[掲示板に戻る] [最下部へ移動]

1. PTA凄い−U  投稿者:美佳 投稿日:2016/10/19(Wed) 15:26 No.19598

済みません、もう一度紹介します。
会長はまじめな雰囲気の40代。
赤根役員ママは30代のやせ形で看護師さんです。
副会長パパの名前は三井さんと知りました。大柄です。
副会長ママはメガネをかけ40代で三益さん。
友田さんは豊満な女性役員で40代前半。
広報の白井パパさんはおでぶで30代前半。
恩田さんは年齢はわかりませんがたぶん30代後半の中肉中背のパパ。
英子さんはわたしと同じ30代後半。
森川さんは物凄い美人で30代前半ママ。
前回わたしを抱いたパパ役員で新藤さんは40代前半でした。
そこに筋肉質な男性役員石川さんは30代中盤。
もうひとりは神経質そうなメガネをかけたパパ役員で30代後半の真治さん(皆がそう呼んでいます)
最後にいやに色気のある40代後半のママ役員菅井さんです。
色白で唇が厚く、身体をくねくねさせながら喋ります。

わたしはおでぶの広報白井さんに抱かれていました。
クンニと挿入だけでしたが今は分厚い唇でキスや
乳房もいたぶられてしまいわたしはもういけないほど
感じていました。
ただちょっと不満なのは太いのですが長さが足らず
奥まで突いていなかったことでした。
「物足りないですかね?」と白井さんは腰を動かしていますが
わたしは「はい」とは言えません。
「大丈夫、、、そのうちわかるから」などと言うのですがわたしは2人が見ている前で性交をしているのだと思うと
あそこは物足りないのですが頭の中はめちゃくちゃ興奮していました。
更に挿入が激しくなり今度は後ろからしようと言われわたしは
「駄目駄目」と言いながらも四つん這いにさせられていました。
すぐに彼のモノが入ってきました。違う感覚でした。
気づくとまわりからもとてもいやらしい声や笑い声、叫び声が
聞こえてきていました。
すぐとなりの2人もどうやらセックスをはじめたようです。
森川さんがフェラチオをしていました。
しかもわたしの顔のすぐ横で口の中にペニスが出し入れされて
いました。視覚でも興奮、聴覚でも興奮、そして体もです。
本当に長い性交です。わたしは叫び声をあげてしまうことが
人生でこんなに長く続けたことはないでした。
足も突っ張ってしまっています。
そしてオーガズムがやってきました。
「イク、イク!」わたしは大声で叫んでしまっています。
「とうとうイクんだね」白井さんが続けて「こっはまだだよ」と恐ろしいことを言ってました。
隣では挿入が始まっていました。
きれいな森川さんの顔がまたゆがんでいます。
たぶん20分も犯され続けていました。そして2度もアクメを
迎えています。
今は正常位でしたがそのとき白井さんが「イク!いくよ」と
叫ぶとわたしの膣からペニスを引き抜いたのです。
やっと解放されたのですがそれより驚いたのがセックスを
していた森川さんが顔をこちらに向け広報白井さんの精液を
口で受け止めはじめたのです。
わたしは荒い息をしながらその修羅を眺めてしまっていました。


2  ミキ - 2016/10/19(Wed) 16:52 No.19600
    嫁さんも飲んでくれるよ。


3  美佳 - 2016/10/24(Mon) 17:47 No.19646
    もう何がなんなのかわからない頭の中でわたしはシャワーを
    浴びていました。
    すぐに誰かが入ってきました。わたしは驚いてみると
    英子さんでした。英子さんも疲れた態でしたがいやらしい
    表情を浮かべていました。
    「あの人、タフでしょ?」白井さんのことを言っているのです。
    わたしは笑いながら頷いていました。
    「こういう中年って若い子とは違ってHが好きだから凄いのよ」
    彼女にもシャワーのノズルを貸しました。
    「どういう意味?」
    「だから若いときは本能でガンガンやるけど、中年になると
    Hな人間だけはそのままってこと」
    なるほど、、、そうなのだと思います。
    そうなると自分もその仲間なのか?と自己嫌悪ですが、、、。
    悪いのは旦那に対してで、セックスが好きなのは悪くはないのだと思ってしまう自分もいます。
    しかし、まだ膣の中に白井さんが入っているような感覚に
    とらわれていました。
    けして長いモノではないのにあの密着感はなんなのでしょう。

    「まだしてるのかしら?」
    わたしは水分を拭いながら聞くと「わからない」と英子さん。
    部屋からはあまり声は聞こえてきません。
    皆がシャワーを使いたがっているのかな?とわたしと英子さんは寝室に向かうと全員が全裸で床でくつろいでいるのです。
    しかも思い思いのパートナーと抱き合い談笑。
    恋人?同士の会長とヤンママ役員はわたしたちの後にすぐ
    シャワーのために立ち上がりました。
    最初にわたしを抱いた新藤さんはメガネママの三益さんも
    一緒にシャワーに立ちました。
    三井さんは色気むんむんの菅井さん。
    豊満な友田さんが神経質そうな真治さんと。
    広報のおでぶパパはひとり。
    恩田さんは美人の森川さんと。
    わたしが入っていくと英子さんがわたしに石川さんの
    隣空いているわと言うのです。
    わたしはもういいよと小さい声で言いますが石川さんが
    たくましい体を見せつけながらわたしに手招きしていました。
    仕方なくわたしは石川パパの隣に裸のまま座ると
    「いいスタイルですよ」とほめてくれますが疲れてて嫌な
    予感です。さっきの激しいセックスが終わってまだ20分
    しか経っていないのです。
    「ありがとうございます」
    「シャワー浴びないと」と石川さんが言いますがなかなか
    バスルームが空きそうもありません。
    すると英子さんが「嫌ね〜、お風呂でしてるみたい」
    確かに耳を澄ますとバスルームからいやらしい声が聞こえて
    きました。
    こちらはテレビもついていて聞こえなかったのですが確かに
    男女の声です。
    「あはは」英子さんとおでぶパパが急いでバスルームへ行き
    ドアを開けるとシャワーのお湯を出したまま4人が立ったまま
    セックスしてるとのこと。
    「あらあら」と誰かが。
    「シャワーも浴びれないのかあ、、、困ったなあ」と
    石川さんがわたしの太腿に手をおいてきました。
    嫌だとはっきろ言えばいいのにわたしは彼のまだ誰かの
    愛液で乾ききっていないペニスを見てしまっていました。


4  ミキ - 2016/10/25(Tue) 14:56 No.19657
    お風呂も楽しいね


5  美佳 - 2016/10/25(Tue) 15:55 No.19659
    英子さんがタイミングよくわたしを呼びました。
    「ほら、凄いわ」
    バスルーム内では会長がヤンママを立ったまま後ろから挿入。
    新藤さんが三益さんにフェラチオをされていました。
    しかもヤンママは立っている新藤さんとキスや乳房を
    舐めていたのです。
    わたしは戦慄しながらも食い入るように見てしまっていました。
    「いやらしい」英子さんも背後からおでぶパパに抱きすくめられながら呟いていました。
    わたしも濡れてきてしまうのです。
    なんでこんな体になってしまったのか?
    湯けむりで見え隠れしているのですが4人の男女が一体と
    なってセックスをしているのです。
    気づくとわたしの背後にも石川さんが立ちわたしの腰を
    抱いてきました。
    彼のペニスがわたしのお尻にあたり勃起しているのが
    わかりました。
    「震えていますよ」などとわたしの耳元に囁きながら
    わたしの胸を手で包み込んできました。
    「固い」わたしの乳首のことを言っているのでしょう。
    傍らを見ると英子さんは立ったまま白井さんのペニスを
    握ってゆっくりとしごいていました。
    わたしは身をよじりながら目の前のセックスに夢中になり
    石川さんのペニスがわたしのお尻の割れ目を前後に行き来
    しているのです。大柄な彼なのでもちろん無理に腰を
    落としてそうしてくれているのだと気付くとわたしは
    自ら爪先立ちになってしまいその行為をやり易くして
    あげてしまっていました。
    そしてお尻の穴から膣にかけての肉に石川さんの棒が
    こすりつけられわたしは我慢の限界になろうとしています。
    傍らを見ると英子さんの股間におでぶパパが指を突き入れて
    いました。英子さんは苦悶の表情をしながら自分でも腰を
    振っているのです。
    わたしの顎を石川さんがとらえ顔をよじると石川さんの舌が
    わたしの口中に入れらてきました。
    激しいキス、、、。
    ヤンママがいきなりわたしたちに声をかけてきました。
    「寒いから入ってきて」
    わたしと英子さんは後ろから押されるようにバスルームの
    中に足を踏み入れました。


6  ミキ - 2016/10/25(Tue) 16:26 No.19660
    狭くても楽しいバスルーム


7  美佳 - 2016/10/26(Wed) 12:40 No.19666
    実はここのバスルームはけっこう広いのです。

    石川さんが熱いシャワーを浴びボディソープをわたしに
    渡して洗ってくれというので手で洗いますが旦那の体も
    洗ったのはずいぶん前なのに初対面同然の男性の体を
    洗うとは思ってもみませんでした。(もちろん性交もですが)
    すぐ横では激しいセックスが繰り広げられているにも
    かかわらずわたしはシャワーの飛沫を浴びながら今、
    石川さんの勃起したペニスを泡立てていました。
    いくら多少は広いとはいえ8人の大人の男女がいるのですから
    必然的に肌と肌、手足が触れてしまうのは必然です。
    英子さんと白井さんは完全に今は立ったまま見合う体位で
    合体。お互いにいやらしいキスをしながら乳房も吸っています。
    会長は今まで恋人のヤンママとセックスをしていましたが
    今はバスタブに手をつく三益さんを犯していたのです。
    当然、新藤さんはヤンママと立ったまま後ろから。
    わたしは圧倒されていましたが石川さんが膝まづいて
    わたしの股間を下から舐め上げてくれています。
    わたしは脚をがくがくいわせながら叫んでいました。
    彼は見上げながら「美味しい、美味しい」と言いながら
    わたしの膣を食べているのです。
    自分の陰毛が濡れそぼりいやらしさを増しています。
    いきなり新藤さんがわたしの腿裏を持ち上げます。
    石川さんが舐めやすいようにしてるのだと思いますが
    最初にセックスをした新藤さんがそんなことをわたしに
    するなどとは思いもよらずびっくりしてしまいました。
    そしてわたしの顔を引き寄せるとなんとキスをしてきたのです。それも舌を可能な限り出してからめてくるのです。
    わたしは「嫌」と言い避けようとしますがバランスが悪い
    態勢なので新藤さんは他のPTA役員女性を犯しながら
    わたしをも蹂躙していたのです。


8  ミキ - 2016/10/27(Thu) 06:36 No.19675
    舌を絡めるキス
    指であそこをかき回しているよう。


9  美佳 - 2016/10/28(Fri) 15:41 No.19698
    会長がいきなり射精をしました。
    シャワーを出したままなので精液がどんどん垂れ流しです。
    三益さんも膝をがくがくいわせながら「最高」と叫んで
    いました。三益さんの細い腰にも白濁したものが垂れて
    いるのが見えましたが今はわたしも集中しなくてはいけない
    ときです。
    石川さんが「舐めてください」とわたしをひざまづかせると
    勃起した肉のかたまりを顔に差し出してきました。
    なので新藤さんとのからみはもうありません。
    石川さんのペニスはわたしからみて大きく右にそっていました。なので亀頭からではなく棒のほうからくわえました。
    彼はわたしの髪をくしゃくしゃにしながら喘いでいました。
    先端を舐めると悦んでくれ自分から腰を動かしわたしの口中に
    ペニスを押し込んできます。曲がっているためにわたしの右頬が膨らみなかなか舌をつかうことが難しく苦戦。
    でもじきになれます。
    というか人の奥さんである自分がこんな状況でこんな場所で
    フェラチオの勉強などしていていいのでしょうか?
    いつの間にかわたしたち2人と英子さん組だけでセックスを
    なっていました。
    石川さんは「もう我慢できない」と言いわたしを立たすと
    バスタブに手をつかせ後ろから曲がったペニスを挿入してきました。
    物凄い快感というか変なところにあたるのです。
    バスルームの壁では立ったまま英子さんが犯されていますが
    おでぶ役員のは短いのでどの程度入っているのか疑問です。
    ただ英子さんは白井さんの肉太の体に腕を巻きつけて大声で
    悦んでいるので大丈夫かもしれません。
    今はそれどころではありません。
    わたしは緩急をつけた出し入れの素晴らしい性交に魅せられて
    いました。テクニシャンな石川さんの性交にわたしの体は
    満足の悲鳴をあげていました。
    寝室からはまた大勢のいやらしい声が聞こえてきてそれも
    わたしを興奮させます。
    もちろんわたしたちの叫び声も聞こえているのでしょう。
    そしてセックスを終えた男女がシャワーを浴びにバスルーム
    に入ってきてわたしの恥ずかしい性交渉を見ながらシャワーを
    浴びるのです。
    しかもバスルームは煌々と灯りがついていて細部まで見られて
    しまっているのです。
    入ってきたのは美人役員の森川さんと真治さんでした。
    真治さんは神経質そうな人でしたが性欲が旺盛な男性だと
    わかりました。言葉少なくただひたすらセックスに励むのです。
    真治さんは森川さんとシャワーを浴びながらわたしたち性交を
    眺めているのです。スレンダーでちょうどいい乳房や恥部を真治さんに洗われながらじっと見つめる2人。
    そんななか英子さんの相手の白井さんが大きな声で「ウッ!」と言いながら英子さんの腹部に射精をしていました。
    立ったままなのでどんどん精液は下に落ち、わたしが立って
    いるところに流れてきます。
    わたしはPTAパパに犯されながら他の男性の果てた精液を
    足にシャワーのお湯とともに浴びているのです。
    いやらしい状況にわたしもアクメを迎えてしまいます。
    「駄目、、、駄目〜イク!」石川さんはそれでも責めます。
    「こっちはまだですよ」と言いながらわたしの乳房を掴み
    後ろから容赦なくペニスを叩き込んできていました。
    森川さんも「激しいわね」と言ってるのが聞こえます。
    「ほらほら」と言いながら石川さんは腰を打ちつけてきて
    やがて「中でイッていいかな?いい?」などと恐ろしい
    ことを言い出したので「中だけは駄目!」と強く言うと
    「ああ〜!」と雄叫びをあげるとわたしの背中に射精。
    「あらら、こんなに出るんだわ」と森川さん、、、。
    そんなにかけられてるのか?とわたしは恥ずかしい気持ちで
    いっぱい、、、。こんなところで最後までしてしまったのです。
    森川さんがわたしにシャワーのお湯をかけてくれました。
    荒い息をしながら振り返ると真治さんがいやらしい目で
    わたしの全裸をねっとりと見ています。
    石川さんもシャワーを浴び皆で水分を拭き取り寝室に戻ると
    恐ろしい光景が目に飛び込んできたのです。


10  ミキ - 2016/10/28(Fri) 18:07 No.19701
    背中に射精したことないよ


11  美佳 - 2016/11/02(Wed) 16:12 No.19760
    なんとヤンママ役員の赤根さんと豊満な友田さんが
    いやらしいモノでつながっていたのです。
    いわゆるレズプレイというやつでしょう。
    太くて長いディルドが双方の背後から膣に挿入され
    2人はあんあんいいながらセックスをしていたのです。
    しかも皆はそのまわりを取り囲み見ていたのです。
    赤根さんはそのスレンダーな身体をくねくねさせながら
    お尻を振って、友田さんは豊満な乳房を床にこすりながらも
    大きな声で叫んでいました。
    そして男性陣も女性陣もいやらしい表情でその痴態を眺めながら愛撫やキスをしているのです。
    わたしはベッドに這い上がりその様子に固唾を飲み見つめて
    しまっていました。
    普通なら室内はうすら寒いはずなのに大勢の裸の男女と
    今のレズプレイで温かく快適でした。
    しかも恐ろしいことに男性たちがそのオモチャの真ん中を
    手で握り「もっと奥まで」とかいやらしいことを言いながら
    煽るのでした。
    わたしは新たな興奮を覚えています。
    更にそのプレイは続き筋肉質の石川さんが2人の女性の
    下に入り込むと友田さんの大きな乳房を吸いながら自分の
    ペニスをヤンママの顔下に持っていくとフェラチオを
    させたのです。
    そのさまは激しくなり友田さんも膣と乳首で快感を増大
    させ、ヤンママは大きなペニスを頬張り、膣では太い
    おもちゃでめちゃくちゃにされ恐ろしい態を、、、。
    わたしの膣から愛液がにじみ出てきました。
    「もう死ぬ!」と友田さんが最初にギブアップし、床に
    倒れこみますが下には石川さんの顔があり彼の顔面は
    友田さんの乳房で押しつぶされるかたちとなります。
    「く、、、苦しい」と石川さんは呻きますが友田さんの
    痙攣はそのまま続いていました。
    そんな様子を見ていた役員男女も我慢できなくなった
    のでしょうか?
    キスも激しくなりお互いの性器を舐めはじめた人もいます。
    ベッドがきしみふときづくとわたしの隣にはあの真治さんが
    いました。彼は無言でしたが明らかに興奮しているようです。
    わたしはなんだか寡黙な真治さんが怖かったのですが
    彼の手がわたしの太腿から膣に滑り込んできたときには
    触られやすいように足は開いてしまっていました。
    彼は何も言わずにわたしのクリトリスを撫で、レズプレイの
    顛末とわたしの顔や胸を眺めていました。
    「ものすごい濡れ方だ」と一言言うとわたしは彼とキスをしていたのです。
    ベッドがきしみ


12  ミキ - 2016/11/03(Thu) 06:22 No.19761
    レズプレイって見たことないけど、すごく興奮するよ。


13  弁護忍 - 2016/11/07(Mon) 16:37 No.19822
    しばらく見えないけど
    身内にばれたのかな


14  美佳 - 2016/11/09(Wed) 14:53 No.19856
    申し訳ないです。

    キスは意外に優しく、舌も入れてきません。
    わたしは疲れていたのでちょうどよかったのですが
    気になってしかたありません。
    下では歓声があがるほど女性同士のセックスが盛り上がって
    いました。
    友田さんが復活?して今ではオモチャを抜き取ってヤンママと
    抱き合いキスをしたりお互いの乳房を吸い合っています。

    ふと見ると真治さんのペニスはまだ元気が無いようでした。
    それを見た真治さんは「どうしよう」と言うのです。
    わたしはそんな真治さんが愛おしくなってしまっていました。
    「頑張るわ」とわたしはそんな言葉を口にしてしまいました。
    真治さんはベッドに横になるとわたしは彼のペニスを
    手にとりさすりながら顔を近づけました。
    それはぐんにゃりとしていましたが緊張していました。
    舌で亀頭部分を撫でるとひくついていました。
    「頑張らないと」と思いながらわたしは陰茎の裏を舐めました。自分の鼻に亀頭が触れ男の匂いがしました。
    それに興奮をしてしまい陰嚢も口に含んで様子をみました。
    真治さんはわたしの肩を掴みながら呻いていました。
    唾液がたくさん湧き出てきてそれを機にわたしはペニスを
    上からくわえ込みました。まだ頭は揺らさず舌だけでフェラチオをします。
    くちゅくちゅといやらしい音が聞こえますが他のPTA役員の
    セックスの声でそれは目立たないほどです。
    そろそろ激しく頭をゆさぶります。真治さんのペニスは固く
    なりわたしに勇気を与えてくれます。

    下ではまた歓声、、、。見るとヤンママと友田さんがシックス
    ナインをしていました。
    周りではそれを見ながらのセックスが繰り広げられていました。
    ふと気づくとベッドの上に新藤さんがいて自分でペニスを
    刺激しているのです。わたしのフェラチオを見ながら
    オナニーをしてます。わたしをPTAで最初に抱いた男性役員が余ってしまったのでしょう。
    でもわたしは気にもとめずに真治さんのペニスに取り組みます。
    硬くなっています。わたしの口の中で大きくなっているのが
    各日にわかります。
    わたしは舌と唇を使い頭を激しく振りました。
    「ああ〜」真治さんは悦びの声をあげてくれていました。
    わたしも舐めてもらいたくなっています。
    横ではあいかわらず新藤さんがペニスをさわっていました。
    わたしは「お願い」と言うと自ら真治さんの顔に跨ると
    膣を下ろしました。
    が、舐めてくれません。わたしはお尻を押し付けますが
    舌がわたしの膣をとらえてくれないのです。
    わたしは焦ってペニスを口から抜きました。そして彼の顔の
    上に更に陰部を押しつけたのです。
    うごうごと言っているだけでした。焦らしているのです。
    「わたしも舐めないわ」と言うとやっと真治さんは舌を
    使い出し、わたしはその快感に安堵しながら再び彼の
    ペニスを口深く飲み込み激しいフェラチオをくわえました。

    ベッドの下でメガネの三益さんが筋肉質の石川さんの上で
    騎乗のまま果てていました。彼女は体を痙攣させながら
    大きな声をあげています。
    「死ぬ、、、死んじゃう!」と叫んでいました。
    真治さんはわたしのお尻を抱えながら陰唇やクリトリスそして
    膣内をむさぼるように舐めてくれました。
    わたしは我慢できずに「来て」と身を離しました。
    「どうする?」真治さんのペニスは天を向いていました。
    「わたしが上になる」と言い彼にお尻を向けた体位で
    跨りました。そうすrことによりわたしを一番最初に
    抱いた新藤さんに見せつけるようになるのです。
    自分で真治さんのペニスを手にして膣にあてがうと腰を
    ゆっくりと下ろしました。彼の肉がびしょびしょになった
    わたしの膣内に滑り込むように入りましたが充足感があり
    この異様な雰囲気に興奮を煽ります。
    「大きいお尻だ」と真治さんはそう評価し「良く見える」と
    わたしの性器と自分の性器の接合部を視覚で楽しんで
    いるのがわかりました。
    顔を上げると新藤さんがわたしたちの性交に興奮した様子で
    ペニスを握っていました。
    そして深部まで真治さんの肉を埋め込むとわたしは腰を
    動かしはじめました。


15  ミキ - 2016/11/09(Wed) 17:00 No.19857
    女性同士、未知の世界だ。
    想像が膨らむよ。


16  名無し@人妻告白 - 2017/11/18(Sat) 15:34 No.24916


17  インポ野郎 - 2017/11/18(Sat) 23:37 No.24917
    最近出会い系してないけど、
    相変わらず、主婦は家族の目を盗んで、
    他人のチンコで逝き捲ってるのか?


18  あゆみ - 2017/11/19(Sun) 09:40 No.24919
    38歳都内の専業主婦です
    夫とは下の子が生まれて以来レスです
    6年生と2年生の子がいる39歳
    上の子も下の子も同学年のご近所さん
    奥さんは病院勤務の看護師さんで旦那さんは在宅勤務なので
    学校の会合はPTAも含めてほぼ全部旦那さんがきてます
    このパパさんと、上の子が2年生の頃からエッチするようになって
    もう5年経ちます。45歳です
    ウチの夫より体格もいいし体力もあるしアレも太くて長いんです
    私が2-3回イッても発射しないで続けられるし
    出してもカチカチのままなんです
    多い時は週2回の時もあったけど最近は月に1-3回くらいしてます
    彼とするようになってウチの夫としてたのは
    何だったんだろうと思います


19  レイ - 2017/12/30(Sat) 06:27 No.25435
    いいなぁ
    うらやましい

おなまえ
コメント  
パスワード (英数字で8文字以内)