[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名    
コメント
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

無題 投稿者:みか 投稿日:2009/01/13(Tue) 15:07 No.705  
最近自宅前の道で制服姿で拉致された。   抵抗したけど男四人でかなわない。メチャクチャだった、バージンじゃないケドショックだよ      どうしてワタシ?考えられることは万引きを断ってからずっとそいつらから無視されてることぐらぃ…         でもどうして?      あの日から制服着れなくなって学校に行っていなぃ。            少しは♀の気持ち考えてョ 妊娠や病気それに彼氏とも連絡する気になれず別れたマヂボロボロだよ



強姦体験 投稿者:かすみ 投稿日:2009/01/11(Sun) 21:49 No.704  
私が1人で電車に乗っていました。まだ早朝で、乗っている人は全然いませんでした。私は椅子に座ってケータイをいじってました。すると、隣に同じくらいの年くらいの男の子2人組が来て座りました。私は何も緊張感はなく、ケータイをいじり続けていると、一番近くにいた男の子が「かわいいね」といいながら私の小さな胸をつぶすようにもみ始めました。私は声を上げる事も出来ず、唖然としていると、もう1人も一緒に胸を揉み始め、私の服をまくり、ブラの中に手を入れてきました。私は「っあ・・・!」と小さな声をあげてしまいました。そしたら最初に犯してきた男が「そんな声出して・・・かわいい・・・w」といいながら私を横長な椅子に倒しました。もう一人の男が私のパンティーを脱がし、太ももを舐めてきました。もちろん私はスカートでした。最初に犯してきた男は、ブラジャーをはずし、私の胸を舐めてきました。「あ・・・や・・・ん・・・!」私はまた小さな声をあげると、最初に犯した男がキスをしながら胸を揉み、もう一人は私の股を広げ土手とクリを舌で刺激してきました。そして舌が膣のところに来て、濡れまくっていた所をなめました。舐めている男は「こんなにぬらしちゃって・・・。 君、本当に可愛いね。初体験? ○○、もっとイカしてやろうぜ」「おう」最初の男が返事をし、胸を揉むスピードをあげながらディープキスをしました。もう一人は膣に自分のものを当てて来ました。そしてゆっくりと挿入し、腰を激しく動かし始めました。そしたら最初の男が、「ちょっと体起こせよ」と言い、2人で私を起こしました。もちろん男のアソコも入ったまま。そして最初にやった男はわたしの乳首を舐め始め、もう一人は腰を激しく動かし続けます。私は仰け反りました。そしたら最初の男が「よし、交換するか」と言ってもう一人は自分のものを抜き取り、私の口に入れてきました。そして最初の男も自分のものを出し、わたしの膣にいれてきました。さっきのせいで私の膣はビチョビチョで疲れているのに、男は容赦なく一気にいれ、腰を動かしました。もう一人は自分のものを私の口に入れたまま、腰を動かして「舐めろ」と言いました。そして胸を揉み始めました。そして口から抜き取ると、私の胸を舐め、揉み、ディープキスをし・・・。最初の男はまだ腰を動かし続け、私の手を持ち、自分のものを持たせました。私はもう抵抗する体力もなく、そのまま握りました。最初の男は「入れて欲しいか?」と訊いた。私は首を横に振ったが、男は「そんなの許さねぇ」といい、腰を振りながら注射してきました。そして自分のものを抜き、服を着ました。もう一人の男も自分のものをまた挿入し、注射して、服を着てタオルを渡してきました。「よく拭いておけよ」そして私は身体を拭くと、2人がブラを付けてくれたり、パンティーをはかせてくれました。でも、最後の別れを惜しむように触りながら・・・そして目的の駅に到着。そして最初の男に「名前なんてーの?電番とメアド教えて。また同じ事するから」私はびっくりしながらも、逆らうと怖いので教えて、最後にキスをし、別れました。



見られてしまった  投稿者:ゆみ 投稿日:2009/01/10(Sat) 17:28 No.703  
何も思わずしてはいけない場面を息子に見られていた。たかが高一と思い、してしまっていたのを、誰もいないと思い、している場面を見られていた。言い訳は出来なかった。淫らな姿を知られてしまった。詫びるよりも知らない事にしてと、謝ったが、其れを良いことに息子に言われるままになってしまった。いくら言い訳しても息子は聞いてくれない。息子は以上に知り始めたのか私を責めてくる。ここまでくれば、男である。夫が居ない時を見計らっては求めるよりも襲われる。嫌だと思うよりも強引に瀬間まれば許してしまう。いけないと思うほど息子が求めてくると衝いていってしまう。心では悲しいが体が成ってしまっている夫にも言えず悪いと思いながらも息子の言われるまま、夫が居る時は、分っているのか何も言わず、目を合すだけで終わっていた。最近は何処で教わったのか夫以上の事をしてくる。舐める事もされ裸にされ二人が恥ずかしさよりも全裸で抱き合い。弄り遭うようになっていた。夫よりも信じられない長い、太くもないが長さだけが奥一杯に入れられるが、納まりできず根本迄突っ込まれると痛いよりも突き抜かれるようだ。それが堪らなくいい感じに成らされていた。息子も何もわからないまま中に出すのも憶え私が気を使うほどである。出された時は勢いがよく感じさされ好い気持になる。毎日抱き合うのも辛く虐められているようで息子に話した。その途端押し倒し着て居る物も剥ぎ取られ股を広げさせビデオに撮られた。然も身ごもってしまった。夫にも言えず息子が求めるまま付いて行っている。産むかどうか悩むが息子は知らない。夫とは月に2・3弁だが息子とは毎日ほどである。息子にされる方がいい



初めて 投稿者:麻里 投稿日:2009/01/09(Fri) 21:59 No.702  
中学2年のときです 彼氏が面白いもの見つけたから見にいこうって言われたのでいったら川の近くに自分たちで家をつくったような小屋がありました。 彼が「やばいよね。汚すぎ犬でも住めないし」っとか言ってたらそこに住んでいる人が一人でてきて怒鳴られました。 そしたらおじいさんみたいな人だったので彼が怒ってなぐったんです。 そしたらもう一人でてきて彼は二人に一方的に殴られました。 私が許してくださいごめんなさいって言ったら彼が助けてくれ!って泣き始めて。。 そしたらその二人が「俺たちの言うこと聞けるならもう殴らないし帰してやる」って言われたので「何でもします」っていいました。 そしたら「服脱げ」って言われて「無理」って言ったら彼がまた殴られはじめてそしたら彼が「頼む、死んでしまう」って。。 だから脱ぐことにしました服を脱いで「もう約束守ったから帰して」っていったら一人のおじいさんのほうが私に抱きついてきました。 抵抗して逃げようとしていたとき彼はもう一人の人に殴られていてそのときこう言ったんです「あのコは好きにしていいから俺はにがして」 その言葉を聞いてどうでもよくなりました。。



虐待体験  投稿者:花菜 投稿日:2009/01/09(Fri) 00:52 No.701  
私が産まれた場所はT県S村と云う所で当時12歳であった時の話です。ここは農村過疎の村でお嫁の来ても少なく40歳から50歳位でも独身の男性が沢山居てる状況でした。村から少し離れた山手の下にそれほど大きくない小屋があり両親からそこへは絶対近づいては行けないと言われていた場所がありました。多分何処の家でも子供が居ている所はそう言われていただろうと思います。しかし私はその言いつけを聞かずその小屋に近づいた事で四人の初老の男達に何時間も様々な道具を使って玩具にされたのです。使われた道具は荒縄、洗濯鋏、かんちょう、三角木馬、ロウソク、大小の張子…それらの道具が幼い私の身体を食い込む様に縛り這って行きました。



海の記憶  投稿者:美来  投稿日:2009/01/07(Wed) 22:02 No.700  
高2の夏休み、私は友達と、二泊三日で海に行きました。 泊まった先は民宿で、素泊まりは自炊。素泊まりは安かったので、私たちは着いて早々、民宿の近くにある商店へ買い物に行ったんです。 そこに、やはり素泊まりで来ていたらしい、四人の男の人達が買い物に来ていて 同じ民宿という事で意気投合した私達と男の人達は、一緒にご飯を作り、男の人達の部屋で一緒に食べる事に すると、男の人達がビールを飲もうと言い始め、テーブルに並べられたビールや酎ハイを、友達もガンガン飲みだしたんです。 飲もうよと、私も勧められたけれど、私はお酒が苦手で断ると、「これなら平気だから」と、男の人はコーラで割った甘いお酒を作ってくれました。 それは確かに飲みやすくて、つい私もどんどん飲んでしまって気付けば顔も首も熱くて、頭はフラフラし始めて、友達はダウンして気持ち悪いと言いだす始末。 すると、ふたりの男の人達が、友達を介抱するからと連れていってしまったんです。 「大丈夫かな」と、微酔いの私も行こうとすると、残りのふたりに止められました。 「平気だって」フラフラの私をまた座らせて、男の人はまたお酒を作って飲ませてきます。 その時の私は、多分正常に頭が働いていなかったんだと思います。作ってもらったお酒を飲み、眠くなったと、男の人達の部屋だというのに、座布団のうえに寝てしまったんですから。 そのあと、男の人たちに「ダメだよ寝ちゃ」とか「寝るなら布団にね」と、腕と足を持たれ布団の上へ そして。頭が朦朧とする私の唇に誰かがキスをしてきたんです。 口を開けさせられると、男の人の舌が中に入ってきて、唾液で口は濡れて唾の匂いがしました。 躰が重くて押し退けようにも力が入りません。 一人がキスしている間に、もう一人が私のキャミソールをたくし上げて舌で私の乳首を舐めながら、もう片方を指でいじり始めたんです。 声はキスをされているので出せません。 手で押しても軽く退けられて下着を脱がされても、私には抵抗できる力はありませんでした。 「やらしー」男の人は、そんな事を言いながら私の足を思い切り広げると、指で割れ目を開きました。 見られた事が恥ずかしくて、思わず閉じようとしても、またその足が無理矢理広げられて 内ももをベロッと舐められた時、とうとう私は声を出してしまったんです。 嫌なのに、舌はそのまま割れ目の中へその舌の先は割れ目をなぞって、クリを擦られる度に、体が感じてビクビクと震えてしまいました。 そしてキスは相変わらず、唇も喉も、もう唾液でベチャベチャでした。 「じゃ入れるよ」と、舐めていた人が私の上におおいかぶさってきて おちんちんが割れ目に入ってきた時、叫びそうになったのを、もう一人に口をふさがれました。 男の人の体が熱くて、重くて、お互いの汗でお腹がヌルヌルします。腰を動かす度にお腹はヌル付き、酒臭い息がハアハアと私の顔に掛けられました 「気持ちいいか」口を塞いでる人は、そんな私を見ながら自分自身のおちんちんを擦ってそこで私は、初めて男の人が自分でするところを見たんです。 もう頭も体もグチャグチャでした。揺さ振られると頭痛がして、気持ち悪さがこみあげて 激しく出し入れされて後、一人目が呻いて、終わるとおちんちんが抜かれました。 次はふたり目。その人はもう一人に私の頭の上で腕をつかませて、脱がせた下着を丸め、私の口に突っ込んできたんです。 今思えば、そういうシチュエーションが好きだったんでしょう。一人目の時よりもレイプされていると実感するような、そんなやり方でした。 おちんちんを奥まで入れ、ぎりぎりまで抜いてまたそれを奥まで入れる。 私がいくら声を出しても、突っ込まれた下着のせいで外には聞こえません。 一度精液を出されたせいか、グチュグチュという音が私の割れ目から聞こえてきました。 そして、また興奮し始めた一人目が、自分のおちんちんを私の顔中に擦り付けてきて、下着をよけて口にも先っぽを入れたり、おかげで目蓋や唇もヌルヌルになりました。 その後も、何回か中に出されたと思います。ハッキリとは分かりません。 最後は寝てしまって、起きたのは自分の部屋だったけれど、下着は精液でびちょびちょでしたから。 恐々様子を見に行ったら、男の人達はもうチェックアウトしていて 友達も記憶が無いとは言っていましたが、実際はどうだったのか、恐くて何も聞けませんでした。 お酒を飲んだから、酔ってしまったから、自業自得だと思っています。 あの夏の事は、今では誰にも言えない秘密です。



酔ってたから!  投稿者:祐子  投稿日:2009/01/06(Tue) 21:21 No.699  
私 酔ってしまうと開放的になりたいのか、ブラを外してしまう癖がありあの日も飲み会の帰りは
ノーブラでしたかなり酔ってたみたいでタクシーに乗せられ帰宅する事に車内が暑くて薄手のジャケットを脱いで眠ってしまいました。
運転手に起こされて、目を開けるとすごく近くに運転手の顔があって馬乗りにされてましたかなり年輩の人で、
白髪まじりでした「ここまでされて起きないほど飲んじゃだめだよ」と言って私の胸にしゃぶりついてきましたそのとき、
あそこにも指を入れられてる事に気がついて 抵抗しても遅く運転手は自分のモノを入れて
腰を使いだしてしまい奥まで突かれて私はイカされてしまい 中にだされた私を下ろした後 タクシーは逃げるように走りさった



虐待体験  投稿者:はるか 投稿日:2009/01/05(Mon) 20:43 No.698  
私は高3。私はいつもナンパ目当てで大人っぽい格好をして夜なんかよく出歩いていた。エッチも好きだし遊ぶお金とかほしかったから年は関係なかった。お金持のオジサンなんかに当たると結構ラッキーって感じだった。高2の終わりの春休み、いつものように歩いていたらチョイワル風のカッコイイオジサンに声をかけられた。お金持ちそうだったけど、コワイ世界の人みたいだったから迷ったけど、ちょっと強引にホテルに連れ込まれた。裸になった彼は凄い筋肉だった。43歳って言ってたけど、カッコイイ顔と体で10歳は若く見えた。体は刺青が彫ってあって、やっぱりって感じ怖かった。でもエッチのテクは凄かった。時間をかけてネチネチと体を舐められたり、じらされたり、感じる所をしつこく責められたり、もうアソコはびしょびしょで乳首はビンビンに立ちっぱなしだった。彼の極太チンポにはたくさんの真珠が埋め込まれててビックリしたけど、ズルッと差し込まれたときは、すごく気持ちよくて夢中で彼の逞しい体にしがみついていた。あとは獣のように絶叫してたみたい。朝まで何回イカされたか覚えていない。あんな超気持ちいいセックスは初めてだった。彼は私が高校生だって驚いてた。もともと大人っぽくみえるからそれでも二十歳ぐらいって思ったって。彼の真珠チンポであんなにヨガれるのはヤリマンの年増女ぐらいだって。あの極太真珠入りで経験少ない子がやられたら痛いだけだろうなって私も思った。私は中1で初エッチして中学の時は社会人の彼氏とメチャクチャやりまくっていたし、高校に入って彼氏と別れてからプチ家出当たり前で、夜ナンパされまくって3P4Pあたりまえ状態だったから、私でも彼の真珠入りがすごく良かったんだと思う。彼は結構お金をくれたけど、若いけどあんなにヨガった私を気に入って俺の女になれって言った。怖くて体が固まった。やっぱやくざの女になるのだけはちょっとと思った。でもあんなに何度もイカされてもう彼なしでは我慢できないかもって思った。彼もそう思ったらしくこの日はそのまま解放してくれた。さらっていったら拉致になるからって。また会いたかったら、自分から本当に家出して来いって連絡先を渡された。ヤクザの女になるくらいなら彼とのエッチはあきらめようと思った。春休み中ぐらいは我慢できた。でも学校が始まってからは1日中彼とのセックスのことしか考えれなくなった。何人かの男友達とかとエッチしたけど、ぜんぜん物足りない。よけいに体が燃え上がって、たまらなくなった。どうしょうもないくらい彼に会いたくなった。彼に連絡したら家出のやり方とかいろいろ指図された。彼に会いたくてたまらなかったから、言われるまま家出して彼のものになった。これが今一緒にいる彼氏。そして私は彼のセックス人形になった。毎日ではないけれど、エッチのときはたっぷり時間をかけてメロメロにして何度もイカせてくれた。いつか家に戻れるのかなと思ったけど、彼とのセックスがない生活なんてもう考えれなかった。何日か後にはSMも覚えさせられた。いろんな風に縛られたり、アナル、ムチ、浣腸、ローソクとかで責められたり、乳首やクリトリスにピアスを入れられた。徹底的にマゾ女として調教された。彼の女になるって、ただの性奴隷のことだった。でもどうでもよかった。思いきり調教されて、思いきりエッチしてくれればそれでいいと思っていた。 でも最近は彼があまり相手をしてくれなくなった。て言うか私が、セックスより浣腸のほうが好きになった。何日もおあずけされると、浣腸が欲しくてたまらなくなる。彼が言うにはSM調教の浣腸に、少しずつシャブを混ぜてたんだって。浣腸されてセックスすると頭がぶっ飛びそうなくらい気持ちいい。エッチの相手が彼でなくても極太バイブだけでもかまわない。セックスだけのときより気持ちいいくらい。もう浣腸なしでは絶えれなくなった。でも高いからってたまにしかしてくれない。何日も浣腸なしで我慢させられるから、それが死ぬほどつらい。でも来週からは大丈夫だって。 彼はあさって外国にいる知り合いに会いに行くんだって。私はそこで売り渡されるんだって。私をSM調教したのはそのほうが高く売れるからだって。まだ頭がパニクッて何も考えれない。 彼が言うには知り合いはすごいお金持ちだから、欲しくなったらいつでもシャブ浣腸してくれるって。だからつらいことはないって。そう聞いたら勝手にあそこが濡れてきちゃった。それを見て彼はお前向こうに行ったほうが幸せになれるよって笑った。私これからがどうなるのか全然わからない。



無題 投稿者:タンポポ 投稿日:2008/12/31(Wed) 17:00 No.696  
兄にレイプされた時、私は兄が信じられなくなった。
兄の友達もいる中交互にレイプされ、それをビデオに収め喜んでいる兄が悪魔に見えた。
兄のペニスともう1人のペニスを口に入れられ、マンコにもペニス両手にペニスを握らされ、私は兄達の処理機にされた。
言いように転がされ、私の体は全身精子まみれになった。兄はそれからも、関係を迫って来て、
部屋はもちろん、公園の木に私を縛り付けセックスしたり、カーセックス、噴水の中でやったり、いつの間にか私は兄に惹かれ今では私から誘う事すらある。
夏の砂浜でやった時はマンコに砂が入り、ヒリヒリして痛かったり、山の中では腕や足、お尻、マンコチンコまで虫に刺されたり
、マンションの踊場、屋上、お祭り会場とやりたい放題、でも、そんなセックスが癖になっている。



犯されました  投稿者:りょうこ  投稿日:2008/12/26(Fri) 15:49 No.695  
電車の中で痴漢に遭い、高校を卒業し、就職したばかりのころです。 田舎の電車なので、席は4人向かい合わせのボックス席。私は車両の一番端の、トイレの隣の席に1人で座りました。夜も遅かったので、乗客はぽつぽつという感じでした。電車が発車してまもなく、私は少しねてしまいました。次の駅あたりで、誰かが向かい側に座ったのがわかりましたが、そのまま眠っていました。すると、私のひざの上に洋服のようなものがかかってきました。ちょっと目を開くと、向かいがわに座った男の人の上着でした。私は少し深く座りなおして、また寝ました。そのすぐあと、その上着の下から手が伸びてきて、私の太ももとさわりはじめました。ドキッとして目を開けると、私の隣にもう1人男の人が座ってきて、私のひざの上の上着をきちんとかけ直しました。向かいの席の人は足を伸ばしてきて、私の足を開かせます。隣はトイレなので、気づく人もいません。私は怖くて、ずっと下を向いたまま、必死に足を閉じようとしました。しかし隣に座った男の人が、スカートをめくりあげてきて、下着をさわりはじめました。「やめてください。」小さい声で言いました。その人たちは、聞かないふりをしてさわり続けてきます。足はどんどん開かれ、下着の上から指を押し付けてきます。私はずっと硬直したまま抵抗できずにいると、隣の人が下着をずらし始めました。直接さわってきます。そして小声で、「いかせてやるから、おとなしくしてるんだぞ」と言いました。前の男が少し体を乗り出してきて、私の下着を脱がしました。あそこに2人の男の人の指が入れられました。「いやっ・・・。」声にならなかったかもしれません。車内はどんどんと人が降りていき、車両の中はとうとう3人だけになってしまいました。触られていくうちに、ひざにかけられていた上着はめくりあがり、私のあそこは丸出しになっていました。胸ももまれ始め、上着の中に手を入れられました。隣の男のひざに乗せられて、上着をまくりあげ、胸を出されました。向かいの男は私の胸をさわりながら、吸い始めました。「お願いします、許してください。」恐る恐る言いました。男たちは「許す許さないじゃないからさ、おとなしくしてなよ!」と言いました。前の席に手をついて前かがみにされ、後ろから入れられました。向かいの男は、私の胸をもみしだきながら、キスをしてきます。口をふさがれ、後ろから突きまくられ、とても苦しかった。そのうち、向かいの男はアレをだして、私の口の中に押し込みました。すぐに口の中に出されて、私は吐き出しました。うしろから入れた男も、私の体の中に注ぎ込みました。私の太ももには、男の液体が流れていました。そのあとも体制を変えて、かわるがわる中に出されました。 私が降りる駅を3つすぎて、やっと開放されました。私はその人たちと同じ駅に降りるのが怖くて、次の駅まで行き、駅のトイレにかけこみました。体のいたるところに精子をかけられ、ぐちゃぐちゃになっていました。 その後、幸いにも子供はできていませんでした。でも、電車に乗るときは、もう絶対に車両の一番端には乗りません。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード