てきました
そう、彼女はシャワーを浴びつつオシッコしてたんです、もうこれ以上ないくらい興奮しました、
髪の毛をキュとまとめていつものオバサン顔から締りのある顔で、大柄な体のとおり巨大なお乳とお尻
しかも大柄な体に似合わず腰がキュとくびれており、プロポーションが抜群であることを初めて知った
そう、彼女は顔はアレだったけど体は凄かったんです、そして顔も髪の毛次第でキビキビした感じになる
これで勃たない奴は男じゃない、今までこの女を放っておいた男は本当に無知だった訳ですね
やがてバスタオルを巻いた彼女が出てきて、貴方も汗を流しなさいよと言ってくれたので、私も入りました
もちろんカーテンは開けたままです、彼女が私を見てどうするか反応を確かめたかったからでした
彼女にもミラーの存在が浴室からの明りを通してすぐ分るように、予め部屋を少し暗くしておきました

シャワー室に入って、例の鏡の正面に立ち既にビンビンに勃起したチンポを握り鏡に向かって突き出しました
石鹸を全身に塗りたくり、泡を立てつつも勃起が続くようにチンポをしごき続ける姿を鏡に見せ付けました
最後に石鹸を洗い流し、タオルで体を拭きましたが、それも鏡の前で行いました、チンポを勃てながらです
バスタオルを腰に巻いて浴室を出てベッドサイドに行くと、彼女が顔を真っ赤にしながら顔を伏せています
あぁこれは全部見られたと思ったので、彼女の横に座り話しかけようとすると、彼女の方から話してきました
これで全部見ていたの、アレも見たのと言うので、全部魅せて貰いました、代わりに僕のも見せたでしょと
アァ恥ずかしい、もう貴方の顔を見られないと言うので、そんな事ないですよ、○枝さんは凄く綺麗でした
オシッコだってずっと我慢してたのでしょ、それじゃ体に悪いし、健康なら誰でもするじゃないですかと
イヤン恥ずかしいこと言わないでと泣き出しましたが、そこで肩を抱き寄せて、彼女にこう言ったんです
それじゃ、僕たちこれからお付き合いしませんか、それならお互いに見られても恥ずかしくないでしょとね
それを聞いた彼女は、エッ私で良いの10歳も上よと言いましたので、僕が相手じゃイヤですかと聞いたら
貴方がイヤな訳ないわと応えてくれたので、それじゃ僕も○枝さんと付き合うのはイヤじゃないですよ
それでそのまま引き寄せてキスしました、すぐに引かれたけどまた抱き寄せると彼女は抵抗しなくなり
そのままベッドに押し倒しましたが、バスタオルを巻いただけど格好ですから、すぐに全裸になりました

彼女の乳房は柔らかく、揉みながら乳首を吸うとアンアンともだえます、そのまま口を下にずらしてゆくと
アァ、そこはダメと言い、マンコを片手で隠そうとしましたが、そんな抵抗も弱弱しくクリを舐めると
すぐに抵抗は止み、私が両手で彼女の股間を広げようとした時には、私になされるがママでした
さすがに彼女の陰唇を両手で開いた時には、見ないで恥ずかしいと言いましたが、マンコ全体を舐めてやると
アァン〜ともだえ、膣口からドクドクとイヤらしいお汁が溢れてきましたが、膣口は固く閉まっています
そのまま上にいって彼女にキスしながら、もしかして○枝さんエッチは初めてと念のために聞きました
そうしたら、私この年にまで男性と付き合ったことがないのと言うじゃありませんか、つまり私が初めての彼氏
かく言う私も学生時代はずっと晩生で、先輩に連れて行ってもらったトルコ(現ソープ)で脱童した素人童貞
つまり、お互いに恋人同士になるのは初めての経験で、セックスだってお互いに初めてのようなもの

それで結局その日は挿入は諦めました、もっと恋人同士としての付き合いを深めたかったからです
尤も、そこまでやってしまった訳ですから、ぎこちないながらも彼女にフェラはしてもらい口内発射しました
彼女はそれも初めてだったので、少し咽ながらも僕が好きなら精液を飲んでと頼むと、頷いて飲んでくれた
その後、2人で改めてお風呂に入り、出た後はベッドで69をして2度目の射精、それも彼女は飲みました
結局、1時間程度で出るつもりだったホテルに4時間近くも滞在し、口に2発、手で1発の合計3発射精、
彼女もクンニで何回も逝ったようですが、挿入はなかったので彼女は処女のままでした

翌日から恋人として付き合いが始まりましたが、既にお互いの裸も性器も目の前で見あった仲で、
お互いにその進展は早く、彼女の年が30半ばと言うこともあって、結婚を前提とした付き合いになりました
それで翌週の週末に近場の温泉へ2人で泊まりに行きました、そこでようやく彼女の処女を頂いたわけです
それから毎週のように彼女とラブホで逢引を重ね、自分もようやく彼女と結婚する気持を固めました
まぁ、彼女の方は最初のきっかけになったホテルの時から私を結婚相手と決めていたと言っています
どうせ私の親は、彼女の年齢を考えると反対すると思ったので、最初からデキ婚を考えていました
処女だった彼女と殆ど童貞に近かった私がセックスを始めて3ヶ月を過ぎた頃、私が25になった時に
避妊をやめました、それまでも完全な安全日(生理の2〜3日前)には中出しをしていました
彼女は、危険日でも中出しは構わなかったそうですが、さすがに私の決心が固まらなかったのでした
丁度、彼女も私とのセックスで逝けそうになる頃で、彼女も私とのセックスに積極的になった頃でした
今から子作りやるよと言うと、嬉しいわ、貴方の赤ちゃんが欲しいわ、頑張ってねお父さんと言われたよ
それから週末だけでなく、平日も仕事が終わったら彼女と会ってセックス三昧、ホテル代がもったいないので
公園や車の中でも中出しでやりました、終わると精液が出ないように下半身を上にする努力もしました
その櫂もあって、子作りを始めた翌月には彼女の生理が止まり、2週間後に妊娠判定したら陽性でした

こうして私達夫婦は結婚にこぎつけ、翌年に長女を授かりました、いわゆる年の差夫婦ですが
これが結構良かった、普通の夫婦がレスの頃も若い私の性欲が衰えず、妻とは週に4回はやってたし
お互いに浮気などもする気が起こらなかった(私だけか)その余韻か、妻が還暦を過ぎてもセックスに積極的で、
アソコの濡れ具合も聞く限りでは同い年の女性より良いと思います、何よりその年でもセックスで
ちゃんと逝けるので、私も嬉しいです、妻もあと少しで70代だけど、女は灰になるまでと言われてるし、
これからもずっとセックスを続けたいですね

[22325] 私の妻に 投稿者:会社員 投稿日:2017/05/10(Wed) 12:34
妻を寝取られた(寝取らせた?)時の事です。
妻は29歳で2歳の子供が1人います。
胸はCカップで、身長は小柄、どちらかと言うと可愛いタイプです。
私にNTR願望があり、色々試してみた中の話です。その日は私が職場の飲み会、妻も友人と久しぶりにお酒を飲むという事で、子供を実家に預けてそれぞれ出かけました。
私の方は職場の飲みという事もあり、つまらない限りでした。
しかも途中から面倒な先輩に捕まってしまい、さらに帰りたい気分倍増です。
その先輩(以降、井上とします)というのが50代前半で結婚歴なし、風体は芸能人でいえば温水さんをもう少し不細工にした感じです。
以前から職場の同僚へのストーカー疑惑や、普段からの気持ち悪い独り言などがあり、もっぱら素人童貞という噂です。
ただ、職員旅行の風呂場などでの目撃談ではチンコは凄いものを持っているという話でした。
飲み会で井上に捕まってしまった私は、2次会にも一緒に行く事になってしまい、元々友達もいない井上なので、捕まえた私にどうでもいい話をずっと話しかけてきました。
井上の話を適当に聞き流していると携帯が鳴り、妻からの電話でした。
これで適当に理由をつけて帰れると思い、喜んで電話に出ました。
電話で妻はかなりハイテンションで、「一緒に帰るからどこにいる?」という内容でした。
まぁ帰れるならいいやと思い、場所を教えて妻が来るのを待ちました。
しばらくして妻がやってきましたが、かなりフラフラです。
これは帰れる口実になると思い、帰り支度をしていると、妻が井上に挨拶をし始めました。
上司でもないので別にいいのにと思っていたら、フラフラの妻は刺身の醤油を倒し、井上のズボンにかけてしまいました。
帰れると思っていた矢先の出来事で焦ってしまい、謝る時に思わず、「これから家に行くんで、着替えてシャワーでも浴びていってください」と言ってしまいました。
井上は電車通勤で、家までには1時間ほどかかります。
さすがにこの状態で電車に乗せるのは申し訳ないという気持ちから言ってしまいましたが、余計な事を言ってしまったと、この時は思いました。
井上も断るかと思いましたが、すんなりと受け入れる辺りが井上が少し変わっている一因でもあります。
仕方なく3人でタクシーに乗り、家に向かいましたが、その途中で迷惑をかけながらも酔っぱらって爆睡している妻を見ているとNTR願望が出てきました。
この後井上と妻だけにしたら何が起きるだろうと考えると、私自身の酔いもあり、どんどん妄想が膨らんでいきました。
やがて家に着き、爆睡して全く起きない妻を井上と2人でソファに運び、井上にはシャワーを浴びてもらいました。
井上がシャワーを浴びている間に妻の確認をしましたが、やっぱり全く起きる気配がありません。
服装は膝くらいまでのワンピースで胸元はボタンが3つくらい付いていて、胸元を開ける事が出来る服です。
とりあえず井上が食いつきやすいようにボタンを全部開けておきました。
やがて井上がシャワーから帰ってきたので、もう一度謝った後、ズボンはクリーニングに出すからと井上にスウェットを預けて、隣の来客用の部屋に泊っていってくださいと言いました。
遠慮するかなぁと思っていましたが、そこは家にまでついてくる井上ですので、すんなり承諾しました(笑)その後井上は「起きないのか?」とか言いながら、ジロジロと妻の事を見ていました。
時間も遅かった事もあり、井上を隣の部屋に案内して、妻はソファにそのままにしてリビングの電気を消されないようにリモコンを隠して私は2階の寝室に行きました。
私の家はリビングが吹き抜けのような造りになっていて、2階のある場所から1階の様子が伺えます。
私は寝室に行くふりをして井上に挨拶をすると、2階に隠れて1階の様子を伺ってみました。
しばらくすると井上が隣の部屋から出てきて、妻の様子を見ながらリビングを横切っていきました。
一見トイレに行った風ですが、水を流す音がしないまま井上は戻ってきました。
戻っきた井上はキョロキョロと周りを見渡していますが、私の事は気付いていないようです。
誰もいないのを確信したのか井上は妻に近づいていき、眠っているかを確かめ始めました。
肩を揺すっても全く反応しない妻を見て井上は想像通りの行動に出ました。
井上は貸していたスウェットを脱ぎ、自分のチンコを取り出すと妻を見ながらしごき始めました。
井上のチンコは噂通りのモノで、特に太さが凄まじく、5センチ位はありそうです。
井上は妻の手を自分のチンコに持っていき、手を添えて握らせると手コキのようにして、すぐにビンビンにしていました。
その後妻のワンピースを捲ると、膝を立ててその間に入り込んで、妻のパンティを横にずらしていきなり自分のモノを妻に入れようとし始めました。
見つからないように焦っているのか分かりませんが、濡れてもいないのにそんなに大きいモノを入れようとしても当然入りません。
井上はパンティが邪魔になったのか、起きる気配のない妻を確認しながらパンティを脱がせ、また挿入しようとしますが、やっぱり亀頭の先が埋もれる位で、中には入っていきません。
井上は何度か押し込もうとして腰を動かしていましたが、突然動きが止まったと思ったら、「んふぅ」と小さく呻き声を上げてそのまま射精を始めました。
井上の先は妻に密着していましたが、ほとんど入っていなかったので、精液は妻の陰毛やワンピースの端の辺りなどに飛び散りました。
井上は射精が終わっても荒い息のまましばらくその体勢のままでいましたが、ティッシュを取ると精液のかかったワンピースやソファを拭き始めました。
ある程度拭き終わったところで、井上はさっきと同じようにまた妻の足の間に座りました。
井上のチンコはすっかり回復し、もう初めの時と同じくらい勃起しています。
その回復っぷりに驚いていると、井上はまたすぐに妻に挿入しようと自らのチンコを押しつけていきます。
さっきと同じでなかなか入らないようでしたが、精液で滑りが良くなったのか、井上が動くと井上のチンコはだんだんと妻の中に埋没していきました。
それでも太さのためか入りにくいようでしたが、何回か押し込んでいくうちに半分くらいまでが妻の中に埋没しました。
そこまで入ったところで、荒々しく息をしていた井上はビクッと体を痙攣させ、動かなくなりました。
井上はしばらく結合部を見ていましたが、井上が動き出し、自分のモノを妻から引き抜くと、萎えた井上のペニスは精液でベトベトになっていました。
一旦妻から離れた井上は妻の寝ているソファの横に座り妻をジロジロと見ていましたが、おもむろに立ち上がると、隣の部屋に行き、携帯電話を持ってきました。
そしてボタンを開けておいた胸元に手を入れてはだけさせ、妻の胸を露出させると乳首を弄って立たせて、写真を撮ったりしていました。
その後も乳首を舐めたり、揉んだりといった事をしていましたが、しばらくして立ち上がり、また妻の足の間に入り込みました。
まさかと思いましたが、見ると井上のチンコは回復していて、脈に合わせてビクビクと動いています。
井上はさっきと同じように妻にあてがうとチンコを押し込んでいきます。
さっきまでと違ったのは、慣れてきたのか、挿入がスムーズになっていました。
抵抗感もなく押し込んだだけ井上のチンコは妻の中に埋もれていき、さっき井上がイッた時よりも奥まで井上のチンコが挿入されました。
ほとんど入りきったあたりで、井上はまた携帯電話を取り出し、今度はムービーで撮影を始めました。
片手で携帯電話を持ちながらのため、かなりぎこちない動きで出し入れを始めると、さっき出された精液がブチュ、ブチュともの凄い音を出しています。
妻は相変わらず寝ていますが、さっきまで弄られていた胸ははだけたままで、まさに普通のセックスのような状況です。
井上が腰を動かす度に出る卑猥な音と、妻の胸が揺れるのを見ながら、既にビンビンだった自分もオナニーをしました。
十数回動いた後、井上は呻き声を上げてまた妻の中で果てました。
井上は妻に腰を密着させ、しばらく深く差し込んで自分の精液を妻の奥に出しきっているようでした。
その後、井上は精液まみれのチンコを引き抜くと妻の服装を元に戻して、泊まると言っていたのにスーツに着替えてそそくさと帰っていきました。
急いで妻の所に行ってみると妻は凄まじい状況になっていました。
最初の射精で汚れたワンピースは十分に拭かれていなかったからかカピカピになっていて、生臭い匂いがします。
乳首も強く噛まれたのか赤くなっていて痛々しく立ったままでした。
そして、妻のあそこは白く泡立っており、奥を確かめようと広げてみると精液が大量に出てきました。
ティッシュで拭きとってもう一度見てみると、奥にもドロドロした精液がまとわりついていました。
妻はもうすぐ生理だと言っていましたが、出来るだけ妻の中から井上の精液を掻き出してから寝ました。
次の日の妻に聞いてみると、私に電話をした事も覚えていないそうです。
井上も何だか訳の分からない事を言って、帰った事を誤魔化していました。
幸い妻は妊娠しないで終わりました。
それ以来井上はやけに馴れ馴れしくしてきて、一緒に飲もう的な事を言ってきますが、癖になられると困るので、あまり関わらないようにしています。

[22317] 穴兄弟 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/09(Tue) 16:22
俺と妻Tは五十代の夫婦、私達夫婦は私の親友のMと三人でよく飲みに行く、結婚後何年もして、妻の初体験がMと知った、私とMは妻を抱いた穴兄弟である、

[22313] 偽りの夫婦関係 投稿者:カイエン 投稿日:2017/05/08(Mon) 02:05
私の妻は、40歳ですが童顔のせいもありかなり若く見られます。
そういう妻を私の前で寝取らせるようになって、2年ぐらいになります。
切っ掛けは妻の浮気の発覚からで、妻や妻の両親から泣いて謝られ離婚だけは許して欲しいと頼まれました。
私を裏切った妻を決して許す気にはなりませんでしたが、表向き許す事にしました。
そしてその際、妻に条件をつけました。
それは、これから一生私の言う通りにする事です。
勿論、妻は承諾しました。
そして、妻は私の目の前で妻の知らない男に抱かれるようになりました。

初めは、男に抱かれながら私を見て泣きながら喘いでいましたが、今では私にもっと見てと言わんばかりに興奮しています。
私は、目の前で妻が抱かれるのを見て興奮する事はありません。
そんな愛情などは、もう一切ありません。
私が妻を寝取らせているのは、妻を使って他の男の奥さんやパートナーとセックスするためです。
相手がSWを希望するならしますし、お互い貸し出しを希望するならそうします。
特に希望や条件がなければ、私の前ででセックスしてもらってます。

[22311] 夫婦じゃないですが 投稿者:40代カップル 投稿日:2017/05/07(Sun) 22:20
バツイチ同士で付き合ってます。
彼女は離婚後一年ほどですが ポチャで話好きの彼女で
エッチな雰囲気は全くなかった彼女で私が知りあった時はまだ結婚してるときでした。
メールで話すようになると 結婚中なのに彼女は二人の彼氏がいて驚きました。
しかも聞いていくと彼氏と彼女は言ってるけど 相手も既婚者でホテルで会ってるだけのセフレでした。
「それってセフレにされてるだけでしょ?」と言うと
「好きだから彼氏も私とエッチをしてると思ってたけど
確かにエッチするまでは優しいけど 終わったらさっさと帰ってるかな」と気づいたようでした。
しかも二人の彼氏は知り合いらしく3人で会うこともよくあると言ってて
「それって3Pもしてるの?」と聞くと
「いや3人でホテルには入るけど一人ずつとエッチをして
一人は見てたり撮影したりかな でも最初は
私が一人をフェラをしてもう一人が私のアソコを舐めてるかな
入れるときは一人づつだから3Pではないよね」と
3Pをしてることにもあまり気づいてない感じでした。
私も彼女とならヤレそうと思い
最近会う回数が減ってると聞き 私もしたいことを話すと
「本当?最近オナニーばっかりでご無沙汰なの」とあっさりOKされ週末会うことにしました。
久しぶりのエッチに興奮しキスをしおっぱいを軽く舐めて
マンコを見ると すでにグチョグチョの使い込まれた真っ黒なマンコに驚きました。
ご無沙汰だからか真っ黒なマンコを開くとマンカスがいっぱいで臭いもあったけど 知り合いだった彼女の臭いに興奮し
舐めまくりました。
肛門も臭ってたけど舐めてあげると
「お尻まで舐めてくれるの?」と感じてました。
相当なヤリマンなんだと思い 生で挿入しました。
すると私のチンポで感じまくりで濡れ方も凄く 
激しく正常位で腰を振りました。
「こんな激しいの初めて」と感じてるので
「バックでもっとしてやる」と言うと
「うんうん バック大好きなの」と彼女から四つん這いになりました。
デカイ尻に入れようとしたとき
「こんなにチンポが好きな女とは思わなかったよ」と言うと
「おちんぽ大好きよ 彼氏がしてくれなくて困ってたの
おちんぽ入れてもらわないと私はダメなの」と言われ
ケツを叩いてあげると それも嬉しそうで
「ヤリマンなんだね 誰のチンポでも感じるんだろ」と言うと
「感じちゃうわ 誰にでもやらせちゃうし ナンパされて断ったことないもん」と普段の彼女からは想像もできないエロ女でした。
「旦那ともしてるの?」と聞くと
「してくれないの だから旦那の弟と何年もしてたけど
去年結婚したの それからはしてくれなくて それから彼氏と会ったの」と相当で私は興奮し彼女の中に勝手に出しました。
出すと彼女は咥えてきて精子まみれのチンポを舐め
「まだできる?このおちんぽ凄く良かった
お願い入れて」と言われ 2発目の中出しをしました。
翌日も興奮しててまたやりたくなり彼女に連絡すると
喜んできてくれました。
時間がなかったのでいきなり立ちバックで無理やり入れようとすると ニュルンっと入りました。
「時間がないからすぐに出すから」と言うと
「うんうん いっぱい出して」と言われ中に出しました。
「気持ち良かった 時間がなくてごめんね」と謝ると
「謝らないで 出してくれただけで嬉しいもん
今日もしてくれてありがとう 出すだけでいいから
また呼んでね」と言われ彼女は帰って行きました。
翌日も夕方くらいになると 出したくなり
「今日も出したい気分なんだ マンコ使わせて」と言うと
「凄いね すぐに行くわ」と来てくれ 玄関で立ちバックで入れました。
デカ尻を押さえ一分もしないでマンコに出しました。
「スッキリした?毎日呼ばれて立ちバックされたい」と笑顔で言ってくれました。
本当に毎日出すだけのために彼女は来るようになり
彼氏二人からの誘いも断ってるらしく
週末はベットでじっくりと攻めてあげました。
それから彼女は離婚し私と付き合うようになりました。
付き合いだして回数が減ると足り無さそうな彼女に
「元彼二人と3Pをしてきたら?」と言うと
「毎日はあなたも辛いよね 明日でも会ってみようかな」と言うと翌日本当に3Pをしてきました。
「気持ち良かった また来週も約束したけど良かったかな」と
ヤリマンは直らないんだなと思いましたが付き合ってます。
AVを見ながら彼女のマンコを使うと最高で
オナホールのようです。

[Res: 22311] 投稿者:名無し@熟年夫婦 投稿日:2017/05/07(Sun) 23:11
便所

[22306] 愛妻 投稿者:40歳夫婦 投稿日:2017/05/06(Sat) 22:03
結婚して15年が過ぎ妻は独身の頃より7キロも太ったけど
マンコは最高です。
子供を産み私に会うまでに8人の元彼に使われたマンコです。
ピルは使ってますが私は妻と始めてから生で中出しをしてました。
元彼にも生ではさせてたとは聞いてましたが 最近になって
元彼全員に彼らの誕生日の日だけ中出しをさせたと言ってました。
私はこの歳になって中出しの話を聞き 嫉妬で妻のマンコに挿入しました。
「誕生日だからって中出しで気持ち良くさせるなんて
いやらしいマンコだな
何回妊娠したんだよ」と聞くと
「妊娠はしなかったわ だってその時は大好きだった彼だもん
中出しさせて気持ち良くしてあげたかったんだもん
いつもはみんな一回なのに誕生日は2回とか多い人は4回も出した人もいたわ ごめんね 今はあなただけだから」と言って
私は興奮し妻に出しました。
そんな妻の過去を聞きながらするのも好きで妻の元彼に買い物中に会うと夜はその彼とのセックスを聞きながらします。
嫉妬で興奮する私に妻もいやらしく話してくれます。
数日前にホームセンターで会った元彼は
「あの人よ誕生日に4回も出したのは おちんちんがね凄く太いの それなのにお尻に何度も入れようとしてね
結局先っぽだけ入れてお尻に出してたわ」と言われ
嫉妬で妻とやりました。
かなり前は 妻と私と妻の母と買い物中に会った元彼は
妻の母も知っててショックを受けました。
帰宅して
「さっきの彼よ 部屋でバックでしてるとこを お母さんに見られて ゴムはつけなさいって言われて 
お金がなくて買えないですって答えた彼」と言われたこともありました。
でも今は専用のマンコなので満足してます。

[Res: 22306] 投稿者:HIRO 投稿日:2017/05/07(Sun) 16:55
愛妻さんは8人の元彼にはめられた歴史があるのですね。
それを貴兄に素直に話される今は夫婦仲が非常に好い証拠。
男も中年になると性欲も少し衰え、夫婦のマンネリ化が進みます

そんな時に、奥様から元彼とのそれぞれの営みを聞けるのは刺激になるでしょう。
私の妻は処女で私と結婚したのでそうした経験話が聞けないのは少し残念な気もします。
だから時々はママ友達の雑談から仕入れた営みの様子を聞いておかずにしています。
でも、私が初めての男であった事には感謝ですね。