[掲示板に戻る] [最下部へ移動]



  まなみ - 2015/05/27(Wed) 17:31 No.28874
    犯し屋さんタイトルいい感じですか。
    6人のオチンチンで孕んだメス豚です。


1  まなみ - 2015/05/27(Wed) 17:32 No.28875
    いろいろ話そう


2  佐藤なるみ - 2015/04/27(Mon) 22:42 No.28629
    こんばんわ、なるみです。
    もうすぐGWです。
    誰か私を車で拉致って、レイプしてください!!
    25歳だけど、セックスの経験もありません!!
    まだ処女です・・・・
    男の人達に無理やりレイプされてみたいです!!
    男の人達とセックスしてみたいです!!
    赤ちゃんデキても構いません!!
    本気で私を無理やりレイプしてくれる、男の人達募集中です!!


3  某大学生 - 2015/05/29(Fri) 17:09 No.28891
    スーパーフリーみたいに合コンはレイプするための
    隠れ蓑っていう奴が結構いるけど酒に薬入れてやっちゃう
    連中!大体ハルシオンが多いけど
    お酒飲んだら意識失っちゃったって言う女の子いる?
    合コンでオマンコヤラレチャッタ子は5人に1人だって!
    ↓↓↓に体験談を書いてください。


4  福田好昭  - 2015/05/05(Tue) 18:40 No.28710
    僕ね、何年間ね、女装のね、姿に変装する、男の娘のね、女子高校生の女の子のね、衣装にね、変装の姿になる事がね、大好きなの、
    僕ね、女子高校生の女の子の変装の姿になってね。男性のおじさんにレイプセックスをされる事が。大好きなの。
    僕のね、お家のね、住所は 大阪府吹田市佐竹台2丁目地区に住んでいるの
    僕のね、吹田市佐竹台2丁目地の公園のね、公衆トイレの男子トイレで女子高校生の女の子のね、衣装にね、変装の姿でいてるからね
    僕を、女子高校生の女の子とおもってね、レイプセックスをしてきてね


5  匿名 - 2015/05/17(Sun) 22:39 No.28803
    レイプリベンジ。あなたの怨み晴らします。
    まずは、被害状況を説明してからの返信になります。
    ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


6  まなみ - 2015/04/03(Fri) 11:29 No.28494
    犯し屋さん あかねさんは又妊娠しましたか。
    最近のあかねさんはどんな感じですか。


7  私は@レイプされました。 - 2014/06/06(Fri) 13:48 No.26063
    中学生のときの話しです。真夏の21時過ぎ…塾の帰りでした。制服姿で自転車をこいでいると白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」窓を開けて三十代くらいの男の人が声をかけてきました。

    教えてあげようと思い車に近付くと、突然扉が開き、私は後ろからはがいじめにされて車内に連れこまれました。
    「いやああっ!」
    あまりの恐怖に声を出して暴れると、お腹を思い切り殴られて口を押さえられ、包丁をつきつけられました。
    殴られた恐怖と包丁に頭が真っ白になり、声も出ずに私はひたすら震えていました。
    後ろの座席には私を挟んで二人の男が座っており、顔は暗くてよく見えませんでした。
    「おとなしくしてれば生きて帰してあげるよ」
    一人の男に目隠しされ、抱き上げられ、膝に座らされました。

    「可愛いね、中学生?まだ処女かな?」耳元で囁きながらブラウスの上から円を描くように胸を触ってきます。
    怖くて震えが止まりませんでしたが、頭の中ではこのままでは無理矢理エッチなことをされると分かっていました。
    もちろん私は処女でした。
    処女だと知れば逃してくれるかもしれない。こんな子ども相手にするわけがない。大人の女の人の方が良いに決まっているもの!

    縋る思いでなんとか声をしぼり出しました。
    「14歳…です。まだ処女で…す…。助けてくださ…い。」
    うなだれてお願いしました。
    しかし、胸をまさぐっていた男はやめるどころか私の言葉を聞くとさらに激しく胸を揉み扱き出したんです。
    「可愛い、おっぱい大きいな。本当に処女なの?」
    耳元で荒い息と共に囁くと次の瞬間ブラウスを荒々しく引き裂きました。
    【続きを閉じる】

    ボタンがとび、白いブラジャーが露になった様子が目隠しされていても分かります。
    隣りからも手が伸びて来てキャミソールをずりさげられ、ブラジャーの中に侵入し、乳首をくりくりこね回されました。
    後ろの男はブラジャーごしに胸を上下に揉み上げて髪の匂いをかぎ、首筋に舌を這わせてきます。

    ゴツゴツした手がスカートをまくりあげて太ももに伸びてきてパンツごしにあそこを触ってきました。

    怖くて私はひたすら身体を堅くして震えていました。
    どこを触られても何をされても何も感じません、ただ早く何もかもが終わってほしくておとなしくしていました。

    突然後ろの男が「我慢できない」と切羽詰まった声で叫び、座席に押し倒されました。
    両手首をもたれて固定され、パンツを下ろされ、あそこに何か固いものが触れました。足をもたれて思い切り広げられ、男の身体が密着し、あそこに激痛が走りました。
    「いやあああ!痛い!やめて!!」
    押し入ってくる異物感とあまりの大きさに泣き叫んで抵抗しましたが、男はぐいぐい腰を進めてきました。荒いせわしい息遣いが近付いてきて、唇を舐められ、口の中に生暖かい柔らかいものが入ってきて私の舌に絡んできて吸い上げられました。

    ショックと恐怖と嫌悪感で思考が停止し、私はずっと「やめて、お願い、やめて」と繰り返し泣いていました。
    ファーストキスもまだだったのに…。

    生暖かいものが降りてきて乳首に吸い付き、舌で味わうようにぴちゃぴちゃ唾液の音がします。

    男のものが動きはじめました。ぐいぐい腰が打ち付けられて激痛が走りました。

    頭の上からカチャカチャベルトを外す音が聞こえてきて、手をつかみ、何か固くて熱い棒を持たされました。私の手の上から男の手が添えられ、ぎゅっと握り締め、上下に動かし始めました。
    しだいに荒い息が聞こえてきてきて「うっ!」というくぐもった声と共に私の手に生暖かいねばねばしたものが広がりました。
    その手を口元にもっていかれたので嫌々舐めましたが、苦くて不味かったです。

    男たちが場所を交代し、別の男が私の下半身に顔をうずめてきました。
    足をばたつかせて抵抗しましたが力がすごくて足が動かせません。ぴちゃぴちゃ太ももから中心に向かって舌が這う感触に気持ち悪くて涙が出ました。
    何か錠剤のようなものが口に入れられました。苦さに顔をしかめながら飲みました。

    両手が頭上からお腹を撫で回してゆっくり全身を触り、ブラの下から胸全体を両手で覆い、ゆっくり揉み始めました。
    …不思議な気分になってきました。胸の突起が擦れるたびに身体がビリビリし始め、あそこがじわりとしてきたんです。
    「あれ?濡れてるよ?」いやらしい声とともにあそこに何かが差し込まれてズポズポ上下左右に動き始めました。

    身体が熱くなり、ぴちゃぴちゃと大きくなる音と一緒に頭がぼうっとしてきてなんともいえない気持ちが込み上げてきました。
    「あっ…ああっ!」
    あそこをまさぐっていたものが引き抜かれてさっきまでと比べ物にならない大きなものが私の中に入ってきました。
    「あっ!いやっ!!ああっ!」
    突き上げられるたびに自分のものとは思えない声が上がります。

    乳首をこね回されるビリビリした刺激と重なってさらに声がはね上がりました。
    ぬるぬるしたものが手伝ってさっきとは比べ物にならないほど男のものがあそこをいいように擦り上げます。激しく何度も突き上げられ、何度めかのはてに下半身にまた生暖かいものが広がりました。

    私は放心状態でした。下半身のズキズキした痛みとだるい腰と…熱くなった身体。
    男が覆いかぶさってきて唇を重ねると舌を入れて腰に手を這わせてお尻を揉み上げてきました。

    不意に車が止まり、ドアが開きました。
    声を出したら殺すと脅され、包丁を背中につきつけられ、目隠ししたまま車から下ろされて階段を登りました。
    どこかの建物のようです。
    扉が開き、中に入ると力強く手を引っ張られ、カーペットのようなものの上に身体を投げ出されました。身体を起こそうとすると、両手両足を男たちに持たれて床に押さえつけられ、股の間に男が身体を入れて来て、あそこにまた肉棒が押し入ってきました。何度も男を受け入れてしまったそこはすっかり潤んで、あまり痛さを感じなくなっていました。
    そればかりか
    「やっ!あんっ!あんっ!!」
    自ら腰をふってしまうほど上下する男のものが気持ち良いんです。

    「明るい場所で見るとおっぱいの形綺麗だね」
    ぬるぬるしたものが胸元にふれ、柔らかく動き始めました。ちゅくちゅく音がして、舐め回されているのが分かります。
    吸われるとぞくっと背中が跳ね上がります。
    「Eカップはあるね」
    パシャパシャと音がして写真を撮られているのが分かりました。
    こんな写真を学校にばらまかれたら…!
    再び恐怖が遅い身体が強張りました

    「どうしたの?声だせよ」
    「やっ!写真とらないで!学校にはばらまかないで!!」
    ぐいぐい腰を打ち付けられ、痛さに顔を歪めながら必死に頼むと、周りから笑い声が聞こえてきました。
    「本当に可愛いなあ。」
    口元に堅いものがあてがわれました。
    「ちゃんと言うこときいて、おじちゃんたちを気持ち良くしてくれたら写真は捨ててあげる」
    無理矢理口に入れられ、不味くて臭いにむせ返りそうになりながら必死にされるまま顔を上下に動かしました。

    口に出され、ねばねばした感触が喉に流れ込みます。
    「良い子だね、次はお兄さんだよ」

    また堅いものが口に入ってきて苦しくて涙があふれました。
    必死に顔を動かしていると、身体が持ち上げられて四つん這いにさせられ、おしりに激痛が走りました
    「やあっ!!」
    いくらなんでも裂けちゃう!
    口から堅い棒を離して泣き叫んでいると、お尻に何かを塗られました。

    そしたら身体が熱くなり、目頭が潤んできてすごくドキドキしてきました。
    お尻に堅いものが欲しくて欲しくてたまらなくなり、自ら腰を突き上げておねだりしてしまいました。
    再度自分から堅い棒にしゃぶりつき、舌を這わせました。

    横から伸びて来た手がお腹や背中を撫で回すだけでクラクラきてしまいます。
    気持ち良い…。
    口にまた錠剤のようなものを入れられ、飲み込むと、ますますとろんとした気持ちになりました。
    丸裸にされ抱き上げられてベッドに下ろされ、抱き締めてきた男と舌を絡め合い、長いディープキスをしました。それだけで頭がぼうっとなります。
    押し倒されて腰を撫でまわされ、口から自然と甘い声が出ます。

    ビデオ撮影されているのに気付きましたが。それさえも快感になります。
    エッチな私をもっと撮ってほしい…。
    胸を荒々しく揉まれ、中央に寄せられて乳首を舌と指で攻められて最高にエッチな気分になってしまい、「あんっ、うぅんっ」キスされながら気持ち良さそうに喘いじゃいました。

    足を大きく広げられ、入ってきた男のものに頭が熱くなり、ぐちゅぐちゅ動き始めると快感が身体中をほとばしり「もっともっと」とおねだりしてしまいます。「まりちゃんはエッチな子だなあ」唇を押しつけられて舌を絡ませ、男はいろんな方向にピストンしました。
    どうして私の名前を…?
    「やっ!ああっ!いやっ!!」
    不思議に思ったのもつかの間、男のものがある場所を擦った瞬間にものすごい快感が突き抜けました。

    男は嬉しそうに「ここか?ここか?」と言いながらそこを突いてきます。
    「やあっ!いやあっ!おかしくなっちゃう!!」
    ビリビリしすぎて死んじゃう!!
    必死に声を張り上げたけど男はやめるどころか何度も何度も突き上げてきてとうとう私は頭が真っ白になりました。

    こんな気持ち今まで知りませんでした。

    ベッドでまどろんでいると、身体を抱き上げられ、男の膝に座らされました。男に背中を預ける感じです。
    身体の中にはまだ堅い男が入っていました。
    脇の下から男の手が入ってきて、指先で乳首の周りをなぞりはじめました。
    まどろっこしくて「おっぱいのてっぺん触って?」とお願いしましたが触ってくれません。「いやっ、触って!!」決定的な刺激が与えられずに焦って男の手をつかみ、乳首を触らせると
    「まりちゃんは困った淫乱だね。本当に可愛い」男の手は痛いほど私の胸をわし掴みにして揉みしごき、片手で両胸をまさぐり、もう片手でお腹や太ももを撫で回し、私の身体を持ち上げると一気に落としました。

    「やあああっ!」一気に男の肉棒に突き上げられて前のめりになりましたが、男に身体を戻されて身体中を手が這います。
    何度も何度も突き上げられて男のものが飛び散り、身体中がぬるぬるしました。

    そのままベッドの上で何度も男たちを受け入れました。

    不思議と身体が熱くてとてもエッチな気持ちが込み上げてきて、男たちに身体をたくさん触られたくて仕方ないのです。
    突き上げられてぐちゅぐちゅいう音と沸き上がる快感にどうしようもなく気持ち良さを感じてもっともっととねだってしまうのです。

    どれくらいたったのでしょう。

    時間の感覚が全くありません。

    あれから何度か錠剤を飲まされては犯され、気付くとすごい悪臭に包まれて横たわっていました。
    髪も身体もべとべとです。
    身体を起こされ、ボロボロになった制服を渡されて着ました。
    ブラジャーとパンツも欲しかったのですが怖くて言えませんでした。

    車に乗せられ、隣りから男が胸を触ってきましたが嫌悪感しかありませんでした。
    夕べはあんなに触ってほしくて気持ち良くてたまらなかったのに。

    身体中が痛くてだるくて仕方ありませんでした。
    車の中で二回ほど犯されましたが気持ち悪さと怒りしか感じませんでした。

    車から下ろされ、目隠しを取ると、走り去る白いワゴン車が見えましたがバックナンバーまでは判別できませんでした。

    レイプされたことは恥ずかしくて誰にも言っていません。あんないやらしい自分が本性だとしたら…。

    あれから五年。最近自宅近くの夜道で白いワゴン車が目撃されています。そして…部屋にいると窓の外からねっとりした視線を感じるんです…。
    恐怖でここ最近眠れません…。


8  福田好昭 - 2015/05/08(Fri) 07:41 No.28729
    僕ね、何年間ね、女装のね、姿に変装する、男の娘のね、ギャル系の女子高校生の女子のね、衣装にね、変装の姿になる事がね、好きなんだけど、
    僕ね、ギャル系の女子高校生の女子の変装の姿になってるだけど。50代の男性が女子高校生の女の子のにレイプセックスするような事が大好きなの。
    僕のね、お家のね、住所は 大阪府吹田市佐竹台2丁目地区に住んでいるの
    僕のね、吹田市佐竹台2丁目地の公園のね、公衆トイレの男子トイレでギャル系の女子高校生の女子まってるからね
    僕を、ギャル系の女子高校生の女子とおもってね、レイプセックスをしてきてね
    深夜0時に待ち合わせしくれない 僕ギャル系の女子高校生の女子の変装の姿になって三輪自転車に乗ってるし声かけて


9  綾乃です。 - 2015/05/12(Tue) 01:27 No.28758
    去年の2月に母が再婚しました。
    母は25で私を生んで今43歳¡義理の父は52歳で大学の試験に失敗した19歳の浪人生がいます。
    関東甲信越のはずれの田舎に義理の父の一軒家があって
    かなり大きな家です、そこで同居が始まったのですが
    母は不眠症で病院で睡眠薬を処方されていてるので夜寝てる時はちょっとやそっとでは起きないのです
    去年の夏の日に、am1:40頃、私は試験勉強を終えて「もう寝よ」って思いトイレに行ったら義父が一人お風呂に入ってたらしく脱衣所でパンツ
    いっちょで居たので目を逸らしてトイレに入って用を足して出てきたら義父に後ろから首をグイッってされて
    パジャマのズボンとパンツの中に手が入ってきました
    17歳の私はヴァージンだったし誰にも触られたこと無かったので死ぬほど恥ずかしくって、一人前に毛も生えそろってる割れ目をイタズラされて「お母さんに喋ったら殺す」って言われたんです、それからは何もなかったのだけれど
    今年に入って友達とアイドルグループのコンサートに行く
    当日朝一でお風呂に入ってもう上がろうと鍵を開けた瞬間
    義理兄が素っ裸で入って来て当然私も裸です!
    お風呂に引き戻されて鍵をかけて胸もお股も散々触られて
    ビックリするほど大きくてすごく硬くなったアソコを押し当ててきたんです痛すぎて「ギャ〜ギャ〜」泣いたけど
    母は熟睡してただろうし義父は気付いてたと思います
    でも助けてはくれなくてお風呂場の中で処女喪失をしました。
    体の中に暖かいものがドバッ!と出されたのを感じました
    射精されたことは17歳でも解りました
    当然コンサートは行きませんでした
    40度近い熱があるって嘘をついて友達に断りの電話をしました。妊娠はしてなかったのですが今では義父にも2回犯されました、義理兄にはそのあと3回セックスさせられました。
    パンツの中に手を入れてアソコを揉まれることはほぼ毎日です
    母にはまだ言ってません、いったい私はどうしたらいいのでしょうか?


10  ゆめみ - 2015/03/08(Sun) 08:37 No.28274
    あの男たちの顔はもう覚えていない。
    あの出来事ももう忘れた。
    もう,4年も前のこと…
    忘れたつもりだけど…
    そのつもりだけど…
    あたしの心や体の深いところにあの出来事は刻みつけられている。
    今朝も夢を見た。多分…
    起きたとき,あたしは違和感を感じた。
    アソコにあのとき嫌というほど突き上げられた後のあの異物感を感じた。
    喉の奥に,あの生臭くて苦くていがらっぽい男の液の後味を感じた。
    あの顔も覚えていないあの3人の男たち…
    今も,夢魔となってあたしを凌辱し続けている。


11  サリ - 2015/05/20(Wed) 20:51 No.28820
    私は、今大学生です。
    何げなく、平凡です。
    ここからは、私が高校時代の話をします。
    私は、野球部のマネでした。
    私の学校は、そこそこ強いチームでした。その分練習着を洗うのがなかなか落ちなくて大変でした。
    ある日、私は鍵当番で一人で当番の仕事をしていました。
    そこに仲の良い同級生が来ました。この人をRとしましょう。
    「まだ残ってたのか?」
    「そうだよ。鍵番めんどくさいんだから」と、何気なく会話をしていました。そうするとRは後ろから抱き締めてきました。「Rどうしたの?」と、私はRに聞きながらその腕をはらおうとしました。でも、力が強く離れませんでした。Rは、そのまま私を床に押さえジャージを脱がせました。胸を揉まれたりされて、あまりにも気持ちよくきずかず、いつの間にかSEXをしていたのです。行為が進んでいるのにはびっくりしていました。終わったあとRから「俺、お前を一生大事にするから」と言い、二人で仲良く帰っていきました。


12  のぞみ - 2015/05/18(Mon) 18:49 No.28809
    エッチな動画サイトで見ている、複数の男性から責められる女性の姿に興奮しています。
    私も、あんなふうにバックから突かれながらチンポをしゃぶったり、何本ものチンポを目の前にさらされて、順番に奉仕させられたり、バイブで無理やり逝かされたり、されたいです。
    本当のレイプは嫌だけど、複数プレイにあこがれています。


13  愛璃 - 2015/05/05(Tue) 22:58 No.28711
    幼いころからダンスレッスン、ボーカルトレーニングをやっていていつかはメジャーデビュー!を夢に頑張ってた
    有る、マイナーバンドのライブを見に行ったらスカウトされた18歳の夏!
    と言っても全然メジャーデビューなんてもんじゃなくて
    小さなライブが中心、一応簡単な契約をさせられて衣装はコーディネーターに一任するってなっててその辺は正直見て無くって後で渡された衣装はタンクトップが所々裂けてるやつで
    ヌーブラにしてほしいと言われてビックリした
    スカートは超ミニ!パンツはその日はいてるヤツって!
    要は生パンてこと、少し不満を言ったら契約したんだろっ?
    って言われてなにも言えなくなった
    そんなこんなでマイナーデビューを果たして自主製作のcdも会場では売っていた
    少しずつファンも増えてきたけどどいつもこいつも
    パンツが見たいやつばっかり!まぁそんなファンばかりじゃないけど男は男普通ステージ前までは来れないようになってるけど真下からかぶりつきで見られるしカメラや動画もOKなんで
    最初は腰が引けたけどいつまでも恥ずかしがってもいられないって開き直ってやってた
    生理日にタンポン入れるのに抵抗があったけどナプキン挟んでミニスカでステージに立つほど恥知らずじゃないからぁ
    だけど、結局女は女、楽屋に知らない男たちが入って来ていきなりパンツ脱がされてオマンコ舐められてヤラレタ!
    誰かが手筈したんだろうけど未だにわからない
    当時付き合ってた彼氏の男仲間に「あいつも後で来るからぁ」
    って連れてかれたところで「脱げっ」って言われて
    抵抗したら殴られて「自分から脱ぎ奈ぁ?」って言われて
    拒否してると殴られて自分で真っ裸になって立ったまま
    オマンコ舐められて、あおむけに寝かされて「股開け」って言われてオマンコの中広げられていろんなもの突っ込まれてヤラレタ、その後彼氏は行方不明どこかにいちゃった
    他に3回ぐらいレイプされてるけど女だからしょうがないかぁって思ってる。


14  私は@レイプされました。 - 2013/10/08(Tue) 15:21 No.23973
    高校のときサッカー部のマネージャーだったんですが、
    2年上の先輩とつきあっていました。
    先輩たちが卒業して数ヶ月後、彼を含むOB7人と会うことになりました。
    みんなで食事するのかと思っていたら居酒屋で、
    当時わたしはまだ高2だったので気が気じゃありませんでした。
    2次会でカラオケへ行き、その後何人か帰りましたが
    残った人たちでAさんのマンションへ行く事になりました。
    わたしも本当はもう遅かったので帰ろうとしたのですが、
    彼が少し酔っていて「行こう行こう」と半ば強引に誘うのでついていきました。
    そこでもお酒を飲んで昔話などで盛り上がっていました。
    わたしはジュースで薄くして貰ったのですが、
    彼はわたしが止めているにも関わらずグイグイ飲んで、
    真っ赤な顔をしてとうとう寝てしまいました。
    彼が寝てからしばらくしてAさんが「○○ちゃん、隣りに来て」というので、
    わたしはなんの警戒もなくAさんとBさんの間へいきました。
    Aさんが「俺、○○ちゃん好きだったんだよ」とか言って、
    それを聞いてたBさんまで「俺も俺も」とか言い出し、
    わたしは「うそだー」と答えながらも少し浮かれていました。
    少し酔ってきたのかAさんがしきりに手や髪を触ったりしてきましたが、
    Aさんはちょっとカッコイイ系だったので悪い気はしませんでした。
    でもだんだんエスカレートしてきて「○○ちゃん好きー」なんて言いながら
    抱きしめてきました。
    わたしはちらっと彼の方を見ましたが、相変わらず赤い顔で完全に寝ていました。
    Aさんは頬擦りまでしてきて、ちょっと困っていたら、少しずつ唇が近づいてきて、
    んっとキスをされてしまいました。
    隣りでBさんが「おいおい、それってありなの?」とたずねると
    Aさんが「いいんだよ、ね?」とわたしに言いました。
    恥ずかしくて曖昧に笑っていたら今度はBさんがしがみついてきたので
    「だめー」と軽く抵抗してたらふたりに押し倒されてしまい、
    わき腹をくすぐってきました。
    じたばたしているうちにBさんにもキスをされ、Aさんは胸を触ってきました。
    気がつけば他のふたりまで寄って来て身体中を触っているのでさすがに怖くなり、
    「だめ、○○さんが起きちゃうから!」と言いました。
    するとAさんが「じゃあ隣りの部屋に行こうか?」と言い、
    Bさんまで「それじゃ行こう」と言って強引に手を引いてきました。
    わたしは「え?え?」と言いながらも、妙な流れに逆らえず何故か立ち上がってしまい、
    よろよろと歩いてしまいました。
    わたしがピンチなのに彼は全く起きる様子もなく、
    なにも知らずに赤い顔で爆睡しています。
    その横をわたしは少し乱れた服装で男の人4人に連れて行かれているのに…。
    ちょっとむっとしました。
    部屋に入ってドアがしまると、待ちきれなかったかのようにみんなの手が伸びてきて
    わたしの服を脱がし始めました。
    わたしは身体を隠そうとしましたが、Aさんに抱きしめられキスをされてしまい、
    抵抗ができませんでした。
    そして立ったままでとうとうパンティまで下ろされてしまい、
    部屋に入って1分もたたないうちにほぼ全裸にされてしまいました。
    そのまま横にされ、すごい力で腕をおさえられて
    胸やあそこをまさぐられたりキスをされたり…。
    顔見知りの人に裸を見られるだけでも恥ずかしくて死にそうなのに、
    4人の舌で胸はもちろんわき腹やわきの下まで体中を舐められたり、
    入れ替わりキスをされたりやりたい放題されました。
    誰かが足を開いてアソコをべろりと舐めたときは、腰が何度も跳ね上がりました。
    さらに舌を入れられ、突然軽く歯を立てられた瞬間「ひい!」と叫んで
    狂ったように腰を振ってしまいました。
    みんなもびっくりしてわたしの口を塞いできました。
    こんなに感じたのは初めてでした。
    彼が隣りで寝ていることを忘れるほど興奮していたのです。
    よつんばいにされて脚を開かされお尻やあそこを撫でられたり、
    仰向けでみんなであそこを観察?したり匂いをかいだり、
    わざといやらしい事をされました。
    心臓が壊れるくらいドキドキしてもう何も考えられず、
    ただ込み上げてくる感覚だけに身体をまかせていました。
    そのうちAさんがゴムを付け、脚を持ち上げてぬるりと入れてきたので思わず
    「ひっ」と叫んでしまいました。
    誰かに腕を押さえられたまま犯されているのでレイプされているような気持ちになり、
    入ってくるたびに「ん!ん!」とえっちな声が漏れてしまいました。
    そのあとも交代で何度も入れられ、かなり恥ずかしい格好をさせられたりしましたが、
    彼としているときとは比べ物にならないくらいの気持ちよさのため、
    何回か意識が飛びかけました。
    一通り終わってからみんなが服を着ているのを見ているとき
    (そっか、みんなにやられちゃったんだ)と実感がわき、
    ちょっと彼に悪いと思いました。
    Aさんがなにか言ったと思いますが、全然覚えていません。
    翌朝、みんな何事も無かったようにしてましたが、
    なんとなくニヤニヤしているような気がしたので、
    彼を置いてひとりでさっさと帰っちゃいました。
    あれから7年近くたっていますが、
    最近はもう1度大勢でやりたいかもと考えてしまいます。
    それ程、今までの中でいちばん感じたセックスでした。


15  まなみ - 2015/05/18(Mon) 06:11 No.28805
    犯し屋さん、あかねさんに逃げられたんですね。
    母乳しぼりながら妊娠できなかったんですね。
    あかねさんの母乳も飲めなかったんですね。


16  詩織 - 2015/05/16(Sat) 16:41 No.28796
    初めて電車で痴漢に会いました。痴漢って混んでる電車でするものかとおもってたけど、その電車はガラガラで車両に私とおじさんしかいませんでした。向かい合わせの席に座っていたらガラガラなのに隣に座ってきて手を入れられて怖くて何もできませんでした。そのままバックで入れられたりおじさんの上に乗せられてセックスさせられました。怖くてとにかく何もできずにやられるがままで中に出されてどっかの駅でさっさと逃げてしまいました。ガラガラだから油断してました。

    その時はすごく悲しかったけど今はなぜかその時のこと考えてオナニーしちゃいます。また会いたいとか思うのって変ですかね…


17  みおん - 2015/05/08(Fri) 21:40 No.28736
    朝の出来事です。
    今日は、年に1回の放送委員会が挨拶当番の日。
    朝早くから、各場所に行き挨拶をするのです。
    私は小学校担当でした。
    その例の先輩も小学校担当でした。
    行く途中で、ばったりと会ってしまいました。無言のまま歩きました。
    薄暗くて、人気のないトンネルを潜ろうとしたときです。
    先輩が急に抱きついてきて「もう我慢の限界。」と言ってきて、キスをしてきました。
    私は何とかそれを阻止しようとしました。しかし先輩の抱き締める力が強く身動きがどうしてもとれません…。
    先輩は、キスを止めると制服のズボンのチャックを開け、ちんぽを出してきました。さすがにこれには、「まずい」と、思い逃げようとしました。
    しかし、先輩はとっさに私を抱き締めちんぽを入れてきました。上下に動く先輩。痛すぎて泣いている私。
    バンジーを奪った先輩。バンジーを奪われた私。
    先輩はそれを、数分と続けました。
    先輩は「イッ、イク!」と、言い私の口の中で、フィニッシュしてしまいました。先輩はそれをティッシュで、取ってくれました。そして「ごめんな、痛かったよな。ほんとごめんな」と、言って抱きしめ、優しく頭を撫でてくれました。私は先輩に抱きつき大泣きしてしまいました。そして、落ち着いてきたところで、2人で小学校まで、行きました。先生にクソ怒られました。その後、2人で笑っていました。
    これは、2人だけの秘密です。


18  - 2015/02/16(Mon) 14:05 No.27994
    夫が出掛けて留守にしている夜に、犯されたのです。
    その運命は、突然にやってきました。眠っている私の上に、息子がいたのです。
    息子の手は、すでに私の股を汚している最中でした。
    とっさに、その手を払いどけましたが、本当に汚されるのはこれからでした。
    私にとって体を守るための戦いが始まったのです。
    この時、もう私は息子に犯されてしまうだろうと感じていました。
    息子との力の差は、圧倒的だったからです。
    息子は19才でしたが、その体はたくましいものでした。
    私も、まだ43才で力は残っているつもりでしたが、全然かないません。
    圧倒的な力差と恐怖で、抵抗を止めたくなりながら、私は耐えました。
    せめて挿入をされて、完全に奪われてしまうまでは負けまいと。
    それは、母親としての貞操と自尊心を守るためです。
    結局、私は息子に無理矢理ねじ込まれ、挿入を受け入れてしまいました。
    相手が息子であったためか、犯されたのに女として屈辱は感じませんでした。
    もしかしたら息子と初めて交わってしまった罪悪感のためかもしれませんが。
    挿入を受けてしまった後の抵抗は、大幅に少なくなってしまいました。
    ショックもありましたし、疲労もありましたし、諦めもありました。
    入れられたらもうお終いという気持ちが、私の気力を失わせたと思います。
    こうなっては、後は一方的に奪い尽くされるだけでした。
    息子の精子が子宮の奥へと注がれたのを感じ、犯された事を実感しました。
    しかし、悲しんでいる暇さえ与えられず、次の強姦が待っていたのです。
    身に付けていたものを全て脱がされていき、私は自分の心を試されました。
    このまま簡単に、再び犯されてしまって良いのかと。
    例え無駄な抵抗だとしても、女としての尊厳を失って良いのかと。
    まして母が、息子に犯されて良いのかと。その気持ちが、
    再び私に抵抗する力を与えてくれたのです。必死で入れられまいと
    、私は抵抗を試みました。その力は、最初に比べれば落ちていたかもしれませんが。
    しかし息子は、最初と違いすぐに挿入を狙いませんでした。
    息子が本気を出せば、すぐに入れられてしまったかもしれません。
    ですが、息子は抵抗する私に対して、
    徹底的に愛撫をしたのです。私は息子の手を払い、
    舐められないように頑張りました。
    その抵抗は、想像以上に私の体力を失わせていきます。
    私の体から抵抗する力が失われた時、私の心も折れてしまいました。
    弱い私は自ら抵抗を諦め、息子に愛撫されていったのです。
    すでに体を奪われてしまったという事も、諦めた要因だったでしょう。
    息子は自由に私の体を手で探り、そして女としての部位を舐めました
    。そんな状況で辱められながらも、私の折れた心は戻りませんでした。
    息子が私の両足を開き、ゆっくりと挿入をしてきた時、
    私は自分の意思で息子を受け入れてしまったのだと思いました。
    挿入を防ぐ事は無理としても、少しだけでも抵抗すれば女としてのプライドだけは保てたというのに。しかし、それは後から思えたことであり、この状況の時にはすでに私は息子に屈服してしまっていたのです。息子は、ゆっくりと私への出入りを始めました。何度か往復して、私の抵抗がなくなったことを確認してから、私の一番奥へと入りこみながら、私の唇を奪っていったのです。息子に唇を奪われるのが、これほどの喪失感を感じるとは。挿入されながらのディープキスだった事もあるのでしょう。挿入により体を陵辱され、キスにより心を陵辱された感覚でした。このまま意識を失ってしまいたいくらいの虚脱感になりました。しかし意識を失うまでにはいかず、息子による奪われゆく感覚が私の肌と膣、そして心の隅々にまで刻み込まれていきました。体への感覚だけでなく、息子と私が交わる音も、母子相姦をしている現実を私に突きつけていきます。息子は正常位だけではなく、私の体位を変えていきました。後ろから攻められている間は、むしろ精神的に楽でした。息子の姿を見ずにすむだけでも、現実逃避しやすかったです。しかし騎乗位を求められ、私は母親としての恥を受けたのです。息子を迎え入れたまま、息子の上にまたがらせられました。息子に入れられている母の裸を、息子はジロジロと見ています。それだけでも羞恥心に襲われてしまうというのに息子は私から動くように要求してきたのです。要求通りに動かない私に業を煮やし、息子は下から突き上げてきます。突き上げられ胸を揺らす私の姿を、息子は楽しそうに笑っていました。私は、その笑いによる恥から耐えられず、自分から倒れました。その直後、私は正常位に戻され、激しい性の交わりを受けたのです。勢い良く腰を動かし突いてくる息子のパワーは凄まじいものでした。私の内臓が震えるくらいの衝撃に私は圧倒されたのです。その激しさは、母として禁じられた快楽を引きずり出していきます。そして、どうしても我慢出来なくなり、私は声を上げてしまったのです。その一声から私は崩れ落ち、快楽の波にのまれていきました。私は喘ぎ声をあげながら、息子からの快楽に身を沈めました。息子は一気に終わらせず、じっくりと攻めるようになりましたが、1度快楽に溺れた体は女として覚醒し、母親を忘れてしまっていました。小気味良いリズムで腰を振る息子に合わせ、私は喘ぎ声を出してしまいます。我慢しなければならないのに、どうしようもなく出してしまうのです。私は、快楽の虜となっていく自分を引き戻そうと耐えました。何とか耐えられそうになった時、息子が激しく動き出し私は遂に完全に快楽に屈したのです。息子が終わらせるまで、私は喘ぎ続けました。そして息子と同時くらいに、私もいったのです。注ぎ込まれる精子に、背徳感と共に満足感を感じていました。しばらく呆然と寝転んだ後、三度目の交わりが行われました。私は、最初から抵抗することなく、自由にさせます。キスから愛撫、そして性交へと移り、最後に膣内射精を受けました。私は、自ら求めるような事はしませんでしたが、全てを受け入れ、感じるままに感じました。それは強姦ではなく、あきらかに母子相姦でした。私は三度目で、正真正銘の母子相姦を行ったのです。同じベッドで朝を迎え、私は汚れた身を呪いました。息子に犯され、しかも快楽に溺れてしまった事実は消えなかったからです。落ちつきを取り戻し、現実が私を罪悪感の塊としてしまいました。今は、犯されたショックはありませんが、息子に犯されてた時の事ばかりが思い出されます。息子に触れられ交わった感触がしつこいくらいに。この感触の全てが汚された事実を物語っているのでしょう。これが子供の教育に失敗した母親の運命なのかもしれません。そして私は、永遠に息子と性交した女という十字架を背負うのですね。
    私のような母親が他にもいるらしいことが救いになっています。


19  結菜 - 2015/05/10(Sun) 03:53 No.28744
    私は看護師!でも今はお国で雇われている。
    ハッキリ言うと自衛隊派遣だぁ自衛隊所属の看護師だ
    自衛隊といってもみんなが戦場へ行く訳では無くて調理師さんは兵隊さんの調理だけをしてる、そう言う補佐的な仕事をしてる人は結構いてその中に私も含まれる、もちろん鉄砲を持ったことも撃ったこともない、そんな私が海上自衛隊の戦艦に同乗することになった
    男性5人と女性3人、中での仕事は健康診断やお腹が痛いとか頭が痛いとかの手当てで約1か月の航海でトランクには着替えも用意してあってパンツはお風呂に入った時に洗っていた
    自分のベッドの上にハンガーに投資てパンツを干していたら
    昼食後に戻って見ると無くなってたり救援ボートに乗せられた時はお風呂に入れなくて自分の部屋に戻った時に気持ちが悪いのでパンツだけ取り換えてビニール袋に入れておいたらトランクの中を荒らされて汚れたパンツとお洗濯してあるパンツが盗まれていたんです、汚れたパンツは最悪ですシミがベットリついてるはず…お洗濯してあるパンツだってシミの跡が残ってる
    に決まってる、誰にだって見られたくない汚れ物を誰がっ!
    って思ってた、兵隊さんは私をニヤニヤして見るから全員犯人に思えてくる、ずっと嫌な予感はしてました
    それは深夜2時ごろに腹痛を訴える人がいて痛み止めを飲ませて自分の部屋に戻ろうとした所後ろからずた袋を頭からかぶせられて、あまりの臭さに嗚咽がした、あとでわかったことは
    そのずた袋は安全シューズが長靴になったような奴を入れる
    袋だったんです真っ暗で何も見えない彼らの部屋に連れ込まれてブラもパンツも脱がされて処女じゃなかったですが
    やっぱり恥ずかしくってマンコも舐めまわされて体の中に硬いものが入ってきた繰り返し繰り返しやられたんです
    突き上げられるたびに子宮が痛くて、最後はひどい言葉で脅されました、だから誰にも言えません。
    中に入らないとわからないことって結構あるもんです
    女性たちは場合によっては慰安婦みたいに扱われます。


20  美奈子 - 2015/05/13(Wed) 18:26 No.28785
    高校を卒業して都会の大学に行くため一人暮しを始めました。
    18才の6月に処女を奪われました。
    帰宅して扉を開けたら後ろから押されて男が入ってきて。
    ナイフを見せられ恐怖心MAX。
    抵抗なんて出来ませんでした。
    裸にされてベッドに押し倒されて。
    泣きながらオモチャにされ気が付くと男も裸になってて。
    チンチン入れられて最後は精子も中に出されて。
    よく見かけた顔だったからストーカーだったんだと
    思います。


21  唯奈です! - 2015/05/13(Wed) 09:12 No.28781
    私は普通のjkです。
    全てを教えちゃいます私の顔も誰かもわからないのだから
    ありのままを喋ったとしても何のリスクも負わずに済むので私は中一の秋にザぁ〜!って血が出て「初潮」を迎えました
    その頃からチラホラと毛が生えてきて17歳になった今では
    一人前にフサフサに生えそろってますパンツは薄手の可愛いヤツ!制服はグレーベースでチェックのミニスカブレザーは紺で
    襟と手首がスカートと同じ柄胸ポケットのエンブレム
    私が住んでる所は集合住宅「団地」です。
    女子高の私は他校の生徒と接触することはありません
    でも団地の集合ポストの前に男子校の3年生がいつも待ってて
    階段を上がり切ったところで話しかけられます
    一人でしかも私を通せんぼするように階段側に押し返すのです
    したには3人ぐらいの仲間が私のスカートの中を見るんです
    団地まで帰るには団地の間を通らなきゃならなくて
    何か所も怖いと思う視覚があって襲われたらどうしようって思う、あいつ等にアソコ見られたくないし女の子のアソコに
    髭が生えてるようで生えそろった部分を見られたくないし
    何より処女なんで男の人が怖いです。
    近直近況を書きます。


22  女子高生 - 2015/03/16(Mon) 13:03 No.28352
    憧れの女子高に入学することができて、私の学校生活はとても充実していた。テニス部の練習は厳しいけれど、仲の良い同級生はたくさん居るし、優しくしてくれる先輩も少しは居る。
     学内に男子が居ないというのは、物足りないと言えば物足りない。でも、そのぶん女子が多いわけで、つまり友達に成り得る存在もそれだけ多いわけで、悪いことではないと思う。特に私の場合、部活動に打ち込んでいるので、恋愛はもう少し先でも良いし。
     不満と言えば、あとは、部活後に学校のシャワールームを使えないというのがある。数が限られているので、三年生しか使うことを許されていないのだ。三年生が帰るのを待ってから使っている二年生も居るには居るけど、一年生までそんなことをしたら、生意気だとか何とか言われてしまう。
     だから、夏が近付いて暑くなってきた時期にもかかわらず、私は、汗だくの身体をタオルで拭いただけで、帰りの電車に乗らなければならないのだった。
     7時の電車は、帰宅ラッシュに直撃されて、ほぼ満員だ。見知らぬおっさんたちと密着を強制されるのは嫌だったが、汗臭い女子高生に密着されるおっさんたちだって、大概 迷惑だったろう。それを思うとあまり嫌な顔もできない。

     学校から駅までは自転車だけど、駅から家までは徒歩になるので、そこからがきつい。駅と家の間も自転車で移動したいところだ。部活で疲れ切った足を使い歩くのは、かなり辛い。もうひとつ自転車が欲しい。実際、そうしている生徒は少なくない。そのことを母親に言った時の返答は、全く冷たいものだった。
    「バイトして自分で買えば?」
     要約するとそんなとこだ。まあ、もっと柔らかな表現を使っていたような気がするが、要求を否定された私からすれば、酷い扱われ方をされたような気分になった。部活でバイトどころではないというのに。ワガママに過ぎないのは分かっていても、自転車をふたつ買い与えてもらった友達を何人か知っているので、愚痴りたくもなる。
     世の中は不公平だ。とはいえ、それを言ったら、私は、ずいぶんと恵まれていると思う。別に、日本に生まれてきただけで外国人に比べれば恵まれているとか、そういう薄っぺらい奇麗事を言いたいのではない。単純に、周りの友達と比べて、容姿が優れているのだ。はっきり言って、私は可愛い。自己評価では、クラスで一番だ。高校で一番かと言われたら、さすがにそうとは言えないかもしれないが、もしミスコンが開かれれば、とりあえず候補には挙がるだろう。そんな感じ。

     駅の改札を抜けると、後は数分で家に着く。徒歩だけど。
     帰り道には、申し訳程度の電灯があるだけで、結構 暗い。
     私はこの暗い帰り道が好きだった。閑静な住宅街なので、たまに自動車が通るくらいで、あまり五月蠅くはない。電車の音もあるか。
     とにかく、そういうのを除外すれば、コオロギの鳴き声が聞こえてきそうな静けさである。
     人通りの少ない道を歩いていると、なんでか落ち着く。だから好きだ。
     しかし、そのお気に入りの環境が、レイプの原因となった。後から考えれば、なんて危険な道だろう、と思うのだけれど、実際に被害を受けるまでは、全く思いもしなかった。頭の片隅くらいには、そういう可能性も浮かんでいたかもしれないが、真剣に考えることはなかった。レイプなんて自分とは無縁の世界で起きていることだとしか思っていなかったのである。
     なので私は、後ろから走ってきたミニバンを、気にも留めなかった。通り過ぎると信じて疑わなかった。
     私の横で停まっても、それを不審には思わなかった。道でも聞きたいのかな、と思った。そして、だとしたら面倒だな、と思った。そう思いながらも礼儀正しく答えるくらいには、外面の良さを備えているので、この時もそうするつもりだった。
     男がふたり、後部座席からいきなり飛び出してきても、私は危機感を覚えなかった。なんとも間抜けなことに、「あぁ、なんだ、ナンパか」と思ったのだ。
     彼らに腕を掴まれ、引っ張られる段階になって、ようやく事態を悟った時には、すべてが手遅れだった。

                                                                                      ミニバンに押し込まれた私は、失禁しそうになった。恐怖を感じると本当に尿道が緩むのだということを、この時 初めて知った。
     お漏らしをしないよう、股間に力を入れる。
     その間に、外へ出ていた男を収容した車が、発進する。
     車の窓は真っ黒になっていて、外の様子は見えなかったが、音と振動から、車が動いていることが分かり、私は絶望的な気分になった。もうどうやっても逃げられない。実際には必ずしもそうではなかったかもしれないが、私はこの時点で逃走を諦めた。
     だからといって、もちろん、レイプされようとしている事実を受け入れることはできなかった。
     私は男たちに訴えた。
    「お、お願いします、帰してください……」
     喋っているうちに、泣きそうになった。
     男たちは、薄ら笑いを浮かべるだけで、私の言うことを聞き入れる気なんて、これっぽっちもない。それが彼らの表情から分かってしまった。
     ついさっきまで、ごく当たり前の日常の中に居たのに、どうしてこんなことになってしまったのか。まるで理解できなかった。
     この理不尽な状況には、怒りを感じた。泣き叫んで暴れ出したい気持ちすらあった。けれど、男たちに対する恐怖の方がずっと強く私の心を支配していたので、癇癪を起こすことはとてもできなかった。
     私は小さく震えながら静かに泣いた。できるのはそれくらいだった。

     車内には、ヤンキー風の若い男たちが4人居た。全員、20歳前後といったところだと思う。ひょっとしたらもっと若くて、私と同じような年齢なのかもしれない。
     運転席にひとり。助手席にひとり。そして、後部座席で私の両隣にひとりずつ。
     彼らの手際から、計画的なレイプであることは明らかだった。
    「その制服、官能女学園だろ? 進学校の。頭良いんだ?」
     右隣の男が話し掛けてきても、私は震えるばかりだった。無視した形になってしまったが、男は気にした風もなく、にやにやと笑っていた。
     すると左隣の男が私の顔をじっと見た。
    「すげぇ可愛いな、おい。やっぱり当たりだったな」
    「おー、こりゃ当たりだな」
     左右から顔を覗き込まれて、私は縮こまった。
    「だから言ったろ。俺は後ろ姿を見るだけで、どれくらい可愛いか分かんだよ」
    「前は外してたろうが。ぜってー可愛いとか言っといて、あんな微妙な女、どう考えても外れだろ」
    「んーなこと言って、ノリノリで犯してたくせによ」
    「せっかく捕まえたんだから、ヤんなきゃ損だろ。つか、俺が言いたいのは、そういうことじゃなくてなぁ――」
    「ケツまで犯してたじゃねぇか」
    「だーから、そういうんじゃねえっての」
     両隣の会話を聞きながら私は無言で涙を流した。


     私は足を揃えて膝に手を置き、行儀良く座っていた。
     左隣の男に胸を掴まれても、姿勢を変えることはなかった。
    「顔は可愛いけど、おっぱいはそんなに大きくないなぁ。こりゃあ、減点だな」
     男は楽しそうに笑いながら、私の胸を揉んでくる。
    「…………」
     私は、無言でそれを甘受していた。とにかく恐くて、小さく震えていることしかできなかった。
    「大きさなんてどうでもいいだろ? 重要なのは形だよ。あと色な。乳首の」
     反対側の男はそう言って、もう片方の胸に手を伸ばした。
     左右から好き放題に胸を揉まれるのは、人として扱われていないかのようで、屈辱だった。
    「まあ、乳首は重要だよな。ちょっと見てみるか」
     左の男がセーラー服の裾を掴んだ。
    「あ……」
     私は思わず身をよじった。それで男の手から逃れられるとは到底 思えなかったが、無意識に動いてしまったのだ。
    「なに?」
     男は私の顔を見つめた。短い言葉だったが、「抵抗したら怒るぞ」というような意味が込められているように感じ、私は身体を硬直させた。
    「ほら、手を挙げて。バンザイだよ、バンザイ」
     男に従ったわけではなかったが、セーラー服を捲り上げられると、私は嫌でもバンザイをしなければならなくなった。腕に力を入れれば、それを回避することはできるかもしれないが、とても実行する気にはなれない。
     セーラー服を頭から抜き取られることによって、私は再び手を下ろすことができた。
     上半身を守っているのは、セーラー服の中に着ていたTシャツとスポーツブラジャーだけになってしまった。
     部活で流した汗の臭いがしたりしないか、少し気になった。一時的とはいえ、脇を開いたりもしたわけだし。そんな場合ではないというのは分かっているが、気になるものは仕方がない。
     幸いなことに、男たちは私の体臭を気にしていないようだった。まあ、一応、部室で8×4(エイトフォー)を脇に吹き掛けてはいたので、それが役に立ったのかもしれない。
    「高校生なのにスポブラかぁ。可愛いじゃん。何か部活でもやってんの?」
     左の男がTシャツを脱がせながら話し掛けてくる。
     私はやはり答えられなかったが、代わりに右の男が言った。
    「テニス部だよ。テニスラケットを持ってたろ?」
    「んー? そんなもん、ないぞ?」
    「拉致る時に落っことして、そのまんまだからな」
    「本当か?」
     男が確認したのは、私に対してだった。
     私は辛うじて頷いた。
    「なんだ、そっか。大事なラケットなんだろ? ごめんなー」
     全く誠意のない謝罪だった。


     Tシャツを脱がされると、今度はスポブラをたくし上げられた。とうとう胸が無防備になってしまった。
    「乳首ちっせー」
     男は嬉しそうに言った。
     もうひとりの男も、私の胸を見つめながら笑顔になる。
    「いいねぇ。でも色はちょっと黒くないか?」
    「お前、前にも言ってたろ、それ。暗いからだって。何回も言わせんな」
    「もっと車内灯が弱いんだよなあ」
     両隣の男たちの遣り取りに、運転席から横槍が入る。
    「うるせー! 文句あるんなら、お前らが車 用意しろよ!」
     私は、喧嘩でも始まるのではないかと恐れたが、しかし彼らにしてみれば、どうやら日常的な会話に過ぎないようで、男たちの表情が変化することはなかった。
    「分かった分かった。この車で我慢してやるよ」
     右隣の男がそう言うと、運転席からまた不満げな声が上がった。助手席からは笑い声がする。
     女子高生を拉致して、強姦に及ぼうとしているというのに、彼らの様子に緊張は見られなかった。そのことから、今まで何人もの女性をレイプしてきたであろうことが、窺い知れる。ここまでの会話からも、ある程度は察していたけれど……。
     倫理観を持ち合わせていない人間というものは本当に存在するのだ。私はこの時、初めてそれを実感した。

     胸を隠そうと思えば、できないこともなかったが、私の手は依然として膝の上にあった。
    「可愛い乳首ちゃんを大きくしてやるよ」
     左の男が私の乳首を鷲掴みにして、指先で捏ね回してきた。
    「う、うう」
     初めて男の人にそこを刺激され、私は呻かずにいられなかった。気持ち良いというわけではないが、くすぐったくて、じっとしてはいられない。
    「感じるだろ? なあ?」
    「…………」
     私は頭を小さく横に振った。
    「こういうことをされたことはあるのか?」
    「…………」
    「おい、聞いてるだろ? 答えろよ」
     なおも私が黙っていると、男の指に強い力が加わった。
    「い、痛いっ」
    「答えろっつってんじゃん」
     反対側の男が「まあまあ」とたしなめてから、私に顔を向けた。
    「そんなこと言われても、答えにくいよなぁ?」
    「…………」
    「おお? 俺も無視すんの?」
     さっきまでは私が無反応でも怒りそうな雰囲気は微塵もなかったが、もうそういう空気ではないらしかった。
     私は、震える唇をなんとか動かした。
    「い、いえ、ごめんなさい……」
    「じゃあ、答えろよ。処女なのか?」
    「……はい」
     覚悟を決めて返事をすると、不機嫌そうにしていた両隣の男は、一転して表情を和らげ、右の男なんて口笛を吹いたりもした。
     彼らの感情の変化が読めず、私は困惑するばかりだった。
     そうこうしているうちに、男の指で刺激された乳首は硬くなってしまった。
     勃起状態になった乳首を見て、男は満足げに指を離した。


     「処女のマンコを見せてもらおうかな。いいだろ?」
     男は私に聞いてきたが、しかし返事を待つことなく、スカートを掴んだ。
     膝に置いていた手を払われ、スカートを捲り上げられると、白い下着が見えるようになってしまった。
     もちろん、それだけでは終わらない。男はすぐさま下着にも手を掛けた。
     さすがに私は黙って見ていられず、男の腕を掴んだ。ほとんど力を入れておらず、添えただけに近い。
    「あ、あの……」
    「はあ? なに、この手」
     不快そうな顔を向けられ、私は一気に萎縮してしまい、男の腕から手を離した。
     パンツがするすると下げられていく。太股を過ぎ、膝を通過し、足首から抜き取られる。
     スカートはすでに捲り上げられているので、私の股間が男たちに曝け出されることになった。
     私は自らも下半身へ視線を送った。黒々とした陰毛が目に入り、視界が涙で霞む。
     どうして、こんな目に遭わなければならないのか。あまりの理不尽に、ますます涙が溢れてくる。
     覆うものが無くなった股間は、全くの無防備だった。外気に晒されているだけでも違和感がある。トイレでパンツを下ろした時と同じ感覚のはずなのに、全く別のように感じる。
    「おい、そっち持てよ」
    「ああ」
     両側の男ふたりは、示し合わせて私の太股を掴んだ。
     私は、左右から足を引っ張り上げられ、M字に固定された。大股開きの格好を強制されたのである。フロントガラスに向かって股間を披露しているかのようだった。
     M字開脚をしているせいで、陰部が口を開いてしまっていた。それを自覚すると、胸の奥がヒヤリとした。
    「嫌っ、嫌ですっ」
     私は身体を揺すった。男たちが怒り出すかもしれないと思いつつも、抵抗せずにはいられなかった。
     しかし、両側の男たちは、私の膝裏に腕を通し、肘でしっかりとロックしており、ちょっとやそっとの力では、振り解けそうにない。
     運転席の男は、チラチラとバックミラー越しに私の股間を覗いていた。
     助手席の男なんて、身を捻って直接 見ている。
     これほどの恥辱は、今まで生きてきて味わったことがない。
    「ううっ、うっ……ううう……」
     それまでは涙を流すだけだったが、もはやその程度では収まらず、私は、子供のように声を上げて泣き濡れた。


     私は、自分の股間にコンプレックスがあった。陰毛は薄いが、小陰唇の形が崩れていて、しかも少し出っ張っているので、非常に醜く見えるのである。まあ、あんまり比較検討はしていないので、どの程度の醜さなのかは、よく分からないが。しかし、綺麗な部類には入らないに違いない。男たちが私の股間についての感想を特に述べなかったので、ホッとしたくらいだった。
     大股開きで泣き喚く私に構わず、両隣の男たちは、陰唇に手を伸ばしてきた。
     左の男がクリトリスに触れ、右の男が膣口周辺を触れた。
     もちろん私は、この時までにオナニーの経験を済ませている。それどころか、週に何度かはクリトリスを自分で擦っているオナニー常習犯である。
     だから、敏感な箇所への刺激には慣れているはずなのだけど、他人の指によってもたらされる感触は、オナニーの時とはまるで違っていた。
     男たちのテクニックが優れているとか、そういうことでは多分ないと思う。彼らの指の動きに、女を喜ばせようなんて意図は感じられなかった。ただ触りたいから触っているだけ。無造作な手付きからそれは明らかだった。
     私はたまらず腰をもじつかせた。とはいえ、別に快感に悶えているわけではない。慣れない刺激に戸惑っているだけだ。
     けれどクリトリスは、男の指によって擦られると、乳首の時と同じで、いとも簡単に硬くなってしまった。
     男の指の感触から、クリトリスが勃起していることを、嫌でも思い知ってしまう。
     しかしそれよりも、喫緊の問題は、膣口に触れている右隣の男の指だった。今にも指が侵入してきそうで、恐ろしくてならなかった。
     右の男は、指を突っ込もうという気はなく、陰唇を撫でるばかりだったが、それは最初の方だけで、しばらくしてから指先が膣口に沈み始めた。
    「やめて、ください」
     私は泣きながら哀願したが、それを聞き入れられることはない。
     男の指は、何の感慨もなさそうにあっさりと第一関節まで入り込んできた。
     すぐに私は痛みを感じた。反射的に膣内を締め付けたが、そんなことで侵入を阻止することはできるはずがなかった。
     その後も、男の指は、根元までずぶずぶと突き進んできた。
    「痛い、痛いです」
     私の声を聞き、男は頬を緩めた。
     悲痛な訴えも男を喜ばせる結果にしかならなかった。


     前戯もそこそこに、私はとうとうレイプされることになった。
     大股開きの強制は解かれたものの、息つく間もなく仰向けに寝かされる。
     両隣に座っていた男ふたりは、後部座席を倒して、広々とした空間を確保すると、私の上半身と下半身にそれぞれ取り付いた。
     男ふたりは、いずれもズボンとパンツを下ろして、ペニスを露出させた。
     それを見て私は息を呑んだ。薄暗い車内では、あまりよく見えなかったが、しかしそれが勃起しているのは分かった。私は処女だけれど、もちろん男性器の形状は知っている。ネットのエロ動画で見たこともある。その時は、棒状の物が股間に生えているのが滑稽に思えたけれど、今は、とてもそんな風に見えなかった。恐怖の対象でしかない。

     震え上がる私に構わず、男のひとりが、ペニスを私の股間に添えた。
     この時 男は、挿入することに意識が向いていた。だから、彼を押し退けようと思えば、簡単にできただろうと思う。けれど私はそれをしなかった。そんなことをしても男を激昂させるだけなのは明らかだった。
     ペニスが侵入してきたことを、私は、破瓜の痛みによって初めて悟った。挿入された感覚はあまりなかった。ただ、裂けるような痛みだけがした。
     とはいえ、我慢できないというほどではない。私は涙を流し、肩を震わせ、嗚咽を漏らしていたが、叫び声を上げたりはしなかった。
     男が腰を前後させ始めても、私は、小さな声で泣くだけだった。
     開かれた両足が、男の動きに合わせて、空中で揺れ動く。それがなんだかとても悲しかった。惨めに犯されるしかない私の立場を象徴しているかのように感じたのかもしれない。


     犯されている間、私は、自分の境遇を嘆いていることすら許されなかった。
     もうひとりの男が、横からペニスを私の顔に突き出してきたのである。
     先端を唇に押し当てられた時は、破瓜の痛みを忘れてしまった。それほどの嫌悪感が込み上げてきたのだ。
     ペニスとは、つまり排泄器官であり、そこに口をつけるだなんて、到底 有り得ないことのように思えた。もちろん、フェラチオという性行為は知っているし、いつか自分がそれをすることになるのも覚悟していたが、この時は、そういう風に考えることができなかった。とにかく「汚い」としか思えなかった。

     私は顔を振って拒絶しようとしたが、それで許してくれるほど甘い連中ではない。
     両の頬に、強烈な往復ビンタを浴びせられた。
    「黙って咥えろ!」
     男に一喝され、私は、仰向けのまま顔を横向きにして、小さく口を開いた。半開きにもなってなかったと思う。しかし顎から力は抜けており、男が強引にペニスを押し込んでくると、一気に侵入を許す結果になった。
    「う、うぐ……」
     私は呻いた。口内 奥深くまでペニスを咥えさせられては、泣き言を吐くことすら不可能だった。
     実際に強制させられるまで、フェラチオと言えば、排泄器官を口に含むこと自体しか頭になく、嫌悪感もそれに対してばかり向けられていたが、いざこうなってみて、真っ先に私を襲ったのは、鼻に当たっている陰毛の不快感だった。口内に押し込まれたペニスの感触よりも、そっちの方がよほど気になった。
     私は鼻で息をするのを止めた。しかし、口を塞がれている以上、長くその状態を保っていることはできなかった。レイプされて呼吸が荒くなっていることもあり、たったの数秒で、鼻から強く息を吸うことになった。
     そして吐き出す。私の鼻息で、男の陰毛が大きくなびいた。傾いた陰毛は、すぐに元の位置に戻り、また私の鼻に当たった。
     それが酷く不快で、顔を顰めようとしたが、その直前、男が左右から私の顔を掴み、口内のペニスを出し入れし始めた。まるで、口を性器に見立てているかのように、腰を突き出してくる。


     ペニスの先端で喉を何度も小突かれて、陰毛の不快感どころではなくなった。
     男は、自分の腰だけでなく、両手で掴んでいる私の顔も、無遠慮に前後させていた。
     口を犯されているというより、顔を犯されているような気分だった。
     ガクガクと顔を揺さぶられたせいで、股間を露出した時とは比較にならないくらい、顔面が真っ赤になってしまう。口にペニスを突き立てられる屈辱もあるだろうが、それよりもやはり、激しく動かされて物理的に血が上ったせいだろう。ここまで赤くなったのは生まれて初めてかもしれない。

     イラマチオの間、膣内も蹂躙され続けていた。
     痛みは変わらないが、最初の頃よりも、結合部の粘液が増しているようだった。ペニスの出入りする感触は分かり辛いが、全く把握できないほどでもない。滑り具合に明らかな変化があるように思う。
     膣から破瓜の血でも流れているのだろうか。それを確認しようにも、顔は男にガッチリと掴まれており、好き勝手に動かされている。
     今この場において、私の身体は、私の物ではないのだ。

     つい数分前まで処女だった私は、レイプされながら、仰向けの状態で顔だけを横に向け、強引にフェラチオまでさせられたわけだが、その感想としては、「惨め」という一言に尽きる。
     上半身と下半身を別々に犯されるのは、物みたいに扱われているようで、人としての尊厳を踏みにじられるに等しいと思う。
     家畜か、さもなくば道具になった気分を味わいながら、私はペニスの突き込みを受け続けた。


     男は、何の躊躇もなく私の中に射精した。
     精液を放たれた感触はあまりしなかったが、ペニスの脈動をなんとなく感じ取った私は、無駄と知りつつも、腰を逃がして結合を解こうとした。
     しかしそれはやはり上手くいかず、男はむしろ私の腰を強く引き寄せ、繋がりをより深くしてきた。
     妊娠の可能性に恐怖している私に、更なる責め苦が加えられた。私の口内に突き込まれていたペニスまでもが、射精に至ったのである。
     排泄器官から放出される粘液なんて、私からすれば、オシッコとさほど変わらない物に思えた。そんなものを口の中に出されては、とても耐えられなかった。
     私は、男の手を振り解き、ペニスを口から吐き出した。まだ射精途中だったので、精液が頬に飛んできた。
     男が激怒するのではないかと思い、私は恐る恐る様子を窺った。
     予想に反し、男は半笑いで私を見下ろしていた。
     私は安堵したが、同時に、ここまでされても男の顔色を気にしなくてはならない自分が、なんとも情けなかった。

     車はいつの間にか止まっていた。辺りは静かだったので、どこか人の居ないところに停車したのだと思う。
     そこで私は、運転席と助手席の男にまで犯された。
     最初のふたりが射精を終えて離れた時、私は、これでようやくすべてが終わったのだ、と思い込んでいた。車の中には男が4人居るわけで、普通に考えればふたりが満足してそれでレイプが終わるはずはないのだけれど、処女を失ったショックでそこまで考えることができなかったのである。
     終わった気になって、座席で仰向けのまま悲嘆に暮れていた私は、新たにふたりの男に組み敷かれた時、絶望で声も出なかった。短い間隔の呼吸を繰り返しながら涙を流すのみだった。
     私は、されるがままに犯された。それまでもほとんど抵抗らしい抵抗をしてこなかったが、新たなふたりを相手にさせられた時からは、身体に力を入れることさえなく、人形のようになっていた。簡単に足を開かされ、口を開けられ、ペニスを突き込まれた。
     中出しされて膣内が潤い摩擦が少なくなったのか、破瓜の痛みは小さくなっていた。
     それ自体は歓迎すべきことなんだけれど、しかしその分、恥辱は強くなる。好き放題にレイプされる悲しみに私はひたすら涙を溢れさせた。
     どれほど屈辱的な目に遭わされようと、私には、男たちが早く満足してくれるよう祈ることしかできなかった。

     4人全員に輪姦された後、小休止を挟んで、ふたりがまた私を犯した。今度は、ふたり同時ではなく、ひとりずつ挿入してきた。
     この時 私は、制服も下着も脱がされ、四つん這いにさせられていた。ペニスを出し入れされながら、お尻を何度も叩かれた。
     最後の男も後ろから責めてきた。
     私はすっかり諦めの境地に至っていたが、犯されている最中、お尻の穴に指を入れられた時は、さすがに「うっ」と呻いた。まあ、指だけとはいえ肛門を貫かれたのだから、その程度の反応しかしなかった、と言った方がいいかもしれないが。

     輪姦が終わると、私は車から放り出された。輪姦されている時は気付かなかったが、大きな公園の駐車場に停車していたようだった。
     駐車場にも公園にも、他に人の気配はない。周りは木ばかりなので、近くの道路を誰かが通り掛かったとしても、顔を見られる心配はほとんどないだろう。男たちはレイプのために事前にこの場所を見繕っておいたのかもしれない。
     全裸で道路に蹲る私に、制服が投げ付けられた。それから、鞄や靴も。
     下着はそのまま持って行かれたようだった。レイプの記念にするとかなんとか、男のひとりが言っていたような気がする。女子高生を拉致してレイプするたびに下着を収集していて、今や段ボールひとつ分は溜まったのだとか。
     男たちは、何の感慨もなさそうにドアを閉め、さっさと車を発進させて、どこかへ行ってしまった。
     制服で身体を隠しながらそれを見届けた私は、周囲を見回し、誰も居ないことを確認してから、セーラー服に頭を通し、ついで、スカートを身に着けた。靴下と靴を履く。
     涙は引いていた。なんだか、これは現実ではないような気がしていた。ついさっきまで恐怖と痛みに泣いていたのが、信じられなくなってきた。と言っても、別に夢を見ているような感覚はなかった。では何と感じていたのか、自分でもよく分からない。
     公園の敷地内には、トイレらしき建物があった。
     私は立ち上がり、そこに向かって歩き出そうとした。
     しかし足が止まった。立った拍子に、膣口から精液が溢れてきたのだ。
     おぞましい感触が太股を伝っていく。
     私は、ああ、と心の中で呟いた。レイプされたのだという実感が急速に込み上げてきた。
     顔が引き攣るのを感じる。呼吸も荒くなっている。
     車の中で散々泣いたにもかかわらず、また泣いてしまうのか。そう思うと、余計に我慢できなくなった。
     誰が見ているわけでもないのに、私は顔を手で覆った。鼻を啜るようになると、もう止まらなかった。
     気付いたら私は地面に膝を着いて泣いていた。


23  みおん - 2015/05/01(Fri) 23:05 No.28668
    私が、中2の4月頃の出来事です。
    当時、私は放送委員会でした。きっとそれがいけなかったのでしょう。
    ある日、中3の先輩に「帰りの放送」を、頼まれました。なので、時間通りに曲を流し、放送をいれました。
    そうすると、あの先輩が放送室に入ってきたのです。先輩は、「部活が、ちょうど終わったから来た」と椅子に座りました。私は「あっ、そうなんですか!」と、疑いもなく笑顔で、答えました。先輩の野球の話や私が所属しているバレーの話をしたりしました。
    そうすると、先輩がからかってきたので、ついカッとなって先輩の帽子をひょいっと投げてました。先輩はあんまり怒らない人なので、「拾えよぉ」と笑いながら、言いました。なので、拾ってあげて帽子を被らせてあげました。そうすると、先輩は私の腕を引っ張って、私に抱きしめた体勢になり、マンコに手を入れてきました。その時の先輩はとっても荒かったです。クリを刺激してきて、好きでもない相手に感じてしまったのです。そうして私の胸を露にして揉んできたのです。もう、この時点で、私は息が荒くなっていました。乳首を触ってみたりしました。
    今、その先輩は学校でも普通に接しています。もうこんな行為がないと信じていたいです。


24  飯岡優佳。 - 2015/03/20(Fri) 01:55 No.28380
    私が女子高に通ってた17歳の時のことをお話します。
    どうしてもほしいものがあって、おこずかいじゃ変えないし母子家庭の我が家では贅沢は言えず、自分で何とかしようと夏休み中を利用してアルバイトを始めようと考えていたのだけど、みんな考えることは一緒でその期間のバイトはどこもいっぱいでしょうがなく駅から15分くらいの辺鄙なコンビニで採用が決まった。
    本心を言えば駅前で街灯も明るい人通りも多いところがよかったんだけど、今さら言っても始まらないこと。
    地方なもんで駅を過ぎると途端にあたりは暗くなって街灯すらなくなる、そんなコンビニは、地元の不良のたまり場だった。
    前に地元のローカルテレビの朝の情報番組でインタビューされたことがあって、他校の男子なんかが私を見に来るようになったり、地元じゃちょっとは有名になっていた。
    それだけならいいのだけど下校するときなどで待ち伏せされたりつけてきたりされて、、、女の子だし正直怖かった!
    大きな胸のリボンと腕章チェックのみニスカ!それでどこの高校かが解っちゃう!
    電車通学では満員電車で明らかにミニスカートの中に鞄を突っ込んでくる親父たちは絶対!盗撮カメラ忍ばせてるだろうっ?
    って解っちゃう!あからさまにスカートの中に入れてくる!後ろは築かないこともあるが前から入れてこられると一番恥ずかしい!
    何より、女の子の日はスカートを手で押さえてるから逆に感づかれて、必要に突っ込んでくる!
    ナプキンの羽がヒラヒラしてる、パンツを見られるのが一番辛かった。
    パンツ見られるだけなら究極!我慢するけど、身の危険すら感じていた。
    17歳の私は、男の人と付き合ったこともなくて、当然!処女でした。
    (ほかの方のように、ここまでにしときます、また時間が出来たら続きを書きます。)


25  スピーディー・池田 - 2015/05/11(Mon) 06:44 No.28752
    ネットでモーニング娘の高橋愛がレイプされたって
    盛んに書き込みあるけどホントなのかぁ?だじょ〜
    知りたいじょ〜動画が残ってるって?見てみたいじょ〜
    誰か見たことある人教えてほしいじょ〜
    愛ちゃんは結構巨乳だじょ〜明石家さんまとも枕営業してるらしいじょ〜羨ましいじょ〜だからあべこうじなんて3流芸人と結婚したのか?だじょ〜悔しいじょ〜


26  レモン♡源氏名。 - 2015/04/19(Sun) 04:28 No.28589
    歌舞伎町の華!
    源氏名:レモン21歳163・48・80・57・83・23.5・
    友達の(紹介)彼氏の(借金)家庭の(崩壊)学校の(中退)
    マンションの(家賃)生きるための(生活費)
    いろんなことが有り過ぎてたどり着いたのが此処の店
    スカウトとかじゃない!友達が働いてたとこ
    紹介してもらった
    お酒嫌いじゃないし楽しいことも好きだけど
    そんな楽しいことばっかあるわけじゃないしノルマあるし
    同伴ノルマがしんどい!アフターはノルマないけど
    アフター付き合わないと同伴してもらえないから結局!
    いつでも都合の合う人ばっかりいないし携帯握りしめて
    コールしまくってる
    予定変更してきてくれるとやっぱ「気まずい」空気
    一つ借りを作っちゃったみたいで心が重い
    続けて同伴してもらった人だと完璧にアフター断りずらい。
    端的に言えば男はお金払って狙うのは女の子の「穴」だし
    女の子は自分の割れ目を最後の砦として絶対守り抜きたい訳で
    男と女の鬩ぎ合いけん制しあって時間になるまで焦らし作戦
    狐と狸の化かしあい!
    しかも、ここは歌舞伎町街が街だし地の暴力団の人たちも頻繁に来る此処のお店がそっち系の系列らしくて株式会社にしてて
    itヤクザらしい!そのヤァーさんで鮫島っていう人がいて
    何人もの連れをいつも連れてて私を指名してくれた
    「ヤバッ気に入られちゃったかもっ」
    そっち系の人ってどこからどこまでが仕事なのかがわからなくて毎日がぷータローみたいでどうしても同伴が捕まらない時に
    鮫島さんのほうから電話してきたりしてた
    よくよく、困ってたのでお願いしたりしてたら案の定アフター
    に誘われた同伴頼むときに「アフター付き合ってくれる?」
    って交換条件のように言われると絶対断れない
    店内ならお店に守られてるけど1歩外に出たら普通の女の子
    それに鮫島さんは必ず私の生足の内腿をさすりながらお酒を飲むの
    隙を見せれば中に手が入ってくる鮫島さんの手を掴んで
    ガードしたり立ち上がろうとしたときにミニドレスの上から
    マンコ触られたりおしりも胸も・・・
    それだけにアフターが怖かった
    連れてかれたとこは系列のスナックだという
    最初に出されて赤いカクテル「甘い!甘すぎる」それ飲んだら
    ボーとして来てフラフラにその時は真っ白のミニドレス
    ノースリーブにスカート部分はフレアになってて
    何度も股間を「むにゅ」てされたスカートの中に手が入って来て必死でガードした
    「トイレに行かせて」フラフラでトイレまでたどり着いて
    「絶対何か飲まされた」
    トイレから出たらお付きの人に引き戻された
    男たちに囲まれて鮫島さんの手がわきの間から胸触って来て
    もう抵抗する力がなくてパンティの中にて入れられて
    マン毛も割れ目も弄られてまぁ早い話ヤラレタのねぇ後ろから
    ズズズッって入って来て中に出されてお付きの人にも
    ヤラレタのよねぇ
    今お店を変えようと考えてるとこ
    妊娠とかホント考えられないしぃ〜


27  えりなちゃん - 2015/04/29(Wed) 15:04 No.28648
    私は高校1年生の時にレイプされました。
    当時、部活に入っており毎日頑張っていました。
    この日は、たまたま部活が休みで早く家に帰ることができました。
    ちょうど両親が旅行にいっており、いなかったのです。犯人がこれを狙ったのかはわかりませんが
    家に帰宅して、自分の部屋に入ろうとした瞬間、自分の部屋の扉が少し空いていました。
    不思議に思い見てみると、変な男が私の部屋で下着を物色していました。
    更に、私の下着をペニスに当てながら、電マを舐めていました。
    私がこの時、経験はなかたのですが、なぜ電マを持っているかというと、ヤリマンの仲のいい先輩がたくさん持っていて、冗談で私の誕生日プレゼントに未開封の使わなかった電マをくれたんです。しかし、1回使おうとしたのですが、オナニーの仕方もわからず、いきなりマ○コに指を入れて、痛かったのでやめました。

    ここで警察に連絡しようと携帯を出した瞬間、ストラップが壁に当たりその音で不審者に気づかれてしまいました。
    不審者が私の腕を掴み、ベッドに放り投げました。
    私は怖くて体が動かず、スカートがめくり上がったまま固まっていました。
    不審者が
    「いいパンツしてるね。今日は出会ってしまったから犯してあげるね。」
    といい私の制服のyシャツのボタンを引き裂き、胸をもんできました。
    「実は前から君が好きだったんだよ。電車でいつも君を見てたんだよ。○○高校
    のえりなちゃんだね」
    なぜか私の名前を知って言いました。
    私は「やめてください」と言うしかなかったです。
    「いつも電車で一緒だよ。スカート短くしてるから、たまに見えるパンチラで興奮したよ。3週間前にピンクのパンツ見た瞬間、えりなちゃんの下着を盗もうと決意したよ。」
    私は不審者にえりなちゃんと言われるのが嫌でした。更に、不審者は私のパンツの上に手を当て、クリを触ってきました。
    恐怖におびえながら
    「いや、やめて」
    「しかし、まさか君がこんなに早く帰ってくるとは。下着を盗んで盗撮カメラを仕掛けて帰る予定だったけど、出会ったから犯してあげるね。」
    私は「お願い、やめてください。」といいました。
    不審者が、パンツを横にずらしてマ○コを見てきました。
    「すごい。まさか、えりなちゃんのマ○コを見れるとは。普段は香水の匂いしてるけど、ここはたまらん匂いしているな。ペロペロ。」
    不審者が私のマンコを舐めてきました。私は恥ずかしさで
    「いやーーー、やめてーーー」
    言い、暴れました。ここで私は抵抗したのですが、ガムテープで縛られました。
    「すごい、ちっちゃいマ○コでビラビラがないきれいなマ○コだ」
    といい写真を撮られました。そして、指を入れられました。私は、
    「痛い。痛い。やめて。」
    初めてで、濡れてもなく、指を入れられ痛かったです。
    「指いれただけで痛いの?もしかして、処女? 電マ持ってるのに初めて?僕が初めてかー。女にしてあげるよ。」
    すぐに、処女だとばれました。
    私は「入れるのだけはやめてください。」言いましたが無視されました。
    「この電マは何かな。実は淫乱女だろ。」
    電マをパンツの中に突っ込みクリに当てられました。私は初めての電マに痛気持ちいいことを悔しながら思いました。
    「ほらほら、いつもこうやってオナニーしてるんだろ。」
    と言い、電マを当てながら、指をマ○コの中を出し入れしました。
    私は「痛い。やめてー。」連呼しました。
    男は電マを当てたまま、ズボンを下ろしペニスを口に持ってきて、
    「舐めろ。」臭いペニスをかがされて気持ち悪くなり、首を振ったのですが、
    「殺すぞ」といい、カッターナイフを突きつけられ、舐めました。
    「えりなちゃんが僕のペニスを舐めてる。下手だけど気持ちいい。」
    私は羞恥と臭さの気持ち悪さで、泣きじゃくりながらなめした。
    「泣いて犯すえりなちゃん、最高。」といいました。
    電マ攻めとフェラ攻めにあった後、
    「お、パンツにシミが付いている。犯されているのに感じているのか?やはり淫乱女だね。」
    とニヤニヤ言われ、
    「このシミ付きパンティーが欲しかったんだよ。」
    といい、パンツを脱がしカバンにパンツを入れました。私は、マ○コを隠しましたが
    「隠しても無駄だよ。今から処女貫通式を行うよ。」
    ペニスをマ○コに当ててきました。
    「お願いそれだけはやめて、他のことなら何でもしますから」
    しかし、ペニスをおもいっきり当ててきました。
    「あれ、入りにくいなー。やはり小さいマ○コだなー。」
    と言い私の体をガッチリと抑えました。
    「お願い、もう入らないからやめてー」不審者は
    「うるさい」といいおもいっきり突っ込みました。
    「ぎゃー。痛い痛い、死ぬ。やめて。抜いて抜いて。」
    先輩からは痛くても気持ちいいと聞いたのですが、死ぬほどの痛さしかなかったです。
    「やばい、こんなきついマ○コは初めてだ。すぐにいきそう。」
    と不審者はいい、上下運動を始めました。
    「痛い、お願いやめてー。」
    泣きながら言ったのですが、
    「はーはー、えりなちゃんのマ○コに僕のチ○ポが入ってる。めっちゃ血出てるねー。女になった証拠だね。」
    私は意識朦朧の中、痛さに耐えるために声を出さず泣きながら歯を食いしばっていました。
    「もういきそうだよ。えりなちゃん行くよ。」
    「やめて、中だけはやめて・・・お願い。」
    「理由をちゃんといったら考えてあげる。」
    「・・・妊娠するから」
    わたしは恥ずかしながらいったが、
    「じゃ、俺の子を産んで結婚しよう。そうすれば毎日犯せれる。」
    「いや、それだけは。中だけはやめてーーー。」
    不審者はピストンを早めて
    「あー、いく。う、う、う、」
    と不審者は中でいってしまったのです。
    「はーはー、女子高生処女最高、えりなちゃん最高。まさかえりなちゃんに生中出しできるとは」
    とニヤニヤいいました。私は泣きじゃくりました。
    これで終わると思いきや、服を全部脱がして
    不審者は血に濡れたマ○コをタオルで拭き、電マをクリに当ててきました。
    「えりなちゃんがいくとこみたいなー。」
    といい、長い時間電マを当てられて、
    「お願いやめてー、いやー、・・・いやーーーーーー」
    初めて私はいきました。
    悔しかったですが、何とも言えぬ快感を味わったのも事実です。
    「レイプでいっちゃうなんて、ほんと淫乱女だね。」
    と言われ、潮を噴くツボを激しく指でピストンしてきました。
    私は最初
    「トイレに行きたいから、トイレにいかして。」
    言ったら男は、
    「ダメだー。」
    「お願い、やめてー、いやーーーー。」
    私は初の潮吹きをしてしまったのです。
    「えりなちゃん、すごいねー。僕は回復したからもう一回犯すね。」
    もう一度ペニスを突っ込んできました。
    また痛くて、地獄が始まりました。
    私は抱き抱え上げられて、
    「お前が、上下ピストンをしろ。さもなくば、どうなるかわかってるだろ。」
    わたしは、激痛の中少しずつピストンしたのですが、遅すぎたのか
    男が下から自分でピストンしてきました。
    「痛い、痛い、お願いやめてー。」というと
    「いいねー、その表情。普通の体位にもどしてやるよ。」
    「あ、もう一回いきそう。えりなちゃんなら何回でも行きそう。」
    私は「やめてください。ほんとに・・・」
    といい、暴れた瞬間ペニスが外れて、精子が私の顔とベットに散らばりました。
    「おい、殺すぞ。バツとしてこれから中出しの刑だ。」
    私は顔についた精子が臭すぎて嫌でした。
    それから、電マで何回もやられ、中出しを何回もされました。
    気づくと夜中の3時です。帰ってきたのは16時です。11時間ぐらいがたってます。
    最後の方はなかなか男がいかず、ずっとピストンをされ大変でした。
    「あー、今日はありがとう。えりなちゃん。また犯しに来るね。わかってると思うけど今日の事喋ったら、この盗撮カメラに入ったレイプ動画ばらまくからね。」
    といい、私の制服と下着をカバンに入れて立ち去りました。
    私はいきすぎたので、ぐったりしてしまいした。時間がたって我に帰ると、
    ベッドは私の血で染まり、そこらへんに私が潮を吹いた形跡がありました。
    よろけなが立ってみると。マ○コに激痛が走り、マ○コからは精子が大量に出てきて悲しくなり泣きました。多分、妊娠の怖さがあったからです。
    シャワーをしようと風呂へ歩きに言ったのですが、マ○コから精子が出て、足をつたって流れていきました。
    実は運悪く妊娠しました。先輩に頼んでお金を借り、おろしました。


28  OL - 2015/05/08(Fri) 11:17 No.28731
    4年前の今頃の事です。
    私は見知らぬ男に強姦されました。
    夜22時を過ぎてから、その日のうちに済ませないといけなかった支払いがある事に気付き、翌日に先延ばし出来ないのでコンビニに行って支払って来る事にしたんです。

    私は田舎に住んでいて、一番近いコンビニでも小高い山の麓の雑木林の横を通らなくては行けませんでした。
    街灯も小道を入ったばかりの所にあるだけで、コンビニのある大通りに出るまで真っ暗なんです。

    さすがに怖かった。

    早く大通りに出てしまおうと足早に歩いていると突然後ろから駆け寄って来る足音と共に脇の雑木林がザザッと揺れました。

    小道は軽自動車がやっと通れる位の道幅です。
    逃げ場がありませんでした。
    というより身体が硬直して動けなかった。

    背後から抱きつかれて口を塞がれたと同時に私の身体は雑木林に引っ張り込まれていました。

    抵抗したら殺されるかもしれないと思うと、暴れる事も大声を出す事も出来なかった。

    男達は私を押し倒すと、上のサウナスーツを捲り上げました。

    なんとか逃げようと四つん這いになったところ、後ろからブラをずり下げられ胸を鷲掴みにされてしまいました。

    私に覆い被さる男と、手を封じ込める男に女1人で勝てるわけがない。
    抵抗しても無駄だと悟った私はせめて無感情でいようと決めました。

    私が全く身動きしなくなったのを見ると男は私を仰向けにし、胸を執拗に揉み始めました。
    「ねーちゃん乳デカイなあ」と耳元で囁かれたけど気持ち悪かった。

    不意に乳首を摘ままれました。
    私は乳首が弱く、意思とは裏腹に身体が跳ね上がってしまいました。
    それを見ると男は片乳首を舐めたり転がしたり吸ったりしながらもう片方を手のひらで転がしたりしてました。

    しばらくすると乳首に飽きたのか、とうとうズボンが下げられてしまいました。
    パンツの上から割れ目を撫でると、クリトリスをピンポイントで押されました。
    その時はさすがに「うっ」と声が漏れてしまったと思います。
    手を押さえてた男が後ろから抱き抱え、私を大股開きにさせました。
    背中には男の硬いモノが当たって気持ち悪いとしか思えません。

    私の股間を弄ってた男はパンツの上から匂いを嗅ぎとうとう脇の部分から指を入れられてしまいました。

    割れ目を触られた時、ヌルッとしたのが自分でも確かにわかりました。
    男達が小さく笑い、「すげぇw」と言ってるのが耳に入りました。

    私はその間、空に広がる星をじっと見ていました。

    男の指は小陰唇を伸ばしたり割れ目を掻き混ぜたりしてましたがクリトリスを触ると耳元で「すっげぇ硬くなってるよw勃起してんじゃん」と囁きました。

    硬くなってるクリトリスを指で捏ねたり爪で掻いたりされるうちに私は気持ち良くなって来てしまい、それが情けなくてとうとう私は泣いてしまいました。

    泣き始めた一瞬の隙に、パンツが足首まで脱がされ片足に宙ぶらりんになりました。

    男は私の腰を引き寄せるとあそこに指を入れ、クリトリスに口を付けました。

    なんで外で見知らぬ男達に大股開きにされこんな事をされてるんだろうとぼんやり思いました。

    男はゆっくり指を出し入れして来ました。
    私は膣はあまり感じないので人形になる事が出来る。
    そう思っていました。

    ところが男の指が膣のある場所を捉えた時、初めての感覚に思わず腰が跳ね上がり声が出ました。
    膣のお腹側のある部分を執拗に押したり擦ったりする男。
    なんだかトイレにいきたいような感覚が強烈になり私は思わず「やめて、やめてやめてっ!」と叫びました。
    それと同時に失禁したのか股間からお尻の辺りがびしょびしょになってしまいました。

    失禁なんて小学生以来の事で恥ずかしいやら悔しいやらでますます泣けて来ます。
    グッタリしながらしゃくりあげてる私の足元でカチャカチャという音がします。
    見なくても何が起こるのか想像出来ました。

    男は軽々と私をうつ伏せにすると腰を持ち上げました。

    そしておちんちんで私の割れ目を数往復しクリトリスを捏ねると入り口に押し当てました。
    私はどこか冷静に「犯されるんだな」と思っていました。

    ゆっくりと男は腰を進めて来ました。
    私の中は次第に男でいっぱいになりました。

    このまま早くイッて解放して欲しいとそればかり思っていました。

    だけど男は一向に動きません。
    入れるだけで満足なのかな?
    変な男だと思ったけど、子宮内膜症とチョコレート嚢腫という卵巣の病気で酷い性交痛がある私にはこんなありがたい事はないと思いました。

    だけど動かないのも男達の作戦だったんですね。

    ポリネシアンセックスという方法を知ったのは随分後の事。
    本当は愛する者同士の方法で、挿入後30分位身動きをしないでいると凄まじい快感を得られるんだそうです。

    私はまんまとそれに使われたんです。

    入れられてどれ位経った頃か、男が覆い被さり私に囁きました。
    「おまんこの中がヒクついて来たよ」
    そんな訳がないじゃんと思いました。

    でも男が胸を揉み始めた時、嫌でもそれを実感する事になりました。

    なんというか、全身の皮膚が敏感になって、触られた所全てに性感を感じるんです。

    それに気付く頃には自分でもハッキリ自覚できるほど男と結合してる部分がヒクヒクしていました。
    締め付けているのが自分で分かるし、止められないんです。
    後から後から愛液が溢れて来てる気がしたし、クリトリスもこれ以上はないって位勃起してるのが分かります。

    もう限界でした。

    私はもう堪らず、「お願い…」と男にお尻を擦り付けていました。

    冷ややかな声で「何?」と聞く男。
    凄く情けないと思ったけど、私は「動いて下さい」とお願いしてしまいました。

    男はゆっくり一番奥の部分におちんちんを擦り付け、そこを捏ねるように腰を回し始めました。

    ピストンより掻き回される方が好きな私はその動きに身を任せる他ありません。
    声なんて我慢出来なかった。

    もう一人の男は耳元でやらしい事を囁き、興奮しきった私は本当に凄い事を口にしてたと思います。

    自分でも勝手に動く腰の動きが止められず、徐々に高まって来たのを感じました。
    でも最後のプライドが私をイカせません。

    そうこうしてるうちに男が腰の使い方を変えて来ました。
    捏ねるような動きから、本格的なピストンに変わって来たんです。
    私はそれで射精が近い事を察しました。

    不思議な事に、いつもはピストンが苦痛なほどの性交痛なのに今日は痛みが全くありません。
    それどころか何となく違和感を感じ始めました。

    相変わらず突いてくる男ですがさっきまでとは違い浅い所を突いて来るのです。

    それはさっき失禁した時に触られてた辺りだと思います。
    そこを集中的に突かれたり擦り上げられたりしてるうちに「もう少し…もう少し…」という感覚が頭を支配し始めました。

    男に突かれてる部分が急激に存在を主張し始め重くだるい腰の感覚と熱く腫れ上がるような局部の感覚、そしてヒクつくクリトリスの感覚に私はとうとうプライドを捨てて大声をあげてしまいました。

    「あああああああ…っ!」そう叫びながらとうとう私はイカされてしまいました。
    膣でイッたのは初めての体験でしたが「イク!」なんて言う余裕はないんだな、叫ぶので精一杯なんだなと思いました。
    それまでクリトリスでしかイッた事のなかった私はその違いにも驚かされました。
    クリトリスは一度イッたら触られたくないけど膣でイクと快感がずっと続くんだなと。

    膣でイくとおまんこの中の熱さが退かないんです。
    だからすぐまた追い詰められてイカされ…男が射精するまでに4回位イキました。

    男は中に出しました。

    子宮内膜症の治療でピルを飲んでた事だけが幸いでした。
    男の股間と私の太股は私の異常なまでの愛液でびしょびしょでした。

    やっと解放される、と思って安心しているともう一人の男が今度は正常位で私を貫きました。

    私は中に出された精液が垂れてくると凄くエッチな気分になり興奮するんです。
    それも手伝って、またさっきの余韻からすぐに身体に火がつき、最後は失神するほどイカされました。
    最後の方は訳も分からず「おまんこ」やら「クリトリスいい」等と叫んでしまいました。

    気が付くと私は服を着せられ、周りには誰もいなくなっていました。

    携帯を見ると、家を出てから2時間半が経っていました。


29  専業主婦 - 2015/05/08(Fri) 11:03 No.28730
    わたしは、二十七歳の専業主婦です。
    主人は、三十六歳のサラリーマンで、半年前からEDなのです。
    主人は、どこで聞いてきたのかEDに効くからと言っていろんなことをわたしにさせます。

    まずは下着を主人と一緒に、アダルトショップに買いに出かけ店に入ると男の人達が、チラチラと見るのにはずかしくて店内を進んで

    いき下着コーナーにたどり着きエッチな下着を主人が選び購入しました。

    最近はレースの透けた下着なのでブラジャーは、乳首が立つとすぐに分かり、時々男性の視線を感じていて変な気分になります。

    パンティは、すべてスケスケで紐のTバックをはくように言われ下着の色は、赤・黒・紫・ピンクにするように言われてます。

    服もミニスカートで中には、かがむとすぐにパンティが見えるのもはくように言われていて上の服も胸元が広い服が多いいです。

    家の中では、ブラジャーをつけることは、禁止なので来客があったときは、乳首が立っていないかドキドキして出ます。

    この前は、下着を購入したアダルトショップに行きローターとバイブを購入して家で、主人の前でオナニーをさせられています。

    わたしは、ローターとバイブが気にってしまい主人のいない昼間にオナニーをしていますが、前は主人のことを思ってやっていました

    が、最近では、男の人が見る視線や他人にレイプされることを思いオナニーしています。

    先日の朝、主人が7:00に家を出て7:15にメールがきました。

    (机の上にパソコンを忘れた会議に必要なデーターがあるから会社まで持ってきてくれ今、出れば間に合うからお願い)の内容なので

    わたしは、机の上にあるパソコンが入っている鞄と財布だけ持って家を飛び出しました。

    駅に着き電車に乗ると、混んでいてわたしがOLやっていたときと変わらないんだなと思いつつ、昔、痴漢に遭ったことを思い出しまし

    た。

    そのときに、前に立っているおじさんが、わたしの胸元をやたらに見ているのに気付きました。

    わたしは、ノーブラのまま電車に乗ったことに気付き、前のおじさんは、わたしの胸を覗いているんだな思いました。

    わたしは、身長が低いので上から覗かれていると思うとはずかしいくなりましたが、なんか、違うわたしが、もっと見て触って

    と思うとわたしのアソコが熱くなりました。

    一つの駅を通過した時に、おしりに何かあったている感じで、もしかしたら痴漢かなーと思っていたらミニスカートの中に手が入って

    来ておしりを撫で回しTバックと分かるとパンティをづらして、わたしのアソコに指が入ってきました。

    後から「メチャメチャ濡れているよースケベだねーヒモパン記念にもらうよ」と言われ抵抗したくても手がふさがっていて痴漢の人にさ

    れるままパンティの紐をとかれ抜き取られました。

    前のおじさんにも痴漢されているのが気付かれたみたいで、シャツの中に手を入れられ胸を揉まれました。

    痴漢されているのに、気持ちがよく感じて何回もいかされて前と後ろから駅に着くまで痴漢されました。

    電車を降りるときに声をかけられましたが、主人がホームに待っていてくれたので男の人は、いなくなりました。

    主人にパソコンの鞄を渡し別れて、わたしは、すぐにトイレにいきアソコを拭いてオナニーがしたくなりましたが、がまんして帰りの

    電車に乗りました。

    帰りの電車は、空いていて座席にすわり痴漢に遭った事を思い出していたら隣のおじさんがしゃべりかけてきました。

    「奥さん、さつきの続きやろうかー この女ノーパンですよーと言われたくないよね」

    わたしは、びっくりして見るとさっき、ホームで声をかけてきたおじさんでした。

    わたしは、次の駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれていきなりフェラチオをさせられて何回も犯されました。

    フェラチオしている写真や正常位で犯されている写真取られ携帯番号・メールアドレスもチェックされてしまいました。

    おじさんは、「奥さん、また連絡するよーまた、たっぷりと犯してあげるよー」と言って部屋を出ていきました。

    時計を見ると14:00を回っていてわたしは、シャワーをあびてノーブラ・ノーパンで家に帰りました。

    主人には、痴漢に遭ってその後にレイプされたことは、内緒にしますが、あのおじさんからいつ、連絡がくるか心配です。

    でも、すごく気持ち良かったし また、痴漢されてレイプされたいと思っています。


30  あずさ - 2015/05/06(Wed) 09:47 No.28720
    2年ほど前の彼氏と昼の野外SEXした場所に
    久しぶりに行ってきました
    小高い山に貯水池があるところです
    高校生らしい子が3人池で釣りしてたのですが
    私は林の中で、昔を思い出してオナニー
    オナニーに夢中で、周りが見えてなかった
    服も下着も乱れた状態で呆然としてました
    何分?何十分?
    何かの声
    びっくり!!
    男の子3人が目の前に立っていて
    オチンチを出してる
    あ!だめ! 逃げようとしたら手を取られて
    3人に羽交い絞めにされ、口にオチンチが入ってきました
    クリもいじくられ、乳房を揉まれ
    やめて〜っと言う間もなく
    入れられてピストンされました
    3人が入れ替わり、入れてきて
    私は失神状態
    気がついたときは、薄暗くなってました
    ほとんど全裸状態
    歩くのがやっとの状態でした


31  伊藤聡ー - 2015/04/05(Sun) 13:16 No.28508
    興味深い話を真摯に聞きたいと思います。


32  ピースマン - 2015/04/29(Wed) 02:10 No.28640
    キャバ嬢で生活してます。
    夜の世界はいろんなことがありすぎてどれから書けばいいのかわからない順番に書こうと思ってるけど・・・!
    その前にキャバ嬢の女の子危険なことされた経験お・し・え・て!


33  窶独停禿ォ - 2015/05/04(Mon) 16:05 No.28701
    ナス窶樞堙坂認窶傳窶堙ヒテケ窶堙昶堙可行窶堋ォ窶凅窶堋ュ窶堙遺堙ィ窶彭ナステ披堙窶堙遺堋ュ窶堙遺堙ィ
    ヒテェツ人窶堙窶「テ窶堋「窶堙窶堙ゥ窶堙窶愿アツ人窶堙娯冕窶堙 窶堋オ窶堙や堋ア窶堋ュニ段ニ停愴恥窶堋ウ窶堙ェ
    窶堙や堋「窶堙窶堋「窶堋ュ窶堙ナステ披堙可湘ヲ窶堙ィ窶之窶堙鯛堙可行窶堋ア窶堋、窶堙ナ陳セ窶堙ュ窶堙ェ
    窶堋サ窶堙固スq窶傳窶堙娯ーテ窶堙俄堙や堙ェ窶堙窶堋ゥ窶堙ェ窶督ウ窶板昶禿ョ窶板 窶「ナセ窶堙ー窶僞窶堋ェ窶堋ウ窶堙ェ
    窶堋サ窶堙固津」 窶愿アツ人窶堙嫁テ溪ケテッ窶堙俄堋ウ窶堙ェ窶吮窶堋セ窶堋オ窶堙窶堋ウ窶堙ェナステ環真窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェニ池ニ断ニ棚窶堙ナスB窶堙ァ窶堙ェ
    窶堋ア窶堙姑探ニ辰ニ暖窶堙娯愬ツ稿窶ーテヲ窶佛突テェ窶披披堙可催壺堋ケ窶堙ァ窶堙ェ窶堙懌堋オ窶堋スツ。


34  みお25歳 - 2015/05/05(Tue) 11:07 No.28705
    私はパパとエッチをしてます。
    下着はパパ好みに してます。
    パパと下着を買いにいってます。
    洋服もです。
    こんな私どう思いますか。


35  りこぱん - 2015/05/05(Tue) 12:27 No.28707
    無理やり中だしされたらどんなかんじなんだろう。
    やっぱ気持ち悪いのかな


36  秘密 - 2015/04/30(Thu) 15:00 No.28659
    元同級生に犯されました。中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・
    それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。
    大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。
    ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。
    それこそしょっちゅうこ〜ゆ〜事はありました。
    その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。
    慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。
    何か息苦しくなって目を覚ましました。
    するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。
    びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。
    「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。
    「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが・・・
    「大きな声出したらBが起きるぜ。」 なんて言われて。
    それでもいいと思って大きな声で 「やめてっ!!」 と叫びました。
    するとBが起きてしまって・・・助かったと思ったんです。


    そしたら 「何やってんだよ、お前ら。俺も混ぜろよ。」 だって・・・
    「やめてやめてっ!」 って叫んだんだけど・・・
    Aの家は大きな家で周りには聞こえない。彼の両親も留守。
    結局・・・叫んでも無駄でした。
    Bが私の頭の上で両手を押さえつけてAがスカートを脱がせました。
    Bは足で私の手を押さえ込んでブラジャーをとり、乳房を揉みだしました。
    Aはパンティーも剥ぎ取り力任せに足を開き、アソコに顔を埋めてきました。
    クリトリスをクチュクチュ吸いたてます。
    指を膣に入れて出し入れし、クリトリスを執拗に吸い上げてきました。
    Bは片手で乳首を摘み転がし、舌で乳首を弄んでいます。
    私は泣きながら感じ始めていました。
    「まり・・・すごく濡れてきたぜ。」 なんて言いながらクリトリスを・・・
    いいもんあるからと、Aが持ってきたのはバイブでした。
    バイブを膣に挿し込み、クリトリスを吸いたてます。
    声だけは出さない、って思ってたのに・・・


    バイブのスイッチを入れられた瞬間に声が出てしまいました。
    「3人で朝まで気持ちよくなろうぜ。」 なんて言いながらバイブを動かして。
    乳首をかわるがわる舐められ吸われバイブを入れられながら・・・
    ひたすらクリトリスを吸われて・・・いってしまいました。
    2人は大喜びして 「これで無理矢理じゃないよな!」 だって。
    そしてAがおちんちんを入れてきました。大きくて苦しかった・・・
    「俺も大人になっただろ?」 腰を動かしながら。
    Aは激しく腰を突き上げいろいろな角度で突き上げできます。
    こんなSEXは初めてでした。
    入り口でしばらく出し入れしてると思ったらいきなり奥までズドンって感じで。
    脳天まで突き上げられる感じでした。
    Bはその間、自分のものを擦りながらビールを飲んでいました。
    Aは私をうつ伏せにし、バックから攻めてきました。
    私のお腹の下にクッションを入れてお尻を高く持ち上げて一気に入れてきました。
    ゆっくりゆっくり出したり入れたりしてきます。


    奥のほうに入れてグリグリ壁に押し付けて来ました。
    もう身体中が熱くなってきて意識が遠くなりそうでした。
    しばらくバックで突きまくられそのまま後ろに倒されました。
    私の身体は仰向けにされAの上に乗せられて・・・
    でも後ろからAのおちんちんを入れられたまんま。
    もうBからは何もかもが丸見えです。
    するとBが擦り寄って来て私の足を抑えひろげでクリトリスを舐め始めました。
    ものすごい快感でした。
    後ろからAの大きなおちんちんで突き上げられながら・・・
    Bにクリトリスを舐められ吸われ・・・
    Aに後ろから両方の乳首を摘まれ揉まれ・・・
    私はすごい声を出していってしまいました。
    その時失神してしまったみたいです。


    気がついたら2人がニヤニヤしてビールを飲んでました。
    「お前、すごい声出すな。」「小便もらしたみたいに濡れてんぞ。」 なんて。
    恥ずかしくなって 「もう帰して。」 って言ったら・・・
    Aが「俺、まだいってないぜ。」
    Bは「俺なんかまだ入れてもないからダメだろ。」 って。
    そしてまたAが正上位で入れてきました。
    「もう嫌、やめてよ。」 って言ったんだけど・・・
    また2人で押さえつけて今度はガンガン突きまくってきました。
    「じゃ、俺もそろそろいくから、中でな!」 ・・・とAが言いました。
    「お願い!中だけはやめて!!お願いだからっ!!」
    「じゃぁ、これからも俺たちの言う事聞くなら中で出さないよ。」 って。
    「何でも聞くから中だけは出さないでっ!」
    「わかった。」 って言ったのに・・・
    「あ〜!ダメだ!間に合わね〜っ!」
    って言って私の膣の奥の奥に射精しました。
    もうすごいショックでワーワー泣いてしまいました。


    「お前、中で出すなよ。」 Bが言ってくれましたがもう遅かった。
    「やばかったかな。」 なんて言いながらAが・・・
    ティッシュで私の膣を拭いていました。
    「すっげー出たなぁ・・・」 なんて言いながら。
    終わった・・・と思った時 「じゃぁ、俺ね」 ってBが言いながら・・・
    「もう嫌っ!」って言ったんだけど「Aにはやらせて俺は嫌ってか?」
    そう言いながら私をベッドに突き飛ばしました。
    「おい、A、押さえろよ」 って言われてAが私の両手を押さえました。
    Bは私のおっぱいの間におちんちんを挟んでこすり始めました。
    両手でおっぱいを掴み、自分のおちんちんをグリグリこすり付けました。
    「お〜、すげえ気持ちいいじゃん。」なんて言いながら。
    「俺もやればよかったかな。後でも〜1回やるか。」Aが言います。
    Bは私の両足を自分の肩にかけ、おちんちんをズルっと入れてきました。
    Aほど太くないけど長いおちんちんでした。
    すぐに一番奥まで達して壁をグリグリ突きます。
    そしてものすごい勢いで突き上げてきました。


    Bは私の上半身を抱き上げ、座位にさせました。
    私の体重でおちんちんは奥の方に届き感じるところを擦ります。
    Bは乳首を吸いながら腰を上に上に突き上げてきます。
    後ろからAがアヌスをいじって来ました。Bの腰の動きに合わせてアヌスに指を入れたり出したり・・・
    私の腰もいつか動き始めて膣と乳首とアヌスを攻めれらながらいったんです。
    そんままBが寝転び女性上位にさせられ・・・
    いったばかりなのに休ませてももらえないまままた下から突き上げられました。
    Bは私の腰を両手で掴みガンガンと腰を入れてきます。
    Aは乳首を吸いながらアヌスをいじってます。
    自分がどこにいるのかわからなくなるほど感じました。
    Bは下からすごい勢いで突き上げながら「出すぞ」と言いました。
    その言葉で一瞬腰をひくと「1回も2回も一緒だって。」・・・と。
    もうどうでもいいって感じで動きに任せていました。
    Bの動きは益々激しくなり「出るぞ!出るぞっ!!」と言いながら・・・
    私の腰を掴み引き寄せ奥の方に出しました。
    私もその時同時にいってしまったんです。


    その後もAとBに何回も何回も犯され中で出され・・・
    次の日の朝まで7時間もかけて・・・
    身体中がドロドロでした。
    私も何回もいってしまい途中で失神して記憶がさだかじゃありません。
    それから2週間ですが何回か彼らからTELがありましたが・・・
    1度も会っていません。今日、生理がきました。
    よかった・・・
    でももう、彼らとは友達には戻れません。とても悲しい事です。


37  麻耶 - 2015/05/03(Sun) 23:56 No.28694
    私は友達と飲みに行き遅くなり電車もなくなり
    一人で歩いてると二人の男に しつこくナンパされ
    ついていくと車に乗り遊びに行こうと言われ
    その子達の家につれてかれ無理矢理 服を脱がされ
    その後 二人に玩具にされ中だしもされ写真も撮られビデオも撮られ
    このサイトの投稿画像一覧に載せられました。


38  OL - 2015/05/03(Sun) 21:58 No.28692
    これは、私が25歳の頃のことです。
    私は仕事が終わり、家に帰ろうとしていました。いつも近所の公園の横を通って帰るのですが、そこに、小学生中学年ぐらいの子供たちが5~6人ぐらいで遊んでいました。すると、そのうちの一人が私の方に近づいて来て
    「お姉ちゃん、ちょっと来てよ」
    と言われたので、公園の中に入ると子供達が私の方を見てニヤニヤしていました。そして一人が
    「こっちこっち」と言って、トイレの裏に誘ってきました。私はどうもおかしいと思いましたが、とりあえずついて行きました。
    トイレの裏に行くと、子供たちが突然私に抱きついてきました。私はびっくりして言葉が出ませんでしたが、子供たちは激しく私に抱きついてきます。私は「ちょっとやめてよ!」と叫びましたが、その言葉に興奮したのか、子供たちは私の制服のスカートをめくり、脚をペロペロと舐めてきました。私は抵抗したのですが、複数の子供に囲まれているので、押さえられてしまいました。そして子供の一人が
    「お姉ちゃんの脚、色白でキレイだね・・・いい匂いもする・・・」と言って私の脚を舐め回したり、触ったりしてきました。さらに別の子供が、股間を私の脚に激しく擦りつけてきました。私は、「もう抵抗しても勝てない」と思い、抵抗をやめました。さらに別の子供は、脚に直接チンコを擦り付けてきました。その子は激しく擦り付けた後、私の脚に向かって射精しました。そして
    「おねえちゃんの綺麗な脚汚しちゃった・・・」と言ってニヤニヤしていました。続いてもうひとりの子供も射精しました。小学生中学年とは思えないぐらいの精液の量で、私の脚は精液まみれになってしまいました。
    すると今度は、さっきまでただ見ていただけだった子が、急に私に襲い掛かりました。どうやらその子がリーダー格のようで、力も一番強く、私は更に恐怖を覚えました。その子は私に
    「お姉ちゃんの可愛い顔、汚してあげる」などと言い、キスをしてきました。その後は顔を舐め回され、口の中まで舐められました。
    その後、その子は私の顔にズボン越しにチンコを激しく擦り付けました。すると別の子供数人も私の顔を舐め始め、
    「お姉ちゃん、なんでこんなに可愛いの? もう止まらないよ」
    と言い、数人のうちの一人が、私の顔に顔射しました。また物凄い量で、目の前が見えなくなるほど精液をかけられました。
    その後も次々に顔射され、私はもう何が何だか分からなくなってきました。最後にはあのリーダー格の子供が私に顔射をしました。
    さすがにリーダーだけあって出る量もダントツでした。その子はまだ興奮が収まらないらしく、今度は口の中に射精されました。たった今射精したばかりだというのに、口の中には大量の精液が入っていきました。そしてその子は
    「こんな可愛い子をこれだけで逃がすわけにいかない」といい、別の子供たちに私を押さえつけるように命令しました。
    私は複数の子供に押さえつけられ、リーダー格の子が今度は私の制服を脱がしました。私は裸になり、子供たちは私の体を舐めまくり、胸を揉んだり、アソコを舐められたりしました。さすがに小学校中学年なのでセックスのことは知らなかったのか、挿入はされずに済みました。しかし、私の体は子供たちに全身を舐め回されました。しかもリーダーの子が、私の尻に3回も射精しました。
    更に、パンティーを奪われ、「お姉ちゃんのパンツだ・・・ハアハア」などと言い、皆で私のパンティーの匂いを嗅いだり、アソコの部分を舐めたりしていました。最後には皆で射精し、私のパンティーは精液まみれになりました。しかも、そのパンティーを無理やり穿かされました。リーダーの子は「お姉ちゃんは僕たちの女の子だ!」と言い放ち、皆で逃げて行きました。
    公園に取り残された私は、ヨロヨロしながら家に向かって歩きました。
    家に着いたあと気づきました。知らないうちに、制服のスカートにも大量に射精されていました。それはもう、真っ白に近いくらいの精液の量でした・・・。これが、私の本当に怖かった出来事です・・・。


39  ゆみ - 2015/05/03(Sun) 16:36 No.28681
    友達にレイプされました。
    プリクラで私だけ裸にさせられました。 
    裸のプリクラを作業所の人達に見せると脅されました。
    友達は顔も私好みだけど女王様気質で私にいっぱい命令してきます。
    友達に無理矢理レイプされたいです。


40  恭子 - 2015/04/27(Mon) 09:55 No.28625
    39歳の私  夫は51歳
    子供も大きくなり、ふと家で一人の時に、想像しちゃいます
    複数の男性に 口にもあそこにも入れられて、体中いじくられて
    ガンガン突き上げられる
    無茶苦茶にされてみたいわ


41  秘密 - 2015/04/27(Mon) 17:33 No.28628
    昨日、押し入れの片付けをしていたら鍵のついた箱が出て来ました。

    それは大学生の時に犯された時のビデオです。

    当日、私は大学の寮、一階の角部屋に住んでいました。

    お盆で寮生が帰省する中、私はバイトが休めなかった事もあり、一人で寮に残りました。

    寮母さんも夜には自宅に帰るので、少し心細くもありましたが数日だけですし、

    まさか自分があんな目にあうとは思いませんでした。

    一人になって三日目、バイトで疲れて帰って来た私はシャワーを浴びると直ぐに眠気に襲われました。
    いつもなら朝までぐっすりなのですが、何だか体が痛くて目を覚ましました。

    そこにはプロレスラーがかぶるようなマスクをした全裸の男が!

    「ふごごごー!」 悲鳴を上げたつもりが変な声しか出ません。

    「なんで?」と思いましたが、すぐに舌の感覚?で口にピンポン球に穴があいたようなモノを入れられているのが判りました。

    体が痛い理由も判りました。

    パイプベットに両手を繋がれ、両足は片方づつの膝をロープで縛り、

    ロープの先は頭上のパイプに縛りつけてM字に開く感じにされていました。

    男は一瞬、ビクッとなりましたが、構わず私の胸を揉み、乳首を舐めました。

    私は「うーうー」唸って嫌がりましたが、よだれが出るだけでした。

    その時、もう一人の男の存在に気付きました。

    その男も同じようにマスクに全裸。違ったのはビデオカメラを持ってる事でした。

    わかりやすく、最初の男をA、カメラ男をBとします。

    BはAに愛撫される私をアングルを変えながら撮影していました。

    レイプされ、撮影されてる事に物凄い恐怖を感じました。

    涙が出て震えましたが、構わずAは股間に顔を埋めて舌先でクリを舐めたり吸ったりしはじめました。

    処女ではありませんでしたが、アソコを舐められるのは初めてだったので驚きました。

    初めての快感に、今度は別の意味で体が震えました。 いきそうになった時、Aは舐めるのを止めました。

    「もう少しなのに…」と思っていると、Aが私の中に入ってこようとしました。

    「あっ!入っちゃう!」と目を閉じたのですが、中には入れずに先っぽでクリを撫でたり、少し入れて浅く出し入れするだけです。

    「なんで入れないの?」と思いましたが、その感じが気持ちいいやらもどかしいやら…。

    「我慢出来ない!」って思った時、ズボッと一気に奥まで突かれました。

    「あぐぅー!」と変な叫び声を上げて私はいってしまいました。

    Aのモノは少し太めで長く、ズンズンと奥まで突かれると少し痛いんですが、気持ちよくて何度もいきました。

    やがてAも「うぅ…」と唸ると、中に出しました。

    Aがいくと今度はカメラマンを交代して、Bが私に近付きました。

    Bは耳元で「気持ち良かったでしょ?いっちゃったねぇ?…今からもっと気持ち良くしてあげるよ」と囁きました。

    Bは細長い卵形の先にクリップのついたモノを出し、私の両乳首を挟みました。

    それからアソコにバイブを突っ込み、スイッチを入れました。

    卵形がブルブル震えて乳首が刺激され、股間のバイブはグリグリ回転します。

    「んーー!」と叫ぶ私を見てBは笑ってるようでした。

    腰をガクガクさせていった後、バイブを抜くとBが入ってきました。

    乳首にはまだクリップがされたままです。クリにローターをあてがわれ、狂ったようにいく私をBは笑いながら犯しました。

    Bが乳首のクリップを引っ張って外した瞬間「うっ!しまる!」と言ってBはいきました。

    抵抗する気力をなくし、いきまくってグッタリした私を二人は朝まで犯しました。

    フェラをさせられ、口に出されたり顔にかけられ、変態なBに浣腸されてお尻まで犯されました。

    最後にAに前、Bにお尻を同時に入れられた時には「気持ち良くて死んじゃうー!」と叫んでいました。

    後日、私宛てに宛名がない荷物が届きました。開けてみるとビデオでした。

    ビデオには「静香レイプ記念ビデオ」と書かれていました。

    暫くは妊娠とビデオで脅迫されるのでは?と心配しましたが、何事もなく、大学を卒業して結婚しました。

    押し入れから見付かったのはそのビデオです。

    一度だけ見てオナニーしてしまいましたが、旦那と付き合い始めた時、捨てる訳にもいかず隠していました。

    旦那が寝てから久しぶりに見たのですが、こんなに凄い体験をしたなんて…。

    レイプは二度とされたくないですが、ビデオはしっかり鍵をして大事にしまいました。


42  ふみの - 2015/04/28(Tue) 16:07 No.28636
    大学生の時、色んなサークルのコンパに行ってました。
    お酒が入ると結構はっちゃけちゃう方なので
    後から友達か聞いて、恥ずかしい思いをすることはたびたびありましたし、
    (暑い!と言って、すぐ脱ぐ・キャミだけになる・
    男の人の膝の上に乗って、頬にキスしたり・いやらしく腰をくねらせたり振ったり疑似○○○みたいなことする)

    だんだん慣れてくると
    トイレでHしちゃったこともあったし
    合意の上で気の合った人とホテルに行くこともありました。

    その日もインカレの合コンで、いつものように気の合った人とホテルに入りました。

    私が先にシャワーを浴びて出ると、なんと、男の人が5人になってて・・・
    「…え?なに!?」とそれしか言えなくて
    ベッドに押し倒されると、4人から押さえつけられて
    一番最初に合コンの相手が乗っかってきました。

    「お前、いつも誰かとヤってんだろ?
    いっぺんにヤった方が効率いいだろ?」と言われました。

    ゃダっ・・・そんな声も空しく、男たちは次から次へと私を凌辱していきました。

    嫌なはずなのに、私のアソコは、気持ちとは逆に反応してゆきました。

    「コイツ・・やっぱすげえなア、、メチャクチャ濡れてんじゃん。。大洪水ww〜」

    5人からいろいろ触られたり、イれられたりで、
    気持ち良くなってしまったんです・・

    「おい、これ使ってみようぜ?」
    ヴイーーーンと音がして見て見たら電マでした。。

    それをアソコにあてがわれて。。
    初めての経験で、もう、頭真っ白になるくらい気持ち良くて
    「ひゃ…ぁ、、アッアッア・・・アア〜〜〜〜・・・」
    とよがりながらイク寸前に
    ピューーー〜〜っと何かがあそこから吹き出てきました。

    「うっわ・・コイツ、潮吹いてら〜」
    「すっげえなあ・・」
    男たちは感心したような声を上げると、また次から次へ
    私の中に入ってきました。

    電マやバイブを使われて、私は何度もイって
    もう意識朦朧として・・・

    何時間たったのか、気付いて目を開けたら
    あちこちに服やティッシュが散乱し、
    男たちは全裸で倒れるように眠ってるし
    ホテルの部屋がすごいことになってました。

    シーツに少し血が付いていて、私のアソコを触ってみたら
    少し出血してました。
    (擦り切れたのかもしれません)

    この場を早く出ていきたかったけど、足腰が思うように立たず
    そのうち、男の1人が起き出してしまって
    「まだ帰んなよ?」と私をどこからか出て来た紐で縛りつけました。

    次々と男たちが目を覚まして
    また、セックスが始まりました。

    私はもう傷もついてるし、痛くて
    涙ながらに「もう・・・やめて・・お願い。。」
    と頼みましたが
    「じゃあ、口でやってよ」と言われて5人×2回フェラして
    ようやく解放されました。

    歩いて帰れなかったので、家の近くまで送ってもらいましたが
    その日以降、呼び出されてセックスに応じることになってしまいました。


43  秘密 - 2015/04/28(Tue) 18:45 No.28637
    女がレイプを行う場合もデートレイプのケースが多い。また、加害者が教師などの立場にある場合には、そういった地位も利用可能である。また、行為の対象が小学生などである場合には、性的同意年齢の問題が浮上する。ただ、酒や武器などに頼ることも少なくない。
     また、少年の場合レイプとの関連も考えられている。Petrovich and Templer (1984) の83人の男性のレイプ犯に対する調査報告によると、彼らの59%がかつて16歳より前に5歳以上年上の女から性的行為を受けたことがあるという。実際、17歳の時にアメリカの女兵士に襲われたことがあるという横山○ックなど、性犯罪を行う被害男性の例は少なからず存在する。 


44  主婦 - 2015/03/10(Tue) 11:14 No.28303
    私27歳 、夫28歳
    私はコンパニオンをしています。
    以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。
    色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。
    結婚して直ぐに家を購入し月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎでした。

    コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。
    最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた旅館は今もOKなんです。
    普通は、一緒に飲んで、話をしたり聞いたりワイワイ楽しく終わるのですが、おじさんはエロいから話をしている時も、胸に手を入れてきたり、スカートの中を覗かれたり、中にはパンツの中にも手を入れる人もいます。
    私は、職場の中でも年配クラスになるので、リーダーになる事が多く、若い人を監視します。
    場合によっては、行き過ぎのお客さんに中断してもらう様に説得します。

    最近あった、旦那にも言えない状況があったのです。
    その日のお客さんは、若い人達で(20歳前後)仲間内の飲み会風でした。
    その中には、チンピラ風の方も数人いて、ちょっと怖い感じもしました。
    私達3人とお客さん7人での宴会が始りました。
    お客さん達は、初めは楽しい感じで盛り上がり、ちょっと安心していました。
    私はその中でも、一番上に見える落ち着いた方の隣でお酌していました。
    若い子達も、それぞれ話が盛り上がって居た様です。
    一次会も終了し、二次会を部屋で行なうことになり、私達も誘われ一緒に部屋へ移動しました。
    悪夢はそこから始まったのです。

    部屋に入るなり、さあ始めようか!!!また、飲み始めて数分若い子がターゲットになっていました。
    彼女はかなり酔っていて、話も呂律が回っていませんでした。
    そんな彼女に3人の男が群がり、征服を脱がせ、下着姿になっていました。
    私は、注意しようとした時、一緒にいた男性から”いいじゃない”って急に口付けされました。
    私達は、そんな事する仕事じゃないですよ!って言うなり、男達が群がって無理やり私はお酒を飲まされました。
    日本酒の一気飲みで、私も酔ってしまい、注意何処ろでは無くなっていました。
    ぼんやり若い子を見ると、もう全裸にされ、若者3人に回されていました。
    もう1人も、もう男2人にキスされ、服は乱れ切っていました。
    そんな時、私と一緒にいた男性が、こっちもそろそろ、盛り上がろうかといい、私も服を脱がされていました。
    もう、私に抵抗する力はありません。
    すっかり全裸にされると、何度も挿入されたのです。
    しかも、男達は入れ替わり私達に挿入し、私ももう何人に入れられたか分からない位です。
    2時間が過ぎた頃、若者2人はダウン。
    私は、テーブルに四つん這いに縛られていました。
    怖い感じの男2人が、私のマンコにさっきまで食べていたソーセージを挿入し始め、1本・2本と入れ始めたのです。
    もう一人は、アナルにピーナッツを入れ、何個入る?って笑っているのです。
    散々遊ばれ、写真を取られ、気づけば3時間は経過したでしょうか?男達は私達に服を着せ、お金を私に渡すと、廊下に追い出されました。
    なんとか、若い2人を連れて私達は帰りました。
    私は、直ぐに腹痛でトイレでピーナッツを排出したのでした。

    翌日、若者2人は会社を辞めました。
    私も辞めたかったのですが、ローンを考えると辞められません。
    旦那には、今回の出来事は言ってません。


45  珠緒 - 2015/04/23(Thu) 16:20 No.28615
    21歳の大学3年生です。
    大学1年の夏、忘れられない事件に遭遇しました。

    大学のサークル帰りの金曜日、痴漢に遭遇したのです。

    終電だったので、途中で降りるわけにもいかず、また生来気の弱い性格の私は、何かを言い返す度胸も勇気もなかったので、されるがままになっていました。
     
     
    スカートはたくしあげられ、その日は運悪く紐パンだったので、それは奪われてしまい、Tシャツの上からはFカップの胸を乱暴に揉まれました。その時、私は痴漢が複数いることに気がつきました。
    私の周りは痴漢たちに取り囲まれていたのです。
    マ○コは指を出し入れされたり、かき回されたりしました。
    何本もの手が私の体を這いまわって気持ちが悪く、これが2時間(私の自宅の最寄り駅までの時間)も続くかと思うと、地獄のように感じられたのです。

    しかし、本当の地獄はここからでした。
    私は進行方向右側の扉から入って押し込まれましたので、左側の扉に近い位置にいました。
    自分の降りる駅はまだだったのですが、駅が近くなるにつれて、痴漢たちの手が引っ込み、パンティは戻ってきませんでしたが、スカートも元に戻されました。

    彼らが降りるのだ、と私はほっとしたのですが、それもつかの間。

    駅に着くと両手首をつかまれ、何と電車を下ろされてしまったのです。
    何が起こったのか分かりませんでした。
    しかし、無情にも電車は遠ざかっていってしまいます。
    私は真っ白になりましたが、痴漢たちはそんなことはお構いなしで、私を何処かへと引きずっていきました。

    辿り着いた先は車の中でした。運転席に1人、後部座席には3人の男が乗っていました。
    冷静に考えると、彼らは迷うことなくまっすぐに車へと向かっていました。
    これは初めから計画されていたことだったのです。
    しかし、全く面識はありません。恐らく誰でも良かったのだと思います。

    ここで私は初めて抵抗しましたが、時既に遅く、3人に抑えつけられてまず、M字開脚姿を写真に撮られました。しかも、その前までの痴漢行為で若干濡れて居るマ○コに指を2本入れられた状態での撮影。屈辱的でした。
    その格好のまま、発進した車内で暫く弄くり回されましたが、声だけは出すまいと口をつぐんでいました。
    そして車がついた場所はどこかのホテル。服装を整えられて、私は引きずられるように部屋へと連れて行かれました。

    部屋のドアが閉まると、ベッドの転がされ乱暴にTシャツとスカートを捲りあげられました。全裸にしないのが、どうやら彼らの好みのようでした。4人をそれぞれA、B、C、D、とします(が、途中からは誰が誰なのか分かりません)。
    車を運転していたのがAで、彼は私のマ○コをいきなり舐めはじめました。Bは右、Cは左の胸を弄り、Dはビデオカメラのスイッチを入れています。
    ジタバタと抵抗しても無意味なのは百も承知でしたが、やはり拒絶せずにはいられないのです。
    でも、暫くすると私の体は火照ってきました。
    マ○コはびしょびしょに濡れ、胸を同時に吸われると、嬌声を上げました。
    すると、突然男たちは触れるのをやめました。
    何事かと思いましたが、私の体の火照りはもう止みません。

    A「何欲しそうな顔してんだよ」
    B「嫌なんだろ?」
    C「でも、欲しいって言うなら、あげてもいいんだぜ?」
    D「どうしてほしい?」

    結局私はほしいと言わざるをえませんでした。しかし、それだけでは彼らは私の欲するものをくれなったのです。淫語を言わせるのが、彼らの趣味でした。そして私は彼らの命じるままに叫びました。

    『えりの淫乱マ○コにオチ●ポくださいっ!!』

    そこからは散々でした。
    望み通りにしてやるから、なめろと言われてフェラチオを四人分した後、パイズリをさせられ、精液を飲んだり顔射させられました。
    そして、電マやローターで体中を責められたっぷりと喘がされた後、Aが挿入して来たのですが......。

    『痛いっいたいっ!やめてぇっ!!』

    A「こいつ処女だっ!」

    そこで初めて彼らは私が処女であることを知ったのです。そうすると、カメラを持ったDは

    D「淫乱えりちゃんは実は処女でした〜♪これから処女喪失場面をしっかり録画したいと思いま〜す」

    と言って私に近寄ってきました。
    BとCが私のマ○コを念入りにほぐします。指が六本入ったところで、Aが挿入して来ました。
    痛みはありませんでしたが、ぐいぐいと奥まで挿入するので圧迫感が強かったです。
    そして奥に到達すると、Aがガンガンと腰を振って来るので、私はもうわけがわかりませんでした。
    喘いで自分で腰を振って、気持ちいいなどと口走りもしました。
    中にもたっぷり出され、全員にかわるがわる犯されてしまいました。
    解放されたのは土曜日の夕方。
    金曜日に帰れなくなった日は大抵そのくらいの時間まで帰らないので、親には心配もされていませんでした。

    妊娠しなかったのは奇跡としか言いようがありません。

    その男たちには写真とビデオをネタに脅されて、今もなお言いなりです。


46  OL - 2015/04/24(Fri) 10:37 No.28617
    1年ほど前の暑かった夏の日、私は職場の人との飲み会の帰りに犯されました。その日は送別会で職場を辞めるパートの人をみんなで送って、それから線路沿いの道を家まで向かっていました。ちょっと飲みすぎちゃって頭が痛かったので途中途中で立ち止まって休みながら帰ってました。あとちょっとで家というところで目の前にまぶしいライトがあてられて、すごいスピードでワゴン車が走ってきて私の横で止まりました。
    そこからあとは断片的にしか覚えていませんが、ワゴン車の中に引きずり込まれて、いきなりおなかを殴られて、なんども「ころすよ」「ころすよ」と耳元でささやかれました。私は怖くてなんの抵抗もできないまま、馬乗りになっていた人が私の首を締めながら鼻の中まで舌を入れてきました。そうしているうちにドンっという激しい痛みと下腹部の重たい感触があり、私は気を失ってしまいました。
    気がつくと、家から少し離れたところにある自然公園の東屋で寝ていました。パンティがなくなっていましたがバッグも服もお財布や定期もちゃんとあったので、私はこのことはだれにも言わずにいようと心に決めました。家に帰ってバッグから本や荷物を取り出していたら、使用済みのコンドームが2つ出てきて、あわててティッシュペーパーでくるんでビニール袋で何重にも縛って捨てました。でも、「あ、中には出されなかったんだ」と安心したのを覚えています。
    あれから1年。昨夜、彼氏がうちに泊まりにきました。いっしょにおそうめんを食べたあとテレビを見たりゲームをしたりして楽しい時間を過ごしていたのですが、彼が「そろそろ寝よっか」と言って、私に覆いかぶさってきました。いつもの彼のパターンなので私はそれを受け止めて、キスをして、彼のシャツを脱がせながら、横たわったのですが、昨夜は急に彼が私の首を両手でしめてきて、
    無理やり私の鼻のなかに舌を入れてきたのです。
    私はとっさに彼のことを突き飛ばしてしまったのですが、彼はものすごい力で私の上に馬乗りになってまた首を絞めてきて、私のパンティを強引に脱がせて、とても固くなった彼のものを無理やり私の中に挿入してきました。「なんでこんなことするの?やめて」。私は泣いていたと思います。でも彼は自分の欲望が果てるまでやめてくれませんでした。
    せっかく忘れていたのに。私は必死に忘れていた無かったことにしていた1年前のあの夜の出来事を思い出してしまいました。彼は早朝からバイトに行ってしまいましたが、もう彼とは別れようと思っています。
    やはり、苦しいことというのは消えてはくれないのだと分かりました。
    一生私を苦しめ続けるのでしょう。


47  私は@レイプされました。 - 2014/09/28(Sun) 20:56 No.26857
    松谷ゆかりママレイプしてくれませんかか
    東大阪住んでいる
    男性探しています


48  私は@レイプされました。 - 2015/04/22(Wed) 13:37 No.28612
    そのときの私は女子大の1年生で、バージンでした。

    キスもまだしたことない、ちょっとおくてなぐらいの女の子でした。

    その私が夏休みに始めてアルバイトし て、4つ年上の工学部の4年生の男性と知り合いました。

    まだ別に彼になったとかじゃなく、友達の一人として。




    9月になって、彼から自分の大学の学園祭が近 くあるから1度遊びにおいでと電話がありました。

    ちょっと見せたいものもあるから、学園祭前に1度、研究室で会う約束をしました。

    ある日の朝10時ごろ、 約束どおり、待ち合わせてそこへいくと、学園祭が近いと聞かされていたのに、校舎には余り人がいないようでした。

    ちょっと不審がった私の背中を押してある 部屋に押し込み、ガチャンと中から鍵を下ろしました。

    そこには10人くらいの男がいて、私を見るなりみなニヤニヤしました。

    年恰好から、たぶん、同じ学生 だったと思います。

    一緒に来た彼がいきなり私を羽交い絞めにして持ち上げ、小柄な私の足は簡単に宙に浮き、左右の足を別の男に捕まれました。

    よく、レイプ というと、殴る、ける、散々暴力を振るわれて、何の抵抗の甲斐なく犯された、とよく聞きますが、私の場合、平均よりかなり小柄なせいか、暴力はぜんぜん必 要ありませんでした。

    いくら自分は必死にもがいても、男の力にはぜんぜん勝てませんでした。

    日本手ぬぐいみたいなもので猿轡をかまされて、あっという間に 全部脱がされ、机の上に仰向けに押さえつけられ、足を大きく開かされました。

    一緒に来た彼が足の間に立ち、下半身を露出しました。

    はじめてみたそれはあま りに大きくて、赤黒くテラテラ光っていて、自分の中にそれが入るなんて絶対無理だと思ったし、恐怖で私は凍りつきました。

    でも彼は平気な顔で私のあそこを 指で開いて、それを押し当て、力いっぱい押し込みました。

    体が左右にメリメリ裂かれるような猛烈な痛みで、それから何の抵抗もできなくなりました。

    記憶も 1部、定かではありません。終わってみると全員に何度となく輪姦され、あそこは少々の自分の血と男たちの大量の精液とでベトベトになりました。

    両方の乳首 の周りもたぶん男たちの唾液でベトベト、体も頭もしびれたみたいでした。

    どうやって帰ったのかなんて覚えていません。

    朝10時から夕方6時ごろまで、犯さ れ続けていました。

    でもこれで終わりではありませんでした。1週間ぐらいたって、偶然、学校帰りの電車で彼に会ってしまったのです。

    「面白いものを見せた いから」といって、また会う約束をさせられました。

    大柄な彼の迫力でうなづかされてしまった感じでした。

    その日、外の喫茶店で会ったのに結局、彼の一人暮 らしの部屋まで行く羽目になりました。

    1ルームの学生向けのマンションで、まず目に付いたのはかなり大型画面のテレビでした。

    その前のソファに座らされ、 彼がビデオのスイッチを入れると、大型画面に映し出された画面に、私は耳まで赤くなり、うろたえました。

    そこに映っていたのは、私でした。全裸で足を広 げ、次々と男を受け入れている姿が映っていました。

    しかも、そこに映っている私は、激しく腰を振っていました。

    よがっていました。

    一人の男がうなり声を上 げ、精液まみれのあそこに別の誰かがまたすぐに挑みかかる、そのときに少しもずり上がろうとしたりしていないのです。

    「すっごいだろ?これ。輪姦されてよ がってるなんて」

    「でも・・・あたし、覚えてないもの。・・・こんなの、あたしじゃないって言えばいい」

    「でも、体は正直にできてるもんさ。ちょっと聞い てみようか」

    そこへちょうど、チャイムが鳴りました。彼がドアを開けると、4人くらいの男が入ってきました。

    「ちょうど、話してたスケベ女が来てるよ。覚 えがないなんていうから、体に聞くしかないだろ?どうだ、この面子で?」

    「いいねえ」

    「やるか。さあ、全部脱いで」

    男たちはさっさと服を脱ぎ捨てると、私 を捕まえました。

    あっという間にまた腕と足を一人ずつに押さえられ、薄い下着の上から股間を撫で回されました。

    シャツをはだけられ、ブラジャーをずらされ て乳首を吸われて。

    「また犯される・・・」頭によみがえってくる恐怖。苦痛。だけど。

    次の瞬間、私を襲ったのは、信じられない快感でした。

    下着の中に、あ そこに、指を2本入れられたのです。

    乳首も吸われて、背中が反り返りました。

    「え・・・?」自分でも何がなんだかわかりませんでした。

    気持ちいいのです。 もっとしてほしいのです。

    また、全員に、かわるがわる何度も犯されました。

    あそこを精液でベトベトにされました。

    ただし、今度ははっきり快感を自覚しなが ら。

    はじめから終わりまで。

    終わった後、今度はその中の一人とその友達5人と一緒にやることになりました。

    それからしばらくは、そういう風に、輪姦され続 けていました。

    週に1回か2回ぐらいずつ、だいたい4人か5人ずつ。

    結局、何人とそれとも何十人とHしたことになるんでしょう。

    何十回、それとも何百回、 Hしたんでしょう。


49  人妻 - 2015/04/21(Tue) 11:22 No.28607
    私は、25歳の人妻です。
    共働きで、医療事務をしています。
    2ヶ月前ぐらいから通勤中に、痴漢に遭っています。
    初めころは、1人からスカートの上からお尻を触られるぐらいで、たまに、痴漢に遭っていたのであまり気に

    していませんでした。

    今回の痴漢は、今までとは違って毎日の様に通勤中のバスと電車の中で触ってきました。
    1人だった痴漢も段階と増えて今では、4人か5人ぐらいに囲まれて痴漢に遭っています。
    痴漢もエスカレートしていて、複数の手で、ブラやパンティをずらされて胸とオマンコを直接触られて

    主人がEDなので、半年近くエッチをしてなく痴漢されるといやな気持ちから快感に変わってきている私がいます。

    バスと電車の中で行きも帰りも痴漢されるのが、気持ち良くなり感じています。

    家に帰ると、主人の目を盗んで、痴漢された事を思い出してオナニーをしています。

    複数の男の人に痴漢されて、もっと痴漢されたくて服も痴漢されやすい服を着る様になりました。
    ストッキングは、はかなくなって、スカートもミニスカートを着てパンティは、Tバックをはく様になりました。

    露出が高い服なので、痴漢する男の人達は、私の体をいやらしい手つきで、痴漢してきます。

    先日、主人がパチンコで勝って居酒屋に行って、酔っ払って友達に送ってもらい帰って来ました。

    主人の友達は、見覚えがある感じで、田中さんと佐竹さんと名乗りました。

    2人の友達に、主人を2階の寝室に運んでもらいました。

    私は、部屋着でいましたが、寝る前なのでノーブラで少し長めTシャツを着ていました。

    Tシャツは、白色で結構薄い生地なので乳首も透けて見えて、2階に案内するときに、下から来た2人にパンティを

    覗かれているのが分かります。

    特に今日は、赤色のスケスケレース地のTバッグなので、覗かれてると思うと、恥ずかしい気持ちと、もっと見て

    欲しい気持ちが、重なってオマンコが熱くなって乳首が立ってTシャツから突起しているのが分かります。

    主人を寝かせて、下に行き2人にお茶を出しました。

    2人の視線を感じて私のオマンコは、熱く濡れているのが分かります。

    そのとき、田中さんからびっくりすることを言われました。

    田中さん「奥さん、エッチ格好で誘ってるの」

    私「いえ、誘ってなんか・・・寝る前なので・・・」

    田中さん「通勤中に痴漢されてる奥さんもエロいけど、今日の奥さんもエロい」

    私は、なぜ知っているのか思いおそろおそろ聞いてみました。

    私「痴漢されていませんけど、なんでそんな事を言うのですか」

    佐竹さん「奥さん、最近痴漢されているでしょう。 あれ、俺らが痴漢しているんだぜー」

    田中さん「痴漢されたくて服装も薄着で生足でTバッグ着て痴漢してくださいと言ってるじゃねーかー」

    私「・・・違います。」

    佐竹さん「よく言うーぜ。 マンコをビチョビチョに濡らして俺らのチンポを手コキしてくれたじゃねーかー」

    田中さん「奥さんの感じてる顔がたまんねなかったよ。 今も乳首立てて、もうマンコも濡れているでしょう」

    私「濡れてなんかありません。」

    田中さん「なら、旦那にこの写真を見せてやろーか?」

    田中さんがスマートホンを出して、私がブラウスのボタンを外されてブラをずらされて胸を揉まれている写真と

    おちんちんを触っている写真を見せてきました。

    私「困ります。・・・主人には、・・・お願いします。 見せないでください。」

    田中さん「そうですか、奥さんがそう言うなら見せないですよ。 その代わり今から痴漢プレーをしましょう」

    私「・・・主人に内緒にしていただけるなら・・・」

    私は、本当は2人の男達に痴漢されたくなっていて、主人が起きて来ないか心配でした。

    田中さんと佐竹さんは、そんなこと構い無しに、普段より大胆に痴漢してきました。

    でも、痴漢っていうより襲われている感じで、Tシャツとパンティは、すぐに脱がされて、胸を舐められたり

    揉まれたり、オマンコは舌と指で犯されています。

    田中さん「奥さん気持ちいいか そろそろ俺のチンポをしゃぶってくれよー」

    私「はぃ〜うぅ〜ハァ〜ジュパ〜ジュパ〜あはぁ〜ふ〜ハァ〜」

    佐竹さん「俺のチンポも咥えてくれよー」

    私は、佐竹さんのおちんちんも舐めてました。

    田中さんは、オマンコにおちんちんを入れてきました。

    気持ちよくて何度も何度も犯され逝かされました。

    今は、田中さんと佐竹さんの玩具になっています。


50  里菜 - 2015/04/19(Sun) 11:35 No.28591
    高校受験の時、個人塾の先生にレイプされました。
    みんなが帰った後の自習室とか、授業のない日とか教室とかで。
    セックスしたら志望校の先生と知り合いだから入れてあげるって。
    塾の日は毎回セックスさせられて、親にも言えなかった。
    親は熱心な先生だねってどんどん信頼してくし、言ったら志望校落とされるって思って言えなかった。
    写真も動画も撮られて、誰かにいったらお前んちの近所にばらまくって言われて今もいってない。
    高校生には興味ないらしくもう用済みだって言われてそれから会ってない。
    志望校には受かったけど、勉強してたし実力かコネかは卒業した今でもわかりません。


51  ゆみ - 2015/04/20(Mon) 01:18 No.28596
    21歳学生です。
    長文になります。ごめんなさい。
    単発派遣のバイトで知り合った男の方がいました。
    そのバイト中からずっと私にちょっかいだしてきたりしていて、
    そのあと何日もLINEで『かわいい』や『好き』などと口説かれました。
    そして2人でランチを食べに行こうと誘われました。
    私はよくその人のこともわからないし、恋愛感情は皆無でしたが、
    まぁランチぐらいならいいかと思い行くことに。
    当日、彼おすすめのお店でごはんを食べて
    この後どうしようか?ということになり
    『どこでもいいですよ。』と適当に答えると
    『どっか行きたくない場所はある?』
    と、謎な質問をされました。
    とりあえず
    『いかがわしいところは嫌です』と言うと
    『寒いし漫喫みたいなとこいく?』
    と言われました。
    その日は雪もふっていてたしかに寒くて一刻もどこか室内に入りたかったので、私はokの返事をしました。
    『レンタルルームってとこなんだけど』
    と言われましたが、私はその時レンタルルームという言葉を初めて聞き、その意味を知りませんでした。
    私自身ずっと女子校で、彼氏はいたことはありましたが、
    エッチもキスしたことがありませんでした。本当に性的なことに
    無知だったんです。
    そのせいでレンタルルームがどういうとこかわからず
    のこのこと彼について行ってしまいました。
    そして部屋に入り、薄暗い部屋の中にベッドが一つあるのをみて
    やっとここがそういうところだとわかりました。
    出なきゃと思いましたが、あっちがすぐに手を出してこようとはしてない手前、出る理由が見つからず、
    もしかしたらただここで本当に休む為に来ただけかもしれない。
    という甘え考えのもと、できるだけ彼から離れたベッドの端っこの方に腰をかけました。
    3分ほど他愛もない話をしていると
    『そっちに行ってもいい?』
    と言われ
    『えっ』
    と、返事もしないうちにすぐ隣に来ました。
    肩や腰をさすられ、なんかやばいムードをつくってこようとしてるな
    と思い
    『やめてください』とはっきり言いました。
    しかし全く言葉が通じず
    『ほっぺにチューしていい?』
    という突然の言葉に驚き
    『え!?』と、否定の返事もする間もなく
    チュウッと派手なリップ音を鳴らしてほっぺにキスをされました。
    その後あごを掴まれ唇にキスされそうになりましたが
    どうにか顔をそむけ
    『やめてください!いやです!』と必死に抵抗しました。
    そんなやりとりを3回ぐらいはした気がします。
    その間に服の間に手を入れられお腹や胸を直接触られ
    『やめて!嫌!』と抵抗し、
    『一回離れてお話しましょうよ、、』
    『こんなこと、付き合ってもない人にされるなんて嫌です。』
    と何度も説得しようとしました。
    そんなことをしてる隙に顔を掴まれ無理矢理キスされました。
    ファーストキスでした。
    抉るようなキスで、巧みに口を開けさせられ
    舌を入れられ絡ませられました。
    唇が離され
    『やめてください!!!』
    と言うと
    『わかった。じゃぁ休も?一回寝っ転がろ?』
    と言われ
    『そうしたら何もしませんか?』
    『うん。なにもしないよ。』
    『絶対何もしないでくださいよ?』
    という会話も虚しく、警戒しながら寝っ転がった瞬間
    抱きしめられ、力づくで組み敷かれました。
    そして再び舌を口に入れられ、
    服を脱がせられました。
    気付いたことにはブラジャーも取られ、
    いつの間に!?という具合でした。
    必死に手をクロスさせ、胸をかくして
    抵抗しましたが、力で手を退かされ、
    胸を揉まれ乳首をきつく吸われました。
    『フゥゥンッ』
    と高い声が自然に出たことに驚いたことを覚えています。
    もうさすがにこれ以上は嫌でしたし、なにしろ
    『今日私生理!!』でした。
    ノンフィクションですし、さすがに生理だったら
    諦めるでしょと思いましたが
    『そんなの関係ないよ』
    というまさかの言葉で跳ね返されました。
    『いや関係ありますよ!』と言いましたが
    そのあとはすぐにスカートとタイツ、パンツを一気にぬがされ、
    アソコを直接指でさすられました。
    『濡れてるよ』と耳元で言われ
    『言わないでください!』と反抗すると
    すごいスピードで指を動かされ、息があがってしまいました。
    『ここ、気持ちいいでしょ?』と言われましたが
    首を横に振り私は頑なに認めませんでした。
    すると『脱いでいい?』という言葉に私が『嫌』と
    言うも、彼は自分の身にまとっていたものを全て脱ぎました。
    もちろん男性のあの部分は初めて見ました。
    その為見ないようにしようと顔をそむけていると
    『これ触って』と言われ、無理矢理私の手を自分の
    そこにあてがい、つかまされました。
    初めて触ったその部分は熱くて硬くて、
    意外とツルツルしてるなーと何故か冷静に思いました。笑
    『動かして』と言われましたが、微動だにしてやりませんでした。
    そんな間にも何回も濃厚なキスをされ、唇は彼の唾液まみれに。
    するとすでに彼は自分のそこを私のところにあてがっていました。
    そこで私は起き上がって
    『やめてください!』と言いたいところですが
    もうここまできてしまったらもうそれは無理かと
    私も半ば諦めが入っていて
    『ちゃんと、(コンドーム)してますか?!』
    と言いました。せめて生はやめてという微々たる抵抗でした。
    『生理だったら平気でしょ』
    と言われましたが、先週大学の健康診断の時にもらった
    パンフレットに『生理の日でも妊娠する可能性は0ではないです』
    という文章があったのを思い出し必死で
    『そんなのわからないじゃないですか!!!!』
    と声を張って言いました。
    それにはさすがの彼も驚いたようで
    『さ、財布にあったかなぁ〜...』と、
    一旦ベッドから降りてコンドームを探しにいきました。
    それから目当てのものを見つけ、私に渡され
    『⚪︎⚪︎ちゃんがつけるんだよ?』
    と言われました。
    絶対嫌と思いました。
    でもとりあえず袋を開けようと思いましたが
    また私のソコを指でさすられたせいで
    全く袋が開けられず(あまり開ける気もなかったけど)
    『あかない...』
    と言ったら大人しく自分で開けて自分ではめてくれました。
    そして恐怖の瞬間。
    ゆっくりと挿入されました。
    『痛い痛い痛い!』
    と叫びました。
    『最初だけ痛いよ。最初だけだから。』
    しかし一向に痛みがひきません。
    なのにどんどんと速く腰を動かされ
    痛さも大きくなっていきました。
    そんなことも知らず
    『どう?気持ちいいよね?』
    と声をかけてくる彼。

    しばらくすると『うぅっ、、、』という声と共に
    動きが止まり、私の上に抱きしめるようにのしかかってきました。
    『いっぱい出た、、、』

    結局1人であっちはイッて、私はただ痛いだけで
    終わりました。
    今でこそ冷静になって過去のことをかけますが
    その直後は《私の初めてを好きでもない人にとられた》という
    ショックでパニックになっていました。
    しかも終わった直後
    『どう?よかったでしょ?意外と普通でしょ?』
    と軽々しく言われ、苛立ちの境地に。
    家に帰って冷静になって、
    LINEで『今日のことは酷すぎます。全然人の気持ちなんか考えてくれないんですね』
    というかんじの内容を送りましたが
    全く反省の色が見られなかった為
    こっちも長々と怒りのLINEを送ったら
    電話でちゃんと謝罪してもらえました。
    もう信用してないですけどね。

    でももし、あの時私が全く抵抗してなかったら、
    どんなことされてたんだろう
    とたまに考えちゃいます。

    長文失礼しました。


52  由香里 - 2015/04/20(Mon) 10:28 No.28600
    昨日の昼中に、夫の弟に犯されました

    今年の3月に1年半付き合って結婚
    まだ新婚1ヶ月の27歳です

    実は弟とは同級生で高校2年と3年付き合ってて、初体験の人なのです
    エッチも始め、ぎこちなく、ビデオ見ながら
    ビデオと同じようにエッチしてた仲

    でも弟は大学、私は短大と別になり、それっきりでした

    それから夫と知り合ったのは25歳のとき
    仕事関係で知り合い、付き合い始めました

    夫の実家に行くこともありましたが、弟とは会うことも無く
    結婚式のときに、弟と会い、びっくり!

    まさか 名前が同じだったけど
    思いもしませんでした

    4月に弟が転勤になり、私たちが住み街に来たらしく
    時折、遊びに来てました

    でも夫には内緒  弟と付き合ってたことは言えなかった

    昨日、夫はゴルフでいなくて
    弟が尋ねてきたのです。
    変な雰囲気になった感じなので、夫がいないので
    帰ってとお願いしましたが
    強引に昔付き合ってたように、犯されてしまいました
    どうしましょう?


53  匿名 - 2015/04/18(Sat) 10:31 No.28586
    私の弟が小学校の時虐められてたらしいのですが、放課後学童(対象は小4までなんです)を卒業した小5から、様子がおかしくなり、
    心配した父がボールペン型のビデオカメラを買って、筆箱に入れて弟に持たせたのですが、全然意味がなくて、使わないまま仕舞われることに。
    何度か私の部屋のタンスの引き出しの中を触られた気がしてたのですが、弟に聞いても知らないというだけで、荒らされた訳でもなく気のせいかな?と思ってたのですが。。。
    弟が中1になって、最初の中間テスト前、また私のタンスが触られてた気がしたのですが、それが夏休みには毎日のように触られてるようで、気になってどうしようもなくて。
    私が高2になった秋頃、PCに少し詳しくなってたので、昔のボールペン型のビデオカメラを苦労して探し出して、私の部屋のぬいぐるみの陰に仕掛けちゃいました。
    動きがある時だけ写せたので、次の日から毎朝仕掛けて私だけいる時に家のPCで見たのですが、画面に出てきたのは、弟の唯一の友人が私の部屋に入ってきて、
    週刊誌のヌードとか見ながら、私の部活のウインドブレーカーを着て、ポケットに手を入れたと思ったら、なんとオナニー開始!
    感じて仕方なく、弟の友人のオナニー見ながら、私もオナニーしちゃいました!そして、それを見たり、思い出したりしてオナニーするのが日課になっちゃって。。。
    私が高3の夏休み、塾から帰ると、仕掛けておいたカメラがない!え〜って戸惑ってみてもどうしようもない!そこに私のオナニーも写ってるかも。。。
    次の朝、部屋で落ち込んでいると、部活に出かける前の弟と入れ替わりに、部活をさぼったらしい弟の友人が定時制高校に通う兄を連れてきて、
    お前のねーちゃんに、宿題教えてもらうからと言って家に上がりこみ、私の部屋に入ってきました。手に持っていたのは、私の部屋にあったはずのカメラ。
    俺の弟でそんなに感じれるなら、もっと感じさせてやろーじゃねーか。それとも、これをネットにばら撒かれたいか。と脅されて、弟(そいつの弟)にカメラで写させながら、フェラチオさせられました。
    そして、裸にさせられ、そいつも裸になり、ベッドに押し倒され激しく胸を揉まれたり、上半身を舐めまわしたり、私の口に舌を入れたりして、そいつに身をまかせるしかないような
    変なうっとり感を感じた頃、あそこを触りながら指を入れてきて、痛さで声を上げたものの、静かにしろと怒鳴られしばらく指を動かしてきました。
    そして、フェラチオさせられた後、おちんちんを入れて、ディープキスしたり、胸を揉みながら腰を動かしてきて、だんだん激しくなった時、信じられない快感に襲われたと思った途端、
    そいつが顔をしかめて、気持ちよさそうな叫び声を上げたと思ったら、あそこの中が生温かくなりました。どうしたら良いか頭が真っ白になりました。
    そして、掃除しろと言われ、おちんちんを舐めさせられ、その後、そいつの弟にもフェラチオさせられた後、生で出され、しかも全部そのカメラで写されていました。
    私の太ももやベッドの一部は垂れてきた精液でべたべたな中、放心状態でいると、私に錠剤を見せてきました。アフターピルって知ってるか?今日の事を黙ってればくれてやってもいいぞ。
    妊娠なんかしたら大変な事になると思いうなずくと、弟の友人が兄に命じられ、キッチンから水を1杯持ってきて、私は渡された錠剤を飲みました。
    これで終わったと思ったら、そいつが誰かに電話したと思ったら、これ(錠剤)をくれた奴がお礼が欲しいとさ。しばらくすると玄関のドアが開き、もう1人やってきました。
    そいつは私の紙をなでながら、何千円もする薬を無駄にする訳ねーだろ。体で払ってもらうぞ。って言われ、またベッドに押し倒され、フェラチオから始まって、あそこに生で出され、口でのお掃除までさせられました。
    それから、アフターピルが高いことと、コンドームじゃ全然気持ちよくないということで、月1回その2人との関係が続いていますが、私はもう大学生で、今付き合ってる彼にバレないか、不安でなりません。


54  由紀子 - 2013/04/09(Tue) 02:09 No.22427
    30歳の子持ちのパート主婦です。私 会社の倉庫内で社長の70歳に、犯されて抵抗しましたけど力が、散々身体を持て遊ばれてな70歳の社長にセックスをされてしまったのです。


55  K/M - 2015/04/17(Fri) 10:48 No.28576
    前の夫が残した借金の返済の為に、当時付き合っていた彼氏の側で真珠入りのアレでレイプされました。


56  元同級生 - 2015/04/17(Fri) 12:14 No.28577
    中学、高校と仲のいい友達だったんです。A君もB君も・・・
    それなのにすごくショックです。昔からよく3人で遊んでました。
    大学生になった今も週に1回は集まって遊んでた仲だったのに。
    ある日、3人でAの部屋で飲んでたんです。
    それこそしょっちゅうこ〜ゆ〜事はありました。

    その日はAが彼女とケンカしたらしく荒れてました。

    慰めながら3人で飲んで飲んで・・・酔いつぶれてそのまま雑魚寝です。

    何か息苦しくなって目を覚ましました。

    するとAが私のブラジャーを押し上げで乳首を吸っていたのです。

    びっくりして 「何してるのよ」 といいながら押しのけようとしました。

    「ホントはお前が好きなんだよ」 なんて言いながら私を押さえつけました。

    「冗談やめて。彼氏だっているんだから。」って言ったんですが・・・

    「大きな声出したらBが起きるぜ。」 なんて言われて。

    それでもいいと思って大きな声で 「やめてっ!!」 と叫びました。

    するとBが起きてしまって・・・助かったと思ったんです。



    そしたら 「何やってんだよ、お前ら。俺も混ぜろよ。」 だって・・・

    「やめてやめてっ!」 って叫んだんだけど・・・

    Aの家は大きな家で周りには聞こえない。彼の両親も留守。

    結局・・・叫んでも無駄でした。

    Bが私の頭の上で両手を押さえつけてAがスカートを脱がせました。

    Bは足で私の手を押さえ込んでブラジャーをとり、乳房を揉みだしました。

    Aはパンティーも剥ぎ取り力任せに足を開き、アソコに顔を埋めてきました。

    クリトリスをクチュクチュ吸いたてます。

    指を膣に入れて出し入れし、クリトリスを執拗に吸い上げてきました。

    Bは片手で乳首を摘み転がし、舌で乳首を弄んでいます。

    私は泣きながら感じ始めていました。

    「まり・・・すごく濡れてきたぜ。」 なんて言いながらクリトリスを・・・

    いいもんあるからと、Aが持ってきたのはバイブでした。

    バイブを膣に挿し込み、クリトリスを吸いたてます。

    声だけは出さない、って思ってたのに・・・



    バイブのスイッチを入れられた瞬間に声が出てしまいました。

    「3人で朝まで気持ちよくなろうぜ。」 なんて言いながらバイブを動かして。

    乳首をかわるがわる舐められ吸われバイブを入れられながら・・・

    ひたすらクリトリスを吸われて・・・いってしまいました。

    2人は大喜びして 「これで無理矢理じゃないよな!」 だって。

    そしてAがおちんちんを入れてきました。大きくて苦しかった・・・

    「俺も大人になっただろ?」 腰を動かしながら。

    Aは激しく腰を突き上げいろいろな角度で突き上げできます。

    こんなSEXは初めてでした。

    入り口でしばらく出し入れしてると思ったらいきなり奥までズドンって感じで。

    脳天まで突き上げられる感じでした。

    Bはその間、自分のものを擦りながらビールを飲んでいました。

    Aは私をうつ伏せにし、バックから攻めてきました。

    私のお腹の下にクッションを入れてお尻を高く持ち上げて一気に入れてきました。

    ゆっくりゆっくり出したり入れたりしてきます。



    奥のほうに入れてグリグリ壁に押し付けて来ました。

    もう身体中が熱くなってきて意識が遠くなりそうでした。

    しばらくバックで突きまくられそのまま後ろに倒されました。

    私の身体は仰向けにされAの上に乗せられて・・・

    でも後ろからAのおちんちんを入れられたまんま。

    もうBからは何もかもが丸見えです。

    するとBが擦り寄って来て私の足を抑えひろげでクリトリスを舐め始めました。

    ものすごい快感でした。

    後ろからAの大きなおちんちんで突き上げられながら・・・

    Bにクリトリスを舐められ吸われ・・・

    Aに後ろから両方の乳首を摘まれ揉まれ・・・

    私はすごい声を出していってしまいました。

    その時失神してしまったみたいです。



    気がついたら2人がニヤニヤしてビールを飲んでました。

    「お前、すごい声出すな。」「小便もらしたみたいに濡れてんぞ。」 なんて。

    恥ずかしくなって 「もう帰して。」 って言ったら・・・

    Aが「俺、まだいってないぜ。」

    Bは「俺なんかまだ入れてもないからダメだろ。」 って。

    そしてまたAが正上位で入れてきました。

    「もう嫌、やめてよ。」 って言ったんだけど・・・

    また2人で押さえつけて今度はガンガン突きまくってきました。

    「じゃ、俺もそろそろいくから、中でな!」 ・・・とAが言いました。

    「お願い!中だけはやめて!!お願いだからっ!!」

    「じゃぁ、これからも俺たちの言う事聞くなら中で出さないよ。」 って。

    「何でも聞くから中だけは出さないでっ!」

    「わかった。」 って言ったのに・・・

    「あ〜!ダメだ!間に合わね〜っ!」

    って言って私の膣の奥の奥に射精しました。

    もうすごいショックでワーワー泣いてしまいました。



    「お前、中で出すなよ。」 Bが言ってくれましたがもう遅かった。

    「やばかったかな。」 なんて言いながらAが・・・

    ティッシュで私の膣を拭いていました。

    「すっげー出たなぁ・・・」 なんて言いながら。

    終わった・・・と思った時 「じゃぁ、俺ね」 ってBが言いながら・・・

    「もう嫌っ!」って言ったんだけど「Aにはやらせて俺は嫌ってか?」

    そう言いながら私をベッドに突き飛ばしました。

    「おい、A、押さえろよ」 って言われてAが私の両手を押さえました。

    Bは私のおっぱいの間におちんちんを挟んでこすり始めました。

    両手でおっぱいを掴み、自分のおちんちんをグリグリこすり付けました。

    「お〜、すげえ気持ちいいじゃん。」なんて言いながら。

    「俺もやればよかったかな。後でも〜1回やるか。」Aが言います。

    Bは私の両足を自分の肩にかけ、おちんちんをズルっと入れてきました。

    Aほど太くないけど長いおちんちんでした。

    すぐに一番奥まで達して壁をグリグリ突きます。

    そしてものすごい勢いで突き上げてきました。



    Bは私の上半身を抱き上げ、座位にさせました。

    私の体重でおちんちんは奥の方に届き感じるところを擦ります。

    Bは乳首を吸いながら腰を上に上に突き上げてきます。

    後ろからAがアヌスをいじって来ました。Bの腰の動きに合わせてアヌスに指を入れたり出したり・・・

    私の腰もいつか動き始めて膣と乳首とアヌスを攻めれらながらいったんです。

    そんままBが寝転び女性上位にさせられ・・・

    いったばかりなのに休ませてももらえないまままた下から突き上げられました。

    Bは私の腰を両手で掴みガンガンと腰を入れてきます。

    Aは乳首を吸いながらアヌスをいじってます。

    自分がどこにいるのかわからなくなるほど感じました。

    Bは下からすごい勢いで突き上げながら「出すぞ」と言いました。

    その言葉で一瞬腰をひくと「1回も2回も一緒だって。」・・・と。

    もうどうでもいいって感じで動きに任せていました。

    Bの動きは益々激しくなり「出るぞ!出るぞっ!!」と言いながら・・・

    私の腰を掴み引き寄せ奥の方に出しました。

    私もその時同時にいってしまったんです。



    その後もAとBに何回も何回も犯され中で出され・・・

    次の日の朝まで7時間もかけて・・・

    身体中がドロドロでした。

    私も何回もいってしまい途中で失神して記憶がさだかじゃありません。

    それから2週間ですが何回か彼らからTELがありましたが・・・

    1度も会っていません。今日、生理がきました。

    よかった・・・

    でももう、彼らとは友達には戻れません。とても悲しい事です。


57  コック - 2015/04/10(Fri) 09:15 No.28533
    里沙毎日犯しまくってたので壊れてきました。
    最初の頃の抵抗はすごくレイピストとして楽しかったのですが
    最近は射精する寸前までマグロになりました、俺の射精が近くなったのが分かると首を振って嫌だ〜中は嫌だ〜と言って抵抗します、俺は里沙の舌を吸いながら膣内に射精するのが好きです。中に出した後の里沙は絶望的な顔して涙流すので最高です。そういうてと里沙を拉致ってからまだ生理は来てないので早くも孕んだかもです。
    里沙は小柄なのでアソコはきつめです。胸はデカイのでパイズリでも使ってます。


58  深森瑠奈 - 2015/03/25(Wed) 21:07 No.28419
    ジャズシンガーって言うとすぐにやらせてくれるって勘違いする親父が多すぎる!
    真梨邑ケイさんや秋本奈緒美さんを見てればみんなジャズシンガーの女の子はオマンコやらせてくれるもんだと思われちゃうの!
    あれは迄、私が23歳の頃、プールバーが流行ってた時代!
    ジャズを5曲ぐらい歌って、チップも頂いていい雰囲気になったころに、いかにもって言う感じの小指がない叔父さんが
    ビリヤードを教えてくれるって言うんで笑ってごまかしてたんだけど入口付近には御付きのお兄さんが立ってて
    「このままじゃぁ帰れないしどうしようっ?」
    そしたら、その親父私の腰からお尻に掛けて「グイッ」っと引き寄せてきて、私は黒のノースリーブでX字で首の後ろを金具で留めてあるだけのドレス腰までスリットが入ってて中はパンティだけ上はノーブラだから首の後ろの金具を外されたら
    オッパイが丸出しになっちゃう!
    スリットの間に親父の指が入ってきたので
    笑みを浮かべて「もぉ〜ぅ!ダァメェ〜!」って甘えて言ったんだけど、内心ドキドキでどうやって切り抜けようって頭の中がグルグルして!
    そのタイミングでウイスキーをロックで渡されて、つい飲んじゃって、そうしたら膝が笑っちゃって!立ってられなくなっちゃって、証明がグルグル回ってるし目が回るのよ!
    ビリヤードのカウンターにかろうじて寄りかかっていたら
    親父が「大丈夫かいっ?」って丸開きの背中をナデナデしてきた
    それでも、拒否することすらできなくて!
    X字の黒い布きれでかろうじて胸を隠してる程度なのに、親父の手は背中から脇に来て布きれの間に手を入れてきた!
    Ⅽカップの小さな胸を手のひらでスッポリと包みこみモニュモニュされた!
    「あっ!いやっ」って言ってもどうすることも出来ない!
    腰までスリットの入った黒いドレスの間から太ももを直に撫でられてビリヤードのカウンターに仰向けに寝かされてスリットをグイッ!って捲られて薄紫の紐パンが丸見えになって!
    蝶チョ結びをスゥ〜と外されてさっき初めて会った親父に恥ずかしいオマンコ見られて、涙が流れた!
    マン毛が薄い私のマンコは正面からでも十分に割れ目が見えるから恥ずいこと倍増でアナルからマンコまでベチョベチョ舐められて、何かの液状のものをマンコに塗り込まれて
    そしたらマンコが何十倍にも感じ過ぎちゃって、潮吹かされて
    「アンッアンッ」イッチャってシリコンの入ったボコボコの疣マラでマンコの中を掻き回されて子宮を押し上げてると内臓も動く、そこまでデカすぎるチンコを入れられたことが無かったので気を失ってしまった!
    後になってマンコの中からいっぱいザーメンが出てきたのでな膣出しされたとわかったけど、こんなにいっぱい!って言うくらいザーメン汁がマンコの中で射精されてたのできっと何人もの男たちに姦(矢)られたに違いないって思った

    妊娠はしてなかったからよかったけど、もし妊娠してたらって考えたらっ「怖いっ!」


59  幸恵 - 2015/04/09(Thu) 17:34 No.28529
    私(幸恵:45歳)は義父(68歳)に犯されました。
    夫(45歳)は土建業で営業課長をしており、出張も多く休日も会社に出る事が多かったんです。
    息子(22歳)は大学に進学と同時に家を出て1人暮らしをしています。
    そんな訳で、家には義父と私の2人で過ごす事が多かったんです。
    結婚当時は別に暮らしていた私達も、義母が病気で亡くなり仕方なく一緒に暮らす事に
    なりました。
    一緒に暮らして数年が過ぎた頃から、義父が私を厭らしい視線で見ている事を知りました。
    息子が大学に合格し、家を出ると義父は淋しさからか?一匹の犬を飼いはじめたんです。
    名前はルイ、雑種だと思いますが大型犬の血を引く雄犬です。
    義父はルイを可愛がり、面倒は義父が全てやっていました。

    ある日、夫が1週間の出張で家を空ける事になったんです。
    夕食を終え、私は風呂に入る事にしました。
    湯船に浸かりながら”ホット”していると、窓の隙間から感じる視線。
    もう何年になるでしょうか?夫が居ない時は決まって義父が風呂を覗きに来るようになっていました。
    以前、義父に覗かない様に言うと、凄い勢いで”証拠はあるのか?”と怒鳴られた事があり、義父は
    認めようとしません。それ以来、私は義父に覗かれている事を知りながらも諦めていました。
    湯船から出て、体を拭き脱衣場へ入った瞬間、突然ルイが脱衣場へ入って来たんです。
     ”ルイ!どうしたの?ダメよ”と言っていると、義父も脱衣場へ入って来ました。
     ”お義父さん!何ですか”と思わず身を屈め隠す私。
    全て義父の仕業だったんです。
    義父が屈んだ私に襲い掛かり、私は無理やり義父に犯されたんです。
    68歳と言う年齢ですが、土建関係で鍛えられた肉体は健在で、私の力など無でした。
    全裸だった私は義父が用意したテープで手足を固定され、無抵抗のまま義父の怒り狂った肉棒を
    挿し込まれたんです。
    年齢を感じさせない肉棒は、凄い勢いで私のマンコを刺激し気づけば何度も逝かされてしまったんです。
    息を荒らす私は、義父の足元に倒れ込み遂には義父の汚れたチンポを口で奉仕させられました。
    義父は私の淫らな姿をビデオに収め、私を自分の物にしようと企んでいた様です。
    その夜、私が寝室で横になると、義父が部屋に入って来て、私は義父に2度も犯されました。

    翌日、家裏の作業小屋を片付けていると義父が後ろから抱き付いて来て、体を求めて来たんです。
     ”お義父さん!止めて下さい!本当に怒りますよ”
     ”昨晩、あんなに良い声で喘いでいた癖に…何度逝った?”
     ”それは…お義父さん、昨晩の事はお互い忘れましょう”
     ”何言ってるんだ!証拠ビデオもあるし、息子が知ったら…”
     ”お義父さんだって困るでしょ!”
    そんな事を言っても聞いてもらえる筈も無く、私はスカートを捲られ下着を剥ぎ取られると、マンコに
    義父の大きくなった肉棒を挿し込まれたんです。
     ”早く済ませて下さい”
     ”そんなに焦るなよ!だんだん気持ち良くなるんだし”
     ”誰か来たらどうするんですか?”
     ”見られるのが好きだからなぁ…幸恵さんは”
     ”それは違うわ!お義父さんが勝手に覗いていたんでしょ”
     ”そう言っても見られて、アソコを濡らしていたじゃないか”
     ”違います”
    実際、義父に覗かれ身体が火照っていた事は事実でした。
    夫とはもう何年も抱かれていませんでしたし、1人オナニーで不満を解消していました。
    義父の腰の動きは激しく、私は冷静を保つのがやっとで遂には逝かされてしまったんです。
    昨晩もそうでしたが、義父は生で中出しをしてきて、出し終えた後は必ず口で奉仕させて来るんです。
    義父の精液が太腿を伝って流れ落ちる中、私は義父の足元に膝間つき、肉棒を綺麗に舐めさせられました。
    終わったタイミングで配達の方が来て、”幸恵さん!早く行かないと”と言いながら、義父が私の下着を
    ポケットの中へしまい込んだんです。
    義父の精液で汚された口を拭き取り、スカートの乱れを直すとノーパンで配達人の元へ向かったんです。
    ハラハラしながら荷物を受け取りましたが、義父が近くでニヤニヤし楽しんでいたんです。

    義父は毎日の様に私の身体を求めて来て、何処から持って来たのか?大人の玩具で私の身体を
    弄ぶ様になっていったんです。
    明日には夫も帰って来る。そうすれば義父も大人しくなるだろう…そう思っていたのですが、
    最後の夜に義父の寝室に呼び出された私は、義父に散々弄ばれ、義父の肉棒で何度も逝かされました。
    ふら付く私を抱き起こすと、義父は私を四つん這いにさせテーブルに縛り付けたんです。
     ”お義父さん!もう終わりにして下さい。もう十分でしょ”
     ”何言ってるんだ!今からだよ。お楽しみは”
    そう言うと、部屋にルイを連れて来たんです。
    ルイは直ぐに私のお尻にやって来て臭いをクンクンと嗅ぎ始めると、アソコをペロペロと舐め出したんです。
     ”ルイ!ダメ…舐めないで…”
     ”ルイも雄だからやりたんじゃよ!幸恵さんが相手をしてやってくれ”
     ”お義父さん何言ってるんですか!嫌よ・・絶対嫌”
    ルイの股間は大きくなり皮の中から赤く脈だった肉棒が出ていました。
    そしてルイが私の背中に乗ると、肉棒を義父がアソコに当てて来たんです。
     ”お願い!犬とじゃヤダ!”
    声虚しく、私は獣のの肉棒を受け入れたんです。
    ルイの肉棒が入ると、ルイが激しく腰を動かし、膣内へ生暖かい物がドンドン出て来るのが分かりました。
    涙ながらに、獣のの肉棒を受け入れた事に、人間失格を言い渡された気持ちでした。
    しかし女と言うのは悲しい者で、獣のの肉棒でも凄く気持ち良く、今まで味わった事の無い刺激を
    繰り返された私は、犬にまで逝かされていたんです。
    それでもルイは続け様に腰の動きを止める事は無く、私は何度も何度も逝き続けたんです。
    ハァハァ息を荒らす姿を義父はビデオカメラで撮影していたんです。
     ”お義父さん!そんな…”
     ”幸恵さんの淫らな姿を全て撮影したよ。これでもう私には逆らえないね”
     ”お願いです。あの人にだけは…”
     ”分かってるよ!幸恵さんが私の言う事に従ってくれれば、黙っているしビデオも…”
     ”約束ですよ!お義父さんの言う事は何でも聞きます。私はお義父さんの玩具です”
     ”よく言えたね。これからはルイの世話と私の世話と…忙しいね”
    その夜、私は義父の布団で寝ました。
    翌日には夫が帰宅。
    しかし、義父はビデオをネタに私の身体を求めて来る始末で、断る事が出来ないまま夫の傍でも
    身体を弄ばれています。
    夫は相変わらず仕事人間で、義父との関係を疑う事も無く家を空ける事が多々。
    朝から夫が帰宅する時間まで、私は義父とルイの性処理奴隷としてマンコを捧げる日々を送っています。


60  私は@レイプされました。 - 2015/04/10(Fri) 15:47 No.28536
    去年の夏に父が経営している会社(小さい会社だよ)の社員旅行にわたしも行く事になって、父と私と、社員の人6人と、その家族で千葉の海岸へ。
    たった一泊二日の旅行でしたが、まさかあんなことになるとは。
    社員の人の息子で高校2年の子がいて、私は19だったから歳も近いということで、昼間は二人で泳いだりして遊んでたんだけど、
    その時の水着とかで少し挑発しちゃったのかな…。といってもワンピースのおとなしめの水着だったんだけどな。
    夜は大人は泊まってる海の家の近くに飲み屋さんがあるということで、そこへみんな出掛けてしまったんで、
    わたしは女の人の部屋で(奥さんを連れてきてる人がいて、その奥さん達と私は同室)一人で早くに寝てたんです。
    いま考えれば、その海の家には高2の彼も一人でいたんだから用心するべきだったと思うんですが、その時は全然そんな心配してなかったし…。
    夜11頃だったと思うんだけど、寝てたらなんかごそごそする感じがして目を覚ましました。
    そしたらその彼が私の布団に入ってきてて、私のTシャツの中に手を入れてオッパイを揉んでるんです!!(その時の私はノーブラでTシャツとスウェット地のショートパンツ姿)
    びっくりしたけど、どうしていいか分からずに少しの間寝てるふりしてることに。
    なんか抵抗するべきなのかどうするべきか迷っちゃったんです…。
    彼は私が起きてないと思ってるから、起こさないようになのか、ほんとにゆっくりと息を殺して触ってるんです。
    そしてゆっくりTシャツをめくると、乳首を舌で舐めたり。そのうちに下に手を入れようとしてきたんで、これはやばいと思って、
    そこではじめて目が覚めたふりをして「なにしてるのよ!!」て言ったら、彼は予想外に落ちついた声で「いいからじっとしてて」だって。
    それでいきなり強引な感じになっちゃって、ショートパンツを下着ごと脱がせようとするから、
    「いやだ、やめて!!」て言ったんだけど彼も力が強くて、もう完全にレイプ状態。もっと大声出せばよかったのかもしれないけど…。
    で下を脱がされて、いきなり彼の指が中に入ってきたら「うっ」て感じで声が出なくなっちゃって。
    さっきからしばらくオッパイを触られたりしてたから濡れちゃってたし。でも濡れるのは体の反応で、やらせていいのとは違うんですよ。
    勘違いしてる男の人のために言っておくけど。
    その後は彼もぐずぐすしてられないと思ったのか、自分もパンツ脱いであっと言う間に入れてきて、
    わたしは彼に両手を押さえつけられたまま突かれてるだけ。
    もうやられちゃってるんだし、観念するしかないと思って「中で出さないで」ってお願いするのが精いっぱい。
    彼もそれには素直に「うん」て言ってくれて、あとはひたすら彼が終わるのを待つだけって感じになっちゃって、
    わたしがもう抵抗しないと分かったら手は離してくれたんだけど、オッパイを揉みながら激しく突いてきて、
    お願い早くいってって感じだった。ところがなかなか終わらなくって、なんでこんなに激しく出し入れしてるのに
    いかないのか不思議ってくらい。
    だんだんわたしの方がたまらなくなっちゃって、なんとわたしの方が先にいっちゃったんです。
    もう「いっちゃったよ、お願いだからもういっちゃって」て半泣きでお願いしたら、彼もやっといってくれて、お腹の上に彼のがべっとり…。
    もうだめって感じでぐったりしてるわたしのお腹の上のものを彼が拭いてくれて、わたしが涙流してるのをみて「ごめんね」って言って彼は部屋を出ていきました。
    実は泣いてたのは悲しくてじゃなくて、気持ちよすぎてだったんだけど。
    無理矢理は無理矢理だったんだけど、今までで一番感じたエッチでした。


61  秘密 - 2015/04/13(Mon) 12:19 No.28559
    私は19歳の専門学校生です。先週の土曜日にH県の実家にバスで帰ったときのこと、実家での友人の結婚式に出席してから、深夜の高速バスに乗って学校のあるT県に向かっていました。T県は田舎でそこに向かうバスには最初からほとんど人は乗っておらず、私と男性の車掌さん(?)と40歳ぐらいのおばちゃんと20代後半ぐらいのスーツを着た人だけでした。空いているので自由に座ってくださいと言われていたので私は一番後ろに座り発車まもなく寝込んでしまいました。気が付くと途中のパーキングに停車していて車掌さんが「ここを出ると休憩はありませんよ。あと15分ぐらい止まっていますからね」と丁寧に教えてくれました。私は特に用事もなかったので一人バスに残っていました。バスの中には運転手さんと私の2人だけでしたがすぐにスーツを着た人が帰ってきました。なんかそのときにじぃーっと私のほうを見てから席に座ったのですが特に気にしていませんでした。すぐにバスは発車し、また私はウトウト・・・

    気がつくと隣りにさっきのスーツの男が座っていました。「あのー何か?」と聞くと無言のまま私を窓側の席に無理やり押し込んできました。「ちょっと」と言いかけるとカッターを取り出し私の首に当て「静かにしようね。あなたのその胸を見てると無性に触りたくなったんだ」と言いました。叫べば誰かに聞こえるとは思いましたが、こんな時ってほんとに声が出ないものですね。怖くて怖くてもう言いなりでした。
    そのとき車掌さんは最前列で前を向いているし、おばちゃんも前のほうで寝ているし、誰も気付くはずも無く・・・
    男はカッターをちらつかせたまま私のTシャツの下から手を入れ胸をゆっくりと揉みブラを上へ押上げ、さらにTシャツも胸が見えるまで持ち上げカッターを胸に押し当てもう一方の胸に「白くてきれいだ、やわらかいねー」と言いながらしゃぶりついてきました。隣りの車線には車が次々と走っています。もしかしたら見られていたかもしれません。
    男はしばらく胸をもてあそんでから今度は私のスカートの中に手を入れてきました。「いやっ」と声を出してしまった私を男はにらみつけ頬にカッターを当てて「静かにしようって言ったよね」と無表情で言い、パンツの上から触って「少し濡れてるよ」と耳元でささやきました。実際、胸を触られると感じてしまう私は少し濡らしていたかもしれません・・・
    そうしていると男はカッターでパンツのあの部分を切り、いきなり指を奥まで入れて強引に私の中をかき回し始めました。
    はじめは嫌で嫌で涙が出てきましたが、やはり濡らしてしまいました、というかこんな所でこんな事を見ず知らずの男にされているのに感じてしまいました。男は自分のものを取り出して私に見せました・・・ものすごく大きく赤黒かったです。
    男は無抵抗の私のあそこに自分のものを当てがい、一気に私の腰をつかみ自分の方に引き寄せました。
    私は一気に奥まで貫かれ「ぐっ」と声を出してしまいました。
    さすがに車掌さんが気付き後ろを振り返りましたがなぜかニヤッとしただけでまた前を向いてしまいました。今思えば声も出さずに重なりあっていたので合意の上でヤッているように見えたのかもしれません。
    男は座ったまま私をバックから突き上げてきました。両手は私の胸を揉みしだいています。
    男が突き上げるたびに私は声を漏らしそうになり必死にこらえましたが、今まで体験したことの無いような大きさで一番奥まで突かれるとそのたびに「んっ」と声が漏れ、その声を聞いて男はうれしそうにさらに激しく突き上げました。どれぐらい時間がたったか、私はもうイかされる寸前まで達し、男もそれを感じたのか私が上下するぐらい突き上げを繰り返しました。その瞬間、奥深くに熱いものを出され私自身も声を出せないままイってしまいました。終ると男は何事も無かったかのように自分の席へ戻り、私は涙を流しながら服の乱れを直しました。あそこからどろっとしたものが流れてくるのを感じ、さらに涙があふれました。

    ほどなく終点に着き男はすぐに降りましたが、放心状態の私がしばらく座ったままでいると車掌さんがにやにやして近づき「お客さん、ほどほどにして下さいよ」と言っていきなり私の両胸を揉みました。私はもう訳がわからずその腕を振りほどきバスを降りました。感じてイッてしまった自分が嫌でしょうがありません・・・


62  まい - 2015/04/12(Sun) 09:13 No.28553
    一度に色んな刺激を受け快感を堪能出来る集団レイプ…憧れ。1人も良いけど、やはり集団は堪らない。犯されたい。そして、その姿を沢山の人に観られたい…


63  まさえ - 2015/04/10(Fri) 22:49 No.28540
    成人式の夜、地元の中学時代の遊び仲間の一人の家の離れのプレハブで呑み会をしたときに、男3人女5人の中で未経験なのは私一人でした。
    その事がわかると、女の子の一人が、「やっちゃえ!やっちゃえ!」と私の両手を万歳の格好で持って、引き倒しました。
    スカートがまくれて、パンツを見られて、慌てて隠したら、今度は別の女の子が私の足を持って、「なに隠しているのよ」と片足を持ち上げられてしまいました。
    男の子たちは笑いながら見ているだけで、女の子たちが調子に乗って私の服を引っ張って脱がせようとしました。
    「いやだ!やめて!やめてよ!」私は抵抗しましたが酔っていたせいであまり力が入らなくて、すぐに全裸にされてしまいました。
    それからおっぱいを揉まれたり、舐められたり、クリトリスの触られ、女の子に舐められました。
    女友達たちに触られているうちに、段々と気持ちよくなってきてしまい、私の息遣いが荒くなって、あそこが濡れているのを確認すると「そろそろ、やっちゃいなよ」と男の子たちに言いました。
    「やばいよ」とひるむ男たちに、それじゃあ、誰がやったかわからないようにしてあげるわよと、わたしの着ていた服を私の顔に被せて、私を寝かせると、手足を広げられて・・・
    誰かが私の中に入ってきました。
    一瞬チクっとしたけど、簡単に男の誰かが私の中に入ってきて・・・最初の男はすぐに終わったけれど続けて別の人が・・・
    その後も四つんばいで別の男・・・男にされながら別の人に胸を揉まれたり、背中を舐められたり・・・
    いつの間にか目隠しがとれて・・・男も女も含め、全員とキスをして・・・男の人のオチンチンをなめさせられたり、女友達のアソコも舐めさせられました。
    唾液とザーメンで体中ベトベトで、「どうだった?」ときかれて「ちっとも気持ちよくなかった」と言ったら、「かわいそうだから気持ちよくしてあげる。」と言われて、また手足を皆に持たれて、女の子の指でクリトリスをしつこく弄られて、連続で何度もいかされてしまいました。

    今でもリーダー格の文絵に呼び出されて文絵の相手をさせられたり、知らない男と3Pをさせられています。
    最近では私の体も敏感になってきて、段々嫌ではなくなってきました。


64  伊藤綾乃 - 2015/03/29(Sun) 01:38 No.28454
    私は、21才(女)163cm/43kg/b83cm/w54cm/h87cm/
    吐き出せるものは全部吐き出します!
    私が居酒屋で働きだして半年がたったぐらい!
    その頃にはもう看板娘みたいになってて
    「佑美ちゃんがいるから来るんだよ!」とか
    「今度デートしようかぁ?」なんかは日常茶飯事!
    お通しや注文の品をテーブルに運ぶたびに
    「大丈夫っ?」って手を握ってくるので笑って手をひっこめたりしていた。
    持て囃されて少しだけいい気になってたのかも知れない。
    笑って軽く拒絶してたくらいだと、ドンドン付け上がってくるし、お酒飲んでるんだからしょうがないかぁ〜って!
    お会計が済んで帰るときが一番危険!
    抱き付いて来るわほっぺにキスされるわ
    口にされそうになったときは必至で体をよじって逃げた。
    (時間が無くなったので、この続きはいずれまた。)


65  コック - 2015/02/08(Sun) 21:02 No.27879
    のどかに何故こんな事になったか教えてやったぞ、妹の事も里沙から聞いた事教えてやったぞ、のどかは携帯で里沙の顔見せてくれたよ、
    里沙に復習してくれるなら一生オレ達の性奴隷で構わないってよ、
    近々行くから覚悟しとけよ。


66  まなみ - 2015/03/03(Tue) 09:12 No.28197
    犯し屋さん あかねさんは今どんな感じですか。

    アナルでも逝けるようになりましたか。

    子供おろさせたんですか。


67  りか - 2015/04/07(Tue) 13:57 No.28517
    21歳 大学4年生のりかです。
    19歳の時のことを書きますので、読んでくさいね。
    大学に入り、彼氏も出来ず、1年が経った頃。
    とある男性から、合コンでナンパされて、お付き合いを始めた。
    しかし、1カ月が過ぎた時に、帰宅の電車で、女子校生から話し掛けられ、なんか、私は彼氏を奪ったって言い張るのです。
    自分から誘ったわけじゃないしって話しをしていたら、次の駅で降りて付いて来てって女子校生が言うが、嫌だと断わったが、扉が開いた時に、電車から引っぱり降ろされた。
    駅前のコーヒーショップに入り、話しをしたが、堂々巡りで埒が開かない。
    もう帰りますって店を出たが、すぐに彼女に腕を掴まれ、暴れて振り払い歩きだしたが、また、捕まり。
    そこへ、ワンボックスカーが横に止まり、車内に引きづり込まれた。
    タオルで口を縛られ、アイマスクをかけられ。
    おびえていた。
    そのまま、どこかに連れて行かた、どこかのマンションのようだった。

    アイマスク、口のタオルを外された。

    回りをみると、3人の男性と、先ほどの彼女が私の回りに居た。
    彼女が、好きにしちゃってって言った瞬間。

    後ろから押さえられ、口を押さえられ。
    前から、スカートを脱がされ、ストッキングを引きさかれ。
    パンティも引き下げられ。
    口にタオルを詰めこまれ。
    ブラウスをボタンを飛ばし、ブラを引きとられた。
    下半身を露出した男性がしゃがまされた前に来て、タオル抜きとり、物を口にねじ込まれた。
    嗚咽を続けたが、おかまいなし。
    すぐに倒され、足を抱えられ、犯された。
    犯されている最中も、他の人が口にねじ込んで。
    もう一人が、体を触り。
    という形で入れ替わりで続いた。
    口が開くと、嫌〜とか騒いだが、何の解決にもならなかった。

    3人に中出しされ、口にも、何度か精液をだされた。

    そのまま車に乗せられ、駅近くの公園に放りだされれた。
    3時間以上犯されたのだろう。

    公園のベンチで、街を歩ける最低限の格好をみつくろって、駅前に行き、タクシーで帰宅した。

    凄く、嫌だったのだが。。

    今は、複数の方からおもちゃにされるの大好きだ。
    カ○○倶楽部とか、○○学校に参加して、複数の方からいっぱいして貰って楽しんでいる。


68  山之内舞美 - 2015/03/27(Fri) 20:34 No.28443
    私は21才!
    普通のセックスじゃ、燃えないの!
    犯されたい願望が半端なくて、誰か私を強姦してくれない?
    強姦されてる動画を見るのも大好き!
    これは、興奮するって言うレイプ動画を教えてくれない??


69  家庭教師 - 2015/04/06(Mon) 14:46 No.28513
    私が学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていた時のお話です。
    当時私は大学生でしたが、真面目に通っていた事もあり、単位も足りていたので最後の一年はほとんどアルバイトをしていました。
    就職活動も早めに終わったので、海外旅行へ行く為のお金を稼ぐ目的で、時給の高い家庭教師をしていました。
    教え子は二人いて、二人とも高校二年生の男の子でした。
    後々分かったのですが、二人は高校が同じで、一人の男の子は、「健児君」と言って、かっこイイ感じでは無くて、がっちりした体に坊主頭で色黒、柔道部にいる感じの男の子でした。
    そしてもう一人は「靖史君」と言って、こちらもイケメン風ではなくて、オタク系の男の子でした。
    私は当時彼氏もいたので、新しい出合いを期待していた訳ではありませんが、出来ればかっこイイといいな!とは思っていました。
    でも現実は、どちらかというと二人とも生理的に合わないかも?っていうタイプでした。
    私はとにかく貯金の為にハードスケジュールで頑張っていました!
    オタク系の靖史君は、授業中に話す事はほとんどありませんでした。
    たまに休憩している時に学校の話題を話し出すぐらいで、基本的には勉強の事しか話さないタイプの男の子です。
    逆に柔道系の健児君は、プライベートの事でもガンガン質問してくるタイプで、大学生になってから少し男馴れした程度の私では押し負けそうになってしまいます。
    かなり女性馴れした男の子で、経験人数は5人だそうで、高校二年生にしては多いのか自慢げにエッチな話をしてきました。
    私は面と向かってエッチな話をされると、顔が真っ赤になってしまい、毎回からかわれていました。

    そして健児君のプライベートトークはドンドンエスカレートしていって、酷い時には自分で録画した彼女とのエッチビデオを見せてくる時もありました。
    正直私は毎回アソコが濡れてしまい、家に帰ったらすぐにオ○ニーをしていました。
    当時の彼氏は、同じ大学生で、二人とも実家通いな事もあって、沢山エッチする事は出来ませんでした。
    そのせいか私は欲求不満になってしまい、健児君のエッチ話にも反応してしまいました。

    そして健児だけでは無く、靖史君にも濡れさせられる事もありました。
    靖史君は健児君と違って、顔や態度には一切出さないのですが、チラチラ私の体を見ている時がありました。
    特に薄着の時で、「あれ?話し聞いてる?」みたいな態度の時は、必ず私の何処かを見ています。
    私は気が付かないフリをしていますが、明らかに変な位置に鏡が置いてあったりする事が多くて、私は心の中で「今スカートの中を見られてるかも・・・」と思ってしまい、すごく濡れてしまいました。
    やはりそんな時も、すぐに家に帰ってオ○ニーしてしまいました。

    そんなある日、健児君の家で勉強を教えていると、「先生さー、俺今彼女切れちゃったんだよねー」と話しはじめた。

    健児:「彼女の親友喰っちゃったらさー、マジギレされてフラれた挙げく、親友の方も気まずくなっちゃって消えてったんだよねー」
    ルカ:「そんなの当たり前でしょ!そんな事いいから早く勉強して!ほらっ!」
    健児:「ダメダメ、よくねーよマジで、一発抜かねーと集中出来ねーもん」
    ルカ:「そんな事知らないっ!いいから早くやってよ!ほらっ!」
    健児:「あーーーー、ダメ、先生見てたらほらっ!こんなんなっちゃった!うわーやべー」

    と言って健児君は座った状態で腰を突出すように高く上げると、ジャージをパンパンに押し上げる様に巨大なアレが目に飛び込んできました。
    正直私は「何あれ?すごい・・・」と思ってしまい、アソコがドンドン濡れてくるのが分かりました。

    健児:「ああーーーー、せんせー、やばいっしょ?ねー?ビンビンなんだけど俺」
    ルカ:「もうダメ!ちゃんと座って!ほらっ勉強でしょっ!」
    健児:「だってペチャパイ先生見ててもコレっすよ?どうするんすか?先生やらせてよ!」
    ルカ:「ちょっと!何ペチャパイって!ふざけないでよ!しません!絶対!早く勉強しなさい!」
    健児:「ダメダメ、ああああ、やべーよ、スイッチ入っちゃったよー、ほらっ」

    と言って、いきなりジャージを「ペロンッ」と下ろしてしまいました。
    「ブリンッ」と言う感じで、ビンビンに硬くなった巨大なアレが、モロに目に入りました。
    私はビックリして「きゃあ」と叫んで、「ちょっと、早くしまいなさい!」と怒りましたが、健児君は私の大人しい性格を分かっているので全然聞きません。
    それどころか自分で上下にシゴキはじめました。
    私は自分のアソコがビショビショになっていくのがハッキリ分かりました。

    健児:「あああああ、やべー、気持ちイイ、あああああ」
    ルカ:「ちょっと!ホントやめて!まずいから!お願い、しまって、早く、ホント早く!」
    健児:「あああああ、先生やべーよ、ガマン汁ハンパねーよ、ああああ、気持ちイイ」

    健児君のアソコはメチャクチャ反っていて、大きくて、ガマン汁で「クチャクチャ」音が出ていました。
    私はそんなのを見せられたら、早く帰ってオ○ニーをしたくてたまらなくなってしまいました。

    健児:「ねー、先生、やらせてよーマジで、やべーよコレ、どうすんの?」
    ルカ:「ホント無理だから、お願いしまって・・・早く、お願いだから・・・」
    健児:「じゃあ先生オカズになってよー、ああああ、マジで、ねぇ、頼むよー、これどうすんの?一発出したら勉強するからさー」
    ルカ:「何よ、オカズって、ホントにすぐ勉強できる?」
    健児:「マジできるよ、すぐに勉強するよ、だから先生の裸見せてよ、いい?」
    ルカ:「へんな事言わないでよ!裸なんて無理に決まってるでしょ!ダメ!」
    健児:「分かったよ、じゃあおっぱいは?そんぐらいいいでしょ?ねー、あーーやべー」
    ルカ:「無理に決まってるでしょ!もうダメ、勉強しよ!ねっ?」
    健児:「分かったよ、じゃあ下着姿はいいでしょ?水着とかわんねーじゃん!ね?」
    ルカ:「えーーーー・・・でもー・・・無理よ・・・」
    健児:「たのむよー、そしたらすぐ終わるよ、すぐ勉強するよー、下着だけだから」
    ルカ:「ちょっと見せるだけでイイの?すぐ終わる?」
    健児:「すぐ終わる、すぐ終わる、マジで!早く、早く見せて」
    ルカ:「ちっちゃいからつまらないよ?いいの?」
    健児:「マジ全然いい、早く早く」

    私はその時、薄手のセーターの下にキャミソール、そしてスカートだけでしたので、セーターとキャミを一緒に捲ってブラを見せました。
    すると健児君は「おおおおおお」と興奮しながら、ベッドに座っている私の目の前まで来て、堂々と自分でシゴいていました。
    もう私は、この異常なシチュエーションがたまりませんでした。
    ブラを見せている私の顔の前で、顔に付きそうな位置で、ビンビンになった巨大なアレをシゴいている・・・
    もう私のアソコは大変な事になっていました。

    でも私は健児君とはエッチしたくはありませんでした。
    むしろ、それだけは絶対に嫌でした。
    彼氏がいると言う事もありますが、性格も顔も嫌いなタイプだったので、早く家に帰ってオ○ニーをしたかったです。

    健児君はしばらくシゴきながら「先生、下もちょっと見せて、早く、あああやべー早く」と言ってきたので、「えっ、あっ」と焦りながらついスカートを捲り上げてしまいました。
    すると「違う違う、四つん這い、四つん這いでパンツ見せて!」と催促するように言ってきて、腕を引っ張られてベッドに四つん這いにさせられました。
    そして健児君が「早くパンツパンツ、やべー、もうやべーから」と焦って催促してくるので、ついスカートを上げてしまいました。

    健児君は「おおおおおお、やべー、エロっ、先生エロっ」っと言いながら、四つん這いにした私のパンツのギリギリまでおチンチンを近付けてシゴいているようでした。
    私はパンツに染みが出来てるかもしれないので、ドキドキでした。
    さらに、この異常な状況でアソコの奥からドンドン汁出てきてしまいました。

    しばらく健児君はシゴいていて、「ハァハァ、やべー先生、気持ちイイ、エロいよー」とか言っていて、私も「早く終わらせて、お願い・・・」と言っていたんですが、ふと健児君が静かになってモゾモゾ後ろで動いていたので、終わったのかと思い振り返ろうとした瞬間、私のパンツが「ズルッ」と横にずらされて、いきなり巨大なアレが入ってきました。

    私はすぐに気が付いて、途中で「いやあああ、ダメ」と逃げようとしたんですが、途中まで入っていて、しかも私のアソコはビショビショだったので、腰をつかまれて、思いっきり奥まで叩き込まれてしまいました。
    ムラムラしてたまらなかった私のアソコに、巨大なおチンチンが一気に奥まで「ゴツン」と入ってきたので、その瞬間に私は「やめっ、ぐっ、うはぁあああああ、うぐっ、はうっ」と言ってイッてしまいました。

    健児君はそのまま奥に押し付ける様にグイグイ押し込んでいました。
    「あれ?先生、イッちゃった?エロいなーマジで、もっとして欲しい?」と言っていました。
    私はいきなりの事で体が痙攣してしまい、お尻をブルブルさせながら「はぐっ、だめぇ、ひっ、ぐっ、ハァハァ、やめてぇ」と言っていました。
    本当にやめて欲しかったんですが、体に力が入らなくなってしまいました。

    大声を出そうと思ったのですが、健児君の両親は基本的には帰りが遅くて、この日も居ませんでした。
    ですので自力で逃げるしかありませんでした。

    そうこう考えているうちに健児君は腰を動かしはじめてしまいました。
    ネチッこく激しい馴れた腰使いでパンパン叩き付けてきました。

    健児:「あああああ、やべー、やっぱ大人の女もイイわー、ああああ、マジやべー」
    ルカ:「ちょっと、ハァハァ、やめて、ホントにやめて、お願い、あああ、いやあああああ、あん、あん」
    健児:「先生ムチャクチャ濡れてんじゃん、エロいくせに強がんなよ、ビッチョビチョじゃん」
    ルカ:「ダメ、やめて、お願い、警察に言うわよ、やめっ、ああ、あっぁぁっぁん、あん、あん、あああああ、いやっ」
    健児:「警察?いいよ別に、俺は証拠に先生の濡れ濡れパンツ提出してやるよ!いいだろ?先生が誘ってきたって言うから!」
    ルカ:「ちょっ、あん、あん、ハァハァ、ふざけないで、やめて、いやああああ、あん、あん、ダメ、ああああ、あん、あん」

    私はこの時に必死で気付かれないようにしましたが、5回以上はイッていたと思います。
    体の痙攣がおさまらなくて、普通に喋る事も出来ない状況でしたが、健児君が体位を変えようと、アレを抜いた時に一生懸命逃げました。
    フラフラした体で扉のノブまで手が掛かったんですが、すぐに健児君に押さえられて、ベッドに引っ張り戻されました。
    今度はセーターを脱がされ、ブラを引きちぎられ、スカートも無理矢理剥ぎ取られて、パンツの脇から正常位で突かれました。

    今度は凄い深いピストンをされて、あっと言う間にまたイッてしまいました。
    本当に嫌だったんですが、何回もイカされると体に力が入らなくなってしまいます。
    そのままひたすら叩き込まれました。

    健児:「先生、どうだ?気持ちイイ?彼氏よりイイだろ?」
    ルカ:「いやああああ、やめて、ダメ、いやああ、あぁぁっぁぁあん、ハァハァ、ひぐっぅうぅぅ、ひやっ、あんっ」
    健児:「先生またイッてんじゃん、エロい女、気持ちイイんだろ?どうなんだよ?おらぁあああ」
    ルカ:「いやあああ、やめてええええええ、あん、あん、ああああ、いやああ、だめええええええええ」

    はっきり言って、その時付合っていた彼氏よりも何十倍も気持ち良かったです。
    本当に最初は絶対に嫌でしたが、何回もイカされて、体も動かなくなってきて、頭もボーっとしてくると、口では「やめて!」と言うんですが、体は全然拒否していませんでした。
    その内疲れ切ってしまい、口での拒否もなくなって、ただ喘いでいるだけでした。
    むしろ自然に健児君に協力的になっていました。

    健児:「先生イキすぎだろ?超エロすぎだぜマジで!俺のチ○ポどう?いいか?」
    ルカ:「あああ、あん、あん、あっ、いやっ、あああん、いい、おっきい、あん、いやああ、だめええええええええ」
    健児:「またイッたのかよ、変態だなマジで、またヤラせろよ、いいか?」
    ルカ:「はいっ、あん、ああああ、あん、ハァハァ、あああ、うぐっ、ハァハァ、うぐううううううううううう」
    健児:「よおおおし、毎回ぶち込んでやるよ、いいか?」
    ルカ:「うんっ、ハァハァ、してっ、ハァハァ、ああああ、すごっ、いやああああ、おっきい、あああ、いやああああああ」

    健児君は私の乳首を引っ張りながら猛烈なピストンをしました。
    それが信じられない位気持ち良くて、イキっぱなしの状態になってしまいました。
    痙攣が止まらなくて、しゃっくりの様な過呼吸の様な状態が続きました。
    もう完全にどうでもよくなってしまいました。

    健児:「ああああ、先生気持ちイイ?どう?」
    ルカ:「ああ、うん、気持ちイイ、ああん、あん、あん、ハァハァ、いやああ、すごいイイ、おっきい、ああん、あん」
    健児:「彼氏よりいいだろ?どうだ?」
    ルカ:「あん、あん、イイ、彼よりイイ、気持ちイイ、あああん、あああ、だめええええええええ、いやあああああああ」
    健児:「またイッてんじゃん、あああ、じゃあ俺も出すぞ、いいか?」
    ルカ:「うん、出して、いっぱい、ああん、ハァハァ、あああああ、出して、ああ、頂戴、あああ、イイ、ああ、すごっ」
    健児:「先生、ああああ、何処に欲しい、ああ、ああああ出そう、ああ」
    ルカ:「うんっ、ああ、飲みたい、お願い、飲ませて、あああ、すごい、ああ、おっきい、ああああ、いやああ、すごい」
    健児:「ああああああ、出る、イクぞ、出るぞ、あああああ、ああああああ、イクっ」

    ビュッ、ビュー、ドクン、ドビュッ、ドビュッ、ビュッ

    信じられない量の精子が口の中に入ってきました。
    何故かその時は全部飲みたくなってしまい、口から溢れた精子も全部飲み込みました。
    結局その日は勉強どころじゃ無くなってしまい、親が帰宅する直前まで健児君にヤラれていました。
    最後の方には私から騎乗位で腰を振ったりしてしまったので、レイプなんて全然言えない状況にしてしまいました。
    その日帰宅してから凄く後悔しましたが、それだけでは終わりませんでした。

    次の授業の時に健児君の家を気まずいながらも訪れました。
    この前の事を言われても無視して、何も無かった事にして、勉強だけして帰ってくると心に決めていました。

    ところが健児君は部屋に入るとすぐに、パンツを脱ぎ出して、「先生、しゃぶって」と言いながら無理矢理口にアレを突っ込んできたのです。
    最初は抵抗しましたが、前回散々ヤラれてしまっているので、健児君は当たり前のようにアレを出し入れしてきました。
    その後もすぐに正常位で入れられて、「やっぱ濡れてんじゃん」とあっさり言われて、ガンガン突かれると、私もすぐにイッてしまい、前回同様にイカされまくって顔に出されました。

    その後は勉強をしましたが、後半になるとムラムラしてきたのか「先生、とりあえず一発抜くわ」と言って、勝手に入れてくるようになってしまいました。
    私も健児君といる間はいつも濡れている状態だったので、いつでも入れる事ができました。

    結局それが2、3回続くと、家に行っても当たり前のように前戯無しで入れてきます。
    悲しい事に私の体は、それでもすぐにイッてしまいました。
    思春期真っ盛りの健児君には一回平均4回もヤラれていて、彼氏とは2週間にエッチ1回なのに対して、健児君とは1週間に12回はヤラれていたと思います。

    最後には私の方がおっきいおチンチンに夢中になってしまって、「今日はしないの?」とか聞いたりするようになっていました。
    健児君は他にもセフレが出来ると、私との回数も減ってきたので、「したいならシャブれよ」と言われて、私からフェラをして入れてもらう事が多くなっていました。
    その時の私は健児君のアレ無しでは生きていけない状況だったので、健児君が中出ししたい時は危険日でもさせてあげていました。


70  ゆり - 2015/04/04(Sat) 12:10 No.28500
    レイプされたくて夏の夜に生足にミニスカートに、おヘソが見えるチューブトップで山道を一人であるいてました。
    ワンボックスカーが止まり中から四人の男の人が降りてきました。
    無理矢理にワンボックスカーの後ろの席に入れられました。
    山の頂上まで連れてかれました。
    二人がかりで押さえられ他の二人がチューブトップを下にさげました。
    ねぇちゃんノーブラなんだと言われました。
    ニップレスも着けてないから乳首がわかるぞと言われました。
    気持ちよくしてやると言われ二人に胸を揉まれたり舐められました。
    乳首も舐められひっぱられました。
    ねぇちゃん乳首ビンビンに立ってるぞと言われました。
    感じてるんだなと言われました。
    濃厚なキスしようぜと言われ舌を絡ませながらキスされました。
    スカート捲られました。
    エロいパンツを穿いてるんだな。紐のTバックだろと言われ立たされスカート捲られました。
    ほらと言われました。
    二人で両はじの紐をほどきました。
    手を離したらマンコが見えると言われ
    止めてといいました。
    レイプをされるために行ったけど
    実際 見られるのは嫌になりました。
    逃げたくなりました。
    お願い見ないでといいました。
    もう帰らせてといいました。
    まだ帰らせないよ これから楽しむんだよと言われました。
    アソコ舐めながら指でピストンしてました。
    濡れてきたよグチャグチャ音だして
    もう逝くんじゃないと言われました。
    逝きそうと答えました。
    すると激しくされ逝きました。
    みんなのチンコ大きくしろと言われ嫌です。
    すると顔をひっぱだかれました。
    もう一回ひっぱだくぞと言われ
    しゃぶりました。ペロペロ上下にしゃぶりました。
    みんな勃起しました。
    マンコに挿入してやるから指で開けと言われました。
    嫌です。挿入しないで もう帰らせてといいました。
    3人で押さえられアソコにチンコ挿入されました。
    上にされ腰を振れと言われ顔をひっぱだかれました。
    仕方なく振りました。
    ねぇちゃんのマンコ気持ちいいと言われました。
    シックスナインだと言われシックスナインしました。
    アソコ舐められました。
    私はチンコ舐めました。
    正常位にして子宮を突いてやるとマンコキュッキュ締めて気持ちいい。
    逝きそうだと言われ中に出してやるからなと言われ嫌止めて
    お願いだから中に出さないでといいました。
    でも中に出されました。
    家に行くから教えろと言われ
    又ひっぱだかれたくないから教えました。
    家につき降りました。
    なんか大きな袋持って降りた人がいました。
    ねぇちゃん気持ちよくするのだよと言われました。
    家にあがり寝室に行くから案内しろと言われ
    案内してあげるとベッド見つけベッドに仰向けに大の字に縛りつけられました。
    乳首ローターを付けられました。
    スイッチを入れられました。
    その上体でアソコにローターを沢山入れられました。
    スイッちを入れられました。
    みんなで電マをあてられました。
    気持ちよすぎて可笑しくなりました。
    もう止めてよ。
    身体は喜んでるよと言われました。
    これ以上逝ったら可笑しくなるよ。
    可笑しくなれ可笑しくなれと言われました。
    オシッコしてるよと言われました。
    オシッコ漏らしました。
    乳首 凄い硬いよ。
    気持ちいいんだねと言われました。
    目がいっちゃてるよと言われました。
    全部外してくれました。
    マンコ敏感になってるんじゃないのと言われ
    触られると敏感になってました。
    オッパイでかいからパイズリしろと言われパイズリしました。
    気持ちいいと言われました。
    お風呂行くぞと言われお風呂場に
    みんなでいきました。
    お風呂は凄い大きいので全員で浴槽に入り後ろから抱かれ胸揉まれたりアソコ触られました。
    身体洗えと言われアソコに石鹸つけて腕を洗いました。
    気持ちよくなり逝きそうだといいました。
    逝くまでやれと言われ逝くまでやりました。
    お風呂から出ると又仰向けに大の字に縛りつけられました。
    又さっきみたいに気持ちよくしてやると言われました。
    もう許してお願いだからといいました。
    そんなのお構い無しに乳首ローター付けられアソコに沢山ローター入れられました。
    こんどはさっきと違いスイッ チを最大値にされました。
    さっきと違い凄い動きです。
    乳首とアソコが。
    すぐにオシッコ漏らしました。
    指でワレメを弄られました。
    クリトリスを手のひらで擦られ逝きました。
    潮吹きもしました。
    バイブ突っ込んでやると言われ
    そんなことしたらアソコが壊れちゃうよ。
    壊れるかはヤらないとわかんないよといわれ
    バイブ突っ込まれました。
    うわ~凄い気持ちいいよ。
    鳥肌が凄いよ。
    そうとう気持ちいいんだねと言われ
    気持ちいいよ。
    おマンコ気持ちいいといえと言われ
    恥ずかしかったけど
    おマンコ気持ちいいと言いました。
    しばらくこのままでいろと言われ寝室からでていきました。
    一時間近くこのままにされました。
    又オシッコしたくなりお漏らししてしまいました。
    こんな時間に友達から電話がきたけど出られなかった。
    何回もなりました。
    玄関のチャイムがなり出られなかった。
    カギは開いてたので友達がはいってきました。
    名前を呼んでました。
    恥ずかしくて答えられないと寝室に入ってきました。
    私の姿みて驚いてました。アソコもグチャグチャで何回も逝った
    アソコだったので。
    すると私を犯してた人が戻ってきました。
    友達を見て可愛いなといってました。
    本当に可愛いんです。
    この女もやりていなと言いました。
    みんなで裸にしてました。
    抵抗してたけどかないませんでした。
    こっちの女も胸大きいなといってました。
    友達も大きいんです。
    みんなで胸揉んだり乳首舐められてました。
    乳首 立ってるぞ硬いよと言われ恥ずかしがってました。
    マンコ舐めて気持ちよくしてやるからなと言われ
    お願いだから止めてと言ってました。
    舐めながら指をアソコに入れてピストンしてました。
    こっちのねぇちゃんは直ぐに濡れてエロい女だなと言われてました。
    やらしい声出して逝ってました。
    中だしするからなと言われ
    お願いだから止めて中だしはしないでと泣いてました。
    しかし みんなで押さえられチンコをアソコに挿入されて子宮を突いてやると言われ子宮を突いてました。
    ねぇちゃんのマンコキツいマンコしてるなぁ。
    子宮 突いてやるとマンコキュッキュ締めて気持ちいいよといい
    中に出してやるからなというと お願いだから中に出さないでと泣いてました。
    泣いたてダメだよといい中に出してました。
    次の人が四つん這いになれといいバックから挿入され
    お尻を叩かれながら腰を振ってました。
    胸も揉まれてました。
    中に出してやると言われ もう中に出さないでと泣いてました。
    しかし中に出され泣いてました。
    二人でオナニーしろと言われ恥ずかしいから嫌といいました。
    ベランダに縛り付けると言われやりますと二人でいいました。
    オナニーをしました。
    携帯で撮られてました。
    二人とも恥ずかしい写真とか動画を沢山とられました。
    友達の下着と私のパンツもってかれました。


71  小坂麻耶 - 2015/03/29(Sun) 08:09 No.28456
    これから書くことは、まぎれもない事実です。
    私は、強姦されました!何人もの男たちが代わる代わるに
    私の膣に突っ込んできたんです!
    明らかに犯罪です、婦女暴行罪です。
    でも私は警察には行ってません!何故?どうして?
    そう思われるでしょうねぇ?
    私だって行けるものなら警察に何とかしてほしいです。
    奴らは好きな時に前触れもなくやってきます
    来るときは匂いでわかるんです
    凄く、臭い悪臭が鼻を衝いてきます!トラウマです!
    でもどうすることも出来ないんです!ヤラレルがままです
    何人もいてとても逃げられません。
    一体何人でされてるのかも定かじゃありません。
    これは私が幼稚園の頃にさかのぼります、家系というか?
    遺伝というか?私には生まれつき霊感があって、それは母も
    祖母もそうでした。
    みんなが全員が見えてるって勝手にそう思ってました。
    公園で遊んでる子供たちや横断歩道の前でうなだれてる人!
    母は「人にそんなこと言うんじゃないよっ」っていつも言われてました。
    そうです私には霊があちらこちらで見えるのです。
    幼い頃話しかけたら「なんだ!見えるのかぁ?」って霊の方が驚いていて、こっちもビックリしたくらいです。
    まぁ見えたり、声がしたり足だけが歩いてたり様々です。
    もうそんなことは慣れっこになってたし悪い霊には近寄らないようにしてたし、頭が痛くなったり腕が痛かったり
    パーツパーツに異変を感じるんです。
    私は普通に高校も出て17歳で初体験も済ませて、彼と別れて大学生になって19歳の頃、大学の寮に住んでいた時に
    嫌な気配がして部屋の中に何人もの小さな男たちが入ってきて
    小さい男って言うのはあとで感じたことです。
    最初は数人の気配がして、臭いにおいでまた来てるって思って
    お風呂に入ってる時から異変に気が付いてたけどパジャマを着てベットに横になったら「ガッ!」って押さえつけられて
    姿は見えないけどすごい力で成人の小人です体は小さいんです
    パジャマとパンツの中に手が入ってきて、思いっきりマンコ揉まれて胸をもまれて吸われてマンコ舐められて、明らかに
    ペニス押し込まれた、入れられた時すごく太いって感じたんだけど短いとも感じた、太くて短いペニス!
    耳元で「はぁ〜はぁ〜」してる息遣いが聞こえた。
    そして私のオマンコの中に射精した何本もペニスが入ってきて中田氏された。
    でも、ヤラレたあとでオマンコを確認しても射精された形跡はない、当然といえば当然なんだろうけど精子はどこ探してもなかった
    でも腕を押さえつけられてた、字は残ってる。
    そして、またそいつ等の匂いがすると強姦される
    体の小さな姿なき成仏できないでいる、地縛霊なのか?なんで小さいのか?なんで私なのか?わけが解らない。
    こんな事、警察に行ってもしょうがないし笑われるだけ!
    強姦は犯罪でも私を犯してるあいつ等は、罪を継ぐわ無くてもいいから、絶対にまたやって来る!


72  さおり - 2015/04/01(Wed) 16:16 No.28485
    1年ほど前から、一人暮らしを初め
    ワンルームアパート
    居間兼寝室にトイレとバスルーム、押入れに2畳ほどの部屋

    この間の土曜日友達と飲んでて、帰り代行でアパートまで
    帰ってきました
    お金払って、代行さんを見送り
    玄関を開けたとき、後ろから押し倒されました
    きゃ〜  痛い!
    何?
    タオルのような物で口をふさがれ
    馬乗りで押さえつけられたの
    手は後ろで縛られて、ベットまで連れて行かれ
    服を引きちぎられ、スカートも剥ぎ取られました
    酔ってたし、びっくりして
    気も動転してて抵抗もできなかったわ
    全裸にされて
    口にはタオルのような物?
    手で押し付けられて、乳房を揉まれ、まんこに指
    指でかき回されて、ぬれないと思ってたけど濡れてきてました
    勝手に体は反応してしまってた
    もう後はされるまま挿入されてピストンされて
    奥深く突き上げられてた
    気持ち良くなってしまってる私
    息もしずらく、余計に感じたのかも?
    男は激しく攻めてきて
    私は放心状態でした
    タオルのような物を外すと、ペニスが口の中に押し込まれました
    私の唾液とザーメンが口から溢れでて
    虫の息でした
    携帯で写真を撮ってるみたいだったわ
    誰にも言うなよと捨て台詞を言って出て行きました
    女の体は私の意識と関係なしに感じるのですね


73  人妻 - 2015/04/01(Wed) 12:30 No.28484
    ほんの2ヶ月ほど前のことです。私は一度に5人の人にレイプされました。
    レイプされながらも感じてしまった私って淫乱なんでしょうか?
    クリスマスの前の日、主人の友人がクリスマスパーティーを
    やろうというので、主人と共に友人kの別荘がある那須へ向かいました。

    別荘は洒落たログハウスで、広いリビングには赤々と燃える
    暖炉まであり最高にロマンチックな所です。
    私たち以外に5人ほど集まっており、夕方ということもあって
    早速飲み会が始まりました。みんなで明日のパーテイーの準備や
    食事のことで話をしたりしているうちに
    時計は12時をまわっていたので、私は先にお風呂にはいることにしました。

    脱衣所に行こうとすると、kが「シャンプーが切れてるけど
    脱衣所の下の戸棚入ってるから」というので覗いてみると、
    シャンプーのあるその奥の方に、5〜6本のバイブが入っていたのです。
    私は一瞬ぎょっとしましたが、見なかったことにしてお風呂に入りました。
    でも最近ご無沙汰の私にはあまりにも魅力的なものです。
    我慢できずに脱衣所に戻ると、一番大きい黒いバイブを手に取りました。
    そのままお風呂に戻り思わず、クリ責めを乳首に当てると
    あっという間に乳首は勃起し、弱い電流のような快感が私の中を駆けめぐりました。
    もうすでにぐっしょり濡れてるあそこにバイブを挿入すると、
    予想以上の動き方で思わず声を上げそうになってしまいました。
    そのバイブで5回ぐらいいったあとでお風呂から出ましたが、
    kは私の異変には全く気づいてない様子でした。

    翌日主人が急な仕事で東京に戻らなければならなくなり、
    私も一緒に帰ろうとしたのですが、せっかくだからと
    主人とkにひきとめられその場にとどまることにしました。
    今思えば、そのとき帰っていればと悔やまれてなりません。

    私以外にもkの彼女がいたのでべつに心配はしていませんでした。
    しかし、主人がかえって2時間ぐらいすると、
    kの彼女が出かけるというのです。なんでも
    近くにすんでいる友人の実家に行くらしく、
    夜遅くにならないと戻ってこないというのです。
    今日のパーティーの食事は私1人でやるのかと思うと
    ちょっと気が重くなりました。

    私が台所で食事の準備をしているとkが
    おもしろいビデオがあるからちょっと来てごらんというのです。
    私がリビングに向かうとkのほかに、
    今日のパーティーの参加者全員(男性5人)が集まっていました。
    私が、「なあにおもしろいビデオって」というと、kはにやりとして
    これだよといい、ビデオをスタートさせました。
    なんと昨日私があの黒いバイブでオナニーしている場面です。

    何これと思った瞬間私の背後からAとBが私をおさえつけます。
    何をするの離してと叫んでみても誰一人助けるような人はいません。
    kはたまってんだろ、俺たちが思いっきり楽しましてやるといい
    AとBとCとkで私をぬがせにかかりました。

    4人の男たちにあっという間に裸にされながら、
    体中を8本の手と4つの舌がはいずり回ります。
    AとBは左右の乳首をねちっこく吸ったりなめましたり、
    kはクリトリスを早くもつまんだり、さすったりしています。
    Cは私のおまんこに指を2本出し入れしてるし・・・
    私は抵抗する間もなく、強烈な快感におぼれてました。

    それでも口では「いやっ やめて お願いこんなことしないで」
    と無力な抵抗が続きます。
    Cがやっぱりたまってたんだなみてみろ、
    こんなに濡れて床に水たまりができてるぜ
    といって笑うとkも 
    ほんとだ、すげえぞ。みてみろよ、クリ豆がもうこんなになってんの
    ほら。ずっとやってなくて欲しかったんだろ?
    といい前にもましてクリトリスを激しくさするのです。

    私はクリトリスがこすれる快感と、男の太い指2本の
    強烈なピストン運動と、左右でなめかたや吸い方が違う
    乳首の複雑な愛撫 この3つの強烈な快感に一気に上り詰めました。
    「あっあーー いい  あ だめ そこはだめー あーー」
    いつの間にか抵抗するのも忘れ、思いっきり卑わいな声で鳴いていました。

    そして今までビデオをとっていたDがたまらなくなったらしく、
    私の口に大きなペニスをつっこんできます。
    それを見た後の4人はなおさら興奮したらしく、
    すぐにkが私の中に入ってきました。kのものは
    主人の2周りぐらいはあるのかと思うほどの巨漢です。
    膣をこすりあげる激しいピストン運動で私はすぐ絶頂を迎えます。
    kに続きAがアナルに挿入してきました。
    k以上の大きいペニスをアナルがひくつきながらくわえ込むと、
    私は頭が真っ白になりました。
    膣をへだてて二本の大きいペニスが、体の中で暴れ回っているのです。

    15分ほどすると、kがいきそうになったので、
    ザーメンをすべてのまされました。
    ザーメンを飲むためにkのものをくちにしたとたん
    bがわたしのなかにはいってきました。
    今までと違う動きと違う角度にまたすぐに
    絶頂に達してしまう私はもうこの5人の奴隷です。
    そうやって入れ替わり立ち替わり5人の男に
    次々と犯され続け、5時間ほどいきっぱなしでした。

    東京に帰ってからもその5人とは定期的にあっています。
    ビデオに撮られて揺すられているのではありません。
    私の体が、レイプまがいの多人数のセックスでないと燃えないのです。
    こんなわたしって変ですか?
    それからはkをはじめこの5人にいいように遊ばれています。
    でもやめることはできないんです。
    いくら頭でいけないと思っていても、おまんこがいつもほてっているのです。


74  キョウミ - 2015/03/31(Tue) 23:14 No.28482
     レイプで感じるなんて、信じられないと思っていました。
     でも・・・縛られて、アソコにバイブを当てられたり、しつこく舐められたり、されているうちに感じてきちゃって・・・逝っては駄目だと我慢していたけど、段々我慢できなくなってしまって・・・
     最後は結局逝かされちゃって・・・自分の意思と関係なく、下半身がピクピクして、逝きはじめたら止まらなくなっちゃって・・・
     逝ったばかりで敏感になったクリトリスに続けてバイブを当てられて・・・縛られていて逃げられなくて、自分の体が自分の体じゃないみたいに言うことを聞いてくれなくて・・・腰が勝手に動いて・・・また気持ちよくなっちゃって・・・
     お尻にもバイブ入れられて・・・痛くて気持ちよくなかったのに・・・そのまま又クリトリスにバイブを当てられら・・・又、気持ちよくなってきて、前と後ろ両方にバイブを入れられたら、中でこすれて・・・今までに感じたことがないほど気持ちよくて・・・
     男のペニスが前と後ろと交互に出入りして・・・どっちが気持ちいいのかわからなくなっちゃって・・・
     妊娠が怖くて、自分からアナルに入れてとお願いして・・・
     レイプだったのに・・・
     


75  井上久美 - 2015/03/25(Wed) 22:39 No.28420
    私も元レースクイーンだった!
    当時はそれが当たり前だったし全然普通だと思ってた。
    今考えるとやっぱり恥ずかしくなってくるしその頃の映像が残ってるのが辛い!
    若気の至りで済まされないからだ。
    うちのチームもヤンチャナ若いレーサーが多くて銀のテカテカなレオタードにパンスト禁止だった。
    動けば動くほどに「メコ筋」に食い込むし、お決まりのお尻からレオタードを引っ張り上げるからドンドン食い込んじゃう!
    うちのチームは言葉攻めで喜ぶ奴らで「どうしたの?食い込んでるよ!どこに食い込んじゃったのっ?」ってしつこく聞いてくる。
    言わないと解放してくれないから仕方なく
    「マンコに食い込んじゃうんです!」
    「マンコのどこに食い込むの?」
    「マンコの割れ目に食い込むのっ!」って言わされたり
    とにかくオマンコに触ってくるから「キャッキャッ!」言ってた覚えしかない。
    オマンコのレオタードをつまんで引っ張られて
    「痛いっ痛いっ!」って言ってたら
    「レオタードしかつまんでないよっ!何が痛いのっ?」
    言わないとやめてくれないから!
    「毛も引っ張ってます!」
    「毛っ?何の毛っ?」
    「マン毛ですぅ!」
    当然レーシングチームにいるとセックス処理もさせられました
    中の出されたことは何度もある!中絶は2回!
    大体そんなとこです。


76  秘密 - 2015/03/26(Thu) 14:03 No.28426
    結婚3年目の主婦です。去年の秋に夫が突然の転勤で仙台に勤務になりました。
    子供もまだなので一緒に行こうとも思ったのですが、新居を建てたばかりなのと、
    転勤といっても1年間の研修みたいなものだから、ということで夫は単身赴任する
    ことになりました。

    私たちは自分で言うのも何ですが仲が良く、旅立つときにはお互い本当につらくて
    泣いてしまったくらいです。 やさしい夫は、なるべくたくさん帰るからということで、
    最初のうちは頻繁に帰っていたのですが、やっぱり無理があったようで、ひと月半
    ほどで過労でダウンしてしまいました。

    そんなことがあってから、私も責任を感じて
    「私の方は大丈夫だから、気を遣わなくていいよ。」
    と帰ることを断るようになりました。

    しかし、愛し合っていた二人が何週間も会えなくなると、時間をなんともどかしく感
    じるものか。最初の頃は学生の頃から好きだった英会話やパソコンにのめり込ん
    で気を紛らわせていましたが、一人の時間をもてあますようになりました。特に夜。

    私にとって夫は初めての、そして唯一の男でした。高校時代は女子校でしたし、
    大学の頃につきあった人はいましたが、いい人過ぎたのか何となくそういう関係
    になりませんでした。
     
    そんな自分が別にイヤでなかったし、セックスに興味無い女なんだと自分で信じ
    てました。 夫と出会い、セックスするようになってからも、実は全然良くありませ
    んでした。 良くなかったけど愛情を確かめ合う手段として、私は受け入れていた
    のです。

    結婚してからというもの、夫は毎日体を求めてきました。
    特に変わったことをするわけではありませんが、ひたすら「愛してる。大好きだ。」
    といいながら抱きしめてくるのです。
    半年ばかり経った頃から、私の体は変わり始めました。

    すごい快感におそわれるようになり、イクことも覚えました。セックスが楽しみに
    なり、昼間から夜が待ち遠しく、体が熱くなるようになりました。 こんなに淫らだ
    ったかと自分で驚くほどでした。

    そんな私を見て、夫は喜び、ますます積極的に愛してくれました。
    そんな矢先だったのです、転勤の話が来たのは。
    夫と離れて以来、何がつらかったかというと実はHを覚えてしまった体をどうして
    静めるかでした。

    夫からは2〜3日おきに電話が入りますが、でも、声を聞くと反射的に体が疼い
    てしまい、かえって何とも困ったことになるのです。
    どうにもモヤモヤしたときはインターネットのその手のサイトを見てオナニーする
    ことも覚えました。

    私の住む町に夫の弟が住んでいます。夫と3つ違いの弟は私と同い年ですが、
    私は何となく好きになれませんでした。地元の大学を卒業して自動車のディーラー
    に勤めていますが、何となく、話をしても「できの良かった」という夫に劣等感を抱
    いているようでイヤな感じだったのです。
     
    夫のいる間は盆と正月くらいしか会うことはありませんでした。
    ところが、我が家に一台の車を夫が持っていってしまったので、私の足が無くなり、
    もう一台車を買うことになりました。 それならばということで義弟から買うことにな
    ったのです。
     
    何度かその件で我が家を訪れた弟は、それで来やすくなったのか、ちょくちょく顔
    を見せるようになりました。でも、基本的に警戒をしていた私はせいぜいお茶を出
    す程度で、早々に帰ってもらっていました。

    ところが1月のある日。義弟にちょっと上がってもらい、話をしている内、かなりの
    雪が降り始めたのです。2時間ばかりして帰ろうとしたときには、かなり積もって
    しまい、我が家の駐車場から(出口が坂になっているので)滑って出られなくな
    ってしまいました。 

    帰るためのタクシーを呼んでも急な雪でとても来られないということでした。
    仕方なく私は「じゃあ、今日は泊まっていけば?」というしかありませんでした。

    初めて夫以外の男性と二人で食べる夕食は、やっぱりなんだか変で普通に話を
    してるのですが、何だか緊張してしまいました。 食事の後、義弟がお風呂に入
    っている間に、夫から電話がありましたが心配するといけないので義弟のことは
    話しませんでした。

    風呂上がりの義弟にビールをつきあって、いい気持ちになった私は義弟が二階
    の部屋に上がった後、風呂に入り寝床につきました。

    ほろ酔いの意識の中で私はいつしか夫のイメージを追い始め、いつの間にか下
    着の中に手を伸ばし、軽くイッた後まどろんでいました。

    夢の中で夫と私は愛し合っていました。とっても気持ちよく高まっていく感覚を楽
    しんでいたと思います。
    ところが、はっと目を覚ますと・・・。私のそばに誰かいます。

    「えっ!」
    と思って起きようとしましたが、がっしりおさえられており、起きあがれません。
    ビックリして目を覚ますと私の下半身は裸でネグリジェは首のことろまでまくられ
    ており、それを全裸の義弟が押さえ込んでいたのです。

    「なにっ??」「えっ!!だめ!」
    みたいなことを言ったと思います。
    でも義弟の手はすでに私の股間にあり、押さえ込んだまま、しきりに動き回って
    いました。足をばたつかせても全然動けずに、抵抗してもダメだと思いました。

    正直言って本気で抵抗したら、十分に防げたと思います。
    でも、あの時、妙に体が興奮状態で快感に負けてしまったのです。

    義弟は一気に私のアソコに入ってきました。
    「あああっ」
    私の中で熱いモノがとてつもなく大きく膨張したような感じがして・・・。

    入れられた後はもう、もっと変になってしまいました。
    言葉にならないような獣めいた息を耳元で吐きながら、今まで私が経験したことが
    ないような勢いで、激しく突きまくる義弟。

    あんなに奥を圧倒的なパワーで突きまくられたのは初めてでした。自分で自分の
    体をコントロールできず、自然と獣のような声が出るのを私は初めて経験しました。

    私の中で果てた義弟は、そのまま私に腕枕をしてしばらくおとなしくしていました
    が、その間も、私の体はビクンビクンとイキ続けました。

    「どうしちゃったんだろう私の体。」
    なんて、まるで第三者的に思っていると、義弟の指がまた乳首を転がし始めました。
    とっても切ない気分になり、自然と声が出ました。すぐに二度目が始まりました。
     
    すごい快感です。
    しばらくすると「上になって。」と私は上にされました。
    「腰使って。」 といいますが、私にはどうしていいかわかりませんでした。

    しがみついていると突然お尻を抱えられてバックから突かれました。
    あの時の私には騎乗位もバックも初めてのことでした。私はただ異様に感じま
    くってされるがままでした。

    疲れ切って寝てしまい、気が付くと昼の1時過ぎでした。
    私は裸のままでした。隣で同じく裸の義弟が寝ています。

    「とんでもないことになってしまった・・・。」
    私は我に返って義弟を起こしました。
    「どうするの!こんな事になって。」と言うと、何にも言わず覆い被さってきました。

    そんな気分じゃなかった私は避けようとしましたがキスをされて胸をまさぐられると、
    心地よくなり抵抗できませんでした。義弟はすぐに入ってきました。
    すごい快感です。何だか、もうどうでも良くなってきました。


    終わって外を見ると雪がさらに積もっていました。
    「こりゃ帰れないな。」
    と義弟は言い、結局、次の晩もウチに泊まりました。
    その週末の金曜日の晩から土曜日、そして日曜日、と三日間ずっと家にいて、
    ずっと抱かれてしまいました。

    「またくるよ。」
    と言い残して日曜日の晩に義弟が帰ったすぐ後に、夫から電話がありました。
    なんか、信じられない3日間の後、現実に引き戻されたようで申し訳ない気が
    しました。話しながら、夫に悪、いと心の底から思い、立ち直ろうと誓いました。

    でも、その日から二日とあけずに義弟が家に来始めました。
    来ると必ず長い激しいセックスです。
    拒もうとするのですが、始まってしまうともうダメです。
     
    ひと月もすると、密かに義弟の来訪を心待ちにするようになってしまいました。
    義弟のお遊びも始まりました。 最初はバイブや手錠を持ってきてSMっぽい
    ことを始めました。 変態みたいでイヤだったのに、いつも以上に感じてしまい
    ます。

    手錠をかけて後ろから犯しながら
    「兄貴もかわいそうだな。エリートコースを歩いてるうちに、愛するかみさんが
    こんな事になってるなんて。」などと言葉で辱めます。

    そんな言葉にしびれるような快感を感じる私は、さらに深みにはまる事になりまし
    た。もう、彼の妻である資格がないようなことになってしまっています。


77  優実。 - 2015/03/31(Tue) 01:10 No.28473
    お願いです!これはっ!って言うレイプ物教えてください。
    どうしても見たいんです私みたいに陵辱されてる女を!


78  さえこ - 2010/08/19(Thu) 16:52 No.14077
    私には兄が三人いるのですが、三人全員にレイプされました。はじめは真ん中の兄でした。スポーツマンでモテていた兄は家でも筋トレをしていて私にもやらないか、と言ってきたんです。私はちょっと体重が気になっていたのでやることにしました。兄が、これ持ってみろ、といきなり十キロのダンベルを二つ渡したんです。重くてそのまま倒れてしまいました。その時、Tシャツが捲れてブラが見えたんです。私が慌てていると兄が急に上に乗ってきてブラを上にずらしておっぱいをもみはじめました。私はからかわれていると思って、やめてよ〜!と言いましたが、やめてくれません。だんだん見たことないような顔になっていく兄に体は強ばって逃げようとしても逃げれず、されるがままになっていました。兄は自分のモノを取り出し、私に舐めろといいました。いやだというと、じゃあ入れるぞ、と言われました。私は半泣きで兄のモノをくわえました。兄は息が荒くなって私の後頭部をつかむと無理矢理喉の奥まで突っ込んできました。私はむせてしまい、兄にもうやめてください、とお願いしました。兄が、マ○コを見せてくれたらやめてやる、と言ったので、私はジャージとパンツを脱いで兄に見せました。恥ずかしくて足をあまり広げないでいると兄に無理矢理膝を掴まれて広げられました。そしてそのまま兄は私のマ○コを舐めはじめました。びっくりして暴れましたが、腰を押さえられ兄の力には勝てませんでした。そして兄が私の中に入ってきました。兄は、お前誰に処女やったんだ?と私に聞いてきました。私が答えないでいると、中出しはしたことあるか?と質問を変えてきたので私はまさか、と思って、中に出すのだけはやめて!と言いましたが兄はニヤニヤしながら私の体を横に倒し、私の右足を肩に乗せ激しく腰を動かし、一番深いところに出しました。茫然としていると兄のモノが引き抜かれ、代わりに0、5キロのプラスチックのダンベルが私の中に入れられました。兄はしばらくおもちゃ代わりにダンベルで遊んだあとまた入れて中出ししました。

    一番上の兄は大学を出て就職浪人になってから引き籠もってしまい、毎日部屋から出てきませんでした。私は母からたまに様子見てあげてね、と言われていたのでその日も様子を見に行きました。鍵は掛かっておらず兄は寝ていました。私がなんとなくパソコンのカーソルを動かすと待機画面が変わりどこか部屋の盗撮のような画像が出てきました。よく観てみると私の部屋で、画像ではなく映像でした。画面を観ていると兄が起きる気配がしたので振り返りました。兄は何も言わずゆっくりと近づいてきました。私は部屋から飛びだし、自分の部屋に逃げ込もうとしましたが寸でのところで兄がドアに足を挟み、部屋に入ってきて急に土下座をしました。謝りながらずっと好きだったと言ってきました。私は可哀想になり全部忘れるからカメラを外して、と言いました。兄は無言で部屋から出て工具を持ってきました。そして私のベッドに上がりカメラを外し始めました。兄が、ネジを持ってて、と私に差し出したので、私もベッドに上がり、ネジを受け取ろうとしたとき、兄に押し倒されました。しかも手には外したばかりのカメラを持っています。動いたら今までの録画をネットで流す、と言われ、仕方なく抵抗しないでいると、私のスカートの中にカメラを入れ撮影を始めました。指を出し入れする映像を撮り終えると、Tシャツをめくって胸を撮り始めました。ブラを外して乳首が見えるように鷲掴みにしていましたが、いったん止めて兄は自分のモノを取り出しハメ撮りの撮影を始めました。次男より大きかったので痛くて、痛い痛いというと処女と勘違いしたのか、痛いの?ごめんね、と言って腰はゆっくりめに動かしていました。でも途中からたまりかねたのか急に速くなりカメラを放り出して、腰を打ち付けてきました。長男にも中には出さないで、と泣きながら頼みましたが、中に出されました。中に出した後もなかなか抜かず、またカメラで私の泣き顔やハマっている様子を撮影していましたが、また興奮してきたのか再度腰を動かし、最後はバックの態勢で中出しされました。兄は引き抜いた後、出した精液を指でかき出して、私のお尻に塗っていました。そしてそれも撮影していました。

    長男と次男にはその後何度か部屋へ呼ばれてレイプされ続けていました。その日、早めの夕食後、親は映画を観に行くと出掛けました。18時過ぎ頃、部屋にいると三男が来ました。何?というと、ちょっと相談がある、と言われました。三男はいわゆる不良でピアスを何個も付けて、夜、出歩いていました。そんな三男とはあまり話が合わなかったので相談と言われてもピンと来ませんでしたが、部屋には入れました。部屋に入るなり鍵を掛けた三男がニヤニヤしながら、お前、兄貴達とやってるだろ?と言った時はギョッとしました。何で?と小さい声で聞くと、長男次男は年上の特権で角部屋にいて、真ん中に三男の部屋がある(私の部屋は階段つきあたり次男の向かい)ので、両側から私の喘ぎ声が聞こえてきたとのことでした。私は親に言われると思い、どうしようという気持ちと、解放されるかもしれないという嬉しい気持ちになっていました。でも三男から出た言葉は、俺にもやらせろ、でした。私は、もうやだ、お兄ちゃんまで何言ってんの?と言うといきなり打たれました。そして裸にされベッドに縛り付けられました。三男は携帯で友達らしき人を二人呼んでいました。その友達が来る前に、三男は剃刀を持ってきて、私の下の毛を全部剃ってしまいました。私は泣いていましたがお構いなしでした。そのうちに、三男の友達がやってきて、三男はタバコをくわえながら私の足を開いて友人達に見せたり笑ったりしていました。そして、こいつ濡れてるから入れていいよ、と言われました。でも違います。三男にローションを塗られたんです。一人目がお先ーと言いながら前戯なしで入ってきましたが、2〜3回動かして抜きました。そして三男にケツに入れていい?と聞いています。私は首を振りましたが三男はいいよーと返事をしました。男はお尻に入れようとしますが中々入りません。私は泣きながら首を振り続けました。するともう一人が、騎乗位で俺の入れながら挑戦してくれね?待ってんだけど、と言って、私は縛られていた腕を解かれ騎乗位で男にまたがり、俯せにされ、お尻にも入れられることになり、三男もやってきて口でさせられました。しばらくしてお尻に焼けるような痛みが走り、悲鳴を上げました。ギチギチ無理矢理に入っていく感じがしました。痛い痛いと泣いているのに、動かされ、なぜかマ○コに入れていた人が先にイッて中に出されました。背中にいる人に体を持ち上げれ、中出しした人がベッドから出て、四つんばいにされ、お尻に出されました。お尻から抜かれた後、三男がどっちにしようかな〜と言いながら来て、仰向けにされマ○コに入れました。そして入れたまま立ち上がりました。するとさっき中出しした人が来て、立ったままお尻に入れてきました。そのまま兄が中出しし、お尻にも出され、一番はじめにお尻に入れた人がマ○コに入れ、三男がお尻に入れ、と三時間ほどぐちゃくちゃにされました。三男と友人達は満足したらしく部屋から出て出掛けてゆき、私はしばらくぼうっとしていましたが、一階に降り、シャワーを浴びました。お尻とマ○コから精液がたれてきました。シャワーを終えて二階に上がると、長男が廊下にいました。風呂入ったのか?と聞いてきたので、うん、と答えるとちょっと来い、と言われました。兄の部屋に行くと、ベッドに押し倒され、さすがに今日は嫌だったので抵抗しましたが、結局脱がされ、毛のないマ○コを見られました。兄は、どうした、これ?と聞いてきたので、何となく…と答えると、パイパン好きだったらしく舐め回し、中出しで4回もされました。フラフラになりなりながらまたシャワーを浴びに行くと、浴びている最中に次男が帰宅し、お風呂場に入ってきました。そのままお風呂場でレイプされて、気が付くと12時を回っていました。6時間あまり次々とレイプされていたのです。その日はぐったりして寝ました。


79  由香 - 2015/03/26(Thu) 06:04 No.28424
    ベッドイン→キス→巻いてたタオル取られ全裸にされハードキス。それから、エッ!エッエッ?彼は当然って感じでベッド上に立ち上がって私をひざまずかせた。内心あせりながら私、お口をアーン。出されたモノをくわえるのは、女のマナーで、大きな楽しみで、ドキドキタイム。ああ、これで突かれるんだって思うと、もーどうしようもなくキュンってなっちゃう。だから甘いセクシーボイスでセクシーポーズで自分自身を駆り立てる。唇が感じてお口を突かれるたびに声にならない喘ぎがもれちゃう。頭のなかは、sexのことだけしかない。私は完璧におんなになった。つづく


80  マダム・沢村です。 - 2015/03/28(Sat) 20:02 No.28452
    稲生君に侵されっ茶ったわぁ〜!
    下痢してたから、後ろも前からも大放水よぉ〜!
    凄く、臭かったわよねぇ〜
    ごめんなさいねぇ!
    また特上のお寿司取ってあげるから「来てねぇ」
    「待ってるわぁ!きっとよっ」


81  女性 - 2010/10/24(Sun) 21:34 No.14475
    1学期の期末試験勉強中の時。
    以後この男4人+3人とは卒業までエッチな関係を持ってた。
    最大は8P。部活とかバイトとか彼氏・彼女とかあったけど
    最高の8人までやったことあった。
    私はバスケ部のマネージャーをやっていた。
    マネージャーは私ともう二人先輩がいた。
    5P相手の男4人は同じ1年のバスケ部。
    ちなみにその時1年の部員は10人ほどいた。
    この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。
    休みの日はカラオケいったり家に行ったこともあったよ。
    ただ恋愛関係になることはなかった。
    男の子達にも私にも、好きな人がいたしね。
    そんな関係の5人だったんだけど…5Pをしました。
    私は一緒に試験勉強をしないかと4人に誘われた。
    私は勉強はダメで、それまで成績も結構ギリギリだった。
    4人の内のA君は、勉強が出来る人だったので
    教えてもらおうと考えていた。
    場所はB君の家。理由は家がそこそこデカイし
    親も仕事でいないからという理由です。
    B君の家に着いて、とにかく暑かったので
    クーラーを付けてもらった。
    勉強前に、まず涼みながら話していた。
    が、男の子達は私の胸をチラチラと見てた。
    というのも、白いYシャツ一枚だったし、
    私が思ってたより、新しく買った青ブラが透けてたから。
    そして何より、私の胸が成長期に入ったのか
    どんどん巨乳になっていってて、谷間が見えていたからかな。
    入学した時はAだったけど、
    この頃はD〜E、もしかしたらFくらいまでになってたかも。
    とにかく見られてはいたが、
    特にお互い突っ込むこともなく、
    勉強しようってことになった。
    A君に勉強を教えてもらってる時も、
    胸をチラチラ見られてる感はあった。他の3人からも。
    でも今さらボタン一つとめるのも何か気まずいし、
    まぁ見られるくらいなら…と考えていた。
    私は1時間ほどで勉強にバテました。
    私はなんか構ってほしくなって、
    勉強してる4人にちょっかいを出すようになった。
    けど4人は無視。勉強に集中してた。
    私はなんとなく、B君の鍵がついている
    机の引き出しを引いてみた。開いてしまいました。
    B君は「ちょっとタンマ!!」と言って、
    思い切りその引き出しを閉めた。
    その焦りぶりに、
    私含む4人は何か隠されているとすぐに分かった。
    B君以外の4人は協力してその引き出しを開けた。
    そこにはエロ本とエロDVD、さらにはコンドームまであった。
    B君は抵抗をあきらめて、私達がそれを見てるのをながめてた。
    A君が「巨乳モノばっかだな」と言った。
    確かによく見ると巨乳女優ばかりだった。
    私は、「やっぱり男の子って巨乳が好きなの?」と聞いてみた。
    B君は「全員ってわけじゃないと思うけど」と言った。
    だけどこの場にいる男4人は、少なからず好きだということだった
    私は「私の結構チラ見してたでしょ!」と思い切って聞いた。
    ここから段々とお互いの性の話になっていった。
    みんなが童貞だと言うこと、オナニーはどのくらいするのかとか、
    私にエッチ経験があるかとか。私はあると答えた。
    しばらくそう言った話をしたあと、
    C君が「B、お前立ってんじゃねーの?」と言った。
    B君は否定するが、C君がBの股間を不意に触ると、
    「うわこいつ立ってやがる」と言った。
    私は「サイテーなんだけどー」とか言いながらも、
    少しはしゃいでた。
    D君は「A子(私)に抜いてもらえよ」
    と冗談半分で言った。
    私は絶対イヤですと拒否したが、少し興味はあった。
    次第にB君は開き直って、ズボンを外側に引っ張って、
    アレが張るように見せた。
    ズボン越しからでもアレが立ってるのが分かる。
    A君が「A子、触ってみろよ」と言った。
    私は触るだけなら、と思い「んじゃ触ってみるか」
    と言った。男の子達は少し驚いていたけど…
    B君は仁王立ちしながらアレを強調していた。
    私はB君のアレを人差し指で触った。
    周りの男の子達は盛り上がった。
    B君は「うおー初めて触ってもらったーマジ感動」
    みたいなことを言った。
    私も少しテンションが上がっていた。
    私は更にズボン越しからアレを優しくさすった。
    B君は驚きながらも、「やべ気持ちいい」と言った。
    私は早くさすったり、強くさすったりしてみた。
    周りはテクニック見せ始めたぞ、と言っていた。
    B君はマジで感じ始めていたようだった。
    B君が「A子、もう我慢出来ない」と言って、
    手を私の頭に乗せ、私の顔をズボン越しだがアレに押し付けた。
    その瞬間周りが凍り付いて、ホントに色んな音が消えた。
    私も緊張感で一杯になった。
    B君もその空気を読んで我に返った。
    B君は「マジゴメン」と謝って
    私の頭の手をどけ、私は顔を離した。
    数秒間気まずい空気になったが…
    私はドキドキしながらも興奮していた。
    私はB君のアレに手を延ばし、
    再びズボン越しからアレをしこしこさすり始めました。
    周りの空気をひしひしと感じて
    、なんとも言えない感覚だったけど、さすり続けた。
    私は、抜いてあげればこの空気は変わるんじゃないか、
    となぜか思い始めた。
    私はB君のファスナーを降ろした。
    B君含む周りは、もう私の行動をただ見ていた。
    トランクスの前のボタンも開けた。
    アレが飛び出てきた。
    B君のアレはすでに先っちょが濡れていて、
    B君は恥ずかしそうにしていたが、
    かなり立派なアレだと私は内心思ってた。
    私は直に手でそれを握り、またしこしこし始めた。
    B君は段々気持ちよくなってきていたのか、
    吐息が漏れ始めていました。
    さらにアレの大きさも少し大きくなっていました。
    私はそのまましこしこし続けていたら、
    B君は「あ、イク」と言った。
    私は反射的に、アレを下向きにしてもう片方の手で
    精液を受け止める形を取った。
    B君のアレから精液が出た。何度もビクビクさせながら、
    私の手のひらに出していった。
    出し切った後、少しアレに精液がからんでいた。
    私はどうしようか悩み、B君を見上げた。
    B君は何も言わなかったが、
    舐め取ってほしそうな顔に、私は見えた。
    私はB君の精液のついたアレを舌で舐めました。
    アレがぴくっと反応した。
    私は全てを舐めとり、どう処理しようか悩んで…
    どうしようもなくて飲んだ。
    手のひらの精液はそのままで、
    タプタプしたままだけど…
    周りの空気はまだまだ重かった。
    私は何て言ったらいいか分からなかったが、
    C君が「すごいの見たわ」と言った。
    みんなその一言で解放されたのか、
    ワイワイ言い始めた。
    D君が「それ(手のひらの精液)どうすんの?」
    と言った。
    みんなの視線が私に向けられた。
    B君は洗面所はこっちに、と案内しようとした。
    けどその時、私には変な意地みたいなのが内心あった。
    私はこういうことだって出来るんだよ、みたいな。
    私は口を手のひらの精液に運んだ。
    私はみんなの方を見ながら、精液をズルズルとすすった。
    一瞬静かになり、誰かが「おお」と言った。
    精飲は友達の話やAVで知ったぐらいで、
    初めて精液を飲んだんですが、正直気持ち悪かった。
    一息入れて、なんとか全部口に流し込んだ。
    AVでやってたように、口の中をみんなに見せてあげた。
    誰かがすげぇと言った。
    私は手のひらの精液もなめとって、
    口の中でくちゅくちゅと音をたてた。
    そして意を決して飲みました…
    まるで初めてじゃないかのような素振りで。
    みんなに口の中を見せて、飲んだことを証明しました。
    C君が「いやまじすげーわ」と言って拍手した。
    周りもなぜか拍手した。
    私は我に返って照れ笑い…多分顔は真っ赤だったと思います。
    D君が「今の見て立っちゃった」と笑いながら言った。
    C君は「実は俺も」と同じく言った。
    二人ともB君がやったように、
    ズボンを引っ張ってアレを強調させた。
    私は「サイテー。もうやらないからね〜」と言った。
    するとA君がこう言った。
    「実はA子濡れてるんじゃね?」と。
    私は反射的にあそこに手を持っていき
    「濡れてません!」と言った。
    でも実は濡れいてました…だから反射的に、
    あそこに手を持っていってしまったのかな…
    私があそこに手を持っていったしぐさに、
    A君が「エロイなその動き」と言った。
    他の3人も「確かにエロかった」と言った。
    私は怖いとは思わなかった。
    そんなことにはならないだろうと思っていたし、
    何より私自身、男の子の股間に目がいってしまっていた
    私は「じゃあ触るだけだよ」と言って、
    キレイな方の左手で、C君のを触った。
    周りが静かになった。
    C君のをズボン越しにしごきながら、
    私はD君の方を見て
    「こっち(右手)汚れちゃってるから…」と言った。
    D君はものすごい素直に
    「次でいいよ」と言った。
    D君は普段素直なタイプじゃないので、
    すごく新鮮だったが、かわいそうに感じてしまった。
    私はC君のをしごきながら、D君を見つめた。
    するとD君は、私の足に手を伸ばしてきた。
    すごいソフトタッチで膝の辺りを触った。
    私は顔が赤くなっていくのが分かった。
    私は「触りたいとこ触っていいよ」と言ってしまった。
    D君は私の顔を見つめながら、膝から太ももへ、
    あそこに向かって手を伸ばしてきた。
    D君の手があそこに到達した。
    私は顔をそらし、下を向いた。
    D君はパンツ越しに私のあそこを優しくいじり始めた。
    A君がいつの間にか後ろに回り、私の胸を掴んだ。
    私はそれから逃れるかのように、
    C君のをしごき続けました。
    するとB君がこう言いました「
    おいA子、いいのかよこんなことして」と。
    みんな私の答えを待った。私
    の顔に視線を送っているのが分かった。
    でも私は下を向いたまま、
    C君のをしごき続けてました…
    いいっていうわけじゃない、
    でもダメっていうわけでもない、という感じだった…
    結局私は答えを出さず、
    その前にC君が我慢の限界にきたようだった。
    C君は私の手を軽くどけ、ファスナーを開ける。
    そして私にアレを握らせた。
    私はC君のアレが見える程度に軽く顔を上げた。
    C君のアレも立派だった。
    C君は頭を後ろにのけぞらせ、ハァハァ言い出していた。
    私はイクのが近いと思い、思い切り早くしごいた。
    するとC君は「イク」と言って大急ぎで
    私の汚れている手を持ってきて、そこに出した。
    少しこぼしてしまったが、
    C君は「あ、あ」と言いながら私の手に出した。
    私はそれを自分の髪の毛の間から見た。
    顔を上げるのが恥ずかしかったから。
    C君は「マジ気持ちよかったよ」
    と言って私の目の前にまだ立ち気味のアレを差し出した。
    舐め取ってほしいというのは分かっていたが、
    その経験は今日のB君が初だった。
    私は自然とC君のアレを口に含み、
    口の中で舌を動かして精液を舐め取った。
    舐め終わるとB君が「手のも…」と言った。
    私は躊躇したが、口に含んで飲み干した。
    左の手のひらはB君とC君の精液でべとべとだった。
    D君があそこから手を引いて、
    自分からアレを出し、私の顔の前に持ってきた。
    D君「フェラしてほしいんだけど」と言った。
    私は何も言わずに右手でこすこすとこすったあと、
    口に含んだ。D君は腰に手を当て、感じているようだった。
    A君は後ろから私の胸とあそこをまさぐっていた。
    するとA君が耳元で「脱がすね」と囁いた。
    私は抵抗する気はなかった。
    私はYシャツのボタンを1つずつはずされ、
    前は全開になった。 全員の視線が胸に集まり、
    私はYシャツを脱がされ、ブラだけになった。
    B君とC君が「あ〜すげぇ」と言って、B君は触り始めた。
    D君は「早く脱がせよ」と言うが、
    A君は少しブラに手間取っていた。
    やがてA君が私のブラをはずした。
    みんなが「おおー」と言った。
    でけぇ、乳首ピンクだ、立ってるよとか、
    色々みんなに言われ、
    D君のをフェラしながら顔が赤くなった。
    私は目をつぶっていたので、
    ちょっと誰かは分からないところがありますが…
    誰かが私の胸を触り、D君以外みんなもみ始めた。
    私のおっぱいは3人の手でめちゃくちゃに揉まれました。
    でも気持ちよかった。
    あそこにも手を持ってかれていて、
    もう誰が何をしているのかが分からなくなってました。
    するとD君が「イク!」と言って
    私の頭を両手で抑え付け、激しく腰を振った。
    そして一番深い位置で射精、
    直接精液を口の中に流し込んだ。
    喉の奥や舌の奥に精液が飛び散っているのが
    よく分かりました。
    私はD君の両足に汚い左手とキレイな右手をかけ、
    離そうとしましたが、ダメでした。
    私は吐きそうなほどの苦しさの中、
    D君は結局最後まで口の中に流し込みました。
    アレを口から離されてすぐ、
    私は咳き込んで精液を吐き出しました。
    半分以上無理矢理飲みましたが…
    私は「D君…苦しいから…」とか細い声で言った。
    D君は「ご、ごめん、気持ちよくって…」と謝った。
    そのやり取りを無視するかのように、
    A君が「次は俺だな」と言ってアレを取り出した。
    私を仰向けに寝かせ、アレを私の胸に挟み込んだ。
    パイズリも初めてだった。
    A君は私の胸の両脇を手で抑え、
    こすれるように溝を作って腰を動かし始めた。
    私はその間も、他の3人にパンツ越しに
    あそこを見られていた。 するとB君が
    「こっちも脱がしちゃおうぜ」と言った。
    私は恥ずかしさで一杯だったが、
    みんなに身を任せていた。
    スカートを脱がされ、パンツも脱がされた。
    私はすっ裸の状態にされ、3人にあそこを眺められた。
    A君は腰を振りながら「どんな感じ?」と聞いた。
    3人はエグイエグイと言っていたが、
    誰かが「でも見てると立ってくるな」と言った。
    A君が「んじゃ誰か入れちゃえよ」と言った。
    3人が私のあそこでジャンケンをした。
    結果B君が最初に入れることになった。
    私は「入れるならコンドームつけないと」
    ととっさに言った。
    B君が「あ、そうだね」と言って
    引き出しからコンドームを取り出し、着けた。
    C君が「慣れてるなお前」と言うと、
    B君は「つける練習するために買った」
    と言ったのが印象に残ってます…
    私が「ほんとにつけた?」と確認すると、
    B君はゴムをつけたアレを私に見せた。
    私は「いいよ、入れても」と言った。
    B君が私のあそこにアレを入れてきた。
    何度か滑ったみたいだが、
    それがまた気持ちよかった。
    私は胸をA君に犯され、あそこをB君に犯されていた。
    それまで我慢していた声が、我慢できなくなった。
    私はあんあんと喘ぎながら、
    二人の腰使いで感じてました。
    するとA君が「イク」と言って、私の胸の中で射精した。
    「あ、熱いよ」と私は口に出して、酔いしれていました。
    A君が離れると、私の胸の間に精液が溜まっていました。
    私はそれを見て、
    なぜかすごいエッチな感じになりましたね…
    B君と激しくセックスしている間、
    C君とD君はそれを見ていた。
    二人とも我慢出来ないのか、自分でいじっていた。
    私はそれを見て、この後この二人ともセックスするんだ…
    と思うと、すごく興奮した。
    B君はとにかく気持ちよくなりたいって感じで
    腰を振っていた。 そしてB君が
    「あーイク」と言って、中でゴム出ししました。
    私はいけなかったけど、結構気持ちよかった。
    B君が私からアレを抜いた。
    するとA君が私のアソコを見てきた。
    A君はまだ見てなかったので、
    さっきのB君達と同じようなリアクションだったと思う。
    D君が「悪いけど見学は自分の番でしてくれ」
    と言って、私に入れてきた。
    私は「ああ…」と入れられた時に声が出てしまいました。
    D君はB君以上に激しかった。
    ただ何度かアレが抜けたりしましたが…
    A君が私の顔の付近にアレを持ってきて
    「A子見てたらまた大きくなったよ」と言って
    大きくなったアレを口に押し付けてきた。
    私は目をつぶってA君のを口に含んだ。
    A君のいる方の逆側から、
    もう一本アレが私の頬に打ち付けられました。
    C君のでした。
    C君は「俺のも頼むよ」と言って、
    私の手を自分のアレに握らせた。
    私はD君と激しくセックスしながら、
    A君とC君のを交互に口に含みました。
    私は「んー、んー」と声を荒げながら、
    鼻息も荒くなっていた。
    私は口に含んでいたアレを離し、
    「あーいっちゃう!」と思わず声に出してしまった。
    A君が「いっちゃえA子」と私の乳首をコリコリしてきた。
    C君もそれを見てしてきた。
    D君が「いかしてやるよ」といって
    腰をガンガン打ち付けてきた。
    私は内股に力が入り、
    「イク」と言ってイッてしまいました。
    ちなみにこれまでセックスでイッた事はなかったり…
    私がイッた後の感覚に浸っていても、
    D君は腰を振り続けた。
    A君とC君も私にアレをしごかせた。
    D君が「あー俺もイクよー」と言って
    さらに動きが早くなり…ゴム出し。
    D君は「あーすげー気持ちよかったぁ」と言いながら、
    私の中で射精してました。
    D君がアレを抜く前に、
    C君はすでにその後ろに周っていた。
    D君が抜いてどくと同時に、
    C君が入れてきました。
    「A子、A子」と言いながら、
    すごいペースでピストンしてきた。
    私は「あっあっ」と声をあげていると、
    A君が「ほら舐めてよ」と口にアレを押し込んできた。
    私は口の中でA君のアレを舌で舐めまわしていました
    それもすぐに出来なくなりました。
    それだけC君のピストン運動が激しく、気持ちよかった。
    だがC君は明らかにオーバーペースで…すぐにゴム出し。
    C君は「ああー」と言いながら
    射精の感覚に酔っているようでした。
    早すぎだろと誰かが言って、
    C君は「自分でしこりすぎたわ」と言いました。
    A君が私のあそこに入れてきた。
    「これがマンコかぁ…すげー」と言っていた。
    A君が腰を動かしていると、
    D君が私の口に力でアレを含ませてきた。さらにB君も。
    C君は射精したばかりなのに、
    精液で濡らされた私の胸の間に挟んできた。
    私は4人の男を同時に相手にした。
    それぞれのリズムで腰を打ちつけ、
    私の体はわけがわからなかった。
    恐怖もあったが…今までにない快感を感じていた。
    みんなが私で興奮している、
    私で出したがっていると思うと、頭がおかしくなったね…
    D君の喉の奥まで出し入れするフェラに苦しみながらも、
    私は声を荒げた。
    鼻水がちょっと出てきたのを覚えている。
    話し声はなくなり、
    みんなの熱い吐息だけが聞こえていた。
    D君が「あーイクぞ!」と言って
    また口の奥で射精してきた。
    精液の量が前と比べて少なかったが、
    さすがに慣れなかったね…咳き込んだ。
    A君が独り言のように
    「すげー気持ちいい」と繰り返し言っていた。
    するとC君が「やべイク」と言って
    私の顔にアレを持ってきて射精。
    私は目をつぶってA君の精液を顔で受け止めた。
    C君が出し終わり、離れた。
    B君が「うわ、顔射エロイな」と、
    精液のついた私の顔を褒めて(?)いた。
    B君はC君が出している間も、
    ずっと私にアレを咥えさせていた。
    B君が「よし俺も顔に出してあげるからね」と、
    D君のように奥まで腰を打ち付けてきた。
    A君とB君のピストンに犯されながら、
    私は必死に呼吸しながら感じていた。
    するとB君が「顔にかけるね!」と言って
    口から抜いて顔に射精。
    B君は顔にかけている時、
    A君も「あー俺もイク!!」と言ってゴム出しした。
    私は二人ほぼ同時に射精されてしまった。
    「あー気持ちよかったぁ」とB君が離れ、
    A君も離れた。 私は目が開けられない中、
    私は犯された感覚に震えていました…


82  (仮)北山えり - 2015/02/08(Sun) 19:41 No.27878
    また書きま〜す❕レースクイーン時代の話、私たちレースクイーン(女の子)はスポンサーへの贈答品だった要するにプレゼント❕接待で呼ばれたときはヤラレるのは覚悟でまぁ〜お約束って訳、「レオタード姿で」って指定されて白に真っ赤な字でスポンサーロゴ股の具をギリギリ覆い隠してる5.5cmの布きれハゲおやじにお酌とかさせられてるのだけどお酒も入ってるし、そもそもスケベなことをやるつもりで来てるんだし、こっちはお金出してるんだからって感じ、もうお構いなしにオマンコや胸揉まれてブチュ〜!ってキスされて股間を隠してるレオタードをグイッとずらしただけでオマンコ丸出しにされてハゲ親父にマンコも肛門もベロベロ舐めまくられてマン繰り返しにされてお銚子の日本酒をマンコの中に注がれ指でコチョコチョ!マンカスをお酒になじませる感じでオヤジが飲んでたマンコからお酒が吸収されたのかマンコからお腹の中まで熱っ〜くなっちゃってそのままオヤジに乗っかられてマンコの中に汚ったねぇチンコ突っ込まれて親父が反転して私がオヤジに跨った状態でチンコ刺さったまんま、さっきまでみんなで突っついてたすき焼きのラードを私の肛門に塗り込んで、ことの状況を理解した私は「ギャ〜!」ってさすがにアナルヴァージンだし「怖いっ!」ってでもズニュッ!って根元まで(ビックリ)で前と後ろでお腹の中を掻き回されて、まぁ〜何回もイカされちゃったってことだけどマンコに指突っ込まれて膀胱をお腹の中からグイッ!って押し出されたら…出ちゃうでしょ女の体はそうゆう仕組みになってるんだから、何度もイカされて潮吹かされて一晩中、朝になってお風呂でマンコ見たらパカ〜ンて口開いたまま、で薬湯に入ったらマンコもアナルも沁みるし入っていられなかった、こんなことばっかりやってたらまともな人生送れないなぁ〜って、真剣に考えだした頃だった。


83  三乃 - 2015/03/27(Fri) 18:07 No.28440
    はじめまして、私は29歳主婦です。昨年私はパートにでたのですが、夏に行なわれた慰労会のことを書きます。
    でも、その前にこれを読まれてる方(男性)に質問があります。
    もし、ある日突然奥さん(彼女さんでも可)のアンダーヘアが綺麗になくなっていることに気づいたら、あなたはどうしますか?

    私の場合は、慰労会に参加した時にいろいろありまして、私が気づいた時にはもう剃られてなかったのです。その時のことは後に詳しく書きたいと思いますので、ご意見よろしくお願いします。


84  人妻 - 2015/03/24(Tue) 16:05 No.28411
    私は二十八歳の主婦です。
    誰にもいえない口惜しさと悲しみを込めて、
    憎い少年を告発します。
    私は先月、中学二年の少年にレイプされました。

    少年は私と同じマンションに住む家族の長男で、
    去年の秋、越してきました。
    同じ階なので時々すれ違ってはいましたが、
    話などしたことはありませんでした。
    見るからに陰気で、小太りな、醜いブタのような少年です。
    先月、夫が海外に長期出張した一週間後のことでした。

    土曜日の午後、
    買い物から帰った私はドアを開け中に入ろうとした時、
    背後に人の気配を感じました。
    振り向こうとした時には腹部に鋭い痛みを受け、
    苦痛と呼吸困難で抵抗できない私は後手に縛られ、
    リビングに引きずられていきました。
    少年はコートとブーツを身に着けたままの私の下半身から
    パンストと下着をむしりとりました。
    コートとスカートを捲り上げられ、少年にのしかかられました。

    この間、私は必死に抵抗しました。
    私は自分の身に起っていることに動転しながら、
    少年をたしなめ、叱りました。
    少年は初めてだったのでしょう、
    必死に閉じ合わせた私の股間に
    男性器を何とか押し込もうとしているうちに射精しました。

    最悪の事態だけは避けることの出来た私は少年に
    「出て行きなさい」
    ときつく言いました。

    しかし少年はぞっとするような暗い歪んだ顔を向けて、
    「おばさんのこと前から狙ってたんだ」
    と言って
    再び私に襲い掛かってきました。
    コートをはだけられ、ブラウスを引き裂かれ、
    そしてブラジャーは引き千切られました。
    剥き出しになった乳房に少年は狂ったように吸い付いてきました。
    再び勃起した少年は今度は私の両足をソファの脚に開いて固定しました。
    私は身をよじり、あらん限りの抵抗をしましたが、少年に貫かれました。
    遮二無二に腰を使う少年は醜い顔をさらに醜く歪め、私の膣内に射精しました。

    私の夫は無精子症で私たち夫婦に子供はありません。
    私はレイプされたショックと妊娠の恐怖に泣きました。
    少年はそんな私の姿を写真に撮り、乳房や股間をいじりまわしました。
    そしてもう一度私を犯し、膣内に射精して少年は帰っていきました。

    翌朝の日曜日、私が口惜しさとショックから立ち直れず、夫に相談するか、
    警察に訴えるか、迷っている時少年がやってきました。
    今から思えばこの時毅然とした態度で、
    厳しい対応をしていればと悔やまれます。

    少年はポラロイドの写真を私に見せつけ、
    弱気になっている私を昨日と同じように
    後手に縛り、そして衣服を剥ぎ取りました。

    少年は泣いて嫌がる私を二度貫き、
    二度とも膣内に射精しました。

    その後は三日に一度はやってきて私を犯します。
    フェラチオを強要され、ある時などは二時間以上咥えつづけさせられました。
    私の口の中に射精しては再び勃起を繰り返し、
    終った後、私の顎は痺れて暫く口を閉じることが出来ませんでした。
    先週は、肛門を犯されました。
    出血し、泣いて嫌がる私を楽しんでいるようでした。
    私は少年にどんなにいやらしい事をされても、決して感じませんでした。
    卑怯で、卑劣な少年に対する私の唯一の支えでした。

    しかし昨日、その支えすらも失いました。
    次第に性交になれてきたのか、
    少年の巧みな腰使いに私は女の生々しい姿を晒し、
    身体を痙攣させて、達してしまいました。
    そのときは声だけは出すまいと唇を必死に噛み締め耐えましたが、
    大人の女の生々しい反応に少年は異常に興奮したのか、
    二度、三度と激しく挑んできました。

    そして遂に私は恥かしい声を洩らし、
    涙を流しながら、身体を痙攣させ、達してしまいました。
    年下のしかも中学二年の少年に弄ばれ、感じてしまいました。
    私は恥かしくて、口惜しくて、そして情けない。

    今月の生理はまだありません。
    あの醜い小太りの少年の子供を胎内に宿しているのかと思うとぞっとします。
    憎いあの少年を何とかしてください。
    涙で目がかすんできたのでここでやめます。


85  あかね - 2015/01/27(Tue) 16:20 No.27716
    大学生です。

    サークルの先輩に犯されました。
    その後他の先輩たちにも回されました。
    いえ・・・・・犯されてます。回されてます。

    とっても嫌で悲しくて、その時も、終わった時も涙が出てしょうがないのに
    体だけは感じてしまい、ビクビクと身悶え、それを私を犯す先輩たちに見られ面白がられます。
    それがとっても恥ずかしくて悲しいです。

    先輩たちは
    ニヤニヤと嫌らしい目で私を見ながら私の体中を弄って
    私の体が反応するのを嬉しがり本当に嫌らしい声で笑いながら犯し続けるんです。
    私が本当に嫌がってるのに。


    そして一層つらいのは
    一度いかされてしまった後なんです。
    いかされるた後の私は、身体のどこを触られても弾けるほど感じてしまいます。
    それに
    私の膣の中が蠢いて、男性のそれを、自分の意思と関係なく締め付けるみたいなんです。
    それで
    先輩たちはバカみたいに嬉しがり興奮するんです。
    そして
    それだけでなく私自身も
    先輩が動いていないのに、私の中の男性のそれが動かされてないのに
    私の内側と男性のそれとの摩擦や圧迫の刺激が続き、絶え間なく快感が襲ってくるのです。
    私の膣の中が、勝手に男性のそれに纏わりついて、自分から男性を刺激して、快感を生み出してくるんです。

    一度いかされてしまった後の私はそのせいで、永久に何度も繰り返しいかされ続けます。
    めくるめく快感に翻弄されます。相手が好きでもない先輩たちなのに。

    一度に何人かの先輩たちの相手をさせられる時には、それはさらに地獄の責め苦のようです。

    私の身体は、なぜこんなことになるのでしょうか。
    女性はみんなそうなのでしょうか。


86  美姫・マンジェロ。 - 2015/03/25(Wed) 17:27 No.28418
    jk3年生です。
    もう卒業だから、全部話しちゃいます。
    学校へは電車通学です‼超満員です!
    痴漢野郎と盗撮野郎は態々その超混んでる時に連環して仕掛けてくる!たちが悪い。
    壁役、触り役、盗撮役、股開かせ役、壁役は3〜5人いてほかの通勤客に怪しまれないように壁を作ってる。
    股開かせ役は足の間にアタッシュケースを突っ込んできて
    足を閉じることができないようにさせられる!
    後は触られて、下からパンツ盗み撮りされる訳。
    パンツ盗み撮りされるのはもう慣れっ子になったけど
    触られるのは流石に恥ずかしいし気持ち悪い!
    処女じゃ〜無いし、週に3回はオナニーもする!バイブをクリに充ててよがってるんだけど、他人の知らない親父に触られるほど、お人良しじゃない!
    制服のミニスカとパンツの間を行ったり来たりして、男の人なら「物」が付いてる部分を正面から撫でられる!
    マンコの丘のところ!恥骨部分を揉み揉みされる
    そして割れ目をいじられて、クリを刺激してくるのよ!
    お汁も声も出ちゃうから恥ずかしいのに、親父たちはそれが嬉しいのか何度かマン毛にまで触られたことあるよ!
    この春で卒業だから、あの親父たちと会うこともないです。
    さようなら!


87  mao - 2015/03/22(Sun) 03:33 No.28399
    私は今まで痴漢やナンパは良くされていた。でもレイプだけは経験がない。だからレイプをされたくて日に日に願望だけがとても強くなって…
    突然に体を制圧され激しく突かれるのは、恐怖心でもの凄く興奮するし、失神するほど子宮はもとても気持ちが良い。レイプがされたくて仕方がない…


88  - 2015/03/18(Wed) 12:28 No.28367
    私はもう戻ることが出来ない深みにはまってしまいました。
    優しいあなたと、命より大切な子供に囲まれて幸せいっぱいの暮らしだったのに。
    みんなに尊敬される大学教授のあなたと、真面目だけが取り柄の高校教師の私。
    そんなつつましい生活だったのに。
    あなたを裏切ってしまって本当にごめんなさい。

     相手は去年の同窓会で酔った私を家まで送ってきてくれた私の同僚のK先生です。

    酔って私に触れようとしてあなたと口論になり、捨てぜりふを言って帰っていったあのKです。
    そのKの罠にはまってしまいました。
    私の身体はもうあなたの下には戻れない身体になってしまったんです。

    初めは力ずくでした。
    これだけは信じてください。
    力ずくで犯されたんです。
    学校の自然教室の引率で行った蔵王のホテルで、「先日のことで謝りたいから」 って言うので部屋に通したら、突然抱きすくめられ、押し倒されて、私は全身の力をこめて抵抗したんです。
    それでも着ているものを全部脱がされて、身体中あちこちを触られて、最後までされてしまったんです。
    すごく悔しくて、すごく悲しくて、自殺したかった。

    あなたにすごく申し訳ない気持ちだった。
    全てが終わった後ずっとひとりで泣きました。
    一晩中。

    でも翌日には生徒の前に出なければいけない、そう思って、無理して平静を装っていましたけど、ふと目を閉じると、瞼の裏にあの時の悪夢のような情景が甦ってきて、恐怖で身体の震えが止まらなくなりました。

    でも何度も何度も思い出すうちに、その度に身体が熱くなることを感じていたんです。
    私の意志も人格も無視して、力ずくで私の身体を奪ったKが憎い、

    汚らわしいものを受け入れてしまった私の身体が憎い。
    恥ずかしい、私ってなんて汚らわしいの、その行為自体は凄くイヤな事なのに、犯されている自分を思うと、どんどん興奮していってしまう。
    自分で自分がわからなくなるほど、熱いものが身体を、心を支配してしまうんです。

    二度目は深夜の教室、自然教室で撮られた写真をばらまくと脅されて、行ってしまいました。
    土曜日の夜、夕食後に仕事してくるって言って出かけていったあの日のことです。

    その時も暴力的でした。
    真っ暗なLL教室に入ると、いきなり後ろから抱きつかれて、立ったままスカートをめくられ、下着を下ろされて、その時も抵抗しました。
    力一杯抵抗したつもりだったのに、でもその時、本当はこうなることが分かっていて、犯されることを期待していた自分を確信してしまったんです。

    一度後ろから犯されて、放心状態だった私を今度は服を脱がされ、冷たい床に倒されて、何度も何度も犯されました。
    その時はもう抵抗できませんでした。
    なんでだかわからないけど、身体に打ち付けられる快感に負けてしまったんです。

    三度目は、Kに連れられてラブホテルに連れ込まれました。
    連れ込まれたと言ってもホテルに入るとき抵抗したわけではありません。
    部屋に入るなり抱きすくめられ、私は「いや、」とか「だめ。
    」とか言ったんですけど、ホテルにまで入りながら抵抗している自分が逆におかしくなってしまいました。
    するとKは、「あんたは、抵抗しながら無理矢理犯されるのが好きなMなんだな。
    」そう言われました。
    そうかもしれません。
    女性はみんな被虐的快楽を求めるM性があるって何かの本で読んだことがあります。
    Kは私に目隠しをして、両手両足を縛り、服を着たまま犯しました。
    私はのたうち回りながら快感にむせび泣きしました。

    四度目は私の方からKのマンションのドアをたたきました。

    欲しかったんです。
    Kに犯されたかった。
    次はどんなふうにして犯されるのか想像しただけでも身体が熱くなってくるんです。

    もう私の身体はKのものです。
    Kの○○がなければ生きてゆけません。
    Kはまた私に目隠しをすると、奥の部屋から他の男達を呼び出してみんなに犯させました。
    焼酎臭い息や、あきらかに50代以上の加齢臭、まるで餌にむらがるハイエナのように私の身体にむらがり、よってたかって服を脱がし、身体中を舐めて、代わる代わる挿入してきました。
    私はオヤジ達の精液でまみれ、ボロ雑巾のようにプライドも貞操もズタズタにさせられました。
    その後はもう坂道を駆け下りるごとくです。

    Kは私に遭う度に様々な刺激的な行為をさせました。
    レズもさせられたし、中学生ぐらいの子供の相手もさせられました。
    それもこれもKの言うことを聞けば、最後にはKの○○に貫いてもらえると思えばこそ、Kの言うことはなんでも聞きました。
    たった3ヶ月のあいだに私の身体はKのものになってしまいました。
    もう自分でも制御できません。
    Kの大きいモノがなければ生きてゆけません。

    あなた、ごめんなさい。
    私はあなたを裏切り、Kの子供を妊娠しています。
    はじめに犯されたときに出来たものだと思います。

    Kは私を愛してなどいません。
    あの時あなたに罵倒され、あなたを強く恨んで、あなたの妻である私を自分のものにして孕ませることが目的だったと言っています。
    でも私はKさんのことを愛しています。
    私の心もKさんのものです。
    ごめんなさいあなた。


89  OL - 2015/03/23(Mon) 13:55 No.28406
    私は、結婚3年目のOL主婦をやっている32歳です。

    主人とは、職場結婚して、まだ子供はいません。

    去年の春に私は、昇進して夏に会社で管理者研修が、東京で行われました。

    管理者研修は、2泊3日の予定でした。

    不幸なことに、台風が近づいてたので、会社から予定より1日前に出発するように言われました。

    まさか、この1日前になることによって、複数の男の人達から痴漢されて、ホテルでは酔っ払いの男の人達に

    犯されることになりました。

    私は、会社から連絡で、急いで出張の準備して3ケ月ぶりに単身赴任から帰って来たばかりの主人に空港まで

    送ってもらうことにしました。

    主人から軽く引き受けてもらい感謝でしたが、主人から空港に向かう途中に気になるキーワードを言、われました。

    「恵、そんな服装で大丈夫か? そんな露出が高いと痴漢に狙われるじゃ?」

    「えぇ、そうかなー ここも雨降ってるし、東京も雨が降っていて蒸し暑いし、今日は泊まるだけだから

    身軽の軽装がいいのよ。それに、32歳のおばちゃんに痴漢なんか来ないわよ。」

    私は、主人から指摘された服装は、改まって見ると白の胸元が広いサマーセーターにデニムの前がファスナーで

    開くミニスカートで生足でサンダル姿です。

    急いで出張の準備をして、雨が降っているからスーツを着ていくとしわになると困るから私服を選択したのです。

    しかし、主人は心配していて用心するように言われました。

    「本当に注意しろよ。 でも今日の恵は、綺麗だよ。俺が痴漢する。」

    と言うと信号機が赤になると私の胸をサマーセーターの上から触ってきました。

    「あぁぁ〜ん ダメよ〜 誰かに見られちゃうよ〜 もう・・・気持ちいぃぃ・・・」

    さっき、主人に言われた痴漢の言葉に反応して私のアソコは、熱くなり主人から胸を触られただけで、

    エッチな気分になりました。

    その理由は、私が高校生3年生頃引っ越しして電車通学になると、いつも特定のおじさんに痴漢される

    ようになって、初め頃は、嫌だった痴漢行為が段々と私のアソコを屈辱する指が、気持ち良くなりおじさんの

    痴漢行為を受け入れるようになりました。

    おじさんの痴漢に虜になった私は、制服のスカートも短くして、パンティもTバックを着るようになりました。

    おじさんとは、肉体関係までなり指使いとアソコを舐められる快感は、今までの元彼や主人とは比べられない

    くらい気持ち良くて忘れなくています。

    おじさんが、転勤してしまい、あれからSEXに関しては、ある意味欲求不満かもしれません。

    でも、痴漢のキーワードを聞いて主人の痴漢見たいな行為に感じています。

    信号機が、青になると車が走り出して、主人は左手で私の太ももを触ってきました。

    段々と手が、内側を触ってきてアソコを刺激してくると、アソコが濡れてきているのが分かります。

    主人の指が、パンティをずらしてアソコに指が侵入してきました。

    「恵、オマンコがめちゃくちゃに濡れているよ!!」

    主人から3ケ月ぶりに触られて、痴漢行為見たいにされて私のエッチなスイッチが入ってしまいました。

    「だって・・・あぁぁ・・・久しぶりでしょ(^o^) 気持ちいぃぃ〜(≧∇≦)b (≧∇≦)b (≧∇≦)b 」

    私も主人の股関に手を持っていきおちんちんを触ると主人のおちんちんは、勃起していて舐めたくなりました。

    無情にも空港に着いてしまい、飛行機の時間が無く、痴漢プレイは終了してしまい主人も私も欲求不満のままで

    別れる前に一言釘をさされました。

    「恵・・・大丈夫か? 痴漢されたら耐えられないじゃ? 本当に注意しろよ!」

    私は、結婚してから浮気もしたこと無いし、これからも浮気なんかする気も無いけど、あの痴漢おじさん見たいな

    SEXをしてもらえないだけが不服な所があるけど、浮気はしないし、痴漢に遭っても大丈夫とこの時は、

    思っていました。

    「大丈夫よ。痴漢されたら声を大にして言うから痴漢ぐらいで感じ無いし大丈夫よ。東京に着く時間も20時だし

    電車も混んでないよ。痴漢する人も電車がすいていたら出来ないでしょ。」

    正直、自信はありませんでしたが、主人を安心させる為に言いました。

    主人と空港前で別れて歩いていたらブラが、ゆるくなって感じの異変に気付きました。

    時間が無いので急いで搭乗手続きと荷物を預ける手続きをしました。

    手続きを終わらせて、空港のトイレで、サマーセーターを脱いでブラも外すとフロントホックが欠けているのです。

    主人が、さっき胸を強めに揉んだ時に壊したんだ。

    ブラを一回外すとフロントホックは、完璧に壊れてしまいました。

    色々と考えましたが、ブラをバックに入れてノーブラを選択しました。

    人目が気になりましたが、私の中で夜だから大丈夫と言い聞かせて飛行機に乗りましたが、この行為で後から

    痴漢されやすい服装になり、この時は痴漢されることになるなんて思っていませんでした。

    飛行機は、定刻通り東京に着いてモノレール乗り場に行くと、人で混雑していて電気系統の故障で、モノレールが

    遅れていているのことです。

    私は、とりあえずすいている列を捜していると、途中にガラの悪いおじさん達とすれ違ってジロジロと私を

    見ているのでその場を急いで通過しました。

    歩いていると、やっとすいている列を見つけ並ぼうとしたらスマホにメールが届いたので、並ぶ前にチェックする為

    立ち止まって確認すると主人からで、ホテルに着いてから電話して欲しい内容でした。

    確認後に列に並ぶと、前に並んでいるおじさん2人に見覚えある感じで、あーさっきのガラの悪いおじさん達だと

    思い出しました。

    嫌だなと思っていたらモノレールが来たので、まぁいいかって感じでモノレールに乗り込むことにしました。

    モノレールの中から乗客が降り終わると待っていた乗客が乗り込み初めて、私も押されながらキャリーバックを

    なんとか、荷物置き場に置くと押されて車両と車両の間の手前にたどり着来ました。

    私の前には、1人掛けの座席があるから座ろうとすると、さっきのおじさんに座れてしまい立って行くことに

    なりました。

    浜松町駅まで、ノンストップなので約20分くらいだからガマンだと言い聞かせて窓を見ていると、窓ガラスに反射して

    私の後ろに、多分なのですが、さっきの残りおじさん達ではないかと思っていたら横に立っているのもさっきの

    おじさんで、私はさっきのおじさん達に気付いたら囲まれています。

    嫌だなーと思いましたが20分くらいのガマンだと言い聞かせていると、モノレールが動き始めました。

    モノレールが出発すると、すぐにお尻に何か当たっている感じして、窓ガラスを見ると反射して見える

    おじさん達が、私の下半身をニヤニヤして見ています。

    お尻に何か当たっていたのも更に強くなって当たっているのではなく揉まれている感じで、しかも左右から

    お尻を揉まれていて間違いありません。

    私は、間違いなく痴漢されていてお尻を触っているのは、1人ではなく複数の手が、伸びてきて痴漢されて

    いるのです。

    痴漢に遭ったことはありますが、複数の男の人に痴漢されるなんて初めてのことで、どうしたらいいのか分かりません。

    痴漢してくる手は、容赦なくお尻を揉んできてスカートもめくられて直接、お尻や太もも触ってきました。

    前に座っていたおじさんと目が合うとニヤニヤしてスカートの前ファスナーを開けてパンティの上からアソコを

    屈辱して、横のおじさんは、サマーセーターの上から胸を揉んできて、私を痴漢しているのは、少なくとも5人は

    います。

    私は、感じたらいけないと必死でガマンして声を出さないようにしましたが、こんなにいっぺんに痴漢されたら

    変になっちゃういそう。

    胸とアソコを前から後ろからそして左右から屈辱されて、今まで感じたことが無い快感襲われました。

    横のおじさんがおちんちんを出して、私に握らさせて、私はびっくりしました。

    今まで見たことが無いおちんちんで、主人のおちんちんより2倍くらい大きいのです。

    初め内は、おじさんに手をそえられおちんちんを手で握っていましたが、おじさんが手を外しても自らおちんちんを

    手コキしました。

    もう私は、自分の感情をコントロール出来なくなっておじさん達の手で快楽に落ちていきました。

    浜松町駅に着いてからは、おじさん達に連れて行かれました。

    この後の記憶が飛んで気がつくとホテルで6人の男の人達に口とアソコとアナルもバイブやおちんちんに

    犯されました。

    一晩で、6人を相手したことは、初めての事で、複数プレイも快感です。

    東京から戻った私は、主人のSEXだけでは満足出来なくなりました。

    今は、バイブをアソコとアナルに同時入れて口にもバイブを咥えて犯されているイメージで、オナニーを

    するのが日課になっています。

    また、東京出張があるのが楽しみです。


90  fuimi.sawamura - 2015/03/18(Wed) 08:47 No.28365
    60過ぎのおばさんじゃぁ、お気に召さないでしょ?
    上大岡のマンションに住んでるのっ2fよっ!
    すぐ向かいが公園でいつも子供たちが遊んでいるわ!
    急な坂道を登り切った!そう!そのマンションよ!
    勇気がある方は声かけてほしいわっ!ハッキリ言えばヤラレタいの思いっきり後ろから豚のように突っつかれるとブヒ〜ブヒ〜って泣くわよ!
    60過ぎても女は女!女はマンコに突っ込まれたい生き物なのよっ!お願い!来てぇ〜!!


91  ななこ - 2015/02/10(Tue) 11:02 No.27901
    レイプされて投稿画像一覧を見るに載せられました。

    こんな恥ずかしい画像載せられて
    恥ずかしくて堪りません。

    お願いだから消してよ。


92  マユミ・ナイチンゲール。 - 2015/02/21(Sat) 01:20 No.28075
    ここで呼んだ体験談によく似た経験があるので書いちゃいます。私ではなく友達の友達ぐらいの存在の子が、短大生でバイキャバやってて、いつも来るヤァ〜さん連中の井上がいい子、用意しろっ!って、で店長が「一週間前に入った女子大生がいるんですよっ、夢来(むく)ちゃ〜ん」呼ばれた彼女は接客について、で気に入ったのか頻繁に来るようになって、決まって指名するのが夢来ちゃんだった、次第に腰に手を回されたり、太もも触られたりするようになって、井上がトイレに立つと、トイレまでおしぼりを持って待ってなきゃならないのだけど、おしぼりを渡そうとしたらグイッって腕を引っ張られて、トイレの暗がりでブチュブチュ〜てキスされて、顔に3万突きつけられてパンティを売ってくれって言ってるらしい、断り切れずその場でドレスの中に手を突っ込んでパンティをスルスルッて脱いで渡すと席に戻るときに「ちょっと着替えてきます」て予備のパンティを履きに戻ったらしい、あとで店長に泣いてやめたいって訴えたらしい、結局井上達が来た時は隠れてていいからってことになったんだけど、「今日は夢来ちゃんいる?」って電話かけてくるようになって、その都度「今日休みなんです」とか「今日は具ワイ悪くなってもう帰りました」って言い訳していたそうなんだけど、さすがに自分から逃げてることぐらい察しが付くだろう、それからというもの、ピッタッと来なくなったそうなんだけど、そしたら何故かスーツを着たサラリーマン風な3人が夢来ちゃんを指名するようになって、何度目かにアフターに誘われて「知ってる店があるからそこに行こう」って、そのスナックは井上系の店で夢来ちゃんが入ってすぐに井上が入ってきて「あれっ!夢来ちゃん、久しぶりやんかぁ、一緒に飲もうヤァ」彼女凍り付いたらしいけど逃げ場がなくて井上に体触られまくってトイレに立つとその後をついていくしかない、トイレから出てきたらまた3万円を出してきて「ンっ!」て「ここでは無理です、履いて帰るパンツがないんですからっ」て言っても「早くしろっ」って言われて諦めてドレスに手を突っ込みパンティを脱ぎ、手渡して戻ろうとしたら腕をグイッって引っ張られてブチュ〜てキスされたかと思ったらドレスに手が入ってきて生オマンコ揉まれてそのまま押し倒されて生まれて初めて男にオマンコ舐められたらしい、井上が夢来ちゃんを強姦(やっちゃう)ことは店側も知ってることなのでトイレのほうでなんか騒がしいなぁ、ってなっても動じないわけだ、結局、姦られてその後も付き合わされて、その下っ端のやつにもオマンコやられて、今でも井上の女らしいけど。


93  理沙はー - 2015/03/17(Tue) 14:48 No.28359
    どうなりましたかね?


94  匿名女性 - 2014/03/12(Wed) 06:06 No.25494
    レイプされてて、快感があっただの、気持ちが良かったと冥想文でも投稿しないで

    偶然このコーナーを見て半年前の忌まわしい過去を思い出してしまいました

    本当にひどかったし、不潔で気持ちが悪い体験です
    暗がりで草むらに引きずり込まれ、刃物を首に充てがわれ(殺すぞ、静かにしろ)と脅され恐怖で抵抗できない私の口の中に男性自身を押し込んできました、勿論(噛むなよ)と言われたから何も拒否できなかった

    臭くて不潔なそのものを男は私の髪をわしずかみしながら出し入れしたは、しばらくして(ええなー 吐き出すなよ そのままじっとしてろよ わかったな)と言ったあとすごい勢いで私の喉の奥に気持ちわるいものが飛び込んできたわ、一瞬オエッっとなって相手を突き放そうとしたけれどガッチリ頭を抑えられていたから男が終わるまでじっと我慢していました

    私の口から男が離れた瞬間、一気に吐き気がしてきて胃の中身と共に嘔吐して近くに吐き出していました、男はその隙に私から逃げて行きましたが、もう気持ちが悪くて、臭くて 今こうしてる時もあの時の場面を思い出しては嘔吐しそうになります

    でも私の下半身に一度も触れることなく妊娠の心配がなかった行為をされなかったことだけ本当に良かっと今ホッとしています

    どこの誰かは知らないけど、馬鹿やろーー と叫びたいです


95  大年増 - 2015/03/15(Sun) 11:54 No.28347
    こんなおばさんを酔わせてしかも泥酔状態にして・・・
    朝方、目を覚ましたらびっくり
    足首を浴衣の紐でベットに縛りつけて大股開げて・・・
    部屋中にティシューと避妊具が散乱

    ○○○君を入れたら12人ね^^
    若い子はいいわね。
    これを見たら連絡頂戴、待っています。


96  舞美21才 - 2015/03/20(Fri) 13:37 No.28387
    私は短大生、去年のハロウィンの夜、新宿のスクランブル交差点にいた、友達の女の子と3人で、テンションも上がってて普通ならそんな風にならないのに、そこにいた数人の遊び人風の大学生に声かけられて話してたんだけど明らかに個の男たちはハロウィン以外の別の目的で来てることに気が付き、そいつらから離れようとすると前から人が押し寄せてくるのでごった返してるうちに2人の友達が見えなくなって慌てたところに
    「舞美ちゃん!大丈夫?」「大丈夫?大丈夫?」ってどんどん手を引っ張られて群衆に飲み込まれていって。
    その時私はピカチュウの着ぐるみに中はスエットのズボンと上はティーシャツだけだった。
    あっ!という間に口塞がるれて、後ろのジッパーを腰の下まで下ろされて男の手が何本も入ってきたTシャツめくられてブラの中をまさぐってオッパイ揉んだりスエットの中にも手を突っ込んできて、その日は女の子の日でパンツとマンコの間にナプキン挟んでいて、血が付いてるから簡単にマンコに指突っ込まれて、思いっきりマンコ揉まれまくってパンツ引きちぎって走って逃げて行った、その場で蹲って泣いていたら友達が探しに来てくれて、帰った。
    レイプされた訳じゃないけど、レイプされたぐらいにショックは大きかった。


97  矢田 - 2015/03/11(Wed) 12:51 No.28319
    僕の母は現在43歳です。母子家庭なので僕とふたりで暮らしています。岩手出身のおっとりした性格の優しい母親です。昔、陸上をしていたこともあってなかなかのプロポーションをしています。そのうちにいろいろな人が母をいやらしい目で見ていることが分かりました。

    中学の時の友達らは「お前の母さんエロいなw」と何度も言い、母が現れると明らかに視姦していました。
    電車で座っていた母の顔にいきなり勃起したチンコを出して汁をかけたおじさんもいました。
    最初は気持ち悪かったですが、段々そのシチュに興奮するようになりました。

    ある時、母は少し太ったと言ってジョギングを始めました。何日か続けていましたが、ある日涙目で家に帰ってきました。よく見るとタンクトップとパンツに白っぽいシミがベッタリとついていました。母は黙っていましたがどうやら変質者にぶっかけられたみたいです。すすり泣きながら服を洗濯する母を見た僕は部屋に篭って何度もオナニーしました。

    そんなことが何度も続きました。お尻や腕に無理やり擦り付けられたようなシミがあったりもしました。服だけじゃなく髪の毛や口のまわりに精液がついていたこともあります。物静かな母は抵抗できなかったのかも知れません。結局ジョギングはやめてしまいました。

    ところが今度は外で干していた母の下着が盗まれるようになりました。そして必ず数日たってから精液まみれでパリパリになった状態でポストに投げ込まれるのです。
    母は僕に心配をかけないように警察も呼ばずにこっそり洗っていました。

    日の日にその行為はエスカレートしていき、母の風呂やトイレの盗撮写真がポストに入っていたり、母が干した愛用のジョギングパンツが股間部分に執拗に精液を塗られたうえに小便まみれでぶら下げられていたりしました。さすがの母も警察を呼びましたがDNA鑑定なんてするはずもなく、警備強化するとだけ言われてました。盗撮写真は僕がもらっておいたので母は知らないです。

    母が出かけている日はその変態を真似して下着に射精したりジムで使うスポーツドリンクに精液を入れたりして楽しんでいます。こないだは母のディルドを見つけてチンコを擦り付けて精液を塗っておきました。
    ばれたとしても僕が疑われることは無いでしょう。

    今更ゆがんだ性癖を直すつもりもありません。
    そのうち母がレイプされるのではないかと心配と期待で毎日楽しみにしています

    何か進展があれば書き込みます


98  mao - 2015/03/19(Thu) 02:29 No.28369
    レイプ願望が物凄く強い私は、複数の男性の目に触れながら男性達に犯されたくて仕方ない。男達の前で股を開き快感を味わうと共に自ら腰を振って求めたい。そしてそんな感じまくっている自分の姿をビデオや動画で色んな人に観て欲しくてたまらないのでます。異常なのは分かりますが、一度してみたいのです。


99  女子高生 - 2015/03/17(Tue) 11:56 No.28358
    私は集団レイプされたことがあります。いわゆる輪姦というやつです。
     凍えるような冬の夜のことでした。
     部活を終えて高校から家に帰る途中、私はいつものように公園を突っ切って行こうとしました。その方が帰路を短縮できるのです。しかしその日は公園の前で足が止まりました。ヤンキー風の若者が5人、公園でたむろしていたからです。
     彼らを避けて普通に道路を歩いて帰れば良かったのですが、私は、なんであんな奴らのために私が遠回りしなくちゃいけないの、と半ば意地になってしまい、結局は公園に足を踏み入れることにしたのでした。
     大きな公園でしたが、ちょうど私の通り道にヤンキーたちがいたので、かなり接近することになってしまいました。案の定、彼らのうちの何人かが私に声を掛けてきました。ナンパ目的の軽い感じで、まあ友好的と言ってもいい態度でしたが、私は無視して歩き続けました。普段からナンパにはそうやって対処していましたし、彼らのような社会の負け犬たちを相手にするつもりもありませんでした。
     彼らはムッとしたようでした。分かりやすく顔に出ていました。
     ひょっとしたら、それは私も同じだったのかもしれません。彼らを見下す心情が態度に表れていた可能性は、否定できません。
     彼らは私の前に立ちはだかり、因縁を付けてきました。私は内心で動揺しながらも、言い返しました。それで、少しの間、言い争いになりました。
     ヤンキーのひとりが私の腕を掴むと、均衡は崩れました。私は驚いて、大きな声を上げたのですけど、それが彼らを焦らせたらしく、強硬手段に訴えるきっかけをなってしまったのです。
     私は、彼らに口を塞がれ、草むらに引きずられていきました。正直言って、この時点で私は完全に怯えていたのですが、それでも悔しくて、警察に通報がどうとか、口から少しでも手が離れると喚いていました。
     しかしそれは彼らをさらにヒートアップさせる効果しかありませんでした。
     彼らがいつ私をレイプしようと決心したのかは分かりませんが、この時点ではもう、引き返せないところまで来ていたと思います。

     彼らは、私を草むらに押し倒し、スカートの中に手を入れてきました。
     私は必死に抵抗しましたが、5人掛かりで押さえ付けられてはどうにもならず、パンツを引き抜かれてしまいました。
     冷たい夜の空気で股間を直接 感じ、私は震えました。今まさに貞操の危機であることを、ここに至ってようやく実感したのです。
     高校一年生の時でしたので、私は、セックスどころかキスの経験すらまだでした。レイプで処女を奪われるだなんて、絶対に認められることではありません。犯されることそのものも恐怖ですが、それよりも、自分が「レイプされた女」になってしまうという事実の方が、恐ろしく感じました。傷物。性犯罪。この時まで、そんな言葉はフィクションの中だけのことだと思っていました。まさか自分の身に降り掛かってくるなんて……。

     男たちは、無理やり指をねじ込んできました。
     私のそこは全然濡れていなかったし、挿入の経験だって全くなかったので、指を入れられただけでも鋭い痛みがありました。
     悲鳴を上げた私の口に、脱がされたばかりのパンツが押し込まれました。自分のものとはいえ、下着なんて口の中に入れてはいられません。私はすぐに吐き出そうとしました。しかし、男のひとりがずっと私の口を押さえていたので、結局、レイプされている間中、パンツを咥えている羽目になりました。
     前戯もそこそこに、男たちは私に覆い被さり、挿入してきました。私の処女は、何の感慨もなく、無慈悲に失われてしまったのです。
     しかし嘆き悲しんでいる余裕はありませんでした。破瓜の痛みは強烈で、他には何も考えられなくなりました。初めてのセックスなのに、指でちょっと掻き回されただけで、さっさと男性器を突っ込まれては、たまりません。きっと、普通の女の子が初セックスで感じるよりもずっと強い痛みだったと思います。
     だから、散々に突かれた後、男性器を抜かれ、下腹部に精液を放たれてから、ようやく妊娠の危険性に考えが及んだのでした。外に出されたのは僥倖ですが、しかしコンドーム無しの生挿入だったという事実は変わりありません。膣内射精よりもずっと可能性が低いとはいえ、レイプ犯の子供ができてしまうかもしれない……。そう思うと、頭がおかしくなりそうでした。
     レイプ自体が信じたくないようなことなのに、この上妊娠までさせられるなんて、到底受け入れられないことです。
     けれど、破瓜の痛みと下腹部の熱い粘液の感触が、これは現実なんだと訴えてきます。泣き叫びたい心境ですが、口にパンツを押し込まれていては、それすら叶いません。

     途方に暮れていると、私を犯していた男が退いて、他の男がまた私に覆い被さりました。
     私は恐慌をきたし、暴れようとしましたが、男たちに手足をしっかりと押さえられているせいで、どうにもなりませんでした。その動作だけなら、むずがっているだけのようにも見えたことでしょう。
     再び挿入される直前、私が怯えていたのは、妊娠の可能性ではありませんでした。いやまあ、それへの懸念はもちろんありましたが、しかしそんなことより、引き裂かれるような痛みにまた襲われるのかという恐怖の方が、ずっと強かったのです。
     男は、私を気遣うことなく強引に挿入を果たしました。一度は男性器を受け入れているせいか、二度目の挿入は、ぬるりと滑るように完遂してしまいました。
     けれど、スムーズな結合とは裏腹に、私は最初の時と変わらないくらいの痛みを味わうことになりました。一気に奥まで貫かれたせいか、ひょっとしたら二度目の方が痛かったかもしれません。
     もしこれが恋人同士のセックスならば、痛みに苦しんでいる私に対して、男から優しい言葉を掛けられたに違いありませんが、レイプ犯がそんなことをするはずはなく、むしろ、苦悶の表情を見下ろして悦に入っているようでした。
     男は容赦なく腰を突き出し、男性器で膣内を抉り抜いてきました。
     たぶん、男の方からしたら、別に抉り抜いているつもりはないのでしょう。ただ単に男性器を気持ち良くするために突いているに過ぎないのだと思います。
     しかし私からすれば、まさに抉り抜かれているという感じです。無理やり貫かれ、膣粘膜を掻き乱されているのです。男が突き込むたびに、身体の大事な部分が失われていくような錯覚がしました。
     最初は私を静かにさせることが目的で、レイプにまで発展したのはその場の流れで仕方なくという感じだった男たちでしたが、1人目が挿入している間に、どうやら落ち着きを取り戻してきたようで、この凄惨なレイプ劇を楽しむようになってきているようでした。

     2人目が私から離れ、3人目の男と交代すると、尚更その傾向は強くなりました。手が空いた男たちに至っては、談笑まで始める始末です。
     そのうち、私を押さえ付けているのは1人だけになりました。私の抵抗が弱まってきたからです。この時なら、振り解こうと思えば振り解くことも不可能ではありませんでした。
     けれど、私はそうしませんでした。1人をどうにかしたところで、他の男にまた押さえ付けられるだけだ、と考えたわけではありません。理由はもっと単純です。暴れることで男たちを刺激したくなかった。それだけ。私はもはや、男たちが満足して許してくれるのを願うばかりでした。
     私の身体は、男に突かれるまま揺れていました。正常位ばかりだったので、浮いた足先が、男の動きに合わせてふらふらと揺れ動きました。
     途中、セーラー服を捲り上げられても、私は無反応でした。
     冷たい夜風に上半身を撫で上げられると、耐え難い寒さに襲われましたが、しかし破瓜の激痛に比べれば、大したことはありません。とはいえ、胸を思いっ切り揉み込まれた時は、さすがに表情が歪みました。

     その場に居た5人の男に犯されましたが、全員が外に射精したのは、不幸中の幸いだったと思います。まあ、彼らは彼らの都合でそうしただけでしょうが。たとえば、孕ませたら警察に駆け込まれる確率が上がりそうだから、とか。
     いずれにしろ、私にとっても好都合ではありました。レイプ被害に遭ったことは、誰にも言うつもりはありませんでした。妊娠したらそうも言っていられなくなりますが、結局、その後も無事に生理が来ました。
     私は、レイプされた事実を隠し通しました。まあ、処女を奪われ、5人もの男に輪姦されという過去は、消えるものではありませんが。

     男たちが去った後、私は衣服を整えて家に帰りました。
     とはいえ、セーラー服は土にまみれていましたし、口に押し込まれていたパンツは捨ててしまっていたので、母親には色々と聞かれたりしましたが。その辺りは、適当に誤魔化しておきました。転んで土が付いたとか。
     パンツのことはバレていないと思います。後で同じ物を買ってきて、とりあえず履いた後、洗濯籠に放り込んでおきましたので。
     レイプというのは大事件ではありましたが、それを黙っている以上、いつもの毎日は全く変わりなく続きました。
     朝、母親に起こされ、学校に行きました。全くそんな気にはなれませんでしたが、こればかりは仕方がありません。そして私は、「レイプされた女」になった様子なんて微塵も見せず、友達と笑い合い、世間話をしました。
     股間が少し痛かったものの、別に歩けないほどではありませんでしたし、それも3日くらい経ったら、気にならない程度にまで収まり、一週間後には何ともなくなりました。
     変わったことと言えば、通学路が公園から大きく外れたコースになったことくらいでしょうか。貞操と心の傷を別問題にすれば、ですけれど。


100  yumika.t - 2015/02/23(Mon) 09:46 No.28107
    拉致されて連れてこられた、真っ暗で誰もいない緑の公園、ワンボックスから降ろされた隙に一気に走って逃げたトイレの裏影、大声でどなり散らしてる男等っ!捕まったら絶対にヤラレる、こんな時だからこそ、自分にマンコが付いてることが恨めしい、好きな人のチンコしか挿入されたこと無いのにあんな奴らの薄汚いチンコ突っ込まれたくない!朝までここでうずくまってようかっ?マンコがキュッ!って怖がってる・・・!この続きはまたあとで。


101  aガールズ・山根 - 2015/03/14(Sat) 23:21 No.28344
    yumika.tさんの壮絶レイプでお腹いっぱいなんだけど!
    なんかさぁ〜!これはっ!って言うくらいのレイプ動画ってないの?つまんないのばっかだよなぁ〜
    なんかあったら教えてくれっ???!


102  2013-D13 - 2014/12/18(Thu) 21:44 No.27253
    せりなちゃんの「ユキウサギ」の衣装とてもかわいい。また見たい。


103  まなみ - 2015/02/22(Sun) 09:42 No.28086
    私はよくレイプされます。

    ビデオで撮られることが多いです。

    なぜ私はよくレイプ被害にあうか
    わかりません。

    男を引き付ける何かがあるのかな。

    正確はおとなしいです。

    あまりしゃべらないほうです。

    どちらかというと無口な方です。

    怖くなると声がでません。


104  人妻 - 2015/03/11(Wed) 13:19 No.28321
    去年の夏、主人と小学生の息子2人(小5と小4)で山中の河川にでかけたときのことです。
    私と上の子は水着になり川で遊び主人は下の子とバーベキューの用意をしていました。

    気づくと主人と息子の姿がなくバーベキューの所には見知らぬ20代位の男性が・・その男性は私たちを手招きして呼び寄せました。
    そしてそのまま人気の無い山の奥のほうへと連れていかれました。
    もうその時からただならぬ感じはうけていましたが・・男性に案内されたところでは暴行を受けた主人と下の子が木に縛られていました。
    そして4人の若者に囲まれて主人と子供の前に連れて行かれました。

    「なんなんですか!あなた達は!!」
    私の質問は無視されて1人が私にしがみついていた上の子を強引に引き剥がしました
    「こうちゃん!!」
    引き戻そうとするを他の3人がおさえつけました。
    「おい!やめろ!やめてくれ!うっ!」
    主人は叫ぶ度に蹴りをいれられました。

    「奥さん。わかってんだろ。この状況」
    「こんないいおっぱい見せられたらねぇ」
    そう言って一人が私の胸を鷲づかみにしました。
    「何するの!」
    私はその1人を突き飛ばしました。
    その行動に怒りを覚えた若者は私ではなく息子に蹴りをいれました。

    「子供はやめて!」
    「とりあえず水着脱げや」
    私はせめて主人と息子のいないところにしてくれと哀願しました。
    しかしその哀願がかえって彼等に火をつけてしまったみたいでした。
    「早くしないとまた子供に蹴りいれるぞ!」
    私はがたがた震えながらビキニの水着を脱ぎました。
    私の胸やあそこが現れると男たちは歓声をあげました。
    「これで許してください・・」
    全裸になった私は草むらと胸を隠して泣きながら許しをこいました。
    「隠すんじゃね—よ。手は頭の後ろだ」
    私は拳銃を突きつけられた被害者のように両手をあげ頭の後ろで組まされました。
    「奥さんいい身体してんじゃん!」
    そのまま1回転させられたり身体をふっておっぱいを揺らさせられたりしました。

    「よし。そろそろ触るか。けどその手をおろしたり座り込んだりしたら また子供に蹴りがとぶからな!」
    そう言って4人は私の身体をまさぐりはじめました。
    主人と息子の前で見せつけるように胸をもんだりあそこに指をいれたりしました。
    「お願いですから・・やめてください・・。子供の前では・・」
    主人は私を見ないようにして子供は泣いていました。
    今度は片足を持ち上げられてあそこをしゃぶってきました。
    縛られているわけでもないのに両手を頭の上からはなさず耐えるというのが本当に辛いんです。
    気を抜くとつい手をさげてしまいそうになるんです。
    それが終わると今度は色々な要求を言ってきました。

    「お尻突き出して自分でま○こ広げろ!」
    「自分で乳首たたせろ」
    私は彼らの要求に全てこたえました。
    やがておしっこをしろと言われました。
    さすがにそれはできないと言いましたが彼等にはそんな泣き言にはまったく耳を貸してくれませんでした。
    私は片足を大きく上げられた格好で放尿させられさらにそのおま○こを自分で主人の顔面に近づけなめてもらいました。
    主人はちろちろっとなめただけでした。

    最後は当然みなの見ている前で犯されました。
    主人や子供によく見えるようにと立ちバックで犯られました。
    私は唇をかんで耐えました。
    一人目が終わった後主人らから少し離されて
    「次はもっと感じてる声だせ。ださないと蹴りいれるぞ。」
    と囁かれました。
    私は泣きながらよがりました。
    おそらく主人らから見れば私が気持ちよくて声をだしはじめたとしか思えないでしょう。
    結局4人に中だしされました。
    そして私だけまた河川に戻され河川でもう一度犯され解放されました。
    私が縛られた主人と子供を助け出した時にはもう彼等はいませんでした。
    あの日から家庭の雰囲気は落ち込み今では別居状態です・・


105  専業主婦29歳 - 2015/03/09(Mon) 14:01 No.28297
    私は、8年前に夫と営業先で知り合い、夫の猛烈アタックで結婚した。
    夫は外資系の営業マンで収入も良く、3年前に念願のマイホームを購入した。
    夫婦仲も良く、SEXも程よくする何不自由なく毎日を送っていました。

    ある日、私は暇を持て余し車で街が一望できる丘に出掛けた。
    駐車場に車を止め、歩いて散歩コースを歩いていました。
    天気も良く、気持ちのいい日で、暇を見つけては息抜きにドライブしながらここに来るんです。
    そろそろ帰ろうと駐車場に戻ると、5人位の暴走族が私の車を物色していました。
    私は怖くて、物陰に隠れて見ていました。
    その内に、男2人がこっちに歩いて来て、私は見つかってしまいました。
    男「ここで何してんのかな?」
    私「別に・・・」
    男「俺達と良い事しようか?」
    私「人呼びますよ!」
    男「誰も居ないけどな!」
    私「帰るんですから」

    男達は嫌がる私の手を取り、無理やりトイレに連れ込まれると、便座に座らせられスカートを捲られると
    パンティを脱がされました。”ダメ!!!”そう言っても構わず、彼らは私のマンコに挿入してきました。
    若い彼らのチンポは大きく、何度も入れられると、自然と感じてしまいました。
    夫の物よりも遥かに大きく、若さなのか激しいSEXに私も我を忘れてしまいました。
    結局、入れ替わり私は彼らのチンポを受け入れていました。

    最後に、彼らが私のマンコから出る大量の精液をカメラで撮影し、私の電話番号とアドレスを記憶すると
    ”また、連絡するから”と言い消えて行った。
    私は、溢れる涙を押えながら急いで帰宅し、シャワーで精液を流した。
    警察に言うか悩んだが、夫に迷惑がかかると思い、黙っていることにした。

    その夜、夫との営みの最中、私は彼らの巨根を思い出していた。
    夫とは違う、激しい快楽。私は夫の小さいチンポに感じなくなっていたんです。
    夫は、今日も良かったよと言うんですが、私は全然満足していませんでした。
    翌日、翌々日と私は何かを求めるかのように、アソコが疼きました。
    目を瞑ると彼らの巨根が現れ、今まで味わった事の無い感情が湧きあがってきました。
    あれから、3日過ぎた朝、私はいつもの様に、子供と夫を見送ると寝室で着替えていました。
    心では駄目と分かっていたんですが、近くまで行くだけと引き込まれる様に車を走らせていました。
    駐車場に着くと、”戻らないと!早く”そう思いながら、期待する私。アソコが濡れるのが分かりました。
    その時、ドドドド・・・とバイクの音がして、彼らが現れ、私の車を囲む様にバイクを止めてきました。
    下を向いて、目線を合わせない様にしていると、彼らがドアを開け、「今日も遣りたくなったか!」といい
    私は、彼らに言われるまま後を付いて行き、トイレで服を脱ぐと彼らのチンポを咥えていました。
    「大きいチンポ好きか?」
    「はい」
    「旦那より大きいか?」
    「はい、大きくて太いです」
    「入れて欲しいのか?」
    「早く入れて・く・だ・さ・い」
    私は、アソコから液を垂らしながら彼らに尻を向けました。
    「何だ!変態だな、もう濡れ濡れじゃないか」
    彼らは、巨大なチンポを入れ、激しく動かし始めました。1人が終わるとまた1人と、私は何度も逝ってしまいました。
    「ハァハァ。もっと下さい」
    「今度はこっちだ」
    彼らが、私のお尻を持ち上げ、お尻の穴に指を入れ始まました。
    「そっちはダメ!お願い!痛い」
    「これから、ゆっくり広げて感じさせてやるよ」
    彼らは1本2本と指を入れ、初めの痛みが薄れ、だんだん感じた事無い快感が体中を駆け巡りました。
    「そろそろ入るんじゃないか?」
    「えっ」 
    彼らの中でも一番小さめの男がチンポをお尻の穴に入れ始めました。
    ズッズズズっと彼のチンポは私の体の中に入って来ました。
    変な気持ちでした。彼が動かすと、お尻の穴はだんだん熱くなり気持ち良くなっていました。
    マンコからはダラダラと液が溢れ、彼らはクリトリスも弄るので、私はお尻に入ったまま逝ってしまいました。
    彼が終わると、次の男性とチンポは大きくなっていき、最後の彼に入れられる頃には、
    お尻の穴は開きっぱなしでした。
    マンコとあ尻の穴から彼らの精液を垂れ流しながら、彼らの汚れたチンポを咥えさせられ綺麗に舐めていました。
    彼らがバイクを走らせ居なくなると、私は我に返り反省しました。
    自宅に戻り、体を洗い終えると下着を付け子供の帰りを待ちました。
    ソファーに座っていると、またアソコから溢れるマン汁!午前中、あんなに激しく遣ったばかりなのに・・・・。

    その日から、私は夫の夜の営みを拒むようになっていました。
    彼らに汚された体を夫に舐めて貰うのは申し訳なく、それと同時に夫の小さいチンポでは、満足出来なかったんです。
    翌日から、夫と子供が出かけた後、携帯電話に連絡が入る様になりました。
    「今直ぐ、○○公園のトイレに来い」 写真も撮られ、彼らの巨根に惚れた私に断る事は出来ませんでした。
    平日は、毎日彼らに呼び出され、公園・映画館・ホテル・彼らの部屋と毎回違う場所で私は犯され続け
    相手も、色々で新顔が何人かいました。
    その内、服装も指定されタイトのミニスカートに胸元開いた薄いシャツ・ノーパン・ノーブラと恥ずかしい格好で
    彼らの指定する場所に歩いて向かう毎日で、現地に着くと、もう私のアソコは濡れ濡れで、直ぐに前と後ろを
    犯されました。
    1ヵ月もすると、彼らにマンコの毛は剃られ色々な道具を使われた私のクリトリスは腫れ上がり大きくなり
    胸も乳首とマンコにピアスを開けられました。
    それまでは、平日の子供が帰る前には帰してもらっていたんですが、彼らは夫が休日に”来い”と言いだし、
    私は嘘をついて彼らの指定する場所に向かいました。
    彼らの車に乗ると、裸にされ車中でも犯され、首輪に胸にはローター、マンコとアナルにはバイブを入れられ
    テープで固定していました。
    そんな格好で、山道を歩かされ行き来する車の人達に見られたりしました。中には車を止め写真を撮る人も
    いたんです。
    そんな事をされても、彼らに逆らえず言いなりです。

    彼らと会って、半年が経過しようとしています。何人のチンポを入れられたか分かりません。
    マンコは広がり、緩々になりました。こんな体を夫に見せる事も出来ず、今ではSEXレス状態です。

    夫の事は愛していますが、彼らのチンポも同じように愛しています。
    もう、戻る事が出来ないまま、夫にバレナイ事を祈りつつ彼らの元に通う、馬鹿な女です。


106  まなみ - 2015/02/25(Wed) 16:02 No.28151
    里沙さん妊娠した。

    里沙さんとのどかさんのアソコ弄くって
    どっちがイクの速いか試した。

    速くイッたほうに名前を言って相手の前いってエロイねといったら
    恥ずかしがるよ。

    例えば里沙のマンコのどかのマンコより感じやすいんだね

    だから速くイッたんだね。

    こんな風に言うの。


107  私は@レイプされました。 - 2015/03/06(Fri) 15:47 No.28248
    理沙はその後どうなりましたか〜。


108  真紀 - 2015/03/03(Tue) 09:52 No.28202
    28歳 独身です
    お付き合いした男性は4人
    今は彼氏無しの私です
    この間のお休みの日に、街のショッピングモールでナンパさらました
    お茶してお話してて、良い雰囲気になってたのね

    最近エッチしてないし、今日会ってすぐでも良いかな?
    ホテル街のほうに歩いてるときに
    男性の友達が話しかけてきて
    半分強引に3人でホテルに連れて行かれちゃったの

    え〜  嫌〜と思いつつ
    部屋に連れ込まれて 2人の男性に代わる代わる
    入れられて 失神してしまいました


109  旦那 - 2015/03/02(Mon) 13:44 No.28184
    数日前、妻から衝撃な告白をされた。
    今から10年前、妻は某旅行会社に勤めた。
    人と接する仕事がしたいと、ツアーガイドになった。
    現に私も、会社の旅行で妻と知り合ったのだ。

    10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。
    偶然、私も出張で県外に行く事になりました。
    仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。
    私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。
    宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。
    酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、そちらも大盛り上がりだった。
    トイレに行きたくなった私は、部屋を出てトイレ目指して歩いていた。
    隣は大きな大広間で、襖が開いていて中が見えたが、30人からの団体だった。
    トイレに入ると、混んでいたので大きい方に入った。
    少しすると、団体客だろうか?話声が聞えた。
    「あのツアコン最高だな!パンチラ全開だよ」
    「コンパニオンよりいいかもな。酒弱いのかな?もうヘロヘロだし」
    「さっきのオヤジなんか、胸揉んでたし・・・」
    「本当かよ!」
    「あ〜もう全裸にされてたりして・・・」
    「早く戻るぞ!」
    女が裸!男としては気になる!!!私も急いでトイレを出ると、隣の大広間に向かった。
    襖は開き、左の方に男の群れが見えていた。
    「お〜お姉さん!最高!」
    「え〜ちょっと返して!」
    よく見えないが、男の中に女性が居るのは分かった。
    男が手に高らかに上げているのはブラジャーか!
    女中が中に入り、男達の行為も中断されていた。
    中に入りたい気持ちを押えながら自分の部屋に戻ったが、もう心の中は隣の大広間で一杯で
    酒も進まなくなっていた。
    渋々、自分たちの部屋の戻ると、同僚が風呂に行くと言うので、一緒に向かった。
    露天風呂で、疲れた体と酔った体を冷ましていると、例の団体客らしき男が数人入ってきた。
    「イヤイヤ!さっきはもうちょっとだったのに残念!」
    「胸は見れたが、マンコは駄目だった!」
    「女中居なきゃなぁ〜」
    「ツアコン!部屋どこでしたっけ?」
    「行くのか?不味いだろ?」
    「大丈夫っすよ!明日で終わりだし!」
    「もう、あそこまで見たら、あそこは確認したいっすよ!」
    「まぁな!上玉だったしな!胸は大きいし」
    「あのピンクの透けパンの奥が気になる〜」
    そんな会話を聞くと、益々興味が湧いた。
    しかし、私は赤の他人、一緒に良いですか?何て言える訳も無かった。

    悔しい思いを残しながら出張も終わり、家に帰っていた。
    夕方になると、疲れた顔つきで妻が戻って来た。
    「お帰り・・・疲れた様子だな!」
    「今回は疲れた!」
    倒れこむ様にソファーに横になる妻に、お土産話と言わんばかりに宿での出来事を話した。
    妻は初めは”ん〜本当!”って聞いてたが、段々顔がこわばり始めた。
    「どうした?怖い顔して?」
    「ん〜ちょっと」
    まさかとは思いながら、妻の宿泊先を聞き驚いた。
    私が昨夜泊まったホテルだった。
    「じゃ、ツアコンって?お前か!」
    「多分」
    重い空気が流れ、やがて妻が全てを語り出した。

    団体客の強引な誘いと、ちょっとしたミスがあり申し訳ないと言う気持ちから宴会に参加した妻。
    ミスと言うのは、本当はコンパニオンを呼ぶ筈だったが、会社の手続きミスで予約が取れていなかった。
    怒る客が、「お前が責任とってコンパニオンになれ」と言うので、渋々参加したと言う。
    勿論、宴会開始と同時に酒を飲まされ、弱い妻は直ぐにヘロヘロに、抵抗できない状態で、
    タイトスカートを捲り上げられ、ブラウスのボタンも取られ、男に両手を押えられながらブラジャーを
    剥ぎ取られたようだ。勿論全員の前で胸が披露され、乳首を弄られていると女中さんが気づいて
    下は何とか免れた。
    その後も酒を飲まされ、ようやく部屋に戻ると7人位の客が押し寄せて来て、部屋で2次会が始まった。
    初めは、肩を組む程度だったが、男達は胸に手を伸ばし始め、ワザと浴衣の胸の部分を大きく開くと
    生乳を露出させられた。代わる代わる胸を揉み始め、抵抗するとドンドン浴衣が肌蹴!パンティが露出した。
    帯も取られると、もう浴衣の意味も無く、パンティ1枚の姿に・・・。
    男達も全裸になる者や、パンツ一枚の者と拍車がかかった様だった。
    目の前に大きくなったチンポを2本3本と見せられ、気が緩んだすきにパンティが剥ぎ取られていた。
    嫌だったのに濡れていたから、腰を持ち上げられると一気に中に入れられた。
    1人が入れれば、もう抵抗など出来なかった。口にも入れられ、前と後ろから何時間も犯され続けた。
    マンコからは大量の精液が流れ、口の中にも出された妻。
    その後、満足した客が他の客を呼び、結局何人のチンポを入れられたか分からないと言う
    途中で、記憶が無くなった妻は、朝起きたら精液だらけのシーツの上で寝ていたようだ。
    シャワーを浴びマンコから精液は取りだしたが、妊娠しない事を祈っている。

    こんな事は、初めてだったと言う。
    何度か、危ない事は有ったが、回される所までは行かなかった。
    妻の目から涙が溢れ!「もう会社辞める」と言われた。


110  祐子 - 2015/01/16(Fri) 01:41 No.27504
    T159B82W56H84 43歳人妻です。
    私は少し変態かも知れませんが、願望を教えます。
    私は恥ずかしい恰好に縄で縛られ、大勢の男達から輪姦されている所を主人に見せて上げたいのです。
    主人は縄で椅子に縛られ、目の前で私が恥ずかしい恰好に縄で縛られ、大勢の乱入者たちが私の身体に群がり、愛撫され、バイブで責められ、全ての穴をチ○ポで犯され、主人の前で精液まみれにされたいのです。主人の前で中出しされ、精液を飲まされながら、イキまくる淫乱な姿を・・・・


111  あゆみ - 2012/06/03(Sun) 13:28 No.20683
    去年の子供の夏休みに入ってすぐの連休に主人の故郷近くの海に家族で行きました。
    主人は地元の人もあまり来ない岩場に囲まれた砂浜を知っているからそこに行こうとゆうことになり車を海水浴場から離れた林の中に停めました。
    私と娘は車の中でビキニに着替え浜に下りて行きました。浜は小さいけど左右に岩に囲まれチョットしたプライベートビーチみたいな感じです。
    私は子供たちと海に入り主人はBBQの準備をしていました。私は子供と遊びつかれ主人の所に行くと主人は数人の男の人と話していました。
    私が近づくと男は急に主人を殴りつけターフ用のロープで縛り上げ、逃げようとした私たちは別の男たちに捕まってしまいました。
    子供たちも縛ると必死に抵抗する私のお腹を殴りうずくまる私のビキニを無理やり脱がしました。抵抗した私はもう一度お腹を殴られました。
    私をシートの上に押し倒し馬なりになり、男がBBQ用に用意したサラダオイルとマヨネーズを違う男に持ってくるよう命令しました。
    男は濡れてないオマ○○に入れるとこっちも痛いからなって言いながら私のオマ○○にドボドボって感じにオイルをかけました。
    男たちに手足を押さえられ抵抗できない私の中にイキナリ知らない男のオ○ン○が入ってきましたがオイルのせいで男は難なくオ○ン○を奥まで入れてきました。
    私は主人に助けを求めましたが縛られている主人はやめろと言うのが精一杯で、それも男たちに何度が殴られて黙ってしまいました。私も必死に主人の名を叫びました。
    男は私の叫びに関係なく腰を急に打ち付けてきました。そしてしばらくすると私の中に精液を出したのです。次の男は私をうつぶせにし腰を高く上げさせられました。
    勿論、私も抵抗しましたが数人の男に押さえつけられてしまいました。二番目の男はバックから私の中にオ○ン○をいれてきました。
    男は激しく腰を使いながら近くに落ちていたマヨネーズの蓋を開けると私のアナルにチューブの口を入れ中のマヨネーズを全部押し出したのです。
    私は激しく突き上げられる中アナルに突然入ってきたマヨネーズの異物感ですっかり混乱し止めてと言うのが精一杯でした。
    男は激しく動揺した私の中に精液を出したのです。次の男は腰を高く上げている私の下に潜り込み下から精液まみれの私の中にオ○ン○を入れてきました。
    今度は下から激しく突上げられました・もう一人の男は私の背中に覆いかぶさるようにしてきました。上の男は下の男に合図をすると、下の男の突き上げが止まりました。
    上の男はマヨネーズでグチャグチャになっているアナルにオ○ン○を一気に根元まで突っ込むと激しくアナルを攻め立てて来ました。
    私は主人にも入れられた事ないアナルにマヨネーズを入れられ、知らない男のオ○ン○を入れられ混乱しました。すると下の男も激しく突上げてきました。
    それから夕方まで何度もオマ○○とアナルを同時に犯され、中だしされました。男たちが帰った後、私は主人と子供たちのロープを解きました。
    その間も男たちの精液がオマ○○とアナルの両方から太ももを伝わって流れ出てきて気持ち悪かったです。帰りの車の中でも精液が流れ出てきて主人にごめんなさい、
    ごめんなさいと言いながら泣きながら何度もティシッユ拭きました。家に帰り主人は私の穢れを落とすようにSEXをしてくれました。
    いつもはコンドームを使うのにこの時は生で中出ししてくれて、もし妊娠したら間違いなく僕の精子で妊娠した僕たちの子供だよって言ってくれたので私は主人の胸で大泣きしました。


112  秘密 - 2015/03/03(Tue) 11:40 No.28204
    私の家は母子家庭だったのですが、私が中学1年生の時に母親が再婚しました。

    私はずっと母親には幸せになってもらいたいと思っていたので、本当に心から嬉しかったです。

    義父も優しく良い人で、私もすぐに「お父さん」と呼ぶ様になり、それを見て母が嬉しそうに笑ってくれ、私も母の笑顔と初めてお父さんと呼べる事に幸せを感じていました。

    ところが、私が中学3年生の時に義父が会社をクビになり、一日中家にいるようになって母が代わりに昼も夜も働く様になりました。

    ある日、私が家に帰った時玄関に見慣れない靴があり、

    (お客さんかな、珍しいな?)

    と思う事がありました。
    リビングには知らない義父と同年代位の男性が2人ソファーに座っていて、私に

    「お帰り!」

    と言ってきました。

    私は軽く会釈をして父に

    「誰?」

    っと訪ねると、父はバツの悪そうな顔をして、

    「いいから部屋に行ってなさい」

    と言われました。

    (新しい仕事の人なのかな?)

    私は言われるまま部屋に行って制服から着替えていると、さっきのおじさん達2人が部屋に入って来て、いきなり私をベットに押し倒しました。

    1人の男に体を押さえられ、もう1人の男に服を脱がされながらキスをされました。

    私はただ、

    「お父さん助けて!!」

    と叫ぶ事しかできませんでした。

    父は結局助けに来てはくれず、私は処女を奪われました。

    その後男2人に乱暴されて、多分2,3時間は犯されました。

    男達が帰った後、泣きながら1階に降りると義父に

    「シャワーを浴びなさい」

    と言われ、言われるままシャワーで男達の精子を流し落しました。

    父親はスマンと言ってきましたが、私は何が何だか理解も出来ず、また母にも言えませんでした。

    母の幸せを壊してしまいそうで…次の日学校を休みました。

    あれから何事もなかったように父は私に接してきて、私も"悪い夢を見てたんだ"と忘れようと必死に自分に言い聞かせてきました。

    しかし、男達2人は必ず毎月20日に家のリビングのソファーに父と3人で座っていて、私にニヤけた顔で

    「お帰り!」

    と言うようになりました。

    あぁ今月もか…。

    私は2人のおじさんに連れられて部屋に行き、2人が満足するまで犯されました。

    男達が帰り、私が1階に降りると義父はお風呂を沸かしてくれていて、私は泣きながらお風呂に入る。

    これが月に1回の決まりのようになってました。

    結局、私が中学校を卒業するまで男達は毎月休まずやってきて、卒業式のある月は20日に男2人、25日には初めて違う40〜50歳のオジサンが2人来て4人に犯されました。

    私は母に高校には行きたくないと相談しました。

    母は高校までは行ってほしいと言ってくれましたが…高校に行くとまたオヤジ達にレイプされ続けそうで嫌でした。

    私は叔父の知り合いの旅館で働くようになって、やっとオヤジ達から解放されました。

    義父は、私が家を出たのと同時頃仕事に付き、母も仕事を辞めて2人楽しく過ごしてるようでした。

    あれからもう何十年も経ちますが、今では2人の小学生の母親で主人とも仲良く幸せな日々を過ごせています。

    義父は2年程前に他界しましたが、母には中学生の頃の悪夢の1年は話さずにいようと思ってます。


113  - 2015/03/03(Tue) 09:23 No.28198
    レイプの妄想好きです。
    実際には怖いから嫌だけど。
    色んな場面妄想しちゃう〜。


114  まなみ - 2015/03/03(Tue) 07:06 No.28194
    犯し屋さん今あかねさんは どんな感じですか。

    アナルでも逝けるようになりましたか。


115  ゆり - 2010/11/21(Sun) 14:09 No.14639
    最近の話です。学校の帰りに知らない男の人たちに拉致され車に連れ込まれました。
    何かわからないくすりを飲まされ意識を失いました

    下腹部の痛みに目が覚めると・・全裸でテーブルの上に上半身乗せられ後ろから犬に犯されていたんです
    泣き叫んで逃げようにも両手ガムテープでぐるぐる巻きにされ、テーブルに固定
    犬に犯され続けました

    一部始終カメラで録画している人たちが現れ
    学校にバラされたくなければいう事聞けといわれ泣く泣くうなずきました

    初めての経験が犬となんてもう・・どうしたらいいの


116  由宇 - 2015/03/02(Mon) 01:58 No.28178
    グループの生徒のひとりが
    不用意にスマホで動画を見ているところを教師の一人が見つけたらしいです。
    私の映っていた動画。
    実際に私のどんな姿が映っていたかはっきりとは伝えられていません。ことを切り出す校長の同情的な目。
    でも、なんとなく濁した言い方だけでも、その時私は校長室で全身の力が抜けて床に声もなく泣き崩れていました。
    きっとそれは、体育倉庫での数カ月のうちの、出来事の一部のはずです。地獄の日々の、ほんの一部。

    地元にはもう一生帰れません。せっかく母校の教師になれたのに。

    長期休暇のうちに
    私が生徒だった頃から良くしてもらってた先生たちのおかげで、7人の生徒の親御さんたちと話してくれて。
    7人の生徒は自主退学、学校も私もことを大きくしない。そんなふうになってました。
    映像や写真は全て廃棄したから
    「色々、もう大丈夫」と言われましたが・・・やはり・・・私は、地元を出ました。
    大好きだった母校にいたたまれなくて。

    大学時代にいた関西も避けて東京に出てきました。
    忘れたいです。いい思い出もいっぱいあったはずなのに、地元のことは全て忘れたいです。
    忘れたくない思い出も沢山あったのに。もう、思い出したくない。


117  (仮)北山えり - 2015/02/04(Wed) 23:56 No.27823
    私は’90代レースクイーンをやってた時期があり時代のブームで軽いノリだった当時はハイレグがきわどすぎてXゾーンはT部分だけに毛が生えててお父さんの髭剃りあとみたいに黒いポチポチが恥ずかしいのであったかいタオルでうるおしてからディップクリームで逆剃りして両サイドはツルツル、でも私のチームは白のレオタードで股間部分は5,5cmしかなかった、その上ストッキング禁止だったのでオマンコの形がハッキリ浮き彫りになっちゃうし動けば動くほどマンスジに食い込んで男たちの前で若い女の子がオマンコ丸出しで歩いてるようなものどいつもこいつもオマンコしか見てないし、すごい切なかった、うちのチームは若いレーサーが多いので、後ろからレオタードをグイッ!って引き上げられるのはしょっちゅう、そのたびに「キャッ‼」って黄色い悲鳴を上げるもんだから、面白がって何度もヤられて、オマンコが痛いくらい喰い込んで、当然「ハミモウ」はするし「オマンコ割れてますっ!」て発表してるみたいで、私は貧乳なためか下ばっかりイタズラされ続けていた、チャンスあらばオマンコにタッチしてくるし最初は手で払いのけてたけどどんどんエスカレートしてきて私を壁側に押し当てて椅子に座ったそいつは両膝で挟むように動けない私のハミモウ喰い込みマンコをムニュ!って触ってきたのでさすがに「やめてくださいっ!」って涙ぐんで「触らないでっ!」って言ったら「どこに触られたくないのっ?ちゃんと言ってみて」って女の子にわざとその部分の4文字を言わせたいみたいだ「お願いっ‼オマンコに触らないでっ!」って言ったら、急に怖い顔して腕をグイッ!ってつかまれて奥の控室に鍵かけられてレオタードをガァッ!って剥かれて(真っ裸)まっぱにされてオマンコベチョベチョに舐められて硬チンっ突っ込まれて「打ち上げに絶対に来いよ」って2次会で私だけ返してもらえずに5人の男たちに硬チン突っ込まれた露出の多いイベントの仕事ばっかりやってたから、いきなり押し倒されて姦られちゃったことは数えきれないっ❣❣


118  人妻 - 2015/02/26(Thu) 12:28 No.28159
    私は、強姦に会った事があります。
    初めて強姦にあったのは、今から2年位前でしょうか?

    私は31歳になる主婦、3歳と5歳の子供と夫37歳と暮らしています。

    その日、私は子供の面倒を夫にお願いし、友人と会っていました。
    話しも弾み、夕食を済ませてから帰宅したんです。
    夜9時を回っていたでしょうか?夜道は人気も無くひっそりしていました。
    そんな中、高校の門口付近に数人のガラの悪い男性が数人、タバコを吹かしながら
    集まっているのが見えたんです。
    ちょっと、恐怖心を抱きながら足早に通り過ぎようとした時、声を掛けられたんです。
    ”お姉さん!遊んでいかない”
    明らかにおちょくった感じだったので、無視したんです。
    それがいけなかったんでしょうか?彼らの1人が近寄って来て
    ”無視かよ。いい度胸しているなぁ” と歩みを止められました。
    驚いていると、手を掴まれ校門の中に連れ込まれたんです。
    口を押えられ、声を出す事も出来ませんでした。
    相手は大柄の男性3人!抵抗など無意味で、力ずくで奥地の部室らしき部屋に連れ込まれました。
    ”お願い!許して!”そんな言葉は、全く無意味で彼らは私の衣服を剥ぎ取ったんです。
    両手を後ろに縛られると、彼らは私の身体を甚振り始めました。
    涙ながらに”許して”と言う事しか出来ませんでした。
    唇を奪われ、胸を散々弄んだ挙句、彼らは下半身を剥き出しにしました。
    ”もう、遣られるんだわ” そう諦めた瞬間、家族の顔が頭に過ったんです。
    ”あなた・・・ごめんなさい” そう心で謝っていました。
    彼らがマンコに触れた時です。
    ”何だ!この女感じてやがんの!” 
    ”どれどれ!本当だ、ダラダラじゃね〜かよ”
    彼らの言葉にハッとしました。こんな状況でも感じているなんて・・・
    私は、部屋の中央のテーブルに上半身を押し付けさせられ、足を大きく開かされたんです。
    そして、1人目の男性のチンポをマンコに押し当てられました。
    ”お願い!中に出さないで下さい”  
    そんな言葉を発したと同時に、押し広げられる感触が体に伝って来ました。
    彼のチンポは夫の物より大きいと直ぐに分かりました。
    ゆっくりとしたテンポで、出し入れされもう1人には胸を触られ、私は感じている事を実感したんです。
    彼は、だんだん動きを速め的確に子宮を付いて来るので、逝きそうでしたが必死に我慢したんです。
    そんな私を見透かされた様に、彼は私の腰に手を回し、前からクリトリスを刺激し始めたんです。
    もう我慢も限界でした。
    彼の口から”あ〜逝く”と言う言葉が出た時には、私はガクガクと震え逝ったんです。
    そして茫然とした中、子宮に熱い物とヒクヒクする感触を感じたんです。
    そう、彼は私の中に精液を・・・。悲しむ暇も無く、次の男性のチンポが押し入れられてきました。
    まだ、逝ったばかりで落ち着かない所に、激しい刺激が加わり私は2度目の絶頂を迎えていました。
    ヒクヒクする身体を見た彼らは、もう私に抵抗する事は無いと思ったんでしょう、手を縛っていたロープを
    外してくれたんです。
    それと同時に、彼はチンポを抜き私を抱き上げると下からチンポを突き上げて来ました。
    彼に上下に揺さぶられる度に、子宮に先端が激しく辺り先程以上の刺激が体を襲い、3度目の絶頂が訪れました。
    そうして、全員のチンポを受け入れ終わった時には、6度の絶頂と潮を吹き上げていました。
    立ち上がる事が出来ない位、疲れた私の身体を横目に、彼らは部室から出て行ったんです。
    涙ながらに部屋の隅にあったティッシュで体を拭き、衣服を着て校庭隅の椅子に座り、色々考えていました。
    ”警察に行くべきか?いや、ここに住めなくなる・・・夫は許してくれない?家庭崩壊!”色んな事が頭を過り
    心の中にしまう事を決めました。
    家に着いたのは11時を回っていました。夫が心配し起きていましたが、友人と話し込んでしまったと言うと、
    楽しかったんなら良いんじゃない!と言ってくれました。

    その事が起きてからは、夜間の外出が怖くて出来ませんでした。
    ただ、夫との性行為が淋しく感じてしまうんです。淡白な夫は、挿入時間も短く私は逝く事が出来ないんです。
    イケない事と感じながらも、彼らに犯された時の刺激が忘れられなかったんです。
    そうして、強姦されてから半年が過ぎようとし、私の心も大分癒されたころでしょうか?
    子供を幼稚園に送り届け、1人歩いている時でした。
    尿意を覚え、近くの公園のトイレに入ったんです。
    小さく古いトイレは男女兼用でした。
    急いで大の部屋に入ると、間もなく男の人の声が聞えました。
    男性は2人で、用を足しながら話し込んでいたんです。
    中々出て行かないので、そっと戸を開けると、ガラの悪い男性に驚きを表してしまいました。
    ”あっ”男性の一人が声を出した直後、私は押し戻されるように、トイレの中に・・・。
    ”奥さん久し振り!” 驚きました。私を襲った1人だったんです。
    ”また頼むよ!”そう言うと彼は私を便器に押し付け携帯の画面を見せて来たんです。
    ”凄い写真だろ、これで何度抜いた事か!”
    驚きました。私が全裸で後ろから付かれている写真です。
    彼は、私のスカートを捲り上げると、ストッキングとパンティを脱がせ片足を便器に乗せさせたんです。
    ”お前、ちょっとそこで見張っててくれ”
    ”大丈夫なのか?やばくね”
    ”大丈夫!この奥さん、俺の知り合いだから”
    そう言って、彼はズボンを脱ぎチンポを出したんです。
    昼間見る彼のチンポは、やはり夫の物とは比べようが無い位大きかったんです。
    イヤイヤ言いながら、私は感じていました。
    すっかり濡れたマンコに彼は”やっぱり奥さん淫乱だね!濡れてるよ・・・犯されてんのに”
    そして、チンポの先端を差し込んで来たんです。
    ゆっくりとテンポのいい出し入れ!私は、以前の強姦を思い出していました。
    彼は、前と同じく腰にまわした手でクリトリスを刺激し、間もなく私は絶頂を迎えたんです。
    トイレと言う、公共の場で私は犯され感じているんですから変態です。
    彼に私は2度逝かされ、友人にも逝かされ潮を吹きました。便器を潮で汚した姿を、また写真に収める彼。
    ハァハァ息を荒らしている私を横目に、彼らは足早に去って行きました。

    2度の強姦に私は感じ、悦んだんですから彼らは犯罪者じゃないでしょう!
    夫では感じる事が出来ない今日この頃、彼らに会う事を密かに待ち望む私です。


119  まなみ - 2015/03/01(Sun) 11:41 No.28173
    バイト終わったあと、店長にいきなり襲われました。
    大声だしたりひっかいたりあばれたけど、髪をおもいっきりつかまれて殴られた。
    唇切れて、
    でも犯されたくなかったから顔に血がまじった唾をはきかけてやった。
    また顔殴られた。
    鼻血が出た。
    殺されるんじゃないかと。
    シャツまくりあげられてブラもずらされて乳首舐めたり噛まれたり
    足の間に入ってこようとしたとき、股間をおもいっきり蹴った。
    おなかを殴られた。
    意識がふわーっとしたときおしっこ出た。
    こんな男に初めてをと思ったら なぜか
    おしっこ出たときかも うんこも少し出たのかも
    男があそこをさわって舐めようとしたとき、おもいっきりきばって出しました。
    顔に飛び散ったら
    店長は、飛び上がり洗面所に走りました。
    そのすきに、そのままの格好で逃げました。走りながら、うんこが足をつたい、、
    裸足で逃げました。
    途中でとおりがかりの人に保護してもらい、警察に。
    店長はつかまり、首になりました。
    示談金で三百万もらいましたが、顔と心の傷が、今でも消えません。


120  匿名 - 2015/02/24(Tue) 14:33 No.28134
    学校から帰って、リビングに入ると、
    そこに知らない男の人たちが3人いました。

    だれ?って思いながら、
    ママを探すとママはソファーの上にいたのですが、
    その姿は上半身裸でした。

    それに座っていたのは、男が座っていた上で、
    ママは私に見えないようにするためだと思いますが、
    必死にスカートをおさえようとしていました。

    でも、お尻の方が隠しきれていなく、
    さらに下に座っていた男の人も
    下半身に何も履いていなかったのに気づきました。

    私は、この異様な光景に理解が出来ずにいると、
    ママは、何か苦しそうな感じで、私に

    「今、大事なお話してるから、お部屋に行ってなさい。」

    と、言いました。

    その目は赤くなっており、
    泣いているように感じました。

    私も怖くなり、慌てて部屋に行ったのですが、
    ママが泣いていたことを思い出し、そっとリビングのほうへ行きました。

    でも、怖くて部屋には入れず、ドアの前でたたずんでいると、
    中からママの声が聞こえ、こう言っていました。

    「本当に、約束よ!何でもするから、娘は放っておいて!」

    そして、少しすると男のうめくような声とともに
    ママの声が聞こえてきましたが、
    いつもの声とは違っていたため、

    最初はママ?って感じでした。

    その声は少し高く、苦しそうな声

    辛そうな声に私は泣きそうになっていました。

    でも、中に入る勇気はなく、
    中の様子をうかがっていると、ママの声が少し大きく聞こえ、

    「だめっあぁいく!いく!」

    と聞こえてきました。

    私は、その時、ママが男の人達とどこかへ行っちゃうんだと思い、
    嫌だと強く思ったのを覚えています。

    その本当の意味を理解したのは、
    もっと後の事でした

    そして、しばらく静かになったと思うと、
    また、ママの苦しそうな声がし、そしてまた

    「イク」

    という言葉の連呼

    それが、何度も何度も繰り返され、
    それもおさまったとき、突然リビングのドアが開き、
    男達が出てきました。

    そして、私を見るなり、

    「何だよガキが聞いていたのかよ」

    とか、何か言われたと記憶しています。

    でも、一人が中々来ないと思っていると、先に出た男が

    「早くしろよ!」

    とせかしました。

    慌てて出てきた男は、パンツを必死にズリ上げながら、
    手に持った白い布で、自分のアソコを拭きながら出てきました。

    そして、私に向かってその白い布を差し出し、
    ママのだから返しておいてと言って、押し付けてきました。

    それを私が広げて見ると、ママのパンツでした。

    ドロドロした液体がついていて、
    気持ち悪かったのを覚えています。

    もちろん今なら、
    それが何かも分かっています

    男達が家を出て行ったのを確認し、
    私は急いでリビングに入ると、ママはうつ伏せのまま全裸で床に寝ていました。

    慌てて、駆け寄るとママの体は、
    時折ピクッ!ピクッ!と痙攣をしているようでした。

    私が

    「ママ」

    と呼びかけても反応がなく、目はうつろでした。

    私は必死に声をかけ、体を揺すりました。

    その時、手に生暖かい液体が手につきました

    ドロッとした白い液体・・・

    何これ?と思いながら、ママの体を見ると、
    腰の辺り、お尻、太ももと、あちこちに付いているのに気づきました

    ママの顔を覗き込むと、ママの口からも同じような液体が、いっぱい溢れ出ていました。

    覗き込んだ私にやっとママは気づき、
    やっとの思いで体を起こし、私に微笑んでくれました。

    そして、起き上がった体を見るとうつ伏せでは
    分からなかった胸の辺りからお腹にかけて、

    男達が吐き出したものがベットリと付いていました。

    ママは、私に

    「大丈夫よ。ちょっと体を綺麗にしてくるから、
    ここで待ってて。」

    と一言言うと、座り込んでいる私の前で立ち上がりました。

    その瞬間、私の目の前で、ボトボトと音を立て、
    男達の吐き出したものが床に垂れました。

    それが垂れてきた場所は、
    股の間から・・・その時、
    私はとっさにママのパンツを渡しました。

    ママは、ありがとうって言って、
    汚れたパンツでアソコを抑えながら風呂場に向かいました。

    その件については、パパは知りません。

    子供ながらに、
    何か言ってはいけないことを感じていました。

    でも、未だにママのあの声、
    精子まみれの体が忘れられません
    先日会社で出会った彼と結婚をしました。
    私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。
    出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。
    でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
    Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。
    付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。
    6月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
    そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」と来てくれました。
    準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って。
    「ありがとう」って2.3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。
    何が何だかわかりませんでした。
    あまりに突然にファーストキスを奪われました。
    木原君は
    「ずっと好きなんです。我慢できません」って襲いかかってきました。
    ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい
    「大声を出したら大変な事になるよ。静かにしてて」
    もう1人知らない人が入ってきてビデオに撮っていました。
    キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
    汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
    涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
    でもこんな姿を見られるのもイヤで声は出ませんでした。
    そのうちウェディングドレスのスカートはめくられて、下着も取られてしまいました。
    オマンコをなめられて、凝視されて
    「俺のためにとっておいた処女か、千絵の処女は頂くよ」
    声を出したくても出ませんでした。
    木原君は処女の私に挿入してきました。
    私はただ痛いだけで、痛さで、屈辱で涙が止まりませんでした。
    大声を出せばレイプされている所を見られてしまうので、ただ痛さを我慢していました。
    しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。
    自分からしているみたいで、すごくイヤでした。
    全然気持ちいいってものではありませんでしたが、木原君は満足して居るみたいでした。
    じっとしていたのですが、
    「動かないと終わらないよ」と言われ、仕方がなく体を上下に動かしました。
    「俺がいきそうになったら自分で抜けよ」と言われましたが処女の私にはどのタイミングかわかりませんでした。
    気持ちよさそうにしていたので抜いたら、
    「まだだよ。何やってるんだよ。中出しするぞ」
    私は中だけは逃れなきゃと思い、また腰を落とし、木原君を受け入れました。
    すごく情けなくて、まさか人生最良の結婚式の日にレイプされないといけないの?と大泣きになっていました。
    泣きながらオマンコの痛みをこらえて腰を振っていたら、膣の中が熱くなっていました。
    膣内で射精したみたいでした。
    「千絵は馬鹿だよな。抜けっていっただろ?千絵が自分で受け入れたんだから妊娠してもしらないぞ」と言われてしまいました。

    ビデオにも撮られていたし、処女を奪われ、挙げ句の果てに膣内射精とは…
    木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスをなおしました。
    でも下着はありませんでした。
    式の間も膣からは精子と血が流れてくる気がして。
    意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「千絵は泣き虫ね」って言われました。
    結婚式が終わって、少し1人で居ました。
    ウェディングドレスの裏地はピンク色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。

    まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。
    いま木原君の子を身ごもっていますが、旦那さんは喜んでいます。
    何とかしておろしたいのですが、おなかの子には罪はないし、悩んでいます。
    そんななか会社の引き出しに1枚のDVDが入っていました。
    「千絵さんの結婚パーティー」って題名でしたので見たのですが、レイプされているビデオでした。
    最後に字幕が入っていました。
    「千絵さん僕の精を受け入れてくれてありがとう。
    まさか千絵さんが受け入れてくれるとは思っても居ませんでした。
    おなかの子は多分僕の子でしょう。
    僕と千絵さんの愛の結晶ですね。休みの日にでも遊びにいきますね。
    また僕を受け入れてくれると思うと楽しみです。
    このDVDは大切に保管していてくださいね。
    なくなっても原本はあるので安心してください。」

    その日は旦那さんが出張で留守だったので、しっかり戸締まりをして居ましたが、チャイムが鳴り木原君とわかったので拒みましたが、DVDを持っていたのでまた犯されています。
    もちろん中に出されています。
    旦那さんとはずっと避妊していて、妊娠したのは数パーセントの事故だと思って居るみたいですが、木原君との子供です。
    会社ではキスを要求してきます。
    断れない私が情けないです。


121  匿名 - 2015/02/25(Wed) 10:58 No.28145
    先日会社で出会った彼と結婚をしました。
    私は結婚式の当日まで処女で、正直キスもした事がありませんでした。
    出会いも女子校でなかったし、どちらかというとインドア系で出かける事もそれほどなかったので、仕方がないのかも。
    でも短大を出て就職して、1年くらいたってから今の旦那さんと知り合いました。
    Hをせがまれる事はあっても「結婚したら」とはぐらかしていました。
    付き合っている事は会社でも極秘で、男性社員が多い会社なので、付き合ってくれと声を賭けられる事も何回もありました。
    6月に結婚したのですが、結婚式当日は友達とか同僚とかお祝いに来てくれました。
    そんななか半年前に交際を断った木原君(21)も「幸せになってね」と来てくれました。
    準備室で一人で居たら、その木原君が入ってきて「ウェディングドレス姿きれいですね」って。
    「ありがとう」って2.3分しゃべっていたら、突然キスしてきました。
    何が何だかわかりませんでした。
    あまりに突然にファーストキスを奪われました。
    木原君は
    「ずっと好きなんです。我慢できません」って襲いかかってきました。
    ウェディングドレスでは思うように逃げれず、すぐに捕まってしまい
    「大声を出したら大変な事になるよ。静かにしてて」
    もう1人知らない人が入ってきてビデオに撮っていました。
    キスをさせられて、イヤでも唾液を口移しに送られてきました。
    汚いと思ってもどんどん私の口に入ってくるので、ついに飲んでしまいました。
    涙が流れ、心の中では旦那さんを呼んでいました。
    でもこんな姿を見られるのもイヤで声は出ませんでした。
    そのうちウェディングドレスのスカートはめくられて、下着も取られてしまいました。
    オマンコをなめられて、凝視されて
    「俺のためにとっておいた処女か、千絵の処女は頂くよ」
    声を出したくても出ませんでした。
    木原君は処女の私に挿入してきました。
    私はただ痛いだけで、痛さで、屈辱で涙が止まりませんでした。
    大声を出せばレイプされている所を見られてしまうので、ただ痛さを我慢していました。
    しばらくして奥まで入れられ、「ウェディングドレスが汚れるから」って私を上にしてHをさせられました。
    自分からしているみたいで、すごくイヤでした。
    全然気持ちいいってものではありませんでしたが、木原君は満足して居るみたいでした。
    じっとしていたのですが、
    「動かないと終わらないよ」と言われ、仕方がなく体を上下に動かしました。
    「俺がいきそうになったら自分で抜けよ」と言われましたが処女の私にはどのタイミングかわかりませんでした。
    気持ちよさそうにしていたので抜いたら、
    「まだだよ。何やってるんだよ。中出しするぞ」
    私は中だけは逃れなきゃと思い、また腰を落とし、木原君を受け入れました。
    すごく情けなくて、まさか人生最良の結婚式の日にレイプされないといけないの?と大泣きになっていました。
    泣きながらオマンコの痛みをこらえて腰を振っていたら、膣の中が熱くなっていました。
    膣内で射精したみたいでした。
    「千絵は馬鹿だよな。抜けっていっただろ?千絵が自分で受け入れたんだから妊娠してもしらないぞ」と言われてしまいました。

    ビデオにも撮られていたし、処女を奪われ、挙げ句の果てに膣内射精とは…
    木原君達は逃げるように帰っていって、私も気づかれないようにドレスをなおしました。
    でも下着はありませんでした。
    式の間も膣からは精子と血が流れてくる気がして。
    意味もなく涙が流れて、祝福してくれているみんなには「千絵は泣き虫ね」って言われました。
    結婚式が終わって、少し1人で居ました。
    ウェディングドレスの裏地はピンク色に染まり、異様な臭いで、すぐに2次会用のドレスに着替えました。

    まさかの出来事に誰にも相談できずに、1人で悩んでいました。
    いま木原君の子を身ごもっていますが、旦那さんは喜んでいます。
    何とかしておろしたいのですが、おなかの子には罪はないし、悩んでいます。
    そんななか会社の引き出しに1枚のDVDが入っていました。
    「千絵さんの結婚パーティー」って題名でしたので見たのですが、レイプされているビデオでした。
    最後に字幕が入っていました。
    「千絵さん僕の精を受け入れてくれてありがとう。
    まさか千絵さんが受け入れてくれるとは思っても居ませんでした。
    おなかの子は多分僕の子でしょう。
    僕と千絵さんの愛の結晶ですね。休みの日にでも遊びにいきますね。
    また僕を受け入れてくれると思うと楽しみです。
    このDVDは大切に保管していてくださいね。
    なくなっても原本はあるので安心してください。」

    その日は旦那さんが出張で留守だったので、しっかり戸締まりをして居ましたが、チャイムが鳴り木原君とわかったので拒みましたが、DVDを持っていたのでまた犯されています。
    もちろん中に出されています。
    旦那さんとはずっと避妊していて、妊娠したのは数パーセントの事故だと思って居るみたいですが、木原君との子供です。
    会社ではキスを要求してきます。
    断れない私が情けないです。


122  まなみ - 2015/02/16(Mon) 18:17 No.28006
    なんでも話します。
    聞きたい人は
    なんでも聞いて。
    初体験もいつしたかも話します。
    付き合った人数も話します。
    痴漢されたかも話します。


123  私は@レイプされました。 - 2012/02/09(Thu) 02:11 No.18187
    私、JCです。部活の先輩にレイプされました。
    私の一目惚れの人でした。土曜日、話しかけられて、うれしくてそのまま先輩の家に行きました。お家の人は留守みたいでした。いわれるがままについて行くと、先輩はいきなり振り向いて、私を押し倒しました。「え…」と騒ぐ私を無視してあそこに手が伸びてきてズボンとパンツを脱がされました。あそこを舐められて「ああぁん」と声がでてしまいました。先輩はゆで卵を5個私のあそこに挿入れて「あったかくして。」といいました。ゆで卵は入れたまま、次は3Lで浣腸されました。無理って言ったのに全部入れてしまいました。アナルはアナル栓?で蓋されました。卵もでそうになったら押しこまれ、トイレにいかせてと言ってもただクリストリスをいじったりおっぱいを吸ったりするばかりでした。私が耐えきれなくなって「あっあ…ああっいあっあんあっんっんああああぁぁっ」とイったら卵を産ませてくれました。最後の1個が出てこなかったので先輩が指を4本挿入れてとってくれました。私はアナルも限界だったので卵を1つ産むたびにイきました。先輩はバケツの真上に私を立たせ、アナル栓を抜こうとしました。私は必死に止めたのに抜かれてしまい、大好きな先輩の前でバケツの中に出してしまいました。私が泣いていると「もう一度みたい」とまた3L浣腸をされました。2回目はもうきれいな水が出てきました。そのあとアナルから卵を産んでsexしました。自分で動いたり後ろからパンッパンッッって突いてもらいました。3回くらい中に出されてアナルにも2回出されて何度もイって気絶してしまいました。きがつくと血と精子はふかれてあそことアナルに卵が挿入れられたまま服をきせられていました。先輩は「ごめん」と言って送ってくれました。もちろん卵は家で産みました(笑 今では付き合っています!


124  匿名 - 2015/02/23(Mon) 10:17 No.28109
    あれは、私が高校入学してすぐの秋の事だったと思います。

    ブレザーの制服、スカートは膝丈で、髪は鎖骨にかかるくらい。

    第一印象は、真面目で大人しい感じに見られていたと思います。

    実際、趣味は読書で、クラスでも目立たない方でした。

    希望していた高校に受かったは良いものの、満員電車に長時間揺られていなければならなかったのが初めは苦痛で仕方ありませんでした。

    痴漢もその時に初めてされました。

    初めは気持ち悪いのと怖いのとで、泣きそうでした。
    でも大抵の場合は、スカート越しにお尻を撫でられるか、降車する時のドサクサに紛れて胸を触られるか程度で、次第に慣れていき、少しくらい触られただけの時は、あまり考えないようにしていればそれで済みました。

    隙があれば、満員電車に揺られながら文庫本を読むくらいの余裕もありました。

    そして、あの時の痴漢もそんな風に、本を読んでいる時に起こりました。

    初めはいつものように、スカート越しにお尻を触られているような気配がありました。

    "またいつもの痴漢だ"と思い、特に抵抗するでもなく、本の内容に集中する事にしました。

    今思えば、あれで痴漢しても大丈夫だと思われてしまったのかもしれません。

    痴漢の手は、段々とお尻を撫でている手の感触が、スカート越しにもハッキリと感じられる程になってきていました。

    その触り方が妙に生々しく、今までされた痴漢とは何となく違っていました。

    お尻全体から腰の方まで優しくゆっくりと触ってくるのです。

    スカートのツルツルとした裏地とパンツが擦れるのが分かります。

    膝裏には、スカートの裾で撫でられてるように感じました。

    そこで初めて、私はなんとなくマズいような気がしましたが、今まで痴漢に対して抵抗らしい抵抗をした事がなかったので、どうして良いか分からず、ただ文庫本の端を強く握るしかなく、徐々にスカートが上へ上へとずらされていくのが分かりました。

    そして、とうとうスカートの裾から男の人のゴツゴツとして大きな手が入ってくる気配がしました。

    その手は、パンツ越しに私のお尻に直接触れてきました。

    掌は熱くて、汗をかいている、そんな風に思いました。

    その感触が生々しくて信じられず、私の心臓はドキドキとしてしまいました。

    掌は、お尻の感触を確かめるように撫でていたかと思うと、急にお尻をギュと鷲掴みにしてきました。

    私はそれにビックリとしてしまい、思わず身体をビクッと反応させてしまいました。

    そして、痴漢は私のパンツの端を指でなぞったり、太ももの付け根を触れるか触れないかくらいの感じで触ってきました。

    頭では嫌と思っていても、身体は段々とその絶妙な柔らかな刺激に、勝手に反応していってしまいました。

    私はただ顔を赤くして、本を読んでいるフリをして俯くしか出来ませんでした。

    何故ならもう既に、私のアソコが濡れ始めてしまっていたのが、自分でも分かってしまっていたからです。

    その時、人がよく乗り降りする駅に着き、沢山の人が更に乗ってきました。

    私は痴漢に押しやられる形で、反対側の、終点まで開かない扉の方に追いやられてしまいました。

    そして、私は窓の外を見るようにして立ち、その後ろに痴漢はピッタリとくっつく形になりました。

    先程のドサクサに紛れて、スカートは捲り上げられたまま、半分程パンツが晒されているのが分かりました。

    そして、そこに信じられない事に、男の人の硬く勃起したおちんちんを押し付けられていました。

    ズボン越しなのは分かりましたが、柔らかなお尻で初めて受け止めたその形はハッキリと感じられ、私はとても恥ずかしくなってしまいました。

    (…この人、私で興奮してこんなになっちゃってるんだ…)

    そう思うと、イヤラシく、汚らわしく感じていた筈の男性器が何だか愛おしいような変な気がしました。

    痴漢は、私のお尻に勃起したおちんちんを押し付けたまま、両手を前の方に回してきました。

    私は文庫本を両手で持っているので、その手を払いのける事は出来ず、ただただされるがままになっていました。

    と言うよりは、私はもう何かを期待せずにはいられなかったのかもしれません。

    電車の中で、沢山人がいるこんな所で、いやらしい事をされてしまうと思うと…。

    痴漢はゆっくりと制服のブレザーの前を開き、シャツ越しに乳首の辺りを触ってきました。

    シャツとブラ越しでしたが、知らない男の人にそんな所を触られてしまっていると思うと、自然と息が上がってしまいました。

    そして、下を見ると痴漢の手がシャツのボタンを器用に外していくのが見えました。

    "あ、ダメ…こんな所で…"

    そう思いながらも、段々とはだけられていく自分の姿を見て、私は興奮してしまいました。

    ボタンは第2ボタンから第4ボタンまではずされ、私の水色のブラジャーがチラリと露わになりました。

    そこに痴漢の大きな手はスルッと入っていき、ブラジャー越しに私のおっぱいを優しく揉んできました。

    …ハァ、…ハァ。

    いつしか私は、呼吸の乱れを制御出来なくなってきていました。

    そして、後ろの痴漢も、私の耳元で、ハァ…ハァ…と少しづつ息を荒くしていくのが分かりました。


    痴漢の息がかかる度、身体が熱く火照っていきました。

    私はその時初めて、耳が弱いという事を感じました。

    痴漢は調子に乗ったのか、ブラをほんの少し下にズラしてきました。

    私の乳首は外気に晒され、ブラと擦れて立ってしまいました。

    "…あ、そこをされたら、もう…"

    私は文庫本で隠すようにしながら、自分の乳首が、痴漢の太くてゴツい指に擦られるのを期待してしまいました。

    しかし、痴漢は乳輪のあたりを焦らすようにして、クルクルと円を描くように触ってきました。

    "あ、…くぅ、あぁ…"

    私は期待に身体を震わせて、今か今かと、求めている刺激がくるのに身構えるようにしていました。

    それがとても焦れったく、思わず身体をくねらせ、自分から乳首を擦り付けそうになるのを、必死で我慢しながら、

    "あ、あ、ダメ、ダメ…。やぁ…、こんなの、お、おかしくなっちゃう…"

    もう乳首を擦られたい、思いっきり気持ちよくされたいという事しか考えられず、頭の中はいやらしく犯されている自分でいっぱいでした。

    執拗に痴漢は私の乳首を焦らし、私はもう痴漢の思うがままにされていました。

    アソコからとめどなく愛液が溢れ、ヌルヌルしていくのも感じていました。

    もう限界…!

    そう思ったその時、その気持ちを見透かすように痴漢は、私の乳首の先を転がしてきました。

    "ああああぁ…!!!"

    「…ん!」

    身体は、その刺激にビクンとなり、思わず声を出してしまいました。

    声は、電車の騒音に掻き消されましたが、反応してしまった事が恥ずかしく、私はもう顔を上げて周りを見る事すら出来ませんでした。

    もし、こんなはしたない格好で痴漢をされながらも、感じてしまう淫乱な女子高生だと周りの人に気付かれたら…。

    そう心配するのも束の間、痴漢の指はまたしても私の両乳首を責め始めました。

    指が、初めはゆっくりと乳首を弾くようにしてきました。

    焦らされていた分、その待っていた刺激のあまりの気持ちよさに、私は唇を噛み締めて、出そうになる吐息をなんとか押し留める事で精一杯でした。

    "ダメ、ダメ…、こんなので感じちゃ、あぁ…、やぁ…!"

    下を見ると、水色のブラジャーの隙間から、私の両乳首がいやらしくぷっくりと立ち、それを男の人の太い指で、卑猥な形に擦られている様が見えました。

    あ…、凄くいやらしい…。

    私はその光景にとても興奮してしまい、目が放せなくなってしまいました。

    痴漢は更に私を追い詰めるように、親指と中指で乳首を挟み、クリクリと捻ったり、摘み上げた乳首の先を人差し指で擦りあげてきました。

    "あ、あ、んぁ…!もうダメ、もうダメ、…あぁあ、気持ち良すぎちゃうぅ…!!"

    途方もない刺激に、私は我を忘れて物凄く感じてしまい、身体を震わせ、息が上がるのを押さえ切れませんでした。

    相変わらずお尻には硬く勃起した痴漢のおちんちんが押し付けられ、乳首は卑猥な形にされるがままに転がされ、耳元にあたる興奮した吐息が身体を熱くさせました。

    パンツはもう既にグチャグチャに濡れ、蜜を滴らせている入り口がヒクヒクし、刺激を求めているのを感じました。

    刺激は強いものの、絶頂に達する程ではなく、寸止めされ続けているような状態でした。

    "もう、お願い…、もっと、ああぁ…、もっと、して…"

    私は思わず自らお尻を突き出し、痴漢のおちんちんを擦りつけるようにしてしまいました。

    それに気付いた痴漢は、左手で乳首を責めたまま、右手を前からスカートの中へと入れていきました。

    太ももをひと撫でされ、さらにその奥へと手が伸びていきます。

    "あぁ、触られたら、私がはしたなくアソコを濡らしているってバレちゃう…"

    そう思うとドキドキしました。

    …クチュ。

    パンツ越しに痴漢の指が軽く触れただけで、そんな音が聞こえてしまったのではないかと思える程、私のアソコは濡れそぼっていました。

    耳元で息を荒げる痴漢が、ニタァと笑ったような気がしました。

    おまんこのスジを撫でるようにして、痴漢の指はゆっくりと前後に動き出しました。

    濡れたパンツに私のアソコの形がクッキリと浮かびあがってしまう様子が頭の中に浮かんでしまいました。

    ヌルヌルと布越しに擦られるだけで、とても気持ちよく、もうどうなってもいいとすら思いました。

    クリトリスの上を擦られる度、私は腰が勝手に動きそうになるのをなんとか抑え込みました。

    痴漢は、私のパンツを横にずらすと、とうとう直接私のおまんこに触ってきました。

    "んぁ…、あ、熱い…"
    指が蜜の溢れ出てくる膣口に触れ、愛液を指先にまとわりつかせるようにして、軽く震わせてきました。

    クチュクチュと小さな音が漏れ、とても卑猥な音に私はまた自分の顔が熱くなるのを感じました。

    あ、ぁ、こんな所で、いけないのに…。

    痴漢は私の愛液でヌルヌルになった指で、蜜をすくうようにしてクリトリスに塗りつけてきました。

    "…あ、ぁ、…それ、ダメ…、そこは弱いの…。んぁ…!"

    ヌルヌルになったクリトリスを痴漢は優しく擦りあげてきました。

    "ふぁ、あ、ぁ、あ、…やぁ、ダ、ダメぇ、あぁ…すご、い、…ぁ"

    同時に乳首も摘ままれ、先っぽを擦られ、更に愛液でアソコはヌルヌルになっていきました。

    パンパンにはち切れんばかりに勃起してしまったクリトリスを責める手を痴漢は止めません。

    "あー、あー、もうダメ、もうダメぇ…、おかしくなっちゃう…。いっちゃう…!"

    "電車の中で、…こんな大勢の人がいる前で、知らない、男の人に…いかされちゃう…!"

    私は文庫本をギュッと握り締め、はだけられたおっぱいと、荒くなる呼吸を隠しました。

    乳首は卑猥な形に捻り上げられ、硬く更に勃起していくおちんちんを柔らかなお尻にあてがわれ、赤くいやらしく膨らんだクリトリスを擦りあげられ、私はもうイク寸前でした。

    "も…、あぁ、許して、…い、い、いっちゃぁ…あ…ぁ"

    しかし、私がまさにイキそうになる瞬間、痴漢は責める手をピタリと止めてしまいました。

    "…え?…あ、ど、どうして…?あぁ…"

    私はイケなかった喪失感と、痴漢の思う通りにイカされそうになり、それを望んでしまった事に対する羞恥心とが混ざり合い、もうどうしていいのか分からず、軽くパニックになりそうになってしまいました。

    痴漢は、また耳元でニヤッと笑うと、今度は、乳首を責めていた手も一緒にパンツの上から両手を入れてきました。

    薄い陰毛を撫で下ろされ、掻き分けられ、左手でおまんこが左右に開かれるのが分かりました。

    イケなかったオマンコとクリトリスが期待感にヒクヒクとしてしまいました。

    ヌルヌルになった右手で、またクリトリスを優しく擦りあげられます。

    「…あ!」

    小さな声でしたが、思わず吐息と一緒に漏れ出てしまいました。

    心臓がまたドキドキと鳴り恥ずかしかったのですが、私はもうどうなってもいいとすら思えました。

    イカせてほしい…。

    もっと、もっと、淫らな事をされて犯されたい…。

    そんな事しか考えられなくなってしまっていました。

    痴漢は左右に開いた手を少しだけ上に引っ張り、クリトリスを剥き上げてきました。

    その剥き出しになったクリトリスを、ヌルヌルになった指で優しく擦りあげられ…

    "ふぁぁ…!あ、熱い、あ、ぁ…"

    身体の熱全てが、クリトリスに集中してしまったかのような、そんな熱い刺激でした。

    クリトリスがジンジンとし、その存在を主張します。

    "ああ、何これぇ…、あ、熱いよぅ、ダメ、はぁあ、…変になっちゃうぅ…"

    私は当時処女でしたが、既にオナニーを覚えてしまっていて、自分の気持ちいい部分は全て知っているつもりでいました。

    ですがこんな刺激は初めてで、私は全身が熱でとろけてしまう感覚に、恐れすら感じました。

    もういつ逝かされてもおかしくない状態で、痴漢は更に追い打ちをかけてきました。

    クリトリスを擦る指だけでクリトリスを剥きあげて擦り、もう一方の指をおまんこの入口にあてがいました。

    "あ、そこは…やぁ…"

    蜜でトロトロになった入口は痴漢の指を求めてヒクヒクといやらしい動きをして咥え込もうとしてしまいました。

    それが堪らなく恥ずかしく、またそんなイヤラシイ自分が堪らなく愛おしくもありました。

    "指、挿れて…。めちゃくちゃに犯して…"

    とうとう痴漢の太い指は、ヌルリとした感触を伴って、私の膣内に挿入されてしまいました。

    …っ!

    私は驚きと快感のあまり声にならない悲鳴を上げて、ギュッと目を瞑りました。

    目を瞑ると余計に感覚が鋭敏になります。

    膣内で初めて感じた男の人の指は、圧倒的な存在感で、自分でも触った事のないヒダの奥の奥まで届き、もの凄い充足感で私を魅了しました。

    "ああ…っ!凄い、膣内まで…いっぱいに、なってるぅ…!"

    勝手に私のおまんこは、キュンキュンと痴漢の指を締め上げていました。

    ズリュ…ヌチャ…。

    いやらしい動きで、痴漢の指が私の膣内を蹂躙していきました。

    "はぁあ…、も、ダメぇ…ひぁあ"


    指の腹で膣内の壁を擦るようにして、ゆっくりと抜き差しされ、クリトリスは剥きあげられ擦られ、痴漢の硬くパツンパツンにふくれ上がった勃起ちんちんでお尻を撫でられ…。

    "あああ…!凄い、あ、あ、あぁ…。ひぁ、も、…ダメ…!逝っちゃうぅ…!"

    その時、電車がガタンと大きく揺れ、私の持っていた本が、私の両乳首に当たりました。

    その瞬間、両乳首と勃起したクリトリス、そして痴漢の指が奥深くに挿入された膣内に電流が走ったような激しい感覚が私を襲い…

    "はっ…!あああっ…!い、逝く、逝く!逝っちゃうぅぅ…!"

    全身が硬直し、息が乱れ、私は電車内で思いっきり逝ってしまいました。

    膣内が物凄くイヤラシイ動きで痴漢の指を、いつまでもギュッギュッと締め上げていました。

    膝がガクガクとし、頭は蕩けるような気怠さで、全身に力が入らず、痴漢にもたれかかるようにして、私はしばらくその状態から動けませんでした。

    痴漢はヒクヒクとする膣内を堪能するかのように、しばらく怪しい動きで膣内を確かめていました。

    駅が近づくのが分かると、痴漢はゆっくりと指を抜き、そっと私のパンツを戻してくれました。

    あれから私は大人になった今でも、あの時の事が忘れられず、たまに痴漢に会うと異常な濡れ方をしてしまうようになってしまいました。

    同僚や友達が、

    「痴漢なんて絶対に嫌だよねー」

    と言っているのを聞くたび、私は羞恥心と罪悪感でいっぱいになります。

    でも、この気持ち良さを私は知ってしまいました。

    誰にも話せなかったので、ここで少し気持ちの整理をつけられたら、と思い投稿させていただきました。

    長くなってしまいましたが、最後まで読んで下さってありがとうございました。


125  人妻 - 2015/02/23(Mon) 10:22 No.28110
    今から20年程前になるでしょうか?

    あれは長男が産まれた時の事です。

    嫁がまだ23才の時で、初めて子供を授かり、今のようにデジタルカメラがあるわけでもなく、もちろん携帯にもカメラがついてない時代ですので、記念に残す時はインスタントカメラが精一杯な時代でした。

    そして息子が授乳してる所を写真撮ろうとした時嫁が、「こんな写真撮ったら現像したら、私の胸写っちゃうよ。」
    と恥ずかしがってなかなか撮らせてもらえませんでした。

    でもせっかくこんな可愛い姿を無駄にもしたくなかったのでした。

    いつも行き慣れてた近くのスピード写真で現像をしてた僕は、手持ち無沙汰にサンプルで子供の写真のアルバムを見てました。

    そこに中年の店長がやってきて「こんな風にアルバムを残したら一生の思い出になるよ」と言ってきました。

    僕は「性能の良いカメラが持ってないんですよね。こんな風に残せたら、何年か経った時に長男が大きくなった時に見せてあげられるのにな」と言いました。

    店長が「じゃあ知り合いにカメラ好きがいるから、紹介してあげようか?」
    と言われ、僕は「是非お願いします」と言って、嫁に帰って話をしました。

    嫁も喜んでくれたみたいで、そのカメラマンの人にお願いしました。

    一カ月経った頃、そのカメラ屋の店長とAに近くの喫茶店で打ち合わせをしました。

    スタジオとかだと自然な感じが出ない為に、当時住んでいたアパートでお願いしました。

    そしてその一週間後の日曜日。

    店長とカメラマンのAがアパートに来て、Aが「プライバシーを守るから、沢山撮らせてもらうよ」と言いました。

    初めは息子の写真を中心に撮ったりしてくれました。

    それから息子の授乳時間になった時でした。

    嫁と息子が違う部屋で授乳しようとした時でした。

    Aが「授乳してる姿は一生に数回しかないので、これも記念に撮らせてください」
    と言って、嫁は「でも」
    と言った時、僕は「せっかくだから撮ってもらってもいいじゃないか」
    と言って、嫁は「分かったわ」
    と言って嫁は右の乳房を取り出して、息子に授乳してる写真を撮ってました。

    Aは「じゃあ色々なポイントで撮るから、反対でも授乳してる姿を」と言って、嫁は左の乳房で授乳させようとした時でした。

    嫁のおっぱいが両方と出したことになったことで、Aと店長に嫁の胸を完璧に見られていました。

    Aはそれでも何枚も写真を撮ってました。

    Aは何枚か撮っている中、嫁は店長やAに胸を見られてることに羞恥心を忘れているのか分かりませんでした。

    店長が「やっぱ子供は可愛いな。あんなに美味しそうにお乳を飲んでる」と僕に呟いてきました。

    授乳の写真が終わり、Aが「次はお風呂入れてるところを撮りたい」と言いました。

    僕と息子がお風呂を入れてる姿を何枚か写真を撮られて、Aが「今日は終わりだ。また明日も撮りたいのでお願いします」と言ってAと店長は帰りました。

    また翌日にAはアパートに来ました。
    僕は仕事があったので、嫁から聞いたことを書きます。

    また息子の写真を何枚も撮っていました。

    あとオムツの交換してる写真とか撮っていました。

    そしてまた授乳してる写真を撮っていました。

    するとAが「次は奥さんがお風呂入れてあげる写真を撮らせてください」と言いました。

    嫁は「それはちょっと」と言うとAは「大丈夫です。あなたとご主人だけの写真なので、他の人には見せることはありませんので大丈夫ですよ」と言いました。

    嫁は悩んだ末「じゃあお願いします」と言って、嫁は体にバスタオルを巻きながら、息子と風呂に入ってる写真をAは少し離れた場所で何枚か撮りました。

    するとAが

    「家の風呂でバスタオルを巻いて入るのはなんか不自然すぎる。写真には写らないようにするからバスタオルをとってくれないか?」

    と言いました。

    嫁は体に巻いてたバスタオルをはずし、Aはまた何枚か写真を撮りました。

    するとAはどんどんと近付いてきて、何枚も写真を撮ってました。

    Aは「君の体はなかなかいいよ。バストも小さいながらいい形してるし腰もなかなか締まってるしね。」と言いました。

    嫁は「そんなにジロジロ見ないでください」と言いました。

    しかしAは「なかなかいいプロモーションになるからモデルになってくれないか?」と言いました。

    嫁は「どんなモデルですか?」と言いました。

    Aは「ご主人に内密にしてくれるならギャラをたくさん出すよ」と言いました。

    嫁は「なんで旦那には内密なんですか?」と聞きました。

    Aは「突然大金を手にしたらご主人も疑うだろ?だから是非君にお願いしたいんだよ」と言いました。

    嫁は悩み「一体いくらもらえるんですか?」と聞きました。

    Aは「今は分からないが、それなりに金を出すから頼むよ」と言いました。

    数週間が経った頃、嫁が「明日出掛けてきていい?」と言いました。

    僕はいつも息子の面倒ばかり見てる息抜きかと思い、快く行かせたのが間違いでした。

    しかしあの時の僕は疑いもせずに「行ってきていいよ」と言いました。

    翌日になり嫁は朝から洋服ダンスからゴソゴソと何枚か服などを鞄に詰め込んでました。

    僕は「家出でもするのか?」と言うと、嫁は「要らない服を友達にあげようかと思って」と言うのですから、僕は素直に信じ込んでいました。

    嫁は出掛けると、僕は窓からたまたま嫁の姿が見え、カローラワゴンに乗って出掛けました。

    僕はその間、息子の面倒を見たりして適当に過ごしてました。

    その頃嫁は、Aの車で他県まで行き、そのモデルの撮影だと思い連れて行かれました。

    そこは雑居ビルみたいな所に入りました。

    するとそこに二人の南米系の男のBとCがいました。

    南米系のBとCは「ベリーナイス。プリティガール」と言いました。

    あとは英語で何を話してるのかさっぱり分かりませんでした。

    Aも英語で話のそれなりに出来る人で、通訳などをしてくれました。

    Aは「では始める前にこちらの紙に印鑑を押して。それからお気に入りの服に着替えて」と言い何枚も写真を撮りました。

    Aは「では次に水着のモデルになって」と言って、嫁は「水着は持ってきてませんよ」と言いました。

    Aは「水着なら何枚も用意してるから大丈夫」と言い、水着に着替えた嫁を何枚も写真を撮らていました。

    すると先ほどのBとCの二人が嫁の横に立って、突然前からと後ろからと抱きついてきました。

    Aは「なかなかいい味が出てきた」と嬉しそうに言いました。

    嫁は「一体何のモデルですか?」と言いました。

    Aは「それなりのたくさんギャラを出すんだから言うことに従って」と言いました。

    Bは嫁を突然お姫さま抱っこをしてきました。

    その時も何枚も写真を撮ると、次はCもお姫さま抱っこをしてきました。

    するとCはお姫さま抱っこしたままキスでしてきました。

    嫁はジタバタすると、Cはお姫さま抱っこされたままAが「言うこと聞かなければこのまま下に落とす」とCの通訳でした。

    嫁は「分かった。下に落とすのはやめて」と言い、三人は笑っていました。

    Cはお姫さま抱っこしたままソファベッドへ座りました。

    その時でした。
    Bが嫁の足をロープで縛ってきました。

    嫁は「一体何の真似?こんなことしないでよ」と言いました。

    するとAが初めの誓約書を持って、嫁に見せつけました。

    『私は貴方様の言動に従います。万一反感などの貴方様に及ぼした言動を示した場合は、こちらで対処してもらっても文句などありません』

    と小さい字で書いてある誓約書に印鑑を押した嫁でした。

    嫁は「えっ?こんなの書いてなかった。騙したわね」と言いました。

    しかしAは「ちゃんと書いてあったのに、あなたは見落としていたんですよ。もし守ってくれなければ、ここからずっと帰れませんよ。もちろん給与も致しません」と言いました。

    嫁は泣いてしまったのですが、Aは「泣いても同情はしません。あなたが誓約書に印鑑を押したのは事実なんですから、きちんと誠意を示してくださいよ」と言いました。

    嫁は諦めて、「言うこと聞くから私のこともちゃんと守ってくださいね」と言いました。

    Aは笑顔でうなずきました。

    Bは、嫁の手もロープで縛りました。

    するとCは嫁の水着をナイフで切り、嫁は全裸にされてしまいました。

    Bが嫁のおっぱいをなめなめしたところを写真撮ったり、Cも嫁のアソコに舌を入れ舐めてきました。

    するとBとCは下半身裸になって、BとCのアソコを舐めさせられた時でした。

    Aも下半身裸になって、嫁のアソコに挿入してきました。

    「お願いだからゴムつけて」と言っても聞いてもらえず、Aは「なかなか上手に入るんだな。結構やってるな」と言いました。

    嫁は「そんなことない、お願いだから中には出さないで」と言いました。

    Aは嫁のお腹に精子を出しました。

    すると次はBとCにも強姦され、輪姦されてしまいました。

    最後にAの車に乗せてもらい

    「また写真が出来たら見せてあげる」と言い、アパートの駐車場に着いた時、Aからお金が入った封筒を嫁に渡しました。

    中身を見るとたったの5千円しか入ってませんでした。

    嫁はカメラマンに騙されてレイプされた事を、何年もそのことを話してくれず、今ではそのスピード写真もなくなり、どうもがいても、後戻りの出来ない悔やまれる経験です。

    あの時、私がカメラマンに頼まなかったらと思うと・・・

    [ 2015/02/13 20:24 ] 人妻 レイプ | TB(-) | CM(-)
    若妻押し込みレイプ
    出会い系で最近であった美人の画像
    イククル

    PCMAX

    ハッピーメール

    あの激しい情事を経験したのは、雨の降っている日の事でした。

    雨で仕事が中止になり、出稼ぎに来てる自分としてはそのままアパートに帰る気になれず、そこらの駐車場に車を止めてボーっとしていました。

    すると、4-5才の子供を連れた若妻が、一組、また一組と、集まって来ました。

    4組ほど集まって、屋根のある所で立ち話を始めました。

    自分は、離婚をして逃げるように出稼ぎに来て3年。

    同じ位の歳の子供を妻に取られ

    寂しい独身生活。

    立ち話をしている奥さん方を眺めながら結婚していた時の事を思いだしていました。

    そのうち幼稚園のバスが来ました。

    子供達はバスに乗り込み、それを見送る華やかな主婦達

    その光景見ているうちに寂しくなりました。

    立ち話を続ける人妻方

    中でも、白いワンピースを着た奥さんが目にとまりました。

    歳は25歳くらいでしょうか。

    黒髪で後ろで束ね色白の童顔で、可愛い感じの奥さん。

    しかも雨で少し濡れて、紺色の下着がうっすら透けて見えていました。

    その奥さんを見ているうちに、寂しい思いから熱いムラムラに変わって行きました。

    奥さんを眺め視姦しながら車の中で自分の物を握りしめ、シコシコシュッシュと擦り始めました。

    離婚をしてからそんな気にもなれず、溜まっていた事もあり、久しぶりに性欲が興奮が高まっているのが分かりました。

    もう少しって所で奥さん達は解散してしまい、散り散りに帰り始めてしまいました。

    自分は、無意識に白いワンピースの奥さんの後をストーカーするように尾行していました。

    奥さんは黒い色にピンクの花柄の傘を差して歩いており、自分の下手な尾行にも気付きませんでした。

    歩いているうちに奥さんのヒップ辺りに雨の雫がワンピースを濡らし、うっすら透け始めました。

    紺色のパンティがチラチラ透けて見えていました。

    自分は更に興奮を覚え、心臓がバクバクして股間が熱く硬くなるのが分かりました。

    奥さんは、とある家の前に止まりました。

    そんなに大きくない家でしたが、新しい家でした。

    玄関の前で傘を畳み、バックの中を漁り始め、鍵を取り出して玄関を開け始める奥さん。

    自分はすーっと近づき、玄関が開いた瞬間に奥さんを家の中に押し込みました。

    訳も分からない感じの20代の人妻を押し倒しながら玄関の鍵を締め、奥さんの後ろから覆い被さり、押さえつけました。

    暴れながら奥さんは、家の奥へ逃げようとしました。

    自分も我を忘れ、必死に奥さんを押さえつけながら左手で奥さんの口を押さえつけ、荒々しく鷲掴みしながら奥さんのおっぱいを揉みしだきました。

    奥さんは叫びながら必死に抵抗しました。

    身体を激しく動かし、押さえつけている自分を押し退けようとしていました。

    自分は、必死に奥さんを押さえつけ、仰向けになっている奥さんの上に馬乗りになりビンタをしました。

    そして、白いワンピースを引き裂き、紺のブラが露になりました。

    むしゃぶり付く様に奥さんのおっぱいの谷間に顔を埋め、両手で奥さんの乳をブラの上から揉み回しました。

    奥さんは泣き声を上げながら両腕で自分を叩いて抵抗しました。

    自分は髪を掴み、奥さんの顔を舐め回し、強引に唇に舌を押し込み、口を塞ぐように舐め回しました。

    荒々しくブラを捲り上げ、生乳を手の平いっぱい揉み回しました。

    そして、ワンピースを捲り上げ、奥さんの紺のパンティの上からまんこを触りました。

    奥さんは激しく抵抗しました。

    足をバタ付かせ、身体よじらせました。

    自分の腕を押し退けようと強く掴みます。

    奥さんのブラを剥ぎ取り、奥さんの両手首に縛り、左手で頭の上に、押さえつけました。

    奥さんの乳首を舌で舐め回し、吸い付きながら右手で、パンティの上から撫で回しました。

    奥さんのアソコは、柔らかく湿っていました。

    レイプされているのに、おまんこ汁出すとはスケベな奥さんです。

    そしてクリを上から指先で撫で回しながら、パンティの脇から指を入れました。

    奥さんは、泣き声を上げ、抵抗しました。

    おあんこは、暖かく濡れていました。

    指を膣の中に押し込み、激しく動かしました。

    いやらしい音が鳴り響き、奥さんの身体も激しく動かし抵抗しました。

    自分は、奥さんの脚の間に無理やり身体をネジ込み、荒々しく奥さんのパンティを剥ぎ取る様に脱がしました。

    奥さんのアソコに、熱く硬くなっている物を押し付けると、奥さんは激しく泣き叫びました。

    「やめて、入れないでぇー」

    自分は、激しく抵抗する奥さんを押さえつける様に強く抱き付き強姦しました。

    そして奥さんのアソコに、自分の物が挿入しました。

    久しぶりの感覚に身体が熱くなりました。

    生暖かく、優しく包む感じ。

    ぬっプリ、奥さんの奥まで突き上げました。

    自分は、あまりの気持ち良さに無我夢中で腰を激しく動かしました。

    それと同時にプルプル揺れる奥さんの胸。

    腰を動かす程に、奥さんのアソコからいやらしい音と、おまんこ汁が溢れる感覚に包み込まれました。

    思わずイキそうになった時、奥さんが今まで以上に激しく抵抗し、泣き叫びました。

    「お願いだから、中に出さないで」

    奥さんの叫び声に興奮し、激しく腰を動かしました。

    そして奥さんの奥で果てました。

    今までないくらいにドクドクと、射精感が気持ち良く大量に、奥さんの膣にザーメンを大量に注ぎ込んでいました。

    奥さんも中に出されたのが分かったのか、グッタリしてました。

    自分は余韻を楽しみながら奥さんから引き抜いて立ち上がると、おまんこからだらだらと精子が逆流し、垂れ落ちていました。

    そして足早に、この家を後にしました。

    寂しい独身生活でしたが、久しぶりの素敵な体験でした


126  ゆうみ - 2015/02/02(Mon) 19:56 No.27793
    旦那が不満でしかたないです。
    めちゃめちゃにしてくれるひと、募集してます。
    ニコたま住み、162せんち48きろ、Eかぷ、
    大島ゆうこに似ているといわれます。
    くわしくは連絡してください(>_<)連絡先は、


127  匿名 - 2015/02/19(Thu) 11:57 No.28055
    私、パート勤めの主婦です。子供も大きくなり子育てからは開放されています。
    20代前半で結婚。旦那以外の男性との付き合いはありませんでした。

    因みに40代ですが。(あと数年で50の大台に・・・。)
    ですが私の友達には独身女性もいて。彼女時折、テレクラで男性との関係を楽しんでいるって言っていました。

    そんな彼女から電話があり、食事する事に。
    居酒屋に行ってみると見知らぬ30代くらいの男性が二人、彼女と一緒に座っていました。
    「えり子、久しぶり。4人で飲もうよ。」

    何でもその中の一人の男性とはテレクラで知り合ったとの事。もう一人の男性は友人で相手の女性を
    探しているとの事でした。
    「えっ?でも私結婚していて大きな子供も二人いるし・・・」
    「スーパーでレジの仕事お疲れ様。」
    「まっ。とにかく飲もうよ。」「・・・・・・。」

    彼女、呆気にとられている私に生ビールを勧めてカンパイ。
    30歳そこそこ位の男性は二人とも月に2、3度テレクラで女性との出会いを求めているとの事でした。

    私の自宅の最寄り駅から一つ先の駅近くにあるテレクラを利用しているって言ってました。
    3人から次々とビールやチュウハイを勧められて私は意識が薄れて気分だけが高揚していました。

    暫くして4人で店を出て、男性の一人がタクシーを呼び、乗ってからすぐに降ろされて。
    気がつくと男性が話していたテレクラが先の方に見えました。
    周りはホテルが向かい合って並んでいて。
    友達と一人の男性が向かいのホテルへ。

    もう一人の大柄な男性が私の手を取りその向かいのホテルへ。
    抵抗しようにも男性は180cm位の背丈で肩幅も広く、力で抵抗も出来ず。
    先程の居酒屋で散々飲まされていて泥酔している状態。
    そのままの流れでベッドへ運ばれて・・・・。

    「俺、身体が細くて貧乳の女性、大好きなんです。しかも一回り以上も年上の主婦が一番好きなんです。」
    一方的に言われて意識朦朧の私の服を脱がせて下着まで全部・・・。

    男性は私に覆い被さって来て私の乳房を乱暴に揉み乳首を激しく吸われました。
    泥酔している私は身体が火照り、息苦しく最悪の状態でした。
    男性は長い時間私の小さな胸を弄び、荒い息で獣のようでした。

    男性の大きな舌が胸から首筋に吸い付いてきて、すぐに耳の中に舌を入れてきました。
    くすぐったかった。
    でも、少し興奮してしまいました。

    大きな声が洩れていたらしく、
    「奥さんって大きくていい声で鳴くんですね。」
    「・・・・・・。」
    私は泥酔していて意識朦朧でしたのでそれからの時間は大柄な若い男性に言われるまま、されるままの
    状態でした。

    男性は好きな様に私の身体を弄び、逞しい状態のシンボルを私の口の中やアソコの中に出し入れ
    していました。
    暫くすると突然、大柄な男性が
    「うっ、やばいっ。やばっ。」
    直後に生暖かい精液が私の中に充満してきました。

    泥酔している私でも流石に、された事の重大さに気付き、男性から離れてシンボルを抜こうともがきましたが、
    大柄な男性の太い両腕が私の両肩をしっかりと掴んでいて身体を動かす事さえ叶いませんでした。

    「やばっ。気持ちいい。」男性は自分の性の快感が収まるまで私の身体から離れるつもりが無い事が
    わかりました。

    男性と繋がったまま。少し時間が経つと私にその分厚い唇でキスしてきました。
    私の顎をしっかりと太い手で固定されてしまったので首を振って逃れることも出来ずにされるままでした。

    ザラザラした太くて長い舌が私の舌を絡めとり、唇も据われて。
    男性はエスカレートしてきて自分の唾液を私の口の中に注ぎ込んできました。

    何度も何度も噎せ返り。私が下の体位で行為を受けている為、自然と男性の唾液を飲み込まざるを
    得ない状態でした。

    そんな事を繰り返されている内に私の中で男性のシンボルが熱く、逞しくなっていました。

    私の中いっぱいに充満してきて思わず声が・・・。
    「奥さん、もう一回いいよね?」
    「・・・・・。」無言でいる事が精一杯の抵抗でした。

    私を上にして軽々と何度も何度も突き上げられて。
    私も男性も汗だく状態。
    そして身体を下にされたり横にされたり、抱き抱えられて突かれたり色々な男性主導の愛撫で弄ばれて。
    何度も何度も絶頂を迎えてしまい頭の中が何度も何度も真っ白に。
    自分の身体ですがコントロールが出来なくて、心では抵抗していたつもりでしたが身体の痙攣が
    止まりませんでした。

    その性行為が男性主導で何度も何度も繰返されてしまい、何度目かの絶頂でとうとう意識が
    飛んでしまいました。


    気がつくと男性はシャワーを浴び終えて着替えており片手にスマホを持って私を見下ろしていました。
    時間も遅くなり、旦那の顔も浮かんできたので私も急いでシャワーを浴びて着替えました。
    すると男性が
    「奥さんの全裸の写真や咥えている写真撮ったからね。」

    どうやら私が気を失って寝ている間に撮られた様子で、その写真には私がベッドの上にだらしなく髪を乱して
    空いた口からは涎が零れていて,両足も開いたままの状態で、そこからは男性の白い体液が溢れている格好。

    目を覆いたくなる様な状態が撮られていました。
    もう一枚は私が失神して寝ている間に無理やり男性の誇張したままのシンボルが私の口に捻じ込まれている
    恥ずかしくてグロテスクなものでした。

    「どういう意味かわかるよね。」
    「旦那や子供に知られたくないよね。」
    私は呆然となり無言で微かに頷くのが精一杯でした。

    ホテルの部屋にあったメモ用紙に彼の言いなりに覚書を書かされてしまいました。

    内容は、今日から、あなたの性奴隷になります。
    といった内容の覚書でした。

    それからの私達の身体の関係は半年経ちますがまだまだ続きそうです。

    近所の目も心配なので最近では隣の県か繁華街で関係を結んでいます。

    危険な関係ですが慣れてきてしまい怖いです。

    (最近では旦那が私を見る目が変わってきた様にも感じています。疑われている様な、そんな感じ。)

    旦那や子供がいるのに。

    このままエスカレートしていきそうです。

    今から思うと居酒屋では私だけ、お酒をたくさん飲まされていて三人はあまり飲んでいなかった様に
    思います。


    どうやら友人の彼女に騙されてしまった様です。

    はじめから身持の硬い私を大柄な男性に落とさせる為に。


128  私は@レイプされました。 - 2015/02/17(Tue) 00:15 No.28015
    絶対にゴムをつけてねとお願いしたのに、

    けっきょく生で犯られてたみたいで、

    気がつけば中に出されてて。。。


129  まなみ - 2015/02/12(Thu) 08:20 No.27926
    ブラウスを引き裂かれブラを上にずらして

    胸をもみくちゃにされました。

    パンスト引き裂かれショーツの横から指を

    アソコに入れてかき混ぜられました。

    ショーツの両端を持ち一気に脱がされました。

    おとなしくしろと顔を何回も殴られました。

    アソコを舐められながら指でかき混ぜられてると
    濡れてきたと言われました。

    逝かしてあげるからなと言われ激しく指で
    かき混ぜられると逝きました。

    チンコ入れてやるかなといわれ
    入れようとしてきました。

    抵抗すると また殴られたいのかと言われ

    素直に入れられました。

    すると奥まで入れて腰を振られ子宮に当たってました。

    上に乗ってブラウスを脱いでブラを外して腰を振れと言われ

    ブラウスを脱ぎブラをは外して腰を上下に振りました。

    気持ちいいぞマンコ キュッキュッ締めてと言われました。

    よく締まるマンコだなと言われました。


    すると逝く逝くと言われ中に出すぞと言われました。

    嫌嫌と離れようとするのですが押さえられてどけません。

    中にだされました。

    どくと中から垂れてきました。

    次から次と入れ替わり中にだされました。

    ビデオにも撮られました。


130  ゆい - 2015/02/15(Sun) 15:52 No.27979
    先月、地元成人式に出たときのことです。トイレに向かう途中1人の男性が、スーツのズボンのポケットに入れた左手を動かしながら、私に話しかけてきました。
    いい振袖だね。買ってもらったの?私がうなずくと、それにしてもいい女になったじゃねーか!1回振袖のままやらせろや!と言いながら、
    スマホの画面で昔の写真を見せてきました。その男は、中学の同級生で不良の1人で、昔のことが頭によみがえってきました。それは、中3の部活帰り、途中で友人と別れた後、
    町はずれの人気の少ない公園でタバコを吸って、たむろしてた不良4人(同級生)に脅されて、障害者トイレでフェラチオさせられたのが始まりです。
    それからというもの、フェラチオ写真を学校で見せびらかすと脅され、部活帰りに毎日のように公園のトイレでフェラチオさせられました。
    夏休みの部活帰り、家の前で待ち伏せされ、不良4人が私の家に押し入ってきて、夕方親が帰ってくるまで時間があったことから、4人に処女も奪われました。
    結局、親がいない日を狙って、夏休みの半数近く私の家に押し入って、フェラチオの後、生のまま平気でセックスして写真も撮られました。
    夏休み最後の日、不良4人は妊娠対策のために、約束を持ちかけてきました。今後私に近づかない代わりに、親には、知らない人に公園のトイレで襲われたと言えと。
    その時、中絶してすべてが終わったはずでしたが、その男はさらに話を続けました。お前が中絶したって聞いた時には、みんなで写真を見ながらオナニー大会をやってな、
    成人式の日に、振袖姿でやれりゃ最高じゃねーか!って話になってよお。最近この話がまた出てきた時には、みんな勃起もん。いい計画たてさせてもらったから。
    断ったらどうなるか分かってるか?今日この写真を式場のロビーでばら撒かれたくないだろ!なら、ちゃんと言うことを聞けよ。
    でも、その振袖、レンタルじゃなくてよかったぜ。今日帰ったら、親に明日大学の地区でも成人式があり、大学の友人と振袖で出席する約束をしたと言うんだぞ!
    そして、今夜、大学近くのワンルームか知らんが戻るフリして、振袖を持って、駅前のホテルにチェックインな。お前も一生付きまとわれたくないだろ。
    結局、中学時代の友人たちと食事をした後、夕方過ぎに親に車で駅に送ってもらいました。もう20歳なので見送りもなく、明日の電車の切符を買って、指定されたホテルへ。
    チェックインの後、ロビーにいた不良2人が話しかけてきて、彼らがチェックインしている広めのツインルームに連れ込まれました。
    すぐに残り2人も部屋に入ってきて、私を裸にさせ、振袖を羽織らせ、4人とも裸になりベッドに私を押し倒し、フェラチオが始まりました。
    私の顔を太ももで挟んで腰の動きが激しくなり、口の中で出される思ったら、突然あそこを私の口から出して、顔と振袖にかけてきました。
    4人に射精された頃には、顔から胸まで、振袖も襟元あたりがべたべたに。4人は、ビールを飲んだり、タバコを吸った後、今度は私に抱きつき
    精液でねばねばした私の胸を揉みながら、生で挿入してきて、息遣いも激しいまま腰を振り続け、顔をしかめたと思ったら、唸り声とともに、中に出してきました。
    引き抜いた後は、あそこを振袖で拭き取っては、次の人に入れ替わり。それぞれ2回ずつ膣の中で出した後、今度は膣に指を入れ、精液をかき出しては、振袖にぬじりつけられました。
    それから仮眠をとったのですが、不良は順番に起きて私を監視し、朝5時頃からフェラチオが始まり、入れ替わりながら、生で出してきました。
    8時から、それぞれシャワーを浴び始めて、私は自分の部屋に行くように言われ、追い出されました。ネットで買ったというアフターピルをくれたのが不幸中の幸い。
    振袖のクリーニングも取りに行って、私の成人式が全部終わりました。でも、その時撮られた写真やムービーが悪用されないか心配。
    とにかく成人式が締めくくりだと自分に言い聞かせてます。


131  さやか - 2015/02/15(Sun) 18:06 No.27981
    10年以上前、私が小5のことです。私の小学校までの通学路ですが、小5から学童がなくなり、
    途中まで友だちと帰るのですが、その先に空家が結構ある古い住宅街でのこと。
    ある日、自転車に乗ったおじさんが私を追い越して、空家の前で降りたと思ったら
    手袋をしてた手で口を押えて、私は空家に連れ込まれたことがあります。
    部屋には、布団が1組敷いてあって、その人は合羽を着てフードまでかぶったまま
    敷布の中で後ろから抱き付き、シャツの中に手を入れて、私の胸をもみながら、
    おしりに固いものを押し付けてきました。合羽ズボンごしに触ってみると、おちんちん?でした。
    怖さとともに、布団の中で合羽を着た人に抱かれることや、固くて大きいおちんちんが
    とてもスケベに感じられて、何もできず身を任せていると、私の大切な所を
    ゴリラみたいな指で撫でてきて、そのうち指をいれられてしまいました。
    痛さで大声を出したのは言うまでもありません。
    すぐに「静かにしろ!ごらぁ!」という声。
    怖くて我慢するしかありませんでした。痛みが和らいでくると、
    恐怖心がうっとり感に代わり、身を任せるのが気持ちよくなったきたころ
    男はナイフをかざし、ズボンとパンツを脱いで、上着とシャツをめくり上げ
    布団を掛け、その中でおちんちんをしゃぶらせました。
    噛んだらぶっ殺すとか言われ、言われるままに、唇や舌を動かしていると、
    男はずっと気持ち良さそうなうめき声に近いような声をあげていました。
    顎が痛いと訴えると、
    「早く終わりたけりゃ、唇を力一杯細く。」
    「顔と舌を激しく動かせよ。」
    言われるままにしていると、腰を激しく動かしたと思った瞬間
    口の中が生温かいしょっぱさでいっぱいに。
    「飲めよ!こらぁ!」という声がしたのですが、あまりの気持ち悪さに
    布団の中でゲロを吐いてしまいました。
    男は毛布で自分の体と私の顔のゲロを拭き取り、布団を裏返しにして、
    私を押さえつけて大切な所に、おちんちんを入れてきました。
    ゲロで濡れてたのでにゅるにゅるって入った感触。
    始めは体をくねるように動かし、抜き差ししていたのですが、
    そのうち息が荒くなり、腰を激しく振ってくると、気絶しそうな程気持ちよくなり
    男のうめき声とともに、あそこが暖かくなった気がしました。
    「これは大人が子供をつくるためにみんなやってる普通のことだけど
    とても恥ずかしいことだから、誰にも言うんじゃないぞ。」
    「でも、知らない人に無理やりされることはもっと恥ずかしくて、
    バレたら、だれも結婚してくれないようなことだから、死ぬまで
    誰にも言うんじゃないぞ!」
    と、いろいろ説教された後、男はそのまま立ち去って行きました。
    それからは、その空家には、ゲロ臭い布団がそのまま放置されたままっぽかったけど、
    中に入る勇気もなく、それに同じ自転車に乗る人を見かけることもありませんでした。


132  サト子 - 2015/02/14(Sat) 19:33 No.27970
    還暦が過ました。
    乳は垂れて、下腹は弛んでいる普通のおばさんです。
    主人は、東京に出稼ぎ行ってます。

    ある温泉街で小さな居酒屋を経営していますが
    殆どのお客は地元の常連さんです。
    その日は、ある大学の学生さんが十数人が来店して店内狭し
    と盛り上がりました
    二次会の流れでしたので、途中半分の学生さんがホテルに
    帰りました
    お酒に弱い私も学生さんに勧められて時間も忘れ青春時代を
    思い起こし、はしゃぎ回っていた記憶があります

    店舗の二階は居宅です
    尿意と肌寒さで目が醒めました
    時計は午前5時、まだ外は真っ暗です
    まず最初に、全裸で布団にいる私に驚きました
    陰部に違和感がありましたので部屋の電気を付けました
    布団に大きなシミが濡れて光っています
    トイレで用足しを終わると陰部の中から精液が・・・
    大変な量です
    その時、全てを悟りました、輪姦されたと・・・・
    酔った勢いで何人かの学生とキスをして、乳房を揉まれ騒いだ記憶が・・・
    浴室で身体を洗いました
    え・・・ここも?
    お尻の穴を触ると激痛が・・・
    階下のお店に3万円がレジの上に置いてありました。

    このお話は去年の12月です
    先月、覚えのある大学生が来店してました。
    私のお気に入りの学生です
    彼は謝罪をしたので私は許しました
    その後、彼は驚く事を・・・・
    「時々会ってほしい」
    それが何を意味するのか、還暦を過ぎたこの身体を相手にする
    孫と変わらない貴方が何故・・・

    お互いのメールアドレスを交換して彼は仙台に帰りました

    お恥ずかしい話ですが、彼がいつ来て求められても良いように
    肌と下着、特に陰部は清潔に心がけています。

    ーサト子ー


133  ゆかり - 2015/02/13(Fri) 10:23 No.27946
    25歳の直前に結婚
    でも、我慢続けたけど、半年もしないうちに離婚
    そしてワンルームマンションで一人暮らし始めました
    来月27歳になる私
    先週の土曜日 友達と飲んで夜の10時ごろ
    帰って来たのですが
    玄関ホールで暗証番号を打って扉が開けたとき
    「あ!すいません」
    一人の男性が
    見たことないけど、どこかの階の人かなと思ってました
    階段を上がり3階へ
    私の部屋の扉を開けた瞬間
    後ろから突き倒されました
    何が起きたのか??
    膝と肘を打ち  痛い!
    扉が閉まり、鍵を掛けられて
    後ろから抱きつかれました
    酔ってたから? 力が入らず、あまり抵抗できませんでした
    コートで口をふさがれ
    抱きかかえられるように奥の部屋に連れて行かれました
    一瞬 顔を見たら、先ほどの男性です

    毛糸の服を上げられて顔に多いかぶせて、ブラウスと下着も
    上げられて乳房を吸われました
    スカートもストッキングとショーツと一緒に
    引き下ろすように剥ぎ取られて
    指を入れてきて、かき回されちゃった
    頭の上で服が覆いかぶさったまま
    足を広げられ、ペニスが入ってきて
    奥深く突き上げられてしまい
    感じちゃいけないのに、感じてしまいました
    そして逝ってしまったのです
    放心状態です

    しばらく強引にSEXされてたと思います
    カシャ!カシャ!と音がしてた感じ??

    いつしか静かになり、我に返ると
    私は全裸
    口の回りから首筋辺りに、精液です
    あ! 中だし??
    精液はなさそう??
    慌ててシャワーをしにいきました
    その晩は怖くて寝付けづ
    朝を迎えました


134  かどおかゆいき - 2013/08/01(Thu) 23:01 No.22687
    うちのお母さん息子ですどなたうちのお母さんエッチしてくれる人探しています東大阪近くに住んている人探していますアダルトビデオ撮影してくれませんか好きにしてくれませんか男性5人組探しています
    必要な物アダルトビデオ使う物よろしくお願いします薬眠らせていだきたいので自由できる人探しています連絡ください09082163313電話ください


135  まなみ - 2015/01/30(Fri) 15:43 No.27772
    以前レイプした人に見つかり又犯されてます。
    自分から中だしをお願いしてる動画も撮られました。

    生理予定日を5日も過ぎてるのに生理がきません。

    妊娠したら堕ろせなくなる次期まで犯してやるからといわれました。

    毎日 犯しにきます。

    私の身体 気に入ってるようです。

    子宮突くと 私のアソコ締まるといってました。

    最近は何かアソコに塗られます。


136  里沙へ - 2015/01/28(Wed) 10:09 No.27735
    おい里沙、どうすんだ?バックレるならお前をターゲットにしてのどかと同じ様にするぞ。
    そうそうのどかだけど仲間が悪ふざけしすぎて乳首が切れて取れそうになったぞ、今は消毒してガーゼ当ててなんとか取れないと思うけど
    生理もこない乳首は取れそう嫌々逝かされまくってまぁ悲惨だわ、
    里沙もそうなりたいのかな?早く次のマンコ紹介しろ


137  OL - 2015/02/06(Fri) 11:24 No.27848
    26歳、独身OL、美香です。
    29歳、既婚の亮に、なかば強引に処女を奪われて以来、暴力的なセックスを好む亮に調教されてきました。
    セックスをしながらいじわるな言葉攻めを亮にされると、最初いやいやながら恥ずかしい恰好をさせられるものの、最後には燃えてきて。
    どんどんエスカレートしてきました。そして激しく燃え、悶えてしまう自分がいるのです。

    最近覚えた、バイブを下のお口にいれられ、上のお口に亮のモノをくわえ・・・
    最後に、亮のモノを下のお口に入れられたとき、

    「美香、おまえ、もうオレ一人じゃものたりないだろ」

    と亮が言いました。

    「・・・え・・・?」

    喘ぎながら亮以外の男を知らない私はなんのことかわからずにいました。

    「お前のこと、もう、センパイに話してあるんだ。すげーいい淫乱ないい女がいるってな。次会うときは3Pするぞ」


    「ああっ、いやっ!」

    亮はいやらしいことを私に次々と要求してきます。しかし、亮は燃えてる私のあそこから自分のモノを抜こうとし、

    「あっ、いやあ、ぬいちゃイヤ!」

    「3pするのかよ!」

    「いやあっ」

    「ほら、全部抜くぞ」

    「ああーん、あはーん、ぬいちゃいやあ、する、3pするから!入れてえーん」

    と懇願するしかないのです。突かれながら、

    「3P・・・って・・・どんなことをするの・・・」

    と声も絶え絶えに聞く私に、

    「お前を感じさせて男二人で遊ぶんだよ」

    と。

    「もっともっとお前をかわいがってやる」

    と、強く抱きしめられると、愛されている、という気がするのです・・・。


138  匿名 - 2015/02/05(Thu) 10:37 No.27831
    昨日の夜、彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。
    彼のマンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、
    あからさまに顔を隠そうとしていました。
    女が近づいて来ると「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、
    取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言っていた。
    私は一瞬で状況を把握しました。
    昨日の夜はこの女と一緒にいたんでしょうね!
    たぶんその若い女も彼女が居ないって言われてたんでしょうけど・・・

    私はその場で「私が帰るから二人でごゆっくり」と言ってすぐに帰りました。
    本気でムカ付いたので、引き止められても振りほどいて逃げる様に帰りました。

    でも怒りが全然収まらないので、私も浮気してやる!って思って携帯のメモリを見ていました。
    私は出来るだけキモい男に抱かれてやる!って思いました。

    私はパッと頭に浮かんだ相手がいて、この前の合コンで知り合った男で、太っていてハゲぎみで、酔っぱらって
    かなり変態トークしていたオタク男がいました。
    すぐにその男に電話して、今の状況を説明して私の家に来てもらいました。

    その男はすぐに家に来たんですけど、再度顔を見ると『さすがに無理かも・・・』って思いました。
    だからテレビ電話で彼氏に電話して、私の部屋にキモ男が居るとこを見せて、キスだけして電話切って
    終わらせる事にしました。
    キモ男は楽しそうにしていて、ノリノリでした。

    電話しようと携帯を見ると彼氏からずうううううと着信がありました。
    切れたタイミングでこっちから電話して、デレビ電話で顔を見ました。
    最初は私一人で画面に写って話して、彼氏はとにかく謝っていたんですけど、全然許す気にはならなかったので、
    私は笑顔で「ちょっと見てもらいたい人がいるの!」って言って画面の中にキモ男を登場させました。

    彼氏は「は?」みたいな顔をして「誰だよ・・・」って言って来たので、「今から彼とセックスするの!これからラブホに
    行くから電話しないでね!」と言った後に、キモ男にキスをしました。
    彼氏は「ふざけんな!やめろおおおお」と叫んでいましたけど、そのままディープキスをしばらくして、
    キスしたまま電話を切りました。

    私はちょっとスッキリしたと思ってると、電話を切ったのにキモ男がキスを止めないんです!
    無理矢理逃げようとすると、キモ男の様子がおかしいんです!
    凄いハァハァ言い出して、目がマジなんです!

    どうやらキスでスイッチ入れちゃったみたいで、私の話なんか聞かないで勝手に耳とか首筋を舐めはじめました。
    キモ男は太っているんですけど、かなり筋肉もあるみたいで全然逃げられません。
    もう普通に胸とかも触られちゃって、『マジでやばい!』って変な汗が出てきました。

    「ちょっとふざけないでよ!警察呼ぶわよ!」って叫んだら「・・・状況考えた方がいいんじゃない?」
    と気持ち悪いムカ付く言い方で口を開きました。
    「自分から部屋に呼んで、キスした挙げ句に彼氏には俺とセックスするって言ってんだよ」と言われると、
    私は動揺してしまいました・・・

    そしたらキモ男は勝ち誇った様に強気になって、服の中に手を突っ込んでブラを外すと、ニットごと捲り上げて
    おっぱいを丸出しにされました。
    私は凄い抵抗してるんですけど、キモ男の片手でだけで、私の両手を握られて動けません。
    そしておっぱいを舐めまくってきました。
    本当に気持ち悪い舐め方で、唾液で胸がベチョベチョになる様な感じでした。

    乳首も集中して舐められるとビンビンに立ってしまいました。
    そしてキモ男はおっぱいを思いっきりビンタするんです。
    私、それをされるとムチャクチャ興奮してしまうんです・・・本当に犯されてるんだ・・・って思ってしまって、
    何か陶酔したみたいになっちゃったんです。
    そしたら押さえられてる腕とか、べチョベチョのおっぱいとか、全部が興奮する要素になってきて、
    濡れてくるのが分かりました。
    本当にこんな男は嫌なんですけど、この男のやり方は私にぴったり合ってるみたいなんです。

    そしておっぱいを力強く揉みながら、乳首をひねられると、「あはぁあぁ、うふぅうう」と声が出てしまいました。
    「お前犯されてんのに感じてんじゃねーぞ」と言われるともっと感じてしまいました。
    いつもオナニーする時に妄想するシチュエーションで、そのセリフでイッているんですから・・・

    「もう濡れてんじゃねーのか?」と言われると「ふざけないで、あんたみたいな男に濡れるわけないでしょ!離しなさい!」
    と言ったんですけど、ベチョベチョに濡れているのは分かっていました。

    キモ男はスカートからパンツだけを抜き取ると、パンツを片手で広げて私に見せました。
    黒いパンツの真ん中に、ヨーグルトをこぼしたような愛液がいっぱい着いていました。
    「普通こんなに濡れねーだろ、お前ドスケベだろ」と言われると、もうどうしようもなくウズウズしてしまいます。

    キモ男は体を股の間に入れて、自分の足も使って、私の両足を大きく広げました。
    「うわーすげー濡れてんじゃん、マン汁臭でまくり」と言われてゾクゾクしちゃいました。
    そしてキモ男は軽く平手でクリを叩きます。
    これも私ダメなんです・・・馬鹿にされたような粗末な扱いをされてるみたいで興奮してしまいます。
    だぶんキモ男じゃなければ、この男と恋人になっていたかもしれない位、セックスの相性がイイんです。

    そして、私の愛液を手の平に塗り付けると、手の平全体でクリを押し潰すようにクチャクチャとこねくり回してきました。
    私はあっと言う間に気持ち良くなって「あああああん、はっぁああぁぁ、ダメ、ダメええええええ、
    いやあああああああああ」と絶叫してイッてしまいました。

    ビクビク痙攣している私を見ながら「レイプされてイッてんじゃねーよ変態女」と言われました。
    最高の言葉を絶妙なタイミングで言われて、完全に陶酔してしまいました。

    ?

    キモ男にクリをこねくり回されて、結局イカされてしまいました。
    でも、私はこんな男に落とされるなんて絶対に認めたくないので、抵抗を続けました。

    すると今度はアソコに指を入れてきて、いきなりGスポットを刺激してきます。

    今までで一番ぐらいに的確な場所を集中してかき混ぜ始めました。
    すぐに「ブチュブチュブチュ」と凄い音が出はじめて、「いやあああああ、だめええええええええ」
    と叫びながら、潮を噴いてイってしまいました。

    「レイプされて潮噴く女なんてはじめてみたよ」とキモ男はニヤニヤしています。

    キモ男はいつの間にか私の手を放していて、私は両手が自由だったんですけど、シーツを握り締めてるだけで、
    抵抗するのを忘れていました。
    そしてキモ男はまた指をかき混ぜはじめると、同時にクリを舐めはじめました。
    私はすぐに「いやああ、だめええ、また、だめええええ」とすぐにイキそうになって、
    キモ男の顔に潮を噴きかけながらイってしまいました。

    もうキモ男は私を押さえつけていないので、私は痙攣している体のまま、逃げようとしました。
    でももちろんすぐに捕まってしまいました。
    私は散々イカされましたけど、この男の勝ち誇った顔が許せませんでした。

    キモ男はまた私を押さえつけながら、自分のズボンとパンツを下ろしました。
    すると信じられない大きなアレが出てきたんです。
    しかも凄い角度で立っていて、すぐに入れようとしてきました。

    私は足で蹴りながら必死で逃げたんですけど、ビショビショのアソコは「ヌルッ」
    と簡単に受け入れてしまいました。
    今の彼氏より遥かに大きなアレを入れられて、悶絶でした・・・
    元々、大きなおチンチンが好きな私は、最初から感じてしまって、入れて数十秒で「あああん、あはぁあああ、
    くうううううううう」と言いながら簡単にイってしまいました。

    もう入れられたら力が入りません・・・
    ぐったりしていると、キモ男が私の電話を勝手にいじっていました。

    「ちょっと止めて!触らないで!」って暴れても、少しピストンをされると抵抗できなくなってしまいます。
    キモ男はどこかに電話を掛けると、枕元に携帯を置きました。
    そして携帯の画面の前に私を突き出して、その後ろからバックで突きはじめました。
    私は感じてしまって、携帯が見えなかったんですけど、携帯から「伊代、何してんだよ!
    ふざけんな!誰だそいつ!」と怒鳴り声が聞こえました。

    私はビックリして携帯を見ると、彼氏の顔が見えました。
    キモ男はテレビ電話で彼氏に電話したんです。

    ?

    バックで入れられてまま、目の前にはテレビ電話で彼氏が見ています。
    彼氏は泣き叫ぶ様に「お前何やってんだよおらぁぁっぁあ、ざっけんなよおおおおおおお」と言っています。
    普段は絶対大声を出さないような彼氏が、狂った様に叫んでいました。

    私は一生懸命弁解しようとしたんですけど、キモ男は大きなアレを容赦なく叩き込んできました。

    「ちがうのぉっ、うぐっ、ああん、あん、これちがうっ、うはぁああああ、いやああああ、見ないで、
    だめぇぇぇえぇえ、だめえええええええええええええ、いやああああああああああああああああああ」

    私は何がなんだか分からず、彼氏の前でイッてしまいました。
    キモ男のテクニックと巨根と彼氏に見られている状況が混ざり合って、凄い興奮でした。

    キモ男は「あーあ彼氏さんイッちゃったみたいですよー、てゆーか今日イキまくりでしたけどね」と言っていました。
    そしてキモ男は今度、私を上にして騎乗位にさせました。
    彼氏には私の後ろ姿が見えていると思います。

    私はおかしくなっていたと思いますけど、反射的に上になったら腰を動かしてしまいました。
    彼氏が見てるし、キモ男を認める事にもなるから絶対ダメ!って分かってるんですけど、腰をグリグリ押し付けて、
    クリをすり潰しながら、またイッてしまいました。
    イッたあとはキモ男の胸に倒れ込んでしまい、彼氏からは結合部が丸見えだったはずです。

    そして、立ちバックや松葉崩しとかもやらされて、それぞれの体位でイカされました。
    私はもう彼氏の事が頭に入りませんでした。
    彼氏も無言で見ているだけでした。
    彼氏とのセックスでは2回イケば良い方です・・・彼氏もキモ男のテクニックに引いていたと思います。

    最後はバックに戻って、彼氏の顔を見せられました。
    私は見るのも辛かったんですけど、何か変な気分になってきました・・・
    なぜか彼氏が傷付く事をもっともっとしたくなってきたんです。
    SなのかMなのか分かりませんけど、彼氏の落ち込んだ顔を見てると、イジめたくなってきました。

    私は彼氏の顔を見ながら「ごめんなさい、あん、ああああん、気持ちイイの、このおチンチンが、あああん、
    凄いの、あああん、あん、大っきくてすごいのおおおおおおお、いやあああああ、またイッちゃう、イク、
    イクううううううう」と言って彼氏の顔を見ながらイッてしまいました。

    キモ男は「彼氏とどっちが気持ちイイか彼氏に教えてあげろよ」と言ったので、私は痙攣しながら
    「全然こっちのおチンチンが気持ちイイ、こんなに気持ちイイセックスはじめて・・・ハァハァ」と言いました。
    彼氏は無言で下を向いています。

    キモ男はまた激しくピストンをしてきました。
    私は大きな声で「凄い気持ちイイ、あああん、あん、大っきいから気持ちイイ、だめええええ、すごいいいいい、
    彼氏の小ちゃいから、こっちの大っきいのが好き、あああああん、あん、気持ちイイ、いやあああああ、またイク、
    イク、イクううううううう」とすぐにイッてしまいました。

    キモ男は私に構わずピストンを続けていて、「どこに出して欲しい?」と聞いてきたので、私は即答で
    「中にだしてえええええ、イイ、凄いイイ」と答えました。
    キモ男は「彼氏さんはオッケーなの?」と聞いてきましたけど、私は「知らない、ああああああん、ダメ、
    中に出して、お願い、彼氏どうでもいいから中に出してええええええええええええええ」と叫びながらイッてしまい、
    同時にキモ男も中に大量の精子を出してきました。

    私は凄い満足感と疲労感でしばらく動けませんでした。


139  葵です。 - 2015/01/29(Thu) 20:11 No.27758
    キャバ嬢です、もう2年になる同伴はノルマ&#10083;アフターは自由。ヤバいって思った人とは同伴しない!アフターが断り切れなくなるから、だからサラリーマンで身元もしっかりとしてる人に同伴してもらう、こないだsさんに3回同伴頼んだ手前「アフターいいでしょ?」の誘いを断れず連れてかれた小さなスナックカウンターだけの店、お腹空いてたので焼うどんとかピザとか註文したけど乾杯の水割り1っパイで足腰立たなくなって(こう見えてもお酒飲んで商売やってるのにそんなはずないって)でも呂律も回らないほどに…男3人に抱えられてホテルへ服もパンティも脱がされて女の子の割れ目も具までも丸出しにされてそれでも足を閉じることもできずにアソコにシャブ(たぶん)塗られて中まであっ!という間に吸収しちゃってアンアンッ!言っちゃって、3人に姦られて気が付いたら5万置いてあってマンコから精子がドロドロッって!もう最悪!!同じような経験したことある人スレに書いてって!!!


140  匿名 - 2015/01/29(Thu) 13:10 No.27754
    某大学の食堂…二人の女子大生がいつものように窓際の席に座ってランチセットを食べながら話をしていた。

    「今日のお米なんか固いなぁ、結と同じそばにすればよかったなぁ」

    「あ〜あのおばちゃんが作る日はお米固いよね(笑)」

    長谷川結と山本和美、2人は大学一年からの親友だ。

    「それよりさ、結にちょっと聞きたい事あるんだけど。」

    「ん?なに?」

    「あのさぁ結ってさぁ…今まで誰とも付き合ったことないんでしょ?男に興味ないの?」

    二人は普段あまり恋愛の話はしないがこの日は和美が恋愛の話を切り出してきた

    「ないことはないけどさぁ…ん〜男と話したりするの苦手かなぁ」

    「高校の時はどうだったのよ?結は結構かわいいし、告られたりしたんじゃない?」

    「ん〜何人かいたけどねぇ、なぜかみんなオタク系のヤツばっかりだったよ(苦笑)」

    「あ〜結ってちょっとロリ顔だからね、そういう人達に人気ありそう(笑)」


    2人がそんな会話をしていると、

    「お〜い!和美ぃ!結ぃ!」

    元気な声で女の子が二人のもとに走って来た

    「やっぱここにいた!相変わらず二人でほのぼのしてるのね(苦笑)」

    同じ大学二年の友香里である

    「ねぇねぇ!来週W大学の人達と合コンするんだけど来ない?男5人来るからさぁ!こっちもあと2人ほしいんだよねぇ!どう?結構カッコイイ人達だよ。」

    「私は遠慮しとくよ、バイトあるし」

    結は即答し、和美もそれに続いた。

    「私も、来週忙しいんだよね」

    友香里は少し残念そうな顔をして
    「そっかぁ…わかった、また次機会があったら誘うね!」そういって次のターゲットの所へ走っていった。

    「合コンって何がそんなに楽しいのかね?私初めて会う男とそんな話せないよ、てか話したいと思わない」

    結は走っていく友香里の後ろ姿を見ながら言った。

    「でも、それがきっかけで付き合ってるカップルもいるし。まぁ健全な大学生だったら恋人くらい欲しいって思うのが普通よね。」

    和美はそう言ってオレンジジュースのストローに口をつけた

    「そういう和美も大学生でしょ(笑)私もだけど…和美合コン参加してみればいいじゃん。」

    「ズズッ!…行かない…」

    オレンジジュースを飲み終え、和美は席から立ち上がった

    「今日もバイトだ…私達は稼ごう!」

    「うん」

    結達は昼からの講義はなかったので、そのままバイト先へ向かった。

    結が合コンを断る理由は単に男が苦手だからだ。

    でも和美は違った。彼氏はほしいが和美は自分の顔にコンプレックスを持っていたのだ。

    (あ〜もっと可愛く生まれたかったなぁ)



    「ご利用期間一週間でよろしかったですか? ありがとうございましたぁ」

    いつもどうり手際よく二人はレジで働いていた

    「毎日毎日…同じセリフ言って、正直飽きたぁ」

    だるそうな顔をして結がボヤいた

    「そう?私は結構楽しいけど?接客に向いてるかも」

    和美はニコニコしながら言った

    「いいね、私は接客に向いてない人間だったことを忘れてたよぉ。タダで映画のDVD借りられるってのにつられてしまった…」


    結と和美がレジでそんな会話をしていると、それを遠めから眺めている男達がいた。エロDVDの棚を整理していたバイトの山田と川崎だ。


    「長谷川さんって結構可愛いよなぁ、小柄で色白で…へヘ」

    デブの山田は気味の悪い笑みを浮かべながらそう呟いた。

    「え?おまえも?俺もかわいいと思ってたんだよなぁ、昨日長谷川さんオカズにして3回も抜いちゃったしよ」

    「でもさぁ長谷川さんてなんか近寄り難いオーラででるんだよなぁ、男嫌いみたいなオーラが」

    「そうそう!なんか話しかけてもそっけないし。まぁ俺達みたいなキモオタなんて最初から眼中にないんだろうけどな。」

    「あ〜でもヤリてぇなぁ!」そんな会話をしていた山田と川崎に社員の藤井が近づいてきた

    「おいおい、長谷川は俺が狙ってるんだから手ぇ出すなよ」

    藤井はここで働く男の中では唯一整った顔をしていて、身長も180以上あるイケメンだった。

    「あのスベスベの白い肌で童顔、俺のタイプなんだよなぁ。そんでもってあの冷めた感じのクールな性格のギャップがいい!可愛いくせに不愛想でよ。
    たぶんあの感じだと処女だろうなぁ。ああいう女ってチンポ入れたらどんな声で喘ぐんだろうな?ハハッ」

    藤井は意味深にそう言うと、笑いながら事務室へ入っていった。

    「藤井さん長谷川さんのこと狙ってるのかぁ!お前藤井さんのあの噂聞いたことあるか?」

    「あるある!女遊びすげぇ激しいらしいな、そんで狙った女は必ず落とすって。しかも落とした女はハメ撮りとかしてるんだろ?このまえ写真一枚見せてもらったんだけど、凄かった。」

    「あ〜長谷川さんがそんな風になったらショックだなぁ」

    「でも見てみたいなぁ」



    結は一人暮しでアパートに住んでいた。バイト先からは和美の家よりも遠かったのでバイトをあがるのは結の方がいつも早かった。

    「お〜い!山本!ちょっといいか?」

    結が帰った後に和美は藤井に呼ばれた。 

    「はい。何ですか?」

    「明後日の夜、俺と山田と川崎で飲み会やるんだけど来ないか?やっぱ男だけだど華がないからよぉ」

    「えっ?ん〜どうしよう…行こうかなぁ」

    と言いながらも顔を赤らめて笑顔を見せる和美。

    実は和美は藤井のような背の高い男がタイプで前から少し気になっていた。それに男から直接和美に誘いが来るのはめずらしかったので素直に嬉しかったのだ。

    「よし!じゃあOKでいいな?じゃあさ、山本女の子一人だと寂しいだろうから長谷川も誘って連れて来てくれよな!」

    「あ、はい!たぶん結も明後日は空いてると思うので…」

    和美は特に何も考えずにそう答えてしまった

     「よし!じゃあ明後日よろしくなっ!」

    次の日の大学の食堂…いつもの席。  

    「えっ?飲み会?」

    結は少し驚いたように言った

    「ごめん!もう勝手に藤井さんにOKしちゃったんだ、お願い!結も付き合って!」

    和美は頭をさげて頼んだ

    「ん〜たまにはいいかぁ、バイトの中で私だけ参加しないと悪い気するし」

    「え?いい?ありがとう結!」
    そして飲み会の日がやってきた…

    「さぁ今日は俺のおごりだから山本と長谷川もいっぱい飲めよぉ」

    「あ、は、はい」

    二人とも普段男と話さないため緊張していた。

    「ほら!山田と川崎!二人の緊張をほぐすようなトークしろっ!」

    結達の正面に山田と川崎が座っていた


    「あ、あの長谷川さん!ゆ、結ちゃんって呼んでいい?」
     
    「えっ?」 

    「お、俺も結ちゃんって呼んでいい?長谷川さん≠カゃなんだか他人行儀みたいだろ?」

    山田と川崎がデレデレした顔で結にそう言った

    「い、いいですよ別に」

    嫌ですとは言えなかった結衣はそう答えた。

    (やっぱり私、こういうオタク達にだけモテる運命なのかなぁ…涙)


    しばらくして結も和美も酒の力もあってか男達と普通に話せるようになり、学校のことや好きな映画の話で飲み会は意外に盛り上がった。

    特にその中でも藤井は結と和美に好印象を与えていた。藤井は話も面白いし、女性に対して気遣いもちゃんとしてくれる。


    ――こうやって男の人と話すのも結構楽しいかも。藤井さんは良い人だし――


    男が苦手な結も、そんな風に思いながら藤井を見つめていた。

    そしていつしか時間も遅くなり楽しい飲み会はお開きすることになった。

    「藤井さん今日はありがとうございました。ごちそうさまでした」

    結も和美も藤井にお礼を言った

    「いやぁ楽しんでもらえたならよかったよ!気を付けて帰れよ!」

    「はい、ありがとうございました」

    和美は笑顔でそう言って帰っていった。 

    「じゃあ結、また学校でね!」 

    「うん、おやすみぃ」

    結もアパートに向かおうとした、が、足元がフラフラする。

    「あ〜さすがにちょっと飲み過ぎたぁ、お酒そんな強くないからなぁ。クラクラする……これはちょっとヤバいかも……」

    「お〜い!長谷川!」

    フラつく結衣に後ろから藤井が声を掛けてきた。

    「おい大丈夫か?そういえば長谷川のアパートって少し遠いんだよな?俺が送ってやるよ」

    「え?い、いえ大丈夫です」

    「大丈夫じゃないだろ、フラついてるじゃないか。転んで怪我でもしたら大変だぞ?ほら、俺に掴まれ。」

    「す、すみません藤井さん。」

    そう言って結は藤井に身体を預けた。

    「道分からないから教えてくれよ」

    藤井はそう言うと結に爽やかな笑顔を見せた。



    「今日は本当にありがとうございました。ご馳走になったのに、ここまで送ってもらっちゃって。」

    アパートに着き、結は藤井にお礼を言った。

    「ハハッ、気にするなよ。それより長谷川、悪いけどトイレ借してくれないか?」

    「えっ?あ、いいですよ、どうぞ」

    結は正直部屋に男を入れるのは抵抗があったが、さすがにここまで世話になった藤井を断る事はできなかった。

    「悪りぃな」

    そう言って藤井はトイレに入っていった。

    結はソファにパタンっと座った(あ〜頭がボーってするほんと飲みすぎたなぁ)

     ジャーっと音がしてトイレから藤井が出てきた

    「おい長谷川大丈夫か?今水持ってきてやるよ」

    藤井はソファでグッタリとする結衣を見てそう言うと、キッチンに置いてあるコップに水を入れた。

    しかしこれは藤井の策略だった。

    藤井はコッソリと、そのコップに水だけではなくポケットからだした液体の薬のようなものを入れて結に渡した。

    「ほら、水飲め、少しは楽になるぞ」

    水を受け取ると結はそれをゴクゴク飲んだ。

    それを見てニヤっと怪しい笑みを浮かべる藤井。

    (あれ?なんだかさっきより…体が熱い…体も痺れてきたような…なんだか頭がボーってして……)

    「長谷川、どうしたぁ?ボ〜っとするか?ベットに連れてってやるよ、そっちのが楽だろう?」

    結は何も言えないまま藤井に抱き上げられて、ベッドへ連れていかれた。結は目閉じてボ〜っと夢の中にいるような錯覚に陥っていた。

    「さぁベッドに着いたぞぉ、体熱いだろう?服脱ぎたいただろう?」

    結は「うーん……」と答えはするものの、意識が遠く、目を閉じたままだった。

    藤井はその間に車からカメラとビデオカメラを持ってきて、ビデオカメラをベッドの横にセットした。

    「さぁゆっくり脱がしていくぞぉ」

    結の衣服のボタンを一つずつ外していく…黒のブラジャーが見えてくる。ボタンをすべて外すと服を結の体からスルスルと抜いた 。

    「じゃあ今度は下を脱がすぞぉ」

    次は結のズボンをゆっくり脱がしていく…結も体温が高まって熱いのか、自ら足を動かして脱ぎやすくなるように自然と身体を動かした。ズボンも脱がし終えると結は黒のブラジャーとパンティだけになった 。

    「いいねぇ、白くてスベスベプニプニの肌と黒の下着がよく似合ってるぞ結い。結構エロい身体してんじゃん。」

    そう言うと藤井は結の内ももの辺りを手で擦った。    

    「ン…あ…ハァ…アッ…」

    「ん?いいねぇ、長谷川は敏感なんだな。」

    結はボ〜っとして何をされてるかも分からず、ただ藤井が囁く夢の世界に浸っていた。


    「じゃあブラジャーを外そうか?苦しいだろ?」

    そう言って藤井はゆっくりと背中に手を入れパチッとホックを外すと結の腕からブラを抜いた。

    すると小ぶりだが形の良い柔らかそうな乳房が露わになった。乳首は小さく綺麗なピンク色をしている。

    藤井はそんな結の胸を優しく揉み始めた。 


    「ハァ…ん…ハア…ハア」

    結の反応を楽し見ながら今度は舌で乳房を舐めだす藤井。乳首をペロペロ舐め、吸ったり軽く噛んだりした。
    結の胸は藤井の唾液でテカテカ光り乳首はビンビンに立っていた。

    「あっ!んゥ…アァ…ハァ…アン」

    「長谷川、気持ちいいか?声は好きなだけ出して良いんだぞ。」

    結は夢の中で体がどんどん熱くなってくるのを感じていた。特に股間の部分がジンジンとしてきて、自然とももとももをスリスリしてしまう。

    「ん?オマンコがムラムラするか?じゃあパンティも脱ごうなぁ」

    そう言って手を結の下半身へ持っていく藤井。

    パンティの端に指を掛け、ゆっくりとそれを脱がしていく。

    そしてついに結を全裸にさせると、藤井は結の膝を持ってM字開脚させ、アソコがよく見えるようにした。

    「綺麗なおマ○コしてるなぁ。毛は薄くて、美マンじゃないか。」

    綺麗なピンク色の縦線が入った綺麗な結の女性器。藤井は結の薄い陰毛を触ってその感触を楽しんだ。

    「ハァはぁ…ハァ」

    結はアソコがジンジンして堪らなかった。

    ――はァ……熱い……どうしてこんなに――

    藤井が中指を結の縦の秘裂に軽く入れ、上下にゆっくり動かすと、クチュクチュと粘液質な音が鳴った。

    そして亀裂の両側の肉をつかみ広げて見ると、、結のピンク色のヴァギナはすでに十分濡れていた。  
    「グッチョリだな。どうやら随分と媚薬が効いてるみたいだな。」

    指で触って離すと濃厚な結の愛液は糸をひく。藤井は結の股間に顔を突っ込み亀裂ん広げたまま舌でペロペロ舐めたり愛液をジュルジュル音を立てて吸った

    「あ…ぁ…ン〜ぁあ…はぁ」

    藤井がそのままクリ○リスに舌を添わせると、結の体がビクンと震えた。藤井はクリトリスの皮を剥き、口に含み刺激を与えた。

    「あっ!あぁ!んぁ!アン…ァ〜」

    敏感な反応を見せ、甘い声を漏らす結。

    「あっ!あ〜ンフ…あっあっあっ」

    結の高い喘ぎ声大きくなっていく

    「結、気持ちいいか?」

    藤井が耳元でささやき耳や首をなでる

    「き…気持ち…いっあっあっ」

    無意識の内に自然と言葉が出る。 

    「イキそうか?ん?何か来るだろ?イキそうだったらイクって言ってごらん」

    藤井はクリ○リスにさらに細かい振動を与えたるように刺激した。 

    「あっあっァッイクっイッ!あっあっイッ!んぁあっ!」

    結はビクンっと背中を反らせて絶頂に達した。藤井は結がイッた後もクリ○リスをやさしく撫でていた、ビクンビクンと絶頂の余韻で体が震える。藤井は結から離れるとカメラを手にして結の写真を何枚も撮った。

    「エロくていいねぇ、これは高く売れるわ。俺ももう我慢できねぇや。」

    そう言うと藤井は着ているものをすべて脱いで全裸になった。

    すでに勃起している藤井の肉棒は、太く長く反り返っていて、まるで凶器のような威容を誇っていた。

    藤井はこのペニスで今まで数多くの女達を喰ってきたのだ。

    そして、今回は結がその餌食に……。

    結は薬のせいでまだ心地いい快感の余韻に浸ってしまっている。

    藤井はそんな結の膝を抱え充分に濡れた割れ目に肉棒を当てがった。

    そしてゆっくり腰を進めていく。

    処女である結の女性器が巨大な亀頭でメリメリと広げられていく。

    「う……うう……」

    だがしかし、そのあまりの痛さに結の意識は現実に戻った。

    「ん!…藤井…さん…?」

    しかしそこで藤井は一気肉棒を根元まで入れた 

    「あっぁあ!!いやああああ!」

    「大丈夫だよ長谷川、すぐに気持ち良くなるからよ。」

    藤井は悲鳴を上げる結に構う事なくゆっくり出し入れを始めた。

    グチュ…グチュ…

    すると藤井の言う通り、挿入の痛みは媚薬の効果ですぐになくなり、太いペニスで膣壁を擦られる度に大量の愛液が溢れだし、凄まじい快感が結を襲った。

    「あっぁあっんあ!」

    結は再び甘い声を漏らし始め、夢と現実の狭間で何も考えられなくなっていた。

    藤井はそんな結を見て、ピストン運動を早くしていく。

    グチュ、グチュ、グチュ、グチュ…すごいスピードで出し入れをする。
    溢れる愛液と二人の汗でベットに染みができ、ミシミシとベットの軋む音と大きくなる結の高い喘ぎ声が部屋に響く。 


    「あっ!あっ!んっ!あン!アン!んぁ!あぁ!」

    すっかり女の声を出し始めている結は、色白の肌をピンク色に染めて気持ち良さそうに喘ぎまくっていた。

    「あ゛〜長谷川のマンコ締まるなぁ、俺もそろそろイクぞ!」

    藤井はラストスパートで激しく突いた

    「あっ!あっ!あっ!アンっ!アンっ!も、もうだめ!あっ!ん!んぁああああ!!」

    結が絶頂に達し大きく仰け反ると、それ同時に藤井も果てた。

    藤井は勢いよく結から肉棒を抜き取ると、結の顔に向けて大量の精液をかけた 

    ドビュっ!ドビュッ!ドビュ! 

    結はハァハァと胸を上下させて息をしながら目を閉じ、大量の精液を顔で受けた。

    熱いザーメンは口にも入りツヤツヤの黒髪にもベットリついた。

    藤井は射精を終えると、結のその姿をカメラで何枚も撮影した。

    結のザーメンまみれの顔やパックリ開いたマ○コ…

    「このビデオや写真をバラまかれたくなかったらこれからは俺の言うこと聞くんだぞ、結」

    そう結の耳元で囁くと、藤井は服を着て部屋を出ていった。

    結はその言葉も理解できないまま、疲れ果ててそのまま眠りについた……。


141  まなみ - 2015/01/24(Sat) 03:11 No.27640
    新しくたてた


142  あゆみ - 2015/01/30(Fri) 02:30 No.27760

    夜の工事現場

    響くのは私の喘ぎと肌のぶつかる音

    パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
    ひぃあぁあ…ぁあああ

    見知らぬメタボオヤジに連れこまれて
    おまんこをオナホにされている
    絶倫オヤジの終わりの見えないレイプ
    気が遠くなりそうな激しいファック
    おっぱいがブルンブルンと激しく上下する

    もう…許してください
    お願い…おまんこ死んじゃうの…

    子宮をサンドバッグにされながら呟く
    何度目かわからないアクメに潮を吹く

    パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

    許されるわけもない
    私はぐったりとしてオヤジが飽きるのを待つしかない
    いつになったら終わるの…

    おまんこ壊れちゃったら
    どうしよう…

    許して…
    許して…
    許さないで…
    もっとハメて…


143  なつ - 2015/01/28(Wed) 01:25 No.27719
    いつも欲求不満で男あさりばっかりして、人の男に手出してばっかりいる女がいるんだけど、誰かレイプしてくれないかな?常に男連れ込んでエッチしまくってるし、ピル飲んでるらしいから、中にだしまくってやっても大丈夫(笑)それネタに、男誘ってるくらいだから。最初は嫌がるかもだけど男もエッチも大好きだから、やりたい人はこの女犯してあげて。


144  スヨン - 2015/01/28(Wed) 13:09 No.27737
    あかねさん どうなってます。

    お尻の穴で逝けるようになってます。

    お尻の穴に毛生えてるの。

    綺麗に一本も生えてない。


145  スヨン - 2015/01/21(Wed) 10:37 No.27584
    日本語 勉強に日本にきました。
    同じ英会話スクールの人に告白され
    断ったら私の家を調べたらしく宅配びんですと訪ねてきたので
    開けてみるとマスク被った人とほか3人が入ってきて
    犯されました。韓国女は締まりがいいといってました。
    私のこと韓国人だとしってました。
    調べたんだと思います。
    ビデオにも撮られ中だしまでされました。

    インターネットに動画がのせると脅されてます。

    寝るしばらく犯されてなかったんだけど
    こんどは別荘に監禁され犯されてます。
    毎日犯しにきます。
    アソコが乾かないように次から次と犯しにきます。
    睡眠もとらしてくれません


146  優子 - 2015/01/27(Tue) 14:41 No.27714
    レイプの会本当にあるよ嘘だと思うかもしれないから毎日です新宿南口改札に朝7時に着てください改札出たらすぐ近くに立ってます名前は妻優子です最寄りの駅から電車に乗り池袋駅や山手線に乗り新宿駅でおりますから必ず来てくださいね


147  里沙 - 2015/01/01(Thu) 07:17 No.27312
    表面上仲良くしてる私の嫌いなのどかって子が、一回ぐらいレイプされて見たいんだよねーって言ってたから、がちで犯してやってくれませんか。男たぶらかして遊んで、身体使って男とったりしてて
    マジでむかつくんですよね。
    もうボロボロにしちゃってかまわないです。恐怖で立ち直れないぐらいか、奴隷になるくらいビッチニ墜としてくれたら嬉しい笑
    報酬はなんでもいってください。用意します。


148  スヨン - 2015/01/27(Tue) 07:42 No.27712
    いきなり ごめんなさい。

    あかねさんは四人の男とセックスしてるよね。

    私は6人の男とセックスしてるんです。

    どんな風にされてるのかなと思って

    よかったら共用しあわないかなと思って

    いろいろ話 相手になってほしいです。

    私 韓国人だけど いいかな。

    夕方から朝までオモチャにされてます。


149  歓楽街の蝶&#10083; - 2015/01/26(Mon) 19:09 No.27708
    私、21歳キャバです、3回同伴をお願いした手前断り切れずこの前アフターに連れてかれた、まじめなサラリーマン風だったので全く疑ってなくてどのタイミングでお酒に薬入れられたのか分からないけど明らかに足腰立たなくなって、呂律も回らなくて絶対におかしいって、でも男3人に抱えられるようにホテルへ服脱がされてパンティも、女の具が丸出しになっても足閉じることもできず、男たちは私の穴におそらくシャ0を塗りたくって中まで、血管の多い局部はすぐに吸収して触られただけで逝っちゃうくらいに感じまくっちゃって3人とも私の穴に突っ込んで中田氏されて何度も姦られて気が付いたらベッドに5万置いてあって、シャワー浴びたけどマンコからドロドロ精子が出てきてその5万でチェックアウトして帰ってきたけど、その後生理が来ず妊娠してた、彼氏に付き合ってもらい中絶してきてキャバもやめた、もうやらない!


150  優子 - 2015/01/26(Mon) 13:59 No.27703
    私は今日初めて夫以外の男の人達にレイプ去れる後悔した直接無理矢理手を引っ張られてホテルに着くと後3人の男人がいて無理矢理ベッドに倒され服を脱がされました下着までも脱がされ4人の男にキスされ舌までからませてきました私は初めて夫以外の男とキスすぐ男の肉棒を口のに無理矢理入れられ代わる代わる精神を飲まされ私を寝かし足を開かされ肉棒宛がいた私は中出しOKにしていたど急に怖くなりその後やはり生で入れられ激しくピストンを繰り返し中出しが怖くなって男に中出し辞めてくださいと頼んだのもつかの間そのまま無言で中出しレイプされました私中出しレイプされたんだ〜ともう後悔しても遅いその後中出し8連発中出しされた家に帰り夫に聞かれ今日レイプされたの夫にどこで誰に聞かれ新宿南口改札出てすぐ男無言で引っ張られた男の人達にレイプされた夫なんで黙っていたんだ〜ごめんなさい夫この前の面接ってなんて書いたんだ妻私何も書かなかっよ夫なに考えてんだじゃ中出しもか〜うんお前今日中出しされたのか〜うん


151  妻優子 - 2015/01/24(Sat) 12:11 No.27651
    本当はレイプの会辞めたい旦那がなかなか止めてくれないし私の生活を管理におくなんて信じられなかった朝新宿南口改札に来て欲しいと管理から連絡きて旦那が私に言いました行かないでくれともいってくれなかった私は頷いた朝から晩の22まで毎日中出しレイプされてそれも子供の起きてる時間帯もレイプのコウデネイトなの連絡がきて私の起きてる時間帯全て中出しレイプもう生きたくないよつ辛いよ旦那とレイプの会退社したいのに旦那はなにもしてくれない


152  ゆうた - 2015/01/26(Mon) 12:11 No.27698
    今、付き合ってる女と別れたいんだよねー。
    でも、別れてくれないんだわ。
    もう、なんの情もないから、誰かやりたい奴やっていいよ。性欲はめっちゃあるから。


153  美樹子 - 2015/01/14(Wed) 06:24 No.27480
    私は関西在住の30歳です。スリーサイズは93-?-?です。私をめちゃくちゃに犯してくれる方を募集します。


154  大地 - 2015/01/24(Sat) 09:54 No.27646
    妻と夫でレイプに会に入ったら妻が朝から晩まで毎日中出しレイプ去れるため湯船につかるのがやっと朝新宿南口改札7時に来て欲しいと言われ妻はそっと頷いたそれから妻は何度も妊娠中絶流産を繰り返し妻のツワのぐわいから考えると年に3.4回妊娠している晩に妻が帰宅して風呂入り湯船につかるのが生一杯妻が風呂から上がり体ふくと妻の秘密の部分から愛のない精神がムッチリしたおしりから流れ落ちる幕内にね残った精神を洗う体力なんてないはずだ。朝から晩まで中出しレイプられるため


155  大地 - 2015/01/24(Sat) 10:10 No.27648
    次の日も業者側から電話があり朝新宿南口改札来て欲しいと妻に伝えてくださいと頼まれつまに伝えると下にうつむきながらそっと頷いたヤクザの2ヶ月監禁で業者側が取り返してくれ妻の身の安全のため業者側が妻の生活を管理させてくれないかと言われ僕は妻を守れなかって自信がなくてやむえず同意してしまいましたこれは事実上妻のレイプ中出し妊娠を認知する結果になってしまいました。


156  まなみ - 2015/01/20(Tue) 07:56 No.27551
    新しく書きますね。

    あかねさん大丈夫。

    心配してるよ。


157  敦子 - 2015/01/21(Wed) 08:06 No.27575
    医療事務してる39歳 子供一人 夫は7歳年上の3人暮らしです
    夫とは、3年以上営みが無くなり、寂しく一人オナニーすることが多くなっていました

    去年の夏に出会い系に登録して、一人の男性 既婚40歳と
    メル交換する仲になりました
    一日に1回ほどのメル交換
    お互い写メも交換しました
    いつしか家庭の愚痴から恋愛じみた内容を書いてました

    去年の9月に初めて会う約束をして
    2人だけでランチしてから、お互い急接近
    3回目のランチの後、彼は家庭内別居してて、一人住まいしてると言ってきて
    近くだから、行こうと言われ、半分強引に連れて行かれました
    このとき、初めて浮気しちゃうかもと頭をよぎり
    期待を膨らませていました

    玄関を開けて、部屋に入ると、もう一人の男性
    え!
    何なの??
    ベットに押し倒されて2人に強引に服も下着も引き裂かれて
    犯されてしまいました
    体は勝手に反応して濡れてきてるし、感じてしまってる

    ダメ イヤ!止めてと、思ってるけど
    激しい突き上げと、口にはペニス
    2人に、中だしされて、逝ってしまいました

    その後3回  2人に犯されました
    SEXの快感を味わえたけど
    妊娠

    少し前、産婦人科で降ろしてきました
    夫に内緒です


158  私は@レイプされました。 - 2015/01/21(Wed) 14:00 No.27587
    この話は私が小1−高3(9年間)も続いた地獄の日々
    の記録です。まず家族構成から父まさる 母みさ 私
    あき 母は私が5歳の時にほかの男の人とともに消え
    今はいません 母がいなくなるまではとても毎日が充実
    し父も穏やかで笑い声が絶えないとても幸せな家庭でした
    しかし母がいなくなった途端父はとても荒っぽい性格へと
    変貌していきましたストレスがたまれば私にあたってきて
    毎日張りつめた空気のなか私は小学生になりました学校
    ではあざと心の傷を隠しながら陽気に振る舞い友達をい
    っぱい作って極力家にはいないようにしていたしかし段々
    父は殺人犯のように刃物を向けるようにもっと家にいるのが
    怖くなった家に帰れば包丁が飛んでくる毎日私は先生に相談
    しかしそれがあだになった今度は手足を縛られボールのように
    殴られ けられ 段々学校に行くのも苦しくなったそんな生活が
    小2まで小3からは父に風呂でつるされて裸の私をサンドバックの
    ようにそしてついに犯されました口を縛られ無理やりそれも毎日
    中学生になっても卒業とともに家を出ようと思ったがボコボコに
    されてしまった高校卒業ともに解放された


159  あかね - 2015/01/08(Thu) 15:20 No.27412
    新しく 書きますね
    まなみさん
    今度の3連休 いっぱい彼と会えるわ
    嬉しいよ〜


160  トラ - 2015/01/13(Tue) 03:45 No.27459
    あたしゃよ…89歳になんだけっどもよ〜
    92歳になる〜隣村の亀乃助に犯されっちまったっぺ〜
    キノコさぁ取りにいがねぇかぁ〜な〜んて誘ってよ〜
    いゃんだ〜こっぱずかしいことよ〜
    ハゲた頭をよ〜
    あんぶらでぇピカピカひがらせてぇよ〜
    まちがってけっつの穴さぁ入れてんだっぺ〜
    いだくてよ〜いゃんだ いゃんだって
    言っでも分がんねぇ〜んだっぺ〜
    ウィンナー見てぇ〜につっちぇのによ〜
    頭さぁ来たもんだから 屁をこいてぇやったっぺ〜
    亀乃助さぁ〜びっくらこいて
    求心飲んで帰っていったんだっぺ〜
    なんずぅ〜ねんぶりかとよ〜胸さぁときめかせてたんだっぺ〜
    はははは
    だんめだ〜亀乃助は〜
    いゃんだよ〜こっぱずかしい話すをよ〜
    駄目だよ〜人に話たらよ〜分かったかい

    耕太郎〜すっかり勉強すてっか〜
    野菜を取らねばだちかんぞ〜
    かぁちゃんも頑張っからよ〜


161  etuko - 2015/01/18(Sun) 08:48 No.27522
    当時、高校生だった私の体験です。
    未だに誰にも言ったことがない告白です。

    私は当時、M君と付き合っていました。
    それなりにHもしたりしていたんです。

    そんなとき彼が所属している部活の先輩(男)に呼び出され学校の部室にいきました。先輩は3人いました。
    彼とのことをいろいろ聞かれました。
    「なんでこんなこと聞くの」と思いながらいました。
    そしたら 一人の先輩が私の後ろから私に抱き付いてきて 2人の先輩は「いいだろう」と言いながら私のパンティーを脱がしてきました。
    「いいオマンコしてるな」
    「オマンコの毛 剃ってやがるよ」
    「スケベな女たな〜」
    「しょんべん臭え〜なマンコ」と言って触ったり舐めたりされました。
    抵抗しても3人だから全然だめでした。
    されるがままにされていたら私の口にオチンチンが入ってきて
    「舐めてみろよ」と言ってきました。
    仕方なく舐めました。
    「う〜気持ちいいぞ」
    「こいつうまいな」と言ってたら口の中に・・・
    温かい液体が入ってきました。
    「あ・・・精子だ」と私は思いました。
    2人の先輩は私の後ろからオチンチンを代わる代わる入れてきて
    気持ち良く声を出してる私がいました。
    「こいつ気持ち良くなってるぞ」

    何回も射精されて制服は汚れるし中出しされるし
    嫌な記憶でした。

    それなら先輩が卒業するまでセックスは強硬されてました。


162  妊婦 - 2015/01/18(Sun) 07:32 No.27520
    結婚二年32歳で妊娠5ヶ月の主婦です
     
    実は、まだ主人には切り出せなくて話していないんですが、4日前にいつものように朝主人を仕事に送り出しゴミを集積場所に捨てに行ってるほんのわずかな時間に鍵をかけ忘れた玄関から暴漢に入られ待ち伏せされレイプされました

    本当に不意を突かれてしまって抵抗すらできませんでした、相手は見たこともない年配の白髪まじりの背の高い男で短めの果物ナイフを持っていて(妊娠してるんな、声出して騒いだら腹の子どうなるかわかってるだろう?、、、静かにしろよ)と一括され体が固まって何も出来ませんでした

    男は一か月前からゴミ出しをする私を襲うチャンスを待っていたと言うんです、そして恐怖心で何もできない私をその場の押し倒しナイフ片手に私は自分の下着を口に詰められそのまま何もできずにレイプされました

    もちろん男がレイプするのに避妊なんかするわけなくそのまま私の中に出してきました、襲われてる時間はほんのわずかその一回だけでした、事が済んだあと男は(心配せんでええよ、、妊娠することはないからな、、、すまなんだ、、今後アンタをまた襲ったりはしないし、、アンタも黙っていればバレないから)と勝手な言い分を残し素早く家を出て行ったわ

    何が妊娠しないから、バレないからよってふざけないでこのレイプ野郎、出て行った男に向かって私は思わず叫んでやった

    でもそれ以上何もなくて良かったと胸をなでおろす反面ショックでの流産も覚悟したけど今の所腹の子に異常は見られなくて良かったと安堵してます、とても主人にこのことは話ができず何も知らない主人が、その夜、横になって寝てる私の背後から中に入ってこようとしましたが、まだ今朝の事があってさすがに私として受け入れができず体調不良を理由に跳ね除けてしまったわ

    次の朝主人が再び背後から身体を求めてきたからそのときは受け入れてやりました 終わったあと主人が(やっぱり生がいいなあーーーー今だけの男の特権みたいなもの、、朝晩二回は行けるかなあ)ってはしゃいでる顔を見てると本来なら私も同じ幸せの気分に慕っていなければいけないのに、憂鬱感と同じ男であるレイプ犯に対しての憎悪と嫌悪感が入り混じって白けてしまってる自分を感じてしまいました

    今、一番心配になってるのは感染症、もし変な病気なんかに胎児が感染することになったらどうなるんだろって心配でたまりません、一週間後に病院に行くことになってますが、先生から何か言われないかとドキドキしてます、もちろんレイプされたなんて絶対に言えませんよネ

    もうーー泣きたい気持ちで胸が張り裂けそう 


163  まなみ - 2015/01/07(Wed) 18:11 No.27395
    まなみの大事な人
    あかねさん大丈夫


164  マリコ - 2014/12/25(Thu) 14:36 No.27291
    横浜在住の26歳 Fカップ変態OLです。
    何時でも犯されるの想像して濡らしています。
    今すぐチンポで犯されたい。子宮の奥にいっぱい出して下さい。
    又想像してぐちょぐちょです。


165  りさ - 2014/12/21(Sun) 11:41 No.27267
    中出し撮影なんでもOKです。場所もどこでもかまいません。
    私の身体を使ってください。
    21歳大学三年生Eカップ156cm横浜住みです。


166  きよみ - 2015/01/12(Mon) 03:02 No.27452
    26才時、友人から誘われて山形県新庄市で、夜の飲食店を開店しました。しかし、経営が上手く行かず、誘った友人は辞めオーナーから責任を取れと言われる様に・・・

    そして、ある夜店に出勤すると、オーナーの友人というヤクザ風の男達が、7人ほど奥のボックス席にいたのです。私は終始お酒を飲まされ、お金の話をしていました。

    お客様が居なくなると、ボックス席で両手を押さえられ裸にされ、恥ずかしい事をされてしまいました。もう、どうなってもいいという気持ちになっていたのも事実です。

    手首を後ろで縛られた恰好で、店の奥の部屋に連れて行かれ、用意していた布団の上で、オーナー以外の男達に朝になるまで犯されました。それからの日々は、アパートの外に見張りを置かれ、同棲生活していた彼が出勤すると、見張りの男達2人が部屋に来て犯されました。

    夜店に行けば、お金の話と奥の部屋で朝まで犯される日々が続きました。彼氏はヤクザ風の男達の後輩だったらしく私を助ける事も出来なかった。3ヶ月ほど続き私は妊娠してしまい、中絶の為病院に行きましたが、疲労もあり1週間の入院となったのです。

    入院中は男達は優しくしてくれました。退院の前の晩、男達が迎えに来て、車で離れた街の飲食店に連れて行かれました。薄暗い店の奥には10人ほどの若い男達が待っていました。奥の部屋にはダブルベッドがあり、私は全員に朝になるまで犯されました。

    両親にお金の工面を頼み、新庄市から逃げる事ができましたが、お金を払ったので男達も優しく、私を駅にまで送ってくれました。
    東京に戻ってから、私は両親にお金を返す為にホテトルで働きました。両親にはパブで働いていると嘘をつき。

    犯されて得た快楽は、子宮が覚えていて忘れられない事なのです。
    荒々しいSEXを長時間されると、今でもフラッシュバックしてしまいます。フラッシュバックしている時にイッちゃうと頭が真っ白になり、何を言っているのかも分からないほど体がトロけちゃう。

    そんな私を見て、虜になった男達と日々SEXを楽しんでいます。男には今まで不自由した事ありませんから!
    だから忘れられない街、新庄市


167  由利 - 2011/01/05(Wed) 00:28 No.14854
    朝、学校を休まされ、柔道部の男子の家に連れて行かれ男子の部屋に連れて行かれ犯されました。シャツとブラを脱がされ、ブルマと下着を脱がされ犯されました。私の上に覆い被さって、男子の物が私の中に入れてきました。私の大事な所に激痛が走り、私を犯しながら由利好きだ愛している、俺と結婚してくれ、俺が今日、妊娠させてやるからなぁと言ってきました。私は止めてお願い止めてお願い止めて妊娠なんて嫌ゃ〜それだけ許してぇと泣き叫んでお願いしましたが、男子は激しく腰を振ってきて、まだ痛みで苦痛で激痛の大事な所に出して来ました由利好きだと言って私にキスをして来ました。私は顔を背け嫌がりましたが、長い間キスをされました、そして私の髪を掴み口の中に男子の物を入れられ、オナニをされました。今後は口で飲めと言われ、オナニは、行くまで止めてるなぁと言ってきました。私は抵抗出来ず、男子の出した精液を飲まされ、オナニで行かされました。その後お風呂場に連れて行かれ、オシッコをするように言われました。オシッコをしなかったら、携帯で昨日私を犯した男子達を呼んで、由利を皆で犯すからなぁと言われました。私は泣きながら抵抗をしましたが、男子は私の膝を強引に開いて、オシッコを強要され、携帯で撮られながら、オシッコをしました、その後オシッコをしたアソコを舐められ、体を洗った後再び男子の部屋に連れて行かれ、オナニ気持ちよかったか、オシッコを見られて恥ずかしくなかっななどと言われました。私は、泣き崩れましたが男子は私の髪を掴み、男子の上になって男子の物を口に入れて、男子は私の大切な所を、お尻の穴を舐めたり指を入れられ来ました。うつ伏せにさせられ、腕と足を立たされ、後ろから犯されました。私の腰を強く押さえられ、男子が私の中に出して来ました。そして私のお尻の穴を触りながら、由利のお尻の穴はまだ処女だよなぁと言って指や男子の部屋にある物でお尻に長い間入れられ、男子にお尻の穴を犯されました。処女を奪われた時以上に激痛が走り、私は大声で泣き叫び激しく抵抗しましたが、お尻に出されました。私のお尻を開いて再び指を入れてきました私を仰向けにして私の上に覆い被さってきました由利のお尻の穴きつきつだったぜぇ、携帯でちゃんと撮ったからな、と言われ、その後もオナニをさせられた事、オシッコをさせられた、処女を奪われた事お尻の処女を奪われた時の事などいろいろ聞かれ男子に犯されました。今度は、ウンチをしろと言われました。制服を着てブルマ姿でスクール水着でテニスウェアーで、ホテルにも連れて行かれ犯されました。学校を休んで、男子達5人に、男子の誰かの部屋で犯されました。時には抵抗する気力も無い私を5人で激しく、胸やアソコを責められ、気持ちいいだろうとか、気持ちいいだろう声を出せと言われますが、無理やり処女を奪われ、男子達一人一人と男子達の部屋で犯され妊娠させられる恐怖ともうお嫁に行けない絶望感を男子達分かって下さい


168  まなみ - 2015/01/05(Mon) 16:07 No.27344
    大事な親友


169  あかね - 2014/12/10(Wed) 08:49 No.27190
    大学3年の あかねです
    私 自慢じゃないけどスタイルだけはいいの
    現在、彼氏いません
    昔の彼とのエッチを思い出しながら一人オナニー
    でもね 私、声が大きく出ちゃって
    親がいて家でオナニーはできないのね
    だから 車で出かけて 人里離れた場所に行って
    車の中でオナニーするの
    オナニーに夢中になってて 人が来てるのにきずきませんでした
    ガラスを叩く音?
    びっくりしました
    すると高校生らしい男の子が3人
    スマホ?  見せてきました
    私のオナニー現場です
    ドアを開けようとしますが  鍵かけてるから大丈夫と
    思ってたけど ガンガン叩く音
    「開けろ」
    止めて〜
    壊される??
    鍵を開けるはめに
    手を引っ張られて外に出されました
    服は肌蹴たままです
    3人が私を囲い 全裸にされてしまいました
    手で隠したけど スマホで撮りまくります
    そして とうとう いじくられ、抱き寄せては
    触りまくられて
    一人目が挿入
    ガンガン激しくピストン
    気が遠くなりかけました
    2人目が挿入  口にも入ってます
    3人目の時 気を無くしました

    全裸のまま車の中で意識を取り戻すと
    精液まみれです
    あそこからも垂れてきてました
    3人はまだいました
    そして スマホを見せてきて
    SEX現場
    私が犯される現場写真
    それだけじゃなく動画  大きな声を張り上げて善がってる
    現場です
    また来いと言われてますが・・・・


170  なな - 2015/01/05(Mon) 23:36 No.27345
    大学の時、合コンの経験があります。二十歳前だったけど、親元放れて、アパートでの生活をしていました。
    友達に誘われて、近くのK大学の学生とのコンパでした。初めてのお酒に悪酔いをして、途中で帰ることにしました。胸が悪くて、電車で帰ると、途中で戻しそうなので、歩いて帰ることにしました。
    むかむかして、すぐにでも戻しそうなので、なるべく人の少ない道を選んだのが間違いでした。
    やはり途中で、気分が悪くなって、金網の隅の方で戻してしまいました。急に体の力が抜けて、立ち上がることも出来なくなってしまいました。その時、コンパで一緒だった人が近づいてきて、心配だから付いてきたと言うんです。
    最初は、介抱するように、背中をさすったり、肩をかしてくれたのですが、またむかついてきて、しゃがみ込んだとき、彼の手が、背中から腰の下まで伸びてきて、最後はお尻をさすりだしてきたんです。
    はねのける力もなく、首を振っていやいやをしたんですがやめてくれません。
    人通りもなく、月の明かりだけです。
    しゃがみ込んだ私のスカートの中に手を入れてきてパンストと、パンティをずらしだしたんです。
    丁度、おしっこをするような姿勢になりました。
    彼は執拗にお尻の方から手を入れてきて。
    声を出す元気も、はねのけることも出来ずにされるままでした。


171  あやか - 2014/11/30(Sun) 22:42 No.27110
    23歳のOLです。高校の同級生だった彼氏の趣味で複数の男性に犯されています。
    自分の目の前で私がレイプされるのを見るのがたまらなく興奮するのだそうです。
    彼氏が連れてくるのはいつも、失礼だけど見た目女性に縁のなさそうなオタクっぽい人。場所は夜の公園とか河川敷とか空き地
    彼氏は毎回、そんな人たちに私をレイプさせてその様子を動画で撮影しています。
    そして、その後ラブホに移動してその動画を二人で見ながらエッチします。
    彼氏はいつも「彼女いない歴32年の男に中出しされてどうだった?」とか「もう一人はスゲー早かったよな、気持ちよかったか?」とか耳元で言いながら私を抱きます。

    正直、気持ちよくないです。むしろ気持ち悪い
    彼氏の時は、おチンチン入れられるとそれだけでイキそうになるのに、オタクの人たちのは気持ち悪いし、臭いと混じって吐きそうになることもあります。
    けれどもオタクの人たちの射精を受けると、彼氏が喜んでくれて、その後すごく愛してくれるので、オタクに犯されるのは嫌だけれど続けています。
    彼氏とは3月に結婚します。
    彼氏は結婚後も続けたいみたいだけれど、私は彼の子供が欲しいので悩んでいます。


172  私は@レイプされました。 - 2014/11/29(Sat) 06:49 No.27047
    私は40のオバサンです!若い男達複数に抱かれたいわ。こんなオバサンでいいよって、子は連絡下さい。も支援有り。


173  美里 - 2014/12/19(Fri) 16:07 No.27259
    去年、高2の夏、部活の先輩たち数人に無理矢理散々マワされた。酷かった。妊娠しなかったのが不思議なくらい。
    悔しかったけど我慢して泣き寝入りしてやったのに、その時撮られた画像が何故か今頃某エロサイトにアップされてて、学校中に知れ渡り、、鬱
    男子からは、根掘り葉掘り聞かれたり、マワサレ女とか陰口たたかれたり、、

    付き合って奴からは、腰輕女は嫌いだ、と言われて終了。こっちは被害者なのに。しかもそいつ、手切れに俺にもやらせろだと。ぶっ飛ばしてやった。
    ホントろくな男いねえなあ。
    でもあれ以来、情けないくらい身体が疼く。あー、ちくしょー、いい男に貫かれたい!


174  真由美 - 2014/12/23(Tue) 20:29 No.27284
    姉が24、私が23の時に姉の彼氏に強姦されました。 

    私が大学を卒業して就職先が姉のアパートから近くて姉も生活費半分になるし、両親も二人暮らしなら安心して実家からだしてくれました。 

    姉と彼氏は会社の上司と部下だったので姉が休日出勤の日に知らない振りしてアパートにきました。 

    私は生理的に受け付け無いタイプで会話も姉がいなければしたくもなかったので素っ気なくあしらうと、トイレを貸して欲しいと良いだすので嫌でも一応は姉の彼氏ですから渋々部屋に入れると・・・ 

    ドアの鍵とチェーンを凄い勢いで掛けると私を突飛ばして襲い掛かってきました。 

    大声だそうとしたけど口を抑えられ、お腹を殴られて悶絶している間に手を縛られて口にはタオルを押し込まれてしまいました。 

    それでも足をばたつかせたり抵抗しましたが、悔しいですが男の力にはかなわずスエットからパンティを脱がされてしまいました・・・ 
    姉の彼氏は裸になり私のマンコを舐めようと両足首を捕まれV字に持ち上げられ舐めてきました。 

    私は濡れて無いのに 
    「濡れてきたか」
    「気持ちいだろ」
    「真実子(姉)も喜ぶからな」
    「真実子より美味いマンコだ」
    「ちんこが欲しくなったろ」

    馬鹿みたいに勝手に言いながら 
    本当にちんこを入れてきました! 

    「よく濡れてるな」
    「気持ちいだろ」
    馬鹿丸出しでハァハァ興奮しながら腰を動かしてきたした。 

    姉の彼氏は数分で私のお腹と陰毛の上に大量に射精しました・・・ 

    何を勘違いしてるのか 
    「どうだ気持ちよくて俺を忘れられなくなったろ」

    と言いながらて解いて口のタオルを引き出して 

    「ほらちんこを舐めてきれいにしろ!」

    と私の口にねじ込んできたので私はちんこに噛み付いてやりました。 

    「いでー!」

    って叫んで股関を押さえて大の男が泣いてました。 
    直ぐに携帯から110して私は姉の彼氏が出した精液も拭かずにスエットだけ履いて急いで部屋の外に出て外から鍵を刺したままで鍵をかけて廊下の消火器とか置いてあった物をドアの前に開かないように置いて警察を待ってました・・・ 
    25分くらいしてパトカーがきました。 
    警察官が走って二人きて荷物をどかして部屋に入っていき私も一緒に入ると 姉の彼氏は股間を抑えたまま泣いてました。 

    警察官が 
    「こらおまえ!」

    なんか大声で呼び掛けても泣いたままだったので警察官が姉の彼氏の腕を掴んで起こすと 

    ちんこが倍くらいに腫れて私が噛んだ所が真っ黒く内出血してました。 

    私は咄嗟に写メしたら 
    警察官が消すように言いだしましたけど無視しました。 

    警察官から婦人警官と6人部屋に入ってきました。 
    婦人警官が私に付ききりになってるうちに、姉の彼氏はパトカーで連行されていきました。 

    私は身仕度すると婦人警官と一緒に被害届に警察にいきました。 

    また書きます。


175  りんりん - 2014/12/24(Wed) 13:16 No.27286
    これをななこの掲示板にはると
    すきなひとにこくられちゃう!&#9829;&#65038;


176  酒井博文 - 2014/12/23(Tue) 07:24 No.27279
    一度妊娠した女が、勝手に平気で中絶する女は人殺しだ。鬼畜だ。殺人者だ。


177  瑠依 - 2014/12/22(Mon) 21:36 No.27277
    先輩に犯されました。相手は1つ年上の無愛想で嫌味な先輩でした。
    その日は練習試合の片付けで一人残っていたんです。やっと終わって更衣室で着替えていました。すると先輩が入って来たんです。スマホを持って…。
    「お前の下着を撮った。ばらまくか、俺の言うことをきけ」
    そういって脅してきたんです。
    驚きでなにも言えなくて、逃げようとしました。だけど力に敵わず近くにあったコードで結ばれました。なぜか口は塞がれませんでした。全裸にされて股を大きく開かれました。当時オナニーも覚えていてものすごく恥ずかしかったです。そして近くにあった手に持つタイプの電子笛?てきなのを入れられました。流石に挿入はしたことが無かったので痛くて泣きそうでした。でも動かしていくうちにきもちよくなるんです。少しずつ声が出て来ました。
    すると先輩が「今日は顧問がいるから声はだすなょ」ってにやついていったんです。
    声はこらえていたけど逝くときにさけんじゃったんです。すると先生の足音が聞こえたんです。先輩は私を担いでロッカーに入りました。しばらくすると先生はいなくなりました。すると先輩は立ったままイれてきたんです。こえがでて頭んなかが真っ白になっていました。そのまま先輩は逝って中だしされました。その日から私は先輩の性奴隷なんだ。


178  なな - 2014/12/20(Sat) 19:40 No.27264
    全国から、採用3年までの社員が集まっての職場研修が開かれ参加しました。
    ほとんどが座学で、ホテルの会議室で行われました。
    3日間の最終日、懇親会があって、ホテルの5階の会議室で行われました。3日目でもあり名前もわかって、凄くいい雰囲気でした。私も調子に乗って飲み過ぎたみたいでした。
    お開きになり、各自、自分の部屋に戻ったのですが、
    私が部屋に戻ると、ノックされたので、何の警戒もしないで、ドアを開けたんです。
    いきなりタオルをかぶせされ、部屋に押し戻されました。
    だれかが私を羽交い締めにして、その間にだれかが、スカートを下げてきたんです。
    部屋の電気は消されていて、タオルを被されているので、誰かはわかりませんが複数人でした。
    ベットに無つぶせに倒され、ストッキングとパンティが一緒に脱がされました。いやいやをしたのですが、押さえつけられて、動けません。
    だれかの指が、お尻に当てられています。両方から脚を広げられ、指が入ってきて、激しく動かしてきました。
    その後、ヌルッッと入ってきたんです。
    動いている間に、ブラウスがめくられました。
    激しい動きの後、中で、痙攣するのがわかりました。
    その時には私も抵抗する気もなくなっていて。
    二人目が入ってきました。同じ感触です。
    最初から、レイプが目的みたいで、全員、避妊しているようでした。
    押さえつけれれたままで、何度も何度も、レイプされました。
    終わると、全員が逃げるように出て行きました。
    翌日朝食で、全員と顔を合わせましたが、誰一人知らん顔です。
    この中に、昨日、私をレイプした人が、何人かいるはずです。


179  亜優美。 - 2014/12/17(Wed) 20:33 No.27240
    私は、東京に来て2年目女子短大に通う21歳!母子家庭だったので1人暮らしも苦にならなかった、大学まで行かせてもらって贅沢は言えず友達の紹介でバイトKJ(キャバ嬢)ってのでこずかい稼ぎを始めたナンバーワンではないがトップ3に入る人気があった「m」というお店は00組の島で処場代だの見ケ〆料だの説明のつかないお金をふんだくられていたみたいだオーナーは裏バンクから借金がありそれも00組の資金源になっていたそうだ今思えばそんなことも知らずにあんな店で働いていた自分に腹が立つ!私目当てで来る客も多く中に金山ってやつがよく私を指名してくれた聞くと頃に寄ると00組の幹部で若い人を引き連れて5〜6人で来ていた(ps:{金」のつく名前は韓国人だって)893あいてはさすがにビビった最初はお酒飲んで普通にしゃべってた。それが5〜6回目の時、1番奥のテーブルを指定してきてその前を若い人たちに並ばせて壁を作ったのだ、オーナーから、私が短大生で地方出身だから1人暮らしってことも聞いていたようで、どうも金山から目をつけられてたらしい!金山は左手で私の肩を抱き右手でスリップドレスの太ももの間に手を入れてきた、それでも下着までは触らせまいと両手で必死にガード下、するとチークタイムの音楽が流れてきてこのタイミングで何とか逃げるチャンスを作ろうと思った店内のホールに出てみて唖然としたそこにいたのは金山の連中と私だけほかの女の子たちは先に帰したみたい、店ぐるみで私ははめられたとわかったそれも築くのが遅すぎた。チークタイムをいいことに強引に抱き着かれてキスされた壁に押しはさまれてスリップドレスのミニスカートはお尻の上までまくり上げられてパンツ丸出しにされ胸もお尻も好き放題揉みまくられて力が強く女の子がいくら抵抗しても何の役にも立たなかったモモの間に膝を入れられてオマムコ思いっ切り揉まれた思わず悲鳴を上げた!女の子の1番恥ずかしいオマムコをもまれて泣き出した私は「お願い!ヤメテッ!お願いだから下着だけは許してください」って頼んだ、「下着っ!下着じゃわからんだろっ?わかるようにちゃんと言わんと本当にやるぞっ!」


180  酒井博文 - 2014/12/18(Thu) 21:43 No.27252
    あああ


181  初体験 - 2014/12/18(Thu) 15:42 No.27250
    私はある日お化粧がしたくなってこっそり母の部屋
    へ探っていると1冊の本が目に留まった表紙は当時
    小3の私にはhだなぁーぐらいでしたが開いてしまった
    中には裸の写真とかがいっぱいその中に犬とhなこと
    を写真がそれを見て当時私は何を考えたのか同じこと
    をしたいという衝動に駆られ本を片手に犬のもとへ本と
    同じポーズをしていると犬が鼻息荒くやってきたビーグル
    で1歳なので襲われても大丈夫そんな気持ちでいたら抑
    え込まれて大きいちんちんを挿入されそのまま犯されま
    した


182  ちひろ - 2012/08/04(Sat) 16:48 No.21075
    1年ほど前の暑かった夏の日、私は職場の人との飲み会の帰りに犯されました。その日は送別会で職場を辞めるパートの人をみんなで送って、それから線路沿いの道を家まで向かっていました。
    ちょっと飲みすぎちゃって頭が痛かったので途中途中で立ち止まって休みながら帰ってました。
    あとちょっとで家というところで目の前にまぶしいライトがあてられてすごいスピードでワゴン車が走ってきて私の横で止まりました。
    そこからあとは断片的にしか覚えていませんが、ワゴン車の中に引きずり込まれて、いきなりおなかを殴られて、なんども「ころすよ」「ころすよ」と耳元でささやかれました。私は怖くてなんの抵抗もできないまま、馬乗りになっていた人が私の首を締めながら鼻の中まで舌を入れてきました。そうしているうちにドンっという激しい痛みと下腹部の重たい感触があり、私は気を失ってしまいました。
    気がつくと、家から少し離れたところにある自然公園の東屋で寝ていました。パンティがなくなっていましたがバッグも服もお財布や定期もちゃんとあったので、私はこのことはだれにも言わずにいようと心に決めました。
    家に帰ってバッグから本や荷物を取り出していたら、使用済みのコンドームが2つ出てきて、あわててティッシュペーパーでくるんでビニール袋で何重にも縛って捨てました。でも、「あ、中には出されなかったんだ」と安心したのを覚えています。
     
    あれから1年。昨夜、彼氏がうちに泊まりにきました。いっしょにおそうめんを食べたあとテレビを見たりゲームをしたりして楽しい時間を過ごしていたのですが、彼が「そろそろ寝よっか」と言って、私に覆いかぶさってきました。いつもの彼のパターンなので私はそれを受け止めて、キスをして、彼のシャツを脱がせながら、横たわったのですが、昨夜は急に彼が私の首を両手でしめてきて、無理やり私の鼻のなかに舌を入れてきたのです。私はとっさに彼のことを突き飛ばしてしまったのですが、彼はものすごい力で私の上に馬乗りになってまた首を絞めてきて、私のパンティを強引に脱がせて、とても固くなった彼のものを無理やり私の中に挿入してきました。
    「なんでこんなことするの?やめて」。私は泣いていたと思います。でも彼は自分の欲望が果てるまでやめてくれませんでした。
     
    せっかく忘れていたのに。私は必死に忘れていた無かったことにしていた1年前のあの夜の出来事を思い出してしまいました。
    彼は早朝からバイトに行ってしまいましたが、もう彼とは別れようと思っています。
    やはり、苦しいことというのは消えてはくれないのだと分かりました。一生私を苦しめ続けるのでしょう。


183  美優 - 2014/12/13(Sat) 12:00 No.27215
    化粧品売り場で働いてる美優です。
    二十歳になります。
    友達とカラオケに行き帰るのが遅くなり一人で歩いてました。
    すると大学生位の四人の子ににナンパされました。
    可愛いねスタイルいいね遊ばないと声をかけられました。
    ごめんなさい失礼しますといいました。
    しつこく声をかけられました。
    本当にごめんなさいといいました。
    場所が悪くほとんど人のいない場所で川が流れてる位の場所でした。
    橋の下につれてかれ全裸にされ手で隠してると恥ずかしいのかといい
    隠してた部分をどかされ押さえられ他の二人が携帯をだし私に写真と動画で撮るからといわれました。
    お願い撮らないで恥ずかしいよといいました。
    私の言うことはきいてくれず写真と動画を沢山撮られました。
    恥ずかしがってる顔が可愛いといいながら撮りまくられました。
    撮り終わると今から気持ちよくしてあげるといいキスされ胸を揉まれ
    乳首を舐められました。
    おい乳首たってるとみんなでいってました。
    感じてるのかときかれました。
    何もいわないと恥ずかしがってるみたいだ可愛いなといってました。
    マンコ指で開けといわれ嫌というと殴られたいのかと顔に握りこぶしをされました。わかったといい指で開きました。
    おい濡れてるぞといってました。胸と乳首いじってただけでこんなに濡れるのかといってこの女エロいなといわれました。
    しかし綺麗なピンク色のマンコしてるなといわれました。
    舐めたらビショビショビになるかもなといい舐められました。
    ダメ止めて止めてといいました。
    スゲーぬれてきたといい指も入れられました。
    おいこの女逝きやがったといってました。
    これから順番に中だしするからといわれ困りますといいました。
    アソコに
    一人がアソコに挿入して激しくピストンして
    口にも挿入して私は気を失いました。
    気がつくとアソコから垂れてました。
    精子でした。
    中だしされたことがわかりました。
    目の前に四人の子がいて一人が私の下着もってもらうからといってました。携帯を私に向け電話帳に私の番号とアドレスが載せられてました。
    また連絡するからなといい下着もって帰りました。


184  冬香 - 2014/12/12(Fri) 18:52 No.27212
    高校生の時に、大学生の彼氏と付き合ってました。
    その彼氏のアパートに、よく遊びに行ってたのですが
    (合鍵持ってたので、彼がいなくても勝手に上がって待ってたりしてました)

    その日もカレがバイトで遅かったので
    いつものように勝手に上がってDVD観ていたら
    彼友のAさんが遊びに来て
    「あ、俺もこれ観たかったんだよね〜、一緒に観ていい?」
    と聞かれて
    OKしました。

    Aさんは彼友の中で一番良く顔合わせてたし
    明るくて面白い人だったので
    私も仲良くさせてもらってました。

    それから30分くらいして、Bさんという人も来ました。
    私はBさんはあまり好きでなく
    (自分をイケメンだと思って自惚れが強い人)
    実は前に口説こうとしてきたのも嫌で
    もう帰っちゃおうかな。。と思っていました。

    そのうちに、Bさん繋がりの友達が2人きてしまい
    ずいぶんお酒が入ってきて。。
    カレから
    「バイト終らなくて、帰るの朝になる」と連絡がありました。
    Aさんが「明日早いから」と帰ってしまって
    なんかもう、嫌だなーと思って
    「わたしも・・」と言って立ち上がろうとしたら
    Bさんが
    「…もうちょっと居てよ〜」と言って私の腕をつかんで
    無理やり座らされました。

    そこから一気に押し倒されて
    Bさんがのしかかってきました。
    あまりに突然の出来事で声を出すことも出来なくて
    ただ足をじたばたさせるしかなく。。

    Bさんが友人2人に
    「おい!足押さえろ!!」
    「カギ閉めろ!!」「口抑えとけ!」
    と指示を出して、
    あっというまに全部脱がされて、Bさんのが入ってきました。
    「ああ〜、、すっげ〜な、、やっぱじょしこうせー、、はあ」
    ハアハアッ!!!
    Bさんが異様に興奮してて怖くて涙目になってました。

    Bさんが終わると、他の2人にもかわるがわる輪姦されて
    縛られたり、
    誰かのがあそこに入ってるのに
    口に誰かのが入ってきたり、
    体中舐められたり・・・
    アソコにピール瓶入れられたり。。

    もう、メチャクチャでした。。

    でも、すごく嫌なはずなのに、レイプされてるのに
    途中から、これまでにない快感が襲ってきて
    初めて、潮吹いちゃったんです。。
    それで腰をビクビク波打たせながら
    「あああッ・・・イ・・ク・・・ぅ〜〜」
    って大きな喘ぎ声だしてしまいました。

    「すっげえよ、この子、犯られてるのにイってんの〜
    まだ高校生なのになあ・・」
    「もう、床ビチョビチョじゃん〜〜」

    潮吹いた時は、初めてだったので何が何だかわからなくて
    イキながら泣いてました。

    その後もBさんたちにかわるがわる凌辱されて
    でも気持ちが良くて、私もタガが外れたように
    喘ぎまくっていました。

    何度目かにイったときに、気を失ってました。
    気付いた時には
    もう明け方になってました。

    部屋の中もすごい状況で。。
    4人とも全裸で、部屋の中は大量のティッシュと私の吹いたものとか
    誰かの精子?とか。。。

    Bさんやほかの人も起き出して
    「○○帰ってくる前に出るぞ!」と着替えて
    部屋をそのままに行ってしまいました。

    Bさんは私に
    「冬ちゃん、また今度な?」とニヤッと笑って出ていきました。

    私は泣きながら急いで部屋の掃除をして
    ベッドのシーツも洗濯しました。
    シャワーも浴びました。

    10時ごろ、彼が帰ってきて
    何も知らないので
    「あれ?掃除してくれたの?ありがとな〜」と笑って言いました。
    そのあと彼とセックスしたけど
    何も感じることができなくなりました。

    その日から、カレのセックスでは物足りなくなり
    BさんたちとBさんの家や、仲間の誰かの部屋で4Pしたりするようになってしまいました。

    Bさんは基本居ますが
    あとのメンバーは、その都度違ったり。。
    Bさんに後から呼ばれてくる人もいたりで
    多い時は私1人に、相手6〜7人ってときもありました。

    あの、気持ち良すぎてわけがわからなくなる感じが
    くせになって
    病みつきになっていました。


185  美由紀 - 2014/12/12(Fri) 05:14 No.27207
    初めまして21歳のでもどりです。16歳の頃の出来事です・・・兄は、兼業農家を、していて夏の暑い八月に、兄の仕事を、手伝っていたので汗を、かいてしまいました。
    汗を、かいて気持ち悪いので、お風呂に、入って汗を、流したのです。体に、バストオルを、巻いて二階の寝室に、入ったら兄が、部屋の中で裸で待ち伏せを、していたんです。

    私は、驚いて立っていると体を、抱きかかえられ「ベット」の上に、寝かされてしまったのです。兄に止めて止めてと声を、出しても聞き入れてくれません。
    私の上に、おいかぶさり割れ目を、揉んでいるのです。下の方が、だんだん濡れてきました。「おちんちん」が、少しずつ中に、入ってきました。

    イヤ〜」声を、上げていました。兄は、気持ちよさそに腰を、前後に動かしているんです。「美由紀」気持ちいいよと声を、出してくるんです。
    抱きかかえられているので、動く事もできません、身を、委ねているしかありません・・・
    兄が、美由紀と声を、出し割れ目の中に精子が、入ってきたのです。

    お兄さん」もう言いでしようと声を、かけても放してくれません・・・私もあきらめて兄の体に抱きつきました。兄の「おちんちん」が、復活してきたんです。
    兄が腰を、動かすたびに私の体が、動きます。・・・割れ目の中が「ぴちょ、ぴちょ」音を、たてるんです。
    口の中に舌を、入れてきて腰を、前後に動かしているんです。・・・強く抱きしめてきた時・・・ウウウ〜」声を、漏らし割れ目の中に精子を、流してきたのです。

    やっと私の体から離れてくれました。急いで浴槽に、行って割れ目の中を、「シャワー」で洗い流しました。
    19歳まで、兄に体を、求められ体を、許していたのです。・・・そのあと結婚を、しました。兄と同じように市内に住んでいました。

    主人と住んでいても姑と、折り合いが、わるかったのです。ストレスが、溜まってきて、隠れて兄と「セックス」を、していました「心が、落ち着くのです」
    離婚を、して現在に、いたっています。今は、ストレスは、ありません・・・やはり姑とは、駄目です。
    兄には、奥さんが、いますが・・・タンパクなようで、そのかわり兄と「セックス」を、楽しんでいます。奥さんは、国立の看護師を、やっています。・・・


186  あかね - 2014/12/10(Wed) 21:43 No.27196
    小学生の頃はとてもいい子で優等生だった息子が中学生になってからおかしくなり、不良グループに入ってしまった。しかもほとんどメンバーが高校生の不良グループに入ったのです。
    ある夜遅く息子から泣きそうな声で「すぐ来てほしい」と電話が入った。ただならぬ声の調子に驚いて、すぐ車で指定されたところに行った。そこは町外れの倒産した工場の駐車場だった。十人くらいの高校生の不良グループがいて、息子が殴られたようであざを作ってうなだれていた。不良グループのリーダーらしい男が言った。
    「お母さん、あんたの息子がへまをしでかして大事な計画がおじゃんになったんだ。あんたの身体で弁償して貰うことになったんで来て貰ったんだよ。そうだな、00(息子の名前)」
    息子はうなだれている。
    不良グループに工場の中に引っ張り込まれた。いきなり着ているものをはぎ取られて抵抗する間もなく全裸にされて押し倒された。リーダーらしき男がのし掛かってきて挿入されて・・・
    次から次へと交代して全員から犯された。その後半数近くが2回目をして・・・・・、中には口の中に入れられてイマラチオをされたのも何人かいた。
    いつの間にか気を失っていて、・・・・・気がついた時は・・・・
    また犯されていて・・・・な、なんと、それが息子だった。
    仰天してはねのけようとしたが身体が動かず、力がなく、なされるままだった。息子は狂ったように私を抱きしめて私の中に2回、3回と吐き出して私を離さなかった。他の不良グループはもう誰もいなかった。


187  なみ15歳 - 2014/11/29(Sat) 17:41 No.27084
    クラスの生徒に犯され全学年に犯されてるのがわかり教師にもばれ教師にホテルにつれてかれ3Pされました。
    投稿画像一覧にも載せられました。


188  ゆうこ - 2014/12/09(Tue) 20:01 No.27176
     44歳のバツイチです。
     小さな工業製品を作っている工場で、検品の仕事をしながら、独身者向けの市営住宅で一人暮らしをしています。
     市営住宅は山を切り開いて作られた造成地にある団地です。 駅と駅の中間にあって、山の中腹なのでどちらの駅からも歩くと25分位かかります。
     片方の駅からはバスが出ているのでほとんどの住民はバスを使うのですが・・・私が働いている工場はもう一方の駅寄りにあって、団地まで直接歩くと20分弱で、一旦最寄り駅に出て、一駅電車に乗り、バスに乗り換えて帰ると早くても30分、電車やバスの連絡が悪いと一時間近くかかってしまうこともあります。
     だから、駅前のスーパーで買い物の予定がないときには、歩いて通勤していました。

     その、工場からの帰り道で、私は10回以上も襲われています。
     顔も年齢も、もちろん名前などわかりませんが、おそらく同じ男です。

     隣の駅からのバスが走る明るい大通りに比べて、こちらの道は、畑と工場の間を通る、信号もなく、街灯もほとんどない暗い道です。
     途中に、変質者注意の看板も出ていましたが・・・
     40を過ぎて、離婚歴もある私は、いわゆる『変質者』と言われている男の人をそれほど怖いとは思っていませんでした。
     勝手な思い込みでしたが・・・そういう人たちは『女性を面と向かって口説けない弱い男』だと思っていたからです。
     
     最初に襲われたのは、スクラップ工場の所でした。 6時を過ぎて、工場の明かりは消えていて人の気配はありませんでした。
     普段から開きっぱなしなっている工場の、門の前を通り過ぎたら、突然目の前が暗くなり・・・頭から、大きな袋を被せられたのだと、後からわかりましたが、その時は訳も分からず、その場に座り込んで悲鳴を上げました。
     すると突然、首を絞められて・・・低い男の声で「騒ぐと殺すぞ・・・」と言われました。 
     ゆっくりとした、妙に落ち着きがある低い声で・・・私は本当に殺されてしまうと思いました。
    震えながら「お金ならあります・・・」と言って持っていたバッグを男に差し出すと、男は私の手首を握って、私を工場の敷地のほうへ引いて行きました。

     首のところで袋の紐を結んで外れないようにされ、男に背中を押されて・・・二、三歩前に進むと、何かに当たって・・・そのまま背中を押さえつけられて・・・乗用車のボンネットでした。

     スカートを腰まで捲られました。
    「これ、何だか判るか?」男がそう言いながら、ストッキングの上からピタピタと私の太腿を叩きました。
    「動くなよ・・・動くと大事なところが血だらけになるからな。」そう言って男がストッキングを摘まんだのがわかりました。
     次の瞬間に空気の流れを感じて・・・ストッキングが切られたのがわかりました。
     ナイフだ・・・そう思ったとき、男の指が下着に触れて、私は反射的に足を閉じて体を硬くしました。
    「ほら、動いたら危ないって言っただろ・・・ほら足開けよ・・・」そう言いながら、私の内腿をナイフでピタピタ叩きました。
    「ほら、ほら・・・もっと開けよ・・・それともナイフで傷がついてもかまわないのか?・・・」
     私が足を広げると男が下着の上からクロッチの部分に指を這わせてきました。
     おぞましい指の動きに耐えていると、下着が引っ張られて・・・ジョリッと音がしたと思うと私の下半身に直に男の指が触れました。
     下着も切られてしまいました。
     
     クリトリスとあそこをしばらく指で弄っていたと思うと、恐怖で硬くなっていた私の身体の中に、メリメリっと音を立てるようにして男のものが捻じ込まれ・・・男の動きに応じて、私の身体が徐々にほぐれて、濡れてきたせいでスムーズに動くようにはなったけれども・・・快感には程遠く・・・
     男は直ぐに上り詰めて・・・私のお尻の谷間に熱いザーメンを放出しました。

     男はぐったりとした私の腕をとり、私を地面に転がして・・・バタンッと車のドアが閉まる音がしたと思ったら、あっという間に走り去る車の音がして・・・

     袋の紐を解いたときには、もう誰もいなくて・・・
     下着とストッキングはどちらも股の部分を切り裂かれていて、スカートも転がった拍子に少し汚れていましたがそれ以外に目立った所はなくて、バッグも財布や携帯もそのままで・・・男の目的は、体だけだったようでした。

     周りはすっかり暗くなっていたので、私はスカートを少し整えて、そのまま家に帰りました。

     帰り道・・・後をつけられていないだろうかと、何度も後ろを振り返り・・・家が近づくと、今度は誰かに見られないかと心配して・・・実際に襲われている時よりも、ドキドキしました。

     家にたどり着くと、すぐに全裸になってシャワーで体を洗いました・・・
     何もかも洗い流して、早く忘れようと・・・

     けれども、それで終わりではありませんでした。
     まだ始まったばかりだったんです・・・


189  人探しマン - 2014/12/06(Sat) 22:30 No.27144
    私は岸田裕子という女性を探しています。
    私が岸田裕子に初めて会ったのは去年の8月頃で、鳥取市内にあるるんるんという名前のフーゾク店です。
    そこで、岸田裕子にフェラチオをしてもらいました。
    「昼間は養護学校教論をしている」「夜はフーゾク店でバイトをしている」という話を聞きました。
    岸田裕子は今は倉吉市の養護学校教論をしていると聞きました。
    岸田裕子が倉吉市のどこに住んでいる(?)のか知っている人がいたら教えてください。
    岸田裕子は青果店でもバイトをしているのですか?それについても知りたいです。


190  あや - 2014/10/08(Wed) 20:39 No.26910
    中学2年の時の夏休み前の試験が終わり、一度着替えてから、友達の家に泊まりに行きました。
    夜遅くまで話していると、途中から当時高校生だった友達の兄も加わって、少しお酒を飲まされました。
    友達も一緒に飲んでるし、別に悪い事とは思わなかったのですが、試験の疲れもあったせいか、
    急にすごく眠くなってしまい、いつの間にか寝てしまっていました。
    次に気づいた時には、友達の部屋ではなく、お兄さんの部屋のベッドの上で、私はすでにパジャマもパンツも脱がされていて、
    お兄さんが私の中に入ってくる寸前の所でした。
    抵抗してもすでに時遅く、そのままお兄さんに処女を奪われました。
    そして、血が混じった精液を顔に掛けられ、呆然自失で力が入らなくなっている私の事を、趣味だと言うカメラで何枚も写真に収めていました。
    それだけでなく、私が気付かずに寝ている時も撮られていて、もし犯されたことを言ったら、写真をばらまくと言われました。
    後日、本当に現像した写真を見せられ、私は怖くなりましたが、時々呼び出されて、大体近くにあった公園のトイレでお兄さんにされていました。
    結局、そのお兄さんが就職して、寮に入るまでの2年弱の間、私はお兄さんの言いなりにされていました。
    私が大学に入ってばかりの頃、男も含めた友達と飲んでいる時に、その事を酔っていたせいで、少し話してしまいました。
    そしたら、帰りに同級生の男友達にやられました。
    写真に撮られないだけ、マシだと思っていました。
    実際は、全然マシではなくて、大学で絶対に顔を合せるのです。
    そして、言いふらされたくなかったら…と大学のトイレや屋上などで良いようにされていました。
    ある時、目隠しをされて、大学内の倉庫に連れていかれました。
    倉庫で膝立ちにされると、目隠しの下の方に隙間があり、私を6人の男が囲んでいるのが分かりました。
    私はそのうちの2人に片手ずつ取られて、それぞれのを握らされました。
    それから、口にも一人が入ってきて、両頬にもこすり付けられ、後ろの人は私の髪の毛を手に取り、それに絡めていました。
    しばらくして、シャッター音が聞こえ、さらにもう一人いるのが分かり、私を連れてきた同級生は、ビデオでも撮影していると言いました。
    6人は代わる代わる、私の口に入ってきたり、顔や頭に押し付けたりしていました。
    服は脱がされず、順々に出していくので、私の顔や髪の毛、服が精液だらけになっていきました。
    次にガムテープで目隠しを強く固定されて、バケツで何杯も水を頭から掛けられました。
    もう着ていた物はビショビショで、その事を周りにいた男性たちにからかわれながら、服を下着も含めて脱がされました。
    私は何をされるか分からない怖さもあり、腰が抜けていました。
    でも、服を探そうと、四つん這いで床をゆっくりと回っていました。
    その間にも、お尻を叩かれたり、蹴られたり、脇腹も蹴られたり、背中をベルトみたいなもので叩かれたりもしていました。
    正直、殺されると思って、服を諦めて、倉庫から出ようとしても、グルグルと回っていたせいで、方向感覚を失い、どこに行っても男性の靴に手が触れていました。
    その度に、倉庫の真ん中に引きずられ、男性たちは私の様子を楽しんでいるようでした。
    我慢できなくなった男性たちが、そこから代わる代わる、私の体を弄び始めました。
    お尻の穴を奪われただけではなく、耳の穴や鼻の穴にまで入れようとする人までいました。
    声を出す気力すらなくなり、私は失神していました。
    気付くと、倉庫に私一人で横たわり、体中が痛くて、何とかガムテープで固定された目隠しも取ると、
    私が着ていた物は、倉庫の端の方でびしょ濡れで放置され、私の体中に油性ペンでたくさん卑猥な言葉が顔にも書かれていました。
    顔は何とかトイレで落とし、そのまま講義に出ることなく、私は大学を後にしました。
    家のお風呂で私は泣き崩れながら、時間を掛けて、体の落書きを落としましたが、心の傷は拭えずに、
    そのまま大学を辞めました。
    周りが就職していく中で私は引きこもりになりました。
    そして、今に至ります。


191  ひかる - 2014/11/07(Fri) 13:34 No.26974
    私は高校の教師をしていましす。昨日放課後のみまわり中何者かわかりませんがレイプされました。目隠しされたので2人組というはわかったのですがまさか40代にもなってこんなことされるなんて、だれにも相談できません。 今日私の通勤する自転車に私のその時の写真もありました。メモ紙もありだれかにばらさないこと。明日は短いスカートをはいてくることと書いてありました。


192  レイプ - 2014/12/02(Tue) 14:17 No.27124
    これは私の人生で一番の恥です。

    あれは、10月8日の22時を少しまわった時間でした。外は小雨で薄暗く、少し肌寒さを感じさせていた。
    私はバイトが終わって家路につくところでした。
    その日はたまたま自転車でバイト先に行っていたので、もちろん次の日の学校は自転車で行かなくてはいけんので、自転車で帰る事に。
    私のバイト先から、自宅までは自転車で10分弱。夜遅いけれどこの距離なら大丈夫だろう…と。
    私は自転車に乗って、右手には傘をさして、バイト先をでました。

    バイト先を出てそう行かないうちに…オトコの人に話しかけられました。


    オトコは白いニットジャンパー(?)に黒いズボンで暗いのにグラサンと帽子をかぶっていました。
    口ひげと煙草くさいオトコでした。
    なんて声かけられたか忘れましたが、「友達が来れなくなって暇だからお話しよう」って言われました。
    私は、暇じゃないので「門限があるので…すみません。帰らなくちゃいけないんです。」ってちゃんといいました。
    それでもオトコの人はあきらめません。しつこく絡んでくるので私は断り続けていました。
    そしたら、「じゃぁ、お別れのキスをしよう」って言われました。
    私はそんなわけわかんない言葉を聞いて「はぁ?」とか言いましたが、無理矢理されてしまいました。 キスはタバコ臭く、オトコの髭があったてちくちくして、キスなんて呼べるようなものじゃなく、 ただ、唇と唇を押し付ける様な感じのものでした。
    私は怖くなって逃げようと思いましたが、ぎゅうっと押さえつけられてて動けません
    しかも、自転車に乗ったままなので下手に動くと自転車ごと倒れてしまいそうな感じでした。
    オトコは息を荒くして何か言っていました。よく覚えていません。髭があたって私の頬がちくちくしているのは覚えています。
    「嫌!」と大声を出したら自転車から振り下ろされました。自転車ががしゃん!と大きな音を立てて倒れ、 手に持っていた傘はふわりとコンクリートの上に落ちました。 カゴに入っていたバックは自転車と一緒にコンクリートに落ちて転がりました。
    私は逃げようと試みました。でもダメでした。大声をあげようともしました。でも、のどをしめられて声が出ませんでした。 息するのがやっとで、息を吸うと「ひぃぅ…」ってのどが鳴りました。
    オトコは私のパンツの中に手を入れて、アソコを触りました。私は抵抗したけれど、力ではぜんぜん適いませんでした。 パンツは破れちゃいました。
    オトコは私の耳元で息を荒くし、何がしゃべっています。私は混乱していました。息はちゃんと吸えず、雨で視界も悪かったです。
    オトコは私を引きずって、道を挟んだ反対側にって廃車がたくさん置いてある砂利の空き地の端っこに行きました。
    そこで私は押し倒されて…犯されました。
    混乱していたのもあるのでしょうか…よく覚えていません。 ただ「痛い!」と言ったら、「処女か?」とか言われました。失礼にもほどがあります。 私は一生懸命叫ぼうとしていました。誰か助けてと、叫ぼうとしても首をぎゅぅっと締め付けられるから、 ただ喉が「ひゅぅ、ひぃぅ」って鳴るだけでした。
    私はなんの抵抗も出来ずに泣いていました。私は死ぬんだと思いました。意識もたまに途切れます。気持ちよくなんか無いsexでした。
    オトコは私の中でイくと、さっさと立ち去りました。捨て台詞に「夜道は危ないから気をつけて帰れよ。」とか言っていました。 私は、お前みたいなオトコがいなければ、気をつける必要もないじゃないかと思いました。
    どうやらあのオトコは脳味噌が腐っていたようです。




    こうして私は穢れました。




    オトコが立ち去ったあと、私はどうしたらいいのかわからず、その場にいましたが、 急にまた怖くなってバイト先(バイト先の方が近かったので)に逃げ込みました。
    店長(父)は大変心配してくれて向かえ(母)を呼んでくれました。

    家に帰ったらまずパンツを脱いで捨てて、彼に電話をしました。
    彼の声を聞いたら涙が勝手にこぼれました。大泣をしました。事情を話したら彼はすぐに「今から帰る」と言ってくれました。

    お風呂に入りました。一生懸命身体を洗いました。アソコもいっぱい洗いました。背中には傷が出来ていてひりひりしました。 お風呂のお湯はしょっぱかったです。何回顔を洗ってもしょっぱかったです。
    いつもやさしい母が「殺してやりたい」と呟きました。いつも威厳のある、少し近寄りがたい父が「可哀想に…」と頭を撫でてくれました。
    不思議でした。
    それからいろんなことがありました。
    彼が本当に帰って来てくれたり、うちに泊まって24時間(こんな事情なんで、両親も許してくれました)そばにいてくれたり…
    彼がそばにいてくれたから、私は壊れなかったのかもしれません。




    こんな出来事があってから、私は男性が少し怖くなってしまいました。特に若い方が………。彼は別です。
    男性は誰でもそうなんだって考え方を拭いきれません。ごめんなさい。 そうじゃないって頭ではわかっています…けれど心が理解してくれません
    私は女に生まれてきた事を悔やんだけれど、オトコに生まれなくてよかったと思った。
    私はsexっていうのは男女が愛し合って、その確認の儀式 (例えば、手をつないだり、キスをしたりするようなもの…)だと思っていたので、とてもショックでした。
    愛とか恋だとかが綺麗事にしか思えなくなりそうでした。人はこんなにも人を憎めるものとは思えませんでした。
    男性はみんな女性をそういう目で見ているものなんでしょうか?
    男は、女より男の方がえらいから、女が傷付こうと自分がよければいいとか思っているのでしょうか?
    私は悲しかったです。オトコはそんなこともわからないんでしょうか…?
    私はオトコと女は一緒に歩いて行くようなものだと思っていました。オトコが外を守り、女が内を守る。 そんな互いが無くてはいけないようなそんな関係なんだと思っていました。
    けれど、全ては幻想でしか過ぎませんでした。
    他のオトコがどうだかなんて知りません。けれど、そういうものなんだと私の心は理解してしまいました。
    「オトコは女を性欲の、欲望の、ストレスの捌け口にしか思っていない」

    私は、一つがそうだからといって、他がそうなんだとは思わないようにしていた方でした。自分ではそうだと思っていました。
    けれど悲しいけれど、この考え方は拭えなくなっています。
    彼がそうじゃないって胸張って言いきれない自分がいるんです!
    彼は大好きです。彼は彼です。そこらへんの、見知らぬオトコとは違います。
    けれど、私は彼に申し訳がありません。
    私は普通にsexをして、子供を産むということが怖くなっています。考えるのが怖いんです…
    好きなのに怖いんです…彼の子供が欲しいとは思う…けれど怖い…怖いんです…
    私と彼がsexすれば、彼は穢れるんです…穢れた私と一つになることで穢れるんです…それは許せなかった。
    けれど、彼は「ちくと一緒だ。」って言ってくれました。自分が汚れても私と一緒になるだけなんだって言ってくれました。
    嬉しかった。
    だから、彼を信じています。彼だけは「オトコ」なんかじゃなく「男の人」なんだ…って。
    彼は彼です。


    このことに関してはこのことに関して警察に訴えると言う事はしないです。
    「アノオトコ」を許そうって訳では毛頭ありません。今会ったなら、私が刑務所に入る変わりに殺してやっても構いません。
    私だけではなく、私の父と母の気持ちを汚し、彼まで苦しめ穢したオトコを誰が許すのでしょう…
    けれど、そうしないのは、私の心の弱さでした…
    もし警察に訴えたのだったら、犯人は捕まるかもしれませんが、裁判やらなんやらで世間になんて言われるかわからないから…
    哀れみなんて他人から受けたってなんの気晴らしにもならないから…むしろ見ないで欲しい。穢れた私を…見ないで…そんな目でみないで ………あぁ
    私の心が弱いばっかりに、脳味噌の腐敗しきった(もしくは「退化した」)オトコを野放しにするしか出来ない自分が腹立たしいです
    けれど、父が私の気持ちを守るためには仕方ないと言ってくれて(母は最後までなにやら言ってましたが)、このような結果となりました。
    ちゃんと話し合った結果です。だから心配しないでください。許せないけれど、父や彼の心遣いが嬉しかったから…
    それでも、ここに載せようと思ったのは、あなたには…ここを見ていてくれている人達には…知っていてほしかったから…
    あなたを信じています…私を哀れまないって…だから、よかったら今までどうり接していてください。



    最後に。
    暗い話になってすみませんでした。
    けれど、本当にあった出来事と私の正直な気持ちです。
    長い文でしたが、読んで頂いてありがとうございました。貴方の気分を害してしまったのなら、謝りたいと思います。
    私は穢れています。でも…よかったら見捨てないでやってください…
    報告が遅くなってしまったのも、私の中で整理が出来ていなかったからです…すみません

    うまくまとめられていませんが…ここまでで…
    それでは…また…


193  美砂子 - 2014/11/30(Sun) 20:42 No.27109
    主人の知り合いに不倫の現場を見られてしまいました
    その人から電話があり、見なかったことにする代わり
    やらせろと言われました
    一度だけの約束でその人のマンションで凌辱されました
    でも、約束を破り何度も呼び出されは屈辱を受ける日々でした
    私ではとても想像つかないような厭らしい性行為をする人です
    主人には一生見せることのない辱めをされ続けるうち
    いつしか私は心の中で、その人から辱めを受けることを
    待ち望むような女になってしまい奈落の底に堕ちていきました

    最初は屈辱で耐えられなかったのに.........
    それ以来、不倫の相手のことも忘れてしまいました
    主人に抱かれながらもその人とのセックスを思い浮かべながら
    逝ってしまう毎日です

    今では待ちきれなくなってしまい自分から
    「身体が変になりそう 明日鎮めて下さい」って頼む女に変わって
    しまいました

    自分が怖いとさえ思うことがあるのですが、一度着いた炎は
    消すことは出来ないみたいです


194  red - 2014/11/30(Sun) 20:33 No.27108
    連絡下さい


195  みか - 2014/11/10(Mon) 09:13 No.26981
    土曜の夜、友達3人で飲み会しました
    夜の10時ころ解散して、私は駅に向かいましたが
    酔いが回りすぎて、どこかに座り込んだ
    ここまでは記憶にあります
    途中気持ち良かった気がします

    気がついたときは、ここは?どこ?
    ビルの谷間みたいなところで、服は乱れてて
    顔もあそこ回りもザーメンだらけでした
    犯された?
    電車も無くて、タクシーで帰りましたが
    妊娠が心配です


196  みき - 2014/11/22(Sat) 01:11 No.27012
    教えて下さい、どうして男のひとは責任も取らないのに、
    無理矢理中出しとかするんですか?


197  なみ15歳 - 2014/11/23(Sun) 22:41 No.27016
    私はクラスの友達に呼び出され向かうとクラスの男子生徒がなんにんかいました。
    友達が私にみんななみちゃんとエッチしたいんだってといってきました。
    私は嫌といいました。
    いきなりクラスの男子生徒が私を押さえつけ服と下着を脱がし裸にされました。
    胸をもまれキスをされアソコを舐めてきました。
    止めて止めてと泣きながらうったえました。
    止めず続けてました。
    なみちゃん乳首がたってるよオマンコ濡れてるよ感じてるのと言われました。
    そんなことないといいました。
    チンコ入れてあげるからねと言われました。
    ダメダメ止めてお願いだからといいました。
    アソコにチンコ入れられました。
    腰を振り突かれオッパイ揉まれ口の中にチンコ入れてました。
    イクイクといい中に出されました。
    足を広げられ持ちあげられアソコに指を入れられかき混ぜられながら
    クリトリスをこすられ止めて出ちゃう出ちゃうというと激しく擦られ指を中に入れられ激しくかき混ぜられました。
    なみちゃんいっぱいオマンコ汁出てたよといわれました。
    四つん這いにされ後ろから突かれながらお尻を叩かれながら下から胸をもまれました。中だしされました。
    次から次と入れられ中だしされました。
    上に乗せられ腰を振れといわれ嫌というと顔をひっぱだかれました。
    ゆうとおりするといい腰を振りました。
    イクイクといい中に出されました。
    もう許して止めてというと足を広げられ中に入れられ腰を振り中に出されました。次から次と入れられ中だしされました。
    もうお願い許してというとベッドに縛り付け動けなくされオッパイと乳首にローターを貼り付けアソコに沢山ローターをいれられアソコのまわりに沢山低周波を貼り付けオッパイにも低周波を貼り付け一気にスイッチを最大にされデンマをアソコに最大で押しつけられました。
    どうしたの凄い声だしてそんなにオマンコ濡らして気持ちいいのと聞かれそんなことないといいました。
    身体は正直だよ気持ちいいといってるよといわれました。
    凄いオマンコ汁だしていっちゃってるよといわれました。
    お願い止めておかしくなっちゃうよといいました。
    バイブをアソコにいれられました。
    あーあーそんなに濡らしてお漏らしまでしてと言われました。
    友達が見てるよさっきからずっとなみちゃんが感じてお漏らししてるところとかいってる所とか中だしされてるとことか見られて恥ずかしくないのと言われました。
    恥ずかしいよといいました。
    友達を呼びアソコを開いて指で擦られイクところ見せてました。
    友達にイクとこ間近で見られて凄い恥ずかしかった。
    写真も沢山撮られインターネットに載せると言われました。


198  ゆー - 2014/11/27(Thu) 19:39 No.27042
    ゆみです。
    もりはら改め、わたなべになりました。

    最近つまらなくて。。。
    ドキドキさせてください>_<

    163cm45kg
    Fかっぷになりました>_<
    大島ゆうこに似ていると言われます>_<
    今の写真はのせられないので
    少し昔の画像です。
    もっと痩せましたけど…

    28日金曜日、17時半、
    しな川のこうなん口
    ☆ゼンビルから出ます>_<

    激しいのがすきです!


199  和美 - 2014/11/26(Wed) 22:30 No.27038
    高校を卒業して、1つ年上のやったんと同棲してました。
    3ヶ月ほどして、やったんの友達が遊びに来ました。
    学生時代の先輩と言うことでしたが、私を見る目が嫌らしい。
    やったんがいないときに訪ねてきました。留守だというのに、上がり込んできて冷蔵庫からビールを出して飲み始めました。
    そして私に抱きついてきました。
    洋服の上から身体を触られ、スカートの中に手を入れてきました。
    凄い力でした。抵抗したけどスカートも下着もはがされました。
    身を縮めていたけど「康夫も承知してる」って言われて力が抜けてしまいました。
    その後、さんざん玩具にされて、彼に犯されました。


200  ゆみ - 2014/11/26(Wed) 19:39 No.27033






    この社員のブログ見てたら、
    生きる気力なくなりました。

    雑誌 うぃず のブログ

    なんで私は人生を東◯につぶされて、この子は女子会☆に旅行☆にお花☆にお料理☆に読者モデル☆に
    11月22日土曜日はついに舞浜シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルで結婚式☆に………
    なんて幸せなんだろうって。
    お給料も、私達のお金から沢山もらっていて、豪華な結婚式にティファニーの大粒ダイヤの婚約指輪に結婚指輪に……
    私は故郷も失ったのに。

    旧姓、有○真○ちゃん。
    ○川○由ちゃん。
    幸せ分けて。
    総合職でお仕事大変ですぅ☆らしいけど、
    遅くとも夜の7時8時に帰れるなんて、
    なんてホワイト企業なんでしょう、◯電さん!
    社員に優しく、お客様はゴミ扱い。
    素敵すぎて涙出てきます。

    都内の社宅に格安で住んで、
    玄関にはプリザーブドフラワーの花冠を飾り、
    ディズニーに、お台場でウェディングドレスでロケ撮影に、部屋には花を絶やさず、
    ホテルやレストランで豪華なディナー

    こんな東◯社員夫婦、どっかいってほしい。
    北薗しょうへい、まゆ夫妻。
    ページトップへ


201  恭子 - 2014/11/04(Tue) 21:58 No.26967
    これから投稿することは15年前の嘘のような本当の話しです。
    私は、田舎の鉄工所の事務員として勤めていました。
    ある時、資材の確認のため、会社の隣にある倉庫に行きました。
    資材の確認が終わり、帰るとき尿意を催し、倉庫のトイレを利用しました。
    そのトイレは、男女兼用で、便器が一段高くなっていて、目の前に、配水管があるといれでした。
    奥行きがあり、手前に手洗いが付いています。
    立て付けが悪く、鍵を掛けたつもりが掛かっていなかったようです。ドアのガラスは、磨りガラスで、電気を付けると中の模様が


202  まゆみ - 2014/11/23(Sun) 14:13 No.27015
    散歩であるいてたら前から三人の男性が歩いてきて私に遊びにいこうと声をかけてきました。
    私は、いいですと断るとしつこくしつこくしてきました。
    無理無理と断ると無理矢理に人気の少ない所に連れてかれました。
    服の上から胸をもまれパンティの上からさわられました。
    裸にしようぜといわれ止めてお願い止めてといいました。
    おかまいなしに裸にされました。
    胸をもまれアソコに指を入れられかき混ぜられました。
    イカしてやるからといわれ嫌といいました。
    しかしイカされました。
    ズボンを下ろしパンツを下ろしマンコにいれてやるからといいました。
    お願いお願い中に入れないでと泣きながらいいました。
    しかし無理矢理いれられました。
    腰を振り気持ちいいマンコしてるなぁといわれました。
    オマンコきゅっきゅっ締めて感じるてるのかといわれました。
    感じてなんかないといいました。
    中に出してやるからなといわれました。
    止めてお願いお願いだから中に出さないでといいました。
    次の人は四つん這いにされ後ろから入れられお尻をたたかれ突かれました。次の人は上に乗せられ腰を振れといわれ嫌というと他の人が口の中に入れられました。むせてもむせても入れられました。
    わかったといい腰をふりました。イクといわれ離れようとしましたが押さえつけられ中に出されました。
    写真を撮られ携帯のこのサイトの投稿画像一覧を見せられここに載せるからなといわれました。止めてお願い恥ずかしいからといいました。
    載せられてないか見てみると載せられてました。


203  私は@レイプされました。 - 2014/11/20(Thu) 10:47 No.27007
    会社を辞めて、実家の不動産の手伝いをする様になり、不動産の免許も一応持っていて、お客様を案内しています。

    家の不動産の仕事は、大学生専門に部屋を賃貸します。

    親の保証人が無いと契約をしないので、部屋を見にくる時は、親子で来ます。

    3月が、ピークでめちゃくちゃ忙しいです。

    まれに、夏休みに部屋を替えるお客様もいて案内をします。

    そんな時に、事件が起こりました。

    その日は、両親が旅行に行っていて、家には、私しかいなく、朝早く携帯の呼び出し音が鳴り起こされました。

    昨日、女子会で遅くまで騒いで明け方に帰ったので、寝ぼけて電話をとると、春に契約をした岸さんの

    お父さんからでした。

    岸さんは、契約した後からも食事に行こうとか、渡したい物があるとか頻繁に電話してきていて凄く迷惑

    していました。

    断り続けていたら、電話もこなくなりました。

    部屋を決める時も、子供はここの物件でいいからと言うのに、10件廻って、ようやく決まりました。

    物件を案内する時は、子供の目を盗んで、私のスカートを覗いたり、白々しくお尻を触ったりして、気持ち悪かった

    記憶が蘇ってきました。

    「真理子さん、おはよう。岸ですけど、息子が、部屋を替えたいから部屋を探して欲しいだけどいいですか。」

    契約期間があるから、替えれないでしょうと思いつつ返事をしました。

    「おはようございます。矢野さん、今、お部屋を替えたら、帷幄金が発生しますよ。」

    「いいですよ。子供の為ですから、真理子さんは、気にしないでください。」

    相変わらず、面倒くさいお父さんだ。

    「わかりました。岸さんがそう言われるならお部屋を探してご連絡致します。」

    「ありがとう。真理子さん、実は、出張で○本県に着ていて、明日には家に帰るから、急で悪いけど今からいいかな」

    このオヤジ(-_-#) ピクッ お客様でなければと怒りがこみ上げてきました。

    「岸さん急ですね。ちょっと持ってくださいね」

    「あれー昨日、社長さんに電話したら、今は、旅行中だから、娘が対応するって言ったけど何も聞いてないの」

    ア〜確かに、父親から着信が、二回あったが、女子会の最中だったので取らなかったのを思いだした。

    「すみません。父から確かに、電話をもらってますが、取れなくて話をしてないんです。」

    「えー社長が、大丈夫って言うから、もうお店の前に着ているよ。」

    嘘でしょう。

    でも、電話を取らなかったので、こんなことになったのは、間違いないので仕方ないので返事をしました。

    「わかりました。岸さんすぐに、お店を開けますので、少しお待ちになってください。」

    「良かった。暑いから店の前で、座って待っとくよ。」

    家は、自宅兼店舗になっていて、家の座って待たれたら、迷惑なので慌ててお店を開けに行きました。

    「すみません。岸さんお店の中で、ちょっと待ってもらっていいですか。着替えてすぐに、ご案内致しますので」

    お店の中に、岸さんを案内して、私の中でこのオヤジになんでー父もメールぐらいすればいいのにと思いつつ

    お茶の出す準備をしていたら、鏡に写る岸さんが、私の方をジロジロ見ています。

    アッと思い私は、露出している服装だから、岸さんがジロジロ見ているんだと思いました。

    ちょっと大きめのタンクトップで慌てて出たので、短パンをはいてないので、超ミニスカート状態で、

    しかもノーブラなので、岸さんは、いやらしい目で、ジロジロ見ているのです。

    今は、前かがみになっているから、岸さんの目線から多分、パンティが見えて覗かれていると思います。

    恥ずかしくなり、鏡を見ると、タンクトップの胸元から胸が見えて乳首が、鏡に写し出されています。

    昨日の女子会での会話を思い出しました。

    友達の尚子が、この前おじさんとエッチをした時テクニックが凄くて、今までの中で、一番感じたことを

    言って事を思い出しました。

    しつこく舐められて、何回も逝かされて、気持ち良かった。

    頭によぎると、なんか変な気分になって、アソコが、熱くなって濡れているのが分かります。

    あんなに、気持ち悪かった岸さんに覗かれているのに、信じられないですが、もっと覗かれたい私がいました。

    お茶を出す時も胸を覗きやすいようにすると、岸さんの目線は、しっかりと胸元に向いています。

    ダメ〜覗かれているのに、感じている、しばらくエッチしてないから欲求不満なのかなー 

    「真理子さん、物件を見せてよ。」

    私は、物件の資料を岸さんに渡しました。

    「岸さん見ててください。すぐに着替えて出発の準備をしてきます。」

    「ちょっと説明してよー。おすすめの物件も紹介してよー。」

    岸さんに言われて、ソファに座りおすすめ物件を説明していると、岸さんの目線は、胸元と太股辺りを

    見ていて話は、うわのそらで、ワザと股を開いてパンティを見やすくすると、ギラギラした目で、見てきて

    目で犯されている感じです。

    岸さんが、こっち側暗いからと言って立ち上がって、私の横に座りました。

    何かされるのかと思いドキドキして、まさか、襲われるじゃないか?

    横に座った岸さんは、私の胸元を堂々と覗いています。

    「真理子さんのおっぱいは、エロいね。乳首も立っているけど、俺とエッチなこと考えているの」

    「え・・・違います。そんなこと考えていません。」

    私は、胸元を押さえました。

    「俺は、真理子さんのおっぱいを見てエッチなことを考えたよ。さっきは、パンティが見えて、ほらチンポが立って

    るよ。エッチなスケスケのパンティをはいてるね。赤でTバックを俺に見せつけて犯して欲しいのー」

    岸さんは、私の手を取って股間に持っていかされて触ると、ズボン越しに硬くなっているおちんちんがあります。

    ズボン越しですが、岸さんのおちんちんは、硬くて凄く大きいくて久しぶりに触ったせいか、アソコがジンシン

    します。

    「何をするんですか。エッチなことなんて・・・考えてありません。やめてください。」

    「ウソつくなよ。真理子さんの手が、俺のチンポを触っているのに、生チンポ触りたいんだろう。マンコも

    濡れているんだろ。触って欲しいだろう」

    岸さんの手が私の股間に伸びてきてパンティの上から刺激してきて、ズボンからおちんちんを出して私に握り

    させました。

    「イャ・・・あん・・ダメ〜〜そんなこと出来ません。あぁぁぁ〜アフンやめて〜〜〜ダメ〜中に入れないで〜〜〜」

    指が、パンティの横から侵入してきてオマンコの中に入ってきました。

    そして、岸さんの生おちんちんも握ってしまいました。

    「いやとか言ってけど、マンコは、ベチョベチョに濡れて洪水状態やんかー。真理子さんドスケベやー。犯して

    欲しいやな。俺のチンポどーや、しゃぶりてーかー。」

    こんなおじさんに屈辱されているのに、岸さんに言われた通りおちんちんを舐めたくて、そして犯されたいと

    思う私がいて、オマンコからベチョベチョと音が聞こえてくるのが、輪をかけて犯されたい気持ちが、高まって

    岸さんのおちんちんを手コキしました。

    「ダメ〜〜〜あぁぁぁ〜〜もう〜〜〜ダメ〜〜〜」

    岸さんが、タンクトップの上から乳首をいじり両肩から服を下げて生胸を揉まれたり舐められたりされて、気持ち

    よく岸さんにしがみつきました。

    「真理子さんもドスケベやな。ほら、チンポをしゃぶれー」

    私は、言われるままに、岸さんのおちんちんを口の中に入れ舐めました。

    「ジュポ・・・うぅふ〜ん・・・ジュパジュポ・・・あは〜ん・・・」

    あーーーもうーガマン出来ない。真理子を犯して犯して犯して〜岸さんのおちんちんが欲しいのーと叫びたい

    気持ちを押さえられない・・・

    「真理子さん、もうチンポが欲しいでしょう。犯されたいでしょう。正直に言ったら気持ちいいことしてあげるよ」

    もう、ガマン出来ない。

    「犯してください。」

    「誰を犯すのー」

    「わたしを犯してください。」

    焦らさないで、もう我慢出来ずに言いました。

    「そうか、真理子は、犯してほしいか、バックから犯してやるからケツを突き出せ」

    快楽に負けた私は、お尻を岸さんに向けました。

    あぁぁぁ〜岸さんのおちんちんが、私の中に入ってくる。

    いぃ・・・気持ちいい〜〜〜あぁぁぁ〜〜〜犯して〜もっと突いて〜〜〜私の最後の心抵抗だったのに、

    岸さんに突かれると、気持ちよく遂に、声に出てしまいました。

    「あん・あん・あんあん・・・いぃ〜いぃ気持ちいい〜〜〜」

    「真理子、気持ちいいかー他たっぷりと犯してやるからな。俺も気持ちいいど。」

    「気持ちいい〜〜もっともっと突いて〜〜〜真理子のオマンコを犯して犯して犯して〜〜〜」

    「アアー真理子のマンコ締まりいいー気持ちいいどーーー」

    「あぁぁぁ〜〜〜岸さん・・・もうダメ〜〜〜イクウ〜イクウ〜〜〜〜あぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

    「真理子―――俺もいくどーーーーーー」

    岸さんに中出しされました。

    私は、岸さんのおちんちんをフェラをしてお掃除しました。

    そのまま、お風呂場に行き二回戦をして犯されて、私の部屋に行き三回戦をして犯されてました。

    岸さんは、また連絡すると言って帰って行きました。


204  レナ - 2014/11/13(Thu) 09:25 No.26992
    昨日の夜 マンション入り口で、元彼が現れて
    強引に車に押し込まれて
    連れ出されて犯されました

    元彼とは毎日SEX漬けだったので別れたのですが

    服も下着も引き裂かれて写真も撮られて・・・・
    でも体は答えちゃってたわ


205  ゆうか - 2014/09/09(Tue) 15:24 No.26715
    24歳で恋愛結婚したのですが  3ヶ月離婚
    それからアパートで一人暮らししてます
    今は27歳、事務職です
    健康と体力つけるために去年から仕事が終わってからランニングを始めました
    8月も終わりのころ、いつものように8時ころから出かけました
    途中、史跡があり芝生の中でストレッチするのですが
    そのわき道にワゴン車が止まっていて
    車が揺れてるのです
    そっと覗くと 男性2人が女性とエッチしてるのです
    やだ〜〜 でも声が  女性の喘ぎ声が大きく聞こえてくるのです
    その場から逃げたかったけど、うずいてしまいしゃがみこんでしまいました
    中の男性に気づかれ、車の中に押し込まれました
    全裸の女性は寝てました
    その横でトレーニングウェアー剥ぎ取られ2人に抱きつかれ
    いじくられ入れられてしまいました
    口にペニス あそこにもペニス 激しく突き上げられて
    腰砕け・・・
    2人目も入ってきました
    感じちゃいけないのに感じてしまってた
    犯されたのに気持ち良いと思いました
    逝ってしまった??
    気がついたときには、芝生の上で全裸  ウェアーは体の上にほかられてたの
    まだ体は感じてた  けどウェアー着て帰りましたが
    シャワーしながらオナニーしちゃいました


206  ケイコ - 2014/11/12(Wed) 02:58 No.26985
    私のところに姉から電話がありました。
    姉は数年前の御主人を病気で亡くしており、今は成人した息子さんと同居しています。その息子さんは平日の午後4時まで仕事で帰って来ません。その間に、息子さんの友達が訪ねて来ては姉の体を要求してくると困っていました。
    毎週火曜日に来ると言う事を姉から聞いたので、次の火曜日に姉の家を訪れ、本人に言ってやろうと、その日を待ちました。
    そして火曜日の午後、1時を過ぎて姉の家に到着しました。
    玄関のベルを押しと姉が出て来ました。私は、まだ来てないと思い奥の部屋に進みました。すると、玄関の鍵が閉まる音が聞こえたのです。姉に「来てないの?」と聞くと「来てる!」と言うのです。すると、玄関近くの小部屋から男たち4人が出て来ました。私が来るのを姉から聞いていたのでしょう!
    男たちは私たちを見てニヤニヤしていました。
    私は男たちに「姉にしてる事をやめなさい!」と言ってやりました。
    男たちは何も言わず姉と私を布団の上に押し倒しました。
    「何する気?」私は怒って言いました。
    姉の私も両腕を捕まれてしまい、足をバタバタさせました。
    ジーンズとパンティを脱がされバタバタしていた両足に跨りズボンとパンツを下ろしました。
    男の肉棒が見えました。すでに勃起した状態です。
    労足を跨っていた男は私の足を広げオマ■ンコを舐め湿らせていたのです。
    私は足をバタバタさせて抵抗していました。
    姉も同じようにレイプさせそうです。
    舐められたせいかヌルヌルとした液体がオマ■ンコが流れ出したようです。男は、私の腰を持ち上げ、肉棒を押し込もうとしていました。「イヤダ!」と声を出していたと思います。
    しかし、男は私のオマ■ンコに挿入し体を重ねて来ました。
    唇を奪い、首筋や胸を舐め始めました。腰を振り始めると男の荒い息が聞こえ始めたのです。私は横を向き顔を見ないよにしました。しばらくして、男が「もう限界!出しちゃおうか?」と聞こえました。姉をレイプしてる男が「中に出しちゃえ!」と言いました。「そうだね! そうしよう!!」
    私をレイプしてる男は しばらくしてオマ■ンコの奥に流し込ませました。男は射精を終わらせると抜き取りティっシュでふき取り、私の両腕を押さえていた男と交代しました。
    2人の男に2回ずつレイプされたのです。
    私はグッタリして、そこに倒れてしまいました。
    男は帰る際にニヤニヤし、また遊ぼうな!と言うと姉の家を出て行きました。
    姉は妊娠しにくい体質でしたので心配はありません。
    私は生理日に生理が無いので心配になり検査薬を購入し検査したものの妊娠は認められませんでした。


207  酒井博文 - 2014/11/04(Tue) 22:00 No.26968
    今日は梅田悟くんの裁判が行われた。
    梅田悟くんに、どうか無罪判決になりますように。


208  早紀 - 2014/10/24(Fri) 23:09 No.26942
    ある夏の日の朝のことです。
    その日はいつもに比べ幾分涼しく爽やかな朝でしたが、朝から外で蝉が元気良く
    鳴いていました。
    洗濯をして洗濯籠を抱えて2階の物干し場に向かいつつ、まだ起きてこない
    息子の隆志を起こすために息子の部屋のドアを開けました。
    案の定、隆志はベッドの上に大の字になってまだ深い眠りにあるようでした。
    夜中暑かったのか、布団を跳ね除けてトランクスとTシャツのままです。
    「ホラ!隆志!もう朝よ!お父さん、もう会社に行ったわよ!
     夏休みだからっていつまでも寝てないの!」
    「う〜ん・・・。もう朝〜?」
    「そうよ、朝。起きて、ご飯食べてちょうだい。片付かないから。」
    「う〜ん・・・。」
    なかなか起きようとしない息子に、私は洗濯籠を下ろして息子の肩を揺さぶりました。
    「ほら〜、早く〜!起きなさいってば。」
    「う〜ん、分かったよ。もうちょっ・・・と・・・。」
    そういいながら、息子はもぞもぞし始めました。
    すると、その動きでトランクスの脇からポロンとオチンチンが転がるように出てきました。
    「あら。」
    ひさびさに見た息子のオチンチン。
    子供の時のツクシみたいな外見と違って、夫のと同じような大きさになってました。
    『この子も大きくなったわのね・・・。ふふふ。』
    息子の成長がちょっと嬉しくなってしまいました。
    むろん、夫の黒いシミのあるようなグロテスクな物じゃなく、先端がピンク色の初々しい
    感じです。
    しばらく見ていたのですが、つい、いたずらしたくなって出来心で「お・は・よ・う。」といいながら、
    先っぽの部分をツンツンと突付いてしまいました。プニッとした感触です。
    「わぁ!母さんっ!?」
    さすがに隆志は飛び起きました。
    「やっと、起きた。」
    「な、・・・どこ触ってんだよ〜。」
    「うん?隆志のオチンチン。パンツの脇からご挨拶してたからこちらも挨拶したの(笑)。」
    「え〜っ?」
    「ふふ、かわいいわね。」
    「かわいいいって・・・も〜、僕、もう大人だよ?」
    「ふふ、何いってんの。そんなんじゃ、まだまだコ・ド・モ。」
    「もう、大人だってば・・・なんなら大きくしてやろっか?」
    息子はむきになって変な事を言い出しました。
    「ば〜か。・・・お母さん、洗濯物干してくるから、ご飯早く食べてよね。」
    そういって、洗濯物を干して帰る途中、また息子の部屋の前を通ると、ドアが開き、
    息子が出てきました。
    「ほら、お母さん、どう?俺のチンチン。」
    「えっ?」
    見ると、下半身裸の息子が大きくなったオチンチンをこちらに突き出しました。
    「きゃーっ!ばか!何してんのっ!?早く、しまいなさい!」
    「どう、大人でしょ?」
    先ほど見たのとまるで違うスリコギみたいな物が息子の下半身にくっついてます。
    しかも先端は真っ赤にボコンと腫れ上がり、何か濡れてるかのようにツヤツヤしてました。
    「そ、そうねっ!分かったから早く・・・。」
    「さっき、お母さんが触るから興奮しちゃったんだよ。出さないと小さくなんないよ。」
    「そんな・・・。」
    「母さん、責任とって僕の出すとこ見ててよ。」
    「ば、ばかっ!何言ってるの!?」
    息子は私の言うことを無視してオチンチンを上下にゆっくりしごき始めました。
    手の動きに合わせて先端を包皮が包んだり出したりします。
    「ちょ・・・ちょっと・・・や、やめ・・・。」
    「お母さん・・・気持ち良いよ。なんか、お母さんに見られていると興奮するよ。」
    「そ・・・そんな・・・。」
    息子はオチンチンを大きく上下左右に揺らしたり、ときおり激しく擦っています。
    「あ・・・あ・・・そんなに擦っちゃ・・・。」
    もう、目の前の光景に圧倒されて、私は息子から、いえ、息子のオチンチンから
    目を離すことが出来なくなっていました。
    『ス、スゴイ・・・。あんなにビクビクしてる。』
    こんなこと止めなければならないのに、息子が本当に射精するのか、精液がもう
    出るのか、こんなこと他所の家でも普通なのか、もしこのまま出たら床が汚れちゃう
    なんて色んな事で、頭の中はすっかり混乱して止めることを忘れてました。
    自分の股間のあたりがムズムズしているのも感じます。
    そのうち、息子が「あ・・出そう・・・お母さん、出るよ。」と言い、激しく手を上下し始めました。
    「だ、だめ!こんなとこで・・・だめ・・・だめだったらっ!」
    「出るよ・・・出るよ・・・ちゃんと見ててね。・・・・あ・・・あ・・・あ〜〜〜〜っ!」
    すると、そういって小さく叫ぶとオチンチンの先端から勢い良く液を撒き散らしました。
    びゅーっ!という音がしたかと思うぐらいの鋭さで大きな放物線を描いて、フローリングの
    床にそれはパタタタッと音を立てて落ちてきました。
    「あ・・・あ・・・」
    目の前の床の上にドロドロした白い水溜りが次々にいくつも出来るのを見て、
    私はただ呆然とそこに立ちすくむことしか出来ませんでした。
    「あ〜、気持ちよかった。なんかすごいよかった。」
    「ば、ばかっ。お母さんにこんなの見せて・・・。何考えてるの!?
     もうっ!こんなに床も汚しちゃって。ちゃんと床掃除しといてよ!」
    「はいはい。・・・お母さん、どうだった?僕のチンチン?」
    息子がオチンチンを数回ゆっくりゴシゴシ擦ると、先端から残りがじわりと絞りだされました。
    「どうって・・・そ、そうね・・・大きくなったわね。」
    「大人のと比べてどう?」
    息子は私に見せびらかすように、下にひっぱり手を離すと、それはバチンッと
    大きな音を立てて下腹に張り付きました。
    「ええっ!?・・・お、大きいと思うわよ。ちゃんと・・・出たし・・・。。」
    「えへへ。そう?」
    「もう、お母さんにそんなこと聞かないの!!
     ・・・もう、そんなのいつまでも、ぶらんぶらんさせないでよっ。早くしまってっ!」
    「はいはい。・・・あれ、まだ小さくなんないや。ははは。」
    息子は、まだ大きく反り返ったオチンチンを上下に振ったり、真っ赤な先端を出したり
    引っ込めたりしました。
    「・・・。も、もうお母さん行くから・・・!」
    そういって、私はその場をそそくさと逃げ出しました。

    「はぁっ!はぁっ!はぁっ!」
    1階に下りた私は大きく数度深呼吸し、早鐘の様に鳴る心臓の鼓動を抑えるのに必死でした。
    『あの子・・・いつの間にあんな・・・。なんで・・・。』
    ひさびさに見た息子のオチンチンが大人のように反り返って白いドロドロした液を
    振り撒く光景を近くでまのあたりにし、私はすっかり正気を失ってました。
    やがて、動悸と呼吸がなんとか納まると、先ほどの光景を忘れるために掃除を始めることにしました。
    でも、掃除の間、息子の下半身が何度も頭をよぎり、そのたびに激しい後悔と胸の奥の
    何か分からない感情が私を苛みました。
    『隆志にどんな顔して会えば・・・。』
    そんな事を考えながらキッチンの床を雑巾で水ぶきしていると、息子が階段を下りてくる音が
    聞こえました。
    「もう、やっと下りてきた。早くご飯食べなさいね。」
    私は先ほどの事にはあえて触れずに、母親として精一杯振舞うことにしました。
    「うん。」
    息子はテーブルの上のご飯を食べはじめました。時折、こちらを伺っているような気配を
    感じましたが、なんか息子と恥ずかしくて目を合わせることが出来ません。
    やがて、私が雑巾をシンクで洗っていると、息子が近づいてきました。
    てっきり私の後ろにある冷蔵庫の飲み物でも取り出すのかと思い、少し前に出てあげると、
    突然後ろから抱き付いてきました。
    「きゃー!なになに!?」
    突然のことにびっくりして思わず声を上げてしまいました。
    すぐに息子は後ろから脇の下から伸びた手をおっぱいにかぶせ、激しく揉み始めたのです。
    「な、なになになに!?ちょ・・・やめて・・・こらっ!隆志!」
    「うひょー!母さんのおっぱい、おっきい・・・!すっごい、やわらけぇ〜。」
    「なに言って・・・。や、やめなさい!」
    身体をよじって逃げようとするのですが、後ろから息子にしっかり抱え込まれてしまい、動けません。
    それにその間も息子は息を荒くして、両手で上下左右に激しくおっぱいを揉むのです。
    しかも時折ブラ越しに先端の部分を擦るものですから、必死で抵抗するも、だんだん力が入らな
    くなってきてきました。
    すると、突然、お尻の間に何か硬いものがゴツンとあたりました。
    「あっ!」
    思わず変な声が出てしまいました。
    すると、それはスカート越しに私のアソコに何度も押し付けられました。
    『こ、これって・・・!ま、まさか・・・やあああああああっ!』
    「か、母さん・・・!」
    「いやあああぁ!こらっ、隆志!お母さんに何するの!こらっ!やめなさい!」
    すると息子は私のスカートをめくり上げ、片手をショーツの上から中に侵入させてきました。
    「ああっ!やめて!そんなとこ触らないで!」
    「わー、なんだ、お母さん、濡れてるじゃん。」
    「そ、そんなこと・・・。」
    すると息子は指で割れ目部分を上下に撫で始め、時折指でその合わせ目を刺激し始めました。
    「だ、だめぇ!そ、そこはぁ!」
    私だって女です。いくら息子とはいえ胸を激しく揉まれアソコをいじられれば、濡れてきてしまいます。
    息子の指の動きでいつしかそこはクチュクチュと卑猥な音を立て始めました。
    「あああ・・・ああああ・・・。」
    力なく息子に抵抗しつつもいつしか口からはそんな声が出ていました。
    大きく息を荒くしてシンクに突っ伏す私から、息子はショーツを足首まで下ろし、足を開かせました。
    「はぁ・・・はぁ・・・。・・・な、なに・・・?」
    そして硬くて熱い何かがゴリッと私の女陰に押し付けられた瞬間、ようやく自分が何をされるか
    悟ったのです。
    「ひ・・・!・・・だ、だめぇ!隆志!だめ!やめて!・・・お母さんなのよ!」
    「ここまで来て止めらんないよっ!
     か、母さんがいけないんだ!僕のオチンチンなんか触るから・・・っ!・・・い・・・入れるよ!」
    「ああ!・・・だめぇ〜・・・あ・・・あ〜〜〜!」
    大きくごつごつと硬い凶器が私の中をかき分けて入ってきました。
    「あ〜〜!はいったぁ。うわ、すっげ気持ちいい!なんだこれ!」
    「ば、ばかぁ!・・・な・・・なんてこと・・・あ・・・は、はやく抜いて・・・。」
    「こんなん止められないよ。母さん、すごい・・・!」
    「え、えぇ〜!?」
    息子は私のお尻を鷲掴みにし腰を振り始めました。
    「あああ!だめ、動かないでぇ!!あん!あん!あん!」
    息子が腰を押し付けるたびに勝手に声が出てしまいます。
    「すっげーやわらかいよ。腰もくびれてて・・・知らなかったよ、母さんがこんなにいい女だったなんて。」
    「何いって・・・。あ、あ、あん、あん・・・もう、や、止めてぇ!」
    息子が突き入れるたびにゴツンゴツンと奥に当たる感触が脳髄まで響いてきました。
    若いせいか息子は高速なピストン運動をガツガツと繰り返し、その度に内側の粘膜が激しく
    擦られ、どんどん気が遠くなっていきます。
    『は、早くやめさせないと、こんなことっ!・・・くぅ・・・でも、き、気持ちいい・・・。だ、だめ、溺れちゃ・・・!』
    母親としてのモラルと女としてのサガの間で翻弄されていました。
    「か、母さん、出るよ、出ちゃうよ!」
    「ば、ばか! な、中で出しちゃだめ!そ、外で・・・っ!」
    息子の精液を中で受ける・・・息子の子を妊娠・・・!想像しただけでぞっとしました。
    「う、あああ、で、出る!」
    暴走していた息子は最後の最後で理性が働いたのか、オチンチンを私の中からズルズルっと抜くと
    精液を私のお尻目掛けて噴き出しました。
    熱い物が勢いよくビシャ!ビシャ!と音を立てながら何度も私のお尻に出されるのが分かります。
    『はあぁ!さっきあんなに出したのにまだこんなにっ・・・!あ、熱い・・・っ!』
    その後、しばらく2人で荒い呼吸を繰り返していました。私は子じかのように足がガクガクして
    動けませんでしたが、やがてなんとか起き上がると、息子のほおをバシーンと平手打ちしました。
    「ばかっ!何考えてるのっ!じ、実の母親をレ、レイプするなんて!」
    息子はビンタをされても平然とそこに立っていました。
    「いやあ、なんか母さんに触られてオチンチン見られたらなんか興奮しちゃってさ。
     それに母さん、前からいい女だと思ってたし。実は前から何度かおかずにさせてもらってたんだよね。」
    「お、おかずって・・・あ、あなた何言って・・・母親に欲情するなんておかしいんじゃないの!?」
    「だって、母さん彼女より胸もおっきいしスタイルもいいし美人で色っぽいもん。当然だよ。
     こんないい女がウチの中にいるのに我慢なんて出来ないよ。僕、母さんなら何度でも出来るよ。ほら見てよ・・・。」
    「ば、ばか、何言って・・・。」
    そう言いながらつい息子の股間に目をやると、先端に白い液を滲ませたオチンチンがまたグググッと
    勃起し始めるのが見えました。
    「あ・・・す・・・すごい・・・隆志・・・なんでそんなに・・・。」
    「母さん、ね、いいだろ、もう1回。1度も2度も同じだよ。」
    「何いって・・・ま、待って!だ、だめ!」
    私の静止も聞かずにまたズブズブとオチンチンが私の中に帰ってきました。
    「ああああ〜!」
    「す、すげ〜!どろどろだよ。母さんの中。」
    「あ、あ、そんな・・・。」
    すぐに息子の腰はピチャンピチャンと音を立てながら動き始め、脇の下から伸びた手は
    おっぱいをあらん限りの力で縦横無尽に揉みしだきました。
    「い、痛い!そんなに激しく揉まないで!」
    「だって、こんな柔らかくて・・・すっごい・・・たまんないよ。」
    そういうと今度は息子の両手が乳首をつまんでひっぱりました。
    「コリコリだね。母さん、気持ちいい?」
    「ば、ばか!」
    そうは言うものの、乳首を攻められ、自分でも興奮しているのが分かります。
    「あ、やべ、もう出そう!」
    「は、早く抜いて!」
    「あ・・・あ・・・ね、中に出していい?」
    「ばか!駄目に決まってるでしょっ!抜きなさい!」
    「ちぇ〜。」
    そういって、息子のオチンチンが内側を擦りながら出始めたのですが、ホッとしたのもつかの間、
    「・・・って、うっそー。」
    ズドンと奥までまた入っってきました。
    「!!!」
    そして、すぐに身体の奥に熱いびゅるびゅるっという感触が響きました。
    「・・・・あ・・・あ、なんてこと・・・。」
    「うおお、気持ちいい〜!中で絞られる〜!」
    とうとう、息子とキンシンソウカンしてしまったのです。あまりの酷い現実に涙が浮かんできました。
    「ばか!何したか分かってるの!」
    「いいじゃんか、こんなのきっと皆してるよ。」
    「そ、そんなわけ・・・してるわけないでしょ!あ・・・、ま、また!」
    「だって、こんな気持ちいい事止められないよ。」
    「あああ〜!」
    そういって、それから半日キッチンの床で息子にあらゆる体位で犯され続けました。
    全身を舐められ、オチンチンを咥えさせられ、精液も何度も飲まされました。
    気がつくと全身精液まみれになり、息子とキッチンの床で横たわり荒い息を吐いていました。


209  匿名 - 2014/10/30(Thu) 06:29 No.26955
    離婚して二年、40歳で娘が一人いて私が育ててます
    10月26日の夜居酒屋の仕事を終えほんの少し歩いたところ、駐車場に止まっていた黒い大きなワンボックスの開いてた中から二人の男が突然飛び出してきて私は口を押えられ中に引きずり込まれました

    いきなり一人に頬をビンタされ(婆ーー 静かにしろよ 静かにしてたら怪我にならないから 少し我慢してろ 分かったか?)一括され恐怖のあまり震えて声が出なくなってしまいました 二人が私に何をしようとしてるかわかっていましたがとにかく怖くて抵抗など全くできなかった

    二十歳代の二人でこの辺では見た顔ではなかった、いきなり私のスカートと下着は脱がされ私の口の中にそのパンツが押し込まれ腕と肩をもう一人が押えていて身動き一つできない状態にした後(ベッー)と音がして私のその部分に唾を塗り付け 両足を持ち上げいきなり挿入されました

    痛さで口の中のパンツに邪魔されながらも悲鳴を上げてた、その男が私の中に出すのに時間はかからなかった一分くらいだと感じた、私は一人が終わった時点で完全に観念して、次の男も早く終わるのを信じてじっとしてたら入れ替わり男が多いかぶさっれきてタオルで一旦汚れをぬぐった後中に入ってきて激しく体を動かしてきた

    最初の男は私の顔にまだヌルットしたものをこすり付けて(おいこれなめろ 噛むんじゃないぞ 噛んだりしたらあごの骨砕けるからな おい)口の中のパンツを取り去り押し込んできました、気持ち悪くて臭くても 怖さが頭よぎり男の言うままにしましたそしてもう一人の男が少し唸り声を発して私の中に出してきたと同時に口の中に何とも言えない違和感と吐き気が私を襲いました、男が口の中に出してきたんです

    私は息苦しさも手伝い男を払いのけその場に嘔吐していました
    二人は私をもてあそんだあと下半身何もつけてない私を車から放り出すとズボンを<ポン>と放り投げて急発進して逃げていきました、もちろん車のナンバーなど目隠しがしてあってわかりませんでした

    あの連中は本当に鬼畜以下 畜生です (怒り)


210  みち子 - 2014/11/01(Sat) 15:37 No.26963
    バツ1になって10年
    40歳になってしまいました
    職場は男性もいますが、みんな既婚者
    飲みに誘われたりしますが、社内で不倫はできません
    新しい出会いを探して、出会い系に登録しました
    最終的に3人とメール交換して
    最後は1人に絞りました
    2ヶ月ほど、とうとう会うことになり
    ランチデート
    ちょっとドキドキしてたし、将来のことも期待してました
    だからランチしてから、彼の部屋に行くことになったとき
    2人だけだけど、いきなりは無いとおもってたの
    マンションの玄関まで来ると
    表札の名前が違ってました
    ねえ〜 名前違うよと言うと
    ドアを開けて、押し込まれました
    中にもう一人?
    え!なに?なんなの?
    後ろから押されて前からは引っ張られて
    ベットの上に
    脅し文句みたいの言いながら
    好きできたんだろ、やりたいんだろ
    ワンピースを引き裂かれ、あっという間に裸にされました
    2人に、羽交い絞めされながら愛撫をされ続け
    感じてはいけないのに、勝手に体は反応するのです
    濡れてるじゃ〜  やっぱり、やりたいんだろ
    男達も裸になりました
    いきり立たせた肉棒が2本
    10年ほどエッチ無しの私
    今から犯されるのに、そんなこと思う前に
    凄い肉棒に見入ってしまってました
    2人にされるまま、口もあそこにも突っ込まれて
    大きな声をあげるしまつです
    中だけは辞めて〜  必死にお願いしました
    顔も口周りのザーメンだらけになり
    私は意識朦朧となり、気を失いました
    かすかに意識が戻ったときは
    私の車の中でぶかぶかなTシャツ1枚着せられていました


211  岸田裕子 - 2014/10/25(Sat) 22:15 No.26949
    誕生日は5月11日
    住まいは鳥取県内
    職業は教師
    好きなものはエロ本(及びAV)、フェラチオ、卑猥なお話、セクシーな下着、高級ブランド品…etc.

    岸田裕子の一言…
    わたしの名前は岸田裕子です。
    2012年秋頃から『るんるん』という風俗店で週に一度のペースでバイトをしています。
    お客さんのチンポをフェラしています。
    そのバイトをがんばっています。


212  岸田裕子 - 2014/10/25(Sat) 21:58 No.26948
    誕生日は5月11日
    職業は教師
    好きなものはエロ本(及びAV)、フェラチオ、卑猥なお話、セクシーな下着、高級ブランド品…etc.

    岸田裕子から一言…
    わたしの名前は岸田裕子です。
    2012年秋頃から『るんるん』という風俗店で、週に一度のペースでバイトをしています。
    お客さんのチンポをフェラしています。
    そのバイトをがんばっています。


213  私は@レイプされました。 - 2014/10/25(Sat) 13:14 No.26945
    SMに憧れて(?)、そういうチャットを毎日していました。
    そこである人と仲良くなり、メール交換して電話でも話すようになって、
    とうとう会うことになりました。もちろん調教されるっていう約束で。
    待ち合わせの場所にきた人は、事前に見せてもらっていた写真の人で、
    自分の父よりも年上だったんですが、スラっとしていて格好いい人でした。
    キミはまだ子供だからホテルには入れないよね、といわれ、そのままその人の自宅に。
    かなり大きな家で、地下室みたいなところに案内されたのですが、
    そこにはその人以外にも5人の男の人がいました。全員とさせられました。
    写真も撮られました。入れられている状態で、笑顔で、ピースサインをさせられて。
    その後、男性嫌いにはならなかったのですが、
    SMというかアブノーマルな行為が一切ダメなまま十数年たった今、
    お付き合いしはじめた彼に「自分はSだから酷いことをしたい」と告白され、
    フラッシュバックでもしたのか頭が真っ白になったのですが、
    私の答えは「はい」だったそうです。私は覚えていないのですが、
    半分泣きそうで、半分笑顔で、彼としてはその表情にものすごく興奮したそうです。
    この話を彼に(別れ話になるのを覚悟のうえで)話したら、
    どんなことをされたのかを詳しく言えといわれました。それよりも酷いことをしたいみたいです。
    今日の夜に彼と会って話をしてきます。


214  酒井貴子 - 2014/10/24(Fri) 19:24 No.26941
    わたしは今日の昼頃、SEXしました。
    場所はまたわたしの自宅でしました。
    相手は昨日と同じ山口組の暴力団員で、年代は50代前後です。
    SEXについてはフェラチオをしました。
    また胸をもまれたり、バックでせめられました。
    今日はゴムをつけてもらって、アソコの中に入れられました。
    SEXは何回やっても気持ちいいです。


215  酒井貴子 - 2014/10/23(Thu) 21:53 No.26938
    わたしの名前は酒井貴子です。

    わたしは今日の昼頃、男の人とSEXしました。
    場所はわたしの自宅(上記に記載されてある住所)で、SEXをしました。
    男の人は山口組の暴力団員で、年代は50代前後です。
    SEXについては、フェラチオをしました。
    わたしは男の人に胸をもまれたり、バックでせめられたり、アレをわたしのおマンコの中に入れられました。もちろん生で、中出しもされました。
    とても気持ちよかったです。
    また男の人とSEXがやりたいです。


216  果歩 - 2014/10/13(Mon) 00:12 No.26927
    多分下の階の会社の人です。
    夜7時ぐらいでした。
    共同給湯室にいたら後ろから口を抑えられました。
    スカートの中に手を入れられて触られると「あん」と思いしゃがんでしまいました。
    無理やり脚を開かされて男の人の脚を絡められて閉じられなくて
    スカートがまくれて恥ずかしくて「やだ」と思ったけど
    パンスト越しに股間を揉まれてて
    力が入らないし、意思とちがくて勝手に動いちゃうしでどうにもならなくて
    仕方なくやっと「人が来ちゃう」としか言えなくて。
    そしたら階段の踊り場まで連れて行かれました。その時間給湯室前の階段は人が全然いません。
    それでブラウスの前を開けられてショーツとパンストも下ろされてしまいました。


217  美智子 - 2014/10/14(Tue) 15:30 No.26934
    今では凄く興奮してしまい、凄く気持ち良かった思い出です。
    もう、5年前、当時私は35歳で夫が38歳
    夫の実家住まいでした。
    新しく転勤してきた人の歓迎会で、夫は飲みに行く事
    聞いてたので、迎えにいくことになっていました
    夜も11時ころ、電話があり、街の宴会場まで迎えにいきました
    夫は歩けない状態で、凄く酔っていました
    同僚の人に抱えられながら、何とか助手席に
    家まで30分くらいですが
    途中にトイレが我慢できなくなり、困ってました
    何所か???
    あ!  お茶畑の道路沿いに公衆トイレがあるのを思い出し
    向かいました
    駐車場に1台車が止まってましたが、きっとこの時間だから
    カップルと思い、慌ててトイレに駆け込み
    何とか用を済ませて出たときです
    男性が2人目の前に立ってました
    「奥さん 良いおしっこの音だったよ」
    「どいてください」
    払いのけようとその場を去ろうとしましたが
    手を掴まれて、トイレの中に押し込まれてしまいました
    「何をするの?」
    「俺たちと楽しもうよ」
    「辞めて!辞めてください」
    後ろから羽交い絞めされ、前の人が服を剥ぎ取ろうとしました
    「辞めてください」
    ビリ!! 服が破ける音
    あ! 服を破かれた状態では家に帰れない
    「乱暴にしないで」
    お願いしました
    仕方がないけど、2人にされちゃうと覚悟を決めて
    乱暴だけはしないでくださいと、お願いしました
    服は少しだけ破けてだけでした
    服とブラは脱がされ、上半身裸にすると
    乳房を後ろの人がわしつかみ
    前の人はスカートを捲くり、ショーツの中に手を入れてきて
    指を入れてきて、かき回してきました
    「奥さん濡れてるよ」
    ショーツを片足だけ外されて
    足を持ち上げられて挿入されました
    下から突き上げてきます
    感じてはいけないと思ってたけど、感じてしまい
    男性の肩に手を回して抱きついてました
    「中だけは辞めて〜」
    必死にお願いしました
    一人目は、言うことを聞いてくれて
    腰砕けになった私の口に入れて来ました
    便器に座らされ、もう一人が後ろに回り
    腰を浮かして挿入されました
    下から突き上げて、下と口にペニス
    胸も揉まれて  凄く興奮しちゃって・・・
    気持ちよすぎです
    逝く〜逝っちゃう〜〜
    意識が朦朧としました
    男性は良かったぜ
    立ち去っていきました

    このとき私が締めたみたい?
    ふらふらしながら車に戻り
    運転中に垂れ流れてきて
    家に帰るなりすぐシャワーで洗い流しました


218  ななこ - 2014/09/27(Sat) 23:11 No.26839
    消えたようなのでこちらに。
    私の情報はみれましたか?


219  弥生 - 2014/10/12(Sun) 17:54 No.26926
    友達と海水浴に行きました。
    「バーカ」ナンパされたけど無視。
    海水浴場は混んでいたけど、
    チョット離れた岩場は、すいていました。
    浮き輪に捕まりながら浮いていると、
    先ほど、ナンパしてきた男性が寄ってきました。
    私ビキニに、上は日焼けように薄 いTシャツ着てたんです。
    シュノーケルを付けた男性が潜って、
    後から、水着を下げてきたんです。
    慌てて足をばたつかせたのですが、
    お尻が半分以上出てしまいました。
    足が付かないので、どうにもならなくて
    そうしていると後から男性が近づいて来たんです。
    彼も海パンを下げているんです。
    「ちょっと、やめてよ」
    彼のものがお尻に当たるのがわかりました。
    そのあとは・・・


220  あや - 2014/10/10(Fri) 11:44 No.26921
    出逢い-交際応援サークル!

    大人の男女の秘密のパートナー探しを応援する会

    お互いに秘密が守れれば... 思いっきり楽しめる。

    熟年の男女もご連絡下さい!!

    ○九○ 六三一二 六一四八


221  ゆかり - 2014/10/10(Fri) 09:43 No.26920
    スポーツジムに、10年以上通ってます
    ほとんどが夜7時過ぎころから行くのです
    3年ほど前、男性から声をかけられて、話すようになり
    メル交換
    食事や遊びに行く仲になり、とうとうホテル
    体の関係になってからは、ジムの駐車場で待ち合わせしては
    ホテルでエッチ
    でも、そのことを日記につけてたのを夫にばれて
    ジムは行けなくなり、拘束される生活でした
    3年経ったころ
    今年の夏、お昼過ぎに買い物に行き、車から降りたとき
    不倫相手の彼が現れて、強引に車に乗せられました
    車は走り、人気のない場所
    私の感じる場所を狙っては、服を剥ぎ取り
    挿入されてしまい
    感じてはいけない、また夫にばれたらと思う恐怖の中
    半全裸状態で 犯されてしまいました
    でも、久々のSEXで気持ち良かったのも事実です
    また狙われるかも知れません


222  可憐 - 2011/06/25(Sat) 23:02 No.16991
    私には一つ上のお兄ちゃんがいます
    お兄ちゃんはかっこよくて自慢のお兄ちゃんで大好きでした。。。でもそれが隙でつかれるとはおもっていませんでした
    ある日の夜は親が出張でいませんでした
    私は期末テストの試験が控えているのでその日も勉強していたのです
    そこにお兄ちゃんがやってきたのです
    「可憐、勉強するのはいいけど体にわるいぞ?」
    と、心配してくれていました
    「ありがと。でももうちょっとだから」

    「そうか。じゃあこれ胸元にぬっておきな。咳とかでないように」
    といわれわたされたクリーム。一応ぬっておいたのです。それがバカでした。
    「ん、お兄ちゃんなんでここいるの」
    心配だしいるよといってくれたんです!!!
    そして数分後眠気とともになぜか体があつくなり、腰を動かしたりモゾモゾするようになってきたんです。そのとき笑い声が、、、
    「可憐どうした」
    息もあらくて「おにい ちゃ。。。。。」とだすのがやっとでした。わたしはねむけもあったせいかもうベッドにいこうとおもい精一杯うごきましたがひざがガクガクしてたおれました。しかもめのまえにおにいちゃんが。。。「可憐かわいいなぁ。どうしたつかれてるのか」
    「うん。。そうみたい。。。。」
    そのときいやらしいこえをもらしてしまいました自分でもしんじられないくらいいあらしくて 「アッ」そのときおにいちゃんがキスしてきました舌をからませ、長いキス
    そっちも我慢できずだしてしまいました
    「可憐、お前初めてだろおれがやってあげるよ」
    と、またキス。しかも激しく舌がうごいていて。。。
    お兄ちゃんがそのちょくご私をはだかにしました
    「ダメッ。。。うぅんやぁ。。。」
    お兄ちゃんは胸をもんできました。わたしはさわられると感じてしまうので声がもれそうになりました
    そして耳元でささやきました 「気持ちいいだろ可憐。」
    そういいながら下の。。。私のあそこをいじってきました。
    「もうビチョビチョだよ」「お兄ちゃん許して。。。やめてぇぇぇっ」
    そしてお兄ちゃんはあそこにかおをちかずけて舌でなめてきました。膣からクリトリスへと、、そしていままで感じたことのない快感と恥ずかしさにわたしは「はぅぅうん!やめてぇ。。。。ヒッ、、アッアッ許しておねが。。い。。。しま。。す。。。アァァァァッ」
    言っている間わたしはいってしまいました「いっちゃったね。もうおさえきれないや、いれるよ?」わたしはそれをきいたときそれだけはイヤとおもい、、「イヤ、、、イヤァヤメテェ」お兄ちゃんはきかずにもうじゅんびができてましたおっきくなっててこんなのはいるわけない。。。と思ったのです。「待ってまってよぉ。。。ハゥゥ、、、ヒクッ」
    そんなのおかまいなしにあてがいました
    そしてズブリと、、、その瞬間ものすごい激痛におそわれたのです「ッ!アァァ痛い痛いぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!」
    「めっちゃ締まるよ可憐いいよ」
    そしてガンガン腰を動かしはじめたのですそして痛みから快感へと
    「可憐いってもいいか?いきそうだよなかにだすよ」
    「それだけは、、、イヤァァ!!!!!お兄ちゃんヤメテェェェッ」
    そしてそれもききいれず射精してなかにドクドクといれてきました
    それだけはいやだったのに。。。。
    「お兄ちゃんのバカァ。。。酷いよぉ。。。ウッウッ。。」 そして優しく優しくキスをしてきました
    あれから何時間かたったのかわかりませんが長い夜でした

    いまもわすれられない悲劇ですが私はお兄ちゃんがいまも大好きです
    ただ
    おそわれないようにしようとおもいます


223  真澄 - 2014/09/16(Tue) 20:58 No.26737
     犯されて・・・何度もむりやり逝かされて・・・許しを乞いながら威きり勃つペニスをしゃぶらされ・・・
     そんなことを妄想して毎晩オナニーをしています。
     誰か私を妄想レイプしてください。
     32才の人妻です。


224  美咲 - 2014/09/30(Tue) 20:55 No.26876
    今年の3月に高校を卒業してアルバイト生活をしてます。
    6月の出来事。
    1人で海沿いの道をドライブしてたら砂浜を歩きたい気分になって、車を止めて砂浜を歩きました。
    車に戻る途中、2人組の男に声をかけられ、「1人?暇?遊ばない?」と言われて無視して男の前を通ろうとしたら、腕を掴まれてワゴン車?の中にムリヤリ入れられました。
    運転席の後ろは、イスがなく布団が敷いてあるだけ。
    そこで犯され処女を失いました。


225  あい - 2014/09/29(Mon) 22:35 No.26869
    大学1年の時にパチンコ店でバイトしていた時です。
    バイト休みの夜、友人と遊んだ帰りに常連客の2人に出会いました。
    2人は酔っていて、お前の店にいくらつぎ込んだとか、からんできました。
    私は、ただのバイトだし、と適当にあしらって帰ろうとした時、2人に建物と建物の間に引きずり込まれ、レイプされました。
    1人が私の口や腕を押さえつけ、もう1人が私の中を交互に犯しました。
    私が放心状態で無抵抗なのをいいことに、何度も何度も繰り返し犯し、口も私の中も精液で汚されました。


226  匿名 - 2014/09/30(Tue) 10:07 No.26871
    中学の時、学校の帰りに男に道を聞かれて、車に乗ったら畑の中をゆっくり走って…
    車の中では「彼氏いるの?キスしたことある?セックスしたことある?」質問攻めで怖くなると、車は周りに何もない倉庫に着きました。


227  るる - 2011/12/19(Mon) 00:06 No.17970
    4年前の話です。
    ほんとのレイプじゃないかも。
    私はいつも高1のお兄ちゃんのAVをコッソリ見てた。その中にレイプのがあって、それが頭から離れなくなった。
    なぜか「私もレイプされてみたい」って思った。
    エッチもまだだったけど、レイプされて処女をなくしたいって思っちゃって。ケータイでレイプサイトとかも見るようになった。
    そしてある掲示板を見つけて、そこには「〇〇を何人でマワした」とかがいっぱい書いてあったから、「私をレイプして下さい」って書き込んでみた。
    でも誰も反応してくれなくて、私は「こいつをレイプしてほしい」って他人のフリしながら書き込んでみたらすぐに何件か入ってきた。
    それで「こいつは〇〇中学の2年で山〇絵里奈」って自分の事を教えた。そしたら近くにいる人が3人いて、アド教えてメールで話を進めていった。
    3人に私の顔と制服の写メ送って、いちばん大人数でやるって言った人に決めた。
    その人は7人か8人くらいでやるって言ってた。
    場所、時間を聞かれたから「部活の帰りだから6時半くらいで、いつも近道に使ってる壊れて誰もいない神社」って指定した。
    「マジでレイプしたことわかるように、写メとかムービー撮りまくって私に送って」と要求した。


228  加奈代 - 2013/11/07(Thu) 00:51 No.24691
     私は中学2年の時、強姦されました。ナイフで脅されて車に乗せられ山奥で全裸にされて、前も後ろも犯されました。私の持ち物や衣服は全て持ち去られ、全裸で縛られて口には猿轡をされて山の中に置き去りにされました。日が暮れて真っ暗な山の中で、犯されて出血している前と後ろの痛みと怖さと寒さで震え死ぬことを覚悟してすすり泣き続けました。そんな時車のライトが見え、男が戻ってきました。男は地面に転がっている私の縄を解いてくれましたが、助けてくれるためではなく取りに行ったカメラで私を撮影するためでした。
    血が流れている割れ目や縛られて痣になった胸を撮られた後、今度は縛られませんでしたが、また全裸のまま真っ暗な山の中に置き去られました。裸足で歩こうとしましたが方向も分からず座り込んでしまいました。
     寒さと空腹で身体がこわばり、草の上に寝転ぶと気を失ってしまいました。
     気がつくと車に乗せられていました。男がまた戻ってきて
    乗せてくれたのです。
     男は私に「助かったと思うなよ。顔を見られたからには殺すからな。」と言いました。私は少し頭がおかしくなっていたのでしょう。「うん、殺していいよ。仕方ないもん。」と答えたそうです。その夜はモーテルに泊まり何度か犯されましたが、その後に風呂に入れられ身体を洗い、髪をとかしてバスローブを着てベッドに座ると、本当に「もう死んでもいいな。」と思いました。自分から男に「もう殺していいよ。」と言って首を絞めやすいように後ろを向きました。
    私の首にバスローブの紐が巻かれました。私は怖さも感じず自宅のベッドで寝る前のような気持ちでした。
    結局男は私を殺しませんでした。朝にもう一度犯され、「警察に言えば、写真がばらまかれるぞ」と脅し文句を聞かされ
    町の中で解放されました。
    親や警察から色々聞かれ、病院に連れて行かれ、言うつもりはなかったのですが、結局男の事や何があったかを全て話してしまいました。
    男はすぐ捕まり、裁判で懲役12年の判決を受けました。
    私は世間から色々と噂され、両親とも死に別れ、孤独の中でつらい死にそうな日々を送りました。
    事件の9年後、仮釈放で社会に戻った男に偶然出会い、私から声を掛けました。
    今、男は私の優しい夫です。私が悲しさつらさで死にたいときは、現実の苦しみを忘れられるように、昔のように扱ってくれます。
     私は普通の方とは精神的構造が少し違うようです。


229  今は主婦 - 2014/09/27(Sat) 23:52 No.26844
    台風の夜にレイプされました。
    中3の時、処女でした。


230  真美 - 2014/09/25(Thu) 18:01 No.26810
    先月、大学の先輩に犯されました。
    その1ヶ月前からバイト先の彼氏と付き合い始めたばかりで、処女は彼氏にあげるつもりだったのに。
    飲み会で酔わされて記憶が途切れ途切れで気がついたら先輩のマンションのベッドの上。
    3人の先輩がいて、そのうちの1人の先輩に。
    あとの2人は私たちを見て笑ってた。
    ベッドの上で気がついたとき、先輩が「約束通り処女をもらうよ」とパンツ一枚でベッドに上がってきて。
    アルコールで頭がボーッで体に力が入らなかったけど、なんとか座って「意味が解らない」って言ったら「ここまで来る間に約束しただろ」と言われた。
    全然そんなこと言った覚えがないから「そんな約束してません」って言ったら、先輩が怖い顔で「ガキみたいなこと言ってんじゃねー」って。
    先輩が私の隣に座って肩を抱かれて。いきなり胸を揉まれて。
    「脱げよ」って言われて無理矢理シャツを脱がされてブラも取られて、倒されたと思ったら一気にスカート脱がされて。
    パンツを脱がされそうになったから必死でパンツを掴んだけど脱がされた。
    アルコールのせいで体の自由がきかない感じだった。
    身体中を触られたり舐められたり。
    先輩はパンツを脱いで両足の間に体が来て。
    「やめて。ムリです。」って言ったら「入れるぞ」と言われてアレを入れられた。
    痛くて泣き叫んだ。
    横には2人の先輩が飲みながらケラケラ笑ってた。
    先輩に入れられてる間「痛い!!」しか言えなかった。
    永遠に中をアレでガンガン突かれている気がした。
    そのうち先輩は「イキそう」と言って、中に出されて終わった。


231  40代主婦 - 2014/09/26(Fri) 10:35 No.26814
    去年の今頃、スーパーで買い物をして立体駐車場に止めた車に乗ると助手席に男が乗ってきて、ナイフを見せられてラブホテルに行かされました。
    乱暴に裸にされてベッドで胸やアソコを触られ舐められているうちに、嫌なのに体が感じてしまい、逃げようとしましたが強引にペニスを入れられてしまい、涙が溢れだしてしまいました。
    大きなペニスで私の中の行き止まりを激しく突かれ、やがて情けないことに快感に負けてしまい、恥ずかしいくらい喘ぎ声を出して乱れてしまい、気が遠くなる程イカされました。

    あれほど激しくイカされたのは生まれて初めてでした。

    ナイフを見せられた恐怖とイカされた快感が忘れられません。


232  人妻 - 2014/09/24(Wed) 14:16 No.26798
    私は、25歳の人妻です。

    共働きで、医療事務をしています。

    2ヶ月前ぐらいから通勤中に、痴漢に遭っています。

    初めころは、1人からスカートの上からお尻を触られるぐらいで、たまに、痴漢に遭っていたのであまり気に

    していませんでした。

    今回の痴漢は、今までとは違って毎日の様に通勤中のバスと電車の中で触ってきました。

    1人だった痴漢も段階と増えて今では、4人か5人ぐらいに囲まれて痴漢に遭っています。

    痴漢もエスカレートしていて、複数の手で、ブラやパンティをずらされて胸とオマンコを直接触られて

    主人がEDなので、半年近くエッチをしてなく痴漢されるといやな気持ちから快感に変わってきている私がいます。

    バスと電車の中で行きも帰りも痴漢されるのが、気持ち良くなり感じています。

    家に帰ると、主人の目を盗んで、痴漢された事を思い出してオナニーをしています。

    複数の男の人に痴漢されて、もっと痴漢されたくて服も痴漢されやすい服を着る様になりました。

    ストッキングは、はかなくなって、スカートもミニスカートを着てパンティは、Tバックをはく様になりました。

    露出が高い服なので、痴漢する男の人達は、私の体をいやらしい手つきで、痴漢してきます。

    先日、主人がパチンコで勝って居酒屋に行って、酔っ払って友達に送ってもらい帰って来ました。

    主人の友達は、見覚えがある感じで、田中さんと佐竹さんと名乗りました。

    2人の友達に、主人を2階の寝室に運んでもらいました。

    私は、部屋着でいましたが、寝る前なのでノーブラで少し長めTシャツを着ていました。

    Tシャツは、白色で結構薄い生地なので乳首も透けて見えて、2階に案内するときに、下から来た2人にパンティを

    覗かれているのが分かります。

    特に今日は、赤色のスケスケレース地のTバッグなので、覗かれてると思うと、恥ずかしい気持ちと、もっと見て

    欲しい気持ちが、重なってオマンコが熱くなって乳首が立ってTシャツから突起しているのが分かります。

    主人を寝かせて、下に行き2人にお茶を出しました。

    2人の視線を感じて私のオマンコは、熱く濡れているのが分かります。

    そのとき、田中さんからびっくりすることを言われました。

    田中さん「奥さん、エッチ格好で誘ってるの」

    私「いえ、誘ってなんか・・・寝る前なので・・・」

    田中さん「通勤中に痴漢されてる奥さんもエロいけど、今日の奥さんもエロい」

    私は、なぜ知っているのか思いおそろおそろ聞いてみました。

    私「痴漢されていませんけど、なんでそんな事を言うのですか」

    佐竹さん「奥さん、最近痴漢されているでしょう。 あれ、俺らが痴漢しているんだぜー」

    田中さん「痴漢されたくて服装も薄着で生足でTバッグ着て痴漢してくださいと言ってるじゃねーかー」

    私「・・・違います。」

    佐竹さん「よく言うーぜ。 マンコをビチョビチョに濡らして俺らのチンポを手コキしてくれたじゃねーかー」

    田中さん「奥さんの感じてる顔がたまんねなかったよ。 今も乳首立てて、もうマンコも濡れているでしょう」

    私「濡れてなんかありません。」

    田中さん「なら、旦那にこの写真を見せてやろーか?」

    田中さんがスマートホンを出して、私がブラウスのボタンを外されてブラをずらされて胸を揉まれている写真と

    おちんちんを触っている写真を見せてきました。

    私「困ります。・・・主人には、・・・お願いします。 見せないでください。」

    田中さん「そうですか、奥さんがそう言うなら見せないですよ。 その代わり今から痴漢プレーをしましょう」

    私「・・・主人に内緒にしていただけるなら・・・」

    私は、本当は2人の男達に痴漢されたくなっていて、主人が起きて来ないか心配でした。

    田中さんと佐竹さんは、そんなこと構い無しに、普段より大胆に痴漢してきました。

    でも、痴漢っていうより襲われている感じで、Tシャツとパンティは、すぐに脱がされて、胸を舐められたり

    揉まれたり、オマンコは舌と指で犯されています。

    田中さん「奥さん気持ちいいか そろそろ俺のチンポをしゃぶってくれよー」

    私「はぃ〜うぅ〜ハァ〜ジュパ〜ジュパ〜あはぁ〜ふ〜ハァ〜」

    佐竹さん「俺のチンポも咥えてくれよー」

    私は、佐竹さんのおちんちんも舐めてました。

    田中さんは、オマンコにおちんちんを入れてきました。

    気持ちよくて何度も何度も犯され逝かされました。

    今は、田中さんと佐竹さんの玩具になっています。


233  ケイイチ - 2014/09/21(Sun) 22:10 No.26778
    福山市在住、「失楽園」のごとく濡れませんか〜?


234  れな - 2014/09/16(Tue) 20:42 No.26736
    この前かなり酔ってかなり終電に乗ったら、痴漢されたんです。

    私の友達はみんなTだから私もいつもT履いてるだけなんだけど、ちかんされたくてTなの?とか囁かれて、三人くらいの酒臭い男たちにクリとか擦られて、穴の辺りに指をグリグリされ、私もかなり泥酔してたからいつの間にか痴漢の肩に寄りかかってて、

    「すげーぐっちょりだよ!手まんしていいよね?」

    とか言われ、黙って痴漢にもたれかかってたら、されたいと勘違いされて、

    「されたかったんだ?なんなら、ちんちんもいる?」

    といわれ、ずらされたTの脇から指で直に入り口をぐちょぐちょとされて、


    「すげーーー!!指が根元までつるんっと吸い込まれたよ??」

    「おまんこ、俺の指にレイプされてるね、こんなによだれたらして、もしかして、ちんこがいいの?」

    一人にクリを擦られ、別なやつに膣の奥まで指を押し入れられた。

    「次で俺らおりっから、ホテルでいかせてあげるよ」

    イク寸前で止められて、そんなことを言われて、強引に手を引かれたけど酔って倒れるふりして私は降りなかった。


    けど、あそこが熱くてたまらなかった。

    あのまま、電車内で挿入されてたら、知らない男のモノでもいってたかもしれないけど、ガチレイプは怖すぎるので、痴漢くらいがちょうど良かった。

    誰か、最後まで痴漢でいかせてくれないかな、、、と思って、酔ってたのもあって、降りた最寄り駅の近くの公園のベンチでわざとつぶれて寝てみた。


    スカートからTが見えるように、、、

    誰かにいたずらされて、いったら適当に逃げようとか思って、、、
    駅前だから深夜でも人通りはあったので、安全に痴漢されないかな、、、なんて思ってました。

    「あ、あそこにエロいおまんこがあるよ!」

    通りすぎの男の声とか笑い声とかが聞こえた。

    (...いきなり!!)

    突然、足をずらされ、膣穴の辺りをパンツごしにグリグリされた。

    「こいつ、すげー濡れてる!!もしかして、今ここで犯されてたとかかな!!それしかねーよ!」

    カチャカチャ...

    (え?うそ?まさかね?)

    寝たふりでパンツごしに触られたままでいたら、突然おまんこに涼しい風がふきつけて、次の瞬間、ぐりっぐりっと穴をこじ開けるようにまだ顔も見てない男のちんこを入れられてしまった。

    たぶん、数人で囲まれてて、介抱するふりとかしてるみたいで、まわりをみながら、腰を打ち付けてきた、、、

    目をあけて今おきたふりして走って逃げようと考えるけど、どうしようもなくまんこの中が気持ちよくて、さっき痴漢されていけなかったからこそいきたくてたまらなくて、いったら目を覚まして逃げようと思い、顔もしらない男のちんこを夢中で締め上げた。

    夢でも見てるふりをするために、いもしない彼氏の名前とか呼んであえいでみた。

    「こいつ、酒くせーな!男の名前呼んでるぜ!俺のちんぽその男のだとおもってるんじゃね?」


    とか笑われたけど、もうイク寸前で、〇〇くん(←架空の彼氏の名前)のおちんぽいい、、、気持ちいい、、、イクイクイク、、、とかあえいでしまっていたら


    「まっててよ、俺もイクから!今、たっぷり出してあげるからね!!」



    え????


    頭が真っ白になって、同時にいってしまった。

    出されたかどうかなんてわからなかった。

    いきすぎて痙攣しまくってたから。


    男のちんこがずるりって抜かれたのと同時に走って逃げた。

    後ろからすごい怒鳴ってるけどかまわず走った。

    家に帰って中からまだどろどろと何か出てきたけど自分の液なのか精子なのか断言はできなかったけど、掻き出して洗っておいた。

    あれから一週間、、、こんどはレイプの妄想で今からオナニーしちゃいます、、、


235  真美 - 2014/09/20(Sat) 12:33 No.26762
    昨日合コンの王様ゲームで噂の乳レイプに遭ってしまいました...


236  真理子 - 2014/06/20(Fri) 01:10 No.26161
    女の先輩2人にマンションに連れていかれて…
    2人の先輩に押さえつけられて、20才位の男に無理矢理犯されて処女を奪われ中に出されました。


237  あずみ - 2014/09/17(Wed) 19:01 No.26749
    レイプが合法になればいいのに。
    もっとされたい…


238  さよ - 2014/09/17(Wed) 11:21 No.26744
    今されました元カレとその仲間に でもされたい


239  私は@レイプされました。 - 2014/09/16(Tue) 19:17 No.26735
    私が買い物行った帰りです。短パンにTシャツでした。スーパーへいって、それからDVD借りにいったんです。つけられているなと感じて...
    たぶんスーパーにもいたと思うんですけど、ビデオ屋ではじっと見られていて、気持ち悪いなと思っていたんです。

    早く帰ろうって、道を急いでたんですけど、まだつけてくる気配がして駆け足になろうとしたら、
    「おとなしくしろよ」って、脇の草むらの中に押し倒されて。
    まず胸をもまれて、短パンを引きずりおろされました。


240  OL - 2014/09/10(Wed) 12:37 No.26717
    私が20歳の時(現在22歳

    仕事帰りにレイプに合いました

    私は、車で仕事通勤をしてました

    仕事が終わり、駐車場に向かう途中に

    誰かに後ろから目隠しされました

    そこから近くの倉庫へ

    倉庫へ入ると目隠しをとってくれました

    私は恐怖のあまり、何も言えませんでした

    男に胸を荒く揉まれました

    私はそれなのにも関わらず、大きな声で感じてました

    この状況で凄く興奮してしまったからです

    自ら全裸になり、男のチンコをフェラしました

    そして男の精液が口の中にだされ、飲みました

    私のオマンコからは愛液でグチョグチョでした

    そこからあと1人の共犯者がやって来ました

    もう1人の男のチンコをフェラしました

    私の下では男がバイブを挿れてました

    ローションも何もつけてないのにすんなり入りました

    中ではバイブがグネグネ動き、クリトリスをクンニされ、イッてしまいました

    そして最初から居た男が挿入してきました

    男の物はバイブより長くとても形の綺麗な物でカチカチでした

    子宮口くらいにガンガン当たって、痛気持ちい感じでした

    その日は危険日で外に出してほしいと頼みました

    ですが男はそんなのお構い無しに中へ出しました

    男の物がビクッビクッと脈だち、中が一気に暖かくなりました

    そしてすぐにもう1人の男が挿入してきました

    騎乗位での中出しされました

    私も気持ち良すぎてどうでも良くなり、全て受け入れてしまいました

    そして朝がやって来るまでしてました

    全て中出しでした

    中からはドロドロと精液が出てきました

    一週間くらい精液が止まりませんでした

    もちろん妊娠しました

    おろしました

    現在はセフレを作り、毎日中出し、やりまくりです

    ピルを服用してます

    セックスライフを楽しんでます


241  - 2014/09/02(Tue) 11:16 No.26700
    夫が帰って3日目の事です。
     息『今日友人達と映画見に行くよ』
     夫『何見るんだ?』
     息『SF物だけど・・・』
     夫『俺も行こうかなぁ?どうだお前も一緒に』
     私『私も・・・』
     夫『いいじゃないか?折角帰って来て、家でゴロゴロしているのも何だし・・・』
     息『いいよ!一緒に行こうよ。ねぇお母さんも行くでしょ』
    息子が私の後ろに立ちお尻を撫でながら”行くよね”と囁いて来たんです・
     私『そうね。じゃ・・・』
     息『友達も喜ぶかなぁ・・・お母さん人気あるから・・・』
    夫がトイレに行くと息子が
     息『母さん、下着付けちゃダメだよ。短いスカートにしてよ・・・』
     私『お父さんにバレちゃうわ・・・』
     息『見られないように頑張ってよ・・・』
    ニヤケる息子が私のマンコに指を指し込み”こんなに濡らして・・・期待してるんでしょ”
    何も答える事も出来ないまま、私は息子の望む服装に着替えたんです。
    2階から降りて来る時も夫に見られない様に気を使い、リビングへ向かうと
     夫『おっ・・・高校生とデートでもする気なのか?若々しいね』
     私『まぁ、ちょっと気合入れちゃった・・・』
     夫『似合ってるよ・・・高校生に好かれるのも分かる気がするよ』
     私『もう・・・あなたったら』
    映画館に着くと、息子の友達5人が待っていました。
    皆ニヤニヤしながら私を見ていて、息子に何かを確認している様でした。
    映画館に入り座席を選ぶ時、息子が近寄って来て”一番後列に5席と数列前に2席で”と言い
    チケットを受け取っていました。
     息『ねぇ、親父も久々に帰って来たんだし、俺と一緒に見ようよ』
     夫『いいぞ!友達は良いのか?』
     息『うん、あいつらお母さんのファンだから、その方が喜ぶよ』
     夫『そうか!』
    映画館はガラガラで、席は幾らでも取れるのに、息子は友人達に私を甚振らせる考えの様です。
    4列前の2人からは私達の顔しか確認出来ないと思います。
    やがて薄暗くなると同時に室内には大きな音が鳴り響き、夫が後ろを振り向く事は無くなりました。
    そして彼らの手が私の太腿に差し伸べられ、スカート中へと入り込んで来ました。
     友『おばさん、もう濡れ濡れじゃないか?期待してたんだね』
     私『・・・お願い、余り激しいのは困るわ・・・声が出ちゃうから』
     友『こんなに大きな音が鳴ってるから、大丈夫でしょ』
    既に彼らの指先は私のクリトリスを刺激し、穴の中にも入り込んでいたんです。
     私『ん〜ダメ・・・そんなに動かさないで・・・』
     友『もう逝くのか?早すぎでしょ』
     私『だって・・・あぁぁ〜ダメ・・・・』
     友『俺の咥えろよ』
    隣の男の子の股間に顔を埋め、私は夫の居る映画館でフェラチオをさせられたんです。
    彼が口内へ吐き出すと、直ぐに飲み込まされ次の男と交代です。
    4人の高校生の精液を呑み込むと、今度は1人の男性の股上に乗る様に言われ、私はマンコに
    刺し込まれた状態で男の上に跨ったんです。腰を動かされ、声を出すのを必死に我慢しました。
    ”ギィ〜ギィ〜”と椅子が音を発て、夫に聞こえないか心配です。
    映画中盤には、4人の高校生の肉棒を差し込まれ全て膣内へ吐き出されていました。
     友『早く出さないと、子供出来ちゃうよ』
    大量の精液をマンコに溜め込みながら、急ぎ足で階段を下りて行きました。
    ”ビュッ・・ブニュ”と音を発てながら太腿を伝って流れる精液・・・ふと夫を見ると私に気づき
    口パクで”トイレ?”と言っている様でした。
    首を縦に振りながら出口に進むと、息子が追いかけて来ました。そしてスカートを捲り上げられ
    ”いっぱい出されたんだね!俺も溜まっちゃった”と言うと、私は出口の陰で息子にも中出しされたんです。
    トイレに行き、必死にマンコの中に指を入れ精液を掻き出すと、口を濯いでいたんです。
    フゥ〜と溜め息を付き、トイレを出ると息子が待っていました。
    そして、息子が私のスカート捲るとペニスバンドを付けさせられました。
    マンコとアナルに肉棒が刺さった状態で、バンドも鍵でしか外れない様です。
     息『席変わってあげるよ。親父と一緒が良いでしょ』
     私『え・・・こんなの着けて嫌よ・・・』
     息『いいじゃん!親父にも楽しんで貰えよ』
     私『お願い・・・お父さんには見られたくないの・・・』
    息子に手を引かれ席に戻った私は、息子達に遠隔操作で弄ばれたんです。
     私『ハァハァ・・・ん〜』
     夫『どうした?さっきから変だぞ!』
     私『ん〜何でも無いの・・・気にしないで』
     夫『本当に変な奴だな』
    映画の内容など覚えていません。夫の横で、アソコのバイブが2台振動を繰り返し何度も逝かされたんですから。

    4日目は遊園地に出掛ける事になりました。
    勿論息子の企みです。

    今日は息子の指示で、ワンピース姿です。
    夫の存在を気にしてなのか?丈もそれ程短くありません。
    しかし、ブラを付ける事を許して貰えず、乳首を起てない様に気を使っていました。
    今日は昨日のメンバーと入れ違いで、3人程が来ていました。
    遊園地でも何かと夫と別の行動を取らされ、至る所で体を触られマンコに指を入れられます。
    室内とは違い、他の客の目もあります。それ以上の事は無いだろうと思っていたんです。
    息子が”お化け屋敷入ろうか?”と言い出し、夫と息子が先に入って行きます。
    その後を付いて行く私の周りには友人達が群がっていたんです。
    数メートル先を歩く夫!その後ろで私はスカートを捲られ、パンティをズラされると指を次々と
    刺し込まれたんです。
    そんな時、お化け役が急に出て来て、私の姿に唖然とした表情で動きが止まっていました。
    暗い部屋とは言え、私のスカートが捲られパンティを下げられているのは分かるでしょう!
    恥ずかしい姿を曝け出したまま、私は夫の後ろを歩いて行きました。
    お化け屋敷を出て、ホットするも私は更なる恥じらいを感じる事になったんです。
    噴水が出る池で、子供達が水遊びをしていたんです。
    暑い日でした。
    息子達も水遊びを始めると、直ぐに私はターゲットにされたんです。
    ”ビシャ!キャッ・・・ヤダ”彼らは私に一斉に水を浴びせ、私は一気にずぶ濡れになったんです。
    濡れたワンピースは透けて、私の肌に引っ付いたんです。
    ノーブラだった私の胸は浮き上がり、すっかり生だと分かるんです。
    しかも透け透けパンティでアソコの毛まで透けて見えます。
     夫『お前!ブラ付けなかったのか?』
     私『朝急いでて忘れちゃったの』
     夫『マジかよ!もう透け捲ってるぞ・・・恥ずかしい』
    呆れ顔で私を見つめる夫!そして子供と一緒に遊んでいた若いお父さん達にも私のエッチな姿を
    見られたんです。
    ニタニタしながら”おばさん おっぱいおっきいね”と冷やかす学生。
    服が若くまでの30分は本当に恥ずかしくて溜まりません。
    そんな中、息子が”母さんあれに乗ろうよ”と指さしたのは自転車の様な乗り物でレールの上を走る
    物でした。手を引かれ乗って後悔したのは言うまでもありません。
    下からはスカートの中が丸見えなんです。
    息子が指さした所は、一番低い所で、実は3mも高い所を走る乗り物だったんです。
    終始私を見上げる男達。息子の友人達も私のパンチラを写真に納めていました。
    呆れた夫が”先に帰るから・・・”と言い残し遊園地を出て行きました。
    夫が出て行ったのを確認した息子達は、私を連れ直ぐに遊園地を出ましたが、帰りにホテルへ
    連れ込まれ、友人達に甚振られたのは言うまでもありません。

    そして最終日、息子が友人5人を連れて来たんですが、”今日友達泊まるから”と言われました。
    きっと私は・・・心臓がバクバクして止まりませんでした。


242  - 2014/07/13(Sun) 18:12 No.26381
    最近、男子に過剰な意識をもってしまいます。
    特に好きな男子がいるわけでもないのに、触ってほしいだとか、ぎゅってしてほしいとか、キスしてほしいとか毎日思ってます。思っては自慰行為に走ったり、悩んでは男子の気をひかせたり、なんだか最近変なんです。
    この前の休日もスカートにノーパンで街を歩いたり、薄暗い道に入ったりしました、本当に最近変です
    いじめてほしい。なんの取り柄もない人見知りな私を蔑んでみてほしい罵ってほしい。叩かれてもいい、それが快感に変わるなら。
    私は学生なんですが、授業中も休み時間も男子を意識してしまい、気がついたら男子のあそこを眺めてたりしています。
    体育の時間なんか尚更で、いつもいつも意識して、性行為をして快感を得りたいと思います。こんな私変ですか?ついさっきも自慰をして我慢をとどめていました。悲しいと泣きながら。
    もう、こんな自分がいやです


243  OL - 2014/08/26(Tue) 15:48 No.26684
    新しいエリアを任され初めてのお客様の所に行く時に、道に迷って細い道を車で行っていたら、Uターン出来なくなって

    立ち往生していたら、前から中年男の人が、2人こちらに歩いて来ました。

    どうしたの?の事で、事情を話すと、先まで行くと山小屋があり、そこで、Uターン出来るのことで、道が狭いから

    手伝ってくれました。

    車をUターンして、お礼を2人にすると、山小屋の中に面白い物があるの事で、車を降りて山小屋に入ると、2人の

    中年男は、豹変した。

    中年男A「姉ちゃん何歳ー」

    中年男B「早く答えろよ」

    中年男Bが、持っている鎌を振り回して言った。

    私は、2人がニヤニヤしながら、舐めまわす様に、私の体を見ています。

    私「27歳です。 もう、帰ります。」

    中年男A「こらー帰れる訳無いだろう。」

    私「何なんですか。 人を呼びますよ。」

    中年男A「あー誰でも呼びな。まあー誰もいないし携帯は、圏外だし」

    私は、分かっていました。 

    ここは、圏外だし誰も来ない事も、立ち往生した時分かっていました。

    中年男B「俺らと気持ちいいことしようか。おとなしく言う事を聞けばケガしないよ」

    私は、この2人にレイプされると思いました。

    私は、人妻ですが、痴漢に遭ったことは1ありますが、レイプされたことは無く、しかもいっぺんに2人も相手するのも

    初めてのことで、レイプされると分かっているのに、私のあそこは、熱くなって立て前は、嫌がって本音は、早くレイプ

    されたい気持ちが、高ぶっています。

    2人の中年男が近づいて着てキスされたり胸を揉まれたりして、服を脱がされてレイプされました。


244  miku - 2014/08/09(Sat) 17:55 No.26635
    私が住んでるのは、駅の方から国道を渡った新興住宅地で、通学も国道の横断歩道を渡るんです。
    そこには、朝は当番の人が旗を持って立っててくれるんです。
    小5の時台風で集団下校となって、他の子のお母さん2人と一緒にいつものようにこの横断歩道を渡った時。
    台風なのか帰りの時間にも旗を持ったおじさんがいて、みんなに”おかえり!”と声をかけてて。
    一緒にいたお母さん2人も”ごくろうさまです!大変な日になりましたね。”とその人に返事してたので、安心してしまって。
    集団下校なので、そのおじさんも一緒に歩いてきて、私たちに”お母さん、お仕事?”って聞いてきて。
    横にいた友たちが”お母さん大丈夫かな?”って言ったので
    私も”お母さん、帰り遅いから心配よねえ”とか話したんだけど。
    みんな家に入ったり、別々の方向に分かれていって、最後におじさんは”わしもそっちの方だから”と、私と一緒に歩いてきました。
    台風が怖かったけど、おじさんが歩いてくれて、安心して家に入ると、おじさんも家に入ってきたの。
    そして、”濡れた服を脱がないと、お母さんに怒られるよ”って私の服を脱がそうとしたの。”おじさん帰ってよ!”って言ったんだけど、
    ”何のために来たと思う?2人で楽しむために決まってるだろ!”って着ていた雨ガッパのポケットからナイフを出して、
    ”殺されたくなかったら、おとなしくしろよな”って私を裸にして、リビングのカーペットに押し倒したの。
    おじさんは、雨ガッパの帽子を被ったまま、私に抱きついてキスをして口に舌を入れたり、胸を揉んだりなめたりしてきて。
    そのうち、雨ガッパのズボンとパンツを脱いで、大きなウインナーみたいなあそこを無理やりしゃぶらされて。
    それから自分の指によだれを付けたを思ったら、私のあそこに入れてきて。その時、すごい激痛で、大声をあげちゃったの。
    ”静かにしろ!まあ、この台風じゃ、外には聞こえねえか”って言ったと思ったら、今後は大きなウインナーみたいなものを入れられたの。
    そして、そのおじさんは、私の顔から胸までを舐めたり、私の口に舌を入れたりしながら、腰を動かしたの。
    怖くてじっとしているうちに、信じられないくらいの快感に襲われたと思ったら、おじさんは”おうー!うおー、気持ちいい!”って声を上げた後、
    ”汚れたものは、お掃除するのが女の仕事だから、今のうちに覚えとけよ”って、
    私にべたべたしたしょっぱいウインナーみたいなものをしゃぶらせて。気持ち悪くて、口の中のものをはきだしたの。
    そして、おじさんは冷蔵庫のジュースを持ってきて、パックのまま飲みながら、私にあそこをしゃぶらせながら、しゃぶり方を教えたの。
    そして、今後は後ろから入れてきて、胸を揉みながら、激しく腰を振ってきて。またさっきの快感におそわれた頃、おじさんのうめき声が。
    ”今やったことは、大人はみんなやってるけど、恥ずかしいから絶対に口にしないことだからな。それに、殺されたくなかったら、絶対に誰にも言うなよ!”って。
    ”相手がいなけりゃ、自分の指を入れて快感を味わってる女もたくさんいるんだぜ!今日の事は、もう気にせず忘れろや”って。
    おじさんは、ずっと雨ガッパの帽子も被ったままで、帽子が覆面代わりになって、最後まで顔は見れなかったけど。
    寂しい時、あそこに指を入れて感じるようになったんだけど、その時いつもおじさんと一緒に悪いことしたような気持ちになっちゃって。
    今は高校生ですが、こんなこと彼には絶対に言えません。


245  真由美 - 2014/09/05(Fri) 00:28 No.26702
    山へ行く人に悪い人はいない。といわれていますし、私も今までの経験からそう思っていました。
    ところがこのたび、それを覆す出来事がありました。
    友人と二人で行く予定だったのに、急に友人が都合が悪くなって、一人で一泊二日の山行きを決行しました。
    避難小屋で一泊の予定で夕食を食べようとしていたときです。
    5人連れの大学生風の若者が来て夕食の準備をしていました。
    私を見て「奥さん、お一人ですか。良かったら僕らと一緒に食べませんか」と声をかけてくれました。
    少し迷ったけど、自分の息子くらいの若者に声をかけられて、嬉しく思って彼らの所へ行きました。
    彼らはビールとウイスキーをたくさん持ってきていて、すすめられていただきました。登山で疲れていたのと若者に囲まれて嬉しかったのとで、すすめられるままに飲んでグロッキーになりました。目の前がぐるぐる回り身体が宙に浮いたようないい気持ちでグロッキーになりました。
    重苦しいのと、官能の喜びで意識が戻りました。
    なんと私は全裸にされていて5人の若者が私の身体に群がっていました。口を吸われ、乳房を揉まれ、乳首を吸われ、あそこに指を入れられていました。アッと思いましたが身体が言うことを聞きません。やがて両足を広げられて、ひとりの男が挿入しました。


246  まぉ - 2014/08/31(Sun) 18:07 No.26696
    夜道歩いていて、人気のない路地に入って少し歩いて行ったら、(田舎なので)畑のある細い道に出たのです。電燈もなくて。まぁ、私にはいつもの帰り道。
    後ろから、ダダダダって走り寄る人がいて、何事?って思ってたら胸を後ろから掴まれて思いっきり揉まれてしまいました。
    いきなりで声も出せず、鞄で殴りかかったんですが。
    力が強くて、ブラウスは引きちぎれて、ブラが半分ずれてしまい、それをそいつは取り外そうと必死でした。
    はずレないので、そいつはブラの中に手を入れてきて揉みだしました。ブラが上の方にずれてしまって。
    5分だったのか、10分だったのか。されるがままでした。
    その時、物音がしてそいつは逃げて行きました。
    女性が来たのです。助かりました。
    その方が、警察にも届けてくれて。
    怖くて1人では帰れなくなりました。


247  私は@レイプされました。 - 2014/08/27(Wed) 14:19 No.26688
    僕はN高校に通う2年2組、洋介。
    その日、同じバスケ部の一個上である、石川と森本は、僕にいつものようなニヤついた笑みを浮かべて、こう僕に言った。
    「お前の彼女、すげぇ好き者なんだなぁ。」
    どうゆう意味なのかと言い返す前に、僕は、石川の強烈なボディーブローに、膝から崩れ落ちそうになる。
    森本は、そんな僕の髪の毛を鷲掴みにし、さらにこう言った。
    「あんな上玉をお前だけ独り占めしてるには、ぼちぼち限界だろうと思い立ち、僕たちが菜々子ちゃんを…………レイプしてあげちゃいましたー!!」
    一瞬、目の前が真っ暗になりました。
    そんな事は嘘に決まってる、悪い冗談だ、そう思いました。
    痛みと恐怖で思考回路がマヒしそうでしたが、普段、僕から平気で金品を強要したりするこいつらが、そんなくだらない冗談を言うとも思えませんでした。
    石川:「いやぁー、前からあの娘は狙ってたんだけどさぁー、こないだ告ってみたら、彼氏がいるからって断られちゃって。で、名前聞いたら、なんとお前の名前なわけ。俺、ショックでねー。けっこうマジだったんだぜ?」
    森本:「がはは。で、こいつ、泣きそうな声ですぐ俺に電話してきやがって。その時ちょうど、いい薬が入って、試したかったんだよなぁ。あ、合法ね、一応。がはは。」
    見覚えのあるブラジャーとパンティーを見せびらかす、彼らの会話が、絶望でくぐもって聞こえました。
    彼らは、そんな僕を、彼らの仲間がたむろする家に連れていきました。
    そして僕に、その、動画を見せたのです。
    石川と森本に、好き放題に犯される菜々子の姿が、鮮明に撮影された、その動画を。
    それは、最初から最後まで、事の一部始終が撮影されていました。
    石川が、もう一度菜々子を、誰もいない放課後の体育館に呼び出し、真剣に話をするフリをして、兼カメラ役の森本と二人で、体育倉庫に監禁。
    必死で抵抗する菜々子の手足を、あっと言う間に縛り上げて、森本が用意したその薬を、菜々子に無理やり飲ませました。
    石川は、泣き叫ぶ菜々子を、二回、強く平手打ち。
    恐怖と絶望でおとなしくなった菜々子に猿ぐつわをし、マットの上にへたり込む菜々子の後ろから、セーラー服ごしに、おっぱいをまさぐりました。
    石川:「すげぇ………思った通り……いい乳してんじゃんかぁぁぁ………はぁ……はぁ…………」


248  人妻 - 2014/08/26(Tue) 15:24 No.26683
    私は、25才のOLをしてる人妻です。

    旦那の転勤で、住んでいる所まで引っ越しになり、私の職場も同じ会社ですが、今まで車での出勤がバスと電車に変わりました。

    旦那は、逆に近くになり自転車で通勤しています。

    新しい職場に通勤する様になって週3日は、バスと電車で痴漢に遭っています。

    私は、自分で言うのも変ですが、芸能人で言うと、南 明奈によく似てる言われて違いは、髪の色が黒か茶髪の違いだけで    

    小柄で胸が巨乳のためよく男性の視線を感じています。

    旦那に、相談するとどんなことされるかと、逆質問でスカートの上から触って来たり胸をブラウスの上から揉まれたりと答えると

    出勤時間を早めてみれば明日は、ぼくは、休みだからボディガードするよ。行きたいとこが、あるから最後まで出来ないけど

    途中までボディーガードをしてくれると言ってくれました。

    朝、服を着ていると旦那からそんな服着てエロい下着でいたら痴漢に遭うよとクレーム。

    旦那に、今日の夜は、友人のパーティーに呼ばれていて帰りが遅くなることを以前言っていたでしょと説明。

    まあ、旦那が言うのも分かります。

    私は、今日の洋服は、黒のレースでカットソーチュニツクのミニでガードルに下着は、赤の上下もおそろいでレースのTバックです。

    後、上にジャケットを着るだけです。

    旦那と一緒にバスに乗り20分間何も無く駅に着いて歩いていると旦那から上から見ると胸元が丸見えのこと今日のブラジャーが

    赤だろう、そんなの男がみれば興奮するよ。と言われました。

    旦那から言われあそこが、熱くなる私でした。

    ホームで待っていて、旦那からいつも多いのと質問、今日は、いつもり早いけどいつもとかわらないと説明。

    電車に乗るといつもの混み状態です。

    電車で50分乗りますが、旦那の用事がある駅は、15分ぐらいで着きます。

    電車に乗って旦那は、私の前にいて胸元を覗いているのが分かり、いくら旦那でもちょっと恥ずかしいです。

    旦那は、耳元でおしり触ってもいいかと言われて思わず首を縦に振ったのが大きな間違えでこの後に複数の人から痴漢される

    ことなど夢にも思いませんでした。

    旦那は、前からスカートの上から触りだして丁度、アンダーヘアー付近を触っています。

    私は、周りの人達を気にしてドキドキしてアソコが熱くなり濡れてきているのが分かります。

    旦那も段々とエスカレートして来てスカートの中に手を入れてきてパンティの上からアソコを刺激します。

    私の頭は、真っ白になり旦那のされるまま痴漢プレーをしてたのですが、旦那の手は、左手が手すりを握っているのに

    スカートの中には前からと後ろから二本の手が入ってきています。

    後の手は、おしりを撫で回しています。

    (え〜痴漢だーあなた気付いてー)と心の中で叫ぶことが出来ても実際は、声が出ないし旦那にも伝えられない状態です。

    そんなことをしていると、旦那の最寄りの駅が来て何も気が付かず降りて行きました。

    旦那が、いなくなると後の痴漢は、パンティをずらしてアソコに指を侵入させて来て私の耳元でつぶやきました。

    (マンコ濡れ濡れですね。気持ちいいのーエッチなマンコですね)

    私は、恥ずかしくて抵抗も出来ずされるままじっとしてました。

    ふっと、顔を上げると前の40代のサラリーマンの人が、私の胸元を覗いてニヤニヤしていて私が痴漢されているのも気付き

    ジャケットの中に手を入れて服の上から胸を揉んできました。

    後の痴漢に、パンティを膝まで降ろしてスカートは、お腹まで上げられて私のあそこを指でいたずらします。

    前の40代のサラリーマンもスカートが、お腹まで上がるとそこから手を入れてブラを上にずらして胸を揉んできました。

    そして耳打ちされて(姉ちゃんオッパイデカいな。乳首も立って気持ちいいの。)

    私は、痴漢に遭っているのに(そう〜気持ちいいの〜もっと触って)心の中では、思っても感じている声を出さない様にするのが

    精一杯でもう体に力が無く前の40代のサラリーマンに体を預けています。

    後の痴漢の指が激しくなりいってしまい2人に服を直してもらい電車が、止まった駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれて

    2人に代わる代わるレイプされ中出しまでされ、写メまで撮られました。

    携帯番号までチャックされて今では、2人の性奴隷になって電車に乗る時は、ノーブラ・ノーパンは、当たり前で、いつも痴漢

    しやすい洋服を催促されます。

    あのとき、旦那と痴漢プレーをしなかったらと思いつつ痴漢されるのが、楽しみにしてる私は、・・・・・・・・


249  佐和子 - 2014/08/10(Sun) 12:06 No.26637
    夏の土砂降りの雨の中でほてった体を犯されたい

    めくるめくような長い時間犯されても
    夏の雨なら
    風邪も引かないし
    土砂降りの中は
    夏でも虫にさされることないし
    美肌に保った体についた泥をシャワーで流すだけでいいし
    緩いワンピースなら乱暴にされても破られなし

    台風のよるに夜遊びしてるような愚か者の中高生たちによってたかって・・・輪姦されたりしたら・・・
    おかしくなっちゃうぐらい興奮しそう。

    顧問をしてる部活の生徒達の練習を遠くから見て
    そんな妄想をしている
    いけない教師
    それが
    今年27歳の私


250  Y・A - 2014/08/18(Mon) 07:08 No.26663
    あきらめて言いなりになれば,優しくしてくれるし,気持ちよくさせようとしてくれるよ。
    あたしはいつもそうしてる。


251  まゆみ - 2013/04/22(Mon) 15:47 No.22441
    私は、中3のひとり息子を持つ33歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休みに明日友達が遊びに来るからと拓也が言ったので、夜勤明けでちょうどいるからいいよと言いました。 午前中は寝て午後から買い物をすぐ済ませ飲み物など準備していたら拓也が「近くまで迎えに行って来る」と。掃除も済ませ夜には友達と会う約束があったので、下で洋服を選んでいました。 拓也が友達4人と帰って来ました。「こんにちは。おじゃまします」となかなか礼儀正しくて好感を持ちました。 私が居間にいると階段を降りる足音がして、私の寝室に入ったような気がしました。「拓也なの‥?」「うん」「どうかしたの?」「何でもない」と足早に二階へ‥ 少しして飲み物を持って行きドアを開けました。 飲み物を渡し戻ろうとしたとき1人の友達が「おばさん」と呼んだので振り向くと「こんなのしてるの?」と両手を伸ばしました。「何で持ってるの?返しなさい! 拓也が持ってきたの?」と言いながら取り上げようとすると他の友達も見せ出しました。それは紛れもなく私のブラとショーツで中にはTバックやレースもあり内心恥ずかしく恐らく赤面してたと思います。 ひとりの友達が寄ってきて「俺たちの前でこれしてみてよ」と。「ふざけないで!返しなさい」と取り返そうとすると逃げ回り追いかけたときに転んでしまいました。そのとき1人の子が携帯を開き私の目の前に‥唖然としました。拓也が私の下着を身に着けてました。他にもショーツだけのと全裸の写真が‥私は拓也を見上げ涙ぐんでる顔を見てイジメと分かりました。「この写真消してちょうだい!」「えぇー!どうする?」とふざけた口調で言い返され、うつ伏せに転んだままの私に「クラスのみんなに送るか!」「ウケるかもな」と言いながら携帯をいじり始めました。「待って」あまりにも拓也が可哀想で私は、「下着を着けて来れば消してくれるのね?」と聞くと「いいよ!着けて来ればでなくて、着けて見せてだけど‥」と。下着を渡され着けるため部屋を出ようとしたら、「ここでだよ!おばさん」「ここで?嫌よ、ここでは」「俺たちは別にいいけど‥拓也はいいんかな?」 私は、仕方なく「分かったから消してよ」と念を押し下着を見ました。一瞬に顔が真っ赤になりました。前がレースの白のTバック。ブラウスのボタンを外し脱がないてブラを外そうとしたら、「全部脱いでからしてよ」 息子の目の前であまりの屈辱に「出来ない!無理よ。」と言うと「じゃ手伝ってやるよ」と言った瞬間に立ったまま両手を押さえられゆっくりと脱がされ始めました。ブラウス‥スカート‥ブラ‥そして最後の一枚。「待って、息子には見せないで!お願い‥です」哀願に近い言葉も虚しくショーツを下げられ私は息子の目の前で全裸を曝されたのです。 下着を着けるなんてどうでもよかったらしく、4人全員が体を触り始めました。後ろから胸を鷲掴みにされお尻を揉まれ、太ももも触られやがてその手は太ももの内側を這い上がり「おばさん!又がヌルヌルしてるけどなんで?」 私はその言葉に一気に恥ずかしくなり「そこはダメなの‥やめて」と言い終わらないうちに指が中へ‥「ゃぁ ぁぁっ」と不覚にも声を漏らしてしまいました。床に寝かされ2人が脱ぎだし、そびえ立った肉棒を顔に近づけ‥「ヌルヌルにして欲しいの?」と私の口に当て「口開けなよ」 固く上向きの先を押し付けられ口の中に納め舌先でカリと裏すじを舐め始めると「すっげえ 気持ちぞ もっとしてよ」 更に奥まで入れら吸うよにしゃぶりました。太ももは大きく開かれ股が丸見えになり手マンをされてました。なんとか違うことを考えて耐えてた‥でもツボを突かれ「ダメもうやめて‥ダメなの‥そこは」無視です。女の体を知り尽くしてるように続けられ「お願い‥ほんとに‥ダメぇ」「許して‥で でちゃ‥ぅぅ‥」「なにが?おばさん」「ぃゃぁ言わせないで‥ぁぁっ でちゃ‥ぅの」「出したら」「ぃゃ‥ぃゃです拓也見ないで‥」と言ったとき激しく動かされ「で でちゃぅ‥ダメぇあっぁぁ ん でる‥おしっ‥こ でちゃ‥いぅ」私は、潮を噴かされぐったりしてると、目が覚めるような太いものがおまんこの入り口を貫通し私の中へ「ぅぅぅぅ‥はぁっ あっ‥ぁぁん きも‥ち‥ぃ」と淫らにも喘ぎ始めたのです。子宮を捉えた極太のちんぽは私のなかで次第に太さを増し、「おばさん‥出るから」「ダメ 抜いて 中はダメ 外で‥ぃぃ ぁっぁあぅ」私の中で果てました。全員に犯されたてるわたしを拓也は見てました。犯されてると言うのに喘ぎまくり両腕でお尻を掴み深く突かさせた私です。拓也のイジメはなくなりました。私の体が身代わりです。今は毛も剃られ浣腸やアナルまでも感じています。


252  主婦 - 2014/08/06(Wed) 14:56 No.26621
    専業主婦をしてる32歳です。

    最近、主人とのsexが半年ありません。

    友達から聞いたりして露出のある服装やエッチな下着とか家の中では、ブラジャー取ってノーブラで、後はミニスカート

    で誘惑しましたが、いまだに何もありません。

    逆に、露出の高い服装でノーブラにミニスカートでゴミ置き場に行くときにマンションの男かろいやらしい目で見られま

    す。

    最近では、見られているだけでアソコが、熱くなって家に戻ると通販で主人の名前を使って買ったバイブとローターで

    オナニーをするのが日課になっています。

    男の人に後ろから抱きつかれて胸を触ってこられたりキスを無理やりされたりおちんちんを無理やり口に入れられて

    フェラチオをさせられたりアソコにおちんちんを無理やり入れられてレイプされることを想像してオナニーをしています。

    私をよく見るのは、男の人達の中でも隣りの家に住んでいる杉山さんと下の階に住んでいる田中さんです。

    杉山さんが、私を舐めまわすように見る時は、マンションの回覧板を持ってきたときに、説明しなくてもいいのに

    説明をします。

    私が身長低いので上から説明しながら胸元を覗いてはじめの頃は、嫌でしたけど段々覗かれるのが、快感になり最近は、

    杉山さんが、いつ来てもいい様にわざと、胸元が広い服装をしています。

    わざと、前に体を倒すと服が広がり胸元が見られ様にすると杉山さんの目は、血走って横の鏡に映ります。

    田中さんの場合は、回覧板を持って行った時です。

    どうでもいいことを質問して私の胸元を覗いています。

    また、田中さんの家を出て家に帰る時に階段を使って戻る時に田中さんは、下から覗いて私のパンティを見ています。

    これも私には、快感で田中さんの家に行く時は、ミニスカートに着替えています。

    今度、ノーブラノーパンで行こうと思います。

    そんなことをしてたために本当にレイプされるこになりました。

    その日は、夜中にゴミ置き場にゴミを持っていきました。

    ゴミ置き場の倉庫は、マンションの自治会会館の裏にありマンションから離れていてさすがに、夜中ですからシーンとして

    います。

    ちょっと怖かったですけど、ゴミを置いて出て戸を閉める時に、いきなり口をふさがれました。

    男[痛い目に合いたく無いならおとなしくしろー]

    私は、何が何なのか分かりません。

    とりあえず、首を縦に振りました。

    男[手を後ろに出せ。]

    私は、言われた通りするともう一人男の人居てその人が、手を縛りもう一人男の人が、目隠しをしました。

    私は、直感的にレイプされると思いました。

    男[奥さんノーブラだねーたまねーなー]

    私の今日の服装は、TシャツにホットパンツでノーブラノーパンなのでTシャツの上から揉まれて目隠しされているので

    余計感じています。

    ホットパンツも脱がされてクンニされています。

    フェラチオを強制されて最後は、前からと後ろからレイプされ中出しされました。

    私をレイプしたのは、間違いなくあの二人です。

    でも、今まで中で一番感じました。


253  匿名 - 2011/10/14(Fri) 16:10 No.17746
    私は、看護婦をしています。
    私もレイプされました。
    夜勤して個室患者さんの部屋に入ったとたんに、口を塞がれ、お腹に痛みを感じて気を失い。
    気付くと身動き出来ない様に縛り付けられていました。
    私は恐怖で泣くしか出来ませんでした。
    白衣を剥ぎ取られ下着は引き裂かれ恥ずかしい写真を撮られました。
    私がおとなしく成ると、強制フェラをさせられ精子を飲まされました。


254  新犯人 - 2014/08/13(Wed) 14:46 No.26649
    全部バラバラなんだよ人殺ししてぇ
    罪は関係ない否定してやる話は、ない
    裁判所行はいかない逃げってやる
    燃やしてやる


255  岳人の母 - 2014/08/01(Fri) 11:24 No.26602
    24歳。岳人くんの母、岳人くんパパの妻です。

    昼間、縁側に面した開け放った部屋で昼寝をしていたら誰かに犯されました。

    はじめに気づいたのは
    何だか気持ちよくって「んふん、はあああ・・・」とため息混じりに喘ぎながら
    のたりのたり身もだえてる自分でした。
    天井を見ながら、「ああん、気持ちいい・・・、でも・・・なんだろ?」と思いました。

    とっても気持ちいい方を見ると、ミニワンピの裾がまくれ、私の脚の間に誰かの頭がハマってました。
    私の膝がその誰かの背中にしっかり絡まってました。夢見心地の知らない間に。
    「うそ?! どーゆーこと?」とびっくりしましたが、
    体は相変わらず快感にうごめいてて
    口からは「はああ・・・ん、ふううん・・・」と甘い息遣いが漏れつづけます。
    誰だか分からない私の股間にハマってる頭をギュッとつかみましたが
    強烈な快感にいきなり支配されてて
    「はああん・・・私・・舐められてる?・・・ううん・・・?」とぼんやり気づいて
    知らない男の頭の髪の毛をまさぐるのが精一杯。
    逆に自ら腰をせり上げようとする体を止められず
    喘ぎ混じりに弱々しく
    「だれ?・・・あ、はああん・・・ねえ、だれえ?・・・は、はん・・・」と問いかけるのがせいぜい。

    苦しいほど気持ちよくなって、背中から顎までグイッとそらせて喘いでいると
    体をグイッとひっくり返されました。うつ伏せになりました。
    多分舐められつつ指が挿入されました。
    私の背中は快感で反り返ったりうごめいて、お尻が勝手にひくっ、ひくっと段々持ち上がりました。
    「はあああ・・・・」
    お尻の穴の回りにねっとりした快感がきて、そして、膣の中をグチュグチュされてる快感。
    私のお尻がどんどん勝手に高〜く登っていきました。

    そして、いきなり止まった快感。
    「あ、んんん・・・」
    つい、愚かにもがっかりしたため息が漏れてしまい
    次の瞬間
    「あ、ああああ・・・・」嬉しいため息が・・・。
    硬く、素敵な弾力。ふっといおちんちんの圧力で私のおまんこが押し開かれる感触が。
    私は一度腰が抜けたようにへたり込みました。
    でもその後で、グシュう、ズルう、ヌルう、ズルう・・・ゆっくりおちんちんが動く感触を得ると
    また、上に向かって勝手に持ち上がりたがる私の腰・・・。

    私は畳にしがみつき、畳によだれを垂れ流しながら、うっすらとした意識で
    「だれ? 岳人くんパパ(夫)のはずない。だれ? 確かめなきゃ・・・」と思いつつも
    まったくおまんこの快感に支配されきってどうにもならない状況。
    自分の体が勝手に反応するセックスの動きしか実際にはできませんでした。

    抜かず3発・・・たぶん。
    その長ーい時間の間、私は、快感で勝手に反応しまくる自分の体をどうにもできず
    男の手で体は横になったり片足高く持ち上げられたり、何だか窮屈な姿勢で無理やりキスされたり
    上にさせられて、下からズンズンされてアンアン言いながら庭の緑をぼんやり見てたりもしました。
    その頃には
    全身汗みどろだし、快感過ぎる体が勝手に嬉し涙を溢れさせちゃってもして
    汗と涙でしみた目で、何にも見えなくて、男の顔が目の前でも誰なのかも分かりませんでした。
    というよりも、そんなことどうでも良い状態だったかも。快感過ぎて・・・。

    すべてが終わると男はぐったりしてる私のワンピを直して出ていきました。
    「ふしだらな恰好で寝てると、また誰かに犯されちゃうからね」
    そんなこと、言ってたような・・・・・。

    4時半。寝始めたのは確か1時くらい。
    部屋の中に、その日着けてたはずの私のTバックは見つかりませんでした。


256  さわこ - 2014/07/29(Tue) 21:21 No.26593
    山菜採りに行ったときです。急に土砂降りの雨になり、小さな山小屋が見えたのでそこに飛び込みました。60代のおじいさんが二人いました。訳を話すと「ずぶ濡れでは風邪を引くから身体を拭いて着ているものを乾かして雨が止むまで休んで行きなさい」と優しく言ってくれました。言葉に甘えて隣の部屋で衣服を脱いで身体を拭いていました。すると二人のおじいさんが入ってきて襲いかかり、抵抗しましたが男二人にかなわず、犯されました。二人は一回づつ犯した後も裸の私を離さずに、身体中を愛撫して乳房を揉み、乳首を吸い、私の口に中にあれを入れて腰を動かしてあれが大きくなったらまた犯されました。もう一人は私の口に中に射精しました。


257  弘美 - 2014/08/01(Fri) 06:23 No.26600
    過去二回、私は男の人から犯されました。
    いずれも真夏の暑い日にです。

    始めは中二のときです。
    塾で居残りさせられた時、講師から殴られ、そのまま押し倒されて…
    汗まみれで何度も何度も…まだ処女だったのに…
    この時は泣き叫ぶことしかできませんでした。

    二回目は一昨年、高一の時です。
    部活(硬式テニス)後、蒸し暑い部室で後片付けしてたら、OBの学生コーチがいきなり襲ってきて…
    手を縛られてやりたい放題されてしまいました。
    この時は、むろん抵抗はしましたが、少し性的にも感じてしまい、最後は悶えてしまいました。

    いずれも男は私の全身の汗を舐めまくるんです。
    臭くないんでしょうか?気持ち悪くないんでしょうか?
    後で冷静になって考えると不思議。

    夏は嫌いです。


258  愛河 - 2014/07/21(Mon) 14:23 No.26490
    中学二年の今頃
    学校の帰りに捕まってレイプされ処女喪失
    相手は一九歳の浪人生、高校生の姉の先輩であり、姉のストーカーでした

    生徒手帳も取られ、一部始終を動画や写真に撮られ、幼少から現在までの姉の事を色々と質問され
    両親や友達は勿論、彼氏のいた姉に相談する事も出来ず
    呼び出されるままに出向き、言われるまま命じられるまま色々と嬲られ犯されていました
    お前は姉の代用品と明言され、犯されながら姉の身体もこんな感じなのかと妄想で比較され
    完全に物扱いでしたが
    物の様に、そして愛情も思い遣りも無く乱暴に犯される自分が好きになっていて
    私が高校を卒業するまで
    私の身体は彼に所有されていました


259  さー - 2014/08/05(Tue) 04:12 No.26617
    須磨に住んでるしょうってやつにレイプされた


260  ココロン - 2014/08/02(Sat) 00:49 No.26608
    仙台からです。私魅力がないんでしょうか?いつも真夜中仙台三井アウトレット近くをうろうろしてます。男性に犯されてみたいです。たまにカワチに駐車場にもいます。


261  モンブラン好き - 2014/08/02(Sat) 13:31 No.26610
    そういえば
    去年の夏休み
    田舎の高校の体育館
    体育倉庫で先生に犯されたっけな。

    熱くってモワッとした空気の中。
    レオタードの上から胸と股間を揉まれてイヤイヤって言いながら全身を、ヒクつかせてたな、私。

    そんなことになったら先輩に悪いって言いながら
    あっという間に先輩のことなんか忘れちゃってたっけな。

    大人のテクニック思い知った。
    夢見心地のセックス、初めてだった。犯されてたのにな。

    絶対やだって思ったのに
    そんな気持ちもどっかに忘れちゃって
    ただ気持ちいいことにまみれてただけの犯されてた時間。

    長くて長くて死にそうだったけど気持ちよかった。

    終わってグッタリ動けなくてもう死んでるのかと思ったけど
    何にも考えらんないぽっかりした感覚が、不思議と、やすらかで癒された。
    先輩の顔を、思い出すまでのひとときだけは。


262  ゆりな - 2014/06/22(Sun) 09:53 No.26183
    後ろから目隠しされて立ちバックで犯されたい
    胸とクリいじられて激しく突かれてイきたい


263  佐籐なるみ - 2014/07/19(Sat) 20:17 No.26471
    マコトさん・・・嬉しいわ・・・
    私を迎えに来て・・・私のお部屋に来て欲しいの・・・
    マコトさんの妻にしてください・・・
    なるみ・・・待ってます・・・
    なるみのお部屋で、毎日子作りして欲しいの・・・
    マコトさんの逞しいオチンチン、なるみのオマンコに入れていて欲しいの・・・
    愛するマコトさんと毎日でも一日中でも、つながっていたいの!!
    私の両親になるみとマコトさんが激しく愛し合って、子作りしてるって教えてあげるの!!
    マコトさん!マコトさん!なるみはマコトさんの事、心から愛してます!!
    マコトさんの赤ちゃん、なるみのお腹に妊娠したいの・・・
    マコトさんが望むなら、何人でもマコトさんの赤ちゃん産むわ!!
    だから、なるみの事・・・捨てないで・・・


264  あさみ - 2014/07/14(Mon) 15:02 No.26388
    39歳の派遣社員です。
    最近余り男性にかまってもらえなくて、疼いています。
    154センチで小柄ですがB88のFカップです。
    ちょっとポチャですが・・・
    私の身体を玩具にして甚振ってくれる方どなたかいませんか。
    嫌がる私を無理やり犯して、感じさせてください。


265  あや - 2014/07/22(Tue) 13:29 No.26503
    Hな奥さんは好きですか?

    Hな奥様と知り合うきっかけを...あなたにも
    一度こういう刺激を知ってしまった女性は
    その快楽から逃れられません。
    わかるでしょう?
    M奴隷 の他人妻をお探しなら
    ご相談ください。

    ○九○ 六三一二 六一四八


266  佐籐なるみ - 2014/07/13(Sun) 08:13 No.26379
    おはようございます・・・

    最近はノ―パンに黒のキュロット穿いて、会社で仕事するのが癖になっちゃってます・・・
    ジロジロ見られてもキュロット透けないから、絶対にバレません!!

    誰か私をレイプして・・・セックスして欲しいの・・・
    気持ち良くなりたいの・・・
    オナニーじゃ味わえない快楽を感じたいの・・・
    私の処女貰って・・・
    3Pとか4Pとかでも、イイよ・・・
    何人もの男の人達と激しくセックス、してみたい!!
    赤ちゃん、作って欲しい・・・
    誰がパパなのか分からなくてもイイの・・・
    妊娠したい!!赤ちゃん産んでみたいの!!

    アン・・・誰か・・・なるみとセックスして・・・
    今日も朝から、オマンコがヌレヌレなの・・・
    彼方の勃起した逞しいオチンチンを、朝からヌレヌレのオマンコが欲しがってるの・・・


267  佐籐なるみ - 2014/07/07(Mon) 05:31 No.26292
    おはようございます・・・

    つよしさん・・・
    早く私とセックスしましょう!!妊娠させて欲しいの・・・
    彼方の赤ちゃん、お腹に妊娠したいの・・・
    何人でも・・・つよしさんが望むなら、彼方の赤ちゃん産むわ・・・
    朝から夜まで、素っ裸になって、つよしさんと子作りしたい!!
    私の身体、激しく抱いて!!つよしさんと一緒に快楽を感じ合いたいの!!
    つよしさんのオチンチン、オマンコに入れて!!
    激しく、突き上げて!!
    精子、膣奥でピュッ!ピュッ!!って力強くタップリ出して!!
    アン・・・ダメ・・・なるみの子宮が、つよしさんの精子欲しがってるの・・・

    パジャマもパンテイも脱ぎます・・・
    つよしさん・・・来て!来て!!
    これからオマンコ・・・中指でヌポヌポします・・・
    気持ち良くなります・・・


268  有紀 - 2014/07/12(Sat) 10:33 No.26372
    受験のため上京してきた甥っ子を預かることになったのですが一度過ちを犯してしまいました。私は38になりますがお風呂場掃除をしていた時いきなり前から好きだったと言われ、いきなり何言ってるのと言い返し抱きつかれキスされ拒みましたが力がかなわずもっていたシャワーのホースを取り上げられてスカートの中あててきて下着をぬらされそのまま一線を越えてしまいました。昨日も台所でスカートの中に顔いれ下着を強引にとりあそこ舐め最後までしまいした。 このまま甥っ子とこんな関係 が


269  里早子 - 2014/07/11(Fri) 05:48 No.26363
    中学生の時、モデルをやってました。
    といっても、スーパーのチラシの子供服のモデルとかです。
    中二の時、ある日の下校時、知り合いのカメラマンさんがいて、至急撮り直ししたいからスタジオまで一緒に来てと言われ、彼のワゴン車に乗りました。
    でも嘘だったんです。
    車には他に彼と同年代の若い二人の男がいて、私はひと気の無い駐車場みたいなところで、彼らに犯されました。
    全裸にされ、身体のありとあらゆるところを舐めまわされ、揉みまわされ、挙句に挿入され(ゴムをつけて)、出し入れされたんです。
    何度も何度も。
    まだ経験のなかった私にとって、余りにも衝撃的なことで、泣き呻くことしか出来ませんでした。
    3時間以上もこうして犯され続けたんです。
    始めはもちろん痛かったのですが、彼らは慣れているようで、私はだんだん感じてきてしまい、そのうち身体が勝手に身もだえしてしまいました。
    刺激が凄かったんです。
    恥ずかしいのと、悔しいのと、複雑な感情でした。
    全てが終わって解放され、歩いて帰宅したのですが、自分のあそこに何かが差し込まれているような妙な感じで、まっすぐ歩けませんでした。
    私は、それでもモデルはやめませんでした。
    このカメラマンさんとの仕事も、普通にこなしました。
    彼は驚いていたようで、私に謝罪しました。
    私は彼に一発ビンタして、なんだかすっきりして、彼を許しました。
    高三の今もあのときの刺激を思い出して、ときどきオナニーしてしまいます。
    私はヘンタイなのでしょうか。


270  ゆき - 2014/07/08(Tue) 09:57 No.26316
    拉致して 犯してほしい女がいます。
    18歳の子です。


271  佐籐なるみ - 2014/07/04(Fri) 06:38 No.26238
    生理、終わったの・・・
    レイプして欲しい・・・まだ、された事無いから・・・
    素っ裸になって、毎日激しくセックスしたい!!
    毎日のオナニーだけじゃ満足できない・・・
    妊娠とか、興味あるの・・・妊娠してみたい・・・
    彼方の精子を子宮に感じてみたい・・・
    彼方の赤ちゃん、産んでみたい・・・
    処女マンコは、今日も朝からヌレヌレです・・・

    汗ばむ私の素肌を、激しく抱いて欲しい・・・
    私の着けているブラも穿いているパンテイも、欲しければその場で差し上げます・・・


272  沙織 - 2014/07/03(Thu) 23:48 No.26234
    最後の男性が、数分間クリトリス役は膣穴の入り口を男性の物で擦ってきました。なんか、4人目の医師?の人のよりも一段と固くて長さや太さも一番大きく感じました。擦られてる時、あまりの気持ちよさでまた何度もいってしまいオシッコも大量に出してしまいました。その時、男性の誰かがゆきりんみたいな顔して、こんなに潮を吹いてすげぇ子だな!って言ったのが聞こえました。もう何を言われても構わとのない!とにかく男性達を 満足させてこの場所から一刻も早く逃げれば…との思いでここまで必死に耐えてきたのです。自分でも、情けないですが何度もいってしまったのも事実ですが…


273  沙織 - 2014/07/04(Fri) 00:27 No.26236
    長々と書いてしまいごめんなさい。これで、少しは傷ついた身体や心が救われそうです。レイプされて帰宅してから急いでシャワーを浴びてシャワーの水流です膣の中を掻き出すように洗い流しました。その後、脱いだ下着を見たら何人分もの精液がベットリと付いていて匂いとか多分一生忘れられないくらいの悪夢でした。今は、だいぶ落ち着いて正常な暮らしが出来てます。人間不信なのは直りませんが。それではまた…


274  ツ債ケツ織 - 2014/07/04(Fri) 00:30 No.26237
    ツ絶昶「ツェナテ板、ナスC窶堙ァ窶堙ェ窶堙窶ーツス窶忸窶堙窶堋「窶堙≫堙窶堋オ窶堙懌堙≫堋スナス窶樞堙可、ツ青エツ照停堋サ窶堋、窶堙ヒテコ窶板絶堙遺堙個?窶堙窶堋ゥ窶「ツキ窶堋ア窶堋ヲ窶堙懌堋オ窶堋ス窶堋ェツ、ニ椎槌辰ニ致窶堋ウ窶堙ェ窶堙窶堋「窶堙窶堙ナツエ窶堋カ窶堙窶堋オ窶堙懌堋、ツ、窶堋サ窶堋オ窶堙窶堋「窶堙≫堙窶堋オ窶堙懌堋、窶堙窶堙坂怒窶懌凪堙架テ毒O窶堙窶堋オ窶堋スツ。ツ鞘披堙固スq窶堙俄堙哉椎槌辰ニ致ナティ窶転窶堋ェ窶堋窶堙ゥ窶堙≫堙窶怒窶懌凪堙遺堙娯堋ゥ窶堙按?窶堙窶堙ナスv窶堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶堋サ窶堋オ窶堙ツ、ツ催ナ津」窶堙娯冕ツ青ォ窶堙娯「ツィ窶堋ェツ渉ュ窶堋オ窶板絶貼窶堙架テェ窶ケC窶堙俄ーナ凪堙懌堙窶愿シ窶堙≫堙窶堋ォ窶堙懌堋オ窶堋スツ。ナスv窶堙ュ窶堋クツ身窶佚娯堙ー窶堙娯堋ッ窶敖ス窶堙ァ窶堋ケ窶堙窶敖ス窶ーナセ窶堋オ窶堙窶堋オ窶堙懌堋、ナス窶楪。ナスv窶堋「窶堙≫堋ォ窶堙ィナツエ窶堋カ窶堙窶堋オ窶堙懌堙≫堙窶堙ゥ窶堙娯堋ェ窶冕ツ青ォ窶堙窶堙ュ窶堋ゥ窶堙≫堋ス窶堙昶堋ス窶堋「窶堙ツ、ツ債。窶堙懌堙窶堙個人窶堙窶堙才テ。窶堋、ツ荒ツ々窶堋オ窶堋「ツ才懌堙窶堋ゥ窶堋「窶堙窶敖イ窶堋「窶堙窶堙坂ーナ凪堙懌堙ヒテェ窶ケC窶堙俄愿シ窶堙ェ窶堙窶堋ュ窶堙ゥ窶堙娯堙ー窶ーツス窶忸窶堙窶ーツス窶忸窶堙ナ谷窶堙ィ窶「テ披堋ウ窶堙ェ窶堙ツ、窶堙窶堋、ナス窶樞堙坂ーテ、窶堙ー窶添窶堙ェ窶堙ゥ窶堋ュ窶堙ァ窶堋「ツ青コ窶堙ーツ出窶堋オ窶堙ナスツゥ窶「ツェ窶堋ゥ窶堙ァツ才懌堙ー窶慊ョ窶堋ゥ窶堋オ窶堙ツ絶昶堋ヲ窶堋ォ窶堙ェ窶堙遺堋「窶堋ュ窶堙ァ窶堋「窶堙俄堋「窶堙≫堙窶堋オ窶堙懌堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。ナスq窶ケ{窶堙俄ーナク窶堋オ窶「t窶堋ッ窶堙ァ窶堙ェ窶堙遺堋ェ窶堙ァ窶堋ス窶堋ュ窶堋ウ窶堙ア窶堙娯氾岩堙個青ク窶ーt窶堋ェニ檀ニ誰ニ檀ニ誰窶堙ナス窶樞堙娯吮窶堙俄卍坂堋ェ窶堙ェ窶堙ゥ窶堙娯堙ーナツエ窶堋カ窶堙遺堋ェ窶堙ァツ、窶堋窶塲ク窶堙「窶堙≫堙ツ終窶堙ュ窶堙≫堋スツ。窶堋ア窶堙ェ窶堙窶ケA窶堙ェ窶堙ゥ窶堙ア窶堋セツ!窶堙ナテー窶堋オ窶氾懌堙ー窶板ャ窶堋オ窶堙窶堋オ窶堙懌堋「窶堙懌堋オ窶堋スツ。窶堋ア窶堙ェ窶堙ナスツ。窶氾窶堙債終窶堙ュ窶堙ィ窶堙懌堋オ窶堋ス窶堋ィ窶敕ヲ窶堙ェ窶罵窶堙窶堋オ窶堋スツ!窶堙ヒテ」ナスtツ?窶堙個人窶堙可青コ窶堙ー窶堋ゥ窶堋ッ窶堙ァ窶堙ェ窶堙テ、S窶堙娯吮窶堙ーヒテ窶凖ィ窶堋ウ窶堋ケ窶堙ゥヒテケ窶堙昶禿イ窶堙窶堋「窶堋、窶堙窶堙娯堙ー窶堙窶堙ァ窶堙≫堙ツ、窶ケ}窶堋「窶堙窶吮ヲ窶佚問堋ヲ窶堙窶冕ツ青ォ窶傳窶堙姑男ニ停榿男ニ停樞堋オ窶堋スニ辰ニ停樞堙ァ窶堋オ窶堋「ツ鞘披堙窶堙ナ陳ゥ窶堙ゥ窶堙ヲ窶堋、窶堙闇ス窶ケツ静シ窶堙ー窶板≫堙鯛堙遺堋ェ窶堙ァニ筑ニ停愴歎ニ停。ニ停懌堋ゥ窶堙ァ窶慊ヲ窶堋ーツ出窶堋キ窶堙ヲ窶堋、窶堙俄敕イ窶堙堕出窶堋オ窶堙懌堋オ窶堋スツ。ヒテケ窶堙昶禿イ窶堙ナ陳セ窶堋、窶堙娯堙坂堋窶堙窶堙窶卍イ窶堙冷堋ス窶堙ァナ津」ニ痴ニ停ケ窶堙窶堋オ窶堋スツ。窶堋ウ窶堋キ窶堋ェ窶堙俄冕ツ青ォ窶傳窶堙窶戰ツ娠窶堋ウ窶堋ケ窶堙ゥ窶堙娯堙坂ーテねツ」窶z窶堙窶堙窶堙ナスv窶堙≫堋ス窶堙娯堙窶堙懌堋オ窶堙・窶堋窶堋ゥツ?


275  沙織 - 2014/07/04(Fri) 00:05 No.26235
    数分間、擦られて何度もいってしまった私に、清純そうで淫乱なの?とか聞こえましたが、レイプされていても感じてしまう、そしていってしまうとは本当に意外でした。女の子にはレイプ願望があるって本当なのかな?とも思いました。そして、最後の男性の物が少し乱暴に一気に奥まで入ってきました。思わず身体をのけ反らせて反応してしまう私。思いっきり感じてしまってるのが男性もわかったみたいで、今までの人とは違う荒々しい腰づかいで抜いては奥まで一気に入れてくるのを何度も何度も繰り返されて、もう私は我を忘れるくらい声を出して自分から腰を動かして数えきれないくらいにいってしまいました。子宮に押し付けられながらたくさんの量の精液がドクドクと私の中に注がれるのを感じながら、あぁやっと終わった。これで帰れるんだ!と嬉し涙を流してしまいました。これで治療は終わりましたお疲れ様でした!と医師?の人に声をかけられて膣の中を安定させる飲み薬というものをもらって、急いで着替えて男性達のニヤニヤしたイヤらしい女でも見るような視線を浴びながらマンションから逃げ出すように飛び出しました。飲み薬と言うのはあとで調べたら後ピルでした。さすがに男性達も妊娠させるのは可哀想とでも思ったのてましょあか?


276  沙織 - 2014/07/03(Thu) 23:17 No.26233
    情けなくも、レイプされているにもかかわらず感じてしまい何度もいってしまった私は、本当の自分は淫乱なの?とも思いました。そして、5人目6人目とあっという間に私の中で果てて最後の7人目になりました。自分でも、よく冷静に人数を数えてるなと呆れてました。医師?の人が、これで、ラストのお薬を注入しますからもう少し頑張ってくださいね!とカーテンを開けて伝えにきました。汗と涙とでとても人には見せられない顔だったと思います。


277  沙織 - 2014/07/03(Thu) 22:11 No.26232
    精液でドロドロになった私の中み水みたいな液体を入れて中をきれいにしてから4人目の男性の物が入ってきました。レイプされてる中でも不思議と冷静に男性の物の大きさや固さとかを感じて、この人の気持ちいいとか思ってる自分がいたりもしました。4人目の男性のは、今までの3人とは全くちがう太くて長い物でした。それも延々と20分くらい?私の中で掻き回すように動いてたまらずに私は何回もいってしまいました。レイプされていくなんて思いもしませんでした。やっと、私の中に大量の精液を出して抜いた時、オシッコを出してしまいました。そのくらい感じたし気持ちいい時間でした。その後、誰かがさすが先生役は違うよな!って言ったのが聞こえました。その4人目の男性は医師?の人だったみたいです。


278  沙織 - 2014/07/03(Thu) 21:52 No.26231
    2人、3人と立て続けに私の中に男性の物が入ってきては大量の精液が膣の中奥深くに注がれました。皆、挿入してすぐに出すので痛さや挿入されてる間の屈辱感はあまり感じませんでした。男性達の誰かが超気持ちいいわ…もう1回さたいよな。すると、他の誰かがバレちゃうから止めとけとかの会話もしてました。


279  沙織 - 2014/07/03(Thu) 21:24 No.26230
    あと、30分から1時間はかかります大丈夫ですか?とも聞かれ、私は気丈に大丈夫です。よろしくお願いします。と答えました。クラシック音楽が流れている中で、男性達がズボンをおろす音が微かに聞こえました。いよいよ生き地獄と言ってもいい時間がやってきます。それではお薬を注入します…との医師?からの言葉と同時に最初の男性の物がゆっくりと入ってきました。注射器でもなんでもなく、たった2回しか経験なくても感触で男性の物とわかります。微かな痛みに耐えてると、挿入されて間もなく私の中に温かい液体が出てるのがわかりました。当然?に中だしです。かなりの量が出てるのがわかりました。男性の物が私の中から抜かれた途端ドロッとしたものが膣の中から溢れてきました。レイプされている実感で身体中が震えていました。


280  沙織 - 2014/07/03(Thu) 21:12 No.26229
    私の偏見かも知れませんが、男性達は今まで女性と縁遠かったのかな?女性と、まともに会話すらしたことのない人達なのかな?って感じてました。私の全裸姿を間近で見た、あのギラギラとした眼差し…胸やアソコを触ってるときの手の震えかた、もしかして初めて女性に触れたの?とも感じました。私も、経験は少ないけどエッチには興味があり時々サイトを開いてセックスしてる動画を見たりしてます。今、中だしとか潮吹きとかが流行りですよね?男性達も、私の膣の中に指を入れては潮吹きさせようと乱暴に動かしてきます。実際はとても痛いです。それだけで涙が出てくるくらい…男性達に胸も下半身ももて遊ばれてる中で、ふと思ったんです。今、この場所にいるのを知ってるのは友人も家族も誰も知らないって。私しか知らないって。このまま拉致されていろんな場所に連れていかれても、もしかして殺されたりしても誰もわからないままだって。そう考えたら、もう覚悟を決めてこの人達を満足させてこの場所から生還することを考えようって思いました。身体の傷や心の傷は時間が解決してくれると信じて…だから、男性達の期待に応えるようにオシッコを出して潮を吹いたように見せかけたりしました。それだけで男性達は感嘆の声を出して喜びます。まるでアダルトビデオの男優みたいな気分なのでしょう。胸を触りに来るのは誰もいなくなり、男性達の興味は私の下半身のみになりました。そう、これから代わる代わる男性のものを無理やりに受け入れなければいけません。覚悟はしていても涙が止まりません。病気や妊娠の恐怖も頭の中に渦巻いてます。その中で、診察、治療を受けていることを演じなければいけません。男性達は、未だにバレてないと思ってるからです。わざとらしく私は、医師?にどんな治療をするのですか?時間はあとどのくらいですか?と聞きました。医師?は膣の中や子宮に傷があるので何種類かのお薬を膣内に注入しますからよろしくお願いします。と答えました。


281  沙織 - 2014/07/03(Thu) 17:28 No.26226
    そういう屈辱感を受けながらも、誰かが私のオシッコで汚れた所をティッシュペーパーで拭き取っている時、クリトリス、膣穴、肛門に男性の指が触れる度に、これまでに経験したことのない快感を感じました。見知らぬ男性達に見られたり触られたりするのは耐え難いくらいに嫌なはずなのに身体は快感でビクンビクンと反応してしまうのです。涙を流しながら大きく首を振って、感じてしまっている自分自身が許せなかったです。これから先は、もう男性達にされるがまま状態でした。医師?が色々と話してましたが覚えてません。研修生?達は、代わる代わるカーテンの中に入り、乳ガンの検査と理由をつけ私の胸を揉んだり乳首をつまんだりして、同時に他の研修生?や医師?が私の性器を触り、時には膣の中に指を入れて乱暴に掻き回したり、もう診察とか治療とか関係ない感じでした。


282  沙織 - 2014/07/03(Thu) 15:59 No.26223
    もう、絶望感とどうして断らないで女性についてきてしまったのか?の後悔とか、これから何をされてどうなってしまうのか?の恐怖とか気が狂いそうでした。でも、大学で心理学を学んでいて、こういう時は変に相手を刺激するような行動…抵抗したり泣き叫んだりとかすると逆に相手を興奮させて余計に悲惨なことになると学んでいて、とにかく相手を満足させて早くこの場から逃れることが最良?とも考えている自分がいました。カーテンの外には、下半身をむき出しにして足をベルトで固定されて全く自分でコントロール出来ない私に、男性達はどんなことをしてくるのか?恐怖心で突然に尿意を感じ、医師?にすみませんトイレに行かせてください…と言うと、あぁごめんなさいね…もう診察するので、我慢されるかこの場でこのままで構わないのでさても大丈夫ですよ。と言われました。そんな!そんな恥ずかしいところを見せられない!と思い懇願しましたが、聞き入れてもらえずもう限界になるくらい尿意を抑えきれず失意と共に大量のを出してしまいました。診察室中に響く、床に当たる私のオシッコの音…その時、カメラのフラッシュとシャッター音がしました。ビデオカメラ以外にも写真まで撮っていたのです。男性達の中からすげぇとか黄色いじゃん!とかの声が聞こえたりもしました。パイパンマン◯の放尿サイコーだわ!とかこの場から消えてしまいたいくらいの屈辱感でした。


283  沙織 - 2014/07/03(Thu) 15:11 No.26222
    この時くらいから、もしかしたら?と最悪な展開になることを予想するようになりました。そう、男性達に私の身体をもて遊ばれてしまうことです。あとで気がついたのですが、診察室?の所々に隠すように赤いランプのついた物があったんです。気がついたのだけで5箇所も。そう、ビデオカメラで私が男性達にされてる一部始終を撮影されてたのです。天井を見ると私の真上にもありました。


284  沙織 - 2014/07/03(Thu) 13:41 No.26221
    ここからが、私にとっての本当の悲劇の始まりだったのですね。どう書いて良いのか整理ができないくらい辛くて悲しい出来事でした。乱文になると思いますが読んでください。正直、思い出したくないし人間不信にも、なってしまったくらいのショックな出来事でしたが、なぜかこうして書いて想いを共有してもらえたら…との想いから書いてます。医師?が言う協力してください!の意味が理解出来ないまま返事をして、全裸で足を思いきり開いて高く上げられて医師?と研修生の視線を受け、私の周りを囲むようにカーテンをされて、診察と治療をしますとしか説明されずに、どんなことをされるのか?時間はどのくらいかかるのか?全くわからずに恐怖と羞恥心とがごちゃごちゃになって自然と涙ぐんでいました。いつの間にか女性の姿もどこかに消えてしまい、私の他には男性だけの異様な空間でした。クラシックの音楽が少し大きめな音です流れ始め、医師?がカーテンを開けて私に少しでもリラックスしていただけるように音楽かけましたから。診察と治療の内容によって1時間越えますが大丈夫ですか?と聞かれたのですが、もうハイ…お願いしますとしか答えることが出来ませんでした。


285  沙織 - 2014/07/03(Thu) 12:09 No.26218
    私、少しコンプレックスがあって、アソコの毛が幼女みたいに無いんですね。だからセックスするのが苦痛なんです。笑われそうで。初体験の時は彼にかわいいマン◯だよね。赤ちゃんみたいだよ。とか言われて…ビラビラもなくて本当に赤ちゃんみたいなんです。そんな恥ずかしいところをいきなりこんなに多くの見知らぬ男性達に見られるなんて夢にも思わなかったです。医師?は、ごめんなさいね。今日はたまたま出身の大学から研修生の面倒を頼まれてしまいまして…どうかご協力お願いします!すべて無料で診察と治療をやらせていただきますから。と言われて、もう断りたくても場の雰囲気とか流れには逆らえない空気で、はい…お願いします。と答えてしまいました。


286  沙織 - 2014/07/03(Thu) 12:00 No.26217
    男性の医師?は50歳くらいで、あとの男性達は本当に私と同年代みたいな感じで、でもこれから医師になるとは思えない髪の毛ボサボサだったりとにかく生理的にやだ!って感じの男性ばかりでした。で、逃げ出してしまいたくなっている私を悟ったのか、医師?は急かすように診察台?分娩台?に私を導き、全裸になった私を仰向けに寝かせて、両足持ち上げて高い場所にある足を置くところに持っていきました。その時、少し起き上がって男性達のところを見たら獣が襲うような視線で私の恥ずかしいアソコを凝視しているんです。


287  沙織 - 2014/07/03(Thu) 11:46 No.26216
    因みに、初体験は高3で体験人数は1人で回数なんて2回ですよ。オナニーは生理前にするくらいかな?で、それを顔を真っ赤にさせながら答えて、セックスの時は痛くて気持ち良くなかったとか生理前は、おりものが多いとも答えて、その後女性に案内されて診察台?分娩台?の隣で、せっかくだから乳ガン検査もやりましょう。なので、全部脱いで下さいね。あ、靴下はそのまま穿いてても大丈夫ですよ。私は当日、ピンクのサマーセーターに黒のデニムのタイトミニに黒のニーハイと黒のパンプスだったのです。で、言われるまま全部脱いだと同時くらいに、奥のドアが開いてドヤドヤと7人の男性達が入ってきました。女性が、これから診察と治療をしてくださる先生と、あとの6人は医大生でたまたま今日は研修に来てます。色々と勉強しなければいけない時期なのでご協力お願いしますね!と言われました。え?女性が診察じゃないの?私と同年代の男性にこれから私の恥ずかしいところを見られちゃうの?やだやだやだ!って心の中で叫んでたけど、もう全裸になって流れに逆らえない状況になってしまっていました。


288  沙織 - 2014/07/03(Thu) 05:42 No.26215
    20歳の、大学3年生です。今年のゴールデンウィーク明けの平日の日でした。未だに信じられなくて、騙された自分が情けなくて悔しくて涙が出てきます。本当にこんなことがあるんだ…。学校帰りに原宿で買い物をしてる時に、突然白衣を着た50歳くらいの女性に声をかけられて、アンケートのお願いと無料で婦人科系の病気の相談と治療をしています。若い女性を対象としていますので、ぜひ協力してください!と言われて、元々断れきれない性格の私はその女性に言われるがまま、婦人科の病院とは思えない原宿駅近くのマンションの一室に案内されました。中に入ると、分娩台?診察台?があって、女性から色々と恥ずかしい問診を受けて…例えば初体験の時期とか体験人数とか回数とかオナニーはしますか?とか好きな体位とか…え?そんなことまで?って婦人科の検査なんてもちろん初めてなので分からないことばかりで、ちゃんと答えないと検査や治療が出来ませんので…とか言われてバカみたいに真っ正直に答えてしまいました。


289  junko - 2013/08/29(Thu) 17:40 No.22751
    洵子といいます。
    甥に犯され続けています。
    農家でハウス栽培の野菜を作っていますが、
    二年ほど前に主人が体が不自由になり、
    ほとんど農業はできない体になってしまいました。

    それでも私は一人で主人を養うために農業を続けていました。
    それでもやはり、女一人ではうまくいかにことも多く、
    収入は激減で困っていたところに、
    隣に住む甥の哲也が手伝ってくれるようになりました。

    はじめは普通に接していた甥でしたが、
    ある日突然でした。
    ハウスでいつものように一緒に作業をしていたとき後ろから襲われました。
    力の強い甥は、私をあっという間に裸にし貫きました。
    動転してどれだけ抵抗できたかわかりませんが、
    私の乾いたあそこに甥のものが刺さったとき、
    痛みで悲鳴を上げました。
    甥は持っていたタオルで私の口をふさぎ声を押し殺してこう言いました。
    「おじさんが大事だろ?」
    私は、痛みの中で甥の言葉の意味を理解しました。
    主人を養うために手伝ってやるから体を差し出せと。。。
    私は抵抗をやめました。
    甥は私の口をふさいだタオルをはずし。舌をねじ込んできました。さらに激しく腰を打ち付けてきました。
    私は、痛みをこらえてすべてが終わるのを待ちました。
    早く終わって欲しいと。ただそれだけを願って。
    甥は結局、三度私を犯しました。最後は口で甥のものを受け止めさえられ、口できれいにさせられました。

    それからは毎日のように犯されています。

    甥の凌辱にいつしかなれてしまい、痛みを伴うことはなくなってしまいました。体が甥のものをスムーズに迎え入れる準備をするようになってしまっています。
    逝かされることもしばしば。。。
    そんな私を甥はさらに激しく犯します。

    先日は初めてホテルに連れて行かれました。
    正直、快感に支配され、自分から甥のものを求めてしまいました。自ら甥の固く厚いものを口に含み、甥の精を味わいました。後ろから激しく打ち付ける甥に、自らお尻をぶつけ下の口でも甥の精を味わいました。
    そんな甥は、私のすべてを奪いました、主人にもされたことのないところに。。。アナルにまで精を注ぎました。

    私はもう40台後半です、主人を養うにはどうしても甥の助けが必要です。今は、若い甥がいつまで私を犯すことで満足してくれるか不安になってきています。
    ですから、甥の望むことは拒否できません。
    甥に飲めといわれれば飲みます。
    アナルがしたいと言われれば。差し出します。
    それどころか甥を私のそばに留めるために、甥に奉仕することもしていかなければと思っています。
    私の体でできる限りのことを。。。

    主人のために甥に尽くします。


290  ナナ - 2014/06/28(Sat) 13:10 No.26202
    服とかボロボロに切り刻まれて、犯されて捨てられて
    助けも呼べないし帰れない…ぞくぞくしますっ


291  佳代子 - 2010/07/20(Tue) 04:22 No.13697
    フィクションばかりでは無いような気がしてきました。
    そして、このサイトを見る限り、バージンが多いことに驚きました。
    私もつい最近までバージンでした。友達にはみんな彼氏がいるのに、私にはいません。好きだと言ってくれる人はいたのですが、いかにも体目当ての男ばかりでその気になれませんでした。
    それがこんなに恐ろしい形でバージンを失うことになるなんて想像もしていませんでした。
    大学2年の夏、携帯に電話がかかってきました。
    「ある方から文化祭のミス大学の推薦をもらったのですが、出来ましたら、今から投票用の写真を撮らせていただけませんか?」と言うことなので、快くお受けしました。
    近くの喫茶店で待ち合わせをし、スタジオに連れて行かれました。スタジオと言っても、プレハブの建物の中にカメラなどの機材が置いてあるだけですが、写真館のような大きなバック紙がぶら下がっていて、まさに撮影用の部屋に見えました。
    そこで数枚の写真を撮った後、「次は服を脱いで」と言われました。
    私は聞き間違いだと思い、「えっ、」と聴きなおしました。
    するとカメラの男が、「脱げって言ってんだよ!」とドスのある声で脅しました。
    少し恐くなってじっとしていると、4人の男が近寄ってきて、「じゃぁ、脱がしてやるよ」と言って一気に襲い掛かりました。あわてて必死になって抵抗しましたが、両手に手錠をかけられ、お腹を何度も殴られ、苦しくてのたうち回る事しか出来ません。ついには下半身を全部脱がされ、右足首と右手首、左足首と左手首を手錠でつながれ、両脚を屈辱の形に開かれたまま、4人の男の指が何本も体に入ってきて、恐ろしい勢いで膣をまさぐりました。私は痛さのあまり泣け叫びました。「助けてください、許してください」と。
    股間から血が流れる感触がしました。
    「お高くとまってるんじゃないぜ、佳代子!」と私の名前を呼び捨てにしながら、カメラを回している男がいました。
    「おい、カメラを代われ、まず俺からだ」
    男がズボンを脱ぎ覆いかぶさってきました。もう何が何だかわからなくなっていました。カメラの回る音と、携帯のシャッター音とストロボだけが、恐怖でした。
    歯を食いしばり目を閉じて悪夢の時間が過ぎ去るのを我慢しようとしましたが、涙が止まりません。
    「オオーッ」と言う雄たけびは、やっと一人目の男の終了でしかありませんでした。二人目、三人目、四人目、五人目と、どんどんエスカレートしていきました。4本の指を入れられたり、お尻にコーラの瓶を突っ込んだままセックスさせられたり、クリトリスに洗濯ばさみを挟んだまま犯されたり、3人に体を持ち上げられて女性上位のセックスをさせられたり、卵形をした小さなバイブレーターを複数個スイッチを入れたまま入れられて、苦しくてのた打ち回る姿をカメラで撮られ続けました。一番の屈辱は、鼻をつままれ、口の中に一気にウイスキーの小瓶を流し込まれた、「もう一度、皆さんのオチンチンで私をイカシてください。満足できるまで中で出してください。妊娠させてください、と言え!。言わなければ、殺すぞ!」と脅かされ、その通りに口にさせられました。そして、男が果てそうになると、「行く、出して」と言わないと、鼻からウイスキーを流し込まれるのです。屈辱でした。5人の男たちに再び犯されながら、「イク、出して、お願い」と言わなければならなかったのです。
    5人が終わると、今度は縛られたままでモニターを見せられました。屈辱どころか死にたくなりました。股間からは、精液と血がとめどなく流れているのに、脚を閉じることも許されません。モニターを見ていると男たちはまた興奮してきて私を襲います。そしてまたカメラを回しながら、「もっと激しく、もっと強く、もっとイカせて」と言わせるのです。
    それからと言うもの男たちは、毎日のように入れ替わり、私のマンションにやってきては私を抱いていきます。ある男は、テレビにあの屈辱の光景を映し出しながら犯し続けます。
    あれから2年、幸いにも妊娠は避けられました。
    就職も決まりました。何とかこの地獄の状態が終了することだけを願っています。


292  リュカ - 2014/06/24(Tue) 11:15 No.26193
    雪合戦も良いですよ?


293  なるみ - 2014/06/21(Sat) 14:25 No.26169
    私は、レイプされて子供を孕まされるのが、
    とても嬉しいです。
    妊娠したら、子供を産んで育てます。
    早く、私の子宮に精液を放って妊娠させて。


294  リリー - 2014/06/21(Sat) 18:09 No.26176
    小学校の卒業式が終わった春休み、今度中3になる兄の友人が遊びに来て、兄の部屋呼ばれて3人でいた時のことなんだけど。
    兄の友人が、私に向かって、「おめーも、こんな兄貴もって大変だな。おえーの兄貴、中学のトイレでみんなに何されてるか知ってるか?」って。
    そして、ズボンとパンツを下して、兄に向って、「妹の前でやれよ。早くしゃぶれよ、おらあ!」って。
    私は怖くて逃げようとすると、友人はドアを閉じて、ドアの前で兄にフェラチオをさせました。
    私がうつむいてると、ビンタしてきて、「ほら、見ろよ!」って。
    呆然と見ていると、兄の頭を押さえて腰を動かしていた友人の
    腰の動きと顔の表情が激しくなってきたと思ったら、
    兄の口から、白いものが垂れてきて、超キモかった。
    そして、私に向かって、「みんな、妹が入学してきたら、兄貴の代わりにやらせようぜ!って言ってるけどなあ。
    俺は、お前の兄貴のダチだから、俺と付き合えば特別に守ってやることもできるけど。兄貴みたいにみんなにされるかどっちがいい?」って聞いてきて。
    怖がっていると、「俺と付き合って、俺にだけこっそりやらせれば、みんなから守ってやるからさあ。」と言われ、結局付き合うことにしました。
    春休みは、私の部屋でフェラチオさせられたり、ディープキスしてきたり、胸をもまれたりしたけど、中学に入学した後、
    休み時間に、中3の数人が私に声をかけて、多分トイレに連れて行こうとした時、兄の友人がやってきて、
    「俺、そいつと付き合ってんだ。」と言って、助けてくれました。本当にその時は、命の恩人に感じました。
    それから、部活の帰りには、毎日兄の友人と公園で待ち合わせて、車イス用の広いトイレでフェラチオさせられ、
    テスト前部活のない時は、私の部屋で裸で抱き合ってディープキスの後、フェラチオって感じで、1学期が終わりました。
    そして、夏休み。午前中の部活が終わった午後。兄の友人と毎日私の部屋で過ごしましたが、抱き合ってる時、初めてあそこに指を入れてきました。
    濡れてたみたいですぐに入ったみたいけど、痛かった。そしてフェラチオしたんだけど、その日は口で出さず、私のあそこに入れてきました。
    よだれで濡れててにゅるって感触と痛みに襲われたけど、兄の友人はそのまま腰を動かしているうちに、痛みが信じられない快感に変わったころ、
    叫び声とともに、あそこの中に、なま温かいものが出された感触がして。私が処女をあげた瞬間でした。
    夏休みは、親がいない時、毎日のようにHされて、2学期からは、3年の部活がなくなって、ストレスがたまってるのか、
    私が部活から帰る夕方、毎日公園のトイレで、後ろから入れてきて激しくつつかれました。
    テスト前とかで、私が部活のない日は、私の部屋で裸で抱き合いながら、2〜3回出してきました。
    そして、冬休みになった時、兄の友人は、私に生理のことを聞いてきました。夏休みから生理がこないと言うと、ちょっと顔をしかめました。
    冬休み2日目の午後、兄の友人がいつものように、私の家に来たんだけど、いつもと様子が違ってて。
    その日は、自転車でやってきて、合羽を着てフードをかぶったまま、私の部屋まできて、
    「俺は、お前の命の恩人だからな。俺と今からやることは、夏休みに、知らない人が入ってきてやられたって、親に言うんだぞ!」って。
    そして、いつものように裸になった私を、兄の友人が、合羽を着てフードをかぶったままの姿で、私にHしてきました。
    1回目のHの後、「俺が言うまで、親には話すなよ。」って言って裸になると、あと2回Hしてきて、わたしの中に出してきました。
    私が親に話すやすいようにと考えたのか、冬休みのHの1回目は、必ず合羽を着てフードを被った姿でHしてきました。
    そして、冬休みの最後の日、3回目のHが終わった時、兄の友人は私に、「俺はお前の命の恩人だからな。1週間後に、今から言うとおりにおふくろにだけ、こっそりしゃべれよ。絶対にだぞ!
    お前が言うことは、にわか雨が降った夏休みの日に、合羽を着た知らない人が入ってきて、リビングで押し倒されて、抱き着かれた後、生理がこないって。
    殺されたくなかったら、誰にも言うなって言われて怖かったって。それだけな。」って。
    それが、私と兄の友人の最後のお付き合いの日になりました。1週間どう言おうか悩んだ挙句、言われたとおりに母に話しました。母は驚きましたが、私が無事でよかったって、なぐさめてくれました。
    次の日、学校を休んで、母はパートを休んで、私を病院に連れて行きました。検査とか言ってたけど、1晩入院になりました。
    それ以上のことは、母は何も話してくれなかったし、私も話しませんでした。
    3学期からは、Hはしなくなりましたが、兄の友人は、卒業式まで、兄をいじめてた連中から、私を守ってくれました。
    私にとっては、まさに命の恩人でしたが、春休み兄の部屋から友人の話し声が聞こえてきました。
    「お前より上の高校に入れたのも、お前の妹でストレス発散してきたおかげかもな。」って兄や私をあざ笑うような声。
    そして、「今日あいつ居たよな。」って、私の部屋に入ってきて、「命の恩人に最後に1回フェラチオしろや。」って。
    頭を押さえられて、激しく腰を振った後、口の中に出されたものを久しぶりに飲まされました。
    今振り返っても、何か複雑な心境です。


295  佐籐なるみ - 2014/06/10(Tue) 06:58 No.26101
    あぁ〜・・・強引にレイプされたい!!
    激しくセックスしたい!!
    全てを忘れるくらい、快楽を感じたい!!
    彼方の精子を子宮に感じたい!!
    赤ちゃんデキちゃってもイイの・・・
    激しくセックスして欲しい!!

    かずさん・・・来て!来て!なるみをレイプしに来て!!
    かずさんのお友達も一緒に・・・
    今日も朝から、オマンコヌレヌレなの・・・
    我慢出来ないの・・・

    男の人達の欲情のままに、激しくセックスして欲しい!!
    なるみの体を押さえ付けられて両足開かされて、男の人達の精子を
    子宮に何度も出されてみたいの!!出して欲しいの!!
    子宮に出される精子を感じてみたいの!!

    赤ちゃんデキちゃってもイイ!!
    産んで欲しいなら、なるみは赤ちゃん産みます・・・
    認知とか結婚とか関係ナイ・・・勿論、将来の事とか・・・
    なるみは今、激しくレイプして欲しいの!!
    セックスの快楽を味わいたいの!!

    アン・・・なるみの乳首もクリも敏感・・・
    オマンコ、濡れちゃってるよ・・・
    来て!来て!早くなるみのヌレヌレのオマンコに、
    逞しいオチンチン無理やり入れて!!
    なるみ・・・今日も朝から、イッちゃうよ!!


296  ゆら - 2014/05/29(Thu) 01:13 No.25984
    あと1週間で二十歳になります。海外に両親とも行ってしまうので2年ほど実家に1人暮らしです。
    うち、または別の場所で監禁などで徹底的に遊んでくれるかたいませんか?
    大学にはいっておらず、バイトとお小遣いで生活しているので、バイトやめてもいいし、2年消息不明でも誰も気づかないし、支障ありません。なにをしてもばれません。
    友達も少ないので撮られても売られても全然大丈夫です。
    2年で依存症、中毒、肉便器にしてもいいし、ボロボロにしてもいいです。まかせます
    両親が想像していないような生活を送り、成長したいです。
    決めた方には私の身体と家の鍵をお譲りします。


297  佐藤なるみ - 2014/06/04(Wed) 07:03 No.26030
    書き込みがイッパイになってたので、新しく書きました。

    生理、終わりました・・・

    無理やり拉致られて監禁されて、激しくレイプされたい・・・
    強引にセックスする男の人(達)がスキ・・・
    まだセックスした事無いから、してみたい・・・

    ただ快楽を求めるだけの、レイプされたい・・・
    私の事、妊娠させる為だけのレイプして欲しい・・・
    抵抗する私を押さえ付けて、妊娠するまで無理やりセックスさせられちゃうの・・・
    ドキドキしちゃう・・・オマンコ、濡れちゃうよ!!

    汗だくになって無理やりセックスして、なるみを妊娠させようと
    する男の人の身体に抱かれてみたい・・・
    子宮に、何回も何回も精液出されてみたい・・・
    感じてみたい・・・
    見ず知らずの男の人の赤ちゃん、妊娠してみたい!!

    結婚とか認知とか、関係ナイ・・・
    将来の事とか、もうどうでもイイ・・・

    NTRさんは、隣県だそうですね
    お友達でも誘って、秋田になるみを拉致りに来てね
    ナイフとか突き付けられて、ドキドキしながら拉致られちゃいます・・・
    抵抗する私を押さえ付けての、激しいレイプを期待しちゃいます・・・
    朝でも夕方でも、どちらでもOKです!!
    ア〜ン・・・なるみ、ドキドキしちゃう!!
    ア〜ン・・・来て!来て!!


298  竜二 - 2014/06/08(Sun) 14:44 No.26083
    東京都調布市35歳
    年齢容姿問いません。


299  ガリガリさん - 2014/06/07(Sat) 20:56 No.26078
    実はぼく友達にスケベ大内みき女います
    もしよければレイプしてくれませんか
    アドレス教えますよ
    携帯電話ください09082163313


300  ひろこ - 2013/10/08(Tue) 16:27 No.23974
    私は何処にでも居るアラフォーです。大学生と知り合い最初はお茶を飲んだりファミリーレストランへモーニングに行ったりしていましたが1ヶ月もしたら身体の関係になって、もう私の方が若い男性に夢中になってしまったのがうかつだったんですが、ある日彼の部屋でいつもの様にくつろいでたら同じ建物の彼の友達が3人来て一緒にお菓子を食べたてお話ししたりしてたら彼が突然シャワーしておいでって言うから、私はエッ?て顔したら、みんなでエッチするから洗ってこいと言ってるの! と少し強い口調で言ったけど、そんなの出来るわけないでしょって反発したら、そう、とあっさり言うと初対面の3人の前で私を横倒しにしてスカートをめくり上げ、やめて!と言った時には下着を取られてました、そうなるともう4人掛りであっと言うまに素っ裸にされ恥ずかしい格好に押さえつけられ、やりたい放題です、大音量の音楽が鳴る部屋に4人以外の人の気配が有りレイプされながらも回りを見ると大学らしい女の子が数人、無茶苦茶にされてる私を見ていました、泣き叫んでいた私わ思わず自分の腕を噛み声を押し殺しましたがその抵抗も一瞬で、女を意識しやがって!の声とともに身体を引きずり回され再び大声を上げるはめになってしまい、女の子たちはエッチされてる所に顔を近づけて見ているらしく凄い凄いと大騒ぎしていました。
    彼らは大人のおもちゃも出してきて私の恥ずかしい姿を見て
    またエッチを始め、どんどんエスカレートしてその中の1人が肛門に何かを入れて出し入れしてきました私は思いっきり抵抗して泣き叫んだけど全く無意味で女の子たちの、この人おしりの穴でイッてるんじゃない?イヤーッ!ウンチ付いてるなどと聞こえたのを覚えています。お昼過ぎに部屋に入り
    レイプが始まったのが、それから1時間後くらい、終わったのが6時のニュースが終わりかけの7時前。
    その後フラフラになりシャワーをして乱れたお化粧を直し
    て帰りました普段から履いてるハイヒールで歩くのがとても辛かったのを思いだします。


301  えりな - 2014/06/02(Mon) 15:58 No.26015
    OLしてます
    都内のワンルームに住んでます
    先週と先々週の日曜日に自分の部屋でレイプされました
    最初のレイプの時は、外出から帰ってドアを閉めようとした瞬間に一緒に部屋に入られてしまいました
    怖くて声を上げられなくて、
    そのままベッドの上で犯されました
    手枷と足枷みたいなものでベッドに拘束され、
    身体中を舐めまわされました
    乳首とかあそこも好き放題に弄られているうちに
    身体が自分の思いとは違ってきて
    入れられた時には、もう後戻り出来なくなってました
    元々レイプ願望みたいなモノはありましたけど
    うっかりイカされてしまいました
    その時は一回出されて終わりましたけど
    相手には私が感じてるの気付かれてしまいました
    たぶんそれで相手も調子に乗って
    これからは、私の事を性奴隷にするって言い残して帰っていきました
    それから一週間は何もなかったので、
    私ももう来ないのかなって思っていました
    安心するのとちょっと残念な気持ちでした
    でも昨日ドアのカギを開けるようにってメールが来ました
    私もバカなんでしょうけど、思わずカギを開けてしまいました
    殆ど同時にドアが開いて、先週私を犯した相手が入ってきました
    先週と違い今度は色んな器具を持ってきていました
    私は器具で徹底的に責められて
    気を失うまでおもちゃにされました
    昨日は三回も出された挙句に奴隷になる約束をさせられました
    相手が帰る時には、また犯して下さいって言わされました
    でもそれも半分以上は本心でしたけど

    また来週犯されます
    私はこれからどうなるんでしょうね
    まいっちゃいますね
    あ〜こりゃこりゃって感じです
    楽しみだよん


302  りかこ - 2014/05/31(Sat) 14:12 No.25999
    私は男3人に犯された事があります。


303  裏切り者 - 2011/03/31(Thu) 09:48 No.16504
    いくら、妄想ゆうても
    どーせ
    ここで投稿した奴・・・・、
    全員
    いや半分以上は
    男が投稿したものやで


304  酒井博文 - 2014/05/26(Mon) 06:26 No.25968
    0857-26-7505
    0857-23-5441

    職業は養護学校教論
    勤務先は鳥取盲学校

    梅田悟にノコギリで切りつけられた川栄と入山は運が悪いぜ。バカな女だ。

    梅田悟はスゴイぜ! カッコイイぜ! 尊敬するぜ!

    川栄と入山が本当に死んでいたら、もっと大騒ぎになっていただろうなあ。そんなバカ女どもが生きていたなんて往生際が悪いぜ。

    梅田悟は自分の強さをアピールしたいから、ノコギリで切りつけたんだ。梅田悟は最強だ!


305  私は@レイプされました。 - 2014/05/22(Thu) 14:20 No.25932
    仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。
    元々女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に
    入って浴衣に着替えると、すっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲
    みすぎてしまいました。

    ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまい
    ました。同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)
    が心配して、トイレ(入り口)までついて来てくれました。

    「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は、拍子抜けしたままトイレ
    で用を足して出ると、まだその先輩が前で待っていました。
    そして、その先輩は「ちょっと飲みすぎたみたいだから少し休むと良いよ」
    と言って、私の部屋まで連れて行ってくれました。

    部屋に入って、布団に横になると、なぜかその先輩も同じ布団に・・・
    内心、「よっしゃ〜〜」と思いながらも、
    「ダメ・・・」と軽く拒みましたが、当然そのまま布団に・・・。

    でも、先輩はそのまま何もせず寝てしまったので、私は少し拍子抜けした気分
    になりながら、私も寝てしまいました。
    しばらくして、私はなんか違和感があって目を覚ましました。
    そう大きくも無い胸を先輩に揉まれてました。

    「ちょっ、ちょっと・・・」
    と抵抗しようとしますが、お酒のせいか、先輩がそんなに嫌じゃなかったせいか、
    気持ちよかったせいか、力いっぱい抵抗する事はできませんでした。

    「あぁっ、うんっ・・・」
    そのうち、私の口からも甘い声が漏れだします。
    「だめだよぉ・・・」
    私の抵抗が弱いせいか、先輩はさらに股間にも手を伸ばしてきました。

    「あぁっ、ちょっ、ちょっと・・・」
    既に抵抗する力も無く、浴衣もはだけていたため、先輩の手は難なく私の下着に
    当たってしまいました。

    「なんかムンムンしているよ」
    先輩は私の耳元でそう囁きながら下着越しに私のクリちゃんを刺激します。
    「あぁっ、いやぁっ!うん!」
    クリちゃんを押されるたびにスイッチが入れられるように私の体がビクビクッと
    反応してしまいます。

    「敏感なんだね」
    と言いながら先輩はそんな様子を楽しむように耳にいやらしい言葉を囁いたり、
    舐めたりしながら、胸と股間を弄り続けます。

    頭の中では何とか抵抗しなきゃとは思っていたのですが、それだけで、私の体
    はビクビクで腰が蕩けそうな感じで抵抗なんて出来るような状態ではありません
    でした。

    そして、先輩は下着の脇から指を入れて来たのです。
    (いやぁっ・・・)とは思いましたが、気持ちよくてどうしようもありませんでした。
    「うわぁ・・・、ヌルヌル・・・」
    ナプキンをしていたので、下着の上には染み出してはいなかったと思います。

    自分でもアソコがヌルヌルになっているのは分かっていましたが、それを指摘さ
    れると余計に恥ずかしくて感じてしまいました。
    暗かったので部屋の中は良く見えませんでしたが、私が宴会の席を外してから
    そんなに時間は経っていなかったので、おそらく部屋には私と先輩しかいなかっ
    たと思い、私は少し大きく声を漏らしてしまいました。

    先輩はその声に興奮したのか、さらにアソコに指を入れて掻き混ぜてきました。
    私はなんとか堪えようとしたものの、先ほどより大きな声を漏らしてしまいました。
    先輩は少し焦ったのか、胸を責めてた方の手で私の口を覆って、さらにアソコを
    責め続けました。

    なんか、それがレイプされているみたいで(実際にそうなんですけど)余計に興奮
    してしまいました。もう私は先輩にされるがままで、抵抗しなきゃいけないとは思
    いつつもその気力は残されていませんでした。

    すると先輩は私のアソコから手を抜くと帯を解いて、私を後ろ手に縛るのです。
    「ちょっ、ちょっと・・・」
    先輩の個人的な趣味だと甘く考えていた私は、元々Mっ気があったのもあって、
    弱い抵抗しかしませんでした。先輩は私を後ろ手に縛ると私を立たせました。
    帯が無いので浴衣は前が自然にはだけてしまいます。

    展開がアダルトビデオとか官能小説みたいで驚きつつも、色んな意味で私には
    抵抗することは出来ませんでした。酔い過ぎて正常な判断力も無かったし、
    大声出して色んな人に見られたく無いし、感じちゃってて力が抜けてしまってたし、
    その先輩に惹かれてもいたし・・・

    それと、その展開に驚いていたことや、私の中のM心が影響していたのでしょう。
    それまではそんな経験は全く無く、想像の世界だけだったし、お酒のせいか
    「夢なのかな・・・」と言う気持ちもありましたし。

    で、先輩は私を後ろ手に縛ると、自分の帯も解いて私の首にかけました。
    「ほら、首輪だ」
    そういわれると体がさらにゾクゾクしてしまって、もうダメでした・・・。

    そして、先輩はその帯を引いて、私をどこかに連れて行こうとします。
    私ははだける浴衣を気にしつつも、縛られているせいでどうしようも出来ません。
    先輩に引かれるままに部屋の出口に来ました。

    さすがに先輩も誰かに見られたくなかったのか、部屋の外をキョロキョロ見てから、
    外に出て私を引き立てます。誰もいないとは思いながらも私はドキドキでした。

    「もしかして、このままみんなの宴会場まで連れて行かれるの?」
    なんて妄想もしながらドキドキ歩かされていたのですが、私達の部屋のすぐ横の
    先輩達の部屋に連れて行かれました。

    先輩達の部屋には既に3人いました。3人は私を見てニヤニヤしています。
    その時には私の浴衣ははだけて前は、がら空きでした。
    なぜか私はそれが現実的な物に思えず、夢でも見ているような、普段一人でする
    時に妄想しているような、フワフワした気分のままで、恐怖感はありませんでした。

    私達が部屋に入ると、先輩が部屋の鍵を閉じました。
    そして、私の浴衣を手を縛っているアタリまで脱がせ、「貢物ございます」と
    わざとらしく私を差し出すようにしました。先輩の先輩達は、私に近づいてきました。

    その後、先輩達に犯されました。お尻には挿入はされなかったけど、指は入れら
    れた。もちろん、「バックで上と下の口を同時に・・・」とか、
    「騎乗位で犯されながらフェラ+手で持たされる」とかされてしまいました。

    ちなみに、顔つきの写真は撮られなかったけど、「個人的にネタにするから」と
    顔を隠した状態で写メは撮られました。

    疲れた人は途中で抜けて宴会に戻っていたのか、入れ替わり立ち代りで犯され
    ました。もしかすると忘年会にきていた人みんなとしちゃったのかも・・・

    私は一人で何回もイカされて、身体中に精子を掛けられました。
    (男の人って人の精子気にならないんですかね?)
    最後は体力の残っていた数人に裸のまま家族風呂に連れて行かれて、
    そこでも犯された後、みんなで体を綺麗に洗ってくれました。


306  酒井博文 - 2014/05/25(Sun) 11:07 No.25951
    鳥取県鳥取市松並町2−243−9
    0857−29−8343
    090−4694−1897

    勤務先は鳥取盲学校
    愛車は日産車の黒のスカイライン 鳥取33 す ・506
    タバコはLARKという銘柄のタバコを吸っている。、

    このオレ、酒井博文は5/23(金)の夕方、仕事が終わった帰りに知り合いの暴力団員から今度は脱法ハーブをもらった。
    自宅に帰って、早速、妻の貴子、娘の真澄、息子のよしたかと一緒に、脱法ハーブを吸った。吸った時はスゴい気持ちよかった。また脱法ハーブを吸いたい。


307  かな - 2014/02/17(Mon) 03:14 No.25404
    おまんこにいろんな物を突っ込んで実験して欲しいです。
    なんでも耐えます。
    なんでも言うこと聞きます。

    おまんこが壊れるまで遊んでください


308  匿名 - 2014/05/22(Thu) 15:02 No.25933
    高2女です。
    学校が早く終わり帰宅して私は家のきりを走ってました。
    暖かかったました上はシャツ、下はウインドブレーカーを履いて耳にイヤホンをしてました。
    緑道に入り少し歩いてた時です!
    突然後ろから両手で胸を揉まれました。
    私は余りに突然の事で驚いてしゃがみ込んでしまいました。
    すると男がズボンのチャックを下ろしアレを出
    してきたんです。
    気持ち悪くて助けを求めようと声を出そうとしたのですが手で口を塞がれ更に胸を揉まれシャツの下に手を入れてきたんです。
    私は思い切り抵抗して男がヨロケた隙に猛ダッシュで逃げました。
    昼だったし明るかったので完全に油断してました。


309  かな - 2014/05/21(Wed) 00:31 No.25919
    いまから4年前にレイプされました。
    学校の帰りに乗り継のバスに間に合わなかた
    あたしは、歩いても20分位だからと自宅に
    向かってました。まだ、日も落ちてなかった
    ので少し近道と思い市営団地を通り抜けようと
    したら30歳くらいのガラの悪い2人にいきなり
    口を塞がれて団地の一室に連れ込まれました。
    部屋には布団がひいてありましたが、
    その他には何もなくきっと空き部屋だったんだと
    思います、男達はナイフを持って、怪我するか、
    少し我慢するかとあたしに聞きました、
    首を振るあたしは制服とブラウスをひきさかれ
    スカートも脱がされ下着だけにされました、
    男達はナイフを持ったままあたしの鞄をあさり
    へぇーカナちゃんか、可愛いね男何人知ってる?
    と聴いてきました、私、処女でした。
    泣きながら許して下さいとお願いしましたが
    男達はおとなしくすれば避妊はしてやるが
    処女は頂く、といって下着をひきむしり
    ました、あとはキスされ胸をすわれ、
    私のアソコに唾をつけて処女をうばわれました。
    痛くて声を出すと避妊しないぞと脅され
    私は無言で涙をながしました。
    避妊するから全部飲めと口に射精されました
    自分の血のついたそれを口に入れられた時
    涙が止まらく流れました、
    二人目も同様に私を犯しました。
    ボロボロの制服を着て解放された時にはもう
    外は暗くなってました…


310  えりな - 2014/05/21(Wed) 10:51 No.25924
    社会人の20歳です
    5月の連休に 友達とその知り合い  みんなで7人
    山の川原   キャンプ場でバーベキューしたの
    あまり飲めない私ですが 昼の野外で気分も変わり
    ちょっとビール飲み過ぎ??
    みんなと少し離れた場所で休んでたの
    知らない男性に声かけられて  気持ち悪いのなら
    酔い覚めだからって錠剤をくれたの
    しばらくすると、あそこが熱くなって
    恥ずかしくなって  手があそこにいきそうなの
    男性が手を引っ張り 林の奥に連れて行かれたのね
    ノースリーブのシャツを上げられてブラも
    吸われちゃって  感じちゃったの
    ショートパンツの横から無理やり入れられて・・・
    頭ではダメ!ヤメテ!
    だけど勝手に体は反応しちゃって
    男性にしがみついてたの
    顔にかけられて 放心です
    経験は3人あるけど
    昼の野外は初めて  今考えると凄い事しちゃったのね


311  佐藤なるみ - 2014/05/12(Mon) 21:16 No.25821
    でもやっぱりレイプされてみたい・・・
    見ず知らずの男の人達に私の処女を奪われて、何度も中出し
    されて・・・イッちゃうの・・・
    そして、妊娠しちゃうの・・・
    誰の子供か分からない、赤ちゃん産むの・・・
    想像しただけで、ドキドキしちゃう・・・
    オマンコ、濡れちゃうよ・・・

    ナヨナヨした男よりも、強引にセックスする逞しい男の人がスキ・・・


312  私は@レイプされました。 - 2014/05/20(Tue) 15:52 No.25907
    中学2年(14歳)の姉と家の建て替えのため、叔母の家に預けられたことがありました。 両親はアパートを借りて別居してました。

     姉はスタイル抜群かつかわいくて、私とは風呂もずっと一緒に入ったりして裸も見ていたので知っているのですが、

     小4ぐらいから巨乳化し始め、下の毛も小5ぐらいには生えそろっていたのを覚えています。 私から見てもシミひとつなく、憧れのカラダでした。

     叔母さんは母親の妹で、看護婦で不規則な勤務でした。すでに結婚していて、叔母さんのだんなさんは30代後半だったと思います。叔父が姉を見たときになんだかにやっとしていました。

     預けられて数日したとき、姉が叔父さんの部屋から出てきたのですが、泣いているのに気がつきました。
     私が「どうしたの?」と聞くと、姉は「ううん、なんでもない。」と答えました。そのときは、姉が何かしでかして叔父にしかられたのだろう思っていました。

     ところが、叔母が夜勤で留守のとき、私が姉とお風呂に入っていると、全裸の叔父が突然お風呂に入ってきたのです。
     私がびっくりして驚いていると、姉がうつむいています。叔父のあそこが思い切り勃起していたのです。血管が浮き出て、ポパイの腕のようだったのを覚えています。

     そして、叔父は姉の腕をつかみ、「さあ、マキ(姉の名前)、俺を気持ちよくしてもらおうか?」と怖い顔で言いました。姉は黙っていましたが、「ミキ(私の名前にも同じことするぞ。」と脅しました。私は何のことかわからないでいると、姉は泣きそうな声で、「ミキには何にもしないで。」と言いました。「そうか、それならマキ、いつものように気持ちよくするんだ。」といい、叔父が勃起したあそこを姉の口元にもっていき、「さあ。いつものように咥えるんだ。」と言いました。「ミキ、見ないで」と姉が言いながら、姉が口で叔父のあそこを咥えて動かしていました。叔父は「ミキちゃんもよく見るんだ。」と言いながら、「あー、気持ちいい、いく。」と言って、姉の口に射精したようでした。叔父はさらに「最後まで搾り出せよ。」と言って、姉は涙目で、口から大量に白濁した液体(精子)を床に吐き出しました。

     叔父は「今度はマキを気持ちよくしてあげるぞ。」姉を湯船のふちに座らせて、足を広げさせて、顔を近づけて、姉のアソコを「ぴちゃぴちゃ」と舐め始めました。姉の戸惑ったような上気した顔は忘れられません。「あー、ミキ見ないで。」と言いながら、両手で自分の顔を被いました。
     
     叔父が激しく舐めると、姉はカラダをがくがくさせて、座り込みました。どうやらいったようです。
     すると、叔父は「きもちいいか?」と聞き、姉が答えないでいると、座り込んだ姉を仰向けに寝かせると、叔父が上になり、勃起したポパイのようなあそこを姉のあそこに押し当てながら、「きもちいいか?きもちいいか?」と何度も聞き、「どうしてほしい。」とたたみかけました。
     
     姉は顔を両手が被いながら、「おちんちん、ほしい。」と言いました。叔父は「そうだ、素直に言えばいいんだ。」言いながら、姉のなかにオチンチンを入れて、はげしく腰を動かしました。姉は「あー、あー」と声を出して感じていました。
     
     叔父は私のほうを見て、「ミキ、これが子供の作り方だ、よく見ておけ。」と言いながら、どこからか用意したコンドームをはめて、ものすごいスピードで腰を動かし、姉の足を持ち上げながら、いろいろと体位を変えているようでした。

     姉を起こしたかと思うと、後ろから叔父が大きな胸を揉みしだき、激しくついて、バックでやってました。私もすっぱだかでカラダが熱くなるのを感じて、気がつくと2人の行為をじっと見つめていました。

     あっけに取られて呆然と見ている私をそっちのけで二人とも汗をかきながら、パンパンと音がお風呂場に響き、叔父が「あー、いく。」と言うと、姉も「あー、あー、いく。」と言い、叔父の腰が突然止まって、どうやらいったようでした。叔父が姉から離れると、おちんちんのコンドームの先に白濁した液体(精子)がたっぷりと入っていて、姉がもういちど崩れ落ちました。

     叔父は2回も出したのに、まだしたりない様子で、今度は姉とディープキスを始め、またアソコがポパイの腕のように勃起し、「マキは感じやすいし、本当にいいカラダしている。続きはベッドでやるぞ。」といい、姉と私のカラダをバスタオルでぱっぱとふき取ると、姉と私を叔父の部屋に連れて行きました。三人とも全裸で、姉と叔父がまるで恋人のようにベッドで抱き合い始めました。

     叔父は「ミキそこで、よく見ておけ、これが子供の作り方だ。俺がよく教えてやる。」上になったり、下になったり、お互いのものを舐めあったりと、結局、姉と叔父は叔母が返ってこないのをいいことに、一晩中エッチしていたようでした。

     私は途中で寝てしまい、気がつくと、毛布に包まって全裸のまま朝になっていました。ベッドでは姉と叔父が裸のまま抱き合って寝ていました。

     叔父は起きると、姉を起こし、朝立ちしたポパイのようなあそこを咥えさせると、「朝飯作る前に、一発やるか?」と姉に言い、姉のなかに入って激しく腰を動かし始め、正常位というんでしょうか?叔父がいきそうになると、チンチンを抜いて、腹の上に出しているようでした。すっきりした叔父はトイレにいったあと、姉にエプロンを裸のままつけさせて、朝飯を作らせました。

     私は服を着ましたが、叔父は全裸のままで、「食事にするぞ、マキ作れ。」と言って、姉は裸のままエプロンだけ渡して、つけるように言いました。台所では叔父が後ろから姉のお尻を触ったり、大きな胸を揉んだりと、ちょっかいを出しているようでした。姉は「いやーん。」と言っていました。姉が朝飯を作ると、叔父に食べさせながら、叔父は姉のあそこをいじってました。オレンジジュースを私は飲んでいると、叔父が「おい、飲ませてもらおうか。」と姉に言うと、姉がなんと口移しで飲ませていました。最後のほうになると、叔父は姉をひざの上に乗せて、入れたまま姉からの口移しでパンも食べていました。

     食べ終わると、我慢できない様子で、叔父は姉のエプロンを剥ぎ取り、台所で後ろから思い切りついている様子で、姉が「あん、あん。」と声を出して感じていました。
     叔父が射精して満足すると、服を着て、会社に行きました。

     姉はほっとした様子で「今日のことは誰にも話しちゃだめよ。」と私に言いました。

     それからというもの、二人とも叔母がいないときは、私がいてもお構いなしにどこでもすっぽんぽんになり楽しんでいるようでした。特に姉も嫌がっているようには見えなくて、叔父と楽しんでいるようでした。結局預けられている2ヶ月間、叔母が留守のときは、姉と叔父はかならずセックスしているようで、二人とも服を着ないで、素っ裸で過ごし、台所やお風呂場、叔父の部屋のどこでもエッチしてました。叔父が後ろから攻めると、姉が思い切り感じて声を出していました。

     また、特に朝などは必ず口移しで食事をするなど信じられなかったです。

     その後、マンションの住み替えも終わり、私たち姉妹が出て行くときの叔父の残念そうな顔が忘れられません。

     あれから、10年以上たち、私も男性経験をしたので、この意味がよくわかるようになったいまでも、あの時頃が思い出され、カラダが熱くなります。そして姉が叔父の部屋から泣いて出てきたとき、女にされたんだなと思いました。一回り以上の経験豊富な叔父のテクニックに姉は調教されたんだとも思いました。
     
     姉は何も言いませんでしたが、別の人と結婚して子供も作り幸せになり、このことは話題に絶対できません。


313  めぐみ - 2014/05/13(Tue) 22:54 No.25831
    レイプされて処女を奪われて精子を中に出されたい。

    3人位の男にホテルとかに連れていかれて。

    オチンチンを入れられるのは1人だけがいい。
    3人のうち、2人に押さえ付けられて、マッチョで激しい男に無理矢理オチンチンを入れられたい。


314  愛佳 - 2012/05/02(Wed) 03:05 No.19007
    わたしは小学6年生の時に犬をかっていました。
    あるとき5つ上のお兄ちゃんが両親が仕事で帰ってこないときに
    やりたい事があるといって、わたしを庭につれだして犬を呼んで
    わたしに目隠しをさせて、今からいい事をすると言ってわたしの服を脱がしなんと犬のあそこをわたしのあそこにいれてきました。
    わたしは、いきなりすごい痛い思いをし目隠しをされているので何かわからずやれたままでした。
    しばらくするとわたしのあそこの中が温かくなりお兄ちゃんが目隠しを外し犬がわたしのあそこから自分のあそこを抜くのを見せられさらに、わたしのあそこの中から変な液体がでてきました。
    初体験が犬ってどうですか?


315  酒井博文 - 2014/05/17(Sat) 23:11 No.25873
    小川未菜のコメントには実に面白いことが書いてあった。
    その女のコメント通り、日本の天皇陸下は日本のマスコットだ。オレは小川未菜のコメントには同意見だ!

    日本の天皇陸下は所詮、人間のクズだ! 家畜だ!


316  ゆい - 2014/05/17(Sat) 20:37 No.25870
    レイプなんてやだ……
    絶対妊娠したくない……


317  40代 - 2014/05/13(Tue) 16:13 No.25829
    中学3年の時、確か6月、学校の帰りに、確か6時過ぎ、知らない男に草むらの空地に引っ張られて犯されました。
    処女でした。
    「痛い」という言葉を何十回何百回言ってもやめてくれず、最後は中に精子を出されました。


318  美那子 - 2014/05/09(Fri) 15:34 No.25798
    パート主婦 32歳
    結婚5年が経ちますが、いまだに子供出来ないの
    出会い系で、違う男性と会話がしたくて、登録しました
    「バツ1・32歳・結婚は考えてない・メール・花・ランチ・癒されたい」
    こんな感じでです。
    登録後  最大の50件 びっくりです
    次の日も35件くらい
    日に日に減っていきました
    1週間も経つと 数件
    その中で気になった人に返事をしました
    考えかたも似ていて、話も弾み、携帯同士でメール交換
    一日に4〜5回のメール交換
    しばらくして、ランチの誘いです
    会う気は無くて、メール交換だけのつもりが
    ランチくらいなら良いかなって思い
    初めて会いました
    ランチは楽しい時間でったのね、この店夜もやってて
    興味ある料理があったので、夜も来てみたいって言うと
    じゃ〜 また来ようとなり
    夜のディナーを一緒にしました
    ランチを数回、ディナーも数回しました
    たまには遊びに行こうってなり
    この人なら大丈夫そうな感じだったので
    遊園地と水族館に行って楽しんできました
    ランチだけやディナーだけじゃなく
    いつしか、遊びに行くようになりました
    2回ほど遊びに行った後
    先週の水曜日です
    すっかり安心しきっていました
    景色の良い所に行こうってなり、ランチしてから
    お茶畑がいっぱいの道を、登って行き
    山の上近くに、屋根つきベンチ
    車を降りてベンチの手すりから景色を見てました
    いきなり抱きつかれたのです
    止めて!!  手を払いのけ車に駆け寄ったけど
    捕まり抱きつかれました
    抵抗して払いのけようとしました
    けど「服破れてもいいのか」
    「抵抗すると、破れてしまうよ」
    私、こんなつもりじゃないの  やめよ  帰ろう
    言っても聞いてくれなくて
    私の服を脱がそうとします
    「服破れてしまうよ」
    あまり抵抗できなくなり
    ブラが露出!! 
    ホックも外されて、乳房が露出です
    乳房に乳首吸われ、片方は揉まれました
    感じて無くは無いのですが
    こんな昼中 明るい野外での行為
    止めて  止めましょう 言っても聞いてもらえない
    すると パンティーの中に手・・あそこに指!
    感じちゃいけないのに感じてしまったの
    指でかき回されてキス
    とうとう本当に感じてしまったの
    もうされるまま 

    車のドアに手をついた状態で後ろから挿入されてしまいました
    突き上げられては乳房に乳首をいじられて・・・
    ダメ ダメ  止めて〜〜
    ピストンも早くなり  ダメ〜〜
    中はダメ〜〜
    言うこと聞いてくれなくて  ピストンが止まり
    ぐぃ〜て来て  中に出されてしまいました
    気が遠くなりかけました
    助手席に座らせられ、スカートまくられ  上は裸
    写真を撮られました
    嫌〜〜  消して〜
    「大事に残すよ」

    後日にメールで私のあのときの写真が送られてきました
    この日から 言われるまま 
    オナニーしてるときの動画
    SEX中の動画を撮られてます
    ネットだけには流されないように、今でも彼の言いなりで
    SEX三昧されてます


319  主婦 - 2014/02/14(Fri) 11:38 No.25376
    私は26歳になる3月で結婚2年目の主婦です。
    昨年の春に高校時代から付き合っていた主人と結婚し子供はまだいません。
    そんな全てに平凡な私がレイプされたのは今月の忘年会の帰りだったんです。
    当然不注意だった自分にも責任がありますがもう取り返しがつきません。
    私たちの新居は都心から乗り継いで約45分ぐらいのすごく便利な新興住宅街で主人の貯金と私の貯金、そして主人のお義父様の保証で銀行からお金を借りいまの住宅を購入しました。
    主人の実家に近いこともあり賃貸よりは将来は楽になると二人で悩んだ末思いきって購入したんです。
    私も通信関係である今の仕事を続けるため主人と話し合って、2年間は子供は避妊して作らないようにし共働きで頑張ってお金を貯めていく計画を立て、毎日が充実し幸せに暮らしていましたが…
    秋の異動で突然主人が新設支店の応援部隊として九州へ2年間の赴任がいきなり決まってしまったんです。
    すごく悩んだのですが当然私にも仕事があるので、一緒に九州に行くことができないことと新築の家を他人に貸すのも嫌だったので相談の結果、私だけこの家に残ることになったんです…。
    もちろんお金もない私たちが週末ごと主人が家に戻るなんてとてもできず、夜の定時連絡や毎日の出来事を携帯メールで報告するだけになっていました。

    しばらくは新しい住居に独りだけ取り残され心細くなっていましたが、年末ということもあり仕事に追われ正月休暇に主人は戻ってくるから…。と自分に言い聞かせ変わりなく働いていました。
    そんな寂しい気持ちもだんだん多忙な仕事で薄らぐと逆に束縛がないこともあり、主婦の立場を忘れ独身気分で忘年会や学生時代の友人と、夜遅くまで飲みに出かけたりしていたんです。
    そして運命の日は翌日が休みということもあって、夜の11時すぎまで短大時代の友人と食事をし0時すぎの最終電車で帰宅したんです。
    駅を降り帰宅途中のコンビニで明日の朝食の手抜きするため、買い物をして歩いて帰っていると背後からスッ〜と大きな車が近づき「ねぇねぇもう帰るの!今から遊びに行こうよ!」と、いきなり男の人のグループに声をかけられたんです。
    こんな夜遅く周りは住宅街で静まりかえり、誰もいない恐怖で私は男の人たちを無視して走って、坂道を自宅の方に逃げだしてしまいました…。
    このとき冷静になって逆に駅まで戻りタクシーを利用して帰宅すればよかったと本当に後悔していますが恐怖で早く自宅に逃げ帰りたかったんです。
    そのまま小走りで自宅のある山手の方に逃げるように走っていましたが相手は車…
    50メートル先ですぐに追いつかれ、私の前をふさぐように車が停まるといきなり3〜4人ぐらい素早く降りてくると私を取り囲み
    「なんだよ!逃げることないじゃん〜」
    「おい!人が聞いているのに無視かよ!」
    と脅され恐くなった私は咄嗟に
    「いやっ!主人が待っているから急いで帰るんです!」と断ると
    「なんだぁ〜奥様だったんですかぁ〜」
    「じゃぁ今から帰って旦那とヤルんだ!」
    「ねぇねぇ僕チャン〜童貞なの〜おしえて〜」
    と卑猥な言葉を口々にいって私の腕をギュッとつかんだんです!
    私は本能的に手を振りほどき男の間から逃げようとするとその男はワザと私にぶつかり大袈裟に道路に倒れ込んで痛がるんです…。
    「痛てぇ〜てめぇ俺をナメてんな!」
    「こりゃぁマヂ肋骨が折れてるぜ!」
    と突然怒りだし、隣にいた髪を染めている男がいきなりナイフを私の顔に近づけ
    「あ〜ぁ奥さんよぅ〜すぐに帰れなくなったよな!」
    「今から慰謝料についてゆっくり話し合おうぜ!」
    と静かな口調で脅す、と固まっている私を抱きかかえるようにして、車の後部座席に無理矢理乗せようとするんです。
    もちろん乗ったら自分がどうなるかわかります! 私は目の前のナイフに怯えながらも必死になって
    「いや帰して!お願い!イヤ…」
    と半泣き状態で必死に哀願し、身体を捩り乗せられまいと抵抗しましたが
    「大きな声を出したらアンタのその可愛い顔切りまくって逃げるぜ!」
    と脅されると、助けを呼ぶにも周りには人影などなく無理矢理抱えられるように無理矢理車の奥に押し込まれてしまいました。
    「旦那のところに無事に帰りたいなら騒ぐなよ」
    と脅され大変なことになったと、泣きだした私にナイフを見せつけたまま肩を抱かれしばらく走ると、私の自宅の先にあるまだ荒れ果てたままの造成地に入り、そこから車を左右に揺らしながらさらに奥まで走ると、街灯の明かりが届かない暗い空き地に車が停まりました。
    すると一人の男がいきなり私の胸を両手で乱暴に掴んだんです!「きゃっ!」と短い悲鳴をあげ手で胸を隠し前屈みになり男の手から逃れようとしました。主人以外とはまったく経験がなかった私でもこんな状況になれば [目的は私の身体なんだ!!]と身の危険を感じ激しく抵抗したんです。

    あきらかに私より年下の男の子たち!しかもまだ未成年と思える男が入っているグループから、こんな形で性の対象にされるなんて信じられません
    「やめて!もう帰して!!」
    住宅街から離れているとはいえ、あまり激しく泣き叫び暴れる私に向かって男がナイフを見せつけ
    「お前!これ以上大声で騒ぐならマジで顔を切り裂いちゃうよ…」
    と頬にルームライトに光っている刃を近づけられると、もう切り裂かれる恐怖で歯がカチカチとなってしまい抵抗できません。
    「さっさと脱がないと俺たちは服を破るだけなんだけど…」
    「ハダカで帰るの?」
    「チンポ出してベットで待っている旦那になんて言い訳するの?」
    「ここは叫んでも誰も来ないから〜もう諦めてさっさと服脱いで!」
    「ゆっくり楽しもうよ〜旦那のより俺たちの方がカチカチかも!」
    と卑猥な言葉で脅されながら、彼らに着ていたハーフコートを脱がされるとそのままセーターとスカートまで手を出してきたんです。
    服を脱がされる私はナイフが怖くてこれ以上激しい抵抗ができませんただ
    「イヤッ…もう許して!」
    と言うのが精一杯です……。
    ナイフを持っている大きな男がリーダーらしく、顔を振って抵抗している私の顎を掴むといきなり無理矢理キスをされ同時に胸を乱暴に揉まれている間、セーターとスカートを引き千切るように脱がされるとナイフで下着を切り裂かれてしまったんです!
    ブーツだけ履いた奇妙な格好で恐怖と寒さでガタガタ震え、両手で胸を隠している私を髪を掴んでシートに押し倒すといきなり全員でまだ濡れてもいない大切な所に、汚い指を強引に挿入したり腕を頭上に引っ張られ無防備になった胸にキスをされたんです。
    「痛い!痛いってばぁ〜もうやだぁ〜」
    「誰か誰かぁぁ〜」
    とあまりの乱暴な行為と女として身内でも見られたくないすべての箇所を見られる恐怖に、暴れ出すとさらに乱暴に男たちに押さえつけられ、動くことができないまま屈辱に泣くことしかできませんでした。
    ブーツまで脱がされ大袈裟に匂いを嗅ぐ真似をして
    「わぁマヂで臭い!足臭いぞ〜お前!」
    「お前!アソコも臭いんじゃないのか?」
    「おっさすが人妻…指だけでもうビチョビチョして濡れだしたぜ!」
    「よし!じゃぁ時間もないしいこうか!」
    と言いながらナイフを横の男に渡すと下半身だけを素早く露出すると私の足を掴んで間に割り込んできたんです。
    ワタシ…犯されるの…?夢?今の出来事が現実とは信じられないまま脚を掴まれ、グッと押し込まれると同時に今まで経験したことがない強烈な痛みが走ったんです!!
    「ギャァ〜イ…イヤァ〜」
    「痛い!痛いょぅ!お願いだから助けて〜」
    と泣き叫んで抵抗しましたが、周りの男達に手足を掴まれたまま泣き叫ぶ私の口に、男の汚い口でふさがれるとどうすることもできず男から乱暴に突き上げられ押し込められるたびに激痛が走っても逃げ出すことができず痛みに耐え泣くことしかできませんでした。
    男は私を乱暴に突き上げながら
    「オッ!気持ちいい!たまらん!すぐ出そう…」
    「お、お前!結婚してるならガキできてもいいだろ!」
    「だったら中でいいよな!」
    と言いながらスピードを早めたんです!
    「ェッ…!!ィヤッ!」
    「お願い!それだけは許して!」
    「酷い…ヤダッて!!!!お願いだからぁぁ」
    私は不自由な身体を揺すり泣き叫びながら哀願したんですが、男は
    「いくぞぅう〜ガキ産めやぁぁ!」
    と呻りながら一気に私の腰を掴んで汚い精液を吐き出したんです!
    生まれて初めて身体の中に熱い精液を感じました。恐怖と屈辱しかありません…。高校や短大時代はもちろん新婚旅行からもずっと今まで子供ができないように大好きな主人でも避妊してくれていた私の身体に、今知らない男の汚い精液が流し込まれたショックでもう放心状態でした。

    でも… 容赦なくグッタリしている私の目の前でズボンを脱ぐと汚いモノを触りながら、次の男が襲ってきたんですもう犯された身体とはいえ屈辱感に身体を揺すって抵抗しました。
    「アッもういやっ!」
    「帰して〜もう帰してってばぁ〜」
    泣き叫ぶ私を無視したまま男に押し込まれ、乱暴に突かれ再び激痛を感じていると今度は待ち構えていた違う男から
    「俺…もう我慢できねぇ!」
    と私の顔付近に、汚いモノを見せつけ
    「咥えなよ!噛んだら顔が傷だらけになるぞ!」
    と脅されると逃げる私の顔を手で頬を力任せに押さえつけ、無理矢理に口の中に入れられたんです…。
    狭い車内で揺すられシートから顔だけがはみ出し、逆さまの息苦しい格好で違う男の汚いモノを咥えさせられ口の中に男の精子の臭いが充満しています。だけど咳き込みながら咥えるしかなかったんです…。もう何時か時間がわからないまま次から次に犯され、最後の男は筆下げ?だ!
    と言ってナイフと携帯の写メで脅されると、明らかに未成年の男の子のズボンと下着を無理矢理に私の手で脱がされると、すでに大きく膨らんでいるモノを咥えさせられ、汚いモノがさらに大きくなると男たちが嫌がる私の足を大きく拡げると、指さしながら
    「お前ちゃんとここに入るんだぞ!」
    「こっちはケツの穴だぞ〜」
    と卑猥な言葉を口々に言って周りから笑われながらも男の子のモノを受け入れました。
    男の子からすぐに中に出されると再び起こされ濡れ光っている男の子のモノを正座させられたまま咥えさせられていると信じられないことに口の中でまた大きくなってきたんです!!周りの男たちも気づくと笑いながら私に
    「今度は全部飲んでやれ!」
    と髪を掴んで前後に揺さぶるんです。
    結局逃げることができないまま男の子は私の口の中に放出し吐き出すことを吐き出すことを許してくれず、初めて男の人の精液を飲んでしまったんです。
    その後… 再び男の上に乗せられ犯されるとか野外で車に手を置いて立ったまま犯されるとか私にとって信じられない格好で犯されたり、汚いモノを容赦なく咥えさせられたり容赦ないレイプでした。
    やがて男たちが満足すると全裸でグッタリしている私の顔や脚を大きく拡げた格好の写真を、携帯で何枚も撮られたりバッグから社員証や免許証さらに携帯番号やアドレス、そして主人とのメールまで覗かれ主人がいないことやここから近くの家で独り暮らししていることが男たちに見つかってしまいました。
    終わった後でもまだ解放してくれず、全裸で正座させられたまま主人の会社や主人の携帯番号はもちろん、私の旧姓や実家まで全て登録されてしまい、私は泣きながら誰にも言わないことを土下座して誓わされたんです。
    早く帰りたい私は言うとおりに年下の男達に屈服するしかありません。その後、自宅を調べるように私の家を確認すると車はそのまま通り過ぎ数十メートル先の交差点でブーツだけ履かされた格好で降ろされたんです!
    「お願いだから服を帰して!」
    と必死にお願いする私に
    「降りたらちゃんと帰してやる!」
    「さっさと降りないと仲間の部屋でまたマワしてやるぞ!」
    と脅され覚悟して全裸のまま降りると同時に、車が急発進しまだ先の交差点まで行くとそこで窓から私の服やコートとバッグを次々に捨てて逃げて行ったんです。
    私はあまりにも卑劣な行為に泣きながら全裸の格好で走って先の交差点で服を拾い、コートを着込むと口惜しくて座り込んでしばらく泣きました…。
    やがて連中が戻ってくる恐怖を覚え、逃げるように家に飛び込むと急いでお風呂に入ると男たちの汚い精液を必死で掻き出していたんです。温かいお湯を頭から浴びると、解放された安堵とレイプされた口惜しさで口を押さえてワンワン泣きました。


320  景子 - 2014/05/06(Tue) 08:45 No.25792
    私…33歳の主婦です。子供は2人。私に対して見る目が違う、自治会の会長さんに、私は犯されてしまったの、私と共に子供会の会合に主席、会合が終わり自宅に帰る途中で、廃墟したラブホの前で、背後から会長に口をふさがれて、150aの40`の私は、あっと間に廃墟したラブホに、引きずられながら連れ込まれると、毛布の敷物がいつ


321  りさ - 2014/04/17(Thu) 23:52 No.25744
    24歳のOLです。
    大学時代の4年間ある集団に定期的に調教されていました。
    田舎から上京した私が、全く男性を知らない女の子から、
    この世でどんな女性も経験したことのない快楽をこの身体
    に刻み込まれました。
    今、あの時の地獄のような日々から解放されましたが、
    違う意味で我慢の限界です。。。。


322  まゆ - 2014/04/28(Mon) 11:22 No.25778
    レイプ願望?? 強引なSEX願望があるの
    昔、彼とsexしてるときも、お前声が大きいって言われて
    引かれてしまいました
    オナニーしてるときも、大声上げちゃの
    家でできないから、車で出かけてオナニーするのね
    車中オナニーしてて、見知らぬ人に強引にsexされる願望が
    現実になりました
    山のわき道に入り、車中オナニーしてて、服乱して
    胸もあそこも露出状態で、放心してたの
    おじさん2人に無理やりの犯されました


323  - 2014/03/20(Thu) 20:45 No.25565
    鈴です。29歳の崖っぷちOLです。身長171cm。バスト92cm−Eカップ。ウエスト66cm。ヒップ95cm。学生時代はキャンギャルのバイトで結構もてたのよ。いろんな男性に声をかけていただきました。みんな優しくて、楽しいお付き合いもあったけど、でも、実は私、あんまり人様には言いにくい願望があるの。見知らぬ大勢の男性に乱暴に犯されるの。優しい男性に抱かれた後ほどうんと乱暴に凌辱されることを妄想しながらオナニーしてしまいます。
    実際には怖いんだけど。妄想なら、鈴をどんなに虐めても、OKですよね。


324  あつこ - 2014/04/27(Sun) 20:36 No.25775
    新潟住みです。最近このサイト見てレイプされるの想像してオナしてます。


325  レミ - 2014/04/21(Mon) 02:50 No.25755
    去年高校3年時に同級生3人にレイプされました


    妊娠はしなかったから良かった

    でもレイプされたい


326  私は@レイプされました。 - 2014/04/24(Thu) 16:05 No.25769
    私が5歳になるころにママは他界しパパと8歳年上のお兄ちゃんの3人暮らしでした
    2人とも優しく私は寂しくはありませんでした。
    そんなある日私は10歳の誕生日を迎えた日のことです
    その夜3人で私のバースデーを祝いケーキを食べながらのんびりしていました
    するとパパはビールを持ってきて飲み始めた
    しばらく1人で飲んでいたパパが突然ビールを私のほうに持ってきて私に無理やり飲まそうとした
    私は飲みたくなくて抵抗したがパパに無理やり飲まされた
    いつもはこんなことしないのに初めて見るパパの姿に驚いた
    私は酔いがすぐにきて寝てしまった
    何時間寝ていたがわからなかったが目を覚ますと私は全裸で体には白い液体が体中に付いていた
    訳が分からずお兄ちゃんに訳を聞いた
    (以下省略)簡単に言います
    私はお兄ちゃんとパパに犯されたらしいです
    私は服を着ようと探したがどこにもなかった
    お兄ちゃんに聞くと
    「家にいるときは服を着たらだめ」と言われた
    私はそれを聞くと泣きそうになった
    そのあとお風呂でお兄ちゃんに洗ってもらい裸でリビングに戻った
    そこにはパパがいて「聞いたとおりだ」
    私は頷くことしかできなかった
    いつもはニコニコのパパが怖い顔でにらんでいたから
    その後私は布団で寝た
    朝起きると私の服が置いてあった
    「学校行くときは着ていけ」
    「うん」
    「帰ってきたらすぐ脱ぐんだぞ」
    私は学校にいたが元気が出なかった
    友達には「今日元気ないね」と言われた
    そりゃそうだいつも元気な私が静かだから
    学校が終わり家に帰ると誰もいなかったが後が怖いので裸になった
    私が帰ってきてからしばらくするとお兄ちゃんが帰ってきた
    「おぉ言いつけどおり裸だな」
    「パパが怖いからね」
    お兄ちゃんは自分のズボンとパンツを脱ぎアソコを私の口に近づけた
    「それじゃ咥えて」
    「何で?」
    「昨日やっただろ」
    「覚えてないよ」
    「お前が寝てる間俺と父さんでやったんだよ」
    お兄ちゃんは優しい口調で言った
    私が躊躇してると無理やり口に押し込まれた
    「そうだよ うまいね」
    「お兄ちゃんは何でこんなことするの?」
    「さぁ〜ね」
    お兄ちゃんはあっという間に私の口に射精した
    「よし 偉かったぞ」とお兄ちゃんは冷蔵庫からジュースを取り出した
    「ほら 口直し」と私にくれた
    しばらくお兄ちゃんと過ごしたが以前のように話さず口数が少なくなった
    夜パパが帰ってきた
    「裕也(お兄ちゃん)どうだった結衣は(私)?」
    「俺が帰ってきたときにはもう脱いでた」
    「偉いな〜結衣は」
    「さぁ今日もやるか」
    パパは私のアソコにしゃぶりついてきた
    お兄ちゃんも私の胸を舐め回りして来たり私の胸を摘まんだりした
    パパとお兄ちゃんに深夜1時過ぎまで晩御飯とかはさみ犯された
    翌日には何事もなかったようにしていた
    私も着替えを取りに行くと一緒にピンク色のものが2つあった
    「ねぇこれは何?」
    「あぁそれはローターだよ」
    今日から学校ではこれをつけてろ」
    と言われても付け方がわからずお兄ちゃんに聞いた
    お兄ちゃんは私のアソコに指を入れてローターを2つ押し込んだ
    「これでいいの?」
    「そうだよ」
    「で、これは何するものなの?」
    「じゃあやってみようか」
    お兄ちゃんはスイッチを入れた
    ローターが振動しだした
    「あぁ〜〜〜〜なにこれ〜〜〜」
    「これでお前が学校にいる間でもできる」
    「俺と父さんで一台ずつ今日からそれをつけて学校行きなさい」
    私が学校で友達としゃべってる間でも急に振動しだした
    私がトイレに行くたびに外し自分で付け直した
    家に帰りお兄ちゃんのチェックでちゃんとついてるか調べられたりもした
    その繰り返しで私は今大学生で一人暮らしをしていますが高校を卒業するまでされ続けました
    今まで誰にも言わなかったのでこれが初めての告白です


327  Mari - 2013/12/21(Sat) 17:15 No.25102
    結婚して新興住宅地に引っ越して間もない、妊娠中の話です。
    そこは、まだ空き地がまばらに有って、平日の昼間は、共働きが多く、時々車やバイクの音が聞こえるだけの、静かな時間が流れていました。
    いつものように車でスーパーから戻ると、隣の家にミニバイクが2台が止まり、乗っていた3人(1台は2人乗り)が玄関の鍵を開けていた私に近づいてきたと思ったら、ヘルメットで頭突きされ、頭がくらくらしている間に、家の中に入りこまれてしまいました。
    この辺では、何軒か空き巣に入られているという噂を聞いていたので、泥棒か、と思ってのですが、「流産されてーか!おとなしくしろや!」って脅されて、2階の寝室で裸にされ、ベッドに押し倒されてしまいました。「今日は向こう3件人妻コンテストや。隣が帰るまでゆっくり楽しもうや。」と言われ、覆面をした3人にベッドの中で、激しい愛撫やディープキスとかされた後、1人ずつ裸になり順番にフェラチオ、中出し、お掃除フェラをさせられ、2回目はバックで胸を揉みながら中出しされ、ムービーで撮られてしまいました。
    そのうちの1人が、撮影している人に向かって、「おい、俺のタトゥー写すなよ!」って言ったのが聞こえ、もしかしてやくざじゃないか、って、心の中でびくびく震えていました。
    その後、フェラチオさせながら、ビールを飲んだりして、家に来てから2時間位経った頃、隣の奥さんが帰ってきた車の音がして、2人は出て行ったのですが、外から「おらー!」って声が聞こえたので、隣もやられたのだと思いました。私は残った1人に、おもちゃの手錠とガムテープで縛られ、私1人だけで放置されました。
    こんな姿、主人に見られたくないと願っていると、1時間も経たない位で1人が戻ってきて、「お前はこの3軒で最高。」とか言って、手錠とガムテープを取って、全員ミニバイクで走り去ってく音が聞こえました。
    しばらくして、家のピンポンが鳴って、隣の奥さん2人がやってきました。2人ともショックを受けていましたが、妊娠している私が心配でやってきたそうです。せっかく新築したのに、チンピラのせいで、家庭を台無しにされたくない、ということで話がまとまり、3人だけの秘密にすることになりました。主人はマタニティーブルーだと思っただけで、何とか時が流れてくれました。
    2〜3か月後、家のポストに優勝賞品を書いたDVDが入れられていて、何が撮影されたか心配で、どうにもならず、再生してみると、私と隣とその隣の奥さんの3人がやられてる映像でした。すぐに燃やすごみに出してしまい、今はそのDVDは手元には有りません。


328  さおり - 2014/04/21(Mon) 14:56 No.25756
    私をちんぽで屈服させてくれませんか
    一度だけ輪姦された事がありますが、
    恥ずかしながらその時にちんぽに責められ続け
    屈服させられました
    私の身体はちんぽの奴隷にされてしまいました


329  小百合 - 2014/04/10(Thu) 18:48 No.25715
    私は都内在住の28歳になる主婦です。夫は3歳年上で某メーカー勤務です。

    すごく優しい人で、なんの不満もありません。でも、私はこの夫には決して言えない秘密があります。

    あれは2年前、夫が海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。

    入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていまし た。

    その時、玄関でチャイムがしました。私は『夫が帰ってくるはずないのに・・・』と思いながらも、夫が帰宅したときの癖で、玄関を開けました。

    しかしそこには夫ではなく、見知らぬ男が立っ ていました。迂濶でした。

    男はタオル1枚の私を見てニヤっと笑うと私に襲い掛かりました。

    女って悲しいですね、貞操の危機が迫っているのにただ恐怖で立ち尽くすだけなので す。

    男は物凄い力で私を抱えると寝室に連れ込みベットの上に私を投げ出しました。

    私は恐怖で固まってしまって何もできませんでした。男はそんな私の両手を 合わせて縛り、万歳の様な状態で頭上のベットの枠に固定し、口をガムテープで塞ぎました・・・

    そしてタオルを剥ぎ取って全裸にしたのです。

    「奥さんのお 陰で脱がす手間が省けたゼ!」と男はニヤニヤと笑っていました。

    『レイプされる!』やっと心と体が一致して激しくあばれました。しかし、私は152cmと 小柄なため屈強な男に押さえ付けられるとどうしようもありませんでした。

    逆に両足を思い切り開かれベットに縛られてしまいました。

    男は私を縛り終えると、持ってきたカバンから何かを取出し、ベットの回りで ごそごそと何かをはじめました。

    最初右手の方で何かをしていた男が足の方に移動すると、そこには三脚に乗ったビデオカメラが残されていました。
    『!』私の 驚く顔を見ながら足の方・左手と頭上の計4台のビデオが私の体にレンズを向けていたのです。

    『レイプされるところを撮られる!』私は恐怖に震えるだけしか できませんでした。

    しかし私を恐怖させるものはそれだけではなかったのです。

    男は私の側に鞄を持ってくると、何本ものバイブレターや見るからにくすぐった そうな筆や羽・産婦人科で使うような器具まで取出し、私に1つ1つ見せ説明しながらベットの横のサイドテーブルに並べていきました。

    そして全部並べ終わったると私に顔を近づけ

    「苦しいか?大人しくするなら口のガムテープを取ってやる。まぁ助けを呼んでも、この状況では恥をかくのは奥さんだけどな」

    助けが必ずしも助けではないといわれると、もう何も出来ませんでした。思考能力が麻痺していたのです。

    男はガムテープを取り去り、荒らい息をする私をニヤニヤ見つめながら、信じられないことをいったのです。

    「新婚早々旦那が出張とは奥さんも寂しい だろう?だから、親切な俺が留守の旦那の代りになってやろうっていうんだ!感謝しろよ」

    「そんな!、必要ありません!お願い帰ってください!」

    男は意に介 さずイヤらしく笑いました。

    「まぁ無理強いでは面白くないからな。奥さんが俺に抱かれたくてしょうがなくなってもらおうかな」

    そういって、サイドテーブル に並べた道具の中から数点私の耳元に置きました。

    男はその内の1つ、チューブのようなものを手に取りました。

    『!』そうです、男が手に取ったのは媚薬でした。

    『これを塗るとどんな貞淑な人妻 でも乱れるらしいぞ!』

    男の言葉が思い出されました。

    『媚薬なんか塗られて抱かれたら・・・』

    私は恐怖で真っ青になりました。

    「ふふふ、俺と素直にセック スするか?」

    「・・・はい」

    「旦那に悪いと思わないのか?」

    「・・・そんな!」

    「安心しろ此れを塗ればそんな気持も吹っ飛ぶさ!」

    「!いやっ!・・・素直 に抱かれますから!塗らないで・・・・」

    男はニヤニヤ笑いながらチューブから出した媚薬を私のアソコに塗り出しました。

    ・・・何度も何度も・・・。

    アソコ を大きく開き中までたっぷりと塗られ、クリトリス・乳首挙げ句のはてにオシリの穴までたっぷりと塗られたのです。

    ・・・やがて媚薬が私の心と体を蝕みはじめました。

    そしてモジモジと体をくねらせる私に愛撫をはじめました。

    『夫では無いのよ!』

    そう必死に声が 出そうになるのを我慢しました。

    でも、男がクリトリスをなで上げたとき、私は女の声を挙げてしまいました・・・

    一度声が出るともうどうしようもありませんでした。

    男はそんな私にさらに小さなローターと筆で責めました。

    私はもうダメでした。

    『夫にしか見せたことのないあの瞬間をこの男に見せてしまうの だ・・・』

    そう思った瞬間、目の前が真っ白になりました。・・・

    私は見ず知らずの男の手でイカされたのです。

    男は、はぁはぁ荒らい息をする私にキスをしてきました。

    それは夫より濃厚なキスでした。それを私は抵抗すること無く受け入れ、男の唾液を いっぱい飲まされました。

    「前技だけでイクとはスケベな奥さんだ」

    真っ赤になって何も言えない私に「もっと乱れてもらおうか」そう言うと、アソコの中に小 振のバイブレターを挿入し、ローターを乳首にテープで固定したのです。

    そして、スイッチを”強”にしたのです。縛られている私はどうしようもありません。

    快感の波が何度も何度も私を襲いました。

    目の前が何度真っ白になったでしょう。男はそんな私を放置して「じゃぁ、俺もシャワー浴びて奥さんを抱く準 備をするかな」と言って寝室を出ていきました。

    男が帰ってきたのは10分後位です。すごく長く感じました。シャワーを浴びてきた男は、私が何度目か の絶頂を向かえる直前、全ての器具を止ました。

    そして、手足の拘束を外しました。イク直前で止められた私はもう一匹の雌でした。

    人妻なのに・・・憎い男の股間に手を伸ばし思わず頬張ってしまったのです。

    男の笑いと嘲笑の声が聞こえました。もうどうでも良かった・・・。

    私は4台のビデオカメラの 前で男のペニスを舐めあげ、遂に我慢出来なくなり、ベットに横たわり大きく足を開くと「お願い、抱いてください!」と哀願していたのです。

    男は勝ち誇った 声をあげ、私の中に入ってきました。

    『!』それは夫とは比べ物にならない位硬く大きいものでした。

    突かれる度に私は女の声を出し、男を抱きしめていまし た。

    何度イッたかわかりません。バイブレターなんかかすむくらいの快感でした。

    ・・・人妻なのに。・・・夫ではないのに。

    ・・・何度イカされたでしょう。

    たまらず、一緒にイクことを哀願していました。

    男は笑うと耳元に口を寄せ「中に出してイイかい?」その時やっと男 が避妊具無で私を貫いていることに気が付いたのです。

    『ダメっ!それだけはダメぇっ!・・・お願い危険日なの!』

    って言おうとしました。・・・でも口に出 たのは、

    「・・・危険日だから・・・危険日だから・・・」と言うだけで、拒否の言葉が出ませんでした

    。それどころか再び突かれ、男に求められるとうなずい てしまっていたのです。

    「ふふふ、危険日なのに旦那以外に中出しをお願いするなんてなんて人妻だ!」

    『・・・・』

    私にはその声は聞こえず、最後の瞬間に 向って上り詰めるだけでした。

    そして私は男と一緒に絶頂を向え、初めて夫以外の精子を受け入れたのです。

    ・・・熱く大量でした。

    それは何度も何度も中でビクッビクッと跳ね熱い精子を吐き出していました。

    吹き出されたものが子宮に当る度に、小さな余波が私を襲いました。

    ・・・不覚にもこの時私は幸せを感じてしまったのです。

    なんてイヤラシイ女でしょう。

    人妻であるのに・・・。男は私にまた濃厚なキスをしました。

    「あゆみ・・・良かったかい」私はうなずいていました。

    この瞬間私達は夫婦でした。

    「さあ誓うんだ、これから1週間・・・いやこれから俺があゆみの本当の 旦那として結婚生活を送りますと・・・」

    ・・・私は彼にキスをしながら誓いました。

    それから1週間、私はこの男の妻となりました。

    何度も何度も彼の精液を受け入れました。

    彼はその回数をベットの横に張った紙に”正”を書いていました。トータル6・4・7・3・5・4・8で37回でした。

    当然彼の子供を妊娠しました。

    ・・・私は産みました・・・夫の子供として。

    最近娘の顔がどんどん彼の顔に似てきています。憎い相手との子供のはずなのに・・・。

    私は益々いとおしくなっているのです。

    ・・・彼とのセックスはまだ続いています。


330  るる - 2014/03/26(Wed) 12:19 No.25657
    実験羨ましいです
    なんでもします
    犯してほしいです(´・ω・`)
    性欲がとまりません


331  匿名 - 2013/09/27(Fri) 17:29 No.23416
    レイプってそんなに気持いいの?
    「トヨタカローラ岐阜(株)したらば掲示板」参照


332  私は@レイプされました。 - 2014/03/02(Sun) 21:41 No.25455
    夜2時ぐらいに急ぎの用事があって自転車しか足なかって悩んでたら
    マンションの駐輪場で溜まっている後輩のビックがキー刺しっぱになってた。 直ぐに返す積もりでノーヘルで無免でチョイ乗りした。
    曲がる時に鉄板の上でずべって ひっくり返りました。怪我はなかったけど、ビックの横が傷ついた。
    ここまでは 私が悪いと思う! 押して帰ってる途中に、後輩からメールがあって「今ドコ?あ、そうなん、じゃあパチ屋の駐車場で待ってて!」入ってたから 素直に待ってたら、原付二ケツになって 持主と中学の子3人がきて 先輩に向かって「何、パクって傷つけとんねん! 新車買え!」をしつこい位に言うてきた。 腹の中でセコのくせにと思ったけど、
    鬼のような顔で凄み始めてきたら怖くなるやろ? 1人の子が犯そうやと言い続けてきたら もっと怖くなってくるし、
    そしたら輪姦そうか?(笑)女の子やったらパニックせん? パニクった頭で、SEXしたら許してくれる?
    確かにむっちゃ昔に、援交してたし あんま抵抗なかったのは事実。 持主はSEXで許したるわ!レイプじゃあないから 自分でSEXして下さいと言いと言われて、SEXして下さいと頼みました。 持主は、むっちゃ優しくなって 世間話しながら、奥の方まで歩いて行ったら いきなり また鬼のような顔で凄み始めて SEXしようや!
    SEXって普通に ラブホとか まずベッドの中でと思うやろ? 駐車場やで!外やで! 外野見てるねんで!
    もう頭はパニクる通り越えて わけわからん様に 普通ならん?
    お前がSEXしようやって言うたんやろが!
    自分で悪い事したと思うんやったら、自分で全部脱げや!
    5分位迷ってから ちょっとだけ嫌な思いして終わるんやったら
    ここまできたら、皆の前で脱がんとしゃあないやろ? 脱いだ瞬間に持主が速攻で抱きついて押し倒してきて、ガチにSEXした。 抵抗出来んし SEX中に中学の子が顔を覗きこんでくるし、写メの嵐やし。


333  美海 - 2014/03/28(Fri) 00:52 No.25671
    耳栓を付け
    口を塞がれ
    頭から布袋を被せられ
    首の後ろを通した長ホウキに左右に伸ばした腕を固定され
    M字に開いた脚のヒザと手首の間を縛って固定された姿で
    予備校で知り合った大学受験浪人が決まった人達のストレス発散道具に使われる

    情報量が少ない状態
    僅かに触れられた所に神経が集中し
    挿れられた物の形が脳裏に浮かび其れを咥えさせられた所に神経が集中

    肉体がぶつかる振動だけが伝わり、惨めに濡れるイヤらしい音も男性の喘ぎ声はもちろん
    評価しているだろう声も、話す声も聞こえない
    私も、喘ぎ声を発することも、休憩を願う声も封じられ
    ただただ快楽を与える道具として入れ替わり入れ替わり何時間も犯され続ける

    全てが終わり衣類を着せられたあと
    視力、聴力の制限を解き放たれ、口も解放され
    私と彼しか居ない屋上から教室へと戻る

    全員に声掛けたけど、半分くらいしか参加してないよ。
    耳元で囁く彼の言葉を聴き
    誰に何回犯されたかも判らないまま
    何事も無かったかの様に話し掛けてくれる人達に愛想を振りまく


334  くるみ - 2014/03/26(Wed) 14:22 No.25660

    高校1年生のくるみです
    この掲示板みてるとすごくムラムラする…
    お尻にいろんなもの入れられたい…
    変わったプレイされたいです


335  ゆめ - 2014/03/27(Thu) 01:35 No.25668
    東京住みの高校1年生です
    だれか私に恥ずかしいプレイしてくれませんか?
    私は処女なんですが///
    遠隔操作とSMプレイとかやってみたいなーって思ってます
    実験みたいに責められるのもいいなぁ……
    処女なのにムラムラだけはしちゃうんです……


336  門岡ゆいき - 2014/03/21(Fri) 19:42 No.25576
    女友達いる方紹介してもらえませんか
    ぼく27さい男性ですエッチして見たいです


337  メイド好きな彼氏の彼女 - 2011/08/19(Fri) 21:44 No.17231
    彼氏の家に遊びに行って彼氏がすごいメイドさんが好きなので私は正統派のロング丈のメイド服をよく着せられます。その日は私がメイドさんとして紅茶をいれてあげたりして、夜はHもする予定でした。そうしたら夜の時間に彼氏の友達が来てその人は別に態度は普通だったのでたまたま遊びに来たらしいのですが、私とHするときに彼氏が友達と2人で責めていいかいといってきました。めったにできない3Pだというので今回だけということでOKしました。彼氏の友達もメイドさん大好きだったので私の英国メイド姿を見て最高に興奮していました。彼氏の家は邸宅で両親はよく長期外出がおおいので遊びに行ってはメイドさんをしてあげてました。
    そして広間に夜3人でプレイすることになりいざ始めたら、
    2人がかりで彼氏と友達がメイド姿の私に走ってきて
    彼氏は広間のテーブルに私を押さえつけました。
    そしたら友達が彼氏のコスプレで私のメイド服のスカートの中に手をいれてきて、長いスカートの下まであるパニエをつかみ、ものすごい勢いでびりびりにやぶいてきてパニエがちぎれてスカートの下にたれさがりました。やぶれたら今度はドロワーズをぬがしてきて下着に手を入れて私のワレメをわしずかみにして揉んできました。その後で私は彼氏の言うとおりテーブルに両手を前に出して立ったままお尻を後ろにだしました。そしたら友達が挿入してきてバックで責めてきましたが、その友達の責める勢いといったら彼氏と比べ物にならないくらい激しいのです。彼氏と同じ大学のバスケ部の人なので体格がすごくてレイプされてる感じそのまんまでした。もう...体力がすごいんですよ奥まではいってくるし、ぱんぱんっと音がするし彼氏は友達に責めさせて私の胸ばかり揉んできました。男のスポーツ系の人ってHするとすごいんですね。
    彼氏いわく清楚な英国メイドさんを体格のいい男に本気で責められるはずかしい姿がどうしてもみたかったそうです。
    おまけにこんなコスチュームをその時着せられてしました。
    ミア キュア制服 と検索すれば出ます。
    もうこんなレイプみたいなのはしないといってましたが、
    男の人って清楚なメイドさんを体格がいい人が犯すのって
    そそるんですか?
    その、気持ちはよかったけど、男の人の責める勢いに驚きました。


338  レミ - 2014/03/02(Sun) 16:14 No.25450
    まえのは偽者が出たので新しくしちゃいました。レミは複数の男性にレイプされている妄想しながら、オナニーしています。実際は複数の男性に襲われたいドMな女です!


339  kflpkir0kfpk2 - 2014/03/20(Thu) 16:01 No.25564

















































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































340  kflpkir0kfpk2 - 2014/03/19(Wed) 11:18 No.25551
                


341  kflpkir0kfpk2 - 2014/03/19(Wed) 11:16 No.25550
                                                





























































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































      


342  かおり - 2014/03/18(Tue) 12:59 No.25539
    都内の淫乱系OLです
    私って今までに4回レイプされてまぁ〜す
    その内2回は相手が複数でしたよ
    これって多いのかな??

    友達に聞くわけにもいかないし・・・
    多いのならラッキーですね
    だってタダで気持ちよくしてくれるんだもんね


343  匿名 - 2010/09/29(Wed) 15:07 No.14368
    私の父は私が幼い頃、浮気をして相手の女のところにいってしまい、母は泣く泣く離婚しました。その後、母より10歳年上の現在の義父と再婚し、私には男兄弟が二人出来ました。
    現在、私は19歳、兄は上が25歳、弟が20歳です。
    私が16の頃、長兄が22歳の時、当時、付き合っていた彼女を妊娠させてしまい、その上堕胎させていたことが家族に知れました。
    義父は怒り、母は責任を感じて相手の家に謝りに行きました。
    その頃から長兄は夜遊びがひどくなり、お酒に酔って帰ってくることが多くなりました。
    次兄と私は長兄の荒れた生活をビクビクしながら見守っていました。
    私は次兄の事が大好きでした。
    小学校高学年の時から、いつか結婚出来るものだと思っていました。
    兄妹は結婚出来ないと知り、ショックで泣いたこともあります。
    次兄もそんな私を大事にしてくれました。
    たまにキスをしたり、手を繋いだり、ギリギリの線で楽しんでいました。
    そんな頃、長兄の事件が起こったのです。
    長兄は夜遊びの最中に、繁華街でケンカをして脇腹に10針を縫う大けがをしたのです。3週間は入院していたと思います。
    私と母は交代で毎日見舞いに行きました。
    長兄はバツが悪いのか、そっけない態度で接してきます。
    ある日、夕方の面会時間ぎりぎりに病室を訪れると、長兄が部屋でビールを
    3缶ほど空けていました。
    しかし兄は酔ってはいないようでした。
    びっくりした私はナースコールを押そうとベッドの上の方へ手を伸ばしました。
    そのとき、兄は私の腕をつかみ、自分の方へ引きずり寄せ、ベッドに押し倒してきました。
    何が起こったのか全く理解出来ませんでした。
    長兄は「やらせろ」と一言だけ発すると、
    私の制服の上から胸をわしづかみにし、スカートに手を入れてきました。
    わたしはもちろん未経験なので、これが一体どういう結果になるか
    ピンと来ませんでした。
    長兄は酒臭い息をしながら無理矢理キスをしてきます。
    私は必死で兄を叩きました。
    足をばたつかせようとしました。
    しかし足はしっかり兄が両腕で押さえていましたし、口をふさがれ、息苦しい私は
    頭がぼうっとなってきていました。
    涙がボロボロとこぼれ、「助けて」と頭の中で叫んでいました。
    兄は世話しなく私の下着を脱がせると、
    思いっきりアソコに指を入れてきました。
    「ギャ」と声を上げましたが、お構いなしに指を動かせてきます。
    痛くて、怖くて身体がガタガタ震えました。
    2−3分は乱暴に指を入れたり出したりしていたと思います。
    その間、私は天井の蛍光灯をぼやっと見ていました。
    何故声を出して、ナースを呼ばなかったのか今でもわかりません。
    気づいたときには既に長兄のモノが挿入されていました。
    最初の指が乱暴だったせいか、痛みはそんなに感じませんでした。
    しかし、汗だくの兄が必死でピストン運動をしてきます。
    下半身は熱くなり、ベッドのきしむ音に合わせて、身体が上下しました。
    兄は何パターンも体位を変え、子宮の奥へ奥へ、突っ込んできます。
    身体が自分の思う通りに動かないなんて初めてでした。
    胸はきつく掴まれ、痛く、熱くなっていました。
    長兄は10分ほどの間、ペースも落ちることなく、私を犯し続けました。
    下半身が麻痺してきた頃、兄は果てました。
    もちろん中で・・・。
    その頃、私は涙も枯れ、両腕にも両足にも力が入りませんでした。
    兄は息切れをしながら、側にあったタオルで私のアソコを拭き、
    一言、「悪かった」と言いました。
    私は何も言わず、荷物を持って、病室を後にしました。
    家に帰ると、次兄が心配そうに出迎えてくれました。
    呆然としている私を気遣い、部屋に連れて行きました。
    私は、何をされたかなんていうつもりはありませんでしたが、
    涙が溢れて来て、言葉を発しなくても、次兄は気づいたようです。
    次兄は怒り、私をお風呂へ案内すると、すぐさま病院へ向かいました。
    二人は相当殴り合いをしたそうです。
    長兄は傷口が開き、新たに頭に傷をつけました。
    私は、ショックの所為で2日間熱をだし学校を休みました。
    次兄は優しく、優しく看病してくれました。
    それから、3年、このことを両親にも言わないで、無事生活してきました。
    長兄もあれから私に声すらかけなくなりました。
    私も今年、大学に入学し下宿することに。
    同じ部屋には恋人の「次兄」が共に生活しています。
    長兄はあれから家を出、真面目に働き、今は彼女もいます。


344  私は@レイプされました。 - 2014/03/13(Thu) 12:28 No.25504
    小学校6年の時です。通っていた小学校は、田舎にある1学年1クラスでした。
    私は、運動音痴で内気な女子でした。

    ある日の昼休み、図書館に向かってると、小学校5年の男子二人に羽交い絞めにされて、家庭科室に連れ込まれました。
    そこで押し倒されて、スカートをめくられ、短パンと下着を脱がされ、下半身を露出されました。
    股を開かされました。
    「これがまんこか」と言い、私の性器や肛門を触りました。

    チャイムが鳴ると、「今のことは誰にもいうな」と言い、男子二人は出て行きました。
    内気な私なら黙っていると思ったのでしょう。私は黙ってました。
    それから2回ほど同じことをされ、小学校を卒業しました。


    中学校2年の時、あの二人が中学に入学してきました。1学年2クラスの中学校で、自転車通学をしてました。
    田舎で、集落は結構人がいるけど、中学校まで7キロあり、その間5キロは家が全く無い道でした。道の左右は森林でした。
    道は、行きは下り坂で、帰りは上り坂でした。
    上り坂は2キロあり歩いてました。たまに帰る人を見るくらいで、車も全くといっていいほど通りませんでした。
    集落から出る道は2つあり、1つは小学校、もう1つは中学校に続いており、生活道路は小学校へ続く道が使われてました。

    ある日の帰り、私が自転車を押して歩いて上り坂を上っていると、後ろから自転車が5台来ました。振り返ると、男子5人で、自転車をこいでました。
    男子4人は私を取り囲むようにして止まりました。
    私は恐怖を感じました。
    見ると、小学校の時、私を下半身裸にした男子二人がいました。
    「この先輩が、まんこを見せてくれるのか?」
    「そうだ。小学校の時は結局黙ってたからな。襲っても黙ってるさ」
    男子4人に羽交い絞めされて、森林の中に連れ込まれました。
    私は声を出すことが出来ず、震えてました。

    男子は私を押し倒し、服を脱がせ下着姿にしました。
    「まず、ブラジャーを外そう」と言い、ブラジャーを外されました。
    「結構、おっぱい大きいじゃねえか」と、私の胸をもみ始めました。
    「さあ、パンツを脱がそうか」と言い、ショーツを脱され、股を開かされました。
    「これがまんこか」
    「毛が生えてる。いやらしいまんこになってる」
    男子は、私の性器や肛門を触り、指を入れ、舐めてきました。

    「誰からレイプする?」
    「俺からだ」と1番大柄な男子が言いました。
    男子はズボンと下着を脱ぎ、勃起したちんこを出しました。
    「それだけはやめて」と私は言ったけど、
    「うるせえ。黙ってろ。殺すぞ」と怒鳴られました。
    ちんこが私の性器に当たりました。男子は挿入しようとしましたが、私の性器は閉まって挿入出来ませんでした。
    「どうなってるんだ?入らねえぞ」
    「お前のちんこが大きすぎるからじゃね?おもいっきに突っ込んでみたら」
    おもいっきり挿入してきました。
    「痛い」と私は叫びました。
    「おっしゃ、童貞卒業だ。お前も処女卒業だな」
    ピストン運動して、射精しました。
    「じゃあ、今度俺だ」「次俺」「最後は俺」と全員、強姦しました。
    私はただ泣いてました。
    「今のことは俺らの秘密だからな。また今度他の奴連れてくるから、その時もよろしくな」

    私は、黙ってました。
    1ヵ月後、他の男子を連れてきて強姦されました。
    夏休み、運良く親の都合で転校することが出来ました。


345  私は@レイプされました。 - 2014/03/13(Thu) 12:20 No.25503
    こんにちは私は麻美といいます私は帰り道に
    犯されましたそれも60くらいのおじさんに犯さ
    れるとは予想だににしなかった私は友達と別
    れいつものように帰っていましたしかし後ろか
    ら誰かにつけられているんです私の住んでいる所は
    田園風景が広がり街灯も少なくしかも近所なんてkm
    単位でしかないだから叫んでもこだまが帰ってくるだけ
    なので不審者がいても耐えるしかない私もその時も耐
    えてはいたのですが段々不安要素が大きくなり思い切って
    声をかけてしまったすると男はズボンとパンツを脱いで近づ
    てきた私は怖くなりもうダッシュしたがあっちはズボンがない
    分軽いから数秒で追いつかれ手マンをされ入れられてしまっ
    処女喪失はもっと若い人がよかったと思いながら痛みに耐えてた
    きずくと辺りは真っ暗おじさんにおんぶされながら家に帰った家に
    帰ると適当に理由を言いさすがにさっきのおじさんに犯されていた
    とは言えないしそれから帰り道におじさんと暗くなるまでHをしてい
    てしかもいつも中だしついには妊娠中絶をしてからおじさんとは会って
    はいない彼氏ができると彼氏がびっくりするほど速い腰ふりで彼氏を
    驚愕させれたのはおじさんのおかげ 終わり


346  さとみ - 2014/03/12(Wed) 15:52 No.25496
    私は結婚して3年の29歳   子供はまだしないの
    夫婦中も普通だと思ってる
    会社の同僚が、人が一人足りないって言ったけど、結婚してる
    私が合コンに参加できないって断ったんだけど
    童顔だから24歳には見えるし、男性が迫ってきても断れば
    いいんだから〜〜ね  お願いされて合コンに参加することに
    なりました。
    いろいろな男性と話も弾み、お酒も進み、結婚してることを
    忘れてしまいそうでした。
    でも途中から、体が熱くなり、酔いが急に回ってきて
    座ってもいられないほどです
    意識はあるのですが、体から力が抜けてしまい、もうダメ
    そんな時に一人の男性に抱えられて、店をでました。
    代行を読んだから、一緒に家まで送るよって言ってます。
    ところが、キスされ脱がされていきました。
    力も入らず抵抗できないまま、シャツもブラもたくし上げら
    乳房揉まれて、吸われてしまいました
    そしてスカートをまくら、ストッキングとパンティーを脱がされて、あそこを吸われました
    両手で乳房を揉まれながら、吸われました
    感じてはいけないのに、あそこからは溢れるように出てきます。
    そしてとうとう挿入されてしまいました
    自分に意志に反して勝手に体は感じてます。
    ピストンも早くなり、男性は私の顔に精液をかけてきました。


347  匿名 - 2012/07/17(Tue) 05:49 No.20903
    結婚する彼がいるのですが 昨夜、 借りてる月極駐車場で見知らぬワンボックカーの中に引きずり込まれ目隠しをされてそのまま二人の若い男に一時間くらいで4回レイプされました
    殴られたりして顔とかに怪我をしてなかったし 自分が我慢してれば済むことと想って警察には被害届を出してないのです 親にも内緒で産婦人科で処置をしてもらおうと想うのですが一人で診察を受けても疑われたりしないでしょうか 又、避妊治療はいくらかかるのですか?健康保険は使えますか? 助けると思って助言してほしいのです 冷やかしはやめてください


348  被害者 - 2014/02/24(Mon) 21:54 No.25425
    40歳既婚者
    馬鹿な体験投稿しないで、何が快感があって数回逝ってしまったとか言ってるの、そんな事があるわけ無いでしょ、苦痛と恐怖で震えてじっとしながら相手が終わるのを待つだけの状態なのに何が快感よ、嘘言わないの

    実際は中に出されて妊娠する人や、強引にされて陰部に傷が付いたり出血させられたり大変なんです、それに病気移されてたりもするのよ、そして人生狂わされて自殺する人だっているんです、投稿文もいい加減なこと書かないでください

    そんな私も、夜道で二人から輪姦されて激痛と、恐怖でただじっとするしかなかった、二人に短い時間に三回レイプされたわ、つまり最初の一人が終わってもう一人が変わって私をレイプするのを見てて、最初の男が再び興奮して二度してきたの、勿論相手がコンドームを付けて襲ってくる人いないでしょ、レイプされればどうなるか想像つくはずよ、

    私はすぐ病院に出向き処理してもらったけど、結局その後主人を受け入れることができず離婚しました、もちろん主人にもレイプの事は話をしていません

    悲惨な目にあった女性を面白おかしく書き込むような投稿はやめてください


349  みき - 2012/02/26(Sun) 23:59 No.18305
    以前ひどい体験を投稿したみきです。昨年暮れですべて終わりになったと思っていた1月下旬です。
    私を玩具にした男達に妊娠させられ病院でおろした私はやっと普段の生活に戻り仕事を終えて部屋に帰るとあの時にいた中学生の子が待ち伏せしてました。
    私に話たい事があると言って何かと聞くと私が男達にハメ撮りされたDVDを持って来たと言って鞄の中を見せました。
    返すからと言うので私は部屋の前で他の住人も通るので部屋に入れて返してもらおうとしました、
    その子の話だとDVDは多分全部でこれだけで友達の兄貴の家から勝手に持ってきたとの事でした。
    そして返すからもう一度私を抱きたいと迫ってきたのです。私は抵抗しましたが
    中学生と言え男の人にはちからでかなわず両手を押さえられてキスされました彼はキスをしながらみきさんの事好きだと言って私の胸をまさぐりブラをはずしました、
    私は以前の恐怖がよみがえり泣きだし彼にお願いだから許してと頼みました。
    それでもセーターとブラを脱がされスカートも引き下げられ彼のてがパンティの中に入ってきました。
    私は泣きながら身体をよじって逃げようとしても逆にパンティが脱げやすくなってしまい全裸にされました。
    泣いてる私の口に彼の舌が入ってきて片手でクリトリスを触ってきました。嫌なのにアソコが濡れてきたのが自分でもわかりました、
    濡れたアソコにペニスが当てられゆっくり入ってきました。私は妊娠の恐怖がよみがえり何でもするから生だけは許してと再び泣きながらお願いしましたが
    ペニスは私の中で動き続けました。彼がいきそうになるのが分かった私はお願いだから中はダメと言うと彼はじゃあ飲んでねと言って私の顔にペニスを近づけ口内射精しました
    信じられない量の精液が私の口に入ってきました、私はむせて半分くらい吹き出してしまい残りを飲まされました。終わったと思って彼を見るとペニスが立ったままでした。
    まさかと思いましたが彼は再び私にキスしてきました、そして私のアソコに顔を埋めてクリトリスを舐め始めたのです。
    私のクリトリスは大きくなるのを確認しながら乳首をいじられ再び挿入してきました。その時彼は絶対中出しはしないからと言って腰をふってきました。
    私は泣きながらホントに出さないでねと頼むと彼はだって俺の精液全部みきさんが飲むんだよねって言ってきました、私は頭が混乱しましたが理解できました。
    そして貴方の精液全部飲ましてと彼につげました。彼のペニスが更に私の中で大きくなるのがわかり凄い勢いでつかれました子宮がしびれる位つかれ彼は私の口に再び射精しました。
    続きはのちほどで。
    2度目の射精を終えた彼は私に一緒にDVDを確認してと言ってきました、呆然としてた私は帰ってと頼みましたが勝手にテレビを付けてDVDを再生しました
    画面の中の私は4人の男のペニスを次々にしゃぶらされ口とアソコに次々射精されてました、私は震えながらもう止めて帰ってとお願いしました。
    けど彼のペニスが又大きくなってるのがわかりました、彼は私にペニスをしゃぶる事を要求してきました、
    首をふる私の頭をつかみペニスを口元に近づけ口の中に入れてきました。今までの扱いと違い私の頭を両手で掴み喉の奥までついてきました、
    私はむせて涙とよだれが止まりませんでした。ペニスを抜かれ私の中に彼が入ってきました、3回目と思えないほど大きく硬いペニスは私の子宮をこれでもかと突いてきました。
    私は突かれながら彼に精液全部飲むから口に出してと言いました。彼は首を横にふり、みきさんには今度は俺の子供孕ませると悪魔のような事を言ったのです。
    私は泣きながらお願いそれだけはホントに許してと何度も言って彼の胸を押して逃げようとしました、
    彼は私の腰をガッチリ押さえて更に突きながらイクッと言って私の子宮口にペニスをぶつけました、熱い体液が子宮に入ってくるのがわかりました、
    全部みきの中に入っただろうと彼はペニスを再度押し付けました、私は早く抜いてとお願いしましが彼はつながたままキスしてきました、
    しばらく舌を吸われた後やっと抜いてくれました。私は慌ててティッシュでアソコを拭こうとしましたが精液はなかなか出てきません、
    子宮の中に大量に入ったようでしばらくしてやっと出てきました、3回目なのにこんな量がと思う精液を見て私は泣き崩れました。
    その日はその後も2回中出しされました。彼はDVDを一枚だけ私に渡すと一枚づつ返すからと言って帰っていきました。
    ざっと20枚近く返してもらうまで辛抱できるわけもないので引越しの準備し、病院でアフターピルをもらって飲みました。


350  素人 - 2014/03/04(Tue) 14:00 No.25470
    私、過去に何度も・・中学のときK先輩に呼び出され無理やり抱き押さえこまれキスされ、暴れる私のみぞに膝蹴り「うっ」ってかがみこんだ私の両手を持ち用意してあったおもちゃの手錠で柵に両手を拘束した。「何するんですか?」と叫んで振り返るとK先輩の友達(3人)が隠れていたらしく、ニヤニヤとこちらを見ている恐怖で叫ぶ事も忘れ小さい声で「離してください・・」聞き入れてくれるわけなどなく、

     K先輩に後ろから上半身は手錠のところまで脱がされ、下半身は全部剥ぎ取られ後ろからK先輩が私のアソコを舐め始めた一生懸命足を閉じようとしたら、K先輩の友達が両脇にきて腰と足を抑えつけK先輩が舐めながらズボンを下ろし後ろから挿入・・怖くて声がでないはずなのに見られてる恥ずかしさと舐められ、入れられ、濡れ「あぁっ」喘いでしまった!
    触発された先輩の友達が胸を触り始め、当時から胸が敏感な私はますます感じてしまって、犯されてるのに立ちバックのまま自ら腰をふってK先輩は耐え切れず果てた・・そこで終わるはずがない「見てるだけと思ってたけどKごめんな。女遣らせてもらうわ。」と友達1に挿入されながら手錠をはずされ、友達2は男根を私の口へ無理やり押し込んできた。


    「噛むなよ」と脅され頭かかえて喉仏まで突っ込む(死んじゃう〜)けどK先輩より太くて長い友達1のアレに感じて抵抗できず遣られるがまま・・友達3人から犯され復活したK先輩からまた犯され、腰がフラフラアソコは痛い思いをしたのにK先輩が家まで送るのを拒めませんでした。

     その後K先輩の友達1に何度も呼ばれては遣られ、拒絶すると家の近くで待ち伏せされ公園に連れ込まれ木陰とかで犯されました。2度目は喫茶店でバイトしている時、男女共用更衣室で制服に着替えようとしたらそこの社員さんがいきなり入ってきて口を塞ぎ、後ろから押さえこまれワンピース脱いですぐだったので、ブラとパンティだけの私のブラジャーをはずし胸をむしゃぶり、股に手を伸ばしパンティを脱がした突然で助けを呼ぶことを忘れ、

     されるがままでした指をアソコに挿入され、すごい勢いでピストンされ潮吹いてしまいそれに興奮した社員さんはすぐ挿入、首を振って拒んでる私の首に手をかけ「気持ちいいだろ、潮吹くなんてやらしいなぁ〜。もっともっと可愛がってやるからな」と犯されながらまたしても感じてしまいました。


     その後、喫茶店の店長にも性処理に使われ・・店長と社員がグルで遣っていたことを知りました。3度目は駅まで歩いてると「すみません。道教えてください。」とサラリーマン風の男性に「はい。」と言うと「ここなんですけど〜あれっ車かな・・?」とちょっと離れた路肩まで走って行き車から紙切れだして「あっここ」と叫んで私に車まで行かせると住所の紙きれがあり説明して「ありがとう」と運転席に乗り込んだ。

     後部座席にも男の人がいて「ありがとう」と言ったので「いいえ。」と私は答え車を発進させるのを見送ったと思いきや、ちょうど私の立ってる位置から後部座席のドアが開く位置まで車を動かしてブレーキ。私はどしたのかなぁとキョトンとしてるうちに後部座席のドアが開き、手を思いっきり引っ張られ前かがみに倒れそのまま車の中の男に引っ張り込まれた・・

    「何するんの!!」「うるさい!!」と口にタオルみたいの入れられナイフで脅され両手、両足を縛られ身動きとれなくなって、口からタオルを出してもらったと思いきや、口の中に何錠か薬を放り込まれ口を手で押さえ込み、無理やり飲まされまた口にタオルをいれ縛られ、その間男達は無言だった・・

     縛られても尚に暴れる私にナイフを目の前へ、恐怖で動けなくなった私にナイフ脅しながら服の上から体を触り始めた・・「やめて」と言っても聞こえないそのうちぼ〜っ力が抜けて、男が触れると極度に反応してしまい、怖いのにピクッと体が動く、男はその反応を待っていたかのように下半身に手を伸ばし、アソコを指でクリクリと触り始めた私は意志とは反対に濡れまくっていた・・

    「おぉOKっしょ!!」と運転席の男に合図すると「ふふ」と笑ったように聞こえた。車がどこかに向かう感じはわかったその間、後部座席の男は私をねちょねちょ触りながら「やらしいね〜もうぐちょぐちょだよ。欲しいんじゃないの?ピクピクして可愛い」と卑猥な言葉を浴びせられた。山の中の倉庫みたいなところで車が止まり抱えられ倉庫の中へ中から錠鍵をかけ出れない状態で縛られていた。


     手足を開放された。逃げようにも腰に力が入らなかった。それからは飲んだ薬のせいか私が本当に感じてるのかわからないけどメチャクチャでした・・自分ではないみたい、前偽だけで何度も頂点に達していました。そして男達を受け入れ中に生暖かい物を受け入れ失神し、自分から上に乗り受け入れ・・

     繰り返し犯され2日間逃げる気もなく男達のいうがままでした。その後も勤める会社では無理やり遣られたり、帰り道犯されたり私ってそういう対象で見られるのかな?でも一番の恐怖が結婚後も何度かあり、何故か主人とのHより感じてる自分がいることと最近は体が普通より異常を求めてる感じです。


351  レミ - 2014/02/04(Tue) 16:03 No.25335
    ずっと女子高育ちで女子大出身のレミです。身長173cm、スリーサイズは90-66-93cmと大きいので女子高でも女子大でもバレンタインにはチョコの山ができました。女子から告白されることもしょっちゅうでした。男性経験はあまりなく、S女っぽく見られてるみたいで男性が引いてる感じ。でも、本当のレミは、ドMなんです。大勢の男性に囲まれてめちゃくちゃに犯されたいの。
    オナニーするときはいつも集団でレイプされる妄想をしています。


352  素人 - 2014/02/18(Tue) 15:57 No.25408
    仲のいい有人カップルとWデートみたいな感じで、海に行った時……彼氏とケンカをして、ひとりになりたくて「もういい!」って私はみんなと離れて岩場の方に行ったんです。海水浴場から少し離れてて、尖った岩とかあって少し危険な場所だったけど、あんなやつといるよりはいいかと思って。しばらくボーっと海を見ていると、波音に混じって何か声のようなのが聞こえたんです。
    最初は気のせいかなって。でも、その声は意外と近くて。でも、やっぱり……。気になって、その声の方に行ってみたんです。と言っても、大きな岩を挟んだ数メートル先……って、もうビックリ! なんと、全裸の男の人の前に、ビキニ姿の女性がしゃがんで、アレを咥えてたんです。10代後半か、20代前半か。若い子が、しかも2組も!1組は、角度的にもうアレと口が丸見えの状態で、出たり入ったりしてるのが。

    「どうだ、美味いか?」「あん、うん、おいひぃ」みたいなこと言って。私は、逃げなきゃと思ったのですが、なぜか足が動かず、そして、黒々としたアレを見詰めていたんです。と、目が合ったんです。美味しそうにアレをじゃぶっていた女性と。それはすぐ男にもわかり「なんだよ、女の覗きか。それとも一緒に楽しみたいのか」って、あっという間に2人に取り押さえられてしまったんです。


    「ほら、しゃぶれよ」力ずくで無理矢理しゃぶらされました。もう1人には、水着の中に手を入れられ、直接アソコを触られてしまったんです。「こいつすっげー濡れてるぜ」「うそ。もしかして変態?」「マジ。ヤバくない」2人の女性も加わって、3人に責められました。「あぁ、やめて……」こんな場所で、レイプ同然で、年下の男に、しかも同性にも……私は、必死に抵抗しましたが、体は不覚にも反応して、アソコはどんどん濡れてきてしまいました。

    「ほら、ちゃんと舌使え!もっと奥まで咥えろ」フェラチオを強要していた男も、私の頬を引っ叩くと、グイグイと喉の奥まで突っ込んできました。水着も全部剥ぎ取られて、もうダメだと思った私は、しょうがなくしゃぶりました。「ほら、こっちもいただくぞ」もう1人の男がバックから入れてきました。2人の女性は、私の乳首を舐めたり、男とキスしたりして。

     激しいピストンに立っていられなくなった私は、ゴツゴツした岩場に膝をついたのですが、それだけでも痛いのに、後ろから突かれるたびに擦れて、また痛いんです。私は「待って、私が上になるから」って男を岩場に寝かせると跨って腰を振りました。「おお、すげーエッロイ動き。お前らとはぜんぜん違うぜ」若いだけあって、すぐに発射してしまいました。しかも、中に。


     もう一人も「次は俺だ」って言って、騎乗位を強要してきたので、同様に腰を振ると、これまたあっという間。中途半端な私は、「次はあなたたちよ。舐めなさい」って、女性2人に中出しザーメンでグチョグチョになったアソコを舐めさせたんです。最初は、同性に舐めさせるなんてって抵抗あったのですが、ここまで来たら恥ずかしいなんて言ってられません。とくかにイカせてもらわないと。

     男にも休ませません。Wフェラでしゃぶって、ボッキしてきたら入れさせます。男女4人に奉仕させ、まるで女王様気分で、何度も何度も中出しされ、クンニされ、レイプしてきたのに「もう勘弁してくれ」と言わせることに、やっとイクことが出来ました。膝が血だらけになりましたが、最終的には満足してる私でした。


353  女子校生 - 2014/02/14(Fri) 12:23 No.25377
    17歳高校生です。私の通う高校はトップレベルの進学校なので、クラスの友達と性に関する話題はあまり出ないし、セックスの経験などもほとんどの娘がないと思います、みんな受験が一番の関心事でまじめです。私も含め。そんな私に思いがけないことが起こりレイプされました。それは中学のときの友達に偶然町で出会い、カラオケに誘われたことにはじまります。

     つぎの休みの日に彼女とカラオケ店にはいったのですが、そこには同い年くらいの男の子が2 人先に来てました。最初のうちは順番に歌ってノリもよく楽しかったのですが、いつにまにか私の肩にてをまわしてきて、しばらくそうしてたらいきなりキスをしてきたのでつきはなしました。

     彼もひるむことなく私に馬乗りになり、抱きしめられてキスされました。私はとっさに友達を探したのですが、彼女はもう一人のこのひざの上にのっかってキスをしているのです。私ははめられたとおもい、力いっぱい彼からにげようとしたのですが、足がもつれてつかまってしまいました。

     もう容赦することなく、いきなり下着の中に手を入れて膣に指を入れてきました。私はいやいやをしながらなんとかここから逃げなくてはと思ったのですが、彼女も加担しているので抵抗し続けることはあきらめました。ブラウスとブラジャーをぬがされ、スカートははいたままパンティも脱がされて、2人の見ているところで犯されたのです。


     もう一人の子にも犯されました。私は友達にどうしてこんなことをしたのって、泣きながら聞いたのだけど、友達はすまなさそうな顔をして何もいってくれなかった。たぶん友達も悪い男の子に指図されていたのだろうと思う。これは完全に犯罪で訴えたいけれど、親や学校の先生や学校の友達にわかってしまうことが怖くていいだせない。

     私のことは全部わかっているので、それからも携帯に連絡されてセックスを強要されています。いまのままでは受験に向かわなくてはいけない時なのに勉強が遅れてしまう。なんで友達を信用してしまったのだろうと後悔しています。そしてどうして、私がこんな忌まわしいことにあってしまったのかと、思い出すたび泣いています。


354  リナ - 2014/02/01(Sat) 08:31 No.25315
    最近彼とのセックスがマンネリで、何か、刺激的なことを、相談して、レイプ輪姦プレイをすることになりました。彼が私の知らない友達を四人集めました。男子五人でリナをめちゃくちゃに犯しまくる。という一泊旅行が決定しました。
    ホテルは部屋食が絶対条件ね。部屋から一歩も出ないでエッチなことをされ続けました。
    服を破いてもいいけど、顔をぶつのはNG.お尻はぶってもOK.あざや傷がつくような暴力的なことはNG.
    リナの条件はそんなところ。破かれてもいいように少し飽きてきた洋服を四日分。下着はそれ以上用意しました。
     彼は友達と縄とか手錠とか、浣腸とかバイブとか、ドンキでエッチなコスチュームとか、いろいろ揃えてたみたい。

    当日はもう、車の中から始まっちゃって、大変なことになりました。彼が運転するミニバンの後部座席に乗ったら、見ず知らずの男子学生に囲まれて、あっという間に抱きしめられて、次々とキスされて、身体中を触られているうちに、セーターを脱がされて、ブーツを脱がされて、スカートを脱がされて、パンストを破かれて、パンティーを下ろされて、しゃぶらされて、手で握らされて、次々と挿入されちゃいました。
    彼は運転しながら、ルームミラー越しにチラチラ見てるだけ。
    ホテルに着く前に着替えをさせられたけど。
    お部屋に入ったら、また、すぐに脱がされちゃった。
    彼もかなり興奮していたみたい。

    長すぎると読みにくいでしょう?続きはのちほど。


355  のどか - 2014/01/14(Tue) 21:41 No.25226
    どうして消えちゃうんだろう。

    最後に書き込みしてくれた人もう一度お願いします
    新しい方も私をどんどん犯してください


356  中学1年の秋 - 2014/02/04(Tue) 12:22 No.25332
    まさか、男の子が変態に狙われていたとは思った事もなかった。平日の昼間から僕を
    狙っていたとは、大学生だろうか。相手はショタであり、ロリでもあった。
    しかし、雑木林内の寂しい狭い寂しい道をひんぱんに利用した結果の被害だった。

     被害を被った日は部活(バレー部)が、体育館の耐震構造の検査の為に朝から建築士が検査を
    していて休部であった。うっかり忘れていて、パンツも部活時は強制のブリーフを着用していた。
    ボクサーブリーフでもよかったが、ボールが大切な部分に衝撃を受けた先輩がいたらしく、
    バレー部員は部活の日はほとんどが、ブリーフか僅かにボクサーブリーフだった。

     その日、授業が終わり下校中だった。中学は3校の小学校から生徒が集まり、自宅から遠い
    場所にだった。但し広大な雑木林の中の狭い道を通れば、1/3の距離であった。中学生になり、
    この近道をひんぱんに利用していた。

    友人と分かれ、いつもの近道の雑木林内の道へ入っていった。ちなみに僕は歩行時は後は振り
    かえらない少年であった。又、男の子が中学生にもなり、性犯罪に遭う等思ったこともなかった。

    と、いきなり背後から片手で抱きつかれ、片手から不気味な鋭いナイフが表れた。
    「ななな何、一体全体」と思う間もなく「大声を出すな、黙って来い」と片手を拘束され片手にナイフを
    持った男に片手を引っ張られ脅されながら雑木林の奥へ連れ込まれた。
    「怖い、でも黙って従うしかない」と雑木林の人が踏み込んだ形跡のない笹や竹藪に連れ込まれた。
    大人の背高はあっただろう。万事休すだった。

     誰も来ない場所で変態は「いいか、絶対に大声を出すな。抵抗もするな。大人しくしていれば殺したりはしない」と脅された。
    リュックは、下され「生徒手帳を出せ」と盗られた。『上を脱げ』と言われ、やむなく従った。
    裸の上半身は後手に縛られ仰向けにされた。『中々色白で可愛いな。お前中学1年か』と尋ねられて「はい」と返答をした。
    手袋の手で運動靴、靴下、次についにベルトを外され、チャックを下げられた。
    何をされるか見当はついたが、なぜ男の僕にと思う間もなく一気にズボンとパンツを脱がされた。
    ここで全裸にされた。「怖い」「恥ずかしい」体は恐怖で震えた。
    家には妹がいたが、小学5年の1学期を最後に一緒に風呂も入ってない。
    1年前の小学6年の修学旅行でも、多くの同級生は一部を除き前にタオルで隠したままだった。
    小学6年の一家での温泉旅行も父と入浴したが、前は見せていない。
    それを見知らぬ変質男に見られ、恥ずかしさで心臓の動悸も激しかった。

     遂に一番大切な部分ヘのワイセツ行為が開始された。
    前後、左右に振られ亀頭付近を弄られ、指全部で弄った。最初はものすごく、くすぐったかったが
    次第に勃起してしまった。睾丸も握られ『ここがお前の赤ん坊の命が最初にできる場所だ」とも
    言っていた。
    「なぜ、少年の僕に」と思っていたら、変態男は『やっと狙っていた獲物を手にできた。
    実は、以前から目に入るお前をいつかはこうする事を狙っていたのさ』「でも、今時小学校低学年が
    穿くブリーフは、最近の中学生で何人か穿いていたなぁ。この前やった中学2年も
    穿いていたが運動部らしいな。お前もそうか」と聞かれ「はい」と答えた。

     「一寸待て」と僕がまだ未経験のマスを僕の尿が染み黄色になっていた部分を臭いながら持参の
    ビンに射精した時程、悔しい事はなかった。

                     この後は『臭いフェチ』の連続だった。
    ペニスの臭いをさんざん嗅がれ
    肛門内部(洗浄便座で肛門表面は臭くなかった)に指を入れられ、大便臭気に満足して、
    最後は、「このパンツは小便をしても2回位しか振ってないな。その可愛い顔に臭いチン●ンや、
    臭いパンツはに合わないぞ」「だが記念品でもらう。これは2カ月前に襲った小学5年の女の子が
    穿いていた臭いパンツだ。臭えト命令され僕の鼻元にあの部分を無理に押し付けられた。
    強烈なアンモニア臭がした。
    「お前の臭いパンツも次の被害者に臭いを嗅がせるよ」と笑っていた。
    そのまま変態男派だったので、恥ずかさの中人家方向へ助けを求めテ、フラつきながら全裸で
    助けを求めた。外傷は仰向けにされた時に笹の切れ端が刺さり今出も外傷が残っている。


357  みき - 2014/02/02(Sun) 14:23 No.25326
    私は当時高校1年生でした。学校生活にも慣れてきて新しい友達も出来て、楽しく毎日を過ごしてました。あの日までは… 私は休みの日に友達の家に遊びに行く事になり朝から遊びに出かけて、そのまま友達の家に泊まる予定でした。休みの日でも制服で出かけ2人の友達と待ち合わせをして、3人でプリクラを取ったりクレープ食べたりと過ごしてカラオケに行こうってなったときに、大学生風の1人の男の人が声をかけてきて遊びに行こうと誘ってきました。
    比較的カッコよかったその人はとても大人に見えました。「どうする?」と友達と話してなんか流れてきに一緒に行くことになりました。私は「でもこっち3人ですよ?」というと彼は「大丈夫、俺らは4人だから」と言いました。なんか嫌な予感はしたけど場の雰囲気というか空気を読んで言えませんでした。

     それで車に行き乗るように言われてドアを開けると男が3人乗ってました。しかも彼と比べるとかなり年上だしハゲてる人やヒゲが青い人ととにかく3人とも気持ちが悪かったんです。「おおー」と男は言い騒いでました。彼に押され乗せられ彼は運転席へ。車が発進して他の子が「どこ行くの?」と不安げに。私だけでなく2人も感じ取ったらしく顔が笑ってませんでした。


     彼は「落ち着ける場所だよ」と言いそれから一言もしゃべりませんでした。着いたのは周りは田んぼで1つだけポツンと建ってる家、ここで降りて「ここどこ?」と聞くと3人の内の1人が「俺の家」と言いました。すると違う1人が運転してた彼に封筒を渡して「ありがとな」「こちらこそ」って言い発進してしまいました。

     完全にだまされたと思い私は「帰ろう」と言うと男たちは無理矢理に「なんで?大丈夫だよ誰もいないから」と「お前たちが危ないんだよ」と思いながらも抵抗したけど所詮は女、男に勝てるはずはありません。部屋に連れて行かれ犯られると思いきや男たちはお酒を渡してきて「さぁ飲もう!カンパーイ」と飲み始めました。私たちは安心しました。

     もしかしたらただ飲みたくて連れてきたんだと思ったから。でも甘かった。お酒は飲んだことなくてまずかった。他の2人は私より早く2本目3本目を飲みテンションあがってました。怖い思いを忘れたかったんだと思います。でも私はどこか楽しめずお酒もほとんど飲みませんでした。

     やがて2人が眠ってしまい、私もボーとしてきたときに友達の携帯が鳴りました。私は携帯を見ようと友達のバックを探そうとすると、男が携帯を見て「こいつの母親だよ」と電源を切りました。「あの、迎えに来てもらいたいんで返してください」と私が言うと「まだ帰れるわけないじゃん」と言い私を押し倒してきました。自分で言うのもあれですが、私は3人の中では1番可愛かったらしく男たちは3人で押さえつけあっという間に脱がされました。私は経験がなかったので涙だけあふれてきました。


     こんな気持ち悪い人に…悔しくて悔しくて…叫んでも友達は起きず男は「お酒飲んで寝てたらいつの間にか終わってたのにね」「君が起きてるのが悪いんだよ」と笑いながら言いました。3人は入れる順番を決め1人は私のアソコを舐め1人は自分で触ったり私に触らせたり舐めさせたりもう1人はビデオを取ってる。

     私は「撮らないで」と言い顔や胸を隠すとアソコを舐めてた男が急に大声で「隠すなよ!」と叫び私は怖くなり隠せませんでした。そして無理矢理…とにかく痛くて痛くてしょうがありませんでした。男たちは私が処女だと知ると余計に興奮したらしく、叫んでました。

     私は早く終わってと思いながら痛さに耐え涙だけが溢れてきました。1人目が口に出し舐めさせられ2人目はバックから入れられそれもまた痛くてしょうがありませんでした。2人目もお尻に出され次に3人目、これで終わりだと思い我慢しました。そして男が「うううっ」と動きが止まりました。私は中に温かいものがあるのがわかり涙がまた出てきました。

     いくら処女でも中に出したら妊娠するとわかってました。しかもこんな気持ち悪いおじさんの…。私は「なんで中に出すのー」「ふざけんなよ」と泣き叫ぶと男たちは3人で笑うばかりでした。その後残りの2人も眠りながら男たちに何回も犯られました。まだ私はマシだったのかも。

     お風呂案内され中に出したのを洗い流しできただけ…出てくる頃には他の2人は眠りながら処女失い、中に出され、さらにお尻まで、さすがにその頃には2人も起き状況を把握するまで時間はかかりませんでした。2人も泣き叫びました。


     私はその時は強気に「私たち帰りますからと」言い放ち2人に服を着せ手を引き出て行こうとすると男が「警察に言ったらネットに名前と学校、住所に電話番号流すからな」と言われ、それが余計に悔しくて涙を流しながら真っ暗な道をひたすら歩きました。

     途中公園で2人の足についた血や精液を流し2人をなだめました。私も泣きたかったけど涙が不思議と出なかった。その後友達の家までなんとか着きおばさんへの言い訳はきつかったけどごまかしこのことは3人の秘密にしようと話しました。

     その後私は彼氏ができ初エッチをするときに男の子は処女だと嬉しいらしいと雑誌などに書いてあるのを見たり、友達に聞いていたので一応処女と偽り「痛いけど大丈夫」とか言ってごまかしたりして付き合っていきました。

     彼とのエッチはとても気持ちよくて違う意味で涙がでました。彼は「痛くしてごめんね」って言ってくれて私は嬉しい反面罪悪感でいっぱいでした。


358  由美 - 2014/01/23(Thu) 15:33 No.25266
    突然押し倒された時、大声を出せば良かったのかもしれません。隣の寝室に飲み潰れた主人が居るのですから、「ダメ、止めて」言葉では言いながら、押しのけるとかの抵抗をしませんでした。私も酔っていたから間のか敏感になっていました。されるがまま裸になっていたのです。私の手を取りペニスを触らせたのです。それが凄いんです。熱くて太くて大きい。入れるヨ、「ダメー、私たち姉弟なのよ」そうなんです
    弟としてしまったんです。「イヤ、ダメ」それが「イイ、イイー」ハァ、ハァ 初めての感覚でした。


359  - 2014/01/28(Tue) 12:51 No.25292
    私は今年成人を迎えたがあの昔のことを思い出します
    兄とは7つ違いで私が小1の時、兄が中2のときの事です

    ある休みの日昼間から兄と2人っきりになり兄は遊びに行く約束を取り消し
    私と遊んでくれることになりました
    「お兄ちゃん何して遊ぶの?」
    「今日はいい事しよな」
    私は首を傾げました
    兄に連れられ私の部屋に連れて行かれました
    「知ってるか舞(私です)実はな・・・・」
    「え〜嘘〜」
    ここから簡単にいいます
    兄は私に小学生になった女の子は兄のアソコを咥えておしっこを
    飲まないといけないと言われました

    私は訳が分からず兄に従うしかありません
    兄は自分のズボンとパンツを脱ぎました
    「ほらちょっと触ってみろよ」
    私はお風呂で見たことがあったが実際に触ったことがありませんでした
    恐る恐る触るとすごく硬くなってました
    「ほら自分で口に咥えなさい」
    私は口を子供ながら大きく開けて咥えました
    そのまま兄に頭を持たれ前後に動かされました
    私は兄が喜んでいたので私もうれしくなりました
    そのまま「じゃあ頼むよ」
    兄はそう言うと私の口の中におしっこか精液(このときの私は分かりませんでした)か分からないものを出しました
    私は言われた通りに苦かったが全部飲みました
    「言いか舞この事は他の人には言っちゃ駄目だよ」
    「何で?」
    「それがルールだから」
    私は昔からルールという言葉に弱く守らないといけない思いが強かったので頷いてしまった
    「舞これから毎日一回しないといけないからね」
    「分かったよ」
    それから何の疑問もなく毎日して時には2,3回するときもありました
    他の女の子もお兄ちゃんがいる所では普通なのだと思っていました
    私が6年になるときに兄は大学生になって1人暮らしをはじめたのをきっかけに
    あまりしなくなりました
    でもたまに家に帰って来たときはしました
    その時は帰ってくるたびに2回はしました
    私も兄も夏休みになると兄は帰ってくるのでその時にはしばらくうちでのんびりするので
    毎日されるのには変わりませんでした
    私が中学生になっても変わらずされ続けていました
    私はすっかり兄の性奴隷になってました
    私は高校に進学して学校からの帰り友達に勇気を出して話しました
    「そんな決まりないわよ あんた騙されてるのよ」
    と言われた時はショックだった
    家に着くとトイレでずっと泣いていました
    両親に話そうとしたが言えなかった
    数日後兄が何食わぬ顔で帰ってきた
    「舞今日もやるぞ」
    「お兄ちゃんあのね・・・」私はすべて兄に言った
    兄は唖然としながら床に座り土下座して謝って来た
    「ごめん 本当のこと言おうとしたが言えなかったんだ」
    「もう 良いわよ」
    私がこれまで受けた心の傷は成人を迎えても癒える事はなかった


360  優梨子 - 2013/07/12(Fri) 09:06 No.22626
    一ヶ月前、玄関のチャイムが鳴ったのでインターホンのカメラを見ると「お届け物です」と男が立っていました。
    扉を開けると、宅配便を装った男が押し入ってきて玄関のカギを閉めナイフを見せられて。
    「大人しくしないと殺すぞ」と目の前にナイフを見せられると、逃げたり大声を出したり抵抗は出来ませんでした。
    ただただ恐怖で声が出ず震えました。
    二階の旦那の寝室に連れていかれ、まともに抵抗出来ないままシャツ、スカート、ブラ、パンツを脱がされて裸にされ、昔は旦那と一緒に寝ていたダブルベッドに押し倒されて・・・
    キスされて胸を触られ乳首を吸われ、あそこを触られクンニをされました。
    44才の私は旦那しか知らなかったし、旦那とは10年くらいしてなかったので恐怖しか感じませんでした。
    それでも…それなりに濡れたみたいで、20代?の男に無理やりでペニスを入れられました。
    少し痛かった。
    旦那のことは遠い記憶で忘れかけましたが、旦那より大きなペニスで子宮を突き上げられるような経験したことのない感覚…そして、ものすごく腰の動きが速い激しい突き上げられ方でした。
    途中から快感を覚えイキそうになりましたが、それでも「いや、やめて、」とか言ってたら、「中に出すぞ」と言われて男の動きが一段と速くなって・・・
    中に精子を出されました。
    男はカバンの中からカメラを出し、「誰にも言うなよ。しっかり録画したから、ばらまかれたくないだろ」と言って帰っていきました。


361  人妻 - 2014/01/26(Sun) 11:38 No.25277
    私も勤めに出かけるようになりましたが、最近誰かにつけられてる気がしてました。主人とはラブラブで毎日Hしてます。土日主人が出張でいないので金曜朝、Hして送りだして私はシャワーして体拭いてたらチャイムが・・忘れ物かしらと思い、急いでパンティーはいて、キャミワンピ着て玄関開けて忘れ物??

     マスクして鞄を持った知らない人が、え?? 押し倒され顔の横にナイフが「騒ぐな」「静かにしろ」「言うこと聞けば殺すまでしない」わたしは恐怖で震えながら、首を縦に振って答えました。口の中にタオルのようなもの入れられ、ガムテープ貼られ手錠させられました。居間につれてかれソファーに寝かされ、ナイフでワンピ切られて、裸にされパンティーの横からローター入れられました。

     中で動いて動いて。胸もまれ乳首吸われ始めあそこから液が、パンティーしみてきたぞーって言われ、パンティーをナイフで切られて指が入ってきてかき回され、とうとう挿入されました。男は私の胸に出して終わってくれた?安心しましたが、そのまま寝室に連れてかれ、ベットに手と足縛られ今度はバイブを入れられたまま、ほかされました。

     バイブが動いて動いて液が流れ初めて、お尻が冷たく感じてました。「いやらしいな、犯されてこんなに流して」「すき者だな」男は俺に逆らうなと言い、私は縦に首振り足と手を解かれ昼飯作れって言われ、バイブ入れられたままご飯を作りました。もう私、抵抗できないくらいぐったりで、力も入らなくなってました。男はご飯を食べ終わると、またわたしを犯し始めました。


     だんだん男の行為に合わせるようになり、夕方まで5回以上いかされました。初めてのローターとバイブ経験し、主人より大きなペニスで突かれまくり、わたしのあそこにはズーと何かは入ってました。夕方男は帰りしなわたしの淫らな体を携帯で取り脅して帰りました。

     その晩は何もできなく私は眠り続け翌日、朝シャワーしてから部屋中片付けて主人の帰りまって、その晩主人におもっきり抱いてもらい「やっぱり子供欲しい」って言って、中だししてもらいました。今は妊娠3ヶ月、主人の子供と思います。でも、あの日の事は言ってないし、あの出来事で女に目覚めちゃったことも本当です。


362  れな - 2014/01/23(Thu) 13:13 No.25265
    おちんぽぐさぐささして精液どくどく流し込んで
    栓したりかき混ぜたりおまんこで遊んでくれる人
    実験台にしたい人いない?


363  みき - 2012/06/03(Sun) 12:06 No.20682
    以前騙されてで投稿しDVDの話もした、みきです。
    その後の私の悲惨な体験です。
    中学生から逃げるため、仕事もやめて引越しの準備をしていましたが引越し先がすぐにきまらず準備をしていた夜の事です。
    インターホンがなり私は居留守を決めてたので無視してましたが
    あまりにしつこいので気付かれない様に覗くとあの中学生が鼻から血を流して立ってました。
    びっくりした私は安易にドアを開けてしまいました。
    すると外にあの時の男達が4人ともう一人の中学生がいました、なだれ込む様に男達は部屋に入ってきました、
    DVDを黙って持ち出したのがばれたようでした。私は自分がどうなるか解りました。
    男達は私を服の上からまさぐり始め、ブラウスを引きむしりスカートをぬがすと下着姿の私にフェラを強要しました、
    3人のペニスに囲まれてる間に残りの二人は血だらけの子を縛りました。
    私はなすすべもなく次々とフェラさせられ、
    さらに下着の上から胸を揉まれ残りの二人はパンティを引きむしろうと引っ張ってきました。
    抵抗しましたが無駄でした、結局裸にされてギンギンのペニスが私の中に入ってきました。
    私は涙がとまらいほど流れましたが声が出ませんでした。男達はつまらないのか、みき声だせよと言ってきました。
    やめてと言う位しかでませんでした。
    最初に挿入した男がミキの中に出して良いんだろ?と仲間に確認してました、
    私はお願いだから中は許してと何度もお願いしましたが男は私の足を高く持ち上げ子宮口にペニスをぶつけてきました、
    そして凄い勢いで私の子宮にペニスを擦りなが射精しました。
    私は泣き崩れ許して、話が違うでしょと言いましたが男達のペニスは泣き崩れた私の中に二人目が挿入してきました。
    私はペニスで突かれながら胸をわしづかみにされ痛いやめてと言ってるうちに再び中出しされました、
    その後の男達も私が泣くのを頼むように挿入しては中に次々射精しました。
    二回づつ犯された後に血だらけの中学生が帰れと言われ出ていきました。残りの5人は帰る様子はなく、
    私の部屋を見て回ってカレンダーに気づきました。
    私は仕事を止めた事が男達に分かってしまいました。一人が私に引越しはいつか聞いてきました。
    まだ決まってない事と仕事もない事が分かると男達は私を監禁しょうか?と言い始めました。
    その夜は朝まで男達に犯され3人は帰っていきましたが二人が残り私を犯し続けました。
    マンコが壊れると思うほど突かれて子宮の中はきっと精液だらけの状態だったと思います。
    二人が寝ると私は縛られたまま寝てしまいました。
    寝てしまった私は男達が再び私を触り出した感触で目が覚めました。
    気がつくと又男達は5人いました。私は男達に自分の部屋の風呂場に連れていかれアソコを洗われました。
    そして再び自分のベットで男達に囲まれました、目の前にギンギンのペニスが5本あり私の喉の奥まで次々挿入してきました、
    苦しくて涙がでました、その後私は男達に次々挿入され、熱い体液が私の中に次々射精されました。
    2回づつ犯された後私の部屋から男達はTバックの下着を私にはかせその横から再び挿入してきました。
    抵抗しましたが無駄でした、子宮めがけて次々射精されました。
    私は明日病院にアフターピル取りに行かせてと泣きながらお願いしましたが男達は私にみきは又俺達の種で孕ませるんだ、
    今度はおろせなくなるまで監禁だ〜と言われました、それから毎日犯され続けて生理は来ませんでした。
    孕らんだ私に男達は更に子供が流れないようにとアナルをせめてきました。
    経験のないアナルに毎日何回も挿入され必ず精液を飲まされました、今も俺達に監禁されて毎日犯され続けてます。
    おろせない時期まで男達は私を解放しないと言ってます。
    私も最近、どうされても仕方なく思います。
    あの夏の日で私の運命は男達の玩具になる運命だったと諦めました。
    子供を産んだ後私はどうなるか分かりませんが男達の欲望はきっと無くならないと思います。
    こないだ中国人と偽装結婚させて死ぬまで犯してやるとか言われました。
    又私の今後を投稿します〜投稿が途絶えたら死んだか売り飛ばされたと思って下さい。


364  あの - 2014/01/16(Thu) 12:34 No.25232
    電車の中で挿入してくるのは止めて。
    人に知れたら人生終わっちゃいそうで怖い。


365  人妻 - 2014/01/14(Tue) 17:58 No.25225
    社員とパートの主婦も参加で一次会が終わり、二次会に行ったときです男性社員が五人とパートが私を入れて四人です。私は、お酒が弱いのに飲まされ半分つぶれていました気づくと他のパートの人は、みんな帰っていて女は、私一人です。一人の人が3次会に行こうて言い出し、私も一緒に行こうて誘われたんですが断って帰ろうとすると、送っていくからていわれ車に乗せてもらったのは良かったんですが・・
    行き先が家と逆方向に走り出し方向が違うと言うっても、無視して寂しいとこにつれていかれ車が止まるとワゴン車が横に来て止まりさっきまで一緒にいた他の男性社員が降りてきて、私をワゴン車に乗せ替え私は、抵抗したんですが男性五人にはかないません。

     手足を押さえられ一人が私の服を脱がせ、下着姿にされ薬を無理矢理飲まされショーツを裂かれ、あそこが丸出しににりクリトリスにクリームみたいなのを塗られました。

     しばらくするとあそこが熱くなってきて感じ始めました。後で聞いたんですが媚薬だそうです。いやなのにあそこが勝手に感じてきて濡れてきます。腰は勝手に動き出しあそこに入れてほしく、手は押さえられてるので自分でする事が出来ず、我慢出来ずに私から入れてとおねだりしていました。


     後は、五人に強姦されビデオと写真を撮られてるのも気づかず犯され続けました 後は、無理矢理飲まされた薬の性で意識は無くなっていました。気が付くときちんと服を着せられ家の玄関に座ってました。下着は、付けていませんでした。あそこから精液があふれてきて、太股を伝ってきました家の人を起こさないように入り、急いで着替えパジャマ姿になり化粧を落としベットの主人の横に潜りこみました。

     シャワーを浴びれなかったのであそこには、入ったままです。安全日なので妊娠は、心配なかっけどすごく気持ち悪いはずなのにガだがまたほてってきて、知らないうちに手が動きオナニーしていました。主人も私のあえぎに気が付き朝までエッチしてしまいました。今では、ビデオと写真でゆすられて男性社員のおもちゃになっています。


366  ゆい - 2014/01/18(Sat) 18:34 No.25242
    私が小4、兄が小6で、親が家を建てて、隣の小学校に転校したんだけど、親はそのまま会社に勤めてて、高学年は学童に入れなかったので、私もカギっ子デビュー。
    兄は週2回今まで通り、スイミングに通ってて、それ以外の日は、同じく4月から転校してきた友人と仲良くなり、私の家に遊びに来ていました。
    兄はその友人にいじめられて、泣かされたみたいな話を聞いたけど、家では仲良かったので、全然気にしてなかったんだけど。。。
    4月の終わり頃、兄がスイミングでいない日に、兄の友人が遊びに来た時です。
    おにいちゃんいないよ、って言ってけど、強引に私の部屋まで入ってきて、ズボンとパンツを脱いだと思ったら、いきなりビンタされ、しゃぶれよ!って言われて。
    怖くてしゃぶってしまったんです。5分ほど咥えて顎が痛くなった頃、唇を細めて舌を動かせよ!と言われ、頭を手で押さえつけると、腰を動かしてきました。
    兄の友人が、うっ!と、声を上げた途端、口の中がしょっぱいものでいっぱいになり吐き出してしまいました。
    兄の友人は、あー気持ちいいー!って声を立てた後、前の学校で、同級生の女子に、しゃぶらせていたのがバレて、2人とも転校したそうです。
    これがバレたら、お前も、兄貴も学校の恥さらしだからな。絶対に誰にも言うな!って言われて、ばれたら大変なことになる気がして、兄がいない週2回しゃぶり続けました。
    そして、夏休み、遂に裸にさせられ、ベッドの上で抱きついてきましたが、お互いに経験がなかったので、それ以上のことはありませんでした。
    でも、翌日、兄の友人が連れてきた、定時制に通ってる兄(私の兄じゃないです)に裸にさせられ、ベッドで抱かれてしまいました。
    もの凄く激しくなめられたり、キスされたりしているうち、気持ちよくなって、身を任せていると、あそこに痛みが走りました。指を入れられたみたい。
    その後、おちんちんをしゃぶらされた後、あそこにおちんちんを入れ、顔を舐めながら、激しい息遣いで腰を振ってきました。
    友人の兄は、うおー!って声を上げると、私のあそこが暖かくなって、べとべとしたおちんちんをしゃぶってる時、私のあそこから、ねばねばしたものが垂れてきました。
    そして、兄の友人に向かって、生でやってら、コンドームの10倍以上、気持ちいいとか、私の舌がすべすべしてて、最初のディープキスも、もの凄く気持ちいいいとか話してました。
    その後、ズボンのポケットに入れた手を動かしながら、眺めていた、兄の友人にも同じことをされたのは言うまでもありません。
    兄の友人が中学生になると、部活で忙しく、あまり来なくなりましたが、兄の友人の定時制の兄には、生理がくるまで、ひどい時は毎日のようにやられていました。
    生が気持ちいいから来てたみたいで、生理がくると、兄の友人の定時制の兄は、来ることはなくなりましたが、兄の友人は、時々部活をさぼって、コンドームを持ってやってきました。
    でも、兄と兄の友人が高校に入った後は、関係も断ち切れてほっとしたのですが、どこか捨てられたみたいな寂しさが出てきて、時々思い出してはオナニーしてます。


367  女子大生 - 2014/01/10(Fri) 15:18 No.25176
    私は、21歳学生です。享年の夏のことなのですが・・サークルのメンバー6人(男子4人女子2人)でキャンプに行くことになり、コテージを借りることになりました。 楽しいキャンプになるはずが、私と美紀は その夜 男たちに朝まで辱めを受けました。4人に服を脱がされ、パンティ一だけにされた私たちはイスに足をM字に広げられた格好で縛り付けられ、向かい合わせにされ、まるで品定めをするように
    「美咲の乳首のほうが色濃いじゃん」「美紀 乳輪でけえな〜」などと、言いながら上半身をべちゃべちゃと舐めてきました。私は「やめてよ!」と泣きながら訴えました。美紀は泣きながら耐えていました。そして男たちの視線は私たちの恥ずかしい部分に注がれました。「美咲のパンツ、レースじゃん。透けちゃってるよ」


    「美紀、食い込みすぎて毛がはみでそうじゃん」そういいながらパンティの上からクンニする者、首筋を舐めてくる者・・「ほら、美咲、美紀の姿見てみろよ」と私のあごを持ち上げました。美紀は泣きながら必死で耐えていましたが、恥ずかしい部分はクンニされたせいか、張り付き、毛が透けていました。

    「さあ・・ご開帳だな」そう言うとはさみを持ち出し、パンティまでも切られてしまいました。バイブを入れられ、ビデオに撮られました。 その後イスから下ろされた私たちはレイプされました。中に出され、4人を受け入れた後は放心状態で起き上がることも出来ません。しかし、男たちは容赦なく、私と美紀で69をするように命じてきたのです。「ちゃんとできたらお仕置きしないでやるよ、出来なかったらスパンキングだな」と・・。

     男たちは私を寝かせると美紀に「ほら、顔の上にまたぐんだよ」と美紀を叩きました。そして69をしたんです。「ちゃんと精子舐め取れよ」男たちは笑っていました。「そうだな・・先にイカせたほうは許してやる」と言われ、必死に舐めました。美紀も必死に舌を使い舐め、クリを吸ってきました。私は体がビクッとなり、なんとか耐えましたが・・


     それを男たちは見逃しませんでした。「美咲、イキそうなんだろ?淫乱だなあ〜」「お仕置きは美咲に決まりだな」そう言うと嫌がる私を 後ろ手に縛り、テーブルに上半身をうつぶせにされ、足は広げられ、固定されました。そして私の足を開かせると、アソコに山芋を擦り付けてきました。「いやっ・・痒いよ!」と言うと「タップリ塗ってやるよ」と・・。

    「かゆい・・いやあっ」と抵抗しようにも身動きがとれず、お尻を振るのが精一杯でした。そして、鞭で私のお尻を叩き始めました。アソコは痒いし、お尻は痛いし、私は気が狂いそうでした。「許して・・!許して」と泣き叫びました。そして私だけでなく、美紀もお仕置きされました。


368  27歳 - 2013/12/21(Sat) 08:52 No.25097
    彼と別れて半年経ちました。寂しいクリスマスです。複数の男性にめちゃめちゃに犯されたい妄想でオナニーをしています。寂しい私を誰か虐めてください。


369  ななこ - 2014/01/10(Fri) 23:42 No.25180
    おまわりさんに手錠かけられてパトカーの中でまわされたい。


370  裕子 - 2013/12/23(Mon) 13:37 No.25113
    結婚1年目の時、23才の6月15日月曜日、私は気晴らしに朝からスーパーへ買い物に行きました。
    立体駐車場に車を停め、車の中で開店時間を待っていた時、財布を忘れた事に気付き家に戻ろうとしました。
    ちょうどその時、私の車の隣に1台の車がバックしてきました。
    隣に車が停まると、私は急いで駐車場を出ようと車を動かすと、隣に停まった車に軽くぶつけてしまい、車から降りると、隣の車からも若い男Aが降りてきました。
    よく見ると…車は高級車みたいで、少しヘコンでました。
    Aは憤慨した様子で「この車は先週買ったばかりだ。新しい車を買うから車の金と慰謝料5千万払え。」と手を差し出しました。
    「???」私は頭の中がパニックになりました。
    A:「この車は3千万。誠意を見せて5千万払え。」と言われました。
    Aはチンピラ風で怖い顔、私より20センチ以上背が高く、Tシャツから見える腕は筋肉ムキムキで怖くなりました。
    「免許証を見せろ」と言われ、素直に免許証を見せると「中学はどこだ?」と聞かれ、答えると「俺の後輩か」とAは言いました。
    同じ中学で、私が中学1年の時、Aは3年生だったそうです。
    A:「立ち話で済むことじゃないから俺のウチに行って話そう」
    Aの車に乗せられて行った場所は、高級マンションの最上階にあるAの部屋でした。

    ソファーに座らされ、テーブルを挟んで向かいのイスにAが座り、紙とペンを差し出され、名前、住所、電話番号を書かされ、更にAは朱肉を持ってきて、言われるままに書いた紙に拇印を捺しました。

    A:「5千万はいつ払う?」
    私:「そんなお金はありません」
    A:「じゃあ、3千万にしてやる。時間も待ってやる。その代わり、俺の言うことを何でも聞くか?」
    脅しというか、強制的な言われ方に、私は「出来ることなら…」と答えると、Aは立ち上がり、私の隣に座りました。

    そして、紙に『私はAの言うことを何でも聞きます』と書かされ、拇印を捺さされました。
    すると…

    文章が長すぎると、つまらない人は疲れると思うので、一度止めたいと思います。


371  なんで - 2014/01/02(Thu) 11:45 No.25139
    友人A子と初詣の帰りにA子の先輩(男)2人に出会い、先輩の部屋にいくことに。
    A子はコンビニ寄ってから行く、って言ってたのに来なくて、結局2人にまわされました。
    1日中私は裸で、ベット、床、トイレ、風呂、キッチン、いろんなとこでやられました。


372  裕子 - 2013/12/23(Mon) 13:44 No.25116
    9月9日水曜日の朝、ある女から電話がきました。

    Aの知り合いらしく「話がしたいから会ってくれる?」と言われ、Aの知り合いと聞いて断れず…ファミレスで会いました。

    見た感じ、私とは正反対で、セクシーでいかにもエロい?感じでした。
    年はAと同じだそうで、私を子供扱いするかのように話をしてました。

    女は「6月からAに抱かれてるんだって?Aはいいでしょ?アレは大きいし、人並み外れた体力だから、腰の動きが速いし激しいし、持久力も抜群で最高でしょ?」

    私は…この女は…どこまで知ってるの?と思い、血の気が引いてしまいました。

    さらに女は、「あなたは一度イクとダウンするんだって?よほど絶頂が深いタイプなのね。私なんか五回はイカされるわ。」と、私のことをバカにしてるというか…女の薄笑いが不気味でした。

    さらに女は、「Aがね、あなたに男を紹介したいけど誰がいいだろう?って私に相談してきたのよ。」と言いました。

    私は「遠慮します。」と席を立ち、ファミレスを出ました。


373  裕子 - 2013/12/19(Thu) 13:34 No.25093
    他のところに思い出話を書いた裕子です。
    皆さんの投稿を参考に、自分なりにアレンジ?して妄想を書きたいと思います。
    所々皆さんと同じ文章になったり、話がメチャクチャで矛盾するところもあると思いますが、お許しを。

    結婚をして一年が過ぎ24才の夏の事。
    中学の同級会に行き、お酒を飲めない私にAがお酒を勧めてきました。
    仕方なく我慢をして少しのつもりで飲むと…どんどん飲まされて、頭がクラクラになって眠くなってしまいました。

    気がつくとホテルのベッドで仰向けになって寝てました。
    下を見ると、スカートの裾がお腹まで捲れ上がっててパンツ丸見えでした。

    ボーッとしながら考えていると、浴室の方から腰にタオルを巻いただけの姿のAが…。
    「気がついた?裕子が酔って寝ちゃったから、とりあえず休ませようと思ってここに来たんだ」と言いました。
    私は慌ててスカートの乱れを直して「ごめんなさい、帰ります。」と、起き上がってベッドの上で少し座り、フラフラしながらベッドから下りようとしたら「まだ無理だ」と言いながらAが近づいてきて「せっかく来たんだから楽しもうぜ」って言われて押し倒されました。

    Aは中学時代、不良で怖い存在でした。

    Aがブラウスのボタンを外してきたので「いやっ!やめてっ!何で!?」と言って防ごうとしましたが、アルコールのせいで体に力が入りませんでした。
    ブラウスのボタンを外され前を開かされ、ブラを上にずらされて胸を揉まれ乳首を吸われました。
    「やだやだ!やめて!」って泣きながら叫ぶと、「苦しいだろ」と言われ横を向かされホックを外されブラを首の所まで上げられました。

    Aの顔が目の前に来ると…「昔から可愛い顔してたけど変わらねーな」と言われ、顔を掴まれてキスをされました。
    ボーッとしながらも「んーっ!」と声を出しながら耐えてました。

    Aの唇が離れると、パンツの上からアソコを触られ、パンツの中に手を入れられました。
    「いやーっ!やめてーっ!」と叫ぶと、「気持ち良くしてやるからな」とパンツをあっという間に脱がされ、足を開かされ、いきなりクンニをされました。

    「きゃーっ!」って叫び体に力が入らないなり逃げようしましたが、しばらくクンニをされ…そのうち…嫌なのにアソコが勝手に濡れてきました。

    クリを刺激され、指を入れられると「締まる!指が抜けない!」と言われました。

    そして、足を開かされ、腰に巻いていたタオルを取ったAの体が両足の間に入ってきて…。
    「やだやだ、だめだめ」と言いましたが、アソコにアレが当たったと思ったら、無理矢理でググッ!って感じで一気にアレが入ってきました。

    入れられた後は終わるの待つだけ。と思い、泣きながら我慢してました。
    ピストンをしながらAは「声を出していいんだぜ」と言いましたが、私はひたすら黙ってました。

    しかし…いつまでも終わらないAのピストンに…次第に快感を覚え始め…「あっ…いやっ…」と少しずつ声が出るようになり…更にピストンされてるうちに、頭の中は訳が分からなくなり…「あー!だめー!」って喘ぎまくってしまい、最後には「だめ!イッちゃう!」と叫ぶと、Aのピストンがそれまで以上に速くなり…私はイカされてしまいました。

    疲れきって動けない私に、Aは「いいイキっぷりだ、俺の子供を産めよ。」と再びピストンを始めました。
    「いや、だめ、お願いだからやめて。」と声を振り絞りながら言いましたが、Aは私の中に精子を出しました。

    服を着ながらAに「また今度ヤらせろよ」と言われ「もう嫌」と答えると…「嫌とは言わせない、今の一部始終はカメラに録画した」と言われました。

    数日後、また私はAに呼び出されることに…。

    という妄想でした。


374  のどか - 2013/12/07(Sat) 23:17 No.25054
    普通じゃ使わないようなおもちゃとか道具で犯されてみたい


375  美奈 - 2010/08/25(Wed) 00:51 No.14121
    高2の夏、学校周辺で強姦事件が多発していました。噂によると下半身を露出させた50代のキモイ男だそうです。そして私もその毒牙にかかってしまいました。 部活動が終わって夕方の7時くらいに通学路にあたる林の中を下校していました。うしろからいきなり肩を掴まれ、びっくりして振り向くと、噂の強姦魔がニヤニヤとしながら下半身は何も身につけず、モノは上を向き勃起していました。「私も犯される!」躰が硬直してしまい、何も抵抗出来ず男のされるがままになってしまいました。クワえさせられたあと、パンティを脱がされ挿入、中で射精されました。強姦魔の快復力は早く、続けて2回、全部で3回犯されました。2回目はバックからでした。 すべてが終わったアト.....私は無惨な姿で林の中で横たわっていました。 そして.....あの強姦魔の子を妊娠してしまいました。


376  私は@レイプされました。 - 2013/12/16(Mon) 10:16 No.25087
    わたしは、二十七歳の専業主婦です。

    主人は、三十六歳のサラリーマンで、半年前からEDなのです。

    主人は、どこで聞いてきたのかEDに効くからと言っていろんなことをわたしにさせます。

    まずは下着を主人と一緒に、アダルトショップに買いに出かけ店に入ると男の人達が、チラチラと見るのにはずかしくて店内を進んで

    いき下着コーナーにたどり着きエッチな下着を主人が選び購入しました。

    最近はレースの透けた下着なのでブラジャーは、乳首が立つとすぐに分かり、時々男性の視線を感じていて変な気分になります。

    パンティは、すべてスケスケで紐のTバックをはくように言われ下着の色は、赤・黒・紫・ピンクにするように言われてます。

    服もミニスカートで中には、かがむとすぐにパンティが見えるのもはくように言われていて上の服も胸元が広い服が多いいです。

    家の中では、ブラジャーをつけることは、禁止なので来客があったときは、乳首が立っていないかドキドキして出ます。

    この前は、下着を購入したアダルトショップに行きローターとバイブを購入して家で、主人の前でオナニーをさせられています。

    わたしは、ローターとバイブが気にってしまい主人のいない昼間にオナニーをしていますが、前は主人のことを思ってやっていました

    が、最近では、男の人が見る視線や他人にレイプされることを思いオナニーしています。

    先日の朝、主人が7:00に家を出て7:15にメールがきました。

    (机の上にパソコンを忘れた会議に必要なデーターがあるから会社まで持ってきてくれ今、出れば間に合うからお願い)の内容なので

    わたしは、机の上にあるパソコンが入っている鞄と財布だけ持って家を飛び出しました。

    駅に着き電車に乗ると、混んでいてわたしがOLやっていたときと変わらないんだなと思いつつ、昔、痴漢に遭ったことを思い出しまし

    た。

    そのときに、前に立っているおじさんが、わたしの胸元をやたらに見ているのに気付きました。

    わたしは、ノーブラのまま電車に乗ったことに気付き、前のおじさんは、わたしの胸を覗いているんだな思いました。

    わたしは、身長が低いので上から覗かれていると思うとはずかしいくなりましたが、なんか、違うわたしが、もっと見て触って

    と思うとわたしのアソコが熱くなりました。

    一つの駅を通過した時に、おしりに何かあったている感じで、もしかしたら痴漢かなーと思っていたらミニスカートの中に手が入って

    来ておしりを撫で回しTバックと分かるとパンティをづらして、わたしのアソコに指が入ってきました。

    後から「メチャメチャ濡れているよースケベだねーヒモパン記念にもらうよ」と言われ抵抗したくても手がふさがっていて痴漢の人にさ

    れるままパンティの紐をとかれ抜き取られました。

    前のおじさんにも痴漢されているのが気付かれたみたいで、シャツの中に手を入れられ胸を揉まれました。

    痴漢されているのに、気持ちがよく感じて何回もいかされて前と後ろから駅に着くまで痴漢されました。

    電車を降りるときに声をかけられましたが、主人がホームに待っていてくれたので男の人は、いなくなりました。

    主人にパソコンの鞄を渡し別れて、わたしは、すぐにトイレにいきアソコを拭いてオナニーがしたくなりましたが、がまんして帰りの

    電車に乗りました。

    帰りの電車は、空いていて座席にすわり痴漢に遭った事を思い出していたら隣のおじさんがしゃべりかけてきました。

    「奥さん、さつきの続きやろうかー この女ノーパンですよーと言われたくないよね」

    わたしは、びっくりして見るとさっき、ホームで声をかけてきたおじさんでした。

    わたしは、次の駅で降ろされて近くのホテルに連れ込まれていきなりフェラチオをさせられて何回も犯されました。

    フェラチオしている写真や正常位で犯されている写真取られ携帯番号・メールアドレスもチェックされてしまいました。

    おじさんは、「奥さん、また連絡するよーまた、たっぷりと犯してあげるよー」と言って部屋を出ていきました。

    時計を見ると14:00を回っていてわたしは、シャワーをあびてノーブラ・ノーパンで家に帰りました。

    主人には、痴漢に遭ってその後にレイプされたことは、内緒にしますが、あのおじさんからいつ、連絡がくるか心配です。

    でも、すごく気持ち良かったし また、痴漢されてレイプされたいと思っています。


377  - 2013/12/10(Tue) 09:10 No.25070
    夕方21時くらいだったと思います。電車で地元の駅を降りて、バスにのって最寄駅で降りて、あとは徒歩で人気のない線路沿いを歩いてた時です。いきなり白のハイエースっぽいワゴン車が隣に停まると男が2人出てきて、一人が私の上半身を担ぎながら口を押さえ、、もう一人が両足をもって、私は助けを呼ぶ間もなく、あっという間に私は車の中に放り込まれました。

    中には運転する男と、カメラもっている助手席の男と後部座席に私を担ぎいれた男2人の計4名乗っていました。私は上半身を担がれた男に背後から右足、左足を持たれ、別の男達の前で足を開かされる体勢を取らされたのです。もちろん「やめて!はなして!いや!」と叫びましたが、このセリフはずっとこれからも延々と続くセリフなので後にはもう書きません。また男のセリフもみる人が見たら気分悪くするかもしれないので詳しくは書きません。

    両足を担いだ男が私のストッキングをビリビリ破りすてると、私の股をカメラのほうに向けました。カメラの男がアップで撮影していました。そして男達は大人のおもちゃを出してきて、機械の高速振動を私のクリに当ててきました。背後の男はずっと足を開いた状態にして暴れられないようにしています。私は暴れたつもりですが、だからといって相手の攻撃を回避できることもなく、そのうち体が疲れて痛くなってきました。

    それに私はクリが本当に弱点なので、すぐに気持ちよくなってきました。でも絶対にこんな人たちの前で声とか出したくない。絶対に出さない。と心にきめていました。車はもうどこを走ってるのかわかりませんが、ただでさえこのあたりは田舎なので、誰も来ないような場所に連れて行かれたのだと思います。車は停まって運転手と助手席の男も後部座席に身を乗り出して入ってきました。

    私は足を開けて押さえられ、右胸、左胸、クリ、耳、キスとあらゆる場所から舐められたり触られたりしました。でも耳とか口とかはともかく、私にとってはクリからの刺激が一番、耐え難かったです。ついつい、アン!と声を上げたら周囲は一気に盛り上がり始めました。そして服を脱がされブラを外され、スカートとパンツだけをつけて上半身は裸にされてしまいました。そして左右の胸に男達が乳首を舐め始めたのです。

    そして大人のおもちゃの大きいほうをアソコの中にいれられ、小さいほうでクリに当てられました。私も身体が完全に反応してしまいました。もう我慢できずに声も出てしまいました。そしてその状態で何度もおもちゃでいかされてしまったのです。男達は私のパンティを脱がすと、アソコに顔を埋めて舐め始めました。きっとこの男達は、どういう攻め方をするか。という計画的な部分があったのかもしれません。なぜなら全員が順序良く私の身体を交互に順番に舐めていたからです。

    私は4人の男に代わる代わるクンニをされました。次に男達はじゃんけんをして、潮を吹かす順番も決めました。また私は4人の男に代わる代わる、指を入れられ、潮を吹かされてしまったのです。そしてフェラに関しては無理やりじゃなかったのです。ある男が「フェラを順番にしたってな。しなかったら中出しするよ?」と脅しなのか冗談なのか、そんな事を言ってきました。私はヤケになってた部分もあったので、じゃんけんで勝った男が突き出した男のものをフェラしました。そしてそこからまた順序良く交代で・・・。


    フェラが終わるとさらに男達はじゃんけんをして、誰が先に入れるかと競い合ったのです。そして順番が決まりました。私は男達に足を開かされると、またじゃんけんの勝者が入ってきました。そして別の男のものをフェラさせられ、別の男からはクリを触られたり胸を舐められたり、、、。男がいってしまった私のお腹に出すと、今度はまた別の男がはいってきました。そしてその順番も4回続いたのです。

    結局、私は精子まみれになってしまいました。最後に男の一人が私のパンツを裏返して、シミの部分をカメラに見せながら私とぱんつを撮影したのです。そして戦利品ゲット!とか言うとビニール袋の中にぱんつを入れました。中には別の女性下着も入っていたようなので、もしかしたら同じ被害にあった子が既に居たのかもしれません。

    私はブラとぱんつだけは回収できませんでしたが、服は帰してもらって適当に顔とか拭いてくれて、隣町のダムの入り口のほうで車からおろされました。ずっと警察に行こうかどうか迷いましたが、結局今のところ行ってません。


378  まゆ - 2013/12/09(Mon) 23:54 No.25069
    私は21歳で同い年の友人と今年、ある野外ロックフェスに行った時のことです。
    帰りのシャトルバスに乗るため私は友人の女の子と話しながら並んでいました。これから××(地元の町)まで帰ると何時かなあみたいなことを話していた時、後ろの男性が声をかけてきました。私達よりかなり上と思えるその人は隣の同じ県で近くの町から来たとのことで、シャトルが着く所に車を置いていて良かったら乗って行く?と言ってくれました。私たちは二人だし新幹線代も浮くし、一緒に帰ることにしました。
    おじさんは45歳でしたがセンスも良くカッコイイおじさんって感じで、フェスに出ているバンドも詳しく、私たちはロックの話で盛り上がり車の中でもずっと話していました。二時間ほどで友人の住む町に着き、高速を降りたので国道だと一時間ほどで私の町に着きます。二人になりますが私はその時は全く不安な気持ちがありませんでした。
    深夜の国道を走りだし15分くらいでおじさんは仮眠させてくれと脇道に入って田んぼの脇の道に入りました。おじさんはシートを倒すとすぐに寝てしまいました。音楽も消したので私も眠くなり寝てしまいました。
    モゾモゾした感覚で目が覚めるとおじさんがシャツの下から手を入れ胸を触っていました。びっくりして抵抗しようと思いましたがおじさん側の手は寝ている間におじさんの背中でシートに挟まれるように抑えられて、片手はすぐに手を上げるようにつかまれ身動きは出来ませんでした。おじさんは少し微笑むような顔で私を見つめながら胸を揉み、ブラをずらして直接触ってきました。嫌でしたが恐怖はあまり感じなかったのはおじさんの表情のせいかもしれません。でも私は何度もやめてと言い続けました。おじさんは何も言わず乱暴でもなくむしろ優しく触り続けています。短大の時、東京で痴漢にあったときのように嫌なのに身体が反応してしまった感覚がよみがえってきました。乳首も反応して硬くなっているのが分かります。あの時と違うのはセックスで気持ち良くなる事を身体が知っていることで痴漢の時より反応してしまっていることでした。
    胸を触られ続けているうちに私は諦めと気持ち良さで抵抗を弱めてしまいました。おじさんはそれが分かったのかキスしてきて、同時にボタンを外されていたデニムの中に手を入れて直接下着の中まで触ってきました。足を閉じましたがすでに遅く指先が濡れていたあそこを触り始めていました。その指も強引ではなく凄く優しい触り方でキスと指で何分か攻められているうちに私は抵抗するのを諦めてしまいました。その後は全裸にされ恋人のように時間をかけて愛撫され入ってきたときには私は感じてしまって、恥ずかしい声を出すのを必死に抑えていました。
    結局これをきっかけに私はおじさんと付き合っています。彼は既婚ですが今は別れるどころかかなり好きになってしまっています。


379  学校帰り - 2010/09/02(Thu) 01:47 No.14218
    今年の春、高校2年に上がった私は学校が終わり自転車
    で自宅に向かっていました。
    私の高校は黒のブレザーに少しグレーっぽいスカートに紺の
    ハイソックスという学区内では評判の良い可愛い制服で
    電車に乗る女子は痴漢されたり、歩いてればスカートを
    めくって逃げられたりなどの被害がありました。
    私は自転車なので大丈夫だと思っていました。
    授業もおわり自転車で家に向かってると
    途中からずっとついて来る男がいました。
    偶然かと思うと私の社宅までついてきました。
    家は下が透けている階段しかなくて私は5階です。
    その男は私の真下にいて階段の隙間からスカートの中
    を見てたので嫌な気分になりましたが気にせず上がりました

    するといきなり男が私に走ってきてスカートとパンツを
    めくってイチジク浣腸してきました。
    悲鳴を上げる間もなく、浣腸液が全部私の体に入って
    行きました。
    そして、強引に手を引っ張られて1階につれて行かれ
    倉庫と社宅の間に連れ込まれました。
    すぐに便意がきたのですが男は私を見張っていて出れません

    男がようやく開放してくれて、私は急いで自宅へ向かうと
    その下が透けている階段で漏らしてしまいました。
    隙間から恥ずかしくてあまり言いたくはないのですが
    私の排泄したものが大量に落ちていきました。
    下を見たらその男が笑って私の方を見てました。

    その出来事以来私は自分の学校の制服を
    恨みました。


380  幸枝 - 2013/12/07(Sat) 09:46 No.25047
    商事会社に勤めるOLです。
    残業疲れで今、起きたばかりです。
    でも昨夜は寝る前に3回もしちゃった。
    スッキリしたわ。


381  レイプ@被害者 - 2013/12/02(Mon) 06:04 No.25033
    若い男の人に独身者向けの部屋を案内していたらレイプされました。もちろんお店にも言えるはずもなく・・ しかも38にもなり・ たしかに短めのスカートをはいていましたが、


382  幸代 - 2013/11/14(Thu) 20:35 No.24730
    26歳のOLです。私は1年前にワゴン車に乗った男たちに誘拐されてレイプされてしまいました。
    その日は残業でおそくなってしまい終電で帰る途中でした。駅で電車から降りて、早く帰りたくて線路沿いの近道を歩いていました。
    うしろから車のライトが迫ってきてたのは気づいていましたが、気にせずに早歩きをしていました。近づいてきた車は白いワゴン車で私の横にきたときに速度がゆっくりとなり、突然ドアが開きました。
    私はそこから出てきた男の人2人にいきなり体を抱えられて車に乗せられてしまいました。ほんの一瞬でした。
    あとで警察の人からは、大声をあげたり、もっと抵抗できたのではないかと言われましたが、そのときはそんなことはできませんでした。なにが起こっているのかもわからないまま一瞬で車の中だったのです。
    車の中で私はナイフを顔にあてられながら乱暴にスカートを脱がされました。男の人の一人は外国の人で腕の太い黒人でした。ものすごい体臭でした。
    男の人たちは興奮しているのか大きな声をあげていて、耳の鼓膜が破れるかと思うほどでした。日本語と英語がまざった会話の中で、私は服を脱がされて下着だけにされました。そしてナイフでブラジャーを切られて乳房があらわにされました。
    私は殺されるんだ。
    そう思うと怖くて体が動かなくなりました。そしてだんだんと意識が遠のいていきました。
    気がつくと、乳房にべとべとしたものがついていて異臭がしました。体が重くて、すぐに先ほどの黒人の人が私の上にまたがっていることがわかりました。次の瞬間、下半身にどんと衝撃が走り、これまで経験したことがないくらいの痛みでまた気を失いました。
    目が覚めると、黒人の人が私の中に何度も何度も挿入していました。乳房にかみつかれたり、首を絞められたりしながら、その人は英語でなにかを叫んでいました。ファックとかキルという言葉だけは聞き取れました。涙があふれてきました。
    お腹の下が熱くてジンジンしました。その人の勃起したペニスが私の膣の中でこすれて奥にあたっているのがわかりました。突き上げられるたびに体全身に衝撃があり、意識が遠のきそうになりました。
    もう一人の日本人の男の人が、この女こわれるぞとか死んじまうぞとか言っていました。
    そのあとも何度も気を失いながら、明るくなるまでそうやってされていたと思います。
    朝方、私は公園で解放されました。バックは持って行かれてしまい、服もぼろぼろでどうしていいかわかりませんでした。携帯電話もなく困っていると、ジョギングの人に見つかり、すぐに警察に通報されました。
    私はいろいろと聞かれてから病院に運ばれ入院になりました。
    膣洗浄と検査、点滴。外傷もひどく、入院は1週間になりました。
    そして退院の前日。先生から、もう妊娠はできません、と告げられました。棒のようなものを子宮に突き刺されたか?と聞かれ、私はそれはないと思うと答えました。思い当たるのはあの体の大きな黒人の人のことでした。
    それからすぐ私は当時付き合っていた彼氏と別れ、実家に戻ってきました。いまは、私のそのことを知らない人たちの中で静かに過ごしています。
    交際をしたいと言ってくれた男性もいましたが、私はすべてお断りしています。もう私は恋愛もできませんし結婚もできません。もう妊娠もできないのです。

    これを読んでいる男性の方へ
    レイプはその女性の人生を奪うものです。ぜったいに許せない行為です。もしレイプをしたいなどと考えている人がいるのでしたら、ぜったいにやめてほしいと思います。もう被害者をつくらないでください。


383  まり - 2013/10/13(Sun) 16:44 No.24248
    かわるがわる何回も。
    私の中に何回もだして、他の男の精液まみれのまんこ、気持ち悪くないの?
    さっきだしたもう一人の男の精液がたれ出てるのに、ちんぽいれて。
    男って気持ち悪いとおもわないの?


384  あい - 2013/11/09(Sat) 14:15 No.24699
    私は化粧品の販売員をしている25歳です。
    3年前に知人男性からカラオケボックスで強姦されました。
    その男性はお店の関係で知り合った営業の方でした。
    とてもいい人で、たまに食事に誘われるのですが、いつも都合があわなくて「またそのうちに」がお決まりの言葉のようになっていました。
    それがあるとき、偶然に仕事帰りの道ですれ違ったのです。
    先に気付いて声をかけてきたのは彼のほうでした。
    いま考えると、ほんとうに偶然だったのかはわかりません。

    「せっかく会えたのだから」と誘われて、1時間だけという約束で二人でカラオケに行くことになりました。
    店員さんが飲み物を運んできてくれて、私が2曲目を入れようとしたところ、急に彼が私の持っていた機械を取り上げて抱きついてきました。
    「いや、やめてください」と何度も言って手で払いのけようとしたのですが彼はやめてくれず、とても怖い目つきで私のシャツをめくりあげました。いつもの優しそうな表情ではなくまるで別人でした。
    私は怖くて思考がストップしてしまいました。彼にされるがままにブラジャーの上から痛いほど乳房を掴まれて、スーツのパンツを乱暴に脱がされました。声も出せませんでした。
    次の瞬間、陰部に違和感を感じ、まだ湿ってもいない膣を無理やりこじあけながら彼の硬くなったペニスが侵入してきました。
    「ああ、私、レイプされるんだ」
    涙がぽろぽろとこぼれました。
    ソファのイスに顔を押しあてたまま、私はうしろから犬のように犯されました。早く時間が過ぎてほしいと願いながら。
    何度も何度も腰をつよく打ち当てられて、あとで大きなアザがいくつもできていました。無理やり広げられてされてしまったため膣裂傷の障害も負いました。
    妊娠はしなかったですが、中にたくさん出されて、それ以来私は男性とはそういうことができなくなってしまいました。
    男性が近い距離に来るだけで恐怖で体が震えてしまうのです。

    その知人男性は今は刑務所から出所し、まえの会社は辞めて別の会社で同じような営業の仕事をしているそうです。
    またいつ私の前にあらわれるのかと毎日怯えながら暮らしています。


385  くろさん・なゆさんへ・・・りな・・・ - 2013/11/26(Tue) 21:18 No.24840
    このところ、呼び出しがなかったので、油断していました。
    この土日、お母さんと、一番下の妹は、三重県内に新しくできたイオンモールで、特売品を買うとかで、イオンモール近くのお母さんの友達の家に泊まり、りなとるなは、友達と、日曜日の文化会館での合唱祭に行く予定で、りなの学校の友達のあおいちゃんとるなの学校の友達のゆいちゃんが泊まりに来ていました。4人で夕ご飯を食べたあと、おしゃべりしていたのですが、いつの間にか寝てしまい。なんか寒いのと体が変なので、目が覚めたら、ベッドに裸でくくりつけられ、部屋には10人の男がいて、そのうちのふたりはいつも私たちが犯されている人たちで、私と私はベッドに裸でくくりつけられ、るなは、椅子に裸でくくりつけられ、部屋の真ん中では、あおいちゃんと、ゆいちゃんが裸で寝ていて、いつも私たちが犯される男2人が、それぞれ、あおいちゃんと、ゆいちゃんを触っていました。るなは寝たまま口に知らない男の大人の事なところをくわえさせられ頭を前後に振られていました。私は何人かの男の人からあちこち触られたり舐められたりしていました。「やめて」って言おうとしても、なんだか下が動かず声が出なくて・・また、いつの間にかそのまま気を失ってしまい、気がついたら、男の人に入れられていました。あおいちゃんもゆいちゃんも処女だったのに、私たちと一緒に日曜の夕方まで、まわされ、さらには男の人は最初10人だったのがあと6人来ました。6人の人は来てすぐに私たちをいつも犯す男の人にお金を渡していました。私たちは売られたみたいで、日曜の夕方、あおいちゃんと、ゆいちゃんは男たちの車で家まで送られ、家に着くまでの間、ずっとくわえさせられ、代わる代わる犯されたらしいです。その全部をビデオや写真に撮られました。
    くろさん。なゆさん。もう私たち死んだほうがいいですか?
    私たちだけならまだしも、友達が・・・どうしたらいいですか?りなとるなは、あおいちゃん。ゆいちゃんをまもるためにどうすればいいのですか?


386  - 2013/11/26(Tue) 16:15 No.24839
    少年に免許証を持って行かれてしまった
    私は生きた心地がしませんでした。
    名前、年令、住所まで知られる事になるのです。もしかしたら携帯電話の番号もばれているかもしれません。両親もすでに他界し兄弟姉妹もいません。天涯孤独なので
    何かあっても誰にも迷惑はかかりませんが。かと言って学校に行って返してもらうもやはり気が引けます。ほんの遊び心からまさかこんな事になるなんて思いもしませんでした。しかもあいにくと今日は金曜で少年をあの場所で待つにも土日は学校も休みでしょう。とりあえず自分ではどうにもできないのでまた月曜日にあの場所まで行ってみようと思いました。
    これからどうなるのか不安で眠れませんでした。土、日と学校関係者、警察、あの少年が自宅を訪ねて来る事もなくちょっとほっとしていた日曜の夜、非通知から携帯電話に着信が・・普段ならまず出ないのですがもしかしたらと思い出てみました。
    「はい、もしもし・」「・・・」
    「もしもし・・誰?」「明日あの山まで来て」「もしもし・・もしもし・」「・・・・プーー」切られてしまいましたがおそらくあの少年です。
    私にはそれに従うより無いのです。
    翌日ちょっとした用事があり、少し遅くなりましたがPM14:55に到着しました。車をいつものところに止めて林を抜けサイクリングロードに出たときには15:00過ぎていました。周りを見渡しても少年の姿は見えません。と、この前の脇道から少年
    出て来て「オバサン、こっち」と手招きするのです。私は「あ、免許証返してくれる?」と言いましたが無視して脇道に消えたのです。私も仕方なく少年について脇道に入りました。「どこに行くの?」「・・・」私の呼び掛けに答えず少年は奥へ奥へと入って行くのです。かなり鬱蒼とした山の中まで来てしまったみたいです。
    少年が突然、歩みを止めて私の方を振り返りました。「あの・・免許証持っていったよね?返してくれるかな?」「・・うん、いいよ、返してあげる」「あ、ありがとう、ごめんなさいね、あんな事して」「・・・・」突然ガサガサと私の後ろからと少年の後ろから少年たちが現れました。「えっ!君たちは?!」私の言葉を遮るように一人の少年が「おぉ○○嘘じゃなかったんだな、本当にきたよ!」と、
    周りの少年たちも皆一様に頷いていました。私は状況が良く理解できませんでしたが声を張り上げても誰にも届かないほどの山中で6人の少年たちに囲まれているというのは現実なのです。一人の少年が私を後ろから羽交い締めにして両手を後ろ手に手錠をしました。「君たち!!何!?何をするつもり!!」「うるせぇよ!ばばぁ!お前こそ、この前○○に何したんだよ!!あぁ?!」一人の少年に凄まれました。
    良く少年たちを見てみるとこの前の少年の他は皆、私服で高校生か社会人の様な少年でした。少年たちはあらかじめ準備していたのか薄汚れた毛布を何枚か地面に敷きました。私はその上に立たされます。
    「ちょっと・・何をするの?!」
    「はぁ?ばばぁ、オマンコ見られたいんだろ?今から俺らが見てやるからよ!」
    「イヤ!やめて!帰して!」私は本気で抵抗したのですがリーダー格の少年にお腹を何発も蹴られ抵抗する気も失せてしまいました。私は両側から二人の少年に組伏せられ四つん這いにさせられました。
    背後から「もっとケツ突き出せよ!オラァ!!」と革靴でお尻を蹴られます。
    言われる通り素直にお尻を突き出すと
    ジャージのズボンを下ろされ、パンツまで強引に脱がされてしまったのです。
    「おい、パンツ見てみろや、汚ねぇぞ!!」「うわ、本当だ!(爆笑)」少年たちが口々に罵声を浴びせてきます。
    「おい、ばばぁ?○○に拾わせた汚いパンツもお前のだろ?」私は抵抗しない方がいいと思って素直に「はい、そうです」と答えました。「やっぱりな(笑)じゃ今日はばばぁがこのパンツ嗅いでどんな臭いか説明しろや!」と鼻先に湿っぽい股間部分を押し付けられたのです。「ほら!どんな臭いだよ!」「・・はい、オシッコと汗が混ざった・・」「で!?」「・・酸っぱい・・感じの、臭いです」「アハハ、馬鹿じゃねぇのコイツ(笑)」「よーし!誰かこのばばぁとやりたいヤツいるか?」
    「・・・・ぷっ、何だよ!誰もいねえのかよ(爆笑)だってよ!ばばぁ!皆、お前のオマンコじゃ無理だとよ(笑)」私は自分のした行動を心底、後悔しました。こんな少年たちに罵倒され、屈辱的な事をされるなんて、惨めで涙が出てきたのです。
    「ごめんなさい、もう許して下さい」
    「はぁ?何言ってんの?ばばぁ(笑)自分の立場が分かってねぇの?(笑)」
    「君たち、こんな事して・・どうなるか・・」「あぁ?警察にでも言うのか?ならこっちも○○に痴女に会いましたって被害届出さすよ!」「・・・・・そんな・・」「いい大人がそんなんでパクられたくないだろ?・・ところでばばぁ何歳なの?」「・・41です」「はぁ?50くらいかと思ったわ(笑) じゃあ旦那から金もらって来いよ!示談してやるから」「・・独身です」「アハハそうなんだ・・不細工だからな(笑)金持ってんの?」「・・今ですか?ありません」「家にはあるんだろ?」「・・貯金もありません」「はぁ?じゃどうやってけじめつけるの?」「・・けじめって・・」「オメェが○○に汚ねぇオマンコ見せたけじめだよ!トラウマになってホモにでもなったらどうすんだよ!!」
    リーダー格の少年が声を荒げました。
    「今もそうやって汚ねぇとこ俺らに見せつけてんだろうが!」「・・それは・・」
    私は両側から押さえ付けられたままずっと四つん這いのままです。少年は理不尽な事を言ってると思いましたが、私は恐怖感で何も言えず黙っているとその少年が
    「金払えないなら、しばらくの間、俺らのオモチャになって貰おうかな?」「・・えっ!そんな!!」「何だよ!じゃ警察行くか?」「・・・・」「今日は返してやるから、また明日遊ぼうや!オ・バ・サ・ン(笑)」「・・・あの?免許証は・・?」
    「はぁ?まだ返すわけねぇだろうが!馬鹿か?」「・・そんな・・」「おい!皆、帰るぞ!」「・・待って下さい」「お!明日は朝10:00に来いよ!俺、プーで暇だから(笑)」少年は悪魔ね様な笑顔を私に向けたのです。頷くしかありませんでした。
    自宅に戻って色々考えてみたのですが
    やはり警察はちょっと気が引けたので
    彼らの要求を聞くしかありませんでした。

    そして翌日、朝一でありったけの貯金を
    卸してからあの場所に向かいました。
    封筒には135万。免許証を返してもらいこれで許して貰おうと思いました。
    約束の時間にサイクリングロードに行きましたが誰もいない様です。
    遠くからバイクの音が聞こえてきます
    そのバイクにはあのリーダー格の少年が乗っていて私の目の前で止まりました。
    いかにも暴走族っぽい感じの黄色のバイクでした。Noもありません。「ちゃんときてるじゃんか(笑)」「あの・・これで免許証返して下さい」私はお金が入った封筒を渡しました。少年は中身を確かめると無言で自分のポケットへしまいこみます。「あの・免許証返して下さい」「おぉ、返してやるけど昨日の約束守れや!」「えっ?」「今日一日オモチャになれよ!」「・・そんな!!」「イヤなら免許は返さない!」「・・・分かりました」少年はバイクを山の中に隠すと少し大きめのバッグを持ち私についてくる様に顎をしゃくりました。少年の後をついていくと、私が車を止めている方に向かっているのです。不安は的中しました。「この車オメェのだろ?」ここに車があるのを知っていた様です。「はい、私のです」デジカメを取り出し車の前に私を立たせナンバーも写るように写真を撮りました。「おい、オバハン!○○にしたように脱げよ!見てやるから(笑)」私はもうどうにでもなれとの思いで少年に従う事にしたのです。少年に背を向け下着姿に為りました。少年は「アハハ、色気ねぇ下着だな(笑)まずブラジャー取れよ!」確かに上下ベージュの下着はなんの飾り気もなく色気ありません。私はブラを外し胸を出しました。「ギャハハ、タルタルに垂れてるし(爆笑)」「・・ごめんなさい」「ばばぁ!こんな体で○○を誘惑しようと思った?笑えるギャハハ」「・・・本当にごめんなさい、許して下さい」「アハハ・・ほら!パンツも脱げよ!」「・・・はい」「言われる通りパンツも脱ぎました。少年は裸の私をデジカメと携帯で撮り、誰かにメールを送っているようです。「パンツひろげて見せろ!」「・・はい」「嗅いでみろ!(笑)」「くせぇか?」「・・いいえ」「じゃ頭に被れ!」「・・・・・」言われる通りにしました。「アハハ・・」笑いながら写真を撮られます。
    「じゃ四つん這いになれ!」昨日と違い毛布などありませんでした。「あの・・足が」「何?地面じゃ文句あるわけ?」
    「・・・いいえ」何を言っても聞いてもらえそうにありません。私は草が茂った地面に膝をつき四つん這いになったのです。
    「ばばぁのくせに無駄にデカイ、ケツだな」「・・はい」「もっとケツ高く突き出せよ!」「はい」「おぉ!丸見えだよ!オバハン(笑)」その格好で前から後ろから横から何枚も写真を撮られました。
    「自分でケツ拡げてもっとよく見せろよ」
    「・・・・」「おぉ!意外にピンクのオマンコしてんだ、あぁそっか!使うところがないからか、アハハ」確かに離婚する前からセックスレスで離婚後もオナニーでしか使っていませんでした。20年近く男性を知りません。「あれ?オバハン濡れてんじゃねぇ?」自分でも薄々と感じていましたが
    こんな状況下でも何故か私のオマンコは
    熱く潤んでいたのです。「アハハ・・濡れてるよね?」「・・・ごめんなさい」
    「もしかしてマゾってヤツ?」確かに中学時代から虐めにあっていた私は性的な虐めをされた後は必ずと言っていいほどオナニーしていました。辱しめを受ければ受けるほど辛い気持ちとは裏腹にオマンコは熱くなるのです。「オバハン!仰向けになれよ!」「・・・背中が」「あん?早く仰向けで自分で股拡げろって!」私は言われた様に地面に仰向けになりました。背中にはチクチクと草や小枝が。「早く開けよ!」
    私は両足を抱えて目一杯拡げます
    クチュっと音がした気がします。
    「うわ!白い糸引いてるよ!(笑)」
    「ああっ・・ごめんなさい」
    「ちゃんと洗ってんのかよ・・・臭っ!」
    少年は好奇心からかオマンコに鼻を近付けクンクンと嗅ぐのです。「アハハ・・半端ねぇ臭いだよ!」少年は私のオマンコに手を伸ばしクチュクチュとかき混ぜます。
    本当に久し振りの感触と快感にすぐにイッてしまいました。「あれ?オバハン?イッた?オマンコがピクピクしてっけど?」
    「あうっ・・ごめんなさい」「スケベだねギャハハ」久々の余韻に浸っていたら
    全身に電気が走ったのかと思うほどの快感にまた体を痙攣させ登り詰めてしまいました。少年が私のオマンコを舐めていたのです。オマンコを舐められるのは恥ずかしいですが41年間で初めての経験です。イッたのに舐めるのを止めてくれません!少年はクリトリスを強く吸いながらオマンコに指を入れクチュクチュしてきます。またすぐに・・イキました。「オバハン?そんなに気持ちいい?」「はい・・気持ちいいです」次は車のボンネットに手をつかされて
    お尻を突き出す様に言われました。
    少年は私の後ろにしゃがみこんで
    お尻を左右に拡げます「オバハン、ケツの穴丸見えだよ!」「あっ!イヤっ」「すげぇヒクヒクしてるぜ!(笑)」「ちょっと臭うなぁ」「ダメ、ダメ汚いから!やめて、ね?・・・アヒィー!!」思わず言葉にならない声を出してしまいました。
    少年が私の肛門を舐めたのです。
    「アハハ気持ちいい?」「・・びっくりして・・そんなとこ舐めたらダメ・・」
    しかし少年はガッチリと私のお尻を固定し
    執拗に肛門を舐めるのです。オマンコにも指を入れてきます。「あうっ・・ダメ・・イクっ・イクっ・・・アヒィ・イクイクイク〜!!」ほぼ絶叫に近い声をあげながら
    ヘナヘナと地面に崩れてしまいました。
    少年に抱え起こされてまた同じ体勢にさせられました。突然オマンコに衝撃が!!
    いつの間にか少年は下半身裸になっていて
    オチンチンを挿入していたのです。
    「オバハン!オマンコは締まり良くて気持ちいいわぁ・・」「イヤっ・・ダメ・・またイッちゃう!!」全身に震えがくるほどの快感でした。「おぉ!締まる!!」
    「ハァハァ・・あっ!イク〜」何度も何度もイッてしまいました。「おぉ!イク〜」
    少年は腰を早く振りながら一度奥まで突き上げた後、私のお尻に大量の精子を吐き出したのです。「オバハン・・気持ち良かったよ、オマンコは最高だわ(笑)」
    「あ、ありがとう・・私も気持ち良かったです」「フフ・・これ返すわ」少年は身支度をしながら封筒と免許証を渡してきました。「えっ!いいの・・お金?」「恐喝になっちゃうから(笑)その代わりまたやらせてよ」「えっ?私で・・いいの?」「もっと色んな事しようよ」「・・・うん」
    「オバハン、仕事してんの?」
    「今は特には・・」「いつでも暇なんだ?」「・・うん」「じゃ電話するわ」
    「うん」少年はその場から走る様に去り
    遠くでバイクの音が離れて行きます。
    私は次に彼と会う事が少しだけ
    楽しみでした


387  中1処女 - 2013/11/16(Sat) 11:42 No.24751
    こんにちわ!
    私ゎ中1デス!
    処女デス!
    めっちゃエロイデス!
    オナニーはユーチューブとかこの掲示板みてやってます!
    身長167、体重46、バストC65デス!
    Mっ気があって、バイブとかでじらしながら犯して欲しいデス!
    年齢が近いほうがいいな♪
    セックスはまだ怖いんで、Sな言葉で私をイジメてください♪


388  OL - 2013/11/22(Fri) 15:48 No.24823
    まさか、私自身がストーカーに遭うとは思いませんでした。最初は会社に着くと鞄に覚えのない、白い液体が入った小瓶が入っていました。前の日に先輩が以前話してた化粧品のサンプルかなと思って何も考えず、中身を手に取ってみた・・。精子の匂いがし、慌てて手を洗いました。暫くすると一人暮らしの家のポストに、いつ撮られたのか分からない私の写真がたくさん入ってました。
     また暫くすると、精子がベットリついた私の写真がポストに入っていたり、ドアの取っ手に精子がついていたりしました。そして、私がデパートのトイレでおしっこしてるところを盗撮されていて、それを観ながらオナニーしているストーカーの様子を録画したDVDが、その時に出した精子と一緒にポストに入ってました。
     ここまでは、私が留守の間にポストに入ってた分けですが、朝、出勤しようとしてドアを閉めたら、ドアに「君が欲しい」と書かれてある私の写真が貼られてありました。そして問題の日です。会社帰りに襲われました。
     レイプされたんではなく、路地裏に連れ込まれて押さえつけられて、ペットボトルに入った精子を顔に掛けられ、そして目の前でオナニーされて顔と髪に掛けられたんです。
     そしておしっこをかけられて、ストーカーは逃げて行きました。私は引っ越ししました。半年が経ち忘れかけていたのに、また、ポストにDVDと精子が入っていました。その日の夜、洗い物をしていたら物音がしたと思ったら、その男がベランダから入ってきたんです。
     私は、抵抗しましたが、その男の欲望のはけ口となるしかありませんでした。金曜の夜から月曜の明け方まで、犯され続けました。一部始終録画されました。今でも、私は性欲処理させられています。


389  りな - 2013/11/14(Thu) 05:55 No.24706
    こんばんは。
    私は現在高校1年生ですが、高校受験をしていた去年のことを聞いてください。
    私の父は私が幼稚園のころに亡くなり、母と私と双子の妹、それに3歳年下の妹の4人暮らしです。
    あれは、ちょうど、少し寒くなってきた今頃のことでした。
    受験のため塾に通っていて、いつもは塾まで母が迎えに来てくれるのですが、その日母は、ちょうど3連休だったのですが、母は親戚のお葬式で、一番下の妹を連れて、北海道へ行っていて私と双子の妹るなは受験生で、大事なテストがあったので、家に残りました。
    塾は大体8時半頃終わり、いつものように友達と一緒に親が迎えに来る塾の近くの駅前の駐車場で友達とおしゃべりしながら、友達の親の迎えを待ち、友達が親に迎えに来てもらい帰ったあと、私は塾に自転車を取りに戻り自転車に乗ろうとしたところ、パンクしていました。
    もうすでに塾の先生も帰っていて、家に電話をしても誰も出ない・・(るなは友達の家に泊まりで勉強しに行っていたらしいです)
    仕方がないので、自転車を置いて歩いて帰ることにしました。
    塾からは歩きだと40分くらいかかり、寒くて冷えてしまい途中でおしっこをしたくなった私は通り道にある東洋紡グラウンドのトイレに入りました。
    おしっこを終えてトイレを出た瞬間に頭に何かをかぶせられ、背後から羽交い締めにされ口をおさえられ声も出せず、抵抗しようにも羽交い締めにされそのまま押し倒されもがこうとしたら「おとなしくしろ。おとなしく言うことを聞けば終わったら帰してやる。声を出したら、2度と帰れなくなるぞ。言うことを聞くか?」と言われ、初めて男の人の力を知った私は逆らわず言う事を聞いて早く帰してもらおうと、頷きました。
    そしたら男は「絶対大きな声を出すな。気持ちいい声は出してもいいけど小さい声でな」と言いながら私の首までかぶせられていた袋みたいなものを口の上まで外し、キスしてきました。
    キスをされながら服のボタンを外されスカートをめくられパンティーも脱がされました。
    そして体中を舐められ、触られ揉まれ・・そのうちに私も変な感覚になり、頭が真っ白になった頃正座しろと言われ正座させられ、口を開けろと言われ口の中に男の人の大事なところを入れられ、頭を捕まれ激しく上下させられ、気がおかしくなりそうになった頃口の中にまずい液が広がり、「のめ」と言われ飲みました。
    そして、「アイスクリームみたいに舐めてキレイにしろ」と言われそうしました。
    これで帰れるのかと思ったら、両手を後ろで縛られ、肩を抱かれ「こっちへ来い」と言われ、グラウンドの倉庫の中に連れ込まれ、中にあったベンチに寝かされました。
    そして、私の大事なところを舐められ、私はどういうわけか声を出してしまっていたらしく、何か機械みたいなものを耳に当てられました。
    それがビデオカメラで、私は目隠しをされていたので、映像は見ることができませんでしたが私の声は聞こえました。
    それは、ルナと二人でお留守番をしていた時にたまたまお母さんの部屋で見つけたAVの女優さんのようなえっちな声を出している私の声でした。
    「お前処女か?」と聞かれ正直に「はい」と言いましたが、「嘘つけこんなに感じているじゃないか」とまたわたしのえっちなこえをきかされ、さらに私の大事なところから溢れていたえっちな液を顔になすりつけられました。
    そうしてベンチに寝かされ、男の人の大事なものを私の大事なところに入れられました。
    そこで私は屈辱を味わいました。
    処女なのに・・レイプなのに感じてしまったのです。
    男の人が中に出したあとまた、口にくわえさせられました。レイプされている間にいつのまにかカバンの中に入れていた手帳などを見られ住所も電話番号も知られ、手帳に書いてあるスケジュールから今日昨日(金曜日)の夜から月曜の夕方までお母さんと一番下の妹が、いなくてるなと2人きりということを知られていたようです。
    その日は夜の11時頃から襲われ家に帰ったのが午前4時頃でしたが、男がいなくなったあと、しばらくボーッとしていたので、レイプされていたのは3〜4時間くらいだったと思います。
    私の家はお父さんとお母さんが結婚した時にそれぞれの両親つまり私の祖父母が、協力して、結婚祝いとして立ててくれた一戸建てで、新興住宅地に有り、不況のため家が売れないため私の家の周りは空家が多いです。
    翌日の夜、私とるなはいつものように一緒にお風呂に入りいつもと変わらぬようにお風呂でいっぱいおしゃべりをしました。
    お風呂から出た時に電話が鳴り、るながでたのですが、「りな。男の人から」と言われ電話を変わったところすぐ切れてしまいました。
     しばらくして、また電話が鳴ったので私が出たところ、女の人からで「○○くん(私が好きな男の子)の友達だけど、○○くんから渡してくれと預かっているものがあるので今から○○駅(家の近くの駅)に来て欲しいと言われ私はなんの疑いも持たずに○○駅に行きました。
    駅に行っても誰もいなくて・・しばらく待ちましたが、誰も来ないので30分ほど待っていましたが誰も来ません。
    仕方がないので家に帰りました。
    家について自分の部屋に行こうとしたところ、後ろから突然口を抑えられました。
    そうです。
    昨日私がレイプした男が仲間を一人連れて二人で家にいました。
    そしてれなをおかしていたのです。
    そのまま二人で二人の男に代わる代わる犯され、男たちは月曜の夕方まで、犯され、その後も私一人、れな一人、れなと二人・・今でも週に2〜3回は呼び出され犯されています。
    嫌なのに感じてしまう私トれな・・呼び出しに応じているのは今年中学に入ったばかりの妹もお風呂に入っているところをビデオに撮られまた、家の合鍵も男たちが作り私たち双子姉妹が言うことを聞かないと下の妹が危険だからです。
    私たちが犯されているビデオ。妹の入浴シーンのビデオ。どちらも男たちの知り合いがマスターを保管し、男たちが捕まったり、私たちが「おとなしく彼らの奴隷になる。絶対誰にも言わない」という約束を破ったら学校や近所にばらまくそうです。
    また、男たちは「死刑にならない限り、捕まったら、絶対にお前を許さない。」といいさらに「警察だって1日24時間1年365日ずっと守ってはくれないよ」といいます。
    だから・・私とれなは男たちの奴隷になっています。
    でも・・最近変なんです、
    男たちから呼ばれても嫌じゃなくなってきました。
    どういうことなのでしょうか?


390  早穂 - 2013/09/15(Sun) 13:00 No.23209
    27歳の子供のいない人妻です。
    夏に花火大会に行った日のことです。
    真っ暗闇な人混みの中で偶然スペースを確保出来ました。
    腰ぐらいの高さの手すりに寄っかかって花火が見れて、すぐ後ろではすごい人の群れなんでラッキーでした。

    夫が飲み物を買ってくると言って人混みの中に入って行きました。

    ほんの数分で後ろから誰かに体を密着されました。
    すごい混んでるので歩いてる人がちょっと当たることはあるんですけど、
    両脇から手摺をつかんで私の体をはさんできて、ぴったりおしりに密着してきたので、
    あたりまえに、
    夫が戻ってきたと思い込んでいました。
    私は花火を見てロマンチックな気分になってるので、夫もそうなんだなと思いました。

    黙ってそっと抱きしめられるままになっていると、
    後ろから両手が私の体を優しくまさぐり始めます。まわりは人でいっぱいだけど、真っ暗だし、
    花火大会みたいなイベントの日は、多少のことは人混みでも許されちゃうような気分になりますよね。
    だから、
    服の上から胸を揉まれても、お腹を滑り降りた手がスカートの上から股間をなぞっても、
    おしりに固くなったものが押し付けられても、
    私は体の力を抜いて、ウキウキして愛撫されてました。

    後ろに人混みのざわつきは聞こえてても、
    真っ暗なので、人から顔をみられることもないしなので、素直に気分に浸って、
    気持ちいい箇所が気持ちいい時には、
    唇を開き、「はあん」と低く喘ぎながら、エッチな顔になって花火を見てました。

    胸のボタンをはずされ、乳首を直にイタヅラされてしまうと、そんな表情を抑えることは困難です。
    薄い生地の長いスカートはジリジリと摘んでたくし上げられても、暗がりの人混みではわからないはずで、
    安心して、
    スカートの中に入ってきた手が股間に繰り込んでくる悪さに身をゆだねていました。

    ショーツをちょっと下げられた時には・・・・・
    もう、びしょびしょ・・・でした。
    ヌルヌル縦になぞられただけで、腰が勝手に蠢いてしまい、後ろに当たるかたーい棒の感触を楽しんでいました。

    そこまで来てしまうと、もう、途中でやめるのは、体が無理です。
    グイット後ろに私の腰が引きつけられると、
    ニュプ・・・
    なんなく、かったーくてフットーイのが・・・ウグっと侵入してきました。
    ゆったり余裕のある抜き差しで、私の中を、ぬるう〜、ずるう〜っと、擦り上げてきてて、
    「はああ・・・、なんかあ、いつもと違う・・・」とも思いましたが、
    花火大会のロマンチックのせいで、夫もソーなんだろーと思ったし、
    何よりもう、気持ちいいことに夢中になってる体が、余計なことを考えるのを許さなくって・・・。

    どーん、どーん、ぱちぱちぱち、ぱらぱら・・・。
    目の前に広がるおっきな花火の色と、お腹に響くようなおっきな爆発音と、
    おっきなものが私の中を往復する快感・・・。
    めくるめくような体験でした。

    夫には珍しく挿入してからだけで、30分以上も翻弄されたのですが、もちろん、
    翻弄されて責め抜かれてる時には、そんな疑問を持つ余裕もありません。

    強烈な間欠泉のしぶきを体内で受け止めて、
    私が手すりにがっくりと寄りかかると、後ろから抱きしめていた体温がなくなり、
    人の気配がなくなりました。10秒、20秒、1分・・・・・
    「?」
    やっと、
    「なんか・・・変?」

    夫は・・・そこにいませんでした。

    「うそ・・・嘘。やばくない?」

    結局、花火大会の終盤になってようやく夫と巡りあえて、
    「ごめん、ごめん」場所が分からなくなってやっと戻って来て謝ってる夫に、
    私も胸のうちで、
    「ごめん」
    って言いました。


391  人妻 - 2013/11/05(Tue) 14:29 No.24687
    今考えれば、何て馬鹿な約束をしてしまったんだと後悔しています。

    2年前、私は1人の男性に身体を捧げたんです。

    息子は小学校からバレーを習い、中学ではエースとして活躍し3年の大会では
    県大会3位の成績を収めました。
    もちろん高校も地元で有名な強豪校に入り、バレーを続ける勢いでした。
    母親としても、息子の活躍を祈り精一杯のバックアップをしてあげようと考えたんです。
    毎日クタクタになって帰ってくる息子を見て続けて行けるんだろうか?と心配する事も
    度々でした。
    一度試合を見に行ったんですが、息子はユニホームすら貰えず応援席で必死に応援
    していたんです。強豪校だけあって、エリート選手が集まり息子も直ぐにレギュラなど
    成れる筈もありません。
    そうして1年が過ぎたある日、息子が笑顔で帰って来たんです。
     「母さん!ユニホーム貰えたよ」
     「本当!良かったね!」
    息子が広げたユニホーム背中には10の番号。
     「今度試合あるから見に来て、俺多分スタメンで出るから」
     「そうなの?凄いじゃない」
    久々に見る息子の笑顔に、心の底から嬉しく思いました。

    試合当日、会場に向かうと大勢の観客で賑わっていました。
    客席に向かう頃には、既に息子達がコートで練習を始めていたんですが、息子に笑顔は
    微塵も感じられません。やがてスタメンがコートに入って始めて息子が元気がない理由を
    知ったんです。息子はスタメン処か、試合に一度も出される事はありませんでした。
    確かに他のメンバーは上手かったんですが、息子も負けていないと感じた私は、駐車場で
    車に乗ろうとしているコーチを見つけ話をする事を決めたんです。
    コーチは40半ばの独身で、自営業を営んでいるそうです。
    30半ばには髪が薄くなり、年齢異常に見えるかも知れません。
    話をしてみると、ネチネチとした感じで印象は最悪でした。
    でも、頑張っている息子の為と思い必死のお願いをしたんです。
    するとコーチから”こんな所でも何ですから、今度家でゆっくり話しましょう”と言われ、コーチの
    家を教えて貰い、連絡先を交換しました。
    それが地獄への案内状だったんです。
    数日後、私は昼間にコーチの自宅に向かいました。
    独身と言う事でしたが、自宅は郊外の一軒家。実家で営む自営業を受け継いだだけあって
    お金持ちって感じでした。両親は近くのマンションに暮らしているらしんです。
    自宅リビングに案内されると、彼はお茶を入れてくれました。
    息子の話を始めると、実力は他のメンバーと同等レベルでスタメンで出しても問題ないと言うのです。
    後は・・・と言いコーチは私の身体を舐める様に見始めたんです。
    「お母さん次第で、次回から試合に出す事を考えますよ」
    「本当ですか?何をすれば・・・」
    何となく彼の思惑は分かりました。”一度だけ!我慢すれば、息子は・・・”彼の元に膝間つき
    頭を下げながら”何でも言う事を聞きますから・・・何とかお願いします”と哀願していました。
    必死でした。喜ぶ息子の顔が見たくてコーチの言いなりになったんです。
    コーチは私の目の前でズボンを下ろすと、肉棒を剥き出しにしてきました。
    夫以外に、2人の男性の肉棒を目にしてきましたが、コーチの肉棒は私が知る中でも一番大きく
    太かったんです。
    彼に言われるまま、私は彼の肉棒を口に含んだんです。
    コーチはその後、前から後ろから私のマンコに差し込み溜まった精液を私の口に入れて
    ”飲んでください”と強要されたんです。初めて味わう精液は濃くて痺れる感触でした。
    そして彼の口から”今日から私の性処理奴隷になるって約束してください”そう言われ
    私は彼の言葉の後に”コーチの性処理奴隷になる事を誓います”と約束していました。
    その後、毎日の様に携帯に連絡が入り、彼の家や職場、時には体育館裏の倉庫で
    私は彼の性処理をさせられたんです。
    時には息子達が練習する近くで、差し込まれた事もあります。
    彼の行動はエスカレートし、公共の場も構わず人目を盗んで差し込んできます。
    だからスカートの中はいつもノーパンで受け入れ状態にしていました。
    そんな努力の甲斐あって、息子はスタメンメンバーとして活躍する事が出来ました。
    2階席から試合を見ながらもスカート中はノーパンなんです。
    コーチに目で合図されると、私はスカートを捲り上げ彼に見せます。
    息子達にばれない様に辺りに気を払い彼の指示に従います。
    試合が終わると2人だけの打ち上げが開かれるんですが、居酒屋の個室や
    カラオケボックスで私は淫らな姿にされ、彼の巨根を受け入れました。
    何度か他の親御さんと会って、疑いの眼差しを向けられた事もありましたが、
    コーチの話術で、バレる事はありませんでした。

    コーチの奴隷となって1年以上が過ぎ、私はすっかり彼の女ペットになりました。
    彼の攻めは激しく、私を狂わせるほどです。
    夫は40半ばになって、もう私の身体を求めて来る事もありません。
    もう何年も夫婦の関係は無いんです。
    コーチの趣味で、今ではパイパンになっています。

    先月息子が最後の引退試合をしました。これからは受験生。
    コーチとの関係も・・・。

    でも彼の肉棒に調教された私のマンコは、毎日疼いて我慢出来ないと思います。
    息子の喜ぶ顔を見たかった。ただそれだけだった筈なのに、今は自分の欲求を満たされ
    悦んでいる。息子がこんな事を知ったら・・・そう思うと心が痛みます。
    今年41歳になった私は、コーチの性処理奴隷としてまだまだ活躍を続けると思います。
    エースとして・・・。


392  花梨 - 2013/10/29(Tue) 17:51 No.24609
    28歳、人妻。
    小1の息子が一人。
    夫は長距離ドライバーで、夜家で寝るのは週に一度か二度。
    私もパートしてます。


    そのパート先の飲食店で大学生に犯されました。
    三人に輪されたのを始まりに、その後、頻繁に何度も犯されています。

    最初は閉店後の店内で三人の大学生に犯されました。
    さんざん私の体を玩具にして、
    長時間玩具にして、その私の体の反応が面白い、犯されてるのに卑猥だと言っておもしろがり、
    テーブルの上で、ソファで、床に転がされて、本当に飽きないイイ体してるなと延々玩具にされ、何度も犯されました。
    いつの間にか、私も翻弄されていて全く知らない間に、
    調理器具や、
    野菜を、使われてる写真や動画までも撮られてしまいました。

    それをネタにして脅されて、
    彼らの一人が、何度も私の体を犯し続けています。
    他の二人は他店に配置換えになってから少なくなりました。
    今は、その同じお店の、一人の大学生の専用の玩具のようになっています。
    その子は仕事も長くマネージャーもやっていて、スケジュール調整もほとんど任されてるので、
    私とシフトが合うように仕組んでいるみたいで、
    店長からもお願いされて、私はいつもその大学生と二人きりで締めの作業をすることになるのです。

    週に3日、ほぼ毎週のように閉店後に犯されています。
    最近は、
    夫とよりも頻繁にされているせいか、悲しいことに体が大学生に馴染んでしまい、
    私の意志に反して、
    体が、
    彼の愛撫に過敏に反応するようになり、
    彼の腰ヅカイにもどうしようもなく勝手に動きを合わせるようになってきてしまい、
    とても、
    とても、悲しいです。


393  キスキス - 2013/09/21(Sat) 13:44 No.23352
    私は23の時、中規模の広告代理店にアシスタントとして勤務していました。
    その時出入りしていたひとつ年下の新人クリエイター(の卵)S君が面白くてやさしい人で、
    時々一緒に食事にいったりするようになってました。
    実は私は堅い親に育てられ、実家から通っていたこともあり、
    なんとなくチャンスがなく、23歳で実はまだ処女でした。
    そこまで処女だったので「せっかくなら将来結婚を約束してくれる人に捧げたい」
    と考えるようになっていました。

    S君は話も面白く、誠実で、やさしい人で、なんとなく私に気があるようでしたが、
    あくまでも友人としての態度を崩しませんでした。
    あるとき、S君は彼の友人で現在は大手の商社に勤めているというF君を連れてきました。
    別に深い意味はなく、ただその日にF君と会っていたので流れで連れて来た、
    ぐらいの事だったようなのですが。(あとで分った事ですが、S君がF君に
    「自分の好きな人がいるので見てほしい」というような事だったようです。)
    それからは時々3人で会って遊んだりして、楽しい日々でした。

    1年程たったある日、突然、S君が言いました。
    「実は、仕事で大きなミスをして、今度遠くの都市に左遷されるなった。
    だが、君と離れるのがつらい。僕の心のよりどころとして、いつも君といたい。ついて来てくれないか?」
    それまで、キスどころか手もつながなかったS君からの告白に、
    私はびっくりしてまともな返事ができませんでした。
    「あまりに突然の事で返事ができない。そんな急に言われても困る」というような返事をしたと思います。
    実は私も悪い気はしなかったのですが、今までとの変化があまりにも急すぎて、
    優柔不断な私には決めかねたのです。(生活の安定しない職業というのも頭の中によぎったのも確かです)
    ところがS君はどうやら「断られた」と勘違いしてしまったようなのです。
    ある日突然、S君は別れも言わないで遠くの都市に行ってしまったのです。



    S君が引っ越して2ケ月が過ぎました。
    携帯も通じなくなり連絡先も分からなかった私は、友人のF君を呼び出して、
    S君の連絡先を聞こうと思いました。
    やってきたF君にこれまでのいきさつを話して、連絡先を教えてもらいました。
    そして、S君が本当に私を好きだった事、好きだったからこそ、
    大切にしてなかなか手を出さなかった事を聞かされました。
    「私はS君ともう一度ちゃんと話したかったのよ。」Fはハッとした様子でした。
    「お前、Sが好きだったのか?」私は、こくっと首を縦にふりました。
    Fは「・・・・・そうなんだ。Sはお前にふられたと思って・・・・・。」
    Fはしっかりとした口調で話をしてくれました。

    実は以前からSを好きなA子という女の子がいたこと。
    Sはそれを知っていたが、私の事を好きだったのでその娘には手を出さなかった事。
    遠くに行ったSを追い掛けて、その娘はすべてを投げ捨てて行った事。
    Sはそこまで好いてくれるその娘を受け入れ、今は大切に思っている事。
    失われた2ヶ月は、あまりにも重いものでした。
    二人で酒を飲みながら、私はいつか泣いていました。
    F君はやさしく慰めてくれていました。
    私はやけ酒を飲みながら、いつしか記憶がなくなっていました。
    ふと気がつくと、私はベッドに横になっていました。ラブホテルの一室です。
    シャワー室からバスタオル一枚で出て来たのは、・・・・・F君でした。
    私はびっくりして「いやあ!」といいました。
    Fは「なにいってるの。抱いてっていったのは千香だろ。」と驚きません。
    私は「ちがう、これはなにかのまちがいだわ。」といいましたが、Fは笑って取り合ってくれません。
    「ほら、千香もシャワーしておいでよ。」「いや、そんなはずは。これは違うのよ。」
    Fはようやく私が本気ではなかったのに気がついたようです。


    「おいおい、今さら嘘とか言わないでくれよ、お前が誘ったんだろ。」
    それまで紳士的だったFとはうって変わって強引でした。
    「いや、そんなはずは。」「Sの代わりに俺が抱いてやるよ。あいつとやりたかったんだろ。」
    「まって、ダメ!」「シャワーしないなら、そのままでいいよ、ほら。」
    Fは強引に抱き寄せると、唇を重ねてきました。一瞬力が抜けた私を、Fはベットに押し倒しました。
    「あ、だめ!」私はそれをいうのがやっと。
    Fはキスをしたまま私におおいかぶさると、右手で私の胸を掴みました。
    この歳まで処女だったからといって、その手の情報に無知だった訳ではありません。

    実は私だって性欲は人並みにあり、それは自分自身で対処している毎日でした。
    初めて他人に揉まれた胸に、私はついつい感じてしまったのです。
    「あ!」と声をあげたのをFは見のがしませんでした。
    「ほら、感じてるじゃないか。ちゃんと。」
    Fは私の服のボタンをはずし、ショーツをたくし上げると、
    すばやく背中に手をまわし、ブラのホックをはずしてしまいました。(手慣れている!)
    気がついた時には私の乳首は彼の唇に奪われていました。
    私はもうパニックで、よくわからない状態でした。
    「千香の胸、想像よりもすごいね。きれいだよ。」
    彼は私の横に寄り添って、右手が私の左胸を揉み、唇が私の右の乳首を吸っていました。
    他人に愛撫されるという初めての感覚に、私はもう思考能力がなくなっていました。
    彼は私の上半身を裸にして、私の頭横に座ると、体をかがめ、私の胸を愛撫しました。
    「教えてやろうか、Sはお前の事が本当に好きだったんだよ。
    お前と一緒に撮った写真みながらオナニーしてたんだ。他の女には手を出さずに。」
    彼の大きな胸が私の顔の上にありました。私はそれがSの胸のように思えました。
    私はその背中に手をまわすと、乳首に舌を這わせました。
    「気持ちいいよ千香。きっとSもしてほしかっただろうね。」
    Fの愛撫は、私の胸から脇腹、へそ、そしてもっと下へと降りてゆきます。


    彼は、私のスカートをはずして脱がせると、下着の上から強引にさすってきました。
    「もっと力抜いて、足開いていいよ。」私は力を入れて足を閉じていました。
    まだ男にそこを見せる事を躊躇していたのです。
    「千香、濡れてるよ。」「いや、だめ。ぜったいだめ!」
    「なんで?」「あの、お風呂入ってないから。」
    「じゃあ、まってるから、いってきて。」言い訳できない状況で、お風呂に行きました。

    私は脱衣所で残っていた下着を脱ぐと、シャワーを浴びて少し冷静に考えました。
    Sとの事はもう諦めないといけない。それにSは不安定な職業だし。
    Fは堅実なサラリーマンだし、結婚すれば安定した生活ができるだろう。
    25歳まで処女だった私は、計算高い女になっていたのかもしれません。
    バスタオルを巻いてお風呂から出ると、Fはビデオを見て待っていました。
    「さあ、おいでよ。」呼び掛ける彼の横に座ると、私は目を閉じました。
    彼の唇が私の唇と合わさりました。私がちょっと口を空けると、彼の舌が割って入って来ました。
    彼が強い力で私の口を吸いました。私が苦しくなったときにようやく離してくれました。
    彼は私を抱きかかえるようにして、ベットに寝かせました。そして再び、彼の口と手が私の胸に・・・・。
    私は、これから起きる事を想像してぼおっと知っていました。

    「千香、好きだ。俺じゃだめか?」「うーん。」まだ複雑な感情を覚えながら曖昧な返事をしました。
    私は胸から全身に広がる快感に身を任せました。
    彼は両手で私の胸を揉みながら、唇を私の乳首から鎖骨へ、耳たぶへ。彼の息があつい。
    「気持ちよくしてあげるからね。」耳もとで彼がささやきました。思わず下半身がジュンとなりました。
    彼はもう一度軽くキスをすると、今度は唇を鎖骨から脇腹、へそ、そして・・・。
    「足、開いて。」そう、私はまだ足を堅く閉じていたのです。私はおずおすと足の力を緩めました。
    彼の両手が、私のひざを掴むと、ゆっくりと開きました。

    『ああ、私のあそこが今、男に見られている』そう考えただけで、私はぼうっとしてしまいました。
    彼の両手が私の茂みをかき分けると、入り口をなぞりました。
    「ああっ!うーん。」自分でもびっくりするような色っぽい声が出ました。
    「千香、すごいよ。きれいだ。いい色してるね。」
    彼は私のひだを指で開くと、あそこに舌を這わせました。
    あそこから広がる初めての快感に、私は全身を震わせて感じてしまいました。



    友だちに教えられてオナニーを覚えてから10年、こんな感覚は初めてでした。
    もう、相手がSだろうとFだろうと、どうでも良くなっていました。
    私の中にあるメスの本能に、自分でも初めて気がつきました。
    ふとみると、私の顔の横に、黒々とした彼のモノがありました。
    私は本能に従って、夢中でそれを握っていました。
    実は一人の愉しみのために、大人のおもちゃを通販で買って持っていました。
    でも今握っているそれは、そんなものとは違って、なんだか愛おしいものがあったのです。
    私は下半身の快感に合わせて、握っているそれを夢中で上下に擦りました。
    彼は、ううんというような声を上げました。すると先端から透明なものが私の上にたれて来ました。
    彼は私に言いました。「千香、気持ちいいよ。口でやって。」
    彼は私の顔の上にまたがり、あの部分を私の顔の上に持って来ました。
    『これが69とかいう形ね』そんな事をなんとなく考えながら、目の前の彼のものを口に含みました。
    ちょっとむせるような青臭いにおいがしましたが、不思議と恐いという感じはしませんでした。
    男のものをゆっくりと眺めたのは初めてでしたが、なんとなく可愛いという感じさえしました。
    彼の先端はちょっと太くなって裏側が三角形に尖っていました。
    裏側がずっと線がついていて、根元の袋の方まで続いていました。
    私は先っぽを加えながら、その線にそって舌を使いました。
    私が舌を使うと、彼のものがびくびくっとなりました。
    それに合わせるように、私の割れ目をなぞる彼の舌にも力が入ります。
    彼の分泌液が私の口の中でだ液と混ざり、口の中が一杯になってきました。
    私が苦しくなって口を離すと、彼も起き上がりました。
    「千香、いいかい?」私はもうだんだんどうでも良くなって、快楽に身を任せていました。
    もう処女を失う事よりも、これから起きる事への期待が大きくなっていました。
    F君は私の足を広げると、間に座りました。
    そして、私の上におおいかぶさると、私にキスをして舌を入れました。
    私は思いきり彼の唇を吸いました。彼のだ液が私の口の中で、私のだ液と混ざりました。
    次に彼は再び私の胸を両手と唇を使って愛してくれました。
    また私の中がジュンとなるのがわかりました。



    「千香、いくよ?」彼はそういうと自分のモノを手でつかみ、私のあそこにあてました。
    私は思わず力が入り、足をすぼめて彼を挟んでしまいました。
    「もっと足開いて。」彼は両手を私の間にひじ立ての状態にして、手のひらで私の肩をつかみました。
    彼が少し腰を落としました。私のあそこに力が加わるのがわかりました。
    なんというのでしょう、傷口をむりやりなでるような、刺すような痛さがありました。
    「あ、いたい!」彼はびっくりして、止まって尋ねました。
    「あれ、千香ってもしかして、初めて!?」
    私は、力一杯両足で彼を締め付けている事に気がつきました。私は、小さくうなづきました。
    彼は一瞬びっくりしたようでしたが、すぐに「じゃあ、俺が女にしてやるよ。Sじゃなくて悪かったな。」
    彼は再び私の上に乗ると、下腹部を沈めました。
    私は目をぎゅっとつむり、シーツを掴むと力一杯握って構えました。

    23年間大事にしていた処女が、今日まで好きでもなかった男に奪われるのか。
    彼のモノが私のあそこに押し付けられ、まるで腹が裂かれているような感覚が襲いました。
    「痛い!痛い!」「力抜いて!力入れる程痛いよ。」彼の声が耳もとでします。
    彼の唇が私の唇を塞ぎます。私は少し諦めて、手に入れた力を緩め、
    彼の背中に手をまわすと、ぎゅっと抱きました。
    「そう、楽にして。いくよ。」彼が少し入ってきた所で、最大の痛みがありました。
    「あー!いたあい!いたい!」私はそんな事を言ったと思います。もう彼はかまわず進めていました。
    彼は、さらに力を入れました。私は下腹部の様子に神経を集中しました。
    彼の堅いものが私の割れ目を、それまでに広げた事のない大きさにまで開いていきます。
    まるで彼のモノが私のおなかの中の中央部まで入り込んだのではないかと思った頃、
    彼がふうっと息を吐きました。
    「千香、入ったよ。」私はうっすらと目を開けました。
    腕立ての状態の彼が私の上で私を見つめていました。
    『私はこの男に処女を捧げたのか』妙な感慨がよぎりました。下腹部には鈍痛が走ったままです。
    私がなにも言わないでいると、彼が「ごめんな、俺で。」・・・私は思わず涙がこぼれました。
    彼はちょっと情けなさそうな顔をしましたが、すぐに「大事にしてやるからさ、お前を。」
    と優しい声になっていいました。「まるで俺が年上みたいだぜ。」



    泣いている私にキスをして慰めてくれましたが、やがて彼は、「動いていい?」と確認してきました。
    そう、彼のものは私の下腹部につきささったままです。私は小さく「うん」といいました。
    「外に出してね・・・。」彼は、はじめは小さく、すこしずつ大きく動きました。
    私は彼にしがみついて、痛いのを堪えました。
    「すごいよ千香。今までで一番だよ。こんなきついなんて。」彼は気持ちよさそうに動きはじめました。
    だんだん早くなるので、私は痛さが強くなるのが恐くて、足に力が入りました。
    それは彼のものをさらに締め付ける事になったようです。
    「うーん、千香、気持ちいいよ。お前はどうだ?」
    私は痛さが恐くて、感じるどころではなかったのですが、
    私の中に男が入っているという事実だけで、思考が停止してなにもいいませんでした。
    彼の体がうっすらと汗ばんできました。ふと目を開けてみると、天井の鏡に二人が写っていました。
    激しく腰を振っている裸の男。その下にあられもなく足を広げて男の背中に手を回し、
    男のモノを受け入れている女、それが私でした。

    今日までまともに男とつきあった事もなく、後生大事に処女を守って来たはずの私。
    それが今、こんな格好で男に抱かれているんだ。そんな冷静になっている自分がいました。
    もう痛さももしかしたら快感かしらと思える程、感覚が麻痺していました。
    もしかしたら少しは感じていたのかも知れません。
    ただただ、私の中を貫く男のモノの感覚に集中していました。
    それは確かに自分の指やおもちゃでは絶対にわからない初めての感覚でした。
    私はその感覚に体が反応する事に気がつきました。
    次第に彼の動きに合わせて、自分も腰を動かしていました。
    「千香、感じてるの? 気持ちいい?」
    彼の動きが早まりました。私も自分の中がぐっと熱くなるような感覚がありました。
    「うーん。凄いよ。もうだめだよ。もういってもいい?」
    私はてっきり彼が最後は外に出すと思っていたので、そういう意味でうなずきました。
    彼はさらに強く動くと、「はあー!」と大きく息を吐き、
    私の上におおいかぶさって私の頭を強く両手で挟みました。
    私の胸は彼に潰され、彼の全体重が私にのしかかりました。
    私は「あっ」と思いましたが、彼が上に乗っているので逃げる事ができませんでした。



    鏡に写った彼の尻がぐっと私の足の間に押しつけられるのが見えました。
    私の中で彼のモノがさらに熱くなり、ビクビクっと震えました。
    私はもう諦めました。彼の背中に回した手に力を入れ、ぎゅっと抱き締めました。
    私が彼のすべてを受け入れた瞬間でした。
    しばらく二人でじっとしていましたが、彼がやがて顔を上げて、私にチュッとしました。
    そして涙ぐんでいる私の目を見て「ありがとう、良かったよ」といいました。
    そんな彼を見て、私は「この人を好きになってもいいかな?」と思いました。
    私の中にまだ入っている彼のモノは、少し小さくなったようですが、鈍痛は続いていました。
    でも、この男の女になったんだという感慨の方が強くなったのです。

    彼はやがて体を起こすと、私から離れました。
    彼のモノからは細い液体がつーっと伸びて、私の股間までつながっていました。
    私も体を起こすと、自分の股間に起こっている事を目で確認しました。
    大事に守って来た私のあそこからは、二人の愛液と彼の精液と、
    そして私の破瓜の血がまざったものがだらりと流れていました。
    シーツには大きなシミができていました。
    きっとホテルの掃除のおばさんは、私達の出た後、ここで処女を失った女がいた事を知るのでしょう。
    それはめずらしい事ではないのでしょうけど、
    まさかそれが22の女から流れた事までは想像できないのでしょう。
    「本当に初めてだったんだね。うれしいよ。千香の最初の男で。」
    じっとシミを見つめている私を見て、彼はそう声をかけてくれました。

    私はまた理由もなく涙が出て来ました。
    彼はそっと私を抱き寄せると、耳もとでささやきました。
    「好きだ。今までで最高だったよ。これからもつきあってくれ。千香。」私は自然にうなづいていました。
    私達は後始末をしたあと、彼がシャワーに行きました。
    私は、信頼できる女友達に電話をして、うちの親にアリバイ工作を頼んでから、
    次に親に電話をして、女友達と飲んでいる事にしました。
    そして、彼の後を追ってシャワーに入りました。その夜は結局朝まで愛しあいました。
    明け方には、私もなんとなくいく事がわかるようになりました。会社には風邪をひいて休みました。
    家に帰って、飲み過ぎで頭が痛いと言って寝てました。股間にはずっと違和感がありました。
    昼頃、両親が外出してしまってから、家のシャワーを浴びました。
    股間からはまだ少し固まったような彼の精液が出て来ていました。



    それからは、しばらく毎日のように彼と愛しあいました。
    22になって初めて男の味を知ってやめられなくなったのかも知れません。
    でも、本当に彼(F)を愛しはじめていたのかも知れません。
    1ヶ月が過ぎ、生理がこない事がわかりました。彼の子がおなかにいたのです。
    先生には心当たりを聞かれましたが、最初の内は毎日のように抱かれていたので、正確にはわかりません。
    もしかしたら、最初の行為ですでに妊娠したのかもしれません。
    私の中に自分の子がいることが分かって、彼はS君に電話をし、このことを伝えました。
    彼はSに謝ったようですが、当然Sは許してくれませんでした。SとFの友情は終わったのです。

    私は会社を退職し、名字がFに変わりました。
    実家の近くに借りた家で彼の帰りを待ち、小さな子供を育てています。
    風の噂では、SもA子ちゃんと結婚し、仕事も成功して都会のK市でそこそこうまく行っているようです。
    私の夫は、仕事で帰りも遅く、出張も多く、出産後はあそこの感じが違うとか言って、
    私をあまり抱いてくれなくなりました。
    たまに体を重ねる時があっても、性欲の処理ぐらいにしか思っていないのか、
    自分だけさっさと行って寝てしまいます。
    物足りない私は、優しかったSの面影を思いうかべながら、
    Sに抱かれている事を想像しながら自分を慰めています。
    『あの時、迷わずにすべてを捨ててSについて行っていたら・・・・・』
    そう思わずにいられないこの頃です。
    なんだかここに投稿したら楽になりました。
    もういちど気を取り直して今の夫を愛せるように努力してみます。
    なんといっても、私が抱かれたただ一人の男なのですから。


394  目撃おとこ - 2013/10/13(Sun) 00:37 No.24238
    ちょうど世間は夏休みシーズン真っ盛り頃の話。
    アウトドア用品関連の営業な俺は逆にここが稼ぎ時って事で秋田方面まで商品の売り込みに行くことになった。一応もう学校は夏休み期間に突入してるって事もあり電車も混雑が予想され上司も特急指定席をとる事を許して下さった。俺は昼飯用の弁当とお茶を買い指定の席に座った。
     
     
    やっぱり結構混んでた。(あ〜指定で良かった)とつくづく思ったね。
    秋田くんだりまで立って行ったら地獄だもん。出張準備で朝5時起きだったんで俺はしばらく眠ることにした。っていうか電車で座席に座ると俺、自動的に即寝するくせがある。しかし電車が走り出すと隣のガキ共がうるせーうるせー、寝れやしない。(今日の席は外れだな・・・)心中で思う俺だった。
    電車の席の当たり外れは結構大きい。酔っぱらいとかの近くになったら最悪だし。

    母親が一人と子供が二人。お兄ちゃんと妹。多分上の子が7〜8歳で下の子が5歳前後じゃないか?と思われる。ま、どーでもいいけど。いわゆる騒ぎたい盛りだ。で座席180度回転させて4人座席に座ってた。まぁこっちも相手が子供だし怒るのもなんだと思って我慢してたらそのうち慣れてきた。
    でウトウト眠りについてたわけ。どのくらい走った頃だったか定かではないが「す!すいません!いま元にもどしますから!」とか急に母親の声がすんの。
    尋常ではない母親の声質に俺はうっすら目を開けた・・・。
    すると体格のいいおっさんが立っている。真夏なのに黒地に細く白いラインの入ったスーツを着て、金のロレックス(いや実際ブランドは分からんけど)
    明らかにかたぎの人ではない。その筋のお方だった。白いエナメルの靴履いてるし。
    率直に気の弱い俺は凄い緊張した。
    (やべー!やべー!やべー!)自分のことでもないのにビビリまくる俺。

    だって本当に怖かったんだもんマジ。どうやらその親子は勝手に座席を回転させ四人ボックス席にしちまっていたらしいのである。
    母親は急いで席を元に回転させようと席を立っている。
    とても焦っているようだった(そりゃそうだろう)。
    子供も明らかに普通じゃない人だと察しているのだろう少し怯えた表情をしていた。
    辺りをそ〜っと見回すと他の席の人は見て見ぬふり。かくいう俺も寝たふりを決め込んでた。
    俺はてっきりヤーさんの怒声が響くと思い目を瞑り超ドキドキしてたわけ(なさけねー)。
    が、「えーよ、えーよこのままで。なぁ?」と子供に向かってヤーさん言ってんの。
    ドスの利いた人なつこい声で(なんじゃそりゃ)。(あ〜なんだ〜いい人なんじゃん)
    他人事なのにホッと胸を撫で下ろす俺だった。普通の人が同じことをやっても何とも思わないのに、悪そうな人がちょっといいことすると凄くいい人に見えるのは何でだろうな?凄い良い人に会ったって気がしたのを今でも覚えてる。

    「あ、で・・・でも、ねぇ?」と言ってまだ遠慮している母親。
    そりゃヤーさんと同じボックスじゃ心中も複雑だろう。
    「だって奥さん、席ひっくり返したらお母さんと別々になっちゃうだろ。なぁ?」
    と言ってまたヤーさん子供に話しかけている。「うん」と頷く子供二人。
    まぁ頷くしかないだろうな、あの場合。大人の俺でも頷いちゃうわ。
    「そ、そうですか?じゃぁお言葉に甘えて・・・。お兄さん有り難うは?」
    子供にお礼を促すお母さんだった。(やれやれ・・・)緊張がほぐれたら急に眠くなってきた。
    薄目で見るとヤーさん酒をビニール袋にごっそりに詰め込んでいらっしゃる。
    (さすがヤーさんだ気合いが違うぜ!)俺はお隣に耳を思いっきりそばだてつつ目を瞑っていた。
    草食系の人間は肉食系の人間が側に来ると気になってしょうがないのだ。
    こういう時自分という人間の小ささを改めて思い知らされる。
    「ボウズ達はこれから何処へ行くんだ?うん?」とどうやら子供に話しかけてるご様子。

    プシ!ってさっそく缶ビールのフタ開けながら。なるべく優しく言ってるつもりなんだろうが声がやっぱりドスが利いてんのよ。こえー。「秋田!」と男の子が言うと「お婆ちゃんち!」と女の子が補足している。子供は無垢だからもう危機感をあまり感じてないようだった。「お〜秋田かおっちゃんの実家も秋田。
    秋田は美人が多いんだぞ〜!だからお母さんも美人なんだ?なぁ?」と言って奥さんの方を見てニタニタ笑っている。奥さん困った顔をして笑っているだけだった。
    (これは困ったな・・・どうしよう・・)というのが率直な心の言葉だっただろう。
    でも確かに美人だったよ。いや、美人と言うよりかわいい感じの人だった。
    小柄だった記憶がある。ごめん具体的な顔つきまでは忘れちゃった。
    そっからしばらくとりとめもないようなぶつ切りの世間話をしていたな・・・。
    方言の話とかしてた記憶がある。南部はどーたらで北はちょっと違うとかなんとか・・・

    ごめん詳細な話を覚えてない。そうこうしてるうちにもビールは進む進む・・・
    見るともう5本目開けてんだぜ?(延べにして1時間ちょっとしか経ってねぇだろ?)
    車内が酒臭ぇ酒臭ぇあの独特の甘〜い匂いが充満してんの。
    こっちが飲んでないとあの臭いキツいよな。
    そして駅が進むにつれだんだんと人も降りて席もまばらになっていった。
    窓の外は緑の田園風景がのどかに延々と続いている。
    まぁ殆どの人が秋田くんだりまで行かずに途中の観光地で降りるんだろうね。
    奇しくも俺とお隣の席だけが人口密度が高かった。つくづく(ついてねーな)と心底思ったよマジ。何でこんなにガラ空きなのに俺とこの親子はヤーさんの隣の席に座らなければならねーんだ?っつぅ。まだ寝たふりしながらうっすら目を開けて隣席の状況を探る俺だった。気になって寝られやしない。
    ヤーさんとうとう5本目のビールを完全に空け何とウイスキーの小瓶をとりだしたのである(まだいきますか?)。でもさすがにちょっと赤ら顔になっていらっしゃる。

    まぁそれはいいのだが、さっきから気になる事が一つ。
    少しずつではあるがヤーさんの体が奥さんの方向に傾きかけている・・・気がする・・・。
    (いや・・・気のせいだよな、酔っぱらってるし・・・)と思い直す俺。
    どうしてもいい人だと思いこみたい俺だった(そんな事ってないっすか?)。
    しかしヤーさん豪快に足をオッぴろげ手を背もたれに投げだしてんだけど、明らかに奥さんの側に領空侵犯してんのよ。まぁヤーさんはだいたい手足おっぴろげてるのもんなのかもしれんから意図したもんじゃないと思ったけどね。
    でも奥さんが体を起こしてるから背中には触れてないけど寄りかかったら触れちゃう微妙な距離。俺気になってしょうがなかった。現に奥さん超居づらそう・・・。
    顔を引きつらせてるし。そんな母親の戸惑いにも気付かずのんきにガキ共は「おかーさん!これ食べていい?」とどうもお菓子を喰っていいのか聞いている様子。

    ヤーさんは酔っぱらった厭らしい目でニタニタ笑いながら奥さんの方を見てる。
    ちょっと厭な予感がした。ごめん言葉には上手く言い表せないんだけどいわゆる(この女抱きてぇ)みたいな無言のオーラがあんのよムンムンと。
    (脱出しちゃえよ!次の駅で降りちゃえ!)危機感を感じた俺の良心が叫んでる。
    ・・・んだけど逆にチンポはよからぬ事を期待して高まってくるわけ。
    男ってのはどうしようもねーな。「あんまり食べちゃだめよ・・・」
    と奥さん顔を引きつらせながら言ってんの。「ボウズよかったな」と言ってポケットをなにやらごそごそやっている・・・。
    なにがでるのか俺はドキドキしながら薄目で見てた。
    「ガム喰うか?おっちゃんもう要らないからやるよ」と言って子供に差し出すヤーさん。

    言葉にしちゃうと、とても良いヤーさんに聞こえるが、これで奥さんが逃げにくい環境を作られちゃったような気もする。ヤーさんてこういうとこが上手いんだよな多分意識しないでやってんだろうけど。いい人そうに装いつつ現に腕は図々しくももう奥さんの肩に届きそうなとこにきてんだもん。「ありがとー!」と言って女の子の方が無邪気に手を伸ばしてんの。
    (バカ!もらっちゃ駄目だって!)俺気がきじゃない。「す、すいませんどうも・・・」
    と奥さん礼を言っている。(礼なんか言っちゃだめだよ逃げなよ)と思うんだが言わせちゃう雰囲気を作っちゃうとこがさすがだとも思った。
    「いいんだよ、要らねぇって思ってたんだからよ、なぁ?」と言ってヤーさん女の子の方を見て笑ってる。
    しかし手はもう奥さんの肩にかかりそう・・・。俺はもうそっちが気になってしょうがなかった。その時だ。

    「お?奥さんその指輪いい指輪じゃねえか!?」と言っておもむろにヤーさん奥さんの手を握っわけ。
    ドキン!他人の奥さんなのに俺の方がビクった、マジビクった。
    「あっ・・・はぁ・・・あの、け、結婚記念に・・・」奥さんビクっとしながら生真面目に応えてんの。
    (やめて!って言えよ!バカ)と思ったが、指輪褒められてんのに(やめて)
    とも言い辛いんだろうな。それにヤーさん独特の威圧感もある。
    「高かったろ?え〜?何カラット?」と言いながら奥さんの白い指を撫で撫でしてるわけ。
    「あっあっ・・・な、何カラットなのかしら・・・主人が買ってきてくれたから良く分からなくて・・・」と奥さん。撫でられるヤーさんの指の動きにビクッ!ビクッ!っと体をこわばらせるんだけどなかなか拒否できないでいる。

    「お母さーん!あっちの席行ってゲームしてもいい?もう誰もいないよ?」とのんきなことを言うガキ。(気付けよバカ!)とマジ思った俺があのぐらいガキだった頃なら気付くと思うな。「おう!行け!行け!もう誰も来ねぇよ!貸し切り電車だ!」
    とヤーさんまるで邪魔者を追い払うかのようにシッシッとやっている。
    母親の危機に気付かず無邪気に走ってくガキ共。「わ、私も行こうかしら・・・」と奥さんそ〜っと席を立とうとしている。「いいから奥さん、同郷同志飲み直そうや、な?」
    ヤーさん奥さんの手を引いて強引に席に引き戻した。ドスン!と席に尻餅を着く奥さん。
    「あっ、・・・で、でも私お酒は・・・・」と言って必死に逃れようとしている。
    「なに奥さん恐がってんだ?あ?」と、急にドスの利いた声。(マジ怖いっす)
    「こ、恐がってなんか・・・ないですけど・・・」と奥さん。
    「そうか!ごめんな強要してるつもりはねんだけどよ。同郷の女に会えて嬉しいんだよ。

    奥さんウィスキー飲む?」とヤーさん瓶を差し出してる(完全にからまれてる)。
    「い、いえ・・・本当に飲めないんです・・・私」と奥さん。
    「ほんとかよ?え〜?秋田の人間は酒強ぇんだけどな」とヤーさん。
    そう言いながらもズンズン奥さんの方へ寄りかかっていくわけ。
    今にも押し倒されそうだ。率直にこの間合いの詰めかたはヤーさんにしかできない。
    言葉に表現はできないんだけど、拒否する隙を与えないんだよな。
    率直に俺がカマ堀り目的で言い寄られても拒否できる自信がないよマジ。
    「はぁ、父は強いんですけど」と奥さん。そんな中ガタタンガタタンと何度か電車がトンネル出たり入ったりを繰り返してる。「ふ〜ん・・・」しばらく奥さんの体を充血した目で舐め回すように眺めるヤーさん。奥さん無防備に水色のタンクトップなんか着ちゃってる所が思いっきり逆効果だ。豊かな乳房が強調されて思いっきり女らしさを強調しちゃってるし。

    デニムの短めのスカートなんか欲情してください的エネルギーを補充させるのに十分だっただろう。
    「奥さん何かスポーツやってたろ?」とぶしつけにヤーさんが言った。
    「え?何でですか?」と奥さん。
    「だって子供二人も居たら普通体ユルユルになんのに奥さんずいぶん引き締まったボディしてるから」
    と行ってボンッキュッボンって胸と腰と尻を両手で表現して見せてる。
    「ハァ・・・昔はテニスやってましたけど・・・今はぜんぜん・・・」と奥さん。
    「あ〜テニスねぇ、あれ体力使うからな」と言ってヤーさんもう奥さんと20cmぐらいに顔近づけてんの。
    避ける奥さの体勢はもう座席に寝そべってるみたいな感じになってた。
    「も、もう随分昔の話ですけど」と奥さん。必死に体を避けようと仰け反ってるんだけど、あんまりあからさまに避けるとまた凄まれると思ったからなのか中途半端。

    「俺もスポーツやってたんだけど何やってたか分かる?」とヤーさん。
    「え・・・っと何かしら・・・柔道とか?」と奥さん。確かにそんな体格をしてた。
    「ボクシング」と言ってヤーさん拳を作って見せてる。
    その手首に金色のゴツイ時計が光ってたのを今でも覚えてる。
    「ああ・・・ぼ、ボクシング・・・す、凄いんですね」と一応おだてる奥さん。
    「別に凄くねぇけどよ、もう腹なんかブクブクになってるしよ」と言ってシャツの上から腹をつまんで見せてる。
    「す、スポーツってやらなくなるとすぐ体が弛んじゃうんですよね」と奥さん。
    「おう、もう見る影もねぇけどよ、でも腹かためると腹筋だけはちゃんと残ってんだぜ、奥さん触ってみな」
    と言って腹を突き出すヤーさん。「えっ」と戸惑いを隠せない奥さん。
    ヤーさん返事を待たず奥さんの手をとり自分の腹にもってった。「な?硬ぇだろ?」とヤーさん。

    上下にゆっくり自らの腹筋を触らせてんのよ。で、ゆっくり・・・ゆっくり・・・南下し股間付近まで撫でさせてるわけ。「あっ!ん・・・ほ、ほんとだ硬いですねすごい・・・」と奥さん。
    「奥さんの腹はどうなんだよ、え?」と言って奥さんのお腹を覗き込んでる。
    「わ、私はもう、ぜんぜん・・・」と奥さん。「あ?そんな事ねぇだろ?どれ・・・」と言って奥さんの腰から手を廻し、なんと腹を撫ではじめたわけ!。
    (だめだ〜!逃げろ〜!)俺の心が叫ぶ。「ひゃぁ!?・・・あっ・・・あの・・・あっ・・・」
    腹を撫でまわされ動揺する奥さん。腹部をまさぐられモジモジと体を揺すっている。
    「おぉ・・・女はこんぐらい柔らかい方が良いんだよ、なぁ?」と言ってまだ奥さんの腹部をモソモソと厭らしく撫で撫でし続けてんの。
    こーなるともう他意ありまくりだ。「あっ?・・・あぁ・・・あぅぅ・・・」
    奥さん苦しそうな声をだしてる。「俺のは硬ぇだろ?うん?」と言いつつ奥さんの手をもう殆ど股間の辺りに持って行ってるわけ。

    「は、はい・・・え?あっ!・・・そ、そこは・・・」ヤーさんとうとう自分の高まりを触らせちゃったらしい、奥さんが小さく悲鳴をあげた。(やべー!やべー!)
    あまりの光景に俺は目眩がして思わず窓の外の風景を見た・・・。
    するとのどかな田園風景からまたいきなりトンネルに入ってく。
    外が真っ暗になるとヤーさんと奥さんの戯れが窓に反射して映んのよこれが。
    それがまた超厭らしいつうか、圧し掛かる屈強なヤーさんの背中で小柄な奥さんの体はすっぽり覆い隠されて見えないわけ。「ちょっとお兄ちゃん!私にもやらせてよっ」
    後ろの方で何にも知らないガキがゲームの取り合いしてんのを今でも覚えてる。
    「あぁ?どうした?奥さん・・・」ハァハァと熱い息を吐きながら(いや実際には息は聞こえなかったけど)
    すっとぼけるヤーさん。「だ、だめです!・・・そっそこは・・・あっやっ・・・ああ!・・」
    必死にヤーさんの股間から手を外そうとするがいかんせん力の差は歴然だ。

    「男は硬くて女は柔らけぇ方がいいんだよ、なあ?そうだろう?」と言うとヤーさんとうとう奥さんを抱き寄せちゃったわけ!。
    ぎゅーっときつく抱き寄せると強引にキスにもってったんだよこれがマジ!。
    あーこの時の衝撃というか俺のテンパリ具合は筆舌に尽くしがたいっつぅか通報しなきゃ!
    とか止めなきゃ!っつぅ気持ちと、情けない事に変に欲情しちゃってる気持ちで自己統制できず体が完全に固まって動けねぇわけ。ほんと動けなかった。
    カチーン!って固まってた金縛りみたく。屈強な男に抱きすくめられ奥さんの白くて細い腕だけが苦しそうに見えてるのを鮮明に覚えてる。トラウマ的に。
    ヤーさんの頭の動きからしか分からないけど強引に舌を奥さんの中に潜り込ませる事は間違いない。
    「んぐぅ!ぅぅ・・・ぇぅぅ・・・」と奥さん喉から押し出すような声を出してた。
    ヤーさん奥さんの両脚の間に巧みに片方の脚を割り込ませ股を閉じさせない。
    で、ヤーさん最初なにやってんのか分からなかったんだけど何やら内ポケをごそごそやってんのよ。

    したらニベアクリームの容器みたいな薄べっらい容器を手に持ってる。
    (な、なんだ?なんだ?それ・・・)俺はドキドキしながら見てた。
    苦労しながら片手でなんとかフタをこじ開けると。
    やっぱりクリーム状の白いもんが入ってんのよ。本当にニベアみたいだった。
    それをネットリと指に絡みつかせると割り込んでる脚のすき間から奥さんの大事な所に手を差し込んでく・・・。「むぐ!!!むぐぐぅ!んがぅ!ぐぅ!」
    届いた瞬間奥さん奇声をあげた。舌を差し込まれてるので声が出せないのだろう。
    無情にも電車のカタタン!カタタン!という音に完全に吸収されガキ共の所まで声が届かない。脚がピーン!と突っ張ってたかと思うとカクンガクン!と痙攣したようにバタバタとさせてんの。手もブルブルと小刻みに痙攣してた。
    明らかに尋常な反応ではない。ヤバ系の薬なのかもしれん。

    何度も何度もヤーさん手をスカートの中に潜り込ませ手を前後させたり、かき回したりしているのが分かる。奥さんの履いたサンダルからのぞく足の指がキュッキュッと反応するように折れ曲がったり伸びたりしてたのを鮮明に覚えてる。
    ふくらはぎに蚊に刺された跡とか有ったりとかそ〜いうしょうもない事まで記憶ってんの何故か。
    片手で豊満な乳房をゆっくりとこね回すと青いタンクトップの膨らみが手の動きにあわせてしわになったり盛り上がったりしてるわけ。ぐっとヤーさんの腕に力がこもるとスルスルと奥さんのパンティが剥ぎ取られてしまった。
    ようやくヤーさんの顔が離れた時の奥さんの表情が忘れられない。
    トロン・・・として焦点が定まってねぇのマジ。口元も弛んじゃってて唾液がツーと溢れてた。
    ヤーさんおもむろに自らのファスナーを降ろしていく。

    (や・・・やるつもりなんだ?電車の中で?)俺は極度の緊張で吐き気がした。
    「ちょっと〜!お兄ちゃん!ズルいよ?貸してよ!」とか、この状況下でガキ共まだ言ってんの。
    ヤーさんのチンポ見た。真珠が入ってんのかどうか分からないけど
    本当に皮下にポツポツと凹凸があんのよ。あれ本当に真珠入ってんの?マジで。
    で、先端がもうヌメってんの。亀頭が黒光りしてた。でかさは俺のとそんなに変わらなかった気がする(俺のが大きいか小さいかはともかく)。
    そのチンポにさっきのクリームを塗りたくってるわけ。
    実に丹念に塗りたくってんのよこれが。だってチンポが真っ白になってんだもん。
    塗り終わるとゆっくり奥さんのスカートを捲り上げていく・・・。
    色白でムッチリとした太腿が姿を顕わした。でヤーさん奥さんの体を起こていくわけ。
    そして奥さんの腰をちょっと浮かせた。で、勃起しまくった自らのチンポの上に座らせようという魂胆らしい。さっきまで惚けていた奥さん、さすがに危機を察し腰を逃がそうとしてんの。「だ・・・だめ・・・やめて・・・」
    乱れた頭を左右に振ってイヤイヤする奥さん。

    「えぇから!こっち来いや!」と苛ついた声でヤーさん奥さんの細い腰を掴み強引に引き戻そうとしている。前に逃げようと前傾姿勢をとる奥さん。
    必死の綱引きだ。すると今度はヤーさん座らせるのを諦めたのか自ら中腰に腰を浮かせた。
    入口をチンポに導くよりチンポを入口にもっていくつもりらしい。
    その時プワーン!ともの凄い勢いで対抗列車がすれ違ったのを今でも覚えてる。
    ヤーさんが腰を浮かすと前に逃げようとした奥さんの上体が前の座席に投げだされてしまった。
    ヤーさん奥さんのムッチリとした尻を引きずり戻す。
    そして自ら腰を迎えにいくとグゥゥ!っと前に突き出した。
    「あぅ!あぁぁ!」奥さん悲鳴を確かにあげたがすれ違う列車の音で無情にもかき消されてしまった。
    挿入と同時に上体が反り返っている。奥さん目がカッと見開き前を見てた。
    「お!おぅぅ!奥さん!いいよ!・・・奥さん!」野太い声で咆吼をあげるヤーさん。
    腰をかきまわして奥さんの中をじっくり味わっているようだ。
    気持ちよさそうにユラユラ揺れてんの。

    (ついに挿入されてしまった)電車の中でとかAVの中の話だと思いこんでた俺は情けなくも正直このあまりの有様に卒倒しそうになってしまった。
    (ありえねぇよ絶対ありえねぇ・・・夢だよ夢・・・ぜってぇ夢・・・)そんな気持ちだったマジ。(起きたら淫夢で秋田に着いてんだよ)とか自己逃避してた。
    しかし現実はそれを許さねーの。ひでぇなんてもんじゃない。
    「お母さーん!お兄ちゃんがねぇ!ゲーム貸してくれないんだよ!」と今更こっちに来たわけ。逃げたい!この場から今すぐ逃げたい!夢さめろ!バカ!
    何でもするから覚めて!お願い!
    「あっ!」俺の願いも虚しく女の子が二人の交ぐわいを発見し固まっている。
    (お、終わった・・・何もかも・・・)俺は脱力した。
    「お・・・お母さん・・・な、何してるの?」と女の子。戸惑いを隠せないようだ。
    「み・・・見ないでぇ・・・見ちゃだめ・・あぁ・・」と奥さんか細い声で言ってんの。

    「そうだよ・・・おじさん達、今とても大事なことしてるんだ。
    あっち行ってなさい」とかヤーさん恍惚とした声で言ってるし。
    「お母さん!・・・この人にお尻くっつけちゃ駄目だよ!・・・いけないよ!」と女の子。
    この行為の本当の意味が分からなくても非道徳な行為だという事は分かってるようだ。
    「何してるんだよ!おまえ!やめろ!」異変に気付いた兄貴が来たんだよこれが・・・。
    (しゅ、修羅場だ・・・これ以上の修羅場はねぇ)この期に及んで寝た振りしてる俺って・・・
    (市んだ方がいいな・・・田沢湖に身投げしよう・・・)そんな気持ちだったマジ。
    後からあーすれば良かったこーすれば良かったと思ってももう全てが遅いのだ後悔先に立たずである。
    「お尻くっつけないで!離れて!」と女の子の悲鳴。
    「ミーちゃん見ないでぇ・・・やめてぇ・・・あっち行っててぇ・・・お願い・・・」
    押し殺すような奥さんの声。「お前!母さんから離れろよ!」と言うと兄貴は両者の秘部同士が繋がっている母親のスカートを捲ろうとしてるわけ。

    「見ちゃ駄目だ!ボウズ・・・オジさんたちそこで大事な相談してるんだから・・・」
    と言いながら図々しくピストン運動を繰り返してんの。
    「あぁ!お前!チンチンが母さんの中に入ってちゃってる!お前!!何してるんだよ!」と兄貴の声。
    (そうか・・・まだセックスの意味を兄貴も知らなかったんだな・・・
    可哀想に・・・ごめんな)漠然と思う俺。
    「ボウズ今ボウズの兄弟を作る相談してるんだ、なぁ?奥さん?」そう言いながらまだヘコヘコと腰をゆすり中の感触を味わっている。
    「お!おぅ・・・もう少しで・・・・出るぞ!・・・兄弟こさえてやるからな・・・ボウズ・・・」
    そう言うと激しく奥さんの尻を自らの腹に打ち付けていく。
    「あぁ!・・・あぅぅ・・・・あん!あぁ・・・あん!あん!あぁん・・・」
    ふんだんに塗りたくられたヤバ系薬のせいで快感を自己制御できないのか奥さん自ら腰をもたげヤーさんのチンポを受けようとしてんの。

    「やめろ!母さんにチンチン入れるな!」と兄貴の声と
    「オチンチンにお尻くっつけないで!離れて!」という妹の声が交錯する。「で!出る!出る!うっ!おぉぉ・・・」そう言うとヤーさん、ブルル!と体を震わせ奥さんの中で射精を開始したようだ。二度・・・三度・・・と射精の快感に合わせ深く・・より深く・・・奥さんの中にチンポを挿入していくヤーさん。
    子宮に熱いものを感じたのか奥さん「あぁぁ・・・・あぅぅ・・・」と言いながら体を反らしブルブルとムチムチの太腿を震わせヤーさんの射精を受けている。
    繋がりながらハァハァハァとしばらく荒い息を吐く二人・・・。子供は泣きじゃくっている。

    思いを遂げズルリとチンポをしまうとヤーさん寝たふりをしている俺に近付いてきた。
    (殺される!)マジそう思った。正直殺されてもしょうがないとも思ったけど。
    「てめぇさっきから見てたんだろうが!誰かに言ったらぶっ殺すからな?あぁ?分かってんだろうな」と思いっきり怖い声で凄むと別の車列に去って行った。

    その後の事は聞かないで下さい。


395  ナツミ - 2013/05/24(Fri) 05:25 No.22510
    学生の時にバイト先でレイプされました。
    店が終わった後に掃除をさせられていたら、店長に「レジのお金が合わない」とか言われて。
    体を触られたから逃げようとしたら顔を平手で叩かれて。
    涙がボロボロ出てきて抵抗できなかった。
    嫌なのに体が感じて入れられました。
    何年か後に、その店長が中学生売春とかで新聞に載ったそうだけど、地位のある人は勝手すぎる。


396  なつみ - 2013/10/29(Tue) 11:54 No.24606
    私ゎ実家が神奈川で、終電を逃した時とか、
    銀座で働いてる一人暮らしの姉の家(銀座の近所)に泊まらせてもらったりしてるんです。
    でも、先日のハロウィンの金曜日は大学の友達(私ゎ大学一年ですっ)と遊んだ帰りで
    終電も逃しちゃったので、まだ終電のあった山手線で新橋まで行って姉の仕事
    (アフターで遅くなると言われたから)が終わるのを
    駅前をふらふらしながら待っていました。
    二、三時間潰してほしぃと連絡があったので、
    お腹もすいてたし、マックでテキトーにすごそうと思って歩いていると
    若そうなスーツのリーマンにナンパされたんですが、
    お腹すいてるならご飯おごるからカラオケでもいかない?との事。
    一人で二、三時間潰すのもなんだかだし、と思ってついていってみました。
    カラオケの部屋にはリーマンの同僚と思われる男が二人いて、
    男三人と私で飲み&歌で盛り上がってました。
    ご飯も食べて、飲みもだいぶ進み、私もリーマンもフラフラに・・・
    もともと飲んでたのにさらに飲んじゃって、
    そろそろお酒もおさえめにしないとやばぃなぁ...と思っていると、
    酔ったリーマンの一人がもたれかかるみたいに体をくっつけてきて、
    胸を触ってきたので、「ちょっと...やめてよ!!」と手を払ったら
    「なんで?まぁいーじゃん」と抱きついてきて胸をおもいっきり揉まれました。
    やばい!っと感じて体を引き離そうとしたら
    歌ってた別なリーマンに背中から抱きつかれ、動けなくなり、
    胸を揉んでいたリーマンにキスをされ、無理矢理舌をねじこまれました。
    三人目のリーマンも歌をやめて、
    「何?何?やっちゃうの?なら撮っちゃう?」と楽しそうに携帯を向けてきました。
    酔ってフラフラでふわふわした感覚で体をおさえられ動かせず、
    「やだ....やめて..触らないで...」と言うしかありませんでした。
    ニットをまくられ、ブラが露出し、ホックが外され、胸を見られてしまいました。
    私ゎFカップあるのでリーマンは興奮して乳首に吸い付いてきました。
    そしてミニスカートもめくられ、パンツの上からクリを触られ、
    もうあきらめモードになった私は気持ちよくて
    「あぁ...はぁんっ...」とあえいでしまいました。
    リーマンは「ほんとは、俺らにこーして欲しかったんだろ?」
    とおかどちがぃな事を言ってましたが、無視しました。
    ほとんどレイプなのに、気持ちいいと感じてしまう私の体が
    憎かったし恥ずかしかったです。
    パンツをずらされ、濡れているのがバレてしまい、
    ぐちゅぐちゅと音をたててかきまわされ、
    「あっアハァン...いゃ...だめ....イッちゃうぅぅああああいゃぁああああ!!」
    ついにイかされてしまいました。
    その後、一人づつ見えないようにちんこを入れられ、
    中出しこそされませんでしたが、見知らぬ三人に生でちんこを入れられ、
    5回もいかされた私はど変態かもしれません。
     
    今でも興奮していて、また知らない誰かに無理矢理犯されたい、
    嫌なのにイかされたい、と思ってしまいます。


397  ゆり - 2013/10/26(Sat) 08:02 No.24591
    台風が接近しているので今日は部屋で過ごそうと思っています。
    悶々とした一日になりそうです。


398  靖子 - 2013/10/21(Mon) 11:29 No.24489
    おばさんと言われる歳ですけれど、まだまだ女盛りだと
    自負しています。


399  OL - 2013/10/23(Wed) 15:27 No.24520
    数年前の慰安旅行のときのお話です。その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・そこは上司から注がれるお酒・・
    なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・。目を覚ますと・・・男性社員の何人かがあきの顔を上から覗き込んでいました。ビックリして身体を起こそうとしたら・・動けないのです・・。

     浴衣は着ていたのですが、右手と右足・左手と左足というふうに浴衣の紐で縛られていました。もちろん下着は丸見えです。「あきちゃん パンティーにシミができてるよぉ」「なんかここんとこ筋できてないか?」「なんかイヤラシイにおいもするなぁ」と・・イロイロな言葉が飛び交っていました。


     一人の社員がブラジャーのホックを外したと同時に 一斉にあきの身体を触り始めたのです。「やめてぇーー」叫びたくっても 口にはタオルが入れられていて 叫ぶこともできません。そのうちに 下着もとられてしまい あきのおまんこは丸見えです。

    「あきちゃん なんかピンクのコリコリしたものが顔出してるよ」「あきちゃんのおまんこ ビラビラすごくない?」「アナルまでヒクヒクしてるぞ」そんなイヤラシイ言葉言われると・・Mのあきは・・「もっと・・」と言ってしまいそうになりました。「あきちゃんのために こんなものもってきてあげたよ」一人の社員がバイブを出して あきのおまんこに・・「

    「あ〜あ、あ、もうだめぇ〜」バイブだけで 逝ってしまったのです・・。その後は 当然のように そこにいる社員のおちんぽを あきのおまんこに代わる代わる入れられたのでした・・。


400  私は@レイプされました。 - 2013/10/23(Wed) 14:55 No.24519
    高校3年の頃
    高校最後の思い出を作ろうと、同級生の彼女サツキと、泊まりで
    旅行に行った時の最悪な話
    サツキは女友達、俺は男友達の家に泊まると、親にウソをつき
    一泊二日の予定で、東京へ向かった
    サツキは、小柄で優しい、
    笑顔が可愛い女の子だった
    初日は地元では、なかなか出来ない手つなぎデートや、人がいないエレベーターなどでは、こっそりキスをしたりしながら、東京観光を楽しんだ
    そして、夕方になり予約していた、大型の宿泊施設に向かった
    到着すると、靴をロッカーに入れ、受付で手首に巻くタイプの
    ルームキーをもらった
    館内での飲食や買い物は、そのルームキーを使うそうだ
    そして、荷物を持ちドキドキしながら部屋に入り、ドキドキしながら浴衣に着替えた
    俺の家で、何度かサツキとエッチはしているが、サツキの浴衣姿と、今夜の事を考えると
    期待と興奮で既にペニスは・・・
    そして、出たらゲームコーナーにいると待ち合わせをして、大浴場に向かった
    俺が先に風呂から出て、ゲームコーナーで待っていると、怒った顔でサツキが近づいて来た
    部屋まで帰る間、理由を聞いてもサツキは一切答えなかった
    そして、部屋に着いても隅で携帯電話をいじっている
    俺は流石に頭にきて
    「言いたい事あるなら、はっきり言えよ!」
    するとサツキは、俺を睨み
    「マー君が悪いんでしょう!
    私が見ていないと思って
    ゲームコーナーで、女の人達と
    イチャイチャしてー!」
    「ハァー!?」
    そう言えば、ゲームコーナーでサツキが来る少し前、2人組の女の人が、何か困った様子で
    ウロウロしていた
    気になり訪ねると、遊んでいて
    ルームキーをなくしたらしい
    そして、一緒に探してあげると直ぐに、”ワニワニパニック“の下に落ちていた
    「違うよ!一緒にルームキー探してあげただけだよ!」
    「じゃあ、茶髪の女に抱きつかれてニヤニヤしていたの誰よ!意味わかんない!」
    「それは...あっちが勝手に...」
    「ア〜ア、こんな旅行、来なきゃ良かった!ば〜か!」
    と言ってサツキは部屋から
    出て行った
    それから、夜10時位までの間
    サツキに何度もメールを送り
    謝ったが、返信はなかった
    10時半を過ぎ、心配になり
    館内を探すが見当たらない
    そして、11時を過ぎサツキからメールが
    [サツキちゃん、酔って寝ちゃいましたw]
    そして、浴衣姿で寝ているサツキの写真が・・・
    俺は、頭が混乱して全く状況が
    理解出来ない
    すると直ぐにメールが
    [サツキちゃんの下着、すごくエッチだねw]
    布団で寝ている下着姿のサツキ
    俺は混乱する頭でサツキに
    電話をかけるが出ない
    そして、直ぐにメールが
    [マー君、私のスケベなおっぱい見てw]
    左右から伸びる二本の腕が、サツキの胸を直に揉んでいる
    左右に一人ずつ、そして携帯電話で撮しているヤツ、最低3人はいる事はわかった
    そして、俺はサツキにメールした
    [これ以上、サツキに手を出すな!直ぐに解放しろ!]
    [マー君、怖〜い!そんなに怒ると・・・w]
    次は、男の後頭部が、寝ているサツキの股間辺りにある写真
    次は、サツキを横に向け、ペニスを口に押し付けている写真
    [お願いします!お金は5万円有ります!助けてください!]
    [お金欲しいけど、サツキちゃん可愛いからダ〜メw」
    そして・・・
    [サツキちゃんの締まり最高!
    あんまり遊んでないのかな?
    それとも、マー君の小さいのかな?wwwwww]
    それから、俺は部屋にいても落ち着かず館内をウロウロ
    何度かそこで働く人に、呼び
    止められたが、親に連絡されても困るし、あんなメールは見せられない
    そして、3時頃
    [マー君、ごちそうさま!
    高校生の身体はおいしかったよ!
    サツキちゃんは、3階のエレベーターの脇のソファーで寝ています!早く行かないと、風邪をひかせちゃうぞwwwww]
    そして、急いで俺はそこに向かい、酒臭いサツキをおぶって部屋に連れて帰った
    サツキが起きるまで、布団の横で待ち続けた
    そして、サツキは起きると
    気持ち悪い!頭痛い!を繰り返した
    そして、水を飲ませシャワーを浴びさせると、少し落ち着いて来たようで、昨夜の事を聞いた
    俺と喧嘩した後、海が見える椅子で泣いていると、泊まりでは無く風呂に入り、酒を飲んで帰るというOL2人が声をかけてきた
    そして、軽食コーナーに誘われ
    カルピスサワーを飲んだ
    OL2人に奢ってもらい、悩み事を聞いてもらいながら、
    なれないアルコールを飲み続けた
    そして、5、6パイ飲みOL2
    人にお礼を言って、俺の待つ部屋を目指し、エレベーターに乗った
    そこから、記憶が無いらしい


401  祐子 - 2013/10/21(Mon) 11:24 No.24488
    27歳の主婦です。

    この夏、
    大型テレビとビデオを買いました。
    配送を頼んだテレビの据付に来てくれた男二人に襲われました。

    「いや、いや」と抵抗していたら、
    後ろから羽交い締めにしてきた男に胸、特に乳首を集中的に責められ、
    前からもう一人の男に、
    マキシワンピースの裾からショーツを引き剥かれて、
    脚を無理やり広げられ、顔を脚の間に入れられて、股間を、口で犯されてしまいました。

    そういう行為は、今の夫はせず、結婚前の元彼にされて以来随分久しいことだったので、
    信じられないくらいの衝撃が体に走りました。
    自然に、
    それまで抵抗のために体を動かしていたのが、
    だんだん、
    意志とは関係なく、
    感覚に突き動かされるだけの悶えと痙攣に変わっていきました。
    男たち自身のものが挿入される以前に、
    私の抵抗が全く止むまで、強制的に続いた責めのせいで、私は息も絶え絶えでした。

    挿入されるときには、
    「やめてえ」と言う言葉もかすれて、とぎれとぎれで、胸も激しく波打ち、
    体には自由に力が入りませんでした。
    それなのに、
    男の体が、私の中で出し入れが始まると、
    私の体までが意志と関わらず勝手に反応して、腰をせり上げていました。

    代わる代わる何度でも入ってくる男の首にしがみつき、
    濁った声で喘ぎ続けていました。

    強制的な快感の連続。

    そして、

    意志と関係なく、痙攣したり男に合わせて蠢いてしまう自分の腰の反応。

    そうしたことに、
    「なんで? なんで?」
    ぼんやりと考えつつも、体中を走る衝撃に耐え続けるしかなく、

    それから先のことは、
    セックスの快感地獄から解放された後のことは、

    ぼんやりしてて、

    男たちとのやり取りも霧がかかったように、夢の中のように現実感がありません。

    ただ、

    あの強制的な快感の持続状態、その体の記憶だけが強烈で、

    平日のお昼ごろ、
    リビングに暖かい日差しが差してくると、
    自然と、
    私の体は、
    もやもやと火照り、
    あそこが、疼いてきてしまうんです。


402  由佳 - 2013/10/14(Mon) 18:10 No.24331
    27歳OLです。今年の最高気温だったので一寸油断してました。マンションは8階の部屋なのでまさか男が忍び込んでくるとは夢にも思いませんでした。夜中の11時も回りくーらーも程よい部屋でシャワーを過ごして真っ裸でPCに向かっていた時でした。覆面の黒ずくめの男がペランダから侵入してきたのです。あっと言う間もなく羽交い絞めされ気が付くとベッドの寝かされてその男が私の股間にいるではありませんか。気付くまで何をされていたのか全く覚えがありません。股間に目無し帽の口から出た舌が私のクリちゃんを舐め始めてやっと正気に返ったのです。レイプされている事に気付いたのですがここで騒げば8階のマンションのこと何をされるか知れません。そう思うと
    私も楽しんでやれと思ったのです。クリちゃんを吸われては女はもう抵抗は出来ません。よく見ると目無し帽を被っていますが優男の様です。27歳女盛りの私も体には少しは人並み以上と自信が有りますから目無し帽を引き取って小さくないオッパイを揉みだしたらもういけません。あそこからどっと愛液が溢れ出しました。それからやる事は皆さんと一緒、朝まで抱き続けた素晴らしい一晩でした。レイプされるのも満更ではないと言うお話です。


403  - 2012/01/20(Fri) 13:49 No.18106
    姉と二人で暮らしています。俺が大学で一人暮らし始めて、1ケ月位してから、姉が会社から近いからと言う事で俺の所に来た。
    姉は弟の俺が言うのもなんだが、凄く美人です。
    そんな姉の事が大好きだったので、家賃を半分出すと言う条件で一緒に暮らす様になった。
    大学の一人暮らしなので、間取りはワンルーム。
    その部屋で大好きな姉と暮らしているスチュエーションを考えると姉とエッチがしたくなり、ある夜、姉に抱き付いたら、
    凄く驚いていたが、中に出さないならと言う条件で姉とSEXをした。
    今では、毎日姉といろんなプレイを楽しんでいる。


404  私は@レイプされました。 - 2013/10/10(Thu) 07:30 No.24132
    シャブ


405  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 20:47 No.23633
    このオレ様、酒井博文は今度は女性にストーカーしようと考えているところだ


406  かどおかゆいきです - 2013/10/06(Sun) 17:09 No.23924
    東大阪か大東住んで人探していますレイプしてくれませんか電話下さい 09082163313


407  のどか - 2013/09/26(Thu) 12:42 No.23395
    無理矢理犯されてみたい。
    普通じゃ考えられないようなおもちゃとか道具とか使われて。

    でも実際そんなことする男なんていないんだよねー


408  酒井博文 - 2013/10/06(Sun) 10:40 No.23871
    オレ様が書いたコメント見てくれた方々へ…
    鳥取盲学校に電話かけてきてくれたか?
    反応が気になるぜ。


409  まさし - 2013/09/04(Wed) 21:37 No.22921
    精液便女にしてる女が妊娠、中絶嫌がる彼女


410  かおり - 2013/10/02(Wed) 19:32 No.23540
    部屋で寝てる時に犯されました

    ワンルームに一人暮らしなんだけど、玄関には鍵をかけてたのでベランダから侵入されちゃったみたいです
    たぶん犯人は同じマンションの人みたい
    顔は変なマスクしてたからわかんないけど、予めいろんな器具を準備されてて、犯されただけじゃなくて手錠をされてオモチャにされました

    写メも撮られたし、散々イカされてちゃった

    それに3回も中に出されました

    今日はこれくらいで勘弁してやるって捨て台詞を吐いて帰っていきました

    って事はまた犯されるのかなぁ〜

    まぁいいけどさ


411  志摩紫光 - 2013/10/04(Fri) 23:24 No.23847
    女の乳首に針刺して


412  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 20:18 No.23593
    はっはっはっ、別にびびってねえよ。
    もう一度言うけど、意見があるなら、鳥取盲学校に電話かけてきてくれ。
    鳥取盲学校の電話番号は「0857‐23‐5441」だ。


413  酒井博文 - 2013/10/03(Thu) 18:04 No.23683
    オレ様が書いたコメント見てくれた方々へ…
    鳥取盲学校に電話かけて、意見を言ってくれたかな?
    反応が気になるぜ。


414  はるか - 2013/08/03(Sat) 15:37 No.22692
    同級生の男子に胸を揉まれました。揉み方が激しくて痛かったです。思春期の男性にお願いがあります。女子にはもう少し優しく接してください。


415  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 20:23 No.23602
    うるせえ、オレ様は強がりじゃねえ


416  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 20:21 No.23598
    このオレ様、酒井博文は山口組の暴力団員と交友関係を、まだまだ続けていくつもりだ。


417  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 18:13 No.23529
    オレ様が書いたコメント見てくれた方々へ…
    ありがとうございます。

    酒井博文は鳥取県内にある「鳥取盲学校」に勤務しています。
    ご意見がある人は、鳥取盲学校、もしくは鳥取県教育委員会を通じてご意見してください。


418  - 2012/07/01(Sun) 15:32 No.20822


    はじめまして。
    私は24歳のOLです。
    私はレイプされたいという願望が強く
    会社帰りに男性を誘うような行動を
    日々している、かなりエッチな女です。

    今までレイプされたことはなかったのですが、
    昨日待望のレイプ(公認の?)をされてしまったので、
    体験談を聞いてください。

    私は、いつも職場ではいたって普通のOLで
    仕事着もリクルートスーツのような安物を
    身に着けています。

    下着はブラウスの上からでも乳首がうっすら
    勃起したのがわかるような薄いもので
    パットを外してつけています。

    ショーツはTバックを常にはいています。

    仕事が終わるとトイレに入ってまず乳首を
    立たせ、ブラウスから勃起が見えるように
    ジャケットのボタンを外して会社を出ます。

    会社はT渓谷の近くなので、いつも渓谷近くの
    裏路地を無駄に歩きながら、襲ってくれる人を誘うように
    歩き秘部を濡らしていきいます。

    いつもの電車に乗るときにはあそこは
    びしょ濡れで、乳首も痛いくらい硬くなっています。
    電車では学生を見つけるとあえて近づき
    胸を当てるように横に立ってたり、髪を
    揺らして香水のにおいを漂わせ誘います。

    たまに痴漢されるけど、その程度で
    いつも悶々としてしまうのですが、
    昨日は違いました。

    電車で痴漢をしてきたサラリーマンが
    私と同じ駅で降り、私の後をつけてきました。

    私はいつものオナニー場所の公園トイレで
    具合悪そうに座り込み、相手の反応を
    待っていました。

    そうしたら、「大丈夫?」と声をかけられました。
    私は少し酔ったみたいでと嘘をつき
    崩れるように地面にペたって座りました。

    男性は私に興奮して髪のにおいを嗅ぎながら
    起こす振りをしていました。

    私はおしっこが漏れそうとつぶやき
    このチャンスを逃したくなかったので
    思いつきでお漏らしをしてみたのですが、
    男性は食い入るように股間を見続けて
    大丈夫?といいながら私をトイレに連れ込みました。

    トイレに入り、嫌がる振りをすると
    私を貪るように舐めまわし、ブラウスを
    肩まで開いてブラを下ろしてきました。
    いやいや!と興奮しながら声を出すと
    手で口を押さえ、胸をもみしだいてきました。

    私があわてた振りをすると
    スカートを捲り上げてそのまま挿入してきました。
    男性は一分もしないで私の中に出し
    逃げていきました。

    私はあまりの官能に一人で絶頂に達して
    はずかしいですが、大まで漏らしてしまい
    トイレの便器に横たわり眠ってしまいました。

    気がつくと、学生風の男子が2人、
    私を写メで撮り、襲い掛かってきました。

    彼らは慣れているように私を犯し、
    その後、ホームレスの小屋に私を
    運びました。

    私は凌じゅくされることに酔いしれ
    ホームレスが5人来た瞬間
    ドキドキしながらも逝ってしまい、
    そのあとも5人がかりで犯され続けました。

    この日は8人に膣内に射精され
    家に帰るときには精子があふれるくらいでした。

    このレイプ生活は病み付きです。

    誰かまた私を犯して妊娠させてください。


419  私は@レイプされました。 - 2013/10/02(Wed) 06:56 No.23519
    酒井博文死ね


420  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 05:53 No.23517
    このオレ様、酒井博文は女子高生を強姦したことがある。
    場所は鳥取県の鳥取市内。
    オレが犯した女子高生は、芸能人に似ていた。確か、「AKB の柏木由紀」に似ていた。


421  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 05:48 No.23516
    このオレ様、酒井博文は山口組の極心連合会の構成員と交友関係がある


422  酒井博文 - 2013/10/02(Wed) 05:45 No.23515
    このオレ様、酒井博文は鳥取県内にいる、山口の暴力団員と交友している。


423  元保育士 - 2013/09/21(Sat) 13:41 No.23351
    27の元保育士です。前働いていた保育園でレイプされました。
    1年前のあの日は私が最後まで園にいたんです。
    そして夜の9時を過ぎていたのを覚えています。私は自分の机で明日の準備をしている時急に職員室の電気が切れました。廊下の電気も切れていたので周りの灯りは外灯だけになり私がビックリしている所へ人が職員室に入ってきたのが解りました。

    そしてその人達は部屋に入るとすぐ私を捕まえようとしていました。

    その後どうなったのか解りませんが私は必死に逃げようと暴れていましたが体の大きい男に押さえられれば逃げる事もできませんでした。
    その後一瞬だけ沈黙があり私の周りには男が二人いて私の聞き覚えのないの言葉で話している(在日の外人?)のが解りました。そして、その後一人の男が私のズボンを下ろそうとする時私はこれがレイプだと認識したんです。

    ズボンやショーツを脱がされながらも私は足で抵抗しましたがすぐに足も押さえられると何も着ていない下半身に男は顔を埋め唾液でベトベトにしていきました。
    もう一人の男はそんな私に何か話し掛けて来ていましたが私には解りませんでした。
    そして私が身に着けていたエプロンを外し上着のジャージのファスナーを下ろすとTシャツの中へ手を入れてきました。

    しばらくTシャツの中で私の胸はもまれていましたが、男はナイフを取り出すとTシャツとブラをナイフで切り裂いていきました。切り裂かれる時私はすごい恐怖感を感じ気が狂いそうになりました。“何をされてもいい命だけは…”とも思ったのも本当です。

    Tシャツが剥ぎ取られると上着のジャージが手首に巻きついていて露になった胸を男達はもんだり舌で舐られていました。私は閉ざされた口でただ泣くしかありませんでした。そして一人の男が裸になると私の体の上にのり私の体の中へ入ってきました。
    私の男性経験なんて片手で数えれる位しかありませんでした。
    決して快楽ではないのですが、いままでと違う感覚が大きく開かされた足と男の動きで犯されている事を教えてくれているみたいでした。

    私は始め目を閉じながらも男達の動きが解りました。両腕をもう一方の男に押さえつけられ思うように動けません。
    はじめ体の中でゆっくりと動いていたものは徐々にその動きが激しくなってきました。私の中に出そうとしているのが分かりました。「あぁっ、だめっ・・・お願いっ・・・中はやめてっ! あぁんっ・・・出さないでぇ!!」
    次の瞬間っ! 私の膣の中で男のオチンチンがビクンッビクンッと脈打つのがハッキリ分かり・・・。ピュピュッと熱いものが・・・。
    「いやぁっ!・・・あっ、あっ・・・出てるっ・・出てる・・・ひどい・・・ひどいよ・・・いや・・・」男は気持ちよさそうな表情を浮かべていました。
    かいい 急に動きが止まったかと思うと私の中に熱い排出液が入ってくるのを感じました。
    男は搾り出すようにブルブルッと私の子宮の入り口までオチンチンを押し込んできました。子宮の中に直接精子を流し込まれた感じ・・・。
    「(妊娠しちゃう・・・)」

    男が私から離れると私は仰向けで横を向き涙が耳の方へ流れ、放心状態になっていました。
    気がつかないうちにジャージも脱がされていました。
    そして私の口の中にはもう一人の男のものが入れられていて吐く様な感覚に襲われると同時にまた我に返ったような気がします。
    もう一人の男は職員室の床に寝てると私を男の上で跨がせようとしました。私が男達の言い成りになり、起き上がり跨ぐごうとした時、私の体からさっきの男が残していった物が太股を伝っていきました。

    再び男が私の体の中に入ると跡が付く位、腰を強く握られ力任せに私の腰を動かされました。
    この後、何をされたのか良く覚えていませんが結局、激しく突き動かした後に男は私の上に乗ったまましばらく休むように動かなくなり少し経ってから私の体から離れていきました。

    男達からの行為はこれで終わりませんでした。
    私は泣きながら寝てしまっていました。起されると再び男達のものを銜えさせられそしてまた男の上に跨りました。
     でも今までとは違っていました。もう一人の男は私の大きなお尻から私の中へと入れてこようとしたんです。
    私は嫌がりましたが強引に入ってきました。そしてしばらくこの体勢のままレイプされ最後は二人とも体の中に体液を残していきました。
    男達が去り私は裸で暗い園内の保健室で体を拭き落ちていたジャージを来て帰りました。


424  セレ - 2013/09/14(Sat) 16:18 No.23182

    昨日友達の家に遊びに行きました。

    その時にあった話です。


    まず、一週間前の土曜日
    私は補習授業のため学校へ行きました。

    学校であったわけではありません。

    その帰り道は午後補習にプラスして
    部活があったので帰りは8時ごろでした。

    地方の電車のためその車両には
    私一人しかいませんでした。

    しかし、人が
    駆け込み乗車してきました。

    びっくりしてそちらを見ると
    若い二十代くらいの男性でした。

    目があったので軽く会釈をしてケータイに
    目を戻しました。

    しかし、その男性が
    どこ高なの?
    何年生?
    と聞いてきたので
    たわいもない話をしていました。

    少し慣れてくると、
    下ネタもかけられるようになっていました。

    最初はうけながしていたのですが、
    無視していると思われるのも少し嫌だったので
    少し話すようになっていきました。

    それでOKと思ったのか
    だんだん体に触るようになっていきました。

    どこで拒否していいのか分からず
    抵抗できませんでした。

    ヤバいと感じた時には
    パンツの上からおま〇こが触られていました。

    オ〇ニーしか経験のなかった私は
    めちゃくちゃ感じてしまいました。

    ひたすらクリトリスを責めてきました。
    いきそうになると
    やめられてしまい限界に達してきたとき
    自分が下りる駅に到着しました。

    下りるのかぁと感じた時正気にもどりました。
    何も考えずに相手を蹴って逃げました。

    逃げている途中金曜日楽しみだね!

    そういわれました。

    金曜日は友達の家に行くはずでした。
    もちろん、金曜日は駅には行きませんでした。

    しかし、駅に行かなくてもその
    男の人に会ってしまうのでした。
















    友達の家につくと
    その男性がいらっしゃいと言ってきました。

    昨日は何もされませんでしたが
    メモを渡されました。
    そこにはここにメールしてね…。

    と書かれていました。





    どうしていいかわからずここに投票させていただきました。


425  美桜 - 2011/07/16(Sat) 20:47 No.17079
    彼とウチがHをシてるときウチがイッテも彼はやめない。
    彼がイったらウチにバイブを入れる。
    彼は外したら美桜にもっと気持ちい事をいっぱいヤってやると、言う。
    そんな事をされたらオカシクなちゃうウチは1時間イき続けた。


426  リン - 2011/09/02(Fri) 20:28 No.17309
    レイプって怖いね・・・

    でもやられてみたい///

    sexとかゎムリだケド
    手マンとかなめたりしてもらいたい&#9825;


427  智美 - 2012/02/09(Thu) 15:40 No.18190
    この間アルバイト仲間達と飲みに行きました。先輩達は大学生。
    私たち高校生三人と合コンみたいでした。
    飲み慣れないお酒の所為で気分が悪くなった私をNサンが送ってくれることに…車で無防備に寝てしまった私。
    気が付いたら彼の部屋。襲い掛かられました。三人がかりでした。キスされ服を引き裂かれ無理矢理入れられてしまう私。
    代わる代わる何回も。しゃぶらされたりいやらしいことを言わされたり朝まで犯され続けました。
    家には嘘のメールをさせられ、処女だった私が自分から欲しがる迄嬲り続けました。その様子をビデオに撮られそれから奴隷扱いです。
    好きなときに呼び出され犯される毎日。
    もう好きだったあの人に告白もできないほど汚れてしまった私。


428  miyu - 2011/03/30(Wed) 15:42 No.16501
     中2のときにレイプされました。中間テストの勉強で遅くまで起きていたとき。両親は親戚の結婚式でいなくて、下の部屋で弟が寝ていました。鍵を閉め忘れた窓から入ってきた男が私が勉強している部屋に入ってきて、口をふさいで胸を触ってきました。驚いたんですが怖くて声も出ませんでした。服を脱がして私をブラにして、ブラの上から胸を触って着ました。そしてスカートも脱がせて着ました。当時まだブルマーをはいていたので男は「ブルマーはいてるのか」といって興奮して、顔をこすり付けてきました。その後、下着だけにされてブラをとってすごく胸をいじられました。何度も胸を据われてなめられて、おかしくなりそうでした。パンツを脱がし去れた後は、足を開かされ、私のあそこを何度もいじってきました。そして、私の中にインしてきました。もちろん中に出して。最悪の出来事でした。


429  香織 - 2013/09/03(Tue) 20:05 No.22811
    兄に犯され妊娠、子供は育たないと言われ


430  あやぽん - 2010/09/05(Sun) 11:35 No.14244
    つい最近。
    バイト帰りに近道の暗い道を通って家に帰ろうとして、
    いつもはいないはずのヤンキー集団がその道をふさいでいました。
    怖かったけど早足で通り過ぎようとした瞬間!
    ある男に足を引っ掛けられ、転んだ私の制服をビリビリとやぶり、ボスだと思われる大男が「小石をできるだけ集めて来い」と命令しました。
    全身裸にされた私は、ヒモかなになで縛られ身動きができず、何が起きてるのかも分かりませんでした。
    ボスは私の胸に触りブツブツ言ってます。
    まだ我慢できました。
    子分たちが小石を集めてきた頃。
    ボスは私のアソコに手を!
    びっくりした私は思わず又を閉め、彼の動きを封じました。
    でも、力ずくで入れてきたので私はどぉにもできず。
    仕舞いにはアナに小石をつめられました。
    「大丈夫 小便しときゃ」
    といってその集団は去っていきました。
    私はとても痛くて、親と一緒に病院で、石の摘出手術をしました。


431  えりな - 2013/09/06(Fri) 13:28 No.22976
    激しくオナニーなうです。毎日犯される事をしながらオナニーしてる21歳です。おしっこ溜まってて漏らしそうなうです。


432  私は@レイプされました。 - 2013/08/09(Fri) 15:59 No.22706
    (>_<) 久しぶりにテレクラで男と会って食事したんです。7あげるって言うからホテルに行ったんです。部屋にはい入って私が先にシャワーを浴びて出るといつ来たのか全くわからなかったけど、奴の仲間が二人居たんです!!
    やばいって思って バスタオル姿服とバックを持って逃げようとしたけど簡単に捕まってしまい奴らが持っていた鞄から紐を出して、二人掛かりで私のタオルをはぎ取り、押さえ付けられて足首と手首を縛られてベットにころがされました。

     三人に乳首、アソコ クリ お尻 太股 唇など全身を弄ばれて次第に感じさせられて、悔しいけどグチョグチョに濡らされました。それから淫乱女とか変態女とか普通のエッチじぁ満足できないんだろ?とか言われて アソコとアナルにローター入れら乳首とクリにクリップ付けられてベットに放置されました。

     痛いのと気持ちい感覚に苦しんでる姿をカメラで撮影までされました。しばらくしてから一人がこっちに来て、もう逝きたいだろ? おねだりしてみろよ?言われて 恥ずかしい事沢山言わされアナルのローターだけ抜かれ、替わりにチン入れられて激しく突かれ 痛いけど気持ち良くて声まで出してしまいました。


     やがて奴に中で逝かれてしまい変な感触がしました。二人目には、アソコに入れられてまた中で逝かれ、後ろも前もドロドロにされ私も逝かされました。三人目は、私の口に入れてきて頭を押さえて激しく腰を振られ口に出されました。ちゃんと味わって飲めよ?って言われ たけど、何でこんな奴らに犯されなきゃならないのかって思ったら悔しくて悔しくて。

     飲んだ振りして奴の顔に吐き出しやったら 「何すんだ馬鹿女って ビンタされ お前自分の状況分かってんのか? もっとやられたいんか? もっと辛い目に合わせてやるよ」 私は縛られたまま部屋の入り口の前に運ばれて、近くに合ったソファーを扉の方に向けて さらに縛り付けられました。

    「10分後にルームサービス呼ぶから しっかり見て貰えよ! そうだもっと良く見えるようにしてやるよ」って 私のアソコの毛も剃られてました。「じぁ俺たち帰るからな パイパンちゃん。あとこれ 貰ってくからな」ってコート以外の服を全部もっていかれました。


433  - 2011/11/17(Thu) 15:07 No.17869
    いとこに初めてレイプされたのは高1の時、私はそれ以来、いとこの奴隷となり、彼氏を作るところか、結婚も出来ないでいる。
    彼氏を作れば「写真をバラまく」と、脅され、別れさせられる。
    お見合いしても同様で、私はいとこ以外の男を知らない。
    農作業の合間の短い時間に、無理矢理レイプされた。濡れてない私のまんコにいきなり挿入され、
    余りの激痛に大声を出したけど、誰にも助けて貰えず、また、いとこも最後にお腹に出すまで辞めてくれなかった。
    それ以来、農作業の合間に私はいとこにレイプされ続けている。


434  みき - 2012/03/26(Mon) 14:43 No.18537
    思い出したくない私の体験の続きです。寝てしまった私は男達が再び私を触り出した感触で目が覚めました。気がつくと又男達は5人いました。私は男達に自分の部屋の風呂場に連れていかれアソコを洗われました。そして再び自分のベットで男達に囲まれました、目の前にギンギンのペニスが5本あり私の喉の奥まで次々挿入してきました、苦しくて涙がでました、その後私は男達に次々挿入され、熱い体液が私の中に次々射精されました。2回づつ犯された後私の部屋から男達はTバックの下着を私にはかせその横から再び挿入してきました。抵抗しましたが無駄でした、子宮めがけて次々射精されました。私は明日病院にアフターピル取りに行かせてと泣きながらお願いしましたが男達は私にみきは又俺達の種で孕ませるんだ、今度はおろせなくなるまで監禁だ〜と言われました、それから毎日犯され続けて生理は来ませんでした。孕らんだ私に男達は更に子供が流れないようにとアナルをせめてきました。経験のないアナルに毎日何回も挿入され必ず精液を飲まされました、今も俺達に監禁されて毎日犯され続けてます。おろせない時期まで男達は私を解放しないと言ってます。私も最近、どうされても仕方なく思います。あの夏の日で私の運命は男達の玩具になる運命だったと諦めました。子供を産んだ後私はどうなるか分かりませんが男達の欲望はきっと無くならないと思います。こないだ中国人と偽装結婚させて死ぬまで犯してやるとか言われました。又私の今後を投稿します〜投稿が途絶えたら死んだか売り飛ばされたと思って下さい。


435  園子 - 2013/07/27(Sat) 18:43 No.22668
    私が大学に入った時、大学の近くは家賃が高かったので、電車で少し離れた駅前か、駅から離れたオートロックのところかで悩んだんだけど、
    夜遅くなった時、駅から歩くのは怖いと思って、オートロックじゃないけど、廊下もたくさん並んでるドアも外から見渡せる駅前の部屋に決めました。
    雨と風が強かったある日、大学に行くのに部屋を出ようとした時、廊下にしゃがんでタバコを吸っていた雨ガッパの人に押し入られてしまいました。
    いきなり、手袋をした方の手で私の口を押え、両隣は留守なのは分かってるんだ、体じゅうに根性焼されたいか、ゴルァ!って感じで。
    そして、おなかを殴られベッドに押し倒されたんです。服を引きちぎるように脱がされて、フードで覆面した見ず知らずの人に何十分も胸をもまれたり、
    フードの隙間から出した唇でなめまわされ、フードの中から聞こえる犯人の激しい息遣いや汗が垂れてくるという異常な状況で、恐怖の中なぜかうっとりしてしまい。
    感じてんじゃねーよ、ゴルァ!という声とともに、大切なところに犯人の指が。そして、ついに犯人は固いものを入れて腰を振り始めました。
    中出しかザーメン飲むのと、どっちがえーんや!3回も寸止めできんぞ、早く決めろや!
    妊娠が怖かったので、中出ししないようにお願いすると、フェラチオさせられ、しばらくで口の中で出され、吐き出してしまったのですが、
    オラ、ちゃんと飲めや、ゴルァ!と言われ、口の中の残りを飲まされてしまいました。犯人は私のバッグからカードを取り出し、
    カッパのポケットから出したタバコに火をつけたと思ったら、暗証番号教えるや!根性焼に比べりゃ安いもんやろ!それとも乳首噛み切られたいか、ゴルァと脅されて、
    結局、犯人に教えてしまいました。そして、私をリュックの中から出したガムテープ縛ると、カッパのフードを被ったまま、近くのコンビニでお金を引き出して、また戻ってきました。
    もう一回ベッドで犯され、今度は中出しの後、私に精液や汗が付いた服やシーツを洗濯させました。洗濯が終わると、犯人は初めてカッパを脱いで、裸になりました。
    犯人の素顔を睨み付けてやろうとしましたが、頭に被っていた目出し帽を下ろして覆面したので、結局顔は見れませんでした。
    最後に、バスタブの中で中出しした後、中までシャワーであらわせた後、やっと、犯人は部屋から立ち去りました。すぐに警察に届け出ましたが、
    レイプのことは言い出だせませんでした。カッパのボタンのあたりに隠しカメラを仕掛けてあったみたいで、サツにはちくんよ、世界中にばらまかれたくないだろ、
    って脅されてたからです。警察から、現金を引き出すカッパのフードを被った犯人の写真を見せられた時には、恐怖と怒りがこみあげてきました。


436  rui - 2010/08/18(Wed) 20:44 No.14032
    彼のマンションで友達3人と焼き肉パーティーをすることに。このメンバーなので、多少予感はしていましたが・・。

    おいしく食べ始め盛り上がってきた頃、友達の一人が「何か物足りないよね」と言い始めました。ruiは、ハッとしたのも束の間、「そうそうあれがないとダメだよね」と別の友達。

    次の瞬間 ruiは目隠しを誰かにされました。

    この前もいったとおり女友達は自称女Sです。ruiを快楽に狂わせることが大好きなんです。焼き肉のテーブルの横にあるベッドに寝かされました。あっという間に服を脱がされ、ruiだけ全裸。生まれたままの姿に・・。そして「今日はマングリ返しだよ」という一人の声で、両足を開いたまま持ち上げて曲げられ両肩の両サイドで固定されました。ruiの体は結構柔らかいんです。もうすべてが丸見えです。恥ずかしい。それなのに、誰かがおしりに両手をあてて、さらに左右に広げるんです。他の子たちがそれを覗き込み「わーすごい もっともっとと言って、じっくり時間をかけて観察され、もう頭の中は真っ白になりました。

    「ルイはね、羞恥心と被虐を快感に消化してしまう典型的なマゾなんだよ」と彼が解説しはじめました。「小学校の頃からいたずらされてて、それに目覚めたんだ」

    「せっかくこんないい恰好にしたのなら、俺がすべての穴を攻めて狂わせてあげるよ」

    彼はローターをテープでクリに固定し、バイブと指と細い筆を使って傷つけないように丁寧に、でも激しく尿道まで刺激され、友達が見つめる中何度もイカされました。

    その格好のまま放置され、ルイ以外は、また焼き肉を食べ始めるんです。

    食事が終ると、一旦は解かれて違う形にまたロープでがんじがらめに。右の腕と右膝 左の腕と左膝を縛られてみんなに開脚したまま、また放置。その前でみんなはトランプをはじめるんです。恥ずかしい、本当に。でもルイは、すでにそんな事がたまらない体になっているんです。


437  OL - 2012/02/01(Wed) 14:49 No.18142
    友達と飲んだ夏の夜の帰り道、私はほろ酔い気分でスクーターを走らせていた。「近くだし大丈夫だよね」でも、左折した瞬間、対向車線に白バイが!
    「やばー…」案の定、白バイはUターンして追い掛けてきた。
    若い警察官が威圧的に近付いてくる。「お前飲んでるな!?」
    「すいません…」私は自分のしたことと警官の口調に怖くなって、涙がにじんできた。
    「未成年じゃないな!?免許見せて!通行の邪魔だからこっちへ!」
    言われるままにすぐそばの公園に引っ張られてゆく。「ごめんなさい…見逃してください!免許がなかったら仕事できないし…」
    「見逃す?何言ってんだ?しかもこんな時間にそんな格好でふらついて…」私はその時暑かったから、キャミにミニスカートという無防備な姿だった。怖くて情けなくて、ただ震えながら謝り続けていた。
    若い警官も私が泣いているのを見て、まだ慣れてなくて緊張しているのか、ごくりと唾を飲み込む音がした。
    警官は一見事務的に切符にペンを走らせていたけど、ふいに懐中電灯で私を照らした。
    「…!?」眩しくて目を閉じた瞬間、すごい力で腕をつかまれ引きずられた。
    抵抗する間もなく、トンネル型の遊具の中に押し込まれる。両手を上にあげさせられ、冷たい金属で固定された。
    「これって手錠?」そこでやっと自分がされていることがわかった。
    「お前がそんな服着て挑発するからだよ!見逃してもらいたかったらおとなしくしてろ!」
    警官はキャミをたくしあげると乳首を舌で転がした。
    私は恐怖でされるがままになっていた。警官の舌がお臍を伝って下のほうに移動していき、スカートをまくってショーツの上から何度も激しく舐めあげられた。「んっ…あっ、やだ…」
    恐怖と悔しさで泣きじゃくりながらも私は声を出してしまった。警官はじれったそうにベルトをはずすと、ショーツははいたまま横にずらし、固くなったものを荒々しく挿入してきた。
    「あっ、あっ、やめてっ…」犯されているのに声が出てしまう。
    「感じてるのか?見逃してやるんだからもっと声出せ」「でかい胸見せて挑発しやがって」「体使って見逃してもらいたかったんだろ」警官はそんなことをつぶやきながら、乳首をいやらしく転がしたり、ディープキスしたりしてきた。
    私は気絶しそうなくらい怖いのに、体はこれ以上なく感じまくっていた。警官の動きはどんどん早くなっていく。
    「おらおら、イクぞ!」「あんっ、い、いっちゃううっ」私がイクのを見届けると、警官はオチンチンを抜いて、胸の上にたっぷりと吐き出した。
    呆然としている私を後ろから抱き寄せ、髪を撫でながら耳元で囁いた。
    「免許証は確認したからな…明日もこの時間ここに来るんだぞ…」
    若い警官に犯されたあの日から、私は毎晩のように体をもて遊ばれ続けていた。
    怖いしくやしいのに、心のどこかでは快楽を求めちゃってる自分がいて、わざと服も露出が高いものを選んで着て行ったりして、もしかしたら自分は変態なのかなって思ったりした。
    今夜もあの公園で待っていると、警官が乗った車が近づいてきた。
    よかった、今日は外じゃないんだ…でも車の中だったらもっといやらしいことされちゃうのかなって思うと怖いような複雑な気持ちで、私はうつむいて車に乗り込んだ。
    警官はいつもと違って私服で威圧感がなくって、私はほっとした。
    「今日もちゃんと来たね、いい子だね」
    警官はそう言いながら、私のミニスカートの下の太股をいやらしくなでた。
    そのまま車を走らせながら、警官はズボンのチャックをおろすとアレを私に見せつけた。
    「わかってるね?」
    私は一瞬戸惑ったけど、素直に言うことを聞かないと後でひどいことをされるんじゃないかと思って、黙ってフェラチオをはじめた。
    警官のモノはもうすごく固くなっていて、フェラを始めたらさらに大きくなった。
    「うっ…いいぞ…」警官は待ちきれないといった感じで、街のはずれの林の中に車をとめた。
    助手席のシートを倒されて、服は着たまま大股開きにさせられた。警官はそれがお気に入りなのか、私の片手に手錠をはめて、車内の手すりに固定した。
    「そうゆう格好がよく似合うね…」耳元でささやきながら、太股やあそこのまわりをくすぐられる。Tシャツとブラをめくりあげらるて、胸の谷間に警官がアレをはさんできた。
    わしづかみにされて何度もこすられる。痛くて涙がにじんできた。
    私が泣いているのを見ると警官は嬉しそうにショーツを途中までおろすと、あそこを指でいやらしく開いて、用意してあった懐中電灯で照らした。
    「もうグチョグチョだね。きれいなピンク色だよ」
    そう言いながら舌の先でクリをつついたり、穴に舌をつっこんだり、オチンチンの先をクリにこすりつけたりしてきた。
    「あっ、ああんっ…お願いです…もう許してください…」口ではそんなこと言ってても、あそこはこれ以上ないってくらい濡れまくっていた。
    警官はいやらしい笑みを浮かべながら、携帯のカメラで私の感じまくっている姿を撮影していた。
    「自分でオマンコ開いて、オチンチン入れてくださいって言ってごらん」「いやあっ…」「言えないならこないだの違反は見逃してあげれないよ」
    警官はもうオチンチンの先っぽをちょっとだけ入れたり出したりして誘っている。早く入れていっぱい突いてほしい…!毎晩のようにいやらしいことをされて、もう体は敏感になりまくっていた。
    「お巡りさんの…オチンチン…私のオマンコに入れてくださいっ…」
    片手でオマンコを開いてあえぎながら言うと、警官は満足そうにオチンチンを奥まで突っ込むと激しく突いた。
    「嫌がってる顔もかわいいね」「もう何回も出し入れしてるから二人は恋人同士だね」
    警官はいつもの威圧的な態度じゃないかわりに、色々と気持ち悪いことをねちっこく言いながら責めてきた。
    「オマンコ気持ちいいですって言ってみろ」「んっ、やぁっ!オマンコ気持ちいいっ…」「チンポ大好きです」
    いやらしい言葉を言わされているところも、ぜんぶムービーで撮られていた。
    「あ&#12316;気持ちいい、出すよ」そう言ってオチンチンを抜くと口に突っ込んできて、一滴残さず全部飲まされた。
    今度は後ろ手に手錠をはめられて、胸をもんだりクリをいじられながらバックで激しく突かれた。
    屈辱的な格好なのに気を失いそうなくらい感じてしまう。
    その後も私が上になって腰を振らされたり、明け方まで何度も体位を変えて犯され続けた。
    「罰金分の奉仕をしてもらうからな」顔や胸や、体中をザーメンだらけにされてぐったりしている私の耳に、警官の声が悪魔のように聞こえた…。


438  直子 - 2010/12/13(Mon) 17:11 No.14764
    公団住宅に住んでると狙われやすいんですか?私は主人と5ヶ月になる娘との3人で公団住宅に住んでるんですけど、
    ここ1ヶ月の間に2回も訪問販売の人にレイプされてるんです。あまり近所付き合いをしてないんで、
    昼間はお散歩以外はよく部屋にこもってる事が多いから、訪問販売の人に狙われやすいんでしょうか。
    最上階だから安心して玄関のドアを風通しをよくするために開けっぱなしにしてるんですけど、
    そこへ訪問販売の人に来られるともう対応するしかなくって、いつも押しきる事が出来なくて部屋に通してしまうんです。
    ガツンて言えない性格だし、すぐ口ごもってしまうんでいつもこういう時は困ってます。だからって、
    それだけでレイプされなきゃいけないって事ないですよね!でも彼らは話を販売の話から私の事や夜の事に変えてきて、
    ニヤニヤしながらイヤらしい話をしてくるんです。私がどう返答したらいいのか分かんないでいると、楽しみましょうよとか言ってきたり、
    おもむろに胸や太ももを触ったり撫でてきたりするんですよ。私、すぐあたふたしてパニクっちゃって、だから都合いいんでしょうか、
    なんか私が怒ったり反発しないからいいようにされてしまってる気がして。すぐ帰って欲しいのに玄関のドアや窓ガラスを閉められて勝手にエアコンのスイッチを入れられます。
    まるで自分ちのように振る舞われてそれだけで不満なのに、私を押し倒してきて無抵抗で弱い私を裸にしてセックスをされてしまうんです。
    娘に何かあってはいけないと思うし、怖いから言うことを聞いているだけでその気になってる訳じゃないのに、まるで自分から求めてきてるとか言われるのは心外です。
    私はただ早く終わって欲しいと願っているだけなんです。気が済めば終わってくれるだろうと思うから言うことを聞いているだけなんです。
    それなのになかなか終わってくれなくて2時間も3時間も居座られてしまうなんて… 2回目に来た訪問販売の人らも手口は一緒でした。
    人間も売ってる物も会社の名前もみんな違うのに手口が一緒なんです。どうしてでしょうか。2回目なんて1回目よりも時間が長くて、
    夕方までいられたんですよ。途中で娘がお腹がすいて泣き出してしまい、彼らが見てる前でおっぱいをあげました。
    そうしてる時にも後ろから挿入されてしまうなんて… 娘にまで手を出そうとは思ってはいないみたいでホッとしたけど、
    でもまたいつか3回目があったりしたらどうしようって不安でいっぱいです。もう玄関は閉めてます。


439  河太郎 - 2013/08/31(Sat) 17:25 No.22757
    主人が知らぬ間にした借金のかたで私はレイプされました。それも3人の巨大なペニスで一晩中やられました。こんな悔しい事はありません。何時か主人に仕返しをと機会を狙っています。皆さん、主人に仕返しいい方法が有ったら教えて下さい。
    でも主人より気持ちが良かったので許せるかな。


440  裕美 - 2010/08/17(Tue) 22:31 No.14022
    居酒屋のトイレで犯されました。男女兼用ってありえないですよね。
    ビルの中にあるんですがトイレがちょっと奥まってて、一応、他の人が入ってるかいないかを確かめたんだけど。
    入ろうとしたら背中を押されて鍵がガチャンと。狭い中、見知らぬ男と二人に。
    布を口に押し込まれて、後ろ手に抑えられていきなりパンティを下ろされてしまったのです。
    便器の蓋に顔が付きそうなほど頭を下げさせられスカートをまくられて、そのまま挿入されてしまいました。
    「騒ぐと誰か来てこんな姿見られてしまうぞ、恥かくのはお前だぞ」と言われたら声が出せなくなりました。
    でも、誰かが来てくれれば、この男は私から離れるだろうという思いと、
    こんな恰好を同僚や他のお客に見られたら明日から会社には行けないと交互に頭をよぎりました。
    男は短時間で済ませようとしてるから思いっきり突き刺してきました。あまりの衝撃に嗚咽が漏れてしまいました。
    男は白い液体を服の上から私にふりかけ、何事もなかったように外へ。あっという間の出来事に呆然と、恐怖でその後失禁してました。
    衣服を直し、汚れ、濡れた服をハンカチで拭きとり、席には戻れず、店員にはちょっと携帯で…と外に出ますみたいなことを告げて外へ。
    そのままタクシーで家に逃げるように帰りました。
    携帯で同僚に気分悪くして帰ったと連絡して。悪夢でした。誰にも相談できません。


441  名古屋のレイプ男 - 2013/09/04(Wed) 06:59 No.22855
    レイプしたい、さわがなければ、この前みたいな中学生みたいに殺さないから


442  - 2013/07/25(Thu) 09:30 No.22660
    私は、いつ処女を失ったか覚えていません。
    小学校の時、私は近所の公園である人に性処理をさせられていました。
    両親が共働きで昼間は家に一人で居る事が多く、私はいつも近くの公園に
    出掛けていたんです。
    その公園は河原と隣接していて、かなり大きな公園でした。
    奥の方には雑木林があり、いつの頃かブルーシートと段ボールで作られた家が
    建てられていたんです。(まぁホームレスですね)

    その日、私はいつもの様に公園の遊具で遊んでいると、おじさんが近寄って来て
    ”お菓子あげ様か?”と言うんです。まだ何も知らない私は、おじさんに付いて行き
    御菓子を貰って喜んでいたんです。
    そんな時、おじさんがズボンを脱ぎだしチンチンを出して口元に近づけて来たんです。
    ちょっと記憶も薄れましたが、多分凄く変な匂いがしていたと思います。
    御菓子を貰った事で、断る事も出来ない私はおじさんに無理やり口に入れられ
    しかも、舐めさせられたんです。
    ”噛んじゃ駄目だよ!アイスを舐める様に、優しくペロペロするんだ”
    おじさんは”う〜あ〜上手い・上手い”と言うと、”今度はお嬢ちゃんのを舐めて挙げよう
    と言い出し、私の服を脱がせ始めたんです。
    おじさんに言われるまま、テーブルに横にされ大股開きで寝ていると、おじさんがオシッコ
    が出る所をペロペロと舐め出し、指でくりくりするんです。
    ”お嬢ちゃんも気持ちいいのかな?”と言いながら指を見せて来たんですが、糸を引いている
    感じでした。私はそれが何か全く分からないまま、おじさんの指を中に入れられ、多分処女を
    奪われたと思います。正直痛かったか?記憶が薄れて覚えていません。

    それから、私は毎日の様におじさんに声を掛けられ、おじさんの小屋で共に過ごす時間が
    増えていました。
    おじさんは必ずチンチンを咥えさせると、私を裸にしておマンコを舐めて来ます。
    そして濡れた所で、指を出し入れし最後は、おじさんのおチンチンを口に入れて何かを
    飲まされていました。(精子ですね・・・美味しくなかった)

    その事は家族には言う事は無かったんです。おじさんが”絶対言うんじゃないよ”って
    いつも口癖の様に言っていたし、おじさんに舐められるのが気持ち良くって、癖になって
    いた様に思います。
    おじさんと遊び出して、半年も過ぎる頃にはお尻にも指を入れられたり、変な道具を
    付けさせられ、一緒に公園で遊んだりした事を覚えています。
    お尻はウンチが漏れそうな感じで、初めは嫌だったんですが、いつからか?指が2本3本と
    入る様になり、変な気持ちになって家でも触る様になっていました。
    いつからか、おじさんの家に行くと他にも2人位が居て、私は3人のおじさんのチンチンを
    舐めさせられ、おじさん達に体中舐められていました。
    その頃には、マンコにもアナルにもおチンチンを入れられていたと思います。
    正直、私も気持ち良くって自ら望んで通っていた様に思えます。

    そんな暮らしが1年以上続いたある日、おじさんは突然居なくなりました。
    中学に入る頃には、おじさんの性処理をさせられていた事を認識し、誰にも言えない秘密
    になっていますが、正直おじさんが居なくなってアソコが淋しくて仕方が無かったんです。

    あれから20年が過ぎ、私は人妻です。
    でも、旦那では当時の気持ち良さが味わえない今日この頃です。
    最近、家の近くの公園に懐かしいブルーシートの家(ホームレス)が出来たそうです。
    まさかとは思いますが、おじさんだったら・・・・そう思うとアソコが疼いてしますんです。


443  人妻 - 2013/09/13(Fri) 14:11 No.23108
    これは最近起きた出来事になります。

    私は夫とその友人3人で、キャンプに出掛ける事になりました。
    夫の友人がアウトドア派で、ちょくちょくキャンプをして楽しんでいると言うので、
    今回、私達夫婦も誘われたんです。
    現地に着くと、夫の友人が手を振りながら合図してくれていたんです。
    車を誘導先に停め、初めて会う夫の友人に挨拶を交わすと”こっちだよ”と案内されました。
    見晴らしの良い場所で、キャンプ場の直ぐ脇には小川も流れていて綺麗な場所でした。
    夫の友人に案内された場所には既に他のメンバーも来ていて、既にテントやテーブル・椅子など
    もセッティングされた後だったんです。
     上田:「全員揃った所で、自己紹介と行きますか?」
    それぞれ自己紹介が始まり、夫の友人は”上田さん・伊藤さん・日下さん、それに日下さんの彼女の
    ミキさん”の4人だったんです。
    夫も私をみんなに紹介してれて、皆さん感じの良い人達でした。

    昼間は、キャンプ場付近を散策したり川に入って涼んだりと初めて会う人達とは思えない程、
    打ち解けられる時間でした。夕方になると、上田さんが夕食の準備に差し掛かったんです。
    キャンプと言えばバーベキューと言った感じで、火を起し鉄板を温めると色々な具材を焼き始め
    たんです。辺りも薄暗くなり、良い匂いが漂い始めると”じゃ、乾杯といきますか?”と用意していた
    ビール配り夕食を食べ始めました。
    夫を初め、皆さん昔話に花が咲き、大盛り上がりでした。
    夫も普段のストレスから解放された様にビールを次々と飲み干していました。
    始まって2時間も過ぎると、夫はグタグタに酔い潰れ椅子にもたれ掛かった状態です。
    日下カップルも酒の勢いからベタベタしていました。
    そんな時です。
     上田:「ねぇ、肝試しを兼ねて、池の畔を一周してみない?」
     伊藤:「いいねぇ!丁度酔い冷ましにもなるしね」
     日下:「俺達はいいよ!こいつも行けないだろうし・・・」
     上田:「そうだなぁ!美雪さんは行きますよね?旦那は、もう駄目そうだけど・・・」
     私  :「えぇ〜いいですけど・・・」
     上田:「じゃ、肝試しって言うか?散歩だね!3人で一回りして来ようか?」
     
    そんな事から、私は上田さんと伊藤さんと一緒にキャンプ場の裏手にある池の畔を散歩する事に
    なったんです。
    歩き出して間もなく、”そうだ!ちょっと待ってて”上田さんが小走りにテントの方へ向かって行き
    やがて戻って来たんです。
     上田:「ハァハァ、イヤ〜参ったよ!日下の奴、彼女とイチャイチャしながらキスし始めたんだ」
     伊藤:「あいつ!それが目的で来なかったんだなぁ?」
     上田:「まぁいいさ!裏からそっとテントに入って取って来たから・・・旦那そんな中爆睡だったよ」
    夫の事も気になりましたが、そんな場所に戻れる筈もありません。
    上田さんに着いて行く様に池の畔に歩き出したんです。

    ”ガサガサ”
    驚いた私は、思わず上田さんに抱きついてしまいました。
     上田:「何でも無いですよ。大丈夫」
     私  :「ごめんなさい」
    湖畔の丁度半分位まで歩いた所で、湖畔向きに設置していたベンチに腰を下ろしたんです。
     上田:「ちょっと待ってて」
    上田さんが湖畔近くの水際に向かうと”カチャカチャ”と何かをしている様子でした。
    そして、その場から戻る様に私の傍に来ると同時に”シュ・シュ〜”と勢いよく花火が噴射したんです。
     私  :「綺麗」
     上田:「みんなで楽しもうと思ったけど・・・奥さんが喜んでくれればいいか!」
     伊藤:「何だよ!こんなの用意してたのか?」
     上田:「もっとあったんだけど、日下が気になって少ししか持って来れなかったんだ」
     伊藤:「じゃ、俺が戻って持って来るよ。日下の方も気になるしなぁ」
     上田:「いいよ!邪魔するなよ」
    小走りに伊藤さんがテントに向かって行く中、上田さんは残りの花火に火を付け私に見せてくれたんですが
    水辺に反射した花火も凄く綺麗だったんです。
     私  :「何だか凄くいい思い出になりそう」
     上田:「そう言ってくれると嬉しいよ」
    隣に座る上田さんの顔が近づき、私は目を瞑り唇を許していました。
    そして上田さんの手が私の胸の上に触れるとシャツを捲り上げられ、乳首を吸われていたんです。
    凄い良い雰囲気とお酒の影響だったと思うんですが、私はアソコから汁を溢れさせ感じていました。
     私  :「旦那には・・・」
     上田:「もちろん2人の内緒にしよう」
    上田さんが私を抱き起こすと、短パンのファスナーを緩めパンティと一緒に脱がされたんです。
    もう頭の中が真っ白で、上田さんに抵抗する事が出来ないまま、私は彼にアソコを舐められ指で激しく
    愛撫されていました。
    上田さんもズボンを脱ぐと、大きなチンポが現れたんです。
    夫の物より遥かに大きなチンポを私は彼の足元に膝間つき、口の中に咥え込んだんです。
     上田:「奥さん、上手だね。凄い気持ちイイよ」
     私  :「そんな・・・」
    口いっぱいに彼の物を咥え込み、舌と出し入れを繰り返し彼の物を刺激してあげたんです。
    やがて、彼が私の口からチンポを抜くとバックから入れて来たんです。
    ベンチに手を付き、後ろから激しく突かれながら私は淫らな声を上げていました。
     私  :「もう駄目・・・逝きそうよ・・・うっ」
     上田:「奥さんの逝く姿をじっくり見させてくれ」
     私  :「恥ずかしいわ・・・あぁ〜見ないで・・・イ・イクゥ〜」
    膝をガクガクさせながら私はベンチにもたれ掛ったんです。
     上田:「凄い感じたんだね!旦那より良かった?」
     私  :「えぇ〜凄く良かったわ」
    そんな事を言っている最中も彼は腰を動かし、私は2度目の絶頂を迎えようとしていました。
    そして、彼は私の中に精液を放ち、私も一緒に逝ったんです。
    そんな繋がった姿のまま、私は彼と唇を交わし長い長い濃厚なディープキスをしていました。
     伊藤:「何だよ!2人でお楽しみ中!」
    ”ハッ”と驚き、振り向くと伊藤さんが恨めしそうな顔で、私達を見つめていたんです。
     上田:「伊藤!これは見なかった事にしろよ」
     伊藤:「旦那にバレたら大変だもんな!」
     私  :「伊藤さん、違うんです。いやあの人には言わないで・・・」
     伊藤:「じゃ、俺にも楽しませてくれるんだよね」
     私  :「分かったわ」
    仕方が無かったんです。私は上田さんと変わった伊藤さんにも体を許してしまったんです。
    伊藤さんは彼女居ない歴が長かった影響なのか?凄く濃厚で変態チックな事をして来たんです。
     私  :「伊藤さん、変な所触らないで・・・そこはお尻の穴よ、汚いわ」
     伊藤:「何言ってるんだよ!前は上田に刺されたんだし、俺は後ろだよ」
     私  :「ヤダ!お尻何て絶対駄目よ」
    押さえつけられる様にされ、私のお尻の穴を舌で舐め続ける伊藤さんは舌先を穴の中に入れて来たんです。
    そして指を1本・2本と入れると、グリグリと動かし刺激していました。
     私  :「本当にヤダ!抜いて・・・お願いよ」
     伊藤:「旦那には言わないから大丈夫!DVDで見たんだ!一度試したかったんだ」
     私  :「お願い、前にして・・・後ろはヤダ」
    私の言葉を無視する様に、私を後ろから押さえつけチンポを後ろの穴に入れ始めたんです。
    唾液と私の汁が潤滑剤となり彼のチンポは見る見る中に入るのが分かりました。
     伊藤:「凄ぇ〜全部咥え込んだよ」
     私  :「ヤダ!早く抜いて・・・痛い」
     伊藤:「直ぐに慣れるから待ってて」
    彼は腰をゆっくりと動かし始め、腸内が&#25620;き回される感じでした。
     伊藤:「日下もハメてたんだよ!彼女も凄い乱れ様だったよ」
     上田:「やっぱり!しかし奥さんお尻嫌がってるんだし、ヤメろよ」
     伊藤:「馬鹿だな!アナルは凄い締りが良いんだぜ!最高だよ」
     私  :「もういいでしょ!早く抜いて」
     伊藤:「そう言ってても、マンコから汁が物凄く溢れてるよ」
     上田:「本当だ!奥さん気持ちイイの?」
     私  :「違うわ・・・見ないで」
    私は初めて味わうお尻の穴の感触に感じていました。穴の中が熱く変に興奮していたんです。
    そして、私は伊藤さんに突き刺されたまま、お尻の穴で逝ったんです。
    ヒクヒクしながら、尚も伊藤さんは腰を動かし続け、しかも指でクリトリスを刺激して来たんです。
    私はもう限界でした。夫でも味わった事に無い感覚に、遂に初めて潮を噴き上げたんです。
     伊藤:「凄ぇ潮吹きだよ。エッチなんだなぁ奥さん」
     上田:「本当、上品な顔してエッチは激しい何て」
    伊藤さんは私のお尻の中に精液を吐きだすと、その後も2人に前後ろに突き刺されたんです。
    息を荒らしながら、私は湖畔の水で体を清めていました。
    2人の肩に捕まりながら夫の元に戻ったのは、湖畔に来てから2時間が過ぎた頃だったと思います。
    夫の横に倒れる様に横になり、朝を迎えたんです。
    朝、目を覚ますと何も知らな夫が笑顔で”おはよう”と声を掛けて来ました。
    もちろん上田さんも伊藤さんも昨夜の出来事を口する事は無かったんですが、私のお尻の穴だけが
    ヒリヒリして昨夜の出来事を思い出させていました。

    お昼前にはみんなで現地解散したんですが、近い内にまたキャンプをしようと約束する夫達。
    上田さん伊藤さんが私を見てニヤッとした様に思えるんです。
    あの衝撃的な出来事を思い出しながら、私はまた来ようと思うのでした。


444  私は@レイプされました。 - 2013/08/22(Thu) 03:41 No.22732
    兵庫県西宮市鳴尾に住んでいる森卓実はレイプ犯のストーカーです。
    尼崎のデイサービスで働いている。
    ネットでしりあった女性をレイプしたあとも、メールやラインでしつこく付きまとったり


445  はるな  - 2010/09/08(Wed) 02:30 No.14260
    私達は先輩達の奴隷です。入学して間もなくして、一つ上の先輩が服装や態度が生意気だ因縁をつけて来た。
    一人だと思い、返り討ちにしてやろうと、学校裏に連れていった。そこには、仲間が10人近くが隠れていて、バラバラに私達は拉致された。
    私は、古いアパートへ連れ込まれた。そこは、煙草を吸っている男が数人にて、よっ!みか、珍しいじゃん!!!その子なに?
    明日まで、好きにしていいよ!ホンとかよ?逃げようとする私の髪の毛を掴み、遊んでやりなと、男達の方へ投げられた。
    私は制服の上から胸を揉まれ、名札を見たのか?「はるなちゃん」こういうの初めて?心配無いよ!言う事聞けばと、笑いながらロープで後ろ手に縛り、
    暴れても他の男がスカートを脱がし、下着の中に手を入れてきた。「やだぁ〜」と足バタバタさせ抵抗しても、
    足を掴まれ強引に股を開かされてアソコをチュパチュパと音を出し舐めまわした。「離してぇ〜」「もう、やめてぇ〜」と泣き叫びましたが、
    全く聞いてくれずに、男のひとりが、セーラー服脱がさずにやった方が興奮しねぇか!と言い出し、一人目が入れてきた。
    「痛いッ!」あれ、はるなちゃん!もしかして、処女?答えないともっと奥までいれちゃうよ!「処女です。」
    笑いながらヤメル訳ないじゃん!はるなちゃんが、処女だって、貫通式をしてやろう!奥まで入れ、処女膜が破かれ血が流れて、余りの痛さから逃れようと、
    私は抵抗をしましたが、頬を2、3度叩かれ腰を激しく動かされ、抵抗するどころか「あぁ〜ん」「はぁ〜ん」と声が出てしまった。その声に刺激されたのか、
    感じてんのはるな?イクなら教えろ!男は私の中に出しアソコから抜き出した。白いドロドロしたものが、いっぱいついている○○コを私の口に入れようとした。
    口を閉じ抵抗したけど、鼻を摘まれ息ができなくなり力を抜いた瞬間、入れられてしまい。素直にしないと駄目だよ!お仕置きだ言われ、頭を後から押さえ前後運動され口いっぱいに出された。
    全て飲まされました。その間も別の男に後から突っ込まれて中出しされ、すぐ精子いっぱいのものを口に入れられながら後からも、責められ五人に次々と中出しされ、
    口に出された精子は全て飲まされた。男達の責めが終わり?私は体を動かす事も出来ないくらい疲れ切ってしまった。男達は、何に寝てるの?はるなちゃん!俺らが、
    回復するまでバイブ入れてあげるからねまってて!「も〜許してぇ〜お願いします。」ムリ言うなよ!俺達、みかに好きにしてと言われてるの!はるなちゃんに頼まれても、やめれないよ!
    「そんなぁ〜」まだ、使いたい器具あるしぃ〜。はるな、俺達を使えなくなるまで、犯させやがって、お仕置きだよ!笑いながら近づき、うんこさせてやる。
    「もう勘弁してください。」出す時は、御主人様、はるかにうんちさせて下さい。と言うんだぞ!「そんこと、ムリです。」縛られていて、抵抗も出来ずに浣腸をされ、
    アナル栓を激痛がするほど、蹴り入れられて、何度も「御主人、はるなにうんちさせて」と頼んでも抜いてもらえず、うるさい!5mも長い鞭で1時間ほど打たれて、
    「ひぃぃ〜」体中真っ赤にミミズ腫れになった頃に排泄を許された。「御主人様ありがとうございました。」と言い泣き崩れた。その後は、無抵抗で五人に「お願いします」と犯される前に言わされ
    「ありがとうございます。また、お願いします。」と終わった後に言わされた。犯され数時間後に、みか先輩が現れて、セーラー服やだ精子まみれじゃん!仕上しようか?
    と言い恥ずかしい恰好にされて何枚も写真を撮られた。ロープを解かれ、先輩の前で土下座しました。「申し訳ありませんでした。」はるか、他の雌も同じだよ!と見せられたのは、
    和子や愛達の恥ずかしい写真でした。泣き崩れた私は、精子だらけのセーラー服一枚で、放置され近くに下着やスカートは持ち去られてなく、私は公園のトイレで身体を洗い流して、
    家に帰りました。親には、公園で知らない人にレイプされたと、嘘を付き病院に行きました。唯一の救いは、子宮は傷付いてましたが、妊娠はしてませんでした。
    次の日は学校を休み、制服を新しく買いに行きました。そこには、愛達も居て少し話したらみんな妊娠はしなかったです。あれから二日が経ち、
    私達は、毎回休み時間に先輩の教室へ行き、無許可で休んだ罰として掃除や雑用をやらせて頂き、放課後は、男達のところで「生は勘弁して下さい。
    せめてコンドームを付けて下さい。」と土下座し許しを得てから犯して頂いて、お口で飲ませて頂いています。


446  むさし - 2013/09/04(Wed) 21:22 No.22919
    レイプ、、、それは男の本能、、、女は狩られる生き物


447  レイプマン - 2013/09/04(Wed) 07:25 No.22856
    また一人、男に狩られてガキが死に


448  たくや - 2013/09/04(Wed) 21:11 No.22917
    竜巻き、、、って、すごいな


449  まりや - 2012/11/18(Sun) 13:06 No.21857
    なんか危ないこといっぱいして欲しい。
    注射とか大量の媚薬とか異物を入れたりだとか…


    そんなことばっか考えてる20歳です。


450  武蔵 - 2013/09/04(Wed) 11:13 No.22862
    30−40位の人妻求む


451  - 2013/09/03(Tue) 21:31 No.22848
    SMできるメゾ女返事まってる


452  横家奈緒子 - 2013/06/02(Sun) 20:17 No.22529
    わたし今30代半ばで某地域Npo会員ですが、実は昔、真夏ですが家に徒歩で帰る途中、悪そうな顔の三人組の乗る黒い車に連れ込まれ、ある離れた地域施設の夜半の着水井で嬲られたあと、純白色のPantyブラなど下着一つにされ、上のpipeのような管からロープで縛り吊るされて豪流の中、逆さ水責めされたのです。とっても怖くてやめてーって叫んでも激しい水に漬けられゲブゲブ、水を飲んでしまいました

    そのトラウマがあって、いまでも豪流をテレビや野外の実写で観ただけで、その日は悪夢を見てしまいます。で、おもわずオエってなってしまいます。私を辱めて逃げていった犯人が許せません


453  あさみ - 2012/11/02(Fri) 13:54 No.21772
    酔わされて目茶苦茶にされました。バイト先の上司二人にです。
    よく三人で飲みに行ってたんですけど、今回は初めから計画されてたみたいでした。
    おまんこもアナルも犯されたし、今までやさしかったのが嘘みたいに冷たく乱暴にされました。
    乳首はちぎれるぐらい引っ張られたし、おまんこもアナルま限界まで開かれておまんこははれちゃうぐらいだしアナル経験はあったんですが
    無理矢理拡げられたので後から確認したら血がでていました。
    何度も犯され意識もうろうしていてもおまんことアナルの激しい痛みで気づくという繰り返しでした。
    最後に撮影された時に二人からこんな真っ黒なまんこ初めて見た、若いのにゆるい、
    他私のおまんこについて色々汚い事を言われました。絶対に忘れられない言葉でした。


454  鈴岡 彩香 - 2013/08/18(Sun) 00:13 No.22724
    昨晩は鍵を盗まれたので鍵を閉めても入ってくるのではと思い眠れず朝を迎えホッとしたら眠くなり意識を失いました。
    そしたら寒さに目が覚め私はまた全裸でベットの上にいました。
    そしてあの男が...。あまりの恐怖で声がでませんでした。
    昨日は寝ていないのはわかってるぞ。と言い何で解るのと思いました。
    なんでかわかるか?盗撮と盗聴器をきのうお前が気を失っている間に仕掛けた。といい笑いました。
    ふと思うとあそこがグチャグチャで白い液体が出ていました。
    もしかして、またやったのと聞くと2発!!!気持ち良かったぜ!!!と...。
    お前意識を失うなよ。と言いあそこに指を入れ激しく動かし始め私は仰け反りオシッコが出そうになりオシッコじゃない液(潮吹き)が大量に出ちゃいました。私は初の潮吹きでした。男はすごと驚いていました。
    そして、小さくなった男のあそこを口の中に入れ大きくした後男の上に股がり生で入れました。昨日はかなり痛かったけどヌルっと入りました。
    ネチャネチャ音がしてドンドン理性を失い最も速くと言ってしまいはげしく
    成りました。すごく気持ち良かったのを今でも忘れられません。
    その後、2発中で出され私は全身痙攣に襲われしばらく動けませんでした。
    それから男はまたなと言い家を出ていき私は友達のアパートに逃げ込み泊めてもらうことにし良く眠りました。親友なので事情を話しました。
    今日は眠れそうです。


455  みにゃん - 2013/08/25(Sun) 14:23 No.22740
    19のガールです。
    みんなの投稿を見ながら
    ま○こがうずうず
    してます!

    オナニーの相手や
    実際に痴漢、レイプ
    してくれる人
    待ってます。


456  ゆみ - 2013/08/24(Sat) 11:37 No.22739
    義理の兄に犯されてしまいました。
    今義理の兄は31才ですが仕事上出会いがなくまだ独身でご両親と一緒に近所に住んでいます。
    私たちの住まいにもよく訪ねてきます。
    半月くらい前にある男性と関係を持ってしまいました。
    その時の事をなぜか義理の兄は知っていたんです。
    場所も時間も相手の容姿も・・・
    私が一人でいるときに訪ねてきて、そのことを目をつむるから私にも目をつむるよう言ってきました。どういうことなのかすぐにわかりました。
    義理の兄が私の体を欲しがっていることは前からわかっていましたから。
    ソファに座らされるとっすぐに私の脚を開かせスカートの中を覗き込むように顔を股間に近づけるとショーツの上からワレメに指を這わせてきました。そしてとうとうショーツをとられ恥ずかしいくらい大きく脚を開かされて、アソコを見られました。荒い息使いでじっとアソコを眺めた後、すごく興奮した状態で私のアソコを舐めまくりました。長い時間舐めまくられ、私がいつもショーツで隠している部分は私の愛液と義理の兄の唾液でグショグショニなりました。そのあとは太い肉棒に後ろから、横から、前から、立たされて・・・といろんな攻め方をされ放心状態にされてしまいました。
    義理の兄との関係はこれからも続くことになりそうです。


457  さよ子 - 2011/02/27(Sun) 18:53 No.15783
    主人の会社が倒産、主人は執拗な取り立てに耐えかねて蒸発、残された子供と私は狭いアパートへ引っ越し生活保護の日々でした。
    今日の食事にも不自由して、子供たちにも辛い思いをさせていました。
    当然アパート代も滞ることもしばしばでした。そんな有る日大家のおじさんが来て家賃が払えないのなら代わりに有ることをして欲しいを言われました。
    私は、仕方なく布団を敷いて下着を脱いで横になりスカートをたくしあげ足を広げました。
    大家さんは、スカートの中を覗きこむように私の太腿の奥に頭を入れてきました。
    しばらくは指で広げたりして触っていたのですが、いきなりいぎり立ったモノを取り出して、握らせました。
    太い!指が回らない程のモノで、とっさに身の危険を感じてしまいました。
    こんなものを入れられてらあそこが壊れるんじゃないかと思いました。
    大家さんは私の恐怖をよそに両足を広げて、唾液をあそこに塗りたくりそれを押し付けてきました。
    案の定ギュウギュウと穴を広げてきますが、私も恐怖で体を固くしているのでなかなか挿入できませんでした。
    穴の周りにツーンとした痛みが走り、快感とは程遠いものでした。
    大家さんは、ふーっとため息をついて腰を引くそぶりをした。
    私の体から一瞬力が抜けた時、一気に押し込まれました。
    私は獣の様な悲鳴を上げていました。
    下半身を串刺しにされたような感じで、体が動きません。
    その太いモノが出入りする度に体ごと持って行かれそうになりました。
    やがて、膣奥に脈打つような精液が撃ち込まれました。
    大家さんは私の体が気に入ったのか、これから週に1回お願いする代わりに、家賃と食費を出すことになりました。
    最近はあの太さにも慣れてしまいました。
    それどころか、あれ以外ではもう感じない体にされたようです。


458  鈴岡 彩香(仮) - 2013/08/16(Fri) 22:19 No.22720
    私は大学1年のアパートに独り暮らしで暮らしています。
    私はまだ男の人のあそこを生で観たことがなく完璧な処女でした。
    今日の朝10時までは...。
    テレビを観ていたらインターホンが鳴り若い男の人の声で宅配便です。
    と言い私は、ドアを開け印鑑を取りにリビングに戻りました。
    そしたらいきなり後ろから抱き付かれ静かにしろと言われ驚きました。
    そしてベットに寝かされ手足を荷造り用の紐でベットの四隅に手足をむすばれました。
    その後、下着を切られ口の中に入れられ浴室から持ってきたクリームと剃刀であそこの毛をツルツルに剃られ掃除機で吸いとられました。
    そしてその男が全裸になり私のパンツを私の頭に被せちっちゃいあそこを口の中へ入れてきました。
    私は初めてでよくわからずドンドン大きくなっていくのがわかりました。
    しばらくしたら出る!!!と言い甘い液体が口の中で広がりました。
    まだ続き今度は私のあそこに指を入れてきました。
    私は思わず痛い!!!と言ってしまいました。
    そしたらもしかして処女かと言いラッキー!!!と言い指が1本2本3本と入れてきました。
    すごく痛く涙が出ました。数分後痛みが少し和らいだと思ったら男の手に血ついていました。
    そしてそろそろかなと言った瞬間体がビク!!!となり痛みと共にあそこが入ってきました。凄く痛く記憶が飛んでしまいました。
    気付くと体がが激しく揺れていて痛みがなく気持ちよくなっていました。
    お前やっと気がついたかと言われ気付くと11時35分だった。
    多分、1時間くらい意識が飛んでいました。
    そして、もう3回中で出させてもらったと言われた。
    その直後動きがすごく速くなり私もまた意識が飛びそうなくらいになりイクと言われお互いの体がビク!!!ビク!!!して私はまた意識をうしないました。
    その後何か臭いと思い意識を取り戻すと顔とおっぱいに透明な臭い液体が掛かっていて手足の紐がなく半分に切ったキュウリがあそこにささっていました。
    そして、直ぐ体がを洗い流しました。幸い安全日だったので大丈夫です。
    お風呂から出て下着を着ようとタンスを開けたら置き手紙と私の全裸写真が入っていて下着が1着もありませんでした。後、お金も5万円...。家の鍵。
    置き手紙の内容はすごく良かったよ。次は君の安全日じゃない日を狙って行くからと書かれていました。
    私は怖いので下着だけ買って今月中には引っ越します。
    知り合いに知られたくないので被害届けはだしません...。
    今日から眠れません。寝ない為と相談で投稿しました......。


459  リマ - 2013/08/16(Fri) 18:26 No.22719
    私は、当時、派手な格好していて目立つ子でした。
    金髪、化粧、ピアス、学校一短いスカート。

    2年の8月に5つ年上の男Jと付き合っていた。
    Jと付き合っている時、Jの先輩Kと浮気して、
    結果、Kと付き合うことになった。
    Kと付き合っている時、同じ中学の3年の男Tと浮気して、
    Kとも別れた。

    Kは地元で有名なちょっと怖い人だったので、
    T君は後日、痛い目にあっちゃったそうです。
    私は、その時は特に何もされなかったのですが・・・

    数ヵ月後、学校帰り、校門の前に車が止まっていた。
    車に乗っているのはJ。
    「リマちゃん。用があるから乗って。」
    と普通に言われたので乗ってしまった。

    連れて行かれたのは、国道から少し外れたところにある寂れたラブホ。
    部屋に入ると、そこにいたのはK。
    「そういえば、制服のリマちゃんとやったことないなあと思って」
    というよくわからない理由でやられちゃいました。
    制服のまま、下だけぬがされて・・・

    しかも、Kは入れている時
    「リマちゃん、Jの舐めてやれよ。」
    と言い出したので、Kのを入れながらJのを舐めることになった。
    3人でやるのは初だった。
    結局、KとJは2回ずつやって満足し、私はぐったり。

    まあ、好き勝手やってたので、こんな経験も自業自得かなあと。


    それから、校門前に車で待ち伏せされることがたびたびあったので、
    私は裏門から逃げるようにしていた。


    そして3年になった。
    受験もあるので、黒髪にして、ピアスも外し、スカート丈も膝くらいに長くした。

    学校帰りコンビニに寄って出ようとしたとき、
    「リマちゃんじゃん。ずいぶん変わったね。」
    と駐車場の車から降りてきた男に言われた。

    Kだった。

    車に乗せられた。
    重低音の音楽がうるさいなあと感じた。
    暗い車の中に男が3人いた。Kのお友達らしい。
    お友達は皆いかつい感じ。
    服を脱いでも模様がついてる人もいたし。

    「そういえば、リマちゃん浮気の慰謝料払ってないよね。」
    と言い出したK。

    結局、カラダで払うってことになって、Kとお友達の計4人とやることに。
    走ってる車の中でやったので、体勢がきつくて筋肉痛になった。


    その後、Kのさらに先輩のLに相談したら、JやKの嫌がらせは終わった。
    Lによると、Kは30人くらいお友達を集めて私を色々やっちゃう計画を立ててたとか。

    30対1は無理でしょ。。。


460  あき - 2013/08/12(Mon) 18:00 No.22709
    彼とマックに入って座ったらら、偶然隣が初体験した元カレ…
    店が混んでて他に席はないし、あっても移動するのは不自然だからそのままお茶してたら、目を合わせずニヤニヤ会話を聞いているようでした。

    その晩元カレから電話がありましたが無視してるとメールがきました。
    私が処女を失いシーツを血で染めてグッタリとしてる写真とハメ撮りの写真が添付されてました。
    その直後電話があり、仕方なく出ました。
    近くまで来てるからドライブしようと言われ困っていると、写真見た?って言われドライブに応じる事にしました。

    元カレは車内で今の彼の事を根掘り葉掘り聞いてきました。
    私は適当に答えました。

    山に向かった車は細い枝道に入って行きました。

    危険を感じましたがどうしようもありません。
    帰るように訴えてたら行き止まりに…

    元カレは器用に何度も切り返しをしてターンさせました。
    帰れるとホッとしてたら元カレはキーを抜きました。
    ホントの闇に包まれました。
    闇の中で元カレは最後に一発やらせろって言ってきましたが私は断りました。
    迫り来る気配に必死に手探りでドア開けました。
    明かりがつきましたが、ドアはガードレールのために10cmくらいしか開きません。
    車に乗る時に前にはなかった大き目のドアガードが付いてるなぁと思ったらこのためのようでした。
    私の席に覆いかぶさって来た元カレはドアを閉めるとシートを倒しました。
    手で押し返そうとしてもかなわず、揚げ句の果てにはリアシートに用意していた手錠で両手をヘッドレストに繋がれてしまいました。
    Tシャツをめくり上げてブラをずらすと胸を徹底的に攻めてきました。
    声を上げないよう必死で耐えました。
    元カレの手は下半身にも伸びてきました。
    ジーンズがアダとなりました。
    中途半端に脱がされその内側に入られると、足も拘束される形に…
    潤んでしまった私に元カレの物はいとも簡単に入ってきましたが声だけは耐えました。

    目的を果たした元カレは私を送り届けると帰りました。

    でも今度は車の中での写真をメールしてきて、私にせまってきてます。


461  孝子 - 2013/08/14(Wed) 14:47 No.22716
    私が19歳の時の出来事。39歳の母と二人暮らしでした。
    母は昼働き、夜は週3日スナックで働いていました。
    父は重い病気持ちで高校のとき他界していました。
    まだ若く美人だった母でしたが男は居なかった。
    父の事が好きで忘れられなかったようです。

    当時、母の携帯に毎日電話する男がいた。
    お店のお客で交際を迫られてると母が困っていた。
    家には男からのプレゼントが沢山ありました。
    母が言うには56歳で禿げて顔も好みじゃないと・・・
    土建関係で身なりが汚く、同伴とかも恥かしいと・・・
    母は父のような細身のイケ面が好きでした。
    その男は全く違うタイプで、上客でも母は嫌っていました。

    そして悪夢のような日・・・
    私は交際してた彼と泊まりの海水浴から戻った。夕方4時頃。
    私は彼に寄ってかない?と誘った。
    母公認の彼でしたし、もう少し一緒に居たかった。

    私の家は近所から離れてる一角にありました。
    土地の形が悪く、値段がとても安く購入できたそうです。
    小さいけど一軒屋。父の形見でもあります。

    私と彼が玄関に入ると直ぐに異常に気がついた。
    二階から母の声が聞こえてますが普通ではなかった。
    明らかに母は誰かとセックスしてる。
    「さくら(母の名)いいまんこしてるじゃねーか」
    「嫌だって止めてよ、そこはあんたの物じゃないから」
    廊下には母の服や下着が散乱。
    「お母さん・・・もしかしてレイプされてる?あの男か?」
    事情を知ってる彼も私と同じ考え。

    二人で二階に上りました。場所は父と母の寝室。
    目の前で母が大柄なあの男に犯されていました。
    激しいバック。小柄で小さな母が男の玩具にされてました。
    男は母のお尻を乱暴に掴み激しくピストンしてました。
    「まじかよ・・・すげー・・・」
    あんな男にされて母は確実に感じていました。
    私が生まれてきた穴に男のデカイチンチンが奥まで。
    時々濡れたそれを抜き母のお尻を叩く。重そうな音がする。
    残念すぎる光景。猛烈な悔しさと怒り。

    彼がびびってる。それは私も同じでした。
    私は彼に指で突いた。彼が部屋に入るが震えていた。
    数秒後、男と彼が口論。21歳の彼も激しく言い返す。
    男はデカイチンチンビンビンのまま彼に凄む。
    母の悲鳴・・・直後に私の大事な彼が吹っ飛ぶ。
    失神した。彼が先に手を出し、男に数発殴れたようだ。
    怖くて今にも失禁しそうだったが、眼下の彼は失禁してた。
    お腹殴られたから?短パンから染み出し廊下に溜まる。

    母は私にも危害が及ぶ恐れを察して酷く動揺してました。
    「私の体はあなたの自由にしていいから・・・逆らわない。だから娘には手を出さないで。お願いだから。彼も許して」

    私は逃げられないように下着姿にされた。
    彼は私が全部脱がした。漏らしたおしっこが凄く不快でした。
    男の命令で彼の服は窓から投げた。シャツで廊下を拭いて。
    私と彼と母の携帯は男に取られ、やはり窓から捨てられた。
    彼と私は廊下で別々に縛られた。

    寝室のドアが閉まり、二人のセックスが再開した。
    聞きたくない母の喘ぐ声。男のセックスで逝かされる母。
    数十分すると母の声が聞こえなくなった。

    ドアが開き男が仁王立ち。やばい、やられると直感した。
    彼は変な呼吸をしていた。意識が戻るのか?
    縛られた私は解放されたが、やはり裸にされた。
    デジカメで私も彼も撮影された。
    室内の母は大股開きにまま。口半開きで寝てるようでした。
    手はベットに縛られていた。

    私は彼が横たわる場所でしゃぶらされた。
    多分母のあそこの匂い、それと男の精子臭いがした。
    彼の倍ぐらいあると感じた。あまりに違い過ぎてびびった。

    男が彼を足で叩く。彼が目を覚ました。
    私が男のデカチンをしゃぶってる姿見てる。
    何も言わずジッと見る。悲しそうな顔。
    あまりにも太く、顎がキリキリと痛む。

    「ガキは下手糞で駄目だ」
    男は背後に回り、私の股を彼の前で一杯に開いた。
    彼の前で執拗におまんこや乳首など弄られました。

    涙を流してましたが。あそこも同じでした。
    男の反応する自分の体が嫌になった。
    彼の前で声を発して潮噴き。
    レイプ時に防衛本能として濡れ易い人がいると彼が言ってた。
    多分私がそうだが、潮噴きは違うと思った。
    実際相当感じて乳首も痛いくらい尖っていた。

    彼のそそり立つ物に私は腰を下ろす。もうどうしようもない。
    初めて生でしたのがそれでした。
    彼では届かない場所ガツンッと押された。
    おまんこビックリしてる。だって長くて太過ぎるもん。

    まじで意地悪な酷い男。彼の前で私を抱え上下させる。
    小さく華奢な私をぬいぐるみかの様に軽々扱う。
    彼は背後から抱えられ上下する私を見てました。
    時々目を反らしますが、またジッと見るの繰り返し。
    その顔は泣きそうだったり私を軽蔑したり・・・

    逝くことを知らなかった私。気が遠くなってきた。
    「彼氏の前で逝ってしまうな。でかいのいいだろ。
     お前のきつまんこでかいの咥えて嬉しそうじゃないか」
    そんな男の声も遠くから聞こえる感じに。

    悔しい悲しい・・・私は逝ってしまった。
    そこから暫くの記憶がありません。

    時間の経過は不明。男が母と話す声が聞こえてるが起きれず。
    私は母に起こされて終わったことを知った。
    男は居ないし彼も居なかった。

    私と母は男に中出しされていました。
    産婦人科で処置をしてもらいました。緊急避妊です。
    医者にも警察行くように進められ、病院から行きました。

    根掘り葉掘り聞かれ最低でした。興味本位な気がしました。
    途中から女性に変わりましたが、やる気が感じられず。
    住所も本名も判らず・・・しかも単身赴任中の身。
    行動も遅かったようで、結局その男は逃げて捕まらず。

    大好きだった彼とも絶交。私達は家を売り引っ越しました。
    親子でレイプされた噂が拡がり、とても・・・でした。
    母は昼職辞め、風俗に転身してしまった。
    温泉街のコンパニオンですが、完全に風俗です。
    母は美人でスリムなので人気者でした。
    すぐに母はヤクザの愛人になりました。
    性格も変わり、以前の優しさが無くなった。
    パイパンのおまんこの上とお尻に花の刺青入れた母。
    その頃アナルを知り、母はその快楽に溺れていました。

    そんな母の影響で私も夜働くようになった。
    私は母とは別に暮らし、色々な男に抱かれました。
    年下の男から上は70近く。親指サイズから22cmまで。
    そして結局ヤクザの性処理女になった。
    デカチンで玉が入る絶倫男。
    刺青入れました。永久脱毛でパイパン。クリには高いピアス。
    先日は母も同行して乱交もしました。
    到着した別荘の庭で早速バーベキューでした。
    しかし私と母は全裸。立ったままで男達にやられまくり。
    私達が焼いたお肉を食べることなく、デカい肉の棒ばかり。
    そんな生活が嫌じゃない私と母です。

    全てはあの夏の出来事。


462  44 - 2013/08/07(Wed) 18:14 No.22700
    何でも屋です、表〜裏の世界の事で困っている方
    相談は無料です。
    小さな事から、人探し、浮気、不倫、行動、あらゆる調査
    携帯番号から住所調査、債務調査、いじめ調査、車のナンバー調査、その他調査も
    嫌がらせ、復讐、精神障害、苦痛、その他執行代行人も
    私に頼むのに費用が・・の方は知恵貸しで安価に
    私はHPは持ちません掲示板により度度現れます
    最近の依頼者から悪徳ではないですか?と良く聞かれます。
    いいえ違いますと言っても信用性に欠けますが
    貴方じゃ太刀打ち出来ない事を無理に実行して人生棒に振るか
    社会が理解出来ないことを私は理解します。
    貴方の情報は要りません、メール時はいきなり相談事を始めて下さい
    私どもを使わず自分での方は知恵貸し
    私どもを使う場合は、細かく説明し実行致します。
    代行の実行料知恵貸し料はその相談時の状況から難易度で決めさせて頂いております
    他業者がどうか知りませんが、私にはマニュアルや料金表などは存在しません。
    十人十色の依頼者がいます。決めていたら、話になりませんよね。
    私に騙されるかもと思う方や信用性がない方冷やかしはご遠慮下さい。
    もう一度言います、相談は無料です。
    いきなり金銭を要求するような事も御座いません
    そして、裏の何でも屋です


463  みた - 2013/08/07(Wed) 18:23 No.22701
    見てしまったのです。
    奥様が出入りの庭師二人にお弄ばれになるところを…。
    私は怖くて足がすくんでしまい、目の前の奥様をお助けすることができませんでした。
    奥様はハサミで脅されて抵抗もできないまま、空しくおマワされになりました。
    いつも強気の奥様がお流しになられた涙が痛ましくあられました。
    全てが終わり庭師が去ると、奥様は私をお呼びになられ、絶対旦那様には言わぬよう、言われました。
    そして勿体なくも、私に50万の小切手を渡されました。
    私は約束申し上げました。
    私は断じて旦那様にはお伝えしません。
    奥様が積極的に腰をお使いになられたことや、相手のモノを自らおくわえになられたこと、
    さらに中に出してとお叫びになられたことも。


464  あさみ - 2011/06/14(Tue) 14:33 No.16929
    通りがかりの男性らに弱味につけこまれてしまいました
    山道をバイクで走ってたら運悪くガス欠になってしまって途方に暮れてたんです。でもしばらくしたら軽バンに乗ったオジサンと
    若い男性の二人が近寄ってきたのでホッとして訳を説明したところ、ありがたくガソリンを分けてくれると言ってくれたので喜んでいたら、
    なんとわずか2リットルのガソリンに3万円払えって言うんです!持ち合わせが無かったし、いくらなんでも法外だと思ってもっと安くしてもらえませんか?とお願いしたら、
    今度は身体で払ってくれてもいいよと言うんです。後払いはダメ、その場で現金か身体で払うかのどっちかにしろって。泣きそうになりました。
    人の弱味に漬け込んだイヤな人達だって思ったけど、無いものは無いしどうしようもなかったので、渋々身体で支払いますって返事をしてしまいました。
    男達は軽バンを道から奥まったところに移動させ、私に中に入れと合図をしてきました。
    中の荷物をどけスペースをつくると横たわるように指示されたので言う通りにしたら涙が溢れてきました。
    その時の私はTシャツ一枚にジーンズと言う軽装。男達は上半身と下半身に分かれ狭い軽自動車の中で私に襲いかかってきました。
    あっという間に脱がされ全裸に。身体中を揉みくちゃにされ、両足を開かれすぐ入れようとしてきたんだけど、中々入らなくて私が痛がったら
    指で無理矢理グリグリしてきたんです。悲鳴をあげてしまいました。もう一人が胸やクリを激しく愛撫してくるし、
    私もいてもたってもいられない気分になってしまって… 手間かけさせるんじゃねぇって渇を飛ばされ結局入れられてしまいました。
    中に出されては大変だと思ってそれだけは勘弁して下さい!ってお願いしたら、中出しじゃなければ1回2千円分にしかならないよって滅茶苦茶な事を言うんです。
    目の前が真っ暗になりました。それでも中に出されるよりはマシだと思い、2千円でもいいですから!と泣いてお願いしました。それから彼らは順番に2回ずつはしてきたでしょうか。
    顔や身体に精液を出され、これでもう解放される…と心の中で期待したら、今度は車から出され、外でもまたされたんです。
    四つん這いにされたり、木に手を着き背後から入れられたり。もう彼らは好きなだけいくらでも出来ると思ったのでしょうか。
    その後、バイクにガソリンを入れてはくれたものの、なんと若い男性の方がノーヘルでバイクを運転し、私を車の荷台に乗せたまま、
    知らない場所まで連れて行かれてしまったんです。事務所でしょうか、プレハブでした。私は全裸のまま無理矢理中に連れ込まれました。
    中には更に2人いました。私を見るとビックリしてたけど、すぐ様子を察したみたいで、私はまずこの人達に襲われたんです。
    この二人は中に出してきました。またお願いしたけど間に合わず、間に合ってもあの様子じゃ聞いてもらえなかったでしょう。そうしたら先の二人も中に出してきました。
    もう滅茶苦茶でした。くわえさせられながら入れられたり、人が入れ替わってまた同じことをされるんです。涙が溢れては流れ溢れては流れ
    、辺りには誰もいないみたいで周囲に私のあえぎ声が響き渡ってるのに誰も助けに来てくれる人はいませんでした。
    汗をかいたからとシャワー室に連れて行かれてそこでもされ、部屋に戻ったと思ったらまたされ、もう私の身体はボロボロ…
    みんな疲れたからと私を帰してくれる事もなく、休んでは誰かが私を抱き、また別の男に入れ替わったり、結局夕方まで拘束されてました。
    ようやく外に解放されたとは言っても全裸のまま。慌てて車の中を探したら、丸められたTシャツとクシャクシャになったジーンズだけが見つかったので、
    それだけ着てその場を立ち去りました。幸い免許証とお財布がお尻のポケットに入ったままだったのが不幸中の幸いでした。走りながら涙が溢れてきて止まらなくて、
    このままだと事故って危ないと思い、適当な場所にバイクを停めそこでワンワン泣いてしまいました。これは昨年の秋の出来事です。そのあと私は妊娠しおろしました。
    しばらくバイクに乗ることが出来ずにいたけど、今ではまた少しずつ乗るようになりました。不思議な事にガソリンが減ってくると妙に下半身がジンジンするようになってしまったんですよ。
    減れば減るほどジンジンして仕方なくなって、いてもたってもいられなくなり給油に行くんです。きっと私の身体がこうしてガス欠にならないように教えてくれてるんだと思ってます。


465  えみ - 2010/09/09(Thu) 11:40 No.14268
    私を犯した4人組の男たちは、50代前後だったと思います。
    全員が作業服を来ていたので、その日に来るエアコン取り付け工事の
    人だと思い、何の疑いもなく家へ入れてしまいました。
    リビングへ入った途端、彼らの1人がいきなり背後から
    私を羽交い絞めにしてきました。突然のことに驚く間もなく、
    今度は残りの3人も協力して、私を床に押し倒し、両手足を押さえつけました。
    逃げようともがく私を、1人が何度か平手打ちして「おとなしくしないと、
    ぶっ殺すぞ」と言って脅しました。
    何とか逃げたいと思うのに、恐ろしくて身体が動かなくなって・・・
    1人の男が私の両手を、1人づつが両足を、痛いくらいの力で
    押さえつけ、リーダー風の男がその間に身体を入れてきました。
    その時の私は、ただもう必死で彼らに許しを求めて泣き叫ぶばかりでしたが
    それにもかまわず、平手打ちで私を黙らせると、リーダーの男が
    今度はナイフを取り出して、「殺されてもいいのか?!おとなしくしたら
    痛い思いしないですむぞ」と脅しました。
    殺される・・・怖くて抵抗をやめた私のパンティーを、ナイフで乱暴に切り裂くと、
    ズボンを下ろした男が、そのままアソコにペニスを挿入してきました。
    男は激しく腰を使い始め、しばらくして中出しされました。
    その様子を他の男達がカメラやビデオで撮影していました。
    あまりのショックで、もう抵抗する気力もなくなっていました。

    それからは、私を押さえていた男たちに、かわるがわる犯されました。
    犯されている間じゅう、誰かがデジカメでその一部始終を撮影していました。
    足をM字に開脚させられ、結合部を撮られたり、男にのしかかられて
    顔を歪めている私の表情などが、どんどんカメラに収められていきました。
    犯している男だけでなく、手の空いている男達も愛撫に加わって、何度も
    責められるうち、私のカラダが反応し始めていったんです。
    最初は自分でも信じられない思いでした。夫以外の、こんな汗臭くて汚らしい
    男たちに弄ばれ、犯されているのに・・・情けなさと恥ずかしさで、
    涙があふれるのにカラダはいつのまにか、男たちの乱暴な愛撫や、
    激しく突き上げるペニスの感触に快感を覚え始めているんです。
    何本もの太い、硬いペニスで突き上げられるたびに、次第に声が出るようになり
    やがて結合部からは、クチュクチュといやらしい音が聞こえ始めました。
    男たちは、そんな私を見て「やっぱり思った通りの淫乱女だな。
    電気屋でエアコン取り付けの予約をしている時から目を付けてたんだよ。
    その時に住所もチェックして、今日を心待ちにしてたのさ。
    こんなに締まりのいいオマ○コも初めてだぜ。あ&#12316;たまんね&#12316;!」と言いました。
    男たちに命じられるまま四つんばいになると、犯されながらもう1人のペニスを
    しゃぶらされました。剛毛に覆われて硬くそそりたったペニスを口に押し込んで、
    私の髪を掴みながらいろんな命令を与えていました。
    「もっと舌で転がせ」とか、「袋も舐めろ」とか命じられ、
    背後からは別の男が、子宮に当たるほど深く突き上げて・・・。
    私は犯されていることも何もかも忘れて、男のペニスをしゃぶり、
    腰を振ってよがりました。
    そんな私の様子を見て、男達はさらに興奮したようで
    「アナルにもぶち込んでやろうぜ!」と私のアナルにまでペニスを挿入しました。
    初めての経験で最初は激痛が走りましたが、だんだん快感になってきて、
    最後には口とアソコとアナルに同時にペニスをねじ込まれ、今までに味わったことのない
    気が狂いそうになるほどの快感に失神しそうになりました。

    デジカメを撮っている男が「これじゃレイプ写真じゃなくて
    淫乱女が男のペニスにむしゃぶりついてオマ○コ濡らして男を誘惑してる写真だな。
    ははは・・・。」とあざ笑っていました。
    それから夜まで、男たちは陵辱の限りを尽くしました。

    そして男たちは「また来るからな。でもそれまで我慢できるかな?
    淫乱な奥さん!ははは・・・」と言って 帰っていきました。

    こんな私はやっぱり淫乱なんでしょうか?


466  たまのすけ - 2013/07/23(Tue) 09:13 No.22658
    取引先の事務員の佳代…………
    私より2才年上でロングヘアの綺麗なお姉さんでした。
    ちょくちょく話をするようになったんですが………
    佳代が年上な事も有り、姉上目線でしたが。
    憧れていた女性なんで話するだけでも楽しかったものです。
    しばらくして佳代が結婚退職したんで数年間会う事も無かったんですが……
    ある日バッタリ会いました。
    懐かしさもあり、しばらく話をした後に連絡先を交換し、別れました。
    何度か電話やお茶したりしてるうちに……佳代から
    佳代「アルバイト手伝ってくれない?」
    正直、面倒だし、やりたくなかったんですが、惚れた弱みで手伝う事に…………
    一緒にいればいろんなチャンスも有るだろうと(爆)。
    しかし……自分の仕事が忙しかった事もあり、説明会にも参加せず、
    シカトしといた所…………会社に佳代から電話が掛かってきました(汗)。
    佳代「来れないなら夜に(私の家に)説明に行くから」
    面倒臭くなり、ちょいと憂鬱な気分になったんですが。
    私「佳代姉と……チャンスかもね!」
    と漠然と考えました……しかしヘタレだからなぁ、俺(爆)。
    その夜に佳代は私の家に訪ねてきました。
    いつもはジーンズの佳代が今日はミニスカです( ̄ー ̄)
    話をしている間もなかなか姿勢は崩さずキワドイが下着も見せない佳代。
    話も終わり、帰ろうと立ち上がった佳代に
    私「疲れたでしょ、肩揉んであげるよ」
    と言って佳代の肩を揉むと
    佳代「肩はダメって」
    少し取り乱す佳代の肩を構わずに揉み続けると
    佳代「肩はくすぐったいからダメ〜っ」
    と言うのを構わず肩を揉んでみるとホントにヨワいらしく、
    佳代さんはヘナヘナと膝をついたのでした。
    私「マジ!!」
    と思った私は更に肩を揉み続けると
    佳代「くすぐったいから、やめてって!」
    簡単に身体から力が抜け、膝を着く佳代の姿を見たら……私の頭の中で
    私「コレは佳代をヤるチャンス!……佳代を犯れ!」
    と、頭の中で声がします。
    私は佳代を抱き締め、そのまま押し倒しました。
    佳代「ちょ、ちょっと、急に……」
    と言う佳代の口をキスで塞ぎます。
    驚いた佳代は私から逃れようと必死に抵抗します。
    でも、すでに佳代の両手をガッチリ押さえ、
    押し倒した時に大きく開いた佳代の両脚の間に
    私の身体を割込ませた絶妙なポジション。
    佳代は手足をXの状態にされているので身動き出来ません。
    身動き取れない佳代は私の身体を跳ね除けようとしますが……
    私は時々佳代に重を掛けると佳代の抵抗がどんどん弱っていきました。
    私は佳代にキスをしながら
    私「もう諦めなよ、昔から佳代姉が好きで抱きたかったんだ」
    私のキスから顔を背け逃れようとする佳代の唇を追いながらキスをし、
    唇を吸い続けます。
    佳代……私がキスを繰り返し、唇を吸い続けたら抵抗も弱まり、
    少し喘ぎだした佳代
    佳代「もう、力じゃ男には敵わないんだから……」
    と、完全に諦めモードの佳代。
    そんな佳代の両手を片手で押さえ込み、服を脱がせていきます。
    キスをしながらシャツのボタンを……背中に手を回し、ブラのホックを外し、
    佳代の生胸を揉み始めます。
    そして佳代の乳首を指先で弄り、舌で舐めながら唇で吸い始めると……
    佳代も艶っぽく反応を始めました。
    佳代のミニスカを捲り上げてオレンジのパンティを丸出しにします。
    パンティの上から触り始めると……
    佳代の秘穴はすでに湿り気を帯びて熱くなっていました。
    私「無理矢理なのに感じてるんだね佳代」
    佳代のお尻に手を回しパンティをプルンと脱がせてしまいました。
    私もジーンズとパンツを脱ぎ、準備オケイ!。
    すぐには挿入せず、たまのすけ棒で佳代の秘穴を軽く突き続けます。
    佳代「あっあっあ〜っ!」
    私は佳代にキスと胸への愛撫を続けていました。
    ほとんどレイプ状態なのに佳代もマジに感じてきたのか、
    積極的に舌を絡め、喘ぎ声を上げています。
    そして佳代が
    佳代「貴方の気持ちわかったから放して……もう抵抗しないから」
    私「佳代さんの事好きだったんだよ。でもいつの間にか辞めてるし……
    今日は佳代さんを俺の女にしたい」
    佳代「わかった、良いわよ……でも誰にも言っちゃダメよ。」
    無理矢理だったが……佳代は堕ちた
    これで二人はお互いを求め始めたのでした佳代を抱きしめディープキス。
    お互いの舌を貪りあいます。
    そして佳代と念願の合体
    佳代「あ〜〜っ」
    充分に濡れた佳代の蜜壺をたまのすけ棒で貫きました。
    長く激しいピストン運動で佳代を責めていきます
    佳代「あっあっあっ……」
    大きな声を上げながら感じています、その口ををディープキス塞ぎます。
    そしてぐったり脱力、佳代はイってしまいました。
    次は佳代の番です。
    佳代は私を押し倒すと、私の乳首を舐め始めました。
    佳代は私の乳首を舐めながらたまのすけ棒を握るとパクっと咥えました。
    舐め上げながら唇でピストンししごきます。
    玉袋も揉みながら乳首を弄ってます。
    人妻の強烈なエロさを感じていると。
    佳代「私は貴方が思っているような純情な女じゃ無いのよ!
    ……こんな事だってヤるんだから」
    そう言い、佳代は私に跨がり、たまのすけ棒を握ると自ら挿入します。
    佳代「イメージ崩れたでしょ……ほら、こんな事もするのよ」
    佳代はニヤリとして私の玉袋を揉みしだきながら激しく腰を動かします。
    何度も抜けては挿入、を繰り返したのでした。
    私は正直、圧倒され、佳代の胸を揉むのが精一杯でした。
    激しく腰を動かしていた佳代の動きが止まり、私に抱きついてきて
    佳代「またイっちゃった」
    とキスをしました。
    私はまだイって無かったので
    私「俺はまだイってないよ」
    私は身体を起こし、佳代を寝かせます。
    そして正上位へ、今度は佳代を責める番です。
    必死で腰を動かし、突き続けるます。
    キスをしながら胸を揉んでいると敏感になってる佳代はまたイってしまいました。
    しばらく抱き合い、佳代を腹這いにさせて……ズブズブと挿入、
    佳代を後ろから犯します。
    ピストン開始すると。
    佳代「あっあっあっ……」
    と激しく反応する佳代。
    今度は二人ともイってしまい、慌てて佳代から抜き取り発射しました。
    二人ともぐったりと腹這いに潰れてしまいました。
    しばらく抱き合っていると
    佳代「……この事は誰にも言わないでね!」
    と言って、佳代はキスをしました。
    そして佳代は服を着て帰って行きました。


467  まりえ - 2013/08/01(Thu) 04:05 No.22681
    狙われていたみたいです。ぜんぜん気がつかなかったのですが、中学生のころから、通学姿とかを盗撮されていました。自宅からでるとこやパンツさえも..。しかも、それがネットにアップされてることも、捕まった車の中で知りました。頭が真っ白になりました。
    廃屋のようなところで、一晩中ありとあらゆる酷い仕打ちを受け、ぼろぼろの状態で放り出されました。
    キスもしたことなかったのに...。
    体調は少しずつ戻ってきましたが、これからのことが心配です。


468  さおりん - 2012/07/08(Sun) 15:28 No.20864
    25歳のOLです

    某ホテルで働いています

    今年になってから3回もレイプされました

    レイプ魔さんの話によると、私はえむの顔をしてるそうです
    見た目でレイプしてもOKだと判るそうです

    まぁ実際レイプされてもスッゴく気持ちいいし、またされたいなんて思ってますけどね

    見た目で判るものですか?


469  あーちゃん - 2013/07/29(Mon) 20:25 No.22671
    あん…イ、イク〜ハアハア…


470  門岡ゆいきです - 2013/07/25(Thu) 19:14 No.22661
    東大阪男性人でエッチしたい男性人探しています
    うちのかわいい奥さんどなたかお仕置きしたいのですか手伝ってくださいまた電話ください09082163313


471  律子 - 2013/07/28(Sun) 05:18 No.22669
    私…31歳の主婦です。子供は1人です。旦那の釣り仲間の71歳に、自宅で犯されてセックスまでも、抵抗しても力が凄いです、


472  智子 - 2013/07/25(Thu) 21:42 No.22662
    犯して〜!

    レイプして〜!


473  優子 - 2013/07/21(Sun) 07:10 No.22650
    私…33歳の子持ちの主婦。 町内の会合が終わった後に、家に向かって歩いていた時でした、背後から近寄って来た、外国人に手で口を押さえられて、抵抗したけども廃業した工場に、引き摺り込まれて、床に押し倒されて、着ていた服を脱がされて、 ミニスカート1枚の姿に、


474  13歳 - 2013/07/11(Thu) 07:50 No.22623
    お前ら、散々やりたい放題私にして、勝ち誇ったような顔してるが、私はあんなこと、屁とも思ってないんだから、勘違いするなよな。
    確かに、初めてだったし、少しはパニックったかもしれないけど、お前らなんかに心まで許したんじゃない。
    お前ら、あの時私のこと、逝った噴いたと囃し立てていたが、全然感じてなんかいないから。少し身体が勝手に動いただけだ。
    お前ら、いいか、私はあの最中だってのっかてる奴を見下していたんだ。泣きわめくフリをしながらな。
    あと、貧乳だ、毛がない、などと言いふらすな。そのうちデカくなるし生えてもくる。絶対中には出すな。
    そう、あのあと戦利品とかいって持っていった私のブラとショーツ返せ。お気に入りなんだ。


475  ともか - 2013/06/29(Sat) 10:44 No.22589
    姉夫婦は旦那が18才年上でした。私は朝帰りだったので自分の部屋で眠っていた。その時、姉夫婦がやってきて姉は母親と二人で用事に出掛けた。 そして義理兄は留守番をしてた。その時に静かに私の部屋に入ってきて私が眠っているのをチカラで押さえ込んでキッチンから持ってきた包丁で脅しながら私を何度も犯したのです。危険日だから中に出すのだけは絶対に止めてと言いましたが4回も生中だしをして「ありがとう」と言って部屋を出て行った。私はシャワーを浴びて流しだしたはずなのにいつまでも出てきた。 そして姉が帰って来て二人で車に乗って帰って行くと思って安心していると急に戸が開いて義理兄が入ってきて 耳元で「最後にもう一度やらせろ」と言って下だけ脱がせて入れてきて直ぐに中だしをして急いで帰って行った。そして私は生理がきていません。


476  ナツキ - 2013/06/05(Wed) 15:06 No.22538
    結婚して四年すぎましたが、何故か子供が出来ません、
    主人とセックスするのは月、一〜二回位で何やら物足りなく、毎日朝主人を お送り出し1日同じ事の繰り返し、
    不倫する勇気もありません、誰か私をレイプしてください


477  TOMOKO - 2013/07/12(Fri) 22:12 No.22629
    制服姿の私を犯して〜(笑)


478  むつみ - 2013/06/21(Fri) 10:03 No.22567
    私は旦那と同じ高校だった後輩の女の子の従業員2人で小さな会社を経営してます。
    今年の私の誕生日の日に旦那と温泉旅行に行きました。
    最初2人っきりの旅行だと思ってました。
    でも接待のしごとで顧客と合流と言われました。
    温泉は入れるし誕生日だしパパありがとうって思った。


    ただの接待だった。旦那は私を客を減らさないようにするため売ったんだと思った。
    いきなり抱きしめられ、舌を絡められあとは抵抗してもされるがまま。
    三時間ぐらいしたら終わった。従業員の麻衣ちゃんに連絡したらすぐに車で来てくれた。
    彼女の軽自動車の中で私泣き崩れました。
    一晩中彼女抱きしめてそばにいてくれました。麻衣ちゃんは先輩、もう大丈夫ですって一緒に泣いてました。いつもそばにいてくれるまいちゃんに感謝します。

    フラッシュバックするたび涙します。
    イヤな誕生日でした。


479  祐花 - 2013/07/07(Sun) 08:51 No.22618
     私が高校1年の夏休みのときのことです。
     母が通っている合気道の先生が家を訪ねてきました。
     その気になれば気合い一つで相手を動けなくさせることができるという大変興味のある話をされ、私も母と二人で楽しく聞いていたのです。

    「たとえば……ちょっとやってみましょうか」
    と言って、先生は畳の上に母を座らせました。
    「目を見てください。いいですか……」
     そう言うと、先生は母の両肩をつかみ、「エイッ!」と一声気合いを入れたのです。
     天井に響き渡るような甲高い声。
     とたんに母の体から力が抜け、畳の上に寝かされてしまいました。
    「さわってみてもいいですよ」
    と言うので、私は母のそばに寄って顔をのぞき込みました。
     母は力なく目を見開いたまま、よだれを垂らしています。
     声をかけても肩をゆすっても全く反応はありません。
     完全に眠ってしまったようでした。

    「これ、どういう状態なんですか?」
    「自分より強い相手の気に飲み込まれてしまうと、気を失ってしまうんです」
    「やだ! 気絶させちゃったんですか!」
     私は状況も理解せずに、ただはしゃぐような気持ちで先生の方に顔を向けたのです。
     とたんに先生に抱きすくめられました。

    「何をするんですか!!」
     私が驚いて先生の体を突き放そうとすると、
    「君もお母さんのようにさせちゃうのは簡単なことなんだよ」
    と肩をつかまれました。母にしたように……
     その一言で、私の抵抗しようとする気持ちも失せてしまったのです。

     結局その場で私はレイプされました。
     母が眠っているすぐそばで。
     犯されている間も、母はずっと私の方を見ていました。
    「気にしなくていいよ。何も見えてはいないし聞こえてもいないから」
     先生は母のことは気にもとめずに私のことを犯し続けています。
     「おかあさん! 早く目を覚まして!」
     私は母の顔に目で訴えながら、たたそれだけを祈り続けていました。

     結局母は何も覚えていませんでした。
     まるで手品か催眠術でも体験したかのように感心した表情です。
     でも、母の体を目的に先生が家を訪ねてきたことは明らかでした。
     私は母に、二度と合気道に通ってはいけないと訴えました。
     レイプされたことは話していませんが、何か不快なことがあったらしいとは理解したようです。

     それ以来、母とも顔を合わせることを避けるようになりました。
     意識には届いていなくても、私の犯される姿が母の網膜に映っていたことは事実なのですから。


480  さえ - 2013/06/16(Sun) 15:55 No.22560
    川沿いの遊歩道を毎晩ジョギングしてます。

    途中、大きな公園があって、遊歩道に並行して公園内にも道があります。
    林と草地に囲まれたそっちの道は土と芝で楽なので、いつもそっちの道に入ります。

    先週、林の影から出てきた人にいきなり後ろから口を押さえられ、茂みに囲まれたちょっとした空間の芝の上に引き倒されました。
    あっという間でした。

    膝をついた状態で、無言のまま後ろから胸をつかまれると、体から力が抜けました。
    ジョギングのせいもあって、軽くハーハーした息遣いの中で、
    「やめて・・・・・」かすれた小さな声しかでません。
    ゆるいシャツの下に手が入ってきてタンクトップの上から胸を握られました。
    「あっ・・・、やぁっ・・・」
    カップ付きのタンクトップでブラは付けていません。
    反射的に両腕で胸をかばいましたが、痴漢の両手が胸をおおった上から腕で押さえただけだし、胸を揉まれていると力が入りません。
    恥ずかしいし、意思に関係なく感じてしまっていたからです。

    あっという間にタンクトップの中にまで手は入ってきて、直接揉まれました。
    硬くなった乳首の上を痴漢の指や手のひらが這いまわると、
    「はっ・・・。ん・・・」
    勝手に体がヒクついてしまいます。

    「あん・・・。やっ・・・、ん・・・・」
    訳のわからない息遣いが口から漏れるので、声を出すべきと思っても声を出せません。
    なにか声を出そうとするといやらしい喘ぎ声が代わりに漏れてしまいそうでした。

    スパッツの上から股間に手を差し込まれ、あそこを握り締められると、
    「あっ・・・。だめ、ここじゃぁ・・・」
    そんなことを囁いて、自分から茂みの奥へ匍匐前進。
    人に見られるわけにわけいかない。そう思いました。


    ・・・・ ・・・・・


    芝生についた手に顔をうずめて、後ろからたっぷり抜き差しされると、腰がくねくね蠢いてしまいました。
    一度終わると、座った痴漢の腰の上に跨らせられました。
    痴漢の首にしがみつき、
    「ああぁ・・・ん」
    自分から腰を落とし、痴漢のおちんちんが中へ突き上がってくる感覚を味わいました。
    自分で腰を回し、しゃくりあげました。



    痴漢がぐったりしたまま、もう回復しなくなってしまうと、私は黙って服を直して立ち上がり、
    ジョギングの続きに戻りました。

    帰ってからのシャワーが気持ちよかったです。


481  あき - 2013/06/21(Fri) 17:32 No.22569
    私がまだ夜のお仕事、ホテヘルをしていた頃の体験です
    仕事に慣れ、常連のお客様もつき始めたそんな時でした
    こんな、仕事だからなかにはさせてよーと言うお客様や、素股中にどうにか偶然を装おうとするお客様もいました
    でも、その日のお客様は三回目くらいで油断してしまっていたのかも知れません
    いつも通りシャワーを浴びてサービスを始めた時でした
    三回も通ってるんだからと、しつこく言ってきたのです
    やんわり断っていると頬に激しい衝撃が走り、私はベッドに倒れました
    殴られた事に驚き声も出ませんでした
    その日はスク水のコスプレを頼まれ着ていたのですが
    彼は倒れた私に馬乗りになり、殴られたくなかったら大人しくしていろと私の彼処に指をいれてきました
    もちろん、殴られそんな気分じゃない私は全く濡れていません
    すると彼は仕事用のローションを手にとると、水着の隙間から私の彼処に突き刺すと中身を私の中に
    流石にいゃあああっと叫びましたが、彼は気にも止めず私の中に空になるまでローションを流し込みました
    これで濡れてなくてもはいんだろ?
    彼はそう言って私の足を強引に開き、硬くなったモノを無理矢理…
    抵抗しましたが、ローションのせいで私の彼処は全く彼のモノを拒めず奥の奥まで一突きに
    恐怖と絶望に力が抜けました
    力無く横たわる私に彼は激しく抽送を繰り返し
    中にたっぷりと吐き出しました
    彼がシャワーに入った隙に私は下着もつけず服をきて部屋から逃げ出しお店に電話しました
    店長がホテルのフロントと地回りさんを連れて駆けつけてくれましたがお客は逃げた後でした…
    その後も違うお客様で何度か似たようなめに遭い私はお店を辞めました
    後から聞いたのですが、先輩の女の子がついたお客様に私はさせてくれるとデマを流していたみたいでした


482  美咲 - 2012/07/10(Tue) 15:37 No.20869

    んー、
    なんか知らんがー
    おっぱい
    揉まれたいー。あん

    誰か揉んでー、
    だーれーかー。


483  ユカ - 2011/01/20(Thu) 15:15 No.14987
    みんな見てくれた。Googleで帰り道露出狂て検索すると女子高生・ユカのあぶない帰り道てでてくる。その内容全部マユミ先輩と逢坂先輩にさせられたユカです。Googleでユカ露出狂て検索して女子高生・ユカのあぶない日常の内容全部マユミ先輩と逢坂先輩にさせられたユカです。ああゆうこと恥ずかしいとか思っても秘部は、濡れてました。今でも関係あります。あの時も私から頼んだんです。あそこまでとは、思ってませんでした。マユミ先輩に素質あるていわれたときは、恥ずかしいけど嬉しかった。


484  私は@レイプされました。 - 2013/06/23(Sun) 14:27 No.22573
    取引先のちょっと偉い男に野獣のように犯された。
    これは、自分のガードが甘かったせいでもあるし、仕事も結構回してもらえるようになったから、まあいいや、と思うようにしたのだけど。。
    あの男、あのときのこと、あちこちで勝ち誇ったように言いふらしているらしい。
    泣いた、喘いだ、濡れた、悶えた、何度も逝った…
    狭い業界だから、あっという間に知れ渡って、いろんな人から心配されたり、嫌らしい目つきでニヤつかれたり。
    確かに随分ご無沙汰だったから私の性欲も高まっていたのかもしれないけれど…、悔しいし恥ずかしい。
    さらに、あのときのことを想像して、自分を慰める自分自身が情けない…


485  喜代子 - 2013/06/27(Thu) 14:26 No.22583
    今から7年前、まだ旦那と付き合っていた時の事です。その日は旦那が休みの日でHデートして、夜にJRで家に帰リ、駅を降りて歩いて帰っているときに男二人組に後から襲われて胸を揉まれ、身体中触られていたのですが拒否はせずに直ぐに感じてしまい、それを見て男二人はレイプされているのに感じているのか、淫乱な女だなと言うと近くに停めていた車に連れて行かれ二人組の1人の巨根の男がバックから挿入して彼氏居るのか?彼氏は中出しするのか聞かれ、彼氏いて中出しされてると言うとじゃあ中に出してやるよと言われ、中は駄目と言ったけど中に出すと、もう1人も挿入して中出しされました。車の中だけで二人は口とおマンコに2回ずつ中出ししました。その後はラブホにつれて行かれて、交代で中出しされて気がつくと朝になっていて男二人はいなくなっていました。レイプされ中出しされて気持ち良かったなんて旦那には言えず、今でもレイプされて感じた事を思い出すと旦那に悪いと思いながらも、おマンコを濡らしている毎日です。


486  匿名 - 2013/06/25(Tue) 14:20 No.22575
    36歳の主婦です

    十日前に朝ゴミを出してるわずかな隙に家に入られ、わずか八千円のお金を取られた挙句にレイプされました

    相手が避妊をするはずもなく、そのまま身体に出されてしまいました、主人は今契約社員を取り消され、私もアルバイトで生計の手助けをしております、聞くところによれば医者に行って処置してもらうとかなりの費用がいるとの事、以前、主人が黙って私に中に出した時一ヶ月そのままにしておいた事があったけど生理が来てほっとしたことがあり、今回もこのままにしておこうと思いますがどう思われますか?

    主人に離婚されるのが怖くて話せません


487  博美 - 2013/06/26(Wed) 00:14 No.22579
    私は心の病をケアする施設に勤める看護師です
    私が夜勤の日に事件は起きました
    男性職員が仮眠に入り、私が待機しているとナースコールが鳴りました
    大概、たわいも無い事なので起こすのも悪いし良いかななんて考えたのが間違いでした
    比較的に症状の軽い患者さんだったし、まだ若い方だったし…と軽い気持ちで…どうしました?って部屋に入ったんです
    そしたらいきなり口を塞がれ押し倒されたんです
    暴れる私を押さえつけ、エプロンの上から乱暴に胸を揉まれました
    逃げようとする私に馬乗りになり、怪我したくなかったら大人しくしろと彼は言いました
    私は怖くて黙って頷きました
    彼は私を立たせ、ベッドに私の手を縛りつけエプロンからハンカチを取り出し私の口に押し込みました
    背後に回り込み私のベルトを外し、チノパンのファスナーを引き下ろして…
    ためらう事無く私の下着事、ズボンを引き下ろしました
    指で開かれ描き混ぜられ…悔しくて恥ずかしいのに私はグチャグチャに濡れていました
    そして、私のアソコに彼のモノが当たりました
    当然ゴムなどありません
    私は腰を捻り抵抗しましたが、彼のモノは私の中にズブズブと
    今までのどの彼氏よりも太く大きいモノが私の奥まで入り込み…
    激しく突き上げられた瞬間、私の意識は真っ白になってしまいました
    一度イかされ敏感になってしまった私は、気持ちとは裏腹に恥ずかしい声をあげ彼のピストンに合わせてお尻を振り…
    彼が満足するまで何度も…
    解放された私はすぐにシャワーを浴びました
    恥ずかしくて上司にも同僚にも言えませんでした
    彼は退院するまで昼夜問わず私にエッチな悪戯を繰り返すようになってしまいました…それを待ち望んでいた私はダメな看護師です


488  春菜 - 2013/06/24(Mon) 05:29 No.22574
    友人に誘われて、ある折り紙の会入り初めは気が乗りませんが、段々と面白くなってきて半年が過ぎました、昨年の秋の出来事です、気の合う会員数人とカラオケに行き帰りに講師の先生の車に乗せて貰い自宅に送って貰う途中にラブホテルに連れ込まれて、無理やり犯されてしまいました、

    犯されていながら 気が行って行ってしまいました、
    今まで3人の男性と関係を持ちましたが こんな良かったのは初めてです、レイプされて悲しいのに なぜこんなに成るのですか、教えてください。 


489  主婦 - 2013/06/05(Wed) 21:25 No.22542
    中年主婦で、主人と子供がいますが年齢は勘弁してしてください

    二ヶ月前に、居直り窃盗犯に遭遇してしまい、レイプされました

    かなり年配の犯人で、家に置いてあったデジカメでレイプされた後の私の汚された部分の裸体をしっかり撮られて(警察に言うな)とはき捨てるように行ってそのデジカメを持っていかれてしまいました

    生理がこなかったら婦人科に行って処置してもらおうと思っていましたが、幸いに心配していた翌月の生理もちゃんといつもようにきてくれて安心しましたが

    心配なのは、その犯人が又家に来るような気がして毎日が憂鬱になっています 勿論主人には何も話をしていませんが、結果が怖くて打ち明けられません

    私、どうしたらいいんでしょうか


     


490  優香 - 2013/01/28(Mon) 14:58 No.22163
    26歳OLです。相手は2人でした。 どうして感じてしまうの?抵抗する力も尽きて泣いてるだけだったのに ものすごい快感が身体中に・・頭の中は何も考えられなくなって 何度も何度も絶頂に…解放された時にはボロボロでした。 自分から求めてしまったの思い出すと自己嫌悪になります。


491  人妻 - 2013/06/07(Fri) 10:02 No.22546
    結婚して2年目の主婦です。
    夫は公務員で、とても真面目な人です。
    私もどちらかと言うと真面目な方で、若い時もあまり派手に遊ぶようなキャラではありませんでした。
    ですから、平凡ですけど、人並み以上の生活が出来て満足していました。
    でも、唯一の悩みは、最近ドンドン増してきた性欲でした・・・

    若い頃は人より少なかったと思います。
    経験人数も3人だけで、オナニー以外ではイッた事はありませんでした・・・
    それで、最近はずっと家にいるので、時々ムラムラとしてしまい、昼間からオナニーをするのですが、中々おさまりません。

    そして夜になって主人になんとなく伝えるんですけど、主人はすぐに寝てしまいます。
    付合ってる時からもエッチは少ない人でした。
    でも当時は私もエッチは好きではなかったので、良かったと思っていました。
    ところが、30近いからでしょうか?今だけなのでしょうか?毎日ムラムラしてしまいます。

    週刊誌の色々なエッチな体験談を見ていると、皆さん凄い体験をされています。
    私はこのまま何もしないで、性欲が無くなるのを待つしか無いのでしょうか?と毎日考えていました・・・

    そんな時、マンションのお隣に男の人が引越してきました。
    その人は見た目が派手で、ちょっと恐い感じのチンピラ風でした・・・

    引越を見た限りでは、独り身のようでした。
    特に挨拶には来ませんでしたけど、逆にホッとしました。

    でも、次の日のお昼ぐらいにすれ違った時に、「あっ、隣の人妻さん?どーも!やっぱ人妻っていいっすね!」とか気軽に話しかけてきました。
    何故か凄く嫌な気分になりました・・・
    私を「人妻」というカテゴリーでしか見てないような、下品な感じがしました。

    その日の夜に、主人に愚痴るようにその話をしました。
    主人も心配していましたけど、「今まで見た目で判断されて嫌な思いをしてるかもしれないから、様子をみようよ!」と優しい事を言っていました。
    その男は、夜になると出掛けて行くようで、主人とは顔を会わせる事はありませんでした。
    だから主人もほとんど気にしていませんでした。

    そして、その男が引越してきて4日ほどすると、昼間の2時位に男の怒鳴り声が聞こえました。
    誰か一緒に部屋にいるみたいで、相手は女性のようでした。
    私は凄く恐くなりました・・・でも、男の部屋は角部屋で、隣の部屋は私達の部屋しかありません。
    たぶん上の階や下の階は、昼間は人がいなかったはずです・・・

    私は殺人とか想像してしまい、恐くなってただ様子を伺ってるのが精一杯でした。

    するとしばらくして気付いたのですが、怒鳴り声に混じって、「ああん、ひゃああ」と女性の喘ぐような声も聞こえてきました。
    そして次第にその声しか聞こえなくなりました・・・
    どうやらSMプレイ?っていうのをしていたようなんです!
    びっくりしてしまいました・・・話には聞いた事がありましたけど、本当にやっている人がいるのですね?
    少しだけホッとしましたけど、その後、3時間もその声が続いていました。
    私は何人も人がいるんじゃないかと思ったぐらい、凄い長い時間していたようです。
    あの男の人も、一緒にいる女性も、すごいスタミナだと思いました。

    私も凄く興奮してしまったんですけど、あの男で興奮してる自分が嫌で、絶対考えないようにしました!
    主人が帰ってきた後にその話をしようとしたんですけど、何となく主人とエッチな話をするのが気まずい感じなので、その話はしませんでした。

    そして、びっくりした事に、その日から毎日のように昼間にあの声が聞こえるようになりました・・・
    まだ子供がいないから良かったものの、本当にひどいです!
    いい加減注意しようと思うんですけど、内容が内容だけに言い出しにくいんです。

    それだけじゃなくて、その男は段々私にも失礼な態度を見せてくるようになりました。
    その時期は暑かったので、ゴミ捨てにキャミソール一枚で行った時、ちょうど朝帰りの隣の男とすれ違いました。
    すると男は「奥さんおはよう!いやー朝からエロいねー?おっぱいおっきいね?何カップ?」とか平気で聞いてくるんです!
    私も露出が多い格好をしていたのがいけなんですけど、露骨に見てくるんです!

    私は隣の男は大嫌いなんですけど、毎日あの声を聞かされてると、何回か、それをおかずにオナニーをしてしまった事がありました。
    悔しいですけど、どうしても興奮がおさまらずにしてしまいました。
    だって主人とはほとんどエッチしていません。
    たまにした時も、すぐに終わってしまい、どうしても昼間の激しい隣のエッチと比べてしまいます。

    そして私は大嫌いな隣の男のエッチをおかずにオナニーをするのが日課になってしまいました・・・

    私は毎日チンピラ風の男のエッチの声を聞かされて、次第にその声をオカズに毎日オナニーするようになりました。
    最初は一日一回すると、素面で男の顔を考えてしまい、すごい嫌悪感で、すぐにイヤフォンして音楽を聞いて、声が聞こえないようにしました。

    そして、いつもはその声を聞いて、昔好きだった男の人や、昔の会社の上司に犯される所を想像していたのですが、ある日、とうとう隣の男に犯される所を想像してしまいました。
    それはいつも考えてはいたんですが、自分の中で絶対に想像してはいけないと決めていました。
    だって、あんな下品で何の仕事をしてるか分らないような男ですし、毎日女を連れ込んで、しかも違う女を・・・そんな男を想像するなんて、絶対にしてはいけない事だと決めていました。

    でも、ついに考えてしまいました。
    いけない事だと分かっていても、本当はそれが一番興奮してしまうと分かっていました。

    そして私は隣の男に犯される事を考えました・・・
    無理矢理部屋に押し入られ、物のように使われて、今叫んでる女性のように大きな声を出して感じてしまう・・・
    それを考えただけで、今までで一番興奮して激しくイッてしまいました・・・
    一番気持ち良かったと思います・・・

    私は過去の経験からも、隣の女性のような狂ったような声でエッチをする事はありませんでしたし、特別変わったエッチもした事がありません。
    もちろん自分からは言い出せません。
    友達が野外でエッチしたなんて言うと、正直ドキドキして、すごく羨ましかったです。
    妄想の中では色んな事をしたいって思ってるんですが、主人が思いきってしてくれなければ、一生する事はないと思います。
    そして時々『このまま何も経験しないでお婆ちゃんになっちゃうのかな?』って思います。

    そんな事を考えると、また興奮してきて、続けてオナニーをしていました。
    男は本当に獣のような性欲でした・・・
    私は次第にオナニーしてる時の声も大きくなって、夫が一切興味を示さないFカップの胸も揉みしだきながら、2回目の絶頂にいきました。

    その日私は自分の中の境界線を越えてしまったみたいで、狂ったように5回もオナニーをしてしまいました。
    最後の時なんか、大きな声で「犯して、犯して」って言ってしまいました。
    その後は体がだるくなってしまい、しばらく動けませんでした・・・

    男は土日には家に居ないみたいで、夫はあの声を聞いた事がありません。
    私は今までは土日が唯一あの声が聞こえないゆっくり出来る時間だったので楽しみだったのですが、もう違っていました。
    早く月曜日にならないかって思うようになりました。
    そして土日はずっとムラムラしています。
    主人に満足させてもらえばいいんですけど、正直言って、主人とのエッチではあの興奮は得られないと思いました。
    もう普通じゃない興奮なので、主人のノーマルなエッチでは、逆に欲求が増してしまいそうでした。

    だから私は主人に隠れて、トイレで妄想しながら一人でする事もありました。

    そんな生活をしていると、ある週明け、いつものように期待して待っていると、隣の部屋から男の気配が感じられません。
    いつもなら帰ってくる時間です。
    私は土日の欲求を溜め込んでいるので、いつも月曜日は沢山していました。
    段々おかしくなりそうな位欲求がたまってきました。
    でも男は全然帰ってきませんでした・・・

    結局その日は男は帰ってきませんでした・・・
    そしてしょうがなく一人でしたんですけど、いつもの興奮には全然及びません・・・

    そしてショックな事に次の日も男は帰ってきませんでした・・・
    もう頭がおかしくなりそうです・・・
    「誰でもいいから犯して」なんて思ってしまいました・・・
    行動には移しませんでしたけど、昔の彼氏や、告白された事のある同級生に連絡したらエッチが出来るかも・・・って少し思いました。

    次の日も男は来ません。
    もう一日中その男の事しか考えられませんでした・・・
    そしてついに、木曜日に男は帰ってきました!
    しかも女性と一緒に帰宅したみたいでした。

    私は男の声を聞いただけで濡れてしまい、顔も真っ赤になっていたと思います。
    私は壁に耳を押し付けて、アソコを触っていました。
    そしてすぐにあの激しいエッチがはじまりました。

    狂いそうになるほど待ち望んだオカズでした。
    私は信じられない位簡単にイッてしまいました・・・こんなのははじめてです・・・
    でも全然おさまらなくて、もっともっとって思いました・・・

    あの男っていったい何なんでしょう?男性の方も厭らしいと思う女性がいるように、私にとっても、たぶん他の女性からみても、あの男は性欲をむき出しにさせる何かがあるのかもしれません・・・だって私は確実に変になってしまいました・・・

    私は、もっと近くで感じたいと思って、ベランダに出てみました。
    すると隣は窓が開いてるみたいで、すごくダイレクトに声が聞こえてきました。
    もう大興奮で、私はベランダに出て、布団を干しながら、布団で下半身が見えないようにして、その場でオナニーをしていました。
    そしてもうすぐイキそうになった時、女性の声が近付いてきたと思ったら、男が女性を抱えながらベランダに出てきてしまいました!

    駅弁っていうのでしょうか?
    激しく合体しながらベランダに出てきた男と、すぐに目が合ってしまいました!
    私はイキそうだったので、真っ赤な顔で変な顔をしていたと思います。

    私はびっくりしてすぐに部屋に入りました。
    すごい動揺しました・・・色々考えてしまいました・・・
    『あんな声が聞こえるベランダで私が一人でいたんだから、オナニーしてるのばれちゃったかも・・・』って思いました。
    しかも、若干股に手を入れて、中腰みたいな格好だったので、すごく不自然だったと思います。

    私はその後はオナニーに集中できなくなってしまい、しばらく欲求が溜まりっぱなしの体で、その事をずっと考えていました。
    すっごく恥ずかしかったです。

    するといつの間にか隣の声が聞こえなくなっていて、私は『うそっ、まだ1回しかイッてないのに!』って思いました。
    いつもよりも早く終わってしまいました。
    私はショックを受けてると、隣の部屋から女性が急いで帰って行くのが聞こえました・・・

    そして私はしばらく何も出来ないで、エッチな事ばっかり考えていると、家のチャイムが鳴りました。
    私はパンツを脱いでいたので、スカートを直して、キャミソールの下はノーブラでしたけど、どうせ郵便だろうと思い、ドアを開けました。

    するとびっくりした事に、隣の男が立っていました!
    しかもパンツ一枚です!
    「どーも奥さん!今暇?」と軽々しく話しかけてくると、いきなりドアをガバッと開けられてしまいました。
    私はびっくりして声も出せなかったんですけど、男がパンツ一枚なので、こんなとこ誰かに見られたらまずいと思って、「何してるんですか!ドア閉めて下さい!」って言いました。

    そしたら男は出て行かないで、玄関に入ってきてドアを閉めました。
    私は何が何だか分りませんでした・・・

    すると男は「いやーごめんね!いつもエロい声聞かせちゃって!奥さんも我慢出来なくなっちゃうよね?」なんて話してきました。
    私は何も言えません・・・
    「さっきベランダで気持ち良かった?一人でしてないで俺が手伝ってやろうか?」と男は言いました。

    私はドキッとして、顔が真っ赤になってしまい、必死で「何言ってるんですか!そんな事してません!変な事言わないで下さい!」って慌てて否定しました!
    すっごく焦って喋っていたと思います。

    すると男はニヤニヤして「奥さん何言ってるの?天気がいいから布団干しは気持ち良かった?って聞いたんだよ!布団が重そうで大変そうだから手伝おうか?って言ったんだよ!」と言いました。

    私は『うそっ何それ!』って感じで、一人でオナニーがバレた話だと思っていて、すっごく恥ずかしくなってしまい、耳まで熱くなって、恥ずかしくて下を向いてしまいました。
    完全に男にカマかけられたみたいです・・・

    男はすっごい嫌な顔でニヤニヤ笑って、「奥さんオナニーでもしてた?恥ずかしがんなよ!」と言ってきました。
    そして男はパンツの上から自分の物を擦っていました。
    男のパンツは、凄く厭らしい感じのパンツで、ブリーフ?っていのうでしょうか?水泳の選手がはくような凄く小さいパンツで、紫色のシルクみたいです。
    すっごくモッコリと膨らんでいて、主人と比べるとボリュームが全然違います。

    男は「ここに本物あるぜ!使いなよ!」と言って、あっさりブリーフを横にズラして、本物のアソコを私に見せつけてきました!
    私は現実が信じられなくて、固まってしまいました!
    こんな経験もちろんありません!
    本来なら叫んで警察を呼ぶ所ですけど、私は色んな事が重なって、全く動けませんでした。

    オナニーをしてるのがバレてしまった事、パンツ一枚の男を家に入れてしまった事、何より中途半端に終わってしまったオナニーで、異常に欲求がたまっていた事。

    男が私に見せつけたアソコは、勃起していないのに、主人の勃起時より大きかったです・・・
    私は体がゾクッとして、ドンドン濡れてくるのが分りました・・・

    隣の男は、パンツの脇から垂れ下がった大きなアソコを、自分の手で上下に擦りながら、「奥さん、本物欲しいだろ?え?」と聞いてきます。
    私は恥ずかしくて何も言えませんでした。
    警察を呼ぼうと考えました・・・でも、どうしてこうなったのか聞かれて、男が私の事を全部喋ってしまうのでは・・・って考えてしまいました・・・もし夫にもバレたら・・・

    そう考えているうちに、男のアソコがドンドン大きくなっていました。
    全裸でいられるより、パンツの脇から巨大な棒が出てる方が、すごくエッチな気分になります・・・
    男は全部分かってやってるのでしょうか?

    そしてその大きくなった大きさにびっくりでした・・・
    こんなの見た事はありません・・・私も経験が人より少ない方ですから・・・でも主人や昔の彼氏に比べても、2倍、3倍は大きいです。
    しかも形がハッキリしていて、弓のようにお腹に向かって反り返っていて、先の所がすごく大きいです。

    それを私に見せつけるように手で擦られると、それだけで犯されてる気分になってしまい、アソコから愛液が垂れてくるのが分りました。
    私はオナニーをしていたので、キャミソールと膝丈のスカートだけで、ブラもパンツも穿いていませんでした。
    気がつくと乳首はすごく固くなって、キャミソールからクッキリ浮き出ていました。
    たぶん男も気付いています。

    そして愛液が内ももつたって垂れてきてしまったので、男に気付かれないように必死で股を閉じていました。
    私は「もう帰って下さい!警察呼びますよ!」と言いました。
    とにかく恐かったので、私には受け入れる余裕はありませんでした。
    もちろん今まで浮気もした事がない真面目な恋愛だけでしたので、こんな状況だけでも大事件です!
    もうどうしたらいいか分りません。

    それでも男は帰らないで、ニヤニヤして、「ほら!奥さん俺もうこんなだよ!女も帰っちゃったから、俺毎日3回は射精しないとおさまんないんだよ!奥さんもヤリてーだろ?」と言いながらゆっくり近付いてきました。
    私は足を開くと愛液が垂れてしまうので、すぐに動けなくて男に手を握られてしまいました。
    私が震えながら「やめて下さい!本当に警察に・・・」と言うと、男は私の手をアソコに持っていき、私に握らせました。

    もう・・・何とも言えない感覚です・・・久しぶりっていうのもありましたけど・・・ものすごい固さ、太さ、男らしさ・・・全部主人には無いもので、この数日私の頭の中で想像していたこの男の姿そのものです・・・
    さらに愛液が溢れ出てくるのが分りました・・・

    体から力が抜けて、顔が熱くなって、涙目になって、気がつくとアソコを凝視していました。
    男の手に誘導されて、一緒に上下に動かしてしまいました・・・

    すると男はいきなり私の手を引っ張って、玄関の下駄箱の上に手を突かせました!
    私は「きゃっ」と言って逃げようとしたのですが、男は私の後ろに廻りこんで後ろから背中を押して、私が下駄箱に伏せるような形になりました。
    すると私は男に対してお尻を突出して、顔は伏せているので、立って状態のバックみたいな格好をさせられました。

    そしたら男はいきなりスカートをまくりました!
    私はパンツをはいていなかったのが恥ずかしくて「いやああああ」と叫びましたけど、口も塞がれて、男は「おおおお!奥さん!ノーパンじゃん!すけべだな!あーあおまんちょビッチョビチョだな?え?オナニーでヌルヌルにしてたんだろ?」と好き勝手言っていました。

    でも恥ずかしいけどそれは事実です・・・もうどうしようもありませんでした・・・自分でもどうなってるか分かっています。
    さっきからすでに内ももがクチュクチュと音を立ててるのに気付いていました。
    この男がもし昔の彼氏だったら、私から「犯して!」ってたのんでいるところです・・・

    でも、素性も知らないこの下品な男には絶対たのめません。
    体が疼いて火照っておかしくなりそうでしたけど、必死で「何するんですか!やめて!ホントに警察呼びますから!離して下さい!」と言いました。
    でも体には全然力が入りません・・・

    男は私を無視して、後ろから私の濡れたアソコに、固くなったモノを押し付けました。
    その瞬間体の奥から初めて感じるようなゾクゾク感を感じました・・・全身鳥肌がたって、膝が笑ってしまいました・・・
    頭では、『こんなのいけない、しかもコンドームもしてないのに、絶対いけない!』と思っていましたけど、体が動きません・・・
    だって、もう一方では『これは無理矢理されたんだからしょうがない・・・私が望んだんじゃない、逃げられないからしょうがないの・・・』と自分を納得させて、快楽を求めようとした自分もいました。
    そんな葛藤をしてるうちに、男は「あーあ、こりゃ簡単にはいっちまうな」と言って、メリメリと巨大な固い棒を押し込んできました。

    私は久しぶりのエッチだったのに、今まで経験した事の無いような大きなモノを入れられて、最初は痛かったです。
    アソコはヌルヌルだったので、抵抗なく入ってきたんですけど、お腹がいっぱいになってしまって、まるで体内を征服されてしまったような感覚です・・・
    男は数回ゆっくりと出し