[掲示板に戻る] [最下部へ移動]



  名無し - 2016/05/16(Mon) 08:21 No.30833
    私は4人にレイプされた高校生です。
    夜景を見るのが好きで山の上から見てました。
    いきなり4人の男の人に山奥につれこまれました。
    そこで無理矢理に下着と服を脱がされ仰向けにされ口の中にチンチンを入れられ胸を揉まれながらアソコを舐められました。
    口の中にチンコが入ってるので叫ぶこともできませんでした。
    無理矢理 口の中に入ってるチンチンを出しました。
    するとアソコに勃起したチンチンを入れようとしてました。
    お願いだから止めてチンチンを入れないでと泣きながらお願いしました。
    しかしアソコに勃起したチンチンを入れられました。
    上に乗せられ腰を振れと言われ嫌というと殴ってきました。
    早くしろと言われ又殴るぞと言われ素直に腰を振りました。
    まだ全然 男とやったこともないだろと言われまだ男性経験は、少ないですといいました。
    俺たちがたっぷり経験させてやるといってました。
    スゲー気持ちいいぞといってました。
    中に出してやるからなと言われ中にだけは出さないでと泣きながらお願いしました。
    本当に中にだけは出さないでといいました。
    しかし中に出してました。
    四つん這いになれと言われ四つん這いてどうといいました。
    本当に経験少ないんだなと言われました。
    教えてもらい四つん這いになりました。
    バックからチンチンを入れられました。
    お尻を叩かれ前後に振れと言われ振りました。
    イクぞ中に出してやるからなと言われ
    お願いだから中に出さないでと泣きながらお願いしました。
    又中に出されました。
    みんなに中だしされました。
    もう みんな中だししたからいいでしょうといいました。
    もう帰らせてといいました。
    こんどはねぇちゃんをたっぷり逝かせてやるといわれました。
    胸を揉まれアソコを舐めながら指でかき混ぜられながら逝かされました。
    まだまだ逝けと言われ何回も逝かされました。
    もう無理です。
    帰らせてと泣きながらお願いしました。
    もっとマンコから涙ながしなと言われ
    逝かされました。
    おい白目になってどうした。
    もう限界ですといいました。
    しかしやめることなく弄くり回してました。
    このねぇちゃんのマンコはキツくて気持ちいいぞといってました。
    泣いてるのにマンコ濡らしいきまくりだよと言われました。
    身体は心と違い正直で何回も逝ってました。
    失神してました。
    気がつくと下着がなくなってました。

    二回目のレイプは服と下着がなくなってました。
    親に迎えにきてもらいました。
    裸でボロボロになってた私を見て泣いてました。


1  - 2016/05/23(Mon) 21:55 No.30871
    レイプされて心を壊されました。
    私が被害にあったのは数年前で決着もついています。
    でもアラサーになって夫に大切にされても心がどこか欠けてると感じます。
    当時の私は若いがゆえに物怖じせず真っ直ぐでした。
    それをよく思わない男性に女として一番屈辱的な行為をされました。
    必死な抵抗も挿入されたら何もできませんでした。力の問題より絶望と脱力感で相手の性器が私の中で好き放題するのをガマンするしかありませんでした。
    気持ちが受け入れてしまうと自然と体も受け入れて、気づいたらレイプに心も体も屈していました。
    ほんの一時間前まで毛嫌いしていた男に、仰け反るほどの快感を感じて、操り人形のようにビクビク痙攣することしか出来ませんでした。
    後日この一件は清算され、私はカウンセリングを受けるのですが、その担当の男性に身体の反応を無神経に聞かれ完璧な男性不信になりました。
    なにより前みたいに男性に強気に出られなくなりました、また性的に嬲られるのではと不安がよぎるのです。
    こんなように私の性格は変わってしまいました、幸い理解ある男性と一緒になれましたが性的によくなれたことはありません。
    きっとあの時に心がどこか欠けてしまって身体もきっと一生あいつのモノにされたのだと思います。


2  M子 - 2016/05/23(Mon) 14:40 No.30868
    27歳のOLです。
    私の性欲解消は、休みのたびに車で出かけ、人里寂しい場所でカーSEX  オナニーです
    場所はさまざまです
    県道から、少し離れた場所で車を止めて 車中オナニーしてました
    服も乱し、胸を露出させて、自分で揉みます
    パンティーは紐パン  片方だけ外してバイブを当てて
    振動させて、濡れてから奥に押し込み
    良い〜〜あ〜 気持ち良いわ〜
    しばらく呆然として、服を調えて帰るのですが
    服を調えるの時は外に出ます
    そのとき、高校生風?の男の子が3人!
    お姉さん 楽しかった?一人では物足りないじゃない?
    股間を押さえて 僕のを見て!
    3人とも下半身を露にしていきり立たせた、オチンチを
    見せてきたのです
    手で目と顔を押さえました
    触ってよ!  手を引っ張られて握らせてきました
    2本握り  俺は じゃ〜口
    シコシコさせられ、口の中でピストンさせられた
    男の子達は、私の服を脱がしかけブラの紐を下ろして
    乳房を握ってきます
    そしてっスカートの中にも手が来て
    パンティー外されて、指を入れられました
    すると一人が やっちゃおう!!!
    私は逃げようと車の中に入り 鍵をかけようとしましたが
    男の子たちに阻止され
    後ろの座席で3人に犯されてしまいました
    常に誰かのオチンチが入り、手に1本 口にも
    2人目が入れてきたときには、私は感じてしまい
    ああぁぁっぁっぁぁ〜〜  気持ち良い〜
    口に誰かの物が入ってるので、叫べないけど
    感じまくり、私から腰を振っていたのです
    正気に戻ったころは、ザーメンが体中に・・・・
    髪の毛にも顔にもです
    そんな私は、ザーメンを舐めて 思い出しにふけっていました
    たぶん私の露な姿を撮られたと思います


3  OL - 2016/05/22(Sun) 20:25 No.30862

    因みに私は28才OLしてます

    待ち合わせしてきたのが45才とか言ってどう見ても50半ば

    キモイし不潔まるだし、私断ったんです

    そしたら汚い頭さげて頼む

    お願いしますってしつこいのじゃあ5だったらってしぶしぶokしたんです

    ホテル入ったらいきなりキスしてきて口臭臭いし

    舌入れてきてもう吐きそうでした

    服脱がされ体中ベロベロ舐められて

    ゴムつけていきなりバックで挿入されて勝手に叫びながらイッてました

    最悪なのは、その後です

    おやじが「中でだしたよ」って・・・

    えっ?

    ほら、おやじがつけていたゴムを私に見せてきました

    先がちぎられていました

    ゴムをつける時爪にわざとちぎったらしいんです

    つまりおやじの汚い精子は私の中に出された訳です

    私は目眩がし気絶しそうになりました

    やられたと思い慌てシャワーに入りゴシゴシ洗いました

    すろと、どたどたと音がしておやじが逃げるように部屋を出ていきました

    お金も払わずに・・・

    そしてあろう事か私は妊娠しました、おやじの子です

    勿論おろしました実費で。

    これが私の人生で一番最悪の出来事です。


4  秘密 - 2016/05/16(Mon) 14:55 No.30838
    私が中学生のときの話です。短縮授業で13時過ぎに家に帰って来るとママが休みでいた。知らない男3人と一緒にリビングにいた。
    私は何かの勧誘かと思って部屋に行き。セーラー服の中のTシャツを脱ぎハーパンも脱ぎスカートを折ってミニスカにて机で勉強を始めた。私は中3でEカップです。この日はピンクのブラ・パンティーで紺パンを履いていました。帰宅して10分ぐらいたってから飲み物を取りに行ったときにリビングに入ろうとしたらママと男3人がエッチなことをしていた。男達のデカイチンコをフェラや手コキしていた。興奮してしまって自分の胸やマンコを触っていました。男達はママのマンコとお尻と口にチンコを入れて4Pを始めた。一旦部屋に戻った私はオナニーの回数がいつもより多くなっていました。もう一度リビングに行くと男2人に入れ替わりで中出しされていました。もう1人の男に後ろから何かを嗅がされてその場に倒れこんでしまいました。
    その後気づいたときには自分の部屋の自分のベッドの上に寝ていましたが大の字で手足はベッドの柱などに固定されていました。自分の机の椅子に全裸の男が座り、さっきまで着ていたピンクのブラ・パンティー・紺パンでオナニーをしていました。私に気づいた男がニヤニヤしながら「Eカップなのね。」と言ってきて乳首を押しました。男は机に置いてあった黒いクリームを手に取り自分のチンコに塗り勃起させてから同じクリームを私のマンコの中に入れて塗りました。次に注射器でマンコとお尻に液体を入れました。男は私の携帯のLINEで処女でないことを知りさらに同じLINEでお尻も入れるほどの変体女というのも知った。さらに彼氏がいることも。男は私のマンコの毛を剃りパイパンにした。もう2人の男が全裸のママを連れてきて椅子に手足を固定した。男の1人がカプセル状の薬をバックから出し「新作入れてみよう」と言ってママのマンコに挿入した。すぐにママがイキ始めて「チンコ」と言いながらよがり始めた。男達は電動ドリルの先に特製ディルドをつけたマシンバイブをママのマンコに挿入。全快で操作するとすぐに大量の潮吹きとなった。その後男が「今度は娘だな。マンコに2個。アナルに1個入れよう」と言って実行してきた。頭の中がフワフワとなり生チンコが欲しくなり男達の誘導尋問で「欲しいものは」と言われ即答で「チンコ」と言い。生ハメされているときに「中でいいよね。」と言う質問に「中にいっぱい出して」と言ってしまっていました。ママと一緒に中出しされまくりました。
    気づいたときには翌朝でセーラー服にスカートでノーパン・ノーブラでした。学校に行ったら昨日のレイプのことは学校の男子の半分以上が知っていました。さらに一部の同級生男子は私の全裸の写真を持っていました。それから毎日のように男子とエッチしたり裸を見せたりしていました。中3の秋に妊娠してしまい学校を休みがちになり、高1には出産しました。


5  窶督シ窶督ウ窶堋オ - 2016/05/16(Mon) 16:19 No.30839
    ナス窶樞堙4ツ人窶堙家椎槌辰ニ致窶堋ウ窶堙ェ窶堋スツ坂堋校ツ青カ窶堙窶堋キツ。
    窶禿ゥナ段窶堙ーナ陳ゥ窶堙ゥ窶堙娯堋ェツ好窶堋ォ窶堙ナスR窶堙個湘」窶堋ゥ窶堙ァナ陳ゥ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋「窶堋ォ窶堙遺堙ィ4ツ人窶堙娯冕窶堙個人窶堙嫁スR窶ーナ凪堙俄堙や堙ェ窶堋ア窶堙懌堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋サ窶堋ア窶堙窶督ウ窶板昶禿ョ窶板昶堙俄ーツコ窶吮ヲ窶堙窶「ナセ窶堙ー窶僞窶堋ェ窶堋ウ窶堙ェ窶ケテで津シ窶堋ッ窶堙俄堋ウ窶堙ェナ津サ窶堙娯吮窶堙家蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェ窶ケツケ窶堙ーツ昶窶堙懌堙ェ窶堙遺堋ェ窶堙ァニ但ニ箪ニ坦窶堙ーテ、r窶堙溪堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ナ津サ窶堙娯吮窶堙家蛋ニ停愴坦窶堋ェ窶愿シ窶堙≫堙窶堙ゥ窶堙娯堙窶ケツゥ窶堙披堋ア窶堙窶堙窶堙窶堋ォ窶堙懌堋ケ窶堙ア窶堙窶堋オ窶堋スツ。
    窶督ウ窶板昶禿ョ窶板 ナ津サ窶堙娯吮窶堙俄愿シ窶堙≫堙窶堙ゥニ蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ーツ出窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋キ窶堙ゥ窶堙ニ但ニ箪ニ坦窶堙俄砥窶ケN窶堋オ窶堋スニ蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ヲ窶堋、窶堙窶堋オ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ィナティ窶堋「窶堋セ窶堋ゥ窶堙ァナス~窶堙溪堙ニ蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙遺堋「窶堙窶堙窶ケニ停堋ォ窶堙遺堋ェ窶堙ァ窶堋ィナティ窶堋「窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋オ窶堋ゥ窶堋オニ但ニ箪ニ坦窶堙俄砥窶ケN窶堋オ窶堋スニ蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ツ湘」窶堙可湘ヲ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェツ才懌堙ーツ振窶堙ェ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェナ停┐窶堙窶堋「窶堋、窶堙窶ーツ」窶堙≫堙窶堋ォ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶伉≫堋ュ窶堋オ窶堙ォ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶凪昶ーツ」窶堙ゥ窶堋シ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶惑窶卍シ窶堙可才懌堙ーツ振窶堙ィ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙懌堋セ窶牢窶漏 窶冕窶堙窶堙「窶堙≫堋ス窶堋ア窶堙窶堙窶堙遺堋「窶堋セ窶堙ォ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堙懌堋セ窶冕ツ青ォナ弛ナ陳ア窶堙債、ツ渉ュ窶堙遺堋「窶堙窶堋キ窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶ーツエ窶堋ス窶堋ソ窶堋ェ窶堋ス窶堙≫堙補堙ィナ弛ナ陳ア窶堋ウ窶堋ケ窶堙窶堙「窶堙ゥ窶堙窶堋「窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ニ湛ニ嘆ツー窶ケCナスツ昶堋ソ窶堋「窶堋「窶堋シ窶堙窶堋「窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶吮窶堙可出窶堋オ窶堙窶堙「窶堙ゥ窶堋ゥ窶堙ァ窶堙遺堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶吮窶堙俄堋セ窶堋ッ窶堙債出窶堋ウ窶堙遺堋「窶堙窶堙窶ケニ停堋ォ窶堙遺堋ェ窶堙ァ窶堋ィナティ窶堋「窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶怒窶懌凪堙俄吮窶堙俄堋セ窶堋ッ窶堙債出窶堋ウ窶堙遺堋「窶堙窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋オ窶堋ゥ窶堋オ窶吮窶堙可出窶堋オ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ナスl窶堙や堙ア窶昶。窶堋「窶堙俄堙遺堙ェ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェナスl窶堙や堙ア窶昶。窶堋「窶堙窶堙窶堋、窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶怒窶懌凪堙嫁弛ナ陳アツ渉ュ窶堙遺堋「窶堙ア窶堋セ窶堙遺堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶ケツウ窶堋ヲ窶堙窶堙窶堙ァ窶堋「ナスl窶堙や堙ア窶昶。窶堋「窶堙俄堙遺堙ィ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ニ弛ニ鍛ニ誰窶堋ゥ窶堙ァニ蛋ニ停愴蛋ニ停懌堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ィツ尻窶堙ー窶僉窶堋ゥ窶堙ェ窶楼ナ津」窶堙可振窶堙ェ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェツ振窶堙ィ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ニ辰ニ誰窶堋シ窶吮窶堙可出窶堋オ窶堙窶堙「窶堙ゥ窶堋ゥ窶堙ァ窶堙遺堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ
    窶堋ィナティ窶堋「窶堋セ窶堋ゥ窶堙ァ窶吮窶堙可出窶堋ウ窶堙遺堋「窶堙窶堙窶ケニ停堋ォ窶堙遺堋ェ窶堙ァ窶堋ィナティ窶堋「窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶凪昶吮窶堙可出窶堋ウ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙昶堙ア窶堙遺堙俄吮窶堋セ窶堋オ窶堋ウ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堋、 窶堙昶堙ア窶堙遺吮窶堋セ窶堋オ窶堋オ窶堋ス窶堋ゥ窶堙ァ窶堋「窶堋「窶堙窶堋オ窶堙・窶堋、窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堋、窶ケA窶堙ァ窶堋ケ窶堙窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ア窶堙ア窶堙窶堙坂堙銀堋・窶堋ソ窶堙。窶堙ア窶堙ー窶堋ス窶堙≫堙補堙ィツ静窶堋ゥ窶堋ケ窶堙窶堙「窶堙ゥ窶堙窶堋「窶堙ュ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶ケツケ窶堙ーツ昶窶堙懌堙ェニ但ニ箪ニ坦窶堙ーテ、r窶堙溪堙遺堋ェ窶堙ァナスw窶堙窶堋ゥ窶堋ォツ債ャ窶堋コ窶堙ァ窶堙ェ窶堙遺堋ェ窶堙ァツ静窶堋ゥ窶堋ウ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙懌堋セ窶堙懌堋セツ静窶堋ッ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶ーツス窶ーテア窶堙ツ静窶堋ゥ窶堋ウ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堋、窶督ウ窶板昶堙窶堋キツ。
    窶ケA窶堙ァ窶堋ケ窶堙窶堙窶ケニ停堋ォ窶堙遺堋ェ窶堙ァ窶堋ィナティ窶堋「窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堙≫堙ニ筑ニ停愴坦窶堋ゥ窶堙ァ窶氾懌堙遺堋ェ窶堋オ窶堙遺堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ
    ツ静窶堋ゥ窶堋ウ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ィ窶堋「窶昶吮禿壺堙俄堙遺堙≫堙窶堙窶堋、窶堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堋、ナ津ナE窶堙窶堋キ窶堙窶堋「窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋オ窶堋ゥ窶堋オ窶堙「窶堙溪堙ゥ窶堋ア窶堙窶堙遺堋ュヒ廴窶堋ュ窶堙ィ窶ーテア窶堋オ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ア窶堙娯堙銀堋・窶堋ソ窶堙。窶堙ア窶堙姑筑ニ停愴坦窶堙哉鱈ニ団窶堋ュ窶堙窶ケCナスツ昶堋ソ窶堋「窶堋「窶堋シ窶堙窶堋「窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶ケニ停堋「窶堙窶堙ゥ窶堙娯堙家筑ニ停愴坦窶扁窶堙ァ窶堋オ窶堋「窶堋ォ窶堙懌堋ュ窶堙ィ窶堋セ窶堙ヲ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ツ身窶佚娯堙債心窶堙ヒテ。窶堋「ツ青ウ窶卍シ窶堙窶ーツス窶ーテア窶堙ツ静窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ナスツクツ神窶堋オ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶ケC窶堋ェ窶堙や堋ュ窶堙窶ーツコ窶吮ヲ窶堋ェ窶堙遺堋ュ窶堙遺堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    窶愿ア窶ーテア窶禿壺堙姑椎槌辰ニ致窶堙坂「ナセ窶堙窶ーツコ窶吮ヲ窶堋ェ窶堙遺堋ュ窶堙遺堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ツ親窶堙嫁筑窶堋ヲ窶堙俄堋ォ窶堙窶堙窶堙ァ窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶披。窶堙ニ畜ニ陳哉畜ニ陳坂堙俄堙遺堙≫堙窶堋スナス窶樞堙ーナ陳ゥ窶堙窶ケニ停堋「窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。


6  ちなみ - 2016/05/15(Sun) 15:14 No.30828
    中2の時、イジメの女子の中でターゲットにされて
    それがエスカレートして、知らない男からもレイプされました。

    私は田舎から都内のある学校に転校したのですが
    いわゆる女王様気質のA子から嫌われ、A子のグループからターゲットにされて
    壮絶ないじめに遭いました。

    きっかけは、ある男の先輩から告白されたのですが、その先輩のことをA子が好きだったのです。

    最初は上履きを隠されたり、ノート教科書にイタズラ書き
    聞こえよがしに悪口とか、、
    そのうちにクラス中の女子から無視されるようになり
    部活はテニス部だったのですが、A子の仲間が部内にいたために
    部内でも無視と、ラケットのガットが切れてたり
    ラケットカバーに泥が入っていたりされました。

    本当に嫌だったけど、ちょっとこういうのくだらないな、と思ってこっちも無視してました。

    そのうちおさまるだろうと思ってたのが考えが甘かったみたいで。。

    ある日、部活の片づけを押し付けられて
    最後に部室で1人で着替えていたら、知らない男の人が5〜6人いきなり入ってきました。
    見た目恐い感じの人たちでした。

    鍵をかけていたはずなのに、ビックリして、声もでずに服で前を隠していたら
    「よお、俺達とちょっといい事しようや」
    と言われ、服を取られて
    下着だけの姿になりました。
    「へえ。。中学生のクセに、結構胸あるじゃん。、、」
    「や、、やめて・・・!」
    そこまで言ったら数人に押さえつけられて、床に倒されました。

    用意してきてたのか、口にガムテープを貼られました。
    「へっ・・悪く思うなよ?」
    両腕脚を押さえつけられ、下着までも全部脱がされました。
    「ひょぉ〜〜ッ。。すっげ・・胸、でかいじゃん・・・」
    「乳首、ピンクじゃん〜〜」
    1人が私の上に覆いかぶさってきて、胸を触られたり、乳首なめらたり
    アソコを触られたり・・・
    「んん〜〜〜ッ!!!んーーーーっ!!」
    私はそれしか言えませんでした。。

    この様子を動画で撮ってる人もいました。

    複数の男から同時に触られて・・怖くて。。すごく嫌なはずなのに、
    私の身体はだんだん、、変な風になっていくのを感じました。
    「…あれ。。?コイツ、、アソコすっげビチョビチョ〜〜
    ほら、お前も触ってみろよ?」
    「うあ、まぢで!?コイツ、感じちゃってんじゃん!!」
    「指、もう結構入るぜ!?」
    代わる代わる触られ、奥に指が入ってきて、何度も出し入れされて。。。

    (あ、、、あ、、だ、だめ・・・ゃ、、だ・・)
    もう、これ以上触られたら、、
    そう思ってたら、体中が痙攣して、イってしまいました。。

    「・・あれ、、コイツ、やられてイってんの。。」
    ギャハハーーという笑い声が部室内に響きました。
    私は恥ずかしさのあまり、泣いていました。

    「ほら、終わりじゃねーんだよ!」
    「お前だけイってんじゃねーぞ?」
    そう言われて、男が1人、また覆いかぶさってきました。
    「オラ、足広げろや?お前ら、押さえとけよ!?」
    大きくて硬いものが、私のアソコに押し付けられました。

    「ンンンーーーーっ!!!」ガムテープで口をふさがれてて
    それしか言えません。。
    「ッ、、なかなか入んねーなあ・・・ぅオラアっ・・・」
    男は思いっきり私の身体に腰を沈めました。
    体が引き裂かれるような、恐ろしい痛み・・・

    「フーーーツ・・・ハーーーーっ・・・ウア・・・」
    男は私の痛みに構わず腰を振り続け、そして
    「オラオラオラーーーっ!!いくぞォーーーっ!」と声を上げると
    私の上で果てました。。。

    その後も、その場に居た何人もの男にかわるがわる犯され、
    ‥恥ずかしい事に、最初は痛くて怖かったのに
    そのうち、傷みが無くなって、、数回イってしまってました。。
    イキすぎてしまって、最後の方は、失神してしまいました。


    ・・・
    目が覚めると、裸のまま服がかけられてて
    そこには、A子とそのグループが立って私を見下ろしてました。
    「フフッ。。。目ぇ覚めた?アンタ、初めてのクセに
    ヨガリまくりのイきまくりだったんだって?」
    動画を見せられました。

    そこには、自分でも恥ずかしいくらい、身悶え、喘ぎ、
    しまいには自ら腰を振り、
    「…お願い・・・もっと・・・」と男たちのを懇願してる私がしっかりと映ってました。。

    その時のことはもう意識が混乱して憶えてないのですが
    イクときの様子なんて、もう、自分じゃないみたいでした。

    その動画をネタに、私はしょちゅう呼び出されて、男たちに犯され続けました。
    来る男たちはその時その時でまちまちでしたが
    最初に私を犯した男は、毎回来てました。

    多い時で、10人近くの男に犯され、そのたびにビデオを撮られました。

    場所はさすがにもう学校ではありませんでしたが、
    男たちがいつもたまり場にしてるようなところでした。


    しかもA子は私を抱かせるのに、彼らからお金まで取っていたらしく。。
    「アンタにはこれからも、稼がせてもらうよ?」と言われました。。


    嫌なはずなのに感度だけは良くなってしまって、
    「レイプされてるのにイク中学生」と言われてたようです。

    中には童〇の人の相手までしたことがありました。

    A子と男は、だんだん調子に乗ってきて
    私を援交で使おうと思ったようで、大人の男相手まで手を拡げ、
    ホテルに行くように言われて、社会人の相手をしたこともありました。

    現役女子中学生を抱けるのだからと、安くて5万、相手によっては10万近く取ったこともあったようでした。

    実はある会社経営してる人が居て、年齢はもう50代半ばでしたが
    その人はA子たちに内緒で
    私にこっそり5万くれて、また会って欲しいと言われました。

    私はその人に個人的に会うようになり、
    「オジサンだけのものになるから、A子たちから助けてほしい」とお願いしました。

    オジサンはその話をのんでくれて、A子たちに話を付けてくれて
    男たちに私を犯させるようなこと、援交のブローカーみたいな事をやめさせてくれました。

    私は今は二十歳ですが、まだオジサンとは会っていて
    Hもして、お小遣いももらっています。


7  性少年 - 2016/02/20(Sat) 05:11 No.30623
    レイプ、強姦をされてる時の女性ってどのような感情を持つのかな?、 俺18歳、 レイプ願望者


8  由紀乃 - 2016/05/15(Sun) 17:01 No.30829
    33歳の子持ちの専業主婦です。70歳代の老人達に、廃墟の工場で犯されて、3人にセックスを、会合の帰り道で、3人に待ち伏せされて、私は3人に抱かれた状態で、工場の奥に連れ込まれて、マットに毛布の敷物に、押し倒されてしまい、75歳の老人に抱かれて、中出しされてしまったの。


9  私は@レイプされました。 - 2016/05/15(Sun) 11:20 No.30827
    あの夜、残業で遅くなった私は、近道しようと一人で公園を急いでいました。危ないとは思ってももし襲われても死に物狂いで抵抗してやる、くらいに思っていたのです。

    不意に黒い影が視界に入ったかと思うと、私の体は宙に浮いていました。何がなんだかわからないまま暗がりに連れ込まれるとそのまま押し倒されたのです。
    「静かにしろ、殺すぞ!」私の上にのしかかった影が耳元でドスのきいた声でささやきます。血が凍りそうでした。あまりの恐怖に体が硬直し、悲鳴を上げることすらできません。さらに万力のような力で首を締め上げてくるのです。
    「観念しな」 私は全身の力を抜きました。ただ涙が流れてくるだけでした。
    「へへ、スーツ姿の女ってそそるよなあ」そういうと獣はブラウスに手をかけるとひきちぎるように上半身をむき出しました。あらわになった私の胸にむしゃぶりつかれるくやしさと恥ずかしさを必死に耐えました。
    獣は左手で私の胸をもみしだき、舌先で乳首を転がしながら、右手をスカートにつっこむとショーツの中へとすべりこませます。くさむらをサソリのような指がもてあそび、とうとう割れ目を探りあてました。
    私の下半身が熱く、しっとりと潤っているのを確かめた獣はさらにゆびを突き立ててきました。
    「そら、そら・・・もっと尻を振ってみないか・・・」
    獣は私の体の奥深くへ指を食い込ませては思うがままにうごめかせるのでした。
    「指だけじゃ物足りないだろ」
    獣は私のスカートをまくりあげるとショーツに手をかけました。
    「尻を浮かすんだ。」
    素直に従いました。パンストごとショーツをずりおろされ、裸になった脚の間に獣は顔をうずめると舌先で丁寧なめあげます。
    「ぐしょ濡れだぜ。そろそろ挿れてやらないとかわいそうなくらいだ。」
    獣はズボンを下ろすと巨大で節くれだったモノをまずは私の唇に突っ込みました。私の口の中で硬く、ズキンズキンと脈打つモノがはちきれそうに膨張すると、獣はいよいよ、私の下半身へと挿入してきたのです。
    後のことはとても書けません。結局私はされるがままに身も心も獣に委ねてしまったのです。

    「ずいぶん燃えてたな。また犯されたかったらまた来いよ。」

    私の体の中にたっぷりと精液を注ぎ込んだ獣はそういうと暗闇に消えていきました。
    よろよろと起き上がった私は着衣を直すと家路につきました。そして私が真っ先にやったことは丸裸になっての自慰行為だったのです。
    あれから時折、私は深夜あの公園をわざと一人で歩いています。
    時には数人で輪姦されたり、トイレに連れ込まれて人目を気にせずにやり狂うこともありました。あれ以来獣のようなセックスに溺れているのです。


10  私は@レイプされました。 - 2014/06/06(Fri) 13:48 No.26063
    中学生のときの話しです。真夏の21時過ぎ…塾の帰りでした。制服姿で自転車をこいでいると白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」窓を開けて三十代くらいの男の人が声をかけてきました。

    教えてあげようと思い車に近付くと、突然扉が開き、私は後ろからはがいじめにされて車内に連れこまれました。
    「いやああっ!」
    あまりの恐怖に声を出して暴れると、お腹を思い切り殴られて口を押さえられ、包丁をつきつけられました。
    殴られた恐怖と包丁に頭が真っ白になり、声も出ずに私はひたすら震えていました。
    後ろの座席には私を挟んで二人の男が座っており、顔は暗くてよく見えませんでした。
    「おとなしくしてれば生きて帰してあげるよ」
    一人の男に目隠しされ、抱き上げられ、膝に座らされました。

    「可愛いね、中学生?まだ処女かな?」耳元で囁きながらブラウスの上から円を描くように胸を触ってきます。
    怖くて震えが止まりませんでしたが、頭の中ではこのままでは無理矢理エッチなことをされると分かっていました。
    もちろん私は処女でした。
    処女だと知れば逃してくれるかもしれない。こんな子ども相手にするわけがない。大人の女の人の方が良いに決まっているもの!

    縋る思いでなんとか声をしぼり出しました。
    「14歳…です。まだ処女で…す…。助けてくださ…い。」
    うなだれてお願いしました。
    しかし、胸をまさぐっていた男はやめるどころか私の言葉を聞くとさらに激しく胸を揉み扱き出したんです。
    「可愛い、おっぱい大きいな。本当に処女なの?」
    耳元で荒い息と共に囁くと次の瞬間ブラウスを荒々しく引き裂きました。
    【続きを閉じる】

    ボタンがとび、白いブラジャーが露になった様子が目隠しされていても分かります。
    隣りからも手が伸びて来てキャミソールをずりさげられ、ブラジャーの中に侵入し、乳首をくりくりこね回されました。
    後ろの男はブラジャーごしに胸を上下に揉み上げて髪の匂いをかぎ、首筋に舌を這わせてきます。

    ゴツゴツした手がスカートをまくりあげて太ももに伸びてきてパンツごしにあそこを触ってきました。

    怖くて私はひたすら身体を堅くして震えていました。
    どこを触られても何をされても何も感じません、ただ早く何もかもが終わってほしくておとなしくしていました。

    突然後ろの男が「我慢できない」と切羽詰まった声で叫び、座席に押し倒されました。
    両手首をもたれて固定され、パンツを下ろされ、あそこに何か固いものが触れました。足をもたれて思い切り広げられ、男の身体が密着し、あそこに激痛が走りました。
    「いやあああ!痛い!やめて!!」
    押し入ってくる異物感とあまりの大きさに泣き叫んで抵抗しましたが、男はぐいぐい腰を進めてきました。荒いせわしい息遣いが近付いてきて、唇を舐められ、口の中に生暖かい柔らかいものが入ってきて私の舌に絡んできて吸い上げられました。

    ショックと恐怖と嫌悪感で思考が停止し、私はずっと「やめて、お願い、やめて」と繰り返し泣いていました。
    ファーストキスもまだだったのに…。

    生暖かいものが降りてきて乳首に吸い付き、舌で味わうようにぴちゃぴちゃ唾液の音がします。

    男のものが動きはじめました。ぐいぐい腰が打ち付けられて激痛が走りました。

    頭の上からカチャカチャベルトを外す音が聞こえてきて、手をつかみ、何か固くて熱い棒を持たされました。私の手の上から男の手が添えられ、ぎゅっと握り締め、上下に動かし始めました。
    しだいに荒い息が聞こえてきてきて「うっ!」というくぐもった声と共に私の手に生暖かいねばねばしたものが広がりました。
    その手を口元にもっていかれたので嫌々舐めましたが、苦くて不味かったです。

    男たちが場所を交代し、別の男が私の下半身に顔をうずめてきました。
    足をばたつかせて抵抗しましたが力がすごくて足が動かせません。ぴちゃぴちゃ太ももから中心に向かって舌が這う感触に気持ち悪くて涙が出ました。
    何か錠剤のようなものが口に入れられました。苦さに顔をしかめながら飲みました。

    両手が頭上からお腹を撫で回してゆっくり全身を触り、ブラの下から胸全体を両手で覆い、ゆっくり揉み始めました。
    …不思議な気分になってきました。胸の突起が擦れるたびに身体がビリビリし始め、あそこがじわりとしてきたんです。
    「あれ?濡れてるよ?」いやらしい声とともにあそこに何かが差し込まれてズポズポ上下左右に動き始めました。

    身体が熱くなり、ぴちゃぴちゃと大きくなる音と一緒に頭がぼうっとしてきてなんともいえない気持ちが込み上げてきました。
    「あっ…ああっ!」
    あそこをまさぐっていたものが引き抜かれてさっきまでと比べ物にならない大きなものが私の中に入ってきました。
    「あっ!いやっ!!ああっ!」
    突き上げられるたびに自分のものとは思えない声が上がります。

    乳首をこね回されるビリビリした刺激と重なってさらに声がはね上がりました。
    ぬるぬるしたものが手伝ってさっきとは比べ物にならないほど男のものがあそこをいいように擦り上げます。激しく何度も突き上げられ、何度めかのはてに下半身にまた生暖かいものが広がりました。

    私は放心状態でした。下半身のズキズキした痛みとだるい腰と…熱くなった身体。
    男が覆いかぶさってきて唇を重ねると舌を入れて腰に手を這わせてお尻を揉み上げてきました。

    不意に車が止まり、ドアが開きました。
    声を出したら殺すと脅され、包丁を背中につきつけられ、目隠ししたまま車から下ろされて階段を登りました。
    どこかの建物のようです。
    扉が開き、中に入ると力強く手を引っ張られ、カーペットのようなものの上に身体を投げ出されました。身体を起こそうとすると、両手両足を男たちに持たれて床に押さえつけられ、股の間に男が身体を入れて来て、あそこにまた肉棒が押し入ってきました。何度も男を受け入れてしまったそこはすっかり潤んで、あまり痛さを感じなくなっていました。
    そればかりか
    「やっ!あんっ!あんっ!!」
    自ら腰をふってしまうほど上下する男のものが気持ち良いんです。

    「明るい場所で見るとおっぱいの形綺麗だね」
    ぬるぬるしたものが胸元にふれ、柔らかく動き始めました。ちゅくちゅく音がして、舐め回されているのが分かります。
    吸われるとぞくっと背中が跳ね上がります。
    「Eカップはあるね」
    パシャパシャと音がして写真を撮られているのが分かりました。
    こんな写真を学校にばらまかれたら…!
    再び恐怖が遅い身体が強張りました

    「どうしたの?声だせよ」
    「やっ!写真とらないで!学校にはばらまかないで!!」
    ぐいぐい腰を打ち付けられ、痛さに顔を歪めながら必死に頼むと、周りから笑い声が聞こえてきました。
    「本当に可愛いなあ。」
    口元に堅いものがあてがわれました。
    「ちゃんと言うこときいて、おじちゃんたちを気持ち良くしてくれたら写真は捨ててあげる」
    無理矢理口に入れられ、不味くて臭いにむせ返りそうになりながら必死にされるまま顔を上下に動かしました。

    口に出され、ねばねばした感触が喉に流れ込みます。
    「良い子だね、次はお兄さんだよ」

    また堅いものが口に入ってきて苦しくて涙があふれました。
    必死に顔を動かしていると、身体が持ち上げられて四つん這いにさせられ、おしりに激痛が走りました
    「やあっ!!」
    いくらなんでも裂けちゃう!
    口から堅い棒を離して泣き叫んでいると、お尻に何かを塗られました。

    そしたら身体が熱くなり、目頭が潤んできてすごくドキドキしてきました。
    お尻に堅いものが欲しくて欲しくてたまらなくなり、自ら腰を突き上げておねだりしてしまいました。
    再度自分から堅い棒にしゃぶりつき、舌を這わせました。

    横から伸びて来た手がお腹や背中を撫で回すだけでクラクラきてしまいます。
    気持ち良い…。
    口にまた錠剤のようなものを入れられ、飲み込むと、ますますとろんとした気持ちになりました。
    丸裸にされ抱き上げられてベッドに下ろされ、抱き締めてきた男と舌を絡め合い、長いディープキスをしました。それだけで頭がぼうっとなります。
    押し倒されて腰を撫でまわされ、口から自然と甘い声が出ます。

    ビデオ撮影されているのに気付きましたが。それさえも快感になります。
    エッチな私をもっと撮ってほしい…。
    胸を荒々しく揉まれ、中央に寄せられて乳首を舌と指で攻められて最高にエッチな気分になってしまい、「あんっ、うぅんっ」キスされながら気持ち良さそうに喘いじゃいました。

    足を大きく広げられ、入ってきた男のものに頭が熱くなり、ぐちゅぐちゅ動き始めると快感が身体中をほとばしり「もっともっと」とおねだりしてしまいます。「まりちゃんはエッチな子だなあ」唇を押しつけられて舌を絡ませ、男はいろんな方向にピストンしました。
    どうして私の名前を…?
    「やっ!ああっ!いやっ!!」
    不思議に思ったのもつかの間、男のものがある場所を擦った瞬間にものすごい快感が突き抜けました。

    男は嬉しそうに「ここか?ここか?」と言いながらそこを突いてきます。
    「やあっ!いやあっ!おかしくなっちゃう!!」
    ビリビリしすぎて死んじゃう!!
    必死に声を張り上げたけど男はやめるどころか何度も何度も突き上げてきてとうとう私は頭が真っ白になりました。

    こんな気持ち今まで知りませんでした。

    ベッドでまどろんでいると、身体を抱き上げられ、男の膝に座らされました。男に背中を預ける感じです。
    身体の中にはまだ堅い男が入っていました。
    脇の下から男の手が入ってきて、指先で乳首の周りをなぞりはじめました。
    まどろっこしくて「おっぱいのてっぺん触って?」とお願いしましたが触ってくれません。「いやっ、触って!!」決定的な刺激が与えられずに焦って男の手をつかみ、乳首を触らせると
    「まりちゃんは困った淫乱だね。本当に可愛い」男の手は痛いほど私の胸をわし掴みにして揉みしごき、片手で両胸をまさぐり、もう片手でお腹や太ももを撫で回し、私の身体を持ち上げると一気に落としました。

    「やあああっ!」一気に男の肉棒に突き上げられて前のめりになりましたが、男に身体を戻されて身体中を手が這います。
    何度も何度も突き上げられて男のものが飛び散り、身体中がぬるぬるしました。

    そのままベッドの上で何度も男たちを受け入れました。

    不思議と身体が熱くてとてもエッチな気持ちが込み上げてきて、男たちに身体をたくさん触られたくて仕方ないのです。
    突き上げられてぐちゅぐちゅいう音と沸き上がる快感にどうしようもなく気持ち良さを感じてもっともっととねだってしまうのです。

    どれくらいたったのでしょう。

    時間の感覚が全くありません。

    あれから何度か錠剤を飲まされては犯され、気付くとすごい悪臭に包まれて横たわっていました。
    髪も身体もべとべとです。
    身体を起こされ、ボロボロになった制服を渡されて着ました。
    ブラジャーとパンツも欲しかったのですが怖くて言えませんでした。

    車に乗せられ、隣りから男が胸を触ってきましたが嫌悪感しかありませんでした。
    夕べはあんなに触ってほしくて気持ち良くてたまらなかったのに。

    身体中が痛くてだるくて仕方ありませんでした。
    車の中で二回ほど犯されましたが気持ち悪さと怒りしか感じませんでした。

    車から下ろされ、目隠しを取ると、走り去る白いワゴン車が見えましたがバックナンバーまでは判別できませんでした。

    レイプされたことは恥ずかしくて誰にも言っていません。あんないやらしい自分が本性だとしたら…。

    あれから五年。最近自宅近くの夜道で白いワゴン車が目撃されています。そして…部屋にいると窓の外からねっとりした視線を感じるんです…。
    恐怖でここ最近眠れません…。


11  さっちん - 2012/05/17(Thu) 15:39 No.19245
    25歳のOLです
    今までに3回レイプされています
    3回目のレイプ犯人に、
    お前の顔を見ればレイプ経験者だと直ぐに判ったって言われました。ドMのオーラを出しているんだそうです
    レイプされる事を望んでいる顔をしているとも言われました
    確かにレイプされても濡れてしまいます
    気持良くもなります
    レイプされた事を思い出してオナニーをします
    またされてもいいかなぁ・・なんて思ったり・・
    私は変態なんでしょうか?


12  瑠唯 - 2016/01/09(Sat) 15:41 No.30431
    本当に瑠唯が類を呼んでしまったお話を聞いて下さいね。ただ、前置きがちょっと長くなるのですが、勘弁してね。
    息子が小学校の時、旦那が転勤になり平日だけの単身赴任をすることに。それに、ローンで建てたマイホーム、息子を学童に入れて私もパートを続けてました。
    小5から息子がカギっ子になってから、私がパートから帰ると、寝室のタンスが毎日荒らされてたのですが、息子は知らないの一点張り。
    しかたなく5月末、通販でボールペンの形をしたカメラを買って、観察することにしました。場所を変えながら撮影したのをPCで再生してみると・・・
    息子の友人が遊びに来て、まず、息子に宿題をさせている間、友人は、私の寝室でポケットに突っ込んだ手を動かしながら週刊誌を見始め、
    20分程経った頃、タンスから取り出した息子のコートを広げ、裏地に射精。タンス荒らしの犯人は、息子の友人でした。
    それからは、一緒にDSとかで仲良く遊んでるんだけど...
    平日に旦那がいないストレスから、私がオナニー用に買った週刊誌がこんな風に使われてたなんて。もう絶句でした。
    週刊誌を全部捨てたところ、友人が来なくなったのですが、1学期末の個人面談で、息子が友人だった子と仲が悪くなり、クラスでいじめられ気味と伝えられたものの、
    友人のオナニーのことを言うわけにもいかず、友人と仲直りするよう働きかければ?という先生のアドバイスを受け入れることにしました。
    友人のオナニーさえ我慢すればと、夏休みが始まると、息子に、以前遊びに来ていた友人に、一緒に宿題するのに遊びに来るよう電話させました。
    寝室には週刊誌を置き、お菓子やジュース、時にはケーキも置いておいたおかげで、オナニー目的とは言え、息子はまた友人と仲良くなったのですが...
    ただ、PCで息子の友人のオナニー映像を見た途端、心の中に土足で入られたようなおかしな気持ちで感じてしまい、朝子供を送り出した後、
    PCの動画を再生しながら、オナニーするのが日課になっちゃって。
    2学期が始まったある朝、いつものように家を出た途端、バイクに乗った人にバッグを奪われてしまいました。中にはスマホや家の鍵も入ってるのに...
    昼休みに、朝届け出た駅前の交番から、バッグが届いてると会社に電話があり、結局2万円程盗られただけで、夕方の帰り道、全部無事に戻ってきました。
    次の朝、息子を送り出した後、チャイムが鳴り、モニターにはジャージ&ヘルメット姿の女性だったので、ドアを開けると、なんと女性のものを身に着けた男性。
    男は私にスマホの動画を見せたのですが、何と私のオナニー動画。ボールペンの形のカメラがオートのまま放置されてた時に自動で撮影されてたらしい。
    でも、何で?って思った途端、男は私に、ガキを餌にオナニーって、相当溜まってるだろ。この動画のアドレスとパスワードを、お前のスマホにある全員に送ってもいいんだぜ。
    お前には、もう俺に抱かれるという選択肢しかねーんだよ。男はヘルメットをとり、頭に被っていた防寒用マスクを下して覆面すると、寝室で裸にさせられ、ベッドに押し倒され、
    下半身を露出して私に抱きついてきました。胸を揉まれ、口の中で舌を絡め、体を舐められ...本番になった時、旦那が使ってるコンドームを差し出そうとしましたが、
    容赦なく生で挿入され、膣の中に注がれました。また来るからと言い残し、男は帰って行きました。
    私は泣きながらボールペンの形のカメラを探しましたが、ない...誰が?
    息子の友人が、何気なく持ち出したのが、その子の父親に渡ったのかも。しかもその子の父親は暴力を振るい妻が出て行ったらしいと聞いたのを思い出しました。
    多分今の男は、息子の友人の父親?で、昨日バッグを奪ったのも、同じ人?と考えるのが自然みたいけど。
    でも証拠は何一つなく、しかも、その男が私のオナニー動画とスマホの連絡先を持ってる時点で、泣き寝入りするしかない状況だと思い知らされました。
    でも、慣れって怖いもので、一度泣かされて絶望してしまうと、翌日からは、この男に抱かれ、暴力を振るわれることで、すべての不安から解放されちゃうんです。
    しかも、この状況がバレたら大変なことになるので、誰にもバレないで、って願うようになっちゃたんです。
    そうして、朝は息子の友人の父(と思われる人)、放課後は(中学からはテスト期間だけですが)、息子の友人の性処理のはけ口になったみたい。
    それ以来、旦那がいない平日の朝、息子を送り出した後、男に言われた通り、裸になり夏は浴衣、冬はダウンコートを羽織っていると、暫くして、男は毎朝訪れます。
    そして言われるままにフェラチオさせられ、生で直接男の精液を膣に注がれ、最後にまたフェラチオでお掃除という日々が続いてます。
    こうして私はフェラチオを調教され、男の玉の後ろから先まで舌をゆっくり往復したり、先を咥えて舌をくるくる回したりする度、男は気持ちよさそうな声をあげるんです。
    最後に男はタバコを吸っていくので、毎朝窓を開けて換気した後、ファブリ−ズ。だって、我が家は誰もタバコを吸わないから。
    そして、金曜の夜は、月曜からの精液で汚れたシーツをコインランドリーで洗濯。その甲斐あって、毎週土曜の午後に戻ってくる旦那にばれずに済んでます。
    男は意識してか、女性用のジャージなどの服、雨でも女性用の合羽、それに女性用ヘルメットでミニバイクでやってくるので、なんとか近所には怪しまれてないのが幸い。
    そして防寒マスクで覆面した男に平日は毎朝生でやられ、週末だけ旦那とコンドームでやってる私は、本当にやるせない気持ちでいっぱいです。
    ですが当然妊娠してしまい、お腹が大きくなったように感じた頃、男は、お前のガキはダチの家に泊まるよう頼んでやるから、下してこいと言われ、旦那のいない平日に3回も下しました。
    下した翌日、男に下したことを話した途端、男は感じたのか、あそこがズボンの中で膨れ上がり、その朝はフェラチオ三昧で、3回も飲まされました。
    産婦人科からもこれ以上危ないと言われ、それからは食費をケチってピルを愛用しています。
    息子が中2になった今も、男は正体を明かさず、毎朝容赦なく生で私の膣に直接精液を注いできます。今日は旦那が昨日新年会だったので、午前中は寝ていて、帰りが夕方とのこと。
    家族のために、私はそろそろ夕食の準備に取りかかります。男との関係が誰にもバレないことを心から願ってます。


13  オサン - 2016/05/10(Tue) 20:05 No.30814
    縛ってお尻穴に俺特大のチンボコをブチコム遣りたいな快感


14  飯岡成美 - 2016/04/28(Thu) 06:04 No.30797
    ずっと見の危険は感じてた;接客業だから目を付けられたら
    ほとんどの子がヤラレるドライバーさんに守ってもらっても
    相手だって子供じゃない襲うチャンスを狙ってる
    その日は黒のギャザーミニ上はタンクトップに半袖のカーディガン5、6人でわぁーって来て連れ去られた
    行き成りパンツのクロッチめくってマンコ舐められた
    全裸にされて大浴場にもうされるがままで貸し切りの宿?
    全身石鹸まみれで口に入れられたりマンコに入れられたり
    湯船に沈められたり
    私のマンコの中に10回以上は中出しされてるアナルも侵された
    そのあとの宴会の席でも相手させられてマンコが擦り切れチャウ
    死ぬほど入れられた車でマンションまで送ってきたけど
    2日間、男の相手させられてマンコがズキズキ立って歩くと
    蛾にまたになっちゃうほど
    その後3日で完全に引っ越しした夜逃げ同然に
    別の街で今度は普通の飲み屋さんで働いてます。


15  あかり - 2016/04/24(Sun) 20:02 No.30790
    去年
    2年の時に担任だった男子生徒たちにレイプされて
    その後も
    度々呼び出されて輪姦され続ける日々も
    半年余り

    一度に3人以上から犯されるセックスを日常的と言ってもいいぐらい繰り返す日々

    もはや
    仕事の都合を合わせてようやく月に2度か3度の彼氏とのセックスでは
    何の感動も湧かない
    優しくて癒やされる人だけど
    もう
    一人の男だけとの普通のセックスには興奮できない

    彼氏との癒やされる時間は
    それは
    楽しいけれど
    食事も会話も、一緒に歩く時間も楽しいけれど

    セックスに興奮はない


16  OL - 2016/04/21(Thu) 03:11 No.30784
    去年の夏の話です。
    私は当時大学4年生でした。
    高校の時からの友達だった仲良しの子2人と地元で遊ぶ事になりました。
    私は地元の大学に通ってましたが、友達2人は東京と千葉で大学生活を送ってました。
    友達は沙耶(さや)と愛美(まなみ)と言う名前です。
    3人で会うのは久しぶりだったので
    あーでもないこーでもないと、事のほかガールズトークは盛り上がりました(笑)
    で、学生生活も最後だし、社会人になったら会える機会も少なくなるしせっかくだから今のうちに3人で遊んで思い出でも作ろうか って事になりました。
    と言っても私の地元は田舎も田舎で
    近くに女子が遊べるような場所なんてありませんでした。
    何をして遊ぶか3人で話してた時に
    沙耶が「そう言えばここって有名な心霊スポット無かったっけ?3人で肝試し行かん?」と言い出しました。
    怖がりの愛美は「絶対無理ー!」と全力で拒否(笑)
    私は「そう言えばあそこって今年で取り壊すって言ってたから あの場所で肝試し出来るの今回ラストだよ!思い出作りにさぁ3人で行こうよ」と提案しました。
    愛美は「待って待って、別に肝試しじゃなくても良くない?」と半分キレ気味でした。
    でも結局愛美は沙耶と私に説得され渋々納得しました。
    すると、乗り気じゃなかったはずの愛美が「でもさ行くなら普通に行っても面白く無くない?」と言うので
    私が「じゃあビデオ回す?お化けとか映るかもしれないしww」と言うと
    沙耶が「ビデオは普通に回すじゃん、何かもっと変わった事しよう」と言うのです。
    他に何ある?と思ってたら
    沙耶が「どうせなら3人とも裸で行かない?」ととんでもない事を言い出しました。
    「はっ?!」私と愛美は思わず聞き返しました。それはそうです、沙耶の言った事が一瞬理解出来なかったし…。
    沙耶は「うちら3人だけだし、これやったら絶対一生の思い出なるって!」と言うのです。
    愛美が「思い出と言うよりトラウマになりそうww」と苦笑いしました。
    でも結局あの場所での最後だし、3人の思い出を作る!って言う謎の固い意思(笑)によって
    裸で肝試しをする事が決まってしまったのです。
    向こうに行ってからだと意思が鈍ったり、やっぱり嫌だと言う事になりかねないので
    私の家から裸で行く事になったのです。
    私と沙耶は裸になりました。お互い裸を見るなんて正直初めてだったし、3人でテンション上がってました(笑)
    「愛美も早くっ!」と私が急かすと
    愛美は「恥ずかしすぎて、どうしても裸になれない…下着姿じゃダメ?」と言い出しました。
    頑強に裸にひん剥こうとして愛美が態度を変えるのも嫌だったので、結局愛美は下着姿でOKって事になりました。
    沙耶は「めっちゃ恥ずかしいんですけどー」と言いながら私の車に乗り込みました
    愛美「これ誰かに見られたらうちら絶対変態だと思われるじゃんw」と言いながら愛美はビデオを回す係りでした。
    私の運転で舞台となる心霊スポットへ向かったのです。
    その場所は私の家から車だと15分ぐらい走った山の中腹にあり、かつて地元の病院だった現廃墟で
    地元では有名な心霊スポットでした。
    過去にテレビで取材に来たり、ここで撮った写真や動画がテレビ番組で紹介されたりもした事があります。
    病院の前に車を止めて、3人で降りて近づいて行きました。
    愛美は「絶対離れないでよ 怖いんだからぁぁ」と私にしがみついて歩く。
    沙耶は意外と平気なのかサクサクと進んで行くのです。
    ビデオ担当だった愛美は多分この先怖がって撮影できないだろうからと沙耶がビデオ回す係りを変わりました。
    入り口に着くと愛美は「やっぱ帰ろう 無理無理無理」と言い出しました
    私は「ここまで来て帰れるわけないでしょ…それに私たち裸だし、愛美だって下着のまま来た道歩いてたら捕まるかもよ?」と冗談半分に言いました。
    愛美は「うぅ…わたし絶対トラウマなるし」と文句とも諦めとも取れる言葉を言いました。
    建物の中に入ってからの事は怖すぎて書けません
    ホント私も軽くトラウマになるぐらい怖かったので(笑)
    そして、出てきた時には恐怖で鳥肌と全身汗だくで 正直生きた心地はしませんでした。
    その時、私は沙耶が居ない事に気づきました。
    沙耶は建物に入ってからも「暗いけど思ってたほど怖くないじゃん」とか言いながら、私と愛美より先を歩いていたのです。
    だから先に出て待ってると思っていましたが、何故か姿が見えません。
    愛美は「ちょっとヤメテよー 沙耶ぁどっかに隠れて脅かそうとかしてるんでしょ?」と私を引っ張って周囲を探そうとしました。
    その時、近くの雑木林の方から微かに声が聞こえた気がしました。
    愛美は幽霊だと思って怖がりましたが 私がそっちへ行くので仕方なく着いてきました。
    そしてそこで私と愛美は衝撃の光景を目撃する事に…。
    雑木林を少し入った開けた所で沙耶が2人の男に犯されていたのです
    私はびっくりしながらも沙耶を助けに行こうとした時突然後ろから声を掛けられました
    振り返ると若い男がニヤケて私を見ていたのです。
    私と愛美は逃げようとしましたが捕まってしまい、沙耶が居る所に連れて行かれたのです。
    男たちは「裸で肝試しに来るとか、お前ら最初からこういう事されるのが目的だったんだろ どうせ」と言って私と愛美にも襲い掛かって来ました
    沙耶はもう何度もやられたみたいで ぐったりして動けなくなっていました。
    私は声を掛けてきた男に襲われました。
    「こいつレイプされてるのにマ○コびしゃびしゃにしてるぜ 変態女だな」とか言われて…
    濡れてたのは肝試しで怖かった汗のせいです 絶対…そう思いたい
    結局中に出されて私たちは解放されました
    その時には既に夜が明け掛かっていました…
    一生の思い出のはずが
    一生のトラウマになったのです
    変な書き方で ごめんなさい


17  監督の妻 - 2016/04/20(Wed) 16:49 No.30782
    主人がボランティアである製品工場のソフトボールサークルの監督をしています
    そのサークルは主に外国人労働者のコミニティの一環なんですが
    主人はどちらかと言うと古い根性論の人なんで
    あまりよく思われてない感じなんですが
    それでも家に食事や飲みに誘った時は公用語となってる片言の英語で
    場を和ませたりしていました実は私昔外国人と付き合ってた事があって、
    少し英語が話せるんですが主人は知らないので話せないフリをしていました

    そんなある日
    3人揃って辞めると言ってる奴がいるからと言って
    家に呼んで食事をする事になってたんですが
    急な仕事が入ったらしく出張する事になりました

    主人も職人仲間が迎えに来るまで一緒に飲んで
    親睦を図っていましたそして途中で出掛ける事になった
    主人がスマホを見ながら片言の英語を話しました

    たぶん言いたかったのは
    ”俺は出掛けるけど
    欲しい物があれば妻に言ってくれ
    今夜は無礼講思いっきり楽しんでくれ”な感じだと、、

    でも実際に伝わったのはたぶん・・
    ”私は外出する
    妻が欲しければ言うとイイ
    今夜はペッティングも好きなだけするとイイ
    楽しめ!楽しめ!”を連呼して出て行きました、、

    3人は大盛り上がりで主人を送り出すと
    私に「監督さんが奥さんと楽しめと言いた!」っと迫って来ました
    私が誤解を解こうとしても全く聞く耳を持たずで、、、

    3人がかりで私に・・
    私も敵うわけもなく、、
    それよりゾクゾクして来ちゃって、、
    自分でも感じてる〜
    濡れて来ちゃってる〜
    って思えば思うほどエッチな気持ちになっちゃって、、

    結局夜遅くまで3人に抱かれちゃいましたが
    ひとりでもう十分なのに
    3人はホントぐったりしちゃって
    シャワーを浴びた時パックリ開いちゃってる感じで
    鏡で確認しちゃいました
    翌日には締まってましたけど、、
    3人には主人が言い間違えだと説明して
    絶対に言ってはいけないと約束しました

    結局3人は工場も辞めてどこかに行ったらしいです


18  私は@レイプされました。 - 2016/04/19(Tue) 12:43 No.30779
    彼女はゆりさん(仮名)といって私の7つ上の人妻でした。

    私が当時まだ大学生でしたので
    歳は27、8歳といったところではないでしょうか。
    彼女とは、‹マダムでパコリライフ›というサイトで知り合ってから一ヶ月以上メールしていました。

    一ヶ月経った頃に電話で話して、会うことになりました。

    そのとき彼女から自分が人妻であることを告げられましたが
    私は別段普通に接していました。

    簡単にセックスできそうなのでむしろ楽だろうと思いました。

    彼女と仲良くなるために私は彼女の音楽的趣味や
    その他についてある程度自分で調べて話題に備えました。

    また相変わらずメールは長文で返信もマメですし、
    たまに甘えたようなメールも送って徐々に距離を詰めました。

    もちろん私はもうしばらく彼女はいないし、
    ゆりさんに好印象を持っていることをアピールしており、
    向こうからしたら口説かれている気分だったでしょう。

    彼女は平日は職場の寮に住んでいて
    週末や連休の時は県外の実家に帰るという生活を送っていましたので、
    もともと職場の近く(私の家が風俗店から近かったわけでは無いのですが…)
    に住みたがっていました。

    彼女は仕事が終わって連休に入り実家に一旦帰ってから私の家に来て、
    そのまま職場に行くことにしました。

    つまり確定お泊り。

    この時点で私はもうセックスするのが決まったようなもんだとは確信していました。
    彼女は用事があったらしく、私も学校などがあって結局会うのは夜になりました。

    街の大きな公園で待ち合わせをして、会ってみると
    写メから2、3段階はランクの落ちた顔でしたが、
    まぁブスでは無かったので私には全然OKでした。

    確かに人妻だけはあって服装はこちらが一緒に歩いていて
    恥ずかしくなってしまいそうでしたが夜だったのでまぁ良かったです。

    そして特にすることも無かったので酒とツマミや軽食を買って一緒に帰宅しました。
    そのまま2人で部屋の中で飲みながらしゃべったりテレビを見たりしました。

    私は会話の内容は良く覚えていませんが
    向こうもしゃべるのには慣れているようで話題には困りませんでした。

    私たちははじめ床の上に座ってテーブルを挟んでしゃべっていましたが、
    気づけば二人でベッドの上に並んで座っていました。

    私も若干のアルコールが入っていたので
    あまり詳しいことは覚えていませんでしたが、
    手も握っていたような気がします。

    たぶん知らないうちに2人をそういう雰囲気にしたのでしょう。
    向こうもその気で来たわけですからどちらかと言うと時間がかかった方かも知れません。

    私はおもむろに彼女に唇を重ねました。
    彼女もそれに目をつむって応じ、しばらくの間キスをしました。

    やがて舌を入れたり絡ませあったりしているうちに二人の呼吸も荒くなり、
    私は彼女の胸を服の上から触れたり揉んだりしました。

    そして彼女が「んっ」と甘い吐息を漏らしたのを合図に
    徐々に手を下の方へ伸ばしていきました。

    彼女は太ももまである黒いニーハイソックスを履いていました。
    私はスカートの中に手を入れて、中をまさぐり始めました。

    まだ局部には触れず、太ももを優しくさすったり指でなぞったりします。

    つい2,3年前までは童貞だった私も
    この頃にはある程度の技術は身につけていました。

    そして後ろの方に手を回してお尻を触ったりしているうちに
    彼女がビクンビクンと腰を反応させたので、
    ついに私は股間に手を持っていきました。

    どうやら彼女がはいているのはTバックのようです…
    筋をなぞったり、指の腹でクネクネと全体を刺激したりします。
    彼女は小刻みに体を震わせながらも、
    私の腰に回している手とは別のもう一方の手で私の股間や乳首を触り始めました。

    普通の女の子なら声を出す程度で自分が気持ちよくなるのに精一杯なのですが、
    感じながらも相手に愛撫することを忘れない精神はさすが人妻だなと私は感心しました。

    私は彼女の股間がほんのりと熱を持っており、
    内部で時折クチュッと音がすることからもう濡れている頃だろうと確認して、
    彼女のショーツを脱がし始めました。

    彼女も自分で腰を少し浮かして私がショーツを脱がすのを手伝ってくれました。
    彼女の黒いソックスをはいたままの足元に現れたのはやはりピンクのTバックでした。

    私はその股間に接している部分をチラッと見て
    染みが付いているのをしっかり確認しました。

    私は再び彼女の股間に手を伸ばします。
    生え揃った陰毛がフサフサと手に触れて来ます。

    そして人差し指と薬指で彼女のラヴィアを開いて固定したまま薬指を中に入れました。
    思った通り内部は既に愛液で今にも溢れそうでした。

    私は指で中をゆっくりとこねくり回しながら、中の構造を品定めします。
    なかなか肉厚で締まりもよさそうな上物で、私は挿入するのが楽しみになってきました。

    しかし、まずはここで一度彼女に気持ちよくなっといてもらおうと、
    私は指をあの形にしました。
    中指を直角に曲げ、人差し指と薬指は真っ直ぐに伸ばします。

    そしてそのまま中指を中に挿入し人差し指と薬指は性器の外部に出して密着させます。
    まずはそのまま中に入った中指をクっと曲げ、女性のお腹側の内壁を刺激します。

    だいたいの女性はここをゆっくりと丁寧に刺激しておけばイキます。
    私が一回クイっと曲げるたびに彼女はビクンと感じます。
    私はそれを何度も繰り返します。

    やがて彼女が本格的にあえいできたので
    ベッドから下ろして座っていた脚を上に持ち上げて
    M字開脚の体制にさせました。

    彼女は手を後ろでについて上体を少し倒しました。
    こうすると彼女の股間は丸見えです。

    私は指の力を一気に強めて奥に挿入しました。
    彼女は後ろでに手をつき上体を支える体制をとりました。

    私はさっきまで指先で優しく刺激していた彼女のGスポットに、
    奥まで届くようになったことで指の力を強め腹の部分で押すように刺激しました。
    また薬指も同時に挿入し、2本の指で擦るように動かしました。

    彼女は出会って三時間も経たない初対面の男の前であられもない姿を晒しています。

    弱点をピンポイントで刺激され彼女は
    私の指の動きに合わせて腰をくねらせながら感じます。

    私は彼女の性器から外に出していた人差し指で、
    今度は肛門を刺激し始めました。

    最初優しく触れたときにビクっと腰を浮かしましたが
    そのまま刺激を続けて行く肛門をヒクヒクさせながら感じ始めました。

    「あ、ダメ! お尻の穴ダメ! あぁっ!」
    ちょっと演技っぽい感じの声色だったのが気に障りましたが
    まぁ感じていることだけは確かでしょう。

    私は今度は手首を使って腕の力全体で一気に動きを強めました。
    今までは指を中で動かしながら刺激していたのが今度は指の形は固定して腕の力で刺激します。
    しかもさらに早く。

    いわゆるAVなんかで男優がよくやるあの動きです。
    こうすると激しさが増すだけでなく入り口や周辺部も刺激されます。

    「あぁあぁあああぁぁああ〜〜〜…!!」
    彼女は声を上げてヨガり始めました。

    「ダメっ! ダメっ! ダメぇ〜〜!!」
    何がダメなのかは私には分かっていました。

    やがてぬるぬるとした分泌液に混じって
    サラサラとした水のようなものが混じって来て、
    中でピチャピチャと音を立て始めました。

    私は腕全体の動きを早め、中指と薬指でGスポットを、
    人差し指で肛門を刺激し続けました。

    大抵の女性はアナルプレイには抵抗はあっても
    優しく触れられる程度なら感じてしまうことは良くあります。
    そういう女性には何食わぬ顔でさっきのように人差し指を肛門に触れます。

    女の子は「あっ」などと声を出したりもしますが気づかないふりをしていれば
    向こうも別に故意に刺激されているわけではないと思いこんで
    快感に身をゆだねていきます。

    要するに、アナルで感じてしまうということが
    バレてしまうことが恥ずかしいのです。

    今回に関しては相手が人妻ということもあり
    私は初めから容赦なく攻撃して行きました。

    案の定アナルで感じる変態女だったことは言うまでもありません。
    彼女はぐっと苦しそうな顔でこらえていました。

    彼女の性器の中は既にピチャピチャと音を立てて
    溜まった液体が噴出される寸前のようでした。

    「ダ…メ… 出ちゃう… 出ちゃうの〜〜!!」
    そう言って彼女は私の手を掴みましたが
    Sのスイッチが入った私は無言でさらに動きを早めました。

    「イヤ〜〜!!!」
    やがて水滴が彼女の股間からキラリと光ったのが見えたので私は手を止めました。

    ベッドのシーツは洗濯すれば済みますが、
    さすがに床まで汚されるのは勘弁だったので、
    私は彼女の潮吹きが本格的に始まる一歩手前で止めたのです。

    既に彼女の性器は私の高速愛撫によってグチャグチャだったので、
    私はそのまま服を脱いで挿入しました。

    そのあとは普通にセックスを楽しんだ気がします。

    彼女はピルを飲んでいたのでもちろん中に出しましたが、
    締まり具合を自分で調節出来るらしく感度も抜群で、
    あまりに気持ち良過ぎて挿入したまま二回中出ししてしまったのを覚えています。

    あくまでも個人的な体感ですが
    ‹マダムでパコリライフ›にはピルを服用している人妻が多いように感じます。


19  カスバの女 - 2016/03/30(Wed) 04:48 No.30713
    良いおばあちゃんになってしまった女です。

    今、世間をざわつかせてる事件、なんで逃げることできなかったの、家の中から物投げてガラスを連続で割ってしまうとか方法を取れば助け出されたと思うわ。

    この子、家出願望があってそこに加害者との思惑が合致してしまって、初めのうちは恐怖もあったと思うけど、次第に女にされてカップル気取りで散歩する姿見られてるって話よ、結構男の何がうまくて、しばらくの間そのことに夢中にさせられていたんじゃないの、時間が経つにつれ、このままでは自分がダメになっていくのがわかってきて、電話したんだと思う。


    この件と私を一緒にできないけど、私の場合は薬でだめになった、大学受験に失敗して暴走族の仲間入り、シンナーに始まって覚醒剤、これがいけなかったわネ、これを使ってセックスすると快感が半端じゃなくって、快感の槍で脳天を突き貫かれる感じが薬が効いてる間続くの、女って男と違って逝きだしたら何度でも逝けるでしょう、そうなのよ 私、三日間彼のアパートに泊まりっきりで受験失敗を忘れるために彼とセックスに拭けっていたわ。

    そして薬が切れると、いろんな症状が出てきて現れたのがその筋の男性ってなるわけ、家出状態の中でお金がないから、次第にその男の女になっていき、薬でにっちもさっちもならなくなっていった。

    そんな女がどうなるかはその時はまだ解らなかった、男性の言うなりに如何わしい店で客取らされ、身体ぼろぼろにされた、多いときで一日で8人取ったことも、薬打たれるから、嫌な相手でも自分の気持ちとは身体が別になっていて、強烈な快感が私を襲い自分の置かれてる状態を忘れさせてくれてたわネ。

    それが半年位続いてお店に手入れが入って、私は逮捕されたの、当時はニュースになって世間は大騒ぎしたけど私は事情を組んでもらって不起訴になり、病院行き、リハビリーに専念したわ辛かった本当に、その後家に戻ってみると私の居場所は無かった、一か月で家を出たわ。

    大人になった私は社会に出て色々なことしてきたわ、多くの男性が私の身体に触れ又去って行ったわ。

    今、娘が一人います、関係を持った何人もの男性の誰かは私しか知りません、相手に認知をしてもらおうと思ってもいません。

    このまま静かに暮らしていきたいと願うだけです。

    最後に、この事件の女の子がこれからどうなるのか、親御さんも大変ですけど、是非カウンセリングをしっかりしながら、私見たな人生を送らせないことを、願っています(涙)。。


20  神降臨 - 2016/04/17(Sun) 10:59 No.30776
    泊まっていいです。年金受給者で。話し相手になってください。

    坂戸駅に来てメールくれれば迎えに行きますよ、 sasakikouzou0okm@gmail.com


21  私は@レイプされました。 - 2016/04/16(Sat) 20:08 No.30775
    「私立変態女子学院」ググってみて下さい
    デブやブスをこよなく愛して変態性的イジメや痴漢レイプで狂わせる変態小説です


22  伊織*** - 2016/04/16(Sat) 06:22 No.30773
    女って基本、えぐいことが好きで男よりサディスティック
    なのかも、ある女の子は不特定多数の男と関係持ってて
    3pとか4pとか普通にやってる子、男達はサークルの女の子のマンコが見たいって話になって「あたしが一芝居売ってやろうか?」って話を持ち掛けたんだって
    普段そんなに仲良しでもないのに一緒に遊ぶようになって急接近したらしい何度か自分のマンションにも読んで
    「元カレがしつこいのよ」って振りをずっとかましてて
    その元カレが仲間連れて部屋に乗り込んでくるって言う設定
    彼女も熱演で「なによ、あんた達、このこは関係ないんだから手を出さないで」って叫んだんだって
    でも、目的はその女の子をレプりたいってことだから
    助けてくれるはずもなく2人ともレイプされた定で
    「こんなこと誰にも言えない!」って一芝居売ったらしい
    そういう話聞くの大好きでレイプしまくってる大学生グループがいて、やり方は聞けなかったけど
    お嬢様大学の美人がターゲットで自宅マンション突き止めて
    先に部屋に侵入して待ち伏せるパターン
    外でやるより全然安全だって
    自分の部屋に帰って来たところを襲うんだって
    動画があるなら見たいって言ったんだけどさ


23  佳奈 - 2016/04/14(Thu) 16:15 No.30770
    私、オナニー中に声が大きく出ちゃうので、アパートでは出来ません
    車で出かけて、人里寂しい場所でオナニーしてました
    だんだん大胆になって、雑木林や公衆トイレなどで
    すうようになりました
    オナニーする前に、人がいないか確認してましたが
    夢中になると、回りが見えなくなり
    私一人の世界になってしまいます
    雑木林の中でオナニー中に、誰かが・・・・
    何?誰? 後ろから一人、前には2人
    半全裸状態だった私は全裸にされて、足を持ち上げらて
    入れられて下からピストン
    後ろから胸を揉まれたり、乳首をいじられてました
    すると、誰かが「中に出すなよ、次は俺だから」
    激しい突きで腰砕けになると、口にペニス
    ザーメンと一緒に押し込まれました
    這いずる格好のまま口にはペニス、そして後ろから
    2人目が入れてきて腰を振りながら押し込んで
    出し入れ
    「最後は俺だから、お前も中に出すなよ」
    もう私はダメ!グローキーする寸前です
    寝た状態で 2人目のペニスとザーメンが入ってきました
    足を大きく広げて、3人目が挿入!!
    あ!え〜〜 大きい〜〜〜!!!
    膣に激しく当たり 頭に響くほどに凄かった
    気が薄れ始めてきて
    膣が熱くなり、気が薄れてしまいました
    何分?たったかわからないけど、気を取り戻すと
    おまんこから大量のザーメンが・・・・
    口からも垂れていました
    男達はいません、早くその場を離れたくて
    慌てて、下着と服を持って車に戻り
    中に入りロックしました
    心臓の鼓動が激しく打ちました
    服で前を隠し、犯されたのを実感するだけで
    頭は真っ白でした


24  匿名主婦 - 2016/04/07(Thu) 05:35 No.30747
    38歳パート主婦。

    三か月前の押し込みでレイプされそれが原因で夫との関係がおかしくなっています。

    家のゴミ出しの時、ドアに鍵を書き忘れ帰ってきたら、家の中に入って私を待っていた男にレイプされました。

    内容は思い出したくないから言えませんが、それはひどいことされました、口封じのためだと家にあったビデオカメラでレイプの場面を一部分撮られてしまったの、その男がコンドームなんか付けるわけないし、私は、今は妊娠したくないって産婦人科の先生にお願いして処置をしてもらったわ。

    問題はそれだけじゃなくて、男が持ち去ったビデオカメラのSDカードなの、襲われる二日前に夫がふざけて自分たちのセックス場面を撮ってたのが、そのまま残ってるってことなの、もしカードの中の映像がネットで投稿されでもしたら、大変なことになってしまうわ。

    今頃、男は映像をすでに確認してはずよ、想像するだけで恐怖を覚えてしまいます。

    そしてその後の夫とのセックスも旨くいかず、私を悦ばせようとして色々してくるのですが、襲った男にされた事とダブってしまって感情が出なくなってしまってる自分がいます。

    夫に勘ぐられないようにする為、逝ってもいないのに変な声なんか出してみたりしては、夫を悦ばせてはいます。

    今、もう一つの心配は私を襲った男が、又私の所に来ることはないだろうかと言う心配です。

    私のデーターを持ってる男が連絡をしてきて、夫に内緒にするから関係を持たせろってね、、、、背筋が凍る思いです。。。

    このまま男からの連絡、脅し等がないことを今願っていて、トラウマの日々が続いています


25  匿名 - 2016/04/11(Mon) 01:26 No.30759
    私は30歳の某家電メーカーの女子事務員です、何時も定時帰宅をするのですがその日は仕事が忙しくて残業で遅くなりました、終電の1台前の電車で自宅の近くの駅に付き駅から15分程歩いて帰りに一台の車が止まり道を訪ねられましたので私は説明をしているといきなり男が車の中に乗せられてしまいました。私は抵抗をしましたが男の力には勝てませんでした。見ると5人の男が大きなワンボックスの車を走らせて人も車も少ない公園に車を止めて4人の男がハサミを私の目の前でちらつかせておとなしくしないと殺すと驚かされ私は男の言いなりになりましたするとハサミでブラウスを切られスカートも切られました。私はスリップ姿にされて私の着ているスリップを手で引き裂かれました。ブラはハサミで切られパンストとパンテーもハサミで切られて私は全裸になりました。それからは4人の男に私のオマンコにチンポを挿入をして激しくピストン運動をして最後は精子を中出しされました、レイプは2〜3時間犯されて居ました。男達は私を犯した後は家の近くで全裸のまま降ろされました。引き裂かれた服も私の横に捨てられましたが服を着られませんので私は仕方が無いので泣きながら全裸のまま家に帰ろうとしましたその時一人の男性が着ていた服を着せてくれました。男物の服ですので下膝上までありますのでとりあえず家まで帰りました。その男性は私が服を着て玄関を開けると男性が居ませんでした。お礼を言いたかったのですがいませんでした。数日後その男性に会いました。その時男性は警察に被害届を出しましたかと言われました。私はまだですと言いましたら今から被害届を僕も一緒に行きますので警察に被害届を出しなさいと言われて私はその男性に一目惚れになりました。レイプで犯された時に私は妊娠してしまいました。男性は何もかも私のレイプの事も承知の上で私と結婚の申し出がありましたその彼が今の旦那様です。私より2歳年下の彼ですが優しくて良い旦那様ですちなみに妊娠をして生まれた子供は男の子です彼の子供も近く生まれます彼も子供の生まれるのを楽しみにしています。どうも男の子が生まれる見たいです。今はレイプの事も忘れて幸せな家庭で過ごしています。


26  明石さん吉 - 2016/03/10(Thu) 21:55 No.30676
    小林悠がホテルでレイプ嵌め撮り?その動画は流失しますか?


27  匿名 - 2016/04/07(Thu) 12:29 No.30749
    10年くらい前、家に一人でいたとき、配達に来たおじさん(50前半)にされました。
    いつも家にいるときはノーブラ・ノーパン。
    その日もノーブラ・ノーパンで、厚手のTシャツ・スカートでいました。
    家族に用があったらしく、誰も居ないことを話すと「そーか…」と言いながら外に行ったの ですが、すぐに戻ってきました。
    ドアは閉められたのですが、鍵は掛けられなかったので「?」と思いながらも玄関で立ち話 をしていました。
    そのうち「かわいいね」と言っていきなり抱きつかれました。
    (ぽちゃなのでそういう対象にはならないと思ってたのですが…) いきなりの行動に戸惑っていると首筋を舐められ感じてしまいました。
    おじさんも気づいたらしく服の上から体を触り始め、手が胸に… 「ブラしてないのに大きいね」と言うと、後ろから抱く形になり両乳首を責められました。
    服の上からでもわかるほどすぐに乳首はビンビンになりました。
    「気持ちいい?」と聞かれうなづくと 「おじさんもこんなになってるよ」と腰を押しつけられました。
    おじさんのモノも服の上からわかるほどカチカチでした。
    このままだとマズイかなぁ!?と思いながらも快感には勝てず、 おじさんの手が下に伸びたとき、私のあそこはヌルヌルでした。
    「パンツも履かないで・・こうされるの待ってたんだ?もうヌルヌルだよ」 とクリをいじられ、そのあとはおじさんの為すがまま。
    乳首とクリ、両方を攻められ、声を出さないよう我慢したせいか、すぐにイッテしまいまし た。
    「もうイッちゃったの?ダメだよ自分だけイッっちゃ。
    そこに手をついて。
    今度はおじさん が気持ち良くなる番だからね」 と言われ、床に手をつくとそのまま立ちバックで生ハメされました。
    膣を押し開いていく感じがわかるスローなピストン、 頭の先まで痺れるような激しいピストン、 カリだけ入れてピクピクさせたり、奥まで入れてピクピクさせたり・・・ 見知らぬ人にバックから犯されているような状態に私のあそこはもうグチョグチョでした。
    「充分楽しんだしそろそろイクよ。
    生理いつ?」と聞かれ、2日前に終わったことを告げる と 「じゃあ、大丈夫だ」と一気に激しいピストンで責められ、あっという間にイかされました 。
    当然おじさんは中出しし、おじさんのモノは口できれいにしました。
    「いきなりごめんね。
    でも気持ち良かったよ」と言われながらキスをしていると家族が帰っ てきました。
    「今日のことは秘密だよ」と言う言葉にうなづくと、おじさんは外に出て行き、何事もなか った顔で家族と話をしていました。
    その後そのおじさんと顔を合わせることはありませんでした。
    こんなことが現実にあるんだ…と自分でも驚いた経験でした。
    そんなHがきっかけでネットリ責められるHにハマッテしまい、それ以降の相手は7割くら いが既婚の中年男性です。
    (もちろん1回だけの人もいます。
    私、ジラサレルのと言葉責め に弱いMみたいです) これからもそんな素敵な時間をくれる人にたくさん会えるといいのですが。
    でも、これって痴漢じゃなくて和姦体験告白ですか?


28  - 2016/01/23(Sat) 19:09 No.30597
    舞がJKの時、通学路に高速道路のトンネルをくぐるんだけど、ちょっと人通りが少なくて、一人では怖く感じてたけど。
    もう秋だったかな?テスト前部活が休みの日、同じ電車を降りて歩いてきた友人と分かれ道で30分程おしゃべりしてから、
    一人でそのトンネルを抜けた途端、3人の若い人に襲われてしまったの。
    「おい、俺らとやらせろや。向こうに毛布まで用意したからよ。」3人は隣の狭いトンネルに私を無理やり連れて行きました。
    必死で助けを求めようと、差していた傘を道路に向かって投げ、誰か助けて!との思いもむなしく、傘はガードレール付近。
    諦めかけたその時、自転車に乗った大柄の人が気づいてくれて、「おい、何やっとる?」って近づいてきました。
    あの人、舞のために3人にやられちゃう、どうしよう。と思ったのも束の間、3人のボスらしいのを殴り倒し、
    「柔道初段の俺に殴りかかるのは10年早いわ!」を怒鳴りつけ、舞を自転車の後ろに乗せて逃げてくれました。
    そして、彼は「お母さんにどこかまで迎えに来てもらったら?」と聞いてきたので、
    「仕事で夕方まで帰らないの。」
    「なら、家まで送るよ。」となり、彼に家まで送ってもらいました。玄関でお礼を言って、別れようとしたのですが、
    彼は少し強引に家の中に入ってきて、「痛いとこ無い?服濡れてるよ、早く着替えないと風邪ひくよ。」と、舞の服を脱がし始めるじゃない!
    抵抗すると、「それが命の恩人への態度か!」と恐ろしい形相で睨まれ、怖さで震えてしまい、大柄の彼のなすままにされるしかない状況。
    彼は舞の下着で自分の着ている合羽を拭いて、フードを被ったまま上がりこみ、舞の部屋まで案内させ、裸の舞をベッドに押し倒して。
    彼は、フードの口元にある雨除けで顔を半分隠したまま、「妊娠したくなきゃ、まずフェラチオな。」
    指示通りにするしかなく、顎が痛くなった頃、彼の叫び声とともに、口の中がしょっぱく生温かいもので一杯になり、
    気持ち悪くてはきだしたのですが、あそこの粘りが取れるまで舐めさせられ、今度は吐き出すことは許されませんでした。
    その後、彼は舞の大切な所を舐め、指を入れた後、太い棒のようになった彼のものを入れてきました。
    激痛が走り、叫び声が出ましたが、彼に騒ぐな!とビンタされ、舞が痛みをこらえて黙り込む中、彼は容赦なく腰を振り続けていると、
    またさっきの叫び声が。まさに舞がバージンを失った瞬間です。
    そして、「今の事は誰にも言うなよ。お前の家をさっきのやつらに教えられたくないだろ。親には、通りがかった優しい人に助けてもらったとだけ言うんだ。」
    と言い残すと、彼は玄関から出て行きました。でも、舞は3人から舞を助けてくれた彼を恨む気にはなれません。
    夕方、母が帰ってきた時、「高速道路の下にパトカーが止まってたけど、事故でもあったのかな?」だって。
    それに、「警察が何人も道路から入った、あんな狭いトンネルにいたけど、子供が事故に遭ってなければいいね。」だって。
    多分、私の後に通った人が襲われたんだと思った。
    もし、助けてくれた彼にじゃなくて、あの3人にやられてたと思うと、今でもぞっとして、震えてしまいます。
    初体験の人というか命の恩人の顔を、フードの中から上半分しか見ていない舞は、やっぱり変わった人って思われるのでしょうか?
    これからも、誰にも言わない方がいいですよね。
    2週間後に生理がきた時、舞がこれまでで一番ほっとした瞬間。バージンを失った時とともに、多分一生忘れることはできない思い出になりそうです。


29  成美 - 2016/03/12(Sat) 17:02 No.30678
    私 33歳の子持ち主婦です。子供会の会合が、終わった後です、何と…私 75歳の山川さんに、集会所の中で、押し倒されて、犯され無理矢理アソコに棒が、身体は正直ですよ、気持ち良くなっていたの。75歳に犯されるなんて、恥ずかしですよ。妊娠は間のかれました。スリルが有り良いかもね。


30  クロベ - 2015/10/02(Fri) 13:31 No.29815
    大を足縛る。又開いてアヌスをたぷり舐める、俺チンボ無理押し込む、身に付け衣類ハサミ切り裂く、オメコの陰毛がふさふさ生え剃る、


31  和江 - 2015/11/30(Mon) 13:42 No.30111
    私は25年前の夏、下宿のアパートで犯されました。あのけだもの様な男に、大事にしていた処女を奪われてした。
    丁度、お盆でアパートの学生帰省していて誰もいなかったのです。私はSと言う洋品屋さんでアルバイトをしていました。その帰りに銭湯(当時お風呂付のアパートはあまりありませんでた。)によって汗を流して帰りました。実はその時あった野獣のような季節労働者につけられていたのです。私の部屋は二階の角でした。暑かったので窓を少しだけ明けていたのでした。
    夜中の2時頃でした。急に体に重みを感じた私は目を覚ましました。私の身体の上に見知らぬ筋肉質の日焼けした男が圧し掛かっていました。私はびっくりした「イヤッ!誰なの?出て行って!人を呼ぶわよ」と叫び、男の身体を払い除けようとしました。男は「夜は長いからゆっくりヤろうぜ。なあ、ねえちゃん」私は逃げようと思っても恐怖で身体が震えて動けませんでした。泣きながらイヤイヤと首を振るのがやっとでした。男はニヤッと嫌らしい笑みを浮かべて「ねえちゃん、綺麗だね。男とやっているんだろ?俺、2カ月ヤッていないんだよな!もう我慢出来ない」いきなり私のネグリジェ胸元に両手を掴んで凄い力で引き千切られてしまいました。私は「あっ、キャッ!やめて、やめて、私、まだ、まだ、・・・」ネグリジェが開かれて、胸のブラジャーが男の目が注がれていた。「可愛いブラしてるじゃないか」私はまだ、処女で、オナニーも2,3回した経験がありますが、癖になるという罪悪感があり、それ以来していませんでした。それなのに・・・。


32  まなみ - 2015/04/03(Fri) 11:29 No.28494
    犯し屋さん あかねさんは又妊娠しましたか。
    最近のあかねさんはどんな感じですか。


33  匿名 - 2016/03/22(Tue) 12:52 No.30700
    あたしの高校は裏に山があってよく変質者が出てたの、
    帰りのホームルームで先生が「昨日も生徒がスカートをめくられました、みなさん帰りは1人で帰らないようにお願いします」
    そんな事を言われるくらい治安はあまりよくなかった、
    あたしは普段から仲のいい友達6人位で帰ってるからあまり気にした事はなかったけど、
    今日から夏休みで高校最後の休みを何して楽しむか考えるために由美の家に集まった、
    由美は気が強くてボーイッシュな子、背も168くらいであたし達の中でも一番胸が大きかったし、リーダー的存在でもあったて何か決めるときは由美の所に集まってたの。
    あたしは一回家に帰って着替えてから自転車で由美の家に行った、

    もういつものメンバーは揃っててお酒なんか飲んで盛り上がってた(笑)
    あたしが部屋に入るとみんなは「おっそいよ〜もう話し合い始めたちゃってるよ〜♪」
    あたしもとりあえず一杯飲んで、話にまざった。
    最初は海とかキャンプとかの話で盛り上がってたんだけど、学校の話に変わって先生の悪口でまた盛り上がって(笑)
    今度は学校の裏山の話になって、裏山には昔、精神病の人を集めて治療する施設があったみたいで今は廃墟になってて肝試しとかに行く人がいるみたい!
    ネットで調べたら多分分かると思うから詳しい場所は言わないけど(笑)
    親から聞いた話だけど裏山の廃病院は経営が厳しくて仕方なく患者を保護者や違う施設に移して病院はつぶれたらしいけど、患者の中には夜中に裏山の病院まで戻ってくる人も少なくなかったみたい!
    ネットの書き込みでも「おっさんが立ってた」とか書いてたし、そんな事を考えながらお酒飲んでたら由美が「ねぇ、あそこは?廃病院、みんな行ったことなかったよね?」
    由美がそう言うと他の女の子が「いいけど…だったらあたし達だけじゃなくて男の子も呼んだ方がいいんじゃない?」
    あたしもそれは思った、女だけって不安だったから。
    そしたら由美が「男呼んだらめんどくさくない?同級生の男とか興味ないし!ちょっと行って帰れば大丈夫じゃない?」
    ……たしかに由美の家から学校の裏山は近いし歩いても30分くらい、それにきっとあたし達以外で肝試しに来てる人も居ると思ったから深くは考えなかった。
    結局今夜12時から行こうって話になって、時間までお酒飲んだりしてかなり盛り上がってた!
    時計を見るとそろそろ12時で、みんな用意をして歩いて行く事にした、
    一番飲んでた由美は足元がフラフラしてて…大丈夫かなぁ…そう思ったけど6人も居たら平気かなって思っちゃってみんなテンション上がりっぱなしでメチャ楽しかった♪
    話ながら歩いてると学校が見えてきて、細道を通って廃病院についたの。
    結構人の気配とかしてて由美が「もう誰か肝試しに来てるぽいね〜ほら、あそこの小屋の方とか沢山居るし、病院の中も誰か居たらつまんないよね〜」
    たしかに小屋の方は懐中電灯とか持った人がうろうろしてた、結構遠かったから影や光しか見えなかったけど。
    あたし達はゆっくり廃病院の中に入ってみた…色んな物が散らかってて落書きもあった!
    三階建てぽくて階段見つけて二階に行こうとしたら携帯から着メロが…みんなビクッてしたけど由美の携帯だった(笑)
    みんなで笑ってると由美が「ごっめ〜ん…親がメッチャ切れてて!さっき飲んでたお酒がこぼれてて親が寝てる部屋まで臭ってきてるから拭いて片付けろってさぁ〜笑」
    あたし達は、そっかぁ…じゃあ戻ろっか!?由美は「すぐ戻ってくるからみんなで楽しんでてよ♪」由美は足も早かったし気も強かったからみんなそこまで心配してなくて、
    あたしは「1人で平気?やっぱりみんなで戻ろうよ!」そう言うと由美は笑顔で「大丈夫だってば(笑)すぐ戻るからさ」そのままあたし達が止めるのもきかないで走っていった……
    しょうがないから廃病院の二階に行って色々見てたらガタンッ!音がした!!みんなキャア!って叫んであたしも「なになに?なんの音??」すると今度はガタッ…ガタッガタッ…イヤッ…バタン…外から音が聞こえた!一瞬声も聞こえた気がしたけど、もう怖くてみんな急いで学校まで走った!!
    あたし達はハァハァ息を切らせて座り込んだ…とりあえず由美が戻ってくるのを道で待ってたけどまったくもどってこない、
    電話をしてみたけど出ないし…仕方なく由美の家までみんなで行ってみたけど電気は消えてて鍵も閉まってた、
    友達の1人が「もしかして寝たんじゃない?だいぶ酔ってたしさ」
    あたしらも「だよね、結構時間たったけど連絡も無いし…もう、しょうがないなぁ」
    そのままあたし達は由美の自宅前で解散して帰った…部屋に戻ったあたしはお風呂に入ってテレビを見ながらウトウトしてると、由美に明日の買い物行く時間だけ携帯で聞いておかなくちゃと思って電話したら…やっぱり出ない、長く呼び出し音が鳴って、起きないかなぁ…また朝にでも電話すればいっかぁ、そう思って切ろうとしたらカチャ…
    あたしは「あ、由美〜もぅ〜寝る前に連絡くらいしてよね、みんな心配してたんだよ!あ、そうそう!明日の事なんだけどさ〜時間なんじにする〜??」
    …返事がない……何かガサガサ音がするからコンポの音楽を切ってよく聞いてみると…ガサガサ…ウッ…ガサガサ…アウッ…ウッ…プッ…プゥー……切れた。
    あたしは何か嫌な予感がして由美の家に急いで行った!
    やっぱり部屋の電気は消えてて…あたしはまさか廃病院に戻ってあたしらを探してるんじゃ…
    由美は責任感が強いし…そう思って廃病院に行ってみようと考えたけど1人は怖かったから友達何人かに電話した!
    誰も出ない…解散して結構時間もたっててもう朝の5時近いし寝てるみたい…それでも親友の由美が気になったしここからならそんなに遠くない事もあって廃墟の近くまで勇気を出して行ってみたの、
    ぱっと見た感じ誰か居る気配もなくて、やっぱり帰ろうとしてたら廃墟の裏にある離れた小さな倉庫から…カタン……何か音がした!
    あたしは怖くなって逃げようとしたら倉庫の隙間からチラッと光が見えた!
    誰か居るのかと思って近くまで行ってみたら倉庫の扉の前は何か争ったような土の跡と引きずられた後が残ってて…由美のサンダルが片っぽだけ落ちてた!
    あたしは怖くて倉庫の扉を開ける勇気が無かったから少しだけ空いてる隙間から中をのぞくと……
    …由美が裸にされて数人のおじさんに犯されてた…声が聞こえてきて…「……ウウッ…アウッ…ウッウッウッ…」由美が帰ってから2時間くらい…もしかしてあれからずっとここで…??
    うっすら見える由美の顔からは何かベトベトしたのが垂れ下がってて…由美が動物みたいな声で…「アガッ…ガッ…ブッ…ウブッ…ヤッ…ヤベ…テッ…ウブッ…タスケッ…」唸ってた……
    隙間から見える由美は前と後からされてるみたいでガクガク揺さぶられてて…由美を犯してるおじさん達が精神病の人だとすぐに分かった!
    パジャマ姿で口からよだれも垂らしてて…あたしも見つかったらヤバイと思って扉から離れようとしたらドンッ…
    何かに当たって後ろを振り向くと同じ感じのパジャマ姿の人が居て!大声で叫ぼうとしたら…殴られて気を失ったみたい…………
    ……ジュプ…ジュプ…
    何か聞こえるて目が覚めたあたしは目の前にボロ雑巾みたいになって倒れてる由美が見えて!慌てて近くに行こうとしたけど動けない…
    あたしは犬みたいなポーズにされてて、服も脱がされてて後からハメられてた…由美が見えたかと思うと目の前に男の人が来て口に入れられた…
    あたしは隙間から見てた由美と同じような感じで男の人に囲まれて動けずに…「アグッ…ユミッ……ウッ…ウッ…アッ…アウッ…タスケッ……」
    あたしと由美は昼過ぎまで犯された続けて15時くらいに解放された…
    ベトベトの体…中に沢山出されてて太ももを何かが流れ落ちてる…
    あたしと由美は夕方になって日が落ちる前に服を着て由美の家に行った、親が夜しか帰ってこない由美の家でシャワーを借りてひたすらお酒を飲んだ…
    すべて夢だと思いたくて……次の日テレビにあの廃病院が映ってて近くの施設から15人も居なくなり半分以上は廃病院の倉庫や倉庫付近で未成年の女性が1人、倉庫内で発見され暴行を受けた痕跡があると報じていた!
    あたしらもあのまま夕方まで倉庫に居たら、また朝まで犯されてたかもしれない…そう思うと凄く怖かった。
    今は普通に大学に通ってるけどあの夜の事はこれを読んだ人と由美しか知らない。


34  30代半の主婦 - 2016/03/16(Wed) 15:15 No.30685
    30代半の主婦です。 先週 通っている会員制のテニススクールのインストラクター(20代)に犯されました…。
    幸い専業主婦の私は 平日の昼間なら時間も取りやすいので 少しでも早く上達したい一心で個人レッスンを受講した後の事でした。
    今思うと受講中にも体への接触度も高く また過剰に視線も受けていたかも知れません。
    その日のレッスンが修了して 気持ち良く掻いた汗を流す為にシャワーを浴びようと 更衣室で下着を脱ぐ前に
    イキナリ背後から 『奥さん‥素敵な体してますね』 と言われて抱き締められ襲われました。
    急にビックリさせられると悲鳴って出せないものなんですね!? それでも私は 「ちょっ‥と、何するんですか! ここを何処だと思ってるんです!?」
    と 彼から逃れようとしました。 でも若くてスポーツマンの彼に敵うわけがありません。

    汗をタップリと吸った下着も強引に脱がされ それでもまだ汗をビッショリと掻いたシャワー前の恥ずかしい体を 彼はクンクンと匂いを嗅ぎながら
    その汗を舐め取るように舌を這わせて全身を舐め捲ります。 私は 体力的に敵わない実感と 汗まで舐められて辱められている羞恥心とに抵抗する気持ちも薄れていました。
    そしてそれは彼が異様に局部の膨らんだパンツを脱いだ瞬間に決定的となりました。 …スゴイんです!
    その長さも太さも軽く主人の2倍以上ありました。 何より目(心)を奪われてしまったのは、傘みたいに大きく張り出している亀頭の部分です。
    もう敵わない体力差は 私にとって都合の良い格好(大切)な言い訳材料でしかありません。
    何故だか喉に渇きを覚えて 「ゴクリ‥」と 唾を飲み込んだのを記憶しています‥。 あとはもう彼の性欲にされたい放題です。
    『奥さん‥旦那さんが単身赴任から帰って来る迄、僕が奥さんの面倒を見て上げますよ』
    そう言う彼を もはや押し退けようともせずに それどころか 逞しい彼の体にしがみ付いてしまい それはレイプでしたがレイプではなくなってしまいました。
    思えば、スクールの会員登録をする際に 何気ない話の流れから、主人が単身赴任中であることを話していました。
    おそらく欲求不満な主婦と思われて そこに付け込まれたのでしょう。
    でも私自身に性的な欲求の不満があったのは確かな事です(現に昼間家で自分を慰めたりしてしまいます)。
    それでもそこを見抜いて付け込んで来たのは 彼のイヤラシ過ぎるオチ〇チンです


35  新婚 - 2016/03/18(Fri) 21:50 No.30691
    先日会社で出会った彼と結婚をしました。
    私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。
    出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。
    でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
    Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。
    付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。
    6月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
    そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」と来てくれました。

    準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って。
    「ありがとう」って2.3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。
    何が何だかわかりませんでした。
    あまりに突然にファーストキスを奪われました。
    木原君は
    「ずっと好きなんです。我慢できません」って襲いかかってきました。
    ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい
    「大声を出したら大変な事になるよ。静かにしてて」
    もう1人知らない人が入ってきてビデオに撮っていました。
    キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
    汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
    涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
    でもこんな姿を見られるのもイヤで声は出ませんでした。
    そのうちウェディングドレスのスカートはめくられて、下着も取られてしまいました。
    オマンコをなめられて、凝視されて
    「俺のためにとっておいた処女か、千絵の処女は頂くよ」
    声を出したくても出ませんでした。
    木原君は処女の私に挿入してきました。
    私はただ痛いだけで、痛さで、屈辱で涙が止まりませんでした。
    大声を出せばレイプされている所を見られてしまうので、ただ痛さを我慢していました。
    しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。
    自分からしているみたいで、すごくイヤでした。
    全然気持ちいいってものではありませんでしたが、木原君は満足して居るみたいでした。
    じっとしていたのですが、
    「動かないと終わらないよ」と言われ、仕方がなく体を上下に動かしました。
    「俺がいきそうになったら自分で抜けよ」と言われましたが処女の私にはどのタイミングかわかりませんでした。
    気持ちよさそうにしていたので抜いたら、
    「まだだよ。何やってるんだよ。中出しするぞ」
    私は中だけは逃れなきゃと思い、また腰を落とし、木原君を受け入れました。
    すごく情けなくて、まさか人生最良の結婚式の日にレイプされないといけないの?と大泣きになっていました。
    泣きながらオマンコの痛みをこらえて腰を振っていたら、膣の中が熱くなっていました。
    膣内で射精したみたいでした。
    「千絵は馬鹿だよな。抜けっていっただろ?千絵が自分で受け入れたんだから妊娠してもしらないぞ」と言われてしまいました。
    ビデオにも撮られていたし、処女を奪われ、挙げ句の果てに膣内射精とは…
    木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスをなおしました。
    でも下着はありませんでした。
    式の間も膣からは精子と血が流れてくる気がして。
    意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「千絵は泣き虫ね」って言われました。
    結婚式が終わって、少し1人で居ました。
    ウェディングドレスの裏地はピンク色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。
    まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。
    いま木原君の子を身ごもっていますが、旦那さんは喜んでいます。
    何とかしておろしたいのですが、おなかの子には罪はないし、悩んでいます。
    そんななか会社の引き出しに1枚のDVDが入っていました。
    「千絵さんの結婚パーティー」って題名でしたので見たのですが、レイプされているビデオでした。
    最後に字幕が入っていました。
    「千絵さん僕の精を受け入れてくれてありがとう。
    まさか千絵さんが受け入れてくれるとは思っても居ませんでした。
    おなかの子は多分僕の子でしょう。
    僕と千絵さんの愛の結晶ですね。休みの日にでも遊びにいきますね。
    また僕を受け入れてくれると思うと楽しみです。
    このDVDは大切に保管していてくださいね。
    なくなっても原本はあるので安心してください。」
    その日は旦那さんが出張で留守だったので、しっかり戸締まりをして居ましたが、チャイムが鳴り木原君とわかったので拒みましたが、DVDを持っていたのでまた犯されています。
    もちろん中に出されています。
    旦那さんとはずっと避妊していて、妊娠したのは数パーセントの事故だと思って居るみたいですが、木原君との子供です。
    会社ではキスを要求してきます。
    断れない私が情けないです。


36  OL - 2016/03/14(Mon) 22:28 No.30683
    私は23の時、中規模の広告代理店にアシスタントとして勤務していました。
    その時出入りしていたひとつ年下の新人クリエイター(の卵)S君が面白くてやさしい人で、
    時々一緒に食事にいったりするようになってました。
    実は私は堅い親に育てられ、実家から通っていたこともあり、
    なんとなくチャンスがなく、23歳で実はまだ処女でした。
    そこまで処女だったので「せっかくなら将来結婚を約束してくれる人に捧げたい」
    と考えるようになっていました。
    S君は話も面白く、誠実で、やさしい人で、なんとなく私に気があるようでしたが、
    あくまでも友人としての態度を崩しませんでした。

    あるとき、S君は彼の友人で現在は大手の商社に勤めているというF君を連れてきました。
    別に深い意味はなく、ただその日にF君と会っていたので流れで連れて来た、
    ぐらいの事だったようなのですが。(あとで分った事ですが、S君がF君に
    「自分の好きな人がいるので見てほしい」というような事だったようです。)
    それからは時々3人で会って遊んだりして、楽しい日々でした。
    1年程たったある日、突然、S君が言いました。
    「実は、仕事で大きなミスをして、今度遠くの都市に左遷されるなった。
    だが、君と離れるのがつらい。僕の心のよりどころとして、いつも君といたい。ついて来てくれないか?」
    それまで、キスどころか手もつながなかったS君からの告白に、
    私はびっくりしてまともな返事ができませんでした。
    「あまりに突然の事で返事ができない。そんな急に言われても困る」というような返事をしたと思います。
    実は私も悪い気はしなかったのですが、今までとの変化があまりにも急すぎて、
    優柔不断な私には決めかねたのです。(生活の安定しない職業というのも頭の中によぎったのも確かです)
    ところがS君はどうやら「断られた」と勘違いしてしまったようなのです。
    ある日突然、S君は別れも言わないで遠くの都市に行ってしまったのです。
    S君が引っ越して2ケ月が過ぎました。
    携帯も通じなくなり連絡先も分からなかった私は、友人のF君を呼び出して、
    S君の連絡先を聞こうと思いました。
    やってきたF君にこれまでのいきさつを話して、連絡先を教えてもらいました。
    そして、S君が本当に私を好きだった事、好きだったからこそ、
    大切にしてなかなか手を出さなかった事を聞かされました。
    「私はS君ともう一度ちゃんと話したかったのよ。」Fはハッとした様子でした。
    「お前、Sが好きだったのか?」私は、こくっと首を縦にふりました。
    Fは「・・・・・そうなんだ。Sはお前にふられたと思って・・・・・。」
    Fはしっかりとした口調で話をしてくれました。
    実は以前からSを好きなA子という女の子がいたこと。
    Sはそれを知っていたが、私の事を好きだったのでその娘には手を出さなかった事。
    遠くに行ったSを追い掛けて、その娘はすべてを投げ捨てて行った事。
    Sはそこまで好いてくれるその娘を受け入れ、今は大切に思っている事。
    失われた2ヶ月は、あまりにも重いものでした。
    二人で酒を飲みながら、私はいつか泣いていました。
    F君はやさしく慰めてくれていました。
    私はやけ酒を飲みながら、いつしか記憶がなくなっていました。
    ふと気がつくと、私はベッドに横になっていました。ラブホテルの一室です。
    シャワー室からバスタオル一枚で出て来たのは、・・・・・F君でした。
    私はびっくりして「いやあ!」といいました。
    Fは「なにいってるの。抱いてっていったのは千香だろ。」と驚きません。
    私は「ちがう、これはなにかのまちがいだわ。」といいましたが、Fは笑って取り合ってくれません。
    「ほら、千香もシャワーしておいでよ。」「いや、そんなはずは。これは違うのよ。」
    Fはようやく私が本気ではなかったのに気がついたようです。
    「おいおい、今さら嘘とか言わないでくれよ、お前が誘ったんだろ。」
    それまで紳士的だったFとはうって変わって強引でした。
    「いや、そんなはずは。」「Sの代わりに俺が抱いてやるよ。あいつとやりたかったんだろ。」
    「まって、ダメ!」「シャワーしないなら、そのままでいいよ、ほら。」
    Fは強引に抱き寄せると、唇を重ねてきました。一瞬力が抜けた私を、Fはベットに押し倒しました。
    「あ、だめ!」私はそれをいうのがやっと。
    Fはキスをしたまま私におおいかぶさると、右手で私の胸を掴みました。
    この歳まで処女だったからといって、その手の情報に無知だった訳ではありません。
    実は私だって性欲は人並みにあり、それは自分自身で対処している毎日でした。
    初めて他人に揉まれた胸に、私はついつい感じてしまったのです。
    「あ!」と声をあげたのをFは見のがしませんでした。
    「ほら、感じてるじゃないか。ちゃんと。」
    Fは私の服のボタンをはずし、ショーツをたくし上げると、
    すばやく背中に手をまわし、ブラのホックをはずしてしまいました。(手慣れている!)
    気がついた時には私の乳首は彼の唇に奪われていました。
    私はもうパニックで、よくわからない状態でした。
    「千香の胸、想像よりもすごいね。きれいだよ。」
    彼は私の横に寄り添って、右手が私の左胸を揉み、唇が私の右の乳首を吸っていました。
    他人に愛撫されるという初めての感覚に、私はもう思考能力がなくなっていました。
    彼は私の上半身を裸にして、私の頭横に座ると、体をかがめ、私の胸を愛撫しました。
    「教えてやろうか、Sはお前の事が本当に好きだったんだよ。
    お前と一緒に撮った写真みながらオナニーしてたんだ。他の女には手を出さずに。」
    彼の大きな胸が私の顔の上にありました。私はそれがSの胸のように思えました。
    私はその背中に手をまわすと、乳首に舌を這わせました。
    「気持ちいいよ千香。きっとSもしてほしかっただろうね。」
    Fの愛撫は、私の胸から脇腹、へそ、そしてもっと下へと降りてゆきます。
    彼は、私のスカートをはずして脱がせると、下着の上から強引にさすってきました。
    「もっと力抜いて、足開いていいよ。」私は力を入れて足を閉じていました。
    まだ男にそこを見せる事を躊躇していたのです。
    「千香、濡れてるよ。」「いや、だめ。ぜったいだめ!」
    「なんで?」「あの、お風呂入ってないから。」
    「じゃあ、まってるから、いってきて。」言い訳できない状況で、お風呂に行きました。
    私は脱衣所で残っていた下着を脱ぐと、シャワーを浴びて少し冷静に考えました。
    Sとの事はもう諦めないといけない。それにSは不安定な職業だし。
    Fは堅実なサラリーマンだし、結婚すれば安定した生活ができるだろう。
    25歳まで処女だった私は、計算高い女になっていたのかもしれません。
    バスタオルを巻いてお風呂から出ると、Fはビデオを見て待っていました。
    「さあ、おいでよ。」呼び掛ける彼の横に座ると、私は目を閉じました。
    彼の唇が私の唇と合わさりました。私がちょっと口を空けると、彼の舌が割って入って来ました。
    彼が強い力で私の口を吸いました。私が苦しくなったときにようやく離してくれました。
    彼は私を抱きかかえるようにして、ベットに寝かせました。そして再び、彼の口と手が私の胸に・・・・。
    私は、これから起きる事を想像してぼおっと知っていました。
    「千香、好きだ。俺じゃだめか?」「うーん。」まだ複雑な感情を覚えながら曖昧な返事をしました。
    私は胸から全身に広がる快感に身を任せました。
    彼は両手で私の胸を揉みながら、唇を私の乳首から鎖骨へ、耳たぶへ。彼の息があつい。
    「気持ちよくしてあげるからね。」耳もとで彼がささやきました。思わず下半身がジュンとなりました。
    彼はもう一度軽くキスをすると、今度は唇を鎖骨から脇腹、へそ、そして・・・。
    「足、開いて。」そう、私はまだ足を堅く閉じていたのです。私はおずおすと足の力を緩めました。
    彼の両手が、私のひざを掴むと、ゆっくりと開きました。
    『ああ、私のあそこが今、男に見られている』そう考えただけで、私はぼうっとしてしまいました。
    彼の両手が私の茂みをかき分けると、入り口をなぞりました。
    「ああっ!うーん。」自分でもびっくりするような色っぽい声が出ました。
    「千香、すごいよ。きれいだ。いい色してるね。」
    彼は私のひだを指で開くと、あそこに舌を這わせました。
    あそこから広がる初めての快感に、私は全身を震わせて感じてしまいました。
    友だちに教えられてオナニーを覚えてから10年、こんな感覚は初めてでした。
    もう、相手がSだろうとFだろうと、どうでも良くなっていました。
    私の中にあるメスの本能に、自分でも初めて気がつきました。
    ふとみると、私の顔の横に、黒々とした彼のモノがありました。
    私は本能に従って、夢中でそれを握っていました。
    実は一人の愉しみのために、大人のおもちゃを通販で買って持っていました。
    でも今握っているそれは、そんなものとは違って、なんだか愛おしいものがあったのです。
    私は下半身の快感に合わせて、握っているそれを夢中で上下に擦りました。
    彼は、ううんというような声を上げました。すると先端から透明なものが私の上にたれて来ました。
    彼は私に言いました。「千香、気持ちいいよ。口でやって。」
    彼は私の顔の上にまたがり、あの部分を私の顔の上に持って来ました。
    『これが69とかいう形ね』そんな事をなんとなく考えながら、目の前の彼のものを口に含みました。
    ちょっとむせるような青臭いにおいがしましたが、不思議と恐いという感じはしませんでした。
    男のものをゆっくりと眺めたのは初めてでしたが、なんとなく可愛いという感じさえしました。
    彼の先端はちょっと太くなって裏側が三角形に尖っていました。
    裏側がずっと線がついていて、根元の袋の方まで続いていました。
    私は先っぽを加えながら、その線にそって舌を使いました。
    私が舌を使うと、彼のものがびくびくっとなりました。
    それに合わせるように、私の割れ目をなぞる彼の舌にも力が入ります。
    彼の分泌液が私の口の中でだ液と混ざり、口の中が一杯になってきました。
    私が苦しくなって口を離すと、彼も起き上がりました。
    「千香、いいかい?」私はもうだんだんどうでも良くなって、快楽に身を任せていました。
    もう処女を失う事よりも、これから起きる事への期待が大きくなっていました。
    F君は私の足を広げると、間に座りました。
    そして、私の上におおいかぶさると、私にキスをして舌を入れました。
    私は思いきり彼の唇を吸いました。彼のだ液が私の口の中で、私のだ液と混ざりました。
    次に彼は再び私の胸を両手と唇を使って愛してくれました。
    また私の中がジュンとなるのがわかりました。
    「千香、いくよ?」彼はそういうと自分のモノを手でつかみ、私のあそこにあてました。
    私は思わず力が入り、足をすぼめて彼を挟んでしまいました。
    「もっと足開いて。」彼は両手を私の間にひじ立ての状態にして、手のひらで私の肩をつかみました。
    彼が少し腰を落としました。私のあそこに力が加わるのがわかりました。
    なんというのでしょう、傷口をむりやりなでるような、刺すような痛さがありました。
    「あ、いたい!」彼はびっくりして、止まって尋ねました。
    「あれ、千香ってもしかして、初めて!?」
    私は、力一杯両足で彼を締め付けている事に気がつきました。私は、小さくうなづきました。
    彼は一瞬びっくりしたようでしたが、すぐに「じゃあ、俺が女にしてやるよ。Sじゃなくて悪かったな。」
    彼は再び私の上に乗ると、下腹部を沈めました。
    私は目をぎゅっとつむり、シーツを掴むと力一杯握って構えました。
    23年間大事にしていた処女が、今日まで好きでもなかった男に奪われるのか。
    彼のモノが私のあそこに押し付けられ、まるで腹が裂かれているような感覚が襲いました。
    「痛い!痛い!」「力抜いて!力入れる程痛いよ。」彼の声が耳もとでします。
    彼の唇が私の唇を塞ぎます。私は少し諦めて、手に入れた力を緩め、
    彼の背中に手をまわすと、ぎゅっと抱きました。
    「そう、楽にして。いくよ。」彼が少し入ってきた所で、最大の痛みがありました。
    「あー!いたあい!いたい!」私はそんな事を言ったと思います。もう彼はかまわず進めていました。
    彼は、さらに力を入れました。私は下腹部の様子に神経を集中しました。
    彼の堅いものが私の割れ目を、それまでに広げた事のない大きさにまで開いていきます。
    まるで彼のモノが私のおなかの中の中央部まで入り込んだのではないかと思った頃、
    彼がふうっと息を吐きました。
    「千香、入ったよ。」私はうっすらと目を開けました。
    腕立ての状態の彼が私の上で私を見つめていました。
    『私はこの男に処女を捧げたのか』妙な感慨がよぎりました。下腹部には鈍痛が走ったままです。
    私がなにも言わないでいると、彼が「ごめんな、俺で。」・・・私は思わず涙がこぼれました。
    彼はちょっと情けなさそうな顔をしましたが、すぐに「大事にしてやるからさ、お前を。」
    と優しい声になっていいました。「まるで俺が年上みたいだぜ。」
    泣いている私にキスをして慰めてくれましたが、やがて彼は、「動いていい?」と確認してきました。
    そう、彼のものは私の下腹部につきささったままです。私は小さく「うん」といいました。
    「外に出してね・・・。」彼は、はじめは小さく、すこしずつ大きく動きました。
    私は彼にしがみついて、痛いのを堪えました。
    「すごいよ千香。今までで一番だよ。こんなきついなんて。」彼は気持ちよさそうに動きはじめました。
    だんだん早くなるので、私は痛さが強くなるのが恐くて、足に力が入りました。
    それは彼のものをさらに締め付ける事になったようです。
    「うーん、千香、気持ちいいよ。お前はどうだ?」
    私は痛さが恐くて、感じるどころではなかったのですが、
    私の中に男が入っているという事実だけで、思考が停止してなにもいいませんでした。
    彼の体がうっすらと汗ばんできました。ふと目を開けてみると、天井の鏡に二人が写っていました。
    激しく腰を振っている裸の男。その下にあられもなく足を広げて男の背中に手を回し、
    男のモノを受け入れている女、それが私でした。
    今日までまともに男とつきあった事もなく、後生大事に処女を守って来たはずの私。
    それが今、こんな格好で男に抱かれているんだ。そんな冷静になっている自分がいました。
    もう痛さももしかしたら快感かしらと思える程、感覚が麻痺していました。
    もしかしたら少しは感じていたのかも知れません。
    ただただ、私の中を貫く男のモノの感覚に集中していました。
    それは確かに自分の指やおもちゃでは絶対にわからない初めての感覚でした。
    私はその感覚に体が反応する事に気がつきました。
    次第に彼の動きに合わせて、自分も腰を動かしていました。
    「千香、感じてるの? 気持ちいい?」
    彼の動きが早まりました。私も自分の中がぐっと熱くなるような感覚がありました。
    「うーん。凄いよ。もうだめだよ。もういってもいい?」
    私はてっきり彼が最後は外に出すと思っていたので、そういう意味でうなずきました。
    彼はさらに強く動くと、「はあー!」と大きく息を吐き、
    私の上におおいかぶさって私の頭を強く両手で挟みました。
    私の胸は彼に潰され、彼の全体重が私にのしかかりました。
    私は「あっ」と思いましたが、彼が上に乗っているので逃げる事ができませんでした。
    鏡に写った彼の尻がぐっと私の足の間に押しつけられるのが見えました。
    私の中で彼のモノがさらに熱くなり、ビクビクっと震えました。
    私はもう諦めました。彼の背中に回した手に力を入れ、ぎゅっと抱き締めました。
    私が彼のすべてを受け入れた瞬間でした。
    しばらく二人でじっとしていましたが、彼がやがて顔を上げて、私にチュッとしました。
    そして涙ぐんでいる私の目を見て「ありがとう、良かったよ」といいました。
    そんな彼を見て、私は「この人を好きになってもいいかな?」と思いました。
    私の中にまだ入っている彼のモノは、少し小さくなったようですが、鈍痛は続いていました。
    でも、この男の女になったんだという感慨の方が強くなったのです。
    彼はやがて体を起こすと、私から離れました。
    彼のモノからは細い液体がつーっと伸びて、私の股間までつながっていました。
    私も体を起こすと、自分の股間に起こっている事を目で確認しました。
    大事に守って来た私のあそこからは、二人の愛液と彼の精液と、
    そして私の破瓜の血がまざったものがだらりと流れていました。
    シーツには大きなシミができていました。
    きっとホテルの掃除のおばさんは、私達の出た後、ここで処女を失った女がいた事を知るのでしょう。
    それはめずらしい事ではないのでしょうけど、
    まさかそれが22の女から流れた事までは想像できないのでしょう。
    「本当に初めてだったんだね。うれしいよ。千香の最初の男で。」
    じっとシミを見つめている私を見て、彼はそう声をかけてくれました。
    私はまた理由もなく涙が出て来ました。
    彼はそっと私を抱き寄せると、耳もとでささやきました。
    「好きだ。今までで最高だったよ。これからもつきあってくれ。千香。」私は自然にうなづいていました。
    私達は後始末をしたあと、彼がシャワーに行きました。
    私は、信頼できる女友達に電話をして、うちの親にアリバイ工作を頼んでから、
    次に親に電話をして、女友達と飲んでいる事にしました。
    そして、彼の後を追ってシャワーに入りました。その夜は結局朝まで愛しあいました。
    明け方には、私もなんとなくいく事がわかるようになりました。会社には風邪をひいて休みました。
    家に帰って、飲み過ぎで頭が痛いと言って寝てました。股間にはずっと違和感がありました。
    昼頃、両親が外出してしまってから、家のシャワーを浴びました。
    股間からはまだ少し固まったような彼の精液が出て来ていました。
    それからは、しばらく毎日のように彼と愛しあいました。
    22になって初めて男の味を知ってやめられなくなったのかも知れません。
    でも、本当に彼(F)を愛しはじめていたのかも知れません。
    1ヶ月が過ぎ、生理がこない事がわかりました。彼の子がおなかにいたのです。
    先生には心当たりを聞かれましたが、最初の内は毎日のように抱かれていたので、正確にはわかりません。
    もしかしたら、最初の行為ですでに妊娠したのかもしれません。
    私の中に自分の子がいることが分かって、彼はS君に電話をし、このことを伝えました。
    彼はSに謝ったようですが、当然Sは許してくれませんでした。SとFの友情は終わったのです。
    私は会社を退職し、名字がFに変わりました。
    実家の近くに借りた家で彼の帰りを待ち、小さな子供を育てています。
    風の噂では、SもA子ちゃんと結婚し、仕事も成功して都会のK市でそこそこうまく行っているようです。
    私の夫は、仕事で帰りも遅く、出張も多く、出産後はあそこの感じが違うとか言って、
    私をあまり抱いてくれなくなりました。
    たまに体を重ねる時があっても、性欲の処理ぐらいにしか思っていないのか、
    自分だけさっさと行って寝てしまいます。
    物足りない私は、優しかったSの面影を思いうかべながら、
    Sに抱かれている事を想像しながら自分を慰めています。
    『あの時、迷わずにすべてを捨ててSについて行っていたら・・・・・』
    そう思わずにいられないこの頃です。
    なんだかここに投稿したら楽になりました。
    もういちど気を取り直して今の夫を愛せるように努力してみます。
    なんといっても、私が抱かれたただ一人の男なのですから。


37  淫乱OL - 2016/03/10(Thu) 13:49 No.30674
    私は酔ったフリをするのが好きなOL。
    なぜわざわざ酔ったフリなどするのかと言えば、それは、私が酔うと男性社員達がいやらしい事をしてくれるからです。
    それは、酔ったフリじゃないといけません。本当に酔ってしまっては、せっかくいやらしい事をされるその瞬間が冷静に楽しめないからです。
    私は今年で二十八になりました。
    正直に申しましてあまり美人ではございません。
    いえ、決してブスというわけではございませんが、他の同僚OL達と比べると美人ではない部類に入ってしまっているようです。
    入ってしまっているようですというのは、男性社員を見ていればよくわかります。
    男性社員達は私という、所謂『おばさん』にはほとんど興味を示さず、私よりも若くて可愛い、新入社員の真鍋さんや、事務の倉橋さん達とお昼のランチを食べたがるし、又、飲み会にも彼女達ばかりを誘いたがるからです。
    だから私はいつもオマケです。
    男性社員達から、美人ではない部類として扱われる私は、いつも新入社員の真鍋さんや、事務の倉橋さんのオマケとして、お昼のランチや飲み会の隅っこで一人ポツンと座っているのです。
    しかし、そんないつもはオマケな私が主役になった事があります。
    それはある飲み会の席で私が酔った時でした。
    あれは丁度、新入社員の真鍋さん達が入社した日の歓迎会の席でした。
    若い新入女子社員達は、皆、長いツケまつげをパチパチとさせ、唇をいやらしくグロスで輝かせているような、そんな派手な子達ばかりでした。
    その中でも茶髪を軽く巻き髪にした真鍋さんなどは、まるで繁華街のキャバクラ嬢そのもので、あのお固い部長までもが「これからはキャバクラなんかにいかなくてもいいなぁ」などと平気でセクハラ発言を繰り返すほど、その時の歓迎会は男性社員達にとってそれはそれは刺激的な歓迎会となったのでありました。
    当然、私はおもしろくありません。
    それまでの飲み会では、私もそれなりにチヤホヤされていました。
    去年までは女子社員の少なかった会社でしたから、だからこんな私でも飲み会となればそれなりに女として扱われていたのです。
    なのに今では私はすっかり忘れられた存在です。
    おもしろくない私は、その居酒屋の大座敷の一番隅っこで浴びるようにヤケ酒を飲んでやりました。
    そうしていると、本来お酒がそれほど強くない私はみるみる酔って来ました。
    体の力がダランと抜け、自分でも何を言っているのかわからないような言葉を独りブツブツと呟いては、突然意識が「ふっ」と飛んでしまう始末です。
    そんな中、ふと気がつくと営業の山下さんが私の隣に寄り添うように座っては、
    「大丈夫か中村さん。酔い潰れるのはまだ早いぜ」などと下品に笑っております。
    私は、朦朧とした意識の中で、
    「山下さん、私みたいなおばさんにかまわず、アッチに行って楽しんで来て下さいよ」と卑屈に言うと、
    山下さんは「なに言ってんだよ、中村さんはまだまだおばさんなんかじゃないぜ……」と耳元で囁きながら、掘りごたつ式のテーブルの下にそっと手を回して来たのです。
    私は、そんな山下さんに太ももを優しく撫でられながら、満更悪い気はしませんでした。
    本音で言えば、もっと若い村山君にそうして欲しいと思いましたが、しかし今のこのイライラとした気分が癒されるのであれば、カツラと噂されている山下さんでも「まっ、いっか」という感じだったのです。
    しかし、私が抵抗しないでいると、山下さんの手は、「まっ、いっか」では済まされない個所に段々と近付いて来ました。
    「ほら、中村さん、もっと飲めよ」などと、山下さんは周りに聞こえるような声で叫びながらも、しかしその掘りごたつ式のテーブルの下の手は、皆に気付かれないようにこっそりと私のスカートの中に入って来たのです。
    私はソロソロと忍び寄って来る山下さんの手に、太ももをギュッと閉じては固く防御してやりながら、知らん顔して酒を飲んでました。
    すると山下さんは、まだ私を酔わし足りないと思ったのか、「さぁ、もっと一気にグイッと」などと、テレビコマーシャルのようなセリフを吐きながら次々に私に酒を勧めて来たのでした。
    そうやって飲まされているうちに、ふと気がつくといつの間にか私の左隣りにはもう一人の男が座っていました。
    そいつも、これまた山下さんと同じ万年平社員の木下さんで、豚のようにブクブクと太ったメタボな親父であります。
    私はそんな木下さんの脂ぎった横顔を見つめながら、アッチのテーブルに見える新入女子社員達に囲まれては楽しそうに笑うジャニーズ系の村山君を見つめては、どーして私の周りにはこんな奴しか来ないんだろうとイライラし、またしても酒を一気に飲み干したのでした。
    相当な量のお酒を飲みました。
    意識は完全に朦朧とし、そこがどこなのかもわからなくなる事があるくらい、そのくらい酔ってました。
    ふと気がつくと、その居酒屋の個室座敷はいつしかシーンと静まり返り、あの新入女子社員達の忌々しいブリッコ声も消え失せていました。
    「えっ?」と思いながら顔をあげると、私の正面で企画部の井上さんがチビリチビリと酒を飲んでいます。
    この井上と言う男もやっぱりウダツの上がらない万年平社員で、見るからに貧乏神を背負っているような品粗な男でした。
    「まぁ、それもこれも会社の考えなんだしさ、俺達サラリーマンは黙って会社の方針に従って行くしかないと思うんだよな……」
    そんな声が聞こえ、ふと右を見るとカツラの山下さんが焼酎のグラスを傾けながら話しています。
    そんな山下さんに「だよな」と答えた左側を振り向けば、そこには豚面をした木下さんがウンウンと頷いていました。
    居酒屋の個室座敷には、その三人と酔い潰れている私が残っているだけでした。
    こんなウダツの上がらない平社員達に囲まれながら酔い潰れている自分が、とっても哀れに思えて仕方ありませんでした。
    そんな事を思いながら、私も皆と一緒に帰りたいと席を立ち上がろうとしますが、しかし飲み過ぎたせいかまったく力が入りません。
    それを何度か試みようとしていると、ふと自分の下半身が軽くなっている事に気付きました。
    「あれ?」と思いながら、私がテーブルの下を覗こうとすると、それに気付いた山下さんが「ほら中村さん、飲も飲も」と言いながら私にビールグラスを持たせようとします。
    私は「はぁ」と返事をしながらグラスを握り、そしてテーブルの下をこっそりと見ました。
    すると、私の脹ら脛に、赤い下着がぶら下がっているのが見えました。
    (……えっ?なにこれ?)
    事態が読み込めないままの私がオロオロしていると、「ほら、中村、今夜は徹底的に飲むぞ」と正面に座る井上さんが、やけに爽やかな笑顔を作りながら私のグラスにビール瓶を傾けて来ました。
    背筋がゾッとしました。
    いったい誰が私の下着を……と思うと、異様な恐怖と強烈な恥ずかしさが朦朧とする脳を襲って来ました。
    再び「ほら!」と井上さんに催促され、仕方なくそっとグラスを突き出すと、
    「まぁ、ウチの会社は全国的には業界ナンバーワンなんて言われてるけど、支店レベルで考えたら」と、再び隣の山下さんが話し始めました。
    そんな山下さんの声を聞きながら、(いったいこれはどーいう事?)と、グラスの中に注がれていく黄色いビールをぼんやり見つめていると、不意に下半身にヌルッと滑る感触を感じました。
    同時に私の腰が無意識にピクンっと動き、おもわず私はビールグラスを持ったまま「んんっ」という声を洩らしていました。
    それはまるで金縛りに遭っているような感じでした。
    いや、金縛りというより幽体離脱しているような感覚といったほうが正しいかもしれません。
    山下さんの手が私の股間でモゾモゾと動いているのが客観的に見え、そしてその指が、私の膣の中に入り込んではクニクニと動いている感覚を第三者的に感じています。
    「それはわかるけどさぁ、だけどボーナスがあれだけってのはちょっと酷すぎるぜ実際」
    左隣に座る木下さんが、デブ特有の声でボソボソと言いながら私の胸をグニュッと揉んでいます。
    その感触があまりにも生々しいため、(あれ?)と思いながら視線を胸に落とすと、私のブラウスのボタンは無惨に外され、そこにはブラジャーから捻り出された乳が赤黒い乳首をピーンと立っていました。
    そんな私の体は思うように動いてくれませんでした。
    意識ははっきりしているものの、しかし飲み過ぎた私の体は言う事を聞かず、完全にやられ放題の無抵抗なのです。
    「そう言うけどさ、俺達なんてまだいい方らしいぜ。渋谷支店のヤツラを見てみろよ、ボーナスを半分もカットされてたって言うじゃないか」
    そんな井上さんの言葉が聞こえて来ました。
    が、しかし、その声は、私の正面からではなくテーブルの下からモゾモゾと聞こえて来るのです。
    私は、このままでは井上さんにノーパンのアソコが見られてしまうと思い、慌てて股を閉じようとしました。
    しかし、私の股間を弄っていた山下さんの手が、そんな私の太ももを凄い力で押さえつけそれを阻止します。
    (いやです、恥ずかしい)
    そう言葉に出そうとしても、私の声は「うぅぅん……」という酔っぱらい特有の呻き声にしかなりません。
    そう唸る私に、デブの木下さんが「どうした?気持ち悪いのか?」と言いながら、その脂ぎった豚面を私の顔に近づけて来ました。
    いくら酔っていても、その動物的な木下さんの口臭ははっきりと嗅ぎ分ける事ができました。
    そんな口臭に顔を歪めながら、(いや、いや、来ないで)と頭の中で叫んでいると、木下さんはいきなり私の頭を左腕で固定し、なんと私の唇の中にそのヌルヌルとした気色の悪い舌を押し入れて来たのです。
    「いやぁぁぁぁぁ」
    私は木下さんの口の中に必死に叫びました。
    しかしそれは「うぐっ……ぐぐぐ……」という唸り声に変わるだけです。
    木下さんの分厚い舌は私の口内をグルグルと掻き回し、私の舌にその気色の悪い舌を絡めて来ました。
    そんな生温かい木下さんの舌に吐き気を感じていると、今度はなんと、テーブルの下に潜り込んでいた井上さんが私の両膝を両手で掴み、ゆっくりと左右に開き始めたのです。
    井上さんはテーブルの下で私の股を思い切り開き、山下さんの指が蠢くそこをジロジロと覗いているようでした。
    「凄く濡れてるな……」と、井上さんが小声で囁くと、山下さんが「グショグショだよ」と笑いながら答えました。
    すると井上さんは、私の股間に顔を近づけながら「こいつのココ、ちょっと小便臭いよ。オシボリくれよ」と言ったのでした。
    そんな2人の会話を、豚男に強引なディープキスをされながら聞いていた私は、恥ずかしくて恥ずかしくて堪りませんでした。
    しかし、抵抗しようにも身体が自由に動きません。
    それどころか、今の私は言葉すらまともに発する事が出来ないのです。
    そんな私の耳元に男達の囁き声が聞こえて来ました。
    「じゃんけんで決めるか」と言ったその声はカツラの山下さんでした。
    「ゴムは」と心配そうに呟いたのはデブの木下さんで、「そんなのオシボリの中で出せばいいだろ」と吐き捨てたのが、企画部の井上さんでした。
    ぐったりとする私はそのまま座敷に寝転がされました。
    寝かされると急激に酔いが回って来たようで、天井のライトがグルグルと回っています。
    座敷の襖の向こうからは「三名様御案内しまーす」という店員の元気な声が聞こえていました。
    そんな騒がしい声を聞きながら、私はこんな場所で犯されるのかと思うと、もし店員や他の客に見られたらどうしよう、という恥ずかしさが猛烈に湧いて出て来ます。
    そんな私の頭の上では、ウダツの上がらない平社員三人が必死にじゃんけんを繰り返しています。
    社内ではいつも消極的な三人ですが、しかしその時の三人は今までにはない精力的な意欲を発揮していました。
    じゃんけんは山下さんが勝ちました。
    2番は井上さんで最後が木下さんです。
    恥ずかしさの中で悶え苦しんでいる私は、誰が一番で誰が二番でもイイから、早く済まして欲しいとそればかり考えていました。
    山下さんが、フローリングの床に座布団を敷きました。
    その上に私を横たわらせると、私を見下ろしながらカチャカチャとベルトを外し始めました。
    残る二人の男は、襖の隙間を覗く見張り番です。
    山下さんが、そんな2人に向かって「恥ずかしいから見るなよ」と笑いながら、モゾモゾとズボンを膝までズリ下げます。
    ピーンっと突き起った赤黒いペニスが私の目に飛び込んできました。
    こんな不釣合いな場所で見るソレは妙に生々しく、私は恐怖と共に少しだけ欲情し始めていました。
    ペニスを突き立てた山下さんは、そのまま私の身体に覆い被さって来ました。
    私の小さな体を太い腕の中にギュッと抱きしめながら、下半身をモゾモゾと動かしては肉棒で私の穴を探しています。
    私の膣は濡れていました。
    それがどういう状況でいつそうなったかは記憶にございませんが、気がついた時には既にソコはヌルヌルになっていました。
    山下さんの亀頭が私の穴を捕らえました。
    ヌルッという感触と共に、コリコリとした肉棒の感触が膣に広がります。
    腰を振る山下さんは「ハァハァ」と私に息を吹き掛けながら、私の顔を覗き込みました。
    私は意識不明のフリをしたまま、わざとらしく「うぅぅん……」と首を振ります。
    すると山下さんは私に意識が無い事に安心したのか、私の唇を舌先でチロチロと舐めたり、耳たぶを唇で銜えたりして来ました。
    そしてその耳元に「中村さん……気持ちいいか……」と何度も何度も囁きながら、ふいに「うっ!」というスタッカートな息を吐き出したのでした。
    慌ててペニスを抜いた山下さんは、私の股間のすぐ真下に敷かれていたオシボリの上に精液を飛ばしました。
    「っふ、っふ」と何度も息を吐きながらペニスをシゴいています。
    そんな山下さんのペニスにベットリと付着する私の汁が、上下される度にくちゃくちゃとイヤらしい音を響かせていました。
    山下さんが「終わったぞ」と言うと、続いて井上さんがやって来ました。
    井上さんは「店員がさっきからこっちの座敷をチラチラ見ててさ、もしかしたら追加注文とか聞きに来るかもしれないから気を付けてくれよ」と、小声で山下さんに告げると、そのまま私の両足を抱え上げ股間に入り込んできました。
    私の股間の中で、カチャカチャとベルトを外し始める井上さんを薄目を開けてソッと見てみると、井上さんの顔は異常なくらいに真っ赤に火照っていました。
    カチカチに勃起したペニスが天井に向かってピクピク痙攣していました。
    いきなり私の右手を掴んだ井上さんは、ぐったりとした私の手の平の中にペニスを握らせました。
    そんな私の手を上下に動かす井上さんは、もう片方の手を私の股間に回し、そして膣の中に指を入れると、乱暴にぐぢゅぐぢゅと掻き回したのです。
    いきなり乱暴にされた事により、急に私の感情に火が付きました。
    それまでは、この悲惨なレイプも産婦人科の医師に診断されていると思って、ちょっとだけ我慢していればいいんだ、と自分に言い聞かせては諦めていたのですが、しかし不意に乱暴に扱われた事で私の感情が昂り始めたのです。
    そうです。
    私は元々マゾっ気があるようで、セックス中にお尻を叩かれるのが大好きなのです。
    ホテルの浴衣の紐で両手を縛られ、そのままガンガンと攻められると何とも言えない快感に包まれる私は、その度に昔付き合っていた彼からは、「変態だろ」といつもそう言われていました。
    そんな私は、井上さんのこの乱暴な指の動きに我慢できなくなり、ついつい「うぅぅん……」と声を上げてしまいます。
    すると井上さんは、酔った鬼のような目付きで私を見下ろしながら「感じてるのか中村」と低く呟き、更に指を激しく掻き回して来ました。
    井上さんは私の膣だけではなく肛門までも弄りまくると、我慢できなくなったのか、いきなり私の身体に覆い被さり、ハァハァと荒い息を吐きながらペニスを捻り込んできました。
    大して大きなペニスではありませんでしたが、しかしその勢いと言うかその荒々しい獰猛さは、あきらかに山下さんのソレとは比べ物にならないくらい私を感じさせてくれました。
    井上さんは私を床に押し付けながら、カクカクと物凄い勢いで腰を振って来ました。
    あまりの勢いに、フローリングの床に擦れる膝が痛かったのか、途中で自分の膝の下に座布団を敷いたくらいです。
    井上さんはそうやって私を犯しながら、私の乳首を引っ張ったり、髪の毛を鷲掴みにしたりと私を乱暴に扱いました。
    そんな荒々しさに堪らなく感じてしまった私は、「あぁん、あぁん」と声を張り上げます。
    すると井上さんは「アホ、声出すなよ」と慌てながら私の身体をひっくり返し、私の顔を座布団に押し付けながらバックから激しく攻めたのでした。
    その際、井上さんはタプタプと揺れる私の尻肉を何度も鷲掴みにしました。
    私は心の中で「叩いて!そこをおもいきり叩いて!」と叫びまくります。
    そしてその私の気持ちが通じたのか、井上さんが私の尻をペタペタと叩きながら「こいつ、かなりのヤリマンだな」と誰かにそう言った瞬間、私はそのまま絶頂に達してしまったのでした。
    井上さんは私がイッた事に気付いたらしく、そんな私の様子に更に高揚しました。
    後から私の身体を抱きしめ、お尻の肉にガンガンと腰を打ち付けながら、私の耳元に「中村、イクぞ」と唸りました。
    膣の中で井上さんの精液が迸りました。
    それは完全な中出しでした。
    次の木下さんが、豚のようにフハフハと荒い息を吐きながら私の上に乗って来ました。
    木下さんはその数センチしかない小さなペニスを私の中にヌルッと入れると、不意に「あっ」と言いました。
    「おい、井上。おまえ中で出しただろ」
    木下さんはそうブツブツ言いながら、それでもその品粗なペニスをぷちゃぷちゃとピストンさせてきました。
    尚、この豚のような木下さんとのセックスは、あえて省かせて頂きます。
    っというか、この豚は、入れて間もなく「ぶひっ!」と鼻を鳴らしては果ててしまい、御報告するまでのエピソードは何もございません。
    このようにして私はウダツの上がらない平社員達から、居酒屋の座敷で犯されるという屈辱を受けました。
    しかし私はこの屈辱にハマってしまったのです。
    不倫、社内恋愛。
    今の私は、そのような面倒臭い事は省き、とにかく一人でも多くの男性社員と肉体関係を結びたい、とそう思っています。
    そんな私は、既に社内では評判になっています。
    中村先輩って酔えば誰にでも股を開くらしいわよ、と、後輩のOL達が冷ややかに囁いています。
    しかしそれは違います。
    それは真実ではございません。
    そう、私は決して酔ってなんかいません。
    私は酔ったフリをしているだけなのです。
    そんな私を、今日も1人の男性社員が「この後、飲みに行こうか」と誘いに来ました。
    私は「うぅ〜ん……どうしよっかなぁ……」と勿体ぶりながらも、「誰が行くの?」とさりげなく聞きます。
    「俺と佐山の2人」
    私は佐山という名を聞き、おもわず背筋をゾクっとさせました。
    佐山という男は根っからのサディストで、以前、酔ったフリをする私を送るといい、そのまま夜の駅の公衆便所に私を連れ込んではソコで私をボロ雑巾のように犯した事があるのです。
    私はあの時の佐山の荒々しい腰の動きを不意に思い出し、背筋をゾクゾクさせます。
    そんな私の横を、後輩のOL達が刺を含んだ口調で「お先に失礼しまーす」と通り過ぎて行きました。
    私はそんな後輩達の、おもむろに私を蔑んだ横顔をチラッと見つめながら、彼女達に聞こえる声で「いいわよ」と彼に返事をしてやったのでした。
    その夜、駅裏の居酒屋で山本と佐山と三人で飲みました。
    佐山はグイグイとグラスを上げながら、その度に私をギラギラした目で睨んでいました。
    佐山のその突き刺さるような視線を受ける私は、既に下着の一部分をヌルヌルに湿らせています。
    そんな居酒屋を出ると、三人は無言で駅に向かって歩き出しました。
    いつもなら酎ハイの2・3杯は軽く飲める私なのに、この日はたった1杯の酎ハイで「あぁぁん、酔っちゃったぁ」などとわざとらしく身体をフラフラとさせます。
    そんな私を見て、すかさず山本と佐山が目配せをしました。
    「ねぇ、これからカラオケボックスに行こうか?」
    山本がそう言いながらフラ付く私の肩に手を回して来ました。
    「ダメぇん……今夜はもう帰らなくちゃ……」
    私はそう答えながらも、一刻も早く佐山のあの逞しいペニスを口に頬張りたいとゾクゾクしています。
    「じゃあ、送るか」
    佐山がそう言いながらジロッと山本の顔を見つめ、更に何か目配せしました。
    「よし、じゃあ家まで送るよ……その前に、こんなに酔ってフラフラだから、ちょっとその公園で休んで行こうよ」
    山本はそう言いながら、酔ったフリをする私を駅裏の大きな公園へと誘導しました。
    その公園はホームレスがズラリとビニールテントを張っているせいか、夜になると一般の人は誰も寄り付かない公園です。
    私は公衆便所のすぐ近くのベンチに座らされ、その両サイドを2人に囲まれました。
    「中村さん、大丈夫?吐きそうになったら言うんだよ」
    そう言いながら山本は、私の胸にそっと手を充てました。
    私は、目の前でボンヤリと灯りの灯る薄汚い公衆便所をそっと見つめながら、あそこでホームレス達に見学されながら犯される自分を想像し、それだけで既に声を上げそうになっていました。
    「中村さん、寒くねぇか?」
    佐山がそう言いながら、そっと私のスカートの中に手を入れて来ました。
    佐山のゴツゴツとした拳が太ももに食い込み、それに激しく欲情した私は、おもわず「あぁぁん、目が回るぅ……」などと演技しながら、佐山のその厚い胸板に寄りかかります。
    そんな佐山の指が、スカートの中で私のショーツのゴムを引っ張りました。
    そして、その隙間に強引に入り込んで来たその指は、私のその異様なほどにヌルヌルしている箇所に触れ、一瞬ビクッと驚いたように止まりました。
    「もう濡れてるぜ……」
    佐山はコソコソ声で山本に告げます。
    私はそんな囁きを聞こえないフリしながら、「ねぇ……ちょっと吐きそう……おトイレ行って来る……」などと言いながら、ワザとらしくフラフラと立ち上がり、トイレに向かいます。
    それはもちろん彼らをあの薄汚い公衆便所に誘導する為です。
    「よし、じゃあ連れてってやるよ」
    そう言いながら2人が立ち上がりました。
    ヨタヨタとヨロめきながら向かう先には、数人のホームレスが澱んだ目で私たちをジッと見ているのが見えます。
    私はゾクゾクしました。
    あの獣のような男達に見られながら犯され、挙げ句にはあの獣たちのペニスも捻り込まれてしまうかも知れない。
    私は、そんな恐怖と興奮に包まれながら、佐山達に男子公衆便所の中に連行されたのでした。
    個室に連れ込まれるなり、私はその酷く汚れた便器に吐くフリをしました。
    当然、酔ったフリをしているわけですから、嘔吐物は何も出て来ません。
    そんな便器に前屈みになっている私の尻を山本が静かに撫で回し、そして佐山が私のブラウスのボタンをひとつひとつ外して行きます。
    便器に前屈みになっていた私は「あぁん、出ないよ……」と言いながらゆっくりと顔を上げ、佐山の顔をボンヤリと見つめながら「ねぇ、ここはどこ?」と、わざとロレツの曲がらない口調で聞きました。
    そして佐山が何かを答えようとしている隙に「あぁぁん、酔っちゃったぁ……目が回るよ……」と言いながら、佐山の身体に抱きつきました。
    すかさず佐山が私の唇にしゃぶりついてきました。
    私は「うぐっ……うぐっ……」と低く唸りながらも、佐山の乱暴な舌を優しく受け入れます。
    山本が私の足下にしゃがみ、私のスカートを腰までたくし上げました。
    そしてストッキングごと下着を膝までずり下げると、山本は我慢できない風に、私の陰毛がモサモサと生える恥骨に唇を押しあてました。
    陰毛の中でモサモサと山本の舌が動き回り、そしてその舌先が私のクリトリスを捕らえました。
    猛烈な刺激を感じた私が、佐山の口から唇を離しては、「あぁぁん!」と天井に向かって叫ぶと、トイレの個室の壁の上に、2人のホームレスらしき男が覗いているのが見えました。
    山本が立ち上がると、今度は私がしゃがまされました。
    佐山は私の頭を乱暴に押し付けると、私の目の前に巨大なペニスを付き出しました。
    真っ赤に晴れ上がった佐山の亀頭には、恥垢らしき白いカスがヌチャヌチャと付着していました。
    しかし今の私にはそんな事は関係ありません。
    待ち焦がれた佐山のペニスなのです。
    私は命令される事無く、自分の意思で佐山のペニスにしゃぶり付きました。
    いきなり銜えられた佐山のペニスは敏感で、私の口の中でピクピクと痙攣しています。
    佐山のペニスと山本のペニスを交互にしゃぶらされました。
    私は興奮のあまり、ソレを銜えてしゃがんだままオシッコをピシャピシャと飛ばしてしまいました。
    私のオシッコが飛ぶ度に、上から覗いているホームレス達が「ひひひひ」っとイヤらしく笑います。
    私はその場に立ち上がらされると、落書きだらけの壁に顔を押し付けられました。
    佐山が「狭いからよ、おまえ、外で待っててくれよ」と言うと、山本が「了解」と笑いながら個室を出て行きました。
    山本が出て行った瞬間、佐山が獰猛になりました。
    私の髪を鷲掴みにし「この変態野郎が」と罵りながら、私の尻肉を乱暴に掻き分けます。
    そして背後から私の背中を羽交い締めにしながら、その二十センチ近くはあろうと思われる巨大なペニスをヌプヌプと私のワレメに押し込んできたのでした。
    私は絶叫しておりました。
    もう酔ったフリ、など関係なくなってしまっていました。
    ペニスが出し入れされる、ブジュ、ブジュ、ブジュ、ブジュ、ブジュ、という卑猥な音が公衆便所に鳴り響きました。
    その音に合わせ、佐山が私の耳元で「おら、おら、おら、おら」と叫びながら、肉棒を激しくピストンさせます。
    佐山は背後から私の胸を鷲掴みにしながら「中で出すぞ」と命令口調で言いました。
    その言葉に刺激された私が絶頂に達したのは言うまでもございません。
    その後、山本に犯された私は、佐山に強引に身体を押さえ付けられると、ホームレス達の前で股を開かされました。
    幸い、ホームレス達にレイプされるまでは行きませんでしたが、2人のホームレスは私のパックリと開いたアソコを覗き込みながらオナニーをし、そしてその薄汚れた精液を私の太ももにぶっかけたのでした。
    私は決して美人ではありません。
    歳も三十路を目前としたおばさんです。
    しかし会社の男達は、リカちゃん人形のように可愛い新入社員達よりも、手っ取り早い私に群がります。
    そんな私は、今夜も田中さんという上司に誘われています。
    田中さんは、去年、奥さんと離婚したばかりの中年親父です。
    離婚の理由はDVだと山下さんが言ってました。
    田中さんは酷く酒癖が悪いらしく、酔うといつも奥さんを殴っていたらしいです。
    そんな田中さんに誘われ、私は今ゾクゾクしています。
    今夜の私は酔わされません。
    そう、私が田中さんを酔わせるのです。


38  源氏名:舞彩♡です。 - 2016/03/08(Tue) 06:09 No.30670
    21歳でキャバ嬢デビュー!
    知り合いの紹介で。いつの間にか2年半が過ぎた。
    お客は全員が男。全員下心あるわよ。高いお金払っても女の子に会いに来る。勿論ノルマが課せられてる同伴。アフターも付き合わないと指名してくれない。お店から一歩出たら女の子は危険に晒される。完璧に用心してるけどやっぱり怖いの。
    女の子の身体の真ん中に付いてる割れ目は誰にも見られたくないし絶対守りたい。
    お店の外での事まで責任持てないってマネージャーが言う。
    まー当然だけど。女の子は自分の身体は自分で守る以外ない
    絶対男なら女の子の割れ目が見たいし。チンコ突っ込みたい
    に決まってる。
    何度も足運んでくれて指名してくれてる信用できる人にしか同伴はお願いしないの。
    でもアフターは毎回指名してくれてる人の誘いを断り続けるのには限界がある。言葉に詰まるのよ。
    地元のヤクザのおじさん山田さん2〜3人いつも連れてくる
    もう3回断ってて「どうしよう?」っておもってたら
    アフターに誘われて。「知ってるお店にだったらいい」って言ったの。で「わかった」って言われて
    そこのマスターなら上手く話してくれるはず!って思ってた。
    お店出て歩いていると違う道に行こうとするので
    「こっちの道なのよ」って言ったら「ちょっと挨拶するとこがあるからそこ寄ってからでいいやろ?」ってなって
    焦ってどうしよう?って思って「マスターに時間も言ってあるから先に行って話てくる」って言ったけど
    「時間?んナのいいやろー別に」って取り合ってくれなくて
    たぶん自分の舎弟の店なんだろう。入ると薄暗いバーで
    一杯だけ乾杯して舞彩ちゃんの言う店に行こうって
    強いウオッカ飲まされてそれでもそこの人と話し込んでて
    そのうち身体が痺れてきて立ち上がることも出来ない。
    何か飲まされたのは間違いない。呂律も回らない。
    「舞彩ちゃん大丈夫かぁ?飲み過ぎたんやろー」って背中擦ってる「触るなー」って叫んでるつもりでもうめき声とヨダレしか出ないタンクトップの脇の下から手が入って来てブラの上から胸触られてる一人がタンクトップの後ろまくりあげて
    ブラのホックを外した山田の親父はすぐに直で胸を触って来た乳首を指でつまんで転がしてる「よう―奥借りるぞ」って言うと私を軽々お姫様抱っこして奥の部屋に連れてかれた
    これから何されるかは察しがついてる女の子がされることは決まってる涙が頬を一滴伝わって流れた
    そこにすでに布団が敷いてあってミニスカのファスナーを下して足首から抜き取られた白いパンツにピンクのレースをあっという間に脱がされて「良く見せろよ」って足を広げらっれた
    その時はまだ21だしアンダーヘアの手入れも何もしてない
    ナチュラル状態で割れ目をガン見されて死ぬほど恥ずかしかった口と乳首と割れ目にキスって言うかベチャベチャに舐められてブッ太いチンコ突っ込まれて生挿しの中出し
    その舎弟の若い兄ちゃんにもヤラレタのね。
    全員で何人だろう?意識がもうろうとしててよく解んないのよ
    後はアフター拒んでたら待ち伏せされて駐車場に連れ込まれて顔にナイフ突き立てて「顔傷つけるよ自分でパンツおろせよ」ってミニスカートに手を差し入れておろしたところに
    しゃがんでアソコ舐められて立ちバックでやられたのね。
    後は帰りの進路上に黒いマークエックスが邪魔してて通りづらいと思ってその横に差し掛かった時にドアが開いてそのまま拉致られたのよ。男等に廻されたのね。
    逃げきれなかったのはその3回で後は逃げられたわ。
    まだキャバやってるけど;;;


39  アルバイト - 2016/02/23(Tue) 10:06 No.30640
    アルバイトでチラシ配りをしていました。
    一軒一軒に不動産なんかのチラシをいれていく単純なバイト。
    時間にも融通が利くのでたまにしていたのね。
    あんましバイト代は良くなかったけど…
    管理人がいるようなおっきなマンションに入ってチラシ入れててみつかると怒られたり、大変なこともあったなぁ。
    で、ポスティングしてて人に見つかると注意されるがトラウマになってた私はビクビクしながら仕事してたの。
    アパートでポスティングしてたら通りかかった車がキイって止まって、
    「何してるの?」
    と、車から降りてきて30代半ばの男の人が話しかけてきたの。
    「やっべぇ!」
    って思って逃げようとしたの。
    このアパートの管理会社の人か住人で怒られると思ったから…
    「何してたの?ガスの点検?」
    なんか質問がわけわかんない?
    「いやぁ〜チラシの…」
    そう答えようとしたらなんかいきなり抱きつかれたの!
    びっくりして、
    「えっ、何?何?」
    離れようとすると、
    「なんか通りかかったらかわいい子がみえたからさ〜」
    さらに強い力で抱きしめられる。
    「ちょっと、や、やだぁ!!」
    拒否すると思いっきり腕を引っ張られて無理やり車に押し込まれたの。
    薄暗くなってきて回りには人がほとんど通らないような住宅街。
    後ろのシートに押し込まれ、
    「やだぁ!ちょっと出してよぉ〜!」
    バタバタしてると無理やりキスされて服の上からおっぱいを揉みまくられたの。
    「痛い!やだぁ、やめてよぉぉ〜」
    「痛くしないからいいじゃん!」
    カットソーをまくられてブラジャーも捲り上げられ無理矢理乳首を吸われたの。
    「んぐっ、あっ、はぅ…」
    乳首が敏感な私は思わず気持ちよくて吐息を漏らしてしまいました。
    「ははぁ、なんだよ!気持ちいいんじゃね〜か!!」
    見透かされてしまった私は抵抗する力も出なくなっちゃって、そのままされるがままに…
    この車はスモークがかかって周りには何も見えないことに気がついたの。
    いつのまにかデニムのスカートをまくられパンツだけ脱がされたの。
    男もズボンとパンツだけ脱いで、ちょ〜カチンカチンになっているアソコを私に挿入してきたの。
    「ちょっと痛い!痛い!!やめてよぉぉ〜」
    まだ濡れていないのに私の言葉を無視してぐいぐい奥まで入れてくるの。
    でも自然とアソコのほうは慣れてきて勝手に濡れてきちゃう。
    「おおうっ、おまえのきつくて気持ちいいぞ!それにしてもいやらしいマンコだな!」
    男は身勝手にガンガン私のアソコの奥まで突いてくる。
    そして両方の乳首を指でぎゅうぎゅう摘みまくってる。
    こんなに乳首強く摘まれて引っ張られたの初めてで痛くて、
    「やめてよぉ!あっ、あん、やだぁ…」
    乳首は痛いけど男のアソコが奥に当たって気持ちいい。
    そんな私の反応や顔の表情が男をさらに興奮させてるみたいだったの。
    男の息遣いが荒くなってきて、さらにガンガン突いてくるの。
    「おおっ〜、イキそうだ!、おおっ、イクぞ〜!」
    「はぁぁぁ〜、いやぁ、あ〜ん、中はダメ!!」
    男はすごい勢いで突いてきて、スポッと抜いたと思ったら、
    「ほら、飲め!」
    そう言って私の口にアレをねじ込もうとしてきたの。
    それはやだと頑なに口を閉じていると、男は私の顔の上で大量に射精したの。
    私は近くにあったティッシュでそれをふき取ると、あわてて車から降りて足早に去ったの。
    男の車もすぐに走り出して行ったの。
    今思えばあの展開ってすごいな〜って思う。
    恥ずかしくて誰にも話せない体験です。


40  匿名 - 2016/02/23(Tue) 01:24 No.30638
    以前ちいさな劇団でお芝居をしてたことがある。
    女の子は私をいれて二人、男の子は四人のほんとに地味な劇団。
    あんまりお客の来ない公演の
    あんまり盛り上がらない打ち上げは
    稽古場として借りていた倉庫で行われた。
    誰が言い出したのか、打ち上げは
    芝居でつかってた衣装を着て参加するという決まりがあった。
    衣装は何着かあったが、
    みんな水着で出るシーンがあったので、水着がいいということになった。
    倉庫でお酒飲むのに水着はどうかとは思ったけど、
    季節は夏だったし団員の六人以外は誰も参加しないと言うので従った。

    やっぱり海パン一枚の若い男四人と、
    ビキニの水着の若い女二人の酒の席は、少しやばい空気が最初からあった。
    みんな照れをなくす為にハイピッチで酒を飲んでた。
    ことは一番酔ってたAがふざけて私の胸にさわったことから始まった。
    他のみんなは「やめろよ」とか言ってたけど、
    本気で止めようとする者はいなかった。
    私も本気ではおこれずに「高いわよ」とか冗談めかしてたしなめてた。
    Aがやめずに私の体に触りつづけていると、
    BとCが「Aだけずるいぞ」と言ってAを私から引き離した。
    その瞬間、Aが私のブラに手をかけたために胸が出てしまった。
    私はあわてて隠したが、それを見たAが
    「ごめん、俺も脱ぐから許して」と言って海パンを本当に脱いで全裸になった。
    それを見た私が笑ってしまったのがいけなかった。
    本当はおこってたのに。
    それまで傍観していたDが言った。
    「よし、みんな裸になるぞ」
    ただの酔っ払いの戯言も時と場合によってはおそろしい。
    男達は皆それに従って全裸になった。
    私ともう一人の女の子は従わなかったが、
    男達は「女の子も裸になれよ」等と言っている。
    おこって帰ってしまってもよかったのに、
    仲間だからという意識があってそうはしなかった。
    私達二人はおこっているとも笑っているともつかない言い方で、
    「やめてよ」とか言うだけだった。
    Aはエスカレートしてオチンチンを私達の体にこすりつけたりしてきた。
    全裸になってしまった男達は、Aの行為を否定することはもうしなかった。
    ついにもう一人の女の子はTシャツとスカートを水着の上に来て「帰る」と言った。
    そして「一緒に帰ろう」と私に言ってくれたが、
    私がそれに答える前にDが「ごめん謝るから」と言った。
    彼女はその言葉に余計憤慨したように私を待たずに出ていってしまった。
    Dはあわてて服を着ると、それを追って出ていった。
    彼女はDのことが好きだったのだ。
    もしかしたらDと関係があったのかもしれない。
    だからその場の状況に本気でおこってしまったんだろう。
    私も皆が少しおとなしくなった隙に服を着ようと立ち上がった瞬間、
    Aが無理矢理私にキスしてきた。
    Aの顔を押し戻そうと抵抗していると、
    誰かが後ろからブラを外して胸を鷲掴みにした。
    それがBとCのどちらかは覚えていない。
    さすがに「やめてよ」と大きな声を出したが男達はひるまなかった。
    三人で私を床に押し倒して押さえつけながら、
    「もうここまできたらさ」とか「お願いだから」とか言っていた。
    その「お願いだから」という言葉が何故だか妙に印象に残っている。
    もうどうしようもなかった。その後は誰に何をされたのか覚えていない。
    三人で争うように胸を揉み、乳首を口に含んだ。
    抵抗はしていたが、その状況に興奮している自分にすぐに気が付いた。
    以前から一人エッチのときに、複数の男に同時に愛撫されていることを想像することがあった。
    強姦願望のようなものはあると思っていたけれど、
    本当にそんなことになったら感じるわけがないと思っていた。
    でも感じてしまっていた。
    酒がはいっていたからなのか、男達が知り合いだからなのか、
    それとも私の強姦願望が本物だったからのか、それは分からない。
    下を脱がされた時には、私はもう完全に抵抗する意志を無くしていた。
    ものすごく濡れてしまっていることは分かっていた。
    それを彼等が知ったからには途中でやめることはしないだろう。
    誰かの指があそこをいじりだすと、
    その音が他の二人にもどれほど濡れているかを伝えた。
    ついに挿入されると頭の中が真っ白になった。
    一人がセックスしている間も他の二人は胸を愛撫している。
    たまらずに時折大きな喘ぎ声を出してしまっていた
    二人目がセックスしているとき、Dの声と女の声が一瞬聴こえたのを覚えている。
    姿は見てないけど、二人が帰ってきたのかもしれない。
    すぐに声は聴こえなくなったけど、二人は私が輪姦されているのを見たのだろうか。
    全てが終わるまでに五、六回は入れ替わった。
    一人二回はしたんだろう。
    誰かが私に服をかけてくれた。
    私は疲れていたが眠れずに、朝がくるまでぼーっとしていた。
    やがて素面のAの声がした。「帰ろう」見ると三人は既に服を着ていた。
    私はかけられていた服で裸をかくしながら起きて、倉庫の隅の死角へ行って服を着た。
    そして四人で駅まで歩いて、同じ電車に乗った。ずっと無言のままだった。
    私が最初に降りる人だった。
    駅について電車のドアが開いて、降りようとすると
    三人は口々に「それじゃ」とか言った。
    私もまるで何事もなかったかのように「じゃ」と応えて電車を降りた。


41  私は@レイプされました。 - 2016/03/03(Thu) 13:44 No.30662
    22歳ぐらいの時に付き合ってた人がいたんですが、今思えば相手は私の事をセフレとしてしか考えてなかったんだなぁ…と思います。
    私は彼の苗字しか知らないし、会うのも毎週土曜日だけ、私のアパートでHするだけの付き合いでした。
    彼はとにかく、
    「巨乳なら何でもいい」
    というタイプで、それだけの理由で私と付き合っていた感じ。
    私も、彼氏いない暦7ヶ月くらいで寂しかったし、それでもいいと割り切っているつもりでした。

    最初は普通にHしてましたが、だんだん彼の欲求が激しくなり、
    「パンティを穿かずにパンストだけ穿いてほしい」
    「この水着(どう見ても小学生向けのピチピチのやつ)を着て欲しい」
    などと言われて、なんだかなーと思いつつも言われるままにしてました。
    そういう付き合いが3ヶ月ぐらい続いてましたが、私はそれでも満足していました。
    しかし彼はそれでは物足りなくなってきたのかもしれません。
    ある土曜日に、真夜中過ぎに電話が来て
    「今友達と2人で飲んでるんだけど、これからそっちに行ってもいい?」
    と聞かれました。
    彼の友達とか知り合いに会うのは初めてだし、なんだか彼女になったみたいな感じで嬉しくて
    「いいよ」
    と返事しました。
    お酒とか簡単なおつまみを用意して、あと彼の好きなピチピチのカットソー(胸のラインがかなり分かってしまうもの)とミニスカ、パンスト、という格好で待ってました。
    しばらくすると彼と彼の友人がやってきました。
    最初は普通に飲んだりしていたのですが、だんだん酔っ払った彼が
    「どう?可愛いでしょ?胸も大きいし」
    と言って、友人の前で後ろから胸を鷲掴みにしてきたりしました。
    彼の友人(Y君とします)は、それをじーっと見てて、
    「いいなぁ、いいなぁ、俺もそんな彼女が欲しいなぁ」
    とかブツブツ言ってました。
    グラスとかを下げにキッチンへ私が行くと、彼氏がそのまま追いかけてきて胸を揉んだり、スカートの中に手を入れてきたりしました。
    お酒のせいもあって、彼はとても興奮してみるみたいでした。
    でも、隣の部屋にはY君がいるので、
    「駄目だよ、Y君いるし」
    と言って部屋に戻ったのですが…お構いなしにお尻を撫でたりしていました。
    Y君はお酒を飲みながら、最初こそ
    「いいなー。いいなー」
    と言っていたのですがだんだん無口になって、ただ飲んでいました。
    しばらくそうやっていたら、彼氏が突然
    「風呂入りたい」
    と言い出しました。
    用意は出来ていたのですが、友達がいるのに……と思ってちょっと変な気分でした。
    多分彼としては、Hがマンネリになりかけていたのを、友人を利用してまた刺激を得ようとしていたのだと思います。
    Y君にとってはいい迷惑というか、勝手な話だったと思います。
    先輩後輩みたいな関係のようで、Y君に対してちょっと申し訳ない気持ちになっていました。
    彼氏がお風呂に入ると、Y君は
    「Tからしょっちゅう聞いてますよ。いいなーってずっと思ってたんだよね」
    と話し出し、酔っ払ったせいなのか
    「ねぇねぇ、俺のチンチンも見てよ」
    と言っていきなりズボンを脱ぎ出しました。
    私もちょっと酔っていた事もあって、
    「わー、T君より大きいねー」
    とか言ってつっついたりしてしまいました。
    ちょっとこの頃からY君の目が座ってきたというか、感じが変わってきたのだけど、もうじき帰るだろうしいいか、と思っていました。
    そのうちT君が風呂から出てきました。
    風呂に入って余計お酒が回ったのか凄く酔っ払っていて、Y君もいるのにベッドに私を押し倒してきました。
    「ちょっと…駄目だよ、友達いるのに」
    と言って押し戻そうとしたのですが
    「いいじゃん、Yに見せてやろうよ。いいじゃん」
    と言って上着を捲り上げて胸を揉み始め、乳首を吸い始めました。
    抵抗しようとしたけど、私も酔っていたし、乳首を軽く噛まれると気持ちが良くなってしまいました。
    とりあえずこの場をやり過ごせばいいか…という気になっていました。
    TはY君に見られているという気持ちがあるのか、とても興奮していて、私もだんだんと興奮してきてしまいました。
    Y君は
    「何勝手にやってんだよ…勝手にしろよ」
    とかブツブツ言いながら、お酒を飲んでいました。
    いつもは電気を消すように頼むのですが、今日は明るいまま消してくれません。
    しつこく乳首を責められて、物凄く感じてきてしまいました。
    T君のモノを触ると、凄く固くなってました。
    我慢できなくて、
    「ねぇ、もうダメ。入れて…」
    と小さい声で言いました。
    でもTは
    「なに?何を入れて欲しいの?Yにも聞こえるみたいに言ってみ?じゃないと入れないよ」
    と言って、乳首をずっといじっています。
    「もうちょっとダメ…」
    って感じになりました。
    もうY君に見られている事も気にならなくなって、むしろ見られているという事に私も興奮してしまい、
    「入れて、お願い。T君のチンチン入れて。お願い」
    と頼みました。
    T君は凄く大きくなったものをぐいっと入れてきました。
    正直、今までで1番凄くて気持ちよかった。
    T君はずんずんと思いっきり突いてきました。
    もう気持ちよくて気持ちよくてどうにかなりそうなくらいでした。
    つい大きな声で
    「いいよ、いい、凄い気持ちいい…もっと、凄いいい……」
    と言ってしまいました。
    気持ちよすぎて、よく分からない事も口走ってしまいました。
    Tは、
    「うん、いいよ、いいよ。すげえ気持ちいい。いくよ……」
    と言って思いっきり出しました。
    腰が砕けそうなくらい気持ちよかった。
    しばらく口も聞けずに2人ともグッタリしてました。
    Y君はその間、トイレにいたようでした。
    戻ってきて、
    「俺、もう帰るよ」
    と言いました。
    私はそりゃそうだな…と思ったのですが、彼は
    「お前、俺達の聞いて1人でやってたんだろ?いいじゃん、やんなよ」
    と言い始めました。
    よく分からないまま、Y君が伸し掛かってきました。
    もの凄い勢いで息遣いも荒くて、伸し掛かってきた時から足に固いモノが当たるのが分かりました。
    「ちょっと…やだ……こんなの」
    と言いましたが、Tが
    「いいからいいから」
    と言って腕を抑えるので何もできません。
    その時の私は、上着のカットソーだけ着て(首の辺りまで捲り上げられて)、下はスカートだけでした。
    (Tは服を全部脱がさずにHするのが好きだったので)
    Y君はハアハア言いながら胸を揉んでしゃぶりついてきました。
    力が強すぎてちょっと痛かった。
    "おっぱい好き"と言っていただけあって、ずっと胸を揉んで、乳首を舌で転がしたりします。
    「もうダメ。ちょっと入れるね」
    そう言って、パンツを下ろしていきなり入れてこようとしました。
    私もさっきのHで濡れていたので、そのまま入ってしまいました。
    凄い勢いで腰を動かして、
    「んん、だめ……すげえいい……ダメだ、いきそう」
    と言いながら突いてきました。
    体をよじって逃げようとしたのですが、Tが凄い力で腕を抑えるので動けず、Y君は
    「ああ、もうダメ。いく!!」
    と言って、胸を掴みながら一気に射精したみたいでした。
    その後は私もどうでもよくなってしまい、ただグッタリしてました。
    Tは謝ってくれるかと思いましたが、Yと私がやっていたのを見て興奮してきたのか、Yを押しのけるようにして、私に抱きついてきました。
    「ごめん、ごめん」
    と言いながら舌を絡めてきて、ずっとキスしました。
    「ごめん、またしたくなっちゃった」
    と言いながら、今度はバックでしました。
    私も、Yに見られていると思うと異様に興奮してしまい…。
    以上です。
    結局それ以来TともYとも会っていません。
    Tから電話が来ましたが、"どうせまた3Pしたいんだろう"と思うと気持ちが冷めました。
    ほとんど後半は強姦みたいな感じでしたが、実は今でも思い出すと少し体が熱くなります。


42  OLの頃 - 2016/03/01(Tue) 14:16 No.30660
    私が新人OLだった頃、同僚の2人に犯されたことがあります。
    それもオフィスで・・。
    残業を終えて帰ろうと更衣室に行ったときに、後ろから抱きつかれ、
    隣の休憩室に引きずり込まれました。
    訳が分からず、抵抗しましたが怖くて声が出ません。
    スカ−トをめくりあげられたときに「いやあっ」と這うように逃げようとしましたが
    髪の毛を引っ張られ手をしばられました。
    「ひいっ・・なにするの」と半分泣きながら抵抗をしました。

    上半身はあっというまにはぎ取られ、一人が私の乳首を下でころがしはじめました。
    クチュクチュと音を立てて乳首を吸います。
    「気持ちいいだろ?」と胸を鷲掴みにします。
    「いやっ・・いや」と足をばたつかせるともう一人が「一度やってみたかったんだよな」
    とストッキングをビリビリと破いたんです。
    「すげえいやらしい下着はいてるな」とパンティのなかに手を入れてきました。
    「だめっ」と抵抗をすると、今度は四つん這いにされお尻を叩いたんです。
    「ひいっ痛いっ」と泣きながらやめてくれるように頼みました。
    「ケツ赤くなってきたぞ」と笑います。
    「めんどくさい、もう脱いじゃえよ」と
    パンティを剥ぎ取られました。
    もう私の体にはスカ−トがめくられた状態で巻きついているだけでした。
    「こっちのほうはおとなしめだな」とアソコに指を這わせてきました。
    「指何本はいるかな−?」と指をねじ込んできます。
    一人に足を広げられ、手はしばられているので抵抗できません。
    「遊んでると思ったけどけっこうしまりいいな」と指を動かします。
    「苦しいの・・やめていたい」と言ったところでやめてくれるはずはありませんでした。
    「もっといじめたくなってきたな」と私をオフィスにつれていき、一人掛けのイスにすわらせ、足を開いた状態であしをしばられました。
    「記念撮影だ」と私の姿をなんどもカメラで撮りました。
    「ビデオも用意しとけばよかったな」といいながら、
    「そろそろなめてもらおうかな−」と私の顔の前にたつと、フェラをさせられました。
    「もっとうまそうにくわえろ」とか「舌使え、休むな」と命令します。
    私がフェラしているあいだ、もう一人は私のアソコを指でかきまわします。
    「そろそろ入れててやるよ」と手と足をほどかれ、机に上半身をうつぶせにされ、
    バックでいれてきました。
    「ひいっああっ」と突かれるたびに声が出てしまいます。
    一人がおわっても「まだまだだよ」ともう一人が私を机の上で仰向けにし、入れてきました。
    二人に犯された後も私に対しての辱めは終わりませんでした。
    四つん這いにされ、「今度はバイブが相手だからな」とバイブをねじ込んできます。
    「こんな太いの、入るのかよ」
    「もっと色気のある声だせねえのかよ」
    「根元までのみこんだぞ」といやらしそうに笑います。
    少しでも動かされると壊れてしまうんじゃないかとおもうくらい太いのです。
    「抜いて・・お願い・・やめてえ」と頼みました。
    二人はしばらく眺めながら、言葉で苛めてきました。
    「苦しそうだな、つらいか?」「結構遊んでると思ったけどそうでもないんだな」
    そして、「このリモコン動かしたらお前はどうなっちゃうんだろうね−」
    とバイブのスイッチを入れたんです。
    「きゃあああっ止めて壊れちゃうっ止めて許して」と言っても
    「ケツもっとつきあげろ」と頭を床につけます。
    やっとバイブを抜かれた時には立てないくらいになっていました。
    「いつまで寝てんだよ」と頬をたたかれ、「今度はオナニ−して見せろ」と言うんです。
    「いつもやってんだろ?」と私の手をアソコに持って行きます。
    私は少しずつクリを円をかくようにいじりました。
    「いつもオナニ−しすぎてクリでかくなってんじゃねの?」
    「足閉じるな」二人の言葉が私をもっと恥ずかしい気持ちにさせます。
    そのうち「クチャクチャ」と音を立て始めました。
    もうイキそうになったとき一人がアソコにしゃぶりついてきたんです。
    「だめそんなことしたら・・いや」と言ってもアソコから汁が垂れてくるのが分かります。
    そしてクリも舌で弄りだしたんです。
    もう一人が「オレまた勃起してきた」私の口にねじこんできました。
    「ちゃんと飲めよ」と口の中で出されました。
    そしてクンニをしていた方の人はバックで私のなかに入ってきました。
    「ケツの穴まで汁垂れてるぞ」と苛められながら・・・。開放されたのは夜中でした。


43  秘密 - 2016/02/28(Sun) 10:41 No.30657
    もう3年前の話です。
    私は短大に通いながら、コンビニでアルバイトしていました。
    コンビニに来るお客さんで、少し奇妙な常連さんがいました。
    その人は少し太っていて銀縁のメガネを掛けていてニキビの跡がとても目立つ人でした。
    年齢は30代位。
    いつも丈の短いジーパンにTシャツをきっちりしまっているスタイルで、他の従業員からは陰で「オタク」とか「引きこもり」とか呼ばれていました。 
     
    そしてその人はいつも平日の3時過ぎに来店してきて漫画雑誌とお菓子を買っていきました。
    特に変な行動をとるわけでもなく、普通に買い物をしていくだけなので、私は特に意識してませんでした。
    只、買い物する時は必ず私のいるレジに並ぶのは少し気になりましたが・・・。

    そんなある日、事件は起こりました。
    私は学校帰りにいつもの様にアルバイトに行きました。
    20時半位にアルバイトが終わり、帰宅途中の事でした。
    あまり人通りの少ない路地を抜けて行くのですが、そこでいきなり後ろから口を塞がれました。
    そして「さ、騒ぐな!!少しでも騒いだら刺す!!」
    明らかに背中に刃物が当てられてるのがわかりました。
    私は怖くて怖くて、騒ぐどころか、震えながら頷く事しかできませんでした。
    そのまま停めてあった車に押し込まれ、口をテープで塞がれ、手足に手錠を掛けられ、身動きできない状況になりました。
    その人はいつもコンビニに来るあの人でした。
    本当に怖くて、車中ではガタガタ震えながら涙を流していました。
    連れてこられたのはマンションの一室。
    口からガムテープを外された私は「助けて下さい!助けて下さい!!」と泣きながらお願いしましたが、聞く耳持ってくれませんでした。
    いきなり彼は「ハァハァ」言いながら私の唇に吸い付いてきました。
    気持ち悪くて気持ち悪くて、顔をそむけると、私の服を脱がし始めました。
    私は「嫌〜!!やめて!!」と訴えましたが、止まりませんでした。
    服を全部脱がされると彼は私の体を舐め始めました。
    ワキの下や手足の指まで体の隅々まで舐め続けられました。
    私は本当に気持ち悪くって、目を閉じながら早く終わってくれる事を心から願っていました。
    体を1時間以上舐められ続けた後、遂に彼は私の性器を舐め始めました。
    セックスの時の様な舐め方ではなくって、まるで食事の時の様な味を楽しんでいるような舐め方でした。
    本当に食べられてしまいそうで、怖くてたまりませんでした。
    彼は一心不乱に舐め続けていましたが、私は全く感じる様な事は無く、辛くて仕方ありませんでした。
    しかし、性器をかなりの時間舐められていると恥ずかしながら少しづつ快感になってきてしまったのです。
    暫くすると、声が出てしまいそうなくらい感じてしまい、彼もそれに気が付いたようで、さらに激しく舐め回し始めました。
    私は我慢できなくなり、遂にイってしまいました。
    私は処女では無かったのですが、当時付き合っていた彼氏との経験しか無く、あんな快感は初めてでした。
    彼は私がイッた事に気が付くと、ジーパンとパンツを脱ぎ始め、下半身をさらけ出しました。
    私は「入れられちゃうんだ・・・。」と思いながらも、もうどうでも良くなり目を閉じ覚悟を決めていました。
    しかし、いつまでたっても入れられる様子はなく、目を開けると、彼は「なんでだよ!なんでだよ!」とボソボソ呟きながら、自分の性器を擦っていました。
    彼は勃起できない自分が悔しかったのか涙目で擦っていました。
    暫くすると、彼は「もう良いよ・・・。悪かったね。」と私の手錠を外してくれました。
    そして彼は自分の事を語り始めました。
    「お、俺、コンビニで初めて君を見つけた時から好きになっちゃったんだ。もちろん告白する勇気なんかないし、引きこもりで不細工な俺なんか相手にしてくれない事もわかってた。だからこんな事をしてしまったんだ・・・。」
    彼は女性経験が全く無い事、私をレイプし初体験をしたら自殺しようと思っていた事等、涙を流しながら話してくれた。
    私は気が付いたら、彼の性器を咥えていました。
    そして彼の性器が大きくなると、彼にまたがり挿入しました。
    彼は1分もしないうちに射精しましたが、こんなに興奮してこんなに感じたのは人生で初めてでした。
    終わった後彼は「ありがとう。ありがとう。」と涙を流しながら何度もお礼を言ってきました。
    私は「色々大変かもしれないけど、頑張って下さいね!」と言い残し帰りました。
    翌日、当時付き合っていた彼氏と別れました。
    他の男性と体の関係を持ってしまった事を正直に話したら、振られてしまいました・・・。
    でも後悔はしていません。
    それから数カ月経ったある日の事、いつもの様にコンビニで仕事をしていました。
    卒業を翌月に控え、「このバイトももう少しで終わりだな〜。」と思いながらボ〜っとしてました。
    するとお客さんが来店しました。
    そのお客さんはあの時の彼でした。
    あの時から全く来店しなくなった彼が数カ月振りに現れました。
    彼はスーツ姿で、ボサボサだった髪は整えられ、体型もスリムになっていました。
    彼は缶コーヒーを持ち、レジにやってきました。
    彼は「お久しぶりです。この前はありがとうございました。俺、仕事を始めました。少しづつですが、自分を変えられるように頑張っています。あなたのおかげです。」
    そして「あなたの事が好きです。良かったら僕と付き合って下さい!無理な事は解ってますが、この気持ちをどうしても伝えたくって。」
    私は突然の事で相当驚きましたが、「はい。こちらこそお願いします!」と答えました。
    他の従業員はかなり驚いていましたが、実は私結構嬉しかったんです。
    あれから3年。
    私たちは今年結婚しました。
    私も彼も仕事に慣れて、充実した毎日を送れています。
    そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁ〜って思う今日この頃です。


44  キャバ嬢カナ - 2016/02/25(Thu) 23:11 No.30650
    私は21歳で名前はカナと言います。
    18の時からキャバクラで働いてました。
    お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて 結婚も考えていました。
    彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり 売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。
    先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃 明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが 四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。
    そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。
    私はオーナーに厨房に呼ばれて
    「カナ、あいつらの席につかないで今日はもうタクシーで帰って」
    「俺、あいつらに金借りてて今日が期限なんだけど用意できなくてよ。」
    「他の席にオールチェックかけてみんなあそこにつけるから。」
    「あいつら払えないなら好きにさせろやって言うから。お前は今すぐ帰って」

    私は「わかったよ。気を付けてや。」って言うとカバンを持ってドアから出ようとしました。
    でもトイレに入っていたあの中の一人に見つかってしまい。
    「おー姉ちゃんどこ行くんや?俺らのとこ来いや。」
    って無理矢理つれて行かれてしまいました。
    そいつらはオーナーも席に呼び 「おい黙って女帰さすとはどういう事や?コラぁ。」
    「おめぇの女なんか?そーやろ?携帯見せてみいや。」
    とオーナーの携帯を奪い取りデータフォルダを見始めました。
    「おー仲良く撮れてるやんけ。」
    私とオーナーのプリ画やキス写メが見つかってしまい完全にバレてしまいました。
    「俺らこの女とやるわ。おまぇそこで見てろや。」
    そう言うと私はソファーに押し付けられ二人がかりで脚を開かそうとしました。
    「い、いや!ちょっと辞めてや!お前らふざけんなよー。」
    私は必死で抵抗しました。腕を噛んだりもしました。
    普段から客と私はぜったいにレイプなんかされない自信あるって話してたけど
    実際に男二人に本気でされてみると抵抗なんかほとんど無意味で あっけなくソファーの上でM字開脚させられ押さえつけらえたまま ついに私はピンクと黒のTバックのショーツをボーイ達に晒してしまいました。
    私は「もうだめや。ぜったいみんなにマンコも見られてまう。」そう感じました。
    オーナーだけじゃなく普段からアゴで使ってたボーイの三人も見てるのが本当に嫌で
    それだけはと思ってボーイに 「あんたらあっち行ってて見んといてや!」と言いました。
    そしたらそいつらの中の一番偉そうな奴が
    「ここにいろってんじゃ。よー見とけや。おまえら。こいつのオマンコ見せたる!」
    「顔見知りの女のオメコ見るんはたまらんやろ。」
    そう言うとショーツに手をかけて 私は必死に「あっち向いてお願いやで。ほんと無理だから。」
    泣きそうな顔になってたと思う。でもみんなジッとショーツを見たままで 一瞬すーっとした感触がして私はついにオマンコを剥き出しにされた。
    私は「もう終わった。プライドこなごなぢゃん!」と思い全身がカーって熱くなるほど恥ずかしく オマンコも初体験の時以上に濡れてしまっているのがわかりました。
    そいつらはボーイの一人の髪の毛を掴んで
    「おい!おまえオメコ舐めてやれ。毛も薄いし色も形も綺麗なマンコやぞ」
    そしたらボーイは 「カナさんすいませんごめんなさい。」
    そう言うと私のマンコをむしゃぶるように舐めてきました。
    興奮してるのが伝わってくる激しい舐めかたでした。
    私は必死で声を出さないようにしてましたでも。
    「フッ!んーフッっフッー。」
    ってはい回る舌の感触に鼻息が荒くなってしまって それが余計に皆を興奮させてしまったようでした。
    「もういいおまえどけ!」
    そういうと一番偉そうな奴は勃起した巨大なチンポを出して 「ぶちこんでやるわ。彼氏の目の前でな。」
    私は床に押し倒される一瞬、オーナーの方に目をやると向かいのソファーで頭を抱えソワソワ貧乏揺すりしている姿が目に入りました。
    その姿を見て私は絶対やられるのは嫌だと思って思いっきり暴れました。
    「やめろよーいれたらぶっ殺してやるからな!」
    そいつのチンポがマンコの入り口に触れる度に暴れまわりのたうち回って 五分ぐらいは私の絶叫と共に必死の抵抗を続けました。
    でも疲れてしまって一瞬気が緩んだ時に、ズニュルって強烈な快感が私を貫きました。
    思わず私は「あーーーーダメー。抜いてー」って叫んでしまいました
    パンパンになった亀頭が子宮口まで一気に突き刺さってしまったのです。
    「ウホッーあったけぇなカナちゃんのオマンコ。」
    そこからは正常位で強烈なピストンされました。
    私は急に無言になり歯を食いしばって必死に快感に耐えました。
    ボタンが飛んでしまったブラウス ずり上がったブラジャー ビンビンに勃起した乳首 オーオーってきもい奴のきもいあえぎ声。
    でもチンポが入った私のオマンコもはグチョ濡れで アナルにまで恥ずかしい汁が垂れてるのが自分でもわかった。
    その時かな?急に頭が真っ白になって我慢できなくなった
    「あっあっあっあっ」
    「あッイグあッイグ ダメダメごめんごめんイクイク」
    私の体と膣は痙攣して
    「うお締まる!」
    って言ったままそいつは私の中に射精した。
    何回も何回も思い出して オナニーしちゃいます。


45  OL - 2016/02/26(Fri) 14:44 No.30654
    わたしは24歳で都内で2年程OLをしています
    少し前までは自分にとってレイプなんて他人事だと思っていました
    幼いころから女子校育ちで男性と縁がなくまともなお付き合いの経験さえありませんでしたから
    それでも社会人になり最近わたしにも恋人ができとても幸せでした、しかしこのことがレイプの原因になってしまいました
    わたしのことをレイプしたのは会社の上司のAさんでした、普段はとても温厚で人望もある方だと思います
    入社当時からなにかと気にかけてくれてプライベートでも男女の関係でなく父娘の関係のような感じで付き合っていました
    わたしは昔から品のよいお嬢様キャラに見られることが多く年上の方に可愛がられることがありAさんもそうだと思っていました
    ある日会社の仕事が終わった後Aさんに大事な話があると言われ普通のホテルに呼び出されました
    前から密室でお話しすることがありましたしAさんは既婚者だったのでなんでホテルで?とは思いましたが警戒することなくついて行ってしましました
    ホテルについて私が改まってなんのお話ですか?と聞くとAさんは私の彼との交際について根掘り葉掘り聞いてきました
    最初は初めての交際だから心配してくれてるのかなと思っていたのですが質問は彼との性交渉についても及びさすがに私が拒絶しました
    するとAさんはいきなり怒り出しこんなことを言ってきたんです要約すると散々よくしてやったのに他に男を作るなんて許せない今の彼氏と別れて俺の女になれと言われました
    いきなりのことに混乱して体か硬直するくらい怖かったのですがAさんとそういったつもりでプライベートでお会いしていたつもりもないしそもそもAさんは既婚者だと言いました、それでもAさんは聞く耳を持たず彼と別れろの一点張り
    私はAさんの豹変ぶりがあまりに怖すぎて失礼しますと言って帰ろうとしました、そこからは一瞬でしたAさんは私の手首を掴むとベットに押し倒し唇を押しつけてきました
    最初こそ抵抗できましたがすぐに強引に舌を入れられ噛むこともできず息もままならなくなりました
    それにわたしがいっぱいいっぱいになっている間にAさんは自分の足を私の足の間に入れ込みむりやり開かせましたスカートだったこともありAさんの手はいとも簡単に私の性器に触れてきました
    スパッツの上からでしたが生々しい感覚が伝わり嫌悪感でいっぱいになりました、そして何よりレイプされる恐怖感が高まり力の限り抵抗しました
    しかし所詮女の力ではキスをやめさせることが精いっぱいでAさんはわたしをからかうように全然濡れないね彼にあんまり構ってもらってないのと満足そうな笑みを浮かべながら言ってきました
    わたしはゾッとしながらもレイプまがいなことされて気持ちいいけがないセクハラで訴えてやると言いました
    それでも気にする様子がなく美樹ちゃん的には気持ちよくなればセクハラじゃないの?と言われました
    そういうことじゃないという間もなくAさんはブラウスを強引に引き裂き胸を鷲掴みにしてきましたちょうど胸が張っていた時期で男性に力任せにそんなことをされたことがなかったのであまりの痛さに悲鳴を上げてしまいました
    手首を掴み手をどかそうとひっかいたり無我夢中で暴れましたが簡単に片手で両手とも抑え付けられ抵抗できなくなりました
    Aさんは器用に片手でブラのホックを外すと私の胸をまじまじと見てきました、その時には恥ずかしいとか裏切られたという気持ちはなくただただ悔しかったです
    その後Aさんはわたしの胸を散々弄びました、もちろん気持ちいいわけがなく嫌悪感しか感じませんでした途中までは・・・
    AさんはわたしはMでどこかでこの状況を喜んでいるとか心の隅ではレイプされるのを望んでいると囁いてきました私は気持ち悪いしこのままじゃセクハラで済まなくなると言いました
    すると望んでないならなんで濡れているのと言って私の性器に触れ指を見せてきました、確かに濡れていたんです。今よく考えれば自分ではわからなかったしAさんが何か他のもので指を濡らしたのかもしれません
    それにわたし自身が濡れていたとしてもそれは感じたのではなくて生理的にだと思います、でもその時は頭が混乱していてAさんの言葉を鵜呑みにしてしまいました
    レイプまがいのことに感じてしまったという罪悪感と情けなさでおかしくなってしまったんだと思います次第に気持ち悪いと感じていたのにほんの少しづつ身体が反応しはじめてしまいました
    そのことを見透かしたようにAさんは胸を吸うように愛撫してきましたネチネチと気持ち悪く普段だったら嫌悪感しかもたなかったと思います
    でも体が反応しはじめてしまい感じてないと自分で必死に律しようとしたことが仇になってほんの少しの刺激で自分がとんでもなく淫乱になった気がしてどんどん追い詰められていきました
    結局刺激は強くなっていきAさんの愛撫に身をよじるほどになってしまいました、わたしはAさんに止めてほしいと懇願しました、しかし聞く耳をもってくれず「彼氏のこと愛してるっていった割にはすぐに感じちゃったね」と言われました
    それが決定打だったと思います、彼氏のことを心から愛しているのにこんな男に犯されておかしくされる私という被虐感を感じてしまい完璧に混乱してしまいました
    わたしの身体がAさんのものになるまで時間はかかりませんでしたAさんは私をぐったりして動けなくなるまで感じさせた後挿入しました
    そのあとはほぼ性的な拷問でしたわたしの身体が逆らえないことをいいことに屈辱的なことを言わされ最後にはこれは和姦だと何度もイかされながらビデオの前で言わされました
    解放されたのは明け方でホテルに一人残され正気に戻った後されたことの重大さに気づき一人で泣いてしまいました
    次の日わたしはAさんに弄ばれた体がとてもけがらわしく思えて彼氏と何度もエッチをしました普段淡泊なわたしが何度も求めてきたことで彼氏はなにか気づいてくれたのかとても優しくしてくれました
    でも全く気持ちよくはありませんでした・・・どうしてもAさんの顔がちらついて罪悪感でおかしくなりそうです


46  おばさん - 2016/02/26(Fri) 09:53 No.30651
    高2の9月でした。
    体育祭の準備で毎日帰りが7時頃の時期がありました。
    駅から家までの間に、周りには何もない草むらがあり、そこで処女を強姦で失いました。
    草むらの中から男が出て来て、腕を引っ張られて草むらの中に連れていかれ、毛布?が敷いてある所で。
    羽交い締めにされてブラウスのボタンを外されブラのホックも外されて毛布の上に倒され。
    スカートを捲られてパンツを脱がされて。
    怖くて声も出せず体も固まってしまい、ほとんどされるがままでした。
    ちんちんを入れられたときは激痛そのもの。
    声を押し殺して「痛い」と泣きながら言いました。(心の中では叫んでました。)
    容赦ないピストン攻めをされ、最後には中に出されました。
    月明かりが眩しい夜でした。


47  若菜 - 2016/02/18(Thu) 10:45 No.30620
    落ち着いたので書きます
    去年の10月  いつものようにスポーツジムを終えて
    夜の9時過ぎにジムの駐車場
    私の車までいったときに
    後ろから声をかけられました
    え!何ですか?
    ドアを開けたときだったの
    いきなり押し込まれ助手席に
    それも、さかさま状態
    キーレスだから  そのまま車が走り
    蛇行運転されて頭打ったりして 
    大変な状態でした
    車が止まり。助手席のシート を倒して
    私はやっと座ることができたけど
    いきなり服を引き裂かれ 露な姿にされて
    濡れてもいないのに強引に入れられてしまいました
    どこの誰かもわからない
    ピストンしてきて奥深く入れて突き上げられ
    だめ〜やめて〜  聞いてもくれず
    中に出されてしまいました
    息も荒くなり 頭が変な状態・・・・・
    力も抜けて  その後もされるまま
    口にペニスが入り  口でピストンされました
    再度大きくしたらと思うと
    再度挿入して 激しいピストンで
    前のザーメンが残ってるから?
    グチョグチョ ピチャ  音が
    そして2回目も中に出されて  私 放心してしまいました
    数十分??  気を取り戻すと
    股間から大量のザーメンが溢れるように垂れてきました
    破れた服を脱ぎ
    汗をかいたジムの服に着替えて帰りました
    すぐシャワーして流しましたが
    半月後の生理が来なくて
    今年の初めに産婦人科でおろしました


48  主婦 - 2016/02/25(Thu) 09:42 No.30646
    私は28歳になる3月で結婚2年目の主婦です。
    昨年の春に高校時代から付き合っていた主人と結婚し子供はまだいません。
    そんな全てに平凡な私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。
    当然不注意だった自分にも責任がありますがもう取り返しがつきません。
    私たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で主人の貯金と私の貯金、そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借りいまの住宅を購入しました。
    主人の実家に近いこともあり賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末思いきって購入したんです。
    私も通信関係である今の仕事を続けるため主人と話し合って、2年間は子供は避妊して作らないようにし共働きで頑張ってお金を貯めていく計画を立て、毎日が充実し幸せに暮らしていましたが…

    秋の異動で突然主人が新設支店の応援部隊として九州へ2年間の赴任がいきなり決まってしまったんです。
    すごく悩んだのですが当然私にも仕事があるので、一緒に九州に行くことができないことと新築の家を他人に貸すのも嫌だったので相談の結果、私だけこの家に残ることになったんです…。
    もちろんお金もない私たちが週末ごと主人が家に戻るなんてとてもできず、夜の定時連絡や毎日の出来事を携帯メールで報告するだけになっていました。
    しばらくは新しい住居に独りだけ取り残され心細くなっていましたが、年末ということもあり仕事に追われ正月休暇に主人は戻ってくるから…。と自分に言い聞かせ変わりなく働いていました。
    そんな寂しい気持ちもだんだん多忙な仕事で薄らぐと逆に束縛がないこともあり、主婦の立場を忘れ独身気分で忘年会や学生時代の友人と、夜遅くまで飲みに出かけたりしていたんです。
    そして運命の日は翌日が休みということもあって、夜の11時すぎまで短大時代の友人と食事をし0時すぎの最終電車で帰宅したんです。
    駅を降り帰宅途中のコンビニで明日の朝食の手抜きするため、買い物をして歩いて帰っていると背後からスッ〜と大きな車が近づき「ねぇねぇもう帰るの!今から遊びに行こうよ!」と、いきなり男の人のグループに声をかけられたんです。
    こんな夜遅く周りは住宅街で静まりかえり、誰もいない恐怖で私は男の人たちを無視して走って、坂道を自宅の方に逃げだしてしまいました…。
    このとき冷静になって逆に駅まで戻りタクシーを利用して帰宅すればよかったと本当に後悔していますが恐怖で早く自宅に逃げ帰りたかったんです。
    そのまま小走りで自宅のある山手の方に逃げるように走っていましたが相手は車…
    50メートル先ですぐに追いつかれ、私の前をふさぐように車が停まるといきなり3〜4人ぐらい素早く降りてくると私を取り囲み
    「なんだよ!逃げることないじゃん〜」
    「おい!人が聞いているのに無視かよ!」
    と脅され恐くなった私は咄嗟に
    「いやっ!主人が待っているから急いで帰るんです!」と断ると
    「なんだぁ〜奥様だったんですかぁ〜」
    「じゃぁ今から帰って旦那とヤルんだ!」
    「ねぇねぇ僕チャン〜童貞なの〜おしえて〜」
    と卑猥な言葉を口々にいって私の腕をギュッとつかんだんです!
    私は本能的に手を振りほどき男の間から逃げようとするとその男はワザと私にぶつかり大袈裟に道路に倒れ込んで痛がるんです…。
    「痛てぇ〜てめぇ俺をナメてんな!」
    「こりゃぁマヂ肋骨が折れてるぜ!」
    と突然怒りだし、隣にいた髪を染めている男がいきなりナイフを私の顔に近づけ
    「あ〜ぁ奥さんよぅ〜すぐに帰れなくなったよな!」
    「今から慰謝料についてゆっくり話し合おうぜ!」
    と静かな口調で脅す、と固まっている私を抱きかかえるようにして、車の後部座席に無理矢理乗せようとするんです。
    もちろん乗ったら自分がどうなるかわかります! 私は目の前のナイフに怯えながらも必死になって
    「いや帰して!お願い!イヤ…」
    と半泣き状態で必死に哀願し、身体を捩り乗せられまいと抵抗しましたが
    「大きな声を出したらアンタのその可愛い顔切りまくって逃げるぜ!」
    と脅されると、助けを呼ぶにも周りには人影などなく無理矢理抱えられるように無理矢理車の奥に押し込まれてしまいました。
    「旦那のところに無事に帰りたいなら騒ぐなよ」
    と脅され大変なことになったと、泣きだした私にナイフを見せつけたまま肩を抱かれしばらく走ると、私の自宅の先にあるまだ荒れ果てたままの造成地に入り、そこから車を左右に揺らしながらさらに奥まで走ると、街灯の明かりが届かない暗い空き地に車が停まりました。
    すると一人の男がいきなり私の胸を両手で乱暴に掴んだんです!「きゃっ!」と短い悲鳴をあげ手で胸を隠し前屈みになり男の手から逃れようとしました。主人以外とはまったく経験がなかった私でもこんな状況になれば [目的は私の身体なんだ!!]と身の危険を感じ激しく抵抗したんです。
    あきらかに私より年下の男の子たち!しかもまだ未成年と思える男が入っているグループから、こんな形で性の対象にされるなんて信じられません
    「やめて!もう帰して!!」
    住宅街から離れているとはいえ、あまり激しく泣き叫び暴れる私に向かって男がナイフを見せつけ
    「お前!これ以上大声で騒ぐならマジで顔を切り裂いちゃうよ…」
    と頬にルームライトに光っている刃を近づけられると、もう切り裂かれる恐怖で歯がカチカチとなってしまい抵抗できません。
    「さっさと脱がないと俺たちは服を破るだけなんだけど…」
    「ハダカで帰るの?」
    「チンポ出してベットで待っている旦那になんて言い訳するの?」
    「ここは叫んでも誰も来ないから〜もう諦めてさっさと服脱いで!」
    「ゆっくり楽しもうよ〜旦那のより俺たちの方がカチカチかも!」
    と卑猥な言葉で脅されながら、彼らに着ていたハーフコートを脱がされるとそのままセーターとスカートまで手を出してきたんです。
    服を脱がされる私はナイフが怖くてこれ以上激しい抵抗ができませんただ
    「イヤッ…もう許して!」
    と言うのが精一杯です……。
    ナイフを持っている大きな男がリーダーらしく、顔を振って抵抗している私の顎を掴むといきなり無理矢理キスをされ同時に胸を乱暴に揉まれている間、セーターとスカートを引き千切るように脱がされるとナイフで下着を切り裂かれてしまったんです!
    ブーツだけ履いた奇妙な格好で恐怖と寒さでガタガタ震え、両手で胸を隠している私を髪を掴んでシートに押し倒すといきなり全員でまだ濡れてもいない大切な所に、汚い指を強引に挿入したり腕を頭上に引っ張られ無防備になった胸にキスをされたんです。
    「痛い!痛いってばぁ〜もうやだぁ〜」
    「誰か誰かぁぁ〜」
    とあまりの乱暴な行為と女として身内でも見られたくないすべての箇所を見られる恐怖に、暴れ出すとさらに乱暴に男たちに押さえつけられ、動くことができないまま屈辱に泣くことしかできませんでした。
    ブーツまで脱がされ大袈裟に匂いを嗅ぐ真似をして
    「わぁマヂで臭い!足臭いぞ〜お前!」
    「お前!アソコも臭いんじゃないのか?」
    「おっさすが人妻…指だけでもうビチョビチョして濡れだしたぜ!」
    「よし!じゃぁ時間もないしいこうか!」
    と言いながらナイフを横の男に渡すと下半身だけを素早く露出すると私の足を掴んで間に割り込んできたんです。
    ワタシ…犯されるの…?夢?今の出来事が現実とは信じられないまま脚を掴まれ、グッと押し込まれると同時に今まで経験したことがない強烈な痛みが走ったんです!!
    「ギャァ〜イ…イヤァ〜」
    「痛い!痛いょぅ!お願いだから助けて〜」
    と泣き叫んで抵抗しましたが、周りの男達に手足を掴まれたまま泣き叫ぶ私の口に、男の汚い口でふさがれるとどうすることもできず男から乱暴に突き上げられ押し込められるたびに激痛が走っても逃げ出すことができず痛みに耐え泣くことしかできませんでした。
    男は私を乱暴に突き上げながら
    「オッ!気持ちいい!たまらん!すぐ出そう…」
    「お、お前!結婚してるならガキできてもいいだろ!」
    「だったら中でいいよな!」
    と言いながらスピードを早めたんです!
    「ェッ…!!ィヤッ!」
    「お願い!それだけは許して!」
    「酷い…ヤダッて!!!!お願いだからぁぁ」
    私は不自由な身体を揺すり泣き叫びながら哀願したんですが、男は
    「いくぞぅう〜ガキ産めやぁぁ!」
    と呻りながら一気に私の腰を掴んで汚い精液を吐き出したんです!
    生まれて初めて身体の中に熱い精液を感じました。恐怖と屈辱しかありません…。高校や短大時代はもちろん新婚旅行からもずっと今まで子供ができないように大好きな主人でも避妊してくれていた私の身体に、今知らない男の汚い精液が流し込まれたショックでもう放心状態でした。
    でも… 容赦なくグッタリしている私の目の前でズボンを脱ぐと汚いモノを触りながら、次の男が襲ってきたんですもう犯された身体とはいえ屈辱感に身体を揺すって抵抗しました。
    「アッもういやっ!」
    「帰して〜もう帰してってばぁ〜」
    泣き叫ぶ私を無視したまま男に押し込まれ、乱暴に突かれ再び激痛を感じていると今度は待ち構えていた違う男から
    「俺…もう我慢できねぇ!」
    と私の顔付近に、汚いモノを見せつけ
    「咥えなよ!噛んだら顔が傷だらけになるぞ!」
    と脅されると逃げる私の顔を手で頬を力任せに押さえつけ、無理矢理に口の中に入れられたんです…。
    狭い車内で揺すられシートから顔だけがはみ出し、逆さまの息苦しい格好で違う男の汚いモノを咥えさせられ口の中に男の精子の臭いが充満しています。だけど咳き込みながら咥えるしかなかったんです…。もう何時か時間がわからないまま次から次に犯され、最後の男は筆下げ?だ!
    と言ってナイフと携帯の写メで脅されると、明らかに未成年の男の子のズボンと下着を無理矢理に私の手で脱がされると、すでに大きく膨らんでいるモノを咥えさせられ、汚いモノがさらに大きくなると男たちが嫌がる私の足を大きく拡げると、指さしながら
    「お前ちゃんとここに入るんだぞ!」
    「こっちはケツの穴だぞ〜」
    と卑猥な言葉を口々に言って周りから笑われながらも男の子のモノを受け入れました。
    男の子からすぐに中に出されると再び起こされ濡れ光っている男の子のモノを正座させられたまま咥えさせられていると信じられないことに口の中でまた大きくなってきたんです!!周りの男たちも気づくと笑いながら私に
    「今度は全部飲んでやれ!」
    と髪を掴んで前後に揺さぶるんです。
    結局逃げることができないまま男の子は私の口の中に放出し吐き出すことを吐き出すことを許してくれず、初めて男の人の精液を飲んでしまったんです。
    その後… 再び男の上に乗せられ犯されるとか野外で車に手を置いて立ったまま犯されるとか私にとって信じられない格好で犯されたり、汚いモノを容赦なく咥えさせられたり容赦ないレイプでした。
    やがて男たちが満足すると全裸でグッタリしている私の顔や脚を大きく拡げた格好の写真を、携帯で何枚も撮られたりバッグから社員証や免許証さらに携帯番号やアドレス、そして主人とのメールまで覗かれ主人がいないことやここから近くの家で独り暮らししていることが男たちに見つかってしまいました。
    終わった後でもまだ解放してくれず、全裸で正座させられたまま主人の会社や主人の携帯番号はもちろん、私の旧姓や実家まで全て登録されてしまい、私は泣きながら誰にも言わないことを土下座して誓わされたんです。
    早く帰りたい私は言うとおりに年下の男達に屈服するしかありません。その後、自宅を調べるように私の家を確認すると車はそのまま通り過ぎ数十メートル先の交差点でブーツだけ履かされた格好で降ろされたんです!
    「お願いだから服を帰して!」
    と必死にお願いする私に
    「降りたらちゃんと帰してやる!」
    「さっさと降りないと仲間の部屋でまたマワしてやるぞ!」
    と脅され覚悟して全裸のまま降りると同時に、車が急発進しまだ先の交差点まで行くとそこで窓から私の服やコートとバッグを次々に捨てて逃げて行ったんです。
    私はあまりにも卑劣な行為に泣きながら全裸の格好で走って先の交差点で服を拾い、コートを着込むと口惜しくて座り込んでしばらく泣きました…。
    やがて連中が戻ってくる恐怖を覚え、逃げるように家に飛び込むと急いでお風呂に入ると男たちの汚い精液を必死で掻き出していたんです。温かいお湯を頭から浴びると、解放された安堵とレイプされた口惜しさで口を押さえてワンワン泣きました。


49  人妻 - 2016/02/24(Wed) 10:41 No.30644
    ほんの2ヶ月ほど前のことです。私は一度に5人の人にレイプされました。
    レイプされながらも感じてしまった私って淫乱なんでしょうか?
    クリスマスの前の日、主人の友人がクリスマスパーティーを
    やろうというので、主人と共に友人kの別荘がある那須へ向かいました。
    別荘は洒落たログハウスで、広いリビングには赤々と燃える
    暖炉まであり最高にロマンチックな所です。
    私たち以外に5人ほど集まっており、夕方ということもあって
    早速飲み会が始まりました。みんなで明日のパーテイーの準備や
    食事のことで話をしたりしているうちに
    時計は12時をまわっていたので、私は先にお風呂にはいることにしました。
    脱衣所に行こうとすると、kが、
    「シャンプーが切れてるけど 脱衣所の下の戸棚入ってるから」
    というので覗いてみると、
    シャンプーのあるその奥の方に、5〜6本のバイブが入っていたのです。

    私は一瞬ぎょっとしましたが、見なかったことにしてお風呂
    に入りました。でも最近ご無沙汰の私にはあまりにも魅力的なものです。
    我慢できずに脱衣所に戻ると、一番大きい黒いバイブを手に取りました。
    そのままお風呂に戻り思わず、クリ責めを乳首に当てると
    あっという間に乳首は勃起し、弱い電流のような快感が私の中を駆けめぐりました。
    もうすでにぐっしょり濡れてるあそこにバイブを挿入すると、
    予想以上の動き方で思わず声を上げそうになってしまいました。
    そのバイブで5回ぐらいいったあとでお風呂から出ましたが、
    kは私の異変には全く気づいてない様子でした。
    翌日主人が急な仕事で東京に戻らなければならなくなり、
    私も一緒に帰ろうとしたのですが、せっかくだからと
    主人とkにひきとめられその場にとどまることにしました。
    今思えば、そのとき帰っていればと悔やまれてなりません。
    私以外にもkの彼女がいたのでべつに心配はしていませんでした。
    しかし、主人がかえって2時間ぐらいすると、
    kの彼女が出かけるというのです。なんでも
    近くにすんでいる友人の実家に行くらしく、
    夜遅くにならないと戻ってこないというのです。
    今日のパーティーの食事は私1人でやるのかと思うと
    ちょっと気が重くなりました。
    私が台所で食事の準備をしているとkが
    おもしろいビデオがあるからちょっと来てごらんというのです。
    私がリビングに向かうとkのほかに、
    今日のパーティーの参加者全員(男性5人)が集まっていました。
    私が、「なあにおもしろいビデオって」というと、kはにやりとして
    これだよといい、ビデオをスタートさせました。
    なんと昨日私があの黒いバイブでオナニーしている場面です。
    何これと思った瞬間私の背後からAとBが私をおさえつけます。
    何をするの離してと叫んでみても誰一人助けるような人はいません。
    kはたまってんだろ、俺たちが思いっきり楽しましてやるといい
    AとBとCとkで私をぬがせにかかりました。
    4人の男たちにあっという間に裸にされながら、
    体中を8本の手と4つの舌がはいずり回ります。
    AとBは左右の乳首をねちっこく吸ったりなめましたり、
    kはクリトリスを早くもつまんだり、さすったりしています。
    Cは私のおまんこに指を2本出し入れしてるし・・・
    私は抵抗する間もなく、強烈な快感におぼれてました。
    それでも口では「いやっ やめて お願いこんなことしないで」
    と無力な抵抗が続きます。
    Cがやっぱりたまってたんだなみてみろ、
    こんなに濡れて床に水たまりができてるぜ
    といって笑うとkも 
    「ほんとだ、すげえぞ。みてみろよ、クリ豆がもうこんなになってんの
    ほら。ずっとやってなくて欲しかったんだろ?」
    といい前にもましてクリトリスを激しくさするのです。
    私はクリトリスがこすれる快感と、男の太い指2本の
    強烈なピストン運動と、左右でなめかたや吸い方が違う
    乳首の複雑な愛撫 この3つの強烈な快感に一気に上り詰めました。
    「あっあーー いい  あ だめ そこはだめー あーー」
    いつの間にか抵抗するのも忘れ、思いっきり卑わいな声で鳴いていました。
    そして今までビデオをとっていたDがたまらなくなったらしく、
    私の口に大きなペニスをつっこんできます。
    それを見た後の4人はなおさら興奮したらしく、
    すぐにkが私の中に入ってきました。kのものは
    主人の2周りぐらいはあるのかと思うほどの巨漢です。
    膣をこすりあげる激しいピストン運動で私はすぐ絶頂を迎えます。
    kに続きAがアナルに挿入してきました。
    k以上の大きいペニスをアナルがひくつきながらくわえ込むと、
    私は頭が真っ白になりました。
    膣をへだてて二本の大きいペニスが、体の中で暴れ回っているのです。
    15分ほどすると、kがいきそうになったので、
    ザーメンをすべてのまされました。
    ザーメンを飲むためにkのものをくちにしたとたん
    bがわたしのなかにはいってきました。
    今までと違う動きと違う角度にまたすぐに
    絶頂に達してしまう私はもうこの5人の奴隷です。
    そうやって入れ替わり立ち替わり5人の男に
    次々と犯され続け、5時間ほど行きっぱなしでした。
    東京に帰ってからもその5人とは定期的にあっています。
    ビデオに撮られて揺すられているのではありません。
    私の体が、レイプまがいの多人数のセックスでないと燃えないのです。
    こんなわたしって変ですか?
    それからはkをはじめこの5人にいいように遊ばれています。
    でもやめることはできないんです。
    いくら頭でいけないと思っていても、おまんこがいつもほてっているのです。


50  秘密 - 2016/02/21(Sun) 15:39 No.30634
    数ヶ月前、私が不注意から追突事故を日の出来事です・・・。
    私の運転する乗用車がわき見をした際に信号で停車していたトラックに追突してしまったのです。
    トラックから降りてきた中年の男2人は汚れた作業着で、体は真っ黒に日焼けして職業がらかガッチリした男達でした・・・。
    動転している私に
    「おい、降りろ」
    と声を荒々しくあげ私を車外に呼びました。
    最初は酷く怒っていましたが、私が車外に出ると
    「なんだ、女かよ」
    といってつま先から頭まで舐めるような視線で見られました。
    「すみません」
    と謝ると男達はすんなりと
    「ま、ボロいトラックだからいいけどよ。そっちもたいしたことなくてよかったな、今度から気をつけろよ。」
    と以外にもすんなりと許してくれました。

    でも私も申し訳なくて、相手方の連絡先を聞こうと思い声をかけましたが
    「いいって、いいって」
    と優しくしてくれました。
    しかし、私も引き下がらず、あまりの私のしつこさに
    「じゃあ、現場すぐそこだからついて来て」
    と車に乗り込みました。
    私は男達のトラックについて10分ほど走ると港の工事現場に着きました。
    「とりあえず、お茶でも飲んで」
    と言って私をプレハブに呼び込みました。
    中はムワっと汗臭くて工事の道具などが乱雑に置かれていました。
    「先ほどは申し訳ありませんでした、改めてお詫びに参ります。」
    頭を下げて男達に謝ると
    「だからいいって」
    と言いました。
    「でも・・・」
    と困る私をみて男の一人が
    「姉ちゃん、結婚してるの?」
    と聞いてきました。
    「はい。」
    と答えると
    「子供は?」
    とまた聞いてきました。
    「いません。」
    と答えると
    「ところで奥さん・・いい体してるよな」
    と私をいやらしい目で見ながら言いました。
    親切な男の方が
    「おい、やめろって」
    ととめようとしましたが、
    「大丈夫だって、奥さんお礼しないときが済まないみたいだし・・。」
    と会話をはじめました。
    そして
    「奥さん、旦那がいるんだったら男がどうしてもらったら喜ぶかわかるよな?」
    と言ってきました。
    私は事故を起こしてから緊張と興奮で少し錯乱していたんだと思います。
    だって冷静に今思えば、私は一応、4大を出ていい会社に就職して、素敵な夫もいて、世間一般では勝ち組に属する人間だと思っていましたし、こんな汗臭い場所とも男達とも無縁でした。
    「・・・・はい」
    と私は答えました。
    「おお、じゃあお願いするかな」
    と男が言って、窓のブラインドを閉めると作業着のズボンを下ろして机に寄りかかりました。
    「奥さん、頼むわ」
    そう言って私を手招きして呼びました。
    私が前に行くと男はパンツを下げてペニスを出しました。
    前にひざまずき、まじまじと男のペニスに目を向けると旦那の物とは違い、ゴツゴツして色も茶色っぽかったので驚きました。
    私は両手を男の太股に手を当てペニスをゆっくりと口に含みました。
    汗とオシッコの匂いが・・・いえ、強烈なオスの匂いが鼻に抜けました。
    段々と男のペニスも大きくなってくると私は自然に喉の奥まで呑み込んでいたのです。
    「おお、奥さんおしゃぶり上手だね」
    と男は私を見下ろし言いました。
    こんな状況でも私は褒められたことが嬉しくてつい、頬を窪ませて”ジュプ・・ジュプ”といやらしい音まで出して男のペニスに吸い付きました。
    男は私が頭をストロークする度に
    「おおっ」
    と心地よさそうな声を出し、吸い上げる様な呑み込みに男は太ももをピクピクと反応させ自分からペニスを突き出して私の口を犯してきました・・・。
    もう一人の男は、背後から私の胸を揉みしだき
    「奥さんのオッパイ・・・大きいですね」
    と言いました。
    そう言うと、男は私のTシャツを捲り上げブラごと荒々しく揉みしだいてきます。
    あまりに荒々しく揉むので私のオッパイはブラのカップから出てしまいました。
    私の飛び出したオッパイは、ストロークに合わせゆっさゆさと揺れ、後の男は覗き込むようにオッパイを見詰めていました。
    私が、オッパイを揺らしながらペニスしゃぶるとペニスからしょっぱい先走り汁が漏れ今まで見たことの無いほどの大きさに勃起していました。
    「奥さん・・・凄いやらしいしゃぶり方ですね・・」
    と言うと、後ろの男が
    「代わってくれ」
    といってベルトを外しズボンとパンツを一緒にずり下げました。
    前の男が
    「そろそろいいですか? 奥さん?」
    と言うと、後ろの男と入れ替わり、私ををバックからの挿入姿勢にし、私のスカートを捲くり上げパンティーをずり降ろすと、なんの愛撫も無く挿入体制に入りました。
    男はペニスの先で私のアソコの入り口を探すと
    「へへ・・・奥さん・・・凄い濡れてるじゃないですか・・・。」
    と言いました。
    男の言う通り、既に私のアソコは男のペニスを導き入れる事を心待ちにしているかの様に濡れていたのです。
    「じゃあ遠慮なくブチ込ませてもらいますよ・・・」
    そう言うと、男はゴツゴツした大きなペニスに、私の愛液を擦り付けペニスをアソコの入り口にあてがいました。
    ・・・・意外にも男の大きなペニスは、先を膣口に当てがうだけで、私の溢れる愛液と男の先走り液でなんの抵抗も無く一気に”ズリュン”と私の膣に呑み込まれていきました。
    突然の快感に
    「あぁぁん・・・」
    と私が声を出すと、もう一人の男のペニスが口の中に押し込まれてきました。
    私は膣奥まで一気に大きなペニスを挿入され、たまらず男のペニスで栓をされた口で
    「ンンンン・・・」
    と大きく声を漏らしました。
    男が深い挿入状態のまま後ろから両のオッパイを鷲掴みにすると、
    「奥さんの身体は実にいやらしい・・・こんなに柔らかい膣肉の感触味わったことない・・・おお・・いい・・」
    そう言うと、ゆっくりと私の膣の粘膜を堪能するようないやらしいピストンを開始しました。
    柔らかな私のオッパイはそれだけで既に波打ちを始めます・・・。
    はじめゆっくりだった男のピストンは瞬く間にその律動の速度を加速させていきました。
    ”パン・・パン・・パン・・パン・・・・・”
    「ああ・・奥さん、奥さんのお尻・・・柔らかいお尻だ・・・」
    男の強烈なピストンでお尻のお肉までもが波打っていました。
    「このやらしいお尻・・・たまんねえな・・・」
    ”パン・・パン・・パンッ・・”
    「奥さん、もっと突きまくりますよ・・・?」
    後からの男の激しいピストンにブラからこぼれ出たのオッパイが絶え間無く反応しピストンに追従するように激しく揺れます。
    男の獣のような強烈な腰使いのピストンを浴びる度に、私のオッパイとお尻は形が変形する程たわみ・・・いやらしい肉音を響かせています。
    それと力の入ったたピストンの合間には”クチャ・・クチャ”と結合部から男の大きなペニスで突かれる度に、お互いの溢れる液でいやらしく音が出ます。
    私の口に押し込む様にペニスを突き立てる前の男は、ピストンに撃ち震える私のオッパイを・・・お尻を凝視している様子でした・・・。
    私はいつの間にか自分から
    「凄い・・・凄い・・・もっと荒々しく突いてェ・・・」
    と言いながら必死で男のペニスをおしゃぶりしていました。
    男はそれを聞くと今まで以上に一心不乱に大腰でピストンを連発します・・・。
    私は、大きなぺニスを子宮口へ到達するようなピストンで連続で打ち込まれ・・・・ついに夫以外のペニスで達してしまいました・・・。
    「はあぁ・・・イッちゃう・・・」
    男は今にも崩れ落ちそうな私の体を支えながら、尚も荒々しく抜き刺しをやめません。
    しかし男の太ももに射精を予感させる力が溜まっているように感じした・・・。
    「奥さん、俺もイっていいですか?」
    「どうぞ、もうイって下さい・・・・外に出して下さいね。」
    と言うと男は
    「・・・・奥さんの柔らかいお尻を掴んで中で思い切りイキたいんです」
    と言いだしました。
    そして男は息を荒げ
    「いいですか?いいですか?」
    と懇願しながらお尻を鷲掴みにし、さらに狂ったように大腰ピストンを連発し、射精をこらえていました・・・。
    すでに達していた私は男の射精を極限でこらえ膨張したペニスでの激しいピストンに耐えきれず・・・ついに・・・・男に許しを出しました。
    「凄い・・・もうダメ・・・いいわ・・・思いっきり・・・中に思いっきり出していいわよ」
    男はその言葉の聞くと、射精を目指し、さらに数度ピストンに力を入れ、私のお尻を痛いほど強く掴むと後ろからお尻にペニスを身体ごと叩きつけるように深く沈めてついに私の膣内で果てました・・・。
    「ぐはぁ・・はぁ・・ああぁ・・・イク・・・」
    男は、私のお尻を掴み、のしかかる様に深々とペニスを可能なかぎり膣奥まで挿入して・・・そして私の膣内で脈動を開始しました・・・。
    ”ドクン・・・ドクン・・・ドクン・・・ドクン・・・・”
    男はのペニスは私の膣内で力強く脈動し、いつ終わるのかと思うほど長く射精を初めました。
    私は、膣奥に男の白濁液を発射され、腰をピクつかせながらも、もう一人の男のペニスを必死でしゃぶりました。
    男は息が止まる様な強烈な射精を終え、私の膣内からペニスを引き抜き私の前に回りこみました。
    男のペニスは私の膣内で精液と愛液にまみれいやらしく光っていました。
    「ほら、交代だ」
    そう言うと机によりかかり私の口に今出したばかりの精液の付いたペニスを押し込みました。
    私は夫が知らない所で見知らぬ中年の男の大きなペニスでのピストンを生で受け入れ、そして膣奥に射精までも許してしまった事への罪悪間でいっぱいになりました・・・。
    しかし、すぐにもう一人の男の強烈なピストンが開始されると、私はまた声を出して男のペニスを膣内に受け入れました。
    ・・・・ふと床を見ると、股間の下に白濁した液体がたれている所が数箇所ありました。
    こんな膣内から溢れ出すほどの大量の精液を膣奥に出されて・・・・妊娠・・・・。
    私の頭に「妊娠」の二文字が浮かびました。
    しかし猛り狂ったように勃起した男に、何度も精液を子宮まで押し込まれるように突き上げられ・・・。
    オッパイやお尻の肉が背後からの強烈なピストンで波打つほどに突かれて、それでも私は抵抗しようともしませんでした。
    私は自分からお尻を突き出し、背後からの男の豪快な大腰ピストンを受けました。
    おそらく男は私の波立つお尻とオッパイに興奮してペニスは益々、膨張し先走り液を溢れさせながら私の膣奥へ何度も何度も射ち込んでいるはずです・・・。
    そして男は
    「うう・・」
    と低くうめくとひときわ大きく深く突き、そのまま静止し”ドクドクッ”と私の膣奥に 大量の精液を送り込みました。
    男は射精が終わってもゆっくりと大きく何度か腰を動かしていましたが、ようやくペニスを抜いた瞬間、アソコから”プチュッ” という音がしたかと思うと、”ドロドロッ”と大量の精液がアソコから逆流して床に垂れ落ちました。
    これほどの大量の精液を出したのにもかかわらず男達は2度目を要求してきました。
    そして私は男達と変わる変わる騎乗位、バック、座位などで繋がり、夕方まで男達に犯され続けま した。
    しかもすべて中出しでその日私は4回、2人の男から膣内に熱い精液を注ぎ込まれました。
    男達は十分満足したようで、満面の笑みで私を送り出しました。
    白昼夢のような放心状態で私はマンションに帰るとバスルームに一直線に向かいました。
    パンティーを下ろすと真ん中に大きくシミができていて、同時にむせ返るような精液の匂いが漂いました。
    ほんの数十分前に男達が出した精液です。
    私は浴室の椅子に座ると指を膣内に入れ、中に残った精液を掻き出しました。
    指を伝い、まだ暖かい男達が放った精液が浴室の床に垂れました。
    何度も何度も指で掻き出し、ようやく白濁した精液がなくなると透明なヌルヌルした液が奥から溢れてきました・・・私の愛液でした・・・。
    私は男達が放った精液を掻き出すつもりが、あろうことかそのままオナニーをしてさらに快感を求めていたのです。
    そして私は寝室に行きタンスから夫が買ってきたバイブを持ってバスルームに戻るとせっかく掻き出した男達の精液をバイブに塗りたくり、それを一気に奥まで入れるとスイッチを最強にして自分で何度も果てました。
    そしてバイブを抜くとバイブに付いた混ざり合った液を舌で舐め取りました。
    股を大きく広げ白濁液を垂らし、バイブを舐める鏡に映った自分の姿を見て正気に戻ると気が変になりそうでした。
    唯一の救いは妊娠していなかったことです。
    今でも工事現場の前を通ると思い出して濡れてしまいます・・・・。


51  まき - 2016/02/21(Sun) 15:32 No.30633
    この前電車に乗りました。朝のラッシュ時間だったので、
    すごく混んでました。あたしは最初、女性専用車に乗ろうと思ってたんだけど
    乗ってる人が多すぎて、とてもじゃないけど入りきれなかったから、
    普通の車両に乗りました。それで、入ったところの端っこにいきました。
    そりたら、あたしの回りにちょっとヤンキーっぽい人たちが乗っきて、
    電車が動き出してちょっとしたらその人たちに痴漢された。
    複数の人にやられほうだいで・・・・。
    囲まれてたから、誰にも助けを求められなくて。
    アソコに何回も指を入れられたし、胸も揉まれた。その後1人の人に
    「俺らについてこい。ゆうこと聞かんかったらコレ見せんぞ。」ってゆわれて
    携帯見せられた。そこには、多分だけどあたしのアソコが・・・。
    仕方なくついて行ったら、無理やり車に乗せられて着いたところは
    ラブホだった。その後は想像どうり、レイプされておしっこも飲んだし
    お風呂に入らされて、ヤンキ―たちのアソコを1本1本洗わされた。


52  匿名 - 2016/02/22(Mon) 13:03 No.30637
    私はバイト中に客にされました。某ファミリーレストランで深夜バイトしてるんですが、
    とても暇な夜、帽子とマスクをした客が来ました。
    たまに咳き込んでいたから風邪だと思ってたんです。
    そしたらその人はトイレに行った後、私の所に来て、
    「ペーパーがぐちゃぐちゃだから変えてくれませんか?」って言われたんです。
    もう一人新人の子がいたから私は紙を変えに行きました。
    その時、トイレのドアに「清掃中」のふだがかけてあったんです。
    「おかしいな」と思いつつも後ではずそうとトイレに入りました。
    確かに紙は水浸しでした。
    その人が後ろで見ていたので、早く変えようと個室に入ったとき、
    突然その人が入ってきて後ろから抱きつかれ、口にガムテープをはられた後、鍵を閉められました。

    「いつも君を狙ってたんだよ、今は清掃中だから誰もこないよね?」
    私はさっきふだをはずさなかったことを後悔しました。
    「君、脚細いよね」その人は私の両手を便器に固定し、スカートをめくりあげました。
    「んんっ!!んーーーーっ!!」どんなに叫ぼうとしても、声が出ません。
    そんな私を楽しむように、ストッキングを脱がせ、ふとももの内側をなでさすってきました。
    「うわーー、スベスベ。でも君、細身だからオッパイはちいさいかな?」
    その人の手はふとももを離れ、胸をわしづかみにしてきました。
    そのとたん、その人は「あれっ??あーーっ、結構あるじゃん!」と興奮し、
    服の中に手を入れ、ブラをずらし、直接もんできました。
    私は必死に抵抗しましたが、手を縛られ、声もだせないので、効果無しでした。
    「あーーー・・・やわらけーー!いい乳してんじゃん」その人はめちゃくちゃにもんできます。
    私は立ったまま前で手を縛られているので服の中をまさぐる手を防げませんでした。
    その人はかなりの時間「おーー・・・いい・・やわらけー」と私の胸をもんでいましたが、
    そのうちに上半身全体をなで回してきました。
    「すっげーイイ肌してるね、どこもスベスベだよ」といい、服から手を抜きました。
    「マジいいよ、犯させてね」といい、ついにパンティーを脱がされました。
    「きれいなマンコだね」私はさんざんなめられ、「じゃあ・・入れるね」と、
    先をつけられ、必死に抵抗したのに、「いくよ、紀子ちゃん」と、一気に奧まで入れられました。
    「うあっっっ!!すっげぇ・・」といい、私の腰をつかむと、
    「ほっせー腰だね、掴みやすいよ」と、激しく出し入れをしました。
    「ああ・・・気持ちいい・・かわいい子はマンコもいいね・・」と、息を激しくし、
    これでもかというほど突き込んできました。「んんっ!!・・んーーーーっ!!」私は呻くしかありません。
    「ああーー気持ちいい!!あーーしまるしまるっ」その人のあまりの激しさに、
    私の脚をつたって、液が床にしたたっていました。
    「あああっっ!!!いくっ!中で出すよ!いくよっ!出すよ!!」
    その人は私の奧にめいっぱい突き込むと同時に、私の中で果てました。
    「あーー・・気持ちよかった・・・」私はすすり泣いていました。
    犯されてしまったのです。
    「紀子ちゃんも感じてたんだね、パンティーとブラジャーは記念にもらうね。また犯させてね」
    そういうとその人は出ていきました。


53  匿名の女性 - 2016/02/14(Sun) 09:21 No.30617
    中年の女性です
    先日雨降りの夜、スーパーの買い物の帰り道、狭い通りでの事、私のミスで接触事故を起こしてしまいました。

    私の車もそうですが相手の車もドア部分が凹んでしまって、雨が降る中だったから近くの空き地に車を止めて、私の車に相手が乗り込むことになってお互いの免許証の有無とか車の保険の確認とかするはずだったの、ところが私の保険の期限が切れていて無効になってました、その男50代後半の見たことのない人で隣町から用事でこの辺に来たとか言ってました、そして(ドア一枚取り換えると、20万はいる、そして台車をお金がかかる、奥さんアンタ保険切れてるから出せる?)半分脅しに近い口調で私に請求をしてきました、私が少し言葉に躊躇してると男が(私の車はもう古くて、買い替えを考えてる、そこでだ、アンタが我慢できるなら、一度だけでいいからその身体で澄ますことだってできるんだよ? どうだろう?)とあろうことか私の身体で払ってくれと言うんです。

    確かに主人に内緒で修理代は出ないし、また主人に保険の切れてる事をガミガミ言われるのは私としても困ります、そんな私を見透かしてか男が(とにかく一回だけで良いから、アンタが目をつむればすぐ済むことだ、茶碗と一緒で使った後、元に戻せばわからないよ、、だめなら修理代払ってくれよ)と迫ってきた。

    男のきわどい話し方に言葉を出せず下を向いた瞬間いきなり後部座席に押し倒されあっという間に下半身の衣服が男の手で脱がされました、ほとんど抵抗なんてできなかったわ、私の中にこの場面を我慢すれば事故処理は終わると思ったんです、声も出さなかった、暴れもしなかった。

    私の態度に同意したと思ったのかゆっくりとズボンと下着を脱ぎそばに寄ってきて、まず私の身体をじっと見るなり(結構たるんでるんだなこのデッ腹、、尻もデカくて使い込んでるなあ。。。この身体ならそれこそ洗ってしまえば元の茶碗だよ、、心配せんでいい、、、目を閉じていたらすぐ済むわずかな時間だよ)とまず視姦から始まったわ。そのあと全く抵抗しないのをいいことに押し開かれた私の中に指を入れたりしながら勃起の準備が出来ていなかったらしく自身の股間をもしばらくさすった後私に覆いかぶさって来たわ、中に入れられて2分くらいで男はそのまま私の中に出して終わったけど、必死になってる男に途中で(中に出さないでネ、、、外にしてください、まだ駄目です、、外に、、、出してえーー)と訴えたけど聞き入れてはくれずそのまま出された。(アンタ、、もう終わってんだろ、メンス)と見透かしバカにされた言葉を吐きながら腰を動かしていたわ、その時私は本当に腹が立ってきて泣きそうになったが男が離れてくれるのをじっと我慢して待ったの、満足して私の身体から離れた男(これでチャラだな、まあーーよく使いこんだいい000こだったな、、妊娠の心配もないし、車が凹んだのは旦那にばれても俺と000したことはばれないから、アンタもいい思いしただろう、何かしらの声が漏れてたけど?、、これで終わりだ、、じゃあな)と衣服を素早く整え、まだ下半身裸のままでいる私の車を離れどこかへ行ってくれました。

    車の事故、私自身の身体に対する自己<合意レイプになってしまったわ>と大変でした、皆さん気を付けてくださいね、特に子供の産める女性の方は参考にしてください


54  野次馬 - 2016/02/19(Fri) 05:26 No.30621
    俺、レイプ動画大好き人間、それもできるだけリアルで本物に近い映像をネット上に探し求めてる。

    昨年の8月に離婚して今年の2月の初めに引っ越しをしていった45歳の女性のレイプシーンが映ってるのを偶然見つけてしまった、二人の男性に宅配を装って家に入られて一人がカメラを構え、もう一人が女性を強姦する場面の一部始終が撮られてた。。チャイナ系のサイトからネットに流れたものだろう、長い時間かけて撮った映像がカットされて3分の映像にまとめてあった。

    その顔を見て俺はビックリ、4階のあの奥さんだと一目見て解った、よく似た人は世の中たくさんいるけど、俺の部屋は1階で女性の部屋は4階で家の間取りが全く同じだから間違いないでしょう、部屋の真ん中に和室があり障子の扉でほかの部屋と仕切られている、俺は自分がその部屋で妻とセックスしてる同じ空間でまさに事が始まりだしたんだ。

    声を出す暇もなく一人が女性の口をふさぎ後ろ手に縛った後、女性が身に付けていたパンティを口に押し込んだ、手際がいい、カメラが回り女性の青ざめ曇って苦痛に満ちている表情をじっととらえている、男が女性にビンタを一回張り身体を畳に横たわせると、押入れから布団を持ち出し素早く敷いた。

    もう一人の男がカメラを固定して強姦に加わる、後ろ手に縛られ窮屈な格好の女性に一人が股間を割って入り込む、モコモコ男の尻が動き出すともう一人が女性の上着をまくり上げほぼ全裸の状態の胸をまさぐりながら自分の番を待っている、その顔はにやけて鬼畜そのもの、女性は自分がカメラに撮られてることを充分知ってるのか反対を向いたまま、その顔を男がつかんでカメラに向けたパンツの端が口からはみ出て表情が哀れだ、カットして編集されてるから最初の男がどれくらい時間をかけてたかは俺には解らないが、胸を触っていた男がカメラを移動させ後ろに回って射精する瞬間をとらえだした持ち上げられた状態の女性のオマンコの間から精液が漏れてくる、男のゆっくりした出し入れする様子が画面に見える、出し終わるとバスタオルでチンコをふき取る様子も。

    もう一人の男が入れ替わる、終わった男からバスタオルをもらい汚れたオマンコの中をぬぐい同じ動きを始める、最初の男の行為をじっくり見ていて興奮していたのだろう、今度はカットなしの3分程度で射精した、もちろんその様子も同じようにカメラは収まっている、女性から身体を離した瞬間もしっかりと映し出している、カメラに顔が映らないように横を向いたままの女性の両足を縛ると後ろ手の縛った手首とをつなぎ横たわる女性の身体にバスタオルをかけると<これもらっておくからな>とカメラを女性に見せつけ和室の戸が閉まる映像で終わった。

    俺の想像だが、夫が家に帰ってくる間女性は縛られたままの状態ではなかったか?、この夫婦に子供がおらず帰ってきた夫はどんな気持ちだっただろう、察する余りある強姦され、汚された女性を許せなかって離婚したのだと思う、警察が来て夫婦が事件にしたかは俺には解らない。

    長くネットで物色してるとこう言う映像を見ることが出来るのも背筋が寒くなる、強姦事件は多々あるが被害者の生の映像が出回って我々マニアにはたまらないがね。。お気の毒でした


55  秘密 - 2016/02/19(Fri) 10:41 No.30622
    私がレイプされたのは去年の夏です
    その連中が最近になって私に謝りたいとかまた会いたいとか、非常識な連絡が
    くるようになって誰にも言えず悩んでいます
    昨年の春、希望していた栄養系の短大に入学したため実家を離れある地方都市
    で一人暮らしをはじめました
    やっと学校生活のリズムにも慣れた夏休み前に短大で仲良くなった友達に誘わ

    別の大学生が主催するクラブに参加したとき最悪な事件がおきたんです。
    VIPルームの中で1人ずつ紹介された後、飲み会が始まると
    「まだ未成年だから…。」と

    ウーロン飲んでお酒は断わっていたんですが、「せめて乾杯だけでも〜」と
    無理矢理お酒を注がれたんです
    周りを見るともう友達たちも飲んで騒いでいたし、場の雰囲気を壊したくなか
    ったので
    乾杯の一杯だけ飲んで誤魔化そうとしたんですが…
    次々に男の人からチューハイやビールを注がれました
    「可愛いねぇ〜」とか「一緒に乾杯しょっ!」とか煽てられ、つい飲んでしま
    ったんです
    はじめて飲む連続のお酒…
    それが失敗の始まりです
     
    いつの間にか1人で立ち上がることもできないほど飲まされると
    最初横に座っていたはずの友達と引き離され男の人に両脇から抱えられるよう

    肩を抱かれたまま次から次に飲まされていました
    どれくらいの時間かわかりませんが途切れ途切れの意識の中、二次会へ連れて
    行かれ
    そこで二次会の店から途中で数人の男に抱かるように友達を残し
    「酔いをさまそうよ〜」と
    私だけ外へ連れ出されたんです
    (ヤバい!)と
    身の危険を感じ友達の名前を呼んで助けを求めましたが
    「いいから〜いいから〜」と男の声に消されたうえに
    友達も別の男の人達に飲まされていて私の声なんか聞こえないまま外へ
    「帰る〜帰してぇ〜」と
    うわ言のように叫ぶ私に
    「大丈夫だって!ちゃんと送ってあげるから〜」と
    私を抱くように近くのコイン駐車場に停めてあった車の後ろの席に押し込まれ
    ると
    1人だけ男の人が反対のドアから乗ってきたんです!
    (いやっ!逃げなきゃ!」)
    危険だと感じた瞬間!いきなり抱きつかれると強引にキスをしてくるんで
    す!!
    もちろん必死に抵抗しました!
    手を振り乱したり足で蹴ったりワンピが捲くれ下着が見えても気にならない
    ぐらい抵抗しましたが…
    だけど、いつの間にか別の男の人から背後から羽交い絞めにされた格好で
    ワンピを脱がされたんです
    私のあまりの抵抗に外にいた男が乗ってきたんだと思います
    大声で助けを呼ぶ私の口を塞いだり首を絞めたりお腹を殴られたり…
    もう人間とか女性とかの扱いをされず、乱暴されとうとう下着まで全部脱がさ
    れると
    足を広げられ大きく持ち上げられた格好で恥ずかしい場所を見られたり指を押
    し込まれたりした後とうとう犯されました
    頭を床に落とされ足は大きく広げられた信じられないような格好で
    次々に…
    男の人は全員で3〜4人だったような気がしますが途中記憶がなくなってしまい
    その後の出来事ははっきり覚えていません
    意識が戻ったのはベットの上でした
    ラブホだったんです
    私は過去に男性経験はあったけど高校時代から付き合っている彼氏以外はあ
    りません
    だけどアソコはセックスをした後の独特の感覚が…
    夢でなく本当に犯されたんだ…
    しかもベットから降りようと動くとアソコから男の精液が流れてきたんです!
    信じられません!
    彼氏でも避妊してくれていたのに!
    昨日会ったばかりの男の人の精液を入れられたなんて
    「イヤッ!嘘!」と
    思いながらティッシュで拭きソフアの上に散らばっていた下着とワンピを着て
    いると
    私の泣き声に男が起きてしまったのです。
    服を着ている私を見て
    「あれ?帰るの?」と平然と聞いてきます
    私が固まったまま立っているとでいるとベットから飛び出て私に抱きつくんで

    その男は全裸で耳元で
    「ねっ!もう一回!」とキスをするんです!
    「やめてぇ〜」と
    男から離れ睨み付けた私に驚いた顔をして
    「あれ?どうした?まさか昨日のこと忘れたの?」
    それでも私が睨んでいると
    「だって彩乃が誘ったんじゃないか!」と信じられないことを言うんです
    私が覚えていないことをいいことに都合が良い事を言っていると思いました。
    「そんなの嘘!」と
    言いながら逃げ出そうと思い自分のバックを手に取りました!
    「嘘じゃない!証拠だってある!」と言った男
    (証拠?)
    私は逃げ出すことより男が言っている証拠が気になりました
    男は携帯を取ると
    「いっぱい撮ったから…どれにしようかなぁ〜」と
    言いながら携帯をいじっています
    私はどんな写真を見せられるのか足が震えだしました
    「あっ!そうだ!写真より動画のほうがいいか…」と言って
    スタートボタンを押しながら私に画面を向けました
    そこには間違いなく私がベットの上で足を広げ男の携帯を見ながら不気味な表
    情で
    笑っていました!!
    しかも
    『抱れてもいいよぅ』と
    確かに私の声で言っているんです!
    私が愕然としていると
    「もうひとつある!」と
    別の動画を見せられ今度はシーツを握ったままの私…
    男の「気持ちよかった?」と問いかけに
    笑いながら
    『う、うん…』
    「もう一回やろうか?」と言われると
    無言でベットに仰向けになるシーン…
    すると男の声で
    「そんなにセックスしたら妊娠しちゃうかもよ〜」と聞いてくる男に
    無言のまま微笑んでいる私…
    たとえ昨夜、なにか薬とか飲まされていたとしてもこの動画ではわかりません
    私は呆然として思わず自分の持っていたバッグを床に落としました
    すると男が私を抱きしめてきてうなじにキスをしながら胸を揉んできます
    私は頭の中が真っ白になってされるがまま状態です
    男はワンピを捲られて下着の中に手を入れてきました!
    再び脱がされる私…
    (あぁこのまま言いなりにこの男にまた犯されるんだ…)と
    思うと自然に涙が
    だけど男のゴツゴツした指がアソコに届いた瞬間!
    身体に電気が走ったようにビクビクと感じてしまったんです!
    もう立っていられなくなってベットに倒れるとそのまま指を奥まで入れられ
    一瞬でイッてしまいました
    付き合っていた彼氏とのセックスでもなかった感覚です
    しかもそのまま連続で何度もイカされて男の大きなモノを入れらると
    もう意識がなくなるような感覚で激しく突かれ子宮が押し潰される感覚に
    頭が真っ白になって奴隷として付き合うことを誓わされました…。
    そのままチェックアウトタイムを延長させられ男に何度も突かれると
    今までにない空から落ちるような快感を覚えたんです
    結局開放してもらったのは夕方…
    部屋に戻って泣き明かし自分の行動を後悔しましたが、どうすることもできま
    せん
    結局彼氏とは表面上は遠距離が原因と別れましたがこの事件が原因でした
    また、しばらくはこの男に呼び出され関係を続けられましたが夏が終わる頃は
    呼び出しもなくなり私も忘れようと努力していたんですが…
    最近になってまた連絡があったんです
    ラブホの男でなく最初に車の中で犯された連中の1人なんですが
    暗に車でのレイプやラブホでの写真を持っている口調で
    私が呼び出しに応じないとどうなるか分かっているよね?と脅されているんで
    す…
    もう絶対にイヤ!という気持ちがあるのも事実ですが
    あの恐怖の中で犯してほしいと期待している私がいるのも事実です
    一度でも呼び出しに応じたら、連中からは逃げることができなくなるのはわか
    ってます
    先延ばしするために授業で研修が忙しいので今は許してほしいと断ってます
    正直どうしていいのかわかりません


56  私は@レイプされました。 - 2016/02/18(Thu) 01:57 No.30619
    プレス探偵事務所の堀田と申します。
    突然のご連絡お許しください。
    恐喝や、イタズラ目的ではありませんので、ご安心ください。
    私どもの事務所で、ある女性からの依頼で、
    レイプ犯の男性の調査を行い、非合法の筋の方に協力していただき、
    その男性のビデオを押収いたしました。その中に、貴女様の
    メールアドレスとビデオ(レイプ?)がありました。このままですと、
    ビデオが裏ビデオとして流通する可能性があるので、念のためご連絡
    いたしました。もし、お心当たりがありましたら、至急、ご連絡
    ください。また、お心当たりがなければ、まことに申し訳ありません
    が、間違いですので、このメールを破棄願います。


57  久美子 - 2016/02/13(Sat) 11:20 No.30616
    皆さんこんにちは、博多の久美子です。
    少し忙しさから書き込みが滞りました。
    今日は露出とちょっと外れてしまいますが私の職場とそこに
    いる男性達との週末の出来事について書き込みます。
     私の勤めている会社は博多から少し離れた場所に工場兼倉庫兼
    車庫があります。事務所にいると五月蝿い上司や面倒な事が
    降りかかるため工場へ逃げることがありました。
     
     そこでどうでも良いことかもしれませんが玄関マットが汚かった
    ためコロコロを持って掃除をしておりました。汚れが取れる
    度に気持ちが良かったのですがそれに夢中になってスカートの
    中身がお留守になっていました。
     私がコロコロをやっている所から離れた所から男性達が
    集まって何やら井戸端をやっているのです。
    私が気付いてそちらを見ると目線を外すのです。
    (もしやパンツ見られてたかも)
     試しにコロコロを夢中でやる振りをして急に顔を上げると
    数名が逃げ遅れて私と目が会いました。
     次はスカートを押さえながら見せない様にコロコロを
    始めると皆、どこかへ消えていきました。
     それでも掃除も無事終り休憩室でまったりコーヒーを飲み
    ながら時間を潰していると窓の外から男性の笑い声が聞えて
    きます。
     休憩室が2階にあるので階下から声は聞えるのですがそこは
    喫煙者達のために作られた喫煙所でした。喫煙所といっても
    ただ灰皿を置く台と椅子があるだけで雨風を凌げる場所でも
    ありませんが、雨が降っても寒くても喫煙者達はそこに自然と
    集うのです。
     
     そこが男性達の憩いの場なのでしょうか。盗み聞きをして
    いると会社への不満や流行、休日の話などいろいろと
    飛び交っているのです。
     今日も盗み聞きをしていました。
    A「あいつのパンツ見えた?」
    B「見えたばい。黄色だった」
    (( ̄へ ̄|||)やっぱり見られてたか)
     私が聞いているとは思わないのか男性達の会話が広がります。
    C「あいつと飲みに行ったらやらしてくれるらしいって」
    (それはちょっと当たってるかも)
    D「○○課の×××が犯ったらしい」
    (そんな事は無いよ)
    B「まじで一回ペットと姦りたいって」
    A「あいつと飲みに行ったらメッチャ金掛かるばい」
    D「風俗行ったほうが絶対安いって」
    (私も無茶苦茶言われてるな)
     男性が全てこんな人達ばかりとは思いませんが大体、
    私の話題はこんな感じの話が多いと言う事を噂で聞いていました。
     千歳にいる時は男性の間では私のあだ名は「おかず」と
    陰で囁かれていました。その言葉の意味する所は解っています。
    しかしその原因を作ったのは自分だから何も言えません。
     こちらに転勤して私のお酒が絡んだ話が皆に浸透してきたのか
    もしくは関東、北海道の誰かから噂が伝わったのか同じ様なあだ名を
    着けられていました。
    福岡で今の私のあだ名は「ペット」です。
    私の事をペットと呼び馬鹿にしたような彼らの会話は更に
    弾み進んでいきます。
    B「あいつ結構あそこが毛深いらしいって」
    C「武、おまえペットと仲いいちゃろ。上手く呼べって」
    D「適当な飲み会創って呼べ」
     皆から武(タケシ)と呼ばれた男性は春まで私と同じ部署で
    一緒に働いた同僚です。
    武「久美子も飲むの好きやけん、呼ぶけど、どうすると?」
     彼らの雰囲気が先程とは違う気配です。彼らは宴会と称して
    私を呼び出してどうにかしたいようなのです。
    しかし武が常識的な事を言ってその時のお喋りは終了しました。
    武「失敗したら飛ばされるばい」
     その日から私は工場へ行くたびに喫煙所でくつろぐ彼らの
    会話を上の階から盗み聞きしていました。そんなある日の事
    です。
    A「もう我慢出来ん」
    B「見た感じ小学生のくせに乳でかいな」
    C「ペットと姦りて〜」
    D「一回犯ろうか?一回姦ったら何とか言う事聞くやろ」
     彼らの性欲の暴走は止まる事を知らないようです。
    朗らかな昼休みに一服しながら話すような内容ではとても
    ありません。
    信じられませんが彼らは私を強姦する計画をここで決めて
    いるのです。ただの冗談でしょうか?それとも卑猥な猥談
    でしょうか。とても現実とは思えないのです。
     
    武「本当に姦るのか?」
    B「おまえが呼び出したら姦るけん」
    C「もう準備もできとるけん、上手く呼んでくれ」
     「あいつのパンツ見たろ。あれは誘いよると」
     「眠らせたらこっちの勝ちっちゃ」
     彼らの言葉は私の想像を超えていました。
    彼らは本当に私にお酒を飲ませ意識を無くした後、集団で本気で
    犯そうとしていたのです
     彼らの言葉に一瞬ドキリとしました。
    以前、出張先である男性とお酒を飲んで記憶を無くしてしまいました。
    ラインで送られてきた画像だけが私の恥ずかしい記録を
    物語っていました。
     彼らがその秘密を知るはずはありませんが私の抱えている不安の
    一つを知られているのではないかと全身が震えました。
    (もしかしてあの人が誰かに喋ったかも・・・・・)
     ラインで送られてきた私の恥ずかしい数々の画像・・・
    私の痴態を撮り送りつけてきた彼からの連絡が何も無い事が
    逆に不安にさせる時があるのです。
     
    (もしも社内の誰かに秘密を知られたら・・・・)
    (脅されて体を要求されたら・・・・・)
     私は元々、性欲が他の人より強いのかもしれない。
    私がこんなサイトで痴態を晒して悦ぶ女だということを彼らは
    全く知りません。
    彼らは私の傍で私に対して恐ろしい計画を立てていますが
    普段の仕事からはそんな態度を微塵にも感じさせません。
     彼らは個々に良い社員であり家庭に戻れば良い夫であり
    父親でもあるのです。
    それに対して私は男性を自分の性欲を満足させるために利用
    している狡い女です。彼らは私の本当の姿を知らないのです。
     私は彼らに対する警戒心を持ちませんでした。
    逆に彼らの性欲を更に煽るような行動をしていました。
    スカートの中を覗かせて下着を見せたり胸元の開いた服装で
    彼らにおっぱいを見せつけました。
     これから私を陵辱する彼らに対するささやかな抵抗のつもり
    でした。私は私なりにこの状況を愉しんでいたのかもしれません。
     
     仕事中、男性から鋭い視線が送られて以前とは目の色が
    変わった様な気がしました。私の下半身を舐めるように眺め
    胸元を覗き込むように近づき、スカートの中を見ようと正面に
    廻る男性。
    彼らの反応が私を女性として見ていると証明してくれることが
    嬉しくなりました。
    (もっと恥ずかしい事をしたい)
    (もっと私を責め立ててちょうだい)
    心では早く私を犯す日を求めていても決して口には出せずに
    欲求不満の日々を過ごしていました。
    夜、寝室のベッドに横になった私はそっと自分の胸に触れ
    その感触を確かめていました。昔はブラジャーも要らない
    ぺったんこ(?)な胸がいつの頃からか膨らみ始め、走ると
    生意気に揺れるようになりブラジャーを着けるようになってからは
    男子生徒達の好奇の目に晒されているような気がしていました。
     それが今は自分から異性に見られる行為を愉しむように
    なっていました。
    (柔らかい・・・・)
     マシュマロのような感触、若い頃ほどの張りは無く年々
    下がり始め、乳首も色素沈着で黒ずみだしているこの胸に
    どうして男性は興味を持つのでしょう?
     この乳房、乳首に吸い付き、優しく舐め、時には痛いほど
    歯を立てて噛む。ただの肉塊なのに・・・・・
     
     胸を触っていた手はお臍から更に下へ、そして下着の上から
    大切な部分を撫でていました。
     パンティに染みを作り濡れているその中へ指を滑り込ませると
    そこには茂みの様な陰毛が、それを掻き分け割れ目に指を添わせ
    一番敏感なクリトリスを触りました。
    (気持ちいい・・・)
     部屋に一人寂しく私の喘ぐ声が響き同僚に犯される妄想を
    しながらオナニーをしていました。
    (口も・・)
    (あそこも・・・)
    (お尻も・・・・・・)
    (全ての穴を犯して・・・)
     両足が限界まで伸びつま先が攣りそうなほどでした。
    (逝くよ、もう逝っちゃうよ)
     自分が犯される姿に興奮し絶頂を迎えました。
    その日から私は彼らから誘われる日を未だか未だかと待ちながら
    過ごしていました。それからはわざとに肌を露出する服装をしてみたり、
    下着のラインが出るようなパンツを履いてわざとにお尻を突き出す
    ような格好をして彼らを挑発していました。
     しかし全く不安がなかったと言えば嘘になってしまいます。
    心の何処かに引っ掛かるものがあったのです。
     私はそれをある男性に相談しました。
    日時
    件名 今職場でね
    本文
     今、私の職場でよく男性達が煙草吸いながら話してるのを
    仲のいい人から教えてもらったんですけど、
    男の人ってやっぱり同僚の女性とか結構、
    エロで見てると思うんですけど、どうも私の職場の男性達が
    エロ目的で宴会をして女の人の「お持ち帰り」をしたいらしいの
    です。
     そんな話の中でお酒に何か混ぜてそのままやっちゃおうぜ!
    みたいな感じの人が何人かいて、そのターゲットがどうも
    私らしいんです。
     男性は姦れれば誰でもいいのかしら?とも思えるし何故に私?
    とも不思議な気持ちです。
    こんな事書いてますけど、たぶん私、酔って犯られると思います(笑)
     こんな軽いノリで送信してしまったせいか男性も返答に
    困ったと思います。
    私の事をよく理解し同じ様な性癖の女性にも同じ頃、
    相談していました。
     それはこのサイトを通じて知り合ったカップルの女性の
    美穂さんです。
     私の職場、男性達から盗み聞きした内容、出張中の出来事、
    ラインの画像の件までを全て客観的に話しました。
    美「久美ちゃん、もう決めとるやろ(笑)」
    久「何を?」
    美「本心はしたいんやろ」
     私の考えはすでに決まっていました
    彼女は私の考えを見抜いていました。相談では無く私は
    美穂さんに背中を押して欲しいだけだったのかもしれません。
    美「ただね。誘われてホイホイ連いて行ったらいけんよ」
    美穂さんは幾つかの忠告と助言とアイデアを出してくれました。
     同僚の厭らしい計画を知った私
    (知らなければ良かった)
     しかし意外にもこの時の私は冷静でした
    以前ならどうしようかと慌てふためく所ですがこの様な場面にも
    これまでの体験から慣れてきたのでしょう。 それどころか、
    薬を使って眠らせてから輪姦するなんて、正気の沙汰ではない
    のですが、そんな姑息な行為に不快感を感じるどころか
    自分でもこの状況を愉しんでいるくらいですから私も本当の
    変態になってしまったのかと思えるほどでした。
     正直、職場の有りとあらゆる場所に盗聴器をしかけて彼らの
    会話を盗み聞きしたいのが本音で計画の決行の日を待ちわびて
    いました。
    (私を性欲の対象と見ている)
    (私を欲しがっている、私をどうしたいの?)
     この事を考えるたびに胸の鼓動が高まり下腹部が締め付けられる
    感触に襲われました。まるでジェットコースターに乗った時のように
    お腹が下から持ち上げられる様になるのです。
     それなのに私は危機感を持たず毎日彼らと会話を交し彼らに
    陵辱される自分を想像して興奮し彼らにボランティアのように
    触らせてあげても良いとまで思えてしまいました。
    あの計画を盗み聞きした日から何週間が経ったのでしょうか。
    お互いに表面的には何の変化もなく相変わらず仕事に取り組み
    武をはじめ同僚達は何喰わぬ顔で私に接してくるのです。
     
     自分の娘の進学について話す父親の仮面を被ったその裏には
    私を犯そうと計画し己の性欲を満たそうと欲望を抱いている。
    (そんな話をしたって私の裸を想像しているくせに)
    (私は犯せても自分の娘は犯せないでしょ)
     社会に向かって作られた仮面を外した時の本当の男性の姿を
    見るのは愉しみでした。それが自分の裸体を晒すことになって
    でもです。。
    (汚らしい目でもっと私を見下して)
    このお互いの騙し合いがまるで恋愛の駆け引きのようで
    毎日の辛い仕事にも耐えることが出来たのかも知れません。
    私を犯そうとしている彼らは私を女性としてどう扱うのか
    毎日そればかりが気になって仕方がありません。
     
     あの会話を盗み聞きして四度、月末を迎え季節も変わり
    衣替えも終った頃、武から宴会のお誘いを受けました。
    武「久美子さん、今度、工場の人達と慰労会をやりませんか?」
    ついに彼らが武を通じて仕掛けてきました。
    久「いいよ」
     出来る限り平静を装って返事を返したつもりでしたがその声は
    裏返り口の中はカラカラに乾いていました。
     この危険なゲームに参加すれば今まで以上のリスクを負うかも
    しれない。取り返しの付かないことになるかもしれない。
    が、しかし私の心の奥底に隠し続けてきた欲求を満たすことが
    できるチャンスでもある。
    敢えてここは彼らの罠に嵌められる女性になろうと決意しました。
    ただし彼らに主導は渡さない。主導は最後まで私が握る。
    そのために美穂さんから授けられた策がありました。
    久「私の社宅で鍋でもするべさ」
    武「それいいですね。皆に伝えます」
     彼らの用意した会場へは行かない、場所は私の社宅そして
    自分が犯される姿を残すために隠しカメラとPCのWEBカメラを
    設置しました。
     そして武と打ち合わせを行い週末の夜、私の社宅で数名の
    同僚と慰労会を行うことが決まりました。
     ついにその日が来てしまいました。私は予定通りカメラを設置し
    お鍋の道具を用意し自分自身という餌を用意しました。
    時間までに男性達がいろいろと買いだした品を持ち寄っての
    宴会です。
     この日私は千歳にいた頃と同じよう暖房器具を使い室内の温度を上げ
    ノースリーブのロングワンピースを着ただけで下着は履いていません。
    髪も仕事中の様に束ねることもせずストレートにおろしていました。
    いつもとは雰囲気を変えて客人を招きました
     今日、参加した男性は4人と私が予想したより少なくなっていました。
    多ければ良いという訳では有りませんがそれなりに期待はしていましたから。
    参加した同僚は武、バナナ(お笑いの方にそっくりなのです)、
    おやじ(何故そう呼ばれているのかはわかりません)、
    ぺーさん(麻雀が大好きらしいです)の四人でした。
     4人が持ち寄ったお土産が並べられ宴会は和やかな雰囲気で終始
    進んでいきました。お酒の力を借りたせいか普段はできないような
    Hな会話も少しづつ織り交ぜながら時間は経っていきます。
     間違いなく彼らは私の体に興味をもっているはずですが、表面上は
    そんな気配を感じさせません。
    武「久美子この部屋、暑くないか?」
     
     武が口に出した一言が切っ掛けになりました。
    お酒とお鍋の火と暖房のせいで室内は30度近くになっていました。
    久「北海道だと当たり前だ」
    武「熱すぎやろ」
    バ「久美さん、暑くないんですか?」
    久「この中、すっぽんぽんだし」
     この一言が男性達の雰囲気を変えたのかもしれません。
    テーブルを囲んで座っていた彼らは私を挟み込むように座り
    特にぺーさんは私の何が良いのか二の腕に執着したように
    何度も触ってくるようになりました。
     
    お「酒買ってくる」
    徐におやじさんが言いました。
    久「冷蔵庫にまだ入ってるよ」
    台所に行ったおやじさんの声が聞こえます。
    お「冷蔵庫2個あるぞ〜」
    久「小さい方に入ってるべ」
    お「ビールばっかりやないか!」
     我が家にある冷蔵庫の一つはアルコール専用なのです。
    呆れ果てたおやじさんとバナナがコンビニへ出かけました。
    私にはこの追加の買出しがただ大人しくコンビニへ行ったものだとは
    思えませんでした。
     床に転がるビール瓶や空き缶、日本酒の瓶の数が多いのです。
    彼らもここまで私が呑むとは思ってなかったらしく予想外の
    出来事に痺れを切らしたようでした。
     留守番中、武は変わることがありませんでしたがぺーさんの様子が
    変わり始めました。
     二の腕を触っているだけでは我慢できなくなったのでしょう。
    スカートの裾を少しずつ捲りあげ、腿を触ってくるようになりました。
    久「ぺーさん、セクハラだよ(笑)」
     暫くして買出しに出ていた二人が帰ってきました。
    バ「ワイン買って来ました」
    久「適当にグラス持ってきてぇ〜」
     私の目の前にワイングラスが置かれワインが注がれていました。
    バ「久美さん、どうぞ」
    (怪しい、明らかに怪しすぎる)
    お「結構、高かったぞ」
    どうしても私にこのワインを飲ませたいようです。
    武「ほんとに美味いわ」
     先に飲んだ武が感想を洩らしました。
    グラスに並々と注がれたこのワインが危険なことは充分わかっているのです。
    グラスを手に取り口に運びましたがいざとなるとやはり怖いのです。
     これから起こる悍ましい出来事を想像してしまうからでしょうか。
    なかなかワイングラスに口を付けることは出来ても飲むことが出来ない。
     もはや勢いで飲むしかありませんでした。
    ワインの味など私には解るはずがありません。よく解らないものを
    喉に流し込みました。
     四人の視線が私の口元に集中していました。
    (よく解んないけど、美味しい)
    (熱い、熱いよ)
     喉が熱くなり着ている物を脱ぎたくなるような暑さに襲われました。
    空いたグラスには更にワインが注がれ勧められるままにグラスの中身を
    飲み干していました。
    (飲んじゃった、もう後戻りはできない)
     体が重くて呂律が回らない、自分でも何を喋っているのかよく
    解らなくなりました。そんな私の頭を武が撫で回して髪をずっと
    触っているのです。
     あのワインを飲んでどのくらいの時間が経過したのか自分では
    解りませんがそれは後で映像を確認すればいいことです。
    フワフワとした感じから急に体が怠くそして重く感じられ強い
    眠気におそわれたのです。
    目を開けて最後に見た記憶は一番、信用していた武が私のスカートの
    中へ手を入れて私の股間を触っているところでした。
     ガラガラと不快な音で目が覚めました。
    それは床に転がった空き缶をゴミ袋に詰め込む音でした。
    時計を確認するともう朝でした。何時間くらい眠っていたのでしょうか。
    怠い体を起こすと武が散らかった室内を片づけている最中でした。
     ワンピースはちゃんと着ていました。部屋を片付けている武以外の
    三人の姿はありません。
    床で寝てしまったせいで体が痛みました。
    久「うぅぅぅ〜煩い、みんなは?」
    武「帰った」
    久「た〜け〜しぃ〜◎▲※□」
    武「なんて言いよると」
    久「昨日、犯れたやろ」
     彼からの返事はありません。黙々と室内を綺麗に片づける武
    私は自分の体を触って昨夜の狂乱を確認しました。
    口には生臭と苦みが残っています。
    下半身に違和感がありました。それも前にも後ろにも・・・・
    髪にはベタベタした糊のような物が付着し乾いた後、ワンピースは
    着ていましたが不自然な汚れがあちこちに残っていました。
     
    (犯られちゃった・・・・)
     カメラを隠した辺りとカメラを確認するとしっかりと主の
    命じた役目を果たしていました。
    (これが見つからなくて良かった)
    この2つの目がしっかりと昨夜の出来事を記録しているはずですが
    まずはこの気持ち悪さから逃れたかったこともあり先にシャワーを
    浴びて身体に着いた残渣を落とすことにします。
     シャワーを浴びながらあそこの中へ指を入れると分泌物が混じりあった
    粘性のある液体がどろりと流れ出てきました。
    お尻の穴にも強引に挿入した時のような痛みがありました。
    (犯られちゃった・・・・)
     家の主がシャワーを浴び終え部屋に戻った時には散らかった
    部屋は綺麗に片づけられ、流し台にあった食器類も綺麗に洗い
    終わっていました。
     ゴミも袋に分別され昨夜の淫欲の遊戯の証拠は私の汚れたワンピース
    以外、全て処理されてしまいました。
     ただ部屋に戻った私は濡れた髪にバスタオルを巻いただけで
    身体には何も纏わず、裸のままで室内に居ました。
    武の目が点になっている。私の語学力ではそんな表現しか出来ません。
     そうですよね。少し前に犯した同僚が全裸で傍にいるのですから。
    驚きますよね、普通・・・・・
     そんな彼には確か中学生と小学生の娘さんがいたはずです。
    仕事が終わると娘達の部活動と塾の送迎をする良き父親でもあるのです。
    もし夕べの出来事を彼の家族に見せたならどうなるでしょう。
     彼は何処となく後ろめたさがあったのでしょう。部屋を掃除して
    ゴミも全て持ち帰ってくれました。
     
     彼らが帰った後、落ち着いたところで録画を見ることにしました。
    シャワーも浴びて食事を済ませ準備ができたのは午後でした。
    ビデオカメラをテレビに繋ぎ再生すると昨夜の様子が映し出されました。
    私の座った位置の右上辺りから室内全体を俯瞰した映像です。
     飲み始めて1時間はただの宴会の様子を映した映像でした。
    (早送り、早送り)
     途中、二人が買出しに出ていく辺りから再生です。
    私の隣にぺーさんが座り、頻りに二の腕を揉む様に触り続けます。
    自分の二の腕を見ながら、なんでこんなのに執着するのか
    理解できません。ただこの後、私の身体が彼らにどのように扱われたか
    私の興味はそれだけでした。
     例の怪しいワインを飲む、私の映像。
    だんだん意識が無くなり口数も少なくなり眠りそうな私・・・・・
    私の記憶にない空白の時間がいよいよ始まるのです。
     映像の中の私は完全に動きがなくなり首を垂れて眠ったまま
    その場で座って気を失ったようです。
    すると周りにいた四人が私を取り囲み私の顔を覗き込み眠ったのか
    確認していました。
     おやじさんが私の肩を叩き反応がないと更に肩を揺すって
    起こそうと試みました。その様子を固唾を呑んでじっと見つめる三人。
    お「お〜い。起きろ久美〜」
     全く反応しない私のワンピースの中へ手を入れて武が何かを
    確認しています。
    武「ほんとにパンツ履いとらん」
    お「脱がすか」
     おやじさんの号令の元、私のワンピースは脱がされ私は四人の前で
    産まれたままの姿にされてしまいました。
    脱がされた私はカメラへ頭を向け仰向けで寝かされています。
    その私の隠すことが出来ず曝け出されたおっぱいをぺーさんが
    鷲掴みにして揉み始めます。もし私に意識があったのなら痛みで
    拒絶したでしょう。
     しかし彼の乱暴な手で乳房は形が変形するくらいもみくちゃにされ、
    歯型が残るほどに乳首に吸い付き噛みついていました。
    もう一台のカメラが私の左側からの光景を映しだします。
    そちらのカメラには両足を大きく持ち上げあそこを愛撫する武がいました。
    彼の愛撫はただ力で撫でているだけで私がこれまで関係を持った
    男性に比べれば稚拙で雑な愛撫なのが見ているだけで解りました。
    (彼の奥さん、どんな人だろう?)
    自分が犯されている映像を見ているはずなのに私はこの時、冷静に
    武の奥さんのことを何故か考えていました。
     おやじさんは私の唇に何度もキスをしていました。その口元から
    舌が厭らしく伸び私の口の中へ挿入しようとしているようですが
    映像の角度と距離から細かい部分までは見ることができませんでした。
     無抵抗で無防備な私の肉体を同僚は8本の腕と40本の指と
    4つの口で容赦なく攻め立てました。
    缶ビールを飲みながらこの場面を見ているだけでしたが、その唇は
    恐怖なのか悪寒なのか怒りなのか震え心臓は高鳴りました。
     画面の中の私は風に任せて舞う木葉のようでした。
    自分の意志では何もできず男性達にされるがままです。
     彼らは自分の興味のある部分を堪能するように責め、そして
    お互いに場所を移動してはその欲求を満たしていたのです。
    お「もう堪らん」
     ついにおやじさんが今まで耐えていた欲望を抑えきれなくなったようで
    ズボンとパンツを降ろしました。その股間にはおちんちんが勃起して
    いました。それは黒くて汚らしい一本の肉の棒でした。
     
    お「俺は口でするけん」
     そういうと彼は私の顔に架かる髪を払い除け、指で口を開きます。
    その口元に黒いおちんちんを遠慮せず近づけると口の中へ挿入して
    来たのです。
    予想はしていたものの気持ち悪くなり吐き気を覚えました。
    おやじさんは口の中に勃起したおちんちんを挿入すると腰を前後させ
    始めたのです。かなり乱暴に激しく扱われ私の頭は何度も床に
    ぶつかり鈍い音を立てます。
     その後しばらく彼の無言の行動が続きます。
     私の下半身にはバナナが私の両足を抱えて勃起したおちんちんを
    すでに正常位で挿入していました。
    左からの映像には彼の背中とお尻だけが映り私の姿は見えませんでした。
    ただ彼の振る腰の動きとその腰が私の腰にぶつかる音だけが残っていました。
     
     おやじさんが快感の頂点を迎え私の口の中へ精液を射精した
    ようでした。おやじさんの身体が震え私の口から射精したばかりの
    おちんちんを引き出すとその厭らしい肉棒からは白い精液が
    口から糸を引きながら出ていきました。
     私の口元からは涎とは明らかに違う彼の精液が零れ落ちました。
     バナナが腰を振っては動きを止めそして再び動き出すという
    動作を繰り返していました。
     どうやら彼は逝きそうになると我慢するために腰を止めて
    いたようですがそれも長くはもたず僅か5分ほどで終わって
    しまったようです。
     そんな二人の傍でぺーさんはスマホで私の痴態を撮り続け
    私の顔を覗き込んでは一人ニヤニヤと気味の悪い笑みを浮かべて
    いるのです。
     今まで職場で共に過ごした人格とは全く違う彼の行動には
    戸惑いを覚えました。
    カメラのシャッター音が何度も何度も響き、動画の録画音が
    声高々に鳴り響きます。
     バナナが事を終え私から離れると今度はぺーさんが私の下半身へ
    近づきズボンを脱ぎ、挿入を始めます。
    そしてそれに変わるようバナナがスマホで撮影を始めるのです。
     そんなぺーさんも5分と掛からず私の仲へ射精を済ませると
    離れていきます。
    (早いよ・・・・)
    その一言しか思いつきません。
     ぺーさんが私から離れそして武が交代で始めると
    暇を持て余した三人が何やら室内でゴソゴソとしています。
    彼らは私の衣装ケースや化粧ポーチの仲を物色し下着を探し
    私が厭らしいおもちゃを持っていないか等を想像し探している
    会話が録音されていました。
    お「久美子のパンツ探せ」
    ぺ「一番下の引き出し開けたか?」
     下手な空き巣より質が悪いのですが幸い彼らが見つけたのは
    私の下着くらいで私が持っていたアナルプラブが見つからなかった
    のは不幸中の幸いでした。
     私へ挿入し腰を振っていた武もまた短時間で射精してしまった
    ようで私から離れるとティッシュで自分のおちんちんを綺麗に
    拭き取るとそのティッシュをゴミ箱に投げ込んでいました。
     彼ら四人が私を犯した時間はわずか20分程でした。
    それは彼らが満足したのでは無く、年齢による限界だったよう
    なのです。
     しかしそれが私にとって良い結果になるわけでは有りませんでした。
    彼らは意識の無い私の身体をオモチャのように扱いだしたのです。
     ぺーさんの行動は普段の彼からは想像もできないものでした。
    空になったワインの瓶を私のあそこに挿入させると、それを
    何度も抽送させ、私の膣内へ挿入させたまま回転させると
    その姿を見て指を指して大笑いするのです。
     ぺーさんの悪戯は他の人達に煽られてその質を悪い方向へと
    加速させていきます。
     もう一本の瓶を取り出しそれを私のお尻に挿入させようと
    しているのです。
    ぺ「ぶち込むよ」
    ぺ「ケツの穴、破れてもぶち込むよ」
     そう一言誰かに呟くと瓶の先端をお尻の穴へと強引に差し込んだ
    ようで先端が入ったのか更に奥へとねじ込んだのです。
    バ「入りやがった。ハハハハ」
    あまりにも私を馬鹿にしたような態度が不愉快でした
     四人の好奇の目は私のあそこと肛門に刺さった二本の瓶に
    向けられているようで彼らは代わる代わるその瓶で私の秘密の場所を
    蹂躙し続けました。
    とにかくしつこいのです。
     やがておやじさんが私のお尻に刺さった瓶を引き抜くとそれを
    徐に私の頬へと押し当てました。
    (まさか、嘘でしょ・・・)
     嫌な予感がしました。そしてその予感が当たりました。
    私の顔に押し当てられた瓶は頬から口元へそして唇へと当てられ
    最後に口の中へと押し込まれていました。
     それはお尻の中へ挿入されていたものです。
    急激な嘔吐感と胃から挙がってくる物で呼吸が止まりそうでした。
    再生を中断しトイレへと駆け込むと嘔吐だけでなく涙と鼻水が
    止まりませんでした。
     もう何も出せない状態に為ったときにはフラフラでした。
    (もう、やだ。見たくない)
    ふらつく足で部屋に戻ると先ほどはもう嫌だと想った録画記録を
    再び再生させてしまうのです。
     
     彼らは屋内で見つけた異物でそれなりの大きさ、太さ、長さが
    あるものなら手当たり次第に私の下半身へと挿入させていたのです。
    (遣り過ぎだわ・・・・)
    (酷い、こんなの酷すぎる)
     画面に映る女性が余りにも哀れでした。
    どれほど彼女の肉体を弄べば気が済むのでしょうか。
    このまま永遠に続き終わりが見えないと思った頃です。
    武「もう一回くらい犯るか」
     回復した彼らの下半身には再び勃ったおちんちんが聳え立ち再び
    私を犯そうとしていたのです。
    彼らの興奮が高まっていました。
     その後、私の「肉体」は四人からもう一度ずつ犯されました。
    私のあそこは彼らの玩具で挿入されては射精されていました。
     そして彼らは乱暴に私の体を起こしたり寝かせたり、髪を鷲掴みで
    引っ張り、俯せにされた時は顔を床にぶつけられ擦られても
    気にせず物として扱うのです。
     目覚めた時に下半身に違和感を感じた訳が映像を見てはっきりと
    解りました。しかし画面の中の私は穏やかな寝顔で犯されているのです。
    泥酔し抵抗できない時、こうなる事は経験し解っていました。
    悩んだところで今はどうにもなりません。
    お「すっきりしたばい」
    バ「嫁にはこげん事できんな」
    脳天気で好き勝手なことを言っています。
     彼らは自分の体内に貯まった欲望と毒素を吐き出すと私に服を
    着せ室内の掃除を始め、粗方片付け終わると武だけを残し帰って
    行きました。
     こういう結果に為ることは概ね解っていました。
    私自信が招いた、記憶のない空白の時間の真実を知った私に
    一度くらいなら私の事を弄んでもいいからと後腐れは全く
    ありません。
     それどころかこんな事をされたと知った後なのに私のあそこは
    ムラムラとHな感じが込み上げてくるのです。
    どうしてなのか自分でも解りません。
    否もう一人の正直な久美子には解っていたでしょう。
    私は自分が犯される映像を見ながら自分自身の指で自分の大切な
    あそこを慰めそして逝ってしまったのです。
     
    (この夜、犯されたのは私じゃない・・・)
    (犯されたのは私の「肉体」だけ・・・・)
     休日が明け出社した時、彼らは普段の彼らに戻っていました。


58  私は@レイプされました。 - 2016/02/11(Thu) 13:51 No.30614
    掃除

























    .



















































    .
















































    .





















    .




































    .

































    .










































    .























    .









































    .






































    .












































    .
































































    .























































    .






















































    .











































































    .





















































    .






















































    .

























































    .

































































    .









































    .













































    .


59  私は@レイプされました。 - 2016/02/10(Wed) 23:47 No.30613
    掃除

























    .



















































    .
















































    .





















    .




































    .

































    .










































    .























    .









































    .






































    .












































    .
































































    .























































    .






















































    .











































































    .





















































    .






















































    .

























































    .

































































    .









































    .













































    .

    レスを書く


60  私は@レイプされました。 - 2016/02/10(Wed) 23:39 No.30612
    掃除

























    .



















































    .
















































    .





















    .




































    .

































    .










































    .























    .









































    .






































    .












































    .
































































    .























































    .






















































    .











































































    .





















































    .






















































    .

























































    .

































































    .









































    .













































    .

    レスを書く


61  私は@レイプされました。 - 2016/02/10(Wed) 18:26 No.30611
    掃除

























    .



















































    .
















































    .





















    .




































    .

































    .










































    .























    .









































    .






































    .












































    .
































































    .























































    .






















































    .











































































    .





















































    .






















































    .

























































    .

































































    .









































    .













































    .


62  私は@レイプされました。 - 2016/02/10(Wed) 18:25 No.30610
    掃除

























    .



















































    .
















































    .





















    .




































    .

































    .










































    .























    .









































    .






































    .












































    .
































































    .























































    .






















































    .











































































    .





















































    .






















































    .

























































    .

































































    .









































    .













































    .


63  - 2016/02/10(Wed) 13:28 No.30609
    何してるんだ!
    俺の廃墟の小屋で
    輪姦してやるぞ!


64  吉田鈴江 - 2016/02/03(Wed) 10:24 No.30607
    主人の長期タイ出張中に、義弟に犯されました。定職を持たない薫さんとは疎遠でありましたが、主人のお父さんが交通事故にあ居お見舞いに行った病院で偶然一緒でした。その時に主人の長期出張を知る事になり、そ日も誘われましたが「また今度」と拒否しました。その後に何度も誘われ、無碍にもできずお食事をしました。中華料理店で紹興酒を飲んだ事もあり、少し酔いました。懸念していた通り、半ば強引にホテルへ。抵抗しましたがダメでした。主人には経験した事のない悦びに、一夜を薫さんに過ごしました。


65  狙われています4 - 2016/01/12(Tue) 22:26 No.30472
    なんだか知らない間にいっぱいになっていたので新しく作りました。


66  ともこ - 2016/01/28(Thu) 05:51 No.30603
    今日の午後3時にハチ公前に立っています、誰か私をめちゃくちゃに犯して下さい。年齢28歳、スリーサイズ88*60*78です。黒い鞄を持っていますので。服の色は?ひざ上25センチのミニで生足だから見つけてね。
    単独、複数は問いません。


67  ゆり(高3) - 2016/01/22(Fri) 17:11 No.30592
    うちはエッチが好きですがずいぶん前にこんなことがありました。
    10月の半ばの週末に暇で出かけたときのことでした。
    その日は少し暑かったので上は半袖のシャツに軽いはおりものきて、下はホットパンツ履いて出かけました。

    公園のベンチで休んでたら隣に変なおじさんが座ってきていきなり太ももを撫で回してきました。
    「もー10月だよ?普段からこんな短いの履いてムチムチの太もも出してんの?」
    鼻息が荒いまま話しかけてきて
    「そーいうわけじゃないんですけど今日はあったかいんで」
    と答えました。
    それでもおじさんは太ももを撫で回し続け、手を太ももの間に入れたり、揉んだり、体勢を変えて裏ももも撫で回してきました。
    しょーがなくおじさんの言いなりになってたら急に裏ももを舐め始めてきました。
    「ちょっとなにするんですか〜」
    あまりにもびっくりしておじさんに言いましたが無言で太もも舐め続け「女子高生の太ももはいいねー」
    と言ってべちょべちょになめまわしました。
    最初は嫌でしたが感じてしまいなにもできませんでした。
    最後にお尻も撫で回されて叩かれて終わりました。
    「じゃーね可愛い子ちゃん」
    そー言って顎を撫でられ消えて行きました。

    れいぷではないですが、こんなことを体験したので書かせていただきました。
    うちらJKの太ももってどーなんですか?
    それもちょっと疑問に思ったんで是非意見も聞きたいです!


68  ゆり(高3) - 2016/01/22(Fri) 17:07 No.30591
    うちはエッチが好きですがずいぶん前にこんなことがありました。
    10月の半ばの週末に暇で出かけたときのことでした。
    その日は少し暑かったので上は半袖のシャツに軽いはおりものきて、下はホットパンツ履いて出かけました。

    公園のベンチで休んでたら隣に変なおじさんが座ってきていきなり太ももを撫で回してきました。
    「もー10月だよ?普段からこんな短いの履いてムチムチの太もも出してんの?」
    鼻息が荒いまま話しかけてきて
    「そーいうわけじゃないんですけど今日はあったかいんで」
    と答えました。
    それでもおじさんは太ももを撫で回し続け、手を太ももの間に入れたり、揉んだり、体勢を変えて裏ももも撫で回してきました。
    しょーがなくおじさんの言いなりになってたら急に裏ももを舐め始めてきました。
    「ちょっとなにするんですか〜」
    あまりにもびっくりしておじさんに言いましたが無言で太もも舐め続け「女子高生の太ももはいいねー」
    と言ってべちょべちょになめまわしました。
    最初は嫌でしたが感じてしまいなにもできませんでした。
    最後にお尻も撫で回されて叩かれて終わりました。
    「じゃーね可愛い子ちゃん」
    そー言って顎を撫でられ消えて行きました。

    れいぷではないですが、こんなことを体験したので書かせていただきました。
    うちらJKの太ももってどーなんですか?
    それもちょっと疑問に思ったんで是非意見も聞きたいです!


69  聡美 - 2016/01/19(Tue) 15:09 No.30585
    私は32歳で、子供無しで、一回り上の夫と再婚して
    半年
    去年の夏に夫が部下を2人連れて2次会と言って家に連れて来ました
    夏だったから服も透ける感じだったのがいけなかったかも?
    年末 忘年会の帰りに、また前の二人を連れて来ました
    1時間したころ、私が台所にいるときに襲われました
    え!何なの?
    やめてください
    「あんたの旦那は起きないよ」
    「眠らしたから」
    「夏に会ったとき、俺らを誘ってたろ」
    そんなこと・・・  やめて!
    ワンピースが引き裂かれる音・・・
    あっと言う間に 体は露出されて 全裸!
    携帯のシャッター音です
    「綺麗な体だね」「いいおっぱい!」
    後ろからと前から攻められて  指でかき回され
    後ろの男性は羽交い絞めする感じで乳房を揉んできました
    「奥さん濡れてきたね」「気持ち良いんだろ」
    指が2本になり中でかき回してきて
    私、腰砕けに・・・・
    感じちゃったのです
    手にペニス  口にもペニス
    交互に銜えさせられて 涎がでてきてました
    食台に寝かされて 挿入!!
    激しいピストン  あ!だめ〜 だめ〜〜
    その間もシャッター音です
    SEXシーンをもう一人が撮ってました
    ピストンも早くなり
    私は必死に、やめて  中は・・・お願いしました
    おお〜〜って声で抜き、口に出してきて一安心!
    「今度は俺だ」
    口に前のペニスが入ったままの状態で
    後ろから挿入されました
    腰を両手で持ち、がんがん突き上げてきます
    もう体はふらふら状態 
    気がおかしくなりそう!
    その後、覚えてなくて  気を取り戻したときは
    2人は居なく  あそこから大量に精液が垂れてきてました
    夫に毛布を掛けて
    私はシャワーを・・・
    シャワーから出るとスマホに着信音
    私の犯されてる場面が送られてきました
    次に朝  何も言えません
    夫に言えばばらす!また、おもちゃに遊びに来るとも書いてありました
    でも、今までに無い快楽だったのも本音です


70  人妻 - 2016/01/14(Thu) 09:56 No.30512
    私は26歳の主婦です。
    旦那とは共働きなんですけど
    結婚してから、ちょうど1年がたちました。
    旦那は不規則な仕事をしていて
    なかなか家に帰ってこなかったんですけど
    一緒にいる時は私のことを大切にしてくれてたんです。
    だから、私も彼のことをすごく愛していたんです。
    でも、最近様子が変で…。
    普段、帰れない時は連絡とかが
    あったんですけど、最近は全然なくて。
    しかも、電波がつながらないんです。
    それってきっと携帯の電源をきってるってこと
    、後ろめたいことをしてるってことですよね。
    浮気してるって考えた時に
    もうどうでもいいって感じになりました。
    そんなときに友達と喫茶店でお茶をしてたら
    「人妻クローバー」のことを聞いたんです。
    友人は
    「やっぱり結婚ってするもんじゃないよね」
    なんて軽くイヤミを言いながら、今付き合ってる彼氏のことを教えてくれました。
    なんでも、彼と出会ったのは
    「人妻クローバー」がきっかけだったらしく
    写メを見せてもらったらなかなかのイケメン
    彼女の話では、合コンとかで知り合った男だと
    本当にその人の本性なんかがわからないけど、
    人妻クローバーだと、じっくり相手とコミュニケーションがとれて
    お互いのことが理解できるから、付き合いも長続きできるって話でした。
    そうやって教えてもらった人妻クローバーで男性を探しはじめました。
    女性ってだけで、たくさんの男性の方にアプローチをもらいましたが
    みんなsexしたいって気持ちが前に出過ぎてて、正直イヤでした。
    でも、そのなかで真剣に女性と仲良くなりたいという人がいて
    メル友になることから始めてみようという相手がいたのも事実です。
    その人は23歳の職人さん。
    どうも彼女にふられたばっかりで、心から親しくなれる女性を探していたそうです。
    どこか私に境遇が似てるな…って思ってついついメールを開始。
    私が年上ってこともあって、彼の方がなんでも相談してくれました。
    旦那は仕事の愚痴も言わない人だったんで
    一体感に欠けてたんですが、彼との関係はなんだか
    新鮮みがあって、私自身もうれしくなってしまったんです。
    そうこうしてるうちに直に会ってみることになったんですが
    メールで想像する人に違わず、凄い誠実な人でした。
    若いのに、始めて会ったときもhなことにがっつかず
    心から仲良くなれそうな雰囲気を持った人でした。
    それ以来頻繁に逢うようになり、今では
    その彼とのsexに夢中!!
    彼はとてもやさしくて、なんというか・・体の相性もとてもいいんです。
    その彼の職人さんらしいゴツゴツした手で体中愛撫されるともう・・。
    「私を犯してください!」
    と絶叫しながら、何度も体を求める自分がいます。
    「sex好き」だという事も自覚した上に、
    旦那との離婚すら考えるイヤな女になってしまいました。
    でも人妻クローバーでの出会いは後悔は全くしてません。


71  リサ - 2016/01/14(Thu) 15:59 No.30518
    私はその時13歳でした。
    父が単身赴任、母は医療関係で働き三人家族でした。

    事件は夏休みの塾の帰り道に起こりました。
    私は夜勤の母と一緒に私の晩御飯を作り、


72  性処理専門メス猿肉便器 - 2016/01/12(Tue) 03:15 No.30460
    公園で一息

    トイレ近くで街頭の当たる下のベンチで
    コートの前を開けてミニキャミだけの状態で
    脚を肩幅くらいにして浅く座ってたら

    優しいおじさまが「風邪ひくよ」って通過
    次の30代前半の4人組が
    「おい、ノーパンじゃね?」「飲んでてやられたのかな」
    「ちょっとマンコ丸見えで勃起するんだけど」
    「見に行くか?寝てるかな」っと聞こえて来て
    ドキドキしてました、輪姦されるかもって・・・

    そして4人で取り囲んでちょっとイケメンが両ひざに手を置いて
    そっと開くと「おおお、やられてねーな」「でも濡れてるから外出しだったかな」
    と聞こえて来てもう1人がオマンコを両手で開くと
    「濡れてるぞ」「おいやっちまうか?」「やべーだろ」
    「じゃぁ見るだけ見させてもらおうよ」っと私を担いで
    すぐ横のトイレに連れていかれて

    手洗いの上にM字開脚で座らされ、オマンコ弄り始めた
    覚悟は有ったけどドキドキが止まらない
    でもただオマンコ弄るだけだったので

    私が「あぁ〜トイレに行きたい」って譫言の様に言ったら
    「よしよし、連れて行くから掴まりな?」

    私は素直に掴まると個室に座らされて
    「いいよ出しなよ」だってw
    「マジで変態だぞ起きていたらww」「やりてーな」
    「口に突っ込んでやめとけ後々やばいからな」
    っておしっこはジーット見られていました
    これは露出してても恥ずかしいけど感じて来た

    おしっこが終わると拭いてくれなかった(´・ω・`)
    その点、昨日のコンビニの店員の方が律儀だった

    でもその後、1人だけ我慢できない人がいて
    いきなりオマンコを手で弄りまくって
    グチャグチャ音がする中

    「俺中出しするわ女いないから溜まってんだ」
    と言いデカいチンポが入ってきて
    それと同時に、口にも入ってきて上下にチンポwww

    頭を両手で掴まれて前後に振ってきてあっという間に
    ドロドロの精子を吐く事もできず
    全員のチンポ咥えて精子飲まされた

    「ほら薬を飲めよ、便所女w」
    「マジやばいなこんな女いるんだな」って言われているうちに
    めっちゃ感じて来て「イクーーーーー」って叫んじゃった

    「オマンコにも薬やるから出すなよ」
    「孕め」
    「溜まってから濃いぜ、後の掃除もしとけよ便所女」
    「うっ!」って聞こえた
    っと思った瞬間熱い精子が子宮に堪らない興奮でした

    同時に私も逝き全身の震えが止まりませんでした

    「またこの時間にここに来いよな今度は輪姦してやるからさ」
    「便所女、また後のにやられっぞ」

    好き放題言ってたら1人が

    「やっぱ俺も入れるわ」
    ただ終電が近づいていて
    「おい乗り遅れるぞ」っと一気に去った

    大股開きのまま手洗い場に放置されてました
    腰が抜けるほど逝きまくっちゃった

    今日はゆっくり寝れます


73  私は@レイプされました。 - 2015/12/16(Wed) 02:28 No.30248
    後輩の残業の手伝いをしてたら、お礼に食事を御馳走します…との事で、お言葉に甘えることにしました。

    食事へ行き、その後、寄りたい所があるのでちょっといいですか?
    という事で、許したら想定外の事態に。
    車の中で手を握られたりで、少しずつ怪しい雰囲気になっていきました。

    ホテルに連れてかれてしまいました。
    しまった…年下でも男なんだ…と改めて認識させられた瞬間でした。
    こんな所で叫んだって誰かが助けてくれる訳もない、手を引かれて部屋に引っ張られました。

    部屋に入ると即入口で、キス攻撃から始まりました。
    口の中に舌入れられました。
    上半身脱がされ、ベッドの上に抱き抱えられ、ブラジャー取られ胸揉まれ、乳首吸われ、次いで下半身も脱がされ、完全に全裸にされてしまいました。

    挿入は阻止出来ましたが、「頼む、クンニだけでもさせてくれ。」と駄々こねられ、仕方なく舐めさせました。
    その時はもう放心状態でまな板の上の鯉でした。

    指入れられたり、オッパイやアソコを舐められたり、まさか後輩のペニスまで咥えさせられるとは……顔面騎乗位でペニスを口に突っ込まれました。
    この子が入社してきた時、こんな想像した事ありませんでした。

    想像どうり先輩素敵な体してる…と言われました。
    以前から想像されてたみたいです。

    男というもの、男の怖さを勉強しました。
    1人で男性に付いて行ってはいけませんね?
    男の罠にハメられてしまったらもう、ひとたまりもないです。
    まるで蜘蛛の巣ですね?


74  竹中静香 - 2010/12/16(Thu) 23:47 No.14782
    ようをたしている所をたまたま発見してしまい、モラルを考えて注意しました。
    その職人は、トイレの数も少いし工事を上のフロアでしてて、いちいち四階上まで登ってられっかよ!とくってかかってきたので、私はすぐ様無線で上司の監督に連絡しました。すぐに、上司の現場監督がエレベータで駆けつけ、その場は、ことなきを得たのですが、はらの虫が、治まらない職人は私をにらみつけ、お前!覚えとれよ!と言い残し自分の仕事のエリアに戻って行きました。
    上司の現場監督は、土方や、職人はバカばかりだから気にしない!気にしない!さっきのヤツも、今日仕事終りに立ち飲み屋にいって一杯酒飲んだら覚えてないくらい、単純でバカだから気にしないで、仕事しろ と言い残して事務所へひきあげていきました、
    私も働く以上、いろいろ有るか〜ファイト!ファイト!と自分に言い聞かせて自分の仕事に戻りました。
    そんなちょっとした、トラブルも、すっかり忘れてた頃、私は建築現場まで電車で通勤してるのですが痴漢にあいました
    はじめは、何か私のスカートの後ろに当たるものがあるなぁ位に思っていたのですが、だんだんとかたくなり、その押し付けるものが男性器だと分かり、私は、おしりを振り払い、しりぞけました。私の後ろなので、顔は分からないし、気持ち悪いので早く駅に着く事だけを考えてました。でも、その痴漢は、今度は事もあろうか私のスカートの後ろから手を入れパンティーのなかに入れ、私の秘部を荒々しくまさぐってきたのです。
    私は恐怖と恥かしさで何もできず男のなすがまま、陰部をネチネチと触られて、遂には子宮に太いささくれた指をねじこまれてかき混ぜられました。意思とはうらはらに、私の秘部は、周りの人に聞こえそうなほど、くちゃくちゃとやらしい音をたてさせられていました。私は立っているのがやっとの思いで必死に我慢しました。そうこうするうちにやっと駅に着きました。私は男の手を振り払い、汚れた私の秘部を拭くため、いつもは、行かない駅のトイレに飛込みました。おぞましさと惨じめさで、泣きそうになりながら、職場への時間を気にしながら、痴漢に汚された、私の大事な部分を綺麗にふいてドアを開けた瞬間、ものすごい勢いで、トイレの個室に戻されました。すぐ様口にガムテープを貼られ、羽交いしめされました。
    そこには、何週間か前に注意したあの現場の職人でした。その職人は なんやかんや言っても、お前さんオマンコいじられたら、ぐちょぐちょになってるじゃねぇか!そのまんまじゃ火のついた女の身体じゃあ仕事になんねぇから俺が火照りを消してやるぜ!と言って、私のブラウスの前をはだき、ブラジャーを剥ぎ取り私の乳房をなめ回しながら、立ったままで、いきり立つ男根を私のまだ、拭きとっていない汚された秘部に一気に根元までブチ込んで、ゆっくりと腰を押し付けると、へっへ、これが欲しかったんだろ?俺のちんこをキュウキュウしめつけてやがるぜ!さっき電車の中でも、俺の指を締め付けていやがったからな!このスケベ女が!と口汚く私の耳を舐めながら、言いました立ったままで、私の片足を上げていきり立つ肉棒を突き立てる行為が暫く続くと、今度は私をトイレのドアに手を付かせて、ほら!尻を突き出せ!バックでヤってやるから!と、私の愛液でドロドロになった肉棒を一度私のスカートでふき、一気に私を後ろから、貫きました。男はわたし後ろから突き立てながら胸に手を廻し私の乳房を乱暴にこねくり回し、卑猥な言葉を私の耳を舐めながら、つぶやき続け、だんだんと腰をフルスピードを早め私の中に大量の体液を放ちました。事が済んだのち、私の下着で自分の一物をふきながら、お前さん、こんな事が現場で知れ渡ると、もう監督として仕事できんようになるでと言って、私の犯された後の惨じめな裸の写真を自分の携帯に取り込んて、その場を去りました。
    その日は仕事になるはずもなく、体調不良を理由にしばらく現場へは行きませんでした。あれこれ上司や、仲よくしていただいた職人さんが励ましの電話をいただき、いつまでもこうしてはおれんと思って職場復帰しました。
    しかし、ソレは甘い考えでした。さっそく、私が職場復帰した事を知った、私をレイプした憎き男が、へっへ、待ってたぜ、また溜まっんだ、抜いてくれよ!といやらしく、口汚く言い寄ってきましたが、私がムシを決め込むと思っては、あっ、そ!じゃぁしかたないか?とつぶやき、その場を去りました。私は警察には、訴え無かったけど、きぜんとした態度を見せれば、助かるんだ、と思いました。
    しかし、その男の卑劣さには私のちっぽけな正義感は通じませんでした
    次の日、現場は、五時頃に終るので、最後の循環に廻ったとき、物陰から男が三〜四人飛び出してきて、私を現場のシャフト内に引きずりこみ、両腕、両足を抑えられ、口にはタオルで猿ぐつわをされました。目を開け見上ると、あの男が立っていました。
    ほら?あんたが、冷くするから、仲のいい職人にあんたのステキな写真みせたらさ、みんなもヤリたいって聞かないんだよ!
    私を抑えている男達は、ホコリだらけの汗とタバコと酒の匂う野獣の集りでした。
    今日は土曜で現場は、明日休みだから、たっぷりたのしもうぜ!ここなら(工事現場なら)いくら騒いでも聞こえねぇしよ!
    と男達は、言い、我先と、いきり立つ肉棒を私にブチ込み、穴と言う穴に体液を出し、またビデオを廻しました。
    男達の卑猥な言葉と臭く汚い汚れた身体で全身を抱かれおもちにされ、月曜日に保護された私は、いまだに病院のベットにいます。奴らは指名手配中ですが、住所や家族も不明の浮浪者です。もし、捕まったとしても、私の傷は元に治る事はありません、


75  希美 - 2015/12/22(Tue) 18:43 No.30297
    30歳の既婚者です
    先月に3人組に回されました
    写メを撮られ、撮影もされました
    その後、2回呼び出されて回されています
    いつまで続くのでしょうか?

    認めたくないけど、2回目は繰り返しイカされました


76  リリリ - 2016/01/13(Wed) 01:26 No.30474
    ドキドキのレイプ物教えて?


77  さとみ - 2015/12/08(Tue) 16:21 No.30207
    27歳 結婚3年目  夫と毎週エッチしてるけど
    まだ恵まれません
    夫は 月曜の朝、早く出かけて、土曜日に帰ってきます
    単身赴任みたいな感じです
    寂しいとき、オナニーしてるのです
    それを隣の住人で大学生に見られてたのでした

    マンションの3階なので、 まど鍵かけてなくて
    オナニーに夢中になってたの
    「奥さん」と声をかけられたとき、もうびっくり!
    なぜ?数秒 呆然
    すぐ気を取り戻し、服で前を隠しました
    けど大学生はズボンを脱ぎ ペニスを出してきました
    「いつも奥さんのオナニー見てるし、裸も見てました」
    「オナニーだけじゃ満足しないでしょ」
    ペニスは反り返り 夫のより 大きい!
    口に当ててきたけど 拒否しました
    「奥さんのオナニー写真ですよ」
    携帯の画面を見せられました
    私は消してください  お願いしました
    私のオナニー写真  すごく いやらしく見えて
    逆に私が興奮しちゃいました
    夫のより大きな物が、まだ顔の前・・・
    手を取られて握らされ 擦るように指示され
    さらに少し大きくなった感じ?
    強引に口の中に押し込まれ 勝手にピストンされました
    息ができない  それでもピストンされ
    酸欠状態になり  跳ね除け 倒れてしまいました
    苦しき うつぶせ状態のところを  後ろからクリを触られ
    指と舌でいじられて、感じてしまいました
    もう大学生にされるまま 全裸にされて
    とうとう入れられてしまいました
    すごい大きい 奥深く入ってきて膣に当たりました
    夫のエッチより気持ち良い・・・
    そして騎乗位 頭に電気が走り感じで 
    たぶんすごい気勢上げてたかも?
    何回も突き上げられて 私気を無くしました
    頬を叩かれて 気がつきました
    逝っちゃったのですね
    SEX中の私を撮ってました
    携帯の動画を見せられたけど。とても見れなかったわ
    大学生の性処理 させられるけど
    エッチで逝かされたほうが  私の気持ちが揺れてます


78  真由美 - 2015/12/26(Sat) 20:33 No.30344
    新しくたちあげまさたちあげ立ち上げました。お正月休みは主人がいないから暇です。ひろきさん、強姦さんどちらが早いのですか?


79  犯されても感じてしまう敏感な躰・・ - 2016/01/04(Mon) 08:43 No.30399
    敏感でイキ易い感度の良い躰なので、見知らぬ男にでも胸を舐められたりクンニされただけで恐らく感じて喘いでイキまくると思いますが、男性は犯されても感じてしまう女性に更に興奮しますか?因みにアラフォーの主婦ですが、犯してみたいですか?


80  私は@レイプされました。 - 2016/01/07(Thu) 19:33 No.30419
    食事をして後、飛行場の夜景を見に行きました。
    車から降りて見ていましたが、しばらくして、寒くて車に戻ると、助手席のシートが少し寝かされていたので、シートを起こそうとレバーを探してる最中、彼に名前を呼ばれて「な~に?」と振り向いたら、いきなりディープキスで迫られました。

    そのままシートをフラットにされ、上に乗っかられました。
    車のシート上は身動きが取りにくかったです。
    されるがままでした。

    まさか車の中で全裸にされる事になるとは、家を出る時、思ってもみませんでした。

    好きな人ではあるので、拒否してはいけないのか分からなくて、でも、心の準備も全く出来てなくて、少し泣いてしまいました。
    アソコ舐められるのも初めてで衝撃的でした。

    会った時点ではシートは普通だったのに、いつ寝かせたんだろう、夜景を見るために車を降りた時?気づきませんでした。
    今思うに、シートを少し寝かせてあったのは、あれは、彼の段取りだったのか・・・。
    私はハメられたんでしょうか?


81  私は@レイプされました。 - 2015/12/10(Thu) 15:18 No.30226
    44才主婦です
    パート先が女性ふたりの、
    後は若いアルバイト君達ばかりの職場で
    唯一の女性で仲良くしてたA子ちゃん
    (38才元ヤン?風のバツ)が
    いつも若い子達をからかったりして
    私もそれを見て笑ったりしていました、、、
    それが
    先月急にA子ちゃんが辞めてしまって
    私ひとりになってしまいました

    そしたら
    今までとは一転
    若い子(20近く違う)からセクハラを受ける様になりましたが
    今までと逆転したね〜って笑われて、、、
    真面目で大人しい私は何も言い返せずにいました
    ただ
    「おばさん〜」とか言いながらも
    私の事からかってくるんだぁなんて思う様になって
    少しくらいならって
    お尻触られたりも普通になっちゃってましたし
    家に帰ってから
    それを思い出したりして妄想しちゃってもいました・・・

    そんな慣れっこになってた時
    就職が決まって辞めることになった子の送別会があって、
    二次会に誘われてつい飲み過ぎてしまって、、

    寝ちゃってなんか変って!
    目が覚めた時には誰かのアパートの部屋で
    裸でした
    酔ってて力も入らなくって
    童貞卒業させてやってくれとか言って
    けっきょく受け入れるしかなくって
    2人は入ってすぐイッちゃったけど
    4人の相手をしました、、、

    若い子ってエンドレスって感じで
    強い生命力を頂きました・・・


82  匿名 - 2015/02/24(Tue) 14:33 No.28134
    学校から帰って、リビングに入ると、
    そこに知らない男の人たちが3人いました。

    だれ?って思いながら、
    ママを探すとママはソファーの上にいたのですが、
    その姿は上半身裸でした。

    それに座っていたのは、男が座っていた上で、
    ママは私に見えないようにするためだと思いますが、
    必死にスカートをおさえようとしていました。

    でも、お尻の方が隠しきれていなく、
    さらに下に座っていた男の人も
    下半身に何も履いていなかったのに気づきました。

    私は、この異様な光景に理解が出来ずにいると、
    ママは、何か苦しそうな感じで、私に

    「今、大事なお話してるから、お部屋に行ってなさい。」

    と、言いました。

    その目は赤くなっており、
    泣いているように感じました。

    私も怖くなり、慌てて部屋に行ったのですが、
    ママが泣いていたことを思い出し、そっとリビングのほうへ行きました。

    でも、怖くて部屋には入れず、ドアの前でたたずんでいると、
    中からママの声が聞こえ、こう言っていました。

    「本当に、約束よ!何でもするから、娘は放っておいて!」

    そして、少しすると男のうめくような声とともに
    ママの声が聞こえてきましたが、
    いつもの声とは違っていたため、

    最初はママ?って感じでした。

    その声は少し高く、苦しそうな声

    辛そうな声に私は泣きそうになっていました。

    でも、中に入る勇気はなく、
    中の様子をうかがっていると、ママの声が少し大きく聞こえ、

    「だめっあぁいく!いく!」

    と聞こえてきました。

    私は、その時、ママが男の人達とどこかへ行っちゃうんだと思い、
    嫌だと強く思ったのを覚えています。

    その本当の意味を理解したのは、
    もっと後の事でした

    そして、しばらく静かになったと思うと、
    また、ママの苦しそうな声がし、そしてまた

    「イク」

    という言葉の連呼

    それが、何度も何度も繰り返され、
    それもおさまったとき、突然リビングのドアが開き、
    男達が出てきました。

    そして、私を見るなり、

    「何だよガキが聞いていたのかよ」

    とか、何か言われたと記憶しています。

    でも、一人が中々来ないと思っていると、先に出た男が

    「早くしろよ!」

    とせかしました。

    慌てて出てきた男は、パンツを必死にズリ上げながら、
    手に持った白い布で、自分のアソコを拭きながら出てきました。

    そして、私に向かってその白い布を差し出し、
    ママのだから返しておいてと言って、押し付けてきました。

    それを私が広げて見ると、ママのパンツでした。

    ドロドロした液体がついていて、
    気持ち悪かったのを覚えています。

    もちろん今なら、
    それが何かも分かっています

    男達が家を出て行ったのを確認し、
    私は急いでリビングに入ると、ママはうつ伏せのまま全裸で床に寝ていました。

    慌てて、駆け寄るとママの体は、
    時折ピクッ!ピクッ!と痙攣をしているようでした。

    私が

    「ママ」

    と呼びかけても反応がなく、目はうつろでした。

    私は必死に声をかけ、体を揺すりました。

    その時、手に生暖かい液体が手につきました

    ドロッとした白い液体・・・

    何これ?と思いながら、ママの体を見ると、
    腰の辺り、お尻、太ももと、あちこちに付いているのに気づきました

    ママの顔を覗き込むと、ママの口からも同じような液体が、いっぱい溢れ出ていました。

    覗き込んだ私にやっとママは気づき、
    やっとの思いで体を起こし、私に微笑んでくれました。

    そして、起き上がった体を見るとうつ伏せでは
    分からなかった胸の辺りからお腹にかけて、

    男達が吐き出したものがベットリと付いていました。

    ママは、私に

    「大丈夫よ。ちょっと体を綺麗にしてくるから、
    ここで待ってて。」

    と一言言うと、座り込んでいる私の前で立ち上がりました。

    その瞬間、私の目の前で、ボトボトと音を立て、
    男達の吐き出したものが床に垂れました。

    それが垂れてきた場所は、
    股の間から・・・その時、
    私はとっさにママのパンツを渡しました。

    ママは、ありがとうって言って、
    汚れたパンツでアソコを抑えながら風呂場に向かいました。

    その件については、パパは知りません。

    子供ながらに、
    何か言ってはいけないことを感じていました。

    でも、未だにママのあの声、
    精子まみれの体が忘れられません
    先日会社で出会った彼と結婚をしました。
    私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。
    出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。
    でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
    Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。
    付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。
    6月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
    そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」と来てくれました。
    準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って。
    「ありがとう」って2.3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。
    何が何だかわかりませんでした。
    あまりに突然にファーストキスを奪われました。
    木原君は
    「ずっと好きなんです。我慢できません」って襲いかかってきました。
    ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい
    「大声を出したら大変な事になるよ。静かにしてて」
    もう1人知らない人が入ってきてビデオに撮っていました。
    キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
    汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
    涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
    でもこんな姿を見られるのもイヤで声は出ませんでした。
    そのうちウェディングドレスのスカートはめくられて、下着も取られてしまいました。
    オマンコをなめられて、凝視されて
    「俺のためにとっておいた処女か、千絵の処女は頂くよ」
    声を出したくても出ませんでした。
    木原君は処女の私に挿入してきました。
    私はただ痛いだけで、痛さで、屈辱で涙が止まりませんでした。
    大声を出せばレイプされている所を見られてしまうので、ただ痛さを我慢していました。
    しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。
    自分からしているみたいで、すごくイヤでした。
    全然気持ちいいってものではありませんでしたが、木原君は満足して居るみたいでした。
    じっとしていたのですが、
    「動かないと終わらないよ」と言われ、仕方がなく体を上下に動かしました。
    「俺がいきそうになったら自分で抜けよ」と言われましたが処女の私にはどのタイミングかわかりませんでした。
    気持ちよさそうにしていたので抜いたら、
    「まだだよ。何やってるんだよ。中出しするぞ」
    私は中だけは逃れなきゃと思い、また腰を落とし、木原君を受け入れました。
    すごく情けなくて、まさか人生最良の結婚式の日にレイプされないといけないの?と大泣きになっていました。
    泣きながらオマンコの痛みをこらえて腰を振っていたら、膣の中が熱くなっていました。
    膣内で射精したみたいでした。
    「千絵は馬鹿だよな。抜けっていっただろ?千絵が自分で受け入れたんだから妊娠してもしらないぞ」と言われてしまいました。

    ビデオにも撮られていたし、処女を奪われ、挙げ句の果てに膣内射精とは…
    木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスをなおしました。
    でも下着はありませんでした。
    式の間も膣からは精子と血が流れてくる気がして。
    意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「千絵は泣き虫ね」って言われました。
    結婚式が終わって、少し1人で居ました。
    ウェディングドレスの裏地はピンク色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。

    まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。
    いま木原君の子を身ごもっていますが、旦那さんは喜んでいます。
    何とかしておろしたいのですが、おなかの子には罪はないし、悩んでいます。
    そんななか会社の引き出しに1枚のDVDが入っていました。
    「千絵さんの結婚パーティー」って題名でしたので見たのですが、レイプされているビデオでした。
    最後に字幕が入っていました。
    「千絵さん僕の精を受け入れてくれてありがとう。
    まさか千絵さんが受け入れてくれるとは思っても居ませんでした。
    おなかの子は多分僕の子でしょう。
    僕と千絵さんの愛の結晶ですね。休みの日にでも遊びにいきますね。
    また僕を受け入れてくれると思うと楽しみです。
    このDVDは大切に保管していてくださいね。
    なくなっても原本はあるので安心してください。」

    その日は旦那さんが出張で留守だったので、しっかり戸締まりをして居ましたが、チャイムが鳴り木原君とわかったので拒みましたが、DVDを持っていたのでまた犯されています。
    もちろん中に出されています。
    旦那さんとはずっと避妊していて、妊娠したのは数パーセントの事故だと思って居るみたいですが、木原君との子供です。
    会社ではキスを要求してきます。
    断れない私が情けないです。


83  なな - 2016/01/07(Thu) 12:19 No.30415
    殺されそうになると興奮する極度のMです…


84  みやこ - 2011/10/14(Fri) 16:12 No.17747
    私は、看護師です。
    今日、日勤が終わって、今日は白衣のまま、車に乗って帰りました。
    駐車場に着いて降りようとしたら、二人組の黒人が私を押し戻して、一人に後ろの席で押さえつけられてました。そして一人が、運転して雨だし、人気のない洗車場に停めました。
    そして、白衣を破られて、パンティーをはぎ取られて、信じられないくらい大きなおちんちんをいきなり入れてきました。
    濡れてないし、大きいし、入るわけない筈が、自分の中では「メリメリ」と聞こえてきそうなくらい強引に入ってきました。
    まるで、刃物で切られたみたいな痛みで、悲鳴を上げましたが、お構いなしに滅茶苦茶に突きまくられました。
    泣いて許してとお願いしましたが、全く聞き入れて貰えず、子宮に直接、精子をかけられました。
    そして、もう一人・・・。もっと大きかった。
    入ってきた瞬間、また激痛・・・。遠慮なしに突きまくられて、痛さで失神しちゃいました。
    気が付いたら、二人は居てませんでした。
    おまんこからは、血が混じった精子がこぼれてました。
    レイプ願望はあったのですが、想像とは全く違ったものでした。
    妊娠も恐いですが、HIV等の性病はもっと恐いです。


85  あかり - 2015/12/28(Mon) 13:41 No.30354
    今年の10月頃です
    父が不動屋さんで、マンションや借家などの仲介もしてます。
    春に初めての子を出産して6か月
    出産してから、体も敏感になってました
    事務所で留守番してる時に、部屋を見たいお客が来て
    マンションの部屋を案内することになりました。
    その時、着てた服もいけなかったのか
    お客の男性の目も気になってました
    男性の前に立って説明してる時に
    後ろから抱きつかれて 乳房を揉まれてしまいました
    同時にスカートの中に手を入れてきて
    あそこをパンティーの上から、いじくられました
    敏感だったから?
    凄く感じてしまい、抵抗もできなく
    されるまま、激しく いじくられて 声が出るほどです
    聞かれるが嫌で手で押さえてました
    パンティーを脱がされ  さらにいじくられて
    どこから出るのか??  お漏らしをしてしまいました
    指が1本   2本  3本と入れてきて
    中で激しくかき回されて  体は痙攣気味になり
    逝きそうでした
    胸も露出されて、乳房も激しく揉まれ
    体はピクピク状態でした
    台所のキッチンに手をつく、格好で後ろから
    夫の物より硬い大きな物で ピストン
    夫なら数分で逝くのに、男性はなかなか逝かなく
    激しいピストンを繰り返して、奥深く突き上げてきます
    もう、立ってもいられなくても
    乳房を揉みながら 突いてきました
    たぶん、わけのわからない言葉を発してたと思います
    ピストンが止むと、中に出して抜かれました
    男性は  ごちそうさんと言って去っていきました
    私は痙攣気味・・・    床でピクピク!
    またお漏らしを  水鉄砲みたいに、噴出してしまい
    気を無くしました
    数10分??  気を取戻しました
    あんなに多くお漏らししたことは初めてでした


86  ゆみ - 2015/11/20(Fri) 11:42 No.30058
    25歳,庶務のゆみです。
    仕事中なのに,アソコが疼くの。
    濡れてきているのがわかるの。
    誰か,誰でもいいから,あたしに性処理の仕事を回してください。
    今ならあたし,誰の性処理の相手にもなります。
    熱いザーメンをあたしにください。


87  真奈美 - 2015/12/28(Mon) 04:35 No.30351
    レイプ願望あるかも。


88  ゆめみ - 2015/03/08(Sun) 08:37 No.28274
    あの男たちの顔はもう覚えていない。
    あの出来事ももう忘れた。
    もう,4年も前のこと…
    忘れたつもりだけど…
    そのつもりだけど…
    あたしの心や体の深いところにあの出来事は刻みつけられている。
    今朝も夢を見た。多分…
    起きたとき,あたしは違和感を感じた。
    アソコにあのとき嫌というほど突き上げられた後のあの異物感を感じた。
    喉の奥に,あの生臭くて苦くていがらっぽい男の液の後味を感じた。
    あの顔も覚えていないあの3人の男たち…
    今も,夢魔となってあたしを凌辱し続けている。


89  りな - 2015/12/27(Sun) 21:03 No.30348
    あれ、消えちゃったかな
    だれか相鉄線沿いのどこかでれいぷしてください。
    なんでもいいです


90  さえこ - 2010/08/19(Thu) 16:52 No.14077
    私には兄が三人いるのですが、三人全員にレイプされました。はじめは真ん中の兄でした。スポーツマンでモテていた兄は家でも筋トレをしていて私にもやらないか、と言ってきたんです。私はちょっと体重が気になっていたのでやることにしました。兄が、これ持ってみろ、といきなり十キロのダンベルを二つ渡したんです。重くてそのまま倒れてしまいました。その時、Tシャツが捲れてブラが見えたんです。私が慌てていると兄が急に上に乗ってきてブラを上にずらしておっぱいをもみはじめました。私はからかわれていると思って、やめてよ〜!と言いましたが、やめてくれません。だんだん見たことないような顔になっていく兄に体は強ばって逃げようとしても逃げれず、されるがままになっていました。兄は自分のモノを取り出し、私に舐めろといいました。いやだというと、じゃあ入れるぞ、と言われました。私は半泣きで兄のモノをくわえました。兄は息が荒くなって私の後頭部をつかむと無理矢理喉の奥まで突っ込んできました。私はむせてしまい、兄にもうやめてください、とお願いしました。兄が、マ○コを見せてくれたらやめてやる、と言ったので、私はジャージとパンツを脱いで兄に見せました。恥ずかしくて足をあまり広げないでいると兄に無理矢理膝を掴まれて広げられました。そしてそのまま兄は私のマ○コを舐めはじめました。びっくりして暴れましたが、腰を押さえられ兄の力には勝てませんでした。そして兄が私の中に入ってきました。兄は、お前誰に処女やったんだ?と私に聞いてきました。私が答えないでいると、中出しはしたことあるか?と質問を変えてきたので私はまさか、と思って、中に出すのだけはやめて!と言いましたが兄はニヤニヤしながら私の体を横に倒し、私の右足を肩に乗せ激しく腰を動かし、一番深いところに出しました。茫然としていると兄のモノが引き抜かれ、代わりに0、5キロのプラスチックのダンベルが私の中に入れられました。兄はしばらくおもちゃ代わりにダンベルで遊んだあとまた入れて中出ししました。

    一番上の兄は大学を出て就職浪人になってから引き籠もってしまい、毎日部屋から出てきませんでした。私は母からたまに様子見てあげてね、と言われていたのでその日も様子を見に行きました。鍵は掛かっておらず兄は寝ていました。私がなんとなくパソコンのカーソルを動かすと待機画面が変わりどこか部屋の盗撮のような画像が出てきました。よく観てみると私の部屋で、画像ではなく映像でした。画面を観ていると兄が起きる気配がしたので振り返りました。兄は何も言わずゆっくりと近づいてきました。私は部屋から飛びだし、自分の部屋に逃げ込もうとしましたが寸でのところで兄がドアに足を挟み、部屋に入ってきて急に土下座をしました。謝りながらずっと好きだったと言ってきました。私は可哀想になり全部忘れるからカメラを外して、と言いました。兄は無言で部屋から出て工具を持ってきました。そして私のベッドに上がりカメラを外し始めました。兄が、ネジを持ってて、と私に差し出したので、私もベッドに上がり、ネジを受け取ろうとしたとき、兄に押し倒されました。しかも手には外したばかりのカメラを持っています。動いたら今までの録画をネットで流す、と言われ、仕方なく抵抗しないでいると、私のスカートの中にカメラを入れ撮影を始めました。指を出し入れする映像を撮り終えると、Tシャツをめくって胸を撮り始めました。ブラを外して乳首が見えるように鷲掴みにしていましたが、いったん止めて兄は自分のモノを取り出しハメ撮りの撮影を始めました。次男より大きかったので痛くて、痛い痛いというと処女と勘違いしたのか、痛いの?ごめんね、と言って腰はゆっくりめに動かしていました。でも途中からたまりかねたのか急に速くなりカメラを放り出して、腰を打ち付けてきました。長男にも中には出さないで、と泣きながら頼みましたが、中に出されました。中に出した後もなかなか抜かず、またカメラで私の泣き顔やハマっている様子を撮影していましたが、また興奮してきたのか再度腰を動かし、最後はバックの態勢で中出しされました。兄は引き抜いた後、出した精液を指でかき出して、私のお尻に塗っていました。そしてそれも撮影していました。

    長男と次男にはその後何度か部屋へ呼ばれてレイプされ続けていました。その日、早めの夕食後、親は映画を観に行くと出掛けました。18時過ぎ頃、部屋にいると三男が来ました。何?というと、ちょっと相談がある、と言われました。三男はいわゆる不良でピアスを何個も付けて、夜、出歩いていました。そんな三男とはあまり話が合わなかったので相談と言われてもピンと来ませんでしたが、部屋には入れました。部屋に入るなり鍵を掛けた三男がニヤニヤしながら、お前、兄貴達とやってるだろ?と言った時はギョッとしました。何で?と小さい声で聞くと、長男次男は年上の特権で角部屋にいて、真ん中に三男の部屋がある(私の部屋は階段つきあたり次男の向かい)ので、両側から私の喘ぎ声が聞こえてきたとのことでした。私は親に言われると思い、どうしようという気持ちと、解放されるかもしれないという嬉しい気持ちになっていました。でも三男から出た言葉は、俺にもやらせろ、でした。私は、もうやだ、お兄ちゃんまで何言ってんの?と言うといきなり打たれました。そして裸にされベッドに縛り付けられました。三男は携帯で友達らしき人を二人呼んでいました。その友達が来る前に、三男は剃刀を持ってきて、私の下の毛を全部剃ってしまいました。私は泣いていましたがお構いなしでした。そのうちに、三男の友達がやってきて、三男はタバコをくわえながら私の足を開いて友人達に見せたり笑ったりしていました。そして、こいつ濡れてるから入れていいよ、と言われました。でも違います。三男にローションを塗られたんです。一人目がお先ーと言いながら前戯なしで入ってきましたが、2〜3回動かして抜きました。そして三男にケツに入れていい?と聞いています。私は首を振りましたが三男はいいよーと返事をしました。男はお尻に入れようとしますが中々入りません。私は泣きながら首を振り続けました。するともう一人が、騎乗位で俺の入れながら挑戦してくれね?待ってんだけど、と言って、私は縛られていた腕を解かれ騎乗位で男にまたがり、俯せにされ、お尻にも入れられることになり、三男もやってきて口でさせられました。しばらくしてお尻に焼けるような痛みが走り、悲鳴を上げました。ギチギチ無理矢理に入っていく感じがしました。痛い痛いと泣いているのに、動かされ、なぜかマ○コに入れていた人が先にイッて中に出されました。背中にいる人に体を持ち上げれ、中出しした人がベッドから出て、四つんばいにされ、お尻に出されました。お尻から抜かれた後、三男がどっちにしようかな〜と言いながら来て、仰向けにされマ○コに入れました。そして入れたまま立ち上がりました。するとさっき中出しした人が来て、立ったままお尻に入れてきました。そのまま兄が中出しし、お尻にも出され、一番はじめにお尻に入れた人がマ○コに入れ、三男がお尻に入れ、と三時間ほどぐちゃくちゃにされました。三男と友人達は満足したらしく部屋から出て出掛けてゆき、私はしばらくぼうっとしていましたが、一階に降り、シャワーを浴びました。お尻とマ○コから精液がたれてきました。シャワーを終えて二階に上がると、長男が廊下にいました。風呂入ったのか?と聞いてきたので、うん、と答えるとちょっと来い、と言われました。兄の部屋に行くと、ベッドに押し倒され、さすがに今日は嫌だったので抵抗しましたが、結局脱がされ、毛のないマ○コを見られました。兄は、どうした、これ?と聞いてきたので、何となく…と答えると、パイパン好きだったらしく舐め回し、中出しで4回もされました。フラフラになりなりながらまたシャワーを浴びに行くと、浴びている最中に次男が帰宅し、お風呂場に入ってきました。そのままお風呂場でレイプされて、気が付くと12時を回っていました。6時間あまり次々とレイプされていたのです。その日はぐったりして寝ました。


91  主婦 - 2015/12/08(Tue) 16:53 No.30208
    ひろきさん、強姦さん。あたらし新しく作りました


92  おーえる - 2011/10/16(Sun) 08:03 No.17750
    久しぶりの金曜日、会社仲間とのみに行き、泥酔してしまいました。
    1番イケメンのKくんがショットを注文して、それでやられました。。
    朝になり、電車で帰ろうとしたらしいのですが、私があまりに無防備にホームで寝てたため、Kくんが連れ帰ってくれることに。
    このへん記憶にないのですが、なんとか家につき、即ベッドへ。

    ふと気づくとKくんにしがみついて寝てました。
    お腹のあたりにある私の手を彼はつかんでパンツの中に持って行き、おちんちんを握らせました。。
    彼の手は私の股間へ。
    ずっとパンツの上からまんこをさすってました。

    それだけで終わったんだけど、せーりじゃなかったら最後までやってたかなー
    しかし会社でこれ以上穴兄弟増やすのはちょっと。。


93  友達 - 2015/12/22(Tue) 12:07 No.30295
    夏に起きた友達の話しです
    その人は42才の主婦で
    ママ友のご主人が借りてくれた別荘に
    そのママ友とお互いの小学生の子供の4人で遊びに来ていました
    そして最終日の午前中、
    ママ友が子供2人を植物園に課題の絵を描きに連れて行って
    その間に私がひとり残って掃除や後片付けをすることにしました

    1階の掃除を終え、
    2階に居る時に物音がして
    子供達が帰って来たのかと思って
    1階に降りた時に頬被りをした男性とバッタリ
    すぐに泥棒!って分かりましたが
    驚き過ぎて声も身動きも出来ずにただ立ち竦んでしまいました
    男はすぐに騒ぐな!言う事を聞けばすぐに終わるから!
    騒ぐなよ!っと言ってお金を要求してきました
    私は財布にあった1万3、4千円を渡しましたが
    男はこれだけか!何処に隠してる?って迫って来ましたが
    本当にこれだけしかないのって言うと

    お前この事絶対誰にも言うなよ!分かったか?
    約束だからなって言いながら2階に連れて行ったそうです
    そしてそこで服を脱ぐように言われ
    裸の写メを撮られたみたいです、、、
    そして
    そんな男が裸の女性を目の前に普通に終わるわけもなく
    やはりその男と関係を持ってしまったらしいです

    でも悲しい性で
    その男に以外にも感じてしまって
    その様子も撮られちゃったみたいで

    お互い今日の事は絶対に誰にも言わない約束として
    その男の写メも撮らせて貰ったみたいです・・・

    その後
    しばらくしてママ友と子供達が帰って来たらしいです


94  初体験 - 2015/12/21(Mon) 10:05 No.30287
    幼いころの記憶です。
    母と行った海水浴で、浜辺の人気のないところで若いカップルが抱き合っていたところに出くわしました。

    男の方が、こちらに気づくと興奮した様子で近寄ってきて、何か因縁をつけてきて、母の手をつかむと

    無理やり連れて行ってしまいました。

    残された僕は、女性の方に競泳パンツの上からエッチなことをされ、初めてイクことに。

    そのまま競泳パンツを脱がされ取り上げられてしまい、裸のままで母の所まで連れられて行った時には

    上半身競泳水着を脱がされビキニのような姿で、無理やり舌を入れられていた。

    女性も協力して、母も競泳水着を脱がされてしまった。

    水着を手に取って何かに気づいたらしく、男性に対し「もうやっちゃったの?」と聞いて、子供ができたかも

    とやり取りしていたのは覚えいてる。当時は意味が分からなかったが。

    ごめんなさい、その後の記憶はあまりないです。


95  まき - 2015/12/16(Wed) 00:45 No.30246
    壊して狂わせたい
    死ぬまで


96  みんみん - 2015/12/15(Tue) 11:55 No.30245
    宮城県仙台市内からです。これをみてる男性でいまから大亀山公園の駐車場にいきます。私をレイプしてください。今日は家

    にだれもいないので夜まで男性の方がくるまでまちたいです。最近だんなとセックスしてないからすごくふまんです。車は白菱です。太め身長ひくめ30代です。


97  まき - 2015/12/16(Wed) 00:50 No.30247
    壊して狂わせたい
    玩具のように


98  私は@レイプされました。 - 2015/12/05(Sat) 12:52 No.30174
    学校から帰宅途中でした。
    校庭を出る時はいつも友達と一緒です。
    「また明日ね?(^^)」と友達と別れ、1人になり、しばらく歩いていると、数十メートル前方に1人の男の人が立っていました。
    普通ではなさそうな雰囲気はありました。
    刺激にならないように私はうつむきながら通り過ぎようとしました。
    予感は的中。
    やっぱり変な人でした。

    近寄ってきて「ちょっといいかな。」と声かけられました。
    怖くて私は、それでも目を合わさず通り過ぎようと、なんとか通り過ぎれそうでした。
    でもそれは束の間でした。

    通り過ぎたのですが、後ろから男の手がスカートの中に入ってきて股間から抱きかかえられてしまいました。
    もう片手は胸の位置でした。
    片胸揉まれながら、片手で股を探られながら、茂みまで運ばれました。

    うつ伏せにされて、男が覆い被さって、下着の中に手を入れられてそのまま脱がされました。
    足は男の足でがんじがらめにされた状態で、ばたつかせる事も出来ませんでした。
    そして、ブラジャーのホックも外され、男の大きな肉厚な手で、後ろから鷲掴みで両胸揉まれたりしました。
    「気持ちいいえぇか?」と聞かれるも、私は泣き叫ぶしかありませんでした。

    スカートまくり上げられてM字に脚開かされて、舐められたり、クリトリス刺激され、最後はスカートも上着も下着も全部剥ぎ取られ全裸にされて、男は下半身を出してきて、バックから挿入されてしまいました。
    その時点で私の人生は終わったも同然でした。
    ピストンされた時は、人生これまでに無い程に泣きじゃくりました。

    しかし、この1回だけではないです。
    この事があってから、この道を避けていましたが、変えた道でまた同じ男に遭遇してしまい、捕まえられて先日と同じようにやられてしまいました。
    心と脳裏に一生消えない傷が出来、肉体的にもかなり傷付きました。
    指と肉棒だけでなく、何だろう?木の枝か何かを入れられて、だいぶ出血しました。
    ガサガサの木の枝らしき物を入れられた時は、ほんとに激痛でした。
    両穴傷がしみて、しばらくの間、排泄も激痛でした。

    (衝撃でショックから記憶が飛んでる所は一部フィクション入ってますが、2回同一人物に遭遇し犯された事は事実です。)
    私がどこを通っているか、調べられてました。


99  鈴木香織 - 2015/10/16(Fri) 07:41 No.29894
    昨日、高校生の息子にレイブされました。 息子が部屋に戻る時に「ババァ〜また、マンコしてやるからな!」と言ってました。 息子が怖いです! 


100  - 2015/12/09(Wed) 14:12 No.30218
    以前こちらで『ラインで…』と『男友達に踏まれた快感』という体験談を投稿させていただいた者です。
    先日、とても嬉しいことがありましたため書き留めたいと思います。
    日曜日、私は仲の良い友達と近所の大型ショッピングセンターに行きました。
    17:00ごろ、その友達のうちの一人のR君が私の家まで送ってってくれました。
    自転車置き場でR君がもう少し話さない?と聞いてきたため私は承諾しました。
    私の家のすぐ近くには、森といっても過言ではないくらいの自然豊かな大きな公園があります。
    そこはよく不審者が出る公園で、人目につかない場所が多々あります。
    最初、私とR君は道路からもまだ目につく場所にある大木の下に腰を下ろしてうっすら夜空に浮かぶ星を見ていました。
    ちょっと下ネタも話しました。
    今日の私の服が何か緩くて何度か屈んだときに胸が見えそうだったとか…w
    その日はとても寒かったです。
    R君が突然、
    「やべーめっちゃ寒い!!」
    と言い私に抱きついてきました。
    びっくりしたけれど暖かかったのでそのままでいました。
    しばらくして、R君が奥の方に探検に行きたいと言い出したため、ついていきました。
    道路からはもう完全に見えない公園の内部まで来ました。
    そこでまた抱きつかれました。
    今度は少し胸に手が当たっていたような気がしました。
    そうしていると、向こうからちょっと怖そうなおじさんが来たため、私たちは急いで逃げましたwwww
    そしてどんどん奥の方へ…。
    私たちは公園の整備されている道から外れ、大木しかないところで腰を下ろしました。
    その時、R君が私の胸を揉んできました。
    なんか可愛かったのでにこにこしながら放置しました。
    そうしたらどんどんエスカレートして、服の中に顔を入れられ胸を舐められました。
    しばらくしたらR君が自分の上着を脱ぎ、私の横の地面に広げました。
    そしてそこに私を押し倒そうとしてきました。
    背丈的にはギリギリ私の方が上だったのですが、とても力が強かったです。
    そのままヤられちゃってもよかったのですが、私の親が服の汚れに関してとても厳しいため、野外は勘弁してもらいました。
    18:00ごろに解散しました。
    フェラしてあげればよかったかな…
    あの体制だと憧れのイラマチオまで発展できそうだったのに…
    惜しいことをしました(´_`;)
    今思えばR君は色々段階踏んでましたね。
    最初抱きついて→嫌がられなかったから胸に手あててみる→それも大丈夫だから生いこう
    …的なw
    探ってる感はありましたねww
    まあ、これから色々楽しみです!
    おまけ↓↓
    最近月3くらいで塾帰り(22時ごろ)にその例の公園のベンチで友達のY君といろいろヤってますw
    先日は初ごっくんしました!!
    20分くらい頑張ってフェラして出させました!
    ……人生の中で一番まずい飲み物でした。w
    ミンティアがなかったら吐いてたかも…w
    ただ、即尺だったため病気とかいろいろ心配な面もあったため今度から気を付けたいです!
    長々と失礼しました。
    閲覧ありがとうございました!


101  主婦 - 2015/11/29(Sun) 17:42 No.30108
    私はお酒が好きで一人で飲みに出掛けます。主婦のストレス発散ですが❗そこの店の常連の男性客に「今度、貴女をレイプします」と言われました。現在仲間を集めているとも言われました。私はレイプされるのだろうか?


102  美香 - 2015/10/05(Mon) 12:54 No.29829
    私は某生命保険会社で外交員をしています。
    年齢は35で31の時の話です
    仲のよかったお客さんの罠にはまりました。

    働き初めの頃、その方と知り合ったときは×1でしたが再婚し子供も生まれその方もお祝いしてくれていました。私より2つ年下ですが、しっかりしていて、その方の後輩や知り合いの女性を何人か紹介してもらいました

    その日は私よりも年齢が上の既婚女性を紹介したいとその方の自宅に出向きました
    元々性的な質問も割りと普通に答えるので紹介して頂いた女性から下世話な事を聞かれても答えていました。

    ただ、男性がタバコで席を外したらタッチされたりで女性同士なのに変わった方だなと思っていました。
    知り合いが気を使いジュースを買いに行ってる時に女性の方に
    女性の人が逝ってるのを見たことないから逝くなら見てみたい
    と言われました。拒みましたが、女性同士で気になるのかなと思い受け入れてしまいました。ホントに女性が逝ったら膣が締め付けるのかと膣に指を入れられたまま男性がベッドの横に置いていた電マで攻められ潮を吹きました。すぐにハンカチで吹きました。帰って来てもバレないように祈るだけでした。

    その日は普通にお話して後日女性から契約をもらい知人男性に紹介のお礼の挨拶に行きました

    缶コーヒーを持っていき家に入り30分くらいは普通に話していました。
    『子供の迎えが9時まででしたかね?早目に本題に入りますか』
    私は??って感じでしたが
    『ジュース買いに行ってた20分弱で何してました?』
    私はバレたと思い正直に話してシーツを弁償させて下さいと言いました

    『シーツはもう変えたんで目の前でしてもらえます?同じこと』
    と言われ
    そんな人じゃないと信じていたし仲も良かったのでやんわり断りシーツ代を払いますと提案しました
    『ですよね?まぁ見せれないですよね』
    と言い立ち上がりパソコンを持ってきて画面を見た瞬間凍りつきました
    『もっかい言いますよ。目の前でしてもらえます?』
    シーツが濡れるからと浴槽でさせられました
    当然写真も動画も撮られていました。
    その日はそれで終わりました

    後日、旦那としてるとこが見たいと言われ、それを断るとじゃ直接は見ないからと壁に付けるフック型の隠しカメラを渡され旦那との営みを撮らされ見られました。

    2ヶ月間、その人の家でオナニーをさせられたり、夫婦の営みを毎回渡した頃
    『これを飽きるまで続けるか、愛人契約を結ぶかどちらがいいか?』
    的な事を言われたした
    愛人なら可愛がってあげるからと言われて旦那に申し訳ないと思いましたが、いつも旦那のセックスを小バカにされこれ以上旦那まで辱しめを受けさせるわけには行かないと愛人を選びました

    次に会ったときはすぐにラブホテルに移動しました。

    初めて見る彼のものは旦那よりも少し大きいと言うか長く着いてすぐに舐めさせられました。
    お風呂に入ると洗えと言われたのでタオルをとると舐めて洗えと言われたのでまだ誰のも舐めた事のないアナルも舐めさせられました

    わたしも全身を舐められました。拒否できる立場でもないし…
    お風呂から出てすぐセックスをしこれで終わったと思ってました。こういうのが何回か続いて飽きるんだろうなと思ってました

    けど彼はバックを取り中から色んなオモチャを取り出していました。

    私は手錠され強制的に開脚させられる道具で身動きがとれない状況で水性ペンで内腿に落書きをされ、そこに書いてあることを言わされ写真も撮られました。
    電マを固定され何度も逝く姿を撮られ、終いにはお尻もアナル用のバイブを入れられ膣にはあり得ない太さのバイブを入れられました。
    もう人生が終わったかのように思えました

    その他にも拘束されてる中でに子供や旦那に電話をさせられたり、男性のお客さんに電話させられたりピチピチのタンクトップをノーブラでドライブスルーに行かされたりと酷い経験をしました

    ようやく解放されたので書きますが内容等はあまり書きたくありません。需要があればまた書きに来ますね。

    長文駄文で申し訳ないです


103  かな - 2015/11/19(Thu) 03:34 No.30051
    21さい。事務員。毎日の生活に刺激が欲しい。彼氏は4カ月いない。と同時に4カ月してない。そんなにヤりたいとも思わない。相手いないし。でも、昔から"無理矢理"ってゆーのに憧れる。私はどえむ。そして、変態。中3ぐらいから、携帯で見るAVにハマり、観ているが、検索ワードはもっぱら"レ◯プ"."SM"."奴◯"等。それもかなり残酷で鬼畜なものを好む。リアル感とゆーか、、、。リアルであるほど濡れる。一度でいいからあんな風に。いや、一度と言わずに徐々に精神を崩壊させられたい。そして、人間として到底恥ずかしくて生きられない、ただの豚、穴、便器になりたい。

    私、相当病んでるな、、、


104  とも - 2015/11/23(Mon) 14:35 No.30085
    私は、都内の損保会社で事務をしている、48歳独身です。
    結婚願望もありません。
    でも、お仕事が契約社員なのでお給料がさびしくて。。
    そこで3年前から、出会い系サイトを使って男性からお小遣いを貰うことをしています。
    39歳で彼と別れてから、6年間エッチをしていなかったんです。
    でも、ある時、会社の帰りに駅から自宅に歩いているときに、男の人がついてきたんです。
    最初はわからなかったんですが、駅から離れて人がまばらになった時に「あれ?」って
    思ったんです。
    お家もまばらで真っ暗になって、足音が少し聞こえるだけなんで、ドキドキしてきたんです。
    その時「隠れてやり過ごそう!」って思って、角を曲がってすぐに神社の奥に駆け込んだんです。
    そのあと、道のほうを見ていたんですけで、誰も通らないんです。
    「だれか来たら後ろについて出ていこう」って思っていたら、いきなり後ろから引っ張られて
    神社の裏側に連れ込まれてしまいました。
    そうなんです、別のところか入ってきていたんです。
    壁に体を押し付けられて、怖くて声も出せませんでした。
    その時に犯される、と気づきました。
    声は出ませんでしたが、必死に抵抗しようとしたら首を絞められ「殺すぞ!じっとしてりゃあ殺しはしないから。」と言われ、
    身体は硬直したままその男性のされるがままになってしまいました。
    下着を脱がされ、壁に手をつかされ、スカートをめくられました。
    その時、後ろからモノがズルっと中に入ってきました。異物が入ってきたと思う前に、
    膣肉をえぐられる快感が背中から突き抜けます。
    「はあああああっ…っ!」今までにない快感を味わいました。
    その瞬間私はイッてしまって立っているのが精一杯でしたが、太ももには私の汁が伝ってくるのもわかりました。
    そんな状況で感じてしまっている自分に悔しくなりましたが、それ以上の気持ち良さで、どうでもよくなっていました。
    バックの状態のまま上着を脱がされ、スカートをはいた状態で裸にされました。
    気持ちいいのですが、相手に知られたくない。声を出したら近所の人に見つかってしまう。そういう思いで必死に声を殺していました。
    がまんしていたらイッてしまっていました。

    何分経ったでしょうか。
    徐々に腰の動きが激しくなってきたな、と思ったら、中で熱いものが出てくるのがわかりました。
    初めての快感でもう一度イッてしまいました。
    男性は私の中からモノを抜き、手を放した途端、私は雑草の上に横たわってしまいました。
    すぐに男性はズボンを穿き、立ち去って行きました。
    私は頭の中でどうしたらいいのか、何があったのか、どうすればいいのか、横たわったまま考えていました。
    そして裸だと言うことに気づき、我に返って持っていたティッシュでアソコを拭き、衣服を着て家に帰りました。
    6年ぶりのエッチが顔もわからない男のレイプだったんです。
    部屋で着替えをしたら、ショーツに精液が付いていてもわっと独特な匂いがしたんです。

    それからです。
    あの独特の匂いの記憶が快感と一緒になって、頭から離れなくなってしまいました。
    だから今でも、ついついあの匂いを求めて出会い系をさまよってます。
    出会い系で会った男性にも、一応、「外に出して」って言うのですが、本当は中で出してほしいんです。
    できれば、縛って無理やりっぽくしてほしいんです。
    男の人は変な女って思うかもしれませんが、けっこうレイプっぽいの好きな女子多いんですよ!
    出会い系で私を見つけたら、誘って絡んでくださいね。


105  美緒 - 2015/11/10(Tue) 09:41 No.30016
    私が小学生のころ、近所の河原にはホームレスがブルーシート
    で生活していました。小5の時のことです。
    下校時に学校でもらったプリントが飛ばされ、河原でやっと拾
    いました。
    その時、後ろからホームレスに抱き付かれそのままブルーシー
    トの中に連れ込まれました。怖くて声も出せず、裸にされまし
    た。抵抗はしました。でも大人力にはかないません。
    ホームレスは「おとなしくしていれば優しくしてやるから」と
    訳の分からないことを言います。服を隠され、ホームレスのい
    う事を聞くしかありません。恥ずかしくて顔を隠していると、
    デジカメで写真を撮り始めました。私の性器や全裸、顏のアッ
    プまで撮られました。私にそれを見せると、「今日のことを誰
    かに見せればこれをばらすぞ」と言われてされるがままになり
    ました。
    ブルーシートの中はこじんまりしていて、工事で使うような発
    電機やガスボンベコンロ、ラジオやベッドまでありました。

    ベッドに横たわると、キスされました。臭い口カラダ。
    もちろん初めてのキスを薄汚い男に舌を絡められ奪われました。
    私は体が硬直したまま、乳首を吸われて、もちろん感じるはず
    はありません。気持ちの悪い舌が身体中を這います。
    ふくらみはほとんどない乳房を揉み、性器を吸い始めました。
    その時、初めてクリトリスに刺激を受け、自分でさえ触ったこ
    とがなかったのでものすごい衝撃でした。
    苦しい状況の中でその部分から体が溶けていくようにほぐれて
    いきました。再び乳首を吸われと、気持ち良くて、クリと一緒
    にされると、嫌なのに気持ち良くて仕方なくなりました。
    でも、その時、私の性器に衝撃が走りました・・
    犯されたのです。ペニスを、汚らしいペニスを私の幼い性器は
    受け入れしまいました。声を出そうとすると、臭い激しいキス
    をされ、さらに犯されている写真を撮られ見せられます。
    ことが終わって、服を返されホームレスは「誰にも言うなよ、
    そうすれば気持ちよくしてやるから。明日も来い」、私は拒否
    すると、「写真をお友達や家族が見たら、こんなエッチな子は
    嫌われし、生きていけないんじゃないか?」と言われました。

    ほぼ毎日、ホームレスのおもちゃにされました。ただ、おとな
    しく従うと優しい人で、私に感じさせようとします。セックス
    も私が感じるまで射精しません。私の体もセックスになれ、ぺ
    ニスのことを考えるくらい、感じるようになりました。
    あの嫌だった臭いも、このにおいの後にカラダに快感をもらえ
    ると思うと、自然に性器が濡れてくるようになりました。
    セックは一通り仕込まれ、休日は二人で一日中、性器を刺激し
    あって過ごしました。大好きな抱っこスタイルでセックスして
    いると、彼がとつぜん、「愛してるよ、ありがとう」って言っ
    てくれて、私は嬉しくて彼にしがみつき、自分からキスしました。
    そのとき、彼が射精し、私も痙攣するほど気持ちよく、初めて
    ペニスで逝くことを経験しました。
    まだ生理がなかったので中出しでした。彼との楽しい快感の毎
    日は突然終わりました。
    近所の人が小学生を連れ込んでいると、彼を警察に通報したの
    です。
    デジカメの写真から私のことがバレて親の知るところとなりま
    した。彼の住居は撤去され、彼もいなくなりました。
    私は親になぜ言わないのか激しくしかられましたが、寂しさと
    セックスできない不満で落ち込みました。
    中学生になり、ナンパされるとすぐについてゆきセックスしましたが、彼の気持ち良いセックスは再現できません。
    高校生になって、彼を次々変えても、どうしようもないセック
    スしか体験できません。
    短大を卒業し、就職先で知り合った恋人とデートして、誘われ
    ましたが、マンネリのセックスで飽き飽きしていました。
    一人帰ると、酔い覚ましに繁華街の有名な大きい公園にある、
    ホームレスのテント村がありました。
    トイレで用を足して、出てくると、ホームレスが歩いてきてト
    イレに入って行きます。
    あっ、私は驚きました。見覚えのある首の大きなほくろ・・
    Kさん(彼の名前)だ・・
    彼が出てきたところで、顔を確認。間違いない・・
    私は思わず、男の人に抱き付き「Kさん、Kさん・・」
    「お前?美緒か?美緒だな、綺麗になったな・・」
    見つめ合ってキスしました。彼のテントに直行して服を脱ぐの
    ももどかしく、全裸になってお互いの性器をまさぐりあいまし
    た。
    「おお、おっぱいも膨らみやがって、マン毛も生えて、綺麗なお嬢になったな、いいのか、いいのか?」
    私はキスしながら、
    「ばかばか、Kさんのことさがしてたんだよ・・ずっとこれが欲しかったの・・」
    ペニスをフェラしながら、激しく吸うと、あっという間に射精
    しました。そのままごっくんして、フェラするとカチカチに。
    「おお、気持ち良すぎだ!女を抱くのは8年ぶりだ。というよ
    り、美緒しか女は知らないけどな」って笑います。
    「え〜、そうなのウレシイ!!」
    って睦み逢いながら、ペニスを性器に入れました。
    この匂い、この感触、子宮にペニスがキスをするとたちまち、
    逝きました。
    朝まで何度もセックスして、私は出勤。
    今彼に別れを告げ、Kさんのもとに。食事や下着、生活用品
    を整え、彼の不自由のないように。
    親にも一人暮らしを始めると、宣言して、反対を振り切り、
    留学用に貯めていた貯金で小さな部屋を借りました。
    Kさんは毎日可愛がってくれるし、私が帰ると温かい食事が
    作られていて嬉しい。
    お金どうしたのって聞くと、雑誌を電車で集めて売ると1冊、
    50〜100円になるっていうの。
    よく話を聞くとKさんは理容師で務める先でトラブルになり
    親もいない故郷には帰れずホームレスに。
    やっぱり、彼のセックスはすごい。私を宝物のように扱い、私
    が逝くまで射精しないし、射精した後も私の体をもて遊ぶよう
    に逝かせてくれる・・これ、このセックスなの・・

    ある日帰ってくると、お酒が用意してあってわけを聞くと、
    役所に行って、住民登録を済ませて、1000円カットのお店で試
    験を受けたら取り合えずバイトからって、仕事探してきたの!
    「守るものができたから、甘えてらんないしな・・」
    「うん、でも、私は甘えるからね♡」
    って、抱き付いておねだりしちゃいました。
    将来の夢はKさんの理容店を作るのが二人の目標になって、
    親には赤ちゃんができたら事後承諾で籍を入れようって考えて
    います。
    だって、私を犯したホームレスが最愛の人だなんて信じてくれ
    ないもの♡


106  yuko - 2015/11/12(Thu) 01:01 No.30024
    私SEXが大好きなんです。でも普通のSEXでは物足りなくなり、もっと刺激が欲しくて。前から願望のあったレイプに妄想が広がり我慢出来なくなって、そんな時はSEXとは別にオナで慰めています。今まで何度か複数の男性を一度に相手してたけど、色んな刺激を一度に感じて凄く気持ち良いから、やっぱりレイプも複数を希望しちゃう。男性達の前で淫らになれるの最高だし乱れた私を見て貰えるのって最高の幸せで嬉しくてたまらない。人数はお任せですけど。


107  さおり - 2015/11/01(Sun) 23:37 No.29996
    懇親会でお酒を飲んで酔った私は、会場の隣の控えの間で、横になっていました。
    ウトウトしていて、人の気配で目が覚めたときには、私の周りに3人の男性がいて、だれかが私のお尻のあたりををさすっているんです。
    電気が消されていてよく見えません。私が起きたのに気がつくとタオルで口を押さえつけられました。同時にスカートがめくられて、半分下げられていた、パンストと下着が膝まで下げられました。
    声を出そうとしてもタオルで押さえられたままです。
    指が入れられてかき回してきます。
    「いやいや」
    シャツがめくられ胸を鷲づかみにしてきます。
    お酒の性か力が入りません。
    押さえつけられたまま、大きく足を広げられて、
    あっという間に挿入されて動いてきます。
    もう抵抗する気もなくなって、力が抜けてしまいました。
    一人が果てると次の男性がバックから挿入してきて、終わった男性が、私の口に無理矢理入れてきました。
    暗がりの中で、カシャッ。カシャッ。カメラが光りました。
    結局誰だかわからず、写真を撮られたみたいで訴えることもできないでいます。


108  kanon - 2015/11/08(Sun) 08:41 No.30006
    5年くらいしていません。あの気持ち良さが忘れられず、もう一度味わいたい。時にはレイプでも良いから…と思ってしまいます。SEXがしたい。


109  アゲハ - 2015/11/09(Mon) 23:51 No.30014
    よくわかりませんけど、不良女子っていうのは、普通に生きている子に比べて、何倍も何十倍もレイプに遭遇する率が高いです。同じようにつっぱってた仲間の子も、レイプ経験ありの子は結構しっています。

    レイプとはいっても実際の体験者である私から言わせて見れば、よくレイプモノとかいう動画では、複数の男優に一人〜二人の女優が、暴れて嫌がっているのを無理やり力ずくで。。。という構成が多い気がするのですが、実際はそんな事ありません。(もちろんそういうパターンもあると思いますけど)

    私は人生で2度、レイプされた事があります。1回目は17の時、2回目は20の時でした。最初の1回目は不良生活でツッパッてた頃の話です。

    1回目のレイプはこんな感じでした。当時は学校にもあまり行かず、たまり場になっている隣の地域の男友達の家で男3、女3くらいのグループで何日も宿泊していました。その時、2階建ての家だったのですが、玄関のほうからガシャンとか、ドカっと音がして、何か騒がしいなと思うと、ドンドンドンと音の主は階段を上がってきてバットを持った男が3人、いずれも全部年上が乗り込んできたのです。


110  さえ - 2015/11/08(Sun) 09:02 No.30007
    1対1のSEXも良いけど、複数人は一度に違った刺激を味わえて気持ちが良いと聞きます。1度体験してみたいなぁ〜
    全身性感体で感度が良い私。どうなっちゃうんだろう?


111  ran - 2015/10/08(Thu) 06:27 No.29852
    ヤバい奴らの男の肉凶器がまたやばいことになってる
    ドデカチンコは凸凹ボコボコ私の小さなオマンチョは完全にビビってるオマンチョ開いていきなり突き刺して来た
    ゼンギも無しに突っ込むのがそいつらの流儀女が悲鳴あげて
    泣き叫ぶのに興奮するみたいね
    腰振って抜こうとしても無駄な抵抗「ギャァ〜!」て絶叫しちゃった痛いなんてもんじゃない激痛!
    もっと逃げるチャンスがあったはず
    五人に廻されて私のオマンチョはズタズタ状態
    オシッコするときも下腹部がズキンとするし
    アンモニア水が出るときオマンチョがヒリヒリするのよぉ
    女は所詮肉便器
    痰壺女!挿し子って呼ばれてるみたい 私!


112  沢村よぉ〜 - 2015/06/01(Mon) 05:48 No.28925
    稲生く〜ん!
    早く来てぇ〜犯されたいわぁ〜!
    糞婆ぁにだってオマンコついてんのよぉ〜
    ビラビラに突っ込まれたいわぁ!
    はやくぅ〜


113  私は@レイプされました。 - 2015/10/31(Sat) 21:06 No.29992
    ほんとに、ついさっき、ナンパされた男に中出しされた、、、
    ほいほい着いていったわたしがいけなかったのはわかるけど、中出しされるとは思わなかったよ。。。
    ゴムつけるって言ってくれたし、ゴムをつけてるとこも見たし、、、
    でも、中に出された、、、
    わたしが気づかないうちにゴムを外してたみたい、、、
    それを責めたらすごい剣幕でごまかされた。。。
    最悪、、、


114  秘密 - 2015/10/13(Tue) 13:46 No.29883
    大学の頃、バイト先でレイプされました。
    男二人に、私を嫌っていた女1人も居ました。

    洋菓子のチェーン店で、調理場の真ん中には材料の小麦粉生地をこねる為の畳より大きな作業台があります。
    ラストまで入ったある晩、帰り支度をしていると、下着姿のままで更衣室から女に蹴り出されました。
    男二人にお腹を殴られ、髪を掴まれて調理場の作業台の上に手足を縛られました。
    仰向けで足を開いた状態から全く動けず、なんの抵抗も出来ずに、二人に順番にレイプされました。
    女は、犯される私をデジカメの動画で撮影したり、調理道具で私の頭を小突いたりして楽しんでいました。

    何度も何度も男のペニスに串刺しにされて、抵抗する力もなくなった頃、ようやく足を縛っていた紐が解かれました。
    このまま解放してもらえるのかと思いましたが、彼らはより犯しやすいように私の足を大きく開かせたかっただけです。
    男に太ももを抱え込まれて、再び何度も突き刺されました。

    まだ調理場は片付けが済んでいなかったので、私はいつの間にか調理台の小麦粉だらけでした。
    おまけに口には汚れた布巾がねじ込まれて悲鳴を出す事も出来ません。
    2時間ほども犯され続けた後、突然私の口から布巾が抜き取られて、その日の材料の残りの小麦粉の生地を詰め込まれたのです。

    「それ、食ったら帰らしてやる」

    そう言われて、味も何もない生のままの生地を必死になって食べました。
    口の中が空になった途端に生卵を殻ごと押し込まれました。
    卵は割れて私はむせ返りましたが3人は容赦しません。
    今度は、これを殻ごと食べろと言うのです。
    私は、『約束が違う!』と叫びたかったのですが、次々に卵を入れられる間も男は私を突き上げ、おっぱいを揉み続けていましたから、必死になって卵を飲み込み続けました。
    そのあとも大量の砂糖やバターを次々と押し込まれました。

    (食べ終わるまでレイプが終わらない・・・)

    私は泣きながら次々に食べ続けました。

    途中、お尻の穴まで犯され、あまりの痛みに悶絶しました。
    声にならない悲鳴の代わりに鼻の穴から、溶けたバターが吹き出すのが分かりました。
    食材で窒息して死んでしまうのではないかと思うほどの苦しさです。

    そしてようやく、男たちが射精に飽きて台から下ろされた後、雑巾で乱暴に顔を拭かれました。
    これでやっと開放されると思った時でした。
    二人がかりで大股開きにされ、女が私のオマンコに洋菓子をねじ込んだのです。
    半冷凍の細身のロールケーキです。
    すでに散々ほじくり返されて、精液漬けの私のオマンコに半分潰れながらそれは入りました。
    お腹の中から冷えてくる不気味な感覚でオマンコの底まで入ったのが分かりました。
    それでも長さが余ったケーキがアソコの入口から5センチほども顔を出しているのが自分でも見えます。
    抜き取ろうと手を出すと、頬をぶたれました。

    そのまま彼らの手で強引にショーツとスカートを穿かされ、無理やり服を着せられると真っ暗な店の外に放り出されました。
    女が、「お前のことが前から気に食わなかった」というような事を言い、「二度と店に来るな、辞める事は電話で店長に言え。レイプされた事をばらしても無駄。妙な気を起こせば動画や写真をネットにばらまく」と言われました。

    後ろで乱暴に通用口が閉められました。
    こうしている間にも私のお腹の中は尋常ではない冷たさを感じていましたし、クリームが溶けて精液まみれのロールケーキがショーツの中でぐちゃぐちゃに潰れて、こぼれ落ちそうです。
    最寄りの電車の駅までは、歩いて5分でしたがロールケーキの冷たさを我慢しながら歩くのはとても無理でしたし、なにより精液混じりのそのカスを撒き散らしながら、駅に行くことなど出来ません。

    私は暗い裏路地の隙間に飛び込みました。
    すでに何かを漏らしたみたいに膨らんでいるショーツを下げると、大慌てでロールケーキをオマンコから取り出そうと試みました。
    柔らかいケーキなのでボロボロ崩れ、簡単には出てきてくれません。
    痛みに耐えながら、指を突っ込んで何度も何度もほじくり出しました。
    溶けたクリームでベタベタになった内股を拭いて私はその場を立ち去りました。

    まだ、半分くらい中に残っている感じがしましたし、クリームも染み出してきます。
    ショーツの中はネチャネチャと音がするくらいの状態で、これでは電車に乗ってもスカートに滲み出るか、下手をすると車内でケーキを漏らしてしまいます。
    人通りの少ない道を選んで、3駅歩いて帰りました。
    思った通り気持ち悪いモノが足の間から垂れて、ケーキのカスも落ちる気配がしていました。

    アパートに帰りついた時、私のショーツはまるで赤ちゃんのオシメのように膨らんでいました。
    玄関で脱いだそれをゴミ箱に押し込んで、お風呂に直行しました。
    全身をシャワーで洗い、膣の奥の奥まで入った異物を取り続けました。
    ゆっくりと湯船に入ってこれでもう大丈夫と思いましたが、湯船は私のアソコから染み出すクリームの脂で虹色に光っていました。

    結局、朝方までお風呂にいましたが、その後4、5日は生理用ナプキンが手放せませんでした。


115  あさみ - 2014/07/14(Mon) 15:02 No.26388
    39歳の派遣社員です。
    最近余り男性にかまってもらえなくて、疼いています。
    154センチで小柄ですがB88のFカップです。
    ちょっとポチャですが・・・
    私の身体を玩具にして甚振ってくれる方どなたかいませんか。
    嫌がる私を無理やり犯して、感じさせてください。


116  美代子 - 2015/08/15(Sat) 19:30 No.29537
    マンションに住んでいる主婦です。朝、出勤する夫と登校する子供を送り出して、掃除をして、ゴミをマンションのゴミ集積場へ出しに行きました。
    帰って来て玄関のドアを開けると、そこに覆面の男が立っていました。アッと叫ぶ間もなく口をふさがれ、玄関の鍵を掛けられて部屋に引きずりこまれました。抵抗するもすぐにガムテープで口と目をふさがれ、着ているものをはぎ取られました。全裸にされた後、両手もガムテープで後ろ手に縛られてベッドに転がされました。男は私の両足を押し広げるとあそこに口をつけてぺろぺろとなめました。吸いました。舌を入れてきたりしました。クリトリスをいじられたり吸われたりしました。あそこに指を入れられて動かされました。恐ろしさで震えているのに、あそこが濡れてくるんです。そのうちに男がのしかかってきて、男のものがあそこに押し入れられました。男がぐいぐいと動いてやがて熱いものが子宮にどくどくと注ぎ込まれるのが分かりました。私から離れた男は私の口のガムテープを取って、私の口の中に半立ち状態のものをこじ入れました。私の頭を両手で掴んで前後に動かしました。私の口の中で男のものがぐんぐん大きく固くなってきました。私は喉の奥まで突かれてむせました。男は私の口にまたガムテープを貼ってから、またそのそそり立ったものをあそこに突き入れました。激しく動いてまたどくどくと射精しました。しばらくごそごそしていましたが、低い声で「カメラで撮ったからな」と言いました。
    やがて身支度をして出て行きました。


117  ドMです - 2012/08/30(Thu) 19:06 No.21386
    輪姦されてみたい
    性奴隷にしてほしい
    フーゾクに売り飛ばされたい
    AVに出てみたい
    犯されて妊娠させられたい

    いつも被虐的な妄想で楽しんでます^^


118  さな - 2015/10/20(Tue) 16:11 No.29938
    ハロウィンパーティーで犯されてしまいました。

    私はその日バニーちゃんの仮装をしました。
    白いしっぽ付きの黒いレオタードに、網タイツにハイヒール。
    普段では有り得ない格好ですが、
    友達もセクシー系の仮装をしていたので
    全く気にしていませんでした。

    パーティーではお酒やゲームを楽しんでたんですが、
    バイト先から電話がはいり、
    会場は音楽がうるさいので会場横の物置きのようなスペースに移動して電話をしていました。

    電話を切って会場に戻ろうとしたら
    ドラキュラの仮装をした男二人組に声をかけられました。

    「友だちが待ってるんで。」
    と断って戻ろうとしたんですが、

    「少しぐらいいいじゃんー、相手してよ」
    と、急に後ろから手を回して両胸を鷲掴みにしてきました。

    「何するんですか!ちょっとやめて!」
    と手を払ったけど
    男たちは全然話を聞いてなくて

    「お前だけずりー!俺もっと!」
    ともう一人の男が胸を揉んできました。

    今度は両腕を掴まれてしまって、払いのけられませんでした。

    「やわらかー!いいおっぱいしてんじゃん!」
    「こんな谷間見せつけて、触って欲しかったんだろー?」
    言いたい放題言われながら、
    レオタードの胸部分がずり降ろされ、
    ブラも剥ぎ取られました。
    1人が私を押えて、もう一人がベロベロ乳首を舐めてきました。

    「いい加減にして!やめて!」
    叫ぶと、今度は無理やり口に舌をねじこんできて
    口の中をベロベロ舐められながら
    片手でクリをグリグリ擦ってきたんです。

    無理やり触られて痛くて腰を捻って逃げようとしたら
    「腰くねらして感じてんじゃね?」とか言い出し
    その場で横にされて、網タイツをビリビリに破られ
    レオタードをずらして直で触ってきました。
    もう一人は胸を揉みながら大きくなった男のモノを出してきて
    無理やり口に突っ込んで腰を振り始めました。

    何度も喉の奥に当たって苦しくて、
    男の足を叩いて抵抗しましたが力が敵わず

    「あー!ちょっと交代して」
    と言い出し、
    ヤバイと思いましたが逃げられず
    四つん這いにされて、腰を掴んでググっと男のモノが入ってきました。

    「や!やだー!やめてーー!!」

    叫んだ口に、もう一人の男がちんぽを突っ込んできました。

    じゅぼっ、じゅぼっ、じゅぼっと
    上からも下からもつかれて、
    先に下に突っ込んでいた男の腰使いが早くなり

    何とか口から突っ込まれていたモノを外して
    「やめて!中に出さないでー!」と言いましたが
    顔を掴まれてまた口にも突っこまれ

    後ろにいた男の動きがどんどん激しくなり
    「アッ、イクイク!!」
    っという声とともに、びくんびくんと中で動くのがわかりました。

    ゆっくり腰からモノを抜かれると、
    太ももにどろっとしたものが垂れてくるのがわかりました。

    口に入れていた男の方もまた下に回って入れてきて、
    二人ともに中出しをされて、
    口封じに撮影もされてしまいました。

    ハロウィンパーティーなんて二度といきません。


119  極悪 - 2015/10/30(Fri) 15:00 No.29965
    私立のお嬢ちゃん女子高生拉致って強姦してー


120  さよ - 2015/10/09(Fri) 19:24 No.29865
    されたいです❗
    remijo0111@gmail.com


121  - 2015/10/27(Tue) 11:08 No.29963
    12時を過ぎ私は寝たふりを続けていました!オジサンたちはお酒を飲み盛り上がっているようで私のところへは来ない感じです!このまま終わればという思いでいっぱいでした!

    しかし、そんなに甘いものではなく、また続きが始まりました!続々とオジサンたちは私の周りに群がってきました!囲まれた私はオジサンたちに身体を触られていきました!なぜだか先ほどよりも嫌な気持ちはなくむしろ、されたいと思ってしまっていました!

    興奮してきたおじさんたちは私の自由を奪ってしまいました!手錠と目隠しをされてしまったのです!見えないというのはかなり恐怖でしたが、突然の刺激が私の乳首やクリなどの敏感なところに来てしまうので不思議な感じでした!

    手錠は両手でされていたのですが、途中から手足でされるようになりました!右手と右足、左手と左足といった感じでされてしまい、オジサンたちに手を持たれてしまうと私のアソコは丸見え状態になってしまいました!恥ずかしいはずなのにアソコからはシーツにシミを作るほどの液体が滴り落ちていました!

    オジサンたちはその液体を指ですくいながら私のアソコに指を入れてきました!アソコの中はさらに液体がいっぱいだたようで指をアソコから出すとその指に液体が絡みついていてさらに、私のアソコから指に液体がつながっていました!液体はねっとりしていてオジサンたちはその液体に興奮していました!

    興奮したオジサンの一人がアソコにオチンチンを入れてきました!一突きされるとすぐに抜かれました!するとおちんちんとアソコの間にはねっとりとした液体がついていてそれがオジサンたちは病み付きになってしまったみたいです!そのうちに誰が一番長く糸を引けるかというゲームのような感じになっていました!

    私は一突きされるたびに感じてしまい、もっとほしいという気持ちになってしまいました!そんな私の気持ちはオジサンたちには気づかれていませんでした!そんな中、先ほどのゲームで1番になったオジサンが私のアソコを好き放題にできるようで、私はそのオジサンに何度も何度も生かされてしまいました!

    手足が拘束されてしまっているので動くときはオジサンが好きなように私を動かしていました!騎乗位では子宮の奥まで突かれてしまいハメ潮というのをしてしまいました!一人目のオジサンが逝った後は輪姦状態で、私は次々と突かれイキまくり、しまいには失神寸前までにされてしまいました!

    オジサンたちは逝く前に次のオジサンに変わるのでなかなか終わってくれません!なので、最後の一人が逝ったときには朝の5時を回っていました!その日の昼には大学の講義があるということを告げるとオジサンたちは優しく私の家の近くまで送ってくれました!

    最初はとっても嫌だと思っていた私ですが、終わってみると何度もイキ、感じてしまった私です!おじさんたちには「こういうの好きなんだね」とまでいわれてしまうくらいになってしまいました!

    連絡先はばれてしまい、いつ呼び出されてもおかしくない状況なのですが、私の心の中にはまた呼ばれてマワされてしまいたいという気持ちが少なからずあるのも事実です!


122  麗美 - 2015/10/18(Sun) 18:13 No.29923
    地方出身なので姉妹だけでマンションに住んでます
    私は20歳の大学生妹は17歳の高校生です
    私は去年の春にサークルの歓迎会の2次会でレイプされました一人の男Aのマンションで飲み直すって言われて他にも女の子が2人いたので大丈夫だと思ったんです
    男子たちがアイコンタクトをしてるのを不信に思ってました
    甘いカクテルを飲んだとたん強いウォッカでも一気飲みしたみたいにクラクラして立って歩けないほどに酔いが回ってしまいました
    「麗美大丈夫かぁ〜?」男Aが肩を抱き寄せました
    その時の私の出で立ちは初春ということもあって薄いピンクのワンピースにその下に白いキャミと白にピンクの刺繍のブラ
    下はブラとおそろいの白にピンクの刺繍のパンツです
    生足ってことはその中は生パンだけだってばれてたと思います
    ろれつが回らない私をお姫様抱っこしてベットルームに連れてかれました「ちょっと!ヤメテッ!」と言ってるつもりが
    言葉になってないのです
    ベッドに転がされてスカート捲っていきなりパンツ脱がされた
    んですいとも簡単にもう手慣れた手つきでいつも通りのことのように私からしたら人生で2人の彼にしか知られていない部分を丸出しにされて蛙のように足を開かれても体が痺れて閉じることも出来ない女の子の秘密の箇所を見て笑いながら感想を言い合ってるのが悔しくて頬に涙が伝わって流れるのを感じた
    水着を着る季節前ってこともありアンダーヘアのお手入れは何もしてないボーボー状態でしたそれを見られるだけでも死ぬほど恥ずかしいのに膣も割れ目も陰毛も肛門まで舐めまくられましたそして犯されたのです次々に膨張して硬直した男性自身が体の中に入ってきました
    その出来事はもちろん妹には話してませんでした
    でもこの前妹から泣きながら電話があり「お姉ちゃん迎えに来て」ってそれだけで何かがあったと察した私はタクシーでその現場まで行くと征服を脱がされたのだろうと解る妹が蹲っていました
    まだ高校2年生17歳ヴァージンを破られたショックは計り知れません
    暴走族の男に付け回されてることは知ってました
    その後自殺を図った妹に実は私もやられてるのよって言って
    お願いだから死なないでって二人で泣きました
    私の場合は好きな人にヴァージンをささげることが出来ただけましだと思いました
    これからは彼女を支えて生きていきます。


123  なみ - 2015/10/21(Wed) 11:44 No.29941
    私が中学生になってからエッチなことされてます。
    オッパイ大きくなったよねと言われ触られました。
    お風呂に入ってると兄と弟が入ってきます。
    なみ身体を洗ってあげると言われ兄と弟が手で
    洗ってきます。
    アソコ触られ声を出すと感じてるのと言われます。
    乳首が固いよと言われました。
    正直 兄と弟にアソコとオッパイを弄られ感じてました。
    お風呂から出て下着を着けてると なみ最近 下着がエロイのになってきたねと言われました。
    こないだはTバックはいてたもんなと言われました。
    私も高校生になりました。
    最近の高校生は派手な下着の人が多いよ。
    兄と弟は私がTバック穿いてると興奮します。
    最近 私が寝てると兄と弟が布団の中に入って
    パジャマと下着を脱がしてオッパイを揉んだりアソコを舐めてきます。
    兄と弟のチンコを舐めてあげると喜んでます。
    勃起をしたチンコを兄と弟がマンコに入れたいと言うので入れさせてあげました。
    兄と弟が なみマンコがキュッキュッ締まってるよ気持ちいいよといってました。
    いっちゃうよといってました。
    中には出さないでといいました。
    うんといってお腹に出してました。
    兄と弟と一週間に三回位してます。
    なみの感じてる時の声と顔が好きといってました。
    大きなオッパイだねと言われてます。
    なみのパイズリは気持ちいいよといってました。
    細身の身体に大きなオッパイは最高だと言われました。
    なみはしょうらいモデルになったらいいよと兄と弟に言われました。
    顔も可愛いし脚も細くて長くスラッとしてるからと言われました。


124  彩夏 - 2015/10/16(Fri) 18:50 No.29902
    私は32歳のOLです。
    独身で気楽だけど、いつも自分で慰めているみじめな日々を送っていました。
    昔、バイト先の先輩たちに犯されそうになって以来、男性が苦手で告られても
    なかなか一歩が踏み出せないでいました。
    同僚には華奢で男に好かれそうなタイプだよねって言われています。自分では全然可愛いと思わないけど。
    そんな私が自分でオナニーする事にちょっと飽きてしまい、みんなはどんなオナニーをしているのかと興味を持ち、ネットでアダルトビデオを購入してみたんです。購入したビデオは自分が一番嫌悪していたレイプものでした。
    何故だかわからないけど、観たい気持ちが止められなくて衝動的に購入していました。公園のトイレに立ち寄ったOLが羽交い締めに合い犯されてしまうといった内容ですごく衝撃的でした。最後はゴムを付けずに出されてしまっていたのがとても印象的で溢れ出る精子を見て、自分が濡れている事に驚きました。それ以来そのシーンを見ながら。またネットで購入したバイブレーターと乳首を吸引しながらバイブするものを使って女優さんと同じタイミングで同じ場所に刺激を与えながら何度も果てることを繰り返していました。
    こんなに気持ちのいいオナニーがあったなんてと毎日繰り返していましたが、
    中に出される感覚だけは知る事が出来ず、ずっと悶々としていました。
    ある日たまたま通りがかった公園でふとビデオのシーンがよみがえり、気がつくとトイレに入っていました。尿意があったわけでもないのに無意識に近い行動をした自分に驚きつつ、下着をおろし座り込みました。周りの壁を見ると様々な霪語が殴り書きされていて「中に出したい!」という言葉に体が反応してしまい、乳首とクリをいじり始めていました。汚れた床と屋外トイレ独特の匂い、壁の落書き・・・私もここであのビデオと同じような事をされたい!
    そう感じた瞬間に果ててしまいました。そしてそれから毎日の様にそのトイレでオナニーをしては満たされない日々を過ごしていました。
    でも、あるとき私が思わず喘ぎ声を漏らしてしまい外で遊んでいた中学生たちがそれに気づいたのかひそひそと話す様になり緊張が走りました。
    トイレに近づいてくる砂を踏みしめる足音が私の鼓動をどんどん高め、恥ずかしいのと極度の緊張でめまいがしそうでした。
    「さっきの女?」「多分さっきのスーツ着てた女」「ヤッてんじゃない?」
    クスクス笑う声・・・もう最悪な状況。私は外に出たら笑い者だよね。
    そんなことを考えていたらまたひそひそと話し声がして、
    「あの女の匂いする?めっちゃヤリたくなる匂いだったから」
    私がいい匂い?そんなこと考えても無かったけど、確かに香水はつけてるけど
    子供がこんな匂い好きかな?っていうかヤリたくなるって・・・うそでしょ!?私は危機感とともに、私とやりたいなどとあからさまに話されていることが複雑に頭の中を駆け巡っていました。
    「嘘!マジであの匂いしてるし!」「オナってんならやりてー」
    私の中でスイッチが入ってしまい、あそこをかき回す音と喘ぎ声を少しだけ漏らして挑発している自分がいました。
    ため息がどんどん高まり、「イって!イって!イって!」とかすれる声と
    イク!と声を出し、外で聴いているはずの子供たちに自分の淫乱さを聞かせていました。
    本当は全然まだイク感じじゃなかったけど。
    トイレを流し、外に出ようとすると察知したのか、駆けていく足音が
    複数聞こえてきました。ドアを開け外に出ると学生かばんが一つだけ忘れ置かれていてちょっと笑ってしまいました。しらじらと遊んでいるふりをしながらもガン見されているとびりびり感じるくらいの視線が5つほどありました。
    1人が突然「やりてー!」と叫び、全員が笑い出すとそれに続いて「超いい匂い!」「匂いで抜ける」あげくには「お姉さんとオマンコしたい!」とふざける様に私に聞こえる様に全員が声にし始めました。私はその言葉だけでいきそうになっていました。考えた事も無かった・・・こんな中学生から性の対象に見られるなんて。私は女として、性の対象として見られてるんだ。そう思うとあそこからじわじわと溢れてきて、したい気持ちがMAXになっていました。
    後の事なんてどうでもいい!中だしされてもいい!まわされてもいい!スカートやブラウスも破かれたりしたい!あの汚れたトイレであの汚れにまみれたい!頭の中で興奮を助長する何かが爆発してしまったようでした。
    その場を去るのが惜しいくらいになり、近くのベンチに座り少しだけ子供たちを見てみました。一旦は驚いたようでグランドを走って逃げていきましたが、しばらくすると戻ってきて、数十メートル先で私を見ながら色々と話している様でした。
    私のどうにも我慢できない性欲が私の理性を消滅させ、快楽をむさぼることに
    スイッチをもう一段階上げてしまいました。
    ・・・ここまで書いて思い出してしまった記憶でイキそうになってしまったのでまた続きを書きたいと思います。
    でも、全てきっと・・・私の妄想なんだと思います。


125  ゆり - 2015/10/16(Fri) 11:14 No.29895
    友達に温泉に旅行ににいこうと誘われいきました。
    二泊三日で旅行にいきました。
    二人だけだと思ってたら3人の男の人がいました。
    部屋に温泉がついてました。
    友達が、みんなでお風呂に入ろうといいました。
    私は遠慮するといったら恥ずかしがってるのと言われました。
    男の人達が入ろう入ろうといいました。
    仕方なく入りました。
    すると友達が、いきなり 男の人達に ゆりちゃん処女なのといいました。
    本当に処女なのと聞かれ処女といいました。
    私、処女なんです。
    イーガールズのAmiに似て可愛いのにと言われました。
    よく言われるんですよ。
    友達に処女奪っていいと聞いてました。
    友達はいいよと言ってました。
    3人の男に処女奪われました。
    凄く痛かったよ。


126  香恋 - 2015/10/05(Mon) 09:15 No.29828
    源氏名:香恋
    新宿の嬢です
    高校中退の16歳
    年はバレてないです
    常連のお客さんとかは私の本当の年を知ってるけど
    嬢になって8か月でぇーす
    高1の時待ち伏せされてマンコヤラレタ(初)
    メッチャマンコ痛くて次の日から不登校になったの
    3日後の日ママはパートの仕事で外に出てて私はマンコにナプキン充ててパジャマでいた
    そこへ仕事に行ったはずの義父が何故か戻って来ていきなり私の部屋に入って来てパジャマ脱がされて
    全裸にされてマンコヤラレタ
    その日のうちに家出た
    先輩は17歳新宿で嬢やってて
    私が転がり込んできたので仕事世話してもらったんよ
    もうすぐで16歳って時に嬢になったのよ
    嬢の仕事初めてすぐに嘔吐してお腹に孕んでんの解って
    先輩にお金借りて降ろしたのよ
    相手が誰かもわからないし処女を奪った奴らかもしれないし
    義父親父かも知れない
    全員に中田氏されたから
    私服で飲みにも行くし踊りにもいくわよ
    タイトなミニスカートからチラチラおパンティが見えてるのは解ってた
    男の人って女の子のおパンティは白か黒が好きでしょ?
    ヤバいことにチンピラ野郎に私が16でキャバ嬢やってるって
    バレタらしくて男子トイレ連れ込まれて
    「お前未成年でキャバ嬢やってんだって?」て凄まれて
    味見させろっておパンティ横にずらして行き成り入れられたのよ
    若いせいなのか下り物が多くてゼリー状のものがドロッて
    出るのが解るの
    それが潤滑油になってニュルって根元まで入れられちゃう
    3人に輪された
    アフターでやくざ崩れに身体触られまくって簡単におパンティ脱がされてのマングリクンニでマンコベロベロ舐められた
    バックから入れられて悪仲間の男等に私の割れ目に突き刺さってるデカチンを見せて喜んでいた
    アフターでおパンティに手入れられたり指入れられたりは
    毎回ぐらいにされること
    いくら抵抗しても男の力には勝てないのでイタズラされる
    でもチンコ突っ込まれるのだけは勘弁
    アフターピル飲んでるけど万が一ってこともあるし
    もう孕みたくないしレイプは両手まではいかないくらい
    片手はとっくに超えてる
    女の子だからレイプされるのは嫌です
    でもそういう状況になったら絶対逃げられない
    お客さんが事前に計画たててこられたら逃げ切れない
    人を信用しない怪しい店に連れ込まれそうになったら入らないこと
    この前は入りたくないってダダこねてたらいきなり抱き抱えられて店の奥で無理矢理ヤラレタ店内に男達が待ち構えてて腰抜けるほど突っ込まれた
    みんな女の子はされてるでしょ?


127  かこ - 2015/10/15(Thu) 01:47 No.29888
    複数の男性にレイプされたい…そんな願望がとても強い私。何方か私をレイプして下さい。


128  メス豚まなみ - 2015/09/09(Wed) 15:16 No.29686
    貞操帯姿を いろんな人に見せられました。
    ブラも貞操帯です。
    外で貞操帯姿で いろんな格好させられ
    いろんな人に写真撮られました。
    もう許して恥ずかしいよと言っても
    止めさせてくれない。
    ほら人が集まってきたぞといい
    脚を広げられました。
    お願い恥ずかしいよと言いました。
    ほら みんな股間を撮ってるぞ。
    本当はここを撮りたいんだよと言い
    鍵を開けてマンコを見せてました。
    するといっせいに集まりカシャカシャ
    と写真撮られました。
    オッパイも鍵を開けて乳輪と乳首も見せてました。
    すると又いっせいに集まりカシャカシャ撮られました。
    ここにいる全員を気持ちよくさせろと言われました。
    無理こんな人数を相手になんかできないよ。
    みんなに抑えつけられやりたい放題されました。
    中だしも沢山され口の中にも出され
    オッパイにも出されました。


129  まや - 2015/10/12(Mon) 20:57 No.29881
    柏の満喫にいるので痴漢して激しく犯してほしいです…
    柏の高島屋のすぐ近くの満喫の46にいます!
    勝手に入ってきていいですよ…
    私寝てると思いますけど…(´・・`)
    私は24歳、普通型より痩せ型?です
    キモイ人は嫌ですね…
    誰かいるかなぁ…?


130  美香 - 2015/10/01(Thu) 10:20 No.29811
    38歳  バツ1になって 6年
    部屋でオナニーしてたけど、少しずつ大胆になり
    刺激も欲しくなり、夜に露出とオナニーするようになりました

    8月の終わるころ、公園まで歩き、服を乱し、下着を露出してオナニー
    レイプされてるのを想像して トイレの中で頭が真っ白になってしまいました
    どれくらい ボーとしてたか、わからないけど??
    服調えて トイレのドアを開けると
    2人の若い男性!!
    「やっぱり 一人だよ、 一人で楽しまないで俺たちと楽しもう」
    嫌〜 止めてと言う前に 口ふさがれ 服を強引に
    脱がされました
    抵抗したから、服は破れた
    下着も引き裂かれ 乳房も下半身も露出
    本物の物を入れられて激しいピストン
    口にもペニス
    あ〜〜だめ〜〜  2人の男性に逝かされました
    気がつき、敗れた服で姿隠し、足早に家に戻ったときには12時過ぎてました


131  母娘奴隷 - 2015/10/07(Wed) 13:16 No.29840
    母の再婚相手の男に犯されたお話しです。
    母は以前より、M性癖の持ち主でした。
    しかし、父には、そう言った趣味は無かったのでした。
    仕方なく母は、その相手(S男性)を外に求めたのでした。
    母のそうした関係は父も知っていたようでした。
    ただ、身体が弱かった父は母を満足させられない事を悩んでいました。
    そんな在る日、突然に倒れた父は、呆気なく他界してしまいました。
    この時とばかりに、母はそのS男性と再婚したのでした。
    それが今の私の義父になるのです。
    その男に襲われた私なのでした。
    母は毎日のように夫(義父)に縛られて悦びに悶えていました。
    そんな折、学校から帰った私を襲って来た義父でした。
    母が縛り上げられて転がされている目の前で、私も丸裸にされて縛り上げられたのでした。後ろ手にきつく縄をかけられました。
    両脚は限界まで開かされて柱と柱の間に繋ぎ止められました。
    後は、どうされたかは想像がつくと思います。
    私の股の間に腰を入れて来た義父でした。
    処女の私でした。破瓜の痛みに大声を上げて泣き叫びました。
    すぐさま、きつい猿轡を噛まされてしまいました。
    体を汚された悲しさよりも、母親に見られていることが恥ずかしくてなりませんでした。
    その日から、母娘して義父の縄奴隷となったのでした。
    17歳の私が大人の欲望渦巻く縄の世界に魅了されて、自由な身体がもどかしいくらいです。
    血は争えませんね、学校から帰ると一目散に義父の許に行き、両腕を背中に持って行き、義父からの縄掛けを待つのです。
    朝からずっと縛られている母が羨ましくてなりません。
    と言うよりも、嫉妬してしまう今日この頃です。
    義父の体の前後に膝まづき、母が股間の物を咥えます。
    私は義父の肛門へと舌を這わせる毎日です。


132  沢村ですぅ - 2015/10/07(Wed) 17:29 No.29845
    ビックリよ大学生っぽい男の子が沢村さんですか?って
    恥ずかしいも何もすぐパンティ脱いじゃったわよ
    こっちだってご無沙汰だから焦っちゃったわよ
    グチュグチュジュポジュポズッポズポ美味しくいただきました
    ご馳走さま、ここで書き続けてるとこう言うこともあんのねぇ


133  窶敕シツ債 - 2015/10/05(Mon) 20:44 No.29830
    ナス窶樞堙坂顛ツ青カ窶督ス窶「テ崘陳ッ窶ーテッナステ絶堙ナOナ津ーヒテオ窶堙ー窶堋オ窶堙窶堋「窶堙懌堋キツ。
    窶扼窶氾ョ窶堙35窶堙31窶堙固スナセ窶堙戸彙窶堙窶堋キ
    窶吮。窶堙娯堙ヲ窶堋ゥ窶堙≫堋ス窶堋ィ窶ケq窶堋ウ窶堙ア窶堙古」ツゥ窶堙俄堙坂堙懌堙ィ窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    窶慊ュ窶堋ォツ鞘ー窶堙溪堙個債ツ、窶堋サ窶堙娯「テサ窶堙窶冦窶堙ィツ坂。窶堙≫堋ス窶堙窶堋ォ窶堙債×窶啀窶堙窶堋オ窶堋ス窶堋ェツ催ツ債・窶堋オナスq窶ケナク窶堙ツ青カ窶堙懌堙ェ窶堋サ窶堙娯「テサ窶堙窶堋ィツ祝窶堋「窶堋オ窶堙窶堋ュ窶堙ェ窶堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。ナス窶樞堙ヲ窶堙ィ窶啣窶堙や扼窶ーツコ窶堙窶堋キ窶堋ェツ、窶堋オ窶堙≫堋ゥ窶堙ィ窶堋オ窶堙窶堋「窶堙ツ、窶堋サ窶堙娯「テサ窶堙固津」窶掣窶堙「窶冦窶堙ィツ坂。窶堋「窶堙個鞘板青ォ窶堙ー窶ーツスツ人窶堋ゥツ湘絶ーテョ窶堋オ窶堙窶堙窶堙ァ窶堋「窶堙懌堋オ窶堋ス

    窶堋サ窶堙娯愿コ窶堙最ス窶樞堙ヲ窶堙ィ窶堙窶扼窶氾ョ窶堋ェツ湘」窶堙固テケツ債・ツ鞘板青ォ窶堙ーツ湘絶ーテョ窶堋オ窶堋ス窶堋「窶堙窶堋サ窶堙娯「テサ窶堙固スツゥ窶佚ョ窶堙可出ナ津シ窶堋ォ窶堙懌堋オ窶堋ス
    ナ陳ウツ々ツ青ォ窶廬窶堙闇スツソ窶禿「窶堙ナ窶樞堙ィ窶堙窶「ツ≫凖岩堙俄愬。窶堋ヲ窶堙ゥ窶堙娯堙ツ湘絶ーテョ窶堋オ窶堙窶卍ク窶堋「窶堋スツ鞘板青ォ窶堋ゥ窶堙ァ窶ーツコツ青「ヒ彙窶堙闇ス窶凪堙ー窶「ツキ窶堋ゥ窶堙ェ窶堙窶堙窶愬。窶堋ヲ窶堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    窶堋ス窶堋セツ、窶冕ツ青ォ窶堋ェニ耽ニ弛ニ坦窶堙ツ静遺堙ーナO窶堋オ窶堋ス窶堙ァニ耽ニ鍛ニ蛋窶堋ウ窶堙ェ窶堋ス窶堙ィ窶堙ツ鞘板青ォ窶慊ッナスm窶堙遺堙娯堙俄「テ鞘堙ュ窶堙≫堋ス窶「テサ窶堋セ窶堙遺堙ナスv窶堙≫堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶冦窶堙ィツ坂。窶堋「窶堋ェ窶ケC窶堙ーナスg窶堋「ニ淡ニ停ヲツーニ湛窶堙ー窶敞停堋「窶堙可行窶堙≫堙窶堙ゥナスナセ窶堙可鞘板青ォ窶堙娯「テサ窶堙
    ツ鞘板青ォ窶堙個人窶堋ェツ静窶堙≫堙窶堙ゥ窶堙娯堙ーナ陳ゥ窶堋ス窶堋ア窶堙窶堙遺堋「窶堋ゥ窶堙ァツ静窶堋ュ窶堙遺堙ァナ陳ゥ窶堙窶堙昶堋ス窶堋「
    窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶ケ窶倪堙昶堙懌堋オ窶堋ス窶堋ェツ、ツ鞘板青ォ窶慊ッナスm窶堙窶ケC窶堙俄堙遺堙ゥ窶堙娯堋ゥ窶堙遺堙ナスv窶堋「ナステウ窶堋ッ窶愿シ窶堙ェ窶堙窶堋オ窶堙懌堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。ニ築ニ停愴暖窶堙可鞘板青ォ窶堋ェツ静窶堙≫堋ス窶堙ァテ、S窶堋ェ窶凖キ窶堙溪「t窶堋ッ窶堙ゥ窶堙娯堋ゥ窶堙テ、S窶堙嫁スw窶堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェ窶堋ス窶堙懌堙懌冕ツ青ォ窶堋ェニ遅ニ鍛ニ檀窶堙娯ーツ。窶堙俄冰窶堋「窶堙窶堋「窶堋ス窶彭ニ筑窶堙ツ攻窶堙溪堙ァ窶堙ェ窶卍ェ窶堙ーツ青≫堋ォ窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶堋キ窶堋ョ窶堙家地ニ停愴谷ニ蛋窶堙ツ青≫堋ォ窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶ケA窶堙≫堙窶藩窶堙窶堙ニ弛ニ椎停堙遺堋「窶堙ヲ窶堋、窶堙俄ケF窶堙ゥ窶堋セ窶堋ッ窶堙窶堋オ窶堋スツ。

    窶堋サ窶堙娯愿コ窶堙坂「ツ≫凖岩堙俄堋ィヒ彙窶堋オ窶堙ナ津」窶愿コツ鞘板青ォ窶堋ゥ窶堙ァナ胆窶禿ア窶堙ー窶堙窶堙ァ窶堋「窶冦ツ人窶冕ツ青ォ窶堙可湘絶ーテョ窶堙娯堋ィ窶氾ァ窶堙戸ツ・ナスA窶堙可行窶堋ォ窶堙懌堋オ窶堋ス

    ナテ竿坦ツーニ智ツー窶堙ーナスツ昶堙≫堙窶堋「窶堋ォ窶ーテ窶堙俄愿シ窶堙ィ30窶「ツェ窶堋ュ窶堙ァ窶堋「窶堙坂「ツ≫凖岩堙架彙窶堋オ窶堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    ツ『ナスq窶ケナク窶堙固筑窶堋ヲ窶堋ェ窶唸ナスナセ窶堙懌堙窶堙窶堋オ窶堋ス窶堋ゥ窶堙仰?窶伉≫禿壺堙俄怒窶佚ィ窶堙俄愿シ窶堙ィ窶堙懌堋キ窶堋ゥツ』
    ナス窶樞堙債?ツ?窶堙≫堙ナツエ窶堋カ窶堙窶堋オ窶堋ス窶堋ェ
    ツ『ニ淡ニ停ヲツーニ湛窶敞停堋「窶堙可行窶堙≫堙窶堋ス20窶「ツェナステ」窶堙窶ーツス窶堋オ窶堙窶堙懌堋オ窶堋スツ?ツ』
    ナス窶樞堙哉弛ニ椎停堋ス窶堙ナスv窶堋「ツ青ウ窶卍シ窶堙架彙窶堋オ窶堙ニ歎ツーニ団窶堙ー窶「テ卍焦セ窶堋ウ窶堋ケ窶堙窶ーツコ窶堋ウ窶堋「窶堙ナ陳セ窶堋「窶堙懌堋オ窶堋ス

    ツ『ニ歎ツーニ団窶堙坂堙窶堋、窶「テ鞘堋ヲ窶堋ス窶堙ア窶堙窶禿壺堙娯楼窶堙窶堋オ窶堙窶堙窶堙ァ窶堋ヲ窶堙懌堋キツ?窶慊ッ窶堋カ窶堋ア窶堙ツ』
    窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ
    窶堋サ窶堙ア窶堙按人窶堋カ窶堙。窶堙遺堋「窶堙ツ信窶堋カ窶堙窶堋「窶堋ス窶堋オ窶吮。窶堙窶氾窶堋ゥ窶堙≫堋ス窶堙娯堙窶堙「窶堙ア窶堙ュ窶堙ィ窶冉窶堙ィニ歎ツーニ団窶佚」窶堙ー窶「ツ・窶堋「窶堙懌堋キ窶堙窶凖アヒテ窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋ス
    ツ『窶堙窶堋キ窶堙ヲ窶堙仰?窶堙懌塲クナ陳ゥ窶堋ケ窶堙ェ窶堙遺堋「窶堙窶堋キ窶堙ヲ窶堙仰』
    窶堙ナ陳セ窶堋「窶板ァ窶堋ソツ湘」窶堋ェ窶堙ィニ恥ニ箪ニ坦ニ停懌堙ーナスツ昶堙≫堙窶堋ォ窶堙窶ーテヲ窶禿岩堙ーナ陳ゥ窶堋スツ瞬ナテ披懌ぎ窶堙ィ窶堙や堋ォ窶堙懌堋オ窶堋ス
    ツ『窶堙窶堙≫堋ゥ窶堋「ナ陳セ窶堋「窶堙懌堋キ窶堙ヲツ。窶禿壺堙娯楼窶堙窶堋オ窶堙窶堙窶堙ァ窶堋ヲ窶堙懌堋キツ?ツ』
    ニ歎ツーニ団窶堋ェ窶扁窶堙ェ窶堙ゥ窶堋ゥ窶堙ァ窶堙窶板≫倪ヲ窶堙窶堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋ス
    窶懌凪漏ナステ環真窶堙窶慊ョ窶ーテヲ窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェ窶堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋サ窶堙娯愿コ窶堙坂堋サ窶堙ェ窶堙ツ終窶堙ュ窶堙ィ窶堙懌堋オ窶堋ス

    ナ津」窶愿コツ、窶儷窶愿溪堙窶堋オ窶堙窶堙ゥ窶堙窶堋ア窶堋ェナ陳ゥ窶堋ス窶堋「窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェツ、窶堋サ窶堙ェ窶堙ー窶冉窶堙ゥ窶堙窶堋カ窶堙。窶卍シツ静壺堙最陳ゥ窶堙遺堋「窶堋ゥ窶堙ァ窶堙窶「テ窶堙俄「t窶堋ッ窶堙ゥニ稚ニ鍛ニ誰ナ耽窶堙娯ーB窶堋オニ谷ニ陳ニ停ー窶堙ー窶從窶堋ウ窶堙ェ窶儷窶愿溪堙窶堙娯ーc窶堙昶堙ーナスB窶堙ァ窶堋ウ窶堙ェナ陳ゥ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    窶啣ニ停毒椎スナテ板、窶堋サ窶堙個人窶堙娯ーテ窶堙ニ棚ニ段ニ男ツー窶堙ー窶堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堋ス窶堙ィツ、窶「v窶「w窶堙娯ーc窶堙昶堙ー窶突窶ーテア窶從窶堋オ窶堋スツ債
    ツ『窶堋ア窶堙ェ窶堙ー窶徹窶堋ォ窶堙ゥ窶堙懌堙窶伉ア窶堋ッ窶堙ゥ窶堋ゥツ、ヒツ、ツ人ナ胆窶禿ア窶堙ーナ停ケ窶堙披堋ゥ窶堙窶堋ソ窶堙ァ窶堋ェ窶堋「窶堋「窶堋ゥツ?ツ』
    窶廬窶堙闇ス窶凪堙ーナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堋ス窶堋オ窶堋ス
    ヒツ、ツ人窶堙遺堙ァ窶ーテねツ、窶堋ェ窶堙≫堙窶堋窶堋ー窶堙ゥ窶堋ゥ窶堙ァ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堙窶儷窶愿溪堙可申窶堋オ窶禿ウ窶堙遺堋「窶堙ナスv窶堋「窶堙懌堋オ窶堋ス窶堋ェツ、窶堋「窶堙や堙窶儷窶愿溪堙姑短ニ鍛ニ誰ニ湛窶堙ーツ渉ャニ弛ニ谷窶堙俄堋ウ窶堙ェ窶堋ア窶堙ェヒテ按湘」窶儷窶愿溪堙懌堙ツ辱窶堋オ窶堙溪堙ーナステウ窶堋ッ窶堋ウ窶堋ケ窶堙ゥ窶堙ュ窶堋ッ窶堙俄堙債行窶堋ゥ窶堙遺堋「窶堙ヒツ、ツ人窶堙ー窶露窶堙鯛堙懌堋オ窶堋ス

    ナスナク窶堙俄ーテッ窶堙≫堋ス窶堙窶堋ォ窶堙坂堋キ窶堋ョ窶堙家停ーニ置ニ築ニ弾ニ停ケ窶堙架テ壺慊ョ窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    ツ鞘ー窶堙溪堙ナ陳ゥ窶堙ゥ窶敕樞堙娯堙窶堙娯堙坂儷窶愿溪堙ヲ窶堙ィ窶堙ツ渉ュ窶堋オ窶佚・窶堋ォ窶堋「窶堙ナ陳セ窶堋、窶堋ゥ窶卍キ窶堋ュ窶吮ヲ窶堋「窶堙窶堋キ窶堋ョ窶堙嘉、r窶堙溪堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堋ィ窶「窶藩廚窶堙俄愿シ窶堙ゥ窶堙ツ静エ窶堋ヲ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堋ス窶堙娯堙ニ耽ニ棚ニ停ケ窶堙ー窶堙窶堙ゥ窶堙テ、r窶堙溪堙ツ静エ窶堋ヲ窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ窶堋ス窶堙娯堙窶堙懌堋セ窶儂窶堙娯堙テ、r窶堙溪堋スナス窶凪堙娯堙遺堋「ニ但ニ段ニ停ケ窶堙テ、r窶堙溪堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋ス

    窶堙ュ窶堋ス窶堋オ窶堙窶牢ツ身窶堙ーテ、r窶堙溪堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶ケ窶倪敕帚堙窶堋ォ窶堙ゥ窶板ァツ湘ェ窶堙窶堙窶堙遺堋「窶堋オツ…
    窶堋ィ窶「窶藩廚窶堋ゥ窶堙ァツ出窶堙窶堋キ窶堋ョニ短ニ鍛ニ誰ニ湛窶堙ー窶堋オ窶堋ア窶堙ェ窶堙ツ終窶堙ュ窶堙≫堋ス窶堙ナスv窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶堋ア窶堋、窶堋「窶堋、窶堙娯堋ェ窶ーツス窶ーテア窶堋ゥ窶伉ア窶堋「窶堙窶徹窶堋ォ窶堙ゥ窶堙ア窶堋セ窶堙ォ窶堋、窶堙遺堙ナスv窶堙≫堙窶堙懌堋オ窶堋ス

    窶堋ッ窶堙窶敕樞堙哉弛ニ鍛ニ誰窶堙ーナステヲ窶堙ィ窶吮窶堋ゥ窶堙ァツ色窶堙ア窶堙鞍棚ニ停堡蛋ニ槌停堙ーナステヲ窶堙ィツ出窶堋オ窶堙窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。

    ナス窶樞堙最スティツ湘ケ窶堋ウ窶堙ェ窶ケツュツ青ァ窶廬窶堙嫁J窶ケr窶堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙ゥ窶慊ケ窶ケテッ窶堙ツ身窶慊ョ窶堋ォ窶堋ェ窶堙窶堙ェ窶堙遺堋「ツ湘ウ窶ケツオ窶堙ツ絶ヲツ青ォニ馳ニ停懌堙窶愿窶佚壺堙俄版スツ鞘倪堋ォ窶堙ー窶堋ウ窶堙ェツ、窶堋サ窶堋ア窶堙可鞘倪堋「窶堙窶堋窶堙ゥ窶堋ア窶堙窶堙ーナ陳セ窶堙ュ窶堋ウ窶堙ェナステ環真窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶彭ニ筑窶堙ーナ津窶凖ィ窶堋ウ窶堙ェ窶ーツス窶忸窶堙ツ静窶堋ュナスp窶堙ーナスB窶堙ァ窶堙ェツ、ツ終窶堋「窶堙俄堙坂堋ィツ尻窶堙ニ但ニ段ニ停ケ窶廃窶堙姑弛ニ辰ニ置窶堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェテ、S窶堙俄堙坂堋窶堙ィ窶慊セ窶堙遺堋「窶伉セ窶堋ウ窶堙姑弛ニ辰ニ置窶堙ー窶愿シ窶堙ェ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。
    窶堙窶堋、ツ人ツ青カ窶堋ェツ終窶堙ュ窶堙≫堋ス窶堋ゥ窶堙娯堙ヲ窶堋、窶堙嫁スv窶堋ヲ窶堙懌堋オ窶堋ス

    窶堋サ窶堙娯伉シ窶堙俄堙ツ拘窶伉ゥ窶堋ウ窶堙ェ窶堙窶堙ゥ窶吮窶堙窶堙嫁スq窶ケナク窶堙「窶儷窶愿溪堙俄彭ヒ彙窶堙ー窶堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堋ス窶堙ィツ、窶冕ツ青ォ窶堙娯堋ィ窶ケq窶堋ウ窶堙ア窶堙俄彭ヒ彙窶堋ウ窶堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堋ス窶堙ィニ痴ニ蛋ニ痴ニ蛋窶堙姑耽ニ停愴誰ニ暖ニ鍛ニ致窶堙ーニ知ツーニ置ニ停ー窶堙ニ檀ニ停ーニ辰ニ置ニ湛ニ停ケツー窶堙可行窶堋ゥ窶堋ウ窶堙ェ窶堋ス窶堙ィ窶堙ツ坂懌堋「ナ弛ナ陳ア窶堙ー窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋ス

    窶堙ヲ窶堋、窶堙「窶堋ュ窶ーテー窶「テコ窶堋ウ窶堙ェ窶堋ス窶堙娯堙ツ鞘倪堋ォ窶堙懌堋キ窶堋ェ窶愿窶覇窶懌┐窶堙坂堋窶堙懌堙ィツ鞘倪堋ォ窶堋ス窶堋ュ窶堋窶堙ィ窶堙懌堋ケ窶堙アツ。ナステケ窶牌窶堋ェ窶堋窶堙ェ窶堙寂堙懌堋スツ鞘倪堋ォ窶堙俄藩窶堙懌堋キ窶堙仰。

    窶卍キ窶「ツカ窶佚岩「ツカ窶堙ツ申窶堋オ窶禿ウ窶堙遺堋「窶堙窶堋キ


134  青木麗美優 - 2015/09/19(Sat) 01:47 No.29748
    昨日です
    親と学校に呼び出されて
    退学届を出してきました
    ずっと不登校で
    中高1慣校(女子校)で
    校則厳しく
    制服でばれます
    高3で18歳です
    来春卒業だったのに
    彼氏いない歴18年
    男性と付き合ったこと無いです
    当然処女です
    個人レッスン学習塾でした
    他のテナントも利用する共同トイレでした
    今時和式トイレで
    盗撮
    隠し撮り
    タイトルに(幕張メッセのjk)て書いてあって
    パンツを下した女の子の1番恥ずかしい部分が
    むき出しでした
    友達の彼氏から聞いた
    インターネットにアップされてて
    陰毛の生え方も
    アソコの色も形も丸解かりでした
    だから幕張?処女ってことらしい
    そんなこと知らなかったから
    場所も私本人も特定されて
    宿の裏に止めてある自転車まで行くと
    後ろから羽交い絞めにされて
    車で拉致されて
    パンツ脱がされて
    耐えきれないようなことを一通りされて
    (お前本当に幕張なんか?)って
    身体の真ん中に激痛が
    (ギャ−痛い)
    4人全員にされて
    なんで自分がレイプされたのか
    信じられなくて
    レイプされたことは誰にも言わなかった
    私を見に学校前に出待ちしてる
    なんで?
    私を?
    その後にトイレ盗撮のことを知って
    不登校になって
    後は前に書いたとおりです
    おわり


135  まこ - 2015/10/04(Sun) 16:48 No.29824
    同姓同名の方もいらっしゃるだろうから申し訳ないが、
    東京都練馬区出身、兵庫県西宮市在住時に、30代中盤、デイサービスに勤務、ワンピース好きの森卓実。
    mixiで知り合った女性を無理やり部屋に連れ込み強姦。
    その後もしつこくメールを送ったり、付きまとうなどのストーキング行為を繰り返し、被害女性は精神病にまでなった。
    そのほか、勤務先のデイサービスにて利用者の身体を触るなど。
    余罪あり。


136  私は@レイプされました。 - 2013/08/22(Thu) 03:41 No.22732
    兵庫県西宮市鳴尾に住んでいる森卓実はレイプ犯のストーカーです。
    尼崎のデイサービスで働いている。
    ネットでしりあった女性をレイプしたあとも、メールやラインでしつこく付きまとったり


137  kaori - 2015/10/04(Sun) 05:17 No.29817
    こんばんは。
    ゴムをつけて
    レイプしてほしい!


138  福岡市の大学1年 - 2015/10/04(Sun) 07:40 No.29820
    ワタシは地元を離れ、福岡市のある大学に通う18歳です

    男友達が多いとはいえませんが、それなりにゼミ等で知り合った男友達ができ授業や昼食…また帰りにはファーストフードなどで楽しく会話できたり、女の子だけになると男の子の品評会や噂話で盛り上がるような、ごく普通の大学生活をしていると思います


    だけど…。
    ワタシの身体の中に突然にもう1人のワタシ…
    否!ワタシの身体を弄ぶ汚いオヤジが頭を支配するんです!


    たしかに異常かもしれません!
    自分でもおかしいと思っています

    もう1人のワタシ(汚いオヤジ)が現れたのは2年前です

    当時高校2年だったとき仲の良かった友達が夏休みに集団で夜の海岸でレイプされたことを告白されたんです

    日頃から笑顔ばかりの明るい友達がヒクッヒクッ!と息を詰まらせ泣きながら打ち明ける言葉に同情しながらもレイプされた経緯や状況を詳しく聞いていました


    その友達のレイプシーンがワタシの頭の中で、すごい衝撃だったんです!

    その夜、自分自身がその友達に入れ替わってレイプされるシーンを想像しながら指で激しいオナニーをしました

    それも自分の部屋でなく聞いたことを再現するように、もう着なくなった中学時代のミニワンピを着ると近くの公園に深夜自宅をコッソリ抜け出し芝生に寝転んでのオナニーでした

    そのとき着て行ったワンピは自分でファスナーを引き裂き下着は泥まみれにしてのオナニーでした

    そしてレイプが終わりその場に取り残された自分を姿を想像をすると自然に自分が引き千切ったワンピを手に持って泣きました

    それが不思議なことに本当にレイプされた後みたいに自然と涙が次々と溢れてきました!



    結局その日は背中のファスナーが壊れ開いたままのワンピを手で押さえるように自宅に戻りました

    下着はその場所に置いたままでした…



    その日からもう1人のワタシ(汚い中年男のオヤジ)が身体を支配したんです

    まず最初の命令は4月のGW前にあったゼミの新歓にはミニスカを穿いて行くことでした。
    そして注がれたアルコールは残さず飲み干すこと!
    持ち帰りされたら運命と思って処女を差し出すこと!

    結果は幸いというか飲み潰れたワタシを友達が介抱して部屋に泊めてもらい初体験はありませんでしたが…
    ミニだったので男の子たちに下着を見られていたみたいでした
    後半は友達のジャケットで隠してもらっていたようですが…

    5月になると頭の中のオヤジからネカフェに入って個室で全裸になって証拠の写メをあるサイトの画像掲示板に投稿するように命令されました。

    そんなこと絶対ムリです!と何度も何度も頭の中に存在するオヤジに哀願しましたが

    「俺に逆らうな!」と

    他人が見れば一目瞭然に腫れあがるほど何十回も頬を叩かれ!(もちろん自分の右手で自分の右頬を強く叩くんですが…)

    覚悟を決め露出の高い服で天神という場所のネカフェで自分の学生証を提出して会員になり怯えながら全裸になって写メを撮りましたが頭の中のオヤジは満足せず、さらに何枚も…また書き込みが終えるまで全裸姿のままパソコンを打たされました。

    この命令が夏休みまで何度となく続きフロントのスタッフに親しげな挨拶をされるほど通いました。
    その頃は命令も激しくなり入室3分で全裸になり残り時間3分まで全裸で過ごさせました
    幸いトイレやドリンクのときは服やスカートは着せてもらいましたが下着は帰るまで穿かせてもらえなかったです。

    もしかすると全裸になっていることを気づかれていたかもしれません…。




    そして運命の7月
    夏休みに入った直後にとうとうオヤジからロストバージンの命令がきたんです。
    それだけは好きな人に…という哀願も通用しません
    何度か頬を叩かれ諦めてしまいました。

    震える指で痴漢待ち合わせサイトに場所に時間と服装を詳しく投稿したんです。
    内容は俺の女を歩かせるんで気に入ったら声を掛けてかまわないという投稿です
    また内容は夕方まで貸し出すんでお好きにどうぞ、お土産は穿いているパンツをどうぞという過激な内容でした

    後悔しましたが意を決して指示どおり紺の半袖ニットに白のミニスカを穿いて地下鉄に乗りお昼前から天神の地下街からコアという百貨店を歩く予定でしたが、待ち構えていた人がいていきなり声を掛けられたんです

    「○○ちゃんだよね!」

    30歳ぐらいでポロにジーパンというラフな格好で背の高い男の人でした

    もしかするとこの男の人がワタシの初体験の男に…
    あまりの恐怖に立ち竦み声が出ません

    男の人は素早くワタシの腕を掴んで地下の駐車場に連れて行きます

    ち、違います!違うんです!!

    もう恐怖で頭がパニッくて腕を振りほどくこともできずに男のクルマに乗せられるといきなり初体験のキス!あまりの出来事に固まったワタシの口の中に唾液を流しこまれていく

    とうとう息苦しさで飲んでしまった

    抵抗しなければ…
    逃げなきゃ…

    そう思うけど頭の中にいるオヤジが抵抗したらもっと厳しい罰を与えるを脅す

    男の「○○ちゃん可愛いね〜」「気持ちよくしてあげるからねぇ〜」と耳元で囁く

    そう言いながら力任せに下着を脱がせる
    もう恥ずかしさで震えることしかできないワタシ

    ずっと俯いたままでいるとクルマは駐車場を出て10分ぐらいの場所にある平尾のラブホ街へ

    「違うんです!本当に違うんです!!」

    「ほら!早く降りないと従業員がやってきて大騒ぎになるよ」
    「とりあえず話を聞くから部屋に入ろう!」

    そう言いながら男の人の力強い手で肩を抱かれ部屋に押し込まれていく

    後は頭の中にいるオヤジの計画どおり
    部屋中に悲鳴を響かせ泣きながらの初体験

    否、想像以上に酷い事されていった
    オヤジも考えてなかった携帯を取り出しての撮影…
    手を縛られワタシの携帯の中身まで調べられ友達に連絡すると脅され大学名と学部まで知られてしまった


    貯金や親からの仕送りに限度があり9月からお水でバイトまで
    始めてしまった

    そして客との関係

    完全に狂ってしまったワタシ…


139  黒アゲハ - 2015/10/01(Thu) 06:31 No.29807
    私はこのゆとり世代って呼ばれる中で、変わり者なのか小学校5年くらいからヤンキーにあこがれてました。別に家庭に問題があった。というわけではありません。ちょっとした天邪鬼なのか、周囲がオトコやダンスって夢中になっているのが嫌いで、私は中学あがったらヤンキー路線で気合入れていくんでヨロシク!!!って思ってました。

    そして、中学にあがったら想像してたとおり、ヤンキーなんてのは死滅したに等しく、同じ学校で一人しか仲間を見つけれませんでした。ですが、その子とは親友になっていきました。その子は時代遅れですが、私みたいな中途半端ではなく、消えた父親はやくざで、お母さんはスナックのママという、ヤンキーになる為に生まれてきたような子でした。

    その子は私とであった中1の時から金髪、ピアス、派手なメイクにミニスカート。そして喫煙者。という筋金入りのヤンキーでした。

    つづく


140  かどおかゆいき - 2013/08/01(Thu) 23:01 No.22687
    うちのお母さん息子ですどなたうちのお母さんエッチしてくれる人探しています東大阪近くに住んている人探していますアダルトビデオ撮影してくれませんか好きにしてくれませんか男性5人組探しています
    必要な物アダルトビデオ使う物よろしくお願いします薬眠らせていだきたいので自由できる人探しています連絡ください09082163313電話ください


141  母子家庭 - 2015/09/29(Tue) 20:53 No.29802
    私は四年前に離婚して、現在14才中2の息子と二人暮らしをしてる41才の母親です。
    中学に入学したあたりから、息子の生活が荒れてきて、頑張ってた野球も辞めてしまって、どうしたら良いか、悩んでました。
    学校には行ってますが、成績は下の方。
    二年になりクラス変えになり友達も新しく出来たようで、少し安心してたんですが…。
    夏休みのある日、息子はいきなり私に襲いかかったきたんです。
    台所で洗い物をしていたら、背後から胸を掴まれ、最初は冗談だと思っていたら、しつこく離さないので怒ったんです。
    すると息子は私に平手打ち。驚きました。ほんとに驚きました。
    さらに私に襲いかかろうとしたので、抵抗しました。
    するとバシバシ平手打ちを何発もされて。でも必死に抵抗してました。
    私は横に押し倒され、平手打ちを防ぎながらも抵抗してたら、息子の膝がお腹にドスっと入り、苦しくなりました。
    Tシャツを剥ぎ取られ、ブラをちぎられ、苦しみながらも抵抗してました。
    そしたらお腹にパンチ、平手打ち、とにかく殴られました。
    「なんでこんなことするのよ!」
    と抵抗しながら叫びました。
    「母親らしいことしてないくせに。離婚してほしくないって願いを聞いてくれなかったくせに」
    と平手打ちが顔にもろにあたり、私は抵抗する気力を失いました。
    ジャージズボンを力任せに脱がせ、パンツ一枚にちぎられたブラ姿の私。
    口の中は血の味もしてました。
    まるで赤ちゃんのように胸に吸いつく息子の顔を引き離そうとしたら、脇腹にまたパンチ。
    パンツを取られそうになるのを必死で防いでいたら、太ももにキック。
    息子はズボンとパンツを一気に脱いで、かぶさってきました。
    私の足の間に入ってこようとしたから、股を閉じて手で抑えていたら、また顔に何発も平手打ちが…。
    陰毛をかき分け、息子が指で私の性器をいじくり回しました。
    手でそれを押さえると平手打ち、そしてまたいじくり回すの繰り返し。
    手で無理やり股をこじ開けられ、息子の性器が私の性器に押し当てられて、入り口をさまようように。
    「お願い、止めて」
    「俺のお願い聞かなかったくせに」
    息子の性器の先が入り口に少し入り、やばいと思ったけど、息子は入り口がわかったみたいで、ついに侵入してきました。
    無我夢中に腰を動かす息子を見て、涙が出てきました。
    息子は涙を流している私の唇に吸いついてきました。
    それまでの乱暴な感じではなく、優しいキスという感じ。
    「中に出されるともっと大変なことになる。それはわかってる?」
    と問いかけたら、私の顔を見つめていました。
    動きを止めて、性器を私から抜いた息子は、私の腹部に射精してました。
    私に抱きついてきた息子は汗臭くなってました。
    出たばかりなのに、性器はまだ立ったままで、息子は再度、侵入してきました。
    最初はすぐ終わったという感じでしたが、その次はやたら長く感じ、悪夢なら早く覚めてほしいと思ってました。
    私の上で動き続ける息子、息子が出したお腹のヌルヌル。
    明らかな現実から逃げ出したいと思いながら、息子をながめていました。
    息子が目をギュッと閉じて、
    「あ、うっ!」
    と小さく声を出したらまた性器を抜いて、また腹部付近に射精してました。
    しばらく二人で呆然としてました。時計をみたら、すでに十時近く。
    夕飯終えたのが七時くらいだから、三時間くらいたってました。
    口の中の血の味、うがいしよう立ち上がり、台所で口に水を含めたら、ヒリヒリする。出した水は赤く。足やお腹は赤くあざになってました。
    鏡をみたら、髪の毛はメチャクチャ、顔は真っ赤になってました。
    居間でまだ寝転がってた息子をチラッとみて、風呂に向かいました。息子が出した物を洗い流し、シャワーのお湯を頭から浴びながら、また泣いてました。
    しばらくして、風呂から出たら、息子はまだ居間で寝転がってました。
    「シャワー浴びたら?」
    と声かけたら、面倒くさそうに、起きて風呂に向かいました。
    息子の風呂中、少し冷静さを取り戻してきました。
    親の都合で離婚した息子に、深い傷をおわせていたんだなと考えてました。
    母子家庭で不自由な思いもさせていたなとか。
    風呂から出てきた息子に、それらのことを詫びました。
    でもこんな蛮行は許されることじゃないと。
    黙って聞いていた息子は、
    「殴ったりしたことは悪かったと思う。でも母さんとしたことは後悔してない」
    と目には涙をためていました。
    「もうこれっきりでお互い忘れましょう。お互い悪かったんだから」
    黙ってしまった息子が少しして口を開きました。
    「忘れられるもんか。母さんの…忘れることなんか無理だよ」
    とポロポロ泣きながら訴えてきました。
    夜もかなり遅い時間でした。
    してしまったことは、後戻り出来ないと言うんです。
    そして息子は涙ながらに私を抱きしめたんです。
    「母さん、ごめんなさい。ほんとごめんなさい。」
    優しい素直な息子に戻ったような気がしました。
    私も暴力をされたことが、頭から吹き飛んだような感じになり、息子を抱きしめて、息子の胸の中で涙しました。
    そしてまた、息子に抱かれてしまいました。
    淫らな親子になってしまったんです。
    優しい素直な息子でいてくれるなら、という気持ちでした。


142  佐藤なるみ - 2015/09/07(Mon) 02:13 No.29669
    レイプでもいいから、男の人と中出しセックスしてみたい!!
    妊娠するまでセックスしてみたい!!

    毎日下着の他は上は薄い水色の開襟シャツ、下には短いキュロット穿いてます。


143  麗花 - 2015/09/25(Fri) 05:09 No.29782
    心が死ぬ
    魂が抜ける
    痛みが無くなる
    明らかに
    別のどこかに
    自分の意識がある
    子の身体は
    私の抜け殻
    いつからこんなことに
    なったのか
    怖い人たちに
    面倒なこと頼んで
    話しつけてもらった
    親切でしてくれた訳じゃないことは解ってる
    18のピチピチした
    私のマンコが標的にされる
    帰してくれても
    別の男達に連れ去られる
    終われば送って来てくれる
    飲みに行った場所で
    またヤラレル
    何度も中絶してるから
    もう妊娠できない身体って
    知られてる
    20人くらい相手させられて
    マンコ蚯蚓腫れ
    しばらくマンコズキズキ
    そして同じことの繰り返し
    強姦野郎は
    行き成りチン突してくる
    ゼンギも相武もしないから
    いきなり突っ込まれる
    裂けたかって思う
    声にならない激痛
    信じられないデカいの
    チン突されて
    マンコ裂けた
    勃起にゴム付けてカラシ塗ってる
    「フザケロッ!」
    激抵抗した
    男達に押さえつけられて
    チン突
    激痛ぁ
    笑う男達
    喜ぶ男達
    奴らは女が悲鳴あげて無く叫ぶことに
    快楽を得る
    変質者
    でも
    この世界から
    抜けれない
    どこに逃げても
    血眼で
    突き止められて
    足腰立たないほど
    お仕置きされる
    もうわかってるから
    逃げない
    逃げれない
    ・・・・・
    逃げたい!


144  かおりん - 2015/09/16(Wed) 00:29 No.29728
    海水浴行った時に夕方になっておじさんたちにナンパされてお酒いっぱいくれて
    だんだん目つきがヤバくなって体触りだされて
    少し抵抗したら浜に打ち上がってるわかめの茎をオマンコに刺された
    「やめて、やめて、こわい、やめて」ていっても止めてくれなくて
    めちゃくちゃヌルヌル動かされてイカされて「もー、ほんと、おねがい、やめて」みたいな
    ヌルヌルぐちょぐちょ動かされつつ「おちんちん入れてほしい?」て聞かれて
    わかめ抜いてほしくて「おちんちん入れてください」て自分で言った。
    「気持ちよさ気に腰動いてるけどなー」とか笑われてるけど
    「やだやだ、わかめ抜いてー、おちんちんにして〜」て言った。
    「そんなにおちんちん欲しいならいっぱい入れてやる」て言われてまわされた


145  ヒロコよぉ〜 - 2015/09/24(Thu) 03:10 No.29777
    上大岡の沢村よぉ〜
    「沢村さんですか?握手してください」って言われちゃったわよ
    握手なんてどうでもいいのよ
    犯されたいのよ
    誰か犯してぇ〜!


146  n.a. - 2015/09/23(Wed) 23:17 No.29774
    レイプって何ですか?rapeですか?そんなソフトな呼び方が
    気に入りません「強姦」された女からするとあれは明らかに
    レイプなんかじゃなかった「強姦」です
    女性の身体の中に力ずくで挿入することはやっぱり「強姦」と呼ぶ以外無いでしょう
    そのくらい非道な行為です
    私は19歳で大学生の時でした
    それまでに男性とお付き合いしたのは2人だけです
    女性には男性のペニスを受け入れる場所があります
    そこは女性の極恥の部分です
    女性は心を許し愛した男性にしか身体の関係は持ちません
    男性は愛がなくても関係が持てます
    女性を獲物のように襲います
    男に身体を触られる屈辱、裸を見られる屈辱、パンツを脱がされて女性の秘密部分を丸出しにされた極恥
    入れ代わり立ち代わり私の膣にペニスを挿入してきたんです
    絶対に許せない
    でも私は実家に住んでます
    親になんて弁解したらいいのかがわかりませんでした
    自分の軽率な行動が招いたことを
    ここまで大切に育ててくれたのに
    悲しませたくない
    なのでいまだ誰にも話せてないのでついここで
    吐き出したくなりました
    それだけ


147  ユキ - 2015/09/07(Mon) 16:29 No.29672
    33歳です。結婚してます。
    結婚して、家を建てることを目標に子供も作らずに、昨年やっと念願のマイホームを。
    それから子作りに励みましたが、色んな事情で出来ずにいました。
    私は平日の午前中だけ、友人の仕事のお手伝いをさせてもらっています。
    軽作業を伴うので、お手伝いを終えて帰ってくると、必ずシャワーを浴びるのが習慣になっています。
    その日もそうでした。
    主人は、1か月の研修も兼ねた出張に行っていました。
    私はいつものように、仕事を終えて、買い物をし、家に戻りました。
    そして、いつものようにシャワーを浴びようと、洗面所で服を全て脱いだ時でした。
    ふっと体がいきなり浮きました。
    後から頭から顔までが隠せるようなマスクをした体格の良い人に持ち上げられたのです。
    声は出す前に、口を力強く抑えられてしまっていました。
    足をばたつかせたりして、抵抗しましたが、そのまま寝室に連れて行かれました。
    家の構造はすでに知られているような感じでした。
    4LDKの戸建てですが、どこの部屋を寝室として、使っているのかまで知られているのが、すごく怖くなりました。
    それでも手や足をばたつかせていると、その人は私の口を覆っていた手で、鼻も覆ってきました。
    息苦しくなって、私が手足を動かすのを止めると、鼻だけは手をどけてくれました。
    いつも夫婦で寝ているベッドを目の前にして、それを繰り返しているうちに、私は抵抗を止めました。
    だけど、その時に気付いたのは、すでにベッドの回りにはロープと言うか、紐のようなものと、その人の物と思われる大きな黒いリュックが置いてありました。
    抵抗を止めた私はベッドに放り投げられると、その人は手際よく私の両手をロープで括りました。
    そこまで一切、その人の声を聞いていない事も、私からしたら、恐怖心を煽られていたと思います。
    私はそのまま足を開いて持ち上げられるようにして、その人が私の大事な所に舌を這わせているのを見せつけられました。
    目を閉じると、頬を強く叩かれて、見ざる終えない状況でした。
    苦しい姿勢でしたが、その時には、まだ隙があったら逃げようと思っていました。
    十分に濡らされると、まずその人の指が2本入れられて、激しくかき混ぜられました。
    私から発せられる音が、嫌でも耳に入りました。
    そして、私を指で辱めながら、その人はリュックをベッドに上げると、そこからバイブを取り出して、指を抜いて、それを出し入れし始めました。
    主人と一緒に飲んだ後とかにそういうお店で見たことはありましたが、実際に使われるのは初めてでした。
    パープルのバイブが私の中を何回か出入りし、奥に打ち付けられるように沈められると、スイッチを入れられました。
    クリの包皮が捲られて、その人に弄られたり、バイブのチョコット出ている部分で弄られたりしていました。
    その人からは荒い鼻息しか聞こえない中で、無理やりキスをされ、さらには胸の辺りも舐められていました。
    バイブが強弱を付けて刺激してくるので、その人を刺激しないように感じている事を示さないはずだったのですが、
    とうとう我慢できなくなっていました。
    そして、その人に耳元で、「大人しくしてれば、すぐに終わるから」と言われて、私は早くこの状況から逃れるために、その人を受け入れることにしました。
    キスをされても、舌を私から絡めたりもしました。
    手の縛りは解かれました。
    その人がベッドの脇でマスク以外を脱ぎ捨てるのを見て、私はその人のを口に含みました。
    ただそれが後から知った愚かな行為でした。
    私はそのままその人に促されるように、その人の足の裏まで舐めさせられました。
    生まれて初めての経験でした。
    私はただ「相手を満足さえさせたら、すぐに終わる」という言葉を信じていました。
    だから、男性経験がそんなになくても、あえてその人を自分からも挑発するような事もしました。
    主人のよりも少し太いその人のを喉の奥に入れられても、私は耐えました。
    ベッドで大きく足を開いて、その人を自分から受け入れるような行動に出たのも、すぐに終わらせるためでした。
    その人が入ってきて、まさに突きたてられるように、様々体を入れ替えさせられていると、
    その人が、「出張中の旦那は種無しだよな〜」と私たち夫婦しか知らない情報まで、その人は知っていました。
    もちろん、その人は主人とは全く別人で、そんな事はマスクをしているからと言っても、明らかに分かる事でした。
    そして、何となくその後にされることも予想が出来て、私はその人から離れようとしましたが、
    押さえつけられていたので、離れることが出来ずに、むしろ、私の抵抗がその人を興奮させてしまったようで、
    私の奥深くでその人は果てました。
    体の力が一気に抜けました。涙はボロボロと零れるように自然と溢れ出しました。
    そんな状態の私にその人は無理やり口の中に押し込むように入れてきて、私に舐めさせました。
    その人が私から離れた事で、「終わった」と思いました。
    ベッドから手を引っ張られるように起こされると、浴室までまた抱えられ、その人の体を洗わされました。
    「〇せるなら、〇しても構わないよ」と薄気味悪い声で言われると、何も悪い事を考えるのを止めました。
    そして、浴室から体を拭いただけの全裸で再び寝室へと戻りました。
    それでもう全てが終わると思っていたら、その人は私にオナニーを見せるように言いました。
    そして、それが終わったら帰ると言われたので、したこともなかったオナニーをその人が持って来ていたバイブを使いながらしました。
    たしかに、その人は服を着て、見ていただけでした。
    初めてのオナニーを人様の前でするなんてと恥ずかしさと屈辱を感じていました。
    それを忘れるようにしないと、なかなかイケません。
    それでもその人から卑猥な言葉を交えながらと言われたので、私は見たことはあっても、自分では発したことのない卑猥な言葉をたくさん言いました。
    途中からは、私なりに激しくしてみました。
    そして、いきました。
    私がベッドで項垂れていると、その人が私の頭を軽く撫でて、「ありがとう。また来るよ。」と言われて、私は頭を横に振って、拒絶を示しましたが、その時にはすでに背を向けられていました。
    下の部屋が少し物色されているような音が聞こえましたが、私は体を起こすことも出来ませんでした。
    そのまま気を失ったのか、記憶がなく、気づいたら、夜9時を回っていました。
    ようやく重い腰を上げて、軽く夕飯を食べ、シャワーで全ての汚れを洗うかのように激しく体を洗いました。
    シャワーから上がると、誰もいないはずのリビングから、薄明かりが見えました。
    その人がテレビでも点けたままにしていったのかな?と思いながらも、恐る恐るリビングに入りました。
    すると、ソファにその人が座っていて、テレビの画面が点いていました。
    私に気付いた、その人は「また来るって言ったじゃん。」と少し笑みが含んだ口調で言われました。
    私は一気に怖くなり、声を出そうにも、声が出ないほど恐怖を感じていました。
    そんな私を抱えるように、一緒にソファに座らされると、テレビに映っていたのは、
    まるで私がその人を自分から求めるように編集された映像でした。
    そして、耳元で「警察はもちろんだけど、旦那にも言ったら、これがどうなるか?」と言われました。
    いつ撮影されていたのか、分かりません。
    画質が悪いながらも、しっかりと私の顔だけは映っていました。
    さらに、時々私の免許証や保険証などが映し出されていて、誰が見ても私本人であることが分かる内容でした。
    体の力が一気に抜けるのと同時に、恐怖心が大きくなっていきました。
    途中に、主人から電話が掛かってきたのですが、手が震えて、手に付かず出れませんでした。
    「そんなに怖がることないよ。言う事さえ聞いてくれれば、〇すことはしないから」と言われました。
    そして、私の部屋着を脱がすと、私にもその人のズボンとパンツを下させました。
    ソファの上で、私はその人のを口に含みました。
    その人が私の体に触ってくると、本当に嫌だったのに、体は反応していました。
    太い指を入れられて、私の方からその指に向けて、お尻を少しだけ突き出すような事をしてしまったらしく、
    それを指摘されると、私は一気に色んな感情が出てきました。
    お尻の穴にも指を入れられ、初めての事だったので、私の動きが止まると、お尻を叩かれました。
    その人は、私に「このおちんちんが大好き」、「お尻の穴をたくさん弄ってください」と何度も言わせました。
    言えないとまた叩かれました。
    そして、私の方から跨るようにして、その人を自分の中に入れました。
    そして、私はそのまま主人に電話をさせられました。
    思いつく限りの事を言いながらも、早く電話を切りたかったのですが、切らせてくれませんでした。
    もちろんその間にも私は体が飛び跳ねるくらい、下から突き上げられたりしていました。
    電話を切ると、ソファの前の低いテーブルの上に四つん這いにさせられました。
    後から入ってくるのかと思っていたら、その人は私のお尻の穴に入れようとしてきました。
    さすがに逃げようとしたのですが、強い力で抑えられてしまい、結果として私が少し暴れていたので、それがその人をお尻の穴で受け入れやすくしていました。
    その人の根元まで入っているのが、肌が触れ合ったので分かりました。
    全てを奪われた感じがしました。
    さらに、私の目の前で何かを見せつけるように見せてきました。
    それはうちの合鍵でした。
    家を建てた時に、主人と私、そして、両家に1つずつで、あと2つ余っていた合鍵のうちの1つでした。
    お尻に入れられて、力が入っていたのに、それも抜けました。
    私はただその人にされるがままの人形みたいな感じになっていたと思います。
    また私のアソコに入ってきたその人は、私の体を軽々と持ち上げたりしながら、最後はまた後ろから突かれるようにして、奥深くで果てていました。
    「妊娠したかな〜」と私の上に突き出したようになっていたお尻を軽く叩いて言ってきました。
    そのまま横に私が倒れると、その人は上から私を見下ろしていました。
    さらなる屈辱が私を襲いました。
    それから一緒にシャワーを浴びたのですが、用を足したくなったその人は、私を目の前にしゃがませると、
    私の顔に掛けてきました。
    口まで開けさせられて、嫌でも少しは飲んでしまいました。
    その後、体は流したものの、ずっと体にこびりついているような錯覚に陥りました。
    寝室に連れて行かれると、「何の恨みがあるの?」と思わず聞いてしまいました。
    「たくさんあるよ」と言われて、その人はまた私を辱めました。
    意識を失ってしまい、気づいたら、朝で、その人はいませんでした。
    部屋もリビングも片付いていて、残っていたのは、私の体の痛みだけでした。
    本当に夢だったら、良かったのに…と本気で思いました。
    その日、意地でも友人の所に行きました。
    1人で悶々としているよりも手伝っていた方が気が楽になりました。
    午前中だけのお手伝いなのが、その日は午後も時給無で手伝いました。
    家に帰るのが怖かったこともあり、少し離れた実家に泊まる事もありました。
    しばらくしてから、知らないアドレスから、携帯に画像が添付されて送られてきました。
    相手は誰だかすぐに分かりましたが、アドレスはフリーのものでした。
    文面には午前中でお手伝いを終えて、帰るように書かれていました。
    その場で警察に連絡しようとも思ったのですが、あの映像がネットに出回ってしまう事の方が嫌だったので、私はその日仕事を終えると、真っ直ぐに帰りました。
    すでにその人は家で私を待っていました。
    そして、靴もまともに脱いでいない状態で、服を脱がされて、辱められました。
    意識を失い、いつ帰ったのか分からないままでしたが、その日を最後に今の所、その人は来ていません。


148  ??? - 2015/09/18(Fri) 14:33 No.29744
    悲しい事件は1年前の11月、高校2年のときでした私の住むところや通っていた高校は都市部より離れていて電車は単線で一両ないし朝は二両のワンマン電車だったんです当時、学校が終わるとそのまま塾に通っていたため帰りはほとんど最終電車の前、夜の9時半過ぎの電車を利用していました。その日も普段と変わらない時間に電車に乗って帰宅していましたいつものようにわずか数人でほぼ貸切状態の車内でしたが…私は後部ドア付近の4人掛けのBOX席に1人座って友達にメールしていたときいきなり1人の見知らぬ男の人がいきなり私の隣に移ってきたんです(えっ!私を知り合いの人と勘違いなの…?)すると男は自分の口元に人差し指を立て(静かにしろ!)と…。さらにポケットから取り出したナイフを目の前に出して脅されたんです!いきなりだったので身体が膠着してしまい逃げることも声も出せないままでした男はナイフを私のお腹に突き刺すような仕草をしながら私の手から携帯を奪いましたが逆らうことなどできません自然と涙がポロポロこぼれだした私に「おい!腰を浮かせろ!」と脅されました男の目的に動揺した私が俯いたまま顔を左右に振って拒否したんですが…「てめぇ!刺されたいのか!さっさとしろ!!」と言いながらナイフを逆にして本気でお腹を突かれると痛さより恐怖でした私は諦めて涙を流しながら腰を浮かすと男は一気に履いていたハーパンと下着を奪うと素早く男のズボンに押し込まれてしまいました(誰か気づいて!!)だけど電車の中は数人しかも男の人はオジさん一人であとは祖母やお母さんぐらいの年齢で私の願いも虚しく誰も気づいてくれませんでした…。「おらっ!足を開け!」短い言葉でしたがナイフで突かれていて抵抗などできずにカバンを膝に置いたままゆっくり脚を広げると、いきなり手を入れられました思わず男の腕を掴んでこれ以上の侵入を防ごうとしましたが男の力とナイフを見せ付けられたことであまり抵抗できずに乱暴に指を私の中で動かされたんですもう痛さより恥ずかしさでした「なんだぁ〜ガキだと思っていたらすんなり濡れるじゃねぇか!」「毎日オナニーしてるんだろ!イヤらしいガキだな!」「違い…ウッ…」反論しようとする私にいきなりキスまでされたんです「ヤダッ!」必死に男の口から逃れようと暴れましたが、さらに私の中に入った指を乱暴に揺さぶられ痛さと恥ずかしさで男の舌まで侵入を許していたんですやがて電車が徐行すると私の降りる駅の二つ前で停車しました「おい!降りろ!携帯返してやる!」と腕を掴んで降ろそうとしますが私は降りると大変なことになると拒んでいましたが肩を掴まれたままナイフで脅された格好でとうとう降ろされてしまいましたこの駅でおばさんたち数人も降りましたが…蛍光灯数本しかない暗い無人駅では帰宅を急いでいる人たちは私が肩を抱かた格好で泣いている異常な関係に全く気づかないままやがて迎えにきた車に次々に乗り込みとうとう私たち二人になったんです次の電車はさっきの電車が今度は上り電車として折り返してくるまでまだ時間がありました男は静まり返った駅のベンチに座ると私を目の前にしゃがませる格好でアレを出したんです!「おらっ!今度はお前が俺を気持ちよくさせるんだよ!」正直、知識はありましたが…経験はありませんし、なにより好きでもない見ず知らず男のアレなんか咥えることなんかできるはずがありません「咥えろ!いつまでも帰れねぇぞ!」としばらく拒んでいましたがナイフを頬に当てながら「その可愛い顔が傷ついたら取り返しがつかねぇんじゃないのか?」「少しの辛抱なんだよ!おらっ!さっさと咥えんだよ!!」私は諦めるしかありません口を開いた途端に男が私の髪を掴んで押し込むんです!「ウゲッ!!ウッ…」息苦しさと嫌悪感で泣きながらその汚い行為を耐えましたそのとき、いきなりフラッシュが照らされました男が私がアレを咥えている写真を撮られたんです「イャッ!!」「なんで!そんなことを!!」私は男の手から携帯を奪おうと抵抗しましたが逆に私の手を掴んで笑いながら「フフッ…いいから続けろや!お前が誰にも言わなければバラまくことはしねぇよ」そう言いながらさらに私の口に押し込んできました息苦しさでヨダレまで垂れてきたのに容赦なく髪を前後に揺さぶられ数時間ともいえる屈辱の時間アレを咥えさせられていましたやがて男は私を離すと素早くズボンを直し腕を掴んで線路沿いに降ろされると駅の反対側の草むらに連れて行かれたんです「お願いします!もう帰してください!!誰にも言いませんから!」足を踏ん張って連れて行かれまいと抵抗しましたが男の力にはかなわないまま枯れ果てた草むらに押し倒されましたこれから何をするのか経験のなかった私にも男の目的がはっきりわかりました!起き上がろうとする私に覆いかぶさった男は逃げる私の顔を捕まえキスをしますさらに制服のネクタイを外しながらシャツのボタンを外しはじめるんです「イヤッ!ヤダッヤダッ!!」脱がされまいと必死に抵抗しますがいきなりお腹を殴られました!「てめぇ!暴れるな!こんな場所で全裸姿で仏になったら親が悲しむぜ…」お腹の激痛と目の前にあるナイフで私は顔を覆って泣くことしかできませんでした上半身を起こされブレザーに数個ボタンが飛んでしまったシャツにブラ…全て私の周囲に散乱した形で寝かされると今度はスカートに靴下に靴まで…11月の寒い夜中にとうとう全裸させられると目の前で男が服を脱ぐ音がわかりました(ワタシ…レイプされるんだ…)漠然と考えていると男が圧し掛かってきました顔を振って逃げる私にキスしたあと胸に汚い男の舌が…(キモイ!!ヤダ…誰か助けて…)だけど容赦ない男の舌が…いや、それだけだなく下半身に男の固くなったアレが触れるんですやがて私の脚を持ち上げる格好で男の顔がアソコに近づくと再び恐怖と恥ずかしさで暴れました!「てめぇ!暴れるんじゃねぇ!濡れてないマンコにブチ込まれ怪我したくねぇだろうが!」「お願い…それだけは許してください!私、まだなんです!!」「ほう〜お前処女かい?だったらなおさら濡らしておかないとなぁ〜」逆効果でした男はさらに私の脚を大きく開く格好で舌を押し込んできました「お前のマンコ簡単に濡れるが少しションベン臭いな〜」「こんなものか…ガキのマンコは…」屈辱的な言葉でも私を虐め恥ずかしい音までワザと出すんです!私は男の頭を押さえ込んでこれ以上の侵入を拒むことしかできず、されるままで耐えるしかありませんしばらくすると男は再度自分のモノを私に咥えろと命令するんです「お前が初めて味わう男のチンポだからな!この可愛い口でも覚えておきな!」「俺のチンポがお前の一生忘れられないチンポになるんだぜ!」そう言いながら寝ている私の上に乗ると一気に押し込んできました「ウゲッ!ウッウッ…」あまりにも乱暴な押し込みに奥まで押し込まれ吐き気さえしますもう抵抗などできないほど痛めつけられると男が覆いかぶさってきましたちょうどそのとき上り電車が駅に到着したんですナイフを手から外している男を見て私は最後のチャンスと思い「痛い!痛いよ〜誰か助けてぇ!!!!!」と大声で叫びましたが慌てた男が私の口を塞ぎながら何度も何度もお腹を殴られ声を出せなくなってしまい気づかないまま電車が駅を出て行ったんですもともと上り電車は折り返しの下り最終電車のために行くような電車だったんでこの駅で上り電車から降りる人はいません再び静けさが訪れると同時に男の怒りが爆発したんです「てめぇ!フザけやがって!!」数回頬を叩かれました「ごめんなさい!ごめんなさい!!」私はワンワン泣きながら理不尽な許しを乞うしかありません少し落ち着いた男は私の脚を持ち上げる格好で身体を割り込んでくると狙いをつけるようにゆっくりアレを押し込んできました腰を引いて逃げる私に髪を掴んで「てめぇ!逃げるな!!殴られたいのか!!!」その言葉で一瞬諦めた瞬間、下半身に激痛が走ったんです!!正真正銘私の初体験でした…「イタッ…お願い動かないで…」そんな儚い願いなど聞いてくれる相手ではありません私の激痛などお構いなく激しく揺さぶられていました自分が描いていた初体験とは全く違う悲しい初体験…舌を押し込まれた気味悪いキスに胸に激しいキスマークをつけられながら揺さぶられていましたやがて男のされるままになってグッタリしていた私の耳元で「お前に大声を出した罰を与えないとな…」「このまま中に出させてもらうぜ!!」「………!!」「ヒッ!!ヤダッ!ヤダよ〜!!!」「妊娠しちゃう!!駄目駄目!!!」犯されたショックで呆然としていた私にとってさらに最悪な出来事です(こんな男の汚い精液が私の中に…)手や不自由な足を蹴って猛烈に暴れましたそんなことされるくらいならナイフで刺されたほうがマシとも思いましただけどこんな体勢では女の子はどうすることもできません男の激しい動きや中で暴れているアレの膨張に本能的に汚されると感じた私は「駄目!マジ無理無理!!!!」泣き叫んでいましたが「いくぜ!!!おらぁあああああ」と男の叫び声と同時に身体の中が今までに経験のない異物の熱さを感じ自分の人生が終わったように感じてしまいました男は満足したのかしばらく私の上から動かないままでしたやがて男が離れると私は脚を閉じ服を着ることを忘れ身体を丸め泣くことしかできませんその姿を男は平然と自分の携帯で写メを撮りはじめるんですフラッシュの光に独特の撮影音に気づき「やめて!もういいでしょ!!!」泣き叫びましたが男は笑ってナイフを見せながら「ここまでヤラれたんだろうが!ここで刺されたくねぇだろ!!」そう脅しながら脚まで開かせると恥ずかしい部分まで撮影するんですそして私のブレザーからパスカードや学生証を探し出し携帯番号はもちろんメモリーまで赤外線で送信されさらに名前や学校、そして住居付近の駅まで知られてしまいました「いいか!このことは誰にも喋るじゃねぇぞ!」「お前の家や学校に友達のアドまでわかっているんだからな!」「ガキのお前だって判断できるだろ?一生負い目を背負いたくないだろうが!」何度も脅されたあと、下着を奪われたまま返してもらった制服を着ると男に抱かれた格好で何度もキスをされながら駅に戻りようやく最終電車で開放されました幸い無事に生理があり不安だった妊娠は避けられましたが塾は痴漢被害に遭ったからと嘘をついて、あれ以来塾居残ってでも親が迎えに来るのを待っていたので夜遅くに電車に乗ることがあまりなくなりましただけど朝、あの場所を電車で通過するときはレイプされた場所は目を逸らしている自分がいますあのとき私にもっと勇気があれば電車から降ろされることもなかったと考えるととても悔しいです


149  rape - 2015/09/21(Mon) 23:47 No.29765
    ((*))(,・・,)入れ墨やくざに侵される日本人女性(〜〜)
    (,<>.)( ;∀;)ヽ(`Д´)ノプンプンカンカン(# ゜Д゜)
    (;゜Д゜)嬉しい喜び陰毛高校二年生で処女喪失糞珍毛野郎
    まんげ生えそろってるって笑ってたバカ男
    生えてるに決まってんだろバカ男
    もう17歳だぞ
    キッタネェ〜チンコくっつけてくんなぁ
    入れるんじゃねぇー租珍野郎
    クソチンコ
    処女膜破壊しやがったやつらただじゃお金ぇ
    血が流れてきてんのにまだブッ挿してクンのかよっ!人出無し
    ふざけんなっ
    バカヤロー


150  愛菜 - 2015/09/21(Mon) 23:03 No.29763
    アフタピルは必ず携帯してる
    仕事柄レイプされます
    女一人が抵抗しても無理
    男達は目の色変わってる
    ちゃんと洗ってるけどクンニされるのが恥ずかしい
    最初は優しいけど逃げ場のないところに連れ込まれたら
    大抵ヤラレル
    クルーザーに乗せてあげるって言われて船の上でヤラレて
    車で送ってあげるって言われれば車内でやられて
    お店のトイレに連れ込まれてヤラレタ
    もうそんなのには慣れたけどね


151  名無し - 2015/09/19(Sat) 21:01 No.29757
    我が家にホームステイしてたマイクから手紙が届いた
    昭一と美貴が今度はカナダに遊びに来ないかと誘われたんです
    兄は大学2年で私は高3でした
    夏休みを利用して兄も行くというので安心して付いてくことにしたのです
    お休みの日にファミリーでアスレチックコースに連れてきてくれたのです
    そこはすごい広大なエリアで日本じゃ考えられない広さです
    バーベキューが出来る場所もあって用意してきたバーベキューパーティーです
    楽しい人と気でした私はトイレに行ってくると兄にだけ告げて
    少し離れた場所にあるログハウス調のトイレで用を足して
    出て来たところで顔全体に大きなバスタオルをグルグル巻きに
    されてそのままヘッドロックしたまま軽く私の身体は浮き上がりました
    トイレに入るとき2メートルぐらいありそうな二十歳ぐらいの男の人が2人私を見てたんです
    たぶん茂みの奥の方に連れ込まれたと思います
    恰好はおそらく仰向けにされた私の頭の方から脇の下に両足を入れて私の顔の上に大きなお尻が乗っかってきました
    声を出すとかじゃなく息すらできない状態でした
    アスレチックコースですから私は上下ジャージ姿です
    もう一人が下半身のジャージとパンツをくぐらせて手が入ってきました
    少女から乙女になって初めて男の人にマンコ触られて生まれて初めて揉まれました
    タオルの中で大声で泣きました
    陰毛の中に指が入って来て割れ目をなぞるように1本の指が行ったり来たりしてざらついた指がデリケートすぎる膣の中側の柔らかい部分に触れるだけで悲鳴あげるほどの痛さで
    上はもう一人がブラをめくり上げて乳首にむさぼりついていた
    パンツも全部脱がされてマンコに口付けしてきて舌先でベロベロされて外人の特大なものが割れ目の間に入って来て
    一気に突き上げられた瞬間に「ブチブチブチッ」って中が切れるのを感じて裂けたって解りました声も出ない激痛で
    何度も意識失って気が付くとまだ終わってないの?って絶望して後は知りません
    気を失ってる私を誰かが発見してくれたんです
    気付いたら病院のベッドに寝かされてました
    マンコの右5センチぐらいと左3センチぐらい2か所
    合計3か所裂けていたようです
    妊娠しない処置をしていただき私の18歳の夏が終わったのです
    診断結果は膣内亀裂裂傷処女膜断裂毀損です
    処女の私はもう処女じゃありません。


152  ApearseFex - 2015/09/19(Sat) 06:20 No.29749
    http://mixymuti.esfh.ir - embroidery design converter
    http://alakywi.3hoo.info/sochinenie-istinnaya-vnutrennaya-krasota-cheloveka-394.php - СРчиРРРРёР РёССРёРРР°С РРСССРРРР°С РСР°СРСР° С‡РРРРРРР°
    http://tevutydas.vhostall.com/images-valentines-day-facebook-80.php - images valentines day facebook
    http://ufahego.is-on9.com/doklad-yurik-667.php - РРРРаРССРёР
    http://awyciti.resellrightsnetwork.com/objective-for-cv-for-programmers-222.php - objective for cv for programmers

    У него тоже стояла работа, но в душе он был совершенно спокоен и неуклонно двигался к цели. Он снял фуражку, сделал медленный выдох, и все это под ироничным взглядом человека напротив. Вот только чью? Марини бросил мне ключи от наручников. Потом второй, третий… А потом стеклянная равнина вдруг ушла у нее из-под ног.
    http://ogogipoku.freehostalive.com/adobe-dv-var-photoshop-extended-cs5-win-upg-61.php - adobe dv var photoshop extended cs5 win upg
    http://qicurikijo.projects-library.com/tv-guide-grid-online-694.php - tv guide grid online
    http://fadizedyy.94u.in/adobe-photoshop-cs4-educator-978.php - adobe photoshop cs4 educator
    http://ujulewy.hostsong.com/logitech-io2-pen-drivers-562.php - logitech io2 pen drivers
    http://volyjygi.oagroup.info/doklad-pro-legkoy-atletiki-498.php - РРРРаРРСР РРРРРР Р°СРРСРёРРё

    Началась моя первая вахта. Они, немые, спокойно висели в своих рамах. А я тебя так искала!.. Один только раз меня поставили на место, и я всегда с чувством стыда вспоминаю об этом случае. Он оглянулся Эразмо все еще сидел на корточках с опущенной головой: Я не согласен с тобой, Мендес, не согласен.
    http://jamameneri.hostme43.com/st-louis-university-practical-anatomy-workshop-207.php - st louis university practical anatomy workshop
    http://rucahehyhu.cowhosting.net - РСССРРР°С СабРСР° РСРёРРСРРРРРРёР Р РСРСССРРРРРёС
    http://xygorir.q28.ru/kursovaya-mezhdunarodnoe-morskoe-pravo-397.php - РСССРРР°С - РРР¶РСРР°СРРРРР РРССРРР РСР°РР
    http://eqotupoxy.marocwebs.com/pravo-drevney-indiizakoni-manukursovaya-827.php - РСР°РР РСРРРРР РёРРРёРё.РР°РРРС РР°РС.РСССРРР°С
    http://odetoqud.wp.lc/automation-a-car-company-tycoon-game-download-872.php - automation a car company tycoon game download

    Ничего кроме попытки уйти в астрал и в бестелесном виде проникнуть в покои Алакдара, чтобы попытаться подслушать его разговор с Анхелем мне в голову не пришло, и я приступил к подготовке данного мероприятия. Поэтому в 1990-х гг. В дальнейшем вопросами международного географического разделения труда много занимался академик О. Впрочем, любопытство придавало дополнительные силы. О Боже, если б вы знали, как я счастлив!
    http://yrubugi.makewebsitemobilefriendly.com/viktor-lapko-10.php - viktor lapko
    http://fehaboxar.hj.cx/kursovaya-rabota-voyna-i-mir-249.php - РСССРРР°С СабРСР° РРРРР° Рё РРёС
    http://hyrayapu.inmart.asia/twain-scanner-driver-canon-374.php - twain scanner driver canon
    http://dahugoyuki.kdbhosting.info - space ghost cartoon episode guide
    http://yhepufep.bedavahost.biz/it-professional-windows-xp-service-pack-3-exe-jayboe-152.php - it professional windows xp service pack 3 exe jayboe

    Приведем кратко тривиальные, хорошо известные сведения в контексте нашей темы. Далее автор статьи утверждает, что вот-вот 23 (! Он едва сдерживал себя. Дело в том, что им пришлось столкнуться совсем не с такими войнами, с какими привыкло иметь дело общество в Европе. Поэтому султан рассчитывал превратить крестоносцев в своих союзников и спасти Египет.
    e57geW7hhG вот


153  ApearseFex - 2015/09/17(Thu) 05:21 No.29734
    http://ucydagi.ansnet.ir/vgn-fw31e-drivers-xp-669.php - vgn fw31e drivers xp
    http://qybemuhu.diacorp.biz/kursovaya-rabota-elostichnost-sprosa-i-predlozheniya-12.php - РСССРРР°С СабРСР° СРРССРёС‡РРССС СРСРСР° Рё РСРРРРР¶РРРёС
    http://abinevus.usrs0.com/capsular-pattern-hip-joint-274.php - capsular pattern hip joint
    http://omiyuhu.cowhosting.net/dokladi-reklama-v-rossii-716.php - РРРРР°РС СРРРР°РР° Р СРССРёРё
    http://ayydexes.a78.org/festival-programme-741.php - festival programme

    Но даже не найдя за собой серьёзных прегрешений, я не мог остановить холодный озноб. Внук Чингиса Батый спешил миновать это гиблое пространство, а пришлось углубиться в еще более тесные страны: Волынь, Галицию, Польшу, стиснутую горами Моравию и Венгрию. Я надеялся, что ты вернулся, потому что передумал. Вас, людей, такая тактика измотала бы, но не их. Кто из них в сторону ушел, кто вверх, кто вниз, благо лес уже закончился и места для маневра стало побольше.
    http://yhavuryvu.wapseru.biz/bmw-paint-protection-programme-479.php - bmw paint protection programme
    http://omebukan.00g.biz/facebook-com-java-108.php - facebook com java
    http://ugetadusa.oagroup.info/anoushka-ajith-kumar-facebook-962.php - anoushka ajith kumar facebook
    http://ycacosi.cocker.me/edvr35-exe-325.php - edvr35 exe
    http://yifohih.rurs.net/download-drtcp-exe-1043.php - download drtcp exe

    До сих пор так и неясно то ли поселившаяся в здании императорская школа пилотов унаследовала его горемычную судьбу, то ли были какие-то иные причины, однако с момента своего образования эта школа считалась самой большой дырой во всем императорском флоте. Эта ночь должна была стать решающей. Эсмиель окинула поднос рассеянным взглядом и послушно протянула руку к корзиночке. Мог выведать под гипнозом у Просперо. Адмирал снова недовольно сдвинул брови, но с коммандер-капитаном можно было разобраться и позже.
    http://isihtaylor.2fh.co/ispolzovanie-differentsialnih-uravneniy-v-ekonomicheskoy-dinamike-doklad-po-matematike-40.php - РёСРРРСРРРР°РРёР РРёССРСРРциаРСРСС… ССР°РРРРРёР Р СРРРРРРёС‡РСРРР РРёРР°РРёРР РРРРаРРР РР°СРРР°СРёРР
    http://ytucuritu.ihostwell.com/emanuel-adriaenssen-villanella-891.php - emanuel adriaenssen villanella
    http://lyyynani.national-site.com/adobe-photoshop-elements-8-rebate-form-794.php - adobe photoshop elements 8 rebate form
    http://piwuyeme.freehostingo.com/cara-desain-sertifikat-dengan-photoshop-847.php - cara desain sertifikat dengan photoshop
    http://ufihicysi.br0s.info/minecraft-ellians-material-detector-1-0-0-425.php - minecraft ellians material detector 1 0 0

    За три месяца обработки двоих сержантов из вневедомственной охраны Локомотив в очередной раз убедился в том, что неподкупных нет. Был бы я моложе лет на двадцать, поросился бы в его команду. Всегда… Каждый рано или поздно должен расплатиться за то, что сделал. Семик, бурно крякнув, сталкивает гроб на Темика. Очевидно, его смерть явилась следствием криминальных разборок.
    http://elurawof.aiksite.com/donald-driver-dance-partner-1109.php - donald driver dance partner
    http://ebozutypyh.5941888.com/descargar-norma-une-en-1143-1-352.php - descargar norma une en 1143 1
    http://gilatujy.bb777.ru/manny-pacquiao-vs-juan-manuel-marquez-boxing-tickets-856.php - manny pacquiao vs juan manuel marquez boxing tickets
    http://ligosonoc.pagi0.com/lucy-calkins-writing-workshop-assessment-319.php - lucy calkins writing workshop assessment
    http://ayyyida.webideaserver.com/eintrag-htm-converter-475.php - eintrag htm converter

    Недавно еще крепостной крестьянин графа Гурьева, занимавшийся торговым делом, он за 10 тысяч рублей получил отпускную почти накануне освобождения крестьян. Так опасная швейцарская группировка была обезврежена. Госпожа Сароян сделает наклейки на коробки и перешлет их куда надо. Было ли этого достаточно? Шлядинским выехали на известные нам места происшествий для опроса свидетелей.
    e57geW7hhG вот


154  痴漢職人 - 2015/09/15(Tue) 23:27 No.29727
    わざわざその時間帯にわざわざ電車に乗るためだけに出かけていた
    今はもうやってない
    ギュウギュウ詰め
    あらかじめ目星をつけておいた23歳ぐらいのOL風の女
    ピッタリ後ろをキープ
    手の甲をそっと押し付けるとケツが割れてるのを手の感触で確認する
    こんないい女でもケツが割れてる
    少しずつスカートをたくし上げていき電車の揺れに合わせて
    欠の割れ目から中指を滑り込ませて
    行ったり来たりを繰り返した
    女はすぐさま股を固く閉じた
    うん、気づかれたんだ
    でもかまいやしない
    耳元に荒い息を吹きかけると肩を挙げて耳が真っ赤にほてっている
    感じてる
    そう分かった
    中指は突っ込んだまま動かせないので
    指先だけで栗の箇所をバイブした
    クニュクニュ弄ってやった
    ん?湿ってきたぁ?
    オメコ濡らしてんじゃねぇーの?
    ある駅で一斉にみんなが降りてその女も降りたんで引き寄せられるように後をついていった
    女は俺に気づいてる
    速足で振り切ろうとしてる
    公園の前で高校生ぐらいのやつがだべってる3〜5人
    するとその女がガッっと振り返って
    「いい加減にしてっ!ついてこないでっ!」って大声で
    叫んだもんで一気に怖気づいちゃって
    住んでるアパートなのかマンションなのか突き止められなかった
    今思えば気が弱すぎだろって思うよ
    部屋でも突き止めればそのあとそれ以上のこともできたのかもしれない
    いい女だったなぁ〜


155  ApearseFex - 2015/09/15(Tue) 04:56 No.29717
    http://bederuhiri.websitepercuma.com/dell-cd-error-code-39-1150.php - dell cd error code 39
    http://fofopygacy.livhe.com/knitting-instructions-for-baby-blanket-146.php - knitting instructions for baby blanket
    http://vyfetev.greakhost.com/lwi-one-day-workshops-159.php - lwi one day workshops
    http://acifiro.sdnbhd.info/postini-smarthost-setup-790.php - postini smarthost setup
    http://vowynunacy.twomini.com/apartment-guide-marlton-new-jersey-656.php - apartment guide marlton new jersey

    Они приходили в Центр со всей страны со скоростью более одного сообщения в секунду, так, что Фролих не успевала прочитывать их. Мне очень понравилась эта бумажка. О тебе он ничего не узнает, а что касается меня, то я принял коекакие меры. Рассеянно смахнув иней с ближайшей из них, Анар обнаружил прикрытые тонкими ледяными пластинками углубления, в которых хранились разнообразные продукты. Тело мое проросло травой, руки мои стали могучими пальмами.
    http://tykeqafag.hostsong.com/rabota-s-adobe-adition-148.php - rabota s adobe adition
    http://mosacuxuno.akdirahost.com/pochemu-nu-mogu-ustanovit-samsung-usb-driver-for-mobile-phones-622.php - РРС‡РРС РС РРРС СССР°РРРРёСС samsung usb driver for mobile phones
    http://boxyvykire.doehost.com/computer-support-specialist-resume-templates-781.php - computer support specialist resume templates
    http://sysidytu.hokinet.com/free-technical-photoshop-brushes-806.php - free technical photoshop brushes
    http://jofaveha.eufrs.org/manuel-lopes-fairport-ny-888.php - manuel lopes fairport ny

    Когда же он повернул ключ, раздался взрыв. Маленькое облачко голубого тумана висело на том месте, где он только что стоял. Обхватив себя руками, чтобы согреться, он думал, не удалось ли ему каким-то образом подхватить лихорадку. Сестры-деетари пили чай, предварительно убрав свою комнату и облачившись во все самое лучшее. Часто они сохраняют фрагмент тела жертвы или ее одежду, подобно медвежьей шкуре или волчьему клыку, храня их в особом месте как напоминание.
    http://isawybo.sfcircle.com/minecraft-vault-101-save-803.php - minecraft vault 101 save
    http://owovukeqax.greakhost.com - descargar sonidos para el blackberry messenger gratis
    http://yyupobyki.hamzahost.com - payment access template
    http://ucysila.3hoo.info/cnet-cnusb-611-wireless-b-usb-dongle-driver-394.php - cnet cnusb 611 wireless b usb dongle driver
    http://odebyqux.hj.cx/change-request-deployment-template-413.php - change request deployment template

    Казалось, еще немного и раздастся страшный, всеразрушающий взрыв, который отделит материю от сознания, как мясо от костей. Новые романтики, псевдооперными голосами воспевающие бессмысленный, но прекрасный подвиг героя-одиночки, вяло огрызались, что они, дескать, разоблачают тоталитаризм и способствуют раскрепощению духа. Он действовал осторожно, бережно поддерживая слабый огонек, пока костер не запылал ярким пламенем. Так вот, тот человек, которого я на Тропе Дохлых Лошадей привык считать своим кровным братом… Тот человек был Джон Рэндолф, криво усмехаясь, закончил за него Счастливчик. Лили ухмыльнулась: - Если бы вы, герой, не развязали мою шляпку, с нами вообще бы ничего не случилось.
    http://jisityyyc.livhe.com/check-points-on-ohio-drivers-license-419.php - check points on ohio drivers license
    http://omilygy.a78.org/schools-tv-programmes-buy-uk-331.php - schools tv programmes buy uk
    http://mysehifyhi.hokinet.com/code-nserrorillegalvalue-734.php - code nserrorillegalvalue
    http://ivijikeru.vhostall.com/ba-great-britons-programme-91.php - ba great britons programme
    http://vipoyomec.q28.ru/msi-ms-6399-handbuch-848.php - msi ms 6399 handbuch

    Всё сам развлекаешься, без меня! Даже слабые инфразвуки могут оказывать на нас существенное действие, особенно если длятся достаточно долго. Тем более, что лошади у нас одни - запасных нет. Решающий маневр битвы при Каннах был повторен, но против его изобретателя. А то понимаешь понаехали тут всякие, пальцы веером, уши в шрамах, на ногах фиги растут, - не пройдёт коварный план обольщения.
    e57geW7hhG вот


156  麗奈 - 2015/09/14(Mon) 18:45 No.29714
    不良仲間の良平の単車のケツに乗って流してたら先輩に挨拶してくるからって言いだして向かった先が平屋の古い家で
    その人のおじいちゃんの貸家で今は空き家になってるから
    たまり場になってるって言ってた
    私と良平は17歳でその人たちは二十歳ぐらいだった
    先輩の一人が腹減ったからコンビニで弁当でも買って来いヤァ
    って良平に言って「わかりました」って良平が出て行ったら
    なんか雰囲気が変わって危険を感じて歩き出したら押し倒されて制服のミニスカート思いっきりめくり上げてパンツ脱がされて両足を抱え込んで思いっきり股開かされてマンコ丸出しにされた初めてあった男達にマンコ見られて死ぬほど恥ずかしかった一人がマンコをベロベロ舐めてきて気持ちが悪くて泣いた
    何本もチンコ突っ込まれてまた泣いた
    弁当買に行ったはずの良平は帰ってこなかった
    次の日の夜まで男達にヤラレ捲った
    その後に妊娠してることが解ったのよ
    勿論あの時に孕んだに違いないって全員に中出しされたし
    そんで仲間たちにカンパしてもらって中絶した
    降ろした後で水子供養しに行ったけどこっちの都合で赤ちゃんの命奪って良心の呵責に責められる気持ちでいる


157  匿名(女) - 2015/09/14(Mon) 17:41 No.29713
    彼との行為の時はいつもゴムをこっちで用意してました
    今年に入って彼からもうゴムは付けないからって言われ
    ビックリしました
    もし妊娠したらその時点で籍を入れようって言ってくれました
    射精した時、体の中が一瞬熱い物が迸る感覚は初めて味わう
    刺激です
    それが3か月前のこと場所が特定されると嫌なので詳しくは言いませんが集団強姦されました
    何処なのかもわからず連れ込まれた先は大型スーパーかホームセンターの駐車場ワンボックスカーの窓からチラッと見えたのです
    3人の男達に女1人の抵抗も無力でしたあっさりとマッパにされて口と乳首とアソコにとキスされて口の中に勃起入れられて
    喉に直接あたってゲロ穿いてアソコに容赦なく勃起が入って来て何度も中田氏されて別の場所に捨てられたんです
    勿論彼には話してませんし誰にも言ってません
    ただ妊娠したのです
    それが彼との間の子なのかレイプ男達の子なのかが解らないのです
    レイプ野郎の子供は産みたくありません
    でも子供は欲しいし結婚もしたい
    レイプされたことを彼に打ち明けて結婚が破断になるのが怖いのです
    いっそ何も言わずこのまま生むのがいいのか本気で悩んでます


158  東野優里奈 - 2015/09/09(Wed) 20:34 No.29687
    そうゆうのされたことありますよ
    意識が戻ったらそこで寝かされてました頭がガンガンする
    起き上がったらマ*コが痛いヒリヒリする
    トイレに行ってパンツおろしたら中の方がヒリヒリしてる
    精子とかは付いてませんでしたがパンツも汚れてて
    された感満載、でも証拠もないし女の子は泣き寝入り
    本格的な奴はレイパーに囲まれて逃げれなかった時
    キチガイレイパーは超憎いけどそいつらに対して羞恥心はない
    私の割れ目に突き刺さってる肉凶器との結合部分を
    ギャラリーに見られるのが耐えられない屈辱
    何度も突き刺してきて感覚がマヒして最初の痛みが無くなるの
    帰ってお風呂に入ったけどマ*コ痛くてお風呂に浸かれなくて
    寝ようとしてもヒリヒリして寝付けなくて悲惨だった
    一週間くらい抜け殻のようだった
    そんなことぐらいかなぁ


159  ApearseFex - 2015/09/13(Sun) 04:56 No.29701
    http://evemoka.akdirahost.com/wowbot-exe-387.php - wowbot exe
    http://nirodavasa.androidangels.net/lossless-source-coding-using-nested-error-correcting-codes-650.php - lossless source coding using nested error correcting codes
    http://asapikuru.esfh.ir/photoshop-trial-expired-crack-533.php - photoshop trial expired crack
    http://zepucyki.hostipus.com - pk error code 999
    http://giveyatux.hostusa4u.info/foxconn-n15235-audio-driver-free-download-90.php - foxconn n15235 audio driver free download

    Чтобы противодействовать этому, нужно разрушить дурную общность и соединиться в стремлении к правде, что жива в каждом человеке. В 1845 году Гоголь переживает новый кризис, усугублённый тяжкой болезнью, которую он сам принял за предвестье стоящей у порога смерти. Ночи у меня все, как на подбор, были одинокими, даже те, которые я проводила с Нейлом. Проза, впрочем, уступает стихам по художественному уровню. Вся эта стихия стянута стержневым образом: Гуляет ветер, порхает снег.
    http://liwelanu.androidangels.net/eu-sports-programme-2012-839.php - eu sports programme 2012
    http://yweyevot.ansnet.ir/new-management-job-hit-the-ground-running-with-fast-start-exe-756.php - new management job hit the ground running with fast start exe
    http://oryqacar.cocker.me - chicken shoot ds instructions
    http://cygyquyy.crazyfreehost.com/say-one-republic-lyrics-traducida-885.php - say one republic lyrics traducida
    http://eyizoxe.sitefree.co/programme-formation-adwords-37.php - programme formation adwords

    Затем, так как этот язык кое-кому здесь мог быть незнаком, я прочитал собственный перевод, оканчивающийся строчкой: Коль пиво легкое, пусть будет тяжек кубок, им налитый. Завтракали в полном молчании. И этими вопросами не могут не тревожить свою душу люди, живущие в тумане греха. Это была маленькая продолговатая комнатка с окошком прямо напротив двери. Эта часть спортивной арены ограждена от посторонних взглядов высокой каменной стеной, но ранние прохожие в тот день с удивлением слышали доносившиеся из-за нее голоса игроков и хлесткие удары битой по мячу.
    http://faqalyjad.hostsong.com - mac os x text editor for programmers
    http://oyifiraco.blogjist.com/panovanklavyi5haosovershenstvo-199441-fb2-zip-409.php - panovanklavyi5haosovershenstvo 199441 fb2 zip
    http://yifecuka.oagroup.info/championnat-du-monde-athletisme-daegu-programme-1098.php - championnat du monde athletisme daegu programme
    http://ufirajo.ramyhosting.com/guida-w3c-italiano-725.php - guida w3c italiano
    http://fetefogaja.maximumhost.net/photoshop-psd-layer-634.php - photoshop psd layer

    В страхе обнажает Эней меч, но это лишь призраки, иллюзии в Пустоте. А он еще ни разу не охотился. Процедура добавления заявки выполняется в несколько шагов. И кто-то им нахально пользовался. Шум, теперь слышный даже сквозь грохот схватки, шел откуда-то снаружи, нарастая с каждым ударом сердца.
    http://ykewyduqo.rrshost.in/pap2-linksys-setup-67.php - pap2 linksys setup
    http://aqabowy.ws.gy/building-instructions-for-lego-space-police-664.php - building instructions for lego space police
    http://ybuyimuvyc.catkoot.tk/rome-guide-civ-5-201.php - rome guide civ 5
    http://izacyhugi.brushost.com/handbuchbinder-net-27.php - handbuchbinder net
    http://feqimyvu.00g.biz/drawing-of-earthquake-182.php - drawing of earthquake

    Мы попадемся пожалеют нас?! Увы, это не всегда целесообразно… Те, кто хоть немного знают медицину, наверняка, в курсе: после клинической смерти наступает смерть биологическая. Я не свихнулся от переживаний последних дней? Они страстно полюбили друг друга, но, вот беда, девушка, хоть и образованная и воспитанная, была дочерью торговца, а парень дворянин, сын одного из вассалов барона Брасеро. Другой писатель, Борис Полевой отмечал, что проехав десятки километров на машине по местам ржевских сражений, только раз увидел один, чудом уцелевший, скворечник.
    e57geW7hhG вот


160  ナース - 2015/08/23(Sun) 11:18 No.29576
    実家の田舎ではなかなか就職がないので、短大に進み、今は一人暮らしでナースをやってます。3交代なのですが、マイカー通勤&オートロックマンションでセキュリティーは万全。
    でも、準夜勤の帰りに不意打ちにあってしまって。。。
    明日は休みなので、朝食を買うためにいつものコンビニへ。深夜&台風の影響で雨とはいえ、客も店員もいるし、外では自転車で来た人がタバコ吸ってるし、全然普通。
    8月の暑さと、いつもの慣れから、エアコンを消さなかったのが運の尽き。道路に出ると、後部座席から手袋をした手が、しかもカッターナイフを持ってる。
    そして「おとなしく、俺の言う通りにしろ。殺されたいか!」
    タバコ臭い息といい、黒っぽい合羽の袖といい、さっきコンビニ前でタバコ吸ってた人らしい。
    犯人の指示通りにするしかなく、閉店後のスーパーの駐車場で車を止め、助手席に移り、座席を倒すと、犯人は私のブラを外した後、後部座席から運転席に。
    私を脅しパンツとストッキングを脱がせると、シャツをめくり、胸を舐めながら、あそこに指を入れて、そのうち激しく動かしてきました。
    犯人も合羽ズボンとパンツを脱ぐと、カッターで脅しながら数分間フェラチオさせられた後、生のまま私のあそこに突っ込んできました。
    合羽のフードをしたまま私の顔や耳を舐め回したり、口に舌を入れ舌を絡めたり、タバコ臭い息を吐きながら、腰を振り続けました。
    怖くて言葉も出せず、お願い、中で出さないで!という願いもむなしく、あそこが生温かい感触に包まれたと思ったら、同時にどうしようもない快感に襲われました。
    吐かれたくなかったのか、Hの後のフェラチオは要求されませんでしたが、犯人は合羽のポケットからアフターピルだという錠剤を出し、さっきコンビニで買ったジュースで飲まされました。
    実際には睡眠薬だったみたいで、犯人にカッターを突きつけられながら眠りに落ちました。そして、いろいろ質問責めされる夢を見続けました。
    目が覚めると、外はもう明るくなっており、私は自分の部屋のベッドで裸で寝ていて、タンスやクローゼットが荒らされ、しかも部屋がタバコ臭い。
    それに、私の横には、私のボード用のフェイスマスクで顔を半分隠し、合羽を脱ぎ裸になった犯人もいる!タバコを近づけながら
    「奈良の大仏みたいな頭になりてーか、ごら!」。
    恐怖で固まっていると「お前、寝ながらいろいろしゃべってくれて楽しかったぜ。それにカードで全額おろそうかと思ったが、半分残しといてやったから、感謝しろよ。」
    寝ている私から暗証番号を聞き出したらしい。それから、免許証や保険証の住所でカーナビがここを案内したことや、私を肩を組んで運びバッグの鍵で部屋に入ったこと、
    雨がひどかったので、合羽のフードを被ったまま、ATMで引き出し、私を部屋に運んだから、防犯カメラに自分の顔は写ってないこと、自分の自転車もマンション前に運んであること、
    そこまでは、普通の話だったけど、「お前、寝たのは俺が5人目だってな。JKで彼に処女をくれてやった後、ナースの仕事は溜まりまくりで、合コンとかで知り合った3人とやったそーじゃねーか!
    誰に、どんな技教えられたかまで話すもんだから、我慢できずにやったのがこれな!」
    えー、そんなことまで。。。
    犯人は、スマホを見せ、「見ろよこれ、お前の寝顔フェラな。」
    私が寝てる間に、口にあそこを突っ込んでたなんて。。。
    さらに、「いい○○○してんじゃねーか。」
    私は驚いてしまい「これ、私のあそこ???寝てる間に、何やったの?」って犯人に怒鳴りつけていました。
    「ネットにばら撒かれてーか、ごら!」犯人にすごまれ、しかも犯人の腕の刺青(というかタトゥーというか)が目に入り、怖さで我に返りました。
    そして、悔しさと怖さだけでなく、恥ずかしさも入り混じった、やられる事に快感を覚えるような変な気持のまま、犯人に服従するしかなく、フェラチオから始まり、体位を変えて、ベッドやキッチンで3回も生で出されました。
    最後に、「俺はお前が付き合った5人目の男だぞ、忘れるな!単に1晩同意の上で付き合っただけだからな!間違っても警察には言うなよ!」
    そして、私に今度は本物というアフターピルの錠剤を渡すと、黒い合羽を着てフードを被り、やっと私の部屋から出て行きました。
    窓から、自転車で走り去る犯人を眺めると、恐怖から解放された安ど感で、やっと少し落ち着きを取り戻しました。
    でも、犯人に感じまくった罪悪感や、寝ている間にプライベートを犯人にさらけ出した恥ずかしさがこみあげて、今でも思い出すだけで体が感じてしまってどうしようもないんです。
    時間が経ち、恐怖感が消えていく中で、恥ずかしさだけが強くなり、今では、合羽やボードのフェイスマスクで覆面した犯人を心の中で美化してしまい、仕事のストレス解消に
    犯人のことを考えながら、オナニーするのが、やめられなくなってます。合コンで知り合った男性に抱かれても、この時ほど感じられず、この犯人のせいで、破滅の人生になりそうです。


161  沙希 - 2015/09/11(Fri) 11:41 No.29692
    私が16歳の時、初めて親友と2人だけで行った九州旅行で、声を掛けてきた大学生2人組。
    同じツアーに参加していた事もあり、宿も一緒でした。
    楽しかったので、夜は私たちがその二人のお部屋にお邪魔するような感じで、
    飲み慣れていなかったお酒をたくさん飲まされているうちに、私も親友も同じタイミングの同じ場所で、処女を失っていました。
    翌日も二日酔いで、「介抱するから」という理由で、移動中のどこかのPAとかのトイレでされていました。
    彼らは何食わぬ顔して、そのまま過ごしていて、それが腹立たしかったのですが、すごく気持ち悪いし、体のあっちこっちが痛かったので、誰かに言う気力は私たち二人ともなくなっていました。
    18歳の時、高校卒業式の後で、仲の良かった友達同士で飲みに行った時でした。
    最後に残っていたのは、私を含めて女4人でした。
    結構、酔っていたのですが、以前の経験があり、そこまで深酔いしていた訳ではありませんでした。
    ところが、友達の内の1人がお店で声を掛けてきた男性4人組の席に移動してしまい、その子を引きはがそうとしているうちに、
    みんなも酔っていたので、いつの間にか同席と言う形になっていました。
    そして、カラオケへと移動すると、勝手にペアが出来ていて、カラオケの店員さんが飲み物を運んできて、部屋を出て行ったところからは、
    乱交に近い事が始まっていました。
    私はパンツを剥ぎ取られながらも、何とか逃げようとしていて、やっとの思いでカラオケから出たのですが、
    私とペアだった男は私を追いかけてきました。
    当時は携帯を女子高生が持っている時代ではなく、何とか公衆電話から、地元の男の先輩に連絡して、助けを呼びました。
    でも、最後は見つかってしまい、近くの駐車場の奥へと追い込まれると、その場でされてしまいました。
    中に出されたのは、それが初めての事でした。
    ボロボロになっていた姿を先輩が発見してくれて、先輩の車にはもう一人、私と一緒にカラオケに入った友達も同じく髪がぼさぼさの状態で乗っていました。
    私もその子もその先輩の事が好きだったから、そんな姿は見せたくなかったはずなのに、助けを同じ人に呼んでいました。
    一緒に乗っていたその子が言うには、他の2人は何とか逃げたが、その際に置いて行かれて、その分一人で3人の相手をさせられていたところに、カラオケ店の店員が3人と揉め始めて、その隙に先輩の家に電話をしたところ、すでにいなかったと言われました。
    先輩に「親バレすると、後々面倒だろうから、うちでシャワーを浴びて、服装もちゃんとして帰れ」と言われて、先輩の部屋に行くことになりました。
    広めの2DKのアパートで、一部屋を仕事場として、先輩は使っていました。
    私たちに気を使ってか、先輩は普段寝室として使っている部屋を私たちに空けてくれ、先輩は仕事場の部屋で何か作業をしていました。
    髪もボサボサだった友達が先にシャワーを浴びている時に、私は先輩の所に行きました。
    「少し寝とけよ。」と追い返されそうになったのですが、一人でいるのが怖い事を言うと、私が先輩の隣に椅子を持って来て、座っていても何も言いませんでした。
    そして、友達がシャワーから上がって、私が浴びていた時でした。
    私はシャワーを浴びながら、泣いてしまっていたので、その分、時間が掛かっていたと思います。
    すると、突然先輩が浴室に入ってきました。
    先輩はもちろん裸でした。
    先輩は私からシャワーを奪うと、私の股間に掛けてきました。
    「お前の汚れも俺が取り除いてやるよ。」と言われて、私は無気力にされるがままでした。
    先輩のを咥えさせられて、立たせられると、後ろから先輩が入ってくるのを受け入れました。
    「初めて一日で男を二人相手した。」と先輩に言うと、「一人はお前を汚し、1人はお前を浄化する男だ。」と先輩は私の耳元で言いながら、激しく腰を突いてきました。
    そう言われた私は何故か先輩の方を振り向いて、されながら、キスを求めていました。
    激しく腰を動かされながら、キスをしているうちに、私は逝きました。
    そして、先輩も私の中で果てていました。
    本当になんか綺麗にされた気分になりました。
    落ち着いてから、シャワーから上がると、先輩の寝室で、友達はパンツ一枚の格好で寝ていました。
    きっと先輩は私の前に友達も相手にしたと思いますが、翌日はその事について、私からも友達からも触れずに、先輩の部屋を後にしました。
    高校卒業後に、就職が決まらなかった私はフリーターでした。
    その分、先輩の部屋にも遊びに行き、何度も抱いてもらいました。
    ある時、私は先輩に呼び出されると、例の友達が後から来ました。
    先輩は先にいた私に手を出すことは無く、仕事を続けていました。
    2人そろうと、先輩から「二人とも、もうこの部屋には来ない方が良い。」と言われて、
    初めて二人ともあの夜から、先輩の部屋に通っていた事を知りました。
    私もその子も先輩の部屋だけが落ち着ける場所だったので、すごくショックを受けて、2人して帰りました。
    飲みに行っても、お互いに同じ男に抱かれていた嫉妬心はなく、むしろ、これからどうしようという話がほとんどでした。
    しばらくしてから、その友達に誘われて、その子の職場の先輩を紹介されました。
    かなりカッコよかったのですが、性格が合わないな〜と思っていました。
    でも、2回デートをした時に、ホテルに連れ込まれました。
    そして、襲われるようにHをしました。
    その時に、「あんたに隙があるのが悪いんだよ。」と言われて、抵抗する気を失くしました。
    事が終わると、私はそのホテルの部屋を飛び出しました。
    気付くと、先輩の部屋の前にいたのですが、先輩はすでに引っ越していていませんでした。
    先輩が浄化してくれるだろうと思っていたのに、私は今でも汚れたままの体で、30過ぎても独身で、彼氏も作れません。


162  メス豚まなみ - 2015/08/24(Mon) 06:28 No.29578
    私は、いろんな 人の性奴隷になってます。
    なぜかと言うと よくレイプされるんです。
    そのときに殺されたくないだろと言われ
    殺されたくないといい 何でも言うこときくから
    といいます。
    性奴隷にもなりますと言うの。


163  みさと - 2013/05/17(Fri) 21:16 No.22486
    私は17歳の高校生ですが、ちょうど1ヶ月前にレイプされました。
    夕飯の時に、勉強のことで父親に叱られてムカついたので、思わず家を飛び出て、女友達の家で夜中の2時まで喋っていました。眠くなってきたので、そろそろ家に帰って寝たいと思い、友達とサヨナラしました。
    1人でトボトボ歩いていると、一台の黒色のワゴン車が私の横に止まり、中から男の人が、「こんなに遅くにどうしたの?家まで送ってあげるよ。」と声をかけてきました。
    メチャクチャ寒かったし、早く帰りたかったので、ちょっと危ないかなと思ったけれど、結局車に乗り込みました。
    後ろの座席に乗り込んだのですが、ドキッとしました。車の中には6人のヤンキー風の男の人がいました。シートの真ん中に座って両脇を男の人に囲まれた状態になってしまい、もう逃げることはできません。車も走り出してしまいました。家の方向を伝えても、その通りに走ってもらえず、15分ほど走って工事現場の廃屋のような所に連れて行かれ、車から引きずり降ろされました。
    コンクリートの上に押し倒され、制服のセーラー服をハサミで切り取られました。ミニスカートも切り取られ、パンツもブラも全部切られてしまいました。身に付けているものは、制服のリボンとルーズソックスだけになりました。今思えば、深夜にセーラー服に股下0センチのミニスカートの格好で歩いている私がバカでした。
    私は抵抗もしましたが、それよりも怖くて体の震えが止まらず、ただ泣きまくっていました。6人の男の人は、ジャンケンで私とセックスをする順番を決め、次々に私を犯しました。男の人たちは、「一度でいいから女子高生とヤリたかった」とか、「女子高生レイプ初めて」とか、「女子高生最高!!」とか言っていました。私は処女だったので、そんな男の言葉がくやしくてたまらず、こんなヤツらの餌食になっていると思うと、涙が止まりませんでした。
    精子は全部中に出されました。でもこれで悪夢は終わりませんでした。ヤンキーの男の人たちは、それぞれに携帯で友達を呼び出したみたいです。後から続けて10人くらいの男が集まりました。
    こんどは、次々におチンチンをムリヤリ私の口の中に入れてきました。そして精子を飲まされました。男の人の精子を見るのも初めてなのに、初体験で飲まされることになってしまいました。結局、10人分の精子を飲みました。臭くて頭がクラクラしました。
    悪夢は続きました。男たちは、私の裸を見ながら一斉にオナニーをし始め、精子を紙コップに出しました。そして全員の精子を1つの紙コップに集めました。男の1人が、車から注射器を持ってきて、紙コップの精子を注射器で全部吸いとり、私のオマンコの中にムリヤリ突っ込み、私の中に精子を注ぎ込みました。男たちは、「妊娠しろ」、「この女、絶対妊娠するぜ」、「誰の子供ができるかな」、「俺の子供を産んでくれ」とか言っていました。私の恐怖は、レイプされる、殺されるかも…という恐怖から、妊娠するかもしれない不安へと変わり、涙も止まり、ただ茫然としていました。
    外はもう明るくなり始めていました。男たちは、私を開脚の状態にし、壊れたベンチのようなものにロープで縛り付け、オマンコがまる見えになるようにしました。そして、オマンコには草むらから抜き取ったススキのような棒状の草を差し込みました。また別の男は、私の体にマジックで、「私は変態女子高生。好きなだけ犯して下さい。」と書きました。
    男たちは去って行きました。ハサミで切り刻まれた制服は、全部男たちが持って行きました。
    私は、3日後に工事現場の男の人たちに放心状態で発見されたみたいです。結局私は、16人のヤンキーと、大勢の工事会社の男の人、父親、兄、弟、警察官、救急車の人、お医者さんと、多くの男の人に、まだ誰にも見せたことのなかった恥ずかしい姿と裸を見られてしまいました。
    今は自宅で療養していますが、これから警察でどんなことを聴かれるか不安です。そして、最悪なことに、今月の生理がまだ来ていません。あの男たちの内の誰かの子供を妊娠したかもしれないと思うと、夜もまともに寝れない毎日なのです。


164  私は@レイプされました。 - 2015/09/08(Tue) 08:25 No.29677
    中二の女子です。
    渋谷で学校教材のモデルだって言われてスカウトされました。
    30分ほどで済むからと、マンションにつれていかれました。
    そこで水着を渡され、着るようにと言われました。
    なんか嫌な雰囲気だったので、やっぱり帰りますと言いましたが、ドアの前に立ちふさがれ、仕事が終るまでは帰さないといわれました。
    仕方なく水着を着ると、撮影が始まり、男のスタッフたちが触ってきました。
    私は、いや、やめて、触らないで、と泣きながら抵抗しました。
    でも男たちは、、

    悔しいです。情けないです。
    確かに、自分には性への欲望があったのかも知れません。
    でも、あんなに濡れて、感じてしまうなんて、、

    こいつ、初めてなのに噴いてる

    男たちのこの卑劣な言葉に気がついたとき、私はベッドでひくひく痙攣していました。

    自分mp身体が信じられません。


165  ゆうこ - 2015/09/07(Mon) 20:21 No.29674
    私、借金で怖い人からお金を借りていました。
    借金のために風俗で働かされれ、それでも借金が減らないので、
    夜逃げをしました。
    逃げた先で、いろんな相談に乗ってくれる主人と出会い入籍をしました。
    半年ぐらいは楽しく生活をしていたのですが、悪魔は突然やってきました。
    主人が友人とのみにいくと言って、出かけ部屋で一人主人の帰りを待っていました。
    突然主人からの電話で、友達を連れて帰ると言って酒の用意をしておいてくれと。
    どんな友達か?と思ってドキドキしながらお酒の用意をして待っていると、ピンポーンの音が!
    主人の後ろについて来ていたのは男2人。
    そうです、金貸しの店長と風俗の店長とでした。
    私はその場で固まってしまいました。
    主人は何も知らずに、いつもご馳走になってるから、今日はうちで二次会と言って誘ったんだと笑顔で、いい調子でした。

    しばらく飲んで主人がトイレに立った時、一人が主人のコップに薬を入れるのを、私は見てしまった。
    主人がお酒を飲むのを止めることもできず、残っていたお酒を一気に飲み干しました。
    飲み終わるとすぐに主人はその場で寝てしまい、私は二人に挟まれて、お酒の相手をさせられました。
    笑っていた顔もつかの間、私はテーブルに寝かされて両手足をテーブルの足に縛られてしまいました。
    着ていた服はナイフで切り裂かれて、下着だけにされてしまいました。
    主人が寝ているので声も出せずに恐怖と戦っていました。
    ブラの谷間にナイフを当てて、引っ張った瞬間私の胸は・・・
    次に股のところにナイフを引っ掛け、一気に引っ張られてショーツの股の部分が・・・
    私は声も出せずに二人の男の言いなりに
    家を出る時、縛っていた紐は外してくれましたが、また奥さんと美味しいお酒がのみたいと言って帰りました。


166  佐藤なるみ - 2015/06/06(Sat) 07:26 No.28977
    中出しさん、私の事一生面倒見てくれるなら
    あなたの性奴隷になってもいいわよ。
    でも変態行為のセックスは、お断りよ!!

    早く私に声掛けて拉致って!!私の事、迎えに来てください!!
    誰にもジャマされず、2人っきりになれる所に連れて行って・・・

    私の事、毎日激しく抱いてくださいね♪
    私の初めて、中出しさんに捧げます・・・貰ってください・・・

    中出しさん、私の身体でイッパイ気持ち良くなってください。
    中出しさんの望むままに私、赤ちゃんお腹に妊娠します・・・・
    そして・・・・中出しさんの子供、産みます。
    中出しさんには、迷惑かけませんから・・・・


167  西野 真理子 - 2015/08/24(Mon) 11:34 No.29580
    看護師になって3年
    当番制で朝個室の患者さんの部屋におはようございますって入って言ってカーテンと窓を開けて熱い濡れおしぼりとお茶を配るのです
    カーテンを開けに窓際に来た時にドアに鍵をかけたのだと思いますカーテンをザッ〜って開けた瞬間に後ろから抱き付かれたんです
    そのままベッドに押し倒されました
    で、最後までされて
    その後も何度も関係を要求されて困ってます
    女って1度されちゃったら弱いものです
    拒絶する気持ちが半減されちゃいますから


168  私は@レイプされました。 - 2011/07/21(Thu) 16:37 No.17096
     学習塾でレイプされました。大きな事件だったけれど、内容が内容なので報道されなかった。私が中学2年生のとき。ひとつの教室の15人ぐらい生徒がいて。いくつか教室がある学習塾。急に変な男の人たちが何人か入ってきて、
    みんなを一番大きな教室に集めたの。男子と塾の先生たちを縛って動けないようにして、女子だけを前に出させて。その日は2年生しかいなくて女子はみんなで10人ちょっと。みんなの前で服を脱がされて、ブラとパンツだけにされた。抵抗する子はたたかれていうことを聞くしかなかった。一人ずつブラをはずされた。バストやウエスト、ヒップを測られた。もちろんアンダーも。ブラのサイズも大きいな声で言われた。立たされたまま、胸を触られて、。その後、パンツも脱がされた。これも一人ずつ。あそこの毛の生え方とかお尻の大きさや形とか、ほかの女の子とたちと比べられて。ついに、座って足を広げてあそこ比べ。男子も塾の先生もみんな見てる。私たちの下着も、男子の顔につけたりして見せ付けてる。
     その後、男たちが、私たちをレイプ。やりたい子を選んで襲ってきた。私も2人の男に。始まってしばらくすると、ある女の子がすごく大きな声で叫んでる。お尻のほうから、男がレイプしてる。みんながびっくりするほどの大きな声だった。みんなが注目した。バックから男のものが入ってきたんだと思う。その女の子は後ろから入れられながら、胸ももまれて、かわいそうだった。私はそのとき、まだ入れられてなくて、胸とか吸われてたり、あそこをいじられてたり。
     はじめは。「いや」とか「やめて」とか言う女の子たちの声が「「あー」とかいう声にかわってきた。わたしもそうだった。恥ずかしいのに、声が出ちゃう。私も、いろいろエッチなことをされて、足を広げられて、入れられちゃいました。痛かったけれど、中に熱い液体、たぶん男の精子?が入ってきたときには、悲しかった。女の子の何人かは男のおちんちんを口でくわえさせられてた。わたしも。吐きそうになった。
     1時間ぐらいで男たちは出て行った。
     忘れたいけれど忘れられない。


169  明日菜 - 2015/09/02(Wed) 07:12 No.29639
    ランニング中にレイプされました。
    夏の暑い夜で、キャミの上にタンク、膝丈のスパッツ姿でした。

    暗い中で襲われてる時
    「胸も尻も体の線出過ぎだぞ。ほぼ裸みたいな格好で走ってるお前が悪い」と言われました。

    その後も、同じような服装で走り続けています。
    襲われないまでも、すれ違う男性の視線を意識してます。

    ワクワクします。


170  山本彩香 - 2015/09/03(Thu) 13:24 No.29646
    去年の春に 離婚  子供なし
    今33歳  一人暮らし始めた夏の日に
    お風呂した後に、明日にいる書類に気づき、コピーしに
    コンビニに行ったとき
    面倒だったから、タンクトップワンピ1枚で行きました
    それから 夜の露出が病み付きになり
    だんだん 大胆になってしまい
    最近ではミニのキャミソール1枚で外を歩き回ることもありました
    最近少し、夜は肌寒くなってきたので
    テニスにミニスカートに肩と胸元まで開いたシャツのみで
    歩き回ったとき
    公園に入り、ふらふらしてたら
    突然 声をかけらてびっくり!
    大学生?? 若い男性2人が立っていました
    {こんな夜遅く 公園で一人、なにしてるのかな?}
    いやらしい、エッチぽい声でかけてきました
    私は逃げるように立去ろうとしました
    でも腕を捕まえて、2人が私を抱くように
    公園のトイレに連れられました
    やめて〜 やめてください
    聞いてくれなくて・・・
    「おい  下着着けてないぞ」
    シャツを強引に下すと
    「ブラも着けてないぞ」
    一人がキスしてきて、胸をわしつかみしてきました
    もう一人は、クリから指を入れ 2本膣まで刺激してきました
    「おい 濡れてるぞ」
    私は やめてと言う声も小さくなり
    すこし喘ぎ声
    お願い ・・・・中だけはやめてと  お願いしました

    今までの男性より  大きい!と思います
    挿入されて 腰を持ってピストン
    膣にガンガン当たります
    あ!〜  ああ〜 だめ〜〜
    逝く〜〜
    抜くと 精液が口に中に  
    口から溢れ出てきました

    するともう一人が入れてきました
    この男性も大きい!
    (今までが小さい男性ばかり?)
    便器に座り 背面座位  口は、先ほどの男性のペニス
    下から突き上げられ
    顔を持ってフェラさせられました
    息もできなく  気持ち良くなり
    逝く!  意識が遠のき  気を無くしました

    30分1時間?? 後  気を取戻しました
    私一人
    クリを触り 濡れてるけど 精液は無さそう?
    でも慌ててアパートに戻りシャワーしました

    今でも あの時の事を思い出してオナニー三昧です


171  OL - 2015/09/02(Wed) 21:58 No.29643
    私は、27歳にして離婚しました。

    子供は、8歳と6歳の男の子と女の子で2人共私が親権を取って実家に戻り会社に通勤しています。

    離婚しても、元旦那より営業所の責任者の為給料は良くて実家暮らしになったので以前より経済的に

    良くなり、子供達も両親が見てくれるので、仕事が遅くなっても安心して子供達の為に仕事に専念出来て

    いました。

    離婚してから半年間の間エッチも無くSEXをやりたい時もありました。

    仕事で取り先の会社での接待や打ち合わせの時に○○○○○株式会社の担当窓口の部長さんは、決まって

    お尻を触ったたりいやらしい言葉を私と2人きりになった時にしてきます。

    最悪だったのは、私が酔ってしまった時にブラウスの上から胸を触ってきたりスカートの中に手を入れて

    秘部を刺激されたりキスされた事です。

    刺激されて、エッチな気持ちになりホテルに連れて行かれそうになった時は、なんとか理性が勝って回避

    出来ましたが、私の秘部は濡れていて欲求不満になっている私がいました。

    いつかは、あの部長さんを受け入れてしまうのか、レイプされる心配がありましたが、解放されました。

    なんと、営業所の移転に伴って、この会社担当エリアが変ったのです。

    私は、やっとセクハラ部長さんから解放されたのに違う問題が発生がありました。

    せっかく、あの部長さんのセクハラ行為から解放された見返りに、新しい営業所は、実家から遠くなって

    電車も逆方向で、しかも上りなので今までとは違う混みかたの中1時間30分もかかる様になってしまい

    それだけでも大変なのに、新しい営業所の初出勤に痴漢に遭ってしかも、複数の男の人達にストッキングを

    破られて私の秘部は、パンティをずらされて男の人達に指で屈辱されて胸もブラウスのボタンを外させられて

    ブラもずらされて胸を直接揉まれて、乳首をいじられて、何かのスイッチが入ったかの様に感じました。

    電車の時間や車両を変えても痴漢される日々が続いて、欲求不満の私は、段々と快楽に溺れて痴漢されるのを

    受け入れいます。

    あまり言いたく無いのですが、痴漢され続けていると、段々と気持ち良くなって、抵抗しているふりみたいな

    感じで、服装も最近は、露出の高い物を選らんたりしてストッキングもガードルに替えて、パンティもTバックに

    して見ると、痴漢してくる男の人達は、私の秘部を激しく屈辱してきて凄く凄く凄く気持ちいいのです。

    このまま_、快楽に落ちてはいけないと思うですが、複数の男の人達に痴漢されるのを受け入れいます。

    複数の男の人達に痴漢されるのが、今までに無い快楽を味わって、男の人達の指がこんなに気持ちいいものかと

    思って、もしSEXを複数でしたらと想像しただけで私の秘部は、熱く熱く熱くなって濡れてくるのが分かります。

    半年以上エッチから遠のいていたので`、家では、親と同居だし子供達と同じ部屋なので、オナニーを

    する事が出来ないので、残業の度に営業所の中でオナニーを我慢出来ずに男の人達に痴漢されたる妄想して

    欲求不満を解消をやっています。

    痴漢されるのも時々から毎日痴漢される様になって男の人達の人数も増えてあらゆる所から手が伸びてきて

    エスカレートする痴漢をされて次第に嫌がる振りをして快楽を味わっている淫乱な私がいます。

    今までは、手を持っていかれてズボンの上から、おちんちんを触らさせられていましたが、今では、ズボンの中で

    生おちんちんを触らさせられたり、ズボンから出している生おちんちんを触らさせられています。

    男の人達のおちんちんは、硬くて太いおちんちんや長いおちんちんがあって、私の秘部に入れて欲しくて心の中で

    思っています。

    私は、いつもの様に残業して一人になってからネットで( 痴漢 )を検索すると、痴漢体験とか痴漢掲示板とか

    痴漢動画が出てきました。

    私は、痴漢動画をクリックして題目の( 痴漢に溺れて犯される人妻 )を選択して見てみました。

    動画の内容は、旦那さんと夜の生活がご無沙汰になっていて、通勤中に突然痴漢を目撃してしまって

    見ていると人妻の人も痴漢されて、抵抗しないで痴漢行為を受け入れてしまって、仕事が終わり自宅に

    戻って思い出してオナニーをして、翌日も痴漢されて電車を降りてトイレで2人のおじさんに犯されて

    しまっていて、次から電車に乗る時からノーパンノーブラになり複数の男の人達に痴漢されて3人の時や

    5人の時もあってトイレやホテルでSEXして快楽に溺れていく内容でした。

    動画を見ている時に、人妻がバックからおちんちんを入れられて前では、2本のおちんちんをフェラを

    して犯されている場面で、私は我慢出来ずに私も犯されているイメージで口で2本の指をおちんちんに

    想定してフェラをして秘部に指を入れて犯されている事思いオナニーしていました。

    私も犯されたい淫乱な私を自覚していました。

    その日は、遅くなってしまってので、家がある駅を降りていつも通らない公園を横断する近道を通る事に

    しました。

    ここを通れば15分は、出来るからという思いと動画を見た時に人妻が公園で犯された事で、私ももしかしたらと

    いう淫乱な私が期待して通って帰る気持ちになってしまいました。

    後ろから誰かがついてはきている気配は、ありましたが何も無く家に着いて期待外れでした。

    私は、その日を境に公園の近道を通って犯される期待をしながら帰る様になりました。

    その期待は、1週間後にやって来ました。

    その日は、朝からいつも通り複数の男の人達に痴漢されて、私の秘部は疼いてすぐにもオナニーを

    したくて我慢していました。

    運悪く、今日は、営業所のみんなと業績アップの打ち上げがあっていつも通りに残業してオナニーを

    する機会を失い欲求不満の状態で打ち上げに参加しました。

    打ち上げが終わってみんなと別れて駅に行くとホームは、電車の遅れの為に人で混雑していました。

    電車が来ると私は乗り込んで、電車が動き出すとすぐにお尻を撫でてきました。

    私は、痴漢だと思い抵抗する振りをしようと思いましたが、早く触って欲しくて抵抗しないとスカートの中に

    手が入ってきて、私の秘部を刺激してTバックをずらして直接指が入ってきました。

    オナニーを出来なかった私には、刺激的で酔っていたかもしれませんが足を広げてお尻を

    突き出した。

    そうすると、痴漢をしている男の人は、ブラウスの上から胸を揉んできて秘部にも強く指を

    入れてきました。

    前にいた男の人も痴漢されているのに気づいて、私のブラウスのボタンを外して胸を揉んできて

    ブラをずらされて乳首をいじられて快楽に溺れていきました。

    気づくと、私に痴漢している人は、2人から増えていてあらゆる所から手が伸びてきて、胸やお尻や

    太ももに秘部まで屈辱されています。

    淫乱な私の中で、もっと強く強く触ってと心の中で叫びました。

    私の降りる駅が近づくと、痴漢行為も無くなり、私は服を直して電車を降りて近道を通って家に

    向かいました。

    いつも通りになった公園の近道を帰りながら物足りない痴漢行為を考えながら、おちんちんを舐めたい

    秘部におちんちんを動画みたいにバックから犯されたいなんかを考えると秘部が熱く濡れてきている

    のが分かります。

    そんな事を考えながら公園の中を歩いていたら、後ろから人の気配を感じた時に、いきなり口をふさがれ

    体が宙に浮くと何人かの人達に抱えられて公園の障害者トイレに連れ込まれました。

    中に入ると手で口をふさいでいる男の人が耳元で言いました。

    男A「 騒いだら痛い目に合うからおとなしくするんだ!!! 分かったならうなずけ!! いいな!!! 」

    私は、何が何だか分かりませんでしたが、ただ、今から犯されるだろうと思いうなずきました。

    うなずいたら、手が離れて周りを見ると障害者トイレの中に男の人が4人もいました。

    障害者トイレの中は、広くて大人5人入っても余裕で電気も明るくて相手の顔もはっきりと分かります。

    スーツを着ているお腹ポッコリおじさんが2人と体格いいブサイクなおじさんが1人とほっそりとした

    作業着を着たおじさんが1人で、一斉におじさん達が目をギラギラして私に近づいて来ました。

    私は、複数の人達とのSEXはしたことが無くて、しかもレイプされるのが初めてで4人のおちんちんに

    犯されるのかと思うと・・・・・ドキドキしてきました。

    男B「 あんた、痴漢されて感じてただろう! いつも、マンコがずぶ濡れだったもんなぁ! 」

    私「 ・・・ 」

    男C「 恥ずかしがるなよ! いつも痴漢されて感じて、俺らがマンコに指入れると腰振ってたじゃねーか。

    しかも、痴漢されやすい服装しやがって、俺らのチンポをいつも手コキしてたくせに!!! 」

    私「 ・・・ そんなことありません。 あんた達ね! いつも痴漢してたの  警察に言うわよ。」

    男D「 そういきがんなよ! 前からお前のマンコに俺のチンポ入れて犯してーと思っていたから

    今からたっぷりと気持ちいい事して犯してやるからな!」

    私「 お願いします。 警察には、言いませんから帰してください。 」

    と言いましたが、私の中では4人の男の人達にレイプされることを望んでいて、どんな風にレイプされる

    のだろうと思うだけで、私の秘部は、熱く濡れてきているのが分かりました。

    男Aと男Bが左右にいてブラウスのボタンを外してブラを上げて胸を揉んで、男Bが乳首を舐めてきて、

    あまりにも気持ちが良くて声を出してしまいました。

    私「 アン、アァッ、ハァ、ハァ、ハァ、ハァ、アァ〜〜〜〜〜〜〜〜」

    男C「 へぇー感じているじゃん!!!スケベ下着着て、この淫乱女! 俺とキスをしろ! 」

    私の口の中に男Cの舌が入ってきて、私は抵抗する振りをしながら受け入れました。

    タバコ臭い感じで、一瞬ためらいましたが、私も男Cに合わせて舌をからめていきました。

    男Dは、スカートの中に顔を入れてTバックの上から舐めてきて、ついに、Tバックをずらして

    私の秘部を直接舐めてきて、アァッ〜 気持ちいい感じてきました。

    男D「 この淫乱女のマンコは、濡れて大洪水や!!! オイ、淫乱女、マンコが気持ちいいか! 

    痴漢されてる時もマンコがずぶ濡れやったもんなぁ! 」

    私「 ・・・ 」

    男D「 どこか気持ちいいか!言わないと写真を撮ってネットに流すぞ! 」

    私「 気持ち・・・いいです。私の・・・オマンコが ・・・気持ちいいです 」

    私は、男Dに見透かれて、悔しいのですが本当に気持ち良くて感じて快楽に落ちていきました。

    男C「 あんた、人妻か! 何歳か!名前いいな! 言わないとネットに流すからな! 」

    私は、言う言わないか、迷いましたが、感じて気持ち良くて快楽に落ちていく私の頭は、回らず

    本当の事を言ってしまいました。

    私「 はい アァッ、ウフ〜ン・・・人妻です。ハァ、ハァ、 ・・・年齢は、27歳で、ダメ〜〜〜〜〜

    胸とアソコを・・・いっぺんに・・・舐められたら・・・変になっちゃう  あぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜

    名前は、 ウゥゥゥゥゥ・・・ めぐみです。 」

    男B「 人妻か!!! たまんねーなぁ! 俺は、人妻を屈辱するのが趣味なんや! めぐみをやっと

    屈辱が出来るのが興奮してくるで!!! めぐみ、電車の中でいつもやってくれる手コキしてくれやぁ 」

    男Bが、大きなおちんちんを出すと男Aも大きなおちんちんを出してきて、私は、いつも電車の中で

    痴漢されている時みたいにWでおちんちんを手コキしてしまいました。

    私は、手コキしながら、アァ〜大きいおちんちんだ! このおちんちんに後から犯されるだと思い早く

    犯してエッチな動画みたいに、激しく突かれて犯して欲しいと思いました。

    思いが通じたのか、私の上下の口は、男達4人のおちんちんに犯されて途中自分自身腰を振って、犯されるのを

    感じていきました。

    気づくと、男達はいなくなっていて、ブラもTバック持っていかれていました。

    正直、複数の男達に犯されるのが、こんなにも気持ちいいとは、思っていなくて、また、複数の男の人達に

    犯されたいです。

    来週の出勤は、ノーブラノーパンで電車に乗るつもりです。

    誰か、こんな私を複数で痴漢してたくさんのおちんちんで、犯して下さい。


172  片霧麗子 - 2015/08/29(Sat) 23:48 No.29619
    お願いだから殺さないで!
    早く終わりにして!
    揺れながらそんなことを考えていたんです
    その日は友達の紹介で会員制のエステに行ってきました
    「仕事入ってるから無理だよ」そういうと深夜1時までやってるから行ってみようよ?って誘われたんです
    スチームサウナにあかすりボディケアローション、オイルマッサージ帰りにラウンジで赤ワインと軽食をとって帰えりは
    それぞれのマイカーです
    私はワインレッドのアルファロメオカブリオレ
    もう1時半を回っていた小雨が視界を遮る
    家路に向かうほど周りは淋しくなっていく郊外に1人で住んでいるから
    当たりの暗さがさらに心細さを倍増させます
    こう見えても一応乙女こんな夜中に21歳の女の子が一人だとやっぱり怖い!
    赤信号で停車中にふと気が付くと2車線の隣に
    シャコタンセダンの若い男の人がニヤニヤしてこっちを見てる
    確か3人だったようなっあえて見ないふりをしていた
    私の車の後ろにももう1台のセダンが
    どうも仲間のようだ急に心臓がバクバクしてきたのを身に染みて感じた
    この先は「7曲り峠」横道は細くてどこにつながってるのかもわからないし途中で行き止まりということもあり得る
    彼らにからかわれるように煽られながらくねくねした道を
    走らせた
    信じられない!後ろから軽く追突してきたサイドも擦ってるし
    幅寄せされた
    彼らは私をからかいながら最初からその場所で路肩に脱輪させるつもりだったようです
    勿論ドアロックしてたけどハンマーみたいなのでガラスを割られて私を引きずりだしたのです
    警察に電話する隙もなかったです
    そこはグランドのように広い広場大きな木でおおわれて
    車道と切断された空間だった
    差し詰め女の子をレイプするのに恰好の場所なのだろう
    行き成りみぞおちを数発殴られて蹲った
    デニムのジッパーを下げられてパンツごと膝アタリまで下げられてから仰向けにされて膝が顔に当たるところまでひっくり返された女の部分(貝類)丸出しでビチャビチャに口づけされて犯された5〜6人だと思うけど
    良く見えなくて高校生の時に1度レイプされて中絶した時に袋破れちゃってるから妊娠の心配はなかったけど
    泥だらけで口の中にペニス突っ込んできて喉の奥に当たるのでゲロ穿いて顔じゅうゲロだらけ
    そういう時ペニスをかみ切るなんてよく言うけどその後何されるかと思ったら絶対に出来ない
    終わった後車が2台消えていくのが見えたんです
    殺されずに済んだ小雨が頬に当たってる生きてるって
    しばらく横たわったままでいた
    立ち上がったら膣から精子が流れ落ちてきた
    流し込まれた精子がまだお腹の中に溜まってるのが解る
    こんな事で死んでたまるかっ!って自分で運転して帰ってきました。
    もちろん誰にも話してないです。


173  柳原楓 - 2015/08/25(Tue) 00:22 No.29584
    17歳から夜仕事してます。
    ココはランジェリーパブとも違いセクキャバでもない
    とにかく女の子からしたら不利なお店よね(笑)
    お客さんが必要に触って来てもボーイも店長も助けてくれない
    「自分の身体は自分で守れ」って言われてるから
    私はスリップドレスが多い他の子もキャミにミニスカとか
    キャミソールワンピとかです!
    私はスリップドレスですから肩を丸出しにしてるので
    ストラップレスブラ胸だけを固定してる肩紐の無いブラジャーのことです
    下はパンツだけですよ!
    生足にヒールサンダルですから最初から太腿をスリスリされます
    女の子の穴はオチンチンを入れる場所って言うのは解ってるけど一応彼氏もいるしsexは仕事の内に入ってないって思ってるから、でもアフターで連れ出されたら何されちゃうのかわからない
    まだ19だしこの世界に入るまでは経験人数3人だったし
    やっぱり女の子だし好きでもない親父にオマンコ見られるのってハズイわよ!クンニされると特にねぇ
    女の子にとって男の一物は時に凶器にしか見えないのよ
    濡れてないのに強引に入れられると声も出ないくらいに痛い!
    この前バーに連れ込まれて飲んでたら雰囲気が変わって来て
    奥にいた男達に囲まれて肩紐外されてブラ外されて百キロぐらいあるデブ親父がキスしてきて押し倒されたら身動きできなくて圧死思想だった
    もう下半身は無防備状態パンツ脱がされて男達にオマンコ観察されてる勿論舐められたしコ汚ぁねぇ〜チンコ突き刺してきた
    「動くなぁ!痛ぇ〜よっ!」すーごく痛い!オマンコの中が切れた激痛なんてもんじゃない本当泣いた女の子があんなに泣き叫んでるのに男って止めてくれないのね
    まーあ、知ってたけどそう云うの初めてじゃないし
    48キロの女の子がどんなに抵抗したってパンツ脱がされちゃうし男達の狙いは私のオマンコの中にチンコ突っ込むことだから「早く終わって」って願うだけ!


174  役に立たない夫 - 2015/08/22(Sat) 08:56 No.29572
    妻はいつも夜九時になると仙台若林にある農業園芸センターに車ででかけます。37歳お互いばつ同士で結婚しました。センター自体は閉まってるのでハイることはできませんが、その脇に車をとめて軽い運動をします。そこで、夜知らない男に声をかけられ、人の良い妻はふりかえります。突然抱きつかれ、抵抗するんですが、男の力ないはかないません。薄手のシャツを引きちぎられ両手を縛られてノーブラのおっぱいをもみしだしだかれて男に嫌らしい音をたてられながら乳首を吸われてました。最初は嫌がっていたのに次第に体が反応してぴくぴくんと痙攣してました。そしてそのまま男が乗ってきたワゴン車の中へ連れ込まれて体中嘗め回されてよがっているのをみてしまいました。男のものをうけいれるときにはもう足をひろげていますた。私は夫として情けないです。妻は37歳私は56でもうやくにたちません。ほかの男に妻を提供してしまったんですから・・・もしこれをみてる男性で妻を犯してみたいなら園芸センター付近で待ってみて下さい。雨が降るときは行きませんがそれ以外は妻は一人でセンターに今日もいくつもりです。なぜ?犯されたいから・・・硬く太いものがほしいからです。


175  律子 - 2015/07/26(Sun) 01:53 No.29362
    私…32歳の子持ちの主婦。親戚のお通夜に行った時に、離れで休んでいた時に、72歳の隆雄さんに、犯されエッチをされたの、抵抗する身体を貪るの、隆雄さんの力に叶わず、ワンピースを脱がされて、 アッと間に隆雄さんの棒が、旦那より太くて硬いの、あの良さが忘れずに、私は周一の割合で、隆雄さんに抱かれてます。


176  博美&#9825; - 2015/08/24(Mon) 11:12 No.29579
    この前、お客さんにヨットクルーザーに乗せてもらった
    もうサイコー!海の真ん中で腰に手を回してきて「あれ!」
    思いっきりキスされて後は流れでされるまま
    こんな海のど真ん中で女の子が抵抗したって力が違うし
    絶対無理!揺れながら遠くの海を見てた


177  メス豚まなみ - 2015/08/07(Fri) 14:08 No.29454
    私と妹はレイプされて
    性奴隷にされてます。
    私と妹は妊娠もさせられました。
    私と妹は母乳も出るようになりました。


178  秘密 - 2015/08/21(Fri) 00:53 No.29567
    幼稚園年長か小学校1年生か そのくらいに、
    祖母の近所に住んでいた大学生くらいのお兄さんにいたずらされました。
    お兄さんはよく私と私の姉相手に、よく遊んでくれました。

    小さいときのことだから断片的にしか覚えていないけど、
    私はある日一人でお兄さんの家に招き入れられて、一緒にテレビを見ました。
    お兄さんの膝の上に座って見ていたのですが、私は足を少し開いていたので
    いつの間にかお兄さんの手がスカートの中に入って、下着の上から指であそこを執拗になぞっていました。
    当時はそれが変なことだなんて分からないし、すこし気持ちよかったから
    気にせずにテレビを見ていました。

    しばらくすると和室に連れて行かれて、願いが叶うおまじないをしてあげると言われました。
    信じた私はおまじないの体勢を作らされたのですが、それは
    下着を脱いで少し足を広げて、そのまま仰向けに寝っ転がって
    手は頭の下に入れて、目を瞑って願い事をすると叶うという内容でした。
    今思うと何で信じたのか・・・・

    素直にいわれたとおり目を瞑った私は、あそこがぬるっとしたことに気付きました。
    目を開けて見ると、お兄さんが私のあそこを舐めていました。
    びっくりしたけど、気持ちよかったから、そのまま願い事を考えました。

    その日はそれだけで、下着も履かせてもらって帰してくれましたけど、
    今思うと怖いですよね 挿れられなくって本当に良かった。


179  源波達也 - 2015/07/15(Wed) 14:16 No.29287
    この前、上司と反りが合わなくて安い一杯飲み屋で軽く飲んで帰るとき常磐線登り方面ミニスカの女の子の足に目が行って
    ムラムラしちゃって自分の降りる駅を乗り越して彼女にぴったりしていた
    うなじからいい匂いがしてある駅を降りて11時半ぐらい
    一人とぼとぼ歩いている女の子!
    俺はもうどうなってもいいって思って前を開いてもうすでにビンビンになってるチンポを引っ張り出して後ろから抱き付いて濃厚なキスをベチャベチャしてパンツにも手を突っ込んで
    オマンコを揉んで指突っ込んで腰振って射精して
    ダッシュして逃げてきたけど
    後で考えたらどうしてそこまでやったんなら挿入しなかったんだぁ!
    って自分てどこまで行っても何か一つ欠けてるな〜?
    そう思った


180  リンカ - 2015/08/20(Thu) 01:45 No.29561
    あれは私が高校2年生の頃、小さい頃から騙されやすいのにネット内の関係があった時の話です。
    約1年間やりとりしていた、ネットの中で知り合った5こ上の男の人に大学のOCの帰りに、会おうということになりました。
    キャンパス内では恥ずかしいので家に来てと言われて、たぶん何もしないだろう…と甘く見ていたので行ってしまいました。
    トランプでもするかという話になり、大貧民で負けたら罰ゲームというルールでやり始めたのです。
    トランプゲームにはめっぽう弱い私は完敗。
    最初の罰ゲームはクラスの気になる男の子の名前を言うっというレベルでしたが、次第に負けていくに連れて「全裸になれ」と…。
    処女とか誰に取られても別にいいので、問題はそこではなく。

    生理だったからなんです、しかも2日目。
    身長もあるので生理痛がかなりひどい人でした。その日も薬を忘れてひどい日でした。

    それなのに無理やりやられて…さすがに中出しはされなくてすみましたが、生理痛と性交通のいたみで死ぬかと思いました。
    耳で囁かれたり、舐められたり。、
    あの感覚が忘れられなくて…あれ以来男性恐怖症にもなりました。

    ネットの関係は一切断ち切り今では彼氏もいますが。、
    自業自得ですが、私のような人が増えないように願ってます!。
    レイプなんていいものではないです。、


181  家田美雪 - 2015/08/04(Tue) 01:50 No.29430
    去年の夏、千葉の方の海に友達の美也子と行きました
    地元のイトーヨーカドーで買ったビキニを着ていざ海へ
    目的は楽しむこと出会いもしかしてナンパされて付き合うことになるかもそんな期待がなかったといえば嘘になります
    早速4人の大学生がナンパしてきました
    私たちは春に高校を卒業したばかりの短大1年生19歳の女の子2人とも笑ってやり過ごしました
    気がなかったわけじゃないけどすぐにオッケーじゃ何して遊ぶ?なんて言ったら軽く思われると思って
    様子を見てました
    この後どうしてくるか?諦めて他の女の子をナンパするのか?
    それともまた話しかけられるのか?
    ビーチボールで波打ち際ではしゃいでたらずっとこっち見てるのでまだ諦めてはないようだって・・・
    私たちは遊ぶのをやめて海の家でかき氷を食べて焼きそばを食べてました
    するとまた彼らが話してきました
    「ね〜一緒にあそぼ?」って(ほらぁあそこにも女の子いるよ?)って言ったら「君の方が全然可愛いよ」
    そう言われてたぶん嬉しかったんだと思います
    結局一緒に遊ぶことになってビーチボールで遊んでたんだけど
    彼らがボートを借りに行ってエアーを入れてもらって
    戻ってきたので何にも考えず二人で乗っちゃいました
    私たちは海辺をキャッキャッ言いながら遊ぶんだと思ってたからすぐにボートに乗りました
    でも男からしたら女を確保したと思ったのでしょう
    男達の車には警戒して簡単に乗ることは無いからです
    どこに連れてかれるかわからないからです
    海も一緒だとは知りませんでした
    「ちょっと沖のほうまで行ってみようよ」
    彼ら4人はボートにつかまって泳いでるんです
    (ねぇあんまり遠くまで行かないでよ怖いよ)
    4人は無言でした大波がザブ〜ンザブ〜ンてボートの中に入ってくるので紐で結んでる三角ビキニが外れるのを手で必死に
    抑えてたんですパンツも両サイドが紐で結んでるだけなので
    外れるんじゃないかってヒヤヒヤしてました
    岸からだいぶ離れてる所まで来たら大きな波はなくて
    静かになりました
    「ねぇボートから降りて泳ごうよ?」
    (無理ぃ〜!足付かなきゃ怖くて無理ぃ〜そんなに泳げないし)
    「大丈夫だよ支えててあげるから」
    と言われても女の子!恥ずかしい部分だけを薄い布きれで
    隠してるビキニで知り合ったばかりの男に身体触られたくない
    どうしよう!この時になって初めてやばいって解りました
    東西南北、海!周りに人がいないのです躊躇してたら
    彼らがボートを揺さぶって喜んでいるのです
    (やめて!ひっくりかえっちゃうから)
    言ってる先に海に落とされました
    すぐさま後ろから抱き付いてこられて海の中へブクブク
    息が出来ないのと水を思いっきり飲んでしまってむせ返りました何度も頭っから海に沈められました
    息も絶え絶えでボートに&#25681;まってへたばってました
    左手で私の首を絞めるようにされて右手が三角ビキニのブラの中に入って来て乳首をつままれて胸をモミモミされながら
    「美雪ちゃん可愛いね」って耳元でささやかれてビキニのパンツに手がかかってそこだけはやめてって思ったけど
    男が最初から狙ってるのは女の子のマンコだろうし
    腰骨に引っかかってた紐を緩められて男の手が入って来てマンコを直接包み込んできたんです
    @ゴメンナサイ気持ち悪くなってきました後でまた@


182  まゆみ - 2015/08/15(Sat) 16:56 No.29536
    27歳 私が勤める会社は 田舎にある工場です
    帰りは電車ですが  駅まで歩いて15分ほど
    駅の周辺は 店はあるけど寂れてる状態
    でも居酒屋やスナックはあります

    仕事帰りに、友達と飲みにいった帰り、別れて私は駅に向かう途中突然雨
    駅まではまだ500mくらい
    閉まった店先で 雨宿りしてました
    ブラウスは濡れて、透けてかも?
    車が1台  営業者みたいなセダン車
    止まって 夏でも濡れると風邪ひくよ
    駅まで送ってあげると言われ
    何も考えなくて乗りました

    ありがとうございますと 言ったすぐ後  後ろから
    抱きつかれました

    もう一人乗ってました
    後ろから胸をわしつかみされて、揉んできます
    辞めてください 抵抗して払いのけようとしますが
    男性の力

    車は 物静かな場所  雨は激しく降ってました

    シート倒され 運転してた男が私の上に乗り、スカートを
    捲り上げてストッキングとショーツを下ろしました
    もう一人は ブラウス  ホックだったので
    簡単に脱がされました
    ブラの紐を下ろして直に揉まれて乳首を刺激
    スカートは腰上まで  ブラも腰まで
    全裸状態
    いじくられてうちに 感じてきました
    口はダメ  体が勝手に反応して  
    2人に犯されました
    中だけは辞めてくれたみたいだし
    服も破かれなかったから  普通に帰れました
    初の3P状態  気持ち良かったけど
    相手が誰なのかわからないのが  気持ち悪いです


183  加奈子 - 2015/08/13(Thu) 19:26 No.29525
    二年前に夫を亡くした55才です。3回忌法要を営んだ夜です。お客がみんな帰って、田舎から出てきた義兄が泊まって行くことになりました。お酒の強い義兄の相手をしているうちに上手にすすめられてグロッキーになりました。
    突然義兄に抱きししめられて口を吸われました。
    「お義兄さん、何をするんですか、止めて下さい」
    抵抗しましたが義兄は止めないで、酔っ払っていた私はいつの間にか口の中に舌を入れられて絡められて吸われてぼーっとしてしまいました。
    気がついたら胸をはだけられて胸を揉まれ、乳首を吸われていました。快い感触が全身を駆け巡りました。
    再び気がついたときは股間に義兄の指が這わされてなぞられ、中に指が入ってきて動かされてそこがぐっしょり濡れているのでした。「ああ、いけない、やめて」口とは反対にその気持ちよさにのけぞる私でした。
    そして、また気がついたときは、私は全裸にされていて全裸の義兄に身体中をなで回されて舐め回されていました。
    義兄のそそり立ったものが私の口に押しつけられて、私はそれを頬ばって吸いたてました。私のあそこを義兄が舐めて吸って、私は我慢できずに「早く入れて、入れて頂戴」と叫んでいました。
    義兄のものが私の中にずぶりと入ってきたときには思わず声をあげてのけぞりました。それから義兄の動きに私は天国をさまよって、やがて脳天がしびれて絶叫して義兄を抱きしめたあと腰が痙攣しました。
    気がついたら全裸の義兄が隣に寝ていました。
    夜が明ける頃また義兄が襲いかかってきて、昨夜の再現になりました。


184  エース - 2015/08/14(Fri) 15:02 No.29531
    その日の帰り、彼女は前川に連れられてネットカフェに寄った。中は個室で天井は空いている部屋の椅子に彼女と前川は並んで座った。

    「面白いもん、見せてやるよ」前川はとあるサイトをモニターに表示させた。

    『陵辱倶楽部』とタイトルが表示され、前川は年齢認証をしたあと、IDとパスワードを入力した。

    「ここ、会員だけが見られるんだ」

    「あっ・・」彼女は絶句した。モニターには『被陵辱希望者リスト』と書かれたタイトルの下に、女性の顔のサムネイルが並んでいた。その中に、彼女は自分の顔を見つけた。

    「・・これ・・」

    「お、見つけるの速いな(笑)。そう、これ、お前だ」サムネイルの女性の目線にはボカシがかかっているが、それはとても薄いもので、殆ど顔を晒しているに等しかった。そして、彼女のサムネイルの下には『NEW』の文字が点滅しており、前川は『プロフィール』をクリックした。

    「お前のこと、書かれてるぜ」

    「・・・え?・・」彼女はモニターに映ったプロフィールを見て、言葉が出なかった。

    『○○○(彼女の本名)です。○○県○○市在住の既婚者です。31歳です。身長は160、スリーサイズは82/60/85。パイパンにしており、アナルも調教済みです。口を塞がれながらゴム無しのセックス、後ろから奥まで突かれること、アナルとオマンコの二本挿し、アナル、オマンコ、フェラの3穴同時挿入、膣内射精が好きなプレイです。また、他人に見られながらのセックスも好きな変態です。私には陵辱希望があります。たくさんの肉棒にめちゃくちゃに犯され、ドロドロで泡立つような精子を飲まされ、膣内にも射精されたい願望があります。そして、ここの倶楽部に応募しました。旦那とは5年間のセックスレスです。この5年間、私は出会い系や飲み屋さんで知り合った男性と一夜限りの数多くの関係を持ってきました。しかし、私の欲望を満たしてくれる男性はいませんでした。私は普通のセックスには興味ありません。ただ、私を大勢で犯し、精子を注いでくれる男性とその肉棒が欲しいのです。』「・・アタシ、こんなこと言ってません・・」彼女はモニターを見つめながら前川に言った。

    「あはは、そりゃそうだろ?」

    「・・だれがこんな・・」前川はタバコに火を付けた。

    「・・この前さ、お前に小便飲ませた男達がいたろ?」

    「・・はい」

    「あいつらが仕切ってるネットサークルなんだよ。変態専用の。・・お前、この前撮られてたろ?ここに出す写真や動画だったんだよ。」

    「・・でも、何でアタシが・・・」

    「オレ、お前のことを貸し出すことにしたから。」前川はあっさりと言った。

    「え?・・貸し出すって・・」

    「このサークルにお前のことを貸し出すの。ここでしっかりと調教されてこい。」

    「・・え・・よく分かりません・・何でですか・」

    「・・オレ、お前のことボロボロにしたいんだわ。マジで。マンコもアナルもガバガバだろ?誰のチンポだってしゃぶるし、ザーメンだって飲むだろ?だから、オレの欲求がエスカレートしてきたんだよ(笑)。ただ、それだけ。」

    「・・それだけって・・・」

    「オレにとって、お前の女としての人生なんかどうでもいいんだよ。どこの誰に犯されようが、オレは別に構わないんだ」

    「・・」

    「黙って、続きを読めよ」彼女は再びモニターに目を向けた。

    『・・こんなアタシを犯して陵辱してくれる大勢の男性を募集します』「・・募集・・って・・どういうことですか・・」彼女の声のトーンは明らかに落ちていた。

    『生フェラ、生姦、OKです。生アナルも可能です。射精は、口、膣内、アナル内、どこでも結構です。お好きなところに射精してください。大勢の男性の肉棒に囲まれることを望みます。私を輪姦してください。手、口、オマンコ、アナル、体中のどこを使ってもらっても構いません。お好きに射精し、私に精液をください。私を犯して陵辱してください。もし、それ以上のプレイをお望みの場合、お申し込み時に教えてください。露出可能です。SM、スカトロ興味あります。教えて頂ける方、サイトまでご連絡ください。・・・先日、私を使っていただいた時の画像と動画をサイト様に添付していただきました。興味のある方、ご覧ください。』「そうそう、この前の画像と動画が見られるんだよ、・・・こういう風に・・」前川がボタンをクリックすると、先日貸し出されたときの彼女の姿がサムネイルで表示された。それをクリックすると画面いっぱいに画像が展開する。

    「・・あ・・」画像の彼女の顔にはモザイクもボカシも入っていなかった。もちろん、チンチンにはボカシが入っているが、それを咥えている彼女の唇のシワまではっきりと見え、涎に塗れた口がチンチンに密着している様子が分かる。そして、彼女の潤んだ目がフェラチオしたままこちらを見ている。彼女はフェラ顔をネットを通じて不特定多数の人間に晒したのだ。

    「あはは、お前、これで全国デビューだぜ!」

    「・・ひどいです・・こんな・・・」彼女を知っている人間なら、この涙目でフェラチオをしている女が彼女だとすぐに分かる画像ばかりだった。画像の中には、彼女の口めがけて男達が放尿しているものまであった。

    「晒してほしかったろ?」

    「・・・そんな・・・」

    「この画像で、全国の男たちがオナニーしてるんだぜ?」

    「・・」

    「嬉しいだろ?お前のこの目を見て、フェラを見て、小便かけられている姿を見て、男達がオナニーしてるんだ。お前、嬉しいだろ?」

    「・・・」前川は動画のサムネイルもクリックした。動画の中の彼女は、3穴串刺しにされて喘いでいる。

    「・・・もう、見れません・・」動画の彼女は『おチンポ・・おチンポ・・・』と連呼し、『ああぁ!!あぁあ!!ダメです!・・あうぅぅ!!!』言葉にならない喘ぎを連発していた。

    「何言ってんだよ、しっかり見るんだよ!」

    「・・あ・・」場面が切り替わり、今度は床の上に寝かされて口を開いている彼女にめがけて、3方向から黄色い液体が放出された。彼女は顔を背けるも口は開いたまま、ゴボゴボゥ!と口から液体が吐き出されている。

    「便所女の姿ってわけだな。お前は全国に晒されたんだ『小便を飲み干す女』ってな。」

    「・・・」彼女はこの時のことを思い出していた。そして、こんな痴態が全国に晒されたことにゾクゾクしていた。マンコの中が疼くのが分かった。

    「お前はこのサイトで、チンポを募集したんだよ(笑)」

    「そんな・・なんで・・ですか・・・そんな酷いこと・・」前川はサムネイルの下についてたBBSを開いた。

    「ここにお前を犯したい、マワしたいって奴らから書き込みがあるんだよ。読んでみろ」『○○○さんを犯す希望です!』『○○○、お前の汚いマンコにオレのザーメンぶち込ませろ!』『仲間20人で○○○を犯します!』『○○○さんの画像で抜きました!変態のエロ女ですね。』『顔を晒すなんてすごいですね。私の精子も膣内で出させてください』『アヘ顔に萌えました!』『こんな女いるわけねーだろ!バカが釣られてんじゃねー!』『こんな誰にでもやらせるような女、いるんですね』『旦那、バカですか?』『○○○、アンタ、まともな女じゃないね。精子に塗れて捨てられなさい』そこには、数多くの書き込みがあった。彼女を使いたいという男、彼女でオナニーしたという男、彼女を誹謗**する男。一つ一つの書き込みが彼女の心をザワザワとさせた。

    「みんな、お前のことでこんなに熱くなってんだぜ(笑)・・・サイトの管理人から連絡があってさ、早いとこ貸してくれってよ。もう予定は入ってるってさ」前川はページに貼られたリンク先へとんだ。そこには『変態人妻○○○の陵辱計画』が書かれていた。

    『第一弾○○○にブッカケ!大ゴックン大会!飲ませたい汁男を先着50名募集!』「・・50人・・」彼女はその先を読んだ。

    『第二弾○○○を輪姦しよう!中出しOK!アナルもOK!鬼畜な男達を先着20名募集!』『第三弾○○○を便所にしよう!リアルスカトロ!小も大も○○○の体の中に入れてしまえ!マニア限定先着10名募集!』『ラスト!○○○を使い捨てよう!参加者の好きに○○○を使ってしまえ!口、マンコ、アナル、どこに射精してもOK!全員で○○○のマンコとアナルを破壊して、人格を壊せっ!希望者全員参加っ!』「・・こんなの・・・・酷過ぎます・・」彼女の目には涙が浮かんでいた。自分が知らないところで、自分を利用する募集がされている。女としての扱いではない。男達の欲望を満たすためだけの道具として使われるだけ。彼女の体を求める男達に愛や恋とは縁のない、ただその場だけの射精の道具。自分がそんな女にされることに彼女は絶望的な気持ちになった。

    「まぁ、無事に済めばいいけどな。っつーか、50人分のザーメンって何だよ!って感じだけどな(笑)」前川は笑っていた。

    「おい、こっちこい」前川は彼女を抱き寄せ、股間に指を這わせた。

    「やっぱり、濡れてんじゃねーか、あ?」

    「・・・・」確かに彼女のマンコは濡れていた。湿っていたというどころではない、ダラダラとマン汁を垂らしながら、前川の指を受け入れていた。

    「自分でも気付いてんだろ?こういうのが好きだってことだ。」

    「・・・そんな・・あん・・」彼女は前川の指で感じていた。

    「しゃぶれ。」

    「・・はい・・」彼女は素直に前川の股間に座り、前川のジーンズを降ろして、そのチンチンにしゃぶりついた。



    「お前、こういうのに感じるだろ?」前川が彼女の前髪を掻き上げ、頭を撫でながら言う。

    「・・はぁ、はぁ・・んっ・・」

    「いいか、咥えてろ。口から出すな。手も使うな、口だけで咥えてろ。口の中でチンポの感触を感じろ。固さ、匂い、味、全て感じろ。」前川が彼女の髪に指を通しながら言うと、彼女は握っていたチンチンから手を離し、口だけでチンチンを咥えた。

    「ん・・」

    「こっち見ろ」

    「・・ん・・」彼女は前川の目を見た。

    「そうだ、お前のその目なんだよ。全国の男達が、お前のフェラチオする顔とその目を見ながらオナニーするんだ・・」

    「んぅ・・んん・・」

    「想像してみろ、お前のフェラ顔が全国に晒されてるんだよ」

    「・・んぅ・・んん」彼女の口角からトロリとした涎が漏れはじめていた。

    「お前がマンコに生のチンポを入れられてる顔も晒されてるんだ」

    「んぅ・・んぅ・・・」

    「アナルまで開いて、そのケツの穴にザーメン入れられてる顔も見られてるんだ・・それを見て、全国の変態がオナニーしてザーメン出すんだ。」

    「んぅぅ・・んぅうっぅう・・」彼女は口の中でビクッと動く前川のチンチンを感じている。

    「嬉しいだろ?お前は男のオナニーのネタにされてんだ。」

    「・・んうぅぅ・・んうぅぅ・・」

    「ほら、頷け。自分で首を縦に振れ。」

    「んぅ・・んぅ・・」彼女はチンチンを咥えたまま首を縦に振った。

    「音を立ててしゃぶり続けろ」

    「んあぁ・・んはぁ・・はぁ・・はぁ・・んっ・・んうぅ・・」チュポチュポ・・と彼女は口だけでチンポをしゃぶった。涎塗れの口は、前川のチンポ汁の味で少ししょっぱさを感じた。

    「はぁ・・はぁ・・」舌を伸ばして竿を舌から上に舐め上げ、亀頭を咥えてキュッと吸い上げると前川の竿はカチンカチンに硬くなっていた。

    「お前のフェラ顔、全国に晒された気分はどうだ?こっち見ながら答えろ。」

    「んぅ・・はう・そんな・・恥ずかしいです・・んぅ・・んぅ・・」彼女は前川を見つめながら答えると再び自分から口だけでチンチンを咥えた。その目はトロンとしていた。

    「マンコにザーメン入れられた顔を晒された気分はどうだ?あ?」

    「・・んう・・そんな・・」

    「旦那のザーメンじゃないぞ、他人のザーメンをマンコから垂れ流しながら、アナルに生のチンポを出し入れされた顔をお前は晒してるんだ。」

    「んぅ・・んうぅ・・はう・んは、んはぁ・・恥ずかしい・・んは・・んはう・・」彼女は前川の顔から視線を外すことが出来ない。ペチャペチャと唾液の音と、彼女の熱い息づかいが個室に響いている。

    「オナニーのネタにされてる気分はどうだ?」

    「・・うぅ・・んう・・」

    「嬉しいだろ?」

    「・・んぅ・んう・・はい・・」彼女は答えてしまった。それは彼女の本心なのかもしれない。

    「オナネタにされて嬉しいだろ?自分で言ってみろ」

    「・・んうぅ・・んう・・オナニーのネタにしていただいて・・嬉しいです・・・」

    「お前は変態だな」

    「・・はい・・アタシは変態です・・オナニーのネタになって嬉しいです・・」

    「いいか、お前はお前を相手にしてくれる男を満足させることだけを考えろ。」

    「・・はい・・」

    「好きな男のザーメンは飲めるだろ?中出しもさせるだろ?・・お前の相手は、お前が好きな男じゃない。お前を使いたい全ての男だ」

    「・・うぅ・・はひ・・」

    「お前を使いたい男、誰でもいい、全員を喜ばせろ。」

    「・・はひ・・」

    「お前は、お前を望む男、全てのために体を使え。そのチンポを好きになれ。その男の体液を愛せ。いいな、お前は、お前を使う男達全員の恋人になれ。」

    「・・うぅ・・は、はぃ・・はぅ・・」

    「あのサイトで募集した知らない大勢の男にマワされろ、マンコを開け。アナルを開け。全ての男のチンポを入れろ。いいな。」

    「・ん・・」彼女はチンチンに舌を這わせながら答えた。

    「マンコにもアナルにもザーメン入れてもらえ。」

    「・・はひ・・」

    「小便も飲めよ」

    「・・はぁ・ん・・」彼女の口は前川のチンチンに吸い付くようにその竿から離れなかった。

    「もう普通の女としての幸せなんか無いぞ。お前の幸せは、不特定多数の男のチンポをしゃぶって、舐めて、マンコとアナルに入れることだけだ。そして、それを全国に晒せ。お前は晒しモノだ。お前のセックス、お前のマンコ、お前のアナル、全部、晒せ。お前の変態な顔を全国に晒せ。晒して自分を貶めろ。お前はただの穴だ。マンコとアナル、口を使われるだけの穴で晒しものだ。いいな?」

    「・・ん・・」

    「自分で言ってみろ」彼女の目は、前川を見つめていた。

    「・・ん・・んぅ・・はぁ・・はひ・・アタシの幸せは・・・知らない人のおチンポをしゃぶって、舐めて、ザーメンを飲ませてもらって・・オマンコとアナルにおチンポ入れてもらって・・ザーメン出してもらうことです・・・男の人の体液を飲ませてもらうことです・・アタシは、便所です・・・公衆便所になった女です・・アタシは変態です・・アタシの体は晒者です・・アタシのイヤらしい顔を晒してください・・・アタシの顔を晒して・・オナニーしてもらうんです・・いっぱい出してくれたザーメン、全部、アタシの体に入れてもらうんです・・」彼女のマンコはすでにビチョビチョだった。マンコから垂れ流しになっているマン汁が彼女の内股まで垂れている。彼女は自分でそれに気付いていた。

    「あはは、その通りだ。素直になったな。」前川のチンチンが一段と固くなり、ビクビクと脈打ってきた。

    「口に出すぞ、いいな。まだ飲むなよ。口の中に溜めろ」

    「んぅ・・んう・・」彼女は首を縦に振った。

    「出すぞ。漏らすなよ」彼女は前川のチンチンが一瞬膨らんだのを口の中で感じた。

    「・・うぅ・・んぅ・・・んっ!!・・んぅぅ!!!」前川のチンチンがビクンっとなった次の瞬間、彼女の口の中に生温く、生臭い液体が拡がった。

    「んうぅぅぅ・・」彼女は口から精液が漏れないように唇を締めた。前川のチンチンの根元がドクドクと脈打っている。

    「んん・・んんーー・・・。」彼女は竿に舌を絡めながら、精液が口角から垂れないようにゆっくりとチンチンを口から出した。

    「・・おぉ・・気持ちいいぜ・・口の中見せてみろ」

    「・・は・・はう・・あうあう・・・あああ・・はあ、はあ・・・」彼女は前川に口の中を見せた。白い液体がチャプチャプと浮かんでいた。

    「よし、飲め。」ゴクンと喉を鳴らして彼女は前川の目を見たまま、精液を一息で飲み込んだ。

    「・・・んう・・んぐ・・はぁ、はぁ・・はぁ・・美味しかったです・・ごちそうさまでした・・・お掃除させてください・・・」そして再び前川のチンチンを口に咥えた。ネットカフェの中、こんな状況、彼女が肉棒を公募しているということを知った夜でも、彼女は従順に前川をフェラし、精飲した。彼女を知っている人間が、この姿を見たらどう思うのか?男の欲望に従順な女。前川が彼女の頭を撫でながら言った。

    「・・こっち見ろ・・そうだ・・お前はオレが調教した穴だ。口とマンコとアナルで男を喜ばせる穴だ。いいな。」

    「・・はい・・」この時の彼女が何を考え,どう思っていたのか、私には分からない。



    「お前さ・・」

    「・・はい」ネットカフェの帰り、前川は彼女に話しかけた。

    「・・○○○(特定の団体)って知ってる?」

    「・・・○○○・・ですか?」

    「あぁ、そう・・お前さ・・」

    「・・はい?」

    「・・知り合いいるのか?○○○に?」彼女は何を聞かれているのか分からなかった。○○○は、普通に生活している限り彼女が接点など持つはずがない、特別なものだった。

    「・・いいえ、いません」

    「・・・そうか。・・・今のは忘れろ。」

    「・・はい」前川の表情はどことなく冴えなかった。



    しかし、彼女は前川が聞いてきたことなど、頭に残らなかった。彼女は家に戻ると一人で考えていた。

    『アタシ、本当にあんな風に使われるのかな・・・ネットで男の人を募集して・・あの画像とか動画を見た男の人が、アタシのフェラチオとかセックスとかを見てオチンチンしごいてオナニーしてる・・・あんな非現実的なこと・・・あれが実現したら、アタシはいっぱいの男の人に使われて・・ボロボロにされるんだ・・また、お口に出されて精子飲むんだ・・あの精子の匂いと味・・・アタシの頭がおかしくなっちゃう・・オマンコにも精子出される・・お尻の穴にも精子入れられて・・ヌルヌルした精子が、オマンコとお尻から溢れるんだ・・そして・・・オシッコも飲まされるんだ・・苦くて臭い男の人のオシッコ・・アタシの口はお便所にされる・・知らない人のオシッコ飲まされる・・○○くん、そんなこと知らないんだ・・こんなオシッコ飲むような女だってこと、○○くんは知らないんだ・・・アタシ、汚れた女だ・・・』これから行われるであろう彼女の貸し出し行為が、彼女のマンコを疼かせた。その夜、彼女はネット上に晒された自分、それを見ながらオナニーする男達、そんな肉棒に弄ばれる自分を想像してマンコを弄り、一人オーガズムに達した。



    このとき、私は彼女がネット上で晒されていることを知らなかった。



    彼女がアナルを提供したのを目撃した日から2週間後、私は男にメールした。

    「すべて終わらせてほしい。」数時間後、男から返信があった。

    「了解。」私は、これで全ては終わるんだと思った。


185  小春 - 2015/08/10(Mon) 02:58 No.29491
    金欠気味ではあった私にうまく話しかけてきたキャッチに
    促されるようにアルバイトでキャバ嬢をすることになりました
    話しが上手すぎて断り切れなかったんです
    自由出勤でしたのでスケジュールに負担はかからないのですが
    先輩の胡桃さんに教えてもらっていたのです
    胡桃さん指名の時は必ず横についていた
    常連の山之内さんは最初からいやらしかったんです
    「19歳ってことはもう処女じゃないよね?初体験は何歳の時?」答えづらい質問ばかりしてきます
    お店側で用意されたミニの黒いフレアスカート太腿をナゼナゼ
    してきます
    その奥はパンツ1枚穿いただけ何とか体をくねらせて
    パンツまでは触られまいとしてました
    山之内さんは週3で来店してきました
    明らかに胡桃さん狙いじゃなくて私に照準を置いてることは明らかだった
    ボーイさんに言っても助けてくれなかったです
    次に来た時山之内さんは胡桃さんじゃ無く私を指名したんです
    相変わらずセクハラのオンパレードです
    男の人が高額なお金払ってでも女の子を何とかしようとしてることは理解できるけど19歳の私はお酒の相手をするアルバイトはしてるけど正直身体には触れられたくないんです
    3人の男性とお付き合いしましたけど
    中年のおじさんに触られるのが嫌でした
    山之内さんは胡桃さんたちとアフターに行くようでした
    胡桃さんは「大丈夫よ私が守ってあげるから」って言って
    私も行くことになりました
    そこはうす暗いバーで胡桃さんは坂口さんって言う方と隣に座り私は山之内さんの隣に早速股の間に手が入って来て
    必死でパンツに触れさせまいとしてたら後頭部をグイッと掴んでディープキスされました
    そのまま押し倒されてミニスカ捲られてパンツの中に山之内さんの手が・・・
    山之内さんの狙いは最初から私のオマンコだったのでしょう
    指入れられてクンニされて強姦されました
    女の子はパンツ脱がされて丸出しにされたオマンコは無力です
    勃起したそれを穴に押し当てて入ってきました
    しかも中田氏で後で胡桃さんがアフターピルくれました
    胡桃さんは山之内さんと打ち合わせしてたようです
    私とやらせるからってお金貰ってるって聞きました
    自分も枕やってて新人の子にもやらせるみたいです


186  - 2015/08/07(Fri) 00:46 No.29449
    アルバイトしながら一人暮らししてます。
    いろいろなシチュエーションで犯される想像をしてしまいます。


187  瞳です - 2015/08/03(Mon) 08:24 No.29421
    良く一人で夜に飲みに行きます
    何処とか決めてなくて
    通勤電車の範囲内をつい降りてみたい衝動にかられて
    ココの駅近にはどんな店があるの?
    新しい出会いと言うかはっきり言って仕事のストレスがたまりすぎてたからですけど
    年も二十代後半なので若い子みたいに警戒もしてなくて
    少し歩いたら隠れ家的なバーがあったので入って見ることに・・・
    中には奥の方に3人の男性そして無口なマスターが
    何度かマスターに話しかけたけど単発に返事を返すだけ
    奥の3人は自分たちの話で盛り上がってるだけで
    私に気にもしてるどころか見もしない
    ココにこんなにいい女がいるって言うのに少し腹が立ってきた
    普通なら「初めて見ますねぇ?ここはよく来られるんですか?」なんて話しかけてくるのが礼儀じゃないの?
    「あぁ〜あハズレの店来ちゃったなぁ〜」なんて思い
    後一杯飲んだら帰ろうかしら、そう思ってたら奥の男性の声が聞き取れなくなって
    変だなどうしたのかしら強いウオッカでも飲んだように
    頭がくらくらしてきて意識が薄らいでいったのです
    気が付いたらどこかの住まい生活感のある部屋にさっきの奥の3人とマスターが私の割れ目に電マを押し当てている
    直に当たってる感覚!ってことはパンティ脱がされてるってこと?女の身体を知り尽くしたような男性たちに弱点を刺激されて体をくねくねして耐えていました
    あんなに激しいセックスは経験ありません
    4人に好き放題やられました
    仕事帰りの電車の中でそこの駅を通過するときいつも思い出しちゃいます
    思い出すと濡れてきます
    こんな私は変態なのでしょうか?
    教えてほしいです
    今だ一人です夜のパートナーはいません
    ストレス等で身体がうずいたらどうすればいいですか?
    またあのバーに行ってみたいけど
    「あの女自分からヤラレに来たぜ」って絶対思われますよね?
    こんな女あなたならどうやって慰めてくださいますか?!


188  いちご - 2015/08/08(Sat) 15:53 No.29462
    今まで、エッチを気持ちいと思ったことがなく、
    オナニーしてもエッチをしてもイッたことがありません。
    無理矢理犯してイク気持ち良さを教えてください


189  裕子 - 2015/08/06(Thu) 21:26 No.29448
    似たような人多いかも知れないけど・・・
    高校の時、ナイフを見せられて拉致されて・・・
    ラブホに連れて行かれて犯されました・・・
    7月の始め、午前中テストで昼から帰る途中・・・
    昼過ぎから翌朝までラブホに監禁・・・
    7回犯されて7回中に精子出されて・・・
    安全日とは言え出来なくて良かった・・・
    処女だったのに・・・
    夜中、5回目くらいの時・・・
    感じてしまいイカされた・・・


190  メス豚まなみ - 2015/07/21(Tue) 07:27 No.29329
    女子高生の妹の方が気に入られてます。
    私も気に入られてるけど妹の方が気に入られてます。
    二人でレズプレイさせられてます。
    それを見てオナニーしてます。


191  私は@レイプされました。 - 2015/08/05(Wed) 10:26 No.29439
    47才になる妻、
    子供が県外に巣立って楽になったのは分かるけど
    昨年からバツでご気楽な元ママ友とつるみだして
    やれ飲み会!
    やれ温泉?
    そして
    今更昔流行った”よさ○い”って!

    黙って見て来ましたけど
    色んなとこから良からぬ話を耳にするようになり
    友人や知人に協力して貰った結果、
    やはり真っ黒で
    そのよさ○いサークルでは飲み会やアフター目当ての
    ”熟恋”なる部門が勝手に発足してるらしく
    正しく妻達はそっちで練習には参加せずに
    男女間の交流のみを求めてる事が判明しました
    それで友人たちからもからかわれ
    元々寝取られに興味が無かった分けでも有りませんが

    逆に友人たちから”見知らぬ若い男に喰わすぐらいなら
    俺達に喰わしてお仕置きでもした方がマシじゃ?っと

    酒の場での事でしたが
    酔った勢いは止まらず・・・

    後日、
    妻が飲み会と言ってた日、
    私は出張と言って家を出て
    深夜帰宅するであろう妻を待ちましたが結局朝帰り、、、
    途中解散!
    みんなのお仕置きの度合いは増しその日の夜ムリくり決行する事になり
    夜10時、風呂に入った事を確認し家の中に侵入・・・

    そして
    風呂上がりの妻を中年マスクマン3人(私入れて4人か)が
    洗面場に突入!
    まだ素っ裸の妻、
    驚き声も出せないと思いきや
    妻から
    ”分かった!いう事を聞くから!騒がないから!
    なにが目的?お金?泥棒でしょ?
    乱暴な事はしないでいう事を聞くから!っと
    全裸のまま全身でアピールする妻、

    そこで逆に無言になる中年一味
    すると妻”え?私?体目的なの?、、、”っと察知した妻
    頷く中年男達、、、

    茶番な展開になっちゃいましたが
    なんと全裸妻は”痛い事はしないでよ!”
    ”絶対誰にも言わないから終わったら帰ってよ!”
    そう言うと自らリビングに移動、、、
    ”いいわよ好きにして、、、”っと目を瞑りました

    それから目隠しをした事で
    やっと自分を取り戻した中年根性なしおやじ達は
    思い思いに妻の体を堪能しました、、、

    しっかし妻は真っ黒、
    男とのSEXを指相撲くらいにしか思ってない感じでした
    夕方帰宅した時には全く何も無かった感じの妻にも
    驚かされました、、、 ある意味凄〜い


192  裕子 - 2015/08/03(Mon) 15:40 No.29426
    去年の今頃サークルの友達で未稀と優那あとは5人の男の子たちと初夏の避暑地で貸別荘に行く話が持ち上がってました
    私だけハッキリとした返事をしていなかったのもあって
    7人だけで行ったそうです
    そのことをすっかり忘れてたのですがその子たちと連絡が取れなくなってサークルもやめたそうだし
    何があったの?って思い返していたら貸別荘のことを思い出して5人の男の子たちに聞いてもハッキリした返事をしないので
    怪しいと思って近しい友達に探りを入れたらその別荘で未稀と優那は5人にレイプされてるらしいって「レイプ?」
    私がちょっと変わってるのかも知れないと思いだしたのはその頃でした
    同じ女性なのに女の子がレイプされたってことに凄い興味があって
    しかも良く知ってる未稀と優那「このワクワク感は何?」
    知りたいどうしてもその時のことを聞きたいって・・・
    サークルの中でも雄二君はいつも私を個人的に誘ってきました
    飲みに行こうとかって
    なので私から飲みに連れてってといったらすぐにオッケー
    で何度か飲みに行って体の関係になって
    ようやく聞き出した真実
    男の子たちは最初から女の子のパンツを脱がす計画だったらしい
    そこに私も居れば同じことされてたに違いない
    最初未稀がお風呂に入って出てきたところにビールに薬入れられて飲まされたみたい即効性のある薬剤で意識朦朧となって
    その頃優那はお風呂に入ってて
    やっぱりシラフの女の子をレイプしたいからって
    恥ずかしがったり泣いたりした方が興奮するんだって
    3人は裸になってお風呂に入って言って優那は「なんで入ってくるの?」って泣きだしたそうで
    未稀は後の2人にレイプされてたらしいのです
    女の子の私が女の子がレイプされた話を聞いてムラムラしてくるのは私が変態ってことでしょうか?
    力ずくで女の穴に挿入されちゃうって考えたら濡れてくる
    やっぱり私変態!


193  装子 - 2015/08/03(Mon) 15:10 No.29425
    わたしは、パンスト好きなM完全女装子です。
    ちょっとエッチなポーズで写真を撮ってほしくて、
    普段からホームレスの方にお願いしていました。

    ある夕方、高架橋の下に住んでいたホームレスの方に声をかけたとき、
    わたしの姿を、舐めまわすように見ていました。
    わたしの格好は、下着が透けてみえるブラウスとフレアスカート、
    パンストにヒール5cmくらいのパンプスを履いていました。
    お化粧もバッチリメークで、気持ちも完全女の子になっていました。

    ホームレスのおじさんは、70代くらいの方で、やせ細った色の黒い方でした。
    私に「かわいい恰好だね。」といいながら、ジーっと見つめていました。
    椅子に腰かけるように言われて、座ると、私の脚をずっと見つめていました。
    私から「もし、興味あるなら触ってもいいよ」というと、
    黙って、太ももを撫で始めてきました。

    だんだん太もも全体をいやらしく、撫でてきました。
    ちょっと声を出したら、ニヤって笑いながら、胸も揉んできました。
    ブラウスの上から激しく揉みながら、首筋にもキスをしてきました。
    キスしてきたので、自然にお口をあけると、舌を中に入れてきました。
    私は、キスもとっても好きなので、更に大きく口を開けると、唾液も交えながら
    キスが激しくなってきました。
    同時にブラウスのボタンも外され、ブラが丸見えな状態になりました。
    お口もちょっと臭いが気になったけど、激しいベロチューになっていて、
    お口を離そうとすると、顔を抑えつられて、唾液をいっぱい入れてきました。

    わたしも凄く感じてきて、おじさんを全て受け止めていました。
    ブラも外され、片方の乳房を揉まれながら、もう片方の乳首を激しく舐め始めてくれました。
    おじさんも凄い興奮してくれて、お互いに抱きしめあいながら、激しくキスしました。

    脚も足首からおしりまで、撫でまわされて、思いきり脚を開かされていました。
    四つんばいにされて、おしりに顔を押し付けてきました。
    パンストは、おしりの所を破られて、パンティもおろされました。
    両手で、おしりを開かされて、私のあそこをジーット見たり、息を吹きかけたりしました。

    「もっと感じさせて〜」というと、私のあそこに舌を入れてきてきました。
    私のおしりを力強く押さえつけて、奥まで舐めまわしてくれました。
    頭が真っ白になるまで、いっぱい舐められて、指も入れられました。

    ずーっと責められていたら、いきなり、おじさんはパンツを脱いで、私の手をおじさんのおちんちんに触らせました。
    手でシコシコしたけど、なかなか大きくならず、私もその気になって、おちんちんの先をキスしたりしました。
    そしたら、ちゃんと咥えるように命令され、奥まで、唾液を交えながら、一生懸命ファラをしました。

    途中で69の形になって、お互いに、おじさんのおちんちんと私のあそこをむさぼりあいました。
    いよいよ、おじさんが入れたいといったので、四つんばいになりました。
    持って行ったスキンをつけるようにお願いして、いよいよ挿入です。

    四つんばいになって、興奮しながら前の方を見てみると、少し離れたところに別のおじさんが、こちらを覗いていました。
    私は、「あっ」と声を出して、覗いているおじさんと目があったまま、おじさんに挿入されました。
    さっきまで、やさしく扱ってくていたのに、急に強引に奥まで入れてきました。
    おじさんのおちんちんを出し入れをしながら、「いい女だなあ」と言いながら、激しくピストンしてきました。
    わたしも卑猥な声を出しながら、覗き見しているおじさんに見られながら、感じていきました。

    途中で騎乗位になりましたが、うまく挿入できず、正常位でエッチしました。
    おじさんは、自分のおちんちんをシコシコして大きくしてから、挿入してきました。
    挿入しながら、キスもして、思いきり抱きしめあいながらピストンされました。

    胸も揉まれて、時には、甘噛みされながら、感じまくりました。
    わたしも完全エッチモードで、キスしながら、いっぱい唾液も垂れ流してもらいました。
    だんだんピストンも激しくなり、本当に愛し合っていきました。
    おじさんのピストンも突き上げてくるように、激しい振動が私のあそこの奥まで響いてきました。
    覗いているおじさんに見られながら、一緒に逝きました。。。

    お互いに少しの時間、抱き合ったまま、キスしたりしていました。
    とっても気持ちよかったSEXでした。
    ただ、そのあと、もっとびっくりしたのは、正常位でエッチするときにスキンを外されちゃって、
    私のあそこの中は、精子でグッチョリになっていました。

    おじさんに、「約束が違うっ!」っていったら、私を見ていたら、どうしても生でしたくなったと言われ、
    許してあげちゃいました。。。

    エッチも終わって、お洋服を着ていたら、覗いていたおじさんが、私たちのところに、声をかけてきました。
    そしたら、エッチしたおじさんと知り合いで、今度は3Pでエッチをはじめちゃいました。
    3Pの時は、私のMっぽいところを思いきり引き出されたエッチになりました。
    おしりを叩かれたり、乳首をつねられたり、卑猥な言葉を言われたりして、1時間くらいエッチしました。

    2人とも、エッチしながら、私のあそこに中だし宣言をして、私が嫌がるところを無理やり中だしをしてきました。
    そして、エッチの最中に写真を撮っていたみたいで、私の卑猥な姿を見せられました。

    また、来週来るように言われて、今度は更に2人連れてくると言われました。
    すごいエッチを経験したので、病みつきになりそうで怖いです。。。


194  匿名です - 2015/08/02(Sun) 16:09 No.29417
    バレーの講師として呼ばれた女子高
    一応バレーの人脈はあったので推挙された
    とはいえその時期に限ってのこと
    俺は2年生の熊田春香に対して異常なほど欲情を感じていたある時全員がロッカールームに着替えに行った後その日係だった熊田が後始末をしてる
    俺は我慢が効かなくなって
    「熊田!さっき区大会の知らせのファックスが来て
    内からも一人選抜に入れるそうだけどお前やって見るか?」
    なんでそんな根も葉もないことを口から出たのか自分でもびっくりした「あっ!はい、お願いします」
    「じゃ〜保健室に行こう今日は休みの日だから保健の先生もいないから代わりにやってやる」
    体重伸長を報告するのは通常あること
    「体重を測るから下着になれ」って言うと一瞬躊躇したのが解ったスゲェ〜ブラとパンティだけの熊田春香がそこにいる
    体重の次はBWHを測ってメジャーを股下からパンティの上からオマンコをムニュって押した一瞬腰を引いたがわざと何度もオマンコをムニュムニュした肉厚で柔らっこい恥肉に
    顔を真っ赤にしてる熊田「なんだ顔真っ赤じゃないか?
    まさか男の人にここ触られるの初めてじゃないんだろ?」
    そしたら「はっ!初めてですよ」って
    「お前ヴァージン?」「…はい!」目の前にある白いパンティの縫い取りから薄っすら黒い影が解る熊田の陰毛だマン毛!
    講師の期間中に絶対犯してやるって思った瞬間だ。


195  あだ名はジャンク - 2015/08/02(Sun) 00:59 No.29411
    もうすぐ夏休みそんな気分に浮かれてたのかも
    学校帰りにゲーセンで遊んで友達とバイバイして
    家に帰ろうと蒸し暑いのもあって帰っても何も食べるものないしコンビニによって菓子パンとジュースを買うつもりだった
    両親は共働き出し兄弟もいない
    いつもの友達とだべってる毎日見にスカートを腰のバックルで2重3重に巻いて更にミニスカートにしていた
    それが普通だと思ってたしそのほうが可愛いとも思っていた
    同じ年頃の女の子は皆そうしてた
    屈むとパンツが見えるくらいにギリギリにしてた
    当然その下はパンツだけマンコに薄布をピッタリ
    貼り付けていた
    彼氏がいた時期でキス経験はあったけどマンコ見られるとか触られるとか超ハズイので未経験でした
    家の近くには田んぼばかりでお店屋さんが無いのでいつも買って帰るのが日課だった
    お店に入ってしばらくしたらオシッコがしたくなって
    家まで我慢できないほどじゃないけどその時は借りようって
    田舎だからトイレは出て裏側にあったんです
    駐車場に面したところそこに黒い普通車、車体をローダウンさせた奴で中に男が3人いて私を見てニヤニヤしてるんで気持ち悪かったけどオシッコしてドアを開けたらドアの後ろに立ってたんだと思うけど後ろから口を何かで塞がれて横からもう一人が膝を抱えて車に放り込まれた
    山に連れてかれて3人に口にキスされてパンツ脱がされて
    ひっくり返されてマンコむき出しにされてケツの方からマンコの割れ目を舐めまくられてブラも上にずらしてオッパイ出されてチュウチュウされて気持ち悪いのと怖いので号泣してた
    チンコを割れ目に押し付けてこじ開けられてマンコの中に
    ブッ刺して来たいくら痛い痛いって言っても抜いてくれなくて
    根元まで突っ込まれた子宮も内臓も突き上げられて
    二人目に突っ込まれた時マンコが痛すぎて悲鳴を上げたけど
    マンコから流れ出る鮮血を見て処女だぁ!って喜んでる男達に腹が立った勿論3人にヤラレタ国道まで下りてきてそこに捨てられたマンコが痛すぎて立って歩けない腰が抜けたように
    そこにへたり込んでたら通りかかった車に助けてもらった
    処女膜だけじゃなくてマンコの内壁がズタズタに切れてたり内出血してたりで最悪な夏の日でした
    その後にすぐ来た夏休みも引き籠っていて楽しくなかった


196  飯岡奈緒です。 - 2015/07/31(Fri) 23:19 No.29403
    去年の夏休み!ファーストフードでバイトを始めました。
    学校は地元の女子高いろいろ係を押し付けられて夏休み中も学校に行くことがあり、校内は制服じゃないと入れないので
    制服を着たままバイトに直行してました
    お客さんの男のグループ一見大学生かと?
    私より2〜3歳年上な感じ、いろいろ話しかけられて
    学校は?年は?彼氏いるの?家はどこ?
    その時ふと一人の男の特徴に気が付いたんです
    首の下にやけどのような傷跡
    いつも登校時に電車の中で後ろにぴったりと張り付いて私の
    ミニスカのお尻の下に折りたたみ傘をあてがう感じでいつもその男がいるのです
    明らかにおかしな行動でお天気の日も折りたたみ傘を持っているんです
    おそらく盗撮されてたのだと思います
    女子高のミニスカは下からパンツ見られ放題だったのだと思います生理の日はナプキン充ててるのを絶対見られたくなかったです
    ファーストフードのお店の裏口から帰ろうと自転車の近くまで言ったらグレーのキャラバンが横付けされてました
    学校で使ってる車がキャラバンなのですぐに車種は解ったのですスライドドアが勢いよく開いてそのまま中に引き込まれました(自転車も)そのまま急発進した
    どこまで連れてこられたのか?丘の上のようだ
    堤防が見える波の音だけが繰り返し聞こえる
    女の子は無力女の子の体の中で1番恥ずかしい箇所を女の子は自分の力だけでは守り切れない男達はその恥ずかしい箇所を
    無理矢理力づくで見ようとする
    赤子の手をひねるように簡単にねじ伏せられてパンツ捲られて
    足首から抜き取られた
    その部分の形状といいヘアの生え方といいとても耐えがたい状況に気持ちが正常でいられなかった気勢を上げて喜ぶ男達に
    死ぬほど恥ずかしかった
    初潮を迎えてから初めて男の人にまじまじ見られた
    舌がザラぁ〜っと当たる感触がしてアソコを舐められてるのが解った七転八倒して屈辱から逃れようとしたが無駄だった
    一人の男棒が体の中に入ってきた突き上げるように中が裂けたのを感じた
    前に読んだ遊郭の遊女の水揚げの日と言うのを頭をよぎった
    「生娘のお紗季の割れ目に容赦なく男根がねじ込められる
    「ギャぁ!痛いです旦那はん」串刺しにされた若鮎のごとぉー
    暴れよるわァ〜あまりの激痛に体をピクピク痙攣させていた
    今の私がそれアソコの隙間に大きく押し開いてぶっとい男棒が根元まで突き刺さってる最初の激痛が痛すぎてアソコの神経が麻痺した感じでジンジンしてるだけで感覚が鈍くなってる
    5人全員が私の割れ目に挿入した
    夜の8時をまわっていた地方のファーストフード店はすでに閉店していてあたりは真っ暗で駐車場に置き去りにされて
    自転車も抛りだされました
    私は泣きながら自転車を起こして帰ろうとしたらお尻からドロォ〜と精子が太腿を伝わって流れ落ちてきました
    すると前からお父さんとお母さんが心配して探しに来ていたんですその後夜通しで家族で話しましたが結局処女を破られちゃったことと薄汚いものを体の中にいれられたことは
    取り返しのできない事実
    警察に訴えたとしたら田舎町ですぐに噂が広がる
    利点と不利点を足し算引き算しても被害者である私の方が不利だという結論になり警察には行きませんでした


197  ありす - 2015/06/29(Mon) 22:15 No.29172
    自分でおまんことかクリを痛めつけてイってぼろぼろにするから誰か指示出してください。自分で壊したの録画してたまったらネットに流したいと思ってます


198  私は@レイプされました。 - 2015/07/27(Mon) 17:27 No.29381
    それは、小学4年生の冬の日でした。
    私は近所の公園でひとりで遊んでいると、全く知らないおじさん(50歳くらいに見えました)が私に「寒いねえ。一人で遊んでるの?」と話しかけてきたんです。
    優しそうなおじさんだったので、色々お話をしていました。
    しばらくすると、そのおじさんは「だっこしてあげるよ」と言ったのですが、すっかり気を許していたのでそうしてもらうことにしました。
    おじさんの膝の上に座るとおじさんは私のももの内側を盛んになでるのでちょっと変だなあとは思いましたがそのままでいました(その時私は丈の短いキュロットでした 。
    そして、おじさんは「ねえ、ブルマーはいてる?」とたずねてきました。

    そのときはパンツだけだったのでそう言うと、「パンツだけじゃ風邪引いちゃうよ。
    おじさんが風邪引いてないか調べてあげる」などと言い、なんと、キュロットの中に手を滑り込ませてパンツの中に手を入れてきたのです。
    その頃の私は他人に大事な部分をさわらせるのがいけないことなんて知りませんでした。
    今思うとすごく情けないですが、そのまま触らせていました。
    おじさんはまずクリトリスを軽く触ってスーッと割れ目をなでてから膣の辺をこするように撫でました。
    私もさすがに変だと思って立ち上がろうとしたのですが、おじさんは「まだ調べきってない」といい、すごい力で私を押さえつけ、また触り始めました。
    今度はクリトリスをこすったり挟んだりしつこく触りました。
    そして割れ目を上下させながら何度も何度もこすりました。
    膣も同じようにされました。
    しばらくすると、おじさんは指をパンツから取り出し、鼻息を荒くしながらクンクンにおいを嗅ぎました。
    そして「おじさんちはちょっと歩いたところにあるんだけど、おいしいお菓子がたくさんあるから一緒に来なよ」と言うので、またも馬鹿な私はお菓子につられてまんまとついていってしまったのです。
    おじさんの家には誰もいませんでした。
    たぶん一人暮らしだったと思います。
    家に上がるときに靴下が汚いから脱げって言うのは分かりますが、靴下と一緒になぜかパンツも脱ぐように言われました。
    一瞬訳が分からずとまどっていると、おじさんはスルスルとキュロットを脱がせあっと言う間にパンツもおろしました。
    とりあえずそのまま居間らしき部屋にあがってソファに座っていたのですが、おじさんが私の前に来てドカッと座って、なんと私の脚をつかみ左右に大きく開かせたのです。
    もうそのときは何がなんだか分かんなくて何をしゃべったか覚えていませんが、しばらく触ってから、大事な場所を舐められてしまいました。
    初めは嫌がっていたと思いますが、すごく気持ちよかったのを覚えています。
    それからおじさんは私を抱きかかえ、寝室までつれていきました。
    服を全部脱がされて布団の上に寝かされました。
    そして胸をもんだり吸ったりされました。
    もまれたときは痛かったけれど、吸われているときは気持ちよかったです。
    そしてまた脚を広げられ舐められたのですが、もしかすると、濡れていたのかもしれません。
    初潮はまだありませんでしたが、胸なんかも割と発達していました。
    ませていたのかもしれません・・・。
    一通りのことを終えると、おじさんは自分もズボンを脱ぎましたが、見たこともないくらいペニスがふくらんでいたのでびっくりしたのを覚えています。
    そして私の脚を広げて「力を抜いて」と盛んに言いながら、ゆっくりと入れてきたのです。
    おじさんが上手かったからかどうか分かりませんが、そんなに痛くはなかったような気がします。
    結構気持ちよかったんじゃないかと思います。
    ただ、おじさんが腰を前後にものすごく激しく振るので、なんかすごいなあと思った記憶はあります。
    終わってからおじさんは「このことは誰にも言っちゃダメだよ。
    お母さんにもお父さんにも内緒だよ。
    」と言ってお菓子を買うように300円をくれました。
    私はどういうことなのかよく理解できなかったけれど、絶対親に言ってはいけないことだというのは何となくわかりました。
    それから私は次の年の春には初潮が来ました。
    友だちの中でも早い方でした。
    この頃からそのおじさんとのことを思い出してはオナニーをするようになりました。
    性的なことにすごい関心を持つようになってしまったのです。
    暇があればいやらしいことを考えてはあそこを濡らすようになってしまったのです。
    今私は19歳で、いろんな人とたくさんのエッチを経験しましたが、あの小学生の時の経験ほど興奮するようなエッチはしたことがありません。
    あのおじさんは何も知らない少女にいたずらをしたのだから普通に考えれば絶対に許されないことですが、私は恨む気にはなれません。
    今でも思い出してはオナニーするくらいですから。
    この経験のことはまだ誰にも話してません。


199  優眞です - 2015/07/21(Tue) 00:11 No.29327
    地元の女子高に通う18歳高3です。
    同地区の男子校の生徒から告白されました
    私はゴメンナサイと断りましたが
    何度も学校の近くで待ち伏せされてそれでも付き合ってほしい
    と言われいつも近くに仲間が見てるんです
    それもなんか一人でこれないの?って思ってて嫌でした
    断り続けてたらそのうちに来なくなりました
    ある日のクラブ後の帰り道で後ろから襲われて抱き抱えられて
    森林の方で強姦されました
    その仲間全員にやられました
    まだ処女でしたので股が引き裂かれるようでその痛みは頭のてっぺんまで激痛が走って、でも何とか家までたどり着いて
    家族にばれないようにお風呂に入った(シャワーだけ)
    次の日は試験でしたので休めなくて朝に駅まで行くと
    同じ男子校の制服を着た生徒が5人ぐらいいました
    私が学校に来るか掛けていた感じです
    当然私をレイプしたことは聞いてたはずです
    出血が止まらずにナプキン挟んでるし股に鉛を埋め込まれたみたいな異物感で歩くのもままならないのに同じ電車に乗り込んでミニスカートのお尻に何かがあるので振り返ってみたら
    ペンを持っていました
    後でインターネットで調べたら盗撮用のカメラ付きのペンと解り悔しすぎてpcの前で泣き崩れました
    18歳の私が処女だったことも強姦されて処女を奪われたこともそれを証拠にパンツの間にナプキン挟んでる所も盗撮されて
    全部知られた屈辱は耐え難いです。


200  レイカ - 2015/07/26(Sun) 23:12 No.29372
    一度に五人もの男に犯されたのに、感じてしまったのが悔しいです。
    男たちに指を挿入されてグチャグチャ、クチャクチャ、弄り回されて、
    意思と裏腹に自分の腰が勝手に突き上がってしまい、カクカクヒクヒク・・・反応してしまったのが悔しいです。
    冷たいビールを無理やり口に流し込まれて、身体にもかけられて、大勢で身体を舐めまわされて、感じてしまったのが悔しい。
    そんな私を見て笑われて・・・、それでも身体の気持いいのが止まらなくて、悔しいです。
    オモチャにされて、ケラケラ笑われてバカにされて、
    夫や過去の彼氏ともしたこと無いいやらしい格好でセックスさせられて、
    その挙句に頭が変になるほど何度もイカされて、
    そのせいで男たちに言われるままに自分からすすんで口を使ってまでしてしまい、思い出すと悔しいです。
    開放された時には、相手を非難する気力も残らないほどグッタリ疲れ果てて

    悔しいです。

    夏の海水浴場も夜遅くは危険なのでみなさんも気をつけてください。


201  あずさ - 2015/07/26(Sun) 08:52 No.29363
    25歳までは彼もいて、彼中心な生活でした
    今は独身の27歳
    去年から 健康ともやもや発散かねて、夕方からジョギングを始めました
    154cm スリムですが貧乳の70A
    温泉施設と道の駅に車を止めて
    ピンクのミニキュロットとGフィットブラのみで
    お茶畑のアップダウンロード  往復6kmほどを走ってます
    同じような女性や男性も走ってて すれ違い時には
    挨拶も
    今年から 途中にある 展望台とトイレで
    ポシェットに入れてあるバイブでオナニーすことが
    毎回です
    先週 連休の中日の日曜
    展望台のトイレでオナニーするために寄ると
    男性2人がいました
    嫌な気がしたので、立ち去ろうとすると
    挟み撃ちになり、捕まってしまいました
    セクシーな格好してるね、 股間が膨らむぜ!
    トイレに押し込まれ、Gフィットブラを脱がされ
    キュロットも脱がされ
    なんだ するばっかの格好じゃ〜
    口の中にオチンチ 私のおまんこに指
    乳房揉まれていじられ
    久々の感覚で 濡れてしまいました
    後は 2人にされるまま、入れられてピストンされ
    一人目は口に出してきました
    ぐったりしてると便器に座る感じで後ろから抱かれて
    下から突き上げられ
    もう一人のオチンチは口
    そして中に出されて 失禁してしまいました
    何十分??  経って 気を戻し
    ふらつく感じで歩き車まで帰りました


202  みずき - 2011/09/27(Tue) 15:13 No.17661
    私は高校2年生。 私は、友達(仮名:あや)と一緒に市民プールに来ていました。
    そのときはもう時間も遅く、閉館1時間前とかだったと思います。 私たちは、フラフラとプールをさまよっていました。
    そんなところに3人の男たちが近づいてきました。あっという間に男たちに私たちは囲まれてしまいました。
    男たちはニヤニヤしながら、プールの隅へと追いやりました。そこであやは犯されると感じたのか、
    「みずきは、処女ですよ!私はヤリマンなんです!」といって、私を囮にして逃げてしまいました。どちらも処女でしたが・・・・。
    3対1になってしまい、もう私はどうすることもできなくなって、泣き始めてしまいました。
    すると、一人の男が私の水着を剥ぎ取り、全裸にしました。そして、一人の男がプールサイドに腰かけ、自分の水着を下ろし、
    ペニスを私の口元にもってきました。そして、後ろでは、私の足の間にもう一人の男が顔をいれ、アソコをなめ始めました。
    髪をつかまれ、仕方なくペニスを咥えると、アソコを男がなめ始めたのが分かりました。
    残りのもう一人の男は、どこからかカミソリをもってきて、私のヘアを剃りはじめました。私のアソコがつるつるになったころ、
    口に入っていたペニスからザーメンが飛び出てきて、思わずそれを飲んでしまいました。ソレを見た、私のアソコをなめていた男は、
    私のクリを弄り始めました。初めての快感だったので思わず体がしびれて、乳首が硬く、大きくなってしまいました。
    ソレを見た男の一人は、ニヤッとしながら水中で軽く洗濯ばさみで乳首を掴み始めました。そのまま、5分くらいたった後、
    私はこらえきれなくなり、愛液を盛大に噴出してしまいました。それを合図にしたかのように
    男たちは私のアソコやアナルにペニスを入れ始めました。中はギチギチなのにとても感じてしまいました。
    口にもペニスが入っていて、全部の穴がペニスで封じられてしまいました。そのまま、男たちは中出しをしたり体にぶっかけたりして、
    そのまま30分くらいが過ぎました。私の体はザーメンだらけでアソコからはザーメンが流れ落ちていました。
    私は、ただ愕然としていると男の一人が防水カメラで私の体の写真を取り始めました。写真を取り終わるとそのまま、
    男子更衣室へ連れて行き、私の手を縛りつけ、口には男の水着を詰め込まれて、そのまま全裸で朝まで放置されました。
    そして、一週間後、学校も休みふさぎこんでいた私に、一通の写真が来ました。その中には、私の全裸の写真と、
    あるプールの所在地がありました。そしてこんな文が・・・「此処にこないと、この写真をばら撒くぞ」私は・・・・
    プールでまたレイプされてしまうのでしょうか・・・?


203  匿名 - 2013/09/27(Fri) 17:29 No.23416
    レイプってそんなに気持いいの?
    「トヨタカローラ岐阜(株)したらば掲示板」参照


204  井上涼花 - 2015/07/22(Wed) 21:55 No.29343
    ***モデルを初めて3年目、業界的に言えばヤラレル危険度は高いけど見返りもいい
    対外ビキニ着用だから胸とお尻とオマンコ隠してるだけで
    オーディションでセクハラされてトイレから出てきたところ男子トイレに連れ込まれてやられちゃうとか暗闇で男が首根っこ掴んでディープキス!もう一人にパンツ脱がされて割れ目丸出しされてたりヤラレテルの見たのは5回ぐらい
    自分がされたのは7〜8回
    スタイルが良くて可愛い女の子はヤラレる危険性も高い
    女の子は男にオマンコ見られると恥ずかしい
    男は可愛い女の子のオマンコが見たい
    男に襲われたらか弱い女の子はなすすべがない力じゃ勝てないし自分のオマンコも守り切れない
    パンツの中に武骨でスケベでゴツゴツした手を入れられて
    オマンコを征服される揉まれて舐められて挿入されて
    でも確実にやられた女の子の方が仕事が安定してるけど!


205  沢村で〜す! - 2015/07/22(Wed) 21:02 No.29342
    稲生君〜何時になったら来てくれるのん?
    ずっと待ってるわァ〜


206  大家優美香 - 2015/07/08(Wed) 12:34 No.29235
    キャバのキャストデビュー半年!
    指名数もトップ3に入ってるし私目当てのお客さんも増えてきてる、でもイイ気になっても居られない
    何故ならその男たちは全員が私のオマンコ狙いだから
    先輩のカナさんが言ってるように
    「女の子はパンティ脱がされたら100%ヤラレルと思ったほうがいい」って、そんな言葉も上の空だった
    この前40代の社長さんとアフターで飲みに行って
    もう1件付き合えってバーに連れてかれてもう帰るって言ってもなかなか帰してくれなくて
    気持ち悪いって言い始めてその店の休憩室で休むって
    社長さんを抱えて連れて行ったらそのまま休憩室に連れ込まれてそのまま押し倒されてブチュ〜ってキスされて手が股の間に入って来てパンティの上からオマンコ揉まれて
    「ヤバイ!ヤラレル」って思わず「口でしてあげる」って言ってとにかく膿を出すのが先決だと思いフェラして射精させようとした出しちゃえば悪さしてこないだろうと思ったんです
    そしたらすぐに口の中にドバッ!って生臭い精子をぶちまけられて「オぇ〜」ってなった
    そしたら社長さん「オマンコ見せろってクンニさせなきゃ帰さない!」って聞かないから自分からパンティ脱いで
    「どうぞご覧ください!これが私のオマンコです状態」
    いきなりオマンコにしゃぶりついてきてベチョベチョに
    舐めまくられたブラも外されオッパイ出されて乳首吸われて
    またディープキスしてきた!その時丸出しのオチンチンが回復しててビンビンになってるのに気が付いて
    こっちもオマンコジュルジュル状態だしもう絶対入れさせまいと渾身の力で抵抗したけど相手は男「ちょっと社長さんやめてっ!の声も届かずにグググッ!って「ギャぁー」って叫んじゃった根元まで全部突っ込まれて1度嵌められたらどんなに暴れても抜けなかったんです
    結局中に出されて私のオマンコはお口半開き状態「パッカァ〜ン」ってあんなデカチン初めて!オマンコの中をこれでもかぁ!ってくらいに広げられての上下運動当然生かされちゃいましたけど!


207  私は@レイプされました。 - 2015/07/21(Tue) 14:58 No.29331
       
    14の時に友達2人でカラオケいった、となりの部屋のお兄さんが2人こっちの部屋に入ってきたんだ
    KAT-TUNのSIGNALとか歌ってくれて、かなり盛り上がった
    お兄さん達は隣の部屋からお酒持ってきて飲んでたけど、私達は未成年だからって決して勧めなかったことが好感
    お兄さんAとB
    友達がさやちゃん
    定期的に遊ぶようになって、ちょこちょこ4人で遊びに行くようになった
    いろんなとこいったよ。TDLとかピューロとか。
    そしたら、Bとさやちゃんが付き合うことになった。
    それからは、Aとデートみたいに毎週でかけてたけど、7回目のデートで告白されたんですよ。
    正直遊び友達だと思ってたし、まだ男性と付き合ったことがない私は1回考えるって言って帰って
    2週間明けての遊びの時にOKした。でも正直高校受験あるから、どうしようかと思ってた
    それから1か月後、さやちゃんが処女あげたって報告してきた。
    かなり嬉しそうで、正直羨ましかった。
    Bとさやちゃんは2日おきにやりまくってた。Bの家でかなり教育されまくってるという話で
    正直、うわーーーって感じ。
    Aと私はマイペースな感じでAは手を出してこなかったのがかっこいいとか思ってた。
    手をつないで、この時期にファーストキッス体験。
    そのころ、私はまだ成長途中で胸はCマイナスって感じで
    女として魅力ないのかなとかちょっと悩んでた。
    キスだけはどんどんディープになっていって、気持いいのがわかってきたところで
    付き合って2ヶ月後の土曜の15時頃にラブホデートにとうとう誘われた。
    フリータイム4時間というやつだった
    正直入るのめちゃ緊張して、顔をしたに向けたままフロントを突破
    結構部屋が綺麗でカラオケもあったけど、風呂はいろうよって言われて恥ずかしいので
    シャワー別々で浴びさせてもらった
    Aは細マッチョ、顔はSMAPの森君みたいな
    Bはがっちり、顔はケイン・コスギみたいな
    ベッドに座っている時に
    A 「緊張ほぐす薬だけど飲む?」って言ってきた
    私「え?薬?」
    A「いや、覚醒剤とかじゃなくて普通の緊張ほぐす薬だよ」
    って言ってきて、すごく少量の粉をコーラに混ぜて飲んだ。ちょっと苦かった
    そんで、Aとキスしてたら10分後にちょっと気分悪くなって、横になったんだけど
    もう少し経つと、なんかハイになってきてキスを夢中でしていた。
    Aは私のガウンを脱がすと、胸を全体的にさすってきた。
    体が何か敏感になってて、なんかザワザワって感じ
    30分以上胸をさすってきたけど、乳首は決してさわらないのがもどかしかった。
    いつの間に私はハァハァって息があらくなっていたことを覚えている。
    Aは胸の9合目のとこまでさわり始めた。
    私は初めての行為で恥ずかしいこともあったけど、敏感な胸をサスサスされるだけで
    ビクビクしはじめてた。このころは自分の左右の太ももをすりあわせてモジモジしていた。
    そして、とうとう乳首のまわりをAがさすりはじめた。筆で乳首の周りに丸を書くようにさすってくる。
    その5分後、とうとう乳首自体にその動きがくるようになって、私はますますビクンビクンってして
    触られると、胸をブリッジのように上にあげてピクピクしていた。
    すると、Aが右乳首を舌で舐め始めて、左は相変わらず、円を書くようにたまに弾くようにいじられてた
    そのころは、なんかもう頭の中が宇宙みたいになっていて、現実感がまったくなかった
    Aは一切会話をせずに、私の胸を愛撫していた。
    私はそれにビクンビクン反応しまくっていた。
    そして彼が乳首をつまんだりすると、それが痛気持ちいいことに気づいて、ますますエロモードに頭が入っていってしまった。
    その時は、教えられたことも無く、AVも見たことがないのに、ああ、うっとかそういう声をだしていたのが今考えると恥ずかしい
    本当に、乳首を舌でチョンって刺激されると
    私「あ・あ・ん・んんっ」って声が恥ずかしくて口を閉じても んんって声が出てしまう状態になった
    そして、彼が今度は音を出して乳首を本格的にすったり、指ではじいたりしていままでよりは激しい愛撫をしはじめた。
    そのとき、さっきよりも激しく胸を上に向けるように私は自然にブリッジしていた、もっと大きな刺激を体が自然にもとめる感じ
    そして最後に左乳首をつままれて、舌が高速に動く口で右乳首を吸いつつ刺激された時
    私「ううううううーーーん」と言って、本当に頭が真っ白になって、胸全体がものすごく気持ちよくなって、ブリッジを大きくつくったあとヘタった
    これ・・本当に私の人生初イキです・・・
            
            
    (胸イキだけでそのあと2週間されました。
    次にとうとう、アソコいじられはじめてこれも2週間
    その後にめでたく喪失です。喪失の時いたかったけど
    2度めでもう中でいかされました。
    それではまりました。
    ちなみに、2回めから教わったけど
    合ドラはfoxyまたは5meo-diptってやつでした
    週1でセックス8時間コース
    自分が気持ちよくなるために騎乗位が異様にうまくなったです
    あとは、喪失の2ヶ月後にもう1回喪失でそっちでも4回めにはイクようになったとか
    のハマり方です。
    深く深くイクときはなんか飛ぶって感じで。
    一気に力が入ってから抜ける感じです。
    ヒクヒクは何回か深イキして、相手が終わってまだ余韻が残っている時
    中になんか入っている感じがして、ちょっと締めると浅くイクって感じだと思います。
    前回、痛くても途中から本当に気持ちよくなるのかなとグルグルの頭で考えてた。)
              
              
    その1週間後、またホテルに誘われ当然のように一緒にはいって
    その日のAは前回痛がったことをかなり気にしていて、念入りに愛撫されました
    胸2回、指アソコは外側のさすり+クリで1回、そして指入れ+胸で1回
    とちょいヘロにされました。
    そのころは、また頭がエロモードに入っているのを自覚して、またキスを求めました。
    そうするとAは私のまたを開いて、おもむろに私のアソコを舐め始めました。
    はじめて局部をまじまじと見られて恥ずかしさで、目をつぶってました。
    私「う・・あ・・あ・・」って感じでこのころは口をつむぐのを忘れて 「あっあっ」ってAVみたいな
    声がではじめてました。
    多分、彼の舌は筋を上下にそって、ゆっくり舐めつづけてて、それが心地よくてビクビクしはじめました。
    そして、クリを口でつままれてプルプルって感じで刺激を与えられた時、はじめてAの口で私はいままでより
    大きくまたを開いて腰を上にあげて深くいきました。
    いったあとに
    A「いったね、今日はこれで痛くないと思うよ」というと、黄色い小瓶を出してきました。
    Aは小瓶の蓋をあけて、片方の鼻の穴を指で閉じてもう片方で中の匂いをおもいっきり嗅いでと指示してきました。
    私は言うとおりにすると。
    ぶわーーーーーって匂いがはいってきて、頭がぶわーーーってなりました。
    そして、なんかめちゃめちゃにエロい気分になって、無性にアソコにAのものをいれたくなったのです。
    そうすると、Aはすかさず、私の上にかぶさり、一気にあれをいれてきました。
    チュグって感じの音がして、何も抵抗なくあれが一気に一番オクまではいってきました。
    まったくいたくなく、中で擦れ合う感じが気持ちよく
    「あああああ、あああああああ、ああああああ」とただあの連発の発生をした記憶があります。
    そして、Aがゆっくりズリズリと動かし始めて、私は同じように
    「あああああああああ、ああああ、あああああああううううんんん」と大声をだしました。
    そして、右乳首を口で音を出して吸い始め、左をつままれたとき、胸の気持ちよさよりもアソコの気持ちよさが一気アップ
    そして、大きくドンって感じでつかれたとき初めて私は
    「ああああいいいいいいイク・・イク」とセックスのとき初めてイクって単語を発生して大きく深くイキました。
    本当にこのときは真っ白です。
            
            
    自慰よりも中に入れられて、いったあとにちょっと置いてから
    またつかれだすと、すぐ行く、その繰り返しがあるんだけど
    一番やばいのは、中にいれたままいって、そうするとアソコをしめちゃうんです
    そうすると、その締め付けでまた気持よくなって連続でいきます
    こうなると、腰が上にあがるモードにはいって、この繰り返しがしばらくつづくんです
    白目で泡ふくことはないんですが、10回以上はあります。
    でも意識的に、目を上に向けて(白目に近い)そしてキスor舌出し(これがアヘ顔っていうのかな)
    をすると、イク時に快感が増すのは事実だと思います。


208  メス豚まなみ - 2015/07/06(Mon) 12:20 No.29213
    私が妹と歩いてる所を私を犯してる人に見つかりました。
    部屋につれてかれました。
    姉ちゃんの前でイカしてあげると言われ全裸にされてました。
    いい身体してるなといわれてました。
    マンコ舐められたり胸揉まれたりして感じて声も出してました。
    初めて妹の感じてる声を聞きました。
    妹も感じるとこんな声だすんだなと聞いてました。
    妹がイクイクと声を出してイッちゃっいました。
    けっこう飛んでました。
    チンコ入れるからフェラしろといわれて嫌がっていたが無理矢理されてました。
    チンコが硬くなるとマンコにいれようとしてると
    妹が嫌がってたが押さえられて奥まで入れられてました。
    上に乗って腰をふれといわれて嫌がってると
    言うこと聞かないと終わらないと言われると上下に腰をふってました。
    姉ちゃんと同じように入れ墨入れるからなと言われ嫌といってました。
    すると顔をひっぱだかれてました。
    何回もひっぱだかれ入れ墨するからといってました。
    これから妹は学校でプールの授業が始まるのに私と同じ入れ墨を
    入れるとクラスのみんなにどんな顔されるかと心配になります。
    今日入れ墨が入ります。
    妹も毎日犯されてます。
    中だしもされてます。
    妹も私と同じようなセクシーな下着をはかされてます。
    夏は下着つけさせてくれないので妹の大きな胸がユラユラします。
    スカートもお尻が少し見えるようなスカートはかされてます。
    公園とかに放置されると思います。
    女子高生が公園のベンチで全裸で縛られてたら沢山イカされてしまうと思います。


209  警備員 - 2012/01/23(Mon) 14:40 No.18117
    長いんだが、聞いてくれ。俺はあるデパートの警備員をしてる。実は先月、女子高生の3人組がアクセサリー売り場で買い物をしていた。
    その内1人はとっても可愛い好みの子。清純そうで、童顔で背は150くらいでした。小さく感じた。他の2人はまあ、ブスではなかったが、きつい感じの、普通の女子高生。
    何気に、その好みの少女に目が行ってしまう。「可愛いな〜」と思っていると、な、な、な、何と万引きをするのを見た。
    中抜きとかテクニックは全く使わず、素人の様な感じ。すぐ俺は3人組をつけ、レジを通過するのを確認し、3人に声をかけた。2人は逃げたが、その子は逃げ遅れ、俺が警備員室に連れて行った。
    少し2人で話をしていると、どうやら初犯で、友達に脅されてしてしまったようだ。その子の泣く姿を見て、何か悶々としてくる自分に気付いた。
    「ごめんなさい。ごめんなさい。学校には言わないで下さい。」と泣くその子に・・「バタンッ!」音がした。同僚が逃げたと思っていた2人を連れて、警備員室に入って来た。
    我々は2人で3人を相手に話をしてたが、2人の女子高生は「お前がアホだから捕まったんだよ。私達は何もしてないから帰るよ」と言いだした。
    確かに、万引きをしたのはその子だけ。5人で話しているうちに「この子好きなようにしちゃいなよ。あたし達も証人になるよ。
    この子の家は教育重視だから、絶対親には話せないし、学校でも真面目だから先生にも話せないから犯しちゃいなよ。」と2人は言う。
    「許してください。内緒にしてください。見逃してください。」などとずっと泣いている姿を見て、俺も、覚悟を決めた。
    そう、同僚と俺とで、その可愛い女子高生を強姦した。警備員室の鍵をかけ、その子だけに手ぬぐいで猿ぐつわをした。2人も手伝って4人掛かりで手を後ろ手に縛り上げた。
     そこらへんで、万引きをしてない2人を部屋から出した。その後は私達、男2人のしたいようにした。スカートを捲り上げ、バックにし、縛られた手を背中に回させ、俺は口に近づいた。
    猿ぐつわ越しに「やめて・・」と聞こえた。声は震えて、ゾクゾクした。猿ぐつわを取りペニスを口に入れようとしても、なかなか抵抗して入らない。
     同僚がアナルを舐めると、口が開いた。その隙に強引にフェラをさせた。歯を立てたから思いきりひっぱたいた。
    すると泣きながら「ごめんなさい。ごめんなさい」と言いながら、素直にペニスをしゃぶり始めた。同僚はマンコを舐め、俺はペニスを舐めさせ、10分が経った。
     俺は「ごめんなさい。ごめんなさい。」とひたすら泣きつづける女子高生に、バックから突き刺す体勢に入った。
    尻を突き出させ、前には、同僚のペニスが少女の口を責めたてている。ググッ!! 「イツーー!」言葉にならない音が聞こえた。少女は処女だった。
    マンコはキツク、俺のペニスは正直入らなかった。しかし、こんなチャンスはないと思い、無理やりにねじ込んだ。
    「ギャウ!」と言う必死の悲鳴が可愛かった。さっき同僚が濡らしておいたから、俺は全く痛くなく、突っ込む事が出来た。最高に気持ち良かった。
    凄く締まりが良かった。さらに、前には同僚が居て前に逃げる事も出来ないでいる。俺のピストンに合わせて、少女の口は同僚のペニスを扱いていた。
     少女は涙と鼻水でか顔中グチャグチャだった。とにかく、痛がっていた。「ごめんなさい。ごめんなさい。」から「痛いよ。痛いよ。抜いてよ。」に変わっていた
    。5分で我慢できなくなった。強姦している興奮と、泣き叫んでいる可愛い女子高生と、制服を乱れていること、マンコの締まりの良さで、俺は5分で精子を出してしまった。
     マンコの奥に。少女は何が起こったのかも分からず「やだよー。痛いよー。ごめんなさい。」と泣きつづけていた。それから同僚が代ってバックから攻め立てた。
    その頃「中には出さないで!」と少女が言っていたが、同僚も中出ししていた。とても気持ちが良かった。2人の精液を中で出されて、血と大量の精子がすごく臭った。
     1時間くらいして、俺達は我に帰った。今流行りのデジカメで沢山写真を撮った。不安で一応、口留のつもりに撮った。
    それから1ヶ月、はぼ毎日その少女をデパートに呼出している。時間は1時間もかけない。親に気付かれ無いように、帰りを遅くしないようにしている。
    警備員は全部で19人いるが、今12人の性欲処理奴隷になっている。
     こんな可愛い、小さな体の子が、何人に同時に犯されて泣いている。あのいじめっ子の女子高生2人が言ったように、
    全く、誰にも話せない様だ。もうしばらくこの子を楽しむつもりだ。


210  女子高生 - 2012/03/21(Wed) 22:12 No.18511
    知り合いには絶対に話せないできごとです。
    このあいだ街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声をかけられました。
    その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇つぶしにならいいやと話を聞きました。
    内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿を写した写真集のモデルでした。
    来るはずのモデルさんにドタキャンされたそうで、スカウトさんと、お互いドタキャンだね…なんて話すうち、少し気を許してしまいました。
    ギャラは4時間拘束で8万円。
    ほしい服があったので軽く引き受けてしまいました。
    ヌードとかビデオとか言われたら、すぐ逃げればいいって思ってたんですが、冷静に今考えたらそんなわけなかったと、ちょっと反省しています。
    スタッフはメイクの女性さん、カメラさん、ライト担当さんとスカウトさんの4人で、軽いあいさつと説明の後、ワゴン車で移動しました。撮影は近くのスタジオでした。
    メイクさんが女性だったので、安心していたのもありました。
    スタジオに着くと、メイクさんに、下着も全部込みで衣装のセーラー服に着替えるよう言われました。
    制服の柄は都内の有名私立に似せた物で、フツーにその年代の子が着る物よりはスカート丈がまじめだったのを覚えています。
    撮影前に「顔は出さないけど、バランスのために全身で撮るから」と説明され、ポーズを取らされました。
    ポーズといっても、普通に立っていたり何かをする途中で止めたりするだけで、表情とかはあまり気にしないでもいいと言われてました。
    それでもカメラのレンズが向く方向は、あきらかにチラりを狙ったもので、「ああ、こういうのが流行るんだ」と考えながら、指示に従ってました。
    階段を上るシーンをローアングルから撮ったり、背伸びをしてお腹をチラ見せしたり撮影は進み、着替えのシーン撮りたいんだけどと言われたのは、シャッターの音やストロボの光に体が慣れて、ビクつかなくなってきた頃でした。
    このころはもう、今の私はモデルだから、モデルという仕事上ちゃんと応えないと…と暗示にかかってました。
    恥ずかしさはありましたが、セーラーの裾に両手をかけて、脱ぐ途中の、お腹がチラと見えるポーズで撮影されました。
    そこから少しずつ露出が高めになっていきましたが、まだ2時間程度しか経ってないし、下着まで見せていないし、期待されていると裏切れないというキモチもあってスカートを持ち上げたり、ホックを外す仕草をしたり、脱ぎかけのポーズで下着だけ見えないようにしたりと、ちょっとずつ大胆になっていきました。
    そしていつの間にか、スカートを脱がされていたくらいに、自然に誘導されてました。
    恥ずかしがるたびに、カメラさんからこんなの記念撮影だから、みんなやってることだからと言われて、とてもまともに考えられる状態じゃなかったです。
    スカートがなくなれば、次はセーラーのリボン、上着も…と段々脱ぐように指示され、残るのはおそろいのブラとパンツ、靴下くらいでした。
    かろうじて両腕でブラと胸を隠すようにしながらも、もしかしてヤバい?でもさすがにヌードはないだろうと、頭の片隅で考えていました。
    すると隣にライトさんがやってきて、よく頑張ったね…とかいいながら、私の髪を撫でてきたんです。
    何か雰囲気が違うなぁと思ってたら、カメラさんが床の上に脱ぎ散っているセーラーのリボンで、目隠しをするように指示を出したんです。
    いい?と突然聞かれた私も、断るタイミングを失って、うんと頷いてしまいました。
    時計を見たらあと1時間半、時刻を読み取った私の目にリボンが巻かれました。
    どんな撮影をする気なんだろうと、私は怖さよりもちょっと興奮気味でした。
    すると左手をつかまれて、何か衣服の上に押しつけるようなことをされました。
    まさかもしかしてコレ…って思ってたら、ズボンらしき衣服の中に手を導かれて、妙に生々しいものを握らされました。生暖かいその感触。
    ちょっとこすってみてよという指示に、私は自然に従っていました。
    目が見えないと周囲から聞こえる音が際立って、シャッター音や荒い吐息が聞こえると私もちょっとずつ興奮していきました。
    そのうち左手からはヌチヌチという水っぽい音が、生温かいヌルヌルした感触とともに伝わってきました。
    ああ、いけないことやってるんだと思ったのを覚えてます。
    自分の息も荒くなってきて、徐々にぼーっとした私に、誰かがキスをしました。
    頭の後ろを抱えるようにされ、口の中を泳ぎ回る舌にもう混乱してしまい、左手はそのまま…
    たぶん男の人のアレだったんでしょう、
    自らそれをさするように動かしていた気がします。
    キスからなかなか解放されず、まさぐられる口の中が敏感になり、息がしにくいのもあって、考えもまとまらなくなっていきました。
    気づくとブラごと胸を揉まれてました。
    目が見えないせいか、乳首とカップがこすれるたびに体中に電気が走る、そんな錯覚で初めて気づいたほどでした。
    パンツの上からも指で撫でられて、指先はぴたりと押し込まれていました。
    たまにクリの上かするように刺激されると、背筋に電気が走り、息が上がりました。
    たまらず避けようにも体を抱かれているような中、ブラがまくり上げられました。
    押さえつけられていた胸がはじけて、息苦しさから少し解放されたかと思うと、乳房をもみ上げられ、両方の乳首をゆっくり撫で回され、体がむずがゆい感覚でいっぱいになりました。
    シャッター音が続き、あられもない姿を撮影されていることにかすんだ意識が触れるたびに、本当は不本意ながらも興奮していきました。
    いけないことをしているという背徳感と、体を支配する快感から逃れるのは難しく、まずいことになっているという自制心は頭の片隅にやられてしまい、このままどこまでヤられるのか、眺めていたかった感じです。
    胸に誰かの舌が這わされたときには、はあっと大声を上げてしまいました。
    それに気をよくしたのか、乳首に吸い付かれ、しゃぶられて、しばらく乳首を攻め続けられて、股間に熱い感触が…自分でも濡れてきたってわかりました。
    息をのんで声だけは我慢しようとしましたが、まるで内心を見透かしたようにかわいい声聞かせてよと耳元で囁かれ、たがが外れたように喘いでしまいました。
    私を抱きかかえている男に背後からパンツの中に手を入れられ、直接クレヴァスをなぞられました。
    クリにも軽く指が触れ、腰が砕けそうになった私はさらに堅く抱きかかえられ、容赦なく指を裂け目に差し込まれて、無理矢理にエッチな水音と快感を引き出されていきました。
    カメラマンさんの「下着濡れちゃってるね…脱がしたげて」の声に、今度はパンツが取り去られていきました。
    両腰に指が引っかけられ、布地が引き下げられると共に、冷たいしずくが太ももを伝っていく感触に羞恥心をあおられます。
    ひざ上あたりまでパンツがずらされると、今度は直接あそこを触られました。
    体中の神経が敏感になりすぎてしまい、もう今自分が何人の人に触られているのか、わかりませんでした。
    乳首を触る指の動きに合わせて、意志とは無関係に体がぴくりと動いてしまい、乳房が柔らかさを試すようにもみ上げられ、絞られるたびに息が荒くなり、クリを軽く押したり離したり、指の腹を微妙に動かしたりされるたびに、下半身が物足りなさに支配されていきました。
    あそこにはすでに何かグッズらしいものが挿入されて、私のあえぎ声に合わせて入れたり出したりが繰り返されました。
    「エッチな姿撮らせてもらえてラッキーだよ。じゃあ、ラストいこうか」
    目隠しされたまま、力が入らなくなった体が四つん這いの姿勢にされると、誰かの両手が私のおしりを割り開いて、背後から暖かい何かをあそこに押し当ててきました。
    前後にこすられるたび我慢できず、口を開けてあえいでいると、突然頬を掴まれ、歯を立てないでねという言葉と共に、おそらく男のアレが口の中を犯してきました。
    フェラの経験なんてなかったですが、私の頭は軽く掴まれて、前後に揺さぶるように動かされました。
    そして背後から私を嬲っていた男に、ずぶ、ずぶ…とじらすようにゆっくりと挿入されてしまいました。
    ああ…と、最後の一線を越えたというかすかな後悔とは裏腹に、もう十分濡れていたそこは、緩慢な挿入をズブズブと受け入れてしまい、もう何も考えられない。
    私の口にアレを挿入している男が、髪を撫でてくれたりしているのとは対照的に、後ろから私を貫く男は、腰を打ち付けながら私にのしかかり、両手で乱暴に私の胸を揉みしだいてました。
    口の中にある違和感も忘れてしまい、追いやられた私の舌が、自然に男のアレをなめ回していたせいか、気づくと男は私の口の中に苦い液体を放っていました。
    そして背後の男も、私の中に放ってしまいました。
    そのあと仰向けにされ、バンザイをするように両手を頭の上に持ち上げられた状態でもう一度正常位で挿入され、同じように中に出されました。
    最後に目隠しを外されると、脱力してしまっていた私は、メイクさんに全身を温かいタオルで体を拭われました。
    嫌がったら途中で止めようと思ってたんだけど…と、少し申し訳なさそうな顔で弁解されましたが、今さら複雑な気分でした。
    スカウトさんから後半以降の内容も使っていいのなら、ギャラは20万円払うって言われましたが、さすがにそれはマズいと思って断りました。
    それとこれは合意のもとの行為であって、違法性はないしもし訴えても面倒になるだけだから、と念を押されましたが、そのときは疲れ果ててどうでもよくなってました。
    解放された頃はもう夜で、私は自宅に戻ると疲れで、泥のように眠ってしまいました。
    中出しされてしまいましたが、危険日から外れていたので大丈夫だと思います。
    でも病気とかもらったりしてたらと思うと、やっぱり浅はかだったと反省しています。


211  凛華 - 2015/07/12(Sun) 22:49 No.29271
    地方から都会に上京して晴れて短大生に!
    都会は欲望に満ちていて街に繰り出すとあれもこれも目についちゃうし女の子同士で付き合いもあって出費がどんどん増していくとても仕送りだけじゃ足りる訳無くて
    そこで紹介されたのがキャバクラ嬢とは言っても腰掛程度のアルバイト3か月でやめようって考えていて
    新人教育係の若菜さんをご指名するのは長岡さん50代のおじさん私も同席するんだけどすぐにスリットドレスの間から
    太腿をスリスリされてパンティまでタッチしようと凄い力で股の間に手を入れられて女の子の力では限界があった
    アフターには行きたくなかったのに若菜さんに呼ばれて付いていく羽目に長岡さんは若菜さんのパトロンみたいな存在らしい私はそこまで深い事情は解らずについて行ってしまったのですたぶん長岡さんがあの子をやらせろとか言ったんじゃないかと思うけど居酒屋の個室で乾杯したぐらいで体が痺れてきて
    畳の上で横たわってしまったんです
    意識ははっきりしてるのに体が痺れてるんです
    口からは涎がダラァ〜って出っ放し長岡さんはスリットから手を入れてパンティの上からオマンコを揉み揉みしてる
    私は動けない体を震わせながら涙が頬を伝わった
    高1で初めて彼が出来てその人しか男は知らないのに
    こんな親父に恥ずかしいオマンコ揉まれてるのが悔しくて
    するとパンティに手がかかりするりと引き下ろされました
    クロッチにベットリついてるゼリー状の下り物を見て喜んでるのです
    私は下り物が多い方でタンに近いのがドロ〜っと出るんです
    長岡さんは私のパンティをしゃぶってチュ〜チュ〜してる
    夏でも海に行くことのない私は栄養が行き渡ってマン毛ボーボーに生やしっぱなしのジャングルでした
    直にオマンコ揉まれて1度もクンニ経験なかったのに
    オマンコ開かれて穴に口をつけられて舐められました
    そして生挿し膣出しです
    帰ってすぐにアフターピル飲んだんで大丈夫かと・・・
    あんな親父の子供孕みたくない!死んでもゴメンです!


212  蘭花(らんか) - 2015/07/08(Wed) 22:20 No.29237
    男にやられた(強姦)回数、短大中退までに3回!
    キャバ嬢でアフターや同伴で8回ヤラレタ!
    アクセサリーやらドレスやら生活費やらでいつの間にか
    借金は500以上に膨れ上がってて取り立てメールとか
    いろいろあったけど全部鹿トしてた…そしたらマンションに帰って来て鍵開けて入ったらそっち系の男達がバスルームで息潜めてたのかぁドドドーって部屋に入って来て
    まず殴られてボコボコにされて着てるものをビリビリに
    破られてブラジャーもパンティもむしり取られてスッポンポン
    口の中にベロベロ舌入れられて乳首もマンコもベロベロ舐められてぶっ太いチンコ突っ込まれてマンコにチンコ刺さってるのに裏返されて別の男がケツの穴に突っ込んできて
    ビチビチッ!って裂けるの感じて痛すぎてギャ〜ギャ〜泣いたけど止めてくれなくて
    マンコもケツも代わる代わる突っ込まれて借金返済のためにセクキャバで働かされて男にマンコ触られても何の感情も持てなくなった
    いつも指名してくる糞親父メンソレータムのリップスティック
    をケツの穴に入れてきてヒリヒリスゥースゥーして
    最近は変態野郎が多いのかココの店が特別なのかケツばっかり
    責められてアナルが尋常じゃない状態になっちゃってる
    この間もホスト達と合コン後のバーのトイレでケツの穴にいきなり突っ込まれてそれでも簡単に入っちゃう私の穴るっていったい…借金は三分の一返したんだけどこの先どうしたらいいの?!


213  藍です - 2015/07/10(Fri) 18:15 No.29251
    ’90年代私はレースクイーンでした。
    若気の至り!時代の乗り!正直スタイルに自信があったので
    男達に見られたいって言うのはあったハイレグなんて
    割れ目をかろうじて隠してるにすぎなくて半分以上オマンコ
    見せて歩いてるようなものレーサーとクイーンやコンパニオンは付き合っちゃいけなくてばれれば罰金だけど
    そんなの表向きに言ってるだけでakbがタレントやスポンサーとオマンコやりまくってるのと一緒!クイーンだって簡単にオマンコやられちゃう存在だったレイプされた女の子なんて掃いて捨てるほどいるし喜び組と同じ女の子たちはヤラレることは覚悟の上!
    レオタードを引き上げられてオマンコに食い込ませられるのが毎日で縦筋が浮き彫りになるのを「直すな」って言われるんで
    オマンコに食い込ませたままにしてるしかない
    すぐにオマンコ触ってくるしディープキスされてオッパイ揉まれて舐められてオマンコに指入れられてクンニされて挿入されるのがお決まり更衣室やトイレがヤラレ安い所
    毎日オマンコが乾く暇ないくらいにいつも濡れ濡れだった
    若い頃は女の子もやったもん勝ち!
    今となっては誰も相手にしてくれなくなっちゃった。


214  大学生 - 2011/10/02(Sun) 23:51 No.17680
    知り合いには絶対に話せないできごとです。
    このあいだ街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声をかけられました。
    その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇つぶしにならいいやと話を聞きました。
    内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿を写した写真集の
    モデルでした。来るはずのモデルさんにドタキャンされたそうで、スカウトさんと、
    お互いドタキャンだね…なんて話すうち、少し気を許してしまいました。
    ギャラは4時間拘束で8万円。ほしい服があったので軽く引き受けてしまいました。
    ヌードとかビデオとか言われたら、すぐ逃げればいいって思ってたんですが、冷静に
    今考えたらそんなわけなかったと、ちょっと反省しています。
    スタッフはメイクの女性さん、カメラさん、ライト担当さんとスカウトさんの4人で、
    軽いあいさつと説明の後、ワゴン車で移動しました。撮影は近くのスタジオでした。
    メイクさんが女性だったので、安心していたのもありました。
    スタジオに着くと、メイクさんに、下着も全部込みで衣装のセーラー服に着替えるよう
    言われました。
    制服の柄は都内の有名私立に似せた物で、フツーにその年代の子が着る物よりは
    スカート丈がまじめだったのを覚えています。
    撮影前に「顔は出さないけど、バランスのために全身で撮るから」と説明され、ポーズを
    取らされました。ポーズといっても、普通に立っていたり何かをする途中で止めたりする
    だけで、表情とかはあまり気にしないでもいいと言われてました。
    それでもカメラのレンズが向く方向は、あきらかにチラりを狙ったもので、
    「ああ、こういうのが流行るんだ」と考えながら、指示に従ってました。
    階段を上るシーンをローアングルから撮ったり、背伸びをしてお腹をチラ見せしたり
    撮影は進み、着替えのシーン撮りたいんだけどと言われたのは、シャッターの音や
    ストロボの光に体が慣れて、ビクつかなくなってきた頃でした。
    このころはもう、今の私はモデルだから、モデルという仕事上ちゃんと応えないと…と
    暗示にかかってました。恥ずかしさはありましたが、セーラーの裾に両手をかけて、脱ぐ
    途中の、お腹がチラと見えるポーズで撮影されました。
    そこから少しずつ露出が高めになっていきましたが、まだ2時間程度しか経ってないし、
    下着まで見せていないし、期待されていると裏切れないというキモチもあって
    スカートを持ち上げたり、ホックを外す仕草をしたり、脱ぎかけのポーズで下着だけ
    見えないようにしたりと、ちょっとずつ大胆になっていきました。
    そしていつの間にか、スカートを脱がされていたくらいに、自然に誘導されてました。
    恥ずかしがるたびに、カメラさんからこんなの記念撮影だから、みんなやってること
    だからと言われて、とてもまともに考えられる状態じゃなかったです。
    スカートがなくなれば、次はセーラーのリボン、上着も…と段々脱ぐように指示され、
    残るのはおそろいのブラとパンツ、靴下くらいでした。
    かろうじて両腕でブラと胸を隠すようにしながらも、もしかしてヤバい?でもさすがに
    ヌードはないだろうと、頭の片隅で考えていました。
    すると隣にライトさんがやってきて、よく頑張ったね…とかいいながら、私の髪を撫でて
    きたんです。何か雰囲気が違うなぁと思ってたら、カメラさんが床の上に脱ぎ散っている
    セーラーのリボンで、目隠しをするように指示を出したんです。いい? と突然聞かれた
    私も、断るタイミングを失って、うんと頷いてしまいました。
    時計を見たらあと1時間半、時刻を読み取った私の目にリボンが巻かれました。
    どんな撮影をする気なんだろうと、私は怖さよりもちょっと興奮気味でした。
    すると左手をつかまれて、何か衣服の上に押しつけるようなことをされました。
    まさかもしかしてコレ…って思ってたら、ズボンらしき衣服の中に手を導かれて、妙に
    生々しいものを握らされました。生暖かいその感触。ちょっとこすってみてよという
    指示に、私は自然に従っていました。
    目が見えないと周囲から聞こえる音が際立って、シャッター音や荒い吐息が聞こえると
    私もちょっとずつ興奮していきました。
    そのうち左手からはヌチヌチという水っぽい音が、生温かいヌルヌルした感触とともに
    伝わってきました。ああ、いけないことやってるんだと思ったのを覚えてます。
    自分の息も荒くなってきて、徐々にぼーっとした私に、誰かがキスをしました。
    頭の後ろを抱えるようにされ、口の中を泳ぎ回る舌にもう混乱してしまい、左手は
    そのまま…たぶん男の人のアレだったんでしょう、自らそれをさするように動かして
    いた気がします。キスからなかなか解放されず、まさぐられる口の中が敏感になり、
    息がしにくいのもあって、考えもまとまらなくなっていきました。
    気づくとブラごと胸を揉まれてました。目が見えないせいか、乳首とカップが
    こすれるたびに体中に電気が走る、そんな錯覚で初めて気づいたほどでした。
    パンツの上からも指で撫でられて、指先はぴたりと押し込まれていました。
    たまにクリの上かするように刺激されると、背筋に電気が走り、息が上がりました。
    たまらず避けようにも体を抱かれているような中、ブラがまくり上げられました。
    押さえつけられていた胸がはじけて、息苦しさから少し解放されたかと思うと、
    乳房をもみ上げられ、両方の乳首をゆっくり撫で回され、体がむずがゆい感覚で
    いっぱいになりました。
    シャッター音が続き、あられもない姿を撮影されていることにかすんだ意識が
    触れるたびに、本当は不本意ながらも興奮していきました。
    いけないことをしているという背徳感と、体を支配する快感から逃れるのは難しく、
    まずいことになっているという自制心は頭の片隅にやられてしまい、このまま
    どこまでヤられるのか、眺めていたかった感じです。
    胸に誰かの舌が這わされたときには、はあっと大声を上げてしまいました。
    それに気をよくしたのか、乳首に吸い付かれ、しゃぶられて、しばらく乳首を
    攻め続けられて、股間に熱い感触が…自分でも濡れてきたってわかりました。
    息をのんで声だけは我慢しようとしましたが、まるで内心を見透かしたように
    かわいい声聞かせてよと耳元で囁かれ、たがが外れたように喘いでしまいました。
    私を抱きかかえている男に背後からパンツの中に手を入れられ、直接クレヴァスを
    なぞられました。クリにも軽く指が触れ、腰が砕けそうになった私はさらに堅く
    抱きかかえられ、容赦なく指を裂け目に差し込まれて、無理矢理にエッチな水音と
    快感を引き出されていきました。
    カメラマンさんの「下着濡れちゃってるね…脱がしたげて」の声に、今度はパンツが
    取り去られていきました。両腰に指が引っかけられ、布地が引き下げられると共に、
    冷たいしずくが太ももを伝っていく感触に羞恥心をあおられます。ひざ上あたりまで
    パンツがずらされると、今度は直接あそこを触られました。
    体中の神経が敏感になりすぎてしまい、もう今自分が何人の人に触られているのか、
    わかりませんでした。
    乳首を触る指の動きに合わせて、意志とは無関係に体がぴくりと動いてしまい、
    乳房が柔らかさを試すようにもみ上げられ、絞られるたびに息が荒くなり、
    クリを軽く押したり離したり、指の腹を微妙に動かしたりされるたびに、下半身が
    物足りなさに支配されていきました。あそこにはすでに何かグッズらしいものが
    挿入されて、私のあえぎ声に合わせて入れたり出したりが繰り返されました。
    「エッチな姿撮らせてもらえてラッキーだよ。じゃあ、ラストいこうか」
    目隠しされたまま、力が入らなくなった体が四つん這いの姿勢にされると、
    誰かの両手が私のおしりを割り開いて、背後から暖かい何かをあそこに押し当てて
    きました。
    前後にこすられるたび我慢できず、口を開けてあえいでいると、突然頬を掴まれ、
    歯を立てないでねという言葉と共に、おそらく男のアレが口の中を犯してきました。
    フェラの経験なんてなかったですが、私の頭は軽く掴まれて、前後に揺さぶるように
    動かされました。
    そして背後から私を嬲っていた男に、ずぶ、ずぶ…とじらすようにゆっくりと挿入
    されてしまいました。
    ああ…と、最後の一線を越えたというかすかな後悔とは裏腹に、もう十分濡れていた
    そこは、緩慢な挿入をズブズブと受け入れてしまい、もう何も考えられない。
    私の口にアレを挿入している男が、髪を撫でてくれたりしているのとは対照的に、
    後ろから私を貫く男は、腰を打ち付けながら私にのしかかり、両手で乱暴に私の胸を
    揉みしだいてました。
    口の中にある違和感も忘れてしまい、追いやられた私の舌が、自然に男のアレを
    なめ回していたせいか、気づくと男は私の口の中に苦い液体を放っていました。
    そして背後の男も、私の中に放ってしまいました。
    そのあと仰向けにされ、バンザイをするように両手を頭の上に持ち上げられた状態で
    もう一度正常位で挿入され、同じように中に出されました。
    最後に目隠しを外されると、脱力してしまっていた私は、メイクさんに全身を温かい
    タオルで体を拭われました。嫌がったら途中で止めようと思ってたんだけど…と、
    少し申し訳なさそうな顔で弁解されましたが、今さら複雑な気分でした。
    スカウトさんから後半以降の内容も使っていいのなら、ギャラは20万円払うって
    言われましたが、さすがにそれはマズいと思って断りました。それとこれは合意の
    もとの行為であって、違法性はないしもし訴えても面倒になるだけだから、と念を
    押されましたが、そのときは疲れ果ててどうでもよくなってました。
    解放された頃はもう夜で、私は自宅に戻ると疲れで、泥のように眠ってしまいました。
    中出しされてしまいましたが、危険日から外れていたので大丈夫だと思います。
    でも病気とかもらったりしてたらと思うと、やっぱり浅はかだったと反省しています。


215  匿名 - 2015/07/07(Tue) 14:46 No.29230
         
    母の実家には、何度も遊びに行ってた
    よく祖父に着替や入浴とか覗かれてて
    だんだん嫌だなあって、なってきて
    夜中に目が覚めて、体の下の方に違和感が
    ・・・祖父に性器を触られてた
    指まで入れられて、何度もあった
    怖くてじっとしてて、早く終わってほしいと思った
    黙っていろよって言われて、誰にも言えなくて
    家族や祖父母の前では、普通に振る舞ってた
    中学3年になって、やっと母に打ち明けた
    思い出すのもいや、でも言わなきゃって
    気持ち振りしぼって、少しづつ話して
    そしたら、途中で母に話をさえぎられた
    もういい、もういいって小声で繰り返しながら
    テーブルにじっと目を落としてた母
    絞り出すような声で
    もう行かなくていい、祖父のところには、って
    ポツンと言って
    泣いてるようにも見えた
    ・・・・・・・
    母には確かめてないけど、私はわかった
    母も、同じ事をされていたんだ


216  OL - 2015/06/10(Wed) 23:08 No.29029
    このあいだ街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声をかけられました。
    その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇つぶしにならいいやと話を聞きました。

    内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿を写した写真集の
    モデルでした。来るはずのモデルさんにドタキャンされたそうで、スカウトさんと、
    お互いドタキャンだね…なんて話すうち、少し気を許してしまいました。

    ギャラは4時間拘束で8万円。ほしい服があったので軽く引き受けてしまいました。
    ヌードとかビデオとか言われたら、すぐ逃げればいいって思ってたんですが、冷静に
    今考えたらそんなわけなかったと、ちょっと反省しています。

    スタッフはメイクの女性さん、カメラさん、ライト担当さんとスカウトさんの4人で、
    軽いあいさつと説明の後、ワゴン車で移動しました。撮影は近くのスタジオでした。
    メイクさんが女性だったので、安心していたのもありました。

    スタジオに着くと、メイクさんに、下着も全部込みで衣装のセーラー服に着替えるよう
    言われました。
    制服の柄は都内の有名私立に似せた物で、フツーにその年代の子が着る物よりは
    スカート丈がまじめだったのを覚えています。

    撮影前に「顔は出さないけど、バランスのために全身で撮るから」と説明され、ポーズを
    取らされました。ポーズといっても、普通に立っていたり何かをする途中で止めたりする
    だけで、表情とかはあまり気にしないでもいいと言われてました。
    それでもカメラのレンズが向く方向は、あきらかにチラりを狙ったもので、
    「ああ、こういうのが流行るんだ」と考えながら、指示に従ってました。

    階段を上るシーンをローアングルから撮ったり、背伸びをしてお腹をチラ見せしたり
    撮影は進み、着替えのシーン撮りたいんだけどと言われたのは、シャッターの音や
    ストロボの光に体が慣れて、ビクつかなくなってきた頃でした。

    このころはもう、今の私はモデルだから、モデルという仕事上ちゃんと応えないと…と
    暗示にかかってました。恥ずかしさはありましたが、セーラーの裾に両手をかけて、脱ぐ
    途中の、お腹がチラと見えるポーズで撮影されました。

    そこから少しずつ露出が高めになっていきましたが、まだ2時間程度しか経ってないし、
    下着まで見せていないし、期待されていると裏切れないというキモチもあって
    スカートを持ち上げたり、ホックを外す仕草をしたり、脱ぎかけのポーズで下着だけ
    見えないようにしたりと、ちょっとずつ大胆になっていきました。

    そしていつの間にか、スカートを脱がされていたくらいに、自然に誘導されてました。
    恥ずかしがるたびに、カメラさんからこんなの記念撮影だから、みんなやってること
    だからと言われて、とてもまともに考えられる状態じゃなかったです。

    スカートがなくなれば、次はセーラーのリボン、上着も…と段々脱ぐように指示され、
    残るのはおそろいのブラとパンツ、靴下くらいでした。
    かろうじて両腕でブラと胸を隠すようにしながらも、もしかしてヤバい?でもさすがに
    ヌードはないだろうと、頭の片隅で考えていました。

    すると隣にライトさんがやってきて、よく頑張ったね…とかいいながら、私の髪を撫でて
    きたんです。何か雰囲気が違うなぁと思ってたら、カメラさんが床の上に脱ぎ散っている
    セーラーのリボンで、目隠しをするように指示を出したんです。いい? と突然聞かれた
    私も、断るタイミングを失って、うんと頷いてしまいました。

    時計を見たらあと1時間半、時刻を読み取った私の目にリボンが巻かれました。
    どんな撮影をする気なんだろうと、私は怖さよりもちょっと興奮気味でした。

    すると左手をつかまれて、何か衣服の上に押しつけるようなことをされました。
    まさかもしかしてコレ…って思ってたら、ズボンらしき衣服の中に手を導かれて、妙に
    生々しいものを握らされました。生暖かいその感触。ちょっとこすってみてよという
    指示に、私は自然に従っていました。

    目が見えないと周囲から聞こえる音が際立って、シャッター音や荒い吐息が聞こえると
    私もちょっとずつ興奮していきました。
    そのうち左手からはヌチヌチという水っぽい音が、生温かいヌルヌルした感触とともに
    伝わってきました。ああ、いけないことやってるんだと思ったのを覚えてます。

    自分の息も荒くなってきて、徐々にぼーっとした私に、誰かがキスをしました。
    頭の後ろを抱えるようにされ、口の中を泳ぎ回る舌にもう混乱してしまい、左手は
    そのまま…たぶん男の人のアレだったんでしょう、自らそれをさするように動かして
    いた気がします。キスからなかなか解放されず、まさぐられる口の中が敏感になり、
    息がしにくいのもあって、考えもまとまらなくなっていきました。

    気づくとブラごと胸を揉まれてました。目が見えないせいか、乳首とカップが
    こすれるたびに体中に電気が走る、そんな錯覚で初めて気づいたほどでした。
    パンツの上からも指で撫でられて、指先はぴたりと押し込まれていました。
    たまにクリの上かするように刺激されると、背筋に電気が走り、息が上がりました。

    たまらず避けようにも体を抱かれているような中、ブラがまくり上げられました。
    押さえつけられていた胸がはじけて、息苦しさから少し解放されたかと思うと、
    乳房をもみ上げられ、両方の乳首をゆっくり撫で回され、体がむずがゆい感覚で
    いっぱいになりました。

    シャッター音が続き、あられもない姿を撮影されていることにかすんだ意識が
    触れるたびに、本当は不本意ながらも興奮していきました。
    いけないことをしているという背徳感と、体を支配する快感から逃れるのは難しく、
    まずいことになっているという自制心は頭の片隅にやられてしまい、このまま
    どこまでヤられるのか、眺めていたかった感じです。

    胸に誰かの舌が這わされたときには、はあっと大声を上げてしまいました。
    それに気をよくしたのか、乳首に吸い付かれ、しゃぶられて、しばらく乳首を
    攻め続けられて、股間に熱い感触が…自分でも濡れてきたってわかりました。
    息をのんで声だけは我慢しようとしましたが、まるで内心を見透かしたように
    かわいい声聞かせてよと耳元で囁かれ、たがが外れたように喘いでしまいました。

    私を抱きかかえている男に背後からパンツの中に手を入れられ、直接クレヴァスを
    なぞられました。クリにも軽く指が触れ、腰が砕けそうになった私はさらに堅く
    抱きかかえられ、容赦なく指を裂け目に差し込まれて、無理矢理にエッチな水音と
    快感を引き出されていきました。

    カメラマンさんの「下着濡れちゃってるね…脱がしたげて」の声に、今度はパンツが
    取り去られていきました。両腰に指が引っかけられ、布地が引き下げられると共に、
    冷たいしずくが太ももを伝っていく感触に羞恥心をあおられます。ひざ上あたりまで
    パンツがずらされると、今度は直接あそこを触られました。
    体中の神経が敏感になりすぎてしまい、もう今自分が何人の人に触られているのか、
    わかりませんでした。

    乳首を触る指の動きに合わせて、意志とは無関係に体がぴくりと動いてしまい、
    乳房が柔らかさを試すようにもみ上げられ、絞られるたびに息が荒くなり、
    クリを軽く押したり離したり、指の腹を微妙に動かしたりされるたびに、下半身が
    物足りなさに支配されていきました。あそこにはすでに何かグッズらしいものが
    挿入されて、私のあえぎ声に合わせて入れたり出したりが繰り返されました。

    「エッチな姿撮らせてもらえてラッキーだよ。じゃあ、ラストいこうか」

    目隠しされたまま、力が入らなくなった体が四つん這いの姿勢にされると、
    誰かの両手が私のおしりを割り開いて、背後から暖かい何かをあそこに押し当てて
    きました。
    前後にこすられるたび我慢できず、口を開けてあえいでいると、突然頬を掴まれ、
    歯を立てないでねという言葉と共に、おそらく男のアレが口の中を犯してきました。
    フェラの経験なんてなかったですが、私の頭は軽く掴まれて、前後に揺さぶるように
    動かされました。

    そして背後から私を嬲っていた男に、ずぶ、ずぶ…とじらすようにゆっくりと挿入
    されてしまいました。
    ああ…と、最後の一線を越えたというかすかな後悔とは裏腹に、もう十分濡れていた
    そこは、緩慢な挿入をズブズブと受け入れてしまい、もう何も考えられない。

    私の口にアレを挿入している男が、髪を撫でてくれたりしているのとは対照的に、
    後ろから私を貫く男は、腰を打ち付けながら私にのしかかり、両手で乱暴に私の胸を
    揉みしだいてました。
    口の中にある違和感も忘れてしまい、追いやられた私の舌が、自然に男のアレを
    なめ回していたせいか、気づくと男は私の口の中に苦い液体を放っていました。
    そして背後の男も、私の中に放ってしまいました。

    そのあと仰向けにされ、バンザイをするように両手を頭の上に持ち上げられた状態で
    もう一度正常位で挿入され、同じように中に出されました。

    最後に目隠しを外されると、脱力してしまっていた私は、メイクさんに全身を温かい
    タオルで体を拭われました。嫌がったら途中で止めようと思ってたんだけど…と、
    少し申し訳なさそうな顔で弁解されましたが、今さら複雑な気分でした。

    スカウトさんから後半以降の内容も使っていいのなら、ギャラは20万円払うって
    言われましたが、さすがにそれはマズいと思って断りました。それとこれは合意の
    もとの行為であって、違法性はないしもし訴えても面倒になるだけだから、と念を
    押されましたが、そのときは疲れ果ててどうでもよくなってました。

    解放された頃はもう夜で、私は自宅に戻ると疲れで、泥のように眠ってしまいました。

    中出しされてしまいましたが、危険日から外れていたので大丈夫だと思います。
    でも病気とかもらったりしてたらと思うと、やっぱり浅はかだったと反省しています。


217  エロちゃん - 2015/07/07(Tue) 17:28 No.29231
    アメリカ フラーテイシャス---無色無味媚薬
    ただ一滴で 女性が心も体も 理性を失う
    薬堂媚薬でおまちしております
    あああ。。 もうこんな性が嫌
    潮吹きがほしい
    激しいセックスがほしい
    つまらないセックスを捨て、アノ頃にのセックスがもう一度したい。。。
    薬堂媚薬はこんな希望を実現させる


218  相内成美 - 2015/07/07(Tue) 00:07 No.29221
    中2の夏に先輩と初エッチで処女喪失、高校1年のテニス部春合宿で先輩達にレイプされて、その中の一人が他校の男達とつるんで呼び出されてレイプされた
    大学のサークルで合コン中に意識が薄くなって何人かに犯された女子大生を売り文句にキャバクラでキャストデビュー
    営業メール→同伴→アフター→レイプ
    アフターでの見に行ったところが893経営のバーで
    待ち構えてた男達に散々飲まされてホルターネックの脇から
    手が入って来てヌーブラを外されてオッパイモミモミされても
    飲み過ぎて抵抗する力が入らなくてスリットの間から手を入れられてパンティ脱がされてオマンコにブチュッ!ってキスされてベロベロ舐められて指入れられれば若い女の子ならどんなに嫌でも感じちゃうアンアン言っちゃって塩吹かされて
    チンコ突っ込まれたそこにいた男たち全員にヤラレタ
    女の子だから当然オマンコ割れてるんで一応警戒してるけど
    個室に連れ込まれたらどんなに抵抗したって結局パンティ脱がされちゃうしどんな男も女の子のオマンコを強引に舐めるし
    チンコ突っ込まれるボコボコチンコを突っ込まれると
    何度もイカされて失神しちゃう!


219  私は@レイプされました。 - 2015/06/24(Wed) 17:25 No.29129
    男の人三人に教われました。処女を奪われただけでなく、その後も体をおもちゃにされ、いろいろ恥ずかしいことを強要され、一部始終を撮影されていました。心配です.....


220  知佳 OL - 2015/07/06(Mon) 12:11 No.29212
    知佳 27歳の某自動車会社のOLです。
    昨年の9月のまだまだ暑い日に帰宅中の夜10時過ぎでした。歩いている私の前に突然黒っぽい
    ミニバンが止まり、中から数人の男性が降りてきて、あっという間に私を抱きかかえて車内に放り込まれました。
    車内には、敷布団?があってざっと数えて10人前後の男性が、私を獲物を見るような眼差しで立っていました。
    何回もこうして女性を車内に連れ込んでレイプをしているのでしょう・・すごく手馴れている感じでした。
    どうして私が狙われたの?でもすぐに今日着ている服装で納得
    しました。白いブラウスに黄色い股下数センチのタイトミニに
    白いパンプスだったのです。
    仕事中はストッキングを穿いていましたが、暑かったので帰宅時は脱いでたのでナマ脚でした。
    男性たちは、ずっと無言で一斉に私を裸にしてしまいました。
    私は、ただただ恐怖で何も言えずに泣きじゃくっていました。
    悔しいけれど、レイプされてしまうのはもう覚悟するしかないと思っていました。だけど、男性経験が2回しかない私にこんなに大勢の男性を受け入れたら身体がボロボロになっちゃうとか、妊娠とか病気とか無事にここから生還出来るの?といった
    不安が頭の中を駆け巡っていました。
    私は男性たちに走行している車内で身体中を舐められ
    たり、代わる代わる男性の物が私の口の中やアソコの中に入ってきました。私の中で大量に放出して逆流してきた精液を男性の物で掬い取り、それを口の中に入れてきて飲まされたりしました。
    途中で気を失ってしまい、その後の事は覚えていません。
    全裸のまま、拉致された場所で開放された時は午前5時過ぎ
    でした。もう外は明るくてあわてて自販機の横で隠れるように服を着て帰宅しました。
    顔中や、下半身に男性たちの精液が付着していました。
    口中にも精液の匂いがして思わず吐いてしましました。
    アソコの中も、未だに男性の物が入っているかのような感触が残ってジンジンとする痛みもありました。
    その日は仕事を休んで急いで産婦人科に行き事情を話して後ピルをもらいました。被害届を出しますか?とお医者さんに聞かれましたが、もう思い出すのは辛いのでやめました。
    あれからまた誰かが私と同じ目に逢っていないかと心配になります。


221  とも - 2015/07/05(Sun) 15:33 No.29206
    レイプビデオの声聞きたい女の人いませんか?
    レイプされるときの悲鳴や泣き声。
    あえぎ声は入っていません。

    最初にもしもし、だけ声聞かせてください。
    あとは黙って聞いてくれて大丈夫です。

    メールくれたら番号送ります。
    cunt1919あっとmailどっとこむ


222  由香 - 2015/07/02(Thu) 15:48 No.29197
    彼氏いない暦 もう少しで1年になる26歳です
    用事もなく街をふらついてたら
    ナンパされたの
    お茶して お話  感じ良くて イケメンまでじゃないけど
    マアマア
    面白い場所があるってことで 一緒に歩いて
    変な路地の裏から 扉開けて入ると
    ラブホ!!!!
    嫌!
    張り付け台に 大の字に縛られました
    前開きのブラウスだったので 胸を露出され
    おもちゃでいじくられて
    感じちゃいけないのに  気持ち良くなってしまいました

    スカート捲くられて パンティーを切られて
    ローター入れられ
    バイブで乳首いじられて
    逝っちゃった
    スマホで撮られました
    縛られたまま 挿入されて下から突き上げられて
    さらに逝ってしまい ぐったり

    外されて ベットに寝かされ全裸にすると また撮ってます
    そして SEX
    中には出されなったけど
    またSEX強要されてます


223  薬堂通販 - 2015/07/02(Thu) 16:06 No.29199

    私の行きみたいな。
    彼女とホテルでエッチして最高な
    これを使ったら彼女が最婬女に豹変します
    詳細はこちらへ:www.biyaku.club


224  彼女 - 2015/07/02(Thu) 15:51 No.29198
    そろそろ本夏来ますね。 皆さんどこかに旅行に行きませんか。 旅行先で相手と激しいセックスは? 薬堂精力剤、媚薬通信販売の月感謝祭、始まりました。 衝撃な値下げ、100円お試し媚薬 あなたの熱い、エロい夜をサポートします。 www.biyaku.club


225  kusurido - 2015/07/02(Thu) 14:13 No.29196
    百円お試し価格高潮妹-不感症を治そう媚薬
    止まらない性欲
    激しい快感を呼出
    一体実際にどになるか、体験したいでしょう
    薬堂媚薬で気楽にどうぞ


226  佐藤夕子 - 2015/06/29(Mon) 21:12 No.29170
    複数の男達にレイプされて妊娠しました。
    先月の17日に中絶手術をした高校生です
    17日から昨日まで出血も腹痛もほとんど無く安心してたのですが昨日の夕方あたりから生理痛の時のような強い腹痛出血、量は生理の時ぐらいです
    病院で処方された子宮収縮剤は飲みました
    血の塊が出たりするのは大丈夫なんでしょうか?
    中絶の経験ある方教えてほしいです
    よろしくお願いします。


227  源氏名は麗華です。 - 2015/07/01(Wed) 13:15 No.29189
    繁華街にあるキャバクラ?をちょっとだけハードにしたところで接客業をしてます。
    何故此処のお店で働くようになったかって言うと頂くお金が前のお店の倍近くなるからです
    それにはそれなりの理由もあってお店の作りは死角になるところがいっぱいあってお店側からは「自分の体は自分で守れ!」
    って言われてます
    ココでの決まりは最低でもスリップドレスなんです
    もっと露出の多い服はOKですが・・・
    そして少しのおさわり自由ってことですから、ガードするのが大変です
    そんな私は約1年になる20代のやり手社長と付き合ってました、その人は凄い束縛の強い人で息苦しい日々に飽き飽きして
    春ごろに別れを告げました
    そしたら「俺と別れたらどうなるか解る?思い知らせてあげるよ」って意味深なこと言われて一瞬寒くなりました
    その後しばらくして明らかにそっちの組の人たちが私を指名してその後はセクハラのオンパレードでした
    スリップドレスの腿の間に手を入れられてパンティまでは触られまいと必死でガードしてました
    一人がトイレに立ちおしぼりを持ってトイレまでついて行ったら帰り際レストホールに連れ込まれて
    男達に押し倒されて簡単にパンティ脱がされちゃって
    足を開かれてその状態のまま押さえつけられて・・・
    もうオマンコ丸出しで割れ目から肛門までをベロベロ舐められてシリコン入りのボコボコしたドデカイ巨根を突っ込まれました勿論そうゆう人達ですから中田氏です
    私も何度も危険な目にあってるし姦られちゃうこともシバシバで
    そうゆうことも覚悟してるので常にピルは飲んでいるけど
    彼等はそれに気をよくして何度もお店にやって来ては私を辱めるようなことを喜んでしてきました
    「若社長の元カノだろっ?楽しませてもらうよ」って言ってたので元カレの仕業だってことは解ってたけど
    アフターで連れだされるのが1番怖い!
    「今度はヴァージンを頂くよっ!」ってささやかれたんです
    それは安易にアナルに突っ込むよって言ってる訳で
    勿論後ろはヴァージンです
    お尻の穴に入れられるのは絶対嫌です
    どうしたらいいのでしょうか?
    今、お店を変えることを考えています。


228  優佳です。 - 2015/06/26(Fri) 14:06 No.29146
    入社してまだ半年にもなってない頃のこと、私は、鉄鋼関係の受付事務員でした、我が部署は人数も少なく全部で15人ぐらいです
    去年の秋に、その部署だけで慰安旅行に行くって聞かされて
    会社が小さいのもあって秋の社員旅行は各部署ごとに好きなところに行けるようになったとかで我が部署は栃木の山奥にある民宿を貸切にしたとかで部長は「全員参加」を強く言ってた
    ココの部署は女性は私を含めて3人いて一人は40オーバーでもう一人は50オーバー私だけが23歳だったから本当は不安でしたが半強制的に参加するにサインさせられちゃいました
    2人の女性も行くそうなので少しは安心でした
    しかし当日50オーバーの方は体調不良で欠席になって
    レンタカーのマイクロバスで坂上さんが運転して
    途中2回パーキングでトイレ休憩してドライブインでお昼食べて3時過ぎに民宿につきました、至って普通の家です
    老夫婦が2人でやってるようでした
    男性たちは私たちに先にお風呂に入れというのですが
    入りずらかったのもあって男性からどうぞ!と譲ったのです
    お風呂は1つしかなくて男性入浴中の札がぶら下がってるだけ
    裏が女性用だった老夫婦とは耳が遠いのか会話が成立しなくて苦労したんです
    夜の宴会は山で採れた山菜料理と御造りなどでビールで乾杯して談笑してたら部長と40代の女性は「チョット2人で観光してくる」ってタクシー呼んで行ってしまったのです
    2人が付き合ってることなど知る由もなかったので
    「口あんぐり」でした
    年配の男性は既に午前様でグーグー眠っていた
    私は彼女と同室で着替えを用意してお風呂に入ろうと・・・
    札を女性入浴中にして浴室に入ったんですが当然鍵も何もなく
    扉を閉めただけ服を脱いでお湯をかけて浴槽につかってから頭を洗った後に露天風呂に浸かってたら、外の方で男の人の声がして身をすくめていたら部署でも若手の5人(20代〜30代)が入って来て私は凍り付きました男たちはすぐさま全裸になり全員の股間がすでに天を仰ぎビンビンになってました
    アソコが「キュッ」ってチジミコム感じがしたっ
    初めての感覚でした明らかにオマンコが怖がってる!
    「あれっ!優佳ちゃん入ってたの?」「女性入浴中の札にしたっ?気付かなかったなぁ〜」「いいじゃない!仲よく入ろうよ?」貝のように口もきけないでいる私に抱き付いてきて
    石のように身体を固くしてる私を抱えるようにビニールマットのようなところに寝かされた、どうやら最初から用意してたらしい年配の男性社員にはお酒に薬でも入れたのかすぐ寝てしまったことを考えても私をレイプするつもりだったことは間違いないのです
    奴らに足を無理矢理開かれて女の子の恥ずかしい割れ目を
    丸出しにされて舐めまわされたんです
    23歳の私は流石に処女ではありませんが好きでもない男たちにオマンコを見られて割れ目を舐めまわされたら死ぬほど恥ずかしかったです一人に「ズズズッ」って突っ込ま根元まで突っ込まれて5人全員に中田氏されて朝方まで男たちに嬲り者にされて部長と40代の女社員は2人で朝帰り!
    私は電車で帰るって言って帰ってきました
    全部ビデオに撮られて脅されたし輪姦シーンを他の人に見られたくないから警察にも行ってなく無断欠勤=退社しました
    妊娠も大丈夫でした
    今となってはもう済んだこと…どうでもいいと・・・
    これが私の体験談です。


229  私は@レイプされました。 - 2015/07/01(Wed) 13:14 No.29188
    「あんっ!あ…っうっあんっ!」

    小1のわたしが、なぜか
    エロ用語をしっていた。

    以前、父や、兄にレイプされたからだ。

    もう嫌だ…!家出したいー…

    そう思っても、無駄だった。

    私「いや〜っ!やめて!!」

    兄「はぁ…?今までに何回もやってるじゃん!今更なにいってるの」

    じゅるっ!ズッ!ズッ…!

    私「いやああああああ!」

    抵抗もできず、私はいつもされるがままだ。

    小6になったある日の事。
    おじいちゃんが家にきた。

    「な…何?おじいちゃん…」

    祖父が私の胸をもんでいる。
    そしてそのままー…おしたおされた。


    「や…やめて!やめぇぇぇぇ!!!」

    何で?何でこんなにも…

    ふこうなの…

    あなたが今、これを読んでいるときも、

    わたしは父、兄、祖父にレイプされています。


230  変態 - 2011/03/14(Mon) 21:22 No.16326
    俺は妹の家に着くとマスクを被った。
    インターホン鳴らすとドアを開けた。
    俺達は一気に部屋に入った。
    俺は刃物で騒ぐなと脅し
    た。
    俺は妹に抱きつきキスをしようとしたが
    妹は拒んだから刃物で脅した。
    『抱きつきキスをして舌を絡ませろ』と言った。
    妹は抱きついてきてキスをして舌を絡ませてきた。
    服を脱がせようとした時に暴れたから殴りつけた。
    妹は抵抗できなくなった。下着姿にしてベッドへ倒した。
    ブラの上から胸を揉んでやると『苦痛な表情してた』
    ブラの中に手を入れ乳房と乳首を揉んでやった。
    感じないように声を押し殺してたが
    感じてしまっていたようで声を漏らし乳首も立ってた。
    ブラを外し乳房と乳首を舐めてやると
    『アンアンと感じてた』
    パンティの上からワレメをなぞろうとした時
    妹は『そこは止めて』と言ってた。
    俺はお構いなしになぞってやると濡れてきた。
    激しく擦り上げてやると
    妹は『イクイク』と言ってた。
    俺は止めて擦り止めて擦り焦らしてやった。
    逝かしてとお願いしろと言った。
    妹は『逝かしてください』と言ってた。
    『お兄さん私のオマンコを逝かしてください』と
    お願いしろと言った。
    妹は『お兄さん私のオマンコ逝かして下さい』と
    言った。
    俺は逝かしてやった。
    たっぷりまん汁がでてきた。
    パンティを脱がし綺麗にオマンコ掃除してやった。
    俺も気持ちよくしろといいけつの穴を舐めろと言った。
    妹はチンチンを舐めろと言われると思ってたと思う。
    あえて俺は、けつの穴から舐めてもらった。
    妹に『ペロペロ』舐められ気持ちよくなった。
    そろそろオチンチン加えてと頼んだ。
    妹は一気に加えず先っぽをペロペロしてきた。
    その内ボーをいったりきたり舐めてきた。
    やっと全部加えしごいてきた。妹のテクニックですぐに言ってしまった。
    こんどは妹のオマンコに入れようとしたら
    妹は中に入れないでと言ってきた。
    俺は、強引にねじこんだ。
    妹は『泣きだした』
    俺は、お構いなしに腰を振ると言ったばかりなのに
    すぐに硬くなった。
    苦痛に歪んだ顔がよかった。
    興奮して激しく腰を振ると妹も『感じてきてた』
    きゅっきゅっと締めてきた。
    妹は『逝ってしまってた』俺のチンチンにかかったのがわかった。
    俺も子宮めがけて射精してやった。
    アナルを舐めてやると始めてなのか
    凄い気持ちよさそうだった。
    綺麗なアナルしてた。
    毛なんか何もなかった。
    オマンコ濡れてるよと
    言うと『恥ずかしいそうにしてた』
    アナルにチンチン入れて
    やると『痛い痛い』と言ってた。
    お構いなしに入れ腰を振りアナルに射精してやった。友達にも中だしされた。
    ベッドに縛りつけて
    みんなで玩具使ったりして弄ってやった。
    さんざんおもちゃにして
    やった。


231  私は@レイプされました。 - 2012/03/26(Mon) 12:57 No.18536
    私が高校の時でした。   彼氏とのデートのあと夜道を歩いていると10人ぐらいの男達がいきなり囲んできて私は眠らされました。     私が起きると個室に閉じこめられていました。     私はブラの上にシャツを着ていてその上に赤いインナーを着ていて下はスカートでパンストをはいていました。  すると男は私の服とパンストとスカートを脱がせブラとパンツだけにしました。私は男達に抑えられていたので抵抗はできませんでした。   私はDカップでした。    すると男達は       「こいつ胸デカイぞ」   と言ってブラを破きました。私は「いや!やめて!」と必死に抵抗しましたがビクともしませんでした。     すると男の手はあそこにいきパンツを脱がせクンニをしました。私は恐くて騒ぐこともできず私が嫌がっているのをみて男達は興奮してエスカレートしました。      私は全裸にされ胸をなめられたり揉まれたりあそこをなめられたり無理矢理脚を開かされて長いものを入れられたりめちゃくちゃにされました。しかも写真も撮られました。私はその恥ずかしくて恐い思いを4時間受け男達は去っていきました。


232  のん - 2015/06/26(Fri) 14:41 No.29147
    セックスしすぎてバカになった子いるんだけど、犯したい人いる?
    たぶんなんでもok,NGないとおもうよ。
    仲介してあげます。


233  aya - 2015/06/26(Fri) 13:42 No.29145
    M女紹介所! 出逢い交際応援サークル!

    寝取られ調教済みのドMな奥様達を紹介します!

    一度覚えてしまった快楽は
    決して消えずに日々身体を火照らせ
    旦那に内緒で…
    また.あの快感を求めてしまう。

    そんな淫乱妻達の駆け込み寺として
    S紳士さんにご紹介します。

    ○九○ 六三一二 六一四八

    SMの道を模索している初心者の男女の方もご相談ください。


234  めぐ - 2013/02/16(Sat) 17:22 No.22231
    結婚2年目、新築間もないマイホームのガラスが破られ、ブランド物のバッグやコートなどが盗まれる悲劇に。
    数か月後、パートから帰ると、隣の空き地に放置自転車が。この辺って物騒なのかな?と思いながら家に入ると、
    リビングに居た男が、いきなり手袋をした手で私の口を押え、ナイフで脅しながら、テレビでDVDの再生を始めました。
    私と主人が裸でHしているのが何で?と驚くと、男は、「これ、合鍵。泥棒に入った時作っちゃったんだよねー。
    本物はもう一度来て戻しといたから。だから、カメラも仕掛け放題。ぬいぐるみばっか置いとくんじゃねーよ。
    ものは相談だが、これがインターネットに流れるのと、俺と一回だけ不倫するのでは、どちらがいいですか?」
    私が黙っていると、「暴行されて無理やりレイプされるのと、一回だけおとなしく不倫するのでは、どちらがいいですか?」
    結局、男の要求を受け入れるしかなく、寝室で裸になり、主人と寝ているベッドに押し倒されてしまいました。
    男は、隣の空き地にあった自転車で来たらしく、上半身合羽でフードで顔を隠したままの姿で、私をなめまわし、
    ナイフで脅しながらフェラさせた後、口に舌を入れてディープキスしながら、腰を振り始めました。
    プライバシーが全部盗み見られてたのと、男の行為があまりに大胆すぎて、本来恨まないといけない男に気絶する位感じてしまったのが、
    声と顔に出てしまったみたいで、「泥棒と不倫して感じれるなんて最高だろ。感じるなら、感じるって言えよ!」って言われて。
    主人とは、コンドームでしかやってないのに、冷蔵庫のジュースやビールを飲みながら、お掃除フェラもさせらて、結局3回中出しされました。
    最後に、「今日のお前が感じまくったのも撮らせてもらったぜ。」と言って、ぬいぐるみの間からカメラを取り出して、
    「俺もムショ送りは御免だから、これはその人質な。お前も感じたんだから、これできれいさっぱり忘れろよな。」
    結局、接待とかで帰りが遅い主人には内緒のままですが、今思い出しただけでも、あそこが濡れてきてどうしようもありません。


235  みゆき - 2015/06/14(Sun) 01:06 No.29058
    エゲツないレイプ動画を教えてください。


236  (仮名)姫貝割芽 - 2015/06/13(Sat) 00:16 No.29050
    中学生の時両親が喧嘩ばかりしてて離婚した。
    私は母とアパートに住み、母は飲み屋で働くようになって
    飲食店経営の井上って言う男が自分ちのように部屋に出はいりするようになって母とは内縁の関係に私は高校1年になってた学校から帰ると井上はお風呂から出たところで私は鞄を置いてすぐトイレに入ったんです、トイレから出たところで井上が後ろから抱き付いてきて転ばされて制服のチェックのミニスカートを捲られて井上の手がパンツの中に入ってきた
    既に私はマンコの毛も生えそろったばかりで15歳の処女には耐え切れない恥ずかしさだった
    (眠くなったから後で書くよ)


237  赤崎麗奈。 - 2015/05/31(Sun) 19:46 No.28918
    吐き出す勇気もない私…だけど、吐き気が止まらない!
    おなかの中をぐるぐるかき回すされる、不快すぎる腹痛で意識が薄れていく自分を思い出される度に嗚咽が込み上げてくる
    いっそ、ここで嘔吐していいですかぁ?
    人生のすべての歯車が狂ってしまった後の私は私の抜け殻っ!


    その日は小雨がそぼ降る肌寒い日だった。
    レン子にせがまれて駅前の喫茶店までついてきてあげたんです
    合コンに行くのに一人じゃ心細いからって、最寄りの駅までつき合わされて時間まで喫茶店で時間稼ぎ、私はまぁ他人事で読みかけの小説を読んでいた。
    レン子の問いかけも上の空でカラ返事だけしていた時、
    「じゃ時間だからそろそろ行くねぇ!」(うん、頑張ってッ)
    そうは言ったけど正直いつ出て行ったのかぁ?私のレモンティ
    のお金も払ってくれてたことも気づかないほど、読み切りの恋愛小説の没頭していた、時折レモンティを口にしながら
    いつの間にか4〜50分が達っていた。
    (さぁ〜てぇ!そろそろ帰ろうかぁ)立ち上がろうとした私はレン子の傘に気付いた(あぁ!傘)さっきまで降ってた雨は嘘のように晴れ上がって空には星が輝いていた。
    (あんのよねぇ〜こういうことって)来たときは降ってた雨も帰るときには上がってたっていう経験が自分にもあったので、一人ほくそ笑んだぁ
    明日、どうせ会うしその時に(傘っ!忘れたでしょう?)って返せばいいかっ!とも思ったけど傘を2本も持って電車で帰るのも面倒だなぁ?と思い直して、合コン会場の駅前の居酒屋も聞いてたので届けて帰ることにしたんです。
    店内に入ると人の圧に圧倒される店員さんが奥の個室を案内してくれた、中では、すでに盛り上がっていて、声をかけるチャンスをうかがっていたら「あれっ!どうしたの?***サークルの子?」(あっ!違います、飯田さんいます?)
    「あぁ!レン子ちゃんのお友達?」「レン子ちゃん友達来てるよ!」「うわぁ!すっげぇ〜可愛いじゃん」「何?同級生?」「レン子ちゃんもいるんだからさぁ!合流しちゃおうよ?」
    強引に誘われて引き込まれそうになったのだけれど
    両親が厳しいからって逃げの一手だった私に
    「じゃぁ!乾杯だけさせて?」って大ジョッキーを飲み干すまで返してくれなそうだったので、必死で飲み干したんです
    そしたらいける口だとか言ってお代わりを注文したのでさすがにヤバいと思い(トイレに行かせて)と席を立った
    トイレから出てきたら男の人が2人立ってて私を引き戻そうとするので(ちょっといいですかぁ?遅くなるって親に電話してきます)って言ったらいとも簡単に「いいよいいよ」って
    解放してくれたんで電話を掛ける振りをしてお店の外に出た
    途端に猛ダッシュして駅のほうまで走って逃げたんです
    ここまでくればもう大丈夫(でもレン子大丈夫かなぁ?
    結構強引な連中だったからぁ〜)
    次の日、レン子はプンプンモードで{もう、あの後大変だったんだからぁ〜!「麗奈ちゃんに電話してみて?」とか
    「麗奈ちゃんは彼氏いるの?」とか麗奈のことばっかり聞かれてサァ〜}かなりのお冠のご様子だったぁ!
    結局自分は置き去りにされて他の女の子何人かは「お持ち帰り」されたって怒ってた。
    「でも、麗奈のことは何も話さなかったよ!」どこに住んでるの?とか何人兄弟なの?とか聞かれたらしい。
    彼らは某大学の医大生で全員が産婦人科希望のようですこぶる強烈に女の子に興味があるらしい。
    後でいろいろ噂が入って来て嫌なことも聞かされたりもしました。
    お酒に薬入れられただとか、医大生ならお手の物だって!
    「パンツ脱がされちゃった子も結構いたらしいよ!」
    「ウソッ?パンツ脱がされたのっ?」「・・・んっ?」
    「いやぁだぁ!女の子がパンツ脱がされたってことはレイプされたってことだよ!」「・・・・##$%*@」あまりのショックで何も言えなかった。


238  私は@レイプされました。 - 2015/06/18(Thu) 15:32 No.29097
    2年前、
    子供が県外の大学に進学する事になり
    夫婦2人暮らしになるのを機に引っ越しする事になったんですが
    引っ越しを終え空になった部屋に
    最後の確認と簡単な掃除をしに行った時のことです

    50前後の男性が引っ越し終わられましたか?っと
    入って来て、てっきり不動産関係者の人だと思って
    色々話しながら部屋中を一緒に見て回ったりしていましたが
    ふとした時にその人の視線がいやらしく
    態勢を変えようとした瞬間に

    奥さん〜散々誘っといてそれは無いでしょうよ〜って
    肩を抱かれて、、、
    大人しく言う事を聞けば1時間もすれば今まで通りの生活に戻れるけど
    変に騒いで事を荒立てるとお互い元の生活には戻れないかもしれないなぁ〜
    奥さんももう何千回もやって来てる中の一回だけ
    黙って好きにさせてくれるだけで良いんだから〜
    分かるよね

    そう言いながら私にキスをして来ました、、、

    私は昔から事無かれ主義で今までにも何度か
    男の人に迫られたりセクハラを受けた事がありその度
    今、取り敢えず少し我慢すれば事が済むならっと思って来ました

    その時も
    すぐに答えが出ててそれがキスで伝わったんだと思います、、

    男は急に舌を入れてディープキスをしながら

    賢い選択だ
    どうせなら楽しもう

    そう言って
    私を日中のカーテンも何もないバルコニー側の窓に立たせて
    後ろから服を脱がせて行きました
    私は誰に見られているのかも分からなく
    とても恥ずかしい反面物凄くエッチな思いで
    下着を脱がされた時の
    奥さん濡れ濡れだね〜で完全に壊れちゃった気がしました、、、

    その後その男に色んなおもちゃも使われて
    気が変になりそうなほど絶頂をむかえ、、

    変になっちゃうから普通のSEXで!とお願いして
    私が男に奉仕することで許して貰いました、、
    その後普通に分かれもう2年が経ちましたがその間
    私からその男の全身を舐めたり、、
    その男に跨ったりした事を
    時々思い出しちゃう時が多々ありました

    そして先日
    主人の部屋を掃除してた時にビジネスバックを落としてしまって
    中の状態を確認した時に1枚のDVDを見つけ大丈夫だったかしらと
    テレビのレコーダーに入れて再生をしてみたら

    前のマンションの部屋が映し出されて!
    しかも何も無い部屋
    ちょうど2年前のあの時の部屋で
    あの男に連れられた私が正面に映し出され
    目を閉じた私が脱がされていくところでした、、、

    思わず早送りで確認してみましたが
    声を漏らし何度も絶頂をむかえる私も
    男のソレをエッチに口に含んだり舐めたりする私
    そして自ら男に跨り男のソレを持って自ら導いて
    腰を振って感じてる私のすべてがそこに残っていました、、、

    すべて主人が仕向けた事だと分かりました
    それでこれまでの下着紛失や知らない人からの悪戯メールも
    分かりました

    でも
    主人だけが悪いんじゃなくって
    主人の性癖同様私もこの2年で
    普通じゃない性癖の女になっちゃったみたいだから
    しばらくはまだ主人にとって性の対象である奥さんで泳がして貰うわね!


239  狩野めぐみ - 2015/06/17(Wed) 15:42 No.29091
    女の穴は常に男に狙われてるって知ってるけど、見た目ミニスカとか生足、露出多い服装、接客業ってこともあるけど
    知らない男たちに襲われてパンティ脱がされて、いきなりオマンコ舐められたら女の子なら暴れて抵抗するでしょ?
    でも、とても男たちの力には敵わないし結局、姦(や)られちゃうけど、私が妊娠できないからだって解ってる連中ねぇ
    全員中田氏で、警察に訴えたって始まらないって思ってて
    ヤラレタことは消し去れない事実なんだから
    強姦しても訴えたりしない妊娠しない都合のいい女って思われてるのか今年に入って3回レイプされてる
    女だからオマンコついてるし穴あるからやられてもしょうがないって思ってるけど、いつ「アナル」をやられるか戦々恐々ですまだアナルヴァージンだからぁ!助けてほしい。


240  (仮)北山えり。 - 2015/06/12(Fri) 19:27 No.29048
    ココで書いた内容でインターネットで投稿されてる事実!
    「レースクイーン接待」で検索すると
    「レースクイーンはスポンサーへの性の贈答品だった!」が出てくるその内容がココで私が書き込んだのと一言一句そのまま
    なんです、誰かがコピーして乗せたのでしょうか?
    いったい、どうなってんの?


241  まなみ - 2015/05/27(Wed) 17:32 No.28875
    いろいろ話そう


242  まなみ - 2015/05/27(Wed) 17:31 No.28874
    犯し屋さんタイトルいい感じですか。
    6人のオチンチンで孕んだメス豚です。


243  みおん - 2015/05/08(Fri) 21:40 No.28736
    朝の出来事です。
    今日は、年に1回の放送委員会が挨拶当番の日。
    朝早くから、各場所に行き挨拶をするのです。
    私は小学校担当でした。
    その例の先輩も小学校担当でした。
    行く途中で、ばったりと会ってしまいました。無言のまま歩きました。
    薄暗くて、人気のないトンネルを潜ろうとしたときです。
    先輩が急に抱きついてきて「もう我慢の限界。」と言ってきて、キスをしてきました。
    私は何とかそれを阻止しようとしました。しかし先輩の抱き締める力が強く身動きがどうしてもとれません…。
    先輩は、キスを止めると制服のズボンのチャックを開け、ちんぽを出してきました。さすがにこれには、「まずい」と、思い逃げようとしました。
    しかし、先輩はとっさに私を抱き締めちんぽを入れてきました。上下に動く先輩。痛すぎて泣いている私。
    バンジーを奪った先輩。バンジーを奪われた私。
    先輩はそれを、数分と続けました。
    先輩は「イッ、イク!」と、言い私の口の中で、フィニッシュしてしまいました。先輩はそれをティッシュで、取ってくれました。そして「ごめんな、痛かったよな。ほんとごめんな」と、言って抱きしめ、優しく頭を撫でてくれました。私は先輩に抱きつき大泣きしてしまいました。そして、落ち着いてきたところで、2人で小学校まで、行きました。先生にクソ怒られました。その後、2人で笑っていました。
    これは、2人だけの秘密です。


244  (仮)北山えり - 2015/02/04(Wed) 23:56 No.27823
    私は’90代レースクイーンをやってた時期があり時代のブームで軽いノリだった当時はハイレグがきわどすぎてXゾーンはT部分だけに毛が生えててお父さんの髭剃りあとみたいに黒いポチポチが恥ずかしいのであったかいタオルでうるおしてからディップクリームで逆剃りして両サイドはツルツル、でも私のチームは白のレオタードで股間部分は5,5cmしかなかった、その上ストッキング禁止だったのでオマンコの形がハッキリ浮き彫りになっちゃうし動けば動くほどマンスジに食い込んで男たちの前で若い女の子がオマンコ丸出しで歩いてるようなものどいつもこいつもオマンコしか見てないし、すごい切なかった、うちのチームは若いレーサーが多いので、後ろからレオタードをグイッ!って引き上げられるのはしょっちゅう、そのたびに「キャッ&#8252;」って黄色い悲鳴を上げるもんだから、面白がって何度もヤられて、オマンコが痛いくらい喰い込んで、当然「ハミモウ」はするし「オマンコ割れてますっ!」て発表してるみたいで、私は貧乳なためか下ばっかりイタズラされ続けていた、チャンスあらばオマンコにタッチしてくるし最初は手で払いのけてたけどどんどんエスカレートしてきて私を壁側に押し当てて椅子に座ったそいつは両膝で挟むように動けない私のハミモウ喰い込みマンコをムニュ!って触ってきたのでさすがに「やめてくださいっ!」って涙ぐんで「触らないでっ!」って言ったら「どこに触られたくないのっ?ちゃんと言ってみて」って女の子にわざとその部分の4文字を言わせたいみたいだ「お願いっ&#8252;オマンコに触らないでっ!」って言ったら、急に怖い顔して腕をグイッ!ってつかまれて奥の控室に鍵かけられてレオタードをガァッ!って剥かれて(真っ裸)まっぱにされてオマンコベチョベチョに舐められて硬チンっ突っ込まれて「打ち上げに絶対に来いよ」って2次会で私だけ返してもらえずに5人の男たちに硬チン突っ込まれた露出の多いイベントの仕事ばっかりやってたから、いきなり押し倒されて姦られちゃったことは数えきれないっ&#10083;&#10083;


245  佐藤なるみ - 2015/04/27(Mon) 22:42 No.28629
    こんばんわ、なるみです。
    もうすぐGWです。
    誰か私を車で拉致って、レイプしてください!!
    25歳だけど、セックスの経験もありません!!
    まだ処女です・・・・
    男の人達に無理やりレイプされてみたいです!!
    男の人達とセックスしてみたいです!!
    赤ちゃんデキても構いません!!
    本気で私を無理やりレイプしてくれる、男の人達募集中です!!


246  OL - 2015/06/02(Tue) 11:18 No.28931
    これは、私が24歳の頃のことです。
    私は仕事が終わり、家に帰る途中でした。いつも近所の公園の横を通って
    帰るのですが、そこに、中学年ぐらいの子供たちが9〜10人ぐらいで遊んで
    いました。すると、そのうちの一人が私の方に近づいて来て

    「お姉ちゃん、ちょっと来てよ」

    と言われたので、公園の中に入ると子供達が私の方を見てニヤニヤして
    いました。そして一人が「こっちこっち」と言って、トイレの方に誘って
    きました。私は嫌な予感がしましたが、何かあるのかと思いとりあえず
    ついて行きました。

     トイレの近くまで来ると、男子トイレの個室まで押し込まれ、子供たち
    5人が突然私を羽交い絞めにし、服の上からおっぱいを揉んできました。
    振りほどこうにも中学生5人相手では無理で、両手を後手に縛られさらに
    おっぱいを愛撫してきています。

     私が身動きできないことをいいことに、一気に下半身は露出されました。
    最近の中学生は、セックスの知識も豊富にあり、マンコに指を入れられ
    まさぐられ感じてしましました。。。

     経験人数も少ない私は、中学生の愛撫で愛液が溢れ出し、次の瞬間には
    マンコに中学生のペニスを受け入れていました。

     1人目は、挿入後、「お姉ちゃん、中気持ちいいよ〜、我慢できない」
    といいながら、「精子だしちゃうね!」といった瞬間に中出ししていました。
     
     私は、中出しを受け入れるしかなく放心状態になりました。
    しかし、中学生たちは、そんなことお構いなしに次々と挿入し中に放出して
    いきました。個室内にいた5人が中出し終えると、外で見張っていた5人と
    入れ替わり、その5人も次々に中出ししていきます。10人分の精子が床に
    こぼれ落ちていく感覚に快楽を覚え始めていました。

     みんなが出し終わると、拘束が解かれ解放されるのかと思いましたが、複数
    プレイと移行されたのでした。マンコ、口、両手、パイズリと5人を一気に相手に
    させられ、嫌がっていた自分がどこかに行ってしまったかのようにかれらの
    ペニスをむさぼり、しごき、マンコで締め付け、おっぱいではさんでいます。

     彼らに放出してほしくてたまらない感情にさえなっています。恥骨を下に
    なっている中学生に懸命にこすり付け、自分の意思とは反対に射精を促す行為に
    私自身恥ずかしい気持ちでいっぱいです。5分もしないうちにマンコ、フェラ
    の順に射精され、手とおっぱいではいけなかったようで、マンコ、口でさらに
    精子を絞っていきました。

    「お姉ちゃん、ずいぶん積極的になったね。まだ、5人分あるから頑張って」
    「床の精子すごくない?池みたいになってるよ〜」
    「フェラ初めの時よりずっと積極的で気持ちいし、エロい顔になってるよ〜」

    など、中学生の声が聞こえましたが、マンコと口で射精させることでいっぱい
    いっぱいだったので、ほとんど聞こえませんでした。

     5人が終わると次の5人。でも、はじめの5人が回復するので、永遠に終わらない
    状態でした。10人を満足させることができたのは、23時のことでした。
    輪姦されて5時間もトイレでセックスしていたことになります。

     おなかが減ったからってことで、あきらめてくれたようですが、公園の男子
    トイレに残された私は、マンコと口の中に残った精液でオナニーし、0時過ぎ
    まで個室にいました。終電もなく、パンティ、ブラジャー、スカート、ブラウス
    まで彼らに持って行かれ、人気がない時間に帰ろうとかんがえていました。

     ですが、全裸でかえる決心がつかなく、ここで夜を明かすことにしました。

     彼らには、携帯も社員証も持っていかれました。今日、続きのセックスを私の
    部屋でやることになっていますが、逃げられないようにということで、衣服は全部
    彼らが持っていきました。もちろん、待ち合わせは、この公園のトイレ。

     朝、7時の待ち合わせだったのですが、セックスの快感を覚えた中学生は6時に
    トイレについて私の体をもてあそんでいます。

    「昨日の続きなんだから、フェラもいいけどさっさと騎乗位になって射精させろよ」

    と言われ、いわれるがままにペニスを受け入れました。昨日と同じく5分以内に
    果ててしまっています。このこと3回射精が終わったころ、7時近くになって
    いました。

     次から次に中学生が来るので、その都度セックスし回復力もあって早く、結局は
    公園トイレで2日目の乱交会となりました。洋服など返してもらいましたが、マンコの
    下に置かれ、中出し後の股開きで、ぼたぼたと落ちる精子が服にかかるように立た
    されました。社員証も精子だらけになり携帯も精液と愛液でべちょべちょです。。。

     この日も23時近くまでセックス三昧となり、やっと家に帰れます。

    毎日、公園に来るように言いつけれらていますが、月曜日帰りに寄らないようにしたい
    のですが、自分の体が精子を求めています。


247  アサミ - 2015/06/04(Thu) 16:11 No.28955
    私の家から車で15分くらいのところに
    スポーツ公園  サッカー場が2面とソフトボール場が2面
    あって 
    その周りには木が生えてて ランニングコースになってるの
    夜の8時ころはランニングしてる人が20人近くいます
    私も安心して走ってます
    けど、昨日は人もマバラで・・・
    9時ころ止めて、車に戻り、シャツの中にタオルで拭いていたら・・・・
    彼女〜 一人?
    え!なに?
    助手席に押し込まれてシート倒され 覆いかぶさってきました
    抵抗したけど2人の男にかなわなく
    シャツもパンツも強引に脱がされて
    足広げられ入れられてしまいました
    2人目のときは、感じちゃいけないのに、感じてしまいました
    感じてるのを気づかれるが嫌で抵抗してました
    我に返ったときは 静かで星がいっぱい見えました
    全裸のままシートで寝てました


248  ERIKO - 2015/06/03(Wed) 06:39 No.28938
    中二女子です。
    昨年の夏、部活の合宿先で地元の高校生(多分)の集団(5人くらい)に強姦されました。
    学校中に知れ渡って、でも皆、気を使ってくれて、でもその気遣いがつらいです。
    エッチな話でもりあがってる時、私が入り込もうととすると、話題を変えたり、男子も妙に私にだけよそよそしい感じだし。
    普通にエッチな話もしたいし、彼氏も作りたいし。
    というより、したい、されたい、貫かれたい、好きな人に。
    悶々としてます。


249  福田好昭 - 2015/06/01(Mon) 01:16 No.28923
    どうもこんにちわ
    僕ね。一年中ね、チョーマジでね、男の娘のね、ギャル系のね、女子高校生の女子に変装の姿なる事が好きなの、ちょー大好きなんだけど
    僕ね、毎日ね、深夜、0時からね、2時までの時間にね、男の娘のね、ギャル系の女子高校生の女子の姿の衣装をしてね、深夜中ね、
    僕ね、大阪府吹田市佐竹台地区からね、大阪府吹田市高野台地区をね、チョーね、カスタムしたね、三輪自転車ぶらぶら走っているの、
    僕ね、チョーマジでね、変態なの、通行人の会社帰りの男性の人とか、自動車に乗っている。会社帰りの走っている人にね、優しくね、
    僕にちょと僕そんな女装の姿で何をしているの僕と遊んで欲しいの、僕に声をかけられたい思いがあるの、
    僕ね、本当のね、ギャルの系ね、女子高校生の女子してね、大人の男性にね、声をかけられたらね、僕ね、ギャル系のね、女子高校生の女子気持ちでね、男性にね、レイプセックスをされたいの
    僕の事をね、チョーマジでね、ギャル系女子高校生の女子と思ってね、無理ありね、舌を入れて、キスしながら、ギャル系女子高校生の女子のおまんさわるようにセックスされたいの
    それにね、男性からね、無理ありね、僕のおちんちんと玉置をね、ギャル系女子高校生の女子おまん子としてなめて来て欲しいの。
    それにね、僕のね、口の中にね。無理ありね、男性のおちんちんを僕の口の中にね。入れてきたり、お尻の穴に入れてきたりして来て欲しいの、
    待ち合わせ場所の代1希望、大阪府吹田市高野台2丁目の電話ボックスで深夜0時に待ち合わせしたいから必ず来てね、自動車に乗っている人にね、来てほしい。、
    待ち合わせ場所の代2希望、大阪府吹田市佐竹台2丁目の公衆トイレの女子トイレの中で。深夜1時にに待ち合わせしたいから、必ず来てね、二人で来て
    優しく声をかけね、福田好昭さんですか、僕とセックスしませんかと聞いてくれたら。僕はうんと言うから
    僕ね、怖い人は嫌なんで、出来たら若いの人で、優しい人にレイプセックスをされたいの、
    僕のね、携帯電話番号は 080-5701-1973番号なの、無言電話をしてくれたら、僕がね、会いたい意味だからね、
    僕のね、氏名は 福田好昭


250  綾乃です。 - 2015/05/12(Tue) 01:27 No.28758
    去年の2月に母が再婚しました。
    母は25で私を生んで今43歳&iexcl;義理の父は52歳で大学の試験に失敗した19歳の浪人生がいます。
    関東甲信越のはずれの田舎に義理の父の一軒家があって
    かなり大きな家です、そこで同居が始まったのですが
    母は不眠症で病院で睡眠薬を処方されていてるので夜寝てる時はちょっとやそっとでは起きないのです
    去年の夏の日に、am1:40頃、私は試験勉強を終えて「もう寝よ」って思いトイレに行ったら義父が一人お風呂に入ってたらしく脱衣所でパンツ
    いっちょで居たので目を逸らしてトイレに入って用を足して出てきたら義父に後ろから首をグイッってされて
    パジャマのズボンとパンツの中に手が入ってきました
    17歳の私はヴァージンだったし誰にも触られたこと無かったので死ぬほど恥ずかしくって、一人前に毛も生えそろってる割れ目をイタズラされて「お母さんに喋ったら殺す」って言われたんです、それからは何もなかったのだけれど
    今年に入って友達とアイドルグループのコンサートに行く
    当日朝一でお風呂に入ってもう上がろうと鍵を開けた瞬間
    義理兄が素っ裸で入って来て当然私も裸です!
    お風呂に引き戻されて鍵をかけて胸もお股も散々触られて
    ビックリするほど大きくてすごく硬くなったアソコを押し当ててきたんです痛すぎて「ギャ〜ギャ〜」泣いたけど
    母は熟睡してただろうし義父は気付いてたと思います
    でも助けてはくれなくてお風呂場の中で処女喪失をしました。
    体の中に暖かいものがドバッ!と出されたのを感じました
    射精されたことは17歳でも解りました
    当然コンサートは行きませんでした
    40度近い熱があるって嘘をついて友達に断りの電話をしました。妊娠はしてなかったのですが今では義父にも2回犯されました、義理兄にはそのあと3回セックスさせられました。
    パンツの中に手を入れてアソコを揉まれることはほぼ毎日です
    母にはまだ言ってません、いったい私はどうしたらいいのでしょうか?


251  マリナ - 2015/05/31(Sun) 03:45 No.28898
    さっき大好きだった彼氏と別れました( ; ; )
    私のワガママで元彼氏を傷つけてしまって、自己嫌悪に陥ってます。
    本当、死にたいくらいに自己嫌悪です。
    人間として最低な私をどうかボロボロに犯してしてください。
    どうかお願いします!!
    たぶん全力で抵抗するかもですけど、気にせずに思い切り犯して下さい。
    そうでもしないと忘れられそうにないんです。゜(。ノω\。)゜。
    今日の夜、私の部屋で待ってます。


252  マリナ - 2015/05/31(Sun) 03:52 No.28900
    んな訳ないっしょーーー


253  マリナ - 2015/05/31(Sun) 03:50 No.28899
    ぜろはちぜろいちににはちごよんぜろいち


254  某大学生 - 2015/05/29(Fri) 17:09 No.28891
    スーパーフリーみたいに合コンはレイプするための
    隠れ蓑っていう奴が結構いるけど酒に薬入れてやっちゃう
    連中!大体ハルシオンが多いけど
    お酒飲んだら意識失っちゃったって言う女の子いる?
    合コンでオマンコヤラレチャッタ子は5人に1人だって!
    ↓↓↓に体験談を書いてください。


255  福田好昭  - 2015/05/05(Tue) 18:40 No.28710
    僕ね、何年間ね、女装のね、姿に変装する、男の娘のね、女子高校生の女の子のね、衣装にね、変装の姿になる事がね、大好きなの、
    僕ね、女子高校生の女の子の変装の姿になってね。男性のおじさんにレイプセックスをされる事が。大好きなの。
    僕のね、お家のね、住所は 大阪府吹田市佐竹台2丁目地区に住んでいるの
    僕のね、吹田市佐竹台2丁目地の公園のね、公衆トイレの男子トイレで女子高校生の女の子のね、衣装にね、変装の姿でいてるからね
    僕を、女子高校生の女の子とおもってね、レイプセックスをしてきてね


256  匿名 - 2015/05/17(Sun) 22:39 No.28803
    レイプリベンジ。あなたの怨み晴らします。
    まずは、被害状況を説明してからの返信になります。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


257  福田好昭 - 2015/05/08(Fri) 07:41 No.28729
    僕ね、何年間ね、女装のね、姿に変装する、男の娘のね、ギャル系の女子高校生の女子のね、衣装にね、変装の姿になる事がね、好きなんだけど、
    僕ね、ギャル系の女子高校生の女子の変装の姿になってるだけど。50代の男性が女子高校生の女の子のにレイプセックスするような事が大好きなの。
    僕のね、お家のね、住所は 大阪府吹田市佐竹台2丁目地区に住んでいるの
    僕のね、吹田市佐竹台2丁目地の公園のね、公衆トイレの男子トイレでギャル系の女子高校生の女子まってるからね
    僕を、ギャル系の女子高校生の女子とおもってね、レイプセックスをしてきてね
    深夜0時に待ち合わせしくれない 僕ギャル系の女子高校生の女子の変装の姿になって三輪自転車に乗ってるし声かけて


258  サリ - 2015/05/20(Wed) 20:51 No.28820
    私は、今大学生です。
    何げなく、平凡です。
    ここからは、私が高校時代の話をします。
    私は、野球部のマネでした。
    私の学校は、そこそこ強いチームでした。その分練習着を洗うのがなかなか落ちなくて大変でした。
    ある日、私は鍵当番で一人で当番の仕事をしていました。
    そこに仲の良い同級生が来ました。この人をRとしましょう。
    「まだ残ってたのか?」
    「そうだよ。鍵番めんどくさいんだから」と、何気なく会話をしていました。そうするとRは後ろから抱き締めてきました。「Rどうしたの?」と、私はRに聞きながらその腕をはらおうとしました。でも、力が強く離れませんでした。Rは、そのまま私を床に押さえジャージを脱がせました。胸を揉まれたりされて、あまりにも気持ちよくきずかず、いつの間にかSEXをしていたのです。行為が進んでいるのにはびっくりしていました。終わったあとRから「俺、お前を一生大事にするから」と言い、二人で仲良く帰っていきました。


259  のぞみ - 2015/05/18(Mon) 18:49 No.28809
    エッチな動画サイトで見ている、複数の男性から責められる女性の姿に興奮しています。
    私も、あんなふうにバックから突かれながらチンポをしゃぶったり、何本ものチンポを目の前にさらされて、順番に奉仕させられたり、バイブで無理やり逝かされたり、されたいです。
    本当のレイプは嫌だけど、複数プレイにあこがれています。


260  愛璃 - 2015/05/05(Tue) 22:58 No.28711
    幼いころからダンスレッスン、ボーカルトレーニングをやっていていつかはメジャーデビュー!を夢に頑張ってた
    有る、マイナーバンドのライブを見に行ったらスカウトされた18歳の夏!
    と言っても全然メジャーデビューなんてもんじゃなくて
    小さなライブが中心、一応簡単な契約をさせられて衣装はコーディネーターに一任するってなっててその辺は正直見て無くって後で渡された衣装はタンクトップが所々裂けてるやつで
    ヌーブラにしてほしいと言われてビックリした
    スカートは超ミニ!パンツはその日はいてるヤツって!
    要は生パンてこと、少し不満を言ったら契約したんだろっ?
    って言われてなにも言えなくなった
    そんなこんなでマイナーデビューを果たして自主製作のcdも会場では売っていた
    少しずつファンも増えてきたけどどいつもこいつも
    パンツが見たいやつばっかり!まぁそんなファンばかりじゃないけど男は男普通ステージ前までは来れないようになってるけど真下からかぶりつきで見られるしカメラや動画もOKなんで
    最初は腰が引けたけどいつまでも恥ずかしがってもいられないって開き直ってやってた
    生理日にタンポン入れるのに抵抗があったけどナプキン挟んでミニスカでステージに立つほど恥知らずじゃないからぁ
    だけど、結局女は女、楽屋に知らない男たちが入って来ていきなりパンツ脱がされてオマンコ舐められてヤラレタ!
    誰かが手筈したんだろうけど未だにわからない
    当時付き合ってた彼氏の男仲間に「あいつも後で来るからぁ」
    って連れてかれたところで「脱げっ」って言われて
    抵抗したら殴られて「自分から脱ぎ奈ぁ?」って言われて
    拒否してると殴られて自分で真っ裸になって立ったまま
    オマンコ舐められて、あおむけに寝かされて「股開け」って言われてオマンコの中広げられていろんなもの突っ込まれてヤラレタ、その後彼氏は行方不明どこかにいちゃった
    他に3回ぐらいレイプされてるけど女だからしょうがないかぁって思ってる。


261  私は@レイプされました。 - 2013/10/08(Tue) 15:21 No.23973
    高校のときサッカー部のマネージャーだったんですが、
    2年上の先輩とつきあっていました。
    先輩たちが卒業して数ヶ月後、彼を含むOB7人と会うことになりました。
    みんなで食事するのかと思っていたら居酒屋で、
    当時わたしはまだ高2だったので気が気じゃありませんでした。
    2次会でカラオケへ行き、その後何人か帰りましたが
    残った人たちでAさんのマンションへ行く事になりました。
    わたしも本当はもう遅かったので帰ろうとしたのですが、
    彼が少し酔っていて「行こう行こう」と半ば強引に誘うのでついていきました。
    そこでもお酒を飲んで昔話などで盛り上がっていました。
    わたしはジュースで薄くして貰ったのですが、
    彼はわたしが止めているにも関わらずグイグイ飲んで、
    真っ赤な顔をしてとうとう寝てしまいました。
    彼が寝てからしばらくしてAさんが「○○ちゃん、隣りに来て」というので、
    わたしはなんの警戒もなくAさんとBさんの間へいきました。
    Aさんが「俺、○○ちゃん好きだったんだよ」とか言って、
    それを聞いてたBさんまで「俺も俺も」とか言い出し、
    わたしは「うそだー」と答えながらも少し浮かれていました。
    少し酔ってきたのかAさんがしきりに手や髪を触ったりしてきましたが、
    Aさんはちょっとカッコイイ系だったので悪い気はしませんでした。
    でもだんだんエスカレートしてきて「○○ちゃん好きー」なんて言いながら
    抱きしめてきました。
    わたしはちらっと彼の方を見ましたが、相変わらず赤い顔で完全に寝ていました。
    Aさんは頬擦りまでしてきて、ちょっと困っていたら、少しずつ唇が近づいてきて、
    んっとキスをされてしまいました。
    隣りでBさんが「おいおい、それってありなの?」とたずねると
    Aさんが「いいんだよ、ね?」とわたしに言いました。
    恥ずかしくて曖昧に笑っていたら今度はBさんがしがみついてきたので
    「だめー」と軽く抵抗してたらふたりに押し倒されてしまい、
    わき腹をくすぐってきました。
    じたばたしているうちにBさんにもキスをされ、Aさんは胸を触ってきました。
    気がつけば他のふたりまで寄って来て身体中を触っているのでさすがに怖くなり、
    「だめ、○○さんが起きちゃうから!」と言いました。
    するとAさんが「じゃあ隣りの部屋に行こうか?」と言い、
    Bさんまで「それじゃ行こう」と言って強引に手を引いてきました。
    わたしは「え?え?」と言いながらも、妙な流れに逆らえず何故か立ち上がってしまい、
    よろよろと歩いてしまいました。
    わたしがピンチなのに彼は全く起きる様子もなく、
    なにも知らずに赤い顔で爆睡しています。
    その横をわたしは少し乱れた服装で男の人4人に連れて行かれているのに…。
    ちょっとむっとしました。
    部屋に入ってドアがしまると、待ちきれなかったかのようにみんなの手が伸びてきて
    わたしの服を脱がし始めました。
    わたしは身体を隠そうとしましたが、Aさんに抱きしめられキスをされてしまい、
    抵抗ができませんでした。
    そして立ったままでとうとうパンティまで下ろされてしまい、
    部屋に入って1分もたたないうちにほぼ全裸にされてしまいました。
    そのまま横にされ、すごい力で腕をおさえられて
    胸やあそこをまさぐられたりキスをされたり…。
    顔見知りの人に裸を見られるだけでも恥ずかしくて死にそうなのに、
    4人の舌で胸はもちろんわき腹やわきの下まで体中を舐められたり、
    入れ替わりキスをされたりやりたい放題されました。
    誰かが足を開いてアソコをべろりと舐めたときは、腰が何度も跳ね上がりました。
    さらに舌を入れられ、突然軽く歯を立てられた瞬間「ひい!」と叫んで
    狂ったように腰を振ってしまいました。
    みんなもびっくりしてわたしの口を塞いできました。
    こんなに感じたのは初めてでした。
    彼が隣りで寝ていることを忘れるほど興奮していたのです。
    よつんばいにされて脚を開かされお尻やあそこを撫でられたり、
    仰向けでみんなであそこを観察?したり匂いをかいだり、
    わざといやらしい事をされました。
    心臓が壊れるくらいドキドキしてもう何も考えられず、
    ただ込み上げてくる感覚だけに身体をまかせていました。
    そのうちAさんがゴムを付け、脚を持ち上げてぬるりと入れてきたので思わず
    「ひっ」と叫んでしまいました。
    誰かに腕を押さえられたまま犯されているのでレイプされているような気持ちになり、
    入ってくるたびに「ん!ん!」とえっちな声が漏れてしまいました。
    そのあとも交代で何度も入れられ、かなり恥ずかしい格好をさせられたりしましたが、
    彼としているときとは比べ物にならないくらいの気持ちよさのため、
    何回か意識が飛びかけました。
    一通り終わってからみんなが服を着ているのを見ているとき
    (そっか、みんなにやられちゃったんだ)と実感がわき、
    ちょっと彼に悪いと思いました。
    Aさんがなにか言ったと思いますが、全然覚えていません。
    翌朝、みんな何事も無かったようにしてましたが、
    なんとなくニヤニヤしているような気がしたので、
    彼を置いてひとりでさっさと帰っちゃいました。
    あれから7年近くたっていますが、
    最近はもう1度大勢でやりたいかもと考えてしまいます。
    それ程、今までの中でいちばん感じたセックスでした。


262  まなみ - 2015/05/18(Mon) 06:11 No.28805
    犯し屋さん、あかねさんに逃げられたんですね。
    母乳しぼりながら妊娠できなかったんですね。
    あかねさんの母乳も飲めなかったんですね。


263  詩織 - 2015/05/16(Sat) 16:41 No.28796
    初めて電車で痴漢に会いました。痴漢って混んでる電車でするものかとおもってたけど、その電車はガラガラで車両に私とおじさんしかいませんでした。向かい合わせの席に座っていたらガラガラなのに隣に座ってきて手を入れられて怖くて何もできませんでした。そのままバックで入れられたりおじさんの上に乗せられてセックスさせられました。怖くてとにかく何もできずにやられるがままで中に出されてどっかの駅でさっさと逃げてしまいました。ガラガラだから油断してました。

    その時はすごく悲しかったけど今はなぜかその時のこと考えてオナニーしちゃいます。また会いたいとか思うのって変ですかね…


264  - 2015/02/16(Mon) 14:05 No.27994
    夫が出掛けて留守にしている夜に、犯されたのです。
    その運命は、突然にやってきました。眠っている私の上に、息子がいたのです。
    息子の手は、すでに私の股を汚している最中でした。
    とっさに、その手を払いどけましたが、本当に汚されるのはこれからでした。
    私にとって体を守るための戦いが始まったのです。
    この時、もう私は息子に犯されてしまうだろうと感じていました。
    息子との力の差は、圧倒的だったからです。
    息子は19才でしたが、その体はたくましいものでした。
    私も、まだ43才で力は残っているつもりでしたが、全然かないません。
    圧倒的な力差と恐怖で、抵抗を止めたくなりながら、私は耐えました。
    せめて挿入をされて、完全に奪われてしまうまでは負けまいと。
    それは、母親としての貞操と自尊心を守るためです。
    結局、私は息子に無理矢理ねじ込まれ、挿入を受け入れてしまいました。
    相手が息子であったためか、犯されたのに女として屈辱は感じませんでした。
    もしかしたら息子と初めて交わってしまった罪悪感のためかもしれませんが。
    挿入を受けてしまった後の抵抗は、大幅に少なくなってしまいました。
    ショックもありましたし、疲労もありましたし、諦めもありました。
    入れられたらもうお終いという気持ちが、私の気力を失わせたと思います。
    こうなっては、後は一方的に奪い尽くされるだけでした。
    息子の精子が子宮の奥へと注がれたのを感じ、犯された事を実感しました。
    しかし、悲しんでいる暇さえ与えられず、次の強姦が待っていたのです。
    身に付けていたものを全て脱がされていき、私は自分の心を試されました。
    このまま簡単に、再び犯されてしまって良いのかと。
    例え無駄な抵抗だとしても、女としての尊厳を失って良いのかと。
    まして母が、息子に犯されて良いのかと。その気持ちが、
    再び私に抵抗する力を与えてくれたのです。必死で入れられまいと
    、私は抵抗を試みました。その力は、最初に比べれば落ちていたかもしれませんが。
    しかし息子は、最初と違いすぐに挿入を狙いませんでした。
    息子が本気を出せば、すぐに入れられてしまったかもしれません。
    ですが、息子は抵抗する私に対して、
    徹底的に愛撫をしたのです。私は息子の手を払い、
    舐められないように頑張りました。
    その抵抗は、想像以上に私の体力を失わせていきます。
    私の体から抵抗する力が失われた時、私の心も折れてしまいました。
    弱い私は自ら抵抗を諦め、息子に愛撫されていったのです。
    すでに体を奪われてしまったという事も、諦めた要因だったでしょう。
    息子は自由に私の体を手で探り、そして女としての部位を舐めました
    。そんな状況で辱められながらも、私の折れた心は戻りませんでした。
    息子が私の両足を開き、ゆっくりと挿入をしてきた時、
    私は自分の意思で息子を受け入れてしまったのだと思いました。
    挿入を防ぐ事は無理としても、少しだけでも抵抗すれば女としてのプライドだけは保てたというのに。しかし、それは後から思えたことであり、この状況の時にはすでに私は息子に屈服してしまっていたのです。息子は、ゆっくりと私への出入りを始めました。何度か往復して、私の抵抗がなくなったことを確認してから、私の一番奥へと入りこみながら、私の唇を奪っていったのです。息子に唇を奪われるのが、これほどの喪失感を感じるとは。挿入されながらのディープキスだった事もあるのでしょう。挿入により体を陵辱され、キスにより心を陵辱された感覚でした。このまま意識を失ってしまいたいくらいの虚脱感になりました。しかし意識を失うまでにはいかず、息子による奪われゆく感覚が私の肌と膣、そして心の隅々にまで刻み込まれていきました。体への感覚だけでなく、息子と私が交わる音も、母子相姦をしている現実を私に突きつけていきます。息子は正常位だけではなく、私の体位を変えていきました。後ろから攻められている間は、むしろ精神的に楽でした。息子の姿を見ずにすむだけでも、現実逃避しやすかったです。しかし騎乗位を求められ、私は母親としての恥を受けたのです。息子を迎え入れたまま、息子の上にまたがらせられました。息子に入れられている母の裸を、息子はジロジロと見ています。それだけでも羞恥心に襲われてしまうというのに息子は私から動くように要求してきたのです。要求通りに動かない私に業を煮やし、息子は下から突き上げてきます。突き上げられ胸を揺らす私の姿を、息子は楽しそうに笑っていました。私は、その笑いによる恥から耐えられず、自分から倒れました。その直後、私は正常位に戻され、激しい性の交わりを受けたのです。勢い良く腰を動かし突いてくる息子のパワーは凄まじいものでした。私の内臓が震えるくらいの衝撃に私は圧倒されたのです。その激しさは、母として禁じられた快楽を引きずり出していきます。そして、どうしても我慢出来なくなり、私は声を上げてしまったのです。その一声から私は崩れ落ち、快楽の波にのまれていきました。私は喘ぎ声をあげながら、息子からの快楽に身を沈めました。息子は一気に終わらせず、じっくりと攻めるようになりましたが、1度快楽に溺れた体は女として覚醒し、母親を忘れてしまっていました。小気味良いリズムで腰を振る息子に合わせ、私は喘ぎ声を出してしまいます。我慢しなければならないのに、どうしようもなく出してしまうのです。私は、快楽の虜となっていく自分を引き戻そうと耐えました。何とか耐えられそうになった時、息子が激しく動き出し私は遂に完全に快楽に屈したのです。息子が終わらせるまで、私は喘ぎ続けました。そして息子と同時くらいに、私もいったのです。注ぎ込まれる精子に、背徳感と共に満足感を感じていました。しばらく呆然と寝転んだ後、三度目の交わりが行われました。私は、最初から抵抗することなく、自由にさせます。キスから愛撫、そして性交へと移り、最後に膣内射精を受けました。私は、自ら求めるような事はしませんでしたが、全てを受け入れ、感じるままに感じました。それは強姦ではなく、あきらかに母子相姦でした。私は三度目で、正真正銘の母子相姦を行ったのです。同じベッドで朝を迎え、私は汚れた身を呪いました。息子に犯され、しかも快楽に溺れてしまった事実は消えなかったからです。落ちつきを取り戻し、現実が私を罪悪感の塊としてしまいました。今は、犯されたショックはありませんが、息子に犯されてた時の事ばかりが思い出されます。息子に触れられ交わった感触がしつこいくらいに。この感触の全てが汚された事実を物語っているのでしょう。これが子供の教育に失敗した母親の運命なのかもしれません。そして私は、永遠に息子と性交した女という十字架を背負うのですね。
    私のような母親が他にもいるらしいことが救いになっています。


265  結菜 - 2015/05/10(Sun) 03:53 No.28744
    私は看護師!でも今はお国で雇われている。
    ハッキリ言うと自衛隊派遣だぁ自衛隊所属の看護師だ
    自衛隊といってもみんなが戦場へ行く訳では無くて調理師さんは兵隊さんの調理だけをしてる、そう言う補佐的な仕事をしてる人は結構いてその中に私も含まれる、もちろん鉄砲を持ったことも撃ったこともない、そんな私が海上自衛隊の戦艦に同乗することになった
    男性5人と女性3人、中での仕事は健康診断やお腹が痛いとか頭が痛いとかの手当てで約1か月の航海でトランクには着替えも用意してあってパンツはお風呂に入った時に洗っていた
    自分のベッドの上にハンガーに投資てパンツを干していたら
    昼食後に戻って見ると無くなってたり救援ボートに乗せられた時はお風呂に入れなくて自分の部屋に戻った時に気持ちが悪いのでパンツだけ取り換えてビニール袋に入れておいたらトランクの中を荒らされて汚れたパンツとお洗濯してあるパンツが盗まれていたんです、汚れたパンツは最悪ですシミがベットリついてるはず…お洗濯してあるパンツだってシミの跡が残ってる
    に決まってる、誰にだって見られたくない汚れ物を誰がっ!
    って思ってた、兵隊さんは私をニヤニヤして見るから全員犯人に思えてくる、ずっと嫌な予感はしてました
    それは深夜2時ごろに腹痛を訴える人がいて痛み止めを飲ませて自分の部屋に戻ろうとした所後ろからずた袋を頭からかぶせられて、あまりの臭さに嗚咽がした、あとでわかったことは
    そのずた袋は安全シューズが長靴になったような奴を入れる
    袋だったんです真っ暗で何も見えない彼らの部屋に連れ込まれてブラもパンツも脱がされて処女じゃなかったですが
    やっぱり恥ずかしくってマンコも舐めまわされて体の中に硬いものが入ってきた繰り返し繰り返しやられたんです
    突き上げられるたびに子宮が痛くて、最後はひどい言葉で脅されました、だから誰にも言えません。
    中に入らないとわからないことって結構あるもんです
    女性たちは場合によっては慰安婦みたいに扱われます。


266  美奈子 - 2015/05/13(Wed) 18:26 No.28785
    高校を卒業して都会の大学に行くため一人暮しを始めました。
    18才の6月に処女を奪われました。
    帰宅して扉を開けたら後ろから押されて男が入ってきて。
    ナイフを見せられ恐怖心MAX。
    抵抗なんて出来ませんでした。
    裸にされてベッドに押し倒されて。
    泣きながらオモチャにされ気が付くと男も裸になってて。
    チンチン入れられて最後は精子も中に出されて。
    よく見かけた顔だったからストーカーだったんだと
    思います。


267  唯奈です! - 2015/05/13(Wed) 09:12 No.28781
    私は普通のjkです。
    全てを教えちゃいます私の顔も誰かもわからないのだから
    ありのままを喋ったとしても何のリスクも負わずに済むので私は中一の秋にザぁ〜!って血が出て「初潮」を迎えました
    その頃からチラホラと毛が生えてきて17歳になった今では
    一人前にフサフサに生えそろってますパンツは薄手の可愛いヤツ!制服はグレーベースでチェックのミニスカブレザーは紺で
    襟と手首がスカートと同じ柄胸ポケットのエンブレム
    私が住んでる所は集合住宅「団地」です。
    女子高の私は他校の生徒と接触することはありません
    でも団地の集合ポストの前に男子校の3年生がいつも待ってて
    階段を上がり切ったところで話しかけられます
    一人でしかも私を通せんぼするように階段側に押し返すのです
    したには3人ぐらいの仲間が私のスカートの中を見るんです
    団地まで帰るには団地の間を通らなきゃならなくて
    何か所も怖いと思う視覚があって襲われたらどうしようって思う、あいつ等にアソコ見られたくないし女の子のアソコに
    髭が生えてるようで生えそろった部分を見られたくないし
    何より処女なんで男の人が怖いです。
    近直近況を書きます。


268  女子高生 - 2015/03/16(Mon) 13:03 No.28352
    憧れの女子高に入学することができて、私の学校生活はとても充実していた。テニス部の練習は厳しいけれど、仲の良い同級生はたくさん居るし、優しくしてくれる先輩も少しは居る。
     学内に男子が居ないというのは、物足りないと言えば物足りない。でも、そのぶん女子が多いわけで、つまり友達に成り得る存在もそれだけ多いわけで、悪いことではないと思う。特に私の場合、部活動に打ち込んでいるので、恋愛はもう少し先でも良いし。
     不満と言えば、あとは、部活後に学校のシャワールームを使えないというのがある。数が限られているので、三年生しか使うことを許されていないのだ。三年生が帰るのを待ってから使っている二年生も居るには居るけど、一年生までそんなことをしたら、生意気だとか何とか言われてしまう。
     だから、夏が近付いて暑くなってきた時期にもかかわらず、私は、汗だくの身体をタオルで拭いただけで、帰りの電車に乗らなければならないのだった。
     7時の電車は、帰宅ラッシュに直撃されて、ほぼ満員だ。見知らぬおっさんたちと密着を強制されるのは嫌だったが、汗臭い女子高生に密着されるおっさんたちだって、大概 迷惑だったろう。それを思うとあまり嫌な顔もできない。

     学校から駅までは自転車だけど、駅から家までは徒歩になるので、そこからがきつい。駅と家の間も自転車で移動したいところだ。部活で疲れ切った足を使い歩くのは、かなり辛い。もうひとつ自転車が欲しい。実際、そうしている生徒は少なくない。そのことを母親に言った時の返答は、全く冷たいものだった。
    「バイトして自分で買えば?」
     要約するとそんなとこだ。まあ、もっと柔らかな表現を使っていたような気がするが、要求を否定された私からすれば、酷い扱われ方をされたような気分になった。部活でバイトどころではないというのに。ワガママに過ぎないのは分かっていても、自転車をふたつ買い与えてもらった友達を何人か知っているので、愚痴りたくもなる。
     世の中は不公平だ。とはいえ、それを言ったら、私は、ずいぶんと恵まれていると思う。別に、日本に生まれてきただけで外国人に比べれば恵まれているとか、そういう薄っぺらい奇麗事を言いたいのではない。単純に、周りの友達と比べて、容姿が優れているのだ。はっきり言って、私は可愛い。自己評価では、クラスで一番だ。高校で一番かと言われたら、さすがにそうとは言えないかもしれないが、もしミスコンが開かれれば、とりあえず候補には挙がるだろう。そんな感じ。

     駅の改札を抜けると、後は数分で家に着く。徒歩だけど。
     帰り道には、申し訳程度の電灯があるだけで、結構 暗い。
     私はこの暗い帰り道が好きだった。閑静な住宅街なので、たまに自動車が通るくらいで、あまり五月蠅くはない。電車の音もあるか。
     とにかく、そういうのを除外すれば、コオロギの鳴き声が聞こえてきそうな静けさである。
     人通りの少ない道を歩いていると、なんでか落ち着く。だから好きだ。
     しかし、そのお気に入りの環境が、レイプの原因となった。後から考えれば、なんて危険な道だろう、と思うのだけれど、実際に被害を受けるまでは、全く思いもしなかった。頭の片隅くらいには、そういう可能性も浮かんでいたかもしれないが、真剣に考えることはなかった。レイプなんて自分とは無縁の世界で起きていることだとしか思っていなかったのである。
     なので私は、後ろから走ってきたミニバンを、気にも留めなかった。通り過ぎると信じて疑わなかった。
     私の横で停まっても、それを不審には思わなかった。道でも聞きたいのかな、と思った。そして、だとしたら面倒だな、と思った。そう思いながらも礼儀正しく答えるくらいには、外面の良さを備えているので、この時もそうするつもりだった。
     男がふたり、後部座席からいきなり飛び出してきても、私は危機感を覚えなかった。なんとも間抜けなことに、「あぁ、なんだ、ナンパか」と思ったのだ。
     彼らに腕を掴まれ、引っ張られる段階になって、ようやく事態を悟った時には、すべてが手遅れだった。

                                                                                      ミニバンに押し込まれた私は、失禁しそうになった。恐怖を感じると本当に尿道が緩むのだということを、この時 初めて知った。
     お漏らしをしないよう、股間に力を入れる。
     その間に、外へ出ていた男を収容した車が、発進する。
     車の窓は真っ黒になっていて、外の様子は見えなかったが、音と振動から、車が動いていることが分かり、私は絶望的な気分になった。もうどうやっても逃げられない。実際には必ずしもそうではなかったかもしれないが、私はこの時点で逃走を諦めた。
     だからといって、もちろん、レイプされようとしている事実を受け入れることはできなかった。
     私は男たちに訴えた。
    「お、お願いします、帰してください……」
     喋っているうちに、泣きそうになった。
     男たちは、薄ら笑いを浮かべるだけで、私の言うことを聞き入れる気なんて、これっぽっちもない。それが彼らの表情から分かってしまった。
     ついさっきまで、ごく当たり前の日常の中に居たのに、どうしてこんなことになってしまったのか。まるで理解できなかった。
     この理不尽な状況には、怒りを感じた。泣き叫んで暴れ出したい気持ちすらあった。けれど、男たちに対する恐怖の方がずっと強く私の心を支配していたので、癇癪を起こすことはとてもできなかった。
     私は小さく震えながら静かに泣いた。できるのはそれくらいだった。

     車内には、ヤンキー風の若い男たちが4人居た。全員、20歳前後といったところだと思う。ひょっとしたらもっと若くて、私と同じような年齢なのかもしれない。
     運転席にひとり。助手席にひとり。そして、後部座席で私の両隣にひとりずつ。
     彼らの手際から、計画的なレイプであることは明らかだった。
    「その制服、官能女学園だろ? 進学校の。頭良いんだ?」
     右隣の男が話し掛けてきても、私は震えるばかりだった。無視した形になってしまったが、男は気にした風もなく、にやにやと笑っていた。
     すると左隣の男が私の顔をじっと見た。
    「すげぇ可愛いな、おい。やっぱり当たりだったな」
    「おー、こりゃ当たりだな」
     左右から顔を覗き込まれて、私は縮こまった。
    「だから言ったろ。俺は後ろ姿を見るだけで、どれくらい可愛いか分かんだよ」
    「前は外してたろうが。ぜってー可愛いとか言っといて、あんな微妙な女、どう考えても外れだろ」
    「んーなこと言って、ノリノリで犯してたくせによ」
    「せっかく捕まえたんだから、ヤんなきゃ損だろ。つか、俺が言いたいのは、そういうことじゃなくてなぁ――」
    「ケツまで犯してたじゃねぇか」
    「だーから、そういうんじゃねえっての」
     両隣の会話を聞きながら私は無言で涙を流した。


     私は足を揃えて膝に手を置き、行儀良く座っていた。
     左隣の男に胸を掴まれても、姿勢を変えることはなかった。
    「顔は可愛いけど、おっぱいはそんなに大きくないなぁ。こりゃあ、減点だな」
     男は楽しそうに笑いながら、私の胸を揉んでくる。
    「…………」
     私は、無言でそれを甘受していた。とにかく恐くて、小さく震えていることしかできなかった。
    「大きさなんてどうでもいいだろ? 重要なのは形だよ。あと色な。乳首の」
     反対側の男はそう言って、もう片方の胸に手を伸ばした。
     左右から好き放題に胸を揉まれるのは、人として扱われていないかのようで、屈辱だった。
    「まあ、乳首は重要だよな。ちょっと見てみるか」
     左の男がセーラー服の裾を掴んだ。
    「あ……」
     私は思わず身をよじった。それで男の手から逃れられるとは到底 思えなかったが、無意識に動いてしまったのだ。
    「なに?」
     男は私の顔を見つめた。短い言葉だったが、「抵抗したら怒るぞ」というような意味が込められているように感じ、私は身体を硬直させた。
    「ほら、手を挙げて。バンザイだよ、バンザイ」
     男に従ったわけではなかったが、セーラー服を捲り上げられると、私は嫌でもバンザイをしなければならなくなった。腕に力を入れれば、それを回避することはできるかもしれないが、とても実行する気にはなれない。
     セーラー服を頭から抜き取られることによって、私は再び手を下ろすことができた。
     上半身を守っているのは、セーラー服の中に着ていたTシャツとスポーツブラジャーだけになってしまった。
     部活で流した汗の臭いがしたりしないか、少し気になった。一時的とはいえ、脇を開いたりもしたわけだし。そんな場合ではないというのは分かっているが、気になるものは仕方がない。
     幸いなことに、男たちは私の体臭を気にしていないようだった。まあ、一応、部室で8×4(エイトフォー)を脇に吹き掛けてはいたので、それが役に立ったのかもしれない。
    「高校生なのにスポブラかぁ。可愛いじゃん。何か部活でもやってんの?」
     左の男がTシャツを脱がせながら話し掛けてくる。
     私はやはり答えられなかったが、代わりに右の男が言った。
    「テニス部だよ。テニスラケットを持ってたろ?」
    「んー? そんなもん、ないぞ?」
    「拉致る時に落っことして、そのまんまだからな」
    「本当か?」
     男が確認したのは、私に対してだった。
     私は辛うじて頷いた。
    「なんだ、そっか。大事なラケットなんだろ? ごめんなー」
     全く誠意のない謝罪だった。


     Tシャツを脱がされると、今度はスポブラをたくし上げられた。とうとう胸が無防備になってしまった。
    「乳首ちっせー」
     男は嬉しそうに言った。
     もうひとりの男も、私の胸を見つめながら笑顔になる。
    「いいねぇ。でも色はちょっと黒くないか?」
    「お前、前にも言ってたろ、それ。暗いからだって。何回も言わせんな」
    「もっと車内灯が弱いんだよなあ」
     両隣の男たちの遣り取りに、運転席から横槍が入る。
    「うるせー! 文句あるんなら、お前らが車 用意しろよ!」
     私は、喧嘩でも始まるのではないかと恐れたが、しかし彼らにしてみれば、どうやら日常的な会話に過ぎないようで、男たちの表情が変化することはなかった。
    「分かった分かった。この車で我慢してやるよ」
     右隣の男がそう言うと、運転席からまた不満げな声が上がった。助手席からは笑い声がする。
     女子高生を拉致して、強姦に及ぼうとしているというのに、彼らの様子に緊張は見られなかった。そのことから、今まで何人もの女性をレイプしてきたであろうことが、窺い知れる。ここまでの会話からも、ある程度は察していたけれど……。
     倫理観を持ち合わせていない人間というものは本当に存在するのだ。私はこの時、初めてそれを実感した。

     胸を隠そうと思えば、できないこともなかったが、私の手は依然として膝の上にあった。
    「可愛い乳首ちゃんを大きくしてやるよ」
     左の男が私の乳首を鷲掴みにして、指先で捏ね回してきた。
    「う、うう」
     初めて男の人にそこを刺激され、私は呻かずにいられなかった。気持ち良いというわけではないが、くすぐったくて、じっとしてはいられない。
    「感じるだろ? なあ?」
    「…………」
     私は頭を小さく横に振った。
    「こういうことをされたことはあるのか?」
    「…………」
    「おい、聞いてるだろ? 答えろよ」
     なおも私が黙っていると、男の指に強い力が加わった。
    「い、痛いっ」
    「答えろっつってんじゃん」
     反対側の男が「まあまあ」とたしなめてから、私に顔を向けた。
    「そんなこと言われても、答えにくいよなぁ?」
    「…………」
    「おお? 俺も無視すんの?」
     さっきまでは私が無反応でも怒りそうな雰囲気は微塵もなかったが、もうそういう空気ではないらしかった。
     私は、震える唇をなんとか動かした。
    「い、いえ、ごめんなさい……」
    「じゃあ、答えろよ。処女なのか?」
    「……はい」
     覚悟を決めて返事をすると、不機嫌そうにしていた両隣の男は、一転して表情を和らげ、右の男なんて口笛を吹いたりもした。
     彼らの感情の変化が読めず、私は困惑するばかりだった。
     そうこうしているうちに、男の指で刺激された乳首は硬くなってしまった。
     勃起状態になった乳首を見て、男は満足げに指を離した。


     「処女のマンコを見せてもらおうかな。いいだろ?」
     男は私に聞いてきたが、しかし返事を待つことなく、スカートを掴んだ。
     膝に置いていた手を払われ、スカートを捲り上げられると、白い下着が見えるようになってしまった。
     もちろん、それだけでは終わらない。男はすぐさま下着にも手を掛けた。
     さすがに私は黙って見ていられず、男の腕を掴んだ。ほとんど力を入れておらず、添えただけに近い。
    「あ、あの……」
    「はあ? なに、この手」
     不快そうな顔を向けられ、私は一気に萎縮してしまい、男の腕から手を離した。
     パンツがするすると下げられていく。太股を過ぎ、膝を通過し、足首から抜き取られる。
     スカートはすでに捲り上げられているので、私の股間が男たちに曝け出されることになった。
     私は自らも下半身へ視線を送った。黒々とした陰毛が目に入り、視界が涙で霞む。
     どうして、こんな目に遭わなければならないのか。あまりの理不尽に、ますます涙が溢れてくる。
     覆うものが無くなった股間は、全くの無防備だった。外気に晒されているだけでも違和感がある。トイレでパンツを下ろした時と同じ感覚のはずなのに、全く別のように感じる。
    「おい、そっち持てよ」
    「ああ」
     両側の男ふたりは、示し合わせて私の太股を掴んだ。
     私は、左右から足を引っ張り上げられ、M字に固定された。大股開きの格好を強制されたのである。フロントガラスに向かって股間を披露しているかのようだった。
     M字開脚をしているせいで、陰部が口を開いてしまっていた。それを自覚すると、胸の奥がヒヤリとした。
    「嫌っ、嫌ですっ」
     私は身体を揺すった。男たちが怒り出すかもしれないと思いつつも、抵抗せずにはいられなかった。
     しかし、両側の男たちは、私の膝裏に腕を通し、肘でしっかりとロックしており、ちょっとやそっとの力では、振り解けそうにない。
     運転席の男は、チラチラとバックミラー越しに私の股間を覗いていた。
     助手席の男なんて、身を捻って直接 見ている。
     これほどの恥辱は、今まで生きてきて味わったことがない。
    「ううっ、うっ……ううう……」
     それまでは涙を流すだけだったが、もはやその程度では収まらず、私は、子供のように声を上げて泣き濡れた。


     私は、自分の股間にコンプレックスがあった。陰毛は薄いが、小陰唇の形が崩れていて、しかも少し出っ張っているので、非常に醜く見えるのである。まあ、あんまり比較検討はしていないので、どの程度の醜さなのかは、よく分からないが。しかし、綺麗な部類には入らないに違いない。男たちが私の股間についての感想を特に述べなかったので、ホッとしたくらいだった。
     大股開きで泣き喚く私に構わず、両隣の男たちは、陰唇に手を伸ばしてきた。
     左の男がクリトリスに触れ、右の男が膣口周辺を触れた。
     もちろん私は、この時までにオナニーの経験を済ませている。それどころか、週に何度かはクリトリスを自分で擦っているオナニー常習犯である。
     だから、敏感な箇所への刺激には慣れているはずなのだけど、他人の指によってもたらされる感触は、オナニーの時とはまるで違っていた。
     男たちのテクニックが優れているとか、そういうことでは多分ないと思う。彼らの指の動きに、女を喜ばせようなんて意図は感じられなかった。ただ触りたいから触っているだけ。無造作な手付きからそれは明らかだった。
     私はたまらず腰をもじつかせた。とはいえ、別に快感に悶えているわけではない。慣れない刺激に戸惑っているだけだ。
     けれどクリトリスは、男の指によって擦られると、乳首の時と同じで、いとも簡単に硬くなってしまった。
     男の指の感触から、クリトリスが勃起していることを、嫌でも思い知ってしまう。
     しかしそれよりも、喫緊の問題は、膣口に触れている右隣の男の指だった。今にも指が侵入してきそうで、恐ろしくてならなかった。
     右の男は、指を突っ込もうという気はなく、陰唇を撫でるばかりだったが、それは最初の方だけで、しばらくしてから指先が膣口に沈み始めた。
    「やめて、ください」
     私は泣きながら哀願したが、それを聞き入れられることはない。
     男の指は、何の感慨もなさそうにあっさりと第一関節まで入り込んできた。
     すぐに私は痛みを感じた。反射的に膣内を締め付けたが、そんなことで侵入を阻止することはできるはずがなかった。
     その後も、男の指は、根元までずぶずぶと突き進んできた。
    「痛い、痛いです」
     私の声を聞き、男は頬を緩めた。
     悲痛な訴えも男を喜ばせる結果にしかならなかった。


     前戯もそこそこに、私はとうとうレイプされることになった。
     大股開きの強制は解かれたものの、息つく間もなく仰向けに寝かされる。
     両隣に座っていた男ふたりは、後部座席を倒して、広々とした空間を確保すると、私の上半身と下半身にそれぞれ取り付いた。
     男ふたりは、いずれもズボンとパンツを下ろして、ペニスを露出させた。
     それを見て私は息を呑んだ。薄暗い車内では、あまりよく見えなかったが、しかしそれが勃起しているのは分かった。私は処女だけれど、もちろん男性器の形状は知っている。ネットのエロ動画で見たこともある。その時は、棒状の物が股間に生えているのが滑稽に思えたけれど、今は、とてもそんな風に見えなかった。恐怖の対象でしかない。

     震え上がる私に構わず、男のひとりが、ペニスを私の股間に添えた。
     この時 男は、挿入することに意識が向いていた。だから、彼を押し退けようと思えば、簡単にできただろうと思う。けれど私はそれをしなかった。そんなことをしても男を激昂させるだけなのは明らかだった。
     ペニスが侵入してきたことを、私は、破瓜の痛みによって初めて悟った。挿入された感覚はあまりなかった。ただ、裂けるような痛みだけがした。
     とはいえ、我慢できないというほどではない。私は涙を流し、肩を震わせ、嗚咽を漏らしていたが、叫び声を上げたりはしなかった。
     男が腰を前後させ始めても、私は、小さな声で泣くだけだった。
     開かれた両足が、男の動きに合わせて、空中で揺れ動く。それがなんだかとても悲しかった。惨めに犯されるしかない私の立場を象徴しているかのように感じたのかもしれない。


     犯されている間、私は、自分の境遇を嘆いていることすら許されなかった。
     もうひとりの男が、横からペニスを私の顔に突き出してきたのである。
     先端を唇に押し当てられた時は、破瓜の痛みを忘れてしまった。それほどの嫌悪感が込み上げてきたのだ。
     ペニスとは、つまり排泄器官であり、そこに口をつけるだなんて、到底 有り得ないことのように思えた。もちろん、フェラチオという性行為は知っているし、いつか自分がそれをすることになるのも覚悟していたが、この時は、そういう風に考えることができなかった。とにかく「汚い」としか思えなかった。

     私は顔を振って拒絶しようとしたが、それで許してくれるほど甘い連中ではない。
     両の頬に、強烈な往復ビンタを浴びせられた。
    「黙って咥えろ!」
     男に一喝され、私は、仰向けのまま顔を横向きにして、小さく口を開いた。半開きにもなってなかったと思う。しかし顎から力は抜けており、男が強引にペニスを押し込んでくると、一気に侵入を許す結果になった。
    「う、うぐ……」
     私は呻いた。口内 奥深くまでペニスを咥えさせられては、泣き言を吐くことすら不可能だった。
     実際に強制させられるまで、フェラチオと言えば、排泄器官を口に含むこと自体しか頭になく、嫌悪感もそれに対してばかり向けられていたが、いざこうなってみて、真っ先に私を襲ったのは、鼻に当たっている陰毛の不快感だった。口内に押し込まれたペニスの感触よりも、そっちの方がよほど気になった。
     私は鼻で息をするのを止めた。しかし、口を塞がれている以上、長くその状態を保っていることはできなかった。レイプされて呼吸が荒くなっていることもあり、たったの数秒で、鼻から強く息を吸うことになった。
     そして吐き出す。私の鼻息で、男の陰毛が大きくなびいた。傾いた陰毛は、すぐに元の位置に戻り、また私の鼻に当たった。
     それが酷く不快で、顔を顰めようとしたが、その直前、男が左右から私の顔を掴み、口内のペニスを出し入れし始めた。まるで、口を性器に見立てているかのように、腰を突き出してくる。


     ペニスの先端で喉を何度も小突かれて、陰毛の不快感どころではなくなった。
     男は、自分の腰だけでなく、両手で掴んでいる私の顔も、無遠慮に前後させていた。
     口を犯されているというより、顔を犯されているような気分だった。
     ガクガクと顔を揺さぶられたせいで、股間を露出した時とは比較にならないくらい、顔面が真っ赤になってしまう。口にペニスを突き立てられる屈辱もあるだろうが、それよりもやはり、激しく動かされて物理的に血が上ったせいだろう。ここまで赤くなったのは生まれて初めてかもしれない。

     イラマチオの間、膣内も蹂躙され続けていた。
     痛みは変わらないが、最初の頃よりも、結合部の粘液が増しているようだった。ペニスの出入りする感触は分かり辛いが、全く把握できないほどでもない。滑り具合に明らかな変化があるように思う。
     膣から破瓜の血でも流れているのだろうか。それを確認しようにも、顔は男にガッチリと掴まれており、好き勝手に動かされている。
     今この場において、私の身体は、私の物ではないのだ。

     つい数分前まで処女だった私は、レイプされながら、仰向けの状態で顔だけを横に向け、強引にフェラチオまでさせられたわけだが、その感想としては、「惨め」という一言に尽きる。
     上半身と下半身を別々に犯されるのは、物みたいに扱われているようで、人としての尊厳を踏みにじられるに等しいと思う。
     家畜か、さもなくば道具になった気分を味わいながら、私はペニスの突き込みを受け続けた。


     男は、何の躊躇もなく私の中に射精した。
     精液を放たれた感触はあまりしなかったが、ペニスの脈動をなんとなく感じ取った私は、無駄と知りつつも、腰を逃がして結合を解こうとした。
     しかしそれはやはり上手くいかず、男はむしろ私の腰を強く引き寄せ、繋がりをより深くしてきた。
     妊娠の可能性に恐怖している私に、更なる責め苦が加えられた。私の口内に突き込まれていたペニスまでもが、射精に至ったのである。
     排泄器官から放出される粘液なんて、私からすれば、オシッコとさほど変わらない物に思えた。そんなものを口の中に出されては、とても耐えられなかった。
     私は、男の手を振り解き、ペニスを口から吐き出した。まだ射精途中だったので、精液が頬に飛んできた。
     男が激怒するのではないかと思い、私は恐る恐る様子を窺った。
     予想に反し、男は半笑いで私を見下ろしていた。
     私は安堵したが、同時に、ここまでされても男の顔色を気にしなくてはならない自分が、なんとも情けなかった。

     車はいつの間にか止まっていた。辺りは静かだったので、どこか人の居ないところに停車したのだと思う。
     そこで私は、運転席と助手席の男にまで犯された。
     最初のふたりが射精を終えて離れた時、私は、これでようやくすべてが終わったのだ、と思い込んでいた。車の中には男が4人居るわけで、普通に考えればふたりが満足してそれでレイプが終わるはずはないのだけれど、処女を失ったショックでそこまで考えることができなかったのである。
     終わった気になって、座席で仰向けのまま悲嘆に暮れていた私は、新たにふたりの男に組み敷かれた時、絶望で声も出なかった。短い間隔の呼吸を繰り返しながら涙を流すのみだった。
     私は、されるがままに犯された。それまでもほとんど抵抗らしい抵抗をしてこなかったが、新たなふたりを相手にさせられた時からは、身体に力を入れることさえなく、人形のようになっていた。簡単に足を開かされ、口を開けられ、ペニスを突き込まれた。
     中出しされて膣内が潤い摩擦が少なくなったのか、破瓜の痛みは小さくなっていた。
     それ自体は歓迎すべきことなんだけれど、しかしその分、恥辱は強くなる。好き放題にレイプされる悲しみに私はひたすら涙を溢れさせた。
     どれほど屈辱的な目に遭わされようと、私には、男たちが早く満足してくれるよう祈ることしかできなかった。

     4人全員に輪姦された後、小休止を挟んで、ふたりがまた私を犯した。今度は、ふたり同時ではなく、ひとりずつ挿入してきた。
     この時 私は、制服も下着も脱がされ、四つん這いにさせられていた。ペニスを出し入れされながら、お尻を何度も叩かれた。
     最後の男も後ろから責めてきた。
     私はすっかり諦めの境地に至っていたが、犯されている最中、お尻の穴に指を入れられた時は、さすがに「うっ」と呻いた。まあ、指だけとはいえ肛門を貫かれたのだから、その程度の反応しかしなかった、と言った方がいいかもしれないが。

     輪姦が終わると、私は車から放り出された。輪姦されている時は気付かなかったが、大きな公園の駐車場に停車していたようだった。
     駐車場にも公園にも、他に人の気配はない。周りは木ばかりなので、近くの道路を誰かが通り掛かったとしても、顔を見られる心配はほとんどないだろう。男たちはレイプのために事前にこの場所を見繕っておいたのかもしれない。
     全裸で道路に蹲る私に、制服が投げ付けられた。それから、鞄や靴も。
     下着はそのまま持って行かれたようだった。レイプの記念にするとかなんとか、男のひとりが言っていたような気がする。女子高生を拉致してレイプするたびに下着を収集していて、今や段ボールひとつ分は溜まったのだとか。
     男たちは、何の感慨もなさそうにドアを閉め、さっさと車を発進させて、どこかへ行ってしまった。
     制服で身体を隠しながらそれを見届けた私は、周囲を見回し、誰も居ないことを確認してから、セーラー服に頭を通し、ついで、スカートを身に着けた。靴下と靴を履く。
     涙は引いていた。なんだか、これは現実ではないような気がしていた。ついさっきまで恐怖と痛みに泣いていたのが、信じられなくなってきた。と言っても、別に夢を見ているような感覚はなかった。では何と感じていたのか、自分でもよく分からない。
     公園の敷地内には、トイレらしき建物があった。
     私は立ち上がり、そこに向かって歩き出そうとした。
     しかし足が止まった。立った拍子に、膣口から精液が溢れてきたのだ。
     おぞましい感触が太股を伝っていく。
     私は、ああ、と心の中で呟いた。レイプされたのだという実感が急速に込み上げてきた。
     顔が引き攣るのを感じる。呼吸も荒くなっている。
     車の中で散々泣いたにもかかわらず、また泣いてしまうのか。そう思うと、余計に我慢できなくなった。
     誰が見ているわけでもないのに、私は顔を手で覆った。鼻を啜るようになると、もう止まらなかった。
     気付いたら私は地面に膝を着いて泣いていた。


269  みおん - 2015/05/01(Fri) 23:05 No.28668
    私が、中2の4月頃の出来事です。
    当時、私は放送委員会でした。きっとそれがいけなかったのでしょう。
    ある日、中3の先輩に「帰りの放送」を、頼まれました。なので、時間通りに曲を流し、放送をいれました。
    そうすると、あの先輩が放送室に入ってきたのです。先輩は、「部活が、ちょうど終わったから来た」と椅子に座りました。私は「あっ、そうなんですか!」と、疑いもなく笑顔で、答えました。先輩の野球の話や私が所属しているバレーの話をしたりしました。
    そうすると、先輩がからかってきたので、ついカッとなって先輩の帽子をひょいっと投げてました。先輩はあんまり怒らない人なので、「拾えよぉ」と笑いながら、言いました。なので、拾ってあげて帽子を被らせてあげました。そうすると、先輩は私の腕を引っ張って、私に抱きしめた体勢になり、マンコに手を入れてきました。その時の先輩はとっても荒かったです。クリを刺激してきて、好きでもない相手に感じてしまったのです。そうして私の胸を露にして揉んできたのです。もう、この時点で、私は息が荒くなっていました。乳首を触ってみたりしました。
    今、その先輩は学校でも普通に接しています。もうこんな行為がないと信じていたいです。


270  飯岡優佳。 - 2015/03/20(Fri) 01:55 No.28380
    私が女子高に通ってた17歳の時のことをお話します。
    どうしてもほしいものがあって、おこずかいじゃ変えないし母子家庭の我が家では贅沢は言えず、自分で何とかしようと夏休み中を利用してアルバイトを始めようと考えていたのだけど、みんな考えることは一緒でその期間のバイトはどこもいっぱいでしょうがなく駅から15分くらいの辺鄙なコンビニで採用が決まった。
    本心を言えば駅前で街灯も明るい人通りも多いところがよかったんだけど、今さら言っても始まらないこと。
    地方なもんで駅を過ぎると途端にあたりは暗くなって街灯すらなくなる、そんなコンビニは、地元の不良のたまり場だった。
    前に地元のローカルテレビの朝の情報番組でインタビューされたことがあって、他校の男子なんかが私を見に来るようになったり、地元じゃちょっとは有名になっていた。
    それだけならいいのだけど下校するときなどで待ち伏せされたりつけてきたりされて、、、女の子だし正直怖かった!
    大きな胸のリボンと腕章チェックのみニスカ!それでどこの高校かが解っちゃう!
    電車通学では満員電車で明らかにミニスカートの中に鞄を突っ込んでくる親父たちは絶対!盗撮カメラ忍ばせてるだろうっ?
    って解っちゃう!あからさまにスカートの中に入れてくる!後ろは築かないこともあるが前から入れてこられると一番恥ずかしい!
    何より、女の子の日はスカートを手で押さえてるから逆に感づかれて、必要に突っ込んでくる!
    ナプキンの羽がヒラヒラしてる、パンツを見られるのが一番辛かった。
    パンツ見られるだけなら究極!我慢するけど、身の危険すら感じていた。
    17歳の私は、男の人と付き合ったこともなくて、当然!処女でした。
    (ほかの方のように、ここまでにしときます、また時間が出来たら続きを書きます。)


271  スピーディー・池田 - 2015/05/11(Mon) 06:44 No.28752
    ネットでモーニング娘の高橋愛がレイプされたって
    盛んに書き込みあるけどホントなのかぁ?だじょ〜
    知りたいじょ〜動画が残ってるって?見てみたいじょ〜
    誰か見たことある人教えてほしいじょ〜
    愛ちゃんは結構巨乳だじょ〜明石家さんまとも枕営業してるらしいじょ〜羨ましいじょ〜だからあべこうじなんて3流芸人と結婚したのか?だじょ〜悔しいじょ〜


272  レモン&#9825;源氏名。 - 2015/04/19(Sun) 04:28 No.28589
    歌舞伎町の華!
    源氏名:レモン21歳163・48・80・57・83・23.5・
    友達の(紹介)彼氏の(借金)家庭の(崩壊)学校の(中退)
    マンションの(家賃)生きるための(生活費)
    いろんなことが有り過ぎてたどり着いたのが此処の店
    スカウトとかじゃない!友達が働いてたとこ
    紹介してもらった
    お酒嫌いじゃないし楽しいことも好きだけど
    そんな楽しいことばっかあるわけじゃないしノルマあるし
    同伴ノルマがしんどい!アフターはノルマないけど
    アフター付き合わないと同伴してもらえないから結局!
    いつでも都合の合う人ばっかりいないし携帯握りしめて
    コールしまくってる
    予定変更してきてくれるとやっぱ「気まずい」空気
    一つ借りを作っちゃったみたいで心が重い
    続けて同伴してもらった人だと完璧にアフター断りずらい。
    端的に言えば男はお金払って狙うのは女の子の「穴」だし
    女の子は自分の割れ目を最後の砦として絶対守り抜きたい訳で
    男と女の鬩ぎ合いけん制しあって時間になるまで焦らし作戦
    狐と狸の化かしあい!
    しかも、ここは歌舞伎町街が街だし地の暴力団の人たちも頻繁に来る此処のお店がそっち系の系列らしくて株式会社にしてて
    itヤクザらしい!そのヤァーさんで鮫島っていう人がいて
    何人もの連れをいつも連れてて私を指名してくれた
    「ヤバッ気に入られちゃったかもっ」
    そっち系の人ってどこからどこまでが仕事なのかがわからなくて毎日がぷータローみたいでどうしても同伴が捕まらない時に
    鮫島さんのほうから電話してきたりしてた
    よくよく、困ってたのでお願いしたりしてたら案の定アフター
    に誘われた同伴頼むときに「アフター付き合ってくれる?」
    って交換条件のように言われると絶対断れない
    店内ならお店に守られてるけど1歩外に出たら普通の女の子
    それに鮫島さんは必ず私の生足の内腿をさすりながらお酒を飲むの
    隙を見せれば中に手が入ってくる鮫島さんの手を掴んで
    ガードしたり立ち上がろうとしたときにミニドレスの上から
    マンコ触られたりおしりも胸も・・・
    それだけにアフターが怖かった
    連れてかれたとこは系列のスナックだという
    最初に出されて赤いカクテル「甘い!甘すぎる」それ飲んだら
    ボーとして来てフラフラにその時は真っ白のミニドレス
    ノースリーブにスカート部分はフレアになってて
    何度も股間を「むにゅ」てされたスカートの中に手が入って来て必死でガードした
    「トイレに行かせて」フラフラでトイレまでたどり着いて
    「絶対何か飲まされた」
    トイレから出たらお付きの人に引き戻された
    男たちに囲まれて鮫島さんの手がわきの間から胸触って来て
    もう抵抗する力がなくてパンティの中にて入れられて
    マン毛も割れ目も弄られてまぁ早い話ヤラレタのねぇ後ろから
    ズズズッって入って来て中に出されてお付きの人にも
    ヤラレタのよねぇ
    今お店を変えようと考えてるとこ
    妊娠とかホント考えられないしぃ〜


273  えりなちゃん - 2015/04/29(Wed) 15:04 No.28648
    私は高校1年生の時にレイプされました。
    当時、部活に入っており毎日頑張っていました。
    この日は、たまたま部活が休みで早く家に帰ることができました。
    ちょうど両親が旅行にいっており、いなかったのです。犯人がこれを狙ったのかはわかりませんが
    家に帰宅して、自分の部屋に入ろうとした瞬間、自分の部屋の扉が少し空いていました。
    不思議に思い見てみると、変な男が私の部屋で下着を物色していました。
    更に、私の下着をペニスに当てながら、電マを舐めていました。
    私がこの時、経験はなかたのですが、なぜ電マを持っているかというと、ヤリマンの仲のいい先輩がたくさん持っていて、冗談で私の誕生日プレゼントに未開封の使わなかった電マをくれたんです。しかし、1回使おうとしたのですが、オナニーの仕方もわからず、いきなりマ○コに指を入れて、痛かったのでやめました。

    ここで警察に連絡しようと携帯を出した瞬間、ストラップが壁に当たりその音で不審者に気づかれてしまいました。
    不審者が私の腕を掴み、ベッドに放り投げました。
    私は怖くて体が動かず、スカートがめくり上がったまま固まっていました。
    不審者が
    「いいパンツしてるね。今日は出会ってしまったから犯してあげるね。」
    といい私の制服のyシャツのボタンを引き裂き、胸をもんできました。
    「実は前から君が好きだったんだよ。電車でいつも君を見てたんだよ。○○高校
    のえりなちゃんだね」
    なぜか私の名前を知って言いました。
    私は「やめてください」と言うしかなかったです。
    「いつも電車で一緒だよ。スカート短くしてるから、たまに見えるパンチラで興奮したよ。3週間前にピンクのパンツ見た瞬間、えりなちゃんの下着を盗もうと決意したよ。」
    私は不審者にえりなちゃんと言われるのが嫌でした。更に、不審者は私のパンツの上に手を当て、クリを触ってきました。
    恐怖におびえながら
    「いや、やめて」
    「しかし、まさか君がこんなに早く帰ってくるとは。下着を盗んで盗撮カメラを仕掛けて帰る予定だったけど、出会ったから犯してあげるね。」
    私は「お願い、やめてください。」といいました。
    不審者が、パンツを横にずらしてマ○コを見てきました。
    「すごい。まさか、えりなちゃんのマ○コを見れるとは。普段は香水の匂いしてるけど、ここはたまらん匂いしているな。ペロペロ。」
    不審者が私のマンコを舐めてきました。私は恥ずかしさで
    「いやーーー、やめてーーー」
    言い、暴れました。ここで私は抵抗したのですが、ガムテープで縛られました。
    「すごい、ちっちゃいマ○コでビラビラがないきれいなマ○コだ」
    といい写真を撮られました。そして、指を入れられました。私は、
    「痛い。痛い。やめて。」
    初めてで、濡れてもなく、指を入れられ痛かったです。
    「指いれただけで痛いの?もしかして、処女? 電マ持ってるのに初めて?僕が初めてかー。女にしてあげるよ。」
    すぐに、処女だとばれました。
    私は「入れるのだけはやめてください。」言いましたが無視されました。
    「この電マは何かな。実は淫乱女だろ。」
    電マをパンツの中に突っ込みクリに当てられました。私は初めての電マに痛気持ちいいことを悔しながら思いました。
    「ほらほら、いつもこうやってオナニーしてるんだろ。」
    と言い、電マを当てながら、指をマ○コの中を出し入れしました。
    私は「痛い。やめてー。」連呼しました。
    男は電マを当てたまま、ズボンを下ろしペニスを口に持ってきて、
    「舐めろ。」臭いペニスをかがされて気持ち悪くなり、首を振ったのですが、
    「殺すぞ」といい、カッターナイフを突きつけられ、舐めました。
    「えりなちゃんが僕のペニスを舐めてる。下手だけど気持ちいい。」
    私は羞恥と臭さの気持ち悪さで、泣きじゃくりながらなめした。
    「泣いて犯すえりなちゃん、最高。」といいました。
    電マ攻めとフェラ攻めにあった後、
    「お、パンツにシミが付いている。犯されているのに感じているのか?やはり淫乱女だね。」
    とニヤニヤ言われ、
    「このシミ付きパンティーが欲しかったんだよ。」
    といい、パンツを脱がしカバンにパンツを入れました。私は、マ○コを隠しましたが
    「隠しても無駄だよ。今から処女貫通式を行うよ。」
    ペニスをマ○コに当ててきました。
    「お願いそれだけはやめて、他のことなら何でもしますから」
    しかし、ペニスをおもいっきり当ててきました。
    「あれ、入りにくいなー。やはり小さいマ○コだなー。」
    と言い私の体をガッチリと抑えました。
    「お願い、もう入らないからやめてー」不審者は
    「うるさい」といいおもいっきり突っ込みました。
    「ぎゃー。痛い痛い、死ぬ。やめて。抜いて抜いて。」
    先輩からは痛くても気持ちいいと聞いたのですが、死ぬほどの痛さしかなかったです。
    「やばい、こんなきついマ○コは初めてだ。すぐにいきそう。」
    と不審者はいい、上下運動を始めました。
    「痛い、お願いやめてー。」
    泣きながら言ったのですが、
    「はーはー、えりなちゃんのマ○コに僕のチ○ポが入ってる。めっちゃ血出てるねー。女になった証拠だね。」
    私は意識朦朧の中、痛さに耐えるために声を出さず泣きながら歯を食いしばっていました。
    「もういきそうだよ。えりなちゃん行くよ。」
    「やめて、中だけはやめて・・・お願い。」
    「理由をちゃんといったら考えてあげる。」
    「・・・妊娠するから」
    わたしは恥ずかしながらいったが、
    「じゃ、俺の子を産んで結婚しよう。そうすれば毎日犯せれる。」
    「いや、それだけは。中だけはやめてーーー。」
    不審者はピストンを早めて
    「あー、いく。う、う、う、」
    と不審者は中でいってしまったのです。
    「はーはー、女子高生処女最高、えりなちゃん最高。まさかえりなちゃんに生中出しできるとは」
    とニヤニヤいいました。私は泣きじゃくりました。
    これで終わると思いきや、服を全部脱がして
    不審者は血に濡れたマ○コをタオルで拭き、電マをクリに当ててきました。
    「えりなちゃんがいくとこみたいなー。」
    といい、長い時間電マを当てられて、
    「お願いやめてー、いやー、・・・いやーーーーーー」
    初めて私はいきました。
    悔しかったですが、何とも言えぬ快感を味わったのも事実です。
    「レイプでいっちゃうなんて、ほんと淫乱女だね。」
    と言われ、潮を噴くツボを激しく指でピストンしてきました。
    私は最初
    「トイレに行きたいから、トイレにいかして。」
    言ったら男は、
    「ダメだー。」
    「お願い、やめてー、いやーーーー。」
    私は初の潮吹きをしてしまったのです。
    「えりなちゃん、すごいねー。僕は回復したからもう一回犯すね。」
    もう一度ペニスを突っ込んできました。
    また痛くて、地獄が始まりました。
    私は抱き抱え上げられて、
    「お前が、上下ピストンをしろ。さもなくば、どうなるかわかってるだろ。」
    わたしは、激痛の中少しずつピストンしたのですが、遅すぎたのか
    男が下から自分でピストンしてきました。
    「痛い、痛い、お願いやめてー。」というと
    「いいねー、その表情。普通の体位にもどしてやるよ。」
    「あ、もう一回いきそう。えりなちゃんなら何回でも行きそう。」
    私は「やめてください。ほんとに・・・」
    といい、暴れた瞬間ペニスが外れて、精子が私の顔とベットに散らばりました。
    「おい、殺すぞ。バツとしてこれから中出しの刑だ。」
    私は顔についた精子が臭すぎて嫌でした。
    それから、電マで何回もやられ、中出しを何回もされました。
    気づくと夜中の3時です。帰ってきたのは16時です。11時間ぐらいがたってます。
    最後の方はなかなか男がいかず、ずっとピストンをされ大変でした。
    「あー、今日はありがとう。えりなちゃん。また犯しに来るね。わかってると思うけど今日の事喋ったら、この盗撮カメラに入ったレイプ動画ばらまくからね。」
    といい、私の制服と下着をカバンに入れて立ち去りました。
    私はいきすぎたので、ぐったりしてしまいした。時間がたって我に帰ると、
    ベッドは私の血で染まり、そこらへんに私が潮を吹いた形跡がありました。
    よろけなが立ってみると。マ○コに激痛が走り、マ○コからは精子が大量に出てきて悲しくなり泣きました。多分、妊娠の怖さがあったからです。
    シャワーをしようと風呂へ歩きに言ったのですが、マ○コから精子が出て、足をつたって流れていきました。
    実は運悪く妊娠しました。先輩に頼んでお金を借り、おろしました。


274  OL - 2015/05/08(Fri) 11:17 No.28731
    4年前の今頃の事です。
    私は見知らぬ男に強姦されました。
    夜22時を過ぎてから、その日のうちに済ませないといけなかった支払いがある事に気付き、翌日に先延ばし出来ないのでコンビニに行って支払って来る事にしたんです。

    私は田舎に住んでいて、一番近いコンビニでも小高い山の麓の雑木林の横を通らなくては行けませんでした。
    街灯も小道を入ったばかりの所にあるだけで、コンビニのある大通りに出るまで真っ暗なんです。

    さすがに怖かった。

    早く大通りに出てしまおうと足早に歩いていると突然後ろから駆け寄って来る足音と共に脇の雑木林がザザッと揺れました。

    小道は軽自動車がやっと通れる位の道幅です。
    逃げ場がありませんでした。
    というより身体が硬直して動けなかった。

    背後から抱きつかれて口を塞がれたと同時に私の身体は雑木林に引っ張り込まれていました。

    抵抗したら殺されるかもしれないと思うと、暴れる事も大声を出す事も出来なかった。

    男達は私を押し倒すと、上のサウナスーツを捲り上げました。

    なんとか逃げようと四つん這いになったところ、後ろからブラをずり下げられ胸を鷲掴みにされてしまいました。

    私に覆い被さる男と、手を封じ込める男に女1人で勝てるわけがない。
    抵抗しても無駄だと悟った私はせめて無感情でいようと決めました。

    私が全く身動きしなくなったのを見ると男は私を仰向けにし、胸を執拗に揉み始めました。
    「ねーちゃん乳デカイなあ」と耳元で囁かれたけど気持ち悪かった。

    不意に乳首を摘ままれました。
    私は乳首が弱く、意思とは裏腹に身体が跳ね上がってしまいました。
    それを見ると男は片乳首を舐めたり転がしたり吸ったりしながらもう片方を手のひらで転がしたりしてました。

    しばらくすると乳首に飽きたのか、とうとうズボンが下げられてしまいました。
    パンツの上から割れ目を撫でると、クリトリスをピンポイントで押されました。
    その時はさすがに「うっ」と声が漏れてしまったと思います。
    手を押さえてた男が後ろから抱き抱え、私を大股開きにさせました。
    背中には男の硬いモノが当たって気持ち悪いとしか思えません。

    私の股間を弄ってた男はパンツの上から匂いを嗅ぎとうとう脇の部分から指を入れられてしまいました。

    割れ目を触られた時、ヌルッとしたのが自分でも確かにわかりました。
    男達が小さく笑い、「すげぇw」と言ってるのが耳に入りました。

    私はその間、空に広がる星をじっと見ていました。

    男の指は小陰唇を伸ばしたり割れ目を掻き混ぜたりしてましたがクリトリスを触ると耳元で「すっげぇ硬くなってるよw勃起してんじゃん」と囁きました。

    硬くなってるクリトリスを指で捏ねたり爪で掻いたりされるうちに私は気持ち良くなって来てしまい、それが情けなくてとうとう私は泣いてしまいました。

    泣き始めた一瞬の隙に、パンツが足首まで脱がされ片足に宙ぶらりんになりました。

    男は私の腰を引き寄せるとあそこに指を入れ、クリトリスに口を付けました。

    なんで外で見知らぬ男達に大股開きにされこんな事をされてるんだろうとぼんやり思いました。

    男はゆっくり指を出し入れして来ました。
    私は膣はあまり感じないので人形になる事が出来る。
    そう思っていました。

    ところが男の指が膣のある場所を捉えた時、初めての感覚に思わず腰が跳ね上がり声が出ました。
    膣のお腹側のある部分を執拗に押したり擦ったりする男。
    なんだかトイレにいきたいような感覚が強烈になり私は思わず「やめて、やめてやめてっ!」と叫びました。
    それと同時に失禁したのか股間からお尻の辺りがびしょびしょになってしまいました。

    失禁なんて小学生以来の事で恥ずかしいやら悔しいやらでますます泣けて来ます。
    グッタリしながらしゃくりあげてる私の足元でカチャカチャという音がします。
    見なくても何が起こるのか想像出来ました。

    男は軽々と私をうつ伏せにすると腰を持ち上げました。

    そしておちんちんで私の割れ目を数往復しクリトリスを捏ねると入り口に押し当てました。
    私はどこか冷静に「犯されるんだな」と思っていました。

    ゆっくりと男は腰を進めて来ました。
    私の中は次第に男でいっぱいになりました。

    このまま早くイッて解放して欲しいとそればかり思っていました。

    だけど男は一向に動きません。
    入れるだけで満足なのかな?
    変な男だと思ったけど、子宮内膜症とチョコレート嚢腫という卵巣の病気で酷い性交痛がある私にはこんなありがたい事はないと思いました。

    だけど動かないのも男達の作戦だったんですね。

    ポリネシアンセックスという方法を知ったのは随分後の事。
    本当は愛する者同士の方法で、挿入後30分位身動きをしないでいると凄まじい快感を得られるんだそうです。

    私はまんまとそれに使われたんです。

    入れられてどれ位経った頃か、男が覆い被さり私に囁きました。
    「おまんこの中がヒクついて来たよ」
    そんな訳がないじゃんと思いました。

    でも男が胸を揉み始めた時、嫌でもそれを実感する事になりました。

    なんというか、全身の皮膚が敏感になって、触られた所全てに性感を感じるんです。

    それに気付く頃には自分でもハッキリ自覚できるほど男と結合してる部分がヒクヒクしていました。
    締め付けているのが自分で分かるし、止められないんです。
    後から後から愛液が溢れて来てる気がしたし、クリトリスもこれ以上はないって位勃起してるのが分かります。

    もう限界でした。

    私はもう堪らず、「お願い…」と男にお尻を擦り付けていました。

    冷ややかな声で「何?」と聞く男。
    凄く情けないと思ったけど、私は「動いて下さい」とお願いしてしまいました。

    男はゆっくり一番奥の部分におちんちんを擦り付け、そこを捏ねるように腰を回し始めました。

    ピストンより掻き回される方が好きな私はその動きに身を任せる他ありません。
    声なんて我慢出来なかった。

    もう一人の男は耳元でやらしい事を囁き、興奮しきった私は本当に凄い事を口にしてたと思います。

    自分でも勝手に動く腰の動きが止められず、徐々に高まって来たのを感じました。
    でも最後のプライドが私をイカせません。

    そうこうしてるうちに男が腰の使い方を変えて来ました。
    捏ねるような動きから、本格的なピストンに変わって来たんです。
    私はそれで射精が近い事を察しました。

    不思議な事に、いつもはピストンが苦痛なほどの性交痛なのに今日は痛みが全くありません。
    それどころか何となく違和感を感じ始めました。

    相変わらず突いてくる男ですがさっきまでとは違い浅い所を突いて来るのです。

    それはさっき失禁した時に触られてた辺りだと思います。
    そこを集中的に突かれたり擦り上げられたりしてるうちに「もう少し…もう少し…」という感覚が頭を支配し始めました。

    男に突かれてる部分が急激に存在を主張し始め重くだるい腰の感覚と熱く腫れ上がるような局部の感覚、そしてヒクつくクリトリスの感覚に私はとうとうプライドを捨てて大声をあげてしまいました。

    「あああああああ…っ!」そう叫びながらとうとう私はイカされてしまいました。
    膣でイッたのは初めての体験でしたが「イク!」なんて言う余裕はないんだな、叫ぶので精一杯なんだなと思いました。
    それまでクリトリスでしかイッた事のなかった私はその違いにも驚かされました。
    クリトリスは一度イッたら触られたくないけど膣でイクと快感がずっと続くんだなと。

    膣でイくとおまんこの中の熱さが退かないんです。
    だからすぐまた追い詰められてイカされ…男が射精するまでに4回位イキました。

    男は中に出しました。

    子宮内膜症の治療でピルを飲んでた事だけが幸いでした。
    男の股間と私の太股は私の異常なまでの愛液でびしょびしょでした。

    やっと解放される、と思って安心しているともう一人の男が今度は正常位で私を貫きました。

    私は中に出された精液が垂れてくると凄くエッチな気分になり興奮するんです。
    それも手伝って、またさっきの余韻からすぐに身体に火がつき、最後は失神するほどイカされました。
    最後の方は訳も分からず「おまんこ」やら「クリトリスいい」等と叫んでしまいました。

    気が付くと私は服を着せられ、周りには誰もいなくなっていました。

    携帯を見ると、家を出てから2時間半が経っていました。


275  専業主婦 - 2015/05/08(Fri) 11:03 No.28730
    わたしは、二十七歳の専業主婦です。
    主人は、三十六歳のサラリーマンで、半年前からEDなのです。
    主人は、どこで聞いてきたのかEDに効くからと言っていろんなことをわたしにさせます。

    まずは下着を主人と一緒に、アダルトショップに買いに出かけ店に入ると男の人達が、チラチラと見るのにはずかしくて店内を進んで

    いき下着コーナーにたどり着きエッチな下着を主人が選び購入しました。

    最近はレースの透けた下着なのでブラジャーは、乳首が立つとすぐに分かり、時々男性の視線を感じていて変な気分になります。

    パンティは、すべてスケスケで紐のTバックをはくように言われ下着の色は、赤・黒・紫・ピンクにするように言われてます。

    服もミニスカートで中には、かがむとすぐにパンティが見えるのもはくように言われていて上の服も胸元が広い服が多いいです。

    家の中では、ブラジャーをつけることは、禁止なので来客があったときは、乳首が立っていないかドキドキして出ます。

    この前は、下着を購入したアダルトショップに行きローターとバイブを購入して家で、主人の前でオナニーをさせられています。

    わたしは、ローターとバイブが気にってしまい主人のいない昼間にオナニーをしていますが、前は主人のことを思ってやっていました

    が、最近では、男の人が見る視線や他人にレイプされることを思いオナニーしています。

    先日の朝、主人が7:00に家を出て7:15にメールがきました。

    (机の上にパソコンを忘れた会議に必要なデーターがあるから会社まで持ってきてくれ今、出れば間に合うからお願い)の内容なので

    わたしは、机の上にあるパソコンが入っている鞄と財布だけ持って家を飛び出しました。

    駅に着き電車に乗ると、混んでいてわたしがOLやっていたときと変わらないんだなと思いつつ、昔、痴漢に遭ったことを思い出しまし

    た。

    そのときに、前に立っているおじさんが、わたしの胸元をやたらに見ているのに気付きました。

    わたしは、ノーブラのまま電車に乗ったことに気付き、前のおじさんは、わたしの胸を覗いているんだな思いました。

    わたしは、身長が低いので上から覗かれていると思うとはずかしいくなりましたが、なんか、違うわたしが、もっと見て触って

    と思うとわたしのアソコが熱くなりました。

    一つの駅を通過した時に、おしりに何かあったている感じで、もしかしたら痴漢かなーと思っていたらミニスカートの中に手が入って

    来ておしりを撫で回しTバックと分かるとパンティをづらして、わたしのアソコに指が入ってきました。

    後から「メチャメチャ濡れているよースケベだねーヒモパン記念にもらうよ」と言われ抵抗したくても手がふさがっていて痴漢の人にさ

    れるままパンティの紐をとかれ抜き取られました。

    前のおじさんにも痴漢されているのが気付かれたみたいで、シャツの中に手を入れられ胸を揉まれました。

    痴漢されているのに、気持ちがよく感じて何回もいかされて前と後ろから駅に着くまで痴漢されました。

    電車を降りるときに声をかけられましたが、主人がホームに待っていてくれたので男の人は、いなくなりました。

    主人にパソコンの鞄を渡し別れて、わたしは、すぐにトイレにいきアソコを拭いてオナニーがしたくなりましたが、がまんして帰りの

    電車に乗りました。

    帰りの電車は、空いていて座席にすわり痴漢に遭った事を思い出していたら隣のおじさんがしゃべりかけてきました。

    「奥さん、さつきの続きやろうかー この女ノーパンですよーと言われたくないよね」

    わたしは、びっくりして見るとさっき、ホームで声をかけてきたおじさんでした。

    わたしは、次の駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれていきなりフェラチオをさせられて何回も犯されました。

    フェラチオしている写真や正常位で犯されている写真取られ携帯番号・メールアドレスもチェックされてしまいました。

    おじさんは、「奥さん、また連絡するよーまた、たっぷりと犯してあげるよー」と言って部屋を出ていきました。

    時計を見ると14:00を回っていてわたしは、シャワーをあびてノーブラ・ノーパンで家に帰りました。

    主人には、痴漢に遭ってその後にレイプされたことは、内緒にしますが、あのおじさんからいつ、連絡がくるか心配です。

    でも、すごく気持ち良かったし また、痴漢されてレイプされたいと思っています。


276  あずさ - 2015/05/06(Wed) 09:47 No.28720
    2年ほど前の彼氏と昼の野外SEXした場所に
    久しぶりに行ってきました
    小高い山に貯水池があるところです
    高校生らしい子が3人池で釣りしてたのですが
    私は林の中で、昔を思い出してオナニー
    オナニーに夢中で、周りが見えてなかった
    服も下着も乱れた状態で呆然としてました
    何分?何十分?
    何かの声
    びっくり!!
    男の子3人が目の前に立っていて
    オチンチを出してる
    あ!だめ! 逃げようとしたら手を取られて
    3人に羽交い絞めにされ、口にオチンチが入ってきました
    クリもいじくられ、乳房を揉まれ
    やめて〜っと言う間もなく
    入れられてピストンされました
    3人が入れ替わり、入れてきて
    私は失神状態
    気がついたときは、薄暗くなってました
    ほとんど全裸状態
    歩くのがやっとの状態でした


277  伊藤聡ー - 2015/04/05(Sun) 13:16 No.28508
    興味深い話を真摯に聞きたいと思います。


278  ピースマン - 2015/04/29(Wed) 02:10 No.28640
    キャバ嬢で生活してます。
    夜の世界はいろんなことがありすぎてどれから書けばいいのかわからない順番に書こうと思ってるけど・・・!
    その前にキャバ嬢の女の子危険なことされた経験お・し・え・て!


279  窶独停禿ォ - 2015/05/04(Mon) 16:05 No.28701
    ナス窶樞堙坂認窶傳窶堙ヒテケ窶堙昶堙可行窶堋ォ窶凅窶堋ュ窶堙遺堙ィ窶彭ナステ披堙窶堙遺堋ュ窶堙遺堙ィ
    ヒテェツ人窶堙窶「テ窶堋「窶堙窶堙ゥ窶堙窶愿アツ人窶堙娯冕窶堙 窶堋オ窶堙や堋ア窶堋ュニ段ニ停愴恥窶堋ウ窶堙ェ
    窶堙や堋「窶堙窶堋「窶堋ュ窶堙ナステ披堙可湘ヲ窶堙ィ窶之窶堙鯛堙可行窶堋ア窶堋、窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ
    窶堋サ窶堙固スq窶傳窶堙娯ーテ窶堙俄堙や堙ェ窶堙窶堋ゥ窶堙ェ窶督ウ窶板昶禿ョ窶板 窶「ナセ窶堙ー窶僞窶堋ェ窶堋ウ窶堙ェ
    窶堋サ窶堙固津」 窶愿アツ人窶堙嫁テ溪ケテッ窶堙俄堋ウ窶堙ェ窶吮窶堋セ窶堋オ窶堙窶堋ウ窶堙ェナステ環真窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェニ池ニ断ニ棚窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェ
    窶堋ア窶堙姑探ニ辰ニ暖窶堙娯愬ツ稿窶ーテヲ窶佛突テェ窶披披堙可催壺堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。


280  みお25歳 - 2015/05/05(Tue) 11:07 No.28705
    私はパパとエッチをしてます。
    下着はパパ好みに してます。
    パパと下着を買いにいってます。
    洋服もです。
    こんな私どう思いますか。


281  りこぱん - 2015/05/05(Tue) 12:27 No.28707
    無理やり中だしされたらどんなかんじなんだろう。
    やっぱ気持ち悪いのかな


282  秘密 - 2015/04/30(Thu) 15:00 No.28659
    元同級生に犯されました。中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・
    それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。
    大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。
    ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。
    それこそしょっちゅうこ〜ゆ〜事はありました。
    その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。
    慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。
    何か息苦しくなって目を覚ましました。
    するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。
    びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。
    「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。
    「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが・・・
    「大きな声出したらBが起きるぜ。」 なんて言われて。
    それでもいいと思って大きな声で 「やめてっ!!」 と叫びました。
    するとBが起きてしまって・・・助かったと思ったんです。


    そしたら 「何やってんだよ、お前ら。俺も混ぜろよ。」 だって・・・
    「やめてやめてっ!」 って叫んだんだけど・・・
    Aの家は大きな家で周りには聞こえない。彼の両親も留守。
    結局・・・叫んでも無駄でした。
    Bが私の頭の上で両手を押さえつけてAがスカートを脱がせました。
    Bは足で私の手を押さえ込んでブラジャーをとり、乳房を揉みだしました。
    Aはパンティーも剥ぎ取り力任せに足を開き、アソコに顔を埋めてきました。
    クリトリスをクチュクチュ吸いたてます。
    指を膣に入れて出し入れし、クリトリスを執拗に吸い上げてきました。
    Bは片手で乳首を摘み転がし、舌で乳首を弄んでいます。
    私は泣きながら感じ始めていました。
    「まり・・・すごく濡れてきたぜ。」 なんて言いながらクリトリスを・・・
    いいもんあるからと、Aが持ってきたのはバイブでした。
    バイブを膣に挿し込み、クリトリスを吸いたてます。
    声だけは出さない、って思ってたのに・・・


    バイブのスイッチを入れられた瞬間に声が出てしまいました。
    「3人で朝まで気持ちよくなろうぜ。」 なんて言いながらバイブを動かして。
    乳首をかわるがわる舐められ吸われバイブを入れられながら・・・
    ひたすらクリトリスを吸われて・・・いってしまいました。
    2人は大喜びして 「これで無理矢理じゃないよな!」 だって。
    そしてAがおちんちんを入れてきました。大きくて苦しかった・・・
    「俺も大人になっただろ?」 腰を動かしながら。
    Aは激しく腰を突き上げいろいろな角度で突き上げできます。
    こんなSEXは初めてでした。
    入り口でしばらく出し入れしてると思ったらいきなり奥までズドンって感じで。
    脳天まで突き上げられる感じでした。
    Bはその間、自分のものを擦りながらビールを飲んでいました。
    Aは私をうつ伏せにし、バックから攻めてきました。
    私のお腹の下にクッションを入れてお尻を高く持ち上げて一気に入れてきました。
    ゆっくりゆっくり出したり入れたりしてきます。


    奥のほうに入れてグリグリ壁に押し付けて来ました。
    もう身体中が熱くなってきて意識が遠くなりそうでした。
    しばらくバックで突きまくられそのまま後ろに倒されました。
    私の身体は仰向けにされAの上に乗せられて・・・
    でも後ろからAのおちんちんを入れられたまんま。
    もうBからは何もかもが丸見えです。
    するとBが擦り寄って来て私の足を抑えひろげでクリトリスを舐め始めました。
    ものすごい快感でした。
    後ろからAの大きなおちんちんで突き上げられながら・・・
    Bにクリトリスを舐められ吸われ・・・
    Aに後ろから両方の乳首を摘まれ揉まれ・・・
    私はすごい声を出していってしまいました。
    その時失神してしまったみたいです。


    気がついたら2人がニヤニヤしてビールを飲んでました。
    「お前、すごい声出すな。」「小便もらしたみたいに濡れてんぞ。」 なんて。
    恥ずかしくなって 「もう帰して。」 って言ったら・・・
    Aが「俺、まだいってないぜ。」
    Bは「俺なんかまだ入れてもないからダメだろ。」 って。
    そしてまたAが正上位で入れてきました。
    「もう嫌、やめてよ。」 って言ったんだけど・・・
    また2人で押さえつけて今度はガンガン突きまくってきました。
    「じゃ、俺もそろそろいくから、中でな!」 ・・・とAが言いました。
    「お願い!中だけはやめて!!お願いだからっ!!」
    「じゃぁ、これからも俺たちの言う事聞くなら中で出さないよ。」 って。
    「何でも聞くから中だけは出さないでっ!」
    「わかった。」 って言ったのに・・・
    「あ〜!ダメだ!間に合わね〜っ!」
    って言って私の膣の奥の奥に射精しました。
    もうすごいショックでワーワー泣いてしまいました。


    「お前、中で出すなよ。」 Bが言ってくれましたがもう遅かった。
    「やばかったかな。」 なんて言いながらAが・・・
    ティッシュで私の膣を拭いていました。
    「すっげー出たなぁ・・・」 なんて言いながら。
    終わった・・・と思った時 「じゃぁ、俺ね」 ってBが言いながら・・・
    「もう嫌っ!」って言ったんだけど「Aにはやらせて俺は嫌ってか?」
    そう言いながら私をベッドに突き飛ばしました。
    「おい、A、押さえろよ」 って言われてAが私の両手を押さえました。
    Bは私のおっぱいの間におちんちんを挟んでこすり始めました。
    両手でおっぱいを掴み、自分のおちんちんをグリグリこすり付けました。
    「お〜、すげえ気持ちいいじゃん。」なんて言いながら。
    「俺もやればよかったかな。後でも〜1回やるか。」Aが言います。
    Bは私の両足を自分の肩にかけ、おちんちんをズルっと入れてきました。
    Aほど太くないけど長いおちんちんでした。
    すぐに一番奥まで達して壁をグリグリ突きます。
    そしてものすごい勢いで突き上げてきました。


    Bは私の上半身を抱き上げ、座位にさせました。
    私の体重でおちんちんは奥の方に届き感じるところを擦ります。
    Bは乳首を吸いながら腰を上に上に突き上げてきます。
    後ろからAがアヌスをいじって来ました。Bの腰の動きに合わせてアヌスに指を入れたり出したり・・・
    私の腰もいつか動き始めて膣と乳首とアヌスを攻めれらながらいったんです。
    そんままBが寝転び女性上位にさせられ・・・
    いったばかりなのに休ませてももらえないまままた下から突き上げられました。
    Bは私の腰を両手で掴みガンガンと腰を入れてきます。
    Aは乳首を吸いながらアヌスをいじってます。
    自分がどこにいるのかわからなくなるほど感じました。
    Bは下からすごい勢いで突き上げながら「出すぞ」と言いました。
    その言葉で一瞬腰をひくと「1回も2回も一緒だって。」・・・と。
    もうどうでもいいって感じで動きに任せていました。
    Bの動きは益々激しくなり「出るぞ!出るぞっ!!」と言いながら・・・
    私の腰を掴み引き寄せ奥の方に出しました。
    私もその時同時にいってしまったんです。


    その後もAとBに何回も何回も犯され中で出され・・・
    次の日の朝まで7時間もかけて・・・
    身体中がドロドロでした。
    私も何回もいってしまい途中で失神して記憶がさだかじゃありません。
    それから2週間ですが何回か彼らからTELがありましたが・・・
    1度も会っていません。今日、生理がきました。
    よかった・・・
    でももう、彼らとは友達には戻れません。とても悲しい事です。


283  麻耶 - 2015/05/03(Sun) 23:56 No.28694
    私は友達と飲みに行き遅くなり電車もなくなり
    一人で歩いてると二人の男に しつこくナンパされ
    ついていくと車に乗り遊びに行こうと言われ
    その子達の家につれてかれ無理矢理 服を脱がされ
    その後 二人に玩具にされ中だしもされ写真も撮られビデオも撮られ
    このサイトの投稿画像一覧に載せられました。


284  OL - 2015/05/03(Sun) 21:58 No.28692
    これは、私が25歳の頃のことです。
    私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに、小学生中学年ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。すると、そのうちの一人が私の方に近づいて来て
    「お姉ちゃん、ちょっと来てよ」
    と言われたので、公園の中に入ると子供達が私の方を見てニヤニヤしていました。そして一人が
    「こっちこっち」と言って、トイレの裏に誘ってきました。私はどうもおかしいと思いましたが、とりあえずついて行きました。
    トイレの裏に行くと、子供たちが突然私に抱きついてきました。私はびっくりして言葉が出ませんでしたが、子供たちは激しく私に抱きついてきます。私は「ちょっとやめてよ!」と叫びましたが、その言葉に興奮したのか、子供たちは私の制服のスカートをめくり、脚をペロペロと舐めてきました。私は抵抗したのですが、複数の子供に囲まれているので、押さえられてしまいました。そして子供の一人が
    「お姉ちゃんの脚、色白でキレイだね・・・いい匂いもする・・・」と言って私の脚を舐め回したり、触ったりしてきました。さらに別の子供が、股間を私の脚に激しく擦りつけてきました。私は、「もう抵抗しても勝てない」と思い、抵抗をやめました。さらに別の子供は、脚に直接チンコを擦り付けてきました。その子は激しく擦り付けた後、私の脚に向かって射精しました。そして
    「おねえちゃんの綺麗な脚汚しちゃった・・・」と言ってニヤニヤしていました。続いてもうひとりの子供も射精しました。小学生中学年とは思えないぐらいの精液の量で、私の脚は精液まみれになってしまいました。
    すると今度は、さっきまでただ見ていただけだった子が、急に私に襲い掛かりました。どうやらその子がリーダー格のようで、力も一番強く、私は更に恐怖を覚えました。その子は私に
    「お姉ちゃんの可愛い顔、汚してあげる」などと言い、キスをしてきました。その後は顔を舐め回され、口の中まで舐められました。
    その後、その子は私の顔にズボン越しにチンコを激しく擦り付けました。すると別の子供数人も私の顔を舐め始め、
    「お姉ちゃん、なんでこんなに可愛いの? もう止まらないよ」
    と言い、数人のうちの一人が、私の顔に顔射しました。また物凄い量で、目の前が見えなくなるほど精液をかけられました。
    その後も次々に顔射され、私はもう何が何だか分からなくなってきました。最後にはあのリーダー格の子供が私に顔射をしました。
    さすがにリーダーだけあって出る量もダントツでした。その子はまだ興奮が収まらないらしく、今度は口の中に射精されました。たった今射精したばかりだというのに、口の中には大量の精液が入っていきました。そしてその子は
    「こんな可愛い子をこれだけで逃がすわけにいかない」といい、別の子供たちに私を押さえつけるように命令しました。
    私は複数の子供に押さえつけられ、リーダー格の子が今度は私の制服を脱がしました。私は裸になり、子供たちは私の体を舐めまくり、胸を揉んだり、アソコを舐められたりしました。さすがに小学校中学年なのでセックスのことは知らなかったのか、挿入はされずに済みました。しかし、私の体は子供たちに全身を舐め回されました。しかもリーダーの子が、私の尻に3回も射精しました。
    更に、パンティーを奪われ、「お姉ちゃんのパンツだ・・・ハアハア」などと言い、皆で私のパンティーの匂いを嗅いだり、アソコの部分を舐めたりしていました。最後には皆で射精し、私のパンティーは精液まみれになりました。しかも、そのパンティーを無理やり穿かされました。リーダーの子は「お姉ちゃんは僕たちの女の子だ!」と言い放ち、皆で逃げて行きました。
    公園に取り残された私は、ヨロヨロしながら家に向かって歩きました。
    家に着いたあと気づきました。知らないうちに、制服のスカートにも大量に射精されていました。それはもう、真っ白に近いくらいの精液の量でした・・・。これが、私の本当に怖かった出来事です・・・。


285  ゆみ - 2015/05/03(Sun) 16:36 No.28681
    友達にレイプされました。
    プリクラで私だけ裸にさせられました。 
    裸のプリクラを作業所の人達に見せると脅されました。
    友達は顔も私好みだけど女王様気質で私にいっぱい命令してきます。
    友達に無理矢理レイプされたいです。


286  恭子 - 2015/04/27(Mon) 09:55 No.28625
    39歳の私  夫は51歳
    子供も大きくなり、ふと家で一人の時に、想像しちゃいます
    複数の男性に 口にもあそこにも入れられて、体中いじくられて
    ガンガン突き上げられる
    無茶苦茶にされてみたいわ


287  秘密 - 2015/04/27(Mon) 17:33 No.28628
    昨日、押し入れの片付けをしていたら鍵のついた箱が出て来ました。

    それは大学生の時に犯された時のビデオです。

    当日、私は大学の寮、一階の角部屋に住んでいました。

    お盆で寮生が帰省する中、私はバイトが休めなかった事もあり、一人で寮に残りました。

    寮母さんも夜には自宅に帰るので、少し心細くもありましたが数日だけですし、

    まさか自分があんな目にあうとは思いませんでした。

    一人になって三日目、バイトで疲れて帰って来た私はシャワーを浴びると直ぐに眠気に襲われました。
    いつもなら朝までぐっすりなのですが、何だか体が痛くて目を覚ましました。

    そこにはプロレスラーがかぶるようなマスクをした全裸の男が!

    「ふごごごー!」 悲鳴を上げたつもりが変な声しか出ません。

    「なんで?」と思いましたが、すぐに舌の感覚?で口にピンポン球に穴があいたようなモノを入れられているのが判りました。

    体が痛い理由も判りました。

    パイプベットに両手を繋がれ、両足は片方づつの膝をロープで縛り、

    ロープの先は頭上のパイプに縛りつけてM字に開く感じにされていました。

    男は一瞬、ビクッとなりましたが、構わず私の胸を揉み、乳首を舐めました。

    私は「うーうー」唸って嫌がりましたが、よだれが出るだけでした。

    その時、もう一人の男の存在に気付きました。

    その男も同じようにマスクに全裸。違ったのはビデオカメラを持ってる事でした。

    わかりやすく、最初の男をA、カメラ男をBとします。

    BはAに愛撫される私をアングルを変えながら撮影していました。

    レイプされ、撮影されてる事に物凄い恐怖を感じました。

    涙が出て震えましたが、構わずAは股間に顔を埋めて舌先でクリを舐めたり吸ったりしはじめました。

    処女ではありませんでしたが、アソコを舐められるのは初めてだったので驚きました。

    初めての快感に、今度は別の意味で体が震えました。 いきそうになった時、Aは舐めるのを止めました。

    「もう少しなのに…」と思っていると、Aが私の中に入ってこようとしました。

    「あっ!入っちゃう!」と目を閉じたのですが、中には入れずに先っぽでクリを撫でたり、少し入れて浅く出し入れするだけです。

    「なんで入れないの?」と思いましたが、その感じが気持ちいいやらもどかしいやら…。

    「我慢出来ない!」って思った時、ズボッと一気に奥まで突かれました。

    「あぐぅー!」と変な叫び声を上げて私はいってしまいました。

    Aのモノは少し太めで長く、ズンズンと奥まで突かれると少し痛いんですが、気持ちよくて何度もいきました。

    やがてAも「うぅ…」と唸ると、中に出しました。

    Aがいくと今度はカメラマンを交代して、Bが私に近付きました。

    Bは耳元で「気持ち良かったでしょ?いっちゃったねぇ?…今からもっと気持ち良くしてあげるよ」と囁きました。

    Bは細長い卵形の先にクリップのついたモノを出し、私の両乳首を挟みました。

    それからアソコにバイブを突っ込み、スイッチを入れました。

    卵形がブルブル震えて乳首が刺激され、股間のバイブはグリグリ回転します。

    「んーー!」と叫ぶ私を見てBは笑ってるようでした。

    腰をガクガクさせていった後、バイブを抜くとBが入ってきました。

    乳首にはまだクリップがされたままです。クリにローターをあてがわれ、狂ったようにいく私をBは笑いながら犯しました。

    Bが乳首のクリップを引っ張って外した瞬間「うっ!しまる!」と言ってBはいきました。

    抵抗する気力をなくし、いきまくってグッタリした私を二人は朝まで犯しました。

    フェラをさせられ、口に出されたり顔にかけられ、変態なBに浣腸されてお尻まで犯されました。

    最後にAに前、Bにお尻を同時に入れられた時には「気持ち良くて死んじゃうー!」と叫んでいました。

    後日、私宛てに宛名がない荷物が届きました。開けてみるとビデオでした。

    ビデオには「静香レイプ記念ビデオ」と書かれていました。

    暫くは妊娠とビデオで脅迫されるのでは?と心配しましたが、何事もなく、大学を卒業して結婚しました。

    押し入れから見付かったのはそのビデオです。

    一度だけ見てオナニーしてしまいましたが、旦那と付き合い始めた時、捨てる訳にもいかず隠していました。

    旦那が寝てから久しぶりに見たのですが、こんなに凄い体験をしたなんて…。

    レイプは二度とされたくないですが、ビデオはしっかり鍵をして大事にしまいました。


288  ふみの - 2015/04/28(Tue) 16:07 No.28636
    大学生の時、色んなサークルのコンパに行ってました。
    お酒が入ると結構はっちゃけちゃう方なので
    後から友達か聞いて、恥ずかしい思いをすることはたびたびありましたし、
    (暑い!と言って、すぐ脱ぐ・キャミだけになる・
    男の人の膝の上に乗って、頬にキスしたり・いやらしく腰をくねらせたり振ったり疑似○○○みたいなことする)

    だんだん慣れてくると
    トイレでHしちゃったこともあったし
    合意の上で気の合った人とホテルに行くこともありました。

    その日もインカレの合コンで、いつものように気の合った人とホテルに入りました。

    私が先にシャワーを浴びて出ると、なんと、男の人が5人になってて・・・
    「…え?なに!?」とそれしか言えなくて
    ベッドに押し倒されると、4人から押さえつけられて
    一番最初に合コンの相手が乗っかってきました。

    「お前、いつも誰かとヤってんだろ?
    いっぺんにヤった方が効率いいだろ?」と言われました。

    ゃダっ・・・そんな声も空しく、男たちは次から次へと私を凌辱していきました。

    嫌なはずなのに、私のアソコは、気持ちとは逆に反応してゆきました。

    「コイツ・・やっぱすげえなア、、メチャクチャ濡れてんじゃん。。大洪水ww〜」

    5人からいろいろ触られたり、イれられたりで、
    気持ち良くなってしまったんです・・

    「おい、これ使ってみようぜ?」
    ヴイーーーンと音がして見て見たら電マでした。。

    それをアソコにあてがわれて。。
    初めての経験で、もう、頭真っ白になるくらい気持ち良くて
    「ひゃ…ぁ、、アッアッア・・・アア〜〜〜〜・・・」
    とよがりながらイク寸前に
    ピューーー〜〜っと何かがあそこから吹き出てきました。

    「うっわ・・コイツ、潮吹いてら〜」
    「すっげえなあ・・」
    男たちは感心したような声を上げると、また次から次へ
    私の中に入ってきました。

    電マやバイブを使われて、私は何度もイって
    もう意識朦朧として・・・

    何時間たったのか、気付いて目を開けたら
    あちこちに服やティッシュが散乱し、
    男たちは全裸で倒れるように眠ってるし
    ホテルの部屋がすごいことになってました。

    シーツに少し血が付いていて、私のアソコを触ってみたら
    少し出血してました。
    (擦り切れたのかもしれません)

    この場を早く出ていきたかったけど、足腰が思うように立たず
    そのうち、男の1人が起き出してしまって
    「まだ帰んなよ?」と私をどこからか出て来た紐で縛りつけました。

    次々と男たちが目を覚まして
    また、セックスが始まりました。

    私はもう傷もついてるし、痛くて
    涙ながらに「もう・・・やめて・・お願い。。」
    と頼みましたが
    「じゃあ、口でやってよ」と言われて5人×2回フェラして
    ようやく解放されました。

    歩いて帰れなかったので、家の近くまで送ってもらいましたが
    その日以降、呼び出されてセックスに応じることになってしまいました。


289  秘密 - 2015/04/28(Tue) 18:45 No.28637
    女がレイプを行う場合もデートレイプのケースが多い。また、加害者が教師などの立場にある場合には、そういった地位も利用可能である。また、行為の対象が小学生などである場合には、性的同意年齢の問題が浮上する。ただ、酒や武器などに頼ることも少なくない。
     また、少年の場合レイプとの関連も考えられている。Petrovich and Templer (1984) の83人の男性のレイプ犯に対する調査報告によると、彼らの59%がかつて16歳より前に5歳以上年上の女から性的行為を受けたことがあるという。実際、17歳の時にアメリカの女兵士に襲われたことがあるという横山○ックなど、性犯罪を行う被害男性の例は少なからず存在する。 


290  主婦 - 2015/03/10(Tue) 11:14 No.28303
    私27歳 、夫28歳
    私はコンパニオンをしています。
    以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。
    色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。
    結婚して直ぐに家を購入し月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎでした。

    コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。
    最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。
    普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパンツの中にも手を入れる人もいます。
    私は、職場の中でも年配クラスになるので、リーダーになる事が多く、若い人を監視します。
    場合によっては、行き過ぎのお客さんに中断してもらう様に説得します。

    最近あった、旦那にも言えない状況があったのです。
    その日のお客さんは、若い人達で(20歳前後)仲間内の飲み会風でした。
    その中には、チンピラ風の方も数人いて、ちょっと怖い感じもしました。
    私達3人とお客さん7人での宴会が始りました。
    お客さん達は、初めは楽しい感じで盛り上がり、ちょっと安心していました。
    私はその中でも、一番上に見える落ち着いた方の隣でお酌していました。
    若い子達も、それぞれ話が盛り上がって居た様です。
    一次会も終了し、二次会を部屋で行なうことになり、私達も誘われ一緒に部屋へ移動しました。
    悪夢はそこから始まったのです。

    部屋に入るなり、さあ始めようか!!!また、飲み始めて数分若い子がターゲットになっていました。
    彼女はかなり酔っていて、話も呂律が回っていませんでした。
    そんな彼女に3人の男が群がり、征服を脱がせ、下着姿になっていました。
    私は、注意しようとした時、一緒にいた男性から”いいじゃない”って急に口付けされました。
    私達は、そんな事する仕事じゃないですよ!って言うなり、男達が群がって無理やり私はお酒を飲まされました。
    日本酒の一気飲みで、私も酔ってしまい、注意何処ろでは無くなっていました。
    ぼんやり若い子を見ると、もう全裸にされ、若者3人に回されていました。
    もう1人も、もう男2人にキスされ、服は乱れ切っていました。
    そんな時、私と一緒にいた男性が、こっちもそろそろ、盛り上がろうかといい、私も服を脱がされていました。
    もう、私に抵抗する力はありません。
    すっかり全裸にされると、何度も挿入されたのです。
    しかも、男達は入れ替わり私達に挿入し、私ももう何人に入れられたか分からない位です。
    2時間が過ぎた頃、若者2人はダウン。
    私は、テーブルに四つん這いに縛られていました。
    怖い感じの男2人が、私のマンコにさっきまで食べていたソーセージを挿入し始め、1本・2本と入れ始めたのです。
    もう一人は、アナルにピーナッツを入れ、何個入る?って笑っているのです。
    散々遊ばれ、写真を取られ、気づけば3時間は経過したでしょうか?男達は私達に服を着せ、お金を私に渡すと、廊下に追い出されました。
    なんとか、若い2人を連れて私達は帰りました。
    私は、直ぐに腹痛でトイレでピーナッツを排出したのでした。

    翌日、若者2人は会社を辞めました。
    私も辞めたかったのですが、ローンを考えると辞められません。
    旦那には、今回の出来事は言ってません。


291  珠緒 - 2015/04/23(Thu) 16:20 No.28615
    21歳の大学3年生です。
    大学1年の夏、忘れられない事件に遭遇しました。

    大学のサークル帰りの金曜日、痴漢に遭遇したのです。

    終電だったので、途中で降りるわけにもいかず、また生来気の弱い性格の私は、何かを言い返す度胸も勇気もなかったので、されるがままになっていました。
     
     
    スカートはたくしあげられ、その日は運悪く紐パンだったので、それは奪われてしまい、Tシャツの上からはFカップの胸を乱暴に揉まれました。その時、私は痴漢が複数いることに気がつきました。
    私の周りは痴漢たちに取り囲まれていたのです。
    マ○コは指を出し入れされたり、かき回されたりしました。
    何本もの手が私の体を這いまわって気持ちが悪く、これが2時間(私の自宅の最寄り駅までの時間)も続くかと思うと、地獄のように感じられたのです。

    しかし、本当の地獄はここからでした。
    私は進行方向右側の扉から入って押し込まれましたので、左側の扉に近い位置にいました。
    自分の降りる駅はまだだったのですが、駅が近くなるにつれて、痴漢たちの手が引っ込み、パンティは戻ってきませんでしたが、スカートも元に戻されました。

    彼らが降りるのだ、と私はほっとしたのですが、それもつかの間。

    駅に着くと両手首をつかまれ、何と電車を下ろされてしまったのです。
    何が起こったのか分かりませんでした。
    しかし、無情にも電車は遠ざかっていってしまいます。
    私は真っ白になりましたが、痴漢たちはそんなことはお構いなしで、私を何処かへと引きずっていきました。

    辿り着いた先は車の中でした。運転席に1人、後部座席には3人の男が乗っていました。
    冷静に考えると、彼らは迷うことなくまっすぐに車へと向かっていました。
    これは初めから計画されていたことだったのです。
    しかし、全く面識はありません。恐らく誰でも良かったのだと思います。

    ここで私は初めて抵抗しましたが、時既に遅く、3人に抑えつけられてまず、M字開脚姿を写真に撮られました。しかも、その前までの痴漢行為で若干濡れて居るマ○コに指を2本入れられた状態での撮影。屈辱的でした。
    その格好のまま、発進した車内で暫く弄くり回されましたが、声だけは出すまいと口をつぐんでいました。
    そして車がついた場所はどこかのホテル。服装を整えられて、私は引きずられるように部屋へと連れて行かれました。

    部屋のドアが閉まると、ベッドの転がされ乱暴にTシャツとスカートを捲りあげられました。全裸にしないのが、どうやら彼らの好みのようでした。4人をそれぞれA、B、C、D、とします(が、途中からは誰が誰なのか分かりません)。
    車を運転していたのがAで、彼は私のマ○コをいきなり舐めはじめました。Bは右、Cは左の胸を弄り、Dはビデオカメラのスイッチを入れています。
    ジタバタと抵抗しても無意味なのは百も承知でしたが、やはり拒絶せずにはいられないのです。
    でも、暫くすると私の体は火照ってきました。
    マ○コはびしょびしょに濡れ、胸を同時に吸われると、嬌声を上げました。
    すると、突然男たちは触れるのをやめました。
    何事かと思いましたが、私の体の火照りはもう止みません。

    A「何欲しそうな顔してんだよ」
    B「嫌なんだろ?」
    C「でも、欲しいって言うなら、あげてもいいんだぜ?」
    D「どうしてほしい?」

    結局私はほしいと言わざるをえませんでした。しかし、それだけでは彼らは私の欲するものをくれなったのです。淫語を言わせるのが、彼らの趣味でした。そして私は彼らの命じるままに叫びました。

    『えりの淫乱マ○コにオチ●ポくださいっ!!』

    そこからは散々でした。
    望み通りにしてやるから、なめろと言われてフェラチオを四人分した後、パイズリをさせられ、精液を飲んだり顔射させられました。
    そして、電マやローターで体中を責められたっぷりと喘がされた後、Aが挿入して来たのですが......。

    『痛いっいたいっ!やめてぇっ!!』

    A「こいつ処女だっ!」

    そこで初めて彼らは私が処女であることを知ったのです。そうすると、カメラを持ったDは

    D「淫乱えりちゃんは実は処女でした&#12316;♪これから処女喪失場面をしっかり録画したいと思いま&#12316;す」

    と言って私に近寄ってきました。
    BとCが私のマ○コを念入りにほぐします。指が六本入ったところで、Aが挿入して来ました。
    痛みはありませんでしたが、ぐいぐいと奥まで挿入するので圧迫感が強かったです。
    そして奥に到達すると、Aがガンガンと腰を振って来るので、私はもうわけがわかりませんでした。
    喘いで自分で腰を振って、気持ちいいなどと口走りもしました。
    中にもたっぷり出され、全員にかわるがわる犯されてしまいました。
    解放されたのは土曜日の夕方。
    金曜日に帰れなくなった日は大抵そのくらいの時間まで帰らないので、親には心配もされていませんでした。

    妊娠しなかったのは奇跡としか言いようがありません。

    その男たちには写真とビデオをネタに脅されて、今もなお言いなりです。


292  OL - 2015/04/24(Fri) 10:37 No.28617
    1年ほど前の暑かった夏の日、私は職場の人との飲み会の帰りに犯されました。その日は送別会で職場を辞めるパートの人をみんなで送って、それから線路沿いの道を家まで向かっていました。ちょっと飲みすぎちゃって頭が痛かったので途中途中で立ち止まって休みながら帰ってました。あとちょっとで家というところで目の前にまぶしいライトがあてられて、すごいスピードでワゴン車が走ってきて私の横で止まりました。
    そこからあとは断片的にしか覚えていませんが、ワゴン車の中に引きずり込まれて、いきなりおなかを殴られて、なんども「ころすよ」「ころすよ」と耳元でささやかれました。私は怖くてなんの抵抗もできないまま、馬乗りになっていた人が私の首を締めながら鼻の中まで舌を入れてきました。そうしているうちにドンっという激しい痛みと下腹部の重たい感触があり、私は気を失ってしまいました。
    気がつくと、家から少し離れたところにある自然公園の東屋で寝ていました。パンティがなくなっていましたがバッグも服もお財布や定期もちゃんとあったので、私はこのことはだれにも言わずにいようと心に決めました。家に帰ってバッグから本や荷物を取り出していたら、使用済みのコンドームが2つ出てきて、あわててティッシュペーパーでくるんでビニール袋で何重にも縛って捨てました。でも、「あ、中には出されなかったんだ」と安心したのを覚えています。
    あれから1年。昨夜、彼氏がうちに泊まりにきました。いっしょにおそうめんを食べたあとテレビを見たりゲームをしたりして楽しい時間を過ごしていたのですが、彼が「そろそろ寝よっか」と言って、私に覆いかぶさってきました。いつもの彼のパターンなので私はそれを受け止めて、キスをして、彼のシャツを脱がせながら、横たわったのですが、昨夜は急に彼が私の首を両手でしめてきて、
    無理やり私の鼻のなかに舌を入れてきたのです。
    私はとっさに彼のことを突き飛ばしてしまったのですが、彼はものすごい力で私の上に馬乗りになってまた首を絞めてきて、私のパンティを強引に脱がせて、とても固くなった彼のものを無理やり私の中に挿入してきました。「なんでこんなことするの?やめて」。私は泣いていたと思います。でも彼は自分の欲望が果てるまでやめてくれませんでした。
    せっかく忘れていたのに。私は必死に忘れていた無かったことにしていた1年前のあの夜の出来事を思い出してしまいました。彼は早朝からバイトに行ってしまいましたが、もう彼とは別れようと思っています。
    やはり、苦しいことというのは消えてはくれないのだと分かりました。
    一生私を苦しめ続けるのでしょう。


293  私は@レイプされました。 - 2015/04/22(Wed) 13:37 No.28612
    そのときの私は女子大の1年生で、バージンでした。

    キスもまだしたことない、ちょっとおくてなぐらいの女の子でした。

    その私が夏休みに始めてアルバイトし て、4つ年上の工学部の4年生の男性と知り合いました。

    まだ別に彼になったとかじゃなく、友達の一人として。




    9月になって、彼から自分の大学の学園祭が近 くあるから1度遊びにおいでと電話がありました。

    ちょっと見せたいものもあるから、学園祭前に1度、研究室で会う約束をしました。

    ある日の朝10時ごろ、 約束どおり、待ち合わせてそこへいくと、学園祭が近いと聞かされていたのに、校舎には余り人がいないようでした。

    ちょっと不審がった私の背中を押してある 部屋に押し込み、ガチャンと中から鍵を下ろしました。

    そこには10人くらいの男がいて、私を見るなりみなニヤニヤしました。

    年恰好から、たぶん、同じ学生 だったと思います。

    一緒に来た彼がいきなり私を羽交い絞めにして持ち上げ、小柄な私の足は簡単に宙に浮き、左右の足を別の男に捕まれました。

    よく、レイプ というと、殴る、ける、散々暴力を振るわれて、何の抵抗の甲斐なく犯された、とよく聞きますが、私の場合、平均よりかなり小柄なせいか、暴力はぜんぜん必 要ありませんでした。

    いくら自分は必死にもがいても、男の力にはぜんぜん勝てませんでした。

    日本手ぬぐいみたいなもので猿轡をかまされて、あっという間に 全部脱がされ、机の上に仰向けに押さえつけられ、足を大きく開かされました。

    一緒に来た彼が足の間に立ち、下半身を露出しました。

    はじめてみたそれはあま りに大きくて、赤黒くテラテラ光っていて、自分の中にそれが入るなんて絶対無理だと思ったし、恐怖で私は凍りつきました。

    でも彼は平気な顔で私のあそこを 指で開いて、それを押し当て、力いっぱい押し込みました。

    体が左右にメリメリ裂かれるような猛烈な痛みで、それから何の抵抗もできなくなりました。

    記憶も 1部、定かではありません。終わってみると全員に何度となく輪姦され、あそこは少々の自分の血と男たちの大量の精液とでベトベトになりました。

    両方の乳首 の周りもたぶん男たちの唾液でベトベト、体も頭もしびれたみたいでした。

    どうやって帰ったのかなんて覚えていません。

    朝10時から夕方6時ごろまで、犯さ れ続けていました。

    でもこれで終わりではありませんでした。1週間ぐらいたって、偶然、学校帰りの電車で彼に会ってしまったのです。

    「面白いものを見せた いから」といって、また会う約束をさせられました。

    大柄な彼の迫力でうなづかされてしまった感じでした。

    その日、外の喫茶店で会ったのに結局、彼の一人暮 らしの部屋まで行く羽目になりました。

    1ルームの学生向けのマンションで、まず目に付いたのはかなり大型画面のテレビでした。

    その前のソファに座らされ、 彼がビデオのスイッチを入れると、大型画面に映し出された画面に、私は耳まで赤くなり、うろたえました。

    そこに映っていたのは、私でした。全裸で足を広 げ、次々と男を受け入れている姿が映っていました。

    しかも、そこに映っている私は、激しく腰を振っていました。

    よがっていました。

    一人の男がうなり声を上 げ、精液まみれのあそこに別の誰かがまたすぐに挑みかかる、そのときに少しもずり上がろうとしたりしていないのです。

    「すっごいだろ?これ。輪姦されてよ がってるなんて」

    「でも・・・あたし、覚えてないもの。・・・こんなの、あたしじゃないって言えばいい」

    「でも、体は正直にできてるもんさ。ちょっと聞い てみようか」

    そこへちょうど、チャイムが鳴りました。彼がドアを開けると、4人くらいの男が入ってきました。

    「ちょうど、話してたスケベ女が来てるよ。覚 えがないなんていうから、体に聞くしかないだろ?どうだ、この面子で?」

    「いいねえ」

    「やるか。さあ、全部脱いで」

    男たちはさっさと服を脱ぎ捨てると、私 を捕まえました。

    あっという間にまた腕と足を一人ずつに押さえられ、薄い下着の上から股間を撫で回されました。

    シャツをはだけられ、ブラジャーをずらされ て乳首を吸われて。

    「また犯される・・・」頭によみがえってくる恐怖。苦痛。だけど。

    次の瞬間、私を襲ったのは、信じられない快感でした。

    下着の中に、あ そこに、指を2本入れられたのです。

    乳首も吸われて、背中が反り返りました。

    「え・・・?」自分でも何がなんだかわかりませんでした。

    気持ちいいのです。 もっとしてほしいのです。

    また、全員に、かわるがわる何度も犯されました。

    あそこを精液でベトベトにされました。

    ただし、今度ははっきり快感を自覚しなが ら。

    はじめから終わりまで。

    終わった後、今度はその中の一人とその友達5人と一緒にやることになりました。

    それからしばらくは、そういう風に、輪姦され続 けていました。

    週に1回か2回ぐらいずつ、だいたい4人か5人ずつ。

    結局、何人とそれとも何十人とHしたことになるんでしょう。

    何十回、それとも何百回、 Hしたんでしょう。


294  人妻 - 2015/04/21(Tue) 11:22 No.28607
    私は、25歳の人妻です。
    共働きで、医療事務をしています。
    2ヶ月前ぐらいから通勤中に、痴漢に遭っています。
    初めころは、1人からスカートの上からお尻を触られるぐらいで、たまに、痴漢に遭っていたのであまり気に

    していませんでした。

    今回の痴漢は、今までとは違って毎日の様に通勤中のバスと電車の中で触ってきました。
    1人だった痴漢も段階と増えて今では、4人か5人ぐらいに囲まれて痴漢に遭っています。
    痴漢もエスカレートしていて、複数の手で、ブラやパンティをずらされて胸とオマンコを直接触られて

    主人がEDなので、半年近くエッチをしてなく痴漢されるといやな気持ちから快感に変わってきている私がいます。

    バスと電車の中で行きも帰りも痴漢されるのが、気持ち良くなり感じています。

    家に帰ると、主人の目を盗んで、痴漢された事を思い出してオナニーをしています。

    複数の男の人に痴漢されて、もっと痴漢されたくて服も痴漢されやすい服を着る様になりました。
    ストッキングは、はかなくなって、スカートもミニスカートを着てパンティは、Tバックをはく様になりました。

    露出が高い服なので、痴漢する男の人達は、私の体をいやらしい手つきで、痴漢してきます。

    先日、主人がパチンコで勝って居酒屋に行って、酔っ払って友達に送ってもらい帰って来ました。

    主人の友達は、見覚えがある感じで、田中さんと佐竹さんと名乗りました。

    2人の友達に、主人を2階の寝室に運んでもらいました。

    私は、部屋着でいましたが、寝る前なのでノーブラで少し長めTシャツを着ていました。

    Tシャツは、白色で結構薄い生地なので乳首も透けて見えて、2階に案内するときに、下から来た2人にパンティを

    覗かれているのが分かります。

    特に今日は、赤色のスケスケレース地のTバッグなので、覗かれてると思うと、恥ずかしい気持ちと、もっと見て

    欲しい気持ちが、重なってオマンコが熱くなって乳首が立ってTシャツから突起しているのが分かります。

    主人を寝かせて、下に行き2人にお茶を出しました。

    2人の視線を感じて私のオマンコは、熱く濡れているのが分かります。

    そのとき、田中さんからびっくりすることを言われました。

    田中さん「奥さん、エッチ格好で誘ってるの」

    私「いえ、誘ってなんか・・・寝る前なので・・・」

    田中さん「通勤中に痴漢されてる奥さんもエロいけど、今日の奥さんもエロい」

    私は、なぜ知っているのか思いおそろおそろ聞いてみました。

    私「痴漢されていませんけど、なんでそんな事を言うのですか」

    佐竹さん「奥さん、最近痴漢されているでしょう。 あれ、俺らが痴漢しているんだぜー」

    田中さん「痴漢されたくて服装も薄着で生足でTバッグ着て痴漢してくださいと言ってるじゃねーかー」

    私「・・・違います。」

    佐竹さん「よく言うーぜ。 マンコをビチョビチョに濡らして俺らのチンポを手コキしてくれたじゃねーかー」

    田中さん「奥さんの感じてる顔がたまんねなかったよ。 今も乳首立てて、もうマンコも濡れているでしょう」

    私「濡れてなんかありません。」

    田中さん「なら、旦那にこの写真を見せてやろーか?」

    田中さんがスマートホンを出して、私がブラウスのボタンを外されてブラをずらされて胸を揉まれている写真と

    おちんちんを触っている写真を見せてきました。

    私「困ります。・・・主人には、・・・お願いします。 見せないでください。」

    田中さん「そうですか、奥さんがそう言うなら見せないですよ。 その代わり今から痴漢プレーをしましょう」

    私「・・・主人に内緒にしていただけるなら・・・」

    私は、本当は2人の男達に痴漢されたくなっていて、主人が起きて来ないか心配でした。

    田中さんと佐竹さんは、そんなこと構い無しに、普段より大胆に痴漢してきました。

    でも、痴漢っていうより襲われている感じで、Tシャツとパンティは、すぐに脱がされて、胸を舐められたり

    揉まれたり、オマンコは舌と指で犯されています。

    田中さん「奥さん気持ちいいか そろそろ俺のチンポをしゃぶってくれよー」

    私「はぃ〜うぅ〜ハァ〜ジュパ〜ジュパ〜あはぁ〜ふ〜ハァ〜」

    佐竹さん「俺のチンポも咥えてくれよー」

    私は、佐竹さんのおちんちんも舐めてました。

    田中さんは、オマンコにおちんちんを入れてきました。

    気持ちよくて何度も何度も犯され逝かされました。

    今は、田中さんと佐竹さんの玩具になっています。


295  里菜 - 2015/04/19(Sun) 11:35 No.28591
    高校受験の時、個人塾の先生にレイプされました。
    みんなが帰った後の自習室とか、授業のない日とか教室とかで。
    セックスしたら志望校の先生と知り合いだから入れてあげるって。
    塾の日は毎回セックスさせられて、親にも言えなかった。
    親は熱心な先生だねってどんどん信頼してくし、言ったら志望校落とされるって思って言えなかった。
    写真も動画も撮られて、誰かにいったらお前んちの近所にばらまくって言われて今もいってない。
    高校生には興味ないらしくもう用済みだって言われてそれから会ってない。
    志望校には受かったけど、勉強してたし実力かコネかは卒業した今でもわかりません。


296  ゆみ - 2015/04/20(Mon) 01:18 No.28596
    21歳学生です。
    長文になります。ごめんなさい。
    単発派遣のバイトで知り合った男の方がいました。
    そのバイト中からずっと私にちょっかいだしてきたりしていて、
    そのあと何日もLINEで『かわいい』や『好き』などと口説かれました。
    そして2人でランチを食べに行こうと誘われました。
    私はよくその人のこともわからないし、恋愛感情は皆無でしたが、
    まぁランチぐらいならいいかと思い行くことに。
    当日、彼おすすめのお店でごはんを食べて
    この後どうしようか?ということになり
    『どこでもいいですよ。』と適当に答えると
    『どっか行きたくない場所はある?』
    と、謎な質問をされました。
    とりあえず
    『いかがわしいところは嫌です』と言うと
    『寒いし漫喫みたいなとこいく?』
    と言われました。
    その日は雪もふっていてたしかに寒くて一刻もどこか室内に入りたかったので、私はokの返事をしました。
    『レンタルルームってとこなんだけど』
    と言われましたが、私はその時レンタルルームという言葉を初めて聞き、その意味を知りませんでした。
    私自身ずっと女子校で、彼氏はいたことはありましたが、
    エッチもキスしたことがありませんでした。本当に性的なことに
    無知だったんです。
    そのせいでレンタルルームがどういうとこかわからず
    のこのこと彼について行ってしまいました。
    そして部屋に入り、薄暗い部屋の中にベッドが一つあるのをみて
    やっとここがそういうところだとわかりました。
    出なきゃと思いましたが、あっちがすぐに手を出してこようとはしてない手前、出る理由が見つからず、
    もしかしたらただここで本当に休む為に来ただけかもしれない。
    という甘え考えのもと、できるだけ彼から離れたベッドの端っこの方に腰をかけました。
    3分ほど他愛もない話をしていると
    『そっちに行ってもいい?』
    と言われ
    『えっ』
    と、返事もしないうちにすぐ隣に来ました。
    肩や腰をさすられ、なんかやばいムードをつくってこようとしてるな
    と思い
    『やめてください』とはっきり言いました。
    しかし全く言葉が通じず
    『ほっぺにチューしていい?』
    という突然の言葉に驚き
    『え!?』と、否定の返事もする間もなく
    チュウッと派手なリップ音を鳴らしてほっぺにキスをされました。
    その後あごを掴まれ唇にキスされそうになりましたが
    どうにか顔をそむけ
    『やめてください!いやです!』と必死に抵抗しました。
    そんなやりとりを3回ぐらいはした気がします。
    その間に服の間に手を入れられお腹や胸を直接触られ
    『やめて!嫌!』と抵抗し、
    『一回離れてお話しましょうよ、、』
    『こんなこと、付き合ってもない人にされるなんて嫌です。』
    と何度も説得しようとしました。
    そんなことをしてる隙に顔を掴まれ無理矢理キスされました。
    ファーストキスでした。
    抉るようなキスで、巧みに口を開けさせられ
    舌を入れられ絡ませられました。
    唇が離され
    『やめてください!!!』
    と言うと
    『わかった。じゃぁ休も?一回寝っ転がろ?』
    と言われ
    『そうしたら何もしませんか?』
    『うん。なにもしないよ。』
    『絶対何もしないでくださいよ?』
    という会話も虚しく、警戒しながら寝っ転がった瞬間
    抱きしめられ、力づくで組み敷かれました。
    そして再び舌を口に入れられ、
    服を脱がせられました。
    気付いたことにはブラジャーも取られ、
    いつの間に!?という具合でした。
    必死に手をクロスさせ、胸をかくして
    抵抗しましたが、力で手を退かされ、
    胸を揉まれ乳首をきつく吸われました。
    『フゥゥンッ』
    と高い声が自然に出たことに驚いたことを覚えています。
    もうさすがにこれ以上は嫌でしたし、なにしろ
    『今日私生理!!』でした。
    ノンフィクションですし、さすがに生理だったら
    諦めるでしょと思いましたが
    『そんなの関係ないよ』
    というまさかの言葉で跳ね返されました。
    『いや関係ありますよ!』と言いましたが
    そのあとはすぐにスカートとタイツ、パンツを一気にぬがされ、
    アソコを直接指でさすられました。
    『濡れてるよ』と耳元で言われ
    『言わないでください!』と反抗すると
    すごいスピードで指を動かされ、息があがってしまいました。
    『ここ、気持ちいいでしょ?』と言われましたが
    首を横に振り私は頑なに認めませんでした。
    すると『脱いでいい?』という言葉に私が『嫌』と
    言うも、彼は自分の身にまとっていたものを全て脱ぎました。
    もちろん男性のあの部分は初めて見ました。
    その為見ないようにしようと顔をそむけていると
    『これ触って』と言われ、無理矢理私の手を自分の
    そこにあてがい、つかまされました。
    初めて触ったその部分は熱くて硬くて、
    意外とツルツルしてるなーと何故か冷静に思いました。笑
    『動かして』と言われましたが、微動だにしてやりませんでした。
    そんな間にも何回も濃厚なキスをされ、唇は彼の唾液まみれに。
    するとすでに彼は自分のそこを私のところにあてがっていました。
    そこで私は起き上がって
    『やめてください!』と言いたいところですが
    もうここまできてしまったらもうそれは無理かと
    私も半ば諦めが入っていて
    『ちゃんと、(コンドーム)してますか?!』
    と言いました。せめて生はやめてという微々たる抵抗でした。
    『生理だったら平気でしょ』
    と言われましたが、先週大学の健康診断の時にもらった
    パンフレットに『生理の日でも妊娠する可能性は0ではないです』
    という文章があったのを思い出し必死で
    『そんなのわからないじゃないですか!!!!』
    と声を張って言いました。
    それにはさすがの彼も驚いたようで
    『さ、財布にあったかなぁ〜...』と、
    一旦ベッドから降りてコンドームを探しにいきました。
    それから目当てのものを見つけ、私に渡され
    『&#9898;&#65038;&#9898;&#65038;ちゃんがつけるんだよ?』
    と言われました。
    絶対嫌と思いました。
    でもとりあえず袋を開けようと思いましたが
    また私のソコを指でさすられたせいで
    全く袋が開けられず(あまり開ける気もなかったけど)
    『あかない...』
    と言ったら大人しく自分で開けて自分ではめてくれました。
    そして恐怖の瞬間。
    ゆっくりと挿入されました。
    『痛い痛い痛い!』
    と叫びました。
    『最初だけ痛いよ。最初だけだから。』
    しかし一向に痛みがひきません。
    なのにどんどんと速く腰を動かされ
    痛さも大きくなっていきました。
    そんなことも知らず
    『どう?気持ちいいよね?』
    と声をかけてくる彼。

    しばらくすると『うぅっ、、、』という声と共に
    動きが止まり、私の上に抱きしめるようにのしかかってきました。
    『いっぱい出た、、、』

    結局1人であっちはイッて、私はただ痛いだけで
    終わりました。
    今でこそ冷静になって過去のことをかけますが
    その直後は《私の初めてを好きでもない人にとられた》という
    ショックでパニックになっていました。
    しかも終わった直後
    『どう?よかったでしょ?意外と普通でしょ?』
    と軽々しく言われ、苛立ちの境地に。
    家に帰って冷静になって、
    LINEで『今日のことは酷すぎます。全然人の気持ちなんか考えてくれないんですね』
    というかんじの内容を送りましたが
    全く反省の色が見られなかった為
    こっちも長々と怒りのLINEを送ったら
    電話でちゃんと謝罪してもらえました。
    もう信用してないですけどね。

    でももし、あの時私が全く抵抗してなかったら、
    どんなことされてたんだろう
    とたまに考えちゃいます。

    長文失礼しました。


297  由香里 - 2015/04/20(Mon) 10:28 No.28600
    昨日の昼中に、夫の弟に犯されました

    今年の3月に1年半付き合って結婚
    まだ新婚1ヶ月の27歳です

    実は弟とは同級生で高校2年と3年付き合ってて、初体験の人なのです
    エッチも始め、ぎこちなく、ビデオ見ながら
    ビデオと同じようにエッチしてた仲

    でも弟は大学、私は短大と別になり、それっきりでした

    それから夫と知り合ったのは25歳のとき
    仕事関係で知り合い、付き合い始めました

    夫の実家に行くこともありましたが、弟とは会うことも無く
    結婚式のときに、弟と会い、びっくり!

    まさか 名前が同じだったけど
    思いもしませんでした

    4月に弟が転勤になり、私たちが住み街に来たらしく
    時折、遊びに来てました

    でも夫には内緒  弟と付き合ってたことは言えなかった

    昨日、夫はゴルフでいなくて
    弟が尋ねてきたのです。
    変な雰囲気になった感じなので、夫がいないので
    帰ってとお願いしましたが
    強引に昔付き合ってたように、犯されてしまいました
    どうしましょう?


298  匿名 - 2015/04/18(Sat) 10:31 No.28586
    私の弟が小学校の時虐められてたらしいのですが、放課後学童(対象は小4までなんです)を卒業した小5から、様子がおかしくなり、
    心配した父がボールペン型のビデオカメラを買って、筆箱に入れて弟に持たせたのですが、全然意味がなくて、使わないまま仕舞われることに。
    何度か私の部屋のタンスの引き出しの中を触られた気がしてたのですが、弟に聞いても知らないというだけで、荒らされた訳でもなく気のせいかな?と思ってたのですが。。。
    弟が中1になって、最初の中間テスト前、また私のタンスが触られてた気がしたのですが、それが夏休みには毎日のように触られてるようで、気になってどうしようもなくて。
    私が高2になった秋頃、PCに少し詳しくなってたので、昔のボールペン型のビデオカメラを苦労して探し出して、私の部屋のぬいぐるみの陰に仕掛けちゃいました。
    動きがある時だけ写せたので、次の日から毎朝仕掛けて私だけいる時に家のPCで見たのですが、画面に出てきたのは、弟の唯一の友人が私の部屋に入ってきて、
    週刊誌のヌードとか見ながら、私の部活のウインドブレーカーを着て、ポケットに手を入れたと思ったら、なんとオナニー開始!
    感じて仕方なく、弟の友人のオナニー見ながら、私もオナニーしちゃいました!そして、それを見たり、思い出したりしてオナニーするのが日課になっちゃって。。。
    私が高3の夏休み、塾から帰ると、仕掛けておいたカメラがない!え〜って戸惑ってみてもどうしようもない!そこに私のオナニーも写ってるかも。。。
    次の朝、部屋で落ち込んでいると、部活に出かける前の弟と入れ替わりに、部活をさぼったらしい弟の友人が定時制高校に通う兄を連れてきて、
    お前のねーちゃんに、宿題教えてもらうからと言って家に上がりこみ、私の部屋に入ってきました。手に持っていたのは、私の部屋にあったはずのカメラ。
    俺の弟でそんなに感じれるなら、もっと感じさせてやろーじゃねーか。それとも、これをネットにばら撒かれたいか。と脅されて、弟(そいつの弟)にカメラで写させながら、フェラチオさせられました。
    そして、裸にさせられ、そいつも裸になり、ベッドに押し倒され激しく胸を揉まれたり、上半身を舐めまわしたり、私の口に舌を入れたりして、そいつに身をまかせるしかないような
    変なうっとり感を感じた頃、あそこを触りながら指を入れてきて、痛さで声を上げたものの、静かにしろと怒鳴られしばらく指を動かしてきました。
    そして、フェラチオさせられた後、おちんちんを入れて、ディープキスしたり、胸を揉みながら腰を動かしてきて、だんだん激しくなった時、信じられない快感に襲われたと思った途端、
    そいつが顔をしかめて、気持ちよさそうな叫び声を上げたと思ったら、あそこの中が生温かくなりました。どうしたら良いか頭が真っ白になりました。
    そして、掃除しろと言われ、おちんちんを舐めさせられ、その後、そいつの弟にもフェラチオさせられた後、生で出され、しかも全部そのカメラで写されていました。
    私の太ももやベッドの一部は垂れてきた精液でべたべたな中、放心状態でいると、私に錠剤を見せてきました。アフターピルって知ってるか?今日の事を黙ってればくれてやってもいいぞ。
    妊娠なんかしたら大変な事になると思いうなずくと、弟の友人が兄に命じられ、キッチンから水を1杯持ってきて、私は渡された錠剤を飲みました。
    これで終わったと思ったら、そいつが誰かに電話したと思ったら、これ(錠剤)をくれた奴がお礼が欲しいとさ。しばらくすると玄関のドアが開き、もう1人やってきました。
    そいつは私の紙をなでながら、何千円もする薬を無駄にする訳ねーだろ。体で払ってもらうぞ。って言われ、またベッドに押し倒され、フェラチオから始まって、あそこに生で出され、口でのお掃除までさせられました。
    それから、アフターピルが高いことと、コンドームじゃ全然気持ちよくないということで、月1回その2人との関係が続いていますが、私はもう大学生で、今付き合ってる彼にバレないか、不安でなりません。


299  由紀子 - 2013/04/09(Tue) 02:09 No.22427
    30歳の子持ちのパート主婦です。私 会社の倉庫内で社長の70歳に、犯されて抵抗しましたけど力が、散々身体を持て遊ばれてな70歳の社長にセックスをされてしまったのです。


300  K/M - 2015/04/17(Fri) 10:48 No.28576
    前の夫が残した借金の返済の為に、当時付き合っていた彼氏の側で真珠入りのアレでレイプされました。


301  元同級生 - 2015/04/17(Fri) 12:14 No.28577
    中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・
    それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。
    大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。
    ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。
    それこそしょっちゅうこ&#12316;ゆ&#12316;事はありました。

    その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。

    慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。

    何か息苦しくなって目を覚ましました。

    するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。

    びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。

    「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。

    「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが・・・

    「大きな声出したらBが起きるぜ。」 なんて言われて。

    それでもいいと思って大きな声で 「やめてっ!!」 と叫びました。

    するとBが起きてしまって・・・助かったと思ったんです。



    そしたら 「何やってんだよ、お前ら。俺も混ぜろよ。」 だって・・・

    「やめてやめてっ!」 って叫んだんだけど・・・

    Aの家は大きな家で周りには聞こえない。彼の両親も留守。

    結局・・・叫んでも無駄でした。

    Bが私の頭の上で両手を押さえつけてAがスカートを脱がせました。

    Bは足で私の手を押さえ込んでブラジャーをとり、乳房を揉みだしました。

    Aはパンティーも剥ぎ取り力任せに足を開き、アソコに顔を埋めてきました。

    クリトリスをクチュクチュ吸いたてます。

    指を膣に入れて出し入れし、クリトリスを執拗に吸い上げてきました。

    Bは片手で乳首を摘み転がし、舌で乳首を弄んでいます。

    私は泣きながら感じ始めていました。

    「まり・・・すごく濡れてきたぜ。」 なんて言いながらクリトリスを・・・

    いいもんあるからと、Aが持ってきたのはバイブでした。

    バイブを膣に挿し込み、クリトリスを吸いたてます。

    声だけは出さない、って思ってたのに・・・



    バイブのスイッチを入れられた瞬間に声が出てしまいました。

    「3人で朝まで気持ちよくなろうぜ。」 なんて言いながらバイブを動かして。

    乳首をかわるがわる舐められ吸われバイブを入れられながら・・・

    ひたすらクリトリスを吸われて・・・いってしまいました。

    2人は大喜びして 「これで無理矢理じゃないよな!」 だって。

    そしてAがおちんちんを入れてきました。大きくて苦しかった・・・

    「俺も大人になっただろ?」 腰を動かしながら。

    Aは激しく腰を突き上げいろいろな角度で突き上げできます。

    こんなSEXは初めてでした。

    入り口でしばらく出し入れしてると思ったらいきなり奥までズドンって感じで。

    脳天まで突き上げられる感じでした。

    Bはその間、自分のものを擦りながらビールを飲んでいました。

    Aは私をうつ伏せにし、バックから攻めてきました。

    私のお腹の下にクッションを入れてお尻を高く持ち上げて一気に入れてきました。

    ゆっくりゆっくり出したり入れたりしてきます。



    奥のほうに入れてグリグリ壁に押し付けて来ました。

    もう身体中が熱くなってきて意識が遠くなりそうでした。

    しばらくバックで突きまくられそのまま後ろに倒されました。

    私の身体は仰向けにされAの上に乗せられて・・・

    でも後ろからAのおちんちんを入れられたまんま。

    もうBからは何もかもが丸見えです。

    するとBが擦り寄って来て私の足を抑えひろげでクリトリスを舐め始めました。

    ものすごい快感でした。

    後ろからAの大きなおちんちんで突き上げられながら・・・

    Bにクリトリスを舐められ吸われ・・・

    Aに後ろから両方の乳首を摘まれ揉まれ・・・

    私はすごい声を出していってしまいました。

    その時失神してしまったみたいです。



    気がついたら2人がニヤニヤしてビールを飲んでました。

    「お前、すごい声出すな。」「小便もらしたみたいに濡れてんぞ。」 なんて。

    恥ずかしくなって 「もう帰して。」 って言ったら・・・

    Aが「俺、まだいってないぜ。」

    Bは「俺なんかまだ入れてもないからダメだろ。」 って。

    そしてまたAが正上位で入れてきました。

    「もう嫌、やめてよ。」 って言ったんだけど・・・

    また2人で押さえつけて今度はガンガン突きまくってきました。

    「じゃ、俺もそろそろいくから、中でな!」 ・・・とAが言いました。

    「お願い!中だけはやめて!!お願いだからっ!!」

    「じゃぁ、これからも俺たちの言う事聞くなら中で出さないよ。」 って。

    「何でも聞くから中だけは出さないでっ!」

    「わかった。」 って言ったのに・・・

    「あ&#12316;!ダメだ!間に合わね&#12316;っ!」

    って言って私の膣の奥の奥に射精しました。

    もうすごいショックでワーワー泣いてしまいました。



    「お前、中で出すなよ。」 Bが言ってくれましたがもう遅かった。

    「やばかったかな。」 なんて言いながらAが・・・

    ティッシュで私の膣を拭いていました。

    「すっげー出たなぁ・・・」 なんて言いながら。

    終わった・・・と思った時 「じゃぁ、俺ね」 ってBが言いながら・・・

    「もう嫌っ!」って言ったんだけど「Aにはやらせて俺は嫌ってか?」

    そう言いながら私をベッドに突き飛ばしました。

    「おい、A、押さえろよ」 って言われてAが私の両手を押さえました。

    Bは私のおっぱいの間におちんちんを挟んでこすり始めました。

    両手でおっぱいを掴み、自分のおちんちんをグリグリこすり付けました。

    「お&#12316;、すげえ気持ちいいじゃん。」なんて言いながら。

    「俺もやればよかったかな。後でも&#12316;1回やるか。」Aが言います。

    Bは私の両足を自分の肩にかけ、おちんちんをズルっと入れてきました。

    Aほど太くないけど長いおちんちんでした。

    すぐに一番奥まで達して壁をグリグリ突きます。

    そしてものすごい勢いで突き上げてきました。



    Bは私の上半身を抱き上げ、座位にさせました。

    私の体重でおちんちんは奥の方に届き感じるところを擦ります。

    Bは乳首を吸いながら腰を上に上に突き上げてきます。

    後ろからAがアヌスをいじって来ました。Bの腰の動きに合わせてアヌスに指を入れたり出したり・・・

    私の腰もいつか動き始めて膣と乳首とアヌスを攻めれらながらいったんです。

    そんままBが寝転び女性上位にさせられ・・・

    いったばかりなのに休ませてももらえないまままた下から突き上げられました。

    Bは私の腰を両手で掴みガンガンと腰を入れてきます。

    Aは乳首を吸いながらアヌスをいじってます。

    自分がどこにいるのかわからなくなるほど感じました。

    Bは下からすごい勢いで突き上げながら「出すぞ」と言いました。

    その言葉で一瞬腰をひくと「1回も2回も一緒だって。」・・・と。

    もうどうでもいいって感じで動きに任せていました。

    Bの動きは益々激しくなり「出るぞ!出るぞっ!!」と言いながら・・・

    私の腰を掴み引き寄せ奥の方に出しました。

    私もその時同時にいってしまったんです。



    その後もAとBに何回も何回も犯され中で出され・・・

    次の日の朝まで7時間もかけて・・・

    身体中がドロドロでした。

    私も何回もいってしまい途中で失神して記憶がさだかじゃありません。

    それから2週間ですが何回か彼らからTELがありましたが・・・

    1度も会っていません。今日、生理がきました。

    よかった・・・

    でももう、彼らとは友達には戻れません。とても悲しい事です。


302  コック - 2015/04/10(Fri) 09:15 No.28533
    里沙毎日犯しまくってたので壊れてきました。
    最初の頃の抵抗はすごくレイピストとして楽しかったのですが
    最近は射精する寸前までマグロになりました、俺の射精が近くなったのが分かると首を振って嫌だ〜中は嫌だ〜と言って抵抗します、俺は里沙の舌を吸いながら膣内に射精するのが好きです。中に出した後の里沙は絶望的な顔して涙流すので最高です。そういうてと里沙を拉致ってからまだ生理は来てないので早くも孕んだかもです。
    里沙は小柄なのでアソコはきつめです。胸はデカイのでパイズリでも使ってます。


303  深森瑠奈 - 2015/03/25(Wed) 21:07 No.28419
    ジャズシンガーって言うとすぐにやらせてくれるって勘違いする親父が多すぎる!
    真梨邑ケイさんや秋本奈緒美さんを見てればみんなジャズシンガーの女の子はオマンコやらせてくれるもんだと思われちゃうの!
    あれは迄、私が23歳の頃、プールバーが流行ってた時代!
    ジャズを5曲ぐらい歌って、チップも頂いていい雰囲気になったころに、いかにもって言う感じの小指がない叔父さんが
    ビリヤードを教えてくれるって言うんで笑ってごまかしてたんだけど入口付近には御付きのお兄さんが立ってて
    「このままじゃぁ帰れないしどうしようっ?」
    そしたら、その親父私の腰からお尻に掛けて「グイッ」っと引き寄せてきて、私は黒のノースリーブでX字で首の後ろを金具で留めてあるだけのドレス腰までスリットが入ってて中はパンティだけ上はノーブラだから首の後ろの金具を外されたら
    オッパイが丸出しになっちゃう!
    スリットの間に親父の指が入ってきたので
    笑みを浮かべて「もぉ〜ぅ!ダァメェ〜!」って甘えて言ったんだけど、内心ドキドキでどうやって切り抜けようって頭の中がグルグルして!
    そのタイミングでウイスキーをロックで渡されて、つい飲んじゃって、そうしたら膝が笑っちゃって!立ってられなくなっちゃって、証明がグルグル回ってるし目が回るのよ!
    ビリヤードのカウンターにかろうじて寄りかかっていたら
    親父が「大丈夫かいっ?」って丸開きの背中をナデナデしてきた
    それでも、拒否することすらできなくて!
    X字の黒い布きれでかろうじて胸を隠してる程度なのに、親父の手は背中から脇に来て布きれの間に手を入れてきた!
    &#8557;カップの小さな胸を手のひらでスッポリと包みこみモニュモニュされた!
    「あっ!いやっ」って言ってもどうすることも出来ない!
    腰までスリットの入った黒いドレスの間から太ももを直に撫でられてビリヤードのカウンターに仰向けに寝かされてスリットをグイッ!って捲られて薄紫の紐パンが丸見えになって!
    蝶チョ結びをスゥ〜と外されてさっき初めて会った親父に恥ずかしいオマンコ見られて、涙が流れた!
    マン毛が薄い私のマンコは正面からでも十分に割れ目が見えるから恥ずいこと倍増でアナルからマンコまでベチョベチョ舐められて、何かの液状のものをマンコに塗り込まれて
    そしたらマンコが何十倍にも感じ過ぎちゃって、潮吹かされて
    「アンッアンッ」イッチャってシリコンの入ったボコボコの疣マラでマンコの中を掻き回されて子宮を押し上げてると内臓も動く、そこまでデカすぎるチンコを入れられたことが無かったので気を失ってしまった!
    後になってマンコの中からいっぱいザーメンが出てきたのでな膣出しされたとわかったけど、こんなにいっぱい!って言うくらいザーメン汁がマンコの中で射精されてたのできっと何人もの男たちに姦(矢)られたに違いないって思った

    妊娠はしてなかったからよかったけど、もし妊娠してたらって考えたらっ「怖いっ!」


304  幸恵 - 2015/04/09(Thu) 17:34 No.28529
    私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。
    夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。
    息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。
    そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。
    結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり仕方なく一緒に暮らす事に
    なりました。
    一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。
    息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか?一匹の犬を飼いはじめたんです。
    名前はルイ、雑種だと思いますが大型犬の血を引く雄犬です。
    義父はルイを可愛がり、面倒は義父が全てやっていました。

    ある日、夫が1週間の出張で家を空ける事になったんです。
    夕食を終え、私は風呂に入る事にしました。
    湯船に浸かりながら”ホット”していると、窓の隙間から感じる視線。
    もう何年になるでしょうか?夫が居ない時は決まって義父が風呂を覗きに来るようになっていました。
    以前、義父に覗かない様に言うと、凄い勢いで”証拠はあるのか?”と怒鳴られた事があり、義父は
    認めようとしません。それ以来、私は義父に覗かれている事を知りながらも諦めていました。
    湯船から出て、体を拭き脱衣場へ入った瞬間、突然ルイが脱衣場へ入って来たんです。
     ”ルイ!どうしたの?ダメよ”と言っていると、義父も脱衣場へ入って来ました。
     ”お義父さん!何ですか”と思わず身を屈め隠す私。
    全て義父の仕業だったんです。
    義父が屈んだ私に襲い掛かり、私は無理やり義父に犯されたんです。
    68歳と言う年齢ですが、土建関係で鍛えられた肉体は健在で、私の力など無でした。
    全裸だった私は義父が用意したテープで手足を固定され、無抵抗のまま義父の怒り狂った肉棒を
    挿し込まれたんです。
    年齢を感じさせない肉棒は、凄い勢いで私のマンコを刺激し気づけば何度も逝かされてしまったんです。
    息を荒らす私は、義父の足元に倒れ込み遂には義父の汚れたチンポを口で奉仕させられました。
    義父は私の淫らな姿をビデオに収め、私を自分の物にしようと企んでいた様です。
    その夜、私が寝室で横になると、義父が部屋に入って来て、私は義父に2度も犯されました。

    翌日、家裏の作業小屋を片付けていると義父が後ろから抱き付いて来て、体を求めて来たんです。
     ”お義父さん!止めて下さい!本当に怒りますよ”
     ”昨晩、あんなに良い声で喘いでいた癖に…何度逝った?”
     ”それは…お義父さん、昨晩の事はお互い忘れましょう”
     ”何言ってるんだ!証拠ビデオもあるし、息子が知ったら…”
     ”お義父さんだって困るでしょ!”
    そんな事を言っても聞いてもらえる筈も無く、私はスカートを捲られ下着を剥ぎ取られると、マンコに
    義父の大きくなった肉棒を挿し込まれたんです。
     ”早く済ませて下さい”
     ”そんなに焦るなよ!だんだん気持ち良くなるんだし”
     ”誰か来たらどうするんですか?”
     ”見られるのが好きだからなぁ…幸恵さんは”
     ”それは違うわ!お義父さんが勝手に覗いていたんでしょ”
     ”そう言っても見られて、アソコを濡らしていたじゃないか”
     ”違います”
    実際、義父に覗かれ身体が火照っていた事は事実でした。
    夫とはもう何年も抱かれていませんでしたし、1人オナニーで不満を解消していました。
    義父の腰の動きは激しく、私は冷静を保つのがやっとで遂には逝かされてしまったんです。
    昨晩もそうでしたが、義父は生で中出しをしてきて、出し終えた後は必ず口で奉仕させて来るんです。
    義父の精液が太腿を伝って流れ落ちる中、私は義父の足元に膝間つき、肉棒を綺麗に舐めさせられました。
    終わったタイミングで配達の方が来て、”幸恵さん!早く行かないと”と言いながら、義父が私の下着を
    ポケットの中へしまい込んだんです。
    義父の精液で汚された口を拭き取り、スカートの乱れを直すとノーパンで配達人の元へ向かったんです。
    ハラハラしながら荷物を受け取りましたが、義父が近くでニヤニヤし楽しんでいたんです。

    義父は毎日の様に私の身体を求めて来て、何処から持って来たのか?大人の玩具で私の身体を
    弄ぶ様になっていったんです。
    明日には夫も帰って来る。そうすれば義父も大人しくなるだろう…そう思っていたのですが、
    最後の夜に義父の寝室に呼び出された私は、義父に散々弄ばれ、義父の肉棒で何度も逝かされました。
    ふら付く私を抱き起こすと、義父は私を四つん這いにさせテーブルに縛り付けたんです。
     ”お義父さん!もう終わりにして下さい。もう十分でしょ”
     ”何言ってるんだ!今からだよ。お楽しみは”
    そう言うと、部屋にルイを連れて来たんです。
    ルイは直ぐに私のお尻にやって来て臭いをクンクンと嗅ぎ始めると、アソコをペロペロと舐め出したんです。
     ”ルイ!ダメ…舐めないで…”
     ”ルイも雄だからやりたんじゃよ!幸恵さんが相手をしてやってくれ”
     ”お義父さん何言ってるんですか!嫌よ・・絶対嫌”
    ルイの股間は大きくなり皮の中から赤く脈だった肉棒が出ていました。
    そしてルイが私の背中に乗ると、肉棒を義父がアソコに当てて来たんです。
     ”お願い!犬とじゃヤダ!”
    声虚しく、私は獣のの肉棒を受け入れたんです。
    ルイの肉棒が入ると、ルイが激しく腰を動かし、膣内へ生暖かい物がドンドン出て来るのが分かりました。
    涙ながらに、獣のの肉棒を受け入れた事に、人間失格を言い渡された気持ちでした。
    しかし女と言うのは悲しい者で、獣のの肉棒でも凄く気持ち良く、今まで味わった事の無い刺激を
    繰り返された私は、犬にまで逝かされていたんです。
    それでもルイは続け様に腰の動きを止める事は無く、私は何度も何度も逝き続けたんです。
    ハァハァ息を荒らす姿を義父はビデオカメラで撮影していたんです。
     ”お義父さん!そんな…”
     ”幸恵さんの淫らな姿を全て撮影したよ。これでもう私には逆らえないね”
     ”お願いです。あの人にだけは…”
     ”分かってるよ!幸恵さんが私の言う事に従ってくれれば、黙っているしビデオも…”
     ”約束ですよ!お義父さんの言う事は何でも聞きます。私はお義父さんの玩具です”
     ”よく言えたね。これからはルイの世話と私の世話と…忙しいね”
    その夜、私は義父の布団で寝ました。
    翌日には夫が帰宅。
    しかし、義父はビデオをネタに私の身体を求めて来る始末で、断る事が出来ないまま夫の傍でも
    身体を弄ばれています。
    夫は相変わらず仕事人間で、義父との関係を疑う事も無く家を空ける事が多々。
    朝から夫が帰宅する時間まで、私は義父とルイの性処理奴隷としてマンコを捧げる日々を送っています。


305  私は@レイプされました。 - 2015/04/10(Fri) 15:47 No.28536
    去年の夏に父が経営している会社(小さい会社だよ)の社員旅行にわたしも行く事になって、父と私と、社員の人6人と、その家族で千葉の海岸へ。
    たった一泊二日の旅行でしたが、まさかあんなことになるとは。
    社員の人の息子で高校2年の子がいて、私は19だったから歳も近いということで、昼間は二人で泳いだりして遊んでたんだけど、
    その時の水着とかで少し挑発しちゃったのかな…。といってもワンピースのおとなしめの水着だったんだけどな。
    夜は大人は泊まってる海の家の近くに飲み屋さんがあるということで、そこへみんな出掛けてしまったんで、
    わたしは女の人の部屋で(奥さんを連れてきてる人がいて、その奥さん達と私は同室)一人で早くに寝てたんです。
    いま考えれば、その海の家には高2の彼も一人でいたんだから用心するべきだったと思うんですが、その時は全然そんな心配してなかったし…。
    夜11頃だったと思うんだけど、寝てたらなんかごそごそする感じがして目を覚ましました。
    そしたらその彼が私の布団に入ってきてて、私のTシャツの中に手を入れてオッパイを揉んでるんです!!(その時の私はノーブラでTシャツとスウェット地のショートパンツ姿)
    びっくりしたけど、どうしていいか分からずに少しの間寝てるふりしてることに。
    なんか抵抗するべきなのかどうするべきか迷っちゃったんです…。
    彼は私が起きてないと思ってるから、起こさないようになのか、ほんとにゆっくりと息を殺して触ってるんです。
    そしてゆっくりTシャツをめくると、乳首を舌で舐めたり。そのうちに下に手を入れようとしてきたんで、これはやばいと思って、
    そこではじめて目が覚めたふりをして「なにしてるのよ!!」て言ったら、彼は予想外に落ちついた声で「いいからじっとしてて」だって。
    それでいきなり強引な感じになっちゃって、ショートパンツを下着ごと脱がせようとするから、
    「いやだ、やめて!!」て言ったんだけど彼も力が強くて、もう完全にレイプ状態。もっと大声出せばよかったのかもしれないけど…。
    で下を脱がされて、いきなり彼の指が中に入ってきたら「うっ」て感じで声が出なくなっちゃって。
    さっきからしばらくオッパイを触られたりしてたから濡れちゃってたし。でも濡れるのは体の反応で、やらせていいのとは違うんですよ。
    勘違いしてる男の人のために言っておくけど。
    その後は彼もぐずぐすしてられないと思ったのか、自分もパンツ脱いであっと言う間に入れてきて、
    わたしは彼に両手を押さえつけられたまま突かれてるだけ。
    もうやられちゃってるんだし、観念するしかないと思って「中で出さないで」ってお願いするのが精いっぱい。
    彼もそれには素直に「うん」て言ってくれて、あとはひたすら彼が終わるのを待つだけって感じになっちゃって、
    わたしがもう抵抗しないと分かったら手は離してくれたんだけど、オッパイを揉みながら激しく突いてきて、
    お願い早くいってって感じだった。ところがなかなか終わらなくって、なんでこんなに激しく出し入れしてるのに
    いかないのか不思議ってくらい。
    だんだんわたしの方がたまらなくなっちゃって、なんとわたしの方が先にいっちゃったんです。
    もう「いっちゃったよ、お願いだからもういっちゃって」て半泣きでお願いしたら、彼もやっといってくれて、お腹の上に彼のがべっとり…。
    もうだめって感じでぐったりしてるわたしのお腹の上のものを彼が拭いてくれて、わたしが涙流してるのをみて「ごめんね」って言って彼は部屋を出ていきました。
    実は泣いてたのは悲しくてじゃなくて、気持ちよすぎてだったんだけど。
    無理矢理は無理矢理だったんだけど、今までで一番感じたエッチでした。


306  秘密 - 2015/04/13(Mon) 12:19 No.28559
    私は19歳の専門学校生です。先週の土曜日にH県の実家にバスで帰ったときのこと、実家での友人の結婚式に出席してから、深夜の高速バスに乗って学校のあるT県に向かっていました。T県は田舎でそこに向かうバスには最初からほとんど人は乗っておらず、私と男性の車掌さん(?)と40歳ぐらいのおばちゃんと20代後半ぐらいのスーツを着た人だけでした。空いているので自由に座ってくださいと言われていたので私は一番後ろに座り発車まもなく寝込んでしまいました。気が付くと途中のパーキングに停車していて車掌さんが「ここを出ると休憩はありませんよ。あと15分ぐらい止まっていますからね」と丁寧に教えてくれました。私は特に用事もなかったので一人バスに残っていました。バスの中には運転手さんと私の2人だけでしたがすぐにスーツを着た人が帰ってきました。なんかそのときにじぃーっと私のほうを見てから席に座ったのですが特に気にしていませんでした。すぐにバスは発車し、また私はウトウト・・・

    気がつくと隣りにさっきのスーツの男が座っていました。「あのー何か?」と聞くと無言のまま私を窓側の席に無理やり押し込んできました。「ちょっと」と言いかけるとカッターを取り出し私の首に当て「静かにしようね。あなたのその胸を見てると無性に触りたくなったんだ」と言いました。叫べば誰かに聞こえるとは思いましたが、こんな時ってほんとに声が出ないものですね。怖くて怖くてもう言いなりでした。
    そのとき車掌さんは最前列で前を向いているし、おばちゃんも前のほうで寝ているし、誰も気付くはずも無く・・・
    男はカッターをちらつかせたまま私のTシャツの下から手を入れ胸をゆっくりと揉みブラを上へ押上げ、さらにTシャツも胸が見えるまで持ち上げカッターを胸に押し当てもう一方の胸に「白くてきれいだ、やわらかいねー」と言いながらしゃぶりついてきました。隣りの車線には車が次々と走っています。もしかしたら見られていたかもしれません。
    男はしばらく胸をもてあそんでから今度は私のスカートの中に手を入れてきました。「いやっ」と声を出してしまった私を男はにらみつけ頬にカッターを当てて「静かにしようって言ったよね」と無表情で言い、パンツの上から触って「少し濡れてるよ」と耳元でささやきました。実際、胸を触られると感じてしまう私は少し濡らしていたかもしれません・・・
    そうしていると男はカッターでパンツのあの部分を切り、いきなり指を奥まで入れて強引に私の中をかき回し始めました。
    はじめは嫌で嫌で涙が出てきましたが、やはり濡らしてしまいました、というかこんな所でこんな事を見ず知らずの男にされているのに感じてしまいました。男は自分のものを取り出して私に見せました・・・ものすごく大きく赤黒かったです。
    男は無抵抗の私のあそこに自分のものを当てがい、一気に私の腰をつかみ自分の方に引き寄せました。
    私は一気に奥まで貫かれ「ぐっ」と声を出してしまいました。
    さすがに車掌さんが気付き後ろを振り返りましたがなぜかニヤッとしただけでまた前を向いてしまいました。今思えば声も出さずに重なりあっていたので合意の上でヤッているように見えたのかもしれません。
    男は座ったまま私をバックから突き上げてきました。両手は私の胸を揉みしだいています。
    男が突き上げるたびに私は声を漏らしそうになり必死にこらえましたが、今まで体験したことの無いような大きさで一番奥まで突かれるとそのたびに「んっ」と声が漏れ、その声を聞いて男はうれしそうにさらに激しく突き上げました。どれぐらい時間がたったか、私はもうイかされる寸前まで達し、男もそれを感じたのか私が上下するぐらい突き上げを繰り返しました。その瞬間、奥深くに熱いものを出され私自身も声を出せないままイってしまいました。終ると男は何事も無かったかのように自分の席へ戻り、私は涙を流しながら服の乱れを直しました。あそこからどろっとしたものが流れてくるのを感じ、さらに涙があふれました。

    ほどなく終点に着き男はすぐに降りましたが、放心状態の私がしばらく座ったままでいると車掌さんがにやにやして近づき「お客さん、ほどほどにして下さいよ」と言っていきなり私の両胸を揉みました。私はもう訳がわからずその腕を振りほどきバスを降りました。感じてイッてしまった自分が嫌でしょうがありません・・・


307  まい - 2015/04/12(Sun) 09:13 No.28553
    一度に色んな刺激を受け快感を堪能出来る集団レイプ…憧れ。1人も良いけど、やはり集団は堪らない。犯されたい。そして、その姿を沢山の人に観られたい…


308  まさえ - 2015/04/10(Fri) 22:49 No.28540
    成人式の夜、地元の中学時代の遊び仲間の一人の家の離れのプレハブで呑み会をしたときに、男3人女5人の中で未経験なのは私一人でした。
    その事がわかると、女の子の一人が、「やっちゃえ!やっちゃえ!」と私の両手を万歳の格好で持って、引き倒しました。
    スカートがまくれて、パンツを見られて、慌てて隠したら、今度は別の女の子が私の足を持って、「なに隠しているのよ」と片足を持ち上げられてしまいました。
    男の子たちは笑いながら見ているだけで、女の子たちが調子に乗って私の服を引っ張って脱がせようとしました。
    「いやだ!やめて!やめてよ!」私は抵抗しましたが酔っていたせいであまり力が入らなくて、すぐに全裸にされてしまいました。
    それからおっぱいを揉まれたり、舐められたり、クリトリスの触られ、女の子に舐められました。
    女友達たちに触られているうちに、段々と気持ちよくなってきてしまい、私の息遣いが荒くなって、あそこが濡れているのを確認すると「そろそろ、やっちゃいなよ」と男の子たちに言いました。
    「やばいよ」とひるむ男たちに、それじゃあ、誰がやったかわからないようにしてあげるわよと、わたしの着ていた服を私の顔に被せて、私を寝かせると、手足を広げられて・・・
    誰かが私の中に入ってきました。
    一瞬チクっとしたけど、簡単に男の誰かが私の中に入ってきて・・・最初の男はすぐに終わったけれど続けて別の人が・・・
    その後も四つんばいで別の男・・・男にされながら別の人に胸を揉まれたり、背中を舐められたり・・・
    いつの間にか目隠しがとれて・・・男も女も含め、全員とキスをして・・・男の人のオチンチンをなめさせられたり、女友達のアソコも舐めさせられました。
    唾液とザーメンで体中ベトベトで、「どうだった?」ときかれて「ちっとも気持ちよくなかった」と言ったら、「かわいそうだから気持ちよくしてあげる。」と言われて、また手足を皆に持たれて、女の子の指でクリトリスをしつこく弄られて、連続で何度もいかされてしまいました。

    今でもリーダー格の文絵に呼び出されて文絵の相手をさせられたり、知らない男と3Pをさせられています。
    最近では私の体も敏感になってきて、段々嫌ではなくなってきました。


309  伊藤綾乃 - 2015/03/29(Sun) 01:38 No.28454
    私は、21才(女)163cm/43kg/b83cm/w54cm/h87cm/
    吐き出せるものは全部吐き出します!
    私が居酒屋で働きだして半年がたったぐらい!
    その頃にはもう看板娘みたいになってて
    「佑美ちゃんがいるから来るんだよ!」とか
    「今度デートしようかぁ?」なんかは日常茶飯事!
    お通しや注文の品をテーブルに運ぶたびに
    「大丈夫っ?」って手を握ってくるので笑って手をひっこめたりしていた。
    持て囃されて少しだけいい気になってたのかも知れない。
    笑って軽く拒絶してたくらいだと、ドンドン付け上がってくるし、お酒飲んでるんだからしょうがないかぁ〜って!
    お会計が済んで帰るときが一番危険!
    抱き付いて来るわほっぺにキスされるわ
    口にされそうになったときは必至で体をよじって逃げた。
    (時間が無くなったので、この続きはいずれまた。)


310  コック - 2015/02/08(Sun) 21:02 No.27879
    のどかに何故こんな事になったか教えてやったぞ、妹の事も里沙から聞いた事教えてやったぞ、のどかは携帯で里沙の顔見せてくれたよ、
    里沙に復習してくれるなら一生オレ達の性奴隷で構わないってよ、
    近々行くから覚悟しとけよ。


311  まなみ - 2015/03/03(Tue) 09:12 No.28197
    犯し屋さん あかねさんは今どんな感じですか。

    アナルでも逝けるようになりましたか。

    子供おろさせたんですか。


312  りか - 2015/04/07(Tue) 13:57 No.28517
    21歳 大学4年生のりかです。
    19歳の時のことを書きますので、読んでくさいね。
    大学に入り、彼氏も出来ず、1年が経った頃。
    とある男性から、合コンでナンパされて、お付き合いを始めた。
    しかし、1カ月が過ぎた時に、帰宅の電車で、女子校生から話し掛けられ、なんか、私は彼氏を奪ったって言い張るのです。
    自分から誘ったわけじゃないしって話しをしていたら、次の駅で降りて付いて来てって女子校生が言うが、嫌だと断わったが、扉が開いた時に、電車から引っぱり降ろされた。
    駅前のコーヒーショップに入り、話しをしたが、堂々巡りで埒が開かない。
    もう帰りますって店を出たが、すぐに彼女に腕を掴まれ、暴れて振り払い歩きだしたが、また、捕まり。
    そこへ、ワンボックスカーが横に止まり、車内に引きづり込まれた。
    タオルで口を縛られ、アイマスクをかけられ。
    おびえていた。
    そのまま、どこかに連れて行かた、どこかのマンションのようだった。

    アイマスク、口のタオルを外された。

    回りをみると、3人の男性と、先ほどの彼女が私の回りに居た。
    彼女が、好きにしちゃってって言った瞬間。

    後ろから押さえられ、口を押さえられ。
    前から、スカートを脱がされ、ストッキングを引きさかれ。
    パンティも引き下げられ。
    口にタオルを詰めこまれ。
    ブラウスをボタンを飛ばし、ブラを引きとられた。
    下半身を露出した男性がしゃがまされた前に来て、タオル抜きとり、物を口にねじ込まれた。
    嗚咽を続けたが、おかまいなし。
    すぐに倒され、足を抱えられ、犯された。
    犯されている最中も、他の人が口にねじ込んで。
    もう一人が、体を触り。
    という形で入れ替わりで続いた。
    口が開くと、嫌&#12316;とか騒いだが、何の解決にもならなかった。

    3人に中出しされ、口にも、何度か精液をだされた。

    そのまま車に乗せられ、駅近くの公園に放りだされれた。
    3時間以上犯されたのだろう。

    公園のベンチで、街を歩ける最低限の格好をみつくろって、駅前に行き、タクシーで帰宅した。

    凄く、嫌だったのだが。。

    今は、複数の方からおもちゃにされるの大好きだ。
    カ○○倶楽部とか、○○学校に参加して、複数の方からいっぱいして貰って楽しんでいる。


313  山之内舞美 - 2015/03/27(Fri) 20:34 No.28443
    私は21才!
    普通のセックスじゃ、燃えないの!
    犯されたい願望が半端なくて、誰か私を強姦してくれない?
    強姦されてる動画を見るのも大好き!
    これは、興奮するって言うレイプ動画を教えてくれない??


314  家庭教師 - 2015/04/06(Mon) 14:46 No.28513
    私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。
    当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。
    就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。
    教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。
    後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。
    そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。
    私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。
    でも現実は、どちらかというと二人とも生理的に合わないかも?っていうタイプでした。
    私はとにかく貯金の為にハードスケジュールで頑張っていました!
    オタク系の靖史君は、授業中に話す事はほとんどありませんでした。
    たまに休憩している時に学校の話題を話し出すぐらいで、基本的には勉強の事しか話さないタイプの男の子です。
    逆に柔道系の健児君は、プライベートの事でもガンガン質問してくるタイプで、大学生になってから少し男馴れした程度の私では押し負けそうになってしまいます。
    かなり女性馴れした男の子で、経験人数は5人だそうで、高校二年生にしては多いのか自慢げにエッチな話をしてきました。
    私は面と向かってエッチな話をされると、顔が真っ赤になってしまい、毎回からかわれていました。

    そして健児君のプライベートトークはドンドンエスカレートしていって、酷い時には自分で録画した彼女とのエッチビデオを見せてくる時もありました。
    正直私は毎回アソコが濡れてしまい、家に帰ったらすぐにオ○ニーをしていました。
    当時の彼氏は、同じ大学生で、二人とも実家通いな事もあって、沢山エッチする事は出来ませんでした。
    そのせいか私は欲求不満になってしまい、健児君のエッチ話にも反応してしまいました。

    そして健児だけでは無く、靖史君にも濡れさせられる事もありました。
    靖史君は健児君と違って、顔や態度には一切出さないのですが、チラチラ私の体を見ている時がありました。
    特に薄着の時で、「あれ?話し聞いてる?」みたいな態度の時は、必ず私の何処かを見ています。
    私は気が付かないフリをしていますが、明らかに変な位置に鏡が置いてあったりする事が多くて、私は心の中で「今スカートの中を見られてるかも・・・」と思ってしまい、すごく濡れてしまいました。
    やはりそんな時も、すぐに家に帰ってオ○ニーしてしまいました。

    そんなある日、健児君の家で勉強を教えていると、「先生さー、俺今彼女切れちゃったんだよねー」と話しはじめた。

    健児:「彼女の親友喰っちゃったらさー、マジギレされてフラれた挙げく、親友の方も気まずくなっちゃって消えてったんだよねー」
    ルカ:「そんなの当たり前でしょ!そんな事いいから早く勉強して!ほらっ!」
    健児:「ダメダメ、よくねーよマジで、一発抜かねーと集中出来ねーもん」
    ルカ:「そんな事知らないっ!いいから早くやってよ!ほらっ!」
    健児:「あーーーー、ダメ、先生見てたらほらっ!こんなんなっちゃった!うわーやべー」

    と言って健児君は座った状態で腰を突出すように高く上げると、ジャージをパンパンに押し上げる様に巨大なアレが目に飛び込んできました。
    正直私は「何あれ?すごい・・・」と思ってしまい、アソコがドンドン濡れてくるのが分かりました。

    健児:「ああーーーー、せんせー、やばいっしょ?ねー?ビンビンなんだけど俺」
    ルカ:「もうダメ!ちゃんと座って!ほらっ勉強でしょっ!」
    健児:「だってペチャパイ先生見ててもコレっすよ?どうするんすか?先生やらせてよ!」
    ルカ:「ちょっと!何ペチャパイって!ふざけないでよ!しません!絶対!早く勉強しなさい!」
    健児:「ダメダメ、ああああ、やべーよ、スイッチ入っちゃったよー、ほらっ」

    と言って、いきなりジャージを「ペロンッ」と下ろしてしまいました。
    「ブリンッ」と言う感じで、ビンビンに硬くなった巨大なアレが、モロに目に入りました。
    私はビックリして「きゃあ」と叫んで、「ちょっと、早くしまいなさい!」と怒りましたが、健児君は私の大人しい性格を分かっているので全然聞きません。
    それどころか自分で上下にシゴキはじめました。
    私は自分のアソコがビショビショになっていくのがハッキリ分かりました。

    健児:「あああああ、やべー、気持ちイイ、あああああ」
    ルカ:「ちょっと!ホントやめて!まずいから!お願い、しまって、早く、ホント早く!」
    健児:「あああああ、先生やべーよ、ガマン汁ハンパねーよ、ああああ、気持ちイイ」

    健児君のアソコはメチャクチャ反っていて、大きくて、ガマン汁で「クチャクチャ」音が出ていました。
    私はそんなのを見せられたら、早く帰ってオ○ニーをしたくてたまらなくなってしまいました。

    健児:「ねー、先生、やらせてよーマジで、やべーよコレ、どうすんの?」
    ルカ:「ホント無理だから、お願いしまって・・・早く、お願いだから・・・」
    健児:「じゃあ先生オカズになってよー、ああああ、マジで、ねぇ、頼むよー、これどうすんの?一発出したら勉強するからさー」
    ルカ:「何よ、オカズって、ホントにすぐ勉強できる?」
    健児:「マジできるよ、すぐに勉強するよ、だから先生の裸見せてよ、いい?」
    ルカ:「へんな事言わないでよ!裸なんて無理に決まってるでしょ!ダメ!」
    健児:「分かったよ、じゃあおっぱいは?そんぐらいいいでしょ?ねー、あーーやべー」
    ルカ:「無理に決まってるでしょ!もうダメ、勉強しよ!ねっ?」
    健児:「分かったよ、じゃあ下着姿はいいでしょ?水着とかわんねーじゃん!ね?」
    ルカ:「えーーーー・・・でもー・・・無理よ・・・」
    健児:「たのむよー、そしたらすぐ終わるよ、すぐ勉強するよー、下着だけだから」
    ルカ:「ちょっと見せるだけでイイの?すぐ終わる?」
    健児:「すぐ終わる、すぐ終わる、マジで!早く、早く見せて」
    ルカ:「ちっちゃいからつまらないよ?いいの?」
    健児:「マジ全然いい、早く早く」

    私はその時、薄手のセーターの下にキャミソール、そしてスカートだけでしたので、セーターとキャミを一緒に捲ってブラを見せました。
    すると健児君は「おおおおおお」と興奮しながら、ベッドに座っている私の目の前まで来て、堂々と自分でシゴいていました。
    もう私は、この異常なシチュエーションがたまりませんでした。
    ブラを見せている私の顔の前で、顔に付きそうな位置で、ビンビンになった巨大なアレをシゴいている・・・
    もう私のアソコは大変な事になっていました。

    でも私は健児君とはエッチしたくはありませんでした。
    むしろ、それだけは絶対に嫌でした。
    彼氏がいると言う事もありますが、性格も顔も嫌いなタイプだったので、早く家に帰ってオ○ニーをしたかったです。

    健児君はしばらくシゴきながら「先生、下もちょっと見せて、早く、あああやべー早く」と言ってきたので、「えっ、あっ」と焦りながらついスカートを捲り上げてしまいました。
    すると「違う違う、四つん這い、四つん這いでパンツ見せて!」と催促するように言ってきて、腕を引っ張られてベッドに四つん這いにさせられました。
    そして健児君が「早くパンツパンツ、やべー、もうやべーから」と焦って催促してくるので、ついスカートを上げてしまいました。

    健児君は「おおおおおお、やべー、エロっ、先生エロっ」っと言いながら、四つん這いにした私のパンツのギリギリまでおチンチンを近付けてシゴいているようでした。
    私はパンツに染みが出来てるかもしれないので、ドキドキでした。
    さらに、この異常な状況でアソコの奥からドンドン汁出てきてしまいました。

    しばらく健児君はシゴいていて、「ハァハァ、やべー先生、気持ちイイ、エロいよー」とか言っていて、私も「早く終わらせて、お願い・・・」と言っていたんですが、ふと健児君が静かになってモゾモゾ後ろで動いていたので、終わったのかと思い振り返ろうとした瞬間、私のパンツが「ズルッ」と横にずらされて、いきなり巨大なアレが入ってきました。

    私はすぐに気が付いて、途中で「いやあああ、ダメ」と逃げようとしたんですが、途中まで入っていて、しかも私のアソコはビショビショだったので、腰をつかまれて、思いっきり奥まで叩き込まれてしまいました。
    ムラムラしてたまらなかった私のアソコに、巨大なおチンチンが一気に奥まで「ゴツン」と入ってきたので、その瞬間に私は「やめっ、ぐっ、うはぁあああああ、うぐっ、はうっ」と言ってイッてしまいました。

    健児君はそのまま奥に押し付ける様にグイグイ押し込んでいました。
    「あれ?先生、イッちゃった?エロいなーマジで、もっとして欲しい?」と言っていました。
    私はいきなりの事で体が痙攣してしまい、お尻をブルブルさせながら「はぐっ、だめぇ、ひっ、ぐっ、ハァハァ、やめてぇ」と言っていました。
    本当にやめて欲しかったんですが、体に力が入らなくなってしまいました。

    大声を出そうと思ったのですが、健児君の両親は基本的には帰りが遅くて、この日も居ませんでした。
    ですので自力で逃げるしかありませんでした。

    そうこう考えているうちに健児君は腰を動かしはじめてしまいました。
    ネチッこく激しい馴れた腰使いでパンパン叩き付けてきました。

    健児:「あああああ、やべー、やっぱ大人の女もイイわー、ああああ、マジやべー」
    ルカ:「ちょっと、ハァハァ、やめて、ホントにやめて、お願い、あああ、いやあああああ、あん、あん」
    健児:「先生ムチャクチャ濡れてんじゃん、エロいくせに強がんなよ、ビッチョビチョじゃん」
    ルカ:「ダメ、やめて、お願い、警察に言うわよ、やめっ、ああ、あっぁぁっぁん、あん、あん、あああああ、いやっ」
    健児:「警察?いいよ別に、俺は証拠に先生の濡れ濡れパンツ提出してやるよ!いいだろ?先生が誘ってきたって言うから!」
    ルカ:「ちょっ、あん、あん、ハァハァ、ふざけないで、やめて、いやああああ、あん、あん、ダメ、ああああ、あん、あん」

    私はこの時に必死で気付かれないようにしましたが、5回以上はイッていたと思います。
    体の痙攣がおさまらなくて、普通に喋る事も出来ない状況でしたが、健児君が体位を変えようと、アレを抜いた時に一生懸命逃げました。
    フラフラした体で扉のノブまで手が掛かったんですが、すぐに健児君に押さえられて、ベッドに引っ張り戻されました。
    今度はセーターを脱がされ、ブラを引きちぎられ、スカートも無理矢理剥ぎ取られて、パンツの脇から正常位で突かれました。

    今度は凄い深いピストンをされて、あっと言う間にまたイッてしまいました。
    本当に嫌だったんですが、何回もイカされると体に力が入らなくなってしまいます。
    そのままひたすら叩き込まれました。

    健児:「先生、どうだ?気持ちイイ?彼氏よりイイだろ?」
    ルカ:「いやああああ、やめて、ダメ、いやああ、あぁぁっぁぁあん、ハァハァ、ひぐっぅうぅぅ、ひやっ、あんっ」
    健児:「先生またイッてんじゃん、エロい女、気持ちイイんだろ?どうなんだよ?おらぁあああ」
    ルカ:「いやあああ、やめてええええええ、あん、あん、ああああ、いやああ、だめええええええええ」

    はっきり言って、その時付合っていた彼氏よりも何十倍も気持ち良かったです。
    本当に最初は絶対に嫌でしたが、何回もイカされて、体も動かなくなってきて、頭もボーっとしてくると、口では「やめて!」と言うんですが、体は全然拒否していませんでした。
    その内疲れ切ってしまい、口での拒否もなくなって、ただ喘いでいるだけでした。
    むしろ自然に健児君に協力的になっていました。

    健児:「先生イキすぎだろ?超エロすぎだぜマジで!俺のチ○ポどう?いいか?」
    ルカ:「あああ、あん、あん、あっ、いやっ、あああん、いい、おっきい、あん、いやああ、だめええええええええ」
    健児:「またイッたのかよ、変態だなマジで、またヤラせろよ、いいか?」
    ルカ:「はいっ、あん、ああああ、あん、ハァハァ、あああ、うぐっ、ハァハァ、うぐううううううううううう」
    健児:「よおおおし、毎回ぶち込んでやるよ、いいか?」
    ルカ:「うんっ、ハァハァ、してっ、ハァハァ、ああああ、すごっ、いやああああ、おっきい、あああ、いやああああああ」

    健児君は私の乳首を引っ張りながら猛烈なピストンをしました。
    それが信じられない位気持ち良くて、イキっぱなしの状態になってしまいました。
    痙攣が止まらなくて、しゃっくりの様な過呼吸の様な状態が続きました。
    もう完全にどうでもよくなってしまいました。

    健児:「ああああ、先生気持ちイイ?どう?」
    ルカ:「ああ、うん、気持ちイイ、ああん、あん、あん、ハァハァ、いやああ、すごいイイ、おっきい、ああん、あん」
    健児:「彼氏よりいいだろ?どうだ?」
    ルカ:「あん、あん、イイ、彼よりイイ、気持ちイイ、あああん、あああ、だめええええええええ、いやあああああああ」
    健児:「またイッてんじゃん、あああ、じゃあ俺も出すぞ、いいか?」
    ルカ:「うん、出して、いっぱい、ああん、ハァハァ、あああああ、出して、ああ、頂戴、あああ、イイ、ああ、すごっ」
    健児:「先生、ああああ、何処に欲しい、ああ、ああああ出そう、ああ」
    ルカ:「うんっ、ああ、飲みたい、お願い、飲ませて、あああ、すごい、ああ、おっきい、ああああ、いやああ、すごい」
    健児:「ああああああ、出る、イクぞ、出るぞ、あああああ、ああああああ、イクっ」

    ビュッ、ビュー、ドクン、ドビュッ、ドビュッ、ビュッ

    信じられない量の精子が口の中に入ってきました。
    何故かその時は全部飲みたくなってしまい、口から溢れた精子も全部飲み込みました。
    結局その日は勉強どころじゃ無くなってしまい、親が帰宅する直前まで健児君にヤラれていました。
    最後の方には私から騎乗位で腰を振ったりしてしまったので、レイプなんて全然言えない状況にしてしまいました。
    その日帰宅してから凄く後悔しましたが、それだけでは終わりませんでした。

    次の授業の時に健児君の家を気まずいながらも訪れました。
    この前の事を言われても無視して、何も無かった事にして、勉強だけして帰ってくると心に決めていました。

    ところが健児君は部屋に入るとすぐに、パンツを脱ぎ出して、「先生、しゃぶって」と言いながら無理矢理口にアレを突っ込んできたのです。
    最初は抵抗しましたが、前回散々ヤラれてしまっているので、健児君は当たり前のようにアレを出し入れしてきました。
    その後もすぐに正常位で入れられて、「やっぱ濡れてんじゃん」とあっさり言われて、ガンガン突かれると、私もすぐにイッてしまい、前回同様にイカされまくって顔に出されました。

    その後は勉強をしましたが、後半になるとムラムラしてきたのか「先生、とりあえず一発抜くわ」と言って、勝手に入れてくるようになってしまいました。
    私も健児君といる間はいつも濡れている状態だったので、いつでも入れる事ができました。

    結局それが2、3回続くと、家に行っても当たり前のように前戯無しで入れてきます。
    悲しい事に私の体は、それでもすぐにイッてしまいました。
    思春期真っ盛りの健児君には一回平均4回もヤラれていて、彼氏とは2週間にエッチ1回なのに対して、健児君とは1週間に12回はヤラれていたと思います。

    最後には私の方がおっきいおチンチンに夢中になってしまって、「今日はしないの?」とか聞いたりするようになっていました。
    健児君は他にもセフレが出来ると、私との回数も減ってきたので、「したいならシャブれよ」と言われて、私からフェラをして入れてもらう事が多くなっていました。
    その時の私は健児君のアレ無しでは生きていけない状況だったので、健児君が中出ししたい時は危険日でもさせてあげていました。


315  ゆり - 2015/04/04(Sat) 12:10 No.28500
    レイプされたくて夏の夜に生足にミニスカートに、おヘソが見えるチューブトップで山道を一人であるいてました。
    ワンボックスカーが止まり中から四人の男の人が降りてきました。
    無理矢理にワンボックスカーの後ろの席に入れられました。
    山の頂上まで連れてかれました。
    二人がかりで押さえられ他の二人がチューブトップを下にさげました。
    ねぇちゃんノーブラなんだと言われました。
    ニップレスも着けてないから乳首がわかるぞと言われました。
    気持ちよくしてやると言われ二人に胸を揉まれたり舐められました。
    乳首も舐められひっぱられました。
    ねぇちゃん乳首ビンビンに立ってるぞと言われました。
    感じてるんだなと言われました。
    濃厚なキスしようぜと言われ舌を絡ませながらキスされました。
    スカート捲られました。
    エロいパンツを穿いてるんだな。紐のTバックだろと言われ立たされスカート捲られました。
    ほらと言われました。
    二人で両はじの紐をほどきました。
    手を離したらマンコが見えると言われ
    止めてといいました。
    レイプをされるために行ったけど
    実際 見られるのは嫌になりました。
    逃げたくなりました。
    お願い見ないでといいました。
    もう帰らせてといいました。
    まだ帰らせないよ これから楽しむんだよと言われました。
    アソコ舐めながら指でピストンしてました。
    濡れてきたよグチャグチャ音だして
    もう逝くんじゃないと言われました。
    逝きそうと答えました。
    すると激しくされ逝きました。
    みんなのチンコ大きくしろと言われ嫌です。
    すると顔をひっぱだかれました。
    もう一回ひっぱだくぞと言われ
    しゃぶりました。ペロペロ上下にしゃぶりました。
    みんな勃起しました。
    マンコに挿入してやるから指で開けと言われました。
    嫌です。挿入しないで もう帰らせてといいました。
    3人で押さえられアソコにチンコ挿入されました。
    上にされ腰を振れと言われ顔をひっぱだかれました。
    仕方なく振りました。
    ねぇちゃんのマンコ気持ちいいと言われました。
    シックスナインだと言われシックスナインしました。
    アソコ舐められました。
    私はチンコ舐めました。
    正常位にして子宮を突いてやるとマンコキュッキュ締めて気持ちいい。
    逝きそうだと言われ中に出してやるからなと言われ嫌止めて
    お願いだから中に出さないでといいました。
    でも中に出されました。
    家に行くから教えろと言われ
    又ひっぱだかれたくないから教えました。
    家につき降りました。
    なんか大きな袋持って降りた人がいました。
    ねぇちゃん気持ちよくするのだよと言われました。
    家にあがり寝室に行くから案内しろと言われ
    案内してあげるとベッド見つけベッドに仰向けに大の字に縛りつけられました。
    乳首ローターを付けられました。
    スイッチを入れられました。
    その上体でアソコにローターを沢山入れられました。
    スイッちを入れられました。
    みんなで電マをあてられました。
    気持ちよすぎて可笑しくなりました。
    もう止めてよ。
    身体は喜んでるよと言われました。
    これ以上逝ったら可笑しくなるよ。
    可笑しくなれ可笑しくなれと言われました。
    オシッコしてるよと言われました。
    オシッコ漏らしました。
    乳首 凄い硬いよ。
    気持ちいいんだねと言われました。
    目がいっちゃてるよと言われました。
    全部外してくれました。
    マンコ敏感になってるんじゃないのと言われ
    触られると敏感になってました。
    オッパイでかいからパイズリしろと言われパイズリしました。
    気持ちいいと言われました。
    お風呂行くぞと言われお風呂場に
    みんなでいきました。
    お風呂は凄い大きいので全員で浴槽に入り後ろから抱かれ胸揉まれたりアソコ触られました。
    身体洗えと言われアソコに石鹸つけて腕を洗いました。
    気持ちよくなり逝きそうだといいました。
    逝くまでやれと言われ逝くまでやりました。
    お風呂から出ると又仰向けに大の字に縛りつけられました。
    又さっきみたいに気持ちよくしてやると言われました。
    もう許してお願いだからといいました。
    そんなのお構い無しに乳首ローター付けられアソコに沢山ローター入れられました。
    こんどはさっきと違いスイッ チを最大値にされました。
    さっきと違い凄い動きです。
    乳首とアソコが。
    すぐにオシッコ漏らしました。
    指でワレメを弄られました。
    クリトリスを手のひらで擦られ逝きました。
    潮吹きもしました。
    バイブ突っ込んでやると言われ
    そんなことしたらアソコが壊れちゃうよ。
    壊れるかはヤらないとわかんないよといわれ
    バイブ突っ込まれました。
    うわ~凄い気持ちいいよ。
    鳥肌が凄いよ。
    そうとう気持ちいいんだねと言われ
    気持ちいいよ。
    おマンコ気持ちいいといえと言われ
    恥ずかしかったけど
    おマンコ気持ちいいと言いました。
    しばらくこのままでいろと言われ寝室からでていきました。
    一時間近くこのままにされました。
    又オシッコしたくなりお漏らししてしまいました。
    こんな時間に友達から電話がきたけど出られなかった。
    何回もなりました。
    玄関のチャイムがなり出られなかった。
    カギは開いてたので友達がはいってきました。
    名前を呼んでました。
    恥ずかしくて答えられないと寝室に入ってきました。
    私の姿みて驚いてました。アソコもグチャグチャで何回も逝った
    アソコだったので。
    すると私を犯してた人が戻ってきました。
    友達を見て可愛いなといってました。
    本当に可愛いんです。
    この女もやりていなと言いました。
    みんなで裸にしてました。
    抵抗してたけどかないませんでした。
    こっちの女も胸大きいなといってました。
    友達も大きいんです。
    みんなで胸揉んだり乳首舐められてました。
    乳首 立ってるぞ硬いよと言われ恥ずかしがってました。
    マンコ舐めて気持ちよくしてやるからなと言われ
    お願いだから止めてと言ってました。
    舐めながら指をアソコに入れてピストンしてました。
    こっちのねぇちゃんは直ぐに濡れてエロい女だなと言われてました。
    やらしい声出して逝ってました。
    中だしするからなと言われ
    お願いだから止めて中だしはしないでと泣いてました。
    しかし みんなで押さえられチンコをアソコに挿入されて子宮を突いてやると言われ子宮を突いてました。
    ねぇちゃんのマンコキツいマンコしてるなぁ。
    子宮 突いてやるとマンコキュッキュ締めて気持ちいいよといい
    中に出してやるからなというと お願いだから中に出さないでと泣いてました。
    泣いたてダメだよといい中に出してました。
    次の人が四つん這いになれといいバックから挿入され
    お尻を叩かれながら腰を振ってました。
    胸も揉まれてました。
    中に出してやると言われ もう中に出さないでと泣いてました。
    しかし中に出され泣いてました。
    二人でオナニーしろと言われ恥ずかしいから嫌といいました。
    ベランダに縛り付けると言われやりますと二人でいいました。
    オナニーをしました。
    携帯で撮られてました。
    二人とも恥ずかしい写真とか動画を沢山とられました。
    友達の下着と私のパンツもってかれました。


316  小坂麻耶 - 2015/03/29(Sun) 08:09 No.28456
    これから書くことは、まぎれもない事実です。
    私は、強姦されました!何人もの男たちが代わる代わるに
    私の膣に突っ込んできたんです!
    明らかに犯罪です、婦女暴行罪です。
    でも私は警察には行ってません!何故?どうして?
    そう思われるでしょうねぇ?
    私だって行けるものなら警察に何とかしてほしいです。
    奴らは好きな時に前触れもなくやってきます
    来るときは匂いでわかるんです
    凄く、臭い悪臭が鼻を衝いてきます!トラウマです!
    でもどうすることも出来ないんです!ヤラレルがままです
    何人もいてとても逃げられません。
    一体何人でされてるのかも定かじゃありません。
    これは私が幼稚園の頃にさかのぼります、家系というか?
    遺伝というか?私には生まれつき霊感があって、それは母も
    祖母もそうでした。
    みんなが全員が見えてるって勝手にそう思ってました。
    公園で遊んでる子供たちや横断歩道の前でうなだれてる人!
    母は「人にそんなこと言うんじゃないよっ」っていつも言われてました。
    そうです私には霊があちらこちらで見えるのです。
    幼い頃話しかけたら「なんだ!見えるのかぁ?」って霊の方が驚いていて、こっちもビックリしたくらいです。
    まぁ見えたり、声がしたり足だけが歩いてたり様々です。
    もうそんなことは慣れっこになってたし悪い霊には近寄らないようにしてたし、頭が痛くなったり腕が痛かったり
    パーツパーツに異変を感じるんです。
    私は普通に高校も出て17歳で初体験も済ませて、彼と別れて大学生になって19歳の頃、大学の寮に住んでいた時に
    嫌な気配がして部屋の中に何人もの小さな男たちが入ってきて
    小さい男って言うのはあとで感じたことです。
    最初は数人の気配がして、臭いにおいでまた来てるって思って
    お風呂に入ってる時から異変に気が付いてたけどパジャマを着てベットに横になったら「ガッ!」って押さえつけられて
    姿は見えないけどすごい力で成人の小人です体は小さいんです
    パジャマとパンツの中に手が入ってきて、思いっきりマンコ揉まれて胸をもまれて吸われてマンコ舐められて、明らかに
    ペニス押し込まれた、入れられた時すごく太いって感じたんだけど短いとも感じた、太くて短いペニス!
    耳元で「はぁ〜はぁ〜」してる息遣いが聞こえた。
    そして私のオマンコの中に射精した何本もペニスが入ってきて中田氏された。
    でも、ヤラレたあとでオマンコを確認しても射精された形跡はない、当然といえば当然なんだろうけど精子はどこ探してもなかった
    でも腕を押さえつけられてた、字は残ってる。
    そして、またそいつ等の匂いがすると強姦される
    体の小さな姿なき成仏できないでいる、地縛霊なのか?なんで小さいのか?なんで私なのか?わけが解らない。
    こんな事、警察に行ってもしょうがないし笑われるだけ!
    強姦は犯罪でも私を犯してるあいつ等は、罪を継ぐわ無くてもいいから、絶対にまたやって来る!


317  さおり - 2015/04/01(Wed) 16:16 No.28485
    1年ほど前から、一人暮らしを初め
    ワンルームアパート
    居間兼寝室にトイレとバスルーム、押入れに2畳ほどの部屋

    この間の土曜日友達と飲んでて、帰り代行でアパートまで
    帰ってきました
    お金払って、代行さんを見送り
    玄関を開けたとき、後ろから押し倒されました
    きゃ〜  痛い!
    何?
    タオルのような物で口をふさがれ
    馬乗りで押さえつけられたの
    手は後ろで縛られて、ベットまで連れて行かれ
    服を引きちぎられ、スカートも剥ぎ取られました
    酔ってたし、びっくりして
    気も動転してて抵抗もできなかったわ
    全裸にされて
    口にはタオルのような物?
    手で押し付けられて、乳房を揉まれ、まんこに指
    指でかき回されて、ぬれないと思ってたけど濡れてきてました
    勝手に体は反応してしまってた
    もう後はされるまま挿入されてピストンされて
    奥深く突き上げられてた
    気持ち良くなってしまってる私
    息もしずらく、余計に感じたのかも?
    男は激しく攻めてきて
    私は放心状態でした
    タオルのような物を外すと、ペニスが口の中に押し込まれました
    私の唾液とザーメンが口から溢れでて
    虫の息でした
    携帯で写真を撮ってるみたいだったわ
    誰にも言うなよと捨て台詞を言って出て行きました
    女の体は私の意識と関係なしに感じるのですね


318  人妻 - 2015/04/01(Wed) 12:30 No.28484
    ほんの2ヶ月ほど前のことです。私は一度に5人の人にレイプされました。
    レイプされながらも感じてしまった私って淫乱なんでしょうか?
    クリスマスの前の日、主人の友人がクリスマスパーティーを
    やろうというので、主人と共に友人kの別荘がある那須へ向かいました。

    別荘は洒落たログハウスで、広いリビングには赤々と燃える
    暖炉まであり最高にロマンチックな所です。
    私たち以外に5人ほど集まっており、夕方ということもあって
    早速飲み会が始まりました。みんなで明日のパーテイーの準備や
    食事のことで話をしたりしているうちに
    時計は12時をまわっていたので、私は先にお風呂にはいることにしました。

    脱衣所に行こうとすると、kが「シャンプーが切れてるけど
    脱衣所の下の戸棚入ってるから」というので覗いてみると、
    シャンプーのあるその奥の方に、5〜6本のバイブが入っていたのです。
    私は一瞬ぎょっとしましたが、見なかったことにしてお風呂に入りました。
    でも最近ご無沙汰の私にはあまりにも魅力的なものです。
    我慢できずに脱衣所に戻ると、一番大きい黒いバイブを手に取りました。
    そのままお風呂に戻り思わず、クリ責めを乳首に当てると
    あっという間に乳首は勃起し、弱い電流のような快感が私の中を駆けめぐりました。
    もうすでにぐっしょり濡れてるあそこにバイブを挿入すると、
    予想以上の動き方で思わず声を上げそうになってしまいました。
    そのバイブで5回ぐらいいったあとでお風呂から出ましたが、
    kは私の異変には全く気づいてない様子でした。

    翌日主人が急な仕事で東京に戻らなければならなくなり、
    私も一緒に帰ろうとしたのですが、せっかくだからと
    主人とkにひきとめられその場にとどまることにしました。
    今思えば、そのとき帰っていればと悔やまれてなりません。

    私以外にもkの彼女がいたのでべつに心配はしていませんでした。
    しかし、主人がかえって2時間ぐらいすると、
    kの彼女が出かけるというのです。なんでも
    近くにすんでいる友人の実家に行くらしく、
    夜遅くにならないと戻ってこないというのです。
    今日のパーティーの食事は私1人でやるのかと思うと
    ちょっと気が重くなりました。

    私が台所で食事の準備をしているとkが
    おもしろいビデオがあるからちょっと来てごらんというのです。
    私がリビングに向かうとkのほかに、
    今日のパーティーの参加者全員(男性5人)が集まっていました。
    私が、「なあにおもしろいビデオって」というと、kはにやりとして
    これだよといい、ビデオをスタートさせました。
    なんと昨日私があの黒いバイブでオナニーしている場面です。

    何これと思った瞬間私の背後からAとBが私をおさえつけます。
    何をするの離してと叫んでみても誰一人助けるような人はいません。
    kはたまってんだろ、俺たちが思いっきり楽しましてやるといい
    AとBとCとkで私をぬがせにかかりました。

    4人の男たちにあっという間に裸にされながら、
    体中を8本の手と4つの舌がはいずり回ります。
    AとBは左右の乳首をねちっこく吸ったりなめましたり、
    kはクリトリスを早くもつまんだり、さすったりしています。
    Cは私のおまんこに指を2本出し入れしてるし・・・
    私は抵抗する間もなく、強烈な快感におぼれてました。

    それでも口では「いやっ やめて お願いこんなことしないで」
    と無力な抵抗が続きます。
    Cがやっぱりたまってたんだなみてみろ、
    こんなに濡れて床に水たまりができてるぜ
    といって笑うとkも 
    ほんとだ、すげえぞ。みてみろよ、クリ豆がもうこんなになってんの
    ほら。ずっとやってなくて欲しかったんだろ?
    といい前にもましてクリトリスを激しくさするのです。

    私はクリトリスがこすれる快感と、男の太い指2本の
    強烈なピストン運動と、左右でなめかたや吸い方が違う
    乳首の複雑な愛撫 この3つの強烈な快感に一気に上り詰めました。
    「あっあーー いい  あ だめ そこはだめー あーー」
    いつの間にか抵抗するのも忘れ、思いっきり卑わいな声で鳴いていました。

    そして今までビデオをとっていたDがたまらなくなったらしく、
    私の口に大きなペニスをつっこんできます。
    それを見た後の4人はなおさら興奮したらしく、
    すぐにkが私の中に入ってきました。kのものは
    主人の2周りぐらいはあるのかと思うほどの巨漢です。
    膣をこすりあげる激しいピストン運動で私はすぐ絶頂を迎えます。
    kに続きAがアナルに挿入してきました。
    k以上の大きいペニスをアナルがひくつきながらくわえ込むと、
    私は頭が真っ白になりました。
    膣をへだてて二本の大きいペニスが、体の中で暴れ回っているのです。

    15分ほどすると、kがいきそうになったので、
    ザーメンをすべてのまされました。
    ザーメンを飲むためにkのものをくちにしたとたん
    bがわたしのなかにはいってきました。
    今までと違う動きと違う角度にまたすぐに
    絶頂に達してしまう私はもうこの5人の奴隷です。
    そうやって入れ替わり立ち替わり5人の男に
    次々と犯され続け、5時間ほどいきっぱなしでした。

    東京に帰ってからもその5人とは定期的にあっています。
    ビデオに撮られて揺すられているのではありません。
    私の体が、レイプまがいの多人数のセックスでないと燃えないのです。
    こんなわたしって変ですか?
    それからはkをはじめこの5人にいいように遊ばれています。
    でもやめることはできないんです。
    いくら頭でいけないと思っていても、おまんこがいつもほてっているのです。


319  キョウミ - 2015/03/31(Tue) 23:14 No.28482
     レイプで感じるなんて、信じられないと思っていました。
     でも・・・縛られて、アソコにバイブを当てられたり、しつこく舐められたり、されているうちに感じてきちゃって・・・逝っては駄目だと我慢していたけど、段々我慢できなくなってしまって・・・
     最後は結局逝かされちゃって・・・自分の意思と関係なく、下半身がピクピクして、逝きはじめたら止まらなくなっちゃって・・・
     逝ったばかりで敏感になったクリトリスに続けてバイブを当てられて・・・縛られていて逃げられなくて、自分の体が自分の体じゃないみたいに言うことを聞いてくれなくて・・・腰が勝手に動いて・・・また気持ちよくなっちゃって・・・
     お尻にもバイブ入れられて・・・痛くて気持ちよくなかったのに・・・そのまま又クリトリスにバイブを当てられら・・・又、気持ちよくなってきて、前と後ろ両方にバイブを入れられたら、中でこすれて・・・今までに感じたことがないほど気持ちよくて・・・
     男のペニスが前と後ろと交互に出入りして・・・どっちが気持ちいいのかわからなくなっちゃって・・・
     妊娠が怖くて、自分からアナルに入れてとお願いして・・・
     レイプだったのに・・・
     


320  井上久美 - 2015/03/25(Wed) 22:39 No.28420
    私も元レースクイーンだった!
    当時はそれが当たり前だったし全然普通だと思ってた。
    今考えるとやっぱり恥ずかしくなってくるしその頃の映像が残ってるのが辛い!
    若気の至りで済まされないからだ。
    うちのチームもヤンチャナ若いレーサーが多くて銀のテカテカなレオタードにパンスト禁止だった。
    動けば動くほどに「メコ筋」に食い込むし、お決まりのお尻からレオタードを引っ張り上げるからドンドン食い込んじゃう!
    うちのチームは言葉攻めで喜ぶ奴らで「どうしたの?食い込んでるよ!どこに食い込んじゃったのっ?」ってしつこく聞いてくる。
    言わないと解放してくれないから仕方なく
    「マンコに食い込んじゃうんです!」
    「マンコのどこに食い込むの?」
    「マンコの割れ目に食い込むのっ!」って言わされたり
    とにかくオマンコに触ってくるから「キャッキャッ!」言ってた覚えしかない。
    オマンコのレオタードをつまんで引っ張られて
    「痛いっ痛いっ!」って言ってたら
    「レオタードしかつまんでないよっ!何が痛いのっ?」
    言わないとやめてくれないから!
    「毛も引っ張ってます!」
    「毛っ?何の毛っ?」
    「マン毛ですぅ!」
    当然レーシングチームにいるとセックス処理もさせられました
    中の出されたことは何度もある!中絶は2回!
    大体そんなとこです。


321  秘密 - 2015/03/26(Thu) 14:03 No.28426
    結婚3年目の主婦です。去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に勤務になりました。
    子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが、新居を建てたばかりなのと、
    転勤といっても1年間の研修みたいなものだから、ということで夫は単身赴任する
    ことになりました。

    私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて
    泣いてしまったくらいです。 やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、
    最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようで、ひと月半
    ほどで過労でダウンしてしまいました。

    そんなことがあってから、私も責任を感じて
    「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」
    と帰ることを断るようになりました。

    しかし、愛し合っていた二人が何週間も会えなくなると、時間をなんともどかしく感
    じるものか。最初の頃は学生の頃から好きだった英会話やパソコンにのめり込ん
    で気を紛らわせていましたが、一人の時間をもてあますようになりました。特に夜。

    私にとって夫は初めての、そして唯一の男でした。高校時代は女子校でしたし、
    大学の頃につきあった人はいましたが、いい人過ぎたのか何となくそういう関係
    になりませんでした。
     
    そんな自分が別にイヤでなかったし、セックスに興味無い女なんだと自分で信じ
    てました。 夫と出会い、セックスするようになってからも、実は全然良くありませ
    んでした。 良くなかったけど愛情を確かめ合う手段として、私は受け入れていた
    のです。

    結婚してからというもの、夫は毎日体を求めてきました。
    特に変わったことをするわけではありませんが、ひたすら「愛してる。大好きだ。」
    といいながら抱きしめてくるのです。
    半年ばかり経った頃から、私の体は変わり始めました。

    すごい快感におそわれるようになり、イクことも覚えました。セックスが楽しみに
    なり、昼間から夜が待ち遠しく、体が熱くなるようになりました。 こんなに淫らだ
    ったかと自分で驚くほどでした。

    そんな私を見て、夫は喜び、ますます積極的に愛してくれました。
    そんな矢先だったのです、転勤の話が来たのは。
    夫と離れて以来、何がつらかったかというと実はHを覚えてしまった体をどうして
    静めるかでした。

    夫からは2〜3日おきに電話が入りますが、でも、声を聞くと反射的に体が疼い
    てしまい、かえって何とも困ったことになるのです。
    どうにもモヤモヤしたときはインターネットのその手のサイトを見てオナニーする
    ことも覚えました。

    私の住む町に夫の弟が住んでいます。夫と3つ違いの弟は私と同い年ですが、
    私は何となく好きになれませんでした。地元の大学を卒業して自動車のディーラー
    に勤めていますが、何となく、話をしても「できの良かった」という夫に劣等感を抱
    いているようでイヤな感じだったのです。
     
    夫のいる間は盆と正月くらいしか会うことはありませんでした。
    ところが、我が家に一台の車を夫が持っていってしまったので、私の足が無くなり、
    もう一台車を買うことになりました。 それならばということで義弟から買うことにな
    ったのです。
     
    何度かその件で我が家を訪れた弟は、それで来やすくなったのか、ちょくちょく顔
    を見せるようになりました。でも、基本的に警戒をしていた私はせいぜいお茶を出
    す程度で、早々に帰ってもらっていました。

    ところが1月のある日。義弟にちょっと上がってもらい、話をしている内、かなりの
    雪が降り始めたのです。2時間ばかりして帰ろうとしたときには、かなり積もって
    しまい、我が家の駐車場から(出口が坂になっているので)滑って出られなくな
    ってしまいました。 

    帰るためのタクシーを呼んでも急な雪でとても来られないということでした。
    仕方なく私は「じゃあ、今日は泊まっていけば?」というしかありませんでした。

    初めて夫以外の男性と二人で食べる夕食は、やっぱりなんだか変で普通に話を
    してるのですが、何だか緊張してしまいました。 食事の後、義弟がお風呂に入
    っている間に、夫から電話がありましたが心配するといけないので義弟のことは
    話しませんでした。

    風呂上がりの義弟にビールをつきあって、いい気持ちになった私は義弟が二階
    の部屋に上がった後、風呂に入り寝床につきました。

    ほろ酔いの意識の中で私はいつしか夫のイメージを追い始め、いつの間にか下
    着の中に手を伸ばし、軽くイッた後まどろんでいました。

    夢の中で夫と私は愛し合っていました。とっても気持ちよく高まっていく感覚を楽
    しんでいたと思います。
    ところが、はっと目を覚ますと・・・。私のそばに誰かいます。

    「えっ!」
    と思って起きようとしましたが、がっしりおさえられており、起きあがれません。
    ビックリして目を覚ますと私の下半身は裸でネグリジェは首のことろまでまくられ
    ており、それを全裸の義弟が押さえ込んでいたのです。

    「なにっ??」「えっ!!だめ!」
    みたいなことを言ったと思います。
    でも義弟の手はすでに私の股間にあり、押さえ込んだまま、しきりに動き回って
    いました。足をばたつかせても全然動けずに、抵抗してもダメだと思いました。

    正直言って本気で抵抗したら、十分に防げたと思います。
    でも、あの時、妙に体が興奮状態で快感に負けてしまったのです。

    義弟は一気に私のアソコに入ってきました。
    「あああっ」
    私の中で熱いモノがとてつもなく大きく膨張したような感じがして・・・。

    入れられた後はもう、もっと変になってしまいました。
    言葉にならないような獣めいた息を耳元で吐きながら、今まで私が経験したことが
    ないような勢いで、激しく突きまくる義弟。

    あんなに奥を圧倒的なパワーで突きまくられたのは初めてでした。自分で自分の
    体をコントロールできず、自然と獣のような声が出るのを私は初めて経験しました。

    私の中で果てた義弟は、そのまま私に腕枕をしてしばらくおとなしくしていました
    が、その間も、私の体はビクンビクンとイキ続けました。

    「どうしちゃったんだろう私の体。」
    なんて、まるで第三者的に思っていると、義弟の指がまた乳首を転がし始めました。
    とっても切ない気分になり、自然と声が出ました。すぐに二度目が始まりました。
     
    すごい快感です。
    しばらくすると「上になって。」と私は上にされました。
    「腰使って。」 といいますが、私にはどうしていいかわかりませんでした。

    しがみついていると突然お尻を抱えられてバックから突かれました。
    あの時の私には騎乗位もバックも初めてのことでした。私はただ異様に感じま
    くってされるがままでした。

    疲れ切って寝てしまい、気が付くと昼の1時過ぎでした。
    私は裸のままでした。隣で同じく裸の義弟が寝ています。

    「とんでもないことになってしまった・・・。」
    私は我に返って義弟を起こしました。
    「どうするの!こんな事になって。」と言うと、何にも言わず覆い被さってきました。

    そんな気分じゃなかった私は避けようとしましたがキスをされて胸をまさぐられると、
    心地よくなり抵抗できませんでした。義弟はすぐに入ってきました。
    すごい快感です。何だか、もうどうでも良くなってきました。


    終わって外を見ると雪がさらに積もっていました。
    「こりゃ帰れないな。」
    と義弟は言い、結局、次の晩もウチに泊まりました。
    その週末の金曜日の晩から土曜日、そして日曜日、と三日間ずっと家にいて、
    ずっと抱かれてしまいました。

    「またくるよ。」
    と言い残して日曜日の晩に義弟が帰ったすぐ後に、夫から電話がありました。
    なんか、信じられない3日間の後、現実に引き戻されたようで申し訳ない気が
    しました。話しながら、夫に悪、いと心の底から思い、立ち直ろうと誓いました。

    でも、その日から二日とあけずに義弟が家に来始めました。
    来ると必ず長い激しいセックスです。
    拒もうとするのですが、始まってしまうともうダメです。
     
    ひと月もすると、密かに義弟の来訪を心待ちにするようになってしまいました。
    義弟のお遊びも始まりました。 最初はバイブや手錠を持ってきてSMっぽい
    ことを始めました。 変態みたいでイヤだったのに、いつも以上に感じてしまい
    ます。

    手錠をかけて後ろから犯しながら
    「兄貴もかわいそうだな。エリートコースを歩いてるうちに、愛するかみさんが
    こんな事になってるなんて。」などと言葉で辱めます。

    そんな言葉にしびれるような快感を感じる私は、さらに深みにはまる事になりまし
    た。もう、彼の妻である資格がないようなことになってしまっています。


322  優実。 - 2015/03/31(Tue) 01:10 No.28473
    お願いです!これはっ!って言うレイプ物教えてください。
    どうしても見たいんです私みたいに陵辱されてる女を!


323  由香 - 2015/03/26(Thu) 06:04 No.28424
    ベッドイン→キス→巻いてたタオル取られ全裸にされハードキス。それから、エッ!エッエッ?彼は当然って感じでベッド上に立ち上がって私をひざまずかせた。内心あせりながら私、お口をアーン。出されたモノをくわえるのは、女のマナーで、大きな楽しみで、ドキドキタイム。ああ、これで突かれるんだって思うと、もーどうしようもなくキュンってなっちゃう。だから甘いセクシーボイスでセクシーポーズで自分自身を駆り立てる。唇が感じてお口を突かれるたびに声にならない喘ぎがもれちゃう。頭のなかは、sexのことだけしかない。私は完璧におんなになった。つづく


324  マダム・沢村です。 - 2015/03/28(Sat) 20:02 No.28452
    稲生君に侵されっ茶ったわぁ〜!
    下痢してたから、後ろも前からも大放水よぉ〜!
    凄く、臭かったわよねぇ〜
    ごめんなさいねぇ!
    また特上のお寿司取ってあげるから「来てねぇ」
    「待ってるわぁ!きっとよっ」


325  女性 - 2010/10/24(Sun) 21:34 No.14475
    1学期の期末試験勉強中の時。
    以後この男4人+3人とは卒業までエッチな関係を持ってた。
    最大は8P。部活とかバイトとか彼氏・彼女とかあったけど
    最高の8人までやったことあった。
    私はバスケ部のマネージャーをやっていた。
    マネージャーは私ともう二人先輩がいた。
    5P相手の男4人は同じ1年のバスケ部。
    ちなみにその時1年の部員は10人ほどいた。
    この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。
    休みの日はカラオケいったり家に行ったこともあったよ。
    ただ恋愛関係になることはなかった。
    男の子達にも私にも、好きな人がいたしね。
    そんな関係の5人だったんだけど…5Pをしました。
    私は一緒に試験勉強をしないかと4人に誘われた。
    私は勉強はダメで、それまで成績も結構ギリギリだった。
    4人の内のA君は、勉強が出来る人だったので
    教えてもらおうと考えていた。
    場所はB君の家。理由は家がそこそこデカイし
    親も仕事でいないからという理由です。
    B君の家に着いて、とにかく暑かったので
    クーラーを付けてもらった。
    勉強前に、まず涼みながら話していた。
    が、男の子達は私の胸をチラチラと見てた。
    というのも、白いYシャツ一枚だったし、
    私が思ってたより、新しく買った青ブラが透けてたから。
    そして何より、私の胸が成長期に入ったのか
    どんどん巨乳になっていってて、谷間が見えていたからかな。
    入学した時はAだったけど、
    この頃はD〜E、もしかしたらFくらいまでになってたかも。
    とにかく見られてはいたが、
    特にお互い突っ込むこともなく、
    勉強しようってことになった。
    A君に勉強を教えてもらってる時も、
    胸をチラチラ見られてる感はあった。他の3人からも。
    でも今さらボタン一つとめるのも何か気まずいし、
    まぁ見られるくらいなら…と考えていた。
    私は1時間ほどで勉強にバテました。
    私はなんか構ってほしくなって、
    勉強してる4人にちょっかいを出すようになった。
    けど4人は無視。勉強に集中してた。
    私はなんとなく、B君の鍵がついている
    机の引き出しを引いてみた。開いてしまいました。
    B君は「ちょっとタンマ!!」と言って、
    思い切りその引き出しを閉めた。
    その焦りぶりに、
    私含む4人は何か隠されているとすぐに分かった。
    B君以外の4人は協力してその引き出しを開けた。
    そこにはエロ本とエロDVD、さらにはコンドームまであった。
    B君は抵抗をあきらめて、私達がそれを見てるのをながめてた。
    A君が「巨乳モノばっかだな」と言った。
    確かによく見ると巨乳女優ばかりだった。
    私は、「やっぱり男の子って巨乳が好きなの?」と聞いてみた。
    B君は「全員ってわけじゃないと思うけど」と言った。
    だけどこの場にいる男4人は、少なからず好きだということだった
    私は「私の結構チラ見してたでしょ!」と思い切って聞いた。
    ここから段々とお互いの性の話になっていった。
    みんなが童貞だと言うこと、オナニーはどのくらいするのかとか、
    私にエッチ経験があるかとか。私はあると答えた。
    しばらくそう言った話をしたあと、
    C君が「B、お前立ってんじゃねーの?」と言った。
    B君は否定するが、C君がBの股間を不意に触ると、
    「うわこいつ立ってやがる」と言った。
    私は「サイテーなんだけどー」とか言いながらも、
    少しはしゃいでた。
    D君は「A子(私)に抜いてもらえよ」
    と冗談半分で言った。
    私は絶対イヤですと拒否したが、少し興味はあった。
    次第にB君は開き直って、ズボンを外側に引っ張って、
    アレが張るように見せた。
    ズボン越しからでもアレが立ってるのが分かる。
    A君が「A子、触ってみろよ」と言った。
    私は触るだけなら、と思い「んじゃ触ってみるか」
    と言った。男の子達は少し驚いていたけど…
    B君は仁王立ちしながらアレを強調していた。
    私はB君のアレを人差し指で触った。
    周りの男の子達は盛り上がった。
    B君は「うおー初めて触ってもらったーマジ感動」
    みたいなことを言った。
    私も少しテンションが上がっていた。
    私は更にズボン越しからアレを優しくさすった。
    B君は驚きながらも、「やべ気持ちいい」と言った。
    私は早くさすったり、強くさすったりしてみた。
    周りはテクニック見せ始めたぞ、と言っていた。
    B君はマジで感じ始めていたようだった。
    B君が「A子、もう我慢出来ない」と言って、
    手を私の頭に乗せ、私の顔をズボン越しだがアレに押し付けた。
    その瞬間周りが凍り付いて、ホントに色んな音が消えた。
    私も緊張感で一杯になった。
    B君もその空気を読んで我に返った。
    B君は「マジゴメン」と謝って
    私の頭の手をどけ、私は顔を離した。
    数秒間気まずい空気になったが…
    私はドキドキしながらも興奮していた。
    私はB君のアレに手を延ばし、
    再びズボン越しからアレをしこしこさすり始めました。
    周りの空気をひしひしと感じて
    、なんとも言えない感覚だったけど、さすり続けた。
    私は、抜いてあげればこの空気は変わるんじゃないか、
    となぜか思い始めた。
    私はB君のファスナーを降ろした。
    B君含む周りは、もう私の行動をただ見ていた。
    トランクスの前のボタンも開けた。
    アレが飛び出てきた。
    B君のアレはすでに先っちょが濡れていて、
    B君は恥ずかしそうにしていたが、
    かなり立派なアレだと私は内心思ってた。
    私は直に手でそれを握り、またしこしこし始めた。
    B君は段々気持ちよくなってきていたのか、
    吐息が漏れ始めていました。
    さらにアレの大きさも少し大きくなっていました。
    私はそのまましこしこし続けていたら、
    B君は「あ、イク」と言った。
    私は反射的に、アレを下向きにしてもう片方の手で
    精液を受け止める形を取った。
    B君のアレから精液が出た。何度もビクビクさせながら、
    私の手のひらに出していった。
    出し切った後、少しアレに精液がからんでいた。
    私はどうしようか悩み、B君を見上げた。
    B君は何も言わなかったが、
    舐め取ってほしそうな顔に、私は見えた。
    私はB君の精液のついたアレを舌で舐めました。
    アレがぴくっと反応した。
    私は全てを舐めとり、どう処理しようか悩んで…
    どうしようもなくて飲んだ。
    手のひらの精液はそのままで、
    タプタプしたままだけど…
    周りの空気はまだまだ重かった。
    私は何て言ったらいいか分からなかったが、
    C君が「すごいの見たわ」と言った。
    みんなその一言で解放されたのか、
    ワイワイ言い始めた。
    D君が「それ(手のひらの精液)どうすんの?」
    と言った。
    みんなの視線が私に向けられた。
    B君は洗面所はこっちに、と案内しようとした。
    けどその時、私には変な意地みたいなのが内心あった。
    私はこういうことだって出来るんだよ、みたいな。
    私は口を手のひらの精液に運んだ。
    私はみんなの方を見ながら、精液をズルズルとすすった。
    一瞬静かになり、誰かが「おお」と言った。
    精飲は友達の話やAVで知ったぐらいで、
    初めて精液を飲んだんですが、正直気持ち悪かった。
    一息入れて、なんとか全部口に流し込んだ。
    AVでやってたように、口の中をみんなに見せてあげた。
    誰かがすげぇと言った。
    私は手のひらの精液もなめとって、
    口の中でくちゅくちゅと音をたてた。
    そして意を決して飲みました…
    まるで初めてじゃないかのような素振りで。
    みんなに口の中を見せて、飲んだことを証明しました。
    C君が「いやまじすげーわ」と言って拍手した。
    周りもなぜか拍手した。
    私は我に返って照れ笑い…多分顔は真っ赤だったと思います。
    D君が「今の見て立っちゃった」と笑いながら言った。
    C君は「実は俺も」と同じく言った。
    二人ともB君がやったように、
    ズボンを引っ張ってアレを強調させた。
    私は「サイテー。もうやらないからね〜」と言った。
    するとA君がこう言った。
    「実はA子濡れてるんじゃね?」と。
    私は反射的にあそこに手を持っていき
    「濡れてません!」と言った。
    でも実は濡れいてました…だから反射的に、
    あそこに手を持っていってしまったのかな…
    私があそこに手を持っていったしぐさに、
    A君が「エロイなその動き」と言った。
    他の3人も「確かにエロかった」と言った。
    私は怖いとは思わなかった。
    そんなことにはならないだろうと思っていたし、
    何より私自身、男の子の股間に目がいってしまっていた
    私は「じゃあ触るだけだよ」と言って、
    キレイな方の左手で、C君のを触った。
    周りが静かになった。
    C君のをズボン越しにしごきながら、
    私はD君の方を見て
    「こっち(右手)汚れちゃってるから…」と言った。
    D君はものすごい素直に
    「次でいいよ」と言った。
    D君は普段素直なタイプじゃないので、
    すごく新鮮だったが、かわいそうに感じてしまった。
    私はC君のをしごきながら、D君を見つめた。
    するとD君は、私の足に手を伸ばしてきた。
    すごいソフトタッチで膝の辺りを触った。
    私は顔が赤くなっていくのが分かった。
    私は「触りたいとこ触っていいよ」と言ってしまった。
    D君は私の顔を見つめながら、膝から太ももへ、
    あそこに向かって手を伸ばしてきた。
    D君の手があそこに到達した。
    私は顔をそらし、下を向いた。
    D君はパンツ越しに私のあそこを優しくいじり始めた。
    A君がいつの間にか後ろに回り、私の胸を掴んだ。
    私はそれから逃れるかのように、
    C君のをしごき続けました。
    するとB君がこう言いました「
    おいA子、いいのかよこんなことして」と。
    みんな私の答えを待った。私
    の顔に視線を送っているのが分かった。
    でも私は下を向いたまま、
    C君のをしごき続けてました…
    いいっていうわけじゃない、
    でもダメっていうわけでもない、という感じだった…
    結局私は答えを出さず、
    その前にC君が我慢の限界にきたようだった。
    C君は私の手を軽くどけ、ファスナーを開ける。
    そして私にアレを握らせた。
    私はC君のアレが見える程度に軽く顔を上げた。
    C君のアレも立派だった。
    C君は頭を後ろにのけぞらせ、ハァハァ言い出していた。
    私はイクのが近いと思い、思い切り早くしごいた。
    するとC君は「イク」と言って大急ぎで
    私の汚れている手を持ってきて、そこに出した。
    少しこぼしてしまったが、
    C君は「あ、あ」と言いながら私の手に出した。
    私はそれを自分の髪の毛の間から見た。
    顔を上げるのが恥ずかしかったから。
    C君は「マジ気持ちよかったよ」
    と言って私の目の前にまだ立ち気味のアレを差し出した。
    舐め取ってほしいというのは分かっていたが、
    その経験は今日のB君が初だった。
    私は自然とC君のアレを口に含み、
    口の中で舌を動かして精液を舐め取った。
    舐め終わるとB君が「手のも…」と言った。
    私は躊躇したが、口に含んで飲み干した。
    左の手のひらはB君とC君の精液でべとべとだった。
    D君があそこから手を引いて、
    自分からアレを出し、私の顔の前に持ってきた。
    D君「フェラしてほしいんだけど」と言った。
    私は何も言わずに右手でこすこすとこすったあと、
    口に含んだ。D君は腰に手を当て、感じているようだった。
    A君は後ろから私の胸とあそこをまさぐっていた。
    するとA君が耳元で「脱がすね」と囁いた。
    私は抵抗する気はなかった。
    私はYシャツのボタンを1つずつはずされ、
    前は全開になった。 全員の視線が胸に集まり、
    私はYシャツを脱がされ、ブラだけになった。
    B君とC君が「あ〜すげぇ」と言って、B君は触り始めた。
    D君は「早く脱がせよ」と言うが、
    A君は少しブラに手間取っていた。
    やがてA君が私のブラをはずした。
    みんなが「おおー」と言った。
    でけぇ、乳首ピンクだ、立ってるよとか、
    色々みんなに言われ、
    D君のをフェラしながら顔が赤くなった。
    私は目をつぶっていたので、
    ちょっと誰かは分からないところがありますが…
    誰かが私の胸を触り、D君以外みんなもみ始めた。
    私のおっぱいは3人の手でめちゃくちゃに揉まれました。
    でも気持ちよかった。
    あそこにも手を持ってかれていて、
    もう誰が何をしているのかが分からなくなってました。
    するとD君が「イク!」と言って
    私の頭を両手で抑え付け、激しく腰を振った。
    そして一番深い位置で射精、
    直接精液を口の中に流し込んだ。
    喉の奥や舌の奥に精液が飛び散っているのが
    よく分かりました。
    私はD君の両足に汚い左手とキレイな右手をかけ、
    離そうとしましたが、ダメでした。
    私は吐きそうなほどの苦しさの中、
    D君は結局最後まで口の中に流し込みました。
    アレを口から離されてすぐ、
    私は咳き込んで精液を吐き出しました。
    半分以上無理矢理飲みましたが…
    私は「D君…苦しいから…」とか細い声で言った。
    D君は「ご、ごめん、気持ちよくって…」と謝った。
    そのやり取りを無視するかのように、
    A君が「次は俺だな」と言ってアレを取り出した。
    私を仰向けに寝かせ、アレを私の胸に挟み込んだ。
    パイズリも初めてだった。
    A君は私の胸の両脇を手で抑え、
    こすれるように溝を作って腰を動かし始めた。
    私はその間も、他の3人にパンツ越しに
    あそこを見られていた。 するとB君が
    「こっちも脱がしちゃおうぜ」と言った。
    私は恥ずかしさで一杯だったが、
    みんなに身を任せていた。
    スカートを脱がされ、パンツも脱がされた。
    私はすっ裸の状態にされ、3人にあそこを眺められた。
    A君は腰を振りながら「どんな感じ?」と聞いた。
    3人はエグイエグイと言っていたが、
    誰かが「でも見てると立ってくるな」と言った。
    A君が「んじゃ誰か入れちゃえよ」と言った。
    3人が私のあそこでジャンケンをした。
    結果B君が最初に入れることになった。
    私は「入れるならコンドームつけないと」
    ととっさに言った。
    B君が「あ、そうだね」と言って
    引き出しからコンドームを取り出し、着けた。
    C君が「慣れてるなお前」と言うと、
    B君は「つける練習するために買った」
    と言ったのが印象に残ってます…
    私が「ほんとにつけた?」と確認すると、
    B君はゴムをつけたアレを私に見せた。
    私は「いいよ、入れても」と言った。
    B君が私のあそこにアレを入れてきた。
    何度か滑ったみたいだが、
    それがまた気持ちよかった。
    私は胸をA君に犯され、あそこをB君に犯されていた。
    それまで我慢していた声が、我慢できなくなった。
    私はあんあんと喘ぎながら、
    二人の腰使いで感じてました。
    するとA君が「イク」と言って、私の胸の中で射精した。
    「あ、熱いよ」と私は口に出して、酔いしれていました。
    A君が離れると、私の胸の間に精液が溜まっていました。
    私はそれを見て、
    なぜかすごいエッチな感じになりましたね…
    B君と激しくセックスしている間、
    C君とD君はそれを見ていた。
    二人とも我慢出来ないのか、自分でいじっていた。
    私はそれを見て、この後この二人ともセックスするんだ…
    と思うと、すごく興奮した。
    B君はとにかく気持ちよくなりたいって感じで
    腰を振っていた。 そしてB君が
    「あーイク」と言って、中でゴム出ししました。
    私はいけなかったけど、結構気持ちよかった。
    B君が私からアレを抜いた。
    するとA君が私のアソコを見てきた。
    A君はまだ見てなかったので、
    さっきのB君達と同じようなリアクションだったと思う。
    D君が「悪いけど見学は自分の番でしてくれ」
    と言って、私に入れてきた。
    私は「ああ…」と入れられた時に声が出てしまいました。
    D君はB君以上に激しかった。
    ただ何度かアレが抜けたりしましたが…
    A君が私の顔の付近にアレを持ってきて
    「A子見てたらまた大きくなったよ」と言って
    大きくなったアレを口に押し付けてきた。
    私は目をつぶってA君のを口に含んだ。
    A君のいる方の逆側から、
    もう一本アレが私の頬に打ち付けられました。
    C君のでした。
    C君は「俺のも頼むよ」と言って、
    私の手を自分のアレに握らせた。
    私はD君と激しくセックスしながら、
    A君とC君のを交互に口に含みました。
    私は「んー、んー」と声を荒げながら、
    鼻息も荒くなっていた。
    私は口に含んでいたアレを離し、
    「あーいっちゃう!」と思わず声に出してしまった。
    A君が「いっちゃえA子」と私の乳首をコリコリしてきた。
    C君もそれを見てしてきた。
    D君が「いかしてやるよ」といって
    腰をガンガン打ち付けてきた。
    私は内股に力が入り、
    「イク」と言ってイッてしまいました。
    ちなみにこれまでセックスでイッた事はなかったり…
    私がイッた後の感覚に浸っていても、
    D君は腰を振り続けた。
    A君とC君も私にアレをしごかせた。
    D君が「あー俺もイクよー」と言って
    さらに動きが早くなり…ゴム出し。
    D君は「あーすげー気持ちよかったぁ」と言いながら、
    私の中で射精してました。
    D君がアレを抜く前に、
    C君はすでにその後ろに周っていた。
    D君が抜いてどくと同時に、
    C君が入れてきました。
    「A子、A子」と言いながら、
    すごいペースでピストンしてきた。
    私は「あっあっ」と声をあげていると、
    A君が「ほら舐めてよ」と口にアレを押し込んできた。
    私は口の中でA君のアレを舌で舐めまわしていました
    それもすぐに出来なくなりました。
    それだけC君のピストン運動が激しく、気持ちよかった。
    だがC君は明らかにオーバーペースで…すぐにゴム出し。
    C君は「ああー」と言いながら
    射精の感覚に酔っているようでした。
    早すぎだろと誰かが言って、
    C君は「自分でしこりすぎたわ」と言いました。
    A君が私のあそこに入れてきた。
    「これがマンコかぁ…すげー」と言っていた。
    A君が腰を動かしていると、
    D君が私の口に力でアレを含ませてきた。さらにB君も。
    C君は射精したばかりなのに、
    精液で濡らされた私の胸の間に挟んできた。
    私は4人の男を同時に相手にした。
    それぞれのリズムで腰を打ちつけ、
    私の体はわけがわからなかった。
    恐怖もあったが…今までにない快感を感じていた。
    みんなが私で興奮している、
    私で出したがっていると思うと、頭がおかしくなったね…
    D君の喉の奥まで出し入れするフェラに苦しみながらも、
    私は声を荒げた。
    鼻水がちょっと出てきたのを覚えている。
    話し声はなくなり、
    みんなの熱い吐息だけが聞こえていた。
    D君が「あーイクぞ!」と言って
    また口の奥で射精してきた。
    精液の量が前と比べて少なかったが、
    さすがに慣れなかったね…咳き込んだ。
    A君が独り言のように
    「すげー気持ちいい」と繰り返し言っていた。
    するとC君が「やべイク」と言って
    私の顔にアレを持ってきて射精。
    私は目をつぶってA君の精液を顔で受け止めた。
    C君が出し終わり、離れた。
    B君が「うわ、顔射エロイな」と、
    精液のついた私の顔を褒めて(?)いた。
    B君はC君が出している間も、
    ずっと私にアレを咥えさせていた。
    B君が「よし俺も顔に出してあげるからね」と、
    D君のように奥まで腰を打ち付けてきた。
    A君とB君のピストンに犯されながら、
    私は必死に呼吸しながら感じていた。
    するとB君が「顔にかけるね!」と言って
    口から抜いて顔に射精。
    B君は顔にかけている時、
    A君も「あー俺もイク!!」と言ってゴム出しした。
    私は二人ほぼ同時に射精されてしまった。
    「あー気持ちよかったぁ」とB君が離れ、
    A君も離れた。 私は目が開けられない中、
    私は犯された感覚に震えていました…


326  (仮)北山えり - 2015/02/08(Sun) 19:41 No.27878
    また書きま〜す&#10069;レースクイーン時代の話、私たちレースクイーン(女の子)はスポンサーへの贈答品だった要するにプレゼント&#10069;接待で呼ばれたときはヤラレるのは覚悟でまぁ〜お約束って訳、「レオタード姿で」って指定されて白に真っ赤な字でスポンサーロゴ股の具をギリギリ覆い隠してる5.5cmの布きれハゲおやじにお酌とかさせられてるのだけどお酒も入ってるし、そもそもスケベなことをやるつもりで来てるんだし、こっちはお金出してるんだからって感じ、もうお構いなしにオマンコや胸揉まれてブチュ〜!ってキスされて股間を隠してるレオタードをグイッとずらしただけでオマンコ丸出しにされてハゲ親父にマンコも肛門もベロベロ舐めまくられてマン繰り返しにされてお銚子の日本酒をマンコの中に注がれ指でコチョコチョ!マンカスをお酒になじませる感じでオヤジが飲んでたマンコからお酒が吸収されたのかマンコからお腹の中まで熱っ〜くなっちゃってそのままオヤジに乗っかられてマンコの中に汚ったねぇチンコ突っ込まれて親父が反転して私がオヤジに跨った状態でチンコ刺さったまんま、さっきまでみんなで突っついてたすき焼きのラードを私の肛門に塗り込んで、ことの状況を理解した私は「ギャ〜!」ってさすがにアナルヴァージンだし「怖いっ!」ってでもズニュッ!って根元まで(ビックリ)で前と後ろでお腹の中を掻き回されて、まぁ〜何回もイカされちゃったってことだけどマンコに指突っ込まれて膀胱をお腹の中からグイッ!って押し出されたら…出ちゃうでしょ女の体はそうゆう仕組みになってるんだから、何度もイカされて潮吹かされて一晩中、朝になってお風呂でマンコ見たらパカ〜ンて口開いたまま、で薬湯に入ったらマンコもアナルも沁みるし入っていられなかった、こんなことばっかりやってたらまともな人生送れないなぁ〜って、真剣に考えだした頃だった。


327  三乃 - 2015/03/27(Fri) 18:07 No.28440
    はじめまして、私は29歳主婦です。昨年私はパートにでたのですが、夏に行なわれた慰労会のことを書きます。
    でも、その前にこれを読まれてる方(男性)に質問があります。
    もし、ある日突然奥さん(彼女さんでも可)のアンダーヘアが綺麗になくなっていることに気づいたら、あなたはどうしますか?

    私の場合は、慰労会に参加した時にいろいろありまして、私が気づいた時にはもう剃られてなかったのです。その時のことは後に詳しく書きたいと思いますので、ご意見よろしくお願いします。


328  人妻 - 2015/03/24(Tue) 16:05 No.28411
    私は二十八歳の主婦です。
    誰にもいえない口惜しさと悲しみを込めて、
    憎い少年を告発します。
    私は先月、中学二年の少年にレイプされました。

    少年は私と同じマンションに住む家族の長男で、
    去年の秋、越してきました。
    同じ階なので時々すれ違ってはいましたが、
    話などしたことはありませんでした。
    見るからに陰気で、小太りな、醜いブタのような少年です。
    先月、夫が海外に長期出張した一週間後のことでした。

    土曜日の午後、
    買い物から帰った私はドアを開け中に入ろうとした時、
    背後に人の気配を感じました。
    振り向こうとした時には腹部に鋭い痛みを受け、
    苦痛と呼吸困難で抵抗できない私は後手に縛られ、
    リビングに引きずられていきました。
    少年はコートとブーツを身に着けたままの私の下半身から
    パンストと下着をむしりとりました。
    コートとスカートを捲り上げられ、少年にのしかかられました。

    この間、私は必死に抵抗しました。
    私は自分の身に起っていることに動転しながら、
    少年をたしなめ、叱りました。
    少年は初めてだったのでしょう、
    必死に閉じ合わせた私の股間に
    男性器を何とか押し込もうとしているうちに射精しました。

    最悪の事態だけは避けることの出来た私は少年に
    「出て行きなさい」
    ときつく言いました。

    しかし少年はぞっとするような暗い歪んだ顔を向けて、
    「おばさんのこと前から狙ってたんだ」
    と言って
    再び私に襲い掛かってきました。
    コートをはだけられ、ブラウスを引き裂かれ、
    そしてブラジャーは引き千切られました。
    剥き出しになった乳房に少年は狂ったように吸い付いてきました。
    再び勃起した少年は今度は私の両足をソファの脚に開いて固定しました。
    私は身をよじり、あらん限りの抵抗をしましたが、少年に貫かれました。
    遮二無二に腰を使う少年は醜い顔をさらに醜く歪め、私の膣内に射精しました。

    私の夫は無精子症で私たち夫婦に子供はありません。
    私はレイプされたショックと妊娠の恐怖に泣きました。
    少年はそんな私の姿を写真に撮り、乳房や股間をいじりまわしました。
    そしてもう一度私を犯し、膣内に射精して少年は帰っていきました。

    翌朝の日曜日、私が口惜しさとショックから立ち直れず、夫に相談するか、
    警察に訴えるか、迷っている時少年がやってきました。
    今から思えばこの時毅然とした態度で、
    厳しい対応をしていればと悔やまれます。

    少年はポラロイドの写真を私に見せつけ、
    弱気になっている私を昨日と同じように
    後手に縛り、そして衣服を剥ぎ取りました。

    少年は泣いて嫌がる私を二度貫き、
    二度とも膣内に射精しました。

    その後は三日に一度はやってきて私を犯します。
    フェラチオを強要され、ある時などは二時間以上咥えつづけさせられました。
    私の口の中に射精しては再び勃起を繰り返し、
    終った後、私の顎は痺れて暫く口を閉じることが出来ませんでした。
    先週は、肛門を犯されました。
    出血し、泣いて嫌がる私を楽しんでいるようでした。
    私は少年にどんなにいやらしい事をされても、決して感じませんでした。
    卑怯で、卑劣な少年に対する私の唯一の支えでした。

    しかし昨日、その支えすらも失いました。
    次第に性交になれてきたのか、
    少年の巧みな腰使いに私は女の生々しい姿を晒し、
    身体を痙攣させて、達してしまいました。
    そのときは声だけは出すまいと唇を必死に噛み締め耐えましたが、
    大人の女の生々しい反応に少年は異常に興奮したのか、
    二度、三度と激しく挑んできました。

    そして遂に私は恥かしい声を洩らし、
    涙を流しながら、身体を痙攣させ、達してしまいました。
    年下のしかも中学二年の少年に弄ばれ、感じてしまいました。
    私は恥かしくて、口惜しくて、そして情けない。

    今月の生理はまだありません。
    あの醜い小太りの少年の子供を胎内に宿しているのかと思うとぞっとします。
    憎いあの少年を何とかしてください。
    涙で目がかすんできたのでここでやめます。


329  あかね - 2015/01/27(Tue) 16:20 No.27716
    大学生です。

    サークルの先輩に犯されました。
    その後他の先輩たちにも回されました。
    いえ・・・・・犯されてます。回されてます。

    とっても嫌で悲しくて、その時も、終わった時も涙が出てしょうがないのに
    体だけは感じてしまい、ビクビクと身悶え、それを私を犯す先輩たちに見られ面白がられます。
    それがとっても恥ずかしくて悲しいです。

    先輩たちは
    ニヤニヤと嫌らしい目で私を見ながら私の体中を弄って
    私の体が反応するのを嬉しがり本当に嫌らしい声で笑いながら犯し続けるんです。
    私が本当に嫌がってるのに。


    そして一層つらいのは
    一度いかされてしまった後なんです。
    いかされるた後の私は、身体のどこを触られても弾けるほど感じてしまいます。
    それに
    私の膣の中が蠢いて、男性のそれを、自分の意思と関係なく締め付けるみたいなんです。
    それで
    先輩たちはバカみたいに嬉しがり興奮するんです。
    そして
    それだけでなく私自身も
    先輩が動いていないのに、私の中の男性のそれが動かされてないのに
    私の内側と男性のそれとの摩擦や圧迫の刺激が続き、絶え間なく快感が襲ってくるのです。
    私の膣の中が、勝手に男性のそれに纏わりついて、自分から男性を刺激して、快感を生み出してくるんです。

    一度いかされてしまった後の私はそのせいで、永久に何度も繰り返しいかされ続けます。
    めくるめく快感に翻弄されます。相手が好きでもない先輩たちなのに。

    一度に何人かの先輩たちの相手をさせられる時には、それはさらに地獄の責め苦のようです。

    私の身体は、なぜこんなことになるのでしょうか。
    女性はみんなそうなのでしょうか。


330  美姫・マンジェロ。 - 2015/03/25(Wed) 17:27 No.28418
    jk3年生です。
    もう卒業だから、全部話しちゃいます。
    学校へは電車通学です&#8252;超満員です!
    痴漢野郎と盗撮野郎は態々その超混んでる時に連環して仕掛けてくる!たちが悪い。
    壁役、触り役、盗撮役、股開かせ役、壁役は3〜5人いてほかの通勤客に怪しまれないように壁を作ってる。
    股開かせ役は足の間にアタッシュケースを突っ込んできて
    足を閉じることができないようにさせられる!
    後は触られて、下からパンツ盗み撮りされる訳。
    パンツ盗み撮りされるのはもう慣れっ子になったけど
    触られるのは流石に恥ずかしいし気持ち悪い!
    処女じゃ〜無いし、週に3回はオナニーもする!バイブをクリに充ててよがってるんだけど、他人の知らない親父に触られるほど、お人良しじゃない!
    制服のミニスカとパンツの間を行ったり来たりして、男の人なら「物」が付いてる部分を正面から撫でられる!
    マンコの丘のところ!恥骨部分を揉み揉みされる
    そして割れ目をいじられて、クリを刺激してくるのよ!
    お汁も声も出ちゃうから恥ずかしいのに、親父たちはそれが嬉しいのか何度かマン毛にまで触られたことあるよ!
    この春で卒業だから、あの親父たちと会うこともないです。
    さようなら!


331  mao - 2015/03/22(Sun) 03:33 No.28399
    私は今まで痴漢やナンパは良くされていた。でもレイプだけは経験がない。だからレイプをされたくて日に日に願望だけがとても強くなって…
    突然に体を制圧され激しく突かれるのは、恐怖心でもの凄く興奮するし、失神するほど子宮はもとても気持ちが良い。レイプがされたくて仕方がない…


332  - 2015/03/18(Wed) 12:28 No.28367
    私はもう戻ることが出来ない深みにはまってしまいました。
    優しいあなたと、命より大切な子供に囲まれて幸せいっぱいの暮らしだったのに。
    みんなに尊敬される大学教授のあなたと、真面目だけが取り柄の高校教師の私。
    そんなつつましい生活だったのに。
    あなたを裏切ってしまって本当にごめんなさい。

     相手は去年の同窓会で酔った私を家まで送ってきてくれた私の同僚のK先生です。

    酔って私に触れようとしてあなたと口論になり、捨てぜりふを言って帰っていったあのKです。
    そのKの罠にはまってしまいました。
    私の身体はもうあなたの下には戻れない身体になってしまったんです。

    初めは力ずくでした。
    これだけは信じてください。
    力ずくで犯されたんです。
    学校の自然教室の引率で行った蔵王のホテルで、「先日のことで謝りたいから」 って言うので部屋に通したら、突然抱きすくめられ、押し倒されて、私は全身の力をこめて抵抗したんです。
    それでも着ているものを全部脱がされて、身体中あちこちを触られて、最後までされてしまったんです。
    すごく悔しくて、すごく悲しくて、自殺したかった。

    あなたにすごく申し訳ない気持ちだった。
    全てが終わった後ずっとひとりで泣きました。
    一晩中。

    でも翌日には生徒の前に出なければいけない、そう思って、無理して平静を装っていましたけど、ふと目を閉じると、瞼の裏にあの時の悪夢のような情景が甦ってきて、恐怖で身体の震えが止まらなくなりました。

    でも何度も何度も思い出すうちに、その度に身体が熱くなることを感じていたんです。
    私の意志も人格も無視して、力ずくで私の身体を奪ったKが憎い、

    汚らわしいものを受け入れてしまった私の身体が憎い。
    恥ずかしい、私ってなんて汚らわしいの、その行為自体は凄くイヤな事なのに、犯されている自分を思うと、どんどん興奮していってしまう。
    自分で自分がわからなくなるほど、熱いものが身体を、心を支配してしまうんです。

    二度目は深夜の教室、自然教室で撮られた写真をばらまくと脅されて、行ってしまいました。
    土曜日の夜、夕食後に仕事してくるって言って出かけていったあの日のことです。

    その時も暴力的でした。
    真っ暗なLL教室に入ると、いきなり後ろから抱きつかれて、立ったままスカートをめくられ、下着を下ろされて、その時も抵抗しました。
    力一杯抵抗したつもりだったのに、でもその時、本当はこうなることが分かっていて、犯されることを期待していた自分を確信してしまったんです。

    一度後ろから犯されて、放心状態だった私を今度は服を脱がされ、冷たい床に倒されて、何度も何度も犯されました。
    その時はもう抵抗できませんでした。
    なんでだかわからないけど、身体に打ち付けられる快感に負けてしまったんです。

    三度目は、Kに連れられてラブホテルに連れ込まれました。
    連れ込まれたと言ってもホテルに入るとき抵抗したわけではありません。
    部屋に入るなり抱きすくめられ、私は「いや、」とか「だめ。
    」とか言ったんですけど、ホテルにまで入りながら抵抗している自分が逆におかしくなってしまいました。
    するとKは、「あんたは、抵抗しながら無理矢理犯されるのが好きなMなんだな。
    」そう言われました。
    そうかもしれません。
    女性はみんな被虐的快楽を求めるM性があるって何かの本で読んだことがあります。
    Kは私に目隠しをして、両手両足を縛り、服を着たまま犯しました。
    私はのたうち回りながら快感にむせび泣きしました。

    四度目は私の方からKのマンションのドアをたたきました。

    欲しかったんです。
    Kに犯されたかった。
    次はどんなふうにして犯されるのか想像しただけでも身体が熱くなってくるんです。

    もう私の身体はKのものです。
    Kの○○がなければ生きてゆけません。
    Kはまた私に目隠しをすると、奥の部屋から他の男達を呼び出してみんなに犯させました。
    焼酎臭い息や、あきらかに50代以上の加齢臭、まるで餌にむらがるハイエナのように私の身体にむらがり、よってたかって服を脱がし、身体中を舐めて、代わる代わる挿入してきました。
    私はオヤジ達の精液でまみれ、ボロ雑巾のようにプライドも貞操もズタズタにさせられました。
    その後はもう坂道を駆け下りるごとくです。

    Kは私に遭う度に様々な刺激的な行為をさせました。
    レズもさせられたし、中学生ぐらいの子供の相手もさせられました。
    それもこれもKの言うことを聞けば、最後にはKの○○に貫いてもらえると思えばこそ、Kの言うことはなんでも聞きました。
    たった3ヶ月のあいだに私の身体はKのものになってしまいました。
    もう自分でも制御できません。
    Kの大きいモノがなければ生きてゆけません。

    あなた、ごめんなさい。
    私はあなたを裏切り、Kの子供を妊娠しています。
    はじめに犯されたときに出来たものだと思います。

    Kは私を愛してなどいません。
    あの時あなたに罵倒され、あなたを強く恨んで、あなたの妻である私を自分のものにして孕ませることが目的だったと言っています。
    でも私はKさんのことを愛しています。
    私の心もKさんのものです。
    ごめんなさいあなた。


333  OL - 2015/03/23(Mon) 13:55 No.28406
    私は、結婚3年目のOL主婦をやっている32歳です。

    主人とは、職場結婚して、まだ子供はいません。

    去年の春に私は、昇進して夏に会社で管理者研修が、東京で行われました。

    管理者研修は、2泊3日の予定でした。

    不幸なことに、台風が近づいてたので、会社から予定より1日前に出発するように言われました。

    まさか、この1日前になることによって、複数の男の人達から痴漢されて、ホテルでは酔っ払いの男の人達に

    犯されることになりました。

    私は、会社から連絡で、急いで出張の準備して3ケ月ぶりに単身赴任から帰って来たばかりの主人に空港まで

    送ってもらうことにしました。

    主人から軽く引き受けてもらい感謝でしたが、主人から空港に向かう途中に気になるキーワードを言、われました。

    「恵、そんな服装で大丈夫か? そんな露出が高いと痴漢に狙われるじゃ?」

    「えぇ、そうかなー ここも雨降ってるし、東京も雨が降っていて蒸し暑いし、今日は泊まるだけだから

    身軽の軽装がいいのよ。それに、32歳のおばちゃんに痴漢なんか来ないわよ。」

    私は、主人から指摘された服装は、改まって見ると白の胸元が広いサマーセーターにデニムの前がファスナーで

    開くミニスカートで生足でサンダル姿です。

    急いで出張の準備をして、雨が降っているからスーツを着ていくとしわになると困るから私服を選択したのです。

    しかし、主人は心配していて用心するように言われました。

    「本当に注意しろよ。 でも今日の恵は、綺麗だよ。俺が痴漢する。」

    と言うと信号機が赤になると私の胸をサマーセーターの上から触ってきました。

    「あぁぁ〜ん ダメよ〜 誰かに見られちゃうよ〜 もう・・・気持ちいぃぃ・・・」

    さっき、主人に言われた痴漢の言葉に反応して私のアソコは、熱くなり主人から胸を触られただけで、

    エッチな気分になりました。

    その理由は、私が高校生3年生頃引っ越しして電車通学になると、いつも特定のおじさんに痴漢される

    ようになって、初め頃は、嫌だった痴漢行為が段々と私のアソコを屈辱する指が、気持ち良くなりおじさんの

    痴漢行為を受け入れるようになりました。

    おじさんの痴漢に虜になった私は、制服のスカートも短くして、パンティもTバックを着るようになりました。

    おじさんとは、肉体関係までなり指使いとアソコを舐められる快感は、今までの元彼や主人とは比べられない

    くらい気持ち良くて忘れなくています。

    おじさんが、転勤してしまい、あれからSEXに関しては、ある意味欲求不満かもしれません。

    でも、痴漢のキーワードを聞いて主人の痴漢見たいな行為に感じています。

    信号機が、青になると車が走り出して、主人は左手で私の太ももを触ってきました。

    段々と手が、内側を触ってきてアソコを刺激してくると、アソコが濡れてきているのが分かります。

    主人の指が、パンティをずらしてアソコに指が侵入してきました。

    「恵、オマンコがめちゃくちゃに濡れているよ!!」

    主人から3ケ月ぶりに触られて、痴漢行為見たいにされて私のエッチなスイッチが入ってしまいました。

    「だって・・・あぁぁ・・・久しぶりでしょ(^o^) 気持ちいぃぃ〜(≧∇≦)b (≧∇≦)b (≧∇≦)b 」

    私も主人の股関に手を持っていきおちんちんを触ると主人のおちんちんは、勃起していて舐めたくなりました。

    無情にも空港に着いてしまい、飛行機の時間が無く、痴漢プレイは終了してしまい主人も私も欲求不満のままで

    別れる前に一言釘をさされました。

    「恵・・・大丈夫か? 痴漢されたら耐えられないじゃ? 本当に注意しろよ!」

    私は、結婚してから浮気もしたこと無いし、これからも浮気なんかする気も無いけど、あの痴漢おじさん見たいな

    SEXをしてもらえないだけが不服な所があるけど、浮気はしないし、痴漢に遭っても大丈夫とこの時は、

    思っていました。

    「大丈夫よ。痴漢されたら声を大にして言うから痴漢ぐらいで感じ無いし大丈夫よ。東京に着く時間も20時だし

    電車も混んでないよ。痴漢する人も電車がすいていたら出来ないでしょ。」

    正直、自信はありませんでしたが、主人を安心させる為に言いました。

    主人と空港前で別れて歩いていたらブラが、ゆるくなって感じの異変に気付きました。

    時間が無いので急いで搭乗手続きと荷物を預ける手続きをしました。

    手続きを終わらせて、空港のトイレで、サマーセーターを脱いでブラも外すとフロントホックが欠けているのです。

    主人が、さっき胸を強めに揉んだ時に壊したんだ。

    ブラを一回外すとフロントホックは、完璧に壊れてしまいました。

    色々と考えましたが、ブラをバックに入れてノーブラを選択しました。

    人目が気になりましたが、私の中で夜だから大丈夫と言い聞かせて飛行機に乗りましたが、この行為で後から

    痴漢されやすい服装になり、この時は痴漢されることになるなんて思っていませんでした。

    飛行機は、定刻通り東京に着いてモノレール乗り場に行くと、人で混雑していて電気系統の故障で、モノレールが

    遅れていているのことです。

    私は、とりあえずすいている列を捜していると、途中にガラの悪いおじさん達とすれ違ってジロジロと私を

    見ているのでその場を急いで通過しました。

    歩いていると、やっとすいている列を見つけ並ぼうとしたらスマホにメールが届いたので、並ぶ前にチェックする為

    立ち止まって確認すると主人からで、ホテルに着いてから電話して欲しい内容でした。

    確認後に列に並ぶと、前に並んでいるおじさん2人に見覚えある感じで、あーさっきのガラの悪いおじさん達だと

    思い出しました。

    嫌だなと思っていたらモノレールが来たので、まぁいいかって感じでモノレールに乗り込むことにしました。

    モノレールの中から乗客が降り終わると待っていた乗客が乗り込み初めて、私も押されながらキャリーバックを

    なんとか、荷物置き場に置くと押されて車両と車両の間の手前にたどり着来ました。

    私の前には、1人掛けの座席があるから座ろうとすると、さっきのおじさんに座れてしまい立って行くことに

    なりました。

    浜松町駅まで、ノンストップなので約20分くらいだからガマンだと言い聞かせて窓を見ていると、窓ガラスに反射して

    私の後ろに、多分なのですが、さっきの残りおじさん達ではないかと思っていたら横に立っているのもさっきの

    おじさんで、私はさっきのおじさん達に気付いたら囲まれています。

    嫌だなーと思いましたが20分くらいのガマンだと言い聞かせていると、モノレールが動き始めました。

    モノレールが出発すると、すぐにお尻に何か当たっている感じして、窓ガラスを見ると反射して見える

    おじさん達が、私の下半身をニヤニヤして見ています。

    お尻に何か当たっていたのも更に強くなって当たっているのではなく揉まれている感じで、しかも左右から

    お尻を揉まれていて間違いありません。

    私は、間違いなく痴漢されていてお尻を触っているのは、1人ではなく複数の手が、伸びてきて痴漢されて

    いるのです。

    痴漢に遭ったことはありますが、複数の男の人に痴漢されるなんて初めてのことで、どうしたらいいのか分かりません。

    痴漢してくる手は、容赦なくお尻を揉んできてスカートもめくられて直接、お尻や太もも触ってきました。

    前に座っていたおじさんと目が合うとニヤニヤしてスカートの前ファスナーを開けてパンティの上からアソコを

    屈辱して、横のおじさんは、サマーセーターの上から胸を揉んできて、私を痴漢しているのは、少なくとも5人は

    います。

    私は、感じたらいけないと必死でガマンして声を出さないようにしましたが、こんなにいっぺんに痴漢されたら

    変になっちゃういそう。

    胸とアソコを前から後ろからそして左右から屈辱されて、今まで感じたことが無い快感襲われました。

    横のおじさんがおちんちんを出して、私に握らさせて、私はびっくりしました。

    今まで見たことが無いおちんちんで、主人のおちんちんより2倍くらい大きいのです。

    初め内は、おじさんに手をそえられおちんちんを手で握っていましたが、おじさんが手を外しても自らおちんちんを

    手コキしました。

    もう私は、自分の感情をコントロール出来なくなっておじさん達の手で快楽に落ちていきました。

    浜松町駅に着いてからは、おじさん達に連れて行かれました。

    この後の記憶が飛んで気がつくとホテルで6人の男の人達に口とアソコとアナルもバイブやおちんちんに

    犯されました。

    一晩で、6人を相手したことは、初めての事で、複数プレイも快感です。

    東京から戻った私は、主人のSEXだけでは満足出来なくなりました。

    今は、バイブをアソコとアナルに同時入れて口にもバイブを咥えて犯されているイメージで、オナニーを

    するのが日課になっています。

    また、東京出張があるのが楽しみです。


334  fuimi.sawamura - 2015/03/18(Wed) 08:47 No.28365
    60過ぎのおばさんじゃぁ、お気に召さないでしょ?
    上大岡のマンションに住んでるのっ2fよっ!
    すぐ向かいが公園でいつも子供たちが遊んでいるわ!
    急な坂道を登り切った!そう!そのマンションよ!
    勇気がある方は声かけてほしいわっ!ハッキリ言えばヤラレタいの思いっきり後ろから豚のように突っつかれるとブヒ〜ブヒ〜って泣くわよ!
    60過ぎても女は女!女はマンコに突っ込まれたい生き物なのよっ!お願い!来てぇ〜!!


335  ななこ - 2015/02/10(Tue) 11:02 No.27901
    レイプされて投稿画像一覧を見るに載せられました。

    こんな恥ずかしい画像載せられて
    恥ずかしくて堪りません。

    お願いだから消してよ。


336  マユミ・ナイチンゲール。 - 2015/02/21(Sat) 01:20 No.28075
    ここで呼んだ体験談によく似た経験があるので書いちゃいます。私ではなく友達の友達ぐらいの存在の子が、短大生でバイキャバやってて、いつも来るヤァ〜さん連中の井上がいい子、用意しろっ!って、で店長が「一週間前に入った女子大生がいるんですよっ、夢来(むく)ちゃ〜ん」呼ばれた彼女は接客について、で気に入ったのか頻繁に来るようになって、決まって指名するのが夢来ちゃんだった、次第に腰に手を回されたり、太もも触られたりするようになって、井上がトイレに立つと、トイレまでおしぼりを持って待ってなきゃならないのだけど、おしぼりを渡そうとしたらグイッって腕を引っ張られて、トイレの暗がりでブチュブチュ〜てキスされて、顔に3万突きつけられてパンティを売ってくれって言ってるらしい、断り切れずその場でドレスの中に手を突っ込んでパンティをスルスルッて脱いで渡すと席に戻るときに「ちょっと着替えてきます」て予備のパンティを履きに戻ったらしい、あとで店長に泣いてやめたいって訴えたらしい、結局井上達が来た時は隠れてていいからってことになったんだけど、「今日は夢来ちゃんいる?」って電話かけてくるようになって、その都度「今日休みなんです」とか「今日は具ワイ悪くなってもう帰りました」って言い訳していたそうなんだけど、さすがに自分から逃げてることぐらい察しが付くだろう、それからというもの、ピッタッと来なくなったそうなんだけど、そしたら何故かスーツを着たサラリーマン風な3人が夢来ちゃんを指名するようになって、何度目かにアフターに誘われて「知ってる店があるからそこに行こう」って、そのスナックは井上系の店で夢来ちゃんが入ってすぐに井上が入ってきて「あれっ!夢来ちゃん、久しぶりやんかぁ、一緒に飲もうヤァ」彼女凍り付いたらしいけど逃げ場がなくて井上に体触られまくってトイレに立つとその後をついていくしかない、トイレから出てきたらまた3万円を出してきて「ンっ!」て「ここでは無理です、履いて帰るパンツがないんですからっ」て言っても「早くしろっ」って言われて諦めてドレスに手を突っ込みパンティを脱ぎ、手渡して戻ろうとしたら腕をグイッって引っ張られてブチュ〜てキスされたかと思ったらドレスに手が入ってきて生オマンコ揉まれてそのまま押し倒されて生まれて初めて男にオマンコ舐められたらしい、井上が夢来ちゃんを強姦(やっちゃう)ことは店側も知ってることなのでトイレのほうでなんか騒がしいなぁ、ってなっても動じないわけだ、結局、姦られてその後も付き合わされて、その下っ端のやつにもオマンコやられて、今でも井上の女らしいけど。


337  理沙はー - 2015/03/17(Tue) 14:48 No.28359
    どうなりましたかね?


338  匿名女性 - 2014/03/12(Wed) 06:06 No.25494
    レイプされてて、快感があっただの、気持ちが良かったと冥想文でも投稿しないで

    偶然このコーナーを見て半年前の忌まわしい過去を思い出してしまいました

    本当にひどかったし、不潔で気持ちが悪い体験です
    暗がりで草むらに引きずり込まれ、刃物を首に充てがわれ(殺すぞ、静かにしろ)と脅され恐怖で抵抗できない私の口の中に男性自身を押し込んできました、勿論(噛むなよ)と言われたから何も拒否できなかった

    臭くて不潔なそのものを男は私の髪をわしずかみしながら出し入れしたは、しばらくして(ええなー 吐き出すなよ そのままじっとしてろよ わかったな)と言ったあとすごい勢いで私の喉の奥に気持ちわるいものが飛び込んできたわ、一瞬オエッっとなって相手を突き放そうとしたけれどガッチリ頭を抑えられていたから男が終わるまでじっと我慢していました

    私の口から男が離れた瞬間、一気に吐き気がしてきて胃の中身と共に嘔吐して近くに吐き出していました、男はその隙に私から逃げて行きましたが、もう気持ちが悪くて、臭くて 今こうしてる時もあの時の場面を思い出しては嘔吐しそうになります

    でも私の下半身に一度も触れることなく妊娠の心配がなかった行為をされなかったことだけ本当に良かっと今ホッとしています

    どこの誰かは知らないけど、馬鹿やろーー と叫びたいです


339  大年増 - 2015/03/15(Sun) 11:54 No.28347
    こんなおばさんを酔わせてしかも泥酔状態にして・・・
    朝方、目を覚ましたらびっくり
    足首を浴衣の紐でベットに縛りつけて大股開げて・・・
    部屋中にティシューと避妊具が散乱

    ○○○君を入れたら12人ね^^
    若い子はいいわね。
    これを見たら連絡頂戴、待っています。


340  舞美21才 - 2015/03/20(Fri) 13:37 No.28387
    私は短大生、去年のハロウィンの夜、新宿のスクランブル交差点にいた、友達の女の子と3人で、テンションも上がってて普通ならそんな風にならないのに、そこにいた数人の遊び人風の大学生に声かけられて話してたんだけど明らかに個の男たちはハロウィン以外の別の目的で来てることに気が付き、そいつらから離れようとすると前から人が押し寄せてくるのでごった返してるうちに2人の友達が見えなくなって慌てたところに
    「舞美ちゃん!大丈夫?」「大丈夫?大丈夫?」ってどんどん手を引っ張られて群衆に飲み込まれていって。
    その時私はピカチュウの着ぐるみに中はスエットのズボンと上はティーシャツだけだった。
    あっ!という間に口塞がるれて、後ろのジッパーを腰の下まで下ろされて男の手が何本も入ってきたTシャツめくられてブラの中をまさぐってオッパイ揉んだりスエットの中にも手を突っ込んできて、その日は女の子の日でパンツとマンコの間にナプキン挟んでいて、血が付いてるから簡単にマンコに指突っ込まれて、思いっきりマンコ揉まれまくってパンツ引きちぎって走って逃げて行った、その場で蹲って泣いていたら友達が探しに来てくれて、帰った。
    レイプされた訳じゃないけど、レイプされたぐらいにショックは大きかった。


341  矢田 - 2015/03/11(Wed) 12:51 No.28319
    僕の母は現在43歳です。母子家庭なので僕とふたりで暮らしています。岩手出身のおっとりした性格の優しい母親です。昔、陸上をしていたこともあってなかなかのプロポーションをしています。そのうちにいろいろな人が母をいやらしい目で見ていることが分かりました。

    中学の時の友達らは「お前の母さんエロいなw」と何度も言い、母が現れると明らかに視姦していました。
    電車で座っていた母の顔にいきなり勃起したチンコを出して汁をかけたおじさんもいました。
    最初は気持ち悪かったですが、段々そのシチュに興奮するようになりました。

    ある時、母は少し太ったと言ってジョギングを始めました。何日か続けていましたが、ある日涙目で家に帰ってきました。よく見るとタンクトップとパンツに白っぽいシミがベッタリとついていました。母は黙っていましたがどうやら変質者にぶっかけられたみたいです。すすり泣きながら服を洗濯する母を見た僕は部屋に篭って何度もオナニーしました。

    そんなことが何度も続きました。お尻や腕に無理やり擦り付けられたようなシミがあったりもしました。服だけじゃなく髪の毛や口のまわりに精液がついていたこともあります。物静かな母は抵抗できなかったのかも知れません。結局ジョギングはやめてしまいました。

    ところが今度は外で干していた母の下着が盗まれるようになりました。そして必ず数日たってから精液まみれでパリパリになった状態でポストに投げ込まれるのです。
    母は僕に心配をかけないように警察も呼ばずにこっそり洗っていました。

    日の日にその行為はエスカレートしていき、母の風呂やトイレの盗撮写真がポストに入っていたり、母が干した愛用のジョギングパンツが股間部分に執拗に精液を塗られたうえに小便まみれでぶら下げられていたりしました。さすがの母も警察を呼びましたがDNA鑑定なんてするはずもなく、警備強化するとだけ言われてました。盗撮写真は僕がもらっておいたので母は知らないです。

    母が出かけている日はその変態を真似して下着に射精したりジムで使うスポーツドリンクに精液を入れたりして楽しんでいます。こないだは母のディルドを見つけてチンコを擦り付けて精液を塗っておきました。
    ばれたとしても僕が疑われることは無いでしょう。

    今更ゆがんだ性癖を直すつもりもありません。
    そのうち母がレイプされるのではないかと心配と期待で毎日楽しみにしています

    何か進展があれば書き込みます


342  mao - 2015/03/19(Thu) 02:29 No.28369
    レイプ願望が物凄く強い私は、複数の男性の目に触れながら男性達に犯されたくて仕方ない。男達の前で股を開き快感を味わうと共に自ら腰を振って求めたい。そしてそんな感じまくっている自分の姿をビデオや動画で色んな人に観て欲しくてたまらないのでます。異常なのは分かりますが、一度してみたいのです。


343  女子高生 - 2015/03/17(Tue) 11:56 No.28358
    私は集団レイプされたことがあります。いわゆる輪姦というやつです。
     凍えるような冬の夜のことでした。
     部活を終えて高校から家に帰る途中、私はいつものように公園を突っ切って行こうとしました。その方が帰路を短縮できるのです。しかしその日は公園の前で足が止まりました。ヤンキー風の若者が5人、公園でたむろしていたからです。
     彼らを避けて普通に道路を歩いて帰れば良かったのですが、私は、なんであんな奴らのために私が遠回りしなくちゃいけないの、と半ば意地になってしまい、結局は公園に足を踏み入れることにしたのでした。
     大きな公園でしたが、ちょうど私の通り道にヤンキーたちがいたので、かなり接近することになってしまいました。案の定、彼らのうちの何人かが私に声を掛けてきました。ナンパ目的の軽い感じで、まあ友好的と言ってもいい態度でしたが、私は無視して歩き続けました。普段からナンパにはそうやって対処していましたし、彼らのような社会の負け犬たちを相手にするつもりもありませんでした。
     彼らはムッとしたようでした。分かりやすく顔に出ていました。
     ひょっとしたら、それは私も同じだったのかもしれません。彼らを見下す心情が態度に表れていた可能性は、否定できません。
     彼らは私の前に立ちはだかり、因縁を付けてきました。私は内心で動揺しながらも、言い返しました。それで、少しの間、言い争いになりました。
     ヤンキーのひとりが私の腕を掴むと、均衡は崩れました。私は驚いて、大きな声を上げたのですけど、それが彼らを焦らせたらしく、強硬手段に訴えるきっかけをなってしまったのです。
     私は、彼らに口を塞がれ、草むらに引きずられていきました。正直言って、この時点で私は完全に怯えていたのですが、それでも悔しくて、警察に通報がどうとか、口から少しでも手が離れると喚いていました。
     しかしそれは彼らをさらにヒートアップさせる効果しかありませんでした。
     彼らがいつ私をレイプしようと決心したのかは分かりませんが、この時点ではもう、引き返せないところまで来ていたと思います。

     彼らは、私を草むらに押し倒し、スカートの中に手を入れてきました。
     私は必死に抵抗しましたが、5人掛かりで押さえ付けられてはどうにもならず、パンツを引き抜かれてしまいました。
     冷たい夜の空気で股間を直接 感じ、私は震えました。今まさに貞操の危機であることを、ここに至ってようやく実感したのです。
     高校一年生の時でしたので、私は、セックスどころかキスの経験すらまだでした。レイプで処女を奪われるだなんて、絶対に認められることではありません。犯されることそのものも恐怖ですが、それよりも、自分が「レイプされた女」になってしまうという事実の方が、恐ろしく感じました。傷物。性犯罪。この時まで、そんな言葉はフィクションの中だけのことだと思っていました。まさか自分の身に降り掛かってくるなんて……。

     男たちは、無理やり指をねじ込んできました。
     私のそこは全然濡れていなかったし、挿入の経験だって全くなかったので、指を入れられただけでも鋭い痛みがありました。
     悲鳴を上げた私の口に、脱がされたばかりのパンツが押し込まれました。自分のものとはいえ、下着なんて口の中に入れてはいられません。私はすぐに吐き出そうとしました。しかし、男のひとりがずっと私の口を押さえていたので、結局、レイプされている間中、パンツを咥えている羽目になりました。
     前戯もそこそこに、男たちは私に覆い被さり、挿入してきました。私の処女は、何の感慨もなく、無慈悲に失われてしまったのです。
     しかし嘆き悲しんでいる余裕はありませんでした。破瓜の痛みは強烈で、他には何も考えられなくなりました。初めてのセックスなのに、指でちょっと掻き回されただけで、さっさと男性器を突っ込まれては、たまりません。きっと、普通の女の子が初セックスで感じるよりもずっと強い痛みだったと思います。
     だから、散々に突かれた後、男性器を抜かれ、下腹部に精液を放たれてから、ようやく妊娠の危険性に考えが及んだのでした。外に出されたのは僥倖ですが、しかしコンドーム無しの生挿入だったという事実は変わりありません。膣内射精よりもずっと可能性が低いとはいえ、レイプ犯の子供ができてしまうかもしれない……。そう思うと、頭がおかしくなりそうでした。
     レイプ自体が信じたくないようなことなのに、この上妊娠までさせられるなんて、到底受け入れられないことです。
     けれど、破瓜の痛みと下腹部の熱い粘液の感触が、これは現実なんだと訴えてきます。泣き叫びたい心境ですが、口にパンツを押し込まれていては、それすら叶いません。

     途方に暮れていると、私を犯していた男が退いて、他の男がまた私に覆い被さりました。
     私は恐慌をきたし、暴れようとしましたが、男たちに手足をしっかりと押さえられているせいで、どうにもなりませんでした。その動作だけなら、むずがっているだけのようにも見えたことでしょう。
     再び挿入される直前、私が怯えていたのは、妊娠の可能性ではありませんでした。いやまあ、それへの懸念はもちろんありましたが、しかしそんなことより、引き裂かれるような痛みにまた襲われるのかという恐怖の方が、ずっと強かったのです。
     男は、私を気遣うことなく強引に挿入を果たしました。一度は男性器を受け入れているせいか、二度目の挿入は、ぬるりと滑るように完遂してしまいました。
     けれど、スムーズな結合とは裏腹に、私は最初の時と変わらないくらいの痛みを味わうことになりました。一気に奥まで貫かれたせいか、ひょっとしたら二度目の方が痛かったかもしれません。
     もしこれが恋人同士のセックスならば、痛みに苦しんでいる私に対して、男から優しい言葉を掛けられたに違いありませんが、レイプ犯がそんなことをするはずはなく、むしろ、苦悶の表情を見下ろして悦に入っているようでした。
     男は容赦なく腰を突き出し、男性器で膣内を抉り抜いてきました。
     たぶん、男の方からしたら、別に抉り抜いているつもりはないのでしょう。ただ単に男性器を気持ち良くするために突いているに過ぎないのだと思います。
     しかし私からすれば、まさに抉り抜かれているという感じです。無理やり貫かれ、膣粘膜を掻き乱されているのです。男が突き込むたびに、身体の大事な部分が失われていくような錯覚がしました。
     最初は私を静かにさせることが目的で、レイプにまで発展したのはその場の流れで仕方なくという感じだった男たちでしたが、1人目が挿入している間に、どうやら落ち着きを取り戻してきたようで、この凄惨なレイプ劇を楽しむようになってきているようでした。

     2人目が私から離れ、3人目の男と交代すると、尚更その傾向は強くなりました。手が空いた男たちに至っては、談笑まで始める始末です。
     そのうち、私を押さえ付けているのは1人だけになりました。私の抵抗が弱まってきたからです。この時なら、振り解こうと思えば振り解くことも不可能ではありませんでした。
     けれど、私はそうしませんでした。1人をどうにかしたところで、他の男にまた押さえ付けられるだけだ、と考えたわけではありません。理由はもっと単純です。暴れることで男たちを刺激したくなかった。それだけ。私はもはや、男たちが満足して許してくれるのを願うばかりでした。
     私の身体は、男に突かれるまま揺れていました。正常位ばかりだったので、浮いた足先が、男の動きに合わせてふらふらと揺れ動きました。
     途中、セーラー服を捲り上げられても、私は無反応でした。
     冷たい夜風に上半身を撫で上げられると、耐え難い寒さに襲われましたが、しかし破瓜の激痛に比べれば、大したことはありません。とはいえ、胸を思いっ切り揉み込まれた時は、さすがに表情が歪みました。

     その場に居た5人の男に犯されましたが、全員が外に射精したのは、不幸中の幸いだったと思います。まあ、彼らは彼らの都合でそうしただけでしょうが。たとえば、孕ませたら警察に駆け込まれる確率が上がりそうだから、とか。
     いずれにしろ、私にとっても好都合ではありました。レイプ被害に遭ったことは、誰にも言うつもりはありませんでした。妊娠したらそうも言っていられなくなりますが、結局、その後も無事に生理が来ました。
     私は、レイプされた事実を隠し通しました。まあ、処女を奪われ、5人もの男に輪姦されという過去は、消えるものではありませんが。

     男たちが去った後、私は衣服を整えて家に帰りました。
     とはいえ、セーラー服は土にまみれていましたし、口に押し込まれていたパンツは捨ててしまっていたので、母親には色々と聞かれたりしましたが。その辺りは、適当に誤魔化しておきました。転んで土が付いたとか。
     パンツのことはバレていないと思います。後で同じ物を買ってきて、とりあえず履いた後、洗濯籠に放り込んでおきましたので。
     レイプというのは大事件ではありましたが、それを黙っている以上、いつもの毎日は全く変わりなく続きました。
     朝、母親に起こされ、学校に行きました。全くそんな気にはなれませんでしたが、こればかりは仕方がありません。そして私は、「レイプされた女」になった様子なんて微塵も見せず、友達と笑い合い、世間話をしました。
     股間が少し痛かったものの、別に歩けないほどではありませんでしたし、それも3日くらい経ったら、気にならない程度にまで収まり、一週間後には何ともなくなりました。
     変わったことと言えば、通学路が公園から大きく外れたコースになったことくらいでしょうか。貞操と心の傷を別問題にすれば、ですけれど。


344  yumika.t - 2015/02/23(Mon) 09:46 No.28107
    拉致されて連れてこられた、真っ暗で誰もいない緑の公園、ワンボックスから降ろされた隙に一気に走って逃げたトイレの裏影、大声でどなり散らしてる男等っ!捕まったら絶対にヤラレる、こんな時だからこそ、自分にマンコが付いてることが恨めしい、好きな人のチンコしか挿入されたこと無いのにあんな奴らの薄汚いチンコ突っ込まれたくない!朝までここでうずくまってようかっ?マンコがキュッ!って怖がってる・・・!この続きはまたあとで。


345  aガールズ・山根 - 2015/03/14(Sat) 23:21 No.28344
    yumika.tさんの壮絶レイプでお腹いっぱいなんだけど!
    なんかさぁ〜!これはっ!って言うくらいのレイプ動画ってないの?つまんないのばっかだよなぁ〜
    なんかあったら教えてくれっ???!


346  2013-D13 - 2014/12/18(Thu) 21:44 No.27253
    せりなちゃんの「ユキウサギ」の衣装とてもかわいい。また見たい。


347  まなみ - 2015/02/22(Sun) 09:42 No.28086
    私はよくレイプされます。

    ビデオで撮られることが多いです。

    なぜ私はよくレイプ被害にあうか
    わかりません。

    男を引き付ける何かがあるのかな。

    正確はおとなしいです。

    あまりしゃべらないほうです。

    どちらかというと無口な方です。

    怖くなると声がでません。


348  人妻 - 2015/03/11(Wed) 13:19 No.28321
    去年の夏、主人と小学生の息子2人(小5と小4)で山中の河川にでかけたときのことです。
    私と上の子は水着になり川で遊び主人は下の子とバーベキューの用意をしていました。

    気づくと主人と息子の姿がなくバーベキューの所には見知らぬ20代位の男性が・・その男性は私たちを手招きして呼び寄せました。
    そしてそのまま人気の無い山の奥のほうへと連れていかれました。
    もうその時からただならぬ感じはうけていましたが・・男性に案内されたところでは暴行を受けた主人と下の子が木に縛られていました。
    そして4人の若者に囲まれて主人と子供の前に連れて行かれました。

    「なんなんですか!あなた達は!!」
    私の質問は無視されて1人が私にしがみついていた上の子を強引に引き剥がしました
    「こうちゃん!!」
    引き戻そうとするを他の3人がおさえつけました。
    「おい!やめろ!やめてくれ!うっ!」
    主人は叫ぶ度に蹴りをいれられました。

    「奥さん。わかってんだろ。この状況」
    「こんないいおっぱい見せられたらねぇ」
    そう言って一人が私の胸を鷲づかみにしました。
    「何するの!」
    私はその1人を突き飛ばしました。
    その行動に怒りを覚えた若者は私ではなく息子に蹴りをいれました。

    「子供はやめて!」
    「とりあえず水着脱げや」
    私はせめて主人と息子のいないところにしてくれと哀願しました。
    しかしその哀願がかえって彼等に火をつけてしまったみたいでした。
    「早くしないとまた子供に蹴りいれるぞ!」
    私はがたがた震えながらビキニの水着を脱ぎました。
    私の胸やあそこが現れると男たちは歓声をあげました。
    「これで許してください・・」
    全裸になった私は草むらと胸を隠して泣きながら許しをこいました。
    「隠すんじゃね&#8212;よ。手は頭の後ろだ」
    私は拳銃を突きつけられた被害者のように両手をあげ頭の後ろで組まされました。
    「奥さんいい身体してんじゃん!」
    そのまま1回転させられたり身体をふっておっぱいを揺らさせられたりしました。

    「よし。そろそろ触るか。けどその手をおろしたり座り込んだりしたら また子供に蹴りがとぶからな!」
    そう言って4人は私の身体をまさぐりはじめました。
    主人と息子の前で見せつけるように胸をもんだりあそこに指をいれたりしました。
    「お願いですから・・やめてください・・。子供の前では・・」
    主人は私を見ないようにして子供は泣いていました。
    今度は片足を持ち上げられてあそこをしゃぶってきました。
    縛られているわけでもないのに両手を頭の上からはなさず耐えるというのが本当に辛いんです。
    気を抜くとつい手をさげてしまいそうになるんです。
    それが終わると今度は色々な要求を言ってきました。

    「お尻突き出して自分でま○こ広げろ!」
    「自分で乳首たたせろ」
    私は彼らの要求に全てこたえました。
    やがておしっこをしろと言われました。
    さすがにそれはできないと言いましたが彼等にはそんな泣き言にはまったく耳を貸してくれませんでした。
    私は片足を大きく上げられた格好で放尿させられさらにそのおま○こを自分で主人の顔面に近づけなめてもらいました。
    主人はちろちろっとなめただけでした。

    最後は当然みなの見ている前で犯されました。
    主人や子供によく見えるようにと立ちバックで犯られました。
    私は唇をかんで耐えました。
    一人目が終わった後主人らから少し離されて
    「次はもっと感じてる声だせ。ださないと蹴りいれるぞ。」
    と囁かれました。
    私は泣きながらよがりました。
    おそらく主人らから見れば私が気持ちよくて声をだしはじめたとしか思えないでしょう。
    結局4人に中だしされました。
    そして私だけまた河川に戻され河川でもう一度犯され解放されました。
    私が縛られた主人と子供を助け出した時にはもう彼等はいませんでした。
    あの日から家庭の雰囲気は落ち込み今では別居状態です・・


349  専業主婦29歳 - 2015/03/09(Mon) 14:01 No.28297
    私は、8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。
    夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。
    夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由なく毎日を送っていました。

    ある日、私は暇を持て余し車で街が一望できる丘に出掛けた。
    駐車場に車を止め、歩いて散歩コースを歩いていました。
    天気も良く、気持ちのいい日で、暇を見つけては息抜きにドライブしながらここに来るんです。
    そろそろ帰ろうと駐車場に戻ると、5人位の暴走族が私の車を物色していました。
    私は怖くて、物陰に隠れて見ていました。
    その内に、男2人がこっちに歩いて来て、私は見つかってしまいました。
    男「ここで何してんのかな?」
    私「別に・・・」
    男「俺達と良い事しようか?」
    私「人呼びますよ!」
    男「誰も居ないけどな!」
    私「帰るんですから」

    男達は嫌がる私の手を取り、無理やりトイレに連れ込まれると、便座に座らせられスカートを捲られると
    パンティを脱がされました。”ダメ!!!”そう言っても構わず、彼らは私のマンコに挿入してきました。
    若い彼らのチンポは大きく、何度も入れられると、自然と感じてしまいました。
    夫の物よりも遥かに大きく、若さなのか激しいSEXに私も我を忘れてしまいました。
    結局、入れ替わり私は彼らのチンポを受け入れていました。

    最後に、彼らが私のマンコから出る大量の精液をカメラで撮影し、私の電話番号とアドレスを記憶すると
    ”また、連絡するから”と言い消えて行った。
    私は、溢れる涙を押えながら急いで帰宅し、シャワーで精液を流した。
    警察に言うか悩んだが、夫に迷惑がかかると思い、黙っていることにした。

    その夜、夫との営みの最中、私は彼らの巨根を思い出していた。
    夫とは違う、激しい快楽。私は夫の小さいチンポに感じなくなっていたんです。
    夫は、今日も良かったよと言うんですが、私は全然満足していませんでした。
    翌日、翌々日と私は何かを求めるかのように、アソコが疼きました。
    目を瞑ると彼らの巨根が現れ、今まで味わった事の無い感情が湧きあがってきました。
    あれから、3日過ぎた朝、私はいつもの様に、子供と夫を見送ると寝室で着替えていました。
    心では駄目と分かっていたんですが、近くまで行くだけと引き込まれる様に車を走らせていました。
    駐車場に着くと、”戻らないと!早く”そう思いながら、期待する私。アソコが濡れるのが分かりました。
    その時、ドドドド・・・とバイクの音がして、彼らが現れ、私の車を囲む様にバイクを止めてきました。
    下を向いて、目線を合わせない様にしていると、彼らがドアを開け、「今日も遣りたくなったか!」といい
    私は、彼らに言われるまま後を付いて行き、トイレで服を脱ぐと彼らのチンポを咥えていました。
    「大きいチンポ好きか?」
    「はい」
    「旦那より大きいか?」
    「はい、大きくて太いです」
    「入れて欲しいのか?」
    「早く入れて・く・だ・さ・い」
    私は、アソコから液を垂らしながら彼らに尻を向けました。
    「何だ!変態だな、もう濡れ濡れじゃないか」
    彼らは、巨大なチンポを入れ、激しく動かし始めました。1人が終わるとまた1人と、私は何度も逝ってしまいました。
    「ハァハァ。もっと下さい」
    「今度はこっちだ」
    彼らが、私のお尻を持ち上げ、お尻の穴に指を入れ始まました。
    「そっちはダメ!お願い!痛い」
    「これから、ゆっくり広げて感じさせてやるよ」
    彼らは1本2本と指を入れ、初めの痛みが薄れ、だんだん感じた事無い快感が体中を駆け巡りました。
    「そろそろ入るんじゃないか?」
    「えっ」 
    彼らの中でも一番小さめの男がチンポをお尻の穴に入れ始めました。
    ズッズズズっと彼のチンポは私の体の中に入って来ました。
    変な気持ちでした。彼が動かすと、お尻の穴はだんだん熱くなり気持ち良くなっていました。
    マンコからはダラダラと液が溢れ、彼らはクリトリスも弄るので、私はお尻に入ったまま逝ってしまいました。
    彼が終わると、次の男性とチンポは大きくなっていき、最後の彼に入れられる頃には、
    お尻の穴は開きっぱなしでした。
    マンコとあ尻の穴から彼らの精液を垂れ流しながら、彼らの汚れたチンポを咥えさせられ綺麗に舐めていました。
    彼らがバイクを走らせ居なくなると、私は我に返り反省しました。
    自宅に戻り、体を洗い終えると下着を付け子供の帰りを待ちました。
    ソファーに座っていると、またアソコから溢れるマン汁!午前中、あんなに激しく遣ったばかりなのに・・・・。

    その日から、私は夫の夜の営みを拒むようになっていました。
    彼らに汚された体を夫に舐めて貰うのは申し訳なく、それと同時に夫の小さいチンポでは、満足出来なかったんです。
    翌日から、夫と子供が出かけた後、携帯電話に連絡が入る様になりました。
    「今直ぐ、○○公園のトイレに来い」 写真も撮られ、彼らの巨根に惚れた私に断る事は出来ませんでした。
    平日は、毎日彼らに呼び出され、公園・映画館・ホテル・彼らの部屋と毎回違う場所で私は犯され続け
    相手も、色々で新顔が何人かいました。
    その内、服装も指定されタイトのミニスカートに胸元開いた薄いシャツ・ノーパン・ノーブラと恥ずかしい格好で
    彼らの指定する場所に歩いて向かう毎日で、現地に着くと、もう私のアソコは濡れ濡れで、直ぐに前と後ろを
    犯されました。
    1ヵ月もすると、彼らにマンコの毛は剃られ色々な道具を使われた私のクリトリスは腫れ上がり大きくなり
    胸も乳首とマンコにピアスを開けられました。
    それまでは、平日の子供が帰る前には帰してもらっていたんですが、彼らは夫が休日に”来い”と言いだし、
    私は嘘をついて彼らの指定する場所に向かいました。
    彼らの車に乗ると、裸にされ車中でも犯され、首輪に胸にはローター、マンコとアナルにはバイブを入れられ
    テープで固定していました。
    そんな格好で、山道を歩かされ行き来する車の人達に見られたりしました。中には車を止め写真を撮る人も
    いたんです。
    そんな事をされても、彼らに逆らえず言いなりです。

    彼らと会って、半年が経過しようとしています。何人のチンポを入れられたか分かりません。
    マンコは広がり、緩々になりました。こんな体を夫に見せる事も出来ず、今ではSEXレス状態です。

    夫の事は愛していますが、彼らのチンポも同じように愛しています。
    もう、戻る事が出来ないまま、夫にバレナイ事を祈りつつ彼らの元に通う、馬鹿な女です。


350  まなみ - 2015/02/25(Wed) 16:02 No.28151
    里沙さん妊娠した。

    里沙さんとのどかさんのアソコ弄くって
    どっちがイクの速いか試した。

    速くイッたほうに名前を言って相手の前いってエロイねといったら
    恥ずかしがるよ。

    例えば里沙のマンコのどかのマンコより感じやすいんだね

    だから速くイッたんだね。

    こんな風に言うの。


351  私は@レイプされました。 - 2015/03/06(Fri) 15:47 No.28248
    理沙はその後どうなりましたか〜。


352  真紀 - 2015/03/03(Tue) 09:52 No.28202
    28歳 独身です
    お付き合いした男性は4人
    今は彼氏無しの私です
    この間のお休みの日に、街のショッピングモールでナンパさらました
    お茶してお話してて、良い雰囲気になってたのね

    最近エッチしてないし、今日会ってすぐでも良いかな?
    ホテル街のほうに歩いてるときに
    男性の友達が話しかけてきて
    半分強引に3人でホテルに連れて行かれちゃったの

    え〜  嫌〜と思いつつ
    部屋に連れ込まれて 2人の男性に代わる代わる
    入れられて 失神してしまいました


353  旦那 - 2015/03/02(Mon) 13:44 No.28184
    数日前、妻から衝撃な告白をされた。
    今から10年前、妻は某旅行会社に勤めた。
    人と接する仕事がしたいと、ツアーガイドになった。
    現に私も、会社の旅行で妻と知り合ったのだ。

    10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。
    偶然、私も出張で県外に行く事になりました。
    仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。
    私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。
    宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。
    酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、そちらも大盛り上がりだった。
    トイレに行きたくなった私は、部屋を出てトイレ目指して歩いていた。
    隣は大きな大広間で、襖が開いていて中が見えたが、30人からの団体だった。
    トイレに入ると、混んでいたので大きい方に入った。
    少しすると、団体客だろうか?話声が聞えた。
    「あのツアコン最高だな!パンチラ全開だよ」
    「コンパニオンよりいいかもな。酒弱いのかな?もうヘロヘロだし」
    「さっきのオヤジなんか、胸揉んでたし・・・」
    「本当かよ!」
    「あ〜もう全裸にされてたりして・・・」
    「早く戻るぞ!」
    女が裸!男としては気になる!!!私も急いでトイレを出ると、隣の大広間に向かった。
    襖は開き、左の方に男の群れが見えていた。
    「お〜お姉さん!最高!」
    「え〜ちょっと返して!」
    よく見えないが、男の中に女性が居るのは分かった。
    男が手に高らかに上げているのはブラジャーか!
    女中が中に入り、男達の行為も中断されていた。
    中に入りたい気持ちを押えながら自分の部屋に戻ったが、もう心の中は隣の大広間で一杯で
    酒も進まなくなっていた。
    渋々、自分たちの部屋の戻ると、同僚が風呂に行くと言うので、一緒に向かった。
    露天風呂で、疲れた体と酔った体を冷ましていると、例の団体客らしき男が数人入ってきた。
    「イヤイヤ!さっきはもうちょっとだったのに残念!」
    「胸は見れたが、マンコは駄目だった!」
    「女中居なきゃなぁ〜」
    「ツアコン!部屋どこでしたっけ?」
    「行くのか?不味いだろ?」
    「大丈夫っすよ!明日で終わりだし!」
    「もう、あそこまで見たら、あそこは確認したいっすよ!」
    「まぁな!上玉だったしな!胸は大きいし」
    「あのピンクの透けパンの奥が気になる〜」
    そんな会話を聞くと、益々興味が湧いた。
    しかし、私は赤の他人、一緒に良いですか?何て言える訳も無かった。

    悔しい思いを残しながら出張も終わり、家に帰っていた。
    夕方になると、疲れた顔つきで妻が戻って来た。
    「お帰り・・・疲れた様子だな!」
    「今回は疲れた!」
    倒れこむ様にソファーに横になる妻に、お土産話と言わんばかりに宿での出来事を話した。
    妻は初めは”ん〜本当!”って聞いてたが、段々顔がこわばり始めた。
    「どうした?怖い顔して?」
    「ん〜ちょっと」
    まさかとは思いながら、妻の宿泊先を聞き驚いた。
    私が昨夜泊まったホテルだった。
    「じゃ、ツアコンって?お前か!」
    「多分」
    重い空気が流れ、やがて妻が全てを語り出した。

    団体客の強引な誘いと、ちょっとしたミスがあり申し訳ないと言う気持ちから宴会に参加した妻。
    ミスと言うのは、本当はコンパニオンを呼ぶ筈だったが、会社の手続きミスで予約が取れていなかった。
    怒る客が、「お前が責任とってコンパニオンになれ」と言うので、渋々参加したと言う。
    勿論、宴会開始と同時に酒を飲まされ、弱い妻は直ぐにヘロヘロに、抵抗できない状態で、
    タイトスカートを捲り上げられ、ブラウスのボタンも取られ、男に両手を押えられながらブラジャーを
    剥ぎ取られたようだ。勿論全員の前で胸が披露され、乳首を弄られていると女中さんが気づいて
    下は何とか免れた。
    その後も酒を飲まされ、ようやく部屋に戻ると7人位の客が押し寄せて来て、部屋で2次会が始まった。
    初めは、肩を組む程度だったが、男達は胸に手を伸ばし始め、ワザと浴衣の胸の部分を大きく開くと
    生乳を露出させられた。代わる代わる胸を揉み始め、抵抗するとドンドン浴衣が肌蹴!パンティが露出した。
    帯も取られると、もう浴衣の意味も無く、パンティ1枚の姿に・・・。
    男達も全裸になる者や、パンツ一枚の者と拍車がかかった様だった。
    目の前に大きくなったチンポを2本3本と見せられ、気が緩んだすきにパンティが剥ぎ取られていた。
    嫌だったのに濡れていたから、腰を持ち上げられると一気に中に入れられた。
    1人が入れれば、もう抵抗など出来なかった。口にも入れられ、前と後ろから何時間も犯され続けた。
    マンコからは大量の精液が流れ、口の中にも出された妻。
    その後、満足した客が他の客を呼び、結局何人のチンポを入れられたか分からないと言う
    途中で、記憶が無くなった妻は、朝起きたら精液だらけのシーツの上で寝ていたようだ。
    シャワーを浴びマンコから精液は取りだしたが、妊娠しない事を祈っている。

    こんな事は、初めてだったと言う。
    何度か、危ない事は有ったが、回される所までは行かなかった。
    妻の目から涙が溢れ!「もう会社辞める」と言われた。


354  あゆみ - 2012/06/03(Sun) 13:28 No.20683
    去年の子供の夏休みに入ってすぐの連休に主人の故郷近くの海に家族で行きました。
    主人は地元の人もあまり来ない岩場に囲まれた砂浜を知っているからそこに行こうとゆうことになり車を海水浴場から離れた林の中に停めました。
    私と娘は車の中でビキニに着替え浜に下りて行きました。浜は小さいけど左右に岩に囲まれチョットしたプライベートビーチみたいな感じです。
    私は子供たちと海に入り主人はBBQの準備をしていました。私は子供と遊びつかれ主人の所に行くと主人は数人の男の人と話していました。
    私が近づくと男は急に主人を殴りつけターフ用のロープで縛り上げ、逃げようとした私たちは別の男たちに捕まってしまいました。
    子供たちも縛ると必死に抵抗する私のお腹を殴りうずくまる私のビキニを無理やり脱がしました。抵抗した私はもう一度お腹を殴られました。
    私をシートの上に押し倒し馬なりになり、男がBBQ用に用意したサラダオイルとマヨネーズを違う男に持ってくるよう命令しました。
    男は濡れてないオマ○○に入れるとこっちも痛いからなって言いながら私のオマ○○にドボドボって感じにオイルをかけました。
    男たちに手足を押さえられ抵抗できない私の中にイキナリ知らない男のオ○ン○が入ってきましたがオイルのせいで男は難なくオ○ン○を奥まで入れてきました。
    私は主人に助けを求めましたが縛られている主人はやめろと言うのが精一杯で、それも男たちに何度が殴られて黙ってしまいました。私も必死に主人の名を叫びました。
    男は私の叫びに関係なく腰を急に打ち付けてきました。そしてしばらくすると私の中に精液を出したのです。次の男は私をうつぶせにし腰を高く上げさせられました。
    勿論、私も抵抗しましたが数人の男に押さえつけられてしまいました。二番目の男はバックから私の中にオ○ン○をいれてきました。
    男は激しく腰を使いながら近くに落ちていたマヨネーズの蓋を開けると私のアナルにチューブの口を入れ中のマヨネーズを全部押し出したのです。
    私は激しく突き上げられる中アナルに突然入ってきたマヨネーズの異物感ですっかり混乱し止めてと言うのが精一杯でした。
    男は激しく動揺した私の中に精液を出したのです。次の男は腰を高く上げている私の下に潜り込み下から精液まみれの私の中にオ○ン○を入れてきました。
    今度は下から激しく突上げられました・もう一人の男は私の背中に覆いかぶさるようにしてきました。上の男は下の男に合図をすると、下の男の突き上げが止まりました。
    上の男はマヨネーズでグチャグチャになっているアナルにオ○ン○を一気に根元まで突っ込むと激しくアナルを攻め立てて来ました。
    私は主人にも入れられた事ないアナルにマヨネーズを入れられ、知らない男のオ○ン○を入れられ混乱しました。すると下の男も激しく突上げてきました。
    それから夕方まで何度もオマ○○とアナルを同時に犯され、中だしされました。男たちが帰った後、私は主人と子供たちのロープを解きました。
    その間も男たちの精液がオマ○○とアナルの両方から太ももを伝わって流れ出てきて気持ち悪かったです。帰りの車の中でも精液が流れ出てきて主人にごめんなさい、
    ごめんなさいと言いながら泣きながら何度もティシッユ拭きました。家に帰り主人は私の穢れを落とすようにSEXをしてくれました。
    いつもはコンドームを使うのにこの時は生で中出ししてくれて、もし妊娠したら間違いなく僕の精子で妊娠した僕たちの子供だよって言ってくれたので私は主人の胸で大泣きしました。


355  秘密 - 2015/03/03(Tue) 11:40 No.28204
    私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。

    私はずっと母親には幸せになってもらいたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。

    義父も優しく良い人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私も母の笑顔と初めてお父さんと呼べる事に幸せを感じていました。

    ところが、私が中学3年生の時に義父が会社をクビになり、一日中家にいるようになって母が代わりに昼も夜も働く様になりました。

    ある日、私が家に帰った時玄関に見慣れない靴があり、

    (お客さんかな、珍しいな?)

    と思う事がありました。
    リビングには知らない義父と同年代位の男性が2人ソファーに座っていて、私に

    「お帰り!」

    と言ってきました。

    私は軽く会釈をして父に

    「誰?」

    っと訪ねると、父はバツの悪そうな顔をして、

    「いいから部屋に行ってなさい」

    と言われました。

    (新しい仕事の人なのかな?)

    私は言われるまま部屋に行って制服から着替えていると、さっきのおじさん達2人が部屋に入って来て、いきなり私をベットに押し倒しました。

    1人の男に体を押さえられ、もう1人の男に服を脱がされながらキスをされました。

    私はただ、

    「お父さん助けて!!」

    と叫ぶ事しかできませんでした。

    父は結局助けに来てはくれず、私は処女を奪われました。

    その後男2人に乱暴されて、多分2,3時間は犯されました。

    男達が帰った後、泣きながら1階に降りると義父に

    「シャワーを浴びなさい」

    と言われ、言われるままシャワーで男達の精子を流し落しました。

    父親はスマンと言ってきましたが、私は何が何だか理解も出来ず、また母にも言えませんでした。

    母の幸せを壊してしまいそうで…次の日学校を休みました。

    あれから何事もなかったように父は私に接してきて、私も"悪い夢を見てたんだ"と忘れようと必死に自分に言い聞かせてきました。

    しかし、男達2人は必ず毎月20日に家のリビングのソファーに父と3人で座っていて、私にニヤけた顔で

    「お帰り!」

    と言うようになりました。

    あぁ今月もか…。

    私は2人のおじさんに連れられて部屋に行き、2人が満足するまで犯されました。

    男達が帰り、私が1階に降りると義父はお風呂を沸かしてくれていて、私は泣きながらお風呂に入る。

    これが月に1回の決まりのようになってました。

    結局、私が中学校を卒業するまで男達は毎月休まずやってきて、卒業式のある月は20日に男2人、25日には初めて違う40〜50歳のオジサンが2人来て4人に犯されました。

    私は母に高校には行きたくないと相談しました。

    母は高校までは行ってほしいと言ってくれましたが…高校に行くとまたオヤジ達にレイプされ続けそうで嫌でした。

    私は叔父の知り合いの旅館で働くようになって、やっとオヤジ達から解放されました。

    義父は、私が家を出たのと同時頃仕事に付き、母も仕事を辞めて2人楽しく過ごしてるようでした。

    あれからもう何十年も経ちますが、今では2人の小学生の母親で主人とも仲良く幸せな日々を過ごせています。

    義父は2年程前に他界しましたが、母には中学生の頃の悪夢の1年は話さずにいようと思ってます。


356  - 2015/03/03(Tue) 09:23 No.28198
    レイプの妄想好きです。
    実際には怖いから嫌だけど。
    色んな場面妄想しちゃう〜。


357  まなみ - 2015/03/03(Tue) 07:06 No.28194
    犯し屋さん今あかねさんは どんな感じですか。

    アナルでも逝けるようになりましたか。


358  ゆり - 2010/11/21(Sun) 14:09 No.14639
    最近の話です。学校の帰りに知らない男の人たちに拉致され車に連れ込まれました。
    何かわからないくすりを飲まされ意識を失いました

    下腹部の痛みに目が覚めると・・全裸でテーブルの上に上半身乗せられ後ろから犬に犯されていたんです
    泣き叫んで逃げようにも両手ガムテープでぐるぐる巻きにされ、テーブルに固定
    犬に犯され続けました

    一部始終カメラで録画している人たちが現れ
    学校にバラされたくなければいう事聞けといわれ泣く泣くうなずきました

    初めての経験が犬となんてもう・・どうしたらいいの


359  由宇 - 2015/03/02(Mon) 01:58 No.28178
    グループの生徒のひとりが
    不用意にスマホで動画を見ているところを教師の一人が見つけたらしいです。
    私の映っていた動画。
    実際に私のどんな姿が映っていたかはっきりとは伝えられていません。ことを切り出す校長の同情的な目。
    でも、なんとなく濁した言い方だけでも、その時私は校長室で全身の力が抜けて床に声もなく泣き崩れていました。
    きっとそれは、体育倉庫での数カ月のうちの、出来事の一部のはずです。地獄の日々の、ほんの一部。

    地元にはもう一生帰れません。せっかく母校の教師になれたのに。

    長期休暇のうちに
    私が生徒だった頃から良くしてもらってた先生たちのおかげで、7人の生徒の親御さんたちと話してくれて。
    7人の生徒は自主退学、学校も私もことを大きくしない。そんなふうになってました。
    映像や写真は全て廃棄したから
    「色々、もう大丈夫」と言われましたが・・・やはり・・・私は、地元を出ました。
    大好きだった母校にいたたまれなくて。

    大学時代にいた関西も避けて東京に出てきました。
    忘れたいです。いい思い出もいっぱいあったはずなのに、地元のことは全て忘れたいです。
    忘れたくない思い出も沢山あったのに。もう、思い出したくない。


360  人妻 - 2015/02/26(Thu) 12:28 No.28159
    私は、強姦に会った事があります。
    初めて強姦にあったのは、今から2年位前でしょうか?

    私は31歳になる主婦、3歳と5歳の子供と夫37歳と暮らしています。

    その日、私は子供の面倒を夫にお願いし、友人と会っていました。
    話しも弾み、夕食を済ませてから帰宅したんです。
    夜9時を回っていたでしょうか?夜道は人気も無くひっそりしていました。
    そんな中、高校の門口付近に数人のガラの悪い男性が数人、タバコを吹かしながら
    集まっているのが見えたんです。
    ちょっと、恐怖心を抱きながら足早に通り過ぎようとした時、声を掛けられたんです。
    ”お姉さん!遊んでいかない”
    明らかにおちょくった感じだったので、無視したんです。
    それがいけなかったんでしょうか?彼らの1人が近寄って来て
    ”無視かよ。いい度胸しているなぁ” と歩みを止められました。
    驚いていると、手を掴まれ校門の中に連れ込まれたんです。
    口を押えられ、声を出す事も出来ませんでした。
    相手は大柄の男性3人!抵抗など無意味で、力ずくで奥地の部室らしき部屋に連れ込まれました。
    ”お願い!許して!”そんな言葉は、全く無意味で彼らは私の衣服を剥ぎ取ったんです。
    両手を後ろに縛られると、彼らは私の身体を甚振り始めました。
    涙ながらに”許して”と言う事しか出来ませんでした。
    唇を奪われ、胸を散々弄んだ挙句、彼らは下半身を剥き出しにしました。
    ”もう、遣られるんだわ” そう諦めた瞬間、家族の顔が頭に過ったんです。
    ”あなた・・・ごめんなさい” そう心で謝っていました。
    彼らがマンコに触れた時です。
    ”何だ!この女感じてやがんの!” 
    ”どれどれ!本当だ、ダラダラじゃね〜かよ”
    彼らの言葉にハッとしました。こんな状況でも感じているなんて・・・
    私は、部屋の中央のテーブルに上半身を押し付けさせられ、足を大きく開かされたんです。
    そして、1人目の男性のチンポをマンコに押し当てられました。
    ”お願い!中に出さないで下さい”  
    そんな言葉を発したと同時に、押し広げられる感触が体に伝って来ました。
    彼のチンポは夫の物より大きいと直ぐに分かりました。
    ゆっくりとしたテンポで、出し入れされもう1人には胸を触られ、私は感じている事を実感したんです。
    彼は、だんだん動きを速め的確に子宮を付いて来るので、逝きそうでしたが必死に我慢したんです。
    そんな私を見透かされた様に、彼は私の腰に手を回し、前からクリトリスを刺激し始めたんです。
    もう我慢も限界でした。
    彼の口から”あ〜逝く”と言う言葉が出た時には、私はガクガクと震え逝ったんです。
    そして茫然とした中、子宮に熱い物とヒクヒクする感触を感じたんです。
    そう、彼は私の中に精液を・・・。悲しむ暇も無く、次の男性のチンポが押し入れられてきました。
    まだ、逝ったばかりで落ち着かない所に、激しい刺激が加わり私は2度目の絶頂を迎えていました。
    ヒクヒクする身体を見た彼らは、もう私に抵抗する事は無いと思ったんでしょう、手を縛っていたロープを
    外してくれたんです。
    それと同時に、彼はチンポを抜き私を抱き上げると下からチンポを突き上げて来ました。
    彼に上下に揺さぶられる度に、子宮に先端が激しく辺り先程以上の刺激が体を襲い、3度目の絶頂が訪れました。
    そうして、全員のチンポを受け入れ終わった時には、6度の絶頂と潮を吹き上げていました。
    立ち上がる事が出来ない位、疲れた私の身体を横目に、彼らは部室から出て行ったんです。
    涙ながらに部屋の隅にあったティッシュで体を拭き、衣服を着て校庭隅の椅子に座り、色々考えていました。
    ”警察に行くべきか?いや、ここに住めなくなる・・・夫は許してくれない?家庭崩壊!”色んな事が頭を過り
    心の中にしまう事を決めました。
    家に着いたのは11時を回っていました。夫が心配し起きていましたが、友人と話し込んでしまったと言うと、
    楽しかったんなら良いんじゃない!と言ってくれました。

    その事が起きてからは、夜間の外出が怖くて出来ませんでした。
    ただ、夫との性行為が淋しく感じてしまうんです。淡白な夫は、挿入時間も短く私は逝く事が出来ないんです。
    イケない事と感じながらも、彼らに犯された時の刺激が忘れられなかったんです。
    そうして、強姦されてから半年が過ぎようとし、私の心も大分癒されたころでしょうか?
    子供を幼稚園に送り届け、1人歩いている時でした。
    尿意を覚え、近くの公園のトイレに入ったんです。
    小さく古いトイレは男女兼用でした。
    急いで大の部屋に入ると、間もなく男の人の声が聞えました。
    男性は2人で、用を足しながら話し込んでいたんです。
    中々出て行かないので、そっと戸を開けると、ガラの悪い男性に驚きを表してしまいました。
    ”あっ”男性の一人が声を出した直後、私は押し戻されるように、トイレの中に・・・。
    ”奥さん久し振り!” 驚きました。私を襲った1人だったんです。
    ”また頼むよ!”そう言うと彼は私を便器に押し付け携帯の画面を見せて来たんです。
    ”凄い写真だろ、これで何度抜いた事か!”
    驚きました。私が全裸で後ろから付かれている写真です。
    彼は、私のスカートを捲り上げると、ストッキングとパンティを脱がせ片足を便器に乗せさせたんです。
    ”お前、ちょっとそこで見張っててくれ”
    ”大丈夫なのか?やばくね”
    ”大丈夫!この奥さん、俺の知り合いだから”
    そう言って、彼はズボンを脱ぎチンポを出したんです。
    昼間見る彼のチンポは、やはり夫の物とは比べようが無い位大きかったんです。
    イヤイヤ言いながら、私は感じていました。
    すっかり濡れたマンコに彼は”やっぱり奥さん淫乱だね!濡れてるよ・・・犯されてんのに”
    そして、チンポの先端を差し込んで来たんです。
    ゆっくりとテンポのいい出し入れ!私は、以前の強姦を思い出していました。
    彼は、前と同じく腰にまわした手でクリトリスを刺激し、間もなく私は絶頂を迎えたんです。
    トイレと言う、公共の場で私は犯され感じているんですから変態です。
    彼に私は2度逝かされ、友人にも逝かされ潮を吹きました。便器を潮で汚した姿を、また写真に収める彼。
    ハァハァ息を荒らしている私を横目に、彼らは足早に去って行きました。

    2度の強姦に私は感じ、悦んだんですから彼らは犯罪者じゃないでしょう!
    夫では感じる事が出来ない今日この頃、彼らに会う事を密かに待ち望む私です。


361  まなみ - 2015/03/01(Sun) 11:41 No.28173
    バイト終わったあと、店長にいきなり襲われました。
    大声だしたりひっかいたりあばれたけど、髪をおもいっきりつかまれて殴られた。
    唇切れて、
    でも犯されたくなかったから顔に血がまじった唾をはきかけてやった。
    また顔殴られた。
    鼻血が出た。
    殺されるんじゃないかと。
    シャツまくりあげられてブラもずらされて乳首舐めたり噛まれたり
    足の間に入ってこようとしたとき、股間をおもいっきり蹴った。
    おなかを殴られた。
    意識がふわーっとしたときおしっこ出た。
    こんな男に初めてをと思ったら なぜか
    おしっこ出たときかも うんこも少し出たのかも
    男があそこをさわって舐めようとしたとき、おもいっきりきばって出しました。
    顔に飛び散ったら
    店長は、飛び上がり洗面所に走りました。
    そのすきに、そのままの格好で逃げました。走りながら、うんこが足をつたい、、
    裸足で逃げました。
    途中でとおりがかりの人に保護してもらい、警察に。
    店長はつかまり、首になりました。
    示談金で三百万もらいましたが、顔と心の傷が、今でも消えません。


362  匿名 - 2015/02/25(Wed) 10:58 No.28145
    先日会社で出会った彼と結婚をしました。
    私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。
    出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。
    でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
    Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。
    付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。
    6月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
    そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」と来てくれました。
    準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って。
    「ありがとう」って2.3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。
    何が何だかわかりませんでした。
    あまりに突然にファーストキスを奪われました。
    木原君は
    「ずっと好きなんです。我慢できません」って襲いかかってきました。
    ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい
    「大声を出したら大変な事になるよ。静かにしてて」
    もう1人知らない人が入ってきてビデオに撮っていました。
    キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
    汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
    涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
    でもこんな姿を見られるのもイヤで声は出ませんでした。
    そのうちウェディングドレスのスカートはめくられて、下着も取られてしまいました。
    オマンコをなめられて、凝視されて
    「俺のためにとっておいた処女か、千絵の処女は頂くよ」
    声を出したくても出ませんでした。
    木原君は処女の私に挿入してきました。
    私はただ痛いだけで、痛さで、屈辱で涙が止まりませんでした。
    大声を出せばレイプされている所を見られてしまうので、ただ痛さを我慢していました。
    しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。
    自分からしているみたいで、すごくイヤでした。
    全然気持ちいいってものではありませんでしたが、木原君は満足して居るみたいでした。
    じっとしていたのですが、
    「動かないと終わらないよ」と言われ、仕方がなく体を上下に動かしました。
    「俺がいきそうになったら自分で抜けよ」と言われましたが処女の私にはどのタイミングかわかりませんでした。
    気持ちよさそうにしていたので抜いたら、
    「まだだよ。何やってるんだよ。中出しするぞ」
    私は中だけは逃れなきゃと思い、また腰を落とし、木原君を受け入れました。
    すごく情けなくて、まさか人生最良の結婚式の日にレイプされないといけないの?と大泣きになっていました。
    泣きながらオマンコの痛みをこらえて腰を振っていたら、膣の中が熱くなっていました。
    膣内で射精したみたいでした。
    「千絵は馬鹿だよな。抜けっていっただろ?千絵が自分で受け入れたんだから妊娠してもしらないぞ」と言われてしまいました。

    ビデオにも撮られていたし、処女を奪われ、挙げ句の果てに膣内射精とは…
    木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスをなおしました。
    でも下着はありませんでした。
    式の間も膣からは精子と血が流れてくる気がして。
    意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「千絵は泣き虫ね」って言われました。
    結婚式が終わって、少し1人で居ました。
    ウェディングドレスの裏地はピンク色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。

    まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。
    いま木原君の子を身ごもっていますが、旦那さんは喜んでいます。
    何とかしておろしたいのですが、おなかの子には罪はないし、悩んでいます。
    そんななか会社の引き出しに1枚のDVDが入っていました。
    「千絵さんの結婚パーティー」って題名でしたので見たのですが、レイプされているビデオでした。
    最後に字幕が入っていました。
    「千絵さん僕の精を受け入れてくれてありがとう。
    まさか千絵さんが受け入れてくれるとは思っても居ませんでした。
    おなかの子は多分僕の子でしょう。
    僕と千絵さんの愛の結晶ですね。休みの日にでも遊びにいきますね。
    また僕を受け入れてくれると思うと楽しみです。
    このDVDは大切に保管していてくださいね。
    なくなっても原本はあるので安心してください。」

    その日は旦那さんが出張で留守だったので、しっかり戸締まりをして居ましたが、チャイムが鳴り木原君とわかったので拒みましたが、DVDを持っていたのでまた犯されています。
    もちろん中に出されています。
    旦那さんとはずっと避妊していて、妊娠したのは数パーセントの事故だと思って居るみたいですが、木原君との子供です。
    会社ではキスを要求してきます。
    断れない私が情けないです。


363  まなみ - 2015/02/16(Mon) 18:17 No.28006
    なんでも話します。
    聞きたい人は
    なんでも聞いて。
    初体験もいつしたかも話します。
    付き合った人数も話します。
    痴漢されたかも話します。


364  私は@レイプされました。 - 2012/02/09(Thu) 02:11 No.18187
    私、JCです。部活の先輩にレイプされました。
    私の一目惚れの人でした。土曜日、話しかけられて、うれしくてそのまま先輩の家に行きました。お家の人は留守みたいでした。いわれるがままについて行くと、先輩はいきなり振り向いて、私を押し倒しました。「え…」と騒ぐ私を無視してあそこに手が伸びてきてズボンとパンツを脱がされました。あそこを舐められて「ああぁん」と声がでてしまいました。先輩はゆで卵を5個私のあそこに挿入れて「あったかくして。」といいました。ゆで卵は入れたまま、次は3Lで浣腸されました。無理って言ったのに全部入れてしまいました。アナルはアナル栓?で蓋されました。卵もでそうになったら押しこまれ、トイレにいかせてと言ってもただクリストリスをいじったりおっぱいを吸ったりするばかりでした。私が耐えきれなくなって「あっあ…ああっいあっあんあっんっんああああぁぁっ」とイったら卵を産ませてくれました。最後の1個が出てこなかったので先輩が指を4本挿入れてとってくれました。私はアナルも限界だったので卵を1つ産むたびにイきました。先輩はバケツの真上に私を立たせ、アナル栓を抜こうとしました。私は必死に止めたのに抜かれてしまい、大好きな先輩の前でバケツの中に出してしまいました。私が泣いていると「もう一度みたい」とまた3L浣腸をされました。2回目はもうきれいな水が出てきました。そのあとアナルから卵を産んでsexしました。自分で動いたり後ろからパンッパンッッって突いてもらいました。3回くらい中に出されてアナルにも2回出されて何度もイって気絶してしまいました。きがつくと血と精子はふかれてあそことアナルに卵が挿入れられたまま服をきせられていました。先輩は「ごめん」と言って送ってくれました。もちろん卵は家で産みました(笑 今では付き合っています!


365  匿名 - 2015/02/23(Mon) 10:17 No.28109
    あれは、私が高校入学してすぐの秋の事だったと思います。

    ブレザーの制服、スカートは膝丈で、髪は鎖骨にかかるくらい。

    第一印象は、真面目で大人しい感じに見られていたと思います。

    実際、趣味は読書で、クラスでも目立たない方でした。

    希望していた高校に受かったは良いものの、満員電車に長時間揺られていなければならなかったのが初めは苦痛で仕方ありませんでした。

    痴漢もその時に初めてされました。

    初めは気持ち悪いのと怖いのとで、泣きそうでした。
    でも大抵の場合は、スカート越しにお尻を撫でられるか、降車する時のドサクサに紛れて胸を触られるか程度で、次第に慣れていき、少しくらい触られただけの時は、あまり考えないようにしていればそれで済みました。

    隙があれば、満員電車に揺られながら文庫本を読むくらいの余裕もありました。

    そして、あの時の痴漢もそんな風に、本を読んでいる時に起こりました。

    初めはいつものように、スカート越しにお尻を触られているような気配がありました。

    "またいつもの痴漢だ"と思い、特に抵抗するでもなく、本の内容に集中する事にしました。

    今思えば、あれで痴漢しても大丈夫だと思われてしまったのかもしれません。

    痴漢の手は、段々とお尻を撫でている手の感触が、スカート越しにもハッキリと感じられる程になってきていました。

    その触り方が妙に生々しく、今までされた痴漢とは何となく違っていました。

    お尻全体から腰の方まで優しくゆっくりと触ってくるのです。

    スカートのツルツルとした裏地とパンツが擦れるのが分かります。

    膝裏には、スカートの裾で撫でられてるように感じました。

    そこで初めて、私はなんとなくマズいような気がしましたが、今まで痴漢に対して抵抗らしい抵抗をした事がなかったので、どうして良いか分からず、ただ文庫本の端を強く握るしかなく、徐々にスカートが上へ上へとずらされていくのが分かりました。

    そして、とうとうスカートの裾から男の人のゴツゴツとして大きな手が入ってくる気配がしました。

    その手は、パンツ越しに私のお尻に直接触れてきました。

    掌は熱くて、汗をかいている、そんな風に思いました。

    その感触が生々しくて信じられず、私の心臓はドキドキとしてしまいました。

    掌は、お尻の感触を確かめるように撫でていたかと思うと、急にお尻をギュと鷲掴みにしてきました。

    私はそれにビックリとしてしまい、思わず身体をビクッと反応させてしまいました。

    そして、痴漢は私のパンツの端を指でなぞったり、太ももの付け根を触れるか触れないかくらいの感じで触ってきました。

    頭では嫌と思っていても、身体は段々とその絶妙な柔らかな刺激に、勝手に反応していってしまいました。

    私はただ顔を赤くして、本を読んでいるフリをして俯くしか出来ませんでした。

    何故ならもう既に、私のアソコが濡れ始めてしまっていたのが、自分でも分かってしまっていたからです。

    その時、人がよく乗り降りする駅に着き、沢山の人が更に乗ってきました。

    私は痴漢に押しやられる形で、反対側の、終点まで開かない扉の方に追いやられてしまいました。

    そして、私は窓の外を見るようにして立ち、その後ろに痴漢はピッタリとくっつく形になりました。

    先程のドサクサに紛れて、スカートは捲り上げられたまま、半分程パンツが晒されているのが分かりました。

    そして、そこに信じられない事に、男の人の硬く勃起したおちんちんを押し付けられていました。

    ズボン越しなのは分かりましたが、柔らかなお尻で初めて受け止めたその形はハッキリと感じられ、私はとても恥ずかしくなってしまいました。

    (…この人、私で興奮してこんなになっちゃってるんだ…)

    そう思うと、イヤラシく、汚らわしく感じていた筈の男性器が何だか愛おしいような変な気がしました。

    痴漢は、私のお尻に勃起したおちんちんを押し付けたまま、両手を前の方に回してきました。

    私は文庫本を両手で持っているので、その手を払いのける事は出来ず、ただただされるがままになっていました。

    と言うよりは、私はもう何かを期待せずにはいられなかったのかもしれません。

    電車の中で、沢山人がいるこんな所で、いやらしい事をされてしまうと思うと…。

    痴漢はゆっくりと制服のブレザーの前を開き、シャツ越しに乳首の辺りを触ってきました。

    シャツとブラ越しでしたが、知らない男の人にそんな所を触られてしまっていると思うと、自然と息が上がってしまいました。

    そして、下を見ると痴漢の手がシャツのボタンを器用に外していくのが見えました。

    "あ、ダメ…こんな所で…"

    そう思いながらも、段々とはだけられていく自分の姿を見て、私は興奮してしまいました。

    ボタンは第2ボタンから第4ボタンまではずされ、私の水色のブラジャーがチラリと露わになりました。

    そこに痴漢の大きな手はスルッと入っていき、ブラジャー越しに私のおっぱいを優しく揉んできました。

    …ハァ、…ハァ。

    いつしか私は、呼吸の乱れを制御出来なくなってきていました。

    そして、後ろの痴漢も、私の耳元で、ハァ…ハァ…と少しづつ息を荒くしていくのが分かりました。


    痴漢の息がかかる度、身体が熱く火照っていきました。

    私はその時初めて、耳が弱いという事を感じました。

    痴漢は調子に乗ったのか、ブラをほんの少し下にズラしてきました。

    私の乳首は外気に晒され、ブラと擦れて立ってしまいました。

    "…あ、そこをされたら、もう…"

    私は文庫本で隠すようにしながら、自分の乳首が、痴漢の太くてゴツい指に擦られるのを期待してしまいました。

    しかし、痴漢は乳輪のあたりを焦らすようにして、クルクルと円を描くように触ってきました。

    "あ、…くぅ、あぁ…"

    私は期待に身体を震わせて、今か今かと、求めている刺激がくるのに身構えるようにしていました。

    それがとても焦れったく、思わず身体をくねらせ、自分から乳首を擦り付けそうになるのを、必死で我慢しながら、

    "あ、あ、ダメ、ダメ…。やぁ…、こんなの、お、おかしくなっちゃう…"

    もう乳首を擦られたい、思いっきり気持ちよくされたいという事しか考えられず、頭の中はいやらしく犯されている自分でいっぱいでした。

    執拗に痴漢は私の乳首を焦らし、私はもう痴漢の思うがままにされていました。

    アソコからとめどなく愛液が溢れ、ヌルヌルしていくのも感じていました。

    もう限界…!

    そう思ったその時、その気持ちを見透かすように痴漢は、私の乳首の先を転がしてきました。

    "ああああぁ…!!!"

    「…ん!」

    身体は、その刺激にビクンとなり、思わず声を出してしまいました。

    声は、電車の騒音に掻き消されましたが、反応してしまった事が恥ずかしく、私はもう顔を上げて周りを見る事すら出来ませんでした。

    もし、こんなはしたない格好で痴漢をされながらも、感じてしまう淫乱な女子高生だと周りの人に気付かれたら…。

    そう心配するのも束の間、痴漢の指はまたしても私の両乳首を責め始めました。

    指が、初めはゆっくりと乳首を弾くようにしてきました。

    焦らされていた分、その待っていた刺激のあまりの気持ちよさに、私は唇を噛み締めて、出そうになる吐息をなんとか押し留める事で精一杯でした。

    "ダメ、ダメ…、こんなので感じちゃ、あぁ…、やぁ…!"

    下を見ると、水色のブラジャーの隙間から、私の両乳首がいやらしくぷっくりと立ち、それを男の人の太い指で、卑猥な形に擦られている様が見えました。

    あ…、凄くいやらしい…。

    私はその光景にとても興奮してしまい、目が放せなくなってしまいました。

    痴漢は更に私を追い詰めるように、親指と中指で乳首を挟み、クリクリと捻ったり、摘み上げた乳首の先を人差し指で擦りあげてきました。

    "あ、あ、んぁ…!もうダメ、もうダメ、…あぁあ、気持ち良すぎちゃうぅ…!!"

    途方もない刺激に、私は我を忘れて物凄く感じてしまい、身体を震わせ、息が上がるのを押さえ切れませんでした。

    相変わらずお尻には硬く勃起した痴漢のおちんちんが押し付けられ、乳首は卑猥な形にされるがままに転がされ、耳元にあたる興奮した吐息が身体を熱くさせました。

    パンツはもう既にグチャグチャに濡れ、蜜を滴らせている入り口がヒクヒクし、刺激を求めているのを感じました。

    刺激は強いものの、絶頂に達する程ではなく、寸止めされ続けているような状態でした。

    "もう、お願い…、もっと、ああぁ…、もっと、して…"

    私は思わず自らお尻を突き出し、痴漢のおちんちんを擦りつけるようにしてしまいました。

    それに気付いた痴漢は、左手で乳首を責めたまま、右手を前からスカートの中へと入れていきました。

    太ももをひと撫でされ、さらにその奥へと手が伸びていきます。

    "あぁ、触られたら、私がはしたなくアソコを濡らしているってバレちゃう…"

    そう思うとドキドキしました。

    …クチュ。

    パンツ越しに痴漢の指が軽く触れただけで、そんな音が聞こえてしまったのではないかと思える程、私のアソコは濡れそぼっていました。

    耳元で息を荒げる痴漢が、ニタァと笑ったような気がしました。

    おまんこのスジを撫でるようにして、痴漢の指はゆっくりと前後に動き出しました。

    濡れたパンツに私のアソコの形がクッキリと浮かびあがってしまう様子が頭の中に浮かんでしまいました。

    ヌルヌルと布越しに擦られるだけで、とても気持ちよく、もうどうなってもいいとすら思いました。

    クリトリスの上を擦られる度、私は腰が勝手に動きそうになるのをなんとか抑え込みました。

    痴漢は、私のパンツを横にずらすと、とうとう直接私のおまんこに触ってきました。

    "んぁ…、あ、熱い…"
    指が蜜の溢れ出てくる膣口に触れ、愛液を指先にまとわりつかせるようにして、軽く震わせてきました。

    クチュクチュと小さな音が漏れ、とても卑猥な音に私はまた自分の顔が熱くなるのを感じました。

    あ、ぁ、こんな所で、いけないのに…。

    痴漢は私の愛液でヌルヌルになった指で、蜜をすくうようにしてクリトリスに塗りつけてきました。

    "…あ、ぁ、…それ、ダメ…、そこは弱いの…。んぁ…!"

    ヌルヌルになったクリトリスを痴漢は優しく擦りあげてきました。

    "ふぁ、あ、ぁ、あ、…やぁ、ダ、ダメぇ、あぁ…すご、い、…ぁ"

    同時に乳首も摘ままれ、先っぽを擦られ、更に愛液でアソコはヌルヌルになっていきました。

    パンパンにはち切れんばかりに勃起してしまったクリトリスを責める手を痴漢は止めません。

    "あー、あー、もうダメ、もうダメぇ…、おかしくなっちゃう…。いっちゃう…!"

    "電車の中で、…こんな大勢の人がいる前で、知らない、男の人に…いかされちゃう…!"

    私は文庫本をギュッと握り締め、はだけられたおっぱいと、荒くなる呼吸を隠しました。

    乳首は卑猥な形に捻り上げられ、硬く更に勃起していくおちんちんを柔らかなお尻にあてがわれ、赤くいやらしく膨らんだクリトリスを擦りあげられ、私はもうイク寸前でした。

    "も…、あぁ、許して、…い、い、いっちゃぁ…あ…ぁ"

    しかし、私がまさにイキそうになる瞬間、痴漢は責める手をピタリと止めてしまいました。

    "…え?…あ、ど、どうして…?あぁ…"

    私はイケなかった喪失感と、痴漢の思う通りにイカされそうになり、それを望んでしまった事に対する羞恥心とが混ざり合い、もうどうしていいのか分からず、軽くパニックになりそうになってしまいました。

    痴漢は、また耳元でニヤッと笑うと、今度は、乳首を責めていた手も一緒にパンツの上から両手を入れてきました。

    薄い陰毛を撫で下ろされ、掻き分けられ、左手でおまんこが左右に開かれるのが分かりました。

    イケなかったオマンコとクリトリスが期待感にヒクヒクとしてしまいました。

    ヌルヌルになった右手で、またクリトリスを優しく擦りあげられます。

    「…あ!」

    小さな声でしたが、思わず吐息と一緒に漏れ出てしまいました。

    心臓がまたドキドキと鳴り恥ずかしかったのですが、私はもうどうなってもいいとすら思えました。

    イカせてほしい…。

    もっと、もっと、淫らな事をされて犯されたい…。

    そんな事しか考えられなくなってしまっていました。

    痴漢は左右に開いた手を少しだけ上に引っ張り、クリトリスを剥き上げてきました。

    その剥き出しになったクリトリスを、ヌルヌルになった指で優しく擦りあげられ…

    "ふぁぁ…!あ、熱い、あ、ぁ…"

    身体の熱全てが、クリトリスに集中してしまったかのような、そんな熱い刺激でした。

    クリトリスがジンジンとし、その存在を主張します。

    "ああ、何これぇ…、あ、熱いよぅ、ダメ、はぁあ、…変になっちゃうぅ…"

    私は当時処女でしたが、既にオナニーを覚えてしまっていて、自分の気持ちいい部分は全て知っているつもりでいました。

    ですがこんな刺激は初めてで、私は全身が熱でとろけてしまう感覚に、恐れすら感じました。

    もういつ逝かされてもおかしくない状態で、痴漢は更に追い打ちをかけてきました。

    クリトリスを擦る指だけでクリトリスを剥きあげて擦り、もう一方の指をおまんこの入口にあてがいました。

    "あ、そこは…やぁ…"

    蜜でトロトロになった入口は痴漢の指を求めてヒクヒクといやらしい動きをして咥え込もうとしてしまいました。

    それが堪らなく恥ずかしく、またそんなイヤラシイ自分が堪らなく愛おしくもありました。

    "指、挿れて…。めちゃくちゃに犯して…"

    とうとう痴漢の太い指は、ヌルリとした感触を伴って、私の膣内に挿入されてしまいました。

    …っ!

    私は驚きと快感のあまり声にならない悲鳴を上げて、ギュッと目を瞑りました。

    目を瞑ると余計に感覚が鋭敏になります。

    膣内で初めて感じた男の人の指は、圧倒的な存在感で、自分でも触った事のないヒダの奥の奥まで届き、もの凄い充足感で私を魅了しました。

    "ああ…っ!凄い、膣内まで…いっぱいに、なってるぅ…!"

    勝手に私のおまんこは、キュンキュンと痴漢の指を締め上げていました。

    ズリュ…ヌチャ…。

    いやらしい動きで、痴漢の指が私の膣内を蹂躙していきました。

    "はぁあ…、も、ダメぇ…ひぁあ"


    指の腹で膣内の壁を擦るようにして、ゆっくりと抜き差しされ、クリトリスは剥きあげられ擦られ、痴漢の硬くパツンパツンにふくれ上がった勃起ちんちんでお尻を撫でられ…。

    "あああ…!凄い、あ、あ、あぁ…。ひぁ、も、…ダメ…!逝っちゃうぅ…!"

    その時、電車がガタンと大きく揺れ、私の持っていた本が、私の両乳首に当たりました。

    その瞬間、両乳首と勃起したクリトリス、そして痴漢の指が奥深くに挿入された膣内に電流が走ったような激しい感覚が私を襲い…

    "はっ…!あああっ…!い、逝く、逝く!逝っちゃうぅぅ…!"

    全身が硬直し、息が乱れ、私は電車内で思いっきり逝ってしまいました。

    膣内が物凄くイヤラシイ動きで痴漢の指を、いつまでもギュッギュッと締め上げていました。

    膝がガクガクとし、頭は蕩けるような気怠さで、全身に力が入らず、痴漢にもたれかかるようにして、私はしばらくその状態から動けませんでした。

    痴漢はヒクヒクとする膣内を堪能するかのように、しばらく怪しい動きで膣内を確かめていました。

    駅が近づくのが分かると、痴漢はゆっくりと指を抜き、そっと私のパンツを戻してくれました。

    あれから私は大人になった今でも、あの時の事が忘れられず、たまに痴漢に会うと異常な濡れ方をしてしまうようになってしまいました。

    同僚や友達が、

    「痴漢なんて絶対に嫌だよねー」

    と言っているのを聞くたび、私は羞恥心と罪悪感でいっぱいになります。

    でも、この気持ち良さを私は知ってしまいました。

    誰にも話せなかったので、ここで少し気持ちの整理をつけられたら、と思い投稿させていただきました。

    長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。


366  人妻 - 2015/02/23(Mon) 10:22 No.28110
    今から20年程前になるでしょうか?

    あれは長男が産まれた時の事です。

    嫁がまだ23才の時で、初めて子供を授かり、今のようにデジタルカメラがあるわけでもなく、もちろん携帯にもカメラがついてない時代ですので、記念に残す時はインスタントカメラが精一杯な時代でした。

    そして息子が授乳してる所を写真撮ろうとした時嫁が、「こんな写真撮ったら現像したら、私の胸写っちゃうよ。」
    と恥ずかしがってなかなか撮らせてもらえませんでした。

    でもせっかくこんな可愛い姿を無駄にもしたくなかったのでした。

    いつも行き慣れてた近くのスピード写真で現像をしてた僕は、手持ち無沙汰にサンプルで子供の写真のアルバムを見てました。

    そこに中年の店長がやってきて「こんな風にアルバムを残したら一生の思い出になるよ」と言ってきました。

    僕は「性能の良いカメラが持ってないんですよね。こんな風に残せたら、何年か経った時に長男が大きくなった時に見せてあげられるのにな」と言いました。

    店長が「じゃあ知り合いにカメラ好きがいるから、紹介してあげようか?」
    と言われ、僕は「是非お願いします」と言って、嫁に帰って話をしました。

    嫁も喜んでくれたみたいで、そのカメラマンの人にお願いしました。

    一カ月経った頃、そのカメラ屋の店長とAに近くの喫茶店で打ち合わせをしました。

    スタジオとかだと自然な感じが出ない為に、当時住んでいたアパートでお願いしました。

    そしてその一週間後の日曜日。

    店長とカメラマンのAがアパートに来て、Aが「プライバシーを守るから、沢山撮らせてもらうよ」と言いました。

    初めは息子の写真を中心に撮ったりしてくれました。

    それから息子の授乳時間になった時でした。

    嫁と息子が違う部屋で授乳しようとした時でした。

    Aが「授乳してる姿は一生に数回しかないので、これも記念に撮らせてください」
    と言って、嫁は「でも」
    と言った時、僕は「せっかくだから撮ってもらってもいいじゃないか」
    と言って、嫁は「分かったわ」
    と言って嫁は右の乳房を取り出して、息子に授乳してる写真を撮ってました。

    Aは「じゃあ色々なポイントで撮るから、反対でも授乳してる姿を」と言って、嫁は左の乳房で授乳させようとした時でした。

    嫁のおっぱいが両方と出したことになったことで、Aと店長に嫁の胸を完璧に見られていました。

    Aはそれでも何枚も写真を撮ってました。

    Aは何枚か撮っている中、嫁は店長やAに胸を見られてることに羞恥心を忘れているのか分かりませんでした。

    店長が「やっぱ子供は可愛いな。あんなに美味しそうにお乳を飲んでる」と僕に呟いてきました。

    授乳の写真が終わり、Aが「次はお風呂入れてるところを撮りたい」と言いました。

    僕と息子がお風呂を入れてる姿を何枚か写真を撮られて、Aが「今日は終わりだ。また明日も撮りたいのでお願いします」と言ってAと店長は帰りました。

    また翌日にAはアパートに来ました。
    僕は仕事があったので、嫁から聞いたことを書きます。

    また息子の写真を何枚も撮っていました。

    あとオムツの交換してる写真とか撮っていました。

    そしてまた授乳してる写真を撮っていました。

    するとAが「次は奥さんがお風呂入れてあげる写真を撮らせてください」と言いました。

    嫁は「それはちょっと」と言うとAは「大丈夫です。あなたとご主人だけの写真なので、他の人には見せることはありませんので大丈夫ですよ」と言いました。

    嫁は悩んだ末「じゃあお願いします」と言って、嫁は体にバスタオルを巻きながら、息子と風呂に入ってる写真をAは少し離れた場所で何枚か撮りました。

    するとAが

    「家の風呂でバスタオルを巻いて入るのはなんか不自然すぎる。写真には写らないようにするからバスタオルをとってくれないか?」

    と言いました。

    嫁は体に巻いてたバスタオルをはずし、Aはまた何枚か写真を撮りました。

    するとAはどんどんと近付いてきて、何枚も写真を撮ってました。

    Aは「君の体はなかなかいいよ。バストも小さいながらいい形してるし腰もなかなか締まってるしね。」と言いました。

    嫁は「そんなにジロジロ見ないでください」と言いました。

    しかしAは「なかなかいいプロモーションになるからモデルになってくれないか?」と言いました。

    嫁は「どんなモデルですか?」と言いました。

    Aは「ご主人に内密にしてくれるならギャラをたくさん出すよ」と言いました。

    嫁は「なんで旦那には内密なんですか?」と聞きました。

    Aは「突然大金を手にしたらご主人も疑うだろ?だから是非君にお願いしたいんだよ」と言いました。

    嫁は悩み「一体いくらもらえるんですか?」と聞きました。

    Aは「今は分からないが、それなりに金を出すから頼むよ」と言いました。

    数週間が経った頃、嫁が「明日出掛けてきていい?」と言いました。

    僕はいつも息子の面倒ばかり見てる息抜きかと思い、快く行かせたのが間違いでした。

    しかしあの時の僕は疑いもせずに「行ってきていいよ」と言いました。

    翌日になり嫁は朝から洋服ダンスからゴソゴソと何枚か服などを鞄に詰め込んでました。

    僕は「家出でもするのか?」と言うと、嫁は「要らない服を友達にあげようかと思って」と言うのですから、僕は素直に信じ込んでいました。

    嫁は出掛けると、僕は窓からたまたま嫁の姿が見え、カローラワゴンに乗って出掛けました。

    僕はその間、息子の面倒を見たりして適当に過ごしてました。

    その頃嫁は、Aの車で他県まで行き、そのモデルの撮影だと思い連れて行かれました。

    そこは雑居ビルみたいな所に入りました。

    するとそこに二人の南米系の男のBとCがいました。

    南米系のBとCは「ベリーナイス。プリティガール」と言いました。

    あとは英語で何を話してるのかさっぱり分かりませんでした。

    Aも英語で話のそれなりに出来る人で、通訳などをしてくれました。

    Aは「では始める前にこちらの紙に印鑑を押して。それからお気に入りの服に着替えて」と言い何枚も写真を撮りました。

    Aは「では次に水着のモデルになって」と言って、嫁は「水着は持ってきてませんよ」と言いました。

    Aは「水着なら何枚も用意してるから大丈夫」と言い、水着に着替えた嫁を何枚も写真を撮らていました。

    すると先ほどのBとCの二人が嫁の横に立って、突然前からと後ろからと抱きついてきました。

    Aは「なかなかいい味が出てきた」と嬉しそうに言いました。

    嫁は「一体何のモデルですか?」と言いました。

    Aは「それなりのたくさんギャラを出すんだから言うことに従って」と言いました。

    Bは嫁を突然お姫さま抱っこをしてきました。

    その時も何枚も写真を撮ると、次はCもお姫さま抱っこをしてきました。

    するとCはお姫さま抱っこしたままキスでしてきました。

    嫁はジタバタすると、Cはお姫さま抱っこされたままAが「言うこと聞かなければこのまま下に落とす」とCの通訳でした。

    嫁は「分かった。下に落とすのはやめて」と言い、三人は笑っていました。

    Cはお姫さま抱っこしたままソファベッドへ座りました。

    その時でした。
    Bが嫁の足をロープで縛ってきました。

    嫁は「一体何の真似?こんなことしないでよ」と言いました。

    するとAが初めの誓約書を持って、嫁に見せつけました。

    『私は貴方様の言動に従います。万一反感などの貴方様に及ぼした言動を示した場合は、こちらで対処してもらっても文句などありません』

    と小さい字で書いてある誓約書に印鑑を押した嫁でした。

    嫁は「えっ?こんなの書いてなかった。騙したわね」と言いました。

    しかしAは「ちゃんと書いてあったのに、あなたは見落としていたんですよ。もし守ってくれなければ、ここからずっと帰れませんよ。もちろん給与も致しません」と言いました。

    嫁は泣いてしまったのですが、Aは「泣いても同情はしません。あなたが誓約書に印鑑を押したのは事実なんですから、きちんと誠意を示してくださいよ」と言いました。

    嫁は諦めて、「言うこと聞くから私のこともちゃんと守ってくださいね」と言いました。

    Aは笑顔でうなずきました。

    Bは、嫁の手もロープで縛りました。

    するとCは嫁の水着をナイフで切り、嫁は全裸にされてしまいました。

    Bが嫁のおっぱいをなめなめしたところを写真撮ったり、Cも嫁のアソコに舌を入れ舐めてきました。

    するとBとCは下半身裸になって、BとCのアソコを舐めさせられた時でした。

    Aも下半身裸になって、嫁のアソコに挿入してきました。

    「お願いだからゴムつけて」と言っても聞いてもらえず、Aは「なかなか上手に入るんだな。結構やってるな」と言いました。

    嫁は「そんなことない、お願いだから中には出さないで」と言いました。

    Aは嫁のお腹に精子を出しました。

    すると次はBとCにも強姦され、輪姦されてしまいました。

    最後にAの車に乗せてもらい

    「また写真が出来たら見せてあげる」と言い、アパートの駐車場に着いた時、Aからお金が入った封筒を嫁に渡しました。

    中身を見るとたったの5千円しか入ってませんでした。

    嫁はカメラマンに騙されてレイプされた事を、何年もそのことを話してくれず、今ではそのスピード写真もなくなり、どうもがいても、後戻りの出来ない悔やまれる経験です。

    あの時、私がカメラマンに頼まなかったらと思うと・・・

    [ 2015/02/13 20:24 ] 人妻 レイプ | TB(-) | CM(-)
    若妻押し込みレイプ
    出会い系で最近であった美人の画像
    イククル

    PCMAX

    ハッピーメール

    あの激しい情事を経験したのは、雨の降っている日の事でした。

    雨で仕事が中止になり、出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を止めてボーっとしていました。

    すると、4-5才の子供を連れた若妻が、一組、また一組と、集まって来ました。

    4組ほど集まって、屋根のある所で立ち話を始めました。

    自分は、離婚をして逃げるように出稼ぎに来て3年。

    同じ位の歳の子供を妻に取られ

    寂しい独身生活。

    立ち話をしている奥さん方を眺めながら結婚していた時の事を思いだしていました。

    そのうち幼稚園のバスが来ました。

    子供達はバスに乗り込み、それを見送る華やかな主婦達

    その光景見ているうちに寂しくなりました。

    立ち話を続ける人妻方

    中でも、白いワンピースを着た奥さんが目にとまりました。

    歳は25歳くらいでしょうか。

    黒髪で後ろで束ね色白の童顔で、可愛い感じの奥さん。

    しかも雨で少し濡れて、紺色の下着がうっすら透けて見えていました。

    その奥さんを見ているうちに、寂しい思いから熱いムラムラに変わって行きました。

    奥さんを眺め視姦しながら車の中で自分の物を握りしめ、シコシコシュッシュと擦り始めました。

    離婚をしてからそんな気にもなれず、溜まっていた事もあり、久しぶりに性欲が興奮が高まっているのが分かりました。

    もう少しって所で奥さん達は解散してしまい、散り散りに帰り始めてしまいました。

    自分は、無意識に白いワンピースの奥さんの後をストーカーするように尾行していました。

    奥さんは黒い色にピンクの花柄の傘を差して歩いており、自分の下手な尾行にも気付きませんでした。

    歩いているうちに奥さんのヒップ辺りに雨の雫がワンピースを濡らし、うっすら透け始めました。

    紺色のパンティがチラチラ透けて見えていました。

    自分は更に興奮を覚え、心臓がバクバクして股間が熱く硬くなるのが分かりました。

    奥さんは、とある家の前に止まりました。

    そんなに大きくない家でしたが、新しい家でした。

    玄関の前で傘を畳み、バックの中を漁り始め、鍵を取り出して玄関を開け始める奥さん。

    自分はすーっと近づき、玄関が開いた瞬間に奥さんを家の中に押し込みました。

    訳も分からない感じの20代の人妻を押し倒しながら玄関の鍵を締め、奥さんの後ろから覆い被さり、押さえつけました。

    暴れながら奥さんは、家の奥へ逃げようとしました。

    自分も我を忘れ、必死に奥さんを押さえつけながら左手で奥さんの口を押さえつけ、荒々しく鷲掴みしながら奥さんのおっぱいを揉みしだきました。

    奥さんは叫びながら必死に抵抗しました。

    身体を激しく動かし、押さえつけている自分を押し退けようとしていました。

    自分は、必死に奥さんを押さえつけ、仰向けになっている奥さんの上に馬乗りになりビンタをしました。

    そして、白いワンピースを引き裂き、紺のブラが露になりました。

    むしゃぶり付く様に奥さんのおっぱいの谷間に顔を埋め、両手で奥さんの乳をブラの上から揉み回しました。

    奥さんは泣き声を上げながら両腕で自分を叩いて抵抗しました。

    自分は髪を掴み、奥さんの顔を舐め回し、強引に唇に舌を押し込み、口を塞ぐように舐め回しました。

    荒々しくブラを捲り上げ、生乳を手の平いっぱい揉み回しました。

    そして、ワンピースを捲り上げ、奥さんの紺のパンティの上からまんこを触りました。

    奥さんは激しく抵抗しました。

    足をバタ付かせ、身体よじらせました。

    自分の腕を押し退けようと強く掴みます。

    奥さんのブラを剥ぎ取り、奥さんの両手首に縛り、左手で頭の上に、押さえつけました。

    奥さんの乳首を舌で舐め回し、吸い付きながら右手で、パンティの上から撫で回しました。

    奥さんのアソコは、柔らかく湿っていました。

    レイプされているのに、おまんこ汁出すとはスケベな奥さんです。

    そしてクリを上から指先で撫で回しながら、パンティの脇から指を入れました。

    奥さんは、泣き声を上げ、抵抗しました。

    おあんこは、暖かく濡れていました。

    指を膣の中に押し込み、激しく動かしました。

    いやらしい音が鳴り響き、奥さんの身体も激しく動かし抵抗しました。

    自分は、奥さんの脚の間に無理やり身体をネジ込み、荒々しく奥さんのパンティを剥ぎ取る様に脱がしました。

    奥さんのアソコに、熱く硬くなっている物を押し付けると、奥さんは激しく泣き叫びました。

    「やめて、入れないでぇー」

    自分は、激しく抵抗する奥さんを押さえつける様に強く抱き付き強姦しました。

    そして奥さんのアソコに、自分の物が挿入しました。

    久しぶりの感覚に身体が熱くなりました。

    生暖かく、優しく包む感じ。

    ぬっプリ、奥さんの奥まで突き上げました。

    自分は、あまりの気持ち良さに無我夢中で腰を激しく動かしました。

    それと同時にプルプル揺れる奥さんの胸。

    腰を動かす程に、奥さんのアソコからいやらしい音と、おまんこ汁が溢れる感覚に包み込まれました。

    思わずイキそうになった時、奥さんが今まで以上に激しく抵抗し、泣き叫びました。

    「お願いだから、中に出さないで」

    奥さんの叫び声に興奮し、激しく腰を動かしました。

    そして奥さんの奥で果てました。

    今までないくらいにドクドクと、射精感が気持ち良く大量に、奥さんの膣にザーメンを大量に注ぎ込んでいました。

    奥さんも中に出されたのが分かったのか、グッタリしてました。

    自分は余韻を楽しみながら奥さんから引き抜いて立ち上がると、おまんこからだらだらと精子が逆流し、垂れ落ちていました。

    そして足早に、この家を後にしました。

    寂しい独身生活でしたが、久しぶりの素敵な体験でした


367  ゆうみ - 2015/02/02(Mon) 19:56 No.27793
    旦那が不満でしかたないです。
    めちゃめちゃにしてくれるひと、募集してます。
    ニコたま住み、162せんち48きろ、Eかぷ、
    大島ゆうこに似ているといわれます。
    くわしくは連絡してください(>_<)連絡先は、


368  匿名 - 2015/02/19(Thu) 11:57 No.28055
    私、パート勤めの主婦です。子供も大きくなり子育てからは開放されています。
    20代前半で結婚。旦那以外の男性との付き合いはありませんでした。

    因みに40代ですが。(あと数年で50の大台に・・・。)
    ですが私の友達には独身女性もいて。彼女時折、テレクラで男性との関係を楽しんでいるって言っていました。

    そんな彼女から電話があり、食事する事に。
    居酒屋に行ってみると見知らぬ30代くらいの男性が二人、彼女と一緒に座っていました。
    「えり子、久しぶり。4人で飲もうよ。」

    何でもその中の一人の男性とはテレクラで知り合ったとの事。もう一人の男性は友人で相手の女性を
    探しているとの事でした。
    「えっ?でも私結婚していて大きな子供も二人いるし・・・」
    「スーパーでレジの仕事お疲れ様。」
    「まっ。とにかく飲もうよ。」「・・・・・・。」

    彼女、呆気にとられている私に生ビールを勧めてカンパイ。
    30歳そこそこ位の男性は二人とも月に2、3度テレクラで女性との出会いを求めているとの事でした。

    私の自宅の最寄り駅から一つ先の駅近くにあるテレクラを利用しているって言ってました。
    3人から次々とビールやチュウハイを勧められて私は意識が薄れて気分だけが高揚していました。

    暫くして4人で店を出て、男性の一人がタクシーを呼び、乗ってからすぐに降ろされて。
    気がつくと男性が話していたテレクラが先の方に見えました。
    周りはホテルが向かい合って並んでいて。
    友達と一人の男性が向かいのホテルへ。

    もう一人の大柄な男性が私の手を取りその向かいのホテルへ。
    抵抗しようにも男性は180cm位の背丈で肩幅も広く、力で抵抗も出来ず。
    先程の居酒屋で散々飲まされていて泥酔している状態。
    そのままの流れでベッドへ運ばれて・・・・。

    「俺、身体が細くて貧乳の女性、大好きなんです。しかも一回り以上も年上の主婦が一番好きなんです。」
    一方的に言われて意識朦朧の私の服を脱がせて下着まで全部・・・。

    男性は私に覆い被さって来て私の乳房を乱暴に揉み乳首を激しく吸われました。
    泥酔している私は身体が火照り、息苦しく最悪の状態でした。
    男性は長い時間私の小さな胸を弄び、荒い息で獣のようでした。

    男性の大きな舌が胸から首筋に吸い付いてきて、すぐに耳の中に舌を入れてきました。
    くすぐったかった。
    でも、少し興奮してしまいました。

    大きな声が洩れていたらしく、
    「奥さんって大きくていい声で鳴くんですね。」
    「・・・・・・。」
    私は泥酔していて意識朦朧でしたのでそれからの時間は大柄な若い男性に言われるまま、されるままの
    状態でした。

    男性は好きな様に私の身体を弄び、逞しい状態のシンボルを私の口の中やアソコの中に出し入れ
    していました。
    暫くすると突然、大柄な男性が
    「うっ、やばいっ。やばっ。」
    直後に生暖かい精液が私の中に充満してきました。

    泥酔している私でも流石に、された事の重大さに気付き、男性から離れてシンボルを抜こうともがきましたが、
    大柄な男性の太い両腕が私の両肩をしっかりと掴んでいて身体を動かす事さえ叶いませんでした。

    「やばっ。気持ちいい。」男性は自分の性の快感が収まるまで私の身体から離れるつもりが無い事が
    わかりました。

    男性と繋がったまま。少し時間が経つと私にその分厚い唇でキスしてきました。
    私の顎をしっかりと太い手で固定されてしまったので首を振って逃れることも出来ずにされるままでした。

    ザラザラした太くて長い舌が私の舌を絡めとり、唇も据われて。
    男性はエスカレートしてきて自分の唾液を私の口の中に注ぎ込んできました。

    何度も何度も噎せ返り。私が下の体位で行為を受けている為、自然と男性の唾液を飲み込まざるを
    得ない状態でした。

    そんな事を繰り返されている内に私の中で男性のシンボルが熱く、逞しくなっていました。

    私の中いっぱいに充満してきて思わず声が・・・。
    「奥さん、もう一回いいよね?」
    「・・・・・。」無言でいる事が精一杯の抵抗でした。

    私を上にして軽々と何度も何度も突き上げられて。
    私も男性も汗だく状態。
    そして身体を下にされたり横にされたり、抱き抱えられて突かれたり色々な男性主導の愛撫で弄ばれて。
    何度も何度も絶頂を迎えてしまい頭の中が何度も何度も真っ白に。
    自分の身体ですがコントロールが出来なくて、心では抵抗していたつもりでしたが身体の痙攣が
    止まりませんでした。

    その性行為が男性主導で何度も何度も繰返されてしまい、何度目かの絶頂でとうとう意識が
    飛んでしまいました。


    気がつくと男性はシャワーを浴び終えて着替えており片手にスマホを持って私を見下ろしていました。
    時間も遅くなり、旦那の顔も浮かんできたので私も急いでシャワーを浴びて着替えました。
    すると男性が
    「奥さんの全裸の写真や咥えている写真撮ったからね。」

    どうやら私が気を失って寝ている間に撮られた様子で、その写真には私がベッドの上にだらしなく髪を乱して
    空いた口からは涎が零れていて,両足も開いたままの状態で、そこからは男性の白い体液が溢れている格好。

    目を覆いたくなる様な状態が撮られていました。
    もう一枚は私が失神して寝ている間に無理やり男性の誇張したままのシンボルが私の口に捻じ込まれている
    恥ずかしくてグロテスクなものでした。

    「どういう意味かわかるよね。」
    「旦那や子供に知られたくないよね。」
    私は呆然となり無言で微かに頷くのが精一杯でした。

    ホテルの部屋にあったメモ用紙に彼の言いなりに覚書を書かされてしまいました。

    内容は、今日から、あなたの性奴隷になります。
    といった内容の覚書でした。

    それからの私達の身体の関係は半年経ちますがまだまだ続きそうです。

    近所の目も心配なので最近では隣の県か繁華街で関係を結んでいます。

    危険な関係ですが慣れてきてしまい怖いです。

    (最近では旦那が私を見る目が変わってきた様にも感じています。疑われている様な、そんな感じ。)

    旦那や子供がいるのに。

    このままエスカレートしていきそうです。

    今から思うと居酒屋では私だけ、お酒をたくさん飲まされていて三人はあまり飲んでいなかった様に
    思います。


    どうやら友人の彼女に騙されてしまった様です。

    はじめから身持の硬い私を大柄な男性に落とさせる為に。


369  私は@レイプされました。 - 2015/02/17(Tue) 00:15 No.28015
    絶対にゴムをつけてねとお願いしたのに、

    けっきょく生で犯られてたみたいで、

    気がつけば中に出されてて。。。


370  まなみ - 2015/02/12(Thu) 08:20 No.27926
    ブラウスを引き裂かれブラを上にずらして

    胸をもみくちゃにされました。

    パンスト引き裂かれショーツの横から指を

    アソコに入れてかき混ぜられました。

    ショーツの両端を持ち一気に脱がされました。

    おとなしくしろと顔を何回も殴られました。

    アソコを舐められながら指でかき混ぜられてると
    濡れてきたと言われました。

    逝かしてあげるからなと言われ激しく指で
    かき混ぜられると逝きました。

    チンコ入れてやるかなといわれ
    入れようとしてきました。

    抵抗すると また殴られたいのかと言われ

    素直に入れられました。

    すると奥まで入れて腰を振られ子宮に当たってました。

    上に乗ってブラウスを脱いでブラを外して腰を振れと言われ

    ブラウスを脱ぎブラをは外して腰を上下に振りました。

    気持ちいいぞマンコ キュッキュッ締めてと言われました。

    よく締まるマンコだなと言われました。


    すると逝く逝くと言われ中に出すぞと言われました。

    嫌嫌と離れようとするのですが押さえられてどけません。

    中にだされました。

    どくと中から垂れてきました。

    次から次と入れ替わり中にだされました。

    ビデオにも撮られました。


371  ゆい - 2015/02/15(Sun) 15:52 No.27979
    先月、地元成人式に出たときのことです。トイレに向かう途中1人の男性が、スーツのズボンのポケットに入れた左手を動かしながら、私に話しかけてきました。
    いい振袖だね。買ってもらったの?私がうなずくと、それにしてもいい女になったじゃねーか!1回振袖のままやらせろや!と言いながら、
    スマホの画面で昔の写真を見せてきました。その男は、中学の同級生で不良の1人で、昔のことが頭によみがえってきました。それは、中3の部活帰り、途中で友人と別れた後、
    町はずれの人気の少ない公園でタバコを吸って、たむろしてた不良4人(同級生)に脅されて、障害者トイレでフェラチオさせられたのが始まりです。
    それからというもの、フェラチオ写真を学校で見せびらかすと脅され、部活帰りに毎日のように公園のトイレでフェラチオさせられました。
    夏休みの部活帰り、家の前で待ち伏せされ、不良4人が私の家に押し入ってきて、夕方親が帰ってくるまで時間があったことから、4人に処女も奪われました。
    結局、親がいない日を狙って、夏休みの半数近く私の家に押し入って、フェラチオの後、生のまま平気でセックスして写真も撮られました。
    夏休み最後の日、不良4人は妊娠対策のために、約束を持ちかけてきました。今後私に近づかない代わりに、親には、知らない人に公園のトイレで襲われたと言えと。
    その時、中絶してすべてが終わったはずでしたが、その男はさらに話を続けました。お前が中絶したって聞いた時には、みんなで写真を見ながらオナニー大会をやってな、
    成人式の日に、振袖姿でやれりゃ最高じゃねーか!って話になってよお。最近この話がまた出てきた時には、みんな勃起もん。いい計画たてさせてもらったから。
    断ったらどうなるか分かってるか?今日この写真を式場のロビーでばら撒かれたくないだろ!なら、ちゃんと言うことを聞けよ。
    でも、その振袖、レンタルじゃなくてよかったぜ。今日帰ったら、親に明日大学の地区でも成人式があり、大学の友人と振袖で出席する約束をしたと言うんだぞ!
    そして、今夜、大学近くのワンルームか知らんが戻るフリして、振袖を持って、駅前のホテルにチェックインな。お前も一生付きまとわれたくないだろ。
    結局、中学時代の友人たちと食事をした後、夕方過ぎに親に車で駅に送ってもらいました。もう20歳なので見送りもなく、明日の電車の切符を買って、指定されたホテルへ。
    チェックインの後、ロビーにいた不良2人が話しかけてきて、彼らがチェックインしている広めのツインルームに連れ込まれました。
    すぐに残り2人も部屋に入ってきて、私を裸にさせ、振袖を羽織らせ、4人とも裸になりベッドに私を押し倒し、フェラチオが始まりました。
    私の顔を太ももで挟んで腰の動きが激しくなり、口の中で出される思ったら、突然あそこを私の口から出して、顔と振袖にかけてきました。
    4人に射精された頃には、顔から胸まで、振袖も襟元あたりがべたべたに。4人は、ビールを飲んだり、タバコを吸った後、今度は私に抱きつき
    精液でねばねばした私の胸を揉みながら、生で挿入してきて、息遣いも激しいまま腰を振り続け、顔をしかめたと思ったら、唸り声とともに、中に出してきました。
    引き抜いた後は、あそこを振袖で拭き取っては、次の人に入れ替わり。それぞれ2回ずつ膣の中で出した後、今度は膣に指を入れ、精液をかき出しては、振袖にぬじりつけられました。
    それから仮眠をとったのですが、不良は順番に起きて私を監視し、朝5時頃からフェラチオが始まり、入れ替わりながら、生で出してきました。
    8時から、それぞれシャワーを浴び始めて、私は自分の部屋に行くように言われ、追い出されました。ネットで買ったというアフターピルをくれたのが不幸中の幸い。
    振袖のクリーニングも取りに行って、私の成人式が全部終わりました。でも、その時撮られた写真やムービーが悪用されないか心配。
    とにかく成人式が締めくくりだと自分に言い聞かせてます。


372  さやか - 2015/02/15(Sun) 18:06 No.27981
    10年以上前、私が小5のことです。私の小学校までの通学路ですが、小5から学童がなくなり、
    途中まで友だちと帰るのですが、その先に空家が結構ある古い住宅街でのこと。
    ある日、自転車に乗ったおじさんが私を追い越して、空家の前で降りたと思ったら
    手袋をしてた手で口を押えて、私は空家に連れ込まれたことがあります。
    部屋には、布団が1組敷いてあって、その人は合羽を着てフードまでかぶったまま
    敷布の中で後ろから抱き付き、シャツの中に手を入れて、私の胸をもみながら、
    おしりに固いものを押し付けてきました。合羽ズボンごしに触ってみると、おちんちん?でした。
    怖さとともに、布団の中で合羽を着た人に抱かれることや、固くて大きいおちんちんが
    とてもスケベに感じられて、何もできず身を任せていると、私の大切な所を
    ゴリラみたいな指で撫でてきて、そのうち指をいれられてしまいました。
    痛さで大声を出したのは言うまでもありません。
    すぐに「静かにしろ!ごらぁ!」という声。
    怖くて我慢するしかありませんでした。痛みが和らいでくると、
    恐怖心がうっとり感に代わり、身を任せるのが気持ちよくなったきたころ
    男はナイフをかざし、ズボンとパンツを脱いで、上着とシャツをめくり上げ
    布団を掛け、その中でおちんちんをしゃぶらせました。
    噛んだらぶっ殺すとか言われ、言われるままに、唇や舌を動かしていると、
    男はずっと気持ち良さそうなうめき声に近いような声をあげていました。
    顎が痛いと訴えると、
    「早く終わりたけりゃ、唇を力一杯細く。」
    「顔と舌を激しく動かせよ。」
    言われるままにしていると、腰を激しく動かしたと思った瞬間
    口の中が生温かいしょっぱさでいっぱいに。
    「飲めよ!こらぁ!」という声がしたのですが、あまりの気持ち悪さに
    布団の中でゲロを吐いてしまいました。
    男は毛布で自分の体と私の顔のゲロを拭き取り、布団を裏返しにして、
    私を押さえつけて大切な所に、おちんちんを入れてきました。
    ゲロで濡れてたのでにゅるにゅるって入った感触。
    始めは体をくねるように動かし、抜き差ししていたのですが、
    そのうち息が荒くなり、腰を激しく振ってくると、気絶しそうな程気持ちよくなり
    男のうめき声とともに、あそこが暖かくなった気がしました。
    「これは大人が子供をつくるためにみんなやってる普通のことだけど
    とても恥ずかしいことだから、誰にも言うんじゃないぞ。」
    「でも、知らない人に無理やりされることはもっと恥ずかしくて、
    バレたら、だれも結婚してくれないようなことだから、死ぬまで
    誰にも言うんじゃないぞ!」
    と、いろいろ説教された後、男はそのまま立ち去って行きました。
    それからは、その空家には、ゲロ臭い布団がそのまま放置されたままっぽかったけど、
    中に入る勇気もなく、それに同じ自転車に乗る人を見かけることもありませんでした。


373  サト子 - 2015/02/14(Sat) 19:33 No.27970
    還暦が過ました。
    乳は垂れて、下腹は弛んでいる普通のおばさんです。
    主人は、東京に出稼ぎ行ってます。

    ある温泉街で小さな居酒屋を経営していますが
    殆どのお客は地元の常連さんです。
    その日は、ある大学の学生さんが十数人が来店して店内狭し
    と盛り上がりました
    二次会の流れでしたので、途中半分の学生さんがホテルに
    帰りました
    お酒に弱い私も学生さんに勧められて時間も忘れ青春時代を
    思い起こし、はしゃぎ回っていた記憶があります

    店舗の二階は居宅です
    尿意と肌寒さで目が醒めました
    時計は午前5時、まだ外は真っ暗です
    まず最初に、全裸で布団にいる私に驚きました
    陰部に違和感がありましたので部屋の電気を付けました
    布団に大きなシミが濡れて光っています
    トイレで用足しを終わると陰部の中から精液が・・・
    大変な量です
    その時、全てを悟りました、輪姦されたと・・・・
    酔った勢いで何人かの学生とキスをして、乳房を揉まれ騒いだ記憶が・・・
    浴室で身体を洗いました
    え・・・ここも?
    お尻の穴を触ると激痛が・・・
    階下のお店に3万円がレジの上に置いてありました。

    このお話は去年の12月です
    先月、覚えのある大学生が来店してました。
    私のお気に入りの学生です
    彼は謝罪をしたので私は許しました
    その後、彼は驚く事を・・・・
    「時々会ってほしい」
    それが何を意味するのか、還暦を過ぎたこの身体を相手にする
    孫と変わらない貴方が何故・・・

    お互いのメールアドレスを交換して彼は仙台に帰りました

    お恥ずかしい話ですが、彼がいつ来て求められても良いように
    肌と下着、特に陰部は清潔に心がけています。

    ーサト子ー


374  ゆかり - 2015/02/13(Fri) 10:23 No.27946
    25歳の直前に結婚
    でも、我慢続けたけど、半年もしないうちに離婚
    そしてワンルームマンションで一人暮らし始めました
    来月27歳になる私
    先週の土曜日 友達と飲んで夜の10時ごろ
    帰って来たのですが
    玄関ホールで暗証番号を打って扉が開けたとき
    「あ!すいません」
    一人の男性が
    見たことないけど、どこかの階の人かなと思ってました
    階段を上がり3階へ
    私の部屋の扉を開けた瞬間
    後ろから突き倒されました
    何が起きたのか??
    膝と肘を打ち  痛い!
    扉が閉まり、鍵を掛けられて
    後ろから抱きつかれました
    酔ってたから? 力が入らず、あまり抵抗できませんでした
    コートで口をふさがれ
    抱きかかえられるように奥の部屋に連れて行かれました
    一瞬 顔を見たら、先ほどの男性です

    毛糸の服を上げられて顔に多いかぶせて、ブラウスと下着も
    上げられて乳房を吸われました
    スカートもストッキングとショーツと一緒に
    引き下ろすように剥ぎ取られて
    指を入れてきて、かき回されちゃった
    頭の上で服が覆いかぶさったまま
    足を広げられ、ペニスが入ってきて
    奥深く突き上げられてしまい
    感じちゃいけないのに、感じてしまいました
    そして逝ってしまったのです
    放心状態です

    しばらく強引にSEXされてたと思います
    カシャ!カシャ!と音がしてた感じ??

    いつしか静かになり、我に返ると
    私は全裸
    口の回りから首筋辺りに、精液です
    あ! 中だし??
    精液はなさそう??
    慌ててシャワーをしにいきました
    その晩は怖くて寝付けづ
    朝を迎えました


375  まなみ - 2015/01/30(Fri) 15:43 No.27772
    以前レイプした人に見つかり又犯されてます。
    自分から中だしをお願いしてる動画も撮られました。

    生理予定日を5日も過ぎてるのに生理がきません。

    妊娠したら堕ろせなくなる次期まで犯してやるからといわれました。

    毎日 犯しにきます。

    私の身体 気に入ってるようです。

    子宮突くと 私のアソコ締まるといってました。

    最近は何かアソコに塗られます。


376  里沙へ - 2015/01/28(Wed) 10:09 No.27735
    おい里沙、どうすんだ?バックレるならお前をターゲットにしてのどかと同じ様にするぞ。
    そうそうのどかだけど仲間が悪ふざけしすぎて乳首が切れて取れそうになったぞ、今は消毒してガーゼ当ててなんとか取れないと思うけど
    生理もこない乳首は取れそう嫌々逝かされまくってまぁ悲惨だわ、
    里沙もそうなりたいのかな?早く次のマンコ紹介しろ


377  OL - 2015/02/06(Fri) 11:24 No.27848
    26歳、独身OL、美香です。
    29歳、既婚の亮に、なかば強引に処女を奪われて以来、暴力的なセックスを好む亮に調教されてきました。
    セックスをしながらいじわるな言葉攻めを亮にされると、最初いやいやながら恥ずかしい恰好をさせられるものの、最後には燃えてきて。
    どんどんエスカレートしてきました。そして激しく燃え、悶えてしまう自分がいるのです。

    最近覚えた、バイブを下のお口にいれられ、上のお口に亮のモノをくわえ・・・
    最後に、亮のモノを下のお口に入れられたとき、

    「美香、おまえ、もうオレ一人じゃものたりないだろ」

    と亮が言いました。

    「・・・え・・・?」

    喘ぎながら亮以外の男を知らない私はなんのことかわからずにいました。

    「お前のこと、もう、センパイに話してあるんだ。すげーいい淫乱ないい女がいるってな。次会うときは3Pするぞ」


    「ああっ、いやっ!」

    亮はいやらしいことを私に次々と要求してきます。しかし、亮は燃えてる私のあそこから自分のモノを抜こうとし、

    「あっ、いやあ、ぬいちゃイヤ!」

    「3pするのかよ!」

    「いやあっ」

    「ほら、全部抜くぞ」

    「ああーん、あはーん、ぬいちゃいやあ、する、3pするから!入れてえーん」

    と懇願するしかないのです。突かれながら、

    「3P・・・って・・・どんなことをするの・・・」

    と声も絶え絶えに聞く私に、

    「お前を感じさせて男二人で遊ぶんだよ」

    と。

    「もっともっとお前をかわいがってやる」

    と、強く抱きしめられると、愛されている、という気がするのです・・・。


378  匿名 - 2015/02/05(Thu) 10:37 No.27831
    昨日の夜、彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。
    彼のマンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、
    あからさまに顔を隠そうとしていました。
    女が近づいて来ると「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、
    取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言っていた。
    私は一瞬で状況を把握しました。
    昨日の夜はこの女と一緒にいたんでしょうね!
    たぶんその若い女も彼女が居ないって言われてたんでしょうけど・・・

    私はその場で「私が帰るから二人でごゆっくり」と言ってすぐに帰りました。
    本気でムカ付いたので、引き止められても振りほどいて逃げる様に帰りました。

    でも怒りが全然収まらないので、私も浮気してやる!って思って携帯のメモリを見ていました。
    私は出来るだけキモい男に抱かれてやる!って思いました。

    私はパッと頭に浮かんだ相手がいて、この前の合コンで知り合った男で、太っていてハゲぎみで、酔っぱらって
    かなり変態トークしていたオタク男がいました。
    すぐにその男に電話して、今の状況を説明して私の家に来てもらいました。

    その男はすぐに家に来たんですけど、再度顔を見ると『さすがに無理かも・・・』って思いました。
    だからテレビ電話で彼氏に電話して、私の部屋にキモ男が居るとこを見せて、キスだけして電話切って
    終わらせる事にしました。
    キモ男は楽しそうにしていて、ノリノリでした。

    電話しようと携帯を見ると彼氏からずうううううと着信がありました。
    切れたタイミングでこっちから電話して、デレビ電話で顔を見ました。
    最初は私一人で画面に写って話して、彼氏はとにかく謝っていたんですけど、全然許す気にはならなかったので、
    私は笑顔で「ちょっと見てもらいたい人がいるの!」って言って画面の中にキモ男を登場させました。

    彼氏は「は?」みたいな顔をして「誰だよ・・・」って言って来たので、「今から彼とセックスするの!これからラブホに
    行くから電話しないでね!」と言った後に、キモ男にキスをしました。
    彼氏は「ふざけんな!やめろおおおお」と叫んでいましたけど、そのままディープキスをしばらくして、
    キスしたまま電話を切りました。

    私はちょっとスッキリしたと思ってると、電話を切ったのにキモ男がキスを止めないんです!
    無理矢理逃げようとすると、キモ男の様子がおかしいんです!
    凄いハァハァ言い出して、目がマジなんです!

    どうやらキスでスイッチ入れちゃったみたいで、私の話なんか聞かないで勝手に耳とか首筋を舐めはじめました。
    キモ男は太っているんですけど、かなり筋肉もあるみたいで全然逃げられません。
    もう普通に胸とかも触られちゃって、『マジでやばい!』って変な汗が出てきました。

    「ちょっとふざけないでよ!警察呼ぶわよ!」って叫んだら「・・・状況考えた方がいいんじゃない?」
    と気持ち悪いムカ付く言い方で口を開きました。
    「自分から部屋に呼んで、キスした挙げ句に彼氏には俺とセックスするって言ってんだよ」と言われると、
    私は動揺してしまいました・・・

    そしたらキモ男は勝ち誇った様に強気になって、服の中に手を突っ込んでブラを外すと、ニットごと捲り上げて
    おっぱいを丸出しにされました。
    私は凄い抵抗してるんですけど、キモ男の片手でだけで、私の両手を握られて動けません。
    そしておっぱいを舐めまくってきました。
    本当に気持ち悪い舐め方で、唾液で胸がベチョベチョになる様な感じでした。

    乳首も集中して舐められるとビンビンに立ってしまいました。
    そしてキモ男はおっぱいを思いっきりビンタするんです。
    私、それをされるとムチャクチャ興奮してしまうんです・・・本当に犯されてるんだ・・・って思ってしまって、
    何か陶酔したみたいになっちゃったんです。
    そしたら押さえられてる腕とか、べチョベチョのおっぱいとか、全部が興奮する要素になってきて、
    濡れてくるのが分かりました。
    本当にこんな男は嫌なんですけど、この男のやり方は私にぴったり合ってるみたいなんです。

    そしておっぱいを力強く揉みながら、乳首をひねられると、「あはぁあぁ、うふぅうう」と声が出てしまいました。
    「お前犯されてんのに感じてんじゃねーぞ」と言われるともっと感じてしまいました。
    いつもオナニーする時に妄想するシチュエーションで、そのセリフでイッているんですから・・・

    「もう濡れてんじゃねーのか?」と言われると「ふざけないで、あんたみたいな男に濡れるわけないでしょ!離しなさい!」
    と言ったんですけど、ベチョベチョに濡れているのは分かっていました。

    キモ男はスカートからパンツだけを抜き取ると、パンツを片手で広げて私に見せました。
    黒いパンツの真ん中に、ヨーグルトをこぼしたような愛液がいっぱい着いていました。
    「普通こんなに濡れねーだろ、お前ドスケベだろ」と言われると、もうどうしようもなくウズウズしてしまいます。

    キモ男は体を股の間に入れて、自分の足も使って、私の両足を大きく広げました。
    「うわーすげー濡れてんじゃん、マン汁臭でまくり」と言われてゾクゾクしちゃいました。
    そしてキモ男は軽く平手でクリを叩きます。
    これも私ダメなんです・・・馬鹿にされたような粗末な扱いをされてるみたいで興奮してしまいます。
    だぶんキモ男じゃなければ、この男と恋人になっていたかもしれない位、セックスの相性がイイんです。

    そして、私の愛液を手の平に塗り付けると、手の平全体でクリを押し潰すようにクチャクチャとこねくり回してきました。
    私はあっと言う間に気持ち良くなって「あああああん、はっぁああぁぁ、ダメ、ダメええええええ、
    いやあああああああああ」と絶叫してイッてしまいました。

    ビクビク痙攣している私を見ながら「レイプされてイッてんじゃねーよ変態女」と言われました。
    最高の言葉を絶妙なタイミングで言われて、完全に陶酔してしまいました。

    ?

    キモ男にクリをこねくり回されて、結局イカされてしまいました。
    でも、私はこんな男に落とされるなんて絶対に認めたくないので、抵抗を続けました。

    すると今度はアソコに指を入れてきて、いきなりGスポットを刺激してきます。

    今までで一番ぐらいに的確な場所を集中してかき混ぜ始めました。
    すぐに「ブチュブチュブチュ」と凄い音が出はじめて、「いやあああああ、だめええええええええ」
    と叫びながら、潮を噴いてイってしまいました。

    「レイプされて潮噴く女なんてはじめてみたよ」とキモ男はニヤニヤしています。

    キモ男はいつの間にか私の手を放していて、私は両手が自由だったんですけど、シーツを握り締めてるだけで、
    抵抗するのを忘れていました。
    そしてキモ男はまた指をかき混ぜはじめると、同時にクリを舐めはじめました。
    私はすぐに「いやああ、だめええ、また、だめええええ」とすぐにイキそうになって、
    キモ男の顔に潮を噴きかけながらイってしまいました。

    もうキモ男は私を押さえつけていないので、私は痙攣している体のまま、逃げようとしました。
    でももちろんすぐに捕まってしまいました。
    私は散々イカされましたけど、この男の勝ち誇った顔が許せませんでした。

    キモ男はまた私を押さえつけながら、自分のズボンとパンツを下ろしました。
    すると信じられない大きなアレが出てきたんです。
    しかも凄い角度で立っていて、すぐに入れようとしてきました。

    私は足で蹴りながら必死で逃げたんですけど、ビショビショのアソコは「ヌルッ」
    と簡単に受け入れてしまいました。
    今の彼氏より遥かに大きなアレを入れられて、悶絶でした・・・
    元々、大きなおチンチンが好きな私は、最初から感じてしまって、入れて数十秒で「あああん、あはぁあああ、
    くうううううううう」と言いながら簡単にイってしまいました。

    もう入れられたら力が入りません・・・
    ぐったりしていると、キモ男が私の電話を勝手にいじっていました。

    「ちょっと止めて!触らないで!」って暴れても、少しピストンをされると抵抗できなくなってしまいます。
    キモ男はどこかに電話を掛けると、枕元に携帯を置きました。
    そして携帯の画面の前に私を突き出して、その後ろからバックで突きはじめました。
    私は感じてしまって、携帯が見えなかったんですけど、携帯から「伊代、何してんだよ!
    ふざけんな!誰だそいつ!」と怒鳴り声が聞こえました。

    私はビックリして携帯を見ると、彼氏の顔が見えました。
    キモ男はテレビ電話で彼氏に電話したんです。

    ?

    バックで入れられてまま、目の前にはテレビ電話で彼氏が見ています。
    彼氏は泣き叫ぶ様に「お前何やってんだよおらぁぁっぁあ、ざっけんなよおおおおおおお」と言っています。
    普段は絶対大声を出さないような彼氏が、狂った様に叫んでいました。

    私は一生懸命弁解しようとしたんですけど、キモ男は大きなアレを容赦なく叩き込んできました。

    「ちがうのぉっ、うぐっ、ああん、あん、これちがうっ、うはぁああああ、いやああああ、見ないで、
    だめぇぇぇえぇえ、だめえええええええええええええ、いやああああああああああああああああああ」

    私は何がなんだか分からず、彼氏の前でイッてしまいました。
    キモ男のテクニックと巨根と彼氏に見られている状況が混ざり合って、凄い興奮でした。

    キモ男は「あーあ彼氏さんイッちゃったみたいですよー、てゆーか今日イキまくりでしたけどね」と言っていました。
    そしてキモ男は今度、私を上にして騎乗位にさせました。
    彼氏には私の後ろ姿が見えていると思います。

    私はおかしくなっていたと思いますけど、反射的に上になったら腰を動かしてしまいました。
    彼氏が見てるし、キモ男を認める事にもなるから絶対ダメ!って分かってるんですけど、腰をグリグリ押し付けて、
    クリをすり潰しながら、またイッてしまいました。
    イッたあとはキモ男の胸に倒れ込んでしまい、彼氏からは結合部が丸見えだったはずです。

    そして、立ちバックや松葉崩しとかもやらされて、それぞれの体位でイカされました。
    私はもう彼氏の事が頭に入りませんでした。
    彼氏も無言で見ているだけでした。
    彼氏とのセックスでは2回イケば良い方です・・・彼氏もキモ男のテクニックに引いていたと思います。

    最後はバックに戻って、彼氏の顔を見せられました。
    私は見るのも辛かったんですけど、何か変な気分になってきました・・・
    なぜか彼氏が傷付く事をもっともっとしたくなってきたんです。
    SなのかMなのか分かりませんけど、彼氏の落ち込んだ顔を見てると、イジめたくなってきました。

    私は彼氏の顔を見ながら「ごめんなさい、あん、ああああん、気持ちイイの、このおチンチンが、あああん、
    凄いの、あああん、あん、大っきくてすごいのおおおおおおお、いやあああああ、またイッちゃう、イク、
    イクううううううう」と言って彼氏の顔を見ながらイッてしまいました。

    キモ男は「彼氏とどっちが気持ちイイか彼氏に教えてあげろよ」と言ったので、私は痙攣しながら
    「全然こっちのおチンチンが気持ちイイ、こんなに気持ちイイセックスはじめて・・・ハァハァ」と言いました。
    彼氏は無言で下を向いています。

    キモ男はまた激しくピストンをしてきました。
    私は大きな声で「凄い気持ちイイ、あああん、あん、大っきいから気持ちイイ、だめええええ、すごいいいいい、
    彼氏の小ちゃいから、こっちの大っきいのが好き、あああああん、あん、気持ちイイ、いやあああああ、またイク、
    イク、イクううううううう」とすぐにイッてしまいました。

    キモ男は私に構わずピストンを続けていて、「どこに出して欲しい?」と聞いてきたので、私は即答で
    「中にだしてえええええ、イイ、凄いイイ」と答えました。
    キモ男は「彼氏さんはオッケーなの?」と聞いてきましたけど、私は「知らない、ああああああん、ダメ、
    中に出して、お願い、彼氏どうでもいいから中に出してええええええええええええええ」と叫びながらイッてしまい、
    同時にキモ男も中に大量の精子を出してきました。

    私は凄い満足感と疲労感でしばらく動けませんでした。


379  葵です。 - 2015/01/29(Thu) 20:11 No.27758
    キャバ嬢です、もう2年になる同伴はノルマ&#10083;アフターは自由。ヤバいって思った人とは同伴しない!アフターが断り切れなくなるから、だからサラリーマンで身元もしっかりとしてる人に同伴してもらう、こないだsさんに3回同伴頼んだ手前「アフターいいでしょ?」の誘いを断れず連れてかれた小さなスナックカウンターだけの店、お腹空いてたので焼うどんとかピザとか註文したけど乾杯の水割り1っパイで足腰立たなくなって(こう見えてもお酒飲んで商売やってるのにそんなはずないって)でも呂律も回らないほどに…男3人に抱えられてホテルへ服もパンティも脱がされて女の子の割れ目も具までも丸出しにされてそれでも足を閉じることもできずにアソコにシャブ(たぶん)塗られて中まであっ!という間に吸収しちゃってアンアンッ!言っちゃって、3人に姦られて気が付いたら5万置いてあってマンコから精子がドロドロッって!もう最悪!!同じような経験したことある人スレに書いてって!!!


380  匿名 - 2015/01/29(Thu) 13:10 No.27754
    某大学の食堂…二人の女子大生がいつものように窓際の席に座ってランチセットを食べながら話をしていた。

    「今日のお米なんか固いなぁ、結と同じそばにすればよかったなぁ」

    「あ〜あのおばちゃんが作る日はお米固いよね(笑)」

    長谷川結と山本和美、2人は大学一年からの親友だ。

    「それよりさ、結にちょっと聞きたい事あるんだけど。」

    「ん?なに?」

    「あのさぁ結ってさぁ…今まで誰とも付き合ったことないんでしょ?男に興味ないの?」

    二人は普段あまり恋愛の話はしないがこの日は和美が恋愛の話を切り出してきた

    「ないことはないけどさぁ…ん〜男と話したりするの苦手かなぁ」

    「高校の時はどうだったのよ?結は結構かわいいし、告られたりしたんじゃない?」

    「ん〜何人かいたけどねぇ、なぜかみんなオタク系のヤツばっかりだったよ(苦笑)」

    「あ〜結ってちょっとロリ顔だからね、そういう人達に人気ありそう(笑)」


    2人がそんな会話をしていると、

    「お〜い!和美ぃ!結ぃ!」

    元気な声で女の子が二人のもとに走って来た

    「やっぱここにいた!相変わらず二人でほのぼのしてるのね(苦笑)」

    同じ大学二年の友香里である

    「ねぇねぇ!来週W大学の人達と合コンするんだけど来ない?男5人来るからさぁ!こっちもあと2人ほしいんだよねぇ!どう?結構カッコイイ人達だよ。」

    「私は遠慮しとくよ、バイトあるし」

    結は即答し、和美もそれに続いた。

    「私も、来週忙しいんだよね」

    友香里は少し残念そうな顔をして
    「そっかぁ…わかった、また次機会があったら誘うね!」そういって次のターゲットの所へ走っていった。

    「合コンって何がそんなに楽しいのかね?私初めて会う男とそんな話せないよ、てか話したいと思わない」

    結は走っていく友香里の後ろ姿を見ながら言った。

    「でも、それがきっかけで付き合ってるカップルもいるし。まぁ健全な大学生だったら恋人くらい欲しいって思うのが普通よね。」

    和美はそう言ってオレンジジュースのストローに口をつけた

    「そういう和美も大学生でしょ(笑)私もだけど…和美合コン参加してみればいいじゃん。」

    「ズズッ!…行かない…」

    オレンジジュースを飲み終え、和美は席から立ち上がった

    「今日もバイトだ…私達は稼ごう!」

    「うん」

    結達は昼からの講義はなかったので、そのままバイト先へ向かった。

    結が合コンを断る理由は単に男が苦手だからだ。

    でも和美は違った。彼氏はほしいが和美は自分の顔にコンプレックスを持っていたのだ。

    (あ〜もっと可愛く生まれたかったなぁ)



    「ご利用期間一週間でよろしかったですか? ありがとうございましたぁ」

    いつもどうり手際よく二人はレジで働いていた

    「毎日毎日…同じセリフ言って、正直飽きたぁ」

    だるそうな顔をして結がボヤいた

    「そう?私は結構楽しいけど?接客に向いてるかも」

    和美はニコニコしながら言った

    「いいね、私は接客に向いてない人間だったことを忘れてたよぉ。タダで映画のDVD借りられるってのにつられてしまった…」


    結と和美がレジでそんな会話をしていると、それを遠めから眺めている男達がいた。エロDVDの棚を整理していたバイトの山田と川崎だ。


    「長谷川さんって結構可愛いよなぁ、小柄で色白で…へヘ」

    デブの山田は気味の悪い笑みを浮かべながらそう呟いた。

    「え?おまえも?俺もかわいいと思ってたんだよなぁ、昨日長谷川さんオカズにして3回も抜いちゃったしよ」

    「でもさぁ長谷川さんてなんか近寄り難いオーラででるんだよなぁ、男嫌いみたいなオーラが」

    「そうそう!なんか話しかけてもそっけないし。まぁ俺達みたいなキモオタなんて最初から眼中にないんだろうけどな。」

    「あ〜でもヤリてぇなぁ!」そんな会話をしていた山田と川崎に社員の藤井が近づいてきた

    「おいおい、長谷川は俺が狙ってるんだから手ぇ出すなよ」

    藤井はここで働く男の中では唯一整った顔をしていて、身長も180以上あるイケメンだった。

    「あのスベスベの白い肌で童顔、俺のタイプなんだよなぁ。そんでもってあの冷めた感じのクールな性格のギャップがいい!可愛いくせに不愛想でよ。
    たぶんあの感じだと処女だろうなぁ。ああいう女ってチンポ入れたらどんな声で喘ぐんだろうな?ハハッ」

    藤井は意味深にそう言うと、笑いながら事務室へ入っていった。

    「藤井さん長谷川さんのこと狙ってるのかぁ!お前藤井さんのあの噂聞いたことあるか?」

    「あるある!女遊びすげぇ激しいらしいな、そんで狙った女は必ず落とすって。しかも落とした女はハメ撮りとかしてるんだろ?このまえ写真一枚見せてもらったんだけど、凄かった。」

    「あ〜長谷川さんがそんな風になったらショックだなぁ」

    「でも見てみたいなぁ」



    結は一人暮しでアパートに住んでいた。バイト先からは和美の家よりも遠かったのでバイトをあがるのは結の方がいつも早かった。

    「お〜い!山本!ちょっといいか?」

    結が帰った後に和美は藤井に呼ばれた。 

    「はい。何ですか?」

    「明後日の夜、俺と山田と川崎で飲み会やるんだけど来ないか?やっぱ男だけだど華がないからよぉ」

    「えっ?ん〜どうしよう…行こうかなぁ」

    と言いながらも顔を赤らめて笑顔を見せる和美。

    実は和美は藤井のような背の高い男がタイプで前から少し気になっていた。それに男から直接和美に誘いが来るのはめずらしかったので素直に嬉しかったのだ。

    「よし!じゃあOKでいいな?じゃあさ、山本女の子一人だと寂しいだろうから長谷川も誘って連れて来てくれよな!」

    「あ、はい!たぶん結も明後日は空いてると思うので…」

    和美は特に何も考えずにそう答えてしまった

     「よし!じゃあ明後日よろしくなっ!」

    次の日の大学の食堂…いつもの席。  

    「えっ?飲み会?」

    結は少し驚いたように言った

    「ごめん!もう勝手に藤井さんにOKしちゃったんだ、お願い!結も付き合って!」

    和美は頭をさげて頼んだ

    「ん〜たまにはいいかぁ、バイトの中で私だけ参加しないと悪い気するし」

    「え?いい?ありがとう結!」
    そして飲み会の日がやってきた…

    「さぁ今日は俺のおごりだから山本と長谷川もいっぱい飲めよぉ」

    「あ、は、はい」

    二人とも普段男と話さないため緊張していた。

    「ほら!山田と川崎!二人の緊張をほぐすようなトークしろっ!」

    結達の正面に山田と川崎が座っていた


    「あ、あの長谷川さん!ゆ、結ちゃんって呼んでいい?」
     
    「えっ?」 

    「お、俺も結ちゃんって呼んでいい?長谷川さん≠カゃなんだか他人行儀みたい