[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名    
コメント
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

無題 投稿者:犯されました 投稿日:2008/08/05(Tue) 13:52 No.581  
私は商店街をあるいていました。
するとインド人に声をかけられました
その人は「ちょっといい…?」と言って私はこたえるひまもなく公園の男子便に連れて行かれました
胸を触られパンツに手を入れられクリをいじられました
そしたらアソコがだんだん濡れてきて「…ゃめてっ」と言うと「入れてもいい…」っと言ってまえからチンコをいれてきました
すごく痛く「…ァァァアツ…ぃッツツツ…」と言うとドアを叩く人が…
その人が「気持ちぃ?」っと聞いてきました
インド人がドアを開けその人が入ってきました
その人はチンコをだしインド人は私に「口あけて」と言うと私の口にチンコを入れ
あとから入ってきた人は私のアソコにチンコを入れ高速で二人とも動かしてきたのです
そしてィつてしまいました



れいぷ 投稿者:ははややっゆ 投稿日:2008/08/03(Sun) 03:06 No.580  
わたしは学校の帰り彼氏と帰っていました
家は暇なのでちょっと遊んでから帰ることにしました
公園でしべったりお菓子を食べたりして時間を潰しました
彼氏は野球部で先輩にみつかったら
だめってゆってたから彼氏の家にいきました
そしたら彼氏の携帯に電話がきて
先輩がいまから家に行くと
ゆっていたそうなんです
わたしは何かいやな予感がしたので
もうそろそろ帰るとゆったのですが
送るから大丈夫だよといわれ
もうちょい遊ぶことにしました
そしたら先輩が2人きていろいろ
しゃべっていました
そしたら1人の先輩に
Hの経験あるの?とゆわれ
まだ処女なんですぅとゆって
中2なのに遅いとゆわれて
なんか早くやりたくなったんです!笑
そしてみんなでHな話をして
彼氏も童貞ってことがわかって
先輩に今からやっちゃいなよ
ってゆあれて彼氏は
俺はいいけどってゆっていて
私にやろ?ってゆってきました
私は心の準備ができてなかったんで
今日はディープだけにしよって
ゆったらいいよってゆったのに
ディープしたらもう止められない
ってゆって先輩も一緒に押し倒してきました
私は抵抗したんですが意味なしで
ブラウスのボタンを3こめまで
はずされました!ブラがみえてきて
胸もみえてきました
はじめにやったってことで
証拠つけようってゆわれて
胸にキスマークをつけられました
そこまでいくとやってもいいや
っておもって抵抗せずにブラウスを
ぬぎました。けどやっぱり
緊張していやになって抵抗したけど
抵抗するのが遅くてブラのホックを
はずされました
彼氏が胸をみつめてきて
隠したら先輩に腕をつかまれて
隠せなくなって彼氏に
おまえ貧乳じゃんってゆわれて
だから嫌やってんってゆったら
けど貧乳もすきだよってゆってくれて
安心したのでもう抵抗せずに
もまれまくりました
気持ちすぎて「あん・・・あっだめっ・・あっ」
いっぱいこえがでてしまい
彼氏を興奮させてしまって
スカートをめっくて一気にパンツを
ひざしたまでずらされました
毛はえてるねっとか漏れてるよ
っとかいじわるなことばっかりゆって
もっと興奮しました。。。
彼氏だけならまた別ですが
先輩の前でえっちするのが嫌で
でもそれわゆえず我慢しました
彼氏は私のあそこを
指でいじってクチュクチュ
音をたてながらもう限界といって
自分のズボンとパンツを
一気にぬぎました
初めてみた彼氏のあそこわ
そごくおっきくてびっくりしました
ながめていたらあんまみんなよ
って照れくさそうにゆってきました
そしてさあいくぞってゆわれて
彼氏は先輩に手伝ってもらいながら
私の中にゆっくりいれはじめました
「いたっ・・・あん・・いやっ」
初めてだったので痛くて
涙がでましたがなんか感激でした
彼氏は胸をもみながら
腰をふって私のなかに
だしてしまいました
先輩がそれはまずいだろぉって
ゆってました
彼氏はごめんってゆって
ゆっくり抜きました
すろと先輩が次は俺らだなってゆって
ズボンとパンツをぬぎだしたした
「さっきから限界なんだよ」
ってゆって私のなかに
いれようとしました
私は彼氏に助けをもとめましたが
助けてくれず先輩のはげしさに
きを失っていました
おきると私の胸をもみながら
彼氏もよこで寝ていました
先輩はいつのまにか帰っていました
いそいで服をきて帰ろうとしたにですが
服がなくて彼氏をおこすと
今日はとまっていきってゆって
抱きしめてきました
彼氏は胸おっきくなったなぁってゆって
またもんできました
わたしは1回もまれたので
もう好きにされたくなって
またやっていっちゃいました
助けてくれなかったけど
彼氏がかわいくて
許したくなくても勝手に
ゆるしてしまって今ではなかよしで
なんかいもやってます



恋するレイプ 投稿者:バイキンマン&ドキン 投稿日:2008/08/03(Sun) 00:12 No.579  
私が小Eのときのことを書きます。 私はその時Hに超興味あって、いつもオナッてましたx ある時、満員電車で身動きとれないぐらいヤバい時がありました。そしたらお尻&胸&に違和感が、、、。
みてみると回りには、男の人がC人いました[多分高校生]ずっとモミ2されて、超喘いちゃいました(((゜д゜;)))
そしたら、耳元で[かわいいじゃん藁 もしかしておっぱいCカップ?ちゃんと、返事しないとお仕置きしちゃうぞ]って言われたので、[あああああああっっっやっっめてっっっ]と言ったら、[Cカップなのかって聞いてんだよセ]って怒り始めたので、[はっっっいっっあっっぃやっっっやめてっっっあっっでっっっもDカップっっっあっっですっっ]って言ったら、[マジで?じゃ遊んでもっとおっきくしてあげる]、、、。[えっ!?] }に連れてかれ、いっきに、A人のチン仔が私のマン仔のなかに、。[あんあんああんああんあっっっやめてっっっ]、、、。[俺達逝きそうK]、、、。そしたらA人の精子がドクAと入ってきました。私は泣きまくり、叫びまくり[やめてっっっ!!!!!!]そしたら[お仕置きx]と言われ、いろんなやり方でセックスされ、C人合わせ50回以上は逝きました。[あんあんあんああああっっっああんあんあんあああっっっやんっっめてんっっっやっっめてああんああんあんああっっっ]
意外とB人ともうまくて逝きまくりましたx
メアドも交換して、ぃまもやっています。
やりすぎて、おっぱいのサイズ がGカップになりました。[ぃまわたしは、高Aで〜すx]



H相談  投稿者:黄夏 投稿日:2008/08/01(Fri) 00:42 No.577  
私は、レイプ願望が、凄く強く、いつもレイプされたい、と思っています。
だけど、いざ、されるとなると、怖くなってしまいます。ど---にかなり増すか。
よろしくお願いします。   
{私、インタ--ネット初心者で、スミマセン。」



犯された! 投稿者:ゆかり 投稿日:2008/07/29(Tue) 13:32 No.576  
この前、友達だと思ってた男友達(Y)に犯されました。彼氏の事で相談してたんです。どぉしたらィィか分からなくなり涙が出てきちゃってYに相談してたら、『俺が慰めてゃるょ』って押し倒されました。私ゎ彼氏ぃるからゃめて!って言ったのですが男の力に敵ぅゎけもなく‥。私の上に乗り片手で私の両手を押さぇ片手で服を脱がされてぃきます。『やぁっ!やめて!!』抵抗しましたがビクともしません。ブラの上から胸を揉まれ、次第にブラの中ぇ‥。乳首を摘まれ体がビクンと反応してしまぃました。『なに感じてんの?』『ちっちがぅ!もぉやめてょ!!』ブラをはぎとられ舐められたり噛まれたり吸われたりしてるぅちに声が‥『ぁあっあんっんぅっやぁ、やめてぇ‥はぁぁんっ』Yゎますます興奮してしまぃ私のパンツの中に手を入れてきました。『やっ‥!!』ぐちゅっと指を入れられかき回されィキそぉでした。涙が止まらなくて、『もぉやめてょ‥!』Yゎやめてくれず指でィかされました。私が力はぃらなくて泣きながら横になってたら、『もっと気持ちよくしてやるょ』って‥無理矢理ぃれられました。バックで。生で。『やぁっお願ぃ!抜いてぇ!!』Yゎやめてくれず、ぐちゅぐちゅ音と私の泣き声が部屋に響きゎたりました。『あっ‥ぁあ!!』中だしされました。ショックで失神してしまぃました。妊娠してぃなかったのがせめての救ぃです。長ぃ文を読んでぃただぃてぁりかとぅござぃました。




無題 投稿者:ミドリ 投稿日:2008/07/27(Sun) 21:42 No.572  
夏の夜の事でした。
ひとり暮らしのミドリの部屋で、女の子6人だけで、水着で飲み会をしていました。
女の子だけという事で、みんなエッチな水着を着てました。
私も一応、三角ビキニで、6人の中では、1番おっぱいが大きいのに、わざと小さめの水着にしたりしました。
「ユイのおっぱいはみでそう(笑)」
とか、言われながら、みんなで楽しく飲んで、いつのまにか、みんなで寝てしまいました。

朝になって、ボソボソ聞こえる声で起きてみると、女の子達がいなくなって、ミドリとミドリの彼氏と男の子4人がいました。
私は、ベットで、手をバンザイの格好で縛られ、足をM字のに縛られていました。
水着は着たままでしたけど、足を広げた状態で、顔が赤くなるのがわかりました。
「ちょっと!ミドリ!これを解いてよ!」
「みんなが、ユイの身体で、遊びたいんだって。いいよね?」
そういって、ミドリが私の水着を脱がせました。
「やだ!辞めて!」
身動きをとろうとしても、動けず、すぐに裸にさせられました。
アソコも、アナルまでも、全部見える状態で、男の子達は、ニヤニヤ私を舐めるように、見ています。
そして、全員で、私の身体に触り始めました。
全身を撫でまわして、乳首をペロペロと舐めまわし、私は、アソコが、ヒクヒクして、触れてもらいたいのに、そこだけは、誰も触ってくれません。でも、ソコ以外を丹念に、舐めまわされて、どんどん、濡れて、どんどん感じてしましました。
「あん・・・やめ・・・」
「触って欲しいところがあるんじゃないの?」
ミドリが聞いてくるのを、黙って首を振りました。
「こんなになってるのに?」
男の子の一人が私のアソコを舌で、舐め始めました。
「・・・や・・・あっ・・あっ・・・あああ・・・ん・・・」
私は、やっと触れてもらえたのと、気持ちよさで、すぐに昇り詰めてしまいました。
でも、イク寸前に、男の舌が離れ、アソコは、更にヒクヒクしてしまいました。
「あ・・・んん・・」
私は、“どうして、辞めるの?”という顔をしてしまいました。でも、言えません。
身体中が、もどかしい感じです。
「強情ね〜。別にいいけどっ。ヒクヒクしてれば(笑)」
そういって、ミドリは、彼氏とエッチを始めました。
「あん・・・い・・・イク・・・イッちゃう・・・あああん・・・」
ミドリの声を聞きながら、さらに身体中が、敏感になっていく気がしました。
それでも、男の子達は、アナルまで舐めるのに、アソコには、触れてくれません。
たまに、触れて、イきそうになると、また辞めるのです。
「あ・・・あ・・・」
もう、イキたくて、意識が朦朧としてきた私は
「お願い・・・イかせて・・・」
そう言うと
「どこをどうして欲しいの?」
と、意地悪な質問をしてきます。
「あ・・・アソコを・・・」
「アソコじゃわかんないな〜」
「・・・ユイのオマ●コにお●ンチンを入れて・・・」
そう言うと、一人が私の口に、一人がアソコに入れて激しく動き、後は、一人が乳首を舐めまわし、一人がクリを舐めながら、アナルを指で刺激して、私は、あっという間に、イってしまいました。
その後は、かわるがわる、何度もイかされました。
いつのまにか、失神していました



犯してほしい女 投稿者:あああ 投稿日:2008/07/27(Sun) 00:13 No.571  
長野で詳しく聞かずにレイプしてほしい女がいる
レスいただければ情報流します



集団痴漢に… 投稿者:ちかこ 投稿日:2008/07/18(Fri) 01:34 No.566  
私は高校三年の時に初めてメル友と会う事になった。
私の地元は田舎で女子高だったので男の子と付き合った事がなく、メールだけど一つ上のメル友と付き合えたらなぁって思い会いに行きました。
地元から電車で三時間近くかかって会いにいきましたが…
メル友は好みは好みだったけど、遊んでご飯食べたらホテルにしつこく誘われたので私は怖くなって理由をつけて帰りました。
けっこう夜遅くなって地元の最終には間に合わない時間だったので途中でパパに車で迎えに来てもらう予定で電車に乗りました。
都会のその時間の電車は満員で身動きが取れな



親切な男性 NO3 投稿者:五十歳の人妻 投稿日:2008/07/17(Thu) 11:41 No.565  
 先日の先生宅を訪ねた。とても紳士で何処か憂いを含んだ感じが気に成って来た。一人暮らしの寂しさは主人の入院で思い知らされた。
 「先生、こんにちは、お邪魔しても良いですか」
「退屈していたところです、どうぞ上がって下さい」
「別段の用はないのですが、聞いて欲しいことが有ると仰っていたのが気に成りましたから」
「お茶でも入れますから聞いて下さいますか」
「私で良かったら、それでストレス解消出来るなら」
「僕は教育者でしょう、プライドが邪魔をして妻だけしか知りません、妻を亡くして本当の自分は何なのか、そう考え出すと、自分も男なんだ、好きなことをすることを思い切りしてみようと思い出したのです。僕には自慢できる物が一つだけ有ります、見て欲しい物が有るのです、でもお見せすることが出来ないのが残念です。と言うのも巨根なんです、だから走るのが苦手で運動会ではいつもビリ、巨根が邪魔をして走れないのです。いやいや、こんな下ネタの話嫌でしょうね」
「先生も男だったのですね、この年だから平気ですよ、私で良かったら見させて頂きます」
「見るだけで結構です、僕は露出狂だったのです、教育者として押さえ続けていたのです」
「本当にご立派ですこと、触らせて頂けませんか」
「見て頂いただけでもすっきりしたのに、触ってくれるのですか」
「こんなに立派なのに奥様一人だけ、勿体ないですね」
「気持ち良いですね、有難うございました、」
「私、変な気持ちです。こんな大きな物入るかしら」
「試してみたいですが、いけない事ですね」
「だから先生は真面目すぎるのです、貴方が欲しい、遣らせて欲しい、男ならそう言って欲しいのです」
「抱いても良いのですか」
「実はこの財布を落として困っていた時、親切な男性のお世話で家まで送ってもらったの、途中モーテルに連れ込まれて、お礼は身体で返してくれと強引に抱かれたの、押しの一手、女として感じてしまいました」
「遣られたのですか、どうでした」
「アバンチュールと言うか刺激が有って嬉しかったの」
「そこまで言われると僕も後には引けないですね」
 とうとう私のほうから誘惑してしまった。先生は恐る恐る入り口にあてがってきた。ゆっくりゆっくり挿入しやがて先生のオチンチンが奥まで届いた。
「奥さんいいですか、一年ぶりの女の体、いいですね」
「大きいから繋がっていると言う実感がして気持ち良いですよ」
「この財布は男を呼ぶ幸運の財布なのかしら」
「今までプライドで抑えていたものが吹っ切れました。やっぱり僕も普通の男だったんだ」
めくるめく長い時間を堪能して先生も果てた。前立腺摘出した主人はもう男で無くなった。そんな話を先生にするとこれからは僕が主人の代わりをしてあげよう、楽しそうに話した。
「奥さん有難う、余生の楽しみが出来ました。僕にとっても幸運の財布ですよ」



親切な男性 投稿者:五十歳の人妻 投稿日:2008/07/16(Wed) 20:04 No.564  
 警察から電話が来た。昨日無くした財布が届いているとのこと、世の中捨てたものではないと嬉しくなった。メモに住所と電話番号を書いたものを入れていた。「手続きを済ませて財布を受け取った。「必ず一割以上のお礼をして下さい」住所を見ると近くの方で歩いても五分ほどの所でした。早速手土産のお菓子を持って伺った。元校長先生で独り暮らしの65歳位の方でした。
 「どうも、この度は財布を拾って下さって有難うございました。こんな親切な方が居られたのに感激しました」
「わざわざ来て頂かなくても電話で良かったのに」「それでは気が済みません、謝礼もお渡しせねばなりませんので」「立ち話も何ですから良かったら上がりませんか、お茶くらい入れますから」「拾って頂いた上にお邪魔してご迷惑でないですか」「僕も三年前妻を亡くし一人の身、毎日退屈しているんですよ」「実は私も今主人が入院しているんです。心労が重なったのか思考力が鈍ったのか失敗ばかり、お財布を落としても気が付かないなんて」「怪我をした訳ではないから良かったじゃないですか、お湯が沸きました。コーヒーが良いですか」
「済みません、コーヒー頂きます」「案外近くの方ですね、これも何かのご縁ですよ」「それでは謝礼心ばかりですが受け取って下さい」「謝礼なんか要りませんよ、当然のことしただけですから」「それでは私の気が済みません、是非受け取って下さい」「警察には謝礼頂いたと連絡しておきます」「申し訳ありません、お返しも受け取って貰えず」「一つだけお願い聞いて下さいますか、それだけで十分です」「変なことじゃないですね」
「僕は元教育者ですよ、お近づきに成ったのだから時々話に来て下しませんか」「私も暇ですから良いですよ」
「奥さんのような美人の方とこうしてお話してるだけで心が弾んで来るのです」「もう私もオバンですよ」
「引き止めて済みません。今度来て下さったら聞いて欲しい事が一杯あるから」「本当に有難うございました。
また来ます」
 ほのぼのとした時間が過ぎた。幸運よ呼ぶ財布と言われ買って良かったと思った。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード