[トップに戻る] [使いかた] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名    
コメント
パスワード (英数字で8文字以内)
文字色

ホームレスに 投稿者:Asami  投稿日:2008/11/06(Thu) 23:54 No.655  
私は22才のOLです。  先月の29日、大勢の浮浪者に輪姦されました。  友達と飲んで帰り、公園で酔いを覚ましていたら 3人の浮浪者に公園の奥にあるプレハブの倉庫に連れ込まれてしまったんです。  無理矢理、キスされたり、胸をもまれたり、でも、わたしは力の限り 抵抗しましたが、無駄でした。  すぐに腕と脚を2人の浮浪者に押さえつけられ、 パンストのアソコの部分だけ破かれ、パンティーを横にずらし 自分の唾液をペニスとわたしのアソコに塗りたくり、 一気に入れられてしまったのです。  私を犯している男はパンストが好きらしく、執拗に わたしの脚を撫でまわしながら激しくわたしを突き上げました。 その内、もう一人の男が私の顔をまたいでペニスを口に 押し込まれました。 私は早く終わらせたいという一心で 必死にフェラチオをしました。  フェラの途中、私を犯していた男の動きが止まり、私の両足を抱え ペニスを深々と、膣内に沈めると、「ドックンドックン」 と 私の中に射精されてしまいました。  私はそれでもフェラをする口を休めませんでした。   早く終わって・・・・・  それだけを心で呟きながら・・・  射精し終わった男がペニスを引き抜いたと思ったら、また膣内に さっきとは別の感じがするペニスが入れられてしまいました。 私はフェラチオをしながら、下から突き上げられながら、 周りを見ると、10人以上の浮浪者達が、まだか、まだか、と 待ちわびる様に下半身を出してオナニーをしていました。  私の目から涙が溢れ出て止まりませんでした。  「もう・・いい・・・好きにすればいい・・」  私は、もう何も考えず、犯されました。 時には、両手、口、アソコ、お尻で、五人同時に犯されました。 犯されている間、周りの浮浪者達はオナニーを続け、 私の顔や、背中、お尻、脚、髪にまで、精液を大量にかけられました。 精液を飲まされ続け、もうお腹がいっぱいになっても フェラチオをさせられました。  時間の流れるのがとても遅く感じ、地獄でした。  その内、朝になってしまいました。 まだ終わりません・・・・ 全身、精液まみれになり、私の膣内は浮浪者達の精液で溢れ返り 私は、何度も何度も気を失いながら犯され続けました。  意識喪失を何度となく繰り返し、気がつくともう夜でした。 ようやく浮浪者達も満足したらしく衣服を身に着けていました。 私は、目を薄く開けるのが精一杯で動けませんでした。 倉庫の中は精液と浮浪者達の体臭で充満していました。 私は、疲れ果てたのと、安心したので精液にまみれながら 眠ってしまいました。  やっと動けるくらい回復したので家に帰ろうと上半身をゆっくり 起こすと、アソコとお尻から、「ドプドプドプッ」 凄い勢いで溢れ出したんです。 冷たい倉庫の板張りの床に精液で水溜りの様になってしまい、 スカートも、パンティーも、パンストも、靴も、ブラウスも、 顔から、髪にも口の中まで全身、精液漬けでした。  「いま、何時だろう・・・・・」  そう思い、腕時計を見ると時計も内部に精液が入ってしまい 壊れていました。 彼氏に初めて貰ったプレゼントだったのに・・・・ とても修理になんか出せません。 私はその精液まみれの服を着て帰りました。 裸で帰るよりマシですから・・・・  次の日、会社を休みました。 外出するのが怖くて、・・・・ 大好きだった彼とは別れました。 とても彼に申し訳無くてもう顔も見れません。



Re: ホームレスに  - 2009/06/15(Mon) 03:49 No.910  

Asamiさん
 あなたの投稿を今日見ました。 何と言って慰めてあげれば良いのか、言葉もありません。
 ただ、私に言えることは、何んとか忘れることです。 しかし、忘れよう忘れようとすればするほど、思い出すものです。 ですから、その記憶を気持ちとして何かと置き換えると言うか、その心を何か別のもので入れ替えると考えるのが良いと思います。 あれは夢だった、と自分に思い込ませるのも一つの方法です。 交通事故に遭ったが、生きていることは不幸中の幸いだったと考える方法もあります。
 それから、気持ちを整理する上でも、どうしても現実的なことをする必要があります。 それは、妊娠の可能性についての検査を受けること、また、エイズ検査を受けることです。 この2つが問題なければ、恐らく、心の持ちようとして、乗り越えやすいと思います。 万一、問題があれば、頑張って対策を実行して下さい。
 是非とも、その後について、あなたの元気な書き込みをお願いします。 待っています!
 私は、メール・アドレスを公開していますので、メールを戴いても構いません。



Re: ホームレスに kiyo - 2009/06/25(Thu) 01:50 No.920  

私も、貴方の投稿を今拝見しまいした。興味本位でこのサイトを見ていた自分をちょっと情けないですが、Assamiさんさえよければ、その浮浪者達にお灸を据えてあげてさしあげますが、、、、。
どこの浮浪者ですか?
私は、東海です。



レイプされてしまいました 投稿者:雅子  投稿日:2009/06/24(Wed) 16:41 No.919  
もてないお客に 45歳でスナックやってます。 うちってあまり若いお客って来ないんだけど、去年あたりから、 30代前半のいかにももてない男性がくるようになったんです。でもこのお客、いつもカウンターに座って愚痴ばっかり言って、色々優しく気を遣ってあげないと私にまで八つ当たりしてくるし、他のお客にも絡みだすからどうしようかと思って・・・・困ってたんですよね。 でも、お金をたくさん持ってるって自分から言うもんだから、そうなったら話は別じゃない? じゃあって思って、そりゃあ優しく優しく接してあげましたよ。これからもうちに飲みに来て欲しいしね・・・でも、その甲斐あって、毎週来てくれるようになったんだけど、騙されました・・デートに誘われて、無理やりにレイプされてしまったんです。もう最低!もてないからって思って話し相手になってあげたり、優しくしてあげたりしてたのに・・・・あのクズ男!!こんなこと誰にも言えない!こらしめてやりたいわ!



先生に 投稿者:クミ 投稿日:2009/06/23(Tue) 07:38 No.918  
私は平凡な主婦30歳、同じ歳の主人(初めての男性)子供二人の家族です、 5年程前、長女が2歳に成った頃です。弁護士の先生(当時45歳)に脅かされながらレイプされた。と言って良いのか解りませんが、犯された事があります。当時、主人方の相続の関係で、もめにもめて親の知合いを通して法律に明るい先生を、お願いして半年掛かりで解決し。親が貸していた古屋を貰いリホームして今は暮らしています。当時わたしは親戚の事、子供の事もあり、軽いウツ病になって病院に通い薬漬けの毎日でした。先生は毎週その周に、あった出来事を、法律用語も解りやすく説明して下さったんです。先生は都内から外車で来て頂いていましたので、話が終ると何時も主人とお酒を飲み泊まっていったんです。 先生の凄い経験談などの会話で盛がり、わたしも子供を寝かし付けると会話に参加していました。先生は女性を褒めるのが、とても上手で平凡で鬱病だった、わたしを「お洒落だとか、可愛い、処女の臭いがする」とか言われ、絶好調で、主人も、まんざらではなく。先生は仕事の話が無くても、私達のことを気づかって、毎週金曜日の夜には、美味しいお土産をもって通って来てくれたんです。先生もお子様がお二人、家の子供と遊び方もとても旨く、お土産は子供も毎週楽しみしていたんです。わたしも先生が来られる日には朝から綺麗にお掃除をして、一時間も掛けてお化粧し、ワクワクしながら、子供達と待っていました。相続の話も順調に進み、楽しい日々が毎週続いていました。先生のお話のジャンルは凄く広くて、お酒が廻ってくると、西洋の拷問、中国の拷問の話など、私たち夫婦は、カルチャーショックで先生の話に、のめり込んでいました。主人は技術屋で現場出ることが多いのですが、お酒はとても弱く先生が話している内に何時も寝てしまいます。二人だけ深夜までお酒を飲んで話し込む事が多く、先生はわたしに先天的にマゾの素質があると毎回言い聞かしていました。五回目に先生が泊まった日、主人は台風の影響で、仕事が終れ遅く帰ってきて、先生と少しお酒を飲むと漠睡してしまい。先生は一人で結構お酒を飲んで、私に隣に来るように話し、私も先生が嫌いで無かったので炬燵に入ると、いきなり後ろに手を廻され左手を掴まれ、右手は身体に押さえられ抵抗できない状態にされ、激しくキスをされました。生まれて始めてのディープキッスで、窒息しそうでビックリして固まってしまいました。普段と違って先生は強引で、私のパジャマのボタンを外して、乳房を痛いほど激しく握って、その後、乳首を摘み優しく転がしてきました。私は固まってしまい、遣られるまま、そのうち凄く感じて。声が出そうに成りましたが、わたしは既にハジャマの上着は脱がされて、オッパイが丸出し、凄く感じてしまって動けないでいると、スボンの中に手を入れてきてパンティの横から、アソコのなかに指を入れられて掻き回されました。先生は「いやらしいな、クミ、おまんこビチョビチョだぜ!」いきなり呼びつけにされ、強引に立たされ殆ど脱げかかった、スボンとパンティーを、下げられ全裸にされてしまったんです。襖一枚、隣の部屋で主人と子供が寝ているんです。ビックリして我に返り、声を殺し「先生辞めてください、主人に見付かります」せいいっぱいの抵抗で、お願いしたのですが、先生は「スリルが、あるだろー、旦那が起きてきたら、まるで、クミちゃんが裸で俺を誘惑しているみたいだね」と、また強い力で炬燵に座っている先生の前、炬燵テーブルに座らされ「大きな声を出すと旦那と子供が起きるよ」先生は、わたしを前に座らせ、右手でオッパイと乳首を力をいれて、凄く痛いように、摘んだり捻ったりし、左手でアソコの中に指を奥まで入れて「此処がGポイントだ」とピストンしました。わたしは異常な先生の行為に凄く感じてしまったのと、豹変した先生が怖くて、じーと耐えていましたが、そのうち頭が真っ白になり、生まれて初めて、アソコから潮を噴き炬燵テーブルが、ビチョビチョになったんです。先生の顔にもアソコからのお潮が引掛かり、先生はペロペロ舐めまわすと、指で救って、わたしの口の中にも擦りつけました。先生の愛撫は、主人とは違って、強引で凄く痛い事をしたり、とても優しくソフトなピアノを弾くようなタッチで、責められ.余りの気持ち良さで、再び頭が真っ白になっってイキそうになった時、主人と寝ていた子供がオシッコに目覚め、私を呼び、とっさにどうして良いのか解らず、全裸で隣の寝室に飛んで行きました。主人は寝ぼけていて、「今風呂か」と私にいい、私は「出たとこ」と誤魔化して子供をトイレに連れてゆきました。私は助かったと思って寝室に入ろうとしたら先生は寝室の襖の前に全裸で立っていたんです。「直ぐに戻ってこい」と、低い声で言われ私は蛇ににらまれた蛙のようになって茶の間に戻りました。先生は凄く怖い顔をして、襖を閉めて私を跪かせ髪の毛を持って、無理矢理にフェラさせたんです。先生は酔っていて中々大きくならず私が疲れて休むと、乳首を爪を立て摘みました。わたしが痛がって涙を流し先生にすがるような顔を仕出したら、先生は勃起してきて、主人の寝ている襖の前に私の顔が来るようにし犬のように跪かせ、バックから生でアソコに挿入しピストン運動を始め。その時、わたしは、ただただ怖くなって早く終れば良いと耐えていたんですが、先生はタフで、お尻を抓ったりして仕舞にはお尻の穴に涎をたらし指を入れて、私が声を出したり、騒がないのをいい事に、遣り放題され、指で大きくなったアナルに、最後は勃起したものを突っ込まれ、中だしされました。あくる日の朝、朝食を済ませると、先生は何時もの紳士に戻っていて、主人に丁重に挨拶して帰っていきました。その後もエスカレートして、先生には何度もアナルを犯され、ザクロのようなアナルのなってしまいましたが、先生が来るのを心待ちにするような淫乱な身体に成っていました。アソコの毛も剃られ、主人には、スイミングのお母さん達は皆、剃毛していると嘘をついていました。その後半年近くわたしは先生専用の奴隷のように扱われていましたが、お泊り後先生が仕事が忙しく明け方、車で帰ったときに高速道路で事故に巻き込まれ、先生は亡くなってしまい、私たちの関係が無くなりました。今でも先生に入れていただいた、乳首に小さな“ホクロ”の刺青、思い出すと、アソコが濡れてきます。



襲われる時 投稿者:ゆか 投稿日:2009/06/22(Mon) 13:32 No.917  
男は犯す生き物だと,つくづく思います。溜まった精液を発射しないではいられない生き物なんですね。襲っても大丈夫な状況で女を見つけると,必ず襲ってくるんです。男にとって女はしょせん射精の道具,ちんぽ入れる穴。ただそれだけなんです。そして,女は犯される生き物。力では男にかなうはずはないから,襲われたら犯されるしかないでしょう。月1回は襲われ,犯されています。痛い思い,嫌な思いはしたくないから,いろいろ気を配っています。 一人で夜道を帰るとか,襲われそうな状況にいる時は,いやらしいことをいっぱい考えておまんこを濡らすようにしています。濡れていないのに無理やりちんぽ入れられると痛くて仕方ないし,裂けてケガすることもある。そんなの嫌だから,濡らしています。襲われて服を切り裂かれたりしては困るから,すぐに犯せるような服を着ています。服はスカート,それもタイトなスカートでなくて,すぐに上に引き上げられるタイプのスカート。ショーツは脱がさなくてもちんぽ入れられるTバック。ストッキングはパンティーストッキングでなくて,ガーターで留めるタイプ。これなら,スカート上げてTバックをちょっとずらせば,おまんこが出てくるから,服を引き裂かれる心配はありません。襲われたら,抵抗はしません。無駄だから。痛い思いをするだけ。殴られて顔にケガなんかしたらおおごとだし。おとなしく,おまんこを差し出します。最近は,犯して殺すような事件もあるみたいだから「おまんこだけで許してください。命は助けてください。絶対に訴えたりしません」とお願いするようにしています。ちんぽ入れてきたら,自分から腰を動かします。早く発射してくれれば,それだけ早く解放してもらえるから。もちろん,ピルはちゃんとのんでます。襲う時にゴム使ってくれるような男はいるわけないし,襲われて妊娠なんて,しゃれにもならない。 襲われる時のためにこれだけの気配りをしています。おかげで,最近は襲われてもあまり嫌な思いはせずに済むようになりました。



酔わされて 投稿者:あさみ 投稿日:2009/06/19(Fri) 23:53 No.916  
酔わされて目茶苦茶にされました。バイト先の上司二人にです。よく三人で飲みに行ってたんですけど、今回は初めから計画されてたみたいでした。おまんこもアナルも犯されたし、今までやさしかったのが嘘みたいに冷たく乱暴にされました。乳首はちぎれるぐらい引っ張られたし、おまんこもアナルま限界まで開かれておまんこははれちゃうぐらいだしアナル経験はあったんですが無理矢理拡げられたので後から確認したら血がでていました。何度も犯され意識もうろうしていてもおまんことアナルの激しい痛みで気づくという繰り返しでした。最後に撮影された時に二人からこんな真っ黒なまんこ初めて見た、若いのにゆるい、他私のおまんこについて色々汚い事を言われました。絶対に忘れられない言葉でした。





レイプではないんだけど…  投稿者:智子  投稿日:2009/06/18(Thu) 15:07 No.915  
合コンの帰り、ずっと話をしていた男性と帰り道が近いという事で一緒に帰ったのです。奥手な私は「お持ち帰り」がある合コンなんて知らないので、単にタクシーの相乗り間隔でタクシーに乗っちゃいました。タクシーの運転手さんにほぼ家の近くらしい住所を言ってたのを聞いて安心していると、下ろされたのは私の家の前ではなく知らないマンションの前。「おいでよ」と手首を引っ張られマンションの中に。「そんなつもりないんです」とはっきり言ったのに、「ここまでついて来てそんな事言うの?」「え? そんな」ぐいぐいと引っ張られて彼の部屋の前に。心の中でどうしよう、どうしようとこの言葉が繰り返されてた。部屋に背中を押され入ると鍵が閉められた。「すぐやっちゃう?」(すぐやるって、困る、どうしよう、どうしよう)心の中はパニック状態。部屋からは逃げられそうもないし、冷静を装って「シャワー浴びてからでいい?」と言うと、「そうだね。じゃあ、先に使ってよ」と。私は思いついた。私が入ってその後に彼にもシャワーを浴びさせ、その間に逃げ出す。仕方なく浴びるふりをしてシャワーの音をきかせるためシャワーのレバーをひねった。どうやって隙を与えるか考えてたら、バスルームの扉が開いた。「まだ浴びてないの?」戸惑った表情を見せてると、「手伝ってあげるよ、一緒に入っちゃおう」と入ってきてしまった。「もうだめだ!」1枚1枚服を脱がされて、全裸にされてしまった。「結構胸大きかったんだね」と後ろから手をまわし、円を描くように撫で始めた。正面の鏡にその姿が映っていた。「あっ、」声が漏れてしまった。とても恥ずかしかった。「洗ってあげるよ」と手のひらで泡だてられたボディシャンプーで洗い始めた。人に体を洗ってもらうのは子供の頃以来だった。両手が胸を揉み始めたので「後は自分で洗います」と言ったら、「遠慮しなくていいよ」と。(違う!遠慮なんかじゃなくて嫌なの!と心では叫んでる)乳首の先を執拗にぐりぐりと指で攻める。気が遠くなる位、なぜかアソコががびくんと反応してしまった。「乳首の形が変わってきたよ、見てごらん」(見てごらんって)形のなかった乳首が盛り上がっていた。「恥ずかしい!」「かわいいね、こういう事するのって初めてみたいだね」手が胸からお腹へ、お腹からアソコへスルスルと降りて行った。背後から洗われてるので動けない。「あ、やめて」、前へ倒れるように手をついてしまった。四つん這いになってしまった。私の上に重なるような態勢で洗い始めた。そして彼は自分のモノを泡だてていた。嫌な予感。「中も洗わないとね」(中って、バスルームでやるの??)案の定、泡立てたモノを後ろから入れてきた。泡で更にヌルヌルになったそれは滑るように侵入してくる。「ああああぁ…ん」こんな声なんて出したくもなかったのに出てしまった。両手は胸を揉んでるし、アソコには刺さってるし。「あふぅ、あふぅ」みたいな変な声しか出せなかった。激しく突かれ始めた時には、顔がバスルームの床に付くほど、傾いた腰が振られていた。そのリズムに合わせて胸がブルンブルン揺れてるのが見えた。ちょっと滑稽に見えた。バスルームだったので、温度もあがってて彼は一休みしていた。中に入れたまま。その間、執拗に胸を揉んでいた。あまりにも乳首を責めるのでアソコをきゅっと絞めてしまった。「ああ、いい、しまり具合がすげぇ、気持ちいいよ」って私には意味不明な解説だったけど。再び突いてきた。何とも言えない感覚に陥った。唇を噛んで耐えていた。彼の動きが止まった時、生ぬるい物が…。(何か出されちゃった)その後シャワーで泡を流して、アソコも襞の細部を指で丁寧に洗い流していた。そのあとはアソコを吸い出し始めた。「俺の吸い出してやるよ」って(何を吸い出すのよ)シャワー終えて再びベッドでもHする羽目に。 その日はお泊りのような感じになったけど、こんな目にあうなら合コンは行きません。 彼氏はその時居なかったけので、合コンで彼氏をゲットみたいな軽い気持ちで行ってしまった。合コンにはHだけの目的しかない人が多いので気をつけて下さい。今後まじめに付き合おうなんて人の方が少ないから。その彼とはその夜が初めで最後です。



社長に犯されて 投稿者:由美 投稿日:2009/06/17(Wed) 17:01 No.914  
35歳の主婦です・先日の夕方に、私は主人の知り合いのモータースに、私の愛車のタントのオイル交換に行った時です70歳の社長さんにムートンが引かれたソファーに押し倒されて抵抗をしたのですが社長の力には勝てずにソファーの上で身体を持て遊ばれた後にパンティーを脱がされ社長の太い肉棒でセックスをされてしまったのです


不覚にも 投稿者:明美 投稿日:2009/06/16(Tue) 14:37 No.913  
二年前の話ですが… 仕事の帰りに疲れて家に向かっていると「あのー」と声を掛けられ、ぼーっとしていたのでハッとして振り返ると少し年上くらいのちょっとギャル男風の男性がいました。 びっくりしてえっと言うと「今帰りですか?」と聞かれてまぁはいと答え、普通のナンパですよね。 軽く流して歩き始めてもなんとか言ってきて結構しつこかったんです。面倒くさかったのでちゃんと話して切ろうと思って、立ち止まり、疲れてるから早く帰りたいと伝えました。それでも番号だけでも教えて欲しいと懇願されたので、昔の番号を教えてやろうと思いました。「ここ道の真ん中だから危ないからこっち寄って」と。確かに道の真ん中でした。夜11時すぎの住宅街、人通りもなく静かでした。ただのナンパだと思っていたので早く帰りたい一心で脇に寄り相手の携帯に昔の番号を打ち込んでいました。すると「お姉さん谷間がみえちゃってるよ」と言ってきました。確かにVネックのもを着ていたので上から見ると見えてしまいます。その瞬間相手を睨みつけ「気のせいだよ」と強く言いましたが「本当は誘ってるんじゃないの?」と返されました。この時点で相手はわたしの真横に、道側に立っていたので道からは男だけしか見えなかったとおもいます。「そんなわけないでしょ」と軽くあしらいながら携帯に打ち込んでいると、どうどうと胸を触ってきました。「ちょっとやめてよ」「おーでかいじゃん」「まじやめて、声だすよ」というと、今までとは違う低い声で「声だすなよ」と言われ一瞬で怖さを感じました。 腕を掴まれさらに奥へとマンションとビルの隙間に連れて行かれました。片手を動かないように掴まれ、片手で胸を揉んできました。鞄を持っていた手で一生懸命相手の手を払いましたがうまくいかず「ほんとにやめて!いやだ」といってもやめてくれません。相手はわたしの後ろにわまり、抱きしめるように片手でわたしの両腕を抑えつけました。耳と首筋を舐められ、Vネックの口から手を入れてきてブラの隙間から乳首を摘まれました。「いやだ…」と抵抗しますが、「乳首たってるじゃん、感じてんだろ」と言われる始末。今度は両手でわき腹から手を入れてきて、ブラをたくしあげられて胸をダイレクトに揉まれました。「やだいや」と連呼しながら阻止しますがやめません。揉んだり乳首をつまんだり、首筋を舐められ、うまく力が入らなくなっていました。とうとう片方の手がスカートに伸びまくられ、パンツに届きました。必死で足をギュッととじて、手でも抵抗しましたが、無理やりパンツの隙間から指をねじ込まれてしまいました。「おいなんだよ濡れ濡れじゃんか」と笑われ、顔から火が吹き出しそうでした。「もっと気持ちよくしてやるよ、素直に感じろよ」と言われました。もう力は完全に入らなくなりました。今度は前にまわり、キスされました。「いやぁ…」と言いながらも舌を絡めていた自分には驚きました。胸を舐めまわされ、揉まれ、パンツを下ろされクリを愛撫されました。「いやぁ…もうやめて」「こんなにトロトロになっておいてやめていいのかよ」その瞬間指が入って来ました。おもわず「あぁっ…」と声が出てしまい、「もっと喘げよ」と指を出し入れしてきます。こらえていても吐息が漏れてしまいます。「あぁ…はぁぁ…んっっ」わざと音を立てるように手まんをして「やらしい音してるよ、ほんとはこーゆーの好きなんだろ」 「いれてほしかったら舐めろ」と反り返った相手のモノをだされ、もう抵抗もなく舐めました。「お前変態だな」そう言われても無言でなめ続けました。満足したのか、「後ろを向いてフェンスにてをつけ」と言われました。その通りにするとおしりを引き寄せられ、バックから挿入されました。「あぁっ…」もう声も我慢できませんでした。激しく後ろから突き上げられ立っているのがやっとでした。つつかれながら胸をもみしだかれ、言いたくなかったけど「はぁっ…あっいいぃ…いっちゃう」と、わたしからキスを求め、感じてしまいました。声がでかかったのか、相手はわたしの口を抑えてきました。更に感じてしまいました。 幸いにもちゃんと外に出してくれました相手がいった後は服を直され「電話する」と去っていきました。番号ちがうのに… あんなに感じてしまったのは初めてでしたくやしいけどまた体験したい無理やりなのに感じてしまうってやっぱり変態ですか?またしたい…



義兄に 投稿者:早苗 投稿日:2008/10/01(Wed) 21:14 No.630  
62歳です。夫の三回忌法要が終わり、お客がみんな帰り、田舎からきた夫の兄だけが泊まってゆくことになりました。夫の兄であり、70歳の老年でもあり、まさか、こんなことになるとは思いもしませんでした。私が風呂から上がって脱衣所に入ったところ、とっくに寝ていたはずの義兄が、そこに裸で立っていたのです。しかもその股間はそそり立っていました。もちろん裸の私をいきなりきかかえて寝室の布団に押し倒して、抵抗しましたが犯されました。1回犯した後、義兄は私を離さず、私の股間をなめ回し指を入れてこねくり回し、自分のペニスを私の口に押し込んだりして、そのうちにそのペニスが再び隆々と硬くそそり立って再び私の股間に突き入れられました。今度は義兄の動きにつれて、私もだんだん感じてきて、最後には義兄が射精したときには、私も絶頂を迎えて、義兄にしがみついてがくがくと痙攣しました。


Re: 義兄に ユキコ - 2009/06/16(Tue) 00:58 No.912  

私は20歳代の頃、銭湯の脱衣所で全裸になったところを番台の男に犯され(シャッターが半分降りた遅い時間で、他に誰も客はいませんでした)、それがきっかけで夫との性交ができなくなり、結局別れてしまいました。ところが1年ほど前、夫の親友だった彼と偶然再会し、半年前には遂に関係をもちました。私にとって性交は、番台の男に犯されて以来のことでした。強姦されてからは、夫に性交を求められると拒絶反応どころか吐き気に襲われてしまい、男性との関係など全く考えられなかったのですが、年月が私のトラウマを癒してくれたのか、彼とのセックスには何の抵抗もありませんでした。毎週一度は会って、その度にセックスの快感に身を委ねています。彼が私の中に大量に射精した白濁の精液をティッシュで拭っても、昔の忌まわしい記憶が甦ってくることはありません。今年中には区役所に婚姻届を出そうと、話しているところです。貴女もお義兄様と、どうかお幸せにお暮らし下さい!


駐輪所で知らない男に  投稿者:りな 投稿日:2009/06/15(Mon) 16:09 No.911  
私は高一の16です。同級生の彼氏がいて、Hの経験は彼だけでしたが、先日、見ず知らずの男性に犯されました。彼氏にも、友達にも、誰にも言えず。その日は学校帰りに友達と遊んでかなり遅くになり、真っ暗な中、一人で帰宅するところでした。チャリで通学していたので、いつも通りに自宅マンションの駐輪所に入りました。駐輪所には扉があって家のカギと共通で、チャリを止めてすぐ出るのでいつも扉は開けっ放しで中に入ります。その日もやはり扉は開けたままでチャリを止めてチャリに鍵をかけようとしていたら、入り口から誰かが入って来ました。大きなマンションだから住人に出くわすことは珍しくもなんともなく、おそらくチャリを取りに来た住人だろうと気にもとめませんでした。そのままチャリに鍵をかけようと前輪付近に手を延ばした時でした。 「パンツ見えてるよ?」 後ろから突然声がして、驚いて振り替えると30代くらいの見知らぬ男が立ってにやにやと私を見ていました。駐輪所には小さな電球ひとつあるだけでとても暗く、それが恐怖感をあおり、怖くて震えが止まらず声も出ない私をあざわらう様に、男は「誘ってるんだろ?」とこちらに近寄ってきて、制服の上から胸に触れてきました。あまりの恐怖に何の抵抗もできないでいると、「本当は俺に触ってほしくて、パンツ見せてきたんだろ?」と言いながら強く抱きついてキスをしてきました。条件反射的に手が抵抗しましたがガクガクと震えて抵抗にはほどとおく、涙が溢れてきました。私の学校はセーラーの制服だから男に簡単にたくし上げられ、ブラをずらされ、胸に気持ち悪い男の舌の感触が伝わりました。私がFカップある事に男はとてもに興奮していました。男は両手で胸を揉みしだき、乳首に吸い付いてきて、吐き気がするほど気持ち悪いのに、私はとても乳首に敏感で、すごく立ってしまってました。男はそれにもすごく興奮し、とても短くしていたスカートに難なく手を入れてきました。パンツの上からクリの部分に指の腹を擦りつけて来ました。恐ろしいのに、クリがかなり感じやすい私の体に抵抗の統べはなく、「ぁ...ぅ...」と声を出してしまいました。「おまえ、女子高生のくせに、犯されて感じてんのか?」と男にますます火をつける始末。男はパンツを足首まで引き下ろすとクリに吸い付いて来ました。急激な快感と、恐怖に震えていた私は、腰がくだけた様に尻餅をついてしまいました。男はおかまいなしに足をM字に大きく開き、じゅぶ...じゅるる...とわざと大きな音でクリに吸いついてきました。あまりの快感で、「あッ....あ...あん...や....イッチャ...ウ.....ッ」と、声を出してしまいました。そして、不本意なことに、いかされてしまいました。濡れやすい私のマンコは、びちょびちょと汁を床にこぼし、お尻までつたってくるのがわかりました。イッて間もない私に、男は間髪いれずにマンコに指をつっこんでかき回してきました。「おまえ、この濡れ方はなんだ?この淫乱がッ」となじられ、そして、体験したことのない絶妙な指使いがわけがわからないほどに気持ちよく、ついに、はじめて潮というものを吹いてしまいました。男の興奮は最高潮、きずけばそりたったチンコが目の前にあり、あっというまにズブズブとマンコに侵入していくのがわかりました。男は気がくるったように腰をふり、早漏なのか、すぐに出してしまいました。さすがに外出しでしたが。 男は胸も下半身も丸出しにしたままの私を放置し、逃げるようにその場をさって行きました。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード