[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. 40を過ぎてオンナを取り戻させてくれた昔の...  投稿者:たまこ 投稿日:2018/01/11(Thu) 21:04 No.25647

不倫を考えているとここにきてしまいまました。
誰にも言えなかった体験を自慢(笑)します。

一昨年の9月。職場で色々あったのでパートの休みの日、家事をするのも面倒になり、気晴らしに久々に天王寺に...数年ぶりで様変わりしていて、デパートの中をうろうろ。
紳士物階で冷え切った(笑)旦那の財布をみていたとき、突然「たまこ〜!」って呼ばれた。
20年ぶりの声...学生時代に最低な別れられ方をされたケンだった。
存在を否定してきたつもりが突然よばれて...一瞬にしてカラダの奥が熱くなったような気がした。
「ちょっと仕事の農閑期でさァ〜会社抜け出してたんよ〜」っと相変わらずの変な東京弁(笑)
「久しぶりジャン! ぇ〜」と20年前のおしゃべりが突然はじまった。
早めの昼ごはんを食べて終わる頃に突然「ごめんなぁ〜」っと。
20年ぶりの突然の再会たっだけど一時間ぐらいで恋人気分にもどっていた自分にハっと気づいた。
それからは旦那や家族のこともわすれ...近くのラブホテルに

部屋に入るとお互いにカラダを求めた。
旦那との気の入らないエッチと違いマジなキス。求め合うキス。久々にオンナに戻った。
ケンの太い腕が私の腰にまわり私の熱い芯があっというまに滴った。
ブラウスをはがされケンの優しいキスが私に吸い付いた。
2年ほど毎日カラダを重ねていたケンは私を覚えていてくれた。
全てを脱がされる前にいってしまった。

私もケンのカラダを忘れてなかった。お腹廻りは少し太くなったけど変わらないケンケン(笑)
お口で愛してあげるときの吐息も変わらない。
そして私の芯の中にケンケンがやってきて...
久しぶりの本当のセックス。
40をすぎてもう枯れていくだけだと思ったらケンが生き返らせてくれた。

まだオンナとしてオトコに見てもらえるんだという悦び。
ケンとは月に1〜2回しか会えないけど...オンナを思い出した私。
それからは周りから少しオンナとして見てもらえているような出来事がつづいてます。


2  名無し@人妻告白 - 2018/01/11(Thu) 23:30 No.25652
    女として
    いやいやケンは都合のいい便所として だよ


3  インポ野郎 - 2018/01/11(Thu) 23:46 No.25653
    同じだ。
    独身じゃないけど、ついつい気分は独身に成ってさ、
    お互い求めあい、昔のプレイより激しくなる。
    家族が待つ主婦、家族が待つ主人。
    ベットの中で裸体で求めあう昔の恋人。
    二人は残した家族を想いながら、
    「いくよ、」
    「うん、ちょうだい。」
    「うっ。ああっ。」
    「あん、あああ、来てえ!」
    結婚式の誓いの言葉は、もう皆無。
    たまこは彼に抱かれて、逝く女に成れたんだ。


4  寒ブリ - 2018/01/12(Fri) 13:55 No.25654
    突然「たまこ〜!」って呼ばれた。20年ぶりの声

    普通は「たまこさんですか?」とか、「たまこだよね」となるのが20年ぶりと思うがどうだろうか?


5  たまこ - 2018/01/18(Thu) 18:38 No.25739
    お名前が少し書きにくいですが...
    インポ野郎さん
    気持ち、少し分かってくれる方でありがとう。
    仕事が休みの火曜日にケンとオトコとオンナになってきました。
    この時間だけ...大切にしたい時間だった。
    他の人に何を言われても...大切にする時間です。


6  インポ野郎 - 2018/01/20(Sat) 05:44 No.25754
    膣に旦那以外が入るって、
    女には特別な存在感だと、20年前主婦が逝ってた。
    この感覚を味わえない生真面目な女子、
    旦那以外の男を味わってごらん。
    人生楽しめるから。

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)